2022/03/30 更新

写真a

ヨネダ ヒデマサ
米田 英正
YONEDA Hidemasa
所属
医学部附属病院 手の外科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

経歴 5

  1. University of Michigan Health System

    2017年5月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  2. 名古屋大学付属病院   手の外科   助教

    2016年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 鈴鹿回生病院 整形外科   医師

    2015年10月 - 2016年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学付属病院

    2013年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋掖済会病院

    2004年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本整形外科学会

  2. 日本手外科学会

  3. 日本肘関節学会

  4. 日本肩関節学会

 

論文 11

  1. Do triangular fibrocartilage complex foveal injuries affect the clinical outcome of ulnar shortening osteotomy for ulnar impaction syndrome?

    Tatebe M, Yamamoto M, Kurimoto S, Iwatsuki K, Yoneda H, Hirata H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association     2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jos.2021.11.016

    PubMed

  2. The ipsilateral distal upper arm can be useful in harvesting the nonvascularized perifascial areolar tissue for hand injuries.

    Takeda S, Yoneda H, Mitsuya S, Kurahashi S, Hirata H

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS     2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2021.11.108

    PubMed

  3. Electroencephalographic Functional Connectivity With the Tacit Learning System Prosthetic Hand: A Case Series Using Motor Imagery

    Iwatsuki Katsuyuki, Hoshiyama Minoru, Oyama Shintaro, Yoneda Hidemasa, Shimoda Shingo, Hirata Hitoshi

    FRONTIERS IN SYNAPTIC NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 7   2020年2月

     詳細を見る

  4. Compatibility of magnetic resonance imaging in patients with orthopedic implants: manufacturer questionnaires

    Iwatsuki Katsuyuki, Yoneda Hidemasa, Onishi Tetsuro, Ishii Hisao, Kurimoto Shigeru, Yamamoto Michiro, Tatebe Masahiro, Hirata Hitoshi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 79 - 84   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.79

    Web of Science

    PubMed

  5. Osteoid osteoma of the wrist misdiagnosed as de Quervain's tenosynovitis due to normal X-ray at the first visit: A case report

    Iwatsuki Katsuyuki, Yoneda Hidemasa, Kurimoto Shigeru, Yamamoto Michiro, Tatebe Masahiro, Hirata Hitoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS   75 巻   頁: 469 - 472   2020年

     詳細を見る

  6. Efficiency of a pelvic circumferential compression device for continuous hemorrhage of peripheral soft tissue of the pelvis: A case report.

    Takeda S, Yoneda H, Tabuchi A, Hirata H

    Trauma case reports   21 巻   頁: 100183   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.tcr.2019.100183

    PubMed

  7. Upper extremity disability is associated with pain intensity and grip strength in women with bilateral idiopathic carpal tunnel syndrome

    Yoshida Akihito, Kurimoto Shigeru, Iwatsuki Katsuyuki, Saeki Masaomi, Nishizuka Takanobu, Nakano Tomonori, Yoneda Hidemasa, Onishi Tetsurou, Yamamoto Michiro, Tatebe Masahiro, Hirata Hitoshi

    NEUROREHABILITATION   44 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 205   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/NRE-182589

    Web of Science

    PubMed

  8. Thumb boutonniere deformity without rheumatoid arthritis or trauma

    Hara T., Yoneda H., Kurimoto S., Yamamoto M., Iwatsuki K., Hirata H.

    JOURNAL OF HAND SURGERY-EUROPEAN VOLUME   43 巻 ( 3 ) 頁: 324-330   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1753193417704610

    Web of Science

  9. A case of dorsal oblique fingertip amputation

    Takeda Shinsuke, Tatebe Masahiro, Morita Akimasa, Yoneda Hidemasa, Iwatsuki Katsuyuki, Hirata Hitoshi

    CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY   4 巻 ( 1 ) 頁: 65-67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/23320885.2017.1348234

    Web of Science

    PubMed

  10. Interindividual anatomical variations affect the plate-to-bone fit during osteosynthesis of distal radius fractures.

    Yoneda H, Iwatsuki K, Hara T, Kurimoto S, Yamamoto M, Hirata H

    J Orthop Res     2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.23125

  11. Primary excision of the ulnar head for fractures of the distal ulna associated with fractures of the distal radius in severe osteoporotic patients. 査読有り

    Yoneda H, Watanabe K.

      39 巻 ( 3 ) 頁: 293-299   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1753193413504160

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Upper extremity amputation

    Kevin C Chung, MD, MS, Hidemasa Yoneda, MD, PhD, Russell S Berman, MD, Charles E Butler, MD, FACS, Kathryn A Collins, MD, PhD, FACS( 担当: 共著)

    UpToDate, Wolters Kluwer Health  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Pathophysiology, classification, and causes of acute extremity compartment syndrome

    Kevin C Chung, MD, MSHidemasa Yoneda, MD, PhD, J Gregory Modrall, MD, Charles E Butler, MD, FACS, Eileen M Bulger, MD, FACS, Joseph L Mills, Sr, MD, John F Eidt, MD, Kathryn A Collins, MD, PhD, FACS( 担当: 単著)

    UpToDate, Wolters Kluwer Health  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Upper extremity fasciotomy techniques

    Kevin C Chung, MD, MS, Hidemasa Yoneda, MD, PhD, Charles E Butler, MD, FACS, Kathryn A Collins, MD, PhD, FACS( 担当: 共著)

    UpToDate  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

科研費 2

  1. 感覚情報処理系の解析を含めた手指巧緻運動障害の定量化と未病早期検出技術の開発

    研究課題/研究課題番号:21H03288  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    米田 英正, 長谷川 良平, 岩月 克之, 大山 慎太郎, 佐伯 将臣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    巧緻運動時の筋活動,感覚入力のフィードバック機構,動作に付随する眼球運動を4つのオリジナルタスクを用いて解析し,感覚入力から運動出力までを包括的に俯瞰可能な巧緻運動の定量化指標を開発する。特に手指運動時の感覚運動統合(sensorimotor integration)や手と目の協調(hand-eye coordination),事象関連電位などの所見を利用した定量手法を開発する。研究の後半には,定量化タスクを用いた地域集団での大規模調査を行う。タスク定量値,縦断的検診解析結果に対して機械学習を用い相関性の探索を行い,手指運動機能の定量的評価値を未病状態のスクリーニング手法としての応用を目指す。

  2. 3D積層プリント技術と整復シミュレーションの融合による上肢骨折個別化治療の実現

    研究課題/研究課題番号:18K16619  2018年4月 - 2020年3月

    若手研究

    米田 英正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    本研究では合併症を減じた橈骨遠位端骨折の手術技術を考案するべく、①3D-CAD上の骨折治療シミューレーション,②3Dプリントによるインプラント作成,③CFRPインプラントの力学的解析を柱に研究を実施した。CT画像から作成した3D骨折モデルを用いた整復操作を行い,整復結果をベースにした骨折治療のテンプレートとなるインプラントを出力することが実現できることを確認した。力学的解析では,金属にかわる内固定材料としてCFRPを用いることでインプラントに及ぶ応力集中を減じることができることがわかった。これらの手法を組み合わせることで術者の技量に依存しない骨折治療技術として開発できることを確認した。
    近年増加傾向にある骨粗鬆症性の骨脆弱性骨折の手術では,多くの術後合併症が報告され問題となっていた。合併症は内固定材よりも術者のテクニカルエラーに起因し,解剖学的形状は個人差が大きく,画一的にデザインされたインプラントでは対応できないことがわかった。本研究ではこれら手術治療の問題点を解決するべく,術者の技量に依存せず、合併症を減じ,個々の解剖学的形態にあわせた骨折治療を実現する個別化医療インプラントの開発手法を開発した。インプラントの利用により個々の解剖学的形態にあわせた個別化医療を実施することで,安全で確実な手術を技量に依存せず実施することが期待できる。