2021/04/05 更新

写真a

イシカワ マサヒト
石川 聖人
ISHIKAWA Masahito
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 生命システム工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2012年3月   名古屋大学 ) 

経歴 8

  1. 国立研究開発法人科学技術振興機構   さきがけ研究者(兼任)

    2020年11月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院   工学研究科   助教

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪大学   太陽エネルギー化学研究センター   招へい教員(兼任)

    2016年4月 - 現在

  4. 東京大学   先端科学技術研究センター   特任助教

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学大学院   工学系研究科   特任研究員

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院   工学研究科   研究員

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会 特別研究員PD(資格変更)

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 日本学術振興会 特別研究員DC2

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋工業大学   工学研究科   物質工学専攻

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本生物工学会

  2. 日本化学会

  3. 化学工学会

  4. 時間生物学会

  5. 日本農芸化学会

委員歴 2

  1. 日本生物工学会   バイオミディア委員  

    2018年8月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 生物リズム若手研究者の集い   世話人  

    2017年4月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 日本化学会第96春季年会 優秀講演賞(学術)

    2016年5月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 25

  1. Switching Between Methanol Accumulation and Cell Growth by Expression Control of Methanol Dehydrogenase in Methylosinus trichosporium OB3b Mutant 査読有り

    Hidehiro Ito, Kosei Yoshimori, Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori, Toshiaki Kamachi

    Frontiers in Microbiology   12 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Methanotrophs have been used to convert methane to methanol at ambient temperature and pressure. In order to accumulate methanol using methanotrophs, methanol dehydrogenase (MDH) must be downregulated as it consumes methanol. Here, we describe a methanol production system wherein MDH expression is controlled by using methanotroph mutants. We used the MxaF knockout mutant of <italic>Methylosinus trichosporium</italic> OB3b. It could only grow with MDH (XoxF) which has a cerium ion in its active site and is only expressed by bacteria in media containing cerium ions. In the presence of 0 μM copper ion and 25 μM cerium ion, the mutant grew normally. Under conditions conducive to methanol production (10 μM copper ion and 0 μM cerium ion), cell growth was inhibited and methanol accumulated (2.6 μmol·mg<sup>−1</sup> dry cell weight·h<sup>−1</sup>). The conversion efficiency of the accumulated methanol to the total amount of methane added to the reaction system was ~0.3%. The aforementioned conditions were repeatedly alternated by modulating the metal ion composition of the bacterial growth medium.

    DOI: 10.3389/fmicb.2021.639266

  2. Metabolic alteration of Methylococcus capsulatus str. Bath during a microbial gas-phase reaction 査読有り

    Yan-Yu Chen, Yuki Soma, Masahito Ishikawa, Masatomo Takahashi, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Katsutoshi Hori

    Bioresource Technology   330 巻   頁: 125002 - 125002   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.biortech.2021.125002

  3. Evaluation of methane degradation performance in microbial gas-phase reactions using effectively immobilized methanotrophs 査読有り

    Chen Y.Y.

    Biochemical Engineering Journal   154 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical Engineering Journal  

    DOI: 10.1016/j.bej.2019.107441

    Web of Science

    Scopus

  4. Gas-phase bioproduction of a high-value-added monoterpenoid (: E)-geranic acid by metabolically engineered Acinetobacter sp. Tol 5 査読有り

    Usami A.

    Green Chemistry   22 巻 ( 4 ) 頁: 1258 - 1268   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Green Chemistry  

    DOI: 10.1039/C9GC03478A

    Web of Science

    Scopus

  5. Extracellular electron transfer mediated by a cytocompatible redox polymer to study the crosstalk among the mammalian circadian clock, cellular metabolism, and cellular redox state 査読有り

    Ishikawa M.

    RSC Advances   10 巻 ( 3 ) 頁: 1648 - 1657   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:RSC Advances  

    DOI: 10.1039/C9RA10023G

    Web of Science

    Scopus

  6. Cell-Membrane Permeable Redox Phospholipid Polymers Induce Apoptosis in MDA-MB-231 Human Breast Cancer Cells 査読有り 国際誌

    Kaneko M.

    Biomacromolecules   20 巻 ( 12 ) 頁: 4447 - 4456   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomacromolecules  

    DOI: 10.1021/acs.biomac.9b01184

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. The endogenous redox rhythm is controlled by a central circadian oscillator in cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC7942 査読有り 国際誌

    Tanaka K.

    Photosynthesis Research   142 巻 ( 2 ) 頁: 203 - 210   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Photosynthesis Research  

    DOI: 10.1007/s11120-019-00667-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-6390-1031

  8. Bottom-up Creation of an Artificial Cell Covered with the Adhesive Bacterionanofiber Protein AtaA. 査読有り

    Noba K, Ishikawa M, Uyeda A, Watanabe T, Hohsaka T, Yoshimoto S, Matsuura T, Hori K

    Journal of the American Chemical Society   141 巻 ( 48 ) 頁: 19058 - 19066   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/jacs.9b09340

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. The Acinetobacter trimeric autotransporter adhesin Ata controls key virulence traits of Acinetobacter baumannii 査読有り

    Marko Weidensdorfer, Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori, Dirk Linke, Bardya Djahanschiri, Ruben Iruegas, Ingo Ebersberger, Sara Riedel-Christ, Giulia Enders, Laura Leukert, Peter Kraiczy, Florian Rothweiler, Jindrich Cinatl, Jürgen Berger, Katharina Hipp, Volkhard AJ Kempf, Stephan Göttig

    Virulence   10 巻 ( 1 ) 頁: 68-81   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Native display of a huge homotrimeric protein fiber on the cell surface after precise domain deletion 査読有り

    Aoki S.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   129 巻 ( 4 ) 頁: 412 - 417   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Bioscience and Bioengineering  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.09.022

    Scopus

  11. Efficient counterselection for Methylococcus capsulatus (Bath) by using a mutated pheS gene 査読有り 国際誌

    Ishikawa M.

    Applied and Environmental Microbiology   84 巻 ( 23 )   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied and Environmental Microbiology  

    DOI: 10.1128/AEM.01875-18

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Heterologous expression of geraniol dehydrogenase for identifying the metabolic pathways involved in the biotransformation of citral by Acinetobacter sp. Tol 5. 査読有り

    Usami A, Ishikawa M, Hori K

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   82 巻 ( 11 ) 頁: 1 - 9   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  

    DOI: 10.1080/09168451.2018.1501263

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Extracellular electron transfer via outer membrane cytochromes in a methanotrophic bacterium methylococcus capsulatus (Bath) 査読有り 国際誌

    Tanaka K.

    Frontiers in Microbiology   9 巻 ( NOV ) 頁: 2905 - 2905   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Microbiology  

    DOI: 10.3389/fmicb.2018.02905

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Molecular design of cytocompatible amphiphilic redox-active polymers for efficient extracellular electron transfer 査読有り

    Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Kazuhito Hashimoto, Shuji Nakanishi

    Bioelectrochemistry   114 巻   頁: 8-12   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Cathodic supply of electrons to living microbial cells via cytocompatible redox-active polymers 査読有り

    Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Jieun Song, Souichiro Kato, Kazuhito Hashimoto, and Shuji Nakanishi

    Electrochm commun   75 巻 ( 17 ) 頁: 17-20   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Specific interaction between redox phospholipid polymers and plastoquinone in photosynthetic electron transport chain 査読有り

    Kenya Tanaka, Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Souichiro Kato, Hidehiro Ito, Toshiaki Kamachi, Kazuhide Kamiya, and Shuji Nakanishi

    ChemPhysChem   18 巻 ( 8 ) 頁: 878-881   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.201700065

  17. Real-time monitoring of intracellular redox changes in Methylococcus capsulatus (Bath) for efficient bioconversion of methane to methanol 査読有り

    Masahito Ishikawa, Yuya Tanaka, Risa Suzuki, Kouta Kimura, Kenya Tanaka, Kazuhide Kamiya, Hidehiro Ito, Souichiro Kato, Toshiaki Kamachi, Katsutoshi Hori, and Shuji Nakanishi

    Bioresource Technology   241 巻   頁: 1157-1161   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Discovery of a novel periplasmic protein that forms a complex with a trimeric autotransporter adhesin and peptidoglycan 査読有り

    Masahito Ishikawa, Shogo Yoshimoto, Ayumi Hayashi, Junichi Kanie, and Katsutoshi Hori

    Molecular Microbiology   101 巻 ( 3 ) 頁: 394-410   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Effectiveness of direct immobilization of bacterial cells onto material surfaces using the bacterionanofiber protein AtaA 査読有り

    Katsutoshi Hori, Yuki Ohara, Masahito Ishikawa, and Hajime Nakatani

    Applied Microbiology and Biotechnology   99 巻 ( 12 ) 頁: 5025-5032   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Application of the adhesive bacterionanofiber AtaA to a novel microbial immobilization method for the production of indigo as a model chemical 査読有り

    Masahito Ishikawa, Kazuki Shigemori, and Katsutoshi Hori

    Biotechnology and Bioengineering   111 巻 ( 1 ) 頁: 16-24   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. A new simple method for introducing an unmarked mutation into a large gene of non-competent Gram-negative bacteria by FLP/FRT recombination 査読有り

    Masahito Ishikawa and Katsutoshi Hori

    BMC Microbiology   13:86 巻   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1186/1471-2180-13-86.

  22. Extracellular electron transfer of the highly-adhesive and metabolically versatile bacteria Acinetobacter sp. strain Tol 5 査読有り

    ChemPhysChem   14 巻   頁: 2407-2412   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. a new member of the trimeric autotransporter adhesins mediating high adhesiveness to various surfaces from Acinetobacter sp. Tol 5 査読有り

    Masahito Ishikawa, Hajime Nakatani, and Katsutoshi Hori

    PLoS ONE   7 巻 ( 11 ) 頁: e48830   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0048830

  24. Evaluation of adhesiveness of Acinetobacter sp. Tol 5 to abiotic surfaces 査読有り

    Masahito Ishikawa, Kazuki Shigemori, Atsuo Suzuki, and Katsutoshi Hori

    Journal of Bioscience and Bioengineering   113 巻 ( 6 ) 頁: 719-725   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Production of peritrichate bacterionanofibers and their proteinaceous components by Acinetobacter sp. Tol 5 cells affected by growth substrates 査読有り

    Journal of Bioscience and Bioengineering   111 巻 ( 1 ) 頁: 31-36   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 17

  1. 正確なドメイン欠損による巨大ファイバータンパク質の再構成

    青木壮太, 吉本将悟, 石川聖人, 堀克敏

    化学工学会第85年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  2. 環境汚染物質に依存する生物学的封じ込め技術の開発

    石川聖人、堀克敏

    化学工学会第85年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 乳がん細胞の選択的増殖抑制を指向した細胞膜透過性レドックスリン脂質ポリマーの創成

    金子真大,石川聖人,石原一彦,中西周次

    第41回日本バイオマテリアル学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. Alternation of mammalian circadian clock by extracellular electron transfer mediated by a cytocompatible redox polymer 招待有り 国際会議

    Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  5. Acinetobacter sp. Tol 5 のcitral生物変換に関わる代謝経路の同定

    宇佐見享嗣, 石川聖人, 堀克敏

    第29回イソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAで修飾した接着性人工細胞の創出

    野場考策, 石川聖人, 植田淳子, 渡邉貴嘉, 芳坂貴弘, 吉本将悟, 松浦友亮, 堀 克敏

    第9回CSJ化学フェスタ2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. Development of Cell Membrane Permeable Redox Phospholipid Polymers for Suppression of Cancer Cell Growth 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  8. Development of a Real Gas-Solid System for Methane Degradation with a Novel Cell-Immobilization Method 国際会議

    Yan-Yu CHEN, Masahito ISHIKAWA, Risa SUZUKI, Sho YOKOE, Hidehiro ITO, Toshiaki KAMACHI, Katsutoshi HORI

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Genetic engineering of Methylococcus capsulatus (Bath) toward an efficient methane-based bioconversion 国際会議

    Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 環境汚染物質依存性の生物学的封じ込めシステムの開発

    石川聖人,飯尾魁,堀克敏

    第71回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 細胞膜透過性レドックスリン脂質ポリマーを介した細胞内レドックス状態の変調による乳がん細胞の選択的増殖抑制

    金子真大,石川聖人,石原一彦,中西周次

    2019年電気化学秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. バクテリオナノファイバー蛋白質AtaAで修飾した接着性人工細胞の創出

    野場考策, 石川聖人, 植田淳子, 渡邉貴嘉, 芳坂貴弘, 吉本将悟, 松浦友亮, 堀 克敏

    第13回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 高付着性蛋白質AtaAで被覆された人工細胞のボトムアップ創出

    野場考策, 石川聖人, 植田淳子, 渡邉貴嘉, 芳坂貴弘, 吉本将悟, 松浦友亮, 堀 克敏

    2019年度日本生物工学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Green bioproduction of monoterpenoid (E)-geranic acid from geraniol by genetically engineered Acinetobacter sp. Tol 5 in gas phase 国際会議

    Atsushi Usami, Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  15. Green bioproduction of monoterpenoid (E)-geranic acid from geraniol by genetically engineered Acinetobacter sp. Tol 5 in gas phase 国際会議

    Atsushi Usami, Masahito Ishikawa, Katsutoshi Hori

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  16. シアノバクテリア概日時計欠損株における細胞内レドックス振動

    田中謙也,石川聖人,加藤創一郎,中西周次

    第10回日本光合成学会年会およびシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. AtaAを作る・AtaAで創るバイオシステム 国際共著

    石川聖人

    生物工学会 非線形バイオシステム研究部会 キックオフセミナー  2020年9月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. リピート配列の相同組換えを保護する細菌ゲノムの分子基盤

    2020年11月 - 2024年3月

    さきがけ  

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:46800000円 ( 直接経費:36000000円 、 間接経費:10800000円 )

  2. ほ乳類の生物時計と細胞内レドックス状態の相関理解に向けた電気化学的制御法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

  3. メタン酸化細菌の細胞外電子伝達能の実証と電気化学による新規代謝制御技術の開発

    2017年10月 - 2018年9月

    国内共同研究 

    加藤創一郎

  4. 遺伝子操作を用いずに微生物の代謝を操る

    2016年4月 - 2017年3月

科研費 2

  1. 細菌の反復配列遺伝子の相同組換えはどのように抑制されているか

    研究課題/研究課題番号:19K15365  2019年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    石川 聖人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    申請者らが独自に発見した接着蛋白質AtaAの遺伝子には、相同組換えの標的となる反復配列が複数存在する。ataAは不安定な遺伝子構造であるにも関わらず、宿主であるAcinetobacter属細菌Tol 5では相同組換えが起こることなく維持されている。本研究では、Tol 5がataA遺伝子の相同組換えをどのように抑制しているかを明らかにする。本研究を通じて、「生物は反復配列遺伝子をどのように維持しているか」という謎に迫り、応用面としては効果的な遺伝子改変やゲノム編集、望まない遺伝子改変抑制の技術開発に重要な知見を提供する。
    DNAの修復機構である相同組換えは損傷DNA以外の相同配列にも作用し、遺伝情報を書き換えてしまう組換えも引き起こす。申請者らが独自に発見した接着蛋白質AtaAの遺伝子には、相同組換えの標的となる反復配列が複数存在する。ataAは不安定な遺伝子構造であるにも関わらず、宿主であるAcinetobacter属細菌Tol 5では相同組換えが起こることなく維持されている。本研究では、Tol 5がataA遺伝子の相同組換えをどのように抑制しているかを明らかにすることを目的とし、宿主細菌と異種細菌における相同組換え頻度を算出すること、及び相同組換え抑制に関与するタンパク質とDNAの塩基修飾の解析に取り組んだ。相同組換えの頻度を定量比較するために、対立遺伝子マーカーsacBをataA遺伝子のリピート配列間に挿入したプローブプラスミドを作成した。これにより相同組換えの頻度を定量できるようになった。いくつかの菌で相同組換え頻度を算出したところ、Tol 5株におけるataA遺伝子の相同組換えは、異種細菌よりもはるかに低く抑えられていることが確かとなった。ataA遺伝子の相同組換えを抑制するタンパク質を特定するために、相同組換え頻度の向上した変異株をランダム変異株ライブラリーから取得することを試みたところ、標的とする変異株がいくつか得られた。また、ataA遺伝子の反復配列内のメチル化塩基を調べるために、ナノポアシークエンサーMinIONを用いて解析した。その結果、ataA遺伝子の相同組換えを起こしやすい大腸菌には検出されないはずの塩基修飾が検出された。
    プローブプラスミドを用いた相同組換え頻度の算出法が確立されたことで、これまで定性的であった「Tol 5株はataA遺伝子を相同組換えから保護する」ということが定量的に評価できるようになった。これにより、異種細菌よりも、ataA遺伝子の宿主細菌であるTol 5ではataA遺伝子の相同組換えが有意に抑制されていることが確かとなった。加えて、プローブプラスミドを用いることで、ランダム変異株ライブラリーから相同組換え頻度の向上した変異株が分離できるようになった。このような変異株はataA遺伝子の相同組換え抑制システムが破綻している可能性があるので、変異箇所を特定し解析することでシステムを構成する分子基盤が明らかになると考える。また、MinIONを用いたataA遺伝子のシークエンシングでは、ataA遺伝子の相同組換えを起こしやすい菌には検出されないはずの塩基修飾が検出されたことから、これらの菌でメチル化修飾が異なっていることが明らかとなった。以上、研究申請時に予定していた項目を概ね実施することができ、想定していた結果が得られていることから、本研究課題は概ね順調に進んでいると考えている。
    相同組換え頻度の向上した変異株の変異箇所を特定し、これをTol 5野生株のゲノムDNAから選択的にノックアウトすることで、ataA遺伝子の相同組換え抑制に関わる遺伝子を確定させる。また、変異株のスクリーニングは飽和していないと思われるので、変異株の取得は継続する。メチル化解析では、ataA遺伝子の相同組換えを起こしやすい菌で複製されたataA遺伝子や、メチル化修飾のないataA遺伝子のPCR産物をMinIONでシークエンスする。Tol 5株での結果と比較することで特徴的な修飾モチーフを明らかにし、相同組換え抑制との関係性を調べる。

  2. 接着ナノファイバー蛋白質のグラム陰性菌外膜における再構成法の確立

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    石川 聖人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 化学生命工学実験2

    2020

  2. 化学生命工学実験3

    2020

  3. 卒業研究A

    2020

  4. 卒業研究B

    2020

  5. 生命システム工学特別実験及び演習1

    2020

  6. 生命システム工学特別実験及び演習2

    2020

  7. 生命システム工学特別実験及び演習3

    2020

  8. 化学生命工学実験4

    2020

▼全件表示