2021/11/16 更新

写真a

ヤマシタ サトシ
山下 暁士
YAMASHITA Satoshi
所属
医学部附属病院 メディカルITセンター 病院助教
職名
病院助教
外部リンク

学位 1

  1. 医学学士 ( 2004年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  2. ライフサイエンス / 整形外科学

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部   医学科

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本医療情報学会   評議員

  2. 日本整形外科学会

  3. 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  4. 日本肩関節学会

  5. 日本軟骨代謝学会

  6. 日本公衆衛生学会

  7. 日本医療・病院管理学会

  8. 日本医療マネジメント学会

  9. 中部日本整形外科災害外科学会

▼全件表示

 

論文 29

  1. Evaluation of muscle quality and quantity for the assessment of sarcopenia using mid-thigh computed tomography: a cohort study

    Oba Hiroki, Matsui Yasumoto, Arai Hidenori, Watanabe Tsuyoshi, Iida Hiroki, Mizuno Takafumi, Yamashita Satoshi, Ishizuka Shinya, Suzuki Yasuo, Hiraiwa Hideki, Imagama Shiro

    BMC GERIATRICS   21 巻 ( 1 ) 頁: 239   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12877-021-02187-w

    Web of Science

    PubMed

  2. Smart hospital infrastructure: geomagnetic in-hospital medical worker tracking

    Yamashita Keiko, Oyama Shintaro, Otani Tomohiro, Yamashita Satoshi, Furukawa Taiki, Kobayashi Daisuke, Sato Kikue, Sugano Aki, Funada Chiaki, Mori Kensaku, Ishiguro Naoki, Shiratori Yoshimune

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL INFORMATICS ASSOCIATION   28 巻 ( 3 ) 頁: 477 - 486   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jamia/ocaa204

    Web of Science

    PubMed

  3. Spontaneous Pneumomediastinum in an Adolescent Soccer Player.

    Kobayakawa A, Hiraiwa H, Ishizuka S, Yamashita S, Oba H, Kawamura Y, Sakaguchi T, Idota M, Haga T, Mizuno T, Kawashima I, Kuriyama K, Imagama S

    Journal of sports science & medicine   20 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 55   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.52082/jssm.2021.52

    PubMed

  4. Spontaneous Pneumomediastinum in an Adolescent Soccer Player

    Kobayakawa Akinori, Hiraiwa Hideki, Ishizuka Shinya, Yamashita Satoshi, Oba Hiroki, Kawamura Yusuke, Sakaguchi Takefumi, Idota Masaru, Haga Takahiro, Mizuno Takafumi, Kawashima Itaru, Kuriyama Kanae, Imagama Shiro

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE   20 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 55   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  5. Characteristics of patients with rheumatoid arthritis undergoing primary total joint replacement: A 14-year trend analysis (2004-2017)

    Asai Shuji, Takahashi Nobunori, Asai Nobuyuki, Yamashita Satoshi, Terabe Kenya, Matsumoto Takuya, Sobue Yasumori, Nishiume Tsuyoshi, Suzuki Mochihito, Ishiguro Naoki, Kojima Toshihisa

    MODERN RHEUMATOLOGY   30 巻 ( 4 ) 頁: 657 - 663   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2019.1649111

    Web of Science

    PubMed

  6. Impact of fracture characteristics and disease-specific complications on health-related quality of life in osteogenesis imperfecta

    Matsushita Masaki, Mishima Kenichi, Yamashita Satoshi, Haga Nobuhiko, Fujiwara Sayaka, Ozono Keiichi, Kubota Takuo, Kitaoka Taichi, Ishiguro Naoki, Kitoh Hiroshi

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   38 巻 ( 1 ) 頁: 109 - 116   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-019-01033-9

    Web of Science

    PubMed

  7. Long-term outcomes following isolated arthroscopic Bankart repair: a 9- to 12-year follow-up.

    JSES open access   3 巻 ( 3 ) 頁: 189-193   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jses.2019.05.002

    PubMed

  8. Use of in-Hospital Geomagnetic Fingerprinting Localization.

    Yamashita K, Oyama S, Otani T, Yamashita S, Furukawa T, Kobayashi D, Sato K, Sugano A, Funada C, Mori K, Shiratori Y

    Studies in health technology and informatics   264 巻   頁: 2007 - 2008   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/SHTI190758

    PubMed

  9. Physical, Mental, and Social Problems of Adolescent and Adult Patients with Achondroplasia.

    Matsushita M, Kitoh H, Mishima K, Yamashita S, Haga N, Fujiwara S, Ozono K, Kubota T, Kitaoka T, Ishiguro N

    Calcified tissue international     2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-019-00518-z

    PubMed

  10. Supraspinatus muscle location changes after arthroscopic rotator cuff repair: a potential source of preoperatively predicting tear patterns

    Ono Yohei, Makihara Takeshi, Yamashita Satoshi, Tam Kelvin K. W., Kawai Nobuaki, Lo Ian K. Y., Kimura Akihiko

    OPEN ACCESS JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   10 巻   頁: 33-39   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/OAJSM.S192257

    Web of Science

    PubMed

  11. Use of in-Hospital Geomagnetic Fingerprinting Localization

    Yamashita Keiko, Oyama Shintaro, Otani Tomohiro, Yamashita Satoshi, Furukawa Taiki, Kobayashi Daisuke, Sato Kikue, Sugano Aki, Funada Chiaki, Mori Kensaku, Shiratori Yoshimune

    MEDINFO 2019: HEALTH AND WELLBEING E-NETWORKS FOR ALL   264 巻   頁: 2007-2008   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/SHT1190758

    Web of Science

  12. 関節鏡下バンカート修復術後の肩甲骨関節窩前方縁骨吸収と臨床像の関連 査読有り

    酒井 忠博, 川村 佑介, 山下 暁士, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 大野 洋平, 小田 智之, 宮本 健太郎, 岸本 烈純, 土谷 早穂, 大羽 宏樹

    肩関節   41 巻 ( 4 ) 頁: 858-858   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  13. 反復性肩関節脱臼に対する空気を用いた関節造影CTの診断能の検討 査読有り

    平岩 秀樹, 大羽 宏樹, 川村 佑介, 酒井 忠博, 濱田 恭, 大野 洋平, 小田 智之, 山下 暁士, 宮本 健太郎, 岸本 烈純, 土谷 早穂

    肩関節   41 巻 ( 3 ) 頁: 649-652   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    反復性肩関節脱臼に対する空気を用いた関節造影CTの診断能につき調査・検討した.対象は2007年1月~2016年8月に反復性肩関節脱臼に対して空気を用いた関節造影CTおよび手術を施行した86例で,透視下に両肩の造影を行ったのちCT検査を施行し,手術時に全例関節鏡にて関節内病変を確認した.86例中,造影CTでBankart病変を容易に診断できたものが67例,容易ではなかったものが12例,診断できなかったものが 7 例で,HAGL病変や関節包断裂は8例を疑い,実際に病変があったものは5例であった. CT検査を施行し,手術時に全例関節鏡にて診断できなかった7例のうち,4例はPerthes病変,1例はALPSA病変,2例で明らかな前方関節唇病変はみられなかった.HAGL病変の診断は感度100%であったが,関節包断裂は感度60%であり,Perthes病変や関節包断裂の診断能をあげる工夫が必要であると考えた.

    CiNii Article

  14. 変形性膝関節症の保存治療におけるトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合剤の使用経験 査読有り

    平岩 秀樹, 石黒 直樹, 酒井 忠博, 濱田 恭, 中島 基成, 松川 哲也, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 宮本 健太郎

    日本関節病学会誌   34 巻 ( 2 ) 頁: 171-174   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective</b>: In the pharmacological therapy of osteoarthritis of the knee, various medicines have been prescribed to control knee pain. The purpose of this study was to evaluate the efficacy of a tramadol hydrochloride-acetaminophen (TRAM) combination in patients with osteoarthritis of the knee.<br><b>Methods</b>: We prescribed TRAM to 46 patients with osteoarthritis of the knee who were unable to achieve adequate pain relief using non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs). The patients included 15 men and 31 women, with a mean age of 79.7 years. According to the change in their knee pain intensity after the administration of TRAM, patients classified their pain as one of the following: 'disappeared,' 'decreased,' 'mildly decreased,' 'unchanged,' or 'increased.'.<br><b>Results</b>: Knee pain 'disappeared' in two patients, 'decreased' in 13, 'mildly decreased' in 12, was 'unchanged' in 18, and 'increased' in one patient. Nine patients discontinued taking TRAM due to side effects, all of which subsequently resolved.<br><b>Conclusion</b>: Because tramadol acts as a μ-opioid receptor agonist, it is believed that the TRAM combination directly decreases the pain by inhibiting its transmission. In this study, approximately 60% of all patients who could not achieve sufficient pain relief using NSAIDs could do so using TRAM. However, some patients had to discontinue the medication because of side effects. We think it is necessary to devise a suitable analgesia regimen for patients with osteoarthritis of the knee using TRAM.

    CiNii Article

  15. 上腕骨2 part外科頚骨折に対する骨接合術の成績不良の原因 査読有り

    浅野 研一, 平岩 秀樹, 岸本 烈純, 山下 暁士, 酒井 忠博

    肩関節   39 巻 ( 3 ) 頁: 650-653   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    上腕骨2 part外科頚骨折に対する骨接合術における成績不良の原因について検討を行ったので報告する.対象は髄内釘を用いて手術を行った17例で,年齢は平均73歳,観察期間は平均22.8ヵ月であった.調査項目は骨癒合の有無,肩関節可動域,合併症,上腕骨頚体角,JOA scoreで,最終観察時の上腕骨頚体角と可動域の相関も調査した.骨癒合は全例に認めた.合併症は内反変形治癒を1例,上腕骨頭壊死を1例に認めた.上腕骨頚体角は平均133&deg;,JOA scoreは平均82.3点であった.上腕骨頚体角と屈曲可動域に有意な相関を認めた(p=0.008).内反変形に伴う上腕骨頚体角の低下は大結節の上方化につながり,屈曲可動域が不良となったと考えた.また患者側の要因として術前に認知症や上肢麻痺がある症例の成績は不良であった.

    CiNii Article

  16. 鏡視下バンカート修復術後経過におけるアンカー孔の変化について 査読有り

    平岩 秀樹, 酒井 忠博, 濱田 恭, 中島 基成, 松川 哲也, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 宮本 健太郎

    肩関節   38 巻 ( 3 ) 頁: 831-834   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    鏡視下バンカート修復術後のアンカー孔の変化をCT画像にて調査した.<BR>対象は26例で,使用アンカーはPanalok-Loop <SUP>&reg;</SUP>(PL)12例49個,Bioraptor <SUP>&reg;</SUP>(BR)7例42個,JuggerKnot &trade;(JK)6例18個であった.術後1か月以内と,術後6か月以上で撮影した3D-CT画像にてアンカー孔の大きさを計測し,その変化を縮小,不変,軽度拡大,拡大(1.5倍以上)に分類し評価した.<BR>術後6~10か月ではBR群でアンカー孔の縮小や不変が多く,PL群では拡大・軽度拡大が多かったが,JK群には一定の傾向はみられなかった.またPL群では術後平均12か月になると拡大が減り縮小が増える傾向があった.肩甲骨関節窩の時計面3~5時では拡大・軽度拡大が多く,1症例あたりの使用アンカー総数が少ない症例で拡大・軽度拡大が多い傾向が見られた.今後さらに症例を増やし,詳細な検討をする必要がある.

    CiNii Article

  17. 膝屈曲位グラビティ撮影を用いたCR型TKA術後患者に対するPCL機能評価 査読有り

    平岩 秀樹, 酒井 忠博, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 石黒 直樹

    JOSKAS   38 巻 ( 3 ) 頁: 688-693   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  18. 膝軟部肉腫広範切除術後に膝蓋腱および外側支持機構の再建を行った1例 査読有り

    酒井 忠博, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 石黒 直樹

    JOSKAS   38 巻 ( 2 ) 頁: 336-337   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  19. 反復性膝蓋骨脱臼患者における手術前後の膝蓋骨高に関するX線学的検討 査読有り

    酒井 忠博, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 花村 浩克, 高橋 成夫, 石黒 直樹

    JOSKAS   38 巻 ( 1 ) 頁: 186-187   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  20. 膝伸展位矢状面アライメント評価における前十字靭帯再建術前後および麻酔導入前後での比較 査読有り

    中島 基成, 酒井 忠博, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 塚原 隆司, 石黒 直樹

    JOSKAS   38 巻 ( 1 ) 頁: 122-123   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  21. 当院での解剖学的後十字靭帯二重束再建術における骨孔位置の検討 査読有り

    濱田 恭, 酒井 忠博, 平岩 秀樹, 大間知 孝顕, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 塚原 隆司, 良田 洋昇, 筒井 求, 石黒 直樹

    JOSKAS   38 巻 ( 1 ) 頁: 132-133   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  22. 当院における膝離断性骨軟骨炎の治療方針および成績 査読有り

    平岩 秀樹, 酒井 忠博, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士, 石黒 直樹

    日本関節病学会誌   32 巻 ( 2 ) 頁: 137-143   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective:</b> The treatment strategy for osteochondritis dissecans of the knee depends on various factors such as patient activity, open or closed growth plates, radiographically determined arthroscopic stage, and location, size, and stability of osteochondral lesions. In our hospital, we adopt conservative therapy for patients with stable osteochondral lesions and surgical therapy for patients with unstable lesions or lesions that do not heal after conservative therapy. The surgical procedure is selected depending on the following factors: open or closed growth plates, arthroscopic stage, location, size, and amount of bony osteochondral lesions. <br><b>Methods:</b> We examined the clinical outcome in 39 patients (43 knees) with osteochondritis dissecans of the knee treated at our hospital from 2003 to 2012. Thirteen patients (17 knees) were treated using conservative therapy and 26 (26 knees) using surgical therapy, respectively. Of the 26 surgical patients, 5 were treated using the arthroscopic microfracture method, 14 using internal fixation with bioabsorbable pins or bone strips from the tibia, 1 using mosaicplasty, and 6 using autologous chondrocyte implantation with platelet-rich plasma gel. The clinical outcomes in all patients were evaluated according to the Hughston criteria and Lysholm score. <br><b>Result:</b> The clinical outcomes were satisfactory in all patients (good in 20 patients and excellent in 18 patients) according to the Hughston criteria, and the average Lysholm score was high (97.2 points). <br><b>Conclusion:</b> The selection of the surgical procedure in patients with osteochondritis dissecans of the knee, which was based on the presence of open or closed growth plates and the stability of osteochondral lesions, had excellent clinical results.

    CiNii Article

  23. 空気造影CT検査による前下方関節唇病変描出困難例の検討 査読有り

    平岩 秀樹, 酒井 忠博, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士

    肩関節   37 巻 ( 2 ) 頁: 561-563   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <B>Background:</B> In our hospital, the air-contrast computed tomography arthrography (CTA) is one of the preoperative examinations for patients with recurrent dislocation of the shoulder. Although the potency of CTA has improved by multidetector CT, there is some difficulty in detecting the antero-inferior glenoid labral lesions clearly. In this study, we examined features of the patients with antero-inferior glenoid labral lesions which were difficult to detect by the air-contrast CTA.<BR><B>Methods:</B> We performed air-contrast CTA in 29 patients who had no osseous fragment of glenoid and underwent arthroscopic Bankart repair between 2007.1 and 2012.5. The frequency of dislocation/subluxation, duration from the primary dislocation to arthrography, the bone-deficit size of the glenoid and the rotational position of the humeral head in CT image were evaluated in these patients.<BR><B>Results:</B> Antero-inferior glenoid labral lesions were undetectable in three patients by the air-contrast CTA and two of three were Perthes lesions. In these patients, the mean frequency of dislocation was lower than that of all other patients, and the mean duration from primary dislocation was 12.7 years. Mean bone-deficit size of glenoid was 2.9% that is smaller than that of all other patients (9.5%). The rotation of humeral head tended to be more external compared with the overall mean and we speculated that the subscapularis muscle holds the articular capsule down by external rotation.<BR><B>Conclusion:</B> Features of the patients with undetectable antero-inferior glenoid labral lesions by the air-contrast CTA were a lower frequency of dislocation, smaller bone-deficit of glenoid and more external rotation of the humeral head.

    CiNii Article

  24. 肩甲下筋腱損傷に対する徒手検査の診断精度 査読有り

    高松 晃, 酒井 忠博, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 山下 暁士

    肩関節   37 巻 ( 2 ) 頁: 795-798   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <B>Background:</B> Subscapularis (SSC) lesions are often underdiagnosed in clinical routine. The purpose of this study is to examine the diagnostic values of clinical tests for SSC lesions.<BR><B>Methods:</B> 26 consecutive patients, including 18 men and 14 women with a mean age of 59.6 years old who underwent arthroscopic procedures for rotator cuff lesions, were clinically evaluated using the belly-press test (BPT), the bear-hug test (BHT) and the lift-off test (LOT) preoperatively. Diagnostic arthroscopy was the reference that determined the actual pathologic lesions. For the three tests, the sensitivity, specificity, positive predictive value (PPV), negative predictive value (NPV), and accuracy of each test were calculated. Diagnostic accuracy was determined using positive likelihood ratios (LR).<BR><B>Results:</B> SSC tears occurred with a prevalence of 61.5%. The BPT was found to be the most sensitive (60.0%) of all (BHT; 55.6%, LFT; 33.3%). The specificity was 76.3% for the BPT, 74.5% for the BHT and 75.0% for the LOT respectively. All of those showed a positive likelihood ratio less than 5 (BPT; 3.05, BHT; 2.21, LOT; 1.21), suggesting that they were inaccurate independently of each other. Combinations of three tests increased positive LR and PPV (all tests were positive; positive LR and PPV were 6.86 and 88.4%, both BPT and BHT were positive; positive LR and PPV were 5.32 and 85.1%), suggesting they were considered to be diagnostically useful.<BR><B>Conclusion:</B> Three clinical tests for SSC lesion were singularly inaccurate. However, the combination of those tests can lead to improved diagnostic accuracy for SSC lesions.

    CiNii Article

  25. 関節鏡視下 Bankart 修復術後成績に影響を与える因子の統計学的検討 査読有り

    酒井 忠博, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 中島 基成, 石塚 真哉, 小田 智之, 高松 晃, 山下 暁士

    肩関節   37 巻 ( 3 ) 頁: 1035-1038   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <B>Background:</B> The purpose of this study is to evaluate clinical results of arthroscopic Bankart repair (ASBR) with a minimum of one-year follow-up and to perform statistical examination to find some factors that affected postoperative outcomes.<BR><B>Methods:</B> We retrospectively investigated 47 patients (49 shoulders), who underwent ASBR using bioabsorbable suture anchors, for traumatic anterior shoulder instability with a minimum of one-year follow-up. 1 case who had recurrence after ASBR was excluded. The pre and postoperative Japanese Shoulder Society shoulder instability score (JSS-SIS) and Rowe score, and the range of motion of external rotation in external rotation at side (ERS) and external rotation at abduction (ERA) were mainly evaluated statistically.<BR><B>Results:</B> The ANOVA analysis showed that the higher the age at ASBR, or the longer the period between primary dislocation and ASBR, significantly lowered the postoperative ERA. Multiple linear regression analysis revealed that an age older than 30 years old at ASBR significantly lowered the postoperative ERA and Rowe score, and the longer the period during primary dislocation and ASBR significantly lowered the postoperative ERS and JSS-SIS.<BR><B>Conclusion:</B> This study suggested that the ASBR performed earlier would show better outcomes. Further investigation will be required.

    CiNii Article

  26. 当院における化膿性脊椎炎の治療成績の検討 査読有り

    小早川 知範, 小林 和克, 佐藤 央, 山下 暁士

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 巻 ( 5 ) 頁: 1281-1282   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  27. 腰椎破裂骨折を伴った不安定型骨盤輪骨折の治療経験 査読有り

    小林 和克, 山内 健一, 山下 暁士

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 巻 ( 4 ) 頁: 1027-1028   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  28. 腰椎破裂骨折を伴った不安定型骨盤輪骨折の治療経験 査読有り

    小林 和克, 山内 健一, 山下 暁士

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 巻 ( 4 ) 頁: 1027-1028   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  29. 医学部学生による授業評価アンケートに対する教官側の意識調査 査読有り

    杉浦 ミドリ, 伴 信太郎, 藤本 豊士, 鈴木 治彦, 北小路 隆彦, 塚越 敬子, 中村 麗亜, 山下 暁士

    医学教育   33 巻 ( 6 ) 頁: 437-441   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    学生による授業評価アンケートへの教官の意識およびフィードバック状況把握のため, 平成12年に「平成10年度授業アンケートに関する調査」を行った. 対象教官は420名で回答数138名 (記名回答127名) であった (回収率33%). 平成10年度授業担当教官127名中, アンケート結果を「すぐに見た」のは103名 (81.1%),「次回の授業に役立った」のは100名 (78.7%) であった. 全回答者中124名 (89.9%) が, アンケートに意義があると答え, 109名 (79%) がアンケートの再度実施に賛成した. 学生への大規模アンケート実施には困難が多いが, 上手く機能すれば学生教官双方にとって良い効果が期待される.

    CiNii Article

▼全件表示

MISC 4

  1. 医療データを二次利用するためのデータの収集と格納に関する一考察 (総特集 真に病院支援に資するデータ二次活用術) -- (最大の効果を生む二次活用のあり方) 招待有り

    山下 暁士  

    月刊新医療47 巻 ( 3 ) 頁: 26-29   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  2. 話題の追跡 名古屋大学医学部附属病院のデジタル化に向けた取り組み 招待有り

    山下 暁士  

    自動認識32 巻 ( 12 ) 頁: 47-53   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  3. ロボット搬送システムの実証実験から考える業務支援ロボットの医療活用の将来 (検証 業務支援ロボットが可能にするもの) -- (自律搬送型システム臨床導入の行方) 招待有り

    山下 暁士  

    月刊新医療46 巻 ( 8 ) 頁: 74-77   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  4. 肩関節不安定症における Load & shift 検査と肩甲骨関節窩骨欠損の関係 査読有り

    平岩 秀樹, 高松 晃, 山下 暁士, 酒井 忠博, 濱田 恭, 大間知 孝顕, 大野 洋平, 中島 基成, 石塚 真哉, 松川 哲也, 小田 智之  

    肩関節36 巻 ( 2 ) 頁: 405-408   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    <B>Background:</B> To investigate the effect of the glenoid bone-deficit for shoulder stability, we examined the correlation between the load-and-shift (LAS) test and the glenoid bone-deficit in patients with recurrent dislocation of shoulder (RDS).<BR><B>Methods:</B> 24 patients who underwent surgery for RDS with glenoid bone-deficit between 2007 and 2010 were studied. Under general anesthesia, the LAS test at 45&deg;, 90&deg; and 120&deg; shoulder abduction (LAS45, LAS90, LAS120) was performed by an examiner and each LAS-point (0-3) according to Hawkins' classification(0-3)was recorded. Using CT-image, we calculated the glenoid width ratio and divided the morphology of bone-deficit into "avulsion type (A-group)" and "compression type (C-group)".<BR><B>Results:</B> Mean LAS-point was high in the order of LAS90(2.58), LAS45(1.29) and LAS120(1.00). As well as bone-deficit size, mean LAS-point in A-group was significantly higher than that in C-group at LAS90, but was lower at LAS120. Mean glenoid width ratio was 77.1% (A-group), 85.6% (C-group) and 81.0% (whole group). Significant correlation between LAS-point and glenoid width ratio was seen at LAS90 in C-group and whole group.<BR><B>Discussion:</B> Although the bone-deficit in C-group was smaller than in A-group, the point of LAS120 in C-group was higher than A-group. These results suggest that it was because the humeral head and glenoid contact on different areas, and the ligament restriction of the anterior translation of humeral head is also different at different glenohumeral abduction angles. About the correlation between LAS-point and glenoid width ratio, we speculate that it was because LAS-point does not increase more than three points even if the bone-deficit is larger.

    CiNii Article

講演・口頭発表等 4

  1. RFIDを用いた手術材料使用実績自動登録システムの実証実験

    山下 暁士(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター), 大山 慎太郎, 山下 佳子, 佐藤 菊枝, 菅野 亜紀, 舩田 千秋, 小林 大介, 阿磨 由美子, 友澤 洋史, 白鳥 義宗

    第40回医療情報学連合大会  2020年11月20日  一般社団法人 日本医療情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県浜松市  

  2. リアルワールドエビデンスを創出するための臨床中核指定病院ネットワークの取り組み Sub Working Group 1-Project 1におけるデータ品質管理の検討について

    山下 暁士(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター), 山下 貴範, 竹村 亮, 永島 里美, 諸橋 朱美, 白鳥 義宗, 中島 直樹, 中山 雅晴

    第40回医療情報学連合大会  2020年11月20日  一般社団法人 日本医療情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:静岡県浜松市  

  3. NDBレセプトデータを用いた愛知県の傷病別医療需要の解析

    山下 暁士(名古屋大学医学部附属病院 メディカルITセンター), 小林 大介, 佐藤 菊枝, 宮田 靖志

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月  一般社団法人 日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB  

  4. RFIDを用いた整形外科インプラント自動読み取りシステム

    山下 暁士, 大山 慎太郎, 山下 佳子, 大澤 郁介, 関 泰輔, 石塚 真哉, 平岩 秀樹

    第93回日本整形外科学会学術総会  2020年  公益社団法人 日本整形外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:WEB  

科研費 1

  1. 地域連携クリティカルパスを用いた標準的癌診療工程プロセスとその最適化

    研究課題/研究課題番号:17K09233  2017年4月 - 2020年3月

    白鳥 義宗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    再発率が高く、ハイリスク・グループが明確に決まっている肝がんを例に取り、肝炎・肝がんの地域連携クリティカルパスの効果的な利用によって中間アウトカムや最終アウトカムを改善するかどうかについて検討を行った。地域連携クリティカルパス利用群(パス群)、専門医による院内経過観察群(院内群)、地域連携クリティカルパス非利用紹介群(紹介群)の3群を比較した。腹部超音波検査の回数において、パス群、院内群では大きな差異は認めないが、紹介群においては著しい低値を示していた。腫瘍の最大径は3群間で違いが認められ、初診からの生存率は紹介群が有意に低下していた。
    地域連携クリティカルパスの効果的な利用によって中間アウトカムや最終アウトカムを改善するかどうかを検討した。地域連携クリティカルパスにより、専門医でなくても専門医と同等のアウトカムを導き出せれば、地域医療の均てん化に貢献できると考えているが、今回の結果は肝がん患者において初診からの生存率が専門医でなくても専門医と同等となることがわかった。クリティカルパス法によって医療の質の向上・医療の効率化・医療の標準化を実現し、がんに代表されるような治療困難な疾患に対する地域での取り組みにおいて最適な予防・治療の方策を提示し得る結果と思われた。

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 医療情報学

    2020

     詳細を見る

    医療情報学概論を担当

  2. 基盤医学特論・特徴あるプログラム開講通知 「CIBoG 生命医療データ学プログラム」個人情報保護と情報セキュリティ

    2020

     詳細を見る

    非常に機微な個人情報である医療情報を研究で取り扱うためには、その前提として情報セキュリティと個人情報保護の基礎知識を持っている必要がある。それらについて最低レベルの知識を提供する。

  3. 基盤医学特論・特徴あるプログラム開講通知 「CIBoG 生命医療データ学プログラム」 医療データの品質管理と標準化

    2020

     詳細を見る

    データ駆動型研究を実現するためには、その取り扱うデータの品質管理と標準化がなされていなければならない。その基礎知識と実際の方法論について概説する。

  4. 医療情報学実習

    2020

     詳細を見る

    医療情報学実習で情報セキュリティの講義を担当した

  5. 医療情報学

    2017

     詳細を見る

    医療情報の基本的な知識、Hi-Up研修

  6. 医療情報学

    2016

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 文部科学省補助事業 課題解決型高度医療人材養成プログラム 実践的病院経営マネジメ ント人材養成プラン(M×M KOBE) 医療情報管理と AI

    2020年8月 神戸大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他 

 

学術貢献活動 1

  1. 第40回医療情報学連合大会 実行委員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    一般社団法人 日本医療情報学会  2020年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等