2021/04/06 更新

写真a

オキ サヤカ
隠岐 さや香
OKI Sayaka
所属
大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 社会経済分析 教授
職名
教授

研究キーワード 16

  1. 百科全書

  2. 科学の社会史

  3. 啓蒙思想

  4. 18世紀

  5. 高等教育

  6. 科学史

  7. 科学アカデミー

  8. 科学の社会史

  9. 百科全書

  10. 数理科学史

  11. 政治算術

  12. 技術史

  13. フランス

  14. コンドルセ

  15. STS

  16. 18世紀

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 社会思想史

  2. 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史  / 科学思想史, 科学の社会史

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院経済学研究科   教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 広島大学 大学院・総合科学研究科   准教授

    2010年 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 私立玉川大学脳科学研究所   グローバルCOE研究員

    2009年6月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 国立大学法人東京大学総合文化研究科   特任研究員

    2008年4月 - 2009年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 仏国立人口学研究所   客員研究員

    2005年9月 - 2006年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 東京大学大学院   総合文化研究科   広域科学専攻博士課程

    2000年4月 - 2005年3月

  2. 社会科学高等研究院   歴史と文明コース   D.E.A. 課程

    2001年9月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名: フランス共和国

  3. 東京大学大学院   総合文化研究科   広域科学専攻修士課程

    1998年4月 - 2000年3月

  4. 東京大学   教養学部

    1994年4月 - 1998年3月

所属学協会 6

  1. History of Science Society

  2. International Society for Eighteenth Century Studies

  3. 社会思想史学会

  4. 化学史学会

  5. 日本18世紀学会

  6. 日本科学史学会

▼全件表示

委員歴 6

  1. 日本学術会議 第一部(人文・社会科学)   連携会員  

    2014年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. Science Council of Japan Section I: Humanities and Social Sciences   Members  

    2014年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  3. 文部科学省   科学技術・学術審議会専門委員  

    2015年3月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 日本学術会議の新たな展望を考える有識者会議   委員  

    2014年8月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 内閣府国家戦略会議フロンティア分科会   叡智の部会 部会長代理  

    2012年2月 - 2012年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 日本学術会議   若手アカデミー委員会 特任連携会員  

    2010年10月 - 2014年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 9

  1. 女性研究者トップリーダー顕彰(文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」)

    2020年9月   名古屋大学  

  2. 新書大賞2019

    2019年2月   中央公論新社   2位

    隠岐さや香

  3. 第9回(平成24年度)日本学術振興会賞

    2013年2月   日本学術振興会  

    隠岐さや香

  4. 第9回(平成24年度)日本学士院学術奨励賞

    2013年2月   日本学士院  

    隠岐さや香

  5. 第11回(平成24年度)広島大学学長表彰

    2012年11月   広島大学   教育研究活動

    隠岐さや香

  6. 山崎賞

    2012年11月   農業開発技術者協会  

    隠岐さや香

  7. 第33回(2011年度)サントリー学芸賞

    2011年12月   サントリー文化財団   思想・歴史部門

    隠岐さや香

  8. 第9回 パピルス賞

    2011年11月   関科学技術振興記念財団  

    隠岐さや香

  9. 日本科学史学会

    2009年5月   日本科学史学会  

    隠岐さや香

▼全件表示

 

論文 19

  1. 科学史——知を俯瞰するためのリテラシー 招待有り

    科学史研究   59 巻 ( 295 ) 頁: 298 - 302   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 社会的合理性のための自然科学と人文社会科学の連携?——『誰一人取り残さない』ためには—— 招待有り

    隠岐さや香

    基幹プログラム報告書 SDGs所なパンデミックの時代における科学技術のあり方を考える     頁: 53 - 59   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  3. 研究環境における多様性のためのアンケート調査報告 : 障害・ジェンダー・セクシュアリティと若手研究者 査読有り

    隠岐 さや香, 熊谷 晋一郎, 清水 晶子, 木下 知威, 福島 智, 綾屋 紗月, 星加 良司, 中村 征樹, 大河内 直之, Oki Sayaka, Kumagaya Shinichiro, Shimizu Akiko, Kinoshita Tomotake, Fukushima Satoshi, Ayaya Satsuki, Hoshika Ryoji, Nakamura Masaki, Okochi Naoyuki

    調査と資料 = Economic research   ( 124 ) 頁: 巻頭1枚,1 - 34   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター  

    DOI: 10.18999/ecores.124

    CiNii Article

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/00032070

  4. Le tâtonnement de l’expertise scientifique moderne Les éloges de Condorcet comme lieux de réflexion sur le rôle social des savants 査読有り

    隠岐さや香

    Dix-huitième siècle   1 巻 ( 51 ) 頁: 489 - 505   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. 『おそ松さん』にみるクィア性 : 性愛と「自立した男性」からの逸脱

    隠岐 さや香, OKI Sayaka

    JunCture : 超域的日本文化研究   ( 10 ) 頁: 18 - 32   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学大学院人文学研究科附属超域文化社会センター  

    Mr. Osomatsu (Osomatsu-san) is a Japanese anime comedy series (2015–2018) based on Akatsuka Fujio's manga series, Osomatsu-kun (1962–1969). The anime features more adult-oriented humor compared to the original manga, as it follows the lives of the sextuplet Matsuno brothers, who have fully grown up into lazy NEETs. The anime series attracted young female audiences with its character designs and its comical but delicate portrait of the everyday relationships among the brothers. The purpose of this study is to examine and explain the queer elements apparent in this series, including its bromance and accompanying incestuous connotations, human/non-human romantic relationships, and polyamorist desire between the sextuplets and the heroine, Totoko. We can find similar elements in Akatsuka's canon, which adopts a "nonsense gag manga" style marked by a fascination with the transgression of rules. However, it is clear these elements take on different meanings in Mr. Osomatsu, with its very satiric description of today's neoliberal market society, which excludes the Matsuno brothers from any kind of stable social relationship except with their own family. We see these queer relationships are indeed forced options for them in place of a heteronormative romantic love out of the brothers' reach, but at the same time they make us look at a certain strategy to challenge the neoliberal norm of masculinity, to be an economically independent man capable of living a heteronormative family life. In this regard, Akatsuka's gag heritage almost merges with the act of queering, and allows us to look into the diversities and the difficulty of masculinity in today's Japanese society.ファイル差し替え(2019/4/10).本稿はカルチュラル・タイフーン(東京藝術大学、2016年7月3日)での研究発表「アニメ『おそ松さん』にみるクィアネスとその社会・文化的文脈」の内容に加筆・修正したものである。

    CiNii Article

  6. 日本における文系・理系の分断?:――歴史的視野から振り返る

    隠岐 さや香

    学術の動向   24 巻 ( 8 ) 頁: 8_72-8_77   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5363/tits.24.8_72

    CiNii Article

  7. 'Innovation' as an Adaptation of 'Progress': Revisiting the Epistemological and Historical Contexts of These Terms 査読有り

    Oki Sayaka

    INNOVATION BEYOND TECHNOLOGY: SCIENCE FOR SOCIETY AND INTERDISCIPLINARY APPROACHES     頁: 47 - 62   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-981-13-9053-1_3

    Web of Science

  8. OE/Économie and science in france during the age of social reform (1760-1790): Agronomy, natural history and political arithmetic 査読有り

    Sayaka Oki

    The Foundations of Political Economy and Social Reform: Economy and Society in Eighteenth-Century France     頁: 155 - 178   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:The Foundations of Political Economy and Social Reform: Economy and Society in Eighteenth-Century France  

    © 2018 selection and editorial matter, Ryuzo Kuroki and Yusuke Ando; individual chapters, the contributors. The word ‘economy’ lies at the crossroads between the history of economic thought and of natural and mathematical sciences, because of the great transition in the term’s meaning, as well as its usage, in the latter half of the eighteenth century in France. From recent studies on the Encyclopédie (1751-1772), we understand that the term 'œ/économie’ is polysemic, and covers in particular the two following centres of interest that link social sciences, natural sciences and mathematics: one is the mode of (agricultural) production, as is the case for the entries concerning rural economy, and the other is the mode of administration of a community, which is typical for Rousseau’s famous entry 'Économie ou œconomie’ (Piguet 2002; Salvat 2006; Steiner 2006).

    DOI: 10.4324/9781315188058

    Scopus

  9. 「社会数学」の生成・消滅と部分的再生

    隠岐 さや香

    学術の動向   22 巻 ( 2 ) 頁: 2_28-2_31   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5363/tits.22.2_28

    CiNii Article

  10. 名古屋大学所蔵『エミール』パリ版初版本について

    坂倉 裕治, 隠岐 さや香, 松波 京子, OKI Sayaka, 松波 京子, MATSUNAMI Kyoko

    名古屋大学附属図書館研究年報   ( 15 ) 頁: 13 - 17   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学附属図書館研究開発室  

    The original edition of Jean-Jacques Rousseau's Émile, published in duodecimo by Duchesne and preserved in the Nagoya University Library, does not contain leaf P, which should be placed at the end of the third volume, and leaf V, which should be placed at the end of the fourth volume. These sheets were inserted at the last moment of printing. It was the errata and the privillège. These sheets are missing in the copy annotated by Rousseau himself, now preserved in the Geneva Library. In addition, some manual inscriptions found in the copy held by Nagoya University suggest that this copy was offered to Alfred-Auguste Cuvillier- Fleury(1802-87) by Louis Bonaparte, Earl of Saint-Leu(1778-1846), father of Napoleon III, in 1820 in Florence, where Cuvillier-Fleury worked as a secretary for Earl of Saint-Leu.

    CiNii Article

  11. 『百科全書』と啓蒙思想からみた「エコノミー」 招待有り

    隠岐さや香

    Νύξ(ニュクス)   1 巻   頁: 82-95   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 「混合数学」の確立とその衰退 1600-1800

    隠岐さや香

    Historia Scientiarum   23 巻 ( 2 ) 頁: 82-91   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Prisons, hôpitaux, population : l'Œconomie dans la Table de l'Académie des sciences de Paris

    Oki Sayaka, オキ サヤカ, 隠岐 さや香

    『百科全書』・啓蒙研究論集   ( 2 ) 頁: 77-93   2013年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  14. 監獄、病院、人口:『パリ王立科学アカデミー論文目録表』におけるエコノミー(œconomie)

    隠岐さや香

    『百科全書』・啓蒙研究論集   ( 2 ) 頁: 77-93   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. パスカルの生きた時代と科学のアカデミー

    隠岐 さや香

    数学文化   0 巻 ( 18 ) 頁: 44-57   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  16. 十八世紀パリ王立科学アカデミーと「有用な科学」の追求 : 理想の学者像と道具的専門性の狭間で

    隠岐 さや香

    化学史研究   38 巻 ( 3 ) 頁: 167-168   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  17. 18世紀における河川整備事業とパリ王立科学アカデミー 査読有り

    隠岐 さや香

    科学史研究. 第II期   48 巻 ( 251 ) 頁: 129-141   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Le processus d'expertise preparatoire a l'amenagement de rivieres etait comparativement plus lent et plus decentralise dans la France du XVIII^e siecle que daps d'autres parties de l'Europe telle l'Angleterre ou l'Italie. Au milieu du siecle, ce manque de structure decisive au sein de l'administration permet a l'Academie royale des sciences de Paris de s'imposer progressivement sur ces questions, en jouant un role consultatif aupres du gouvernement sur differents projets de canaux. Cet article examinera deux de ces projets-celui du canal de Picardie et celui du canal de l'Yvette, jamais etu...

    CiNii Article

  18. Academicians and Experts? The Académie Royale des Sciences and Hospital Reform at the End of the Eighteenth Century 査読有り

    OKI, Sayaka

    Fields of Expertise: A Comparative History of Expert Procedures in Paris and London, 1600 to Present, ed. Christelle Rabier, Cambridge Scholars Publishing     頁: 149-172   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. 18世紀パリ王立科学アカデミー終身書記による「科学の有用性」をめぐる言説の変遷とその背景

    隠岐 さや香

    化学史研究   29 巻 ( 3 ) 頁: 154-171   2002年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

▼全件表示

書籍等出版物 20

  1. フーコー研究

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 3.フーコーの「考古学」と科学史記述——「断絶説」をめぐって)

    岩波書店  2020年3月  ( ISBN:9784000614610

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 人は明日どう生きるのか : 未来像の更新

    南條, 史生, アカデミーヒルズ, 森美術館( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「幸福」の概念的変容)

    NTT出版  2020年  ( ISBN:9784757143562

     詳細を見る

    総ページ数:263p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  3. 21世紀のリベラルアーツ

    石井 洋二郎, 藤垣 裕子, 國分 功一郎, 隠岐 さや香( 担当: 単著)

    水声社  2020年  ( ISBN:9784801005419

     詳細を見る

  4. 東洋/西洋を越境する : 金森修科学論翻訳集

    金森 修, 小松 美彦, 坂野 徹, 隠岐 さや香, 芳賀 徹, 香川 知晶, 近藤 和敬, 田口 卓臣, 田中 祐理子, 東 慎一郎, 山口 裕之( 担当: 単著)

    読書人  2019年  ( ISBN:9784924671416

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 研究環境における多様性のためのアンケート調査報告 : 障害・ジェンダー・セクシュアリティと若手研究者

    隠岐 さや香, 熊谷 普一郎, 清水 晶子, 木下 知威, 福島 智, 綾屋 紗月, 星加 良司, 中村 征樹, 大河内 直之, 名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター( 担当: 単著)

    名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター  2019年 

     詳細を見る

  6. 文系と理系はなぜ分かれたのか (星海社新書)

    隠岐 さや香( 担当: 単著)

    講談社  2018年8月  ( ISBN:4065123844

     詳細を見る

    総ページ数:253   記述言語:日本語

    ASIN

  7. The Foundations of Political Economy and Social Reform: Economy and Society in Eighteenth Century France

    Ryuzo Kuroki & Yusuke Ando ed( 担当: 単著 ,  範囲: Sayaka Oki, "OEconomie and Science in France at the Age of Social Reform (1760-1790): Agronomy, Natural History and Political Arithmetic")

    Routledge  2018年1月  ( ISBN:1138732753

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. 教育とLGBTIをつなぐ 学校・大学の現場から考える

    三成美保編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 隠岐さや香「日本の大学での性的少数者に関する調査結果」)

    青弓社  2017年5月  ( ISBN:9784787234155

     詳細を見る

    担当ページ:195-210   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  9. ポスト冷戦時代の科学/技術 (岩波講座 現代 第2巻)

    中島 秀人, 大澤 真幸, 佐藤 卓己, 杉田 敦, 諸富 徹( 担当: 単著)

    岩波書店  2017年2月  ( ISBN:4000113828

     詳細を見る

    総ページ数:304   記述言語:日本語

    ASIN

  10. ポスト冷戦時代の科学/技術

    中島 秀人, 伊勢田 哲治, 直江 清隆, 隠岐 さや香, 綾部 広則, 平川 秀幸, 神里 達博, 本堂 毅, 加藤 和人, 詫間 直樹( 担当: 単著)

    岩波書店  2017年  ( ISBN:9784000113823

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  11. 教育とLGBTIをつなぐ : 学校・大学の現場から考える

    三成 美保( 担当: 単著)

    青弓社  2017年  ( ISBN:9784787234155

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  12. 「科学の参謀本部」―国際共同研究:ソ連科学アカデミー

    隠岐さや香( 担当: 単著 ,  範囲: I-1. 科学アカデミーとは何か―「アカデミーと学協会の時代」の起源とその終焉について―)

    北海道大学出版会  2016年3月 

  13. 世界の高等教育の改革と教養教育 : フンボルトの悪夢

    青木 利夫, 平手 友彦, Funck Carolin, 吉満 たか子, 隠岐 さや香, 市川 浩, 福留 東土, 吉田 香奈, 的場 いづみ, 長坂 格, 荒見 泰史, 盧 涛, 布川 弘( 担当: 単著 ,  範囲: ボローニャ・プロセスとフランスの大学改革」『世界の高等教育の改革と教養教育——フンボルトの悪夢)

    丸善出版  2016年  ( ISBN:9784621300220

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 科学機器の歴史 : 望遠鏡と顕微鏡 : イタリア・オランダ・フランスとアカデミー

    塚原 東吾, 三浦 伸夫, 中島 秀人, 隠岐 さや香, 平岡 隆二( 担当: 単著 ,  範囲: 第4章 望遠鏡つき四分儀と子午線測量の歴史 地図作成からメートル法まで)

    日本評論社  2015年6月  ( ISBN:9784535787926

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 合理性の考古学: フランスの科学思想史

    金森修編( 担当: 単著 ,  範囲: 第3章 コンドルセの社会数学――科学と民主主義への夢想(隠岐さや香))

    東京大学出版会  2012年12月  ( ISBN:4130101234

  16. Entre belles-lettres et disciplines. Les savoirs au XVIIIe siècle

    Franck Salaün et Jean-Pierre Schandeler dir.( 担当: 単著 ,  範囲: Sayaka Oki, "L'utilité des sciences d'après les discours des secrétaires perpétuels de l'Académie royale des sciences de Paris au XVIIIe siècle")

    Publications du Centre international d'étude du XVIIIe siècle  2011年12月  ( ISBN:978-2-84559-088-5

     詳細を見る

    記述言語:フランス語 著書種別:学術書

  17. 科学アカデミーと「有用な科学」―フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ

    隠岐さや香( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2011年2月  ( ISBN:9784815806613

     詳細を見る

    総ページ数:528   記述言語:日本語

    CiNii Books

    ASIN

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4815806616

  18. Fields of Expertise: A Comparative History of Expert Procedures in Paris and London, 1600 to Present

    隠岐さや香( 担当: 単著)

    Cambridge Scholars Publishing  2007年12月  ( ISBN:1847183654

  19. De Zenon D'Elee A Poincare: Recueil D'Etudes En Hommage A Roshdi Rashed (Les Cahiers Du Mideo)

    隠岐さや香( 担当: 単著)

    Peeters Publishers  2004年12月  ( ISBN:9042914955

  20. ブルデューを読む

    隠岐さや香( 担当: 単著 ,  範囲: 「ブルデューの科学論」)

    情況出版  2001年1月  ( ISBN:4915252515

▼全件表示

MISC 12

  1. 推しと二次創作をめぐる断想

    隠岐さや香  

    現代思想   頁: 61 - 65   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  2. 書評 新居洋子著 イエズス會士と普遍の帝國 : 在華宣敎師による文明の翻譯

    隠岐 さや香  

    東洋史研究78 巻 ( 3 ) 頁: 567 - 578   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東洋史研究会  

    CiNii Article

  3. 数学という例外 (未完のフーコー)

    ラブアン ダヴィド, 隠岐 さや香  

    思想 ( 1145 ) 頁: 67 - 89   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岩波書店  

    CiNii Article

  4. 文理の境界とジェンダーの未来 (特集 教育は変わるのか : 部活動問題・給特法・大学入学共通テスト)

    隠岐 さや香  

    現代思想47 巻 ( 7 ) 頁: 200 - 205   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:青土社  

    CiNii Article

  5. 気鋭の科学史家が描く未来 複数の分野を見渡せる人材が求められるようになる (特集 文系と理系がなくなる日)

    隠岐 さや香  

    中央公論133 巻 ( 4 ) 頁: 42 - 47   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央公論新社  

    CiNii Article

  6. 女性研究者インタビュー 科学の歴史から今の時代を見る

    隠岐 さや香  

    女性のひろば ( 480 ) 頁: 58 - 61   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本共産党中央委員会 ; 1979-  

    CiNii Article

  7. 乱立する価値観共同体は共存できるか (特集 可能性としての未来 100年後の日本)

    隠岐 さや香  

    アステイオン = Αστειον ( 91 ) 頁: 116 - 119   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:CCCメディアハウス  

    CiNii Article

  8. 科学史から考えるジェンダー平等と科学教育

    隠岐 さや香  

    化学史研修講演会資料16 巻   頁: 16 - 25   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:化学史学会  

    CiNii Article

  9. 日本における文系・理系の分断?:――歴史的視野から振り返る

    隠岐 さや香  

    学術の動向24 巻 ( 8 ) 頁: 8_72 - 8_77   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益財団法人 日本学術協力財団  

    DOI: 10.5363/tits.24.8_72

    CiNii Article

  10. 書苑周遊 BOOK REVIEW 著者に聞く 隠岐さや香[文系と理系はなぜ分かれたのか]

    隠岐 さや香  

    中央公論132 巻 ( 11 ) 頁: 236 - 238   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央公論新社  

    CiNii Article

  11. 日本科学史学会75周年記念事業特集 「科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査」最終報告書

    杉本 舞, 隠岐 さや香  

    科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編 ( 286 ) 頁: 120 - 137   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会 ; 2014-  

    CiNii Article

  12. 科学とカネ : 日本科学史学会第64回年回シンポジウム(一般公開)報告

    櫻井 文子, 隠岐 さや香, 丸山 雄生, 佐渡友 陽一  

    科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編 ( 284 ) 頁: 294 - 302   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本科学史学会 ; 2014-  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等 2

  1. Les finances de l’Académie royale des sciences : histoire des tentatives pour obtenir un financement durable pour les institutions scientifiques

    隠岐さや香

    Journée d’étude à distance. Financer les sciences au tournant des XVIIIe et XIXe siècles  2021年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:フランス語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. なぜ理工系を選択する女性が少ないのか——文理の違いは 招待有り

    隠岐さや香

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

科研費 11

  1. フランス・アカデミーの総合的研究

    研究課題/研究課題番号:20K00126  2020年04月 - 2023年03月

    栗田 秀法

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    アカデミーとは本来、立場を同じくする学者もしくは愛好家の共同体のことで、フランスの王立諸アカデミーは宮廷や行政官僚組織の一部としてではなく、かといって全くの愛好家団体でもない、中間的な存在であった。決して完全な自由を享受はしなかったが、民間の組織では期待し得ない持続的な活動資金に恵まれ、一代限りの特定の個人の意図や営利に左右されない学術および芸術の探求が可能になった場であった。このことを踏まえ、本研究では、黎明期にあった人文社会科学、自然科学をはじめとする近代的な諸学門、諸芸術の領域が、初期近代のアカデミーという場を与えられ、次の時代につながる制度的基盤を形成していった過程を明らかにする。

  2. 啓蒙の言説圏と浮動する知の境界:貴重書・手稿・デジタル資料を総合した18世紀研究

    研究課題/研究課題番号:19H01200  2019年04月 - 2023年03月

    小関 武史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    18世紀西洋の啓蒙は、科学、技術から政治思想に至る広範な領域で、19世紀以後の知の原型を与えたと考えられてきた。また20世紀後半以後の「近代」批判に対しては、啓蒙の現代的意義が主張されてきた。他方近年の啓蒙研究は、膨大な資料の丹念な発掘と読解、あるいはデジタル化などの新技術に基づき、当時のテクストを時代の文脈の中に位置づけ、多様で複雑な知の在り方を明らかにしてきたが、現代思想における近代批判や啓蒙の再評価に応える統一的な像を提起するには至っていない。本研究は啓蒙研究の現段階の方法と成果を総合し、「浮動する知の境界」という視点から多方面の貴重資料の分析を行い、啓蒙の知の総合的な解釈を試みる。
    本研究の目的は、18世紀西洋の公共的な知の固有性を解析することである。研究班の15名は、①主体の複数性、②公的言説と私的言説の境界の不確定性、③正統化された言説と知の地下水脈の相互浸透、④現実とフィクションの境界の流動性、⑤「ヨーロッパ」という自己と他者の境界の確立、⑥知の分節化と脱境界性、という6点にわたって個別の研究を積んだ。
    具体的な研究実績としては、(1)第15回国際18世紀学会大会への参加、(2)一橋大学社会科学古典資料センターでの書庫見学会の実施、(3)シンポジウムの開催、(4)シンポジウム記録の発行、の四つが挙げられる。以下、順に記す。
    (1)メンバーの約半数は、2019年7月に英国・エディンバラで開催された第15回国際18世紀学会大会に参加し、研究成果を発表した。長尾伸一と玉田敦子が司会を務めたセッションでは、坂本貴志と小関武史が東西文化交渉に関する報告を行った(テーマ③と⑤)。武田将明は現実とフィクションの境界についての具体例を分析し(テーマ④)、隠岐さや香はアカデミーに属する知識人について論じた(テーマ②と⑥)。
    (2)2019年9月には、一橋大学社会科学古典資料センターの書庫を見学した。元同センター専門助手の福島知己による案内で、西洋貴重書の所蔵と保存のあり方を実地に調査した。
    (3)そうした下準備を経て、同年12月20日に古典資料センターの協賛と日本18世紀学会の後援を受けたシンポジウム「書物の記述・世界の記述――書誌が描く18世紀啓蒙の世界」を開催した。坂倉裕治、小関武史、松波京子が登壇し、思想史と書誌学の両面にわたる研究発表を行い(主としてテーマ①)、図書館関係者を含む聴衆と活発な質疑応答を行った。
    (4)2020年3月、このシンポジウムの記録を収録した冊子を発行した(Study Series第76号、一橋大学社会科学古典資料センター)。
    概要に記した研究実績(1)~(4)のうち、(1)~(3)までは交付申請書の「本年度の研究実施計画」に掲げた通りのものである。(4)は2020年度にずれ込むと考えていたが、2019年12月のシンポジウム記録が2020年3月に発行されたのは、当初計画よりも早い達成となった(ただし、Study Series掲載の3論文については、機関リポジトリへの登録が未完了であり、現段階ではDOIを示すことができない)。
    各研究者が研究の目的に沿って六つのテーマに分かれて個別研究を推進するのは、2019年度と同じである。しかし、それらを総合した共同研究については、新型コロナウイルス問題の影響を受け、大幅な計画変更を迫られる可能性が高いと思われる。たとえば、2019年度に一橋大学社会科学古典資料センターでシンポジウムを実施したように、2020年度には名古屋大学附属図書館で同様の企画を立てたいとと考えていたが、大勢が参集するシンポジウムを開催する目処は立たない。各研究者が、内外の図書館で貴重書を実見するような形での調査も、困難であろう。
    こうした状況のもとでは、本研究課題が目指す「貴重書・手稿・デジタル資料を総合した18世紀研究」のうち、とくに「デジタル資料」に関する部分に注力することになると予想される。

  3. 近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相

    研究課題/研究課題番号:19H01247  2019年04月 - 2023年03月

    玉田 敦子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    18世紀ヨーロッパにおいては各国の覇権争いが苛烈になる中で古典古代の表象が積極的に利用された。 本研究では研究課題の核心をなす学術的「問い」として(I)「近代とは何か?」、(II)
    「近代国家の形成、特にその文化的アイデンティティの形成において、古典古代の表象は如何なる役割を果たしたのか?」という2点を設定し、代表者、分担者のこれまでの文献研究を発展させる形で展開していく。
    ヨーロッパに近代が生成する過程において、古典古代の表象は本質的な役割を果たしてきた。近代国家の成立のためには、まず17世紀から18世紀における「近代古代論争」において《近代》の優越を示す必要があった。また19世紀以降のヨーロッパにおいては帝国主義政策として顕現する国家間の覇権争いが激化し、各国がそれぞれ古代ローマ帝国の正統かつ正当な継承者であると証明しようとしていた。
    本研究課題「近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相」においては、「ヨーロッパにおける近代国家の成立において古代表象が果たした役割」について、①「18世紀から19世紀における国家アイデンティティの高揚と父権的家族の生成」、②「18世紀以降の西欧において、科学や技術の発展が文学における《近代》の生成に果たした貢献、そこにおける古代表象の活用」、③「近代社会における時代意識と歴史観による国家アイデンティティの形成」という3つのサブテーマを考察する。
    (1)初年度の活動として、まず6月に中部大学において、第41回日本18世紀学会大会を開催し、分担者の安藤隆穂が共通論題I「思想史とジェンダー」を、また分担者の深貝保則と代表者の玉田が「《近代》の形成における古代表象の諸相」を組織した。(2)さらに7月にエジンバラ大学で開催された国際18世紀学会では代表者の玉田がフランス語圏の海外研究者3名と①に関するセッションを開催した。国際学会大会には、分担者の坂本貴志、隠岐さや香、飯田賢穂も参加した。(3)1月11日には、一橋講堂会館に代表者と分担者が参集する研究集会を開催し、各自の研究について報告をした。集会の後半には海外研究者も参加し、今後の具体的な活動について議論をした。(4)1月24日には、海外研究者2名を招聘し、本研究課題におけるフランス語圏での活動について、分担者以外の18世紀研究者も交えて検討した。
    本年度は、まず第41回日本18世紀学会大会を中部大学にて開催し、共通論題I「思想史とジェンター」と共通論題II「《近代》の形成における古代表象の諸相」を組織した。共通論題Iでは水田洋氏、水田珠枝氏、渡辺浩氏を招き、①「18世紀から19世紀における国家アイデンティティの高揚と父権的家族の生成」のサブテーマについて考察を深めた。また共通論題IIでは「近代社会における時代意識と歴史観による国家アイデンティティの形成」に関して分担者の深貝保則と坂本貴志が報告をしたほか、川出良枝氏、青山昌史氏を招き、議論をおこなった。この大会には分担者全員が中部大学に参集し、本研究課題の今後の方針を確認した。
    本研究課題は国際共同研究に重点を起き、成果発信の舞台を海外にも拡げることを目指している。このため7月にはエジンバラ大学で開催された国際18世紀学会において、代表者の玉田がソルボンヌ大学のCeline Spector、リール大学のGabrielle Radica、ジュネーヴ大学のMartin Rueffと共に①「18~19世紀における国家アイデンティティの高揚と父権的家族の生成」のサブテーマをめぐってLe statut et l'identite des femmes dans la philosophie des Lumieresという題目のセッションを開催した。さらに1月にはRadica氏を客員教授として1ヶ月間、横浜国立大学に招聘し、1月11日に本研究課題のメンバーが参集した研究集会等、複数の講演をいただいた。また、1月24日には別途招聘したRueff氏と共に早稲田大学にて、Le 18eme siecle et les Lumieres : l'Etat des etudes et des questionnementsという題目の研究集会を開催し、新たな国際共同研究の形を模索した。
    本研究課題は、2023年にローマにおいてAntiquity and the Shaping of the Future in the Age of Enlightenmentというテーマのもとに開催される国際18世紀学会で最終成果を報告することを目指している。
    1)来年度以降、まず、フランスの18世紀研究の専門研究雑誌において、本研究課題のテーマ「近代国家の生成における古典古代の表象」に関する特集号を刊行する。この特集号においては、研究代表者の玉田と、海外研究協力者のGabrielle Radica教授(フランス・リール大学)が編集責任者を務め、本研究課題の分担者、隠岐さや香教授をはじめとして、フランス、スイス、イタリア、ポーランド、チェコスロバキア等、複数の国の研究機関に所属する15名程度の研究者に執筆を依頼している。本研究課題においては、「近代社会における歴史ビジョン」研究、「近代の成立と自然科学」研究、「近代国家の成立と言語表象」研究、「近代家族の形成」研究といった多岐にわたる研究を目指しているため、特集号の刊行は、これらの点について、網羅的な問題提起となる。
    2)フランス・リール大学古典研究センターにおいて、海外研究協力者のRadica氏とともに国際研究集会を開催する。本研究集会においては「近代国家の成立と言語表象」についての研究に焦点を絞り、18世紀から19世紀にかけての文化的ナショナリズムの形成について問題を提起する。研究分担者、海外研究協力者のCeline Spector(ソルボンヌ大学)、Gabrielle Radica(リール大学)、Martin Rueff(ジュネーヴ大学)という三人の18世紀フランス研究者のほか、国内外から若手研究者を募り、本研究課題について新たな可能性を探る予定である。

  4. 高等教育改革と人文学-日仏比較研究ー

    研究課題/研究課題番号:19K02040  2019年04月 - 2022年03月

    白鳥 義彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    グローバル化の進む今日の高等教育においては、自国語で高等教育を行うことが可能であるがゆえに相対的に周縁的な位置に置かれているという点で、日本とフランスは共通の特性を有している。こうした共通点と、他方での日仏両国の高等教育の歴史から起因するそれぞれに固有の相違点とを明らかにしながら、日本とフランスの高等教育について比較研究を行い、それを通じて、とりわけ2000年代以降の一連の高等教育改革がどのような変化を日仏それぞれの高等教育システム、およびその中でもとりわけ人文諸学にもたらしているかを明らかにする。
    研究課題として設定している、2010年代後半の今日における日本とフランスの高等教育改革それ自体についての研究という第一の水準(具体的な論点として、①「大衆化」と「卓越化」との二律背反への対処、②大学と教養教育/職業教育、③高大接続の新たな展開、④「大学界」という視点、⑤全般的背景としての高等教育改革の歴史的展開過程、を設定している)、日仏両国における高等教育改革の、人文学に対する影響についての比較考察という第二の水準、さらに、より抽象的なレベルで「モデルの伝播」という概念を両国の高等教育改革から引き出し、人文学研究への普遍的な応用を考えるという第三の水準について、着実に研究を進めていった。特に、第一の水準の①、③、⑤については、具体的な形での研究成果として、論文、学会発表等として公表を行うことができた。なお、③高大接続の新たな展開について言及すれば、日本においては大学入試センター試験から大学入学共通テストへの移行が予定されており、またフランスにおいてもParcoursupのシステムの導入やバカロレア試験の改革が進められていて、その内容や意図、目的の相違の検討を含め、両国における大学入試制度の変更の時期の相同性という点からも、日仏比較研究の意義を見出すことができる。また、本科研のテーマについて、山東大学での招聘講義も行った。
    本科研費の研究代表者、研究分担者による研究会を開催し、研究で得られた知見や、研究を進めるなかで明らかとなった諸課題を共有しながら、研究を遂行することができた。フランスへの出張によって、フランス側の研究協力者との意見交換を直接現地にて行い、文献だけからでは得られないフランスでの状況の諸側面について知ることができた。そこで得られた知見も生かしながら研究を進めている。
    研究を通じて得られた成果を、論文や学会発表等として公表することができた。本科研費の研究代表者、研究分担者による研究会を開催し、研究で得られた知見や課題を共有しながら研究を進めている。フランスへの出張によってフランス側の研究協力者との意見交換を行い、それも生かしながら着実に研究を進めている。
    今後の研究推進においても引き続き、研究課題として設定している、2010年代後半の今日における日本とフランスの高等教育改革それ自体についての研究という第一の水準(具体的な論点として、①「大衆化」と「卓越化」との二律背反への対処、②大学と教養教育/職業教育、③高大接続の新たな展開、④「大学界」という視点、⑤全般的背景としての高等教育改革の歴史的展開過程、を設定している)、日仏両国における高等教育改革の、人文学に対する影響についての比較考察という第二の水準、さらに、より抽象的なレベルで「モデルの伝播」という概念を両国の高等教育改革から引き出し、人文学研究への普遍的な応用を考えるという第三の水準について、着実に研究を進めていく。フランス側の研究協力者との意見交換も、現今の状況のなかで、実際の行き来は容易でない面も考えられるが、メールやビデオ会議システムの利用等も通じて積極的に行うことを考えていきたい。

  5. 18世紀世界の共時性: 風俗(マナーズ)・社中(ソサイエティ)・風雅(テイスト)

    研究課題/研究課題番号:18H00620  2018年04月 - 2022年03月

    張 小鋼

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本年度は18世紀の東アジアの様相を多面的な視点から検討し、その相互比較を行うことを中心とした。そのため韓国18世紀学会に所属する研究者および中国人民大学清史研究所と密接に連絡しつつ国内での研究を進めた。2019年度は二つの学会が下記の通り開催された。
    前期は国際18世紀学会がイギリスのエジンバラ大学で開催された。そこで、日・韓・中共同セッションの企画・実施によって、18世紀の東アジア諸国の文化、政治、科学、風俗の展開を具体的に検討し、相互比較するとともに、三か国の研究者間の交流を深めつつ、国際的な観点から研究を進めた。その結果。朝鮮王朝、清朝、江戸時代の文化、風俗、政治、学問、文芸の多様な様態と、それらの諸国の18世紀における「社交性」の展開が、それぞれの歴史的文脈の中で明らかとなった。これに参加した研究者によって三国を結ぶ研究ネットワークを構築する方向性を確立した。
    後期は日本18世紀学会が中部大学で開催された。国際18世紀学会での討議を踏まえて、「ユーラシア近世史」の構想を発展させるべく、西洋、イスラム圏などの思想史的研究を行って、一定の見通しをたてるとともに、今後の研究ネットワークを構築していく作業を行った。
    秋以後は国際学会で得た成果をもとに、代表者、分担者がそれぞれの担当分野での研究を進め、次年度の国際会議(中国あるいは日本)に向けた準備を行った。またこの過程で、主に中国での18世紀研究とのネットワーク構築が進み、北京と上海という二つの拠点を中心に、韓国、日本との交流を進めることとなった。
    2019年は国際18世紀学会や日本18世紀学会の開催により、皆さんは大きな成果をあげ、おおむね順調に進んできたといえよう。日中韓三カ国の連携は今まで以上に緊密になり、今後の共同研究によい環境を作ることができた。
    今年に入ってから、コロナウィルスの影響で、今年の前半は学会を開催することができないのは現況である。大学の遠隔授業のなど仕事が倍増し、研究活動も大きな影響を受けている。
    今後は中世からの西洋、イスラム圏の展開を研究史的に総括しつつ、「中国近世」の概念と比較して、18世紀の同時代性が生じてくる根拠を明確にしていく。研究組織については、中国、韓国との今後の国際研究集会を企画する。
    しかしながら、コロナウィルスの影響で、今年北京で中国人民大学と共同開催する予定の国際シンポジウムは危うくなってきた。その対策として①zoomなどでの遠隔学会を考えている。②また、2021年の完成年度を迎えるために、これまでの成果を研究論集の形で公開する予定である。研究論集は日本と中国で出版する予定である。

  6. 科学史叙述の新モデル構築に向けて─20世紀フランス思想における科学史研究の再検討

    研究課題/研究課題番号:18K00257  2018年04月 - 2021年03月

    立木 康介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、20世紀の科学史研究に多大な影響を与えた、G・バシュラールからG・カンギレムを経てM・フーコーに至るフランスの科学思想史の系譜を精査するとともに、この系譜に連なる一連の科学史的業績をいわば叩き台にして、18-19世紀から現代に至る科学的知の歴史的な展開及び曲折を記述するにふさわしい新たな科学史叙述の可能性を探る試みである。「精神医学研究班」「生物学・医学研究班」「数学・統計学研究班」の三つのサブ・グループから成り、それぞれのサブ・グループが同時並行的に研究を進めつつ、研究会の場を通じて相互の成果を共有し、撚り合わせてゆくスタイルをとる。2019年度は、前年度に引き続き、京都大学人文科学研究所における共同研究「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」とタイアップしつつ、その研究会(例会)を利用して、「数学・統計学研究班」からは分担者・隠岐が、フーコーの「知の考古学」における数学の位置づけの例外性に、この考古学プロジェクトの破綻を見るダヴィド・ラブアンの学説を検討する発表、「精神医学研究班」からは代表者・立木が、『臨床医学の誕生』においてフーコーが提示した「まなざし」と言語の関係を再考する発表をそれぞれ行った。また、本研究の成果を含む業績として、「生物学・医学研究班」を代表する分担者・田中祐理子が著書『病む、生きる、身体の歴史──近代病理学の哲学』(青土社)を上梓する一方、岩波書店『思想』9月号の特集「未完のフーコー」に、隠岐がラブアン著「数学という例外」の翻訳を、立木が論文「まなざし、鏡、窓──フーコーとラカンの『侍女たち』(前)」を発表した(同論文の後編は同誌12月号)。さらに、1月には、フーコー研究の国際的な第一人者のひとりフィリップ・サボ(リール大学副学長、ミシェル・フーコーセンター所長)を招き、公開セミナー「ミシェル・フーコーによる真理とフィクション」を開催した。
    「概要」欄に記入した本研究の三つのサブ・グループのうち、「生物学・医学研究班」のミッションは、生物学及び医学の近・現代における展開と曲折について、フーコーの科学史的研究を検討しつつ、カンギレムの技術論及び規範性の哲学との関わりを解明することに存する。分担者・田中の新著『病む、生きる、身体の歴史──近代病理学の哲学』は、そのまま、まさにこのミッションを達成したとみなしうるすぐれた成果である。また、「数学・統計学研究班」は、18世紀における数学及び数理科学の発展と同時代の啓蒙哲学思潮との相互的な影響関係を辿りつつ、数理科学によって生じた哲学史上の重大な認識論的変転の実相を追究するとともに、フーコーによる考古学的科学史記述における「閾」概念の有効性を再検討することをめざす。分担者・隠岐による研究発表は、ダヴィッド・ラブアンの鋭利な批判に依拠しながら、フーコー的「考古学」が数学の例外視において内的に破綻することを指摘する一方、フーコー自身の数学観を度外視して数学史を再検討すると、むしろ、17・18世紀に一貫したひとつの知的傾向を見いだすフーコー的考古学(とりわけ『言葉と物』に提示された視座)と反響し合う部分が見いだされることを示唆した点で、この方向性に沿った成果であるといえる。一方、『狂気の歴史』から『精神医学権力』に至るフーコーの精神医学史研究の社会史的・制度論的スキーム、及びそのなかでの精神分析の位置づけについて、再検証を行うという、「精神医学研究班」の目標に照らすと、いわばその基礎研究のひとつとしかみなせないものの、代表者・立木の論考「まなざし、鏡、窓──フーコーとラカンの『侍女たち』」もまた本研究の所産であることに変わりはない。当初の予定に比べ、いささかフーコー研究のほうに引き寄せられすぎているとはいえ、本研究の進捗がおおむね順調であると判断する所以である。
    最終年度を迎えた本研究には、すでに結果が表れた取り組み(上述の諸成果)や、現れつつある取り組み(19世紀末に確立された「強迫神経症」概念を軸に『狂気の歴史』の再読解を試み、1980年代の精神医学の「生物学的転回」の産物といえる「強迫性障害」への考察へとそれを繋げる分担者・久保田の2018年度の発表)が存する一方、いまだ積み残されたと言わざるをえない課題もある。「精神医学研究班」にかかわる、ルネサンス以降19世紀後半までの精神医学史と、その関数ともいうべき近代的「主体」の病理学的把握の変化の諸相を捉え直すという前年度来の課題や、「数学・統計学研究班」にかかわる、数理科学と社会的・政治的な実践・要請の相関性を統計学、経済学の史的展開を通して検討し、これと統治論の関係を追求するという課題などがそれである。2020年度には、これらの「積み残し」の課題に積極的にアプローチしつつ、研究全体をまとめる作業を行っていく。具体的には、京都大学人文科学研究所における共同研究「フーコー研究──人文科学の再批判と新展開」(この共同研究は2019年度にて終了した)に本研究と並んで参加していたもうひとつの科研費プロジェクト:「ミシェル・フーコー「コレージュ・ド・フランス講義」総体の理論的・思想的研究」(代表・佐藤嘉幸、筑波大学准教授)と共同で編集し、2020年度内の刊行をめざす一冊の論集のかたちで、最終成果の報告を行う。また、コロナウイルスの感染拡大により、海外の研究者コミュニティとの交流の見通しは立たないものの、フランスの科学史・科学哲学研究ユニティCAPHES(本部はパリ高等師範学校)との連携についても、引き続き、これを深める方途を探り、将来的な共同作業の実現を目指したい。

  7. 『百科全書』の編集史的研究──知の生成と転位

    研究課題/研究課題番号:17H02321  2017年04月 - 2021年03月

    逸見 竜生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    人文情報学分野の発達で古典籍デジタル化の急速に進んだ今世紀初頭より、『百科全書』本文批判研究は新たな段階に入っている。そのなかでも緻密な実証にもとづく本文批評校訂手法の確立は、多くがなお未解明である。本研究は、18世紀啓蒙思想、科学史、人文学領域の研究者が協力しあい、欧米・韓国の研究者の協力もえて、『百科全書』編集史のわが国における初の包括的な文献学的解明を目指す。具体的には、{1}典拠批判により本文資料層の〈生成〉を包括的に分析するとともに、{2}識別が可能となった異なる資料層の断片の、テクストにおける編集的な取り扱い方(〈転位〉)を多面的に追究し、{3}その編集作業の背後にある『百科全書』編集意図とその史的状況との関連を総合的に明らかにする。
    本研究ではこれまで、{1}『百科全書』項目本文の文献批判論、特に典拠となる先行文献資料の本文への累積的な取込の様態の組織的解明(初年度2017年開始)を経て、2018年度は特に{2}項目校編者による編集意図を再建し、源泉資料の再生ないし改修、転位の様態に新たな光をあて、各々の校編者の関心や意図を包括的に明らかにする編集史的考証を行った。そのために研究代表・分担者が月例で都内に集まり定期的な会合をもち、編集史観点からの調査についての研究ならびに報告会を行った。典拠調査も継続した。また国際的学際研究組織の構築の一環として、セミナー、ワークショップをフランス・韓国研究者と6回に渡って実施した。
    『百科全書』源泉批判と本文様態の解明は、単に静態的な典拠調査や材源確定の問題で終わらない。広く『百科全書』の編集的加工における、事象的な諸々の動因や意図の解析に接続させることが必要であるが、これまでこの側面は、十分に明らかになったとは言いがたい。本研究では、海外の一線の研究者と協力して、編集の過程で『百科全書』本文に取り込まれる際にもとの意味上の力点が、いかに転位されたか、編集史的側面に注目することでその動態的な解明を行う計画を当初より立てている。国際セミナーの開催(東京)と編集史研究のスタートが今年度の柱のひとつであったが、予定通りに韓国・フランスの研究拠点の協力を得て、5月(マリア=スザナ・セガン・モンペリエ大学教授)、10月(カトリーヌ・ヴォルピヤック=オジエ・リヨン高等師範学校教授、さらにイ・ヨンモック・ソウル大学教授らとの学会ワークショップを2回)、11月(カトリーヌ・ヴォルピヤック=オジエ・リヨン高等師範学校教授)、ならびに2月(イ・ヨンモック・ソウル大学教授ほか韓国人研究者6名、フランソワ・ペパン・リヨン高等師範学校客員教授らフランス人研究者2名)と3月(「啓蒙における知」フランソワ・ペパン・リヨン高等師範学校客員教授ら4名らとの共同ワークショップ)などの国際セミナー・国際ワークショップを日本で開催、フランスと韓国の研究協力者とともに合同で開催し、『百科全書』研究の国際研究共同拠点を構築するべく討議を重ねた。
    本研究は『百科全書』本文巻刊行史上の最初期(1751-1753)に分析を限定し、『百科全書』初期3巻を対象とする。これは、本文形成の動的な変容が最も活発に観察される時期であり、これら初期巻が十分に解析される意義は大きい。そのうえで、各対象巻に提示される知識分類と、その編集の全体像を明らかにし、その総体を『百科全書』項目間の内的連続性のなかに位置づける(2019,2020年)。各巻全体にみられる知識間の連関と組織化の様態を解明し、そのうちで働いている歴史的諸要因と叙述意向を、総合的に評価するのである。
    このように、文献批判と編集批判を組み合わせ、本文テクストの生成、加工によるその編集史的転位を組織的に考証する。それらの知見に立ち、より高次の観点から『百科全書』全体の編集意図を総合的に解明する

  8. 啓蒙期の知的公共圏におけるフィクション使用の形態・機能研究

    研究課題/研究課題番号:16H01907  2016年04月 - 2020年03月

    齋藤 渉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本共同研究の目的は、18世紀におけるフィクション使用の形態と機能を研究することであった。その成果は、a)理論的研究と、b)歴史的研究に分けることができる。
    a)理論的研究については、特に、1)フィクション理論における意図概念の検討(特に仮説的意図主義をめぐる研究)、2)対話ジャンルの概念に関する考察、3)フィクション概念と物語概念の接続の3点を挙げたい。b)歴史的研究の第一の成果は、18世紀における対話ジャンルの影響史的研究である。第二の成果として、『ベルリン月報』掲載のグロシンガー書簡に関する調査が挙げられる。
    従来の啓蒙研究にしばしば見られた「啓蒙=理性の時代」という一面的な理解を克服し、フィクションの使用を手がかりに啓蒙という現象の多層性を示した点に本研究の学術的意義がある。また、この国際的にも新しい研究動向において、内外の研究者と緻密なネットワークを築いた意義も大きい。

  9. 日本およびフランスの高等教育改革に関する比較研究

    研究課題/研究課題番号:26381129  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    白鳥 義彦, シャルル クリストフ, スーリエ シャルル, ネイラ フレデリック, 岡山 茂, 大前 敦巳, 隠岐 さや香, 藤本 一勇, 上垣 豊, 中村 征樹

      詳細を見る

    研究課題として設定した、①「大衆化」と「卓越化」との二律背反の相克、②高等教育の「自由化」政策と大学のガバナンス、③大学評価の諸相、④教養教育とキャリア教育、⑤それらの全般的背景としての高等教育改革の歴史的展開過程、という5つのテーマを軸に、日仏両国の比較研究を進めた。とりわけ、中央集権的とされる日仏両国での高等教育のあり方の共通点と相違点や、19世紀末、第二次世界大戦後、1960年代末、そして中心的課題である現代といった、大学界が大きな変化を見た時期における、日本およびフランスの高等教育改革のあり方の共通点と相違点等に、研究成果を得ることができた。

  10. 『百科全書』研究 ― 大事典の典拠と生成

    研究課題/研究課題番号:24320065  2012年04月 - 2018年03月

    鷲見 洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    『百科全書』に散在する典拠データへの関心が私たちの研究の出発点であった。この大事典は16世紀から18世紀にかけての複雑なテクスト間の照合関係の歴史に与しており、コピー・ペーストこそが項目著者の常套手段だった。私たちが開発するデータベースは『百科全書』に含まれる無数の典拠情報を検討する「典拠研究」を実践することで、この歴史に迫ろうとするものである。抽出するデータは「著者」と「タイトル」に関するもので、それらの多くが不完全な形で表記されているため、常時「正規化」という厄介な作業を強いられる。

  11. 物質・技術文化からみた近代数理諸科学の展開(1660-1840)

    2011年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    前年度に引き続き、理論的探求を行う科学者集団が土木建築、軍事、産業に関わる職人層・技師などとの間に役割分担を進めて行く過程を検討した。5月には分担者の野澤聡が日本科学史学会で発表を行い、力学における二つの研究伝統の合流について論じた。7月には英国マンチェスターで開催された国際科学史学会で隠岐と新たに分担者となった但馬亨、そして研究協力者の中澤聡が研究成果発表を行った。この発表により軍事技術や河川整備事業と数学者の関わりについて理解が深まった。更には、その成果を受けて研究成果について分担者と協力者と共に話し合ううちに、この科研プロジェクトにとって特に重要な歴史上の「数理諸科学」とは特に混合数学(Mixed mathematics)のことであるとの認識が共有されるに至った。そこではまさに物質技術文化と数学理論の邂逅が前提となっているからである。そこで冬には隠岐と中澤が成果を英語論文にまとめ、昨年度研究発表会にて招待した東京工業大学の多久和理実氏と共にHistoria Scientiarumで特集「Mixed Mathematics and Its Metrial Culture」として成果を発表した。また、同特集の視野にグローバルな広がりを持たせるため江戸期の測量術とその物質文化について電気通信大学の佐藤賢一氏に招待論文を依頼したことも付記しておく。2014年3月4日には「混合数学と物質文化」の主題で研究会を開催し、隠岐、中澤、多久和、そして分担者の小林学が成果発表を行った。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. CoStepモジュール1「科学技術コミュニケーション概論」

    2020年11月 北海道大学)

  2. 立志プロジェクト

    2020年5月 東京工業大学)

     詳細を見る

    国名:日本国

 

メディア報道 10

  1. 「文理分けは日本だけ」は本当か?隠岐さや香・名古屋大学教授に聞く 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞 EduA  2020年10月21日

  2. ほんの裏ばなし 著者隠岐さや香さんが明かす 新聞・雑誌

    中日新聞社  中日新聞  2021年3月13日

  3. インタビュー記事「まるで『ブルボン王朝』」 新聞・雑誌

    赤旗  赤旗  2021年1月5日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 特集「自民党と日本学術会議側の双方から報告書。 改めて考える学術会議の任命拒否問題と今後について」隠岐さや香(名古屋大学大学院教授)×荻上チキ テレビ・ラジオ番組

    TBSラジオ  荻上チキ Session  2020年12月21日

  5. 科学にも政治の影、国際協調から分断へ 隠岐さや香氏

    日本経済新聞  日本経済新聞  2020年10月21日

  6. 「文理分けは日本だけ」は本当か?隠岐さや香・名古屋大学教授に聞く 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞 EduA  2020年10月21日

  7. 「ニュースフカボリ」コーナーに出演 テレビ・ラジオ番組

    文化放送  斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!  2020年10月7日

  8. 日本学術会議どんな存在か:権力との一定距離 歴史の知恵 科学史家隠岐さや香さん 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞 EduA  2020年10月6日

  9. 特集「菅総理が日本学術会議の新会員候補の任命を見送り。この問題の本質にあるものとは?」隠岐さや香×崎山敏也×荻上チキ テレビ・ラジオ番組

    TBSラジオ  荻上チキ・Session  2020年10月5日

  10. 文化講演会「文系と理系、21世紀から振り返る“二つの文化”問題」 テレビ・ラジオ番組

    NHKラジオ第2  文化講演会  2020年5月30日

▼全件表示