2021/03/15 更新

写真a

ホリガネ シンイチロウ
堀金 慎一郎
HORIGANE Shin-ichiro
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2015年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 神経回路形成

  2. 電位依存性カルシウムチャネル

  3. 神経細胞移動

  4. 神経発達障害

  5. 神経回路形成

  6. ライブイメージング

  7. カルシウムシグナリング

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 病態神経科学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

経歴 4

  1. 名古屋大学   環境医学研究所 神経系分野Ⅰ(分子神経科学)   講師

    2020年10月 - 現在

  2. 名古屋大学   環境医学研究所 神経系分野Ⅰ(分子神経科学)   助教

    2016年3月 - 2020年9月

  3. 名古屋大学環境医学研究所 研究機関研究員

    2015年9月 - 2016年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野 特任研究員

    2015年4月 - 2015年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   医学系研究科   脳神経医学専攻

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第二学群   生物学類

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本神経化学会

  2. 北米神経科学会

  3. 日本神経科学会

 

論文 9

  1. A mouse model of Timothy syndrome exhibits altered social competitive dominance and inhibitory neuron development 査読有り 国際誌

    Horigane Shin-ichiro, Ozawa Yukihiro, Zhang Jun, Todoroki Hiroe, Miao Pan, Haijima Asahi, Yanagawa Yuchio, Ueda Shuhei, Nakamura Shigeo, Kakeyama Masaki, Takemoto-Kimura Sayaka

    FEBS OPEN BIO   10 巻 ( 8 ) 頁: 1436 - 1446   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.12924

    Web of Science

    PubMed

  2. Development of an L-type Ca2+ channel-dependent Ca2+ transient during the radial migration of cortical excitatory neurons. 査読有り 国際誌

    Shin-Ichiro Horigane, Shun Hamada, Satoshi Kamijo, Hirokazu Yamada, Miwako Yamasaki, Masahiko Watanabe, Haruhiko Bito, Toshihisa Ohtsuka, Sayaka Takemoto-Kimura

    Neuroscience research     2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Increasing evidence has shown that voltage-gated L-type Ca2+ channels (LTCCs) are crucial for neurodevelopmental events, including neuronal differentiation/migration and neurite morphogenesis/extension. However, the time course of their functional maturation during the development of excitatory neurons remains unknown. Using a combination of fluorescence in situ hybridization and in utero electroporation-based labeling, we found that the transcripts of Cacna1c and Cacna1d, which encode the LTCC pore-forming subunits, were upregulated in the intermediate zone (IZ) during radial migration. Ca2+ imaging using GCaMP6s in acute brain slices showed spontaneous Ca2+ transients in migrating neurons throughout the IZ. Neurons in the IZ upper layer, especially in the multipolar-to-bipolar transition layer (TL), exhibited more frequent Ca2+ transients than adjacent layers and responded to FPL64176, a potent activator of LTCC. Consistently, nimodipine, an LTCC blocker, inhibited spontaneous Ca2+ transients in neurons in the TL. Collectively, we showed a hitherto unknown increased prevalence of LTCC-dependent Ca2+ transients in the TL of the IZ upper layer during the radial migration of excitatory neurons, which could be essential for the regulation of Ca2+-dependent neurodevelopmental processes.

    DOI: 10.1016/j.neures.2020.06.003

    PubMed

  3. Rational Engineering of XCaMPs, a Multicolor GECI Suite for In Vivo Imaging of Complex Brain Circuit Dynamics 査読有り 国際誌

    Inoue Masatoshi, Takeuchi Atsuya, Manita Satoshi, Horigane Shin-ichiro, Sakamoto Masayuki, Kawakami Ryosuke, Yamaguchi Kazushi, Otomo Kouhei, Yokoyama Hiroyuki, Kim Ryang, Yokoyama Tatsushi, Takemoto-Kimura Sayaka, Abe Manabu, Okamura Michiko, Kondo Yayoi, Quirin Sean, Ramakrishnan Charu, Imamura Takeshi, Sakimura Kenji, Nemoto Tomomi, Kano Masanobu, Fujii Hajime, Deisseroth Karl, Kitamura Kazuo, Bito Haruhiko

    CELL   177 巻 ( 5 ) 頁: 1346 - +   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2019.04.007

    Web of Science

    PubMed

  4. Calcium signalling: a key regulator of neuronal migration.

    Horigane SI, Ozawa Y, Yamada H, Takemoto-Kimura S

    Journal of biochemistry   165 巻 ( 5 ) 頁: 401-409   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvz012

    PubMed

  5. A Critical Neurodevelopmental Role for L-Type Voltage-Gated Calcium Channels in Neurite Extension and Radial Migration

    Kamijo Satoshi, Ishii Yuichiro, Horigane Shin-ichiro, Suzuki Kanzo, Ohkura Masamichi, Nakai Junichi, Fujii Hajime, Takemoto-Kimura Sayaka, Bito Haruhiko

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   38 巻 ( 24 ) 頁: 5551-5566   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2357-17.2018

    Web of Science

    PubMed

  6. Calmodulin kinases: essential regulators in health and disease

    Takemoto-Kimura Sayaka, Suzuki Kanzo, Horigane Shin-Ichiro, Kamijo Satoshi, Inoue Masatoshi, Sakamoto Masayuki, Fujii Hajime, Bito Haruhiko

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   141 巻 ( 6 ) 頁: 808-818   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14020

    Web of Science

    PubMed

  7. Exploring the function of calcium-dependent phosphorylation in neuronal morphogenesis and circuit formation. 査読有り 国際誌

    Takemoto-Kimura S, Horigane S

    Jpn. J. Neuropsychopharmacol   37 巻   頁: 163 - 167   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Facilitation of axon outgrowth via a Wnt5a-CaMKK-CaMKIα pathway during neuronal polarization 査読有り

    Horigane S, Ageta-Ishihara N, Kamijo S, Fujii H, Okamura M, Kinoshita M, Takemoto-Kimura S, Bito H

    Molecular Brain     2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-016-0189-3

  9. Rational design of a high-affinity, fast, red calcium indicator R-CaMP2 査読有り

    Inoue M, Takeuchi A, Horigane S, Ohkura M, Gengyo-Ando K, Fujii H, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Kano M, Nakai J, Kitamura K, Bito H

    Nature Methods     2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmeth.3185

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 細胞内Ca2+シグナリングを介した発生期神経細胞移動の制御

    堀金慎一郎( 担当: 共著)

    日本生物学的精神医学会機関誌  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 5

  1. Deciphering Ca2+ signaling during radial migration of immature cortical neurons.

    堀金 慎一郎

    The 60th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry (JSN)  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Deciphering a calcium-regulated pathway that controls radial migration of im mature cortical neurons

    堀金 慎一郎

    The 41st Annual Meeting of Japan Neuroscience Society  2018年7月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Deciphering a calcium-regulated pathway that controls radial migration of cortical neurons via the excitation-coupled morphological change

    堀金 慎一郎

    Neuro 2019  2019年7月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Calcium transients control a morphogenetic cycle underlying neuronal migratory movement 国際会議

    堀金 慎一郎

    SfN 2019  2019年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Deciphering a calcium-regulated pathway that controls radial migration of im mature cortical neurons 招待有り

    堀金 慎一郎

    The Joint Congress of the 40th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry and the 61st Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry  2018年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 1

  1. カルシウムシグナリング破綻に着目した自閉スペクトラム症における神経回路病態の解明

    研究課題/研究課題番号:20K16490  2020年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    堀金 慎一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    カルシウムイオンは、神経回路形成や神経可塑性など多様な細胞イベントを制御する。近年、カルシウムシグナリング破綻と精神障害との関係が注目されるが、両者の因果関係については多くが未解明である。我々はこれまでに、自閉スペクトラム症(ASD)患者から同定された変異型のL型カルシウムチャネルを発現するマウス系統を作出した。本研究では、同モデルマウスを用いることで、カルシウムシグナリング破綻とASD病態との関係を検討する。また更に、同マウス系統への介入操作によるASD病態の回復を検討する。すなわち本計画では、カルシウムシグナリング破綻に着目したASD病態の解明および治療法の探索を目的とする。