2021/05/18 更新

写真a

フジオ マサヒト
藤尾 正人
FUJIO Masahito
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 頭頸部・感覚器外科学 助教
大学院医学系研究科
医学部 医学科
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年2月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 骨再生治療

  2. メカノトランスダクション

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 外科系歯学

  2. ライフサイエンス / 口腔再生医学、歯科医用工学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 顎骨区域欠損症例に対する新規治療法の開発

経歴 8

  1. 名古屋大学医学系研究科 顎顔面外科学講座 助教

    2015年12月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 中東遠総合医療センター 歯科口腔外科 部長

    2015年7月 - 2015年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院 歯科口腔外科 医員

    2013年8月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. ベルゲン大学歯学部 Tissue engineering group 研究員

    2012年11月 - 2013年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科 顎顔面外科学講座 客員研究員

    2012年9月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院 歯科口腔外科 医員

    2011年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院医学系研究科 細胞情報医学専攻 顎顔面外科学 大学院生

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 千葉大学医学部附属病院 歯科・顎・口腔外科 歯科研修医

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   細胞情報医学

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道医療大学   歯学部

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本口腔インプラント学会

  2. 日本顎変形症学会

  3. 日本口腔外科学会

  4. 日本口腔科学会

  5. 日本補綴歯科学会

  6. 日本口蓋裂学会

▼全件表示

 

論文 21

  1. Conditioned media from mesenchymal stromal cells and periodontal ligament fibroblasts under cyclic stretch stimulation promote bone healing in mouse calvarial defects 査読有り

    Kota Ogisu, Masahito Fujio, Shuhei Tsuchiya, Makoto Tsuboi, Chang Qi, Naoto Toyama, Hisanobu Kamio, Hideharu Hibi

    CYTOTHERAPY   22 巻 ( 10 ) 頁: 543 - 551   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Biological responses of dental pulp cells to surfaces modified by collagen 1 and fibronectin 査読有り

    Omer Abedelfattah, Al-sharabi Niyaz, Qiu Yingfei, Xue Ying, Li Yi, Fujio Masahito, Mustafa Kamal, Xing Zhe

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART A   108 巻 ( 6 ) 頁: 1369 - 1379   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.a.36908

    Web of Science

  3. 静脈内鎮静法を用いて多数歯抜歯を行った異型ポルフィリン症の1例 査読有り

    若山博隆,夫才成,藤尾正人,安藤友二,岡部一登,日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   65 巻 ( 8 ) 頁: 519-522   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5794/jjoms.65.519

  4. Stromal cell-derived factor-1 accelerates bone regeneration through multiple regenerative mechanisms

    Ando Yuji, Ishikawa Jun, Fujio Masahito, Matsushita Yoshihiro, Wakayama Hirotaka, Hibi Hideharu, Yamamoto Akihito

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   31 巻 ( 4 ) 頁: 245-250   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2019.02.005

    Web of Science

  5. A dentigerous cyst associated with a supernumerary tooth (fourth molar) in the mandibular ramus: A case report

    Hara Kenji, Tsuchiya Shuhei, Hagiwara Sumitaka, Fujio Masahito, Sayo Akira, Hibi Hideharu

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   31 巻 ( 2 ) 頁: 98-102   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.08.005

    Web of Science

  6. A Mouse Distraction Osteogenesis Model.

    Fujio M, Osawa Y, Matsushita M, Ogisu K, Tsuchiya S, Kitoh H, Hibi H

    Journal of visualized experiments : JoVE   ( 141 )   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3791/57925

    PubMed

  7. Activated FGFR3 promotes bone formation via accelerating endochondral ossification in mouse model of distraction osteogenesis

    Osawa Yusuke, Matsushita Masaki, Hasegawa Sachi, Esaki Ryusaku, Fujio Masahito, Ohkawara Bisei, Ishiguro Naoki, Ohno Kinji, Kitoh Hiroshi

    BONE   105 巻   頁: 42-49   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2017.05.016

    Web of Science

    PubMed

  8. Conditioned media from hypoxic-cultured human dental pulp cells promotes bone healing during distraction osteogenesis

    Fujio Masahito, Xing Zhe, Sharabi Niyaz, Xue Ying, Yamamoto Akihito, Hibi Hideharu, Ueda Minoru, Fristad Inge, Mustafa Kamal

    JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE   11 巻 ( 7 ) 頁: 2116-2126   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/term.2109

    Web of Science

    PubMed

  9. Osteoradionecrosis of the jaw caused by periapical periodontitis: A case report

    Sugimoto Keisuke, Tsuchiya Shuhei, Hara Kenji, Matsushita Yoshihiro, Fujio Masahito, Hibi Hideharu

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   29 巻 ( 4 ) 頁: 328-333   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2017.02.002

    Web of Science

  10. 多剤耐性Enterobacter cloacaeによる歯性上顎洞炎の1例 査読有り

    藤尾正人, 西川雅也, 若山博隆, 原 憲史, 土屋周平, 日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   62 巻 ( 10 ) 頁: 525-528   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Mandibular osteomyelitis implicated in infliximab and periapical periodontitis: A case report

    Tsuchiya Shuhei, Sugimoto Keisuke, Omori Masahiro, Matsuda Ryo, Fujio Masahito, Hibi Hideharu

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   28 巻 ( 5 ) 頁: 410 - 415   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2016.03.003

    Web of Science

  12. Proteomic analysis of bone proteins adsorbed onto the surface of titanium dioxide.

    Sugimoto K, Tsuchiya S, Omori M, Matsuda R, Fujio M, Kuroda K, Okido M, Hibi H

    Biochemistry and biophysics reports   7 巻   頁: 316 - 322   2016年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2016.07.007

    PubMed

  13. An Experimental Study on Guided Bone Regeneration Using a Polylactide-co-glycolide Membrane-Immobilized Conditioned Medium.

    Tsuchiya S, Ohmori M, Hara K, Fujio M, Ikeno M, Hibi H, Ueda M

    The International journal of oral & maxillofacial implants   30 巻 ( 5 ) 頁: 1175 - 86   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11607/jomi.3915

    PubMed

  14. An Experimental Study on Guided Bone Regeneration Using a Polylactide-co-glycolide Membrane-Immobilized Conditioned Medium. 査読有り

    Tsuchiya S, Ohmori M, Hara K, Fujio M, Ikeno M, Hibi H, Ueda M.

    The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants   30 巻   頁: 1175-1186   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.11607/jomi.3915.

  15. Conditioned media from hypoxic-cultured human dental pulp cells promotes bone healing during distraction osteogenesis 査読有り

    JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE     2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Bone Marrow Stromal Cell Paracrine Factors Direct Osteo/Odontogenic Differentiation of Dental Pulp Cells

    Al-Sharabi Niyaz, Xue Ying, Fujio Masahito, Ueda Minoru, Gjerde Cecilie, Mustafa Kamal, Fristad Inge

    TISSUE ENGINEERING PART A   20 巻 ( 21-22 ) 頁: 3063 - 3072   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ten.tea.2013.0718

    Web of Science

    PubMed

  17. Stem cell-conditioned medium accelerates distraction osteogenesis through multiple regenerative mechanisms

    Ando Yuji, Matsubara Kohki, Ishikawa Jun, Fujio Masahito, Shohara Ryutaro, Hibi Hideharu, Ueda Minoru, Yamamoto Akihito

    BONE   61 巻   頁: 82 - 90   2014年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2013.12.029

    Web of Science

    PubMed

  18. Stem cell-conditioned medium accelerates distraction osteogenesis through multiple regenerative mechanisms 査読有り

    Ando Y, Matsubara K, Ishikawa J, Fujio M, Shohara R, Hibi H, Ueda M, Yamamoto A

    Bone   61 巻   頁: 82-90   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bone.2013.12.029.

  19. Bone marrow stromal cell paracrine factors direct osteo/odontogenic differentiation of dental pulp cells 査読有り

    Al-Sharabi N, Xue Y, Fujio M, Ueda M, Gjerde C, Mustafa K, Fristad I.

    Tissue Engineering Parts A   20 巻   頁: 3063-3072   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1089/ten.

  20. Stromal cell-derived factor-1 enhances distraction osteogenesis-mediated skeletal tissue regeneration through the recruitment of endothelial precursors

    Fujio Masahito, Yamamoto Akihito, Ando Yuji, Shohara Ryutaro, Kinoshita Kazuhiko, Kaneko Tadashi, Hibi Hideharu, Ueda Minoru

    BONE   49 巻 ( 4 ) 頁: 693 - 700   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2011.06.024

    Web of Science

    PubMed

  21. Stromal cell-derived factor-1 enhances distraction osteogenesis-mediated skeletal tissue regeneration through the recruitment of endothelial precursors 査読有り

      49 巻   頁: 693-700   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.bone.2011.06.024

▼全件表示

講演・口頭発表等 38

  1. 口蓋形成術を行った先天性脊椎骨端異形成症の1例

    坪井 亮仁, 藤尾 正人, 日比 英晴

    第32回日本小児口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  2. 骨再生についてのわれわれの取り組みの変遷

    岡部 一登, 藤尾 正人, 酒井 陽, 椙村 有紀子, 坂口 晃平, 渡邊 純奈, 日比 英晴

    第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会   2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. 骨造成後の骨補填材に感染が波及した1例

    渡邊純奈,岡部一登,酒井陽,藤尾正人,椙村有紀子,坂口晃平,佐世曉,日比英晴

    第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:ポスター発表  

  4. 低血圧麻酔下の顎矯正手術中に心停止をきたした顎変形症の一例

    坂口 晃平, 藤尾 正人, 酒井 陽, 日比 英晴

    第30回日本顎変形症学会  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  5. 異なるプレートを用いたLe Fort I 型骨切り術後の骨片の安定性に関する検討

    佐世暁,藤尾正人,荻須宏太,坪井亮仁,酒井陽,日比英晴

    第30回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

  6. 地域基幹病院における治療参加型・障害者歯科研修の試み 第3報

    安藤友二,夫才成,若山博隆,玄景華,齊藤昌樹,藤尾正人,荻須宏太,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  7. Le Fort I型骨切り術の固定法と術後の骨片変位量の検討

    藤尾正人,佐世暁,荻須宏太,土屋周平,酒井陽,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  8. オッセオインテグレーションを構成するコンドロイチン4硫酸の機能解析

    神尾尚伸,土屋周平,黒田健介,藤尾正人,岡部一登,荻須宏太,外山直人,太田優也,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  9. Wiskott-Aldrich症候群患者に対する抜歯の経験

    安藤友二,若山博隆,藤尾正人,石川純,荻須宏太,夫才成,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  10. 大気圧プラズマ処理したチタンがマクロファージの極性変化と骨形成に与える影響

    外山直人,土屋周平,黒田健介,藤尾正人,岡部一登,荻須宏太,神尾尚伸,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  11. デクスメデトミジンを使用した智歯抜歯術中の低酸素血症の予防:無作為比較対象研究

    田原春早織,坂口晃平,藤尾正人,酒井陽,西川雅也,山本憲幸,日比英晴,佐藤(朴)會士

    第64回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  12. 周術期管理センター(仮称)の設立への経過と課題

    齋藤 あゆみ, 宮道 朋美, 村瀬 由加里, 西川 雅也, 藤尾 正人, 日比 英晴

    日本歯科衛生学会第14回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  13. 伸展刺激下で得た細胞培養上清における骨形成・血管新生能の検討

    荻須 宏太, 藤尾 正人, 土屋 周平, 岡部 一登, 外山 直人, 日比 英晴

    第73回日本口腔科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  14. 伸展刺激下で得た細胞培養上清における骨形成能の検討

    荻須宏太,藤尾正人,土屋周平,神尾尚伸,外山直人,日比英晴

    第63回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

  15. Bone regeneration therapy using somatic stem cell 招待有り

    Masahito Fujio

    JOINT WORK SHOP BETWEEN NORWAY AND JAPAN IN REGENERATIVE MEDICINE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 顎矯正手術後に生じた末梢性顔面神経麻痺の1例

    荻須 宏太, 藤尾 正人, 堀田 邦孝, 日比 英晴

    第28回日本顎変形症学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

  17. 外科的矯正治療をした巨大な下垂体腺腫による先端巨大症の1例

    佐世暁,藤尾正人,浅見勲,日比英晴

    第27回日本顎変形症学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

  18. 右側上顎第一大臼歯根尖部に石灰化した放線菌塊を認めた歯根嚢胞の1例

    若山博隆,夫才成,長嶺健二郎,藤尾正人,安藤友二,齊藤昌樹,日比英晴

    第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

  19. 第三世代セフェム系抗菌薬耐性腸内細菌科細菌の関与が認められた歯性上顎洞炎の1例

    藤尾正人, 西川雅也, 若山博隆, 原 憲史, 松下嘉泰, 杉本圭佑, 大森正裕, 土屋周平, 日比英晴

    第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 開窓術をした腺性歯原性囊胞の1 例

    土屋周平,松下嘉泰,藤尾正人,原憲史,市村典久,新阜宏平,日比英晴

    第61回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  21. Kaempferolを用いた新規骨補填材料の開発

    松下嘉泰, 土屋周平, 原 憲史, 藤尾正人, 杉本圭佑, 松田 亮, 佐世 暁, 日比英晴

    日本補綴歯科学会 第125回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:石川県   国名:日本国  

  22. インプラント周囲の骨形成促進を目指したチタン表面へのケンフェロールの応用

    杉本圭佑, 土屋周平, 原 憲史, 藤尾正人, 松田 亮, 佐世 暁, 日比英晴

    日本補綴歯科学会 第125回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 抜歯後出血をきたし巨大な血餅を形成したvon Willebrand病患者の1例

    原憲史,片桐渉,土屋周平,藤尾正人,松下嘉泰,杉本圭佑,松田亮,佐世暁,日比英晴

    第41回日本口腔外科学会中部支部学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  24. 妊娠中に手術を行った舌癌の1例

    西川雅也,山本憲幸,古江浩樹,萩原純孝,藤尾正人,日比英晴

    第60回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  25. 顎下腺に発生した多形腺腫由来筋上皮癌の1例

    若山博隆,西川雅也,山本憲幸,古江浩樹,藤尾正人,市村典久, 石川純,山口聡,日比英晴

    第60回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  26. 大気圧プラズマ処理したチタンインプラントへのヒト脱落乳歯幹細胞由来培養上清の応用

    大森正裕,土屋周平,原憲史,藤尾正人,西野雄大,杉本圭佑,日比英晴,上田実

    第59回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

  27. ヒト骨髄由来間葉系幹細胞の無血清培養上清による多面的な骨延長治癒促進効果の検討

    安藤友二,山本朗仁,松原弘記,石川純,藤尾正人,匠原龍太郎,日比英晴,上田実

    第35回日本炎症・再生医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  28. 骨髄間葉系幹細胞の無血清培養上清による骨延長の仮骨形成促進効果 

    安藤友二,山本朗仁,藤尾正人,日比英晴,上田実

    第43回日本口腔インプラント学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

  29. Using hDPCs culture environments affect regenerative potential of conditioned media

    Fujio M, Sharabi NA, Xing Z, Xue Y, Yamamoto A, Hibi H, Ueda M, Fristad I, Mustafa KBE

    46th Meeting of the Continental European Division of the International Association for Dental Research with the Scandinavian Division  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  30. 大気圧プラズマ処理したインプラントへのヒト脱落乳歯幹細胞由来培養上清の応用

    大森正裕,土屋周平,原憲史,藤尾正人,八島明弘,黒田健介,日比英晴,上田実

    第12回日本再生医療学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  31. The application of atmospheric pressure plasma pretreatment for attaching conditioned medium to dental implant.

    Omori M, Tsuchiya S, Hara K, Fujio M, Kuroda K, Yajima A, Okido M, Hibi H, Ueda M

    28th Annual Meeting, Academy of Osseointegration  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  32. 骨再生誘導法への細胞培養上清の応用

    原憲史,土屋周平,池野正幸,藤尾正人,大森正裕,日比英晴,上田実

    第42回日本創傷治癒学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  33. 培養上清による組織再生/骨延長部の骨形成促進効果の検討

    安藤友二,山本朗仁,藤尾正人,日比英晴,上田実

    第57回日本口腔外科学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  34. 培養上清による骨延長部の骨形成促進効果の検討

    安藤友二,山本朗仁,藤尾正人,日比英晴,上田実

    第33回日本炎症・再生医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月 - 2012年7月

  35. 骨延長部の骨形成過程におけるSDF-1/CXCR4システムの役割

    藤尾正人,山本朗仁,日比英晴,木下一彦,匠原龍太郎,酒井陽,山形まり,上田実

    第52回歯科基礎医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  36. ラット脊髄完全切断モデルにおけるヒト歯髄細胞移植効果の検討

    酒井陽,山本朗仁,日比英晴,山田陽一,藤尾正人,山形まり,今釜史郎,若尾典充,田内亮吏,上田実

    第52回歯科基礎医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  37. 骨延長部の骨形成過程におけるSDF-1/CXCR4システムの役割

    藤尾正人,山本朗仁,日比英晴,金子正,木下一彦,匠原龍太郎,酒井陽,山形まり,上田実

    第31回日本炎症・再生医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

  38. ヒト臍帯由来の組織再生細胞を用いた骨再生療法の開発

    匠原龍太郎,滝川幸子,山本朗仁,日比英晴,藤尾正人,酒井 陽,山形まり,後藤真紀,岩瀬明,吉川史隆,上田実

    第31回日本炎症・再生医学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

▼全件表示

科研費 8

  1. 幹/前駆細胞のシーケンシャルな体内移動を基軸とした新しい骨再生治療の開発

    研究課題/研究課題番号:21K10090  2021年4月 - 2024年3月

    藤尾 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  2. 可変培養環境下で合目的に調製した細胞外小胞によるカスケード的骨再生法の開発

    研究課題/研究課題番号:19H03851  2019年4月 - 2024年3月

    日比 英晴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    劣悪な培養環境に細胞をさらして応答させて得た細胞外小胞により,再生の場にまず抗炎症性環境を導き,つぎに血管内皮前駆細胞を動員して血管網を構築し,さらに骨形成性細胞を動員し,段階的,効率的に骨再生させる方法を新たに創造する.本法により,血管吻合を要する遊離骨移植が適応になるような広範囲区域欠損でも,細胞移植なしの顎骨再建ができると目論む.我々が今まで独自に取り組んできた一連の研究内容が補完でき,組織再生についての知見が体系化できれば,本法は骨以外の組織にも展開する途が開ける.
    われわれは骨髄由来間葉系幹細胞培養上清を利用した組織再生に取り組み,培養細胞はさまざまな刺激を加えることで骨形成・血管新生に関連する成長因子が多く産生することがわかってきた.本年度の研究目的は伸展刺激により細胞培養上清の骨形成・血管新生能がどう影響されるかを明らかにすることであった.細胞種はヒト骨髄由来間葉系幹細胞およびヒト歯根膜由来線維芽細胞とし,伸展刺激は培養細胞伸展システムを用いて加え,任意の伸展率と周期を設定した.24 時間培養後の細胞および培養上清を回収し,骨形成・血管新生関連因子の発現を遺伝子,タンパクレベルで評価した.またヒト骨芽細胞・ヒト臍帯静脈内皮細胞を使用して上清の石灰化能・管腔形成能についても評価した.さらにマウスの頭蓋骨欠損モデルを用いてアテロコラーゲンスポンジを担体として上清を適用し一定期間後の骨形成・血管新生について組織学的,X線学的に評価した.その結果,いずれの細胞種でも伸展刺激により骨形成・血管新生関連遺伝子の発現が上昇し,関連因子の含有量も増加しており,骨形成・血管新生能は向上していた.頭蓋骨欠損モデルではいずれの細胞種でも伸展刺激により骨形成・血管新生が促進されることを確認した.伸展刺激を加えることで,培養上清の骨形成・血管新生能が向上し,その投与により骨形成・血管新生が促進されることが示された.劣悪な培養環境にさらされた細胞は,生きのびようと反応し生成した物質を含んだ細胞外小胞を放出することを利用して,組織再生に適した合目的な細胞外小胞を調製することができると考える.この細胞外小胞を組織欠損部に適用することにより,動員した内在性の幹・前駆細胞を集積させて組織を再生させる方法を検討することが可能であり,生体内に潜在する組織再生能力を特別な装置なしで高め,引き出すことができるはずであり,本課題の最終目標は十分に実現し得ると確信する.
    得られた研究結果を学会で発表することができた.また論文にまとめ投稿中である.
    劣悪な培養環境にさらされた細胞は,生きのびようと反応し生成した物質を含んだ細胞外小胞を放出する.これを検証し,組織再生に適した合目的な細胞外小胞を調製する.この細胞外小胞を組織欠損部に適用することにより,動員した内在性の幹・前駆細胞を集積させて組織を再生させる方法を検討する.大規模の再生には,血管網構築を先行させ,つぎに目的組織を形成させるのが合理的である.この流れは生体内ではカスケード的に制御されている.これを模倣し,目的別に最適化調製した細胞外小胞を適時適所に適用することが検討できる.本課題は骨を対象にし,カスケード的な組織再生を図り,顎骨再建までを目論む.
    いまでも骨延長法によれば移植なしで大規模な顎骨再建が可能である.生体内に潜在する組織再生能力を特別な装置なしで高め,引き出すことができるはずであり,本課題の最終目標は十分に実現し得ると考える.

  3. メカノトランスダクションと幹細胞体内移動メカニズムを応用した組織再生法の開発

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    藤尾正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. メカノトランスダクションと幹細胞体内移動メカニズムを応用した組織再生法の開発

    研究課題/研究課題番号:18K09635  2018年4月 - 2021年3月

    藤尾 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    初年度の動物実験(マウス頭蓋骨欠損モデル)において、伸展刺激を与えた歯根膜由来線維芽細胞、骨髄由来間葉系幹細胞から得られた液性因子は、伸展刺激を与えないこれらの細胞から得られた液性因子に比べ、優れた骨再生能を有することが明らかになった。骨の治癒過程の組織を採取し、リアルタイムPCR、免疫組織学的染色を行った。その結果、伸展刺激を与えた細胞から得られる液性因子は血管再生を促進することにより、骨再生を促すことが遺伝子レベル、タンパクレベルで明となった。in vitroの実験系においても、伸展刺激を加えた細胞から得られた液性因子は優れた血管形成能があることがわかった。しかし、これら骨再生能、血管形成能は歯根膜由来細胞、骨髄由来間葉系幹細胞の間に大きな差は認められなかった。
    再生された組織を取り出し、コラゲナーゼ処理後に細胞培養をすると、間葉系幹細胞の性質(骨、軟骨、脂肪の3系統への分化、幹細胞マーカーの発現)を示す細胞が培養できた。この細胞集団は伸展刺激を加えた細胞から得られた液性因子において数が増加していた。しかし、細胞種間での差は認められなかった。今年度までの実験結果から、血管形成と共に、骨組織再生の場において、幹細胞の集積も重要な役割を担っていることが示唆された。今後、組織再生の場に集まってくる幹細胞のキャラクタライゼーションを進め、さらには、どこから組織再生の場に集まってくるのかを解析していく予定である。
    動物実験で伸展刺激下で培養した細胞から得られる液性因子の骨再生、血管再生効果が示された。歯根膜由来細胞、骨髄由来間葉系幹細胞の間には骨再生、血管形成能に大きな差は認められなかった。
    組織再生の場に集まってくる幹細胞のキャラクタライゼーションを進め、さらには、どこから組織再生の場に集まってくるのかを解析していく。

  5. 仮骨延長術におけるメカノトランスダクションの解析

    研究課題/研究課題番号:26861712  2014年4月 - 2016年3月

    藤尾 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    昨年度作成した3つの動物モデル、
    ①骨延長群 (gradual distraction群):延長速度(0.2mm/12h x 10 days; total 4.0 mm)。
    ②急速拡大群(critical defect群):骨切り後、創外固定装置で4mmの欠損を作製、固定。
    ③中間群(sub-critical defect群):骨切り後、創外固定装置で2mmの欠損を作製、固定。
    以上の3群の延長組織、骨間隙の組織を取り出し、培養を行った。代表的な幹細胞マーカー、血液系細胞を除外するLineageマーカーを用いてフローサイトメトリーを行った。すべての群の細胞集団から、いわゆる間葉系幹細胞の集団が認められた。さらにこれらの細胞を分離培養し、多分化能を解析するため、骨、軟骨、脂肪分化誘導培地で培養した。3群から分離培養された細胞は骨、軟骨、脂肪分化能を有する間葉系幹細胞を含むことが明らかとなった。すべての実験群から間葉系幹細胞の集団が得られたことより、骨形成がされるかどうかは間葉系幹細胞の有無が問題ではなく、細胞を骨形成性細胞に導くシグナルによることが示唆された。

  6. 仮骨延長術におけるメカノトランスダクションの解析

    2014年4月 - 2015年5月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    藤尾正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    仮骨延長術は、ヒトの自己再生能力を最大限に活用した大型組織再生法である。仮骨延長術の治癒過程では、生体に内在する幹細胞や前駆細胞の集積、増殖が重要な働きを担っている事が推察されているが基礎的解析は十分になされていない。本研究ではマウス仮骨延長モデルを用い、骨延長治癒において重要な役割を持つと考えられる機械的刺激(細胞伸展刺激)が幹細胞、前駆細胞に与える影響を解析する。骨延長術を詳細に解析することにより生体内での間葉系幹細胞の挙動を捉え、生体本来が持つ再生現象の一端を明らかにする事が本研究の最終目的である。本研究は、細胞移植を必要としない再生医療実現のための第一歩である。

  7. 骨延長モデルを用いた間葉系幹細胞集積に関する研究

    2012年4月 - 2012年9月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    藤尾正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    仮骨延長術は、ヒトの自己再生能力を最大限に応用した大型組織再生法である。細胞移植なしに、骨、神経、血管、皮膚、筋肉など全ての組織再生が認められる、ヒトでは極めて稀な再生現象である。仮骨延長術の治癒過程では、生体に内在する幹細胞や前駆細胞の集積、増殖が重要な働きを担っている事が推察されているが基礎的解析は十分になされていない。骨延長術を詳細に解析することにより生体内での間葉系幹細胞の挙動を捉え、生体本来が持つ再生現象の一端を明らかにする事が本研究の目的である。本研究は、細胞移植を必要としない再生医療実現のための第一歩である。

  8. 骨延長モデルを用いた間葉系幹細胞集積に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24792200  2012年

    藤尾 正人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    はじめに、申請者らが解析対象としてきたマウス骨延長モデルを用いて、間葉系幹細胞の局在解析に取り組んだ。具体的な手法として、間葉系幹細胞を同定するための特異的抗原(Sca-1, CD44, CD45, CD31, PDGFレセプターα,Nestinなど)を数種類組み合わせた免疫染色を経時的に行った。延長終了時の骨延長部のサンプルでは間葉系幹細胞が延長部に集積している像を得た。また、延長部の組織を取り出し、コラゲナーゼ、ディスパーゼで処理した後に間葉系幹細胞培地を用いて培養を試みた。培養された細胞は一般的な間葉系幹細胞の性質である多分化能(骨、軟骨、脂肪組織への分化能)を有していた。また、形態学的にも繊維芽細胞様の細胞であった。以上のことから、マウス骨延長治癒過程に置いて内在性の間葉系幹細胞は延長部に集積し、骨、軟骨再生に寄与していることが示唆された。細胞移植治療はこれまで治癒が困難であった大型組織欠損の再生を実現しうる可能性を持っている。しかし、細胞移植治療には多くの問題点も残されているのも事実である。細胞培養のための時間と経費、細胞品質の安定性の問題、移植後の腫瘍化、細胞採取に伴う侵襲などが挙げられる。これらの問題は、細胞を体内から取り出し、培養するため起こる問題である。そのため、もし内在性幹細胞の移動をコントロールすることができれば、再生医療は新しいステージへと進むことができる。今後の解析では、同モデルを用いて間葉系幹細胞の集積因子の解析を行う。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 臨床歯科医学・口腔外科学

    2016年10月 - 現在