2021/05/06 更新

写真a

マツダ リョウタロウ
松田 亮太郎
MATSUDA Ryotaro
所属
大学院工学研究科 応用物質化学専攻 固体化学 教授
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2005年5月   京都大学 ) 

研究キーワード 9

  1. ナノ空間

  2. 吸着

  3. 固体化学

  4. 多孔性物質

  5. 配位高分子

  6. 金属錯体

  7. ナノ空間

  8. MOF

  9. 金属有機構造体

研究分野 2

  1. その他 / その他  / Functional Material Chemistry

  2. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 新規ナノ空間物質の創成

経歴 1

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2015年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   大学院工学研究科   合成・生物化学専攻

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士後期課程

  3. 京都大学   工学部   工業化学科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. 日本吸着学会

  3. 錯体化学会

委員歴 5

  1. 錯体化学会   理事  

    2020年10月 - 2022年9月   

  2. 錯体化学会   BJSCC編集委員  

    2018年10月 - 2020年9月   

  3. 日本化学会東海支部   常任幹事  

    2017年4月 - 2019年3月   

  4. 日本吸着学会運営委員会   運営委員  

    2015年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本吸着学会評議会   評議員  

    2015年4月 - 2021年3月   

受賞 6

  1. 第16回日本学術振興会賞

    2020年2月   日本学術振興会  

  2. 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2015年4月   文部科学省  

  3. 平成24年度日本吸着学会奨励賞

    2012年11月   日本吸着学会  

  4. 第61回進歩賞

    2012年3月   日本化学会  

  5. 平成22年度錯体化学研究奨励賞

    2010年9月   錯体化学会  

  6. 第23回井上研究奨励賞

    2007年2月   井上科学振興財団  

▼全件表示

 

論文 133

  1. An Open-shell, Luminescent, Two-Dimensional Coordination Polymer with a Honeycomb Lattice and Triangular Organic Radical

    Kimura Shun, Uejima Motoyuki, Ota Wataru, Sato Tohru, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Nishihara Hiroshi, Kusamoto Tetsuro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   143 巻 ( 11 ) 頁: 4329 - 4338   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.0c13310

    Web of Science

  2. Modulation of Self-Assembly Enhances the Catalytic Activity of Iron Porphyrin for CO2 Reduction

    Tasaki Masahiro, Okabe Yuki, Iwami Hikaru, Akatsuka Chiharu, Kosugi Kento, Negita Kohei, Kusaka Sinpei, Matsuda Ryotaro, Kondo Mio, Masaoka Shigeyuki

    SMALL     2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/smll.202006150

    Web of Science

  3. Molecular motion in the nanospace of MOFs upon gas adsorption investigated by in situ Raman spectroscopy 査読有り

    Kusaka Shinpei, Nakajima Yasuaki, Hori Akihiro, Yonezu Akira, Kikushima Kenta, Kosaka Wataru, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    FARADAY DISCUSSIONS   225 巻 ( 0 ) 頁: 70 - 83   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Molecular motions taking place in the nanospace of metal–organic frameworks (MOFs) are an interesting research subject, although not yet fully investigated. In this work, we utilized in situ Raman spectroscopy...</p>

    DOI: 10.1039/d0fd00002g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Tuning Gate-Opening of a Flexible Metal-Organic Framework for Ternary Gas Sieving Separation

    Dong Qiubing, Zhang Xin, Liu Shuang, Lin Rui-Biao, Guo Yanan, Ma Yunsheng, Yonezu Akira, Krishna Rajamani, Liu Gongpin, Duan Jingui, Matsuda Ryotaro, Jin Wanqin, Chen Banglin

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 50 ) 頁: 22756 - 22762   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202011802

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Trapping and Releasing of Oxygen in Liquid by Metal-Organic Framework with Light and Heat

    Fujimura Masashi, Kusaka Shinpei, Masuda Ayaka, Hori Akihiro, Hijikata Yuh, Pirillo Jenny, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    SMALL     2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/smll.202004351

    Web of Science

    Scopus

  6. Molecular simulation study on the flexibility in the interpenetrated metal-organic framework LMOF-201 using reactive force field

    Agrawal Ankit, Agrawal Mayank, Suh Donguk, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro, Endo Akira, Hsu Wei-Lun, Daiguji Hirofumi

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A   8 巻 ( 32 ) 頁: 16385 - 16391   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ta12065c

    Web of Science

    Scopus

  7. Augmenting the Carbon Dioxide Uptake and Selectivity of Metal-Organic Frameworks by Metal Substitution: Molecular Simulations of LMOF-202

    Agrawal Ankit, Agrawal Mayank, Suh Donguk, Fei Shubo, Alizadeh Amer, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro, Hsu Wei-Lun, Daiguji Hirofumi

    ACS OMEGA   5 巻 ( 28 ) 頁: 17193 - 17198   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsomega.0c01267

    Web of Science

    Scopus

  8. Pseudo-Gated Adsorption with Negligible Volume Change Evoked by Halogen-Bond Interaction in the Nanospace of MOFs 査読有り 国際誌

    Kanoo Prakash, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Li Liangchun, Hosono Nobuhiko, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 10 ) 頁: 2148 - 2153   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The enhancement of gas adsorption utilizing weak interactions in porous compounds is highly demanding for the design of energy-efficient storage materials. Here, we present a rational design for such an adsorption process by using synergistic functions between dynamic motion in a local module and weak but specific host-guest interactions, that is, halogen-bond (XB) interactions in metal-organic frameworks (MOFs). We designed a new porous coordination polymer (PCP), that is, Br-PCP, the pore surfaces of which are decorated with -CH2 Br groups and could be useful for interaction with CO2 molecules. In accordance with our anticipation, in-situ studies suggest that the adsorption step at approximately 54 kPa during CO2 adsorption is indeed facilitated by XB interactions with little change in the structural volume. This approach of integrating flexible XB modules in rigid PCPs is applicable for designing advanced gas storage systems.

    DOI: 10.1002/chem.201904703

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Swift and Efficient Nuclear Spin Conversion of Molecular Hydrogen Confined in Prussian Blue Analogs

    Ohtsubo Yuta, Mishima Akio, Hori Akihiro, Matsuda Ryotaro, Ohtani Ryo, Ohba Masaaki

    CHEMISTRY LETTERS   49 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 152   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.190829

    Web of Science

    Scopus

  10. Direct observation of dimethyl sulfide trapped by MOF proving efficient removal of sulfur impurities

    Morita Masashi, Yonezu Akira, Kusaka Shinpei, Hori Akihiro, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    RSC ADVANCES   10 巻 ( 8 ) 頁: 4710 - 4714   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ra09702c

    Web of Science

    Scopus

  11. Accelerated C<inf>2</inf>H<inf>2</inf>/CO<inf>2</inf> Separation by a Se-Functionalized Porous Coordination Polymer with Low Binding Energy 査読有り 国際誌

    Qiubing Dong, Yanan Guo, Haifei Cao, Suna Wang, Ryotaro Matsuda, Jingui Duan

    ACS Applied Materials and Interfaces   12 巻 ( 3 ) 頁: 3764 - 3772   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-quality pure acetylene (C H ) is a kind of crucial starting material for various value-added products. However, selective capture of C H from the main impurity of CO via porous absorbents is a great challenge, as they possess extremely similar kinetic diameters and boiling points, as well as the explosive and reactive properties of C H . Herein, we report a porous coordination polymer (PCP), (NTU-55), which assembled from the coordination between a Cu dimer and a newly designed ligand with a nonmetal selenium (Se) site. Static single-component adsorption and dynamic breakthrough experiments reveal that desolvated NTU-55 can completely adsorb C H from the C H /CO mixture (1/4, v/v) at 298 K, along with higher C H capacity and much lower binding energy. The origin of this separation, as comprehensively revealed by density functional theory (DFT) calculations, is derived from the interaction discriminatory of C H and CO toward accessible Se and Cu adsorption sites. To the best of our knowledge, this is the first time to find the positive effect of nonmetal Se sites for selective C H capture. 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2

    DOI: 10.1021/acsami.9b20623

    Scopus

    PubMed

  12. Grafting Free Carboxylic Acid Groups onto the Pore Surface of 3D Porous Coordination Polymers for High Proton Conductivity 査読有り

    Tian Yuanmeng, Liang Gan, Fan Tao, Shang Jin, Shang Shanshan, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro, Liu Mingxian, Wang Man, Li Liangchun, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY OF MATERIALS   31 巻 ( 20 ) 頁: 8494 - 8503   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.9b02924

    Web of Science

    Scopus

  13. Dynamic Topochemical Reaction Tuned by Guest Molecules in the Nanospace of a Metal-Organic Framework 査読有り

    Kusaka Shinpei, Kiyose Atsushi, Sato Hiroshi, Hijikata Yuh, Hori Akihiro, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 40 ) 頁: 15742 - 15746   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.9b07682

    Web of Science

  14. Reversible low-temperature redox activity and selective oxidation catalysis derived from the concerted activation of multiple metal species on Cr and Rh-incorporated ceria catalysts 査読有り

    Ikemoto Satoru, Huang Xiubing, Muratsugu Satoshi, Nagase Shoko, Koitaya Takanori, Matsui Hirosuke, Yokota Gen-ichi, Sudoh Takatoshi, Hashimoto Ayako, Tan Yuanyuan, Yamamoto Susumu, Tang Jiayi, Matsuda Iwao, Yoshinobu Jun, Yokoyama Toshihiko, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Tada Mizuki

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   21 巻 ( 37 ) 頁: 20868 - 20877   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cp04625a

    Web of Science

  15. One-Step Synthesis of an Adaptive Nanographene MOF: Adsorbed Gas-Dependent Geometrical Diversity 査読有り

    Suginome Shun, Sato Hiroshi, Hori Akihiro, Mishima Akio, Harada Yuki, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Pirillo Jenny, Hijikata Yuh, Aida Takuzo

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 39 ) 頁: 15649 - 15655   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.9b07732

    Web of Science

  16. Microwave-Assisted Hydrothermal Synthesis of [Al(OH)(1,4-NDC)] Membranes with Superior Separation Performances 査読有り 国際誌

    Liu Yi, Hori Akihiro, Kusaka Shinpei, Hosono Nobuhiko, Li Mingrun, Guo Ang, Du Dongying, Li Yanshuo, Yang Weishen, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   14 巻 ( 12 ) 頁: 2072 - 2076   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201900152

    Web of Science

    PubMed

  17. Creation of MOFs with open metal sites by partial replacement of metal ions with different coordination numbers 査読有り

    Harada Yuki, Hijikata Yuh, Kusaka Shinpei, Hori Akihiro, Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro

    DALTON TRANSACTIONS   48 巻 ( 8 ) 頁: 2545 - 2548   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8dt04218g

    Web of Science

  18. Highly responsive nature of porous coordination polymer surfaces imaged by in situ atomic force microscopy 査読有り 国際誌

    Hosono Nobuhiko, Terashima Aya, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    NATURE CHEMISTRY   11 巻 ( 2 ) 頁: 109 - 116   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41557-018-0170-0

    Web of Science

    PubMed

  19. Selective Sensing of Fe3+ Ions Using a Water-stable Magnesium Coordination Polymer 査読有り

    Liu Ye, Xu Ji, Tang Xiaoyan, Ma Yunsheng, Yuan Rongxin, Matsuda Ryotaro

    CHEMISTRY LETTERS   48 巻 ( 2 ) 頁: 156 - 158   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180921

    Web of Science

  20. Kinetics of Water Vapor Adsorption and Desorption in MIL-101 Metal-Organic Frameworks 査読有り

    Yanagita Kosuke, Hwang Junho, Shamim Jubair A., Hsu Wei-Lun, Matsuda Ryotaro, Endo Akira, Delaunay Jean-Jacques, Daiguji Hirofumi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   123 巻 ( 1 ) 頁: 387 - 398   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.8b08211

    Web of Science

  21. Gas-responsive porous magnet distinguishes the electron spin of molecular oxygen 査読有り

    Kosaka Wataru, Liu Zhaoyuan, Zhang Jun, Sato Yohei, Hori Akihiro, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Miyasaka Hitoshi

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-07889-1

    Web of Science

  22. Insights into inorganic buffer layer-assisted in situ fabrication of MOF films with controlled microstructures 査読有り

    Liu Yi, Matsuda Ryotaro, Kusaka Shinpei, Hori Akihiro, Ma Yunsheng, Kitagawa Susumu

    CRYSTENGCOMM   20 巻 ( 43 ) 頁: 6995 - 7000   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8ce01681j

    Web of Science

  23. Theoretical Insight into Gate-Opening Adsorption Mechanism and Sigmoidal Adsorption Isotherm into Porous Coordination Polymer 査読有り

    Zheng Jia-Jia, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Sakaki Shigeyoshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 42 ) 頁: 13958 - 13969   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b09358

    Web of Science

  24. Tetrametallic Ln(III) (Ln = Gd, Dy) phosphonate clusters: Spin cooler and single-molecule magnet 査読有り

    Tang Xiaoyan, Hua Jingkun, Ma Yunsheng, Hori Akihiro, Yuan Rongxin, Matsuda Ryotaro

    INORGANICA CHIMICA ACTA   482 巻   頁: 900 - 904   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ica.2018.07.040

    Web of Science

  25. Self-assembly of lattices with high structural complexity from a geometrically simple molecule 査読有り

    Yamagishi Hiroshi, Sato Hiroshi, Hori Akihiro, Sato Yohei, Matsuda Ryotaro, Kato Kenichi, Aida Takuzo

    SCIENCE   361 巻 ( 6408 ) 頁: 1242 - 1245   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aat6394

    Web of Science

  26. Switchable gate-opening effect in metal-organic polyhedra assemblies through solution processing 査読有り

    Craig Gavin A., Larpent Patrick, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Furukawa Shuhei

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 31 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8sc02263a

    Web of Science

  27. Generation of thiyl radicals in a zinc(II) porous coordination polymer by light-induced post-synthetic deprotection 査読有り

    Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 38 ) 頁: 4782 - 4785   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc01837e

    Web of Science

    Scopus

  28. Purely Physisorption-Based CO-Selective Gate-Opening in Microporous Organically Pillared Layered Silicates 査読有り

    Herling Markus M., Riess Martin, Sato Hiroshi, Li Liangchun, Martin Thomas, Kalo Hussein, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Breu Josef

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 2 ) 頁: 564 - 568   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201710717

    Web of Science

    Scopus

  29. Porous magnet responsive to spins of oxygen molecules 査読有り

    Wataru Kosaka, Zhaoyuan Liu, Jun Zhang, Yohei Sato, Akihiro Hori, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa, Hitoshi Miyasaka

    Nat. Commun.   9 巻   頁: 5420(1~) - 5420(~9)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Cooperative Bond Scission in a Soft Porous Crystal Enables Discriminatory Gate Opening for Ethylene over Ethane 査読有り

    Sen Susan, Hosono Nobuhiko, Zheng Jia-Jia, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Sakaki Shigeyoshi, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 50 ) 頁: 18313 - 18321   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b10110

    Web of Science

  31. Tuning the flexibility of interpenetrated frameworks by a small difference in the fluorene moiety 査読有り

    Ma Yunsheng, Harada Yuki, Hori Akihiro, Hijikata Yuh, Li Liangchun, Matsuda Ryotaro

    DALTON TRANSACTIONS   46 巻 ( 44 ) 頁: 15200 - 15203   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7dt03338a

    Web of Science

  32. Characteristic Features of CO2 and CO Adsorptions to Paddle-Wheel type Porous Coordination Polymer 査読有り

    Zheng Jia-Jia, Kusaka Shinpei, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Sakaki Shigeyoshi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   121 巻 ( 35 ) 頁: 19129 - 19139   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.7b02707

    Web of Science

  33. Density Gradation of Open Metal Sites in the Mesospace of Porous Coordination Polymers 査読有り

    Duan Jingui, Higuchi Masakazu, Zheng Jiajia, Noro Shin-ichiro, Chang I-Ya, Hyeon-Deuk Kim, Mathew Simon, Kusaka Shinpei, Sivaniah Easan, Matsuda Ryotaro, Sakaki Shigeyoshi, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 33 ) 頁: 11576 - 11583   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b05702

    Web of Science

  34. Flexible interlocked porous frameworks allow quantitative photoisomerization in a crystalline solid 査読有り

    Zheng Yongtai, Sato Hiroshi, Wu Pengyan, Jeon Hyung Joon, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    NATURE COMMUNICATIONS   8 巻   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-017-00122-5

    Web of Science

  35. Constant Volume Gate-Opening by Freezing Rotational Dynamics in Microporous Organically Pillared Layered Silicates 査読有り

    Baerwinkel Kilian, Herling Markus M., Riess Martin, Sato Hiroshi, Li Liangchun, Avadhut Yamini S., Kemnitzer Tobias W., Kalo Hussein, Senker Juergen, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Breu Josef

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 2 ) 頁: 904-909   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b11124

  36. Electron Paramagnetic Resonance Study of Guest Molecule-Influenced Magnetism in Kagome Metal-Organic Framework 査読有り

    Simenas Mantas, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Poeppl Andreas, Banys Juras

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   120 巻 ( 48 ) 頁: 27462 - 27467   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.6b09853

    Web of Science

  37. Rhodium-Organic Cuboctahedra as Porous Solids with Strong Binding Sites 査読有り

    Furukawa Shuhei, Horike Nao, Kondo Mio, Hijikata Yuh, Carne-Sanchez Arnau, Larpent Patrick, Louvain Nicolas, Diring Stephane, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kawano Ryuji, Kitagawe Susumu

    INORGANIC CHEMISTRY   55 巻 ( 21 ) 頁: 10843 - 10846   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.6b02091

    Web of Science

  38. Crystal Dynamics in Multi-stimuli-Responsive Entangled Metal-Organic Frameworks 査読有り

    Kanoo Prakash, Haldar Ritesh, Reddy Sandeep K., Hazra Arpan, Bonakala Satyanarayana, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Balasubramanian Sundaram, Maji Tapas Kumar

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   22 巻 ( 44 ) 頁: 15864 - 15873   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201602087

    Web of Science

  39. Metal-Organic Polyhedral Core as a Versatile Scaffold for Divergent and Convergent Star Polymer Synthesis 査読有り

    Hosono Nobuhiko, Gochomori Mika, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 20 ) 頁: 6525 - 6531   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b01758

    Web of Science

  40. An Adsorbate Discriminatory Gate Effect in a Flexible Porous Coordination Polymer for Selective Adsorption of CO2 over C2H2 査読有り

    Foo Maw Lin, Matsuda Ryotaro, Hijikata Yuh, Krishna Rajamani, Sato Hiroshi, Horike Satoshi, Hori Akihiro, Duan Jingui, Sato Yohei, Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 9 ) 頁: 3022 - 3030   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.5b10491

    Web of Science

  41. A Convenient Strategy for Designing a Soft Nanospace: An Atomic Exchange in a Ligand with Isostructural Frameworks 査読有り

    Ma Yunsheng, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Hijikata Yuh, Li Liangchun, Kusaka Shinpei, Foo Mawlin, Xue Fengfeng, Akiyama George, Yuan Rongxin, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   137 巻 ( 50 ) 頁: 15825 - 15832   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.5b09666

    Web of Science

  42. High CO2/CH4 Selectivity of a Flexible Copper(II) Porous Coordination Polymer under Humid Conditions 査読有り

    Noro Shin-ichiro, Matsuda Ryotaro, Hijikata Yuh, Inubushi Yasutaka, Takeda Sadamu, Kitagawa Susumu, Takahashi Yukiko, Yoshitake Masashi, Kubo Kazuya, Nakamura Takayoshi

    CHEMPLUSCHEM   80 巻 ( 10 ) 頁: 1517 - 1524   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cplu.201500278

    Web of Science

  43. Remarkable Oxygen Intake/Release of BaYMn2O5+delta Viewed from High-Temperature Crystal Structure 査読有り

    Motohashi Teruki, Takahashi Taira, Kimura Makoto, Masubuchi Yuji, Kikkawa Shinichi, Kubota Yoshiki, Kobayashi Yoji, Kageyama Hiroshi, Takata Masaki, Kitagawa Susumu, Matsuda Ryotaro

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   119 巻 ( 5 ) 頁: 2356 - 2363   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp511648b

    Web of Science

  44. Porous coordination polymers with ubiquitous and biocompatible metals and a neutral bridging ligand 査読有り

    Noro Shin-ichiro, Mizutani Junya, Hijikata Yuh, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Kitagawa Susumu, Sugimoto Kunihisa, Inubushi Yasutaka, Kubo Kazuya, Nakamura Takayoshi

    NATURE COMMUNICATIONS   6 巻   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms6851

    Web of Science

  45. Catalytic Glucose Isomerization by Porous Coordination Polymers with Open Metal Sites 査読有り

    Akiyama George, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   9 巻 ( 10 ) 頁: 2772 - 2777   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201402119

    Web of Science

  46. Amine-Responsive Adaptable Nanospaces: Fluorescent Porous Coordination Polymer for Molecular Recognition 査読有り

    Haldar Ritesh, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, George Subi J., Maji Tapas Kumar

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   53 巻 ( 44 ) 頁: 11772 - 11777   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201405619

    Web of Science

  47. Coordination Programming in the Design of Porous Coordination Polymers: Tuning of the Electronic Activity of Frameworks for Selective Nitrogen Monoxide Trapping 査読有り

    Kosaka Wataru, Yamagishi Kayo, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Takata Masaki, Miyasaka Hitoshi

    CHEMISTRY LETTERS   43 巻 ( 6 ) 頁: 890 - 892   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.140190

    Web of Science

  48. Microporous structures having phenylene fin: Significance of substituent groups for rotational linkers in coordination polymers 査読有り

    Matsuda Ryotaro, Kosaka Wataru, Kitaura Ryo, Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS   189 巻   頁: 83 - 90   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.micromeso.2013.10.029

    Web of Science

  49. A Crystalline Porous Coordination Polymer Decorated with Nitroxyl Radicals Catalyzes Aerobic Oxidation of Alcohols 査読有り

    Li Liangchun, Matsuda Ryotaro, Tanaka Iku, Sato Hiroshi, Kanoo Prakash, Jeon Hyung Joon, Foo Maw Lin, Wakamiya Atsushi, Murata Yasujiro, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136 巻 ( 21 ) 頁: 7543 - 7546   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja5019095

    Web of Science

  50. MATERIALS CHEMISTRY Selectivity from flexibility 査読有り

    Matsuda Ryotaro

    NATURE   509 巻 ( 7501 ) 頁: 434 - 435   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/509434a

    Web of Science

  51. Self-Accelerating CO Sorption in a Soft Nanoporous Crystal 査読有り

    Sato Hiroshi, Kosaka Wataru, Matsuda Ryotaro, Hori Akihiro, Hijikata Yuh, Belosludov Rodion V., Sakaki Shigeyoshi, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    SCIENCE   343 巻 ( 6167 ) 頁: 167 - 170   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1246423

    Web of Science

    PubMed

  52. Functional Hybrid Porous Coordination Polymers 査読有り

    Foo Maw Lin, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY OF MATERIALS   26 巻 ( 1 ) 頁: 310 - 322   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm402136z

    Web of Science

  53. Highly proton conductive nanoporous coordination polymers with sulfonic acid groups on the pore surface 査読有り

    Ramaswamy Padmini, Matsuda Ryotaro, Kosaka Wataru, Akiyama George, Jeon Hyung Joon, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   50 巻 ( 9 ) 頁: 1144 - 1146   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3cc47980c

    Web of Science

    PubMed

  54. The densely fluorinated nanospace of a porous coordination polymer composed of perfluorobutyl-functionalized ligands 査読有り

    Jeon Hyung Joon, Matsuda Ryotaro, Kanoo Prakash, Kajiro Hiroshi, Li Liangchun, Sato Hiroshi, Zheng Yongtai, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   50 巻 ( 74 ) 頁: 10861 - 10863   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4cc04505j

    Web of Science

  55. Selective NO Trapping in the Pores of Chain-Type Complex Assemblies Based on Electronically Activated Paddlewheel-Type [Ru-2(II,II)]/[Rh-2(II,II)] Dimers 査読有り

    Kosaka Wataru, Yamagishi Kayo, Hori Akihiro, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Takata Masaki, Miyasaka Hitoshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   135 巻 ( 49 ) 頁: 18469 - 18480   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja4076056

    Scopus

  56. Reversible Chemisorption of Sulfur Dioxide in a Spin Crossover Porous Coordination Polymer 査読有り

    Arcis-Castillo Zulema, Munoz-Lara Francisco J., Carmen Munoz M., Aravena Daniel, Gaspar Ana B., Sanchez-Royo Juan F., Ruiz Eliseo, Ohba Masaaki, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Real Jose A.

    INORGANIC CHEMISTRY   52 巻 ( 21 ) 頁: 12777 - 12783   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic4020477

    Web of Science

  57. In Situ Generation of Functionality in a Reactive Haloalkane-Based Ligand for the Design of New Porous Coordination Polymers 査読有り

    Kanoo Prakash, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Li Liangchun, Jeon Hyung Joon, Kitagawa Susumu

    INORGANIC CHEMISTRY   52 巻 ( 19 ) 頁: 10735 - 10737   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic401924d

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  58. Design and Synthesis of Porous Coordination Polymers Showing Unique Guest Adsorption Behaviors 査読有り

    Matsuda Ryotaro

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 10 ) 頁: 1117 - 1131   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20130157

    Web of Science

    CiNii Article

  59. Spin-Dependent Molecular Orientation of O-2-O-2 Dimer Formed in the Nanoporous Coordination Polymer 査読有り

    Hori Akihiro, Kobayashi Tatsuo C., Kubota Yoshiki, Matsuo Akira, Kindo Koichi, Kim Jungeun, Kato Kenichi, Takata Masaki, Sakamoto Hirotoshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   82 巻 ( 8 )   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.084703

    Web of Science

  60. CO2 superabsorption in a paddlewheel-type Ru dimer chain compound: gate-open performance dependent on inter-chain interactions 査読有り

    Kosaka Wataru, Yamagishi Kayo, Yoshida Hiroki, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Takata Masaki, Miyasaka Hitoshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   49 巻 ( 16 ) 頁: 1594 - 1596   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc36153a

    Web of Science

  61. Topological Difference in 2D Layers Steers the Formation of Rigid and Flexible 3D Supramolecular Isomers: Impact on the Adsorption Properties 査読有り

    Kanoo Prakash, Matsuda Ryotaro, Kitaura Ryo, Kitagawa Susumu, Maji Tapas Kumar

    INORGANIC CHEMISTRY   51 巻 ( 17 ) 頁: 9141 - 9143   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic300695v

    Web of Science

    J-GLOBAL

  62. Effect of functional groups in MIL-101 on water sorption behavior 査読有り

    Akiyama George, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Hori Akihiro, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS   157 巻   頁: 89 - 93   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.micromeso.2012.01.015

    Web of Science

    J-GLOBAL

  63. Guest-to-Host Transmission of Structural Changes for Stimuli-Responsive Adsorption Property 査読有り

    Yanai Nobuhiro, Uemura Takashi, Inoue Masafumi, Matsuda Ryotaro, Fukushima Tomohiro, Tsujimoto Masahiko, Isoda Seiji, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 巻 ( 10 ) 頁: 4501 - 4504   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja2115713

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  64. Inclusion and dielectric properties of a vinylidene fluoride oligomer in coordination nanochannels 査読有り

    Yanai Nobuhiro, Uemura Takashi, Kosaka Wataru, Matsuda Ryotaro, Kodani Tetsuhiro, Koh Meiten, Kanemura Takashi, Kitagawa Susumu

    DALTON TRANSACTIONS   41 巻 ( 14 ) 頁: 4195 - 4198   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2dt11891b

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  65. Selective CO2 uptake and inverse CO2/C2H2 selectivity in a dynamic bifunctional metal-organic framework 査読有り

    Yang Wenbin, Davies Andrew J., Lin Xiang, Suyetin Mikhail, Matsuda Ryotaro, Blake Alexander J., Wilson Claire, Lewis William, Parker Julia E., Tang Chiu C., George Michael W., Hubberstey Peter, Kitagawa Susumu, Sakamoto Hirotoshi, Bichoutskaia Elena, Champness Neil R., Yang Sihai, Schroeder Martin

    CHEMICAL SCIENCE   3 巻 ( 10 ) 頁: 2993 - 2999   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2sc20443f

    Web of Science

  66. Photochemical cycloaddition on the pore surface of a porous coordination polymer impacts the sorption behavior 査読有り

    Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Mir Mohammad Hedayetullah, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   48 巻 ( 64 ) 頁: 7919 - 7921   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc31083j

    Web of Science

    J-GLOBAL

  67. Highly rigid and stable porous Cu(I) metal-organic framework with reversible single-crystal-to-single-crystal structural transformation 査読有り

    Mohapatra Sudip, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Maji Tapas Kumar

    CRYSTENGCOMM   14 巻 ( 12 ) 頁: 4153 - 4156   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2ce06701c

    Web of Science

  68. Systematic mechanochemical preparation of a series of coordination pillared layer frameworks 査読有り

    Sakamoto Hirotoshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    DALTON TRANSACTIONS   41 巻 ( 14 ) 頁: 3956 - 3961   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2dt12012g

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  69. Gas detection by structural variations of fluorescent guest molecules in a flexible porous coordination polymer 査読有り

    Yanai Nobuhiro, Kitayama Koji, Hijikata Yuh, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Mizuno Motohiro, Uemura Takashi, Kitagawa Susumu

    NATURE MATERIALS   10 巻 ( 10 ) 頁: 787 - 793   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NMAT3104

    Web of Science

    PubMed

  70. Cellulose Hydrolysis by a New Porous Coordination Polymer Decorated with Sulfonic Acid Functional Groups 査読有り

    Akiyama George, Matsuda Ryotaro, Sato Hiroshi, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    ADVANCED MATERIALS   23 巻 ( 29 ) 頁: 3294 - +   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adma.201101356

    Web of Science

    J-GLOBAL

  71. Soft Secondary Building Unit: Dynamic Bond Rearrangement on Multinuclear Core of Porous Coordination Polymers in Gas Media 査読有り

    Seo Joobeom, Bonneau Charlotte, Matsuda Ryotaro, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   133 巻 ( 23 ) 頁: 9005 - 9013   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja201484s

    Web of Science

    J-GLOBAL

  72. Relationship between Channel and Sorption Properties in Coordination Polymers with Interdigitated Structures 査読有り

    Hijikata Yuh, Horike Satoshi, Sugimoto Masayuki, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   17 巻 ( 18 ) 頁: 5138 - 5144   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201003734

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  73. Impact of Metal Ion Dependence on the Porous and Electronic Properties of TCNQ-Dianion-Based Porous Coordination Polymers 査読有り

    Shimomura Satoru, Yanai Nobuhiro, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    INORGANIC CHEMISTRY   50 巻 ( 1 ) 頁: 172 - 177   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic1015498

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  74. A pillared-bilayer porous coordination polymer with a 1D channel and a 2D interlayer space, showing unique gas and vapor sorption 査読有り

    Kanoo Prakash, Mostafa Golam, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Maji Tapas Kumar

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   47 巻 ( 28 ) 頁: 8106 - 8108   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1cc11416f

    Web of Science

    J-GLOBAL

  75. Reporting structural transformation of soft porous crystals for detection of CO2 査読有り

    Nobuhiro Yanai, Koji Kitayama, Yuh Hijikata, Hiroshi Sato, Ryotaro Matsuda, Yoshiki Kubota, Masaki Takata, Motohiro Mizuno, Takashi Uemura, Susumu Kitagawa

    Nat. Mater.     頁: .   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Exceptional Thermal Stability in a Supramolecular Organic Framework: Porosity and Gas Storage 査読有り

    Yang Wenbin, Greenaway Alex, Lin Xiang, Matsuda Ryotaro, Blake Alexander J., Wilson Claire, Lewis William, Hubberstey Peter, Kitagawa Susumu, Champness Neil R., Schroeder Martin

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   132 巻 ( 41 ) 頁: 14457 - 14469   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja1042935

    Web of Science

    J-GLOBAL

  77. Temperature responsive channel uniformity impacts on highly guest-selective adsorption in a porous coordination polymer 査読有り

    Matsuda Ryotaro, Tsujino Takashi, Sato Hiroshi, Kubota Yoshiki, Morishige Kunimitsu, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL SCIENCE   1 巻 ( 3 ) 頁: 315 - 321   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0sc00272k

    Web of Science

  78. Magnetic properties of nitric oxide molecules physisorbed into nano-sized pores of MCM-41 査読有り

    Mito Masaki, Tatano Tsuyoshi, Komorida Yuki, Tajiri Takayuki, Deguchi Hiroyuki, Takagi Seishi, Kohiki Shigemi, Ohba Masaaki, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS   132 巻 ( 3 ) 頁: 464 - 469   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.micromeso.2010.03.028

    Web of Science

    J-GLOBAL

  79. Photoactivation of a nanoporous crystal for on-demand guest trapping and conversion 査読有り

    Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Sugimoto Kunihisa, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    NATURE MATERIALS   9 巻 ( 8 ) 頁: 661 - 666   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NMAT2808

    Web of Science

    J-GLOBAL

  80. Selective sorption of oxygen and nitric oxide by an electron-donating flexible porous coordination polymer 査読有り

    Shimomura Satoru, Higuchi Masakazu, Matsuda Ryotaro, Yoneda Ko, Hijikata Yuh, Kubota Yoshiki, Mita Yoshimi, Kim Jungeun, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    NATURE CHEMISTRY   2 巻 ( 8 ) 頁: 633 - 637   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCHEM.684

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  81. Flexibility of Porous Coordination Polymers Strongly Linked to Selective Sorption Mechanism 査読有り

    Shimomura Satoru, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY OF MATERIALS   22 巻 ( 14 ) 頁: 4129 - 4131   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm101410h

    Web of Science

    J-GLOBAL

  82. Highly Porous and Stable Coordination Polymers as Water Sorption Materials 査読有り

    Akiyama George, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY LETTERS   39 巻 ( 4 ) 頁: 360 - 361   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2010.360

    Web of Science

    CiNii Article

  83. Incommensurate guest adsorption in bellows-shaped one-dimensional channels of porous coordination polymers 査読有り

    Matsuda Ryotaro, Kitaura Ryo, Kubota Yoshiki, Kobayashi Tatsuo C., Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS   129 巻 ( 3 ) 頁: 296 - 303   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.micromeso.2009.06.023

    Web of Science

  84. Systematic Construction of Porous Coordination Pillared-layer Structures and Their Sorption Properties 査読有り

    Sakamoto Hirotoshi, Kitaura Ryo, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Kubota Yoshiki, Takata Masaki

    CHEMISTRY LETTERS   39 巻 ( 3 ) 頁: 218 - 219   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2010.218

    Web of Science

    CiNii Article

  85. Chemistry of Porous Coordination Polymers Having Multimodal Nanospace and Their Multimodal Functionality 査読有り

    Seo Joobeom, Sakamoto Hirotoshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   10 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 20   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2010.1494

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  86. Periodic molecular boxes in entangled enantiomorphic lcy nets 査読有り

    Takashima Yohei, Bonneau Charlotte, Furukawa Shuhei, Kondo Mio, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   46 巻 ( 23 ) 頁: 4142 - 4144   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c002924f

    Web of Science

    PubMed

  87. High-field magnetization process of O<inf>2</inf> adsorbed in a microporous coordination polymer CPL-1 at various temperatures 査読有り

    A. Hori, T. C. Kobayashi, A. Matsuo, K. Kindo, R. Matsuda, S. Kitagawa

    Journal of Physics: Conference Series   200 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    High-field magnetization measurements have been performed at various temperatures on the molecular oxygen adsorbed in a microporous coordination polymer CPL-1. Molecular oxygen with S = 1 forms O2-O2 dimer in the nanochannels of CPL-1. The magnetic properties can be explained by not the S = 1 Heisenberg antiferromagnetic dimer model but the O 2-O2 dimer model taking into account the spin-dependent intermolecular potential. This feature is attributed to the fact that the magnetic interaction between O2 is comparable to the van der Waals force. ? 2010 IOP Publishing Ltd.

    DOI: 10.1088/1742-6596/200/2/022018

    Web of Science

  88. Modification of flexible part in Cu2+ interdigitated framework for CH4/CO2 separation 査読有り

    Inubushi Yasutaka, Horike Satoshi, Fukushima Tomohiro, Akiyama George, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   46 巻 ( 48 ) 頁: 9229 - 9231   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0cc01294g

    Web of Science

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  89. Control of Interpenetration for Tuning Structural Flexibility Influences Sorption Properties 査読有り

    Bureekaew Sareeya, Sato Hiroshi, Matsuda Ryotaro, Kubota Yoshiki, Hirose Raita, Kim Jungeun, Kato Kenichi, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   49 巻 ( 42 ) 頁: 7660 - 7664   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201002259

    Web of Science

    J-GLOBAL

  90. The RIKEN Materials Science Beamline at SPring-8: Towards Visualization of Electrostatic Interaction 査読有り

    Kato Kenichi, Hirose Raita, Takemoto Michitaka, Ha Sunyeo, Kim Jungeun, Higuchi Masakazu, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu, Takata Masaki

    AIP Conference Proceedings   1234 巻   頁: 875 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1063/1.3463354

    Web of Science

  91. Y. Takashima, C. Bonneau, S. Furukawa, M. Kondo, R. Matsuda, S. Kitagawa

    Periodic molecular, boxes in, angled, nantiomorphic, lcy nets

    Chem. Commun., 46, 4142-4144 (2010)     頁: .   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. New Interpenetrated Copper Coordination Polymer Frameworks having Porous Properties 査読有り

    Kanoo Prakash, Matsuda Ryotaro, Higuchi Masakazu, Kitagawa Susumu, Maji Tapas Kumar

    CHEMISTRY OF MATERIALS   21 巻 ( 24 ) 頁: 5860 - 5866   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm9025683

    Web of Science

    J-GLOBAL

  93. A Pillared-Layer Coordination Polymer with a Rotatable Pillar Acting as a Molecular Gate for Guest Molecules 査読有り

    Seo Joobeom, Matsuda Ryotaro, Sakamoto Hirotoshi, Bonneau Charlotte, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 巻 ( 35 ) 頁: 12792 - 12800   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja904363b

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  94. Bistability of Magnetization without Spin-Transition in a High-Spin Cobalt(II) Complex due to Angular Momentum Quenching 査読有り

    Juhasz Gergely, Matsuda Ryotaro, Kanegawa Shinji, Inoue Kaori, Sato Osamu, Yoshizawa Kazunari

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 巻 ( 13 ) 頁: 4560 - +   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja808448j

    Web of Science

  95. Hindered Rotation of Methane Molecules in the One-Dimensional Nanochannel of a Porous Coordination Polymer 査読有り

    Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Kitaura Ryo, Matsuda Ryotaro, Kobayashi Tatsuo C., Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   9 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 76   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The crystal structure of a microporous coordination polymer with adsorbed methane gas was determined by in situ synchrotron powder diffraction of the gas adsorption and the MEM (maximum entropy method)/Rietveld method. Methane molecules were found to be adsorbed forming a one-dimensional array in the nanochannels of the polymer. The MEM charge density distribution of the adsorbed methane molecules indicated some protrusions which were not observed in that of a spherical atom of adsorbed argon. This was interpreted as a mixed distribution of two uniaxially rotating molecules with different pivotal axes. The methane molecules displayed hindered rotation depending on the shape of the nanopore surface. This result indicates the capability to control the molecular arrangement and orientation by the adsorption of gas molecules on the precisely designed nanopores of coordination polymers. Copyright ? 2009 American Scientific Publishers All rights reserved.

    DOI: 10.1166/jnn.2009.J085

    Web of Science

    J-GLOBAL

  96. Heterogeneously Hybridized Porous Coordination Polymer Crystals: Fabrication of Heterometallic Core-Shell Single Crystals with an In-Plane Rotational Epitaxial Relationship 査読有り

    Furukawa Shuhei, Hirai Kenji, Nakagawa Keiji, Takashima Yohei, Matsuda Ryotaro, Tsuruoka Takaaki, Kondo Mio, Haruki Rie, Tanaka Daisuke, Sakamoto Hirotoshi, Shimomura Satoru, Sakata Osami, Kitagawa Susumu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   48 巻 ( 10 ) 頁: 1766 - 1770   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200804836

    Web of Science

    J-GLOBAL

  97. A Porous Coordination Polymer with Accessible Metal Sites and its Complementary Coordination Action 査読有り

    Sakamoto Hirotoshi, Matsuda Ryotaro, Bureekaew Sareeya, Tanaka Daisuke, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   15 巻 ( 20 ) 頁: 4985 - 4989   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200802730

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  98. Nanochannels of two distinct cross-sections in a porous Al-based coordination polymer 査読有り

    Comotti Angiolina, Bracco Silvia, Sozzani Piero, Horike Satoshi, Matsuda Ryotaro, Chen Jinxi, Takata Masaki, Kubota Yoshiki, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   130 巻 ( 41 ) 頁: 13664 - 13672   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja802589u

    Web of Science

  99. Magnetic and photo-magnetic properties of Co dinuclear complexes 査読有り

    Sato Osamu, Miura Satoshi, Maruyama Hiroyuki, Zhang Yanjuan, Wu Dayu, Zhang Wen, Xu Haitao, Matsuda Ryotaro, Sun Haoling, Tao Jun

    INORGANICA CHIMICA ACTA   361 巻 ( 12-13 ) 頁: 3659 - 3662   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ica.2008.03.089

    Web of Science

  100. Storage and sorption properties of acetylene in jungle-gym-like open frameworks 査読有り

    Tanaka Daisuke, Higuchi Masakazu, Horike Satoshi, Matsuda Ryotaro, Kinoshita Yoshinori, Yanai Nobuhiro, Kitagawa Susumu

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   3 巻 ( 8-9 ) 頁: 1343 - 1349   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.200800112

    Web of Science

    PubMed

  101. Chemistry of coordination space of porous coordination polymers 査読有り

    Kitagawa Susumu, Matsuda Ryotaro

    COORDINATION CHEMISTRY REVIEWS   251 巻 ( 21-24 ) 頁: 2490 - 2509   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ccr.2007.07.009

    Web of Science

  102. Guest-specific function of a flexible undulating channel in a 7,7,8,8-tetracyano-p-quinodimethane dimer-based porous coordination polymer 査読有り

    Shimomura Satoru, Horike Satoshi, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   129 巻 ( 36 ) 頁: 10990 - +   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja073505z

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  103. Photo-induced valence tautomerism in Co complexes 査読有り

    Sato Osamu, Cui Aili, Matsuda Ryotaro, Tao Jun, Hayami Shinya

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   40 巻 ( 5 ) 頁: 361 - 369   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ar600014m

    Web of Science

  104. Three-dimensional porous coordination polymer functionalized with amide groups based on tridentate ligand: Selective sorption and catalysis 査読有り

    Hasegawa Shinpei, Horike Satoshi, Matsuda Ryotaro, Furukawa Shuhei, Mochizuki Katsunori, Kinoshita Yoshinori, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   129 巻 ( 9 ) 頁: 2607 - 2614   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja067374y

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  105. A flexible interpenetrating coordination framework with a bimodal porous functionality 査読有り

    Maji Tapas Kumar, Matsuda Ryotaro, Kitagawa Susumu

    NATURE MATERIALS   6 巻 ( 2 ) 頁: 142 - 148   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmat1827

    Web of Science

    PubMed

  106. Chemical reaction-inspired crystal growth of a coordination polymer toward morphology design and control 査読有り

    Masaoka Shigeyuki, Tanaka Daisuke, Kitahata Hiroyuki, Araki Sumiko, Matsuda Ryotaro, Yoshikawa Kenichi, Kato Kenichi, Takata Masaki, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 巻 ( 49 ) 頁: 15799 - 15808   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja065254k

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  107. TCNQ dianion-based coordination polymer whose open framework shows charge-transfer type guest inclusion 査読有り

    Shimomura Satoru, Matsuda Ryotaro, Tsujino Takashi, Kawamura Takashi, Kitagawa Susumu

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 巻 ( 51 ) 頁: 16416 - 16417   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja0660047

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  108. Immobilization of sodium ions on the pore surface of a porous coordination polymer 査読有り

    Satoshi Horike, Ryotaro Matsuda, Daisuke Tanaka, Motohiro Mizuno, Kazunaka Endo, Susumu Kitagawa

    Journal of the American Chemical Society   128 巻 ( 13 ) 頁: 4222 - 4223   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A porous coordination polymer (PCP) with immobilization of sodium cations on the pore surface has been synthesized, by employing a bifunctional carboxylate/sulfonate ligand, and structurally characterized. The porous framework with 1D channels of the dimension of 4.9 × 4.9 ?2 shows high thermal stability (?330 °C), affording Type I adsorption isotherms for CO2, acetone, and benzene. The chemical shift of 13C NMR and characteristic adsorption energy (βE0) of acetone adsorbed in this compound represent the Lewis acidity of this framework. Copyright ? 2006 American Chemical Society.

    DOI: 10.1021/ja0606879

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  109. Metastable sorption state of a metal-organic porous material determined by in situ synchrotron powder diffraction 査読有り

    Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Matsuda Ryotaro, Kitaura Ryo, Kitagawa Susumu, Kobayashi Tatsuo C.

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   45 巻 ( 30 ) 頁: 4932 - 4936   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200600976

    Web of Science

    J-GLOBAL

  110. Dynamic motion of building blocks in porous coordination polymers 査読有り

    Horike Satoshi, Matsuda Ryotaro, Tanaka Daisuke, Matsubara Seijiro, Mizuno Motohiro, Endo Kazunaka, Kitagawa Susumu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   45 巻 ( 43 ) 頁: 7226 - 7230   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200603196

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  111. Formation and characterization of crystalline molecular arrays of gas molecules in a 1-dimensional ultramicropore of a porous copper coordination polymer 査読有り

    Kitaura R, Matsuda R, Kubota Y, Kitagawa S, Takata M, Kobayashi TC, Suzuki M

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   109 巻 ( 49 ) 頁: 23378 - 23385   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecules and atoms confined in a nanospace may have properties distinctly different from those of the bulk fluid, owing to the formation of a specific molecular array characteristic of nanospace. In situ synchrotron powder X-ray diffraction measurements have been used to observe confined guest molecules such as N2, O2, Ar, and CH4 in the well-regulated ultrarmicropore of a copper coordination polymer, 1 ([Cu 2(pzdc)2pyz]: pzdc = 2,3-pyrazinedicarboxylate and pyz = pyrazine). The obtained crystal structures indicate that guest molecules are confined in a linear fashion to form crystalline-like regular ordered arrays, in contrast to the situation in the gas and liquid state, even at temperatures above the boiling point, and the ordered arrays are characteristic of the kind of gas molecule and the geometrical and potential properties of the ultramicropore of 1. ? 2005 American Chemical Society.

    DOI: 10.1021/jp054411j

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  112. Guest-induced asymmetry in a metal-organic porous solid with reversible single-crystal-to-single-crystal structural transformation 査読有り

    Tapas Kumar Maji, Golam Mostafa, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Journal of the American Chemical Society   127 巻 ( 49 ) 頁: 17152 - 17153   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A metal-organic honeycomb-like 2D pillared-bilayer open framework has been constructed which shows dynamic sponge-like single-crystal-to-single-crystal transformation upon dehydration and rehydration. The dehydrated acentric nonporous phase transformed to the porous centric phase with the selective adsorbate concomitant with the structural transformation correlated with the single-crystal structure determination. Copyright ? 2005 American Chemical Society.

    DOI: 10.1021/ja0561439

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  113. Flexible microporous coordination polymers 査読有り

    Kazuhiro Uemura, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Journal of Solid State Chemistry   178 巻 ( 8 ) 頁: 2420 - 2429   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In a decade, many porous coordination polymers have been synthesized, providing a variety of properties ranging from storage, separation and exchange of guests in their cavities, magnetism, conductivity and catalysis by their frameworks. Recent advent of flexible porous coordination polymers, which exhibit elastic guest accommodation in contrast to rigid three-dimensional (3-D) frameworks of conventional porous materials, have acquired a position as a new class of porous materials. Such flexible porous properties induce highly selective guest accommodation and magnetic modulation, which could now be a unique class of practical materials. In this review, we introduce recent flexible porous coordination polymers (3-17) and their functional properties, categorizing with the four types of pores with framework deformation. ? 2005 Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.jssc.2005.05.036

    Web of Science

  114. Highly controlled acetylene accommodation in a metal-organic microporous material 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Ryo Kitaura, Susumu Kitagawa, Yoshiki Kubota, Rodion V. Belosludov, Tatsuo C. Kobayashi, Hirotoshi Sakamoto, Takashi Chiba, Masaki Takata, Yoshiyuki Kawazoe, Yoshimi Mita

    Nature   436 巻 ( 7048 ) 頁: 238 - 241   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Metal-organic microporous materials (MOMs) have attracted wide scientific attention owing to their unusual structure and properties, as well as commercial interest due to their potential applications in storage, separation and heterogeneous catalysis. One of the advantages of MOMs compared to other microporous materials, such as activated carbons, is their ability to exhibit a variety of pore surface properties such as hydrophilicity and chirality, as a result of the controlled incorporation of organic functional groups into the pore walls. This capability means that the pore surfaces of MOMs could be designed to adsorb specific molecules; but few design strategies for the adsorption of small molecules have been established so far. Here we report high levels of selective sorption of acetylene molecules as compared to a very similar molecule, carbon dioxide, onto the functionalized surface of a MOM. The acetylene molecules are held at a periodic distance from one another by hydrogen bonding between two non-coordinated oxygen atoms in the nanoscale pore wall of the MOM and the two hydrogen atoms of the acetylene molecule. This permits the stable storage of acetylene at a density 200 times the safe compression limit of free acetylene at room temperature.

    DOI: 10.1038/nature03852

    Web of Science

    PubMed

  115. Flexible coordination polymers as novel porous materials 査読有り

    Tapas Kumar Maji, Ryotoro Matsuda, Susumu KitagawaTapas Kumar Maji, Ryotoro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Studies in Surface Science and Catalysis   156 巻   頁: 497-504   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this manuscript, we report synthesis and crystal structure of a novel coordination polymer of Cd(II), {[Cd(pzdc)(bpp)(H2O)]3 2O}n (3) and porous functionalities of {[Cd(pzdc)(azpy)]2H2O}n (1), {[Cd(pzdc)(bpee)]1.5H 2O}n (2) and 3 [where pzdc = pyrazine-2,3-dicarboxylate, azpy = 4,4' -azopyridine; bpee = 1,2-bis-(4-pyridyl)ethylene and bpp =1,3-bis(4-pyridyl)propane]. Structure determination reveals that complex 3 is a 3D porous framework with one dimensional micro-channel along the crystallographic c-axis (channel size: 8.4*4.2 ?; Vvoid = 17.2%), where each Cd(II) is in distorted octahedral environment and attached with two pzdc, two bpp ligand and one water molecule. The TGA analysis shows that the dehydrated framework is stable up to 180゜C and XRPD measurement suggests that the dehydrated materials become amorphous, but with exposure to the water vapor regenerates the original framework. Adsorption measurement shows that water molecules are adsorbed in two-step process, whereas MeOH molecules in a single step and both the sorption phenomena occur with large hysteresis. ? 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

  116. Dynamics of guests in microporous coordination polymers studied by solid state NMR and X-ray analysis 査読有り

    Satoshi Horike, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Studies in Surface Science and Catalysis   156 巻   頁: 725-732   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecular motions of methanol and aromatic molecules (benzene, toluene, p-xylene) adsorbed in 1D nanochannels of pillared-layer coordination polymers with paramagnetic metal ions have been studied by2H NMR together with X-ray crystallography. NMR spectra at various temperatures and Rietveld analyses of powder X-ray diffractions represented that the characteristic shape and periodic potential of each micropore confined guests in highly restricted motions and ordering even though the guests are physisorbed. ? 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

  117. Direct observation of hydrogen molecules adsorbed onto a microporous coordination polymer 査読有り

    Kubota Y, Takata M, Matsuda R, Kitaura R, Kitagawa S, Kato K, Sakata M, Kobayashi TC

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   44 巻 ( 6 ) 頁: 920 - 923   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Trapped hydrogen molecules in the nanochannels of a copper coordination polymer were successfully observed by the synchrotron powder-diffraction method. The adsorbed molecules are located near one corner of the rectangular nanochannels, and the pockets of the pore walls are suited to the size of the hydrogen molecules (see picture). These results could provide guidelines for the design of hydrogen-storage materials.

    DOI: 10.1002/anie.200461895

    Web of Science

    J-GLOBAL

  118. Magnetic properties of molecular oxygen adsorbed in micro-porous metal-organic solids 査読有り

    Tatsuo C. Kobayashi, Akira Matsuo, Megumi Suzuki, Koichi Kindo, Ryo Kitaura, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Progress of Theoretical Physics Supplement   159 巻 ( 159 ) 頁: 271 - 279   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The magnetic properties of O2adsorbed in nanochannels of porous metal-organic solids CPL-1 and CPL-pl have been investigated by means of high-field magnetization process measurement. The contribution from adsorbed O2shows the metamagnetic-like behavior in both compounds. We propose "the field-induced rearrangement mechanism" as the explanation for the metamagnetic-like behavior. It is known for the O2-O2dimer that the magnetic interaction depends strongly on the intermolecular distance and the orientation of molecular axes. It is considered naturally that the stable arrangement with saturated magnetic moment in the sufficient high field is different from the H-structure which is stable at zero field.

    DOI: 10.1143/PTPS.159.271

    Web of Science

  119. Direct Observation of Hydrogen Molecules adsorbed in a Coordination Polymer

    Kubota Yoshiki, Takata Masaki, Matsuda Ryotaro, Kitaura Ryo, Kitagawa Susumu, Kobayashi Tatsuo C., Kato Kenichi, Sakata Makoto

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   61 巻   頁: C403-C403   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  120. Dynamics of guests in microporous coordination polymers studied by solid state NMR and X-ray analysis 査読有り

    S Horike, R Matsuda, S Kitagawa

    NANOPOROUS MATERIALS IV   156 巻   頁: 725 - 732   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Molecular motions of methanol and aromatic molecules (benzene, toluene, p-xylene) adsorbed in ID nanochannels of pillared-layer coordination polymers with paramagnetic metal ions have been studied by H-2 NMR together with X-ray crystallography. NMR spectra at various temperatures and Rietveld analyses of powder X-ray diffractions represented that the characteristic shape and periodic potential of each micropore confined guests in highly restricted motions and ordering even though the guests are physisorbed.

    Web of Science

    J-GLOBAL

  121. Flexible coordination polymers as novel porous materials 査読有り

    TK Maji, R Matsuda, S Kitagawa

    NANOPOROUS MATERIALS IV   156 巻   頁: 497 - 504   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In this manuscript, we report synthesis and crystal structure of a novel coordination polymer of Cd(II), {[Cd(pzdc)(bpp)(H2O)](3)H2O}(n) (3) and porous functionalities of ([Cd(pzdc)(azpy)[2H(2)O}(n). (1), {[Cd(pzdc)(bpee)]1.5H(2)O}(n) (2) and 3 [where pzdc pyrazine-2,3-dicarboxylate, azpy = 4,4'-azopyridine; bpee = 1,2-bis-(4-pyridyl)ethylene and bpp = 1,3-bis(4-pyridyl)propane]. Structure determination reveals that complex 3 is a 3D porous framework with one dimensional micro-channel along the crystallographic c-axis (channel size: 8.4 x 4.2 angstrom; V-void = 17.2%), where each Cd(II) is in distorted octahedral environment and attached with two pzdc, two bpp ligand and one water molecule. The TGA analysis shows that the dehydrated framework is stable up to 180 degrees C and XRPD measurement suggests that the dehydrated materials become amorphous, but with exposure to the water vapor regenerates the original framework. Adsorption measurement shows that water molecules are adsorbed in two-step process, whereas MeOH molecules in a single step and both the sorption phenomena occur with large hysteresis.

    Web of Science

    J-GLOBAL

  122. Motion of methanol adsorbed in porous coordination polymer with paramagnetic metal ions 査読有り

    Satoshi Horike, Ryotaro Matsuda, Ryo Kitaura, Susumu Kitagawa, Takahiro Iijima, Kazunaka Endo, Yoshiki Kubota, Masaki Takata

    Chemical Communications   10 巻   頁: 2152-2153   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Molecular motions of methanol adsorbed in 1D nano-channels of pillared-layer coordination polymer with paramagnetic metal ions have been studied by 2H NMR together with X-ray crystallography.

  123. Guest shape-responsive fitting of porous coordination polymer with shrinkable framework 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Ryo Kitaura, Susumu Kitagawa, Yoshiki Kubota, Tatsuo C. Kobayashi, Satoshi Horike, Masaki Takata

    Journal of the American Chemical Society   126 巻   頁: 14063-14070   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    measured (pzdc = pyrazine-2,3-dicarboxylate, bpy = 4,4′-bipyridine) (where G = H2O for CPL-2 ⊃ H2O, G = benzene for CPL-2 ⊃ benzene, and G = void for the apohost). The structures of apohost and CPL-2 ⊃ benzene were determined from Rietveld analysis. Adsorption of benzene in the channels induced a remarkable contraction in the crystal (b axis; 6.8%, volume; 4.9%), although the channels were occupied by the benzene molecules. This crystal transformation provides a new pore structure that is well suited for benzene molecules, and we denote it as a "shape-responsive fitting" transformation. This type of pore gives rise to a new guideline: frameworks can be composed of flexible motifs that are linked via strong bond and/or stiff motifs that are connected via weaker bonds.

  124. Guest shape-responsive fitting of porous coordination polymer with shrinkable framework 査読有り

    R Matsuda, R Kitaura, S Kitagawa, Y Kubota, TC Kobayashi, S Horike, M Takata

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   126 巻 ( 43 ) 頁: 14063 - 14070   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    In situ synchrotron X-ray powder diffraction patterns of porous coordination polymers {[Cu-2-(pzdc)(2)(bpy)](.)G} have been measured (pzdc = pyrazine-2,3-dicarboxylate, bpy = 4,4'-bipyridine) (where G = H2O for CPL-2 superset of H2O, G = benzene for CPL-2 superset of benzene, and G = void for the apohost). The structures of apohost and CPL-2 superset of benzene were determined from Rietveld analysis. Adsorption of benzene in the channels induced a remarkable contraction in the crystal (b axis; 6.8%, volume; 4.9%), although the channels were occupied by the benzene molecules. This crystal transformation provides a new pore structure that is well suited for benzene molecules, and we denote it as a "shape-responsive fitting" transformation. This type of pore gives rise to a new guideline: frameworks can be composed of flexible motifs that are linked via strong bond and/or stiff motifs that are connected via weaker bonds.

    DOI: 10.1021/ja046925m

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  125. Rational design and crystal structure determination of a 3-D metal-organic jungle-gym-like open framework 査読有り

    Ryo Kitaura, Fumiyasu Iwahori, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa, Yoshiki Kubota, Masaki Takata, Tatsuo C. Kobayashi

    Inorganic Chemistry   43 巻   頁: 6522-6524   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new three-dimensional (3-D) jungle-gym-like open metal-organic framework has been synthesized from a two-dimensional (2-D) layer compound using a heterogeneous pillar insertion reaction. Both the starting 2-D layer and the resulting 3-D open compounds have been characterized using X-ray crystallography.

  126. Rational design and crystal structure determination of a 3-D metal-organic jungle-gym-like open framework 査読有り

    R Kitaura, F Iwahori, R Matsuda, S Kitagawa, Y Kubota, M Takata, TC Kobayashi

    INORGANIC CHEMISTRY   43 巻 ( 21 ) 頁: 6522 - 6524   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A new three-dimensional (3-D) jungle-gym-like open metal-organic framework has been synthesized from a two-dimensional (2-D) layer compound using a heterogeneous pillar insertion reaction. Both the starting 2-D layer and the resulting 3-D open compounds have been characterized using X-ray crystallography.

    DOI: 10.1021/ic049005d

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  127. Expanding and shrinking porous modulation based on pillared-layer coordination polymers showing selective guest adsorption 査読有り

    Tapas Kumar Maji, Kazuhiro Uemura, Ho Chol Chang, Ryotaro Matsuda, Susumu Kitagawa

    Angewandte Chemie - International Edition   43 巻   頁: 3269-3272   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rationally designed and synthesized, two novel pillar-layered 3D microporous frameworks {[Cd(pzdc)(azpy)]?2H2O}n, (1, left) and {[Cd(pzdc)(bpee)]?1.5H2O}n, (2, right) have high thermal stability and highly selective adsorption properties. Removal of guest water molecules results in the expansion of 1 but the contraction of 2.

  128. Immobilization of a metallo Schiff base into a microporous coordination polymer 査読有り

    Ryo Kitaura, Goro Onoyama, Hirotoshi Sakamoto, Ryotaro Matsuda, Sin Ichiro Noro, Susumu Kitagawa

    Angewandte Chemie - International Edition   43 巻   頁: 2684-2687   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wall decoration: Coordinatively unsaturated metal centers (CuII, CoII, and NiII) can be embedded in the pore wall of a microporous coordination polymer containing Schiff base type metalloligands [M(salphdc)]2- (H4salphdc = N,N′-o- phenylenebis(salicylideneimine-5,5′-dicarboxylic acid)). These coordination polymers possess large 1D channels with dimensions of approximately 14 × 14 ?2 (see structure).

  129. Magnetism of a one-dimensional array of oxygen in a micro-porous metal-organic solid 査読有り

    A. Matsuo, T. C. Kobayashi, M. Suzuki, K. Kindo, R. Kitaura, R. Matsuda, H. C. Chang, S. Kitagawa

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials     頁: 272-276   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The magnetic properties of molecular oxygen adsorbed in the micro-porous metal-organic solids have been investigated. Adsorbed O2 molecules form a ladder structure in the nanochannels of CPL-1. The temperature dependence of susceptibility and the high-field magnetization process indicate the nonmagnetic ground state of the adsorbed O2 at low temperatures. ? 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

  130. Magnetism of a one-dimensional array of oxygen in a micro-porous metal-organic solid 査読有り

    A. Matsuo, T. C. Kobayashi, M. Suzuki, K. Kindo, R. Kitaura, R. Matsuda, H. -C. Chang, S. Kitagawa

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   272 巻   頁: E643 - E645   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The magnetic properties of molecular oxygen adsorbed in the micro-porous metal-organic solids have been investigated. Adsorbed O-2 molecules form a ladder structure in the nanochannels of CPL-1. The temperature dependence of susceptibility and the high-field magnetization process indicate the nonmagnetic ground state of the adsorbed O-2 at low temperatures. (C) 2003 Elsevier B. V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2003.11.327

    Web of Science

  131. Expanding and shrinking porous modulation based on pillared-layer coordination polymers showing selective guest adsorption 査読有り

    TK Maji, K Uemura, HC Chang, R Matsuda, S Kitagawa

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   43 巻 ( 25 ) 頁: 3269 - 3272   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Rationally designed and synthesized, two novel pillar-layered 3D microporous frameworks {[Cd(pzdc)(azpy)]?2H2O}n, (1, left) and {[Cd(pzdc)(bpee)]?1.5H2O}n, (2, right) have high thermal stability and highly selective adsorption properties. Removal of guest water molecules results in the expansion of 1 but the contraction of 2.

    DOI: 10.1002/anie.200453923

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  132. Motion of methanol adsorbed in porous coordination polymer with paramagnetic metal ions 査読有り

    S Horike, R Matsuda, R Kitaura, S Kitagawa, T Iijima, K Endo, Y Kubota, M Takata

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   10 巻 ( 19 ) 頁: 2152 - 2153   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Molecular motions of methanol adsorbed in 1D nanochannels of pillared-layer coordination polymer with paramagnetic metal ions have been studied by H-2 NMR together with X-ray crystallography.

    DOI: 10.1039/b406883a

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  133. Immobilization of a metallo Schiff base into a microporous coordination polymer 査読有り

    R Kitaura, G Onoyama, H Sakamoto, R Matsuda, S Noro, S Kitagawa

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   43 巻 ( 20 ) 頁: 2684 - 2687   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Wall decoration: Coordinatively unsaturated metal centers (CuII, CoII, and NiII) can be embedded in the pore wall of a microporous coordination polymer containing Schiff base type metalloligands [M(salphdc)]2- (H4salphdc = N,N′-o- phenylenebis(salicylideneimine-5,5′-dicarboxylic acid)). These coordination polymers possess large 1D channels with dimensions of approximately 14 × 14 ?2 (see structure).

    DOI: 10.1002/anie.200352596

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

▼全件表示

MISC 79

  1. CO <inf>2</inf> storage on metal-organic frameworks

    Yunsheng Ma, Hideki Tanaka, Ryotaro Matsuda  

    Green Energy and Technology   頁: 331 - 358   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    © Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2019. Metal-organic frameworks (MOFs) have received continuous attention because of their highly porous, diversified structures and potential applications as novel adsorbents. In this chapter, the recent progress in developing MOFs for CO 2 capture is reviewed. Several strategies being used to improve CO 2 adsorption uptake at low pressure are highlighted. These strategies are generation of interaction sites in the pores as well as controlling of pore size of MOFs, building of flexible MOFs, and construction of water-stable MOFs. In addition, the high-pressure CO 2 adsorption in highly porous MOFs is reviewed. At last, the studies of CO 2 -loaded structures with crystallographic technique are summarized.

    DOI: 10.1007/978-981-13-3504-4_12

    Scopus

  2. 多孔性金属錯体(MOF)の材料研究と応用展開 招待有り

    堀彰宏, 松田亮太郎  

    工業材料1 巻 ( 3 ) 頁: 58-62   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. 多孔性金属錯体によるナノ空間の科学 招待有り

    堀彰宏, 松田亮太郎  

    ゼオライト(日本ゼオライト学会設立記念号)33 巻 ( 1 ) 頁: 28-39   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. Highly selective adsorption and separation of energy-related gases on soft metal-organic frameworks

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY248 巻   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

  5. 新しい吸着材料:多孔性金属錯体による光ガス吸着

    松田 亮太郎  

    新技術説明会   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. 錯体結晶が拓くナノ空間の化学

    松田 亮太郎  

    玉尾皓平先生(京都大学名誉教授)古稀記念シンポジウム   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. 多孔性金属錯体の合成と選択的分子吸着機能に関する研究

    松田 亮太郎  

    第26回日本吸着学会研究発表会   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 開殻化学種を細孔表面に有する多孔性金属錯体の合成と機能

    松田亮太郎, 佐藤弘志, LI Liangchun, 北川進  

    錯体化学会討論会講演要旨集62nd 巻   頁: 76   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  9. 同時計測で見出すPCPのエキゾチック吸着

    松田 亮太郎  

    研究セミナー「エキゾチック分子集合体の新展開」   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. Unusual Sorption Behavior of Porous Coordination Polymers Having Transformable Building Units

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    International Symposium on Zeolites and Microporous Crystals (ZMPC2012)   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  11. 規則性高ポテンシャルナノ・メゾ空間による新分子変換場の創出・多重エネルギー変換ナノ・メゾ空間デバイス

    松田 亮太郎  

    CRDS俯瞰ワークショップ(ナノテクノロジー・材料分野)   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  12. Stimuli Responsive Porous Coordination Polymers Having Selective Guest Sorption Functions

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Joobeom Seo, Susumu Kitagawa  

    The Third Symposium on Future Challenges for Carbon-based Nanoporous Materials:Adsorption and Energy   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  13. Photoresponsive Porous Coordination Polymers for On Demand Type Molecular Adsorption 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    The 6th Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST-6)   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  14. 高選択的分子吸着能を有する多孔性金属錯体の設計と合成

    松田 亮太郎  

    日本化学会第92春季年会(2012)   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. ダイナミックな構造変化を伴う多孔性配位高分子の吸着 ダイナミックな構造変化を伴う多孔性配位高分子の吸着

    松田 亮太郎, 佐藤 弘志, Seo Joobeo, 北川 進  

    第 25 回日本吸着学会 研究発表会・吸着学会創立 25 周年記念シンポジウム   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  16. ソフトコアを用いた新規多孔性金属錯体のガス分離特性

    松田亮太郎, SEO Joobeom, 佐藤弘志, 北川進  

    錯体化学会討論会講演要旨集61st 巻   頁: 12   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  17. Unusual porous functions of stimuli responsive porous coordination polymers 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Joobeom Seo, Susumu Kitagawa  

    XXII Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. Highly Selective Guest Adsorption in the Nanospace of Porous Coordination Polymers

    松田 亮太郎  

    分子科学研究所3研究室合同研究発表会   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4019/bjscc.57.45

  19. 新しい機能性ナノ空間材料 ~多孔性配位高分子の科学~

    松田亮太郎  

    平成23年度先端技術研修   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. オンデマンド型ガス吸着に向けた光応答性多孔性配位高分子の開発

    松田 亮太郎, 北川 進  

    創造機能化学第116委員会(平成23年度6月期研究調査報告会)   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  21. 結合の開裂と再構築に基づく細孔拡大型構造変化を示す多孔性金属錯体

    松田亮太郎, 佐藤弘志, 高坂亘, 北川進  

    日本化学会第90春季年会(2010)   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  22. 25aPS-37 MFIゼオライトに吸着した酸素分子の磁性と配列構造(25aPS-3 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴))

    堀 彰宏, 鰐川 泰, 久保田 佳基, 桑名 加菜子, 小林 達生, 松尾 晶, 金道 浩一, 白曼 雅子, 仲井 和之, 金 延恩, 加藤 健一, 高田 昌樹, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集66 巻 ( 1 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  23. Guest-Induced Structural Transformations and Specific Guest Adsorption of Flexible Porous Coordination Polymers 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Sareeya Bureekaew, Joobeom Seo, Susumu Kitagawa  

    The Pacifichem 2010   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  24. オンデマンド型ガス吸着に向けた光応答性多孔性配位高分子の合成

    松田 亮太郎, 佐藤 弘志, 北川 進  

    第24回日本吸着学会研究発表会   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  25. 刺激応答性細孔-多様な機能を発現するPCPのデザインと合成-

    松田亮太郎  

    ERATO北川統合細孔プロジェクト一般公開シンポジウム   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. Photo-responsive Porous Coordination Polymers

    Ryotaro Matsuda, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    2nd iCeMS Retreat   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  27. Unusual guest-selective adsorption on soft/flexible porous coordination polymers

    Ryotaro Matsuda, Seo Joobeom, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    60th Anniversary Conference on Coordination Chemistry   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. 柔軟性錯体の固溶体を用いたガス吸着能の系統的制御

    福島知宏, 堀毛悟史, 松田亮太郎, 北川進  

    錯体化学討論会講演要旨集60th 巻   頁: 258   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  29. Highly guest selective adsorption on functionalized porous coordination polymers 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Joobeom Seo, Satoru Shimomura, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. Guest-Induced Structural Transformations of Flexible Porous Coordination Polymers Investigated by Coincident Adsorption/XRPD Measurement 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Sareeya Bureekaew, Hiroshi Sato, Joobeom Seo, Susumu Kitagawa  

    2nd International Conference on Metal-Organi Frameworks and_Open Framework Compounds   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  31. 多孔性配位高分子のナノ空間への高選択的ゲスト吸着

    松田亮太郎  

    第60回錯体化学討論会   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  32. Design of gas adsorption functions of soft/flexible porous coordination polymers

    Ryotaro Matsuda  

    NCBS/iCeMS Joint symposium   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  33. 26aWL-8 MFIゼオライトに吸着した酸素分子の磁性(26aWL 量子スピン(クラスター系),領域3(磁性,磁気共鳴))

    桑名 加菜子, 小林 達生, 堀 彰宏, 松尾 晶, 金道 浩一, 白曼 雅子, 仲井 和之, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 2 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  34. 26aWL-9 MFIゼオライトに吸着した酸素分子の配列構造(26aWL 量子スピン(クラスター系),領域3(磁性,磁気共鳴))

    鰐川 泰, 久保田 佳基, 堀 彰宏, 桑名 加菜子, 小林 達生, 白曼 雅子, 仲井 和之, 金 廷恩, 加藤 健一, 高田 昌樹, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 2 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  35. Unusual sorption behavior on soft/flexible porous coordination polymers

    Ryotaro Matsuda  

    Kitagawa iCeMS/ERATO-Yaghi CNSI Joint Symposium “Framework materials in the future”   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  36. Multi-step Adsorption of Flexible Porous Coordination Polymers Investigated by Coincident Measurements of Adsorption and X-ray Powder Diffraction 査読有り

    Ryotaro Matsuda, Sareeya Bureekaew, Joobeom Seo, Hiroshi Sato, Susumu Kitagawa  

    10th International Conference on Fundamentals of Adsorption (FOA10)   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. 多孔性配位高分子がつくる新しいナノスペースの化学

    松田 亮太郎, 楊井 伸浩, 北川 進  

    觸媒 = Catalyst52 巻 ( 3 ) 頁: 178 - 183   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:触媒学会  

    CiNii Article

  38. 22pEF-8 多孔性配位高分子Cu-CHDに吸着した酸素分子の磁性と構造の相関(22pEF 量子スピン系・スピングラス,領域3(磁性,磁気共鳴))

    堀 彰宏, 小林 達生, 久保田 佳基, 松尾 晶, 金道 浩一, 金 延恩, 加藤 健一, 高田 昌樹, 坂本 裕俊, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 1 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  39. 22pPSA-36 MFIゼオライトに吸着した酸素分子の配列構造(22pPSA 領域3ポスターセッション(酸化物・f電子系磁性・スピングラス・量子スピン・フラストレーション系・実験技術・磁性一般),領域3(磁性,磁気共鳴))

    鰐川 泰, 久保田 佳基, 堀 彰宏, 桑名 加菜子, 小林 達生, 白曼 雅子, 仲井 和之, 金 廷恩, 加藤 健一, 高田 昌樹, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 1 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  40. 22pPSA-35 MFIゼオライトに吸着した酸素分子の磁性(22pPSA 領域3ポスターセッション(酸化物・f電子系磁性・スピングラス・量子スピン・フラストレーション系・実験技術・磁性一般),領域3(磁性,磁気共鳴))

    桑名 加菜子, 堀 彰宏, 小林 達生, 松尾 晶, 金道 浩一, 白曼 雅子, 仲井 和之, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集65 巻 ( 1 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  41. 柔軟性錯体の固溶体における構造とガス吸着能との相関

    福島知宏, 堀毛悟史, 松田亮太郎, 北川進, 北川進, 北川進  

    分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web)4th 巻   頁: ROMBUNNO.4P052 (WEB ONLY)   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  42. 吸着/粉末X線回折同時測定による多孔性配位高分子の多段階吸着挙動の解明

    松田 亮太郎, ブリケオ サリーヤ, 徐 宙範, 佐藤 弘志, 坂本 裕俊, 北川 進  

    第62回コロイドおよび界面化学討論会   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. 多孔性金属錯体の化学を基盤とした高機能多孔性物質の開発

    松田 亮太郎  

    グローバルCOE 有機若手ワークショップ   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. 27aQJ-9 配位高分子CPL-1に吸着した酸素分子の様々な温度での強磁場磁化過程(量子スピン系(二次元系及びその他),領域3,磁性,磁気共鳴)

    堀 彰宏, 小林 達生, 松尾 晶, 金道 浩一, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集64 巻 ( 2 )   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  45. 5‐ジメチルアミノイソフタル酸を配位子とした多孔性金属錯体の合成と吸着特性

    福島知宏, 中川啓史, 松田亮太郎, 北川進  

    日本化学会講演予稿集89th 巻 ( 1 ) 頁: 352   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  46. 27pPSB-34 多孔性配位高分子Zn_2(TcBP)に吸着した酸素分子の強磁場磁化(27pPSB 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴))

    松尾 晶, 堀 彰宏, 戸田 洋平, 坂本 裕俊, 樋口 雅一, 松田 亮太郎, 北川 進, 小林 達生, 金道 浩一  

    日本物理学会講演概要集64 巻 ( 1 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  47. 27pPSB-42 配位高分子Zn_2(TcBP)に吸着した酸素分子の整列構造(27pPSB 領域3ポスターセッション,領域3(磁性,磁気共鳴))

    堀 彰宏, 戸田 洋平, 小林 達生, 南方 千晴, 久保田 佳基, 高田 昌樹, 坂本 裕俊, 松田 亮太郎, 樋口 雅一, 北川 進, Schroder M  

    日本物理学会講演概要集64 巻 ( 1 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  48. 新しい機能性ナノ空間の創造 ~多孔性金属錯体の科学と実際~

    松田 亮太郎  

    アルプスサイエンスセミナー2008   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  49. 温度に依存した動的構造均一性を示す多孔性金属錯体の選択的分子吸着

    松田亮太郎, 辻野貴志, 坂本裕俊, 久保田佳基, 森重國光, 高田昌樹, 北川進  

    錯体化学討論会講演要旨集58th 巻   頁: 125   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  50. 温度応答型動的構造均一性を示す多孔性金属錯体の選択的分子吸着

    松田亮太郎, 辻野貴志, 坂本裕俊, 久保田佳基, 高田昌樹, 森重國光, 北川進  

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集61st 巻   頁: 282   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  51. 光およびゲスト分子応答性を示すコバルト-鉄シアノ錯体の構造相転移と磁気特性

    松田 亮太郎, Sun Hao-Ling, 井上 香織, 佐藤 治  

    第57回錯体化学討論会   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  52. HIGHLY STABLE AND SELECTIVE ACETYLENE ADSORPTION IN A MICROPOROUS COORDINATION POLYMER

    R. Matsuda, S. Kitagawa, Y. Kubota, M. Takata  

    The 41st IUPAC World Chemistry Congress   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  53. 雰囲気応答型鉄シアノ錯体の磁気特性と構造変化のその場測定

    松田 亮太郎  

    特定領域研究「配位空間の化学」平成19年度第1回全体会議   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. 雰囲気応答性を示す鉄-コバルトシアノ錯体の構造相転移と磁気特性のその場測定

    松田 亮太郎, 佐藤治  

    日本化学会第87春季年会   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  55. 機能性多孔性金属錯体の合成と特異的吸着現象の発現

    松田 亮太郎  

    特定領域研究「配位空間の化学」平成18年度第1回全体会議   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. 27pPSB-26 細孔内に配列した酸素分子の強磁場磁化(27pPSB 領域3ポスターセッション(酸化物磁性,スピングラス・ランダム・アモルファス系,量子スピン系(一次元系,二次元系),量子スピン系(クラスターおよび一般),フラストレーション系,実験技術開発,磁性一般),領域3(磁性,磁気共鳴))

    松尾 晶, 子葉 崇, 松田 亮太郎, 植村 卓史, 北川 進, 小林 達生, 金道 浩一  

    日本物理学会講演概要集61 巻 ( 1 )   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  57. アセチレンを閉じこめる物質--多孔性配位高分子の開発

    松田 亮太郎, 北川 進  

    化学61 巻 ( 2 ) 頁: 33 - 36   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:化学同人  

    CiNii Article

  58. 多孔性配位高分子結晶中におけるアセチレンの特異的吸着挙動

    松田亮太郎, 北浦良, 北川進, 久保田佳基, 小林達夫, 高田昌樹, 美田佳三  

    錯体化学討論会講演要旨集55th 巻   頁: 69   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  59. 吸着量に依存する多孔性配位高分子結晶の構造転移と吸着挙動

    松田亮太郎, 北浦良, 北川進, 久保田佳基, 小林達夫, 高田昌樹  

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集58th 巻   頁: 200   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  60. 20pYF-2 金属錯体ナノチャンネルにおける化学と物理(領域7シンポジウム : 遷移金属イオンと有機分子が創る新しい構造体の化学と物理,領域7(分子性固体・有機導体))

    北川 進, 松田 亮太郎  

    日本物理学会講演概要集60 巻 ( 2 )   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  61. 21pPSB-1 ナノ細孔中に閉じ込められた酸素分子鎖の強磁場磁化(領域3ポスターセッション,量子スピン系(一次元系),量子スピン系(二次元系),量子スピン系(クラスター系,および一般),フラストレーション系,磁気共鳴一般,実験技術開発,磁性一般,領域3(磁性,磁気共鳴))

    松尾 晶, 松田 亮太郎, 千葉 崇, 植村 卓史, 北川 進, 小林 達生, 金道 浩一  

    日本物理学会講演概要集60 巻 ( 2 )   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  62. 20pYF-3 一次元細孔内酸素分子ダイマーの異常磁性(領域7シンポジウム : 遷移金属イオンと有機分子が創る新しい構造体の化学と物理,領域7(分子性固体・有機導体))

    小林 達生, 千葉 崇, 松尾 晶, 金道 浩一, 松田 亮太郎, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集60 巻 ( 2 )   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  63. 27pYK-1 多孔性配位高分子に吸着した水素分子の直接観測(金属鎖(MMX, MXなど),領域7(分子性固体・有機導体))

    久保田 佳基, 高田 昌樹, 松田 亮太郎, 北浦 良, 北川 進, 小林 達生, 加藤 健一, 坂田 誠  

    日本物理学会講演概要集60 巻 ( 1 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  64. 多孔性錯体のゲスト形状応答型構造転移

    松田 亮太郎, 北浦 良, 北川 進, 小林 達夫, 久保田 佳基, 高田 昌樹  

    第54回錯体化学討論会   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. 多孔性金属錯体のアセチレン吸着挙動及びその構造の直接観察

    松田亮太郎, 北川進, 北浦良, 久保田佳基, 小林達夫, 高田昌樹  

    コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集57th 巻   頁: 195   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  66. 吸着に伴って収縮する多孔性錯体ーその特異的吸着構造と性質ー

    松田 亮太郎, 北川 進  

    日本化学会第83春季年会   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  67. 27aPS-97 細孔を有する銅錯体に吸着された酸素分子の磁性(領域3ポスターセッション : 希土類合金,化合物磁性,薄膜・人工格子,スピングラス,フラストレーション,量子スピン系,実験技術開発等)(領域3)

    鈴木 恵美, 細川 浩平, 松田 亮太郎, 北浦 良, 松尾 晶, 金道 浩一, 北川 進, 小林 達生  

    日本物理学会講演概要集59 巻 ( 1 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  68. 新しい結晶性多孔質物質「金属錯体ポーラス材料」の構造と機能

    松田 亮太郎, 北川 進  

    日本結晶学会誌46 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 58   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The Crystallographic Society of Japan  

    Coordination Polymers (CPs) are opening up a new field in porous materials. A large number of CPs have been so far synthesized and characterized because of their versatile applicability to gas storage, molecular sieves, size- or shape-selective catalysis, and ion exchange. Moreover, CPs, in spite of their crystalline form, are suitable for creating flexible and dynamic porous frameworks, which are hardly realized by inorganic zeolites and carbon materials. We described here the several unique structures and functions of CPs.

    DOI: 10.5940/jcrsj.46.53

    CiNii Article

  69. 多孔性配位高分子のベンゼン吸着による細孔収縮型構造相転移

    松田亮太郎, 堀毛悟史, 北浦良, 北川進, 高田昌樹  

    分子構造総合討論会講演要旨集(CD-ROM)2003 巻   頁: 4PP120   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  70. 非対称配位子を持つ多孔性配位高分子結晶の構造と吸着及び誘電特性

    松田亮太郎, 北浦良, 北川進, 小林達夫, 久保田佳基, 高田昌樹  

    錯体化学討論会講演要旨集53rd 巻   頁: 388   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  71. 21aPS-61 細孔をもつ銅錯体に吸着させた酸素分子の磁性

    鈴木 恵美, 小林 達生, 松尾 晶, 金道 浩一, 美田 佳三, 小林 融弘, 松田 亮太郎, 北浦 良, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集58 巻 ( 2 )   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  72. ECO TECHNOLOGY 新しいナノ細孔材料による気体分子集積科学

    北川 進, 松田 亮太郎  

    月刊エコインダストリー8 巻 ( 7 ) 頁: 36 - 46   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:シーエムシー出版  

    CiNii Article

  73. 電気双極子を有する配位子を用いた新規多配位高分子の合成と構造

    松田亮太郎, 北浦良, 張浩徹, 北川進  

    日本化学会第82春季年会   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  74. 28aZB-1 酸素分子ラダー I : ボトムアップ構築のための集積型細孔銅錯体の合成と酸素吸着

    北川 進, 松田 亮太郎, 北浦 良, 張 浩徹, 小林 達生, 高田 昌樹  

    日本物理学会講演概要集58 巻 ( 1 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  75. 28aZB-4 酸素分子ラダー IV : 吸着酸素分子のラマン散乱

    小林 達生, 鈴木 恵, 美田 佳三, 小林 融弘, 北浦 良, 松田 亮太郎, 張 浩徹, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集58 巻 ( 1 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  76. 28aZB-3 酸素分子ラダー III : 磁性

    金道 浩一, 松尾 晶, 小林 達生, 鈴木 恵美, 松田 亮太郎, 北浦 良, 張 浩徹, 北川 進  

    日本物理学会講演概要集58 巻 ( 1 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  77. 28aZB-2 酸素分子ラダー II : 電子密度解析による吸着分子の直接観察

    久保田 佳基, 高田 昌樹, 北浦 良, 松田 亮太郎, 北川 進, 張 浩徹, 小林 達生, 坂田 誠  

    日本物理学会講演概要集58 巻 ( 1 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

  78. 新しい多孔性材料 : 集積型金属錯体から生み出される革新的機能

    北川 進, 松田 亮太郎  

    ペトロテック = Petrotech26 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 104   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:石油学会  

    CiNii Article

  79. 多孔性配位高分子錯体の吸着に伴う伝導及び誘電特性変化

    松田亮太郎, 張浩徹, 水谷義, 北川進  

    分子構造総合討論会講演要旨集2002 巻   頁: 628   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. ナノポーラス金属錯体に内包された水の吸着 国際共著

    2017年10月 - 2023年03月

    科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業CREST 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:70882500円 ( 直接経費:54525000円 、 間接経費:16357500円 )

    水吸着を示すPCPの開発

  2. 実用的ガス分離PCPの合成と分離特性に関する研究開発

    2016年04月 - 2018年03月

    科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業ACCEL 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    選択的ガス分離を示すPCPの開発

  3. 超活性種の自在発生による未知化学種の実現と吸着・物質科学の新展開

    2014年10月 - 2018年03月

    戦略的創造研究推進事業さきがけ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ナノ空間での新物質探索。

科研費 8

  1. ナノポーラス錯体によるダイナミック熱スイッチ材料の創製

    研究課題/研究課題番号:20K20564  2020年07月 - 2023年03月

    科学研究費補助金   挑戦的研究(開拓)

    松田 亮太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

    本研究では、多孔性金属錯体(MOF)を用いて、ナノ空間物質へのガス吸脱着現象を利用した全く新しい熱制御材料の開発に挑戦する。MOFの「吸着・脱着機能」と「熱スイッチ機能」を統合することで、まったく新しい「ダイナミック熱スイッチ機能」を有する物質を創製する。環境の圧力や温度を変化させることで自在に熱流量や伝熱方向の制御が可能な新物質により、「吸着化学」と「熱科学」を融合した新しい学問領域を開拓する。

  2. 多孔性配位高分子のガス分子認識と吸着過程の構造変化の観測

    研究課題/研究課題番号:20H02575  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金   基盤研究(B)

    久保田 佳基

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:390000円 ( 直接経費:300000円 、 間接経費:90000円 )

    多孔性配位高分子(PCP)は、その優れたガス吸着特性と高い設計性からこの20年ほど大変活発な研究が展開されている。Interdigitate型構造を持つPCPは吸着開始圧力の閾値(Gate-Open圧力)を持ち、それはガス分子の種類や骨格構造を構成する配位子により異なるが、Gate-Open圧力を決定する因子は未だ明らかにされていない。本研究では、高輝度放射光を用いた精密結晶構造解析とX線全散乱による結晶PDF解析を駆使して、PCPのガス吸着現象を平均構造と局所構造の両側面から捉え、吸着開始時から飽和吸着に至るまでの骨格構造の変化を明らかにすることを目的とする。

  3. ポーラス錯体ナノ空間におけるクラスター型分子吸着の開拓

    研究課題/研究課題番号:19H02734  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    松田 亮太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    ナノ空間における分子吸着の科学は、フレキシブルナノポーラス金属錯体による「ゲート型吸着」の発見でブレイクスルーをみたが、最近になり「ゲート型吸着」の問題点が顕在化し、新しい機構による、吸着機能革新が求められている。本研究では、「ナノ空間内でのゲスト分子間相互作用」が吸着において主要な役割を担う、新しいナノ空間物質を創製する。この新物質によって、特定の数の分子が集合化して吸着する「クラスター型吸着」の概念を実証し、ナノ空間物質の機能革新を目指す。本研究は「ナノ空間内において特異的な分子集団はどのように形成されうるか」との問いに対して、科学的な解を示すことで、ナノ空間の科学の新領域を開拓する。
    自然界の多くの物質は粒子等の「構成単位」が複数集まることによって、高次の集合体となり、より複雑な機能を発現する。この集合化現象には金属ナノ粒子や水分子のクラスレートのように、ある「特定の数(マジックナンバー)」の構成単位が集合化し、特異的性質を発現する物質が存在し、この特定の数は、高度な機能を発現するうえで重要であることが多い。我々はこれまでに、あるNP錯体において、ナノ空間表面に吸着のトリガーとなる官能基を配置すると、そのナノ空間内にアセチレン6分子の分子クラスターが形成し、特定の圧力で急激にアセチレンが吸着されることを見出している。しかしながら、気体クラスター形成のためにナノ空間に求められる要素の体系的な理解や、気体クラスターの熱力学的な基礎研究はまったく不十分である。また、気体分離などの機能展開への検討は全く行われていない。これをふまえ、当該年度は標準状態で気体である、二酸化炭素等を用いてクラスター型吸着に関して検討を行った。
    1.ハロゲン類を細孔表面に持つ錯体の疑似ゲート効果:ハロゲン類、ナノ空間の表面に有するナノポーラス金属錯体を合成し、ハロゲンと二酸化炭素との相互作用を起点としたクラスター型吸着によって疑似的なゲート効果を示すことを見出した。また、この成果を国際論文に発表した。
    2.吸着空間の静電場の解析検討:ナノポーラス金属錯体の粉末X線回折パターンからナノ空間の静電場を明らかにするための解析を行うため、予備的実験結果を得ることができた。
    3.オープンメタルサイトを起点とした、クラスター型吸着の検討:
    硫黄成分を有するゲスト分子に対して、オープンメタルサイトを起点としたナノポーラス金属錯体を用いて、特異的吸着機構を見出し、国際論文に発表した。
    ナノ空間の表面に配置したハロゲン原子がクラスター型吸着を誘起することは当初予測していなかったものである。それを発見し国際誌に論文発表でき、非常に大きな成果を得ることができた。
    今年度は以下の課題2および3を中心に検討を進める。
    課題2:分子クラスター形成のための静電場の検討
    我々は、グリッド型NP錯体の細孔空間の静電場を可視化するなど、これまでに放射光を用いた実験でナノ空間の静電場の可視化を行ってきた。この知見を踏まえ、様々なNP錯体に関して静電場を可視化し、静電場の勾配と分子配列の関係を明確化し、クラスター型吸着が可能な静電場に関するデータ収集を行う。
    課題3:連鎖分子活性化によるクラスター形成の検討
    同じ炭素数の飽和炭化水素と不飽和炭化水素の分離は極めて困難であり、学術的にも産業的にもその注目度は高い。この命題に対して、不飽和結合の連鎖的な活性化、すなわちリビングラジカル重合や超分子重合の概念をクラスター化へ適応することを検討する。我々は、すでにナノ空間中にラジカルやカルベン、ナイトレンなどの活性種を光照射によって生成させることに成功している。アルカリハライドを細孔表面に導入し光照射によって、活性種を発生させ、これを起点として、不飽和結合部位を連鎖的に多分子層まで活性化させる。不可逆的な共有結合でクラスターを安定化させてしまうと、脱着できないと考えられる。そこで、逆反応が可能な状態にクラスターをとどめておく工夫として、立体的制約の大きな1次元空間を基盤に空間設計を行う。

  4. 先端エネルギーと医療応用のための多機能性ナノポーラス材料の理論設計と実験的創製 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17H03122  2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    ベロスルドフ ロディオン

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    複雑な組成・構造を持つナノポーラス材料の電子的、動的、熱力学的特性に関する新しい研究方策を提案した。経験的パラメーターに頼ることなく、ガス貯蔵容量と熱力学的安定性算定を可能とした。原子レベルの制御を可能にするために、多孔質構造の設計に必要なナノポーラス材料中の弱い相互作用の役割と性質を評価した。系の安定性に寄与するゲストとホストの相互作用が理解出来ると、これらの材料の複雑な構造と特性の関係を説明する分子レベルでの重要なキーが得られる。分子レベルで実験家に情報を提供することにより、生態学的にクリーンな貯蔵材料とドラッグデリバリーシステムの実験的検討を支援出来た。
    現在のプロジェクトで得られた成果は重要で時宜を得たものである。得られた結果は、エネルギーおよび健康問題解決用に優れた特性を有する新しい種類の材料として、ソフトナノポーラス材料の実用化を支援する。 現在知られている材料と比較して、有効性、価格、安全性に優れている。本研究で提案する計算アプローチと適用された実験手法は、科学的予測から工業応用までにかかる時間を短縮し、急速に発展している現代社会の動きをより持続可能な方法で支援できる。

  5. 錯体ナノ空間の動的特性を利用した光・吸着エネルギー変換物質の創製

    研究課題/研究課題番号:16H06032  2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    松田 亮太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:26130000円 ( 直接経費:20100000円 、 間接経費:6030000円 )

    金属と有機配位子からなる多孔性配位高分子(PCP)を基盤とした、光による分子吸着が可能な多孔性材料の開発と機能探索を行った。その結果、光によって構造変換を誘起し、それに基づく吸着機能の制御が可能な新しい物質の開発に成功した。また、光刺激でカルベンなどの非常に活性な化学種をナノ空間内に発生させることが可能な新しい物質も合成した。これらの物質は発生させた活性種とゲスト分子との相互作用によって選択的な分子吸着が可能である事がわかった。本研究により、圧力や温度だけでなく光によって分子吸着を実現するナノ空間材料の設計が可能であることを示すことができた。
    分子や物質の分離操作には大量のエネルギーが消費されており、分子分離を効率化する材料や、プロセスの開発は、産業の省エネルギー化に大きく貢献するものです。多孔性材料は小分子の吸着分離が可能な機能性物質として、私たちの身の回りで広く用いられています。従って、新しい多孔性材料を開発し、新しい分子分離機能の開拓を行うことは、省エネルギー社会の実現のために非常に重要なものといえます。分子吸着は従来、温度や圧力を操作して行うものでしたが、本研究では光に着目し、光で分子の吸着を行う物質の開発に成功しました。本物質で新しい分子分離システムの構築が可能なものと期待されます。

  6. 革新的室温ガス吸着物質を指向したナノ空間中のパーフルオロアルカン疑似液相の実現

    研究課題/研究課題番号:25620187  2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    松田 亮太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    金属イオンと有機配位子で構築される多孔性配位高分子は新しいナノ空間材料として、ガス吸着、ガス分離、触媒反応等様々な分野で注目を集めている。本研究課題ではパーフルオロアルキル基を有する配位子を用いた新しい多孔性配位高分子の合成に成功し、特異な吸着現象を見出した。本研究で得られた物質は2次元層状の骨格を有し、その層間にはパーフルオロ基が充填され、疑似的なフルオラス相が形成されている物質であった。この物質は内部の空隙を殆ど有さないにもかわらず、酸素や二酸化炭素に対して選択的吸着性能を示した。これは層間に充填された疑似的フルオラス相が吸着機能を示すという新しい概念を示す成果であった。

  7. 多中心原子価互変異性錯体による双安定分子クラスターの開発

    研究課題/研究課題番号:19027043  2007年

    科学研究費補助金   特定領域研究

    佐藤 治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    原子価互変異性とはレドックス活性な配位子を有する遷移金属錯体で観測される現象で、中心金属と配位子間の電荷移動に基づいた酸化還元異性体間における相互変換のことである。これは、熱のや光などの外部刺激により誘起され、また異性化の前後で磁性や光学特性が劇的に変化するため、これを利用した分子スケールでの記録材料への応用が期待されている。本研究では、元素相乗効果の発現と将来の高密度記録材料への応用を目指し、室温ヒステリシスと光応答性を示す原子価互変異性複核錯体の開発を試み、新規コバルト錯体[{Co(dpqa)}_2(dhbq)]・(PF_6)_3を合成した。[{Co(dpqa)}_2(dpqa)}_2(dhbq)}]・(PF_6)_3の磁化率測定の結果、約170Kで原子価異性相転移を示すことが分かった。相転移に伴う電子状態の変化はCo^<III-LS>-dhbq^<3->-Co^<III-LS>→Co^<III-LS>-dhbq^<2->-Co^<II-HLS>と表せる。さらに、[{Co(dpqa)}_2(dhbq)]・(PF_6)_3の光応答性いついて検討した。吸収スペクトルの測定により金属-配位子間電荷移動バンドが550nm付近に存在することがわかっている。そこで、5Kにおいて波長532nmの単色光を照射した。その結果、x_M^T値の上昇が見られた。このことは、原子価異性(Co^<III-LS>-dhbq^<2->-Co^<II-HLS>→Co^<III-LS>-dhbq^<3->-Co^<III-LS>)が光により誘起されたことを示している。準安定状態(Co^<III-LS>-dhbq<3->-Co<III-LS>)は5Kで数時間以上の寿命を持っていた。また、準安定状態は約80K付近まで温度を上げると最安定状態Co^<III-LS>-dhbq<2->-Co^<II-HLS>に緩和することが分かった。また、この変化は繰り返し観測でき、可逆であった。同様な温度変化による原子価異性と光誘起原子価異性は[{Co(TPA)}_2(dhbq)]・(CLO_4)_3でも観測された。[{Co(TPA)}_2(dhbq)]・(CLO_4)_3の磁化率は約370K付近で変化し、この温度で原子価異性Co<III-LS>-dhbq^<3->-Co^<III-LS>→Co^<III-LS>-dhbq^<2->-Co^<II-HS>が誘起されていることが分かった。

  8. 多孔性金属錯体による動的光応答空間の構築と光連動性細孔機能の発現

    研究課題/研究課題番号:18750117  2006年 - 2007年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    松田 亮太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    本研究課題は多孔性金属錯体による動的光応答空間の構築と光連動性機能発現を実現することにより、細孔構造と細孔機能が1対1の関係で結びつけられているという従来の概念を覆し、外的刺激による細孔空間構造の制御の実現を目的としたものである。
    光応答構造相転移および、外部雰囲気応答性の評価のために、まずLIESST錯体である[Na_<0.122>Co_<1.439>Fe(CN)_6]-5.1H_2O(1)、[Co^<III>(4,4-dmobpy)_2]_3[Fe^<II>(CN)_6]_2[BPh_4](2)(4,4-dmobpy=4,4'-dimethoxy-2,2'-bipyridine)、および[FeL_2][BF_4]_2(3)(L=2,6-di(1H-pyyrazol-1-yl)isonicotinic acid)を合成した。続いて前年度に構築した雰囲気可変型磁気測定システムを用いLIESST挙動と雰囲気応答性の精密評価を行った。その結果、錯体(2)は室温から400Kまで昇温する過程において、溶媒の脱着を伴った急激なスピン転移を示す事を明らかにした。また上記した化合物に関して低温において、光を照射しながら磁性及びIR測定を行った結果、光によって電子移動が誘起されるという興味深い結果を得ることができた。
    光照射による細孔状態の変化を見積もるために、錯体(3)に関してレーザー光照射状態とレーザー光非照射状態のそれぞれの状態において放射光を用いた粉末X線回折測定を行い、回折パターンの解析を行った。
    その結果、光照射によりスピン転移が誘起され吸着可能な細孔構造が拡大する事が明らかとなった。
    このように本研究課題は、光照射という外部刺激によって吸着可能な細孔空間構造を制御できる事を初めて明らかにし細孔物質科学における新領域を開拓したといえる。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 無機合成化学

    2017

 

学術貢献活動 1

  1. 分子研研究会「錯体化学から始まる学術展開の可能性」 国際学術貢献

    企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    錯体化学会・松田亮太郎  2020年3月11日 - 2020年3月12日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等