2022/04/05 更新

写真a

タケモト サヤカ
竹本 さやか
TAKEMOTO-KIMURA Sayaka MD PhD
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2003年9月   京都大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 分子神経科学

  2. その他 / その他  / 分子神経科学 精神・神経疾患を対象とした分子病態学

経歴 4

  1. 名古屋大学環境医学研究所 神経系I分野 教授

    2015年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野 講師

    2014年4月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野 助手(助教)(うち、2006年12月~2007年4月、2011年3月~6月産休・育休取得)

    2003年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院 医員(研修医)

    1999年6月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 京都大学   医学研究科

    - 2003年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1999年

      詳細を見る

    国名: 日本国

受賞 1

  1. 日本神経化学会奨励賞

    2012年   日本神経化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 29

  1. Identification of ultra-rare disruptive variants in voltage-gated calcium channel-encoding genes in Japanese samples of schizophrenia and autism spectrum disorder

    Wang Chenyao, Horigane Shin-ichiro, Wakamori Minoru, Ueda Shuhei, Kawabata Takeshi, Fujii Hajime, Kushima Itaru, Kimura Hiroki, Ishizuka Kanako, Nakamura Yukako, Iwayama Yoshimi, Ikeda Masashi, Iwata Nakao, Okada Takashi, Aleksic Branko, Mori Daisuke, Yoshida Takashi, Bito Haruhiko, Yoshikawa Takeo, Takemoto-Kimura Sayaka, Ozaki Norio

    TRANSLATIONAL PSYCHIATRY   12 巻 ( 1 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41398-022-01851-y

    Web of Science

  2. Distinctive Regulation of Emotional Behaviors and Fear-Related Gene Expression Responses in Two Extended Amygdala Subnuclei With Similar Molecular Profiles

    Ueda Shuhei, Hosokawa Masahito, Arikawa Koji, Takahashi Kiyofumi, Fujiwara Mao, Kakita Manami, Fukada Taro, Koyama Hiroaki, Horigane Shin-ichiro, Itoi Keiichi, Kakeyama Masaki, Matsunaga Hiroko, Takeyama Haruko, Bito Haruhiko, Takemoto-Kimura Sayaka

    FRONTIERS IN MOLECULAR NEUROSCIENCE   14 巻   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnmol.2021.741895

    Web of Science

  3. Remote control of neural function by X-ray-induced scintillation

    Matsubara Takanori, Yanagida Takayuki, Kawaguchi Noriaki, Nakano Takashi, Yoshimoto Junichiro, Sezaki Maiko, Takizawa Hitoshi, Tsunoda Satoshi P., Horigane Shin-ichiro, Ueda Shuhei, Takemoto-Kimura Sayaka, Kandori Hideki, Yamanaka Akihiro, Yamashita Takayuki

    NATURE COMMUNICATIONS   12 巻 ( 1 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-021-24717-1

    Web of Science

  4. A mouse model of Timothy syndrome exhibits altered social competitive dominance and inhibitory neuron development

    Horigane Shin-ichiro, Ozawa Yukihiro, Zhang Jun, Todoroki Hiroe, Miao Pan, Haijima Asahi, Yanagawa Yuchio, Ueda Shuhei, Nakamura Shigeo, Kakeyama Masaki, Takemoto-Kimura Sayaka

    FEBS OPEN BIO   10 巻 ( 8 ) 頁: 1436 - 1446   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2211-5463.12924

    Web of Science

  5. Calcium signalling: a key regulator of neuronal migration

    Horigane Shin-ichiro, Ozawa Yukihiro, Yamada Hirokazu, Takemoto-Kimura Sayaka

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   165 巻 ( 5 ) 頁: 401 - 409   2019年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvz012

    Web of Science

  6. Retained Plasticity and Substantial Recovery of Rod-Mediated Visual Acuity at the Visual Cortex in Blind Adult Mice with Retinal Dystrophy

    Nishiguchi Koji M., Fujita Kosuke, Tokashiki Naoyuki, Komamura Hiroshi, Takemoto-Kimura Sayaka, Okuno Hiroyuki, Bito Haruhiko, Nakazawa Toru

    MOLECULAR THERAPY   26 巻 ( 10 ) 頁: 2397 - 2406   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ymthe.2018.07.012

    Web of Science

  7. A Critical Neurodevelopmental Role for L-Type Voltage-Gated Calcium Channels in Neurite Extension and Radial Migration 国際誌

    Kamijo Satoshi, Ishii Yuichiro, Horigane Shin-ichiro, Suzuki Kanzo, Ohkura Masamichi, Nakai Junichi, Fujii Hajime, Takemoto-Kimura Sayaka, Bito Haruhiko

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   38 巻 ( 24 ) 頁: 5551 - 5566   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2357-17.2018

    Web of Science

    PubMed

  8. Calmodulin kinases: essential regulators in health and disease 査読有り

    Takemoto-Kimura Sayaka, Suzuki Kanzo, Horigane Shin-Ichiro, Kamijo Satoshi, Inoue Masatoshi, Sakamoto Masayuki, Fujii Hajime, Bito Haruhiko

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   141 巻 ( 6 ) 頁: 808 - 818   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14020

    Web of Science

  9. Exploring the function of calcium-dependent phosphorylation in neuronal morphogenesis and circuit formation. 招待有り

    Takemoto-Kimura S and Horigane S

    Jpn. J. Neuropsychopharmaol.     頁: 163-167   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 163-167

  10. Facilitation of axon outgrowth via a Wnt5a-CaMKK-CaMKIα pathway during neuronal polarization

    Horigane S*, Ageta-Ishihara N*, Kamijo S, Fujii H, Okamura M, Kinoshita M, Takemoto-Kimura S**, Bito H** (*co-first; **co-corresponding authors)

        2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-016-0189-3

  11. Rational design of a high-affinity, fast, red calcium indicator R-CaMP2.

    Inoue M, Takeuchi A, Horigane S, Ohkura M, Gengyo-Ando K, Fujii H, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Kano M, Nakai J, Kitamura K, Bito H

    Nature methods   12 巻 ( 1 ) 頁: 64-70   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmeth.3185

    PubMed

  12. Towards a better understanding of cognitive behaviors regulated by gene expression downstream of activity-dependent transcription factors.

    Nonaka M, Kim R, Sharry S, Matsushima A, Takemoto-Kimura S, Bito H

    Neurobiology of learning and memory   115 巻   頁: 21-9   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nlm.2014.08.010

    PubMed

  13. Region-specific activation of CRTC1-CREB signaling mediates long-term fear memory.

    Nonaka M, Kim R, Fukushima H, Sasaki K, Suzuki K, Okamura M, Ishii Y, Kawashima T, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Okuno H, Kida S, Bito H

    Neuron   84 巻 ( 1 ) 頁: 92-106   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2014.08.049

    PubMed

  14. Functional labeling of neurons and their projections using the synthetic activity-dependent promoter E-SARE.

    Kawashima T, Kitamura K, Suzuki K, Nonaka M, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Kano M, Okuno H, Ohki K, Bito H

    Nature methods   10 巻 ( 9 ) 頁: 889-95   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmeth.2559

    PubMed

  15. Nonlinear decoding and asymmetric representation of neuronal input information by CaMKIIα and calcineurin.

      3 巻 ( 4 ) 頁: 978-87   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2013.03.033

    PubMed

  16. Inverse synaptic tagging of inactive synapses via dynamic interaction of Arc/Arg3.1 with CaMKIIβ.

      149 巻 ( 4 ) 頁: 886-98   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2012.02.062

    PubMed

  17. Differential roles for CaM kinases in mediating excitation-morphogenesis coupling during formation and maturation of neuronal circuits.

    Takemoto-Kimura S, Suzuki K, Kamijo S, Ageta-Ishihara N, Fujii H, Okuno H, Bito H

    The European journal of neuroscience   32 巻 ( 2 ) 頁: 224-30   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2010.07353.x

    PubMed

  18. Control of cortical axon elongation by a GABA-driven Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase cascade.

    Ageta-Ishihara N, Takemoto-Kimura S, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Suzuki K, Kamijo S, Fujii H, Mano T, Blaeser F, Chatila TA, Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y, Okuno H, Bito H

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 巻 ( 43 ) 頁: 13720-9   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3018-09.2009

    PubMed

  19. Synaptic activity-responsive element in the Arc/Arg3.1 promoter essential for synapse-to-nucleus signaling in activated neurons.

    Kawashima T, Okuno H, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Kyo N, Okamura M, Takemoto-Kimura S, Worley PF, Bito H

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106 巻 ( 1 ) 頁: 316-21   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0806518106

    PubMed

  20. [Molecular mechanisms underlying the regulation of synapse function and the molecular architecture of the postsynaptic density].

    Bito H, Nonaka M, Fuse T, Fujii H, Takemoto-Kimura S, Okuno H

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53 巻 ( 4 Suppl ) 頁: 418-23   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  21. Regulation of dendritogenesis via a lipid-raft-associated Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase CLICK-III/CaMKIgamma.

    Takemoto-Kimura S, Ageta-Ishihara N, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Mano T, Okamura M, Fujii H, Fuse T, Hoshino M, Suzuki S, Kojima M, Mishina M, Okuno H, Bito H

    Neuron   54 巻 ( 5 ) 頁: 755-70   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2007.05.021

    PubMed

  22. Regulation of osteoclast differentiation and function by the CaMK-CREB pathway.

    Sato K, Suematsu A, Nakashima T, Takemoto-Kimura S, Aoki K, Morishita Y, Asahara H, Ohya K, Yamaguchi A, Takai T, Kodama T, Chatila TA, Bito H, Takayanagi H

    Nature medicine   12 巻 ( 12 ) 頁: 1410-6   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm1515

    PubMed

  23. Molecular identification and characterization of a family of kinases with homology to Ca2+/calmodulin-dependent protein kinases I/IV.

    Ohmae S, Takemoto-Kimura S, Okamura M, Adachi-Morishima A, Nonaka M, Fuse T, Kida S, Tanji M, Furuyashiki T, Arakawa Y, Narumiya S, Okuno H, Bito H

    The Journal of biological chemistry   281 巻 ( 29 ) 頁: 20427-39   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M513212200

    PubMed

  24. Essential contribution of the ligand-binding beta B/beta C loop of PDZ1 and PDZ2 in the regulation of postsynaptic clustering, scaffolding, and localization of postsynaptic density-95.

    Nonaka M, Doi T, Fujiyoshi Y, Takemoto-Kimura S, Bito H

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26 巻 ( 3 ) 頁: 763-74   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.2489-05.2006

    PubMed

  25. [Synaptic activity-dependent regulation of neuronal gene expression].

    Okuno H, Takemoto-Kimura S, Ohmae S, Okamura M, Ishihara N, Bito H

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49 巻 ( 3 Suppl ) 頁: 411-8   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  26. Ca(2+)/CREB/CBP-dependent gene regulation: a shared mechanism critical in long-term synaptic plasticity and neuronal survival.

    Bito H, Takemoto-Kimura S

    Cell calcium   34 巻 ( 4-5 ) 頁: 425-30   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  27. Molecular cloning and characterization of CLICK-III/CaMKIgamma, a novel membrane-anchored neuronal Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase (CaMK).

    Takemoto-Kimura S, Terai H, Takamoto M, Ohmae S, Kikumura S, Segi E, Arakawa Y, Furuyashiki T, Narumiya S, Bito H

    The Journal of biological chemistry   278 巻 ( 20 ) 頁: 18597-605   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M300578200

    PubMed

  28. Control of axon elongation via an SDF-1alpha/Rho/mDia pathway in cultured cerebellar granule neurons.

    Arakawa Y, Bito H, Furuyashiki T, Tsuji T, Takemoto-Kimura S, Kimura K, Nozaki K, Hashimoto N, Narumiya S

    The Journal of cell biology   161 巻 ( 2 ) 頁: 381-91   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1083/jcb.200210149

    PubMed

  29. Multiple spatiotemporal modes of actin reorganization by NMDA receptors and voltage-gated Ca2+ channels.

    Furuyashiki T, Arakawa Y, Takemoto-Kimura S, Bito H, Narumiya S

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   99 巻 ( 22 ) 頁: 14458-63   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.212148999

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. カルシウムシグナル破綻に基づく精神疾患の分子細胞基盤解明と新規介入戦略の樹立

    2016年5月 - 現在

    脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 脳深部微小神経回路を構成する細胞個性の機能的・分子的解読と情動制御への応用

    2015年10月 - 2019年3月

    戦略的創造研究推進事業(さきがけ) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. リン酸化による大脳辺縁系情動回路修飾機構の解明

    2010年10月 - 2014年3月

    戦略的創造研究推進事業(さきがけ) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 7

  1. 神経細胞移動を制御するカルシウム依存的分子細胞機構の解明

    2016年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 分界条床核特定神経回路を介した不安生起機構

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 神経回路形成を制御する新規カルシウム依存的リン酸化シグナリング機構の解明

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 脂質修飾型CaMキナーゼによる神経機能制御

    2008年 - 2009年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  5. アクチン動態を制御するCaMKK-CaMKIカスケードの神経機能解明

    2008年 - 2009年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  6. 蛋白質脂質修飾による膜挿入型CaMキナーゼCLICK-IIIの機能制御

    2006年 - 2007年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    脳機能を担う神経回路の形成は、もともと球状である神経細胞が、細胞の骨組みである細胞骨格を利用して形を変化させ、樹状突起軸索と呼ばれる突起を発達させることで完成する。
    本研究課題では、CaMキナーゼCLICK-IIIの神経回路形成における機能を神経細胞培養のモデル系を用いて探索し、さらに本酵素の受ける蛋白質脂質修飾によって酵素機能がどのように修飾を受けるのか解明することを目的とした。
    まず、ラット大脳皮質神経細胞の樹状突起形成・伸展を培養下で観察する方法を確立した。本培養神経細胞において、RNAi法やノックアウトマウスを用いてCLICK-IIIの発現量を減少させると樹状突起形成が阻害され、逆に発現ベクターを用いて同発現を増加させると樹状突起形成が促進された。更に、本作用は神経栄養因子であるBDNFの効果発現においても寄与していることを明らかとした。分子レベルでは、CLICK-IIIが脂質と共有結合しラフト膜上に存在する結果、アクチン制御蛋白質Racを活性化することが、樹状突起形成作用の引き金となることを突き止め、樹状突起形成における蛋白質脂質修飾の重要性を分子レベルではじめて立証した。これらの成果は新たな樹状突起形成制御機構として注目され、Neuron誌にて掲載された。

  7. 新規膜挿入型CaMキナーゼCLICK-III/CaMKIγの神経機能解析

    2004年 - 2005年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    本研究は、CaMKIファミリーに属する神経細胞特異的なCaMキナーゼ、CLICK-III/CaMKIγの、神経機能解明ならびにその分子機構の理解を目的とする。
    研究代表者は、前年度に本酵素がプレニル化ならびにパルミトイル化という複数の脂質修飾を受け膜アンカーされることを見出していたため、平成17年度は引き続き脂質修飾の制御ならびに生物学的意義についての研究を進めた。
    まず、2種類の脂質修飾であるプレニル化とパルミトイル化が互いに影響するか、各脂質修飾欠失変異体を用いて検討した。その結果、パルミトイル化を受けるためにはプレニル化を必要とする一方、パルミトイル化の有無によりプレニル化は影響されないことが分かり、細胞内において本酵素は、プレニル化、パルミトイル化を順序立って受けていることが示唆された。また、近年同定されたパルミトイル化酵素のうち、CLICK-IIIを基質とする候補分子を同定した。
    次に、CLICK-IIIの細胞生物学的機能について神経突起伸展のモデル細胞であるPC-12細胞を用いて検討した。CLICK-IIIを発現しないPC-12細胞にCLICK-IIIを発現させると、脱分極刺激によって誘導される突起伸展を促進することが分かった。更にこの作用は、脂質修飾欠失変異体においては減弱しており、脂質修飾が機能発現において重要な役割を果たすことが示唆された。
    以上の研究成果は...

▼全件表示