2021/11/08 更新

写真a

イシカワ ユウイチ
石川 裕一
ISHIKAWA Yuichi
所属
医学部附属病院 血液内科 病院講師
職名
病院講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2009年5月   名古屋大学 ) 

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   血液・腫瘍内科学

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本血液学会   評議員

  2. 日本内科学会

  3. 日本癌学会

  4. 日本臨床腫瘍学会

  5. The American Society of Hematology

受賞 1

  1. 日本血液学会奨励賞

    2008年   日本血液学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 48

  1. 急性骨髄性白血病に対する新規治療法の開発と展望 招待有り 査読有り

    石川 裕一

    臨床血液     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  2. 急性骨髄性白血病におけるMRDの意義 招待有り 査読有り

    石川 裕一

    臨床血液     2020年9月

  3. Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation at the first remission for younger adults withFLT3-internal tandem duplication AML: The JALSG AML209-FLT3-SCT study 査読有り

    Kawashima Naomi, Ishikawa Yuichi, Atsuta Yoshiko, Sawa Masashi, Ozawa Yukiyasu, Hayashi Masaki, Kohno Akio, Tomita Akihiro, Maeda Tomoya, Sakaida Emiko, Usuki Kensuke, Hagihara Maki, Kanamori Heiwa, Matsuoka Hiroshi, Kobayashi Miki, Asou Norio, Ohtake Shigeki, Matsumura Itaru, Miyazaki Yasushi, Naoe Tomoki, Kiyoi Hitoshi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 7 ) 頁: 2472 - 2481   2020年7月

     詳細を見る

  4. JSH practical guidelines for hematological malignancies, 2018: I. Leukemia-2. Acute promyelocytic leukemia (APL) 査読有り

    Fujita Hiroyuki, Ishikawa Yuichi, Yokoyama Yasuhisa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   111 巻 ( 6 ) 頁: 747 - 760   2020年6月

  5. FLT3 mutations in acute myeloid leukemia: Therapeutic paradigm beyond inhibitor development 査読有り

    Kiyoi Hitoshi, Kawashima Naomi, Ishikawa Yuichi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 2 ) 頁: 312 - 322   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

    DOI: 10.1111/cas.14274

    Web of Science

  6. Prospective evaluation of prognostic impact of KIT mutations on acute myeloid leukemia with RUNX1-RUNX1T1 and CBFB-MYH11. 査読有り

    Ishikawa Y, Kawashima N, Atsuta Y, Sugiura I, Sawa M, Dobashi N, Yokoyama H, Doki N, Tomita A, Kiguchi T, Koh S, Kanamori H, Iriyama N, Kohno A, Moriuchi Y, Asada N, Hirano D, Togitani K, Sakura T, Hagihara M, Tomikawa T, Yokoyama Y, Asou N, Ohtake S, Matsumura I, Miyazaki Y, Naoe T, Kiyoi H.

    BLOOD ADVANCES     2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  7. Phase I clinical trial of intra-bone marrow cotransplantation of mesenchymal stem cells in cord blood transplantation

    Goto Tatsunori, Murata Makoto, Nishida Tetsuya, Terakura Seitaro, Kamoshita Sonoko, Ishikawa Yuichi, Ushijima Yoko, Adachi Yoshiya, Suzuki Satoshi, Kato Katsuyoshi, Hirakawa Akihiro, Nishiwaki Satoshi, Nishio Nobuhiro, Takahashi Yoshiyuki, Kodera Yoshihisa, Matsushita Tadashi, Kiyoi Hitoshi

    STEM CELLS TRANSLATIONAL MEDICINE     2020年12月

  8. Multi-Lineage BCR-ABL Expression in Philadelphia Chromosome-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia Is Associated With Improved Prognosis but No Specific Molecular Features 査読有り

    Nishiwaki Satoshi, Kim Jeong Hui, Ito Masafumi, Maeda Matsuyoshi, Okuno Yusuke, Koyama Daisuke, Ozawa Yukiyasu, Gunji Masaharu, Osaki Masahide, Kitamura Kunio, Ushijima Yoko, Ishikawa Yuichi, Miyamura Koichi, Sugiura Isamu, Kiyoi Hitoshi

    FRONTIERS IN ONCOLOGY   10 巻   2020年10月

  9. Clinical utility of target capture-based panel sequencing in hematological malignancies: a multicenter feasibility study. 査読有り

    Yasuda T, Sanada M, Nishijima D, Kanamori T, Iijima Y, Hattori H, Saito A, Miyoshi H, Ishikawa Y, Asou N, Usuki K, Hirabayashi S, Kato M, Ri M, Handa H, Ishida T, Shibayama H, Abe M, Iriyama C, Karube K, Nishikori M, Ohshima K, Kataoka K, Yoshida K, Shiraishi Y, Goto H, Adachi S, Kobayashi R, Kiyoi H, Miyazaki Y, Ogawa S, Kurahashi H, Yokoyama H, Manabe A, Iida S, Tomita A, Horibe K

    CANCER SCIENCE     2020年

  10. New TARGET investigators. Treatment outcomes of chronic-phase chronic myeloid leukemia with resistance and/or intolerance to a 1st-line tyrosine kinase inhibitor in Japan: the results of the New TARGET study 2nd-line 査読有り

    Sakurai M, Okamoto S, Matsumura I, Murakami S, Takizawa M, Waki M, Hirano D, Watanabe-Nakaseko R, Kobayashi N, Iino M, Mitsui H, Ishikawa Y, Takahashi N, Kawaguchi T, Suzuki R, Yamamoto K, Kizaki M, Ohnishi K, Naoe T, Akashi K

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   111 巻   頁: 812 - 825   2020年

  11. Phase I Study of Cord Blood Transplantation with Intra-Bone Marrow Injection of Mesenchymal Stem Cells

    Goto Tatsunori, Murata Makoto, Nishida Tetsuya, Terakura Seitaro, Kamoshita Sonoko, Ishikawa Yuichi, Ushijima Yoko, Adachi Yoshiya, Kato Katsuyoshi, Hirakawa Akihiro, Nishiwaki Satoshi, Nishio Nobuhiro, Takahashi Yoshiyuki, Kodera Yoshihisa, Matsushita Tadashi, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   134 巻   2019年11月

  12. Development of Predictive Biomarker and Optimal Treatment Strategy with FLT3 Inhibitors in Acute Myeloid Leukemia

    Kim Jeong Hui, Harada Yasuhiko, Ishikawa Yuichi, Kawashima Naomi, Nakashima Marie, Ushijima Yoko, Nishiyama Takahiro, Goto Tatsunori, Fukushima Nobuaki, Kihara Rika, Kajiguchi Tomohiro, Watamoto Koichi, Kohno Akio, Kitamura Kunio, Ozawa Yukiyasu, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   134 巻   2019年11月

  13. FF-10101 Retains Potent Inhibitory Activities Against Resistant Mutations to FLT3 Inhibitors, Newly Identified in Random Mutagenesis Screens

    Ishikawa Yuichi, Saito Koichi, Kawashima Naomi, Morimoto Michie, Murao Hidetoshi, Terada Daisuke, Yamaura Takeshi, Hagiwara Shinji, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   134 巻   2019年11月

  14. Dynamics of Genetic Landscapes and Clonal Evolution between Patients and PDX Models in Acute Myeloid Leukemia

    Kawashima Naomi, Ishikawa Yuichi, Akashi Akimi, Hattori Hikaru, Yamaguchi Yohei, Nishiyama Takahiro, Kihara Rika, Ozawa Yukiyasu, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   132 巻   2018年11月

  15. Anti-Leukemic Effect of Retinoic Acid in Non-APL AML Cells

    Harada Yasuhiko, Ishikawa Yuichi, Kawashima Naomi, Hattori Hikaru, Yamaguchi Yohei, Adachi Yoshiya, Ushijima Yoko, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   132 巻   2018年11月

  16. Identification of the novel deletion-type PML-RARA mutation associated with the retinoic acid resistance in acute promyelocytic leukemia 査読有り

    Hattori Hikaru, Ishikawa Yuichi, Kawashima Naomi, Akashi Akimi, Yamaguchi Yohei, Harada Yasuhiko, Hirano Daiki, Adachi Yoshiya, Miyao Kotaro, Ushijima Yoko, Terakura Seitaro, Nishida Tetsuya, Matsushita Tadashi, Kiyoi Hitoshi

    PLOS ONE   13 巻 ( 10 ) 頁: e0204850   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204850

    Web of Science

    PubMed

  17. Clinical significance of ASXL2 and ZBTB7A mutations and C-terminally truncated RUNX1-RUNX1T1 expression in AML patients with t(8;21) enrolled in the JALSG AML201 study. 査読有り

    Kawashima N, Akashi A, Nagata Y, Kihara R, Ishikawa Y, Asou N, Ohtake S, Miyawaki S, Sakura T, Ozawa Y, Usui N, Kanamori H, Ito Y, Imai K, Suehiro Y, Kitamura K, Sakaida E, Takeshita A, Suzushima H, Naoe T, Matsumura I, Miyazaki Y, Ogawa S, Kiyoi H, Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG).

    Annals of hematology     2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00277-018-3492-5

    PubMed

  18. Phase I study of cord blood transplantation with intrabone marrow injection of mesenchymal stem cells: A clinical study protocol

    Goto Tatsunori, Murata Makoto, Terakura Seitaro, Nishida Tetsuya, Adachi Yoshiya, Ushijima Yoko, Shimada Kazuyuki, Ishikawa Yuichi, Hayakawa Fumihiko, Nishio Nobuhiro, Nishiwaki Satoshi, Hirakawa Akihiro, Kato Katsuyoshi, Takahashi Yoshiyuki, Kiyoi Hitoshi

    MEDICINE   97 巻 ( 17 ) 頁: e0449   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000010449

    Web of Science

    PubMed

  19. Mutation analysis of therapy-related myeloid neoplasms 査読有り

    Nishiyama Takahiro, Ishikawa Yuichi, Kawashima Naomi, Akashi Akimi, Adachi Yoshiya, Hattori Hikaru, Ushijima Yoko, Kiyoi Hitoshi

    CANCER GENETICS   222 巻   頁: 38 - 45   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cancergen.2018.02.006

    Web of Science

    PubMed

  20. Genome-wide CRISPR-Cas9 Screen Identifies Leukemia-Specific Dependence on a Pre-mRNA Metabolic Pathway Regulated by DCPS.

    Yamauchi T, Masuda T, Canver MC, Seiler M, Semba Y, Shboul M, Al-Raqad M, Maeda M, Schoonenberg VAC, Cole MA, Macias-Trevino C, Ishikawa Y, Yao Q, Nakano M, Arai F, Orkin SH, Reversade B, Buonamici S, Pinello L, Akashi K, Bauer DE, Maeda T

    Cancer cell   33 巻 ( 3 ) 頁: 386-400.e5   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ccell.2018.01.012

    PubMed

  21. Prognostic analysis according to the 2017 ELN risk stratification by genetics in adult acute myeloid leukemia patients treated in the Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG) AML201 study 査読有り

    Harada Yasuhiko, Nagata Yasunobu, Kihara Rika, Ishikawa Yuichi, Asou Norio, Ohtake Shigeki, Miyawaki Shuichi, Sakura Toru, Ozawa Yukiyasu, Usui Noriko, Kanamori Heiwa, Ito Yoshikazu, Imai Kiyotoshi, Suehiro Youko, Kobayashi Shinichi, Kitamura Kunio, Sakaida Emiko, Onizuka Makoto, Takeshita Akihiro, Ishida Fumihiro, Suzushima Hitoshi, Ishizawa Kenichi, Naoe Tomoki, Matsumura Itaru, Miyazaki Yasushi, Ogawa Seishi, Kiyoi Hitoshi

    LEUKEMIA RESEARCH   66 巻   頁: 20-27   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.leukres.2018.01.008

    Web of Science

    PubMed

  22. A novel irreversible FLT3 inhibitor, FF-10101, shows excellent efficacy against AML cells with FLT3 mutations

    Yamaura Takeshi, Nakatani Toshiyuki, Uda Ken, Ogura Hayato, Shin Wigyon, Kurokawa Naoya, Saito Koichi, Fujikawa Norie, Date Tomomi, Takasaki Masaru, Terada Daisuke, Hirai Atsushi, Akashi Akimi, Chen Fangli, Adachi Yoshiya, Ishikawa Yuichi, Hayakawa Fumihiko, Hagiwara Shinji, Naoe Tomoki, Kiyoi Hitoshi

    BLOOD   131 巻 ( 4 ) 頁: 426 - 438   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2017-05-786657

    Web of Science

    PubMed

  23. Intrabone single unit cord blood transplantation for hematological malignancies

    Murata Makoto, Maeda Yoshinobu, Masuko Masayoshi, Fukuhara Noriko, Nishida Tetsuya, Terakura Seitaro, Ishikawa Yuichi, Tanimoto Mitsune, Shibasaki Yasuhiko, Suzuki Ritsuro, Kodera Yoshihisa, Kiyoi Hitoshi, Naoe Tomoki

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 757-757   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  24. CBF-AMLの分子病態と治療 招待有り 査読有り

    石川裕一

    臨床血液   59 巻 ( 10 ) 頁: 1997-2006   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.11406/rinketsu.59.1997

    PubMed

  25. [MonoMAC syndrome patient developing myelodysplastic syndrome following persistent EBV infection].

    Yamamoto H, Hattori H, Takagi E, Morishita T, Ishikawa Y, Terakura S, Nishida T, Ito Y, Murata M, Kiyoi H

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   59 巻 ( 3 ) 頁: 315-322   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.59.315

    PubMed

  26. Identification of volasertib-resistant mechanism and evaluation of combination effects with volasertib and other agents on acute myeloid leukemia

    Adachi Yoshiya, Ishikawa Yuichi, Kiyoi Hitoshi

    ONCOTARGET   8 巻 ( 45 ) 頁: 78452 - 78465   2017年10月

  27. Abscopal Effect of Local Irradiation Treatment for Diffuse Large B-cell Lymphoma

    Hidaka Yuri, Takeichi Takuya, Ishikawa Yuichi, Kawamura Mariko, Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   97 巻 ( 9 ) 頁: 1140-1141   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-2729

    Web of Science

    PubMed

  28. Core-binding factor白血病における遺伝子異常 招待有り 査読有り

    石川裕一

    臨床血液   58 巻 ( 8 ) 頁: 991-998   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Phase II study of intrabone single unit cord blood transplantation for hematological malignancies

    Murata Makoto, Maeda Yoshinobu, Masuko Masayoshi, Onishi Yasushi, Endo Tomoyuki, Terakura Seitaro, Ishikawa Yuichi, Iriyama Chisako, Ushijima Yoko, Goto Tatsunori, Fujii Nobuharu, Tanimoto Mitsune, Kobayashi Hironori, Shibasaki Yasuhiko, Fukuhara Noriko, Inamoto Yoshihiro, Suzuki Ritsuro, Kodera Yoshihisa, Matsushita Tadashi, Kiyoi Hitoshi, Naoe Tomoki, Nishida Tetsuya

    CANCER SCIENCE   108 巻 ( 8 ) 頁: 1634 - 1639   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13291

    Web of Science

    PubMed

  30. Identification of volasertib-resistant mechanism and evaluation of combination effects with volasertib and other agents on acute myeloid leukemia 査読有り

      8 巻 ( 45 ) 頁: 78452-78465   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Malignant lymphoma with cardiac involvement.

    Terakura S, Onji M, Iriyama C, Goto T, Ushijima Y, Shimada K, Ishikawa Y, Nishida T, Hayakawa F, Murata M, Kiyoi H

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58 巻 ( 3 ) 頁: 239-242   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.239

    PubMed

  32. Co-expression of wild-type FLT3 attenuates the inhibitory effect of FLT3 inhibitor on FLT3 mutated leukemia cells 査読有り

    Fangli Chen, Yuichi Ishikawa, Akimi Akashi, Tomoki Naoe and Hitoshi Kiyoi

      7 巻 ( 30 ) 頁: 47018-32   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Role of the clathrin adaptor PICALM in normal hematopoiesis and polycythemia vera pathophysiology 査読有り

    Ishikawa Y, Maeda M, Pasham M, Aguet F, Tacheva-Grigorova SK, Masuda T, Yi H, Lee SU, Xu J, Teruya-Feldstein J, Ericsson M, Mullally A, Heuser J, Kirchhausen T, Maeda T

    Haematologica   100 巻 ( 4 ) 頁: 439-51   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Snx3 Regulates Recycling of the Transferrin Receptor and Iron Assimilation 査読有り

    Chen C, Garcia-Santos D, Ishikawa Y, Seguin A, Li L, Fegan KH, Hildick-Smith GJ, Shah DI, Cooney JD, Chen W, King MJ, Yien YY, Schultz IJ, Anderson H, Dalton AJ, Freedman ML, Kingsley PD, Palis J, Hattangadi SM, Lodish HF, Ward DM, Kaplan J, Maeda T, Ponka P, Paw BH

    Cell Metab.   17 巻 ( 3 ) 頁: 343-52   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. LRF-mediated Dll4 repression in erythroblasts is necessary for hematopoietic stem cell maintenance 査読有り

    Lee SU, Maeda M, Ishikawa Y, Li SM, Wilson A, Jubb AM, Sakurai N, Weng L, Fiorini E, Radtke F, Yan M, Macdonald HR, Chen CC, Maeda T

    Blood.   121 巻 ( 6 ) 頁: 918-929   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. GATA2 zinc finger 2 mutation found in acute myeloid leukemia impairs myeloid differentiation. 査読有り

    Niimi K, Kiyoi H, Ishikawa Y, Hayakawa F, Kurahashi S, Kihara R, Tomita A, Naoe T

    Leukemia research reports   2 巻 ( 1 ) 頁: 21-5   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lrr.2013.02.002

    PubMed

  37. The LRF transcription factor regulates mature B cell development and the germinal center response in mice 査読有り

    Sakurai N, Maeda M, Lee SU, Ishikawa Y, Li M, Williams JC, Wang L, Su L, Suzuki M, Saito TI, Chiba S, Casola S, Yagita H, Teruya-Feldstein J, Tsuzuki S, Bhatia R, Maeda T

    J Clin Invest.   121 巻 ( 7 ) 頁: 2583-98   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Prevalence and clinical characteristics of N-terminally truncated WT1 expression in acute myeloid leukemia 査読有り

    Ishikawa Y, Kiyoi H, Naoe T

    Leuk Res.   35 巻 ( 5 ) 頁: 685-8   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. A novel insertion mutation of K294RGG within BCR-ABL kinase domain confers imatinib resistance: sequential analysis of the clonal evolution in a patient with chronic myeloid leukemia in blast crisis 査読有り

    Sakai K, Ishikawa Y, Mori Y, Kobayashi M, Iriyama C, Ozawa Y, Suzuki T, Minami Y, Ishikawa K, Kaneda N, Naoe T, Kiyoi H

    Int J Hematol.   93 巻 ( 2 ) 頁: 237-42   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Selective KIT inhibitor KI-328 and HSP90 inhibitor show different potency against the type of KIT mutations recurrently identified in acute myeloid leukemia. 査読有り

    Tsujimura A, Kiyoi H, Shiotsu Y, Ishikawa Y, Mori Y, Ishida H, Toki T, Ito E, Naoe T

    International journal of hematology   92 巻 ( 4 ) 頁: 624-33   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-010-0692-8

    PubMed

  41. Trough plasma concentration of imatinib reflects BCR-ABL kinase inhibitory activity and clinical response in chronic-phase chronic myeloid leukemia: a report from the BINGO study 査読有り

    Ishikawa Y, Kiyoi H, Watanabe K, Miyamura K, Nakano Y, Kitamura K, Kohno A, Sugiura I, Yokozawa T, Hanamura A, Yamamoto K, Iida H, Emi N, Suzuki R, Ohnishi K, Naoe T

    Cancer Sci.   101 巻 ( 10 ) 頁: 2186-92   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Array-based genomic resequencing of human leukemia. 査読有り

    Yamashita Y, Yuan J, Suetake I, Suzuki H, Ishikawa Y, Choi YL, Ueno T, Soda M, Hamada T, Haruta H, Takada S, Miyazaki Y, Kiyoi H, Ito E, Naoe T, Tomonaga M, Toyota M, Tajima S, Iwama A, Mano H

    Oncogene   29 巻 ( 25 ) 頁: 3723-31   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2010.117

    PubMed

  43. KW-2449, a novel multikinase inhibitor, suppresses the growth of leukemia cells with FLT3 mutations or T315I-mutated BCR/ABL translocation 査読有り

    Shiotsu Y, Kiyoi H, Ishikawa Y, Tanizaki R, Shimizu M, Umehara H, Ishii K, Mori Y, Ozeki K, Minami Y, Abe A, Maeda H, Akiyama T, Kanda Y, Sato Y, Akinaga S, Naoe T

    Blood.   114 巻 ( 8 ) 頁: 1607-17   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Comprehensive analysis of cooperative gene mutations between class I and class II in de novo acute myeloid leukemia 査読有り

    Ishikawa Y, Kiyoi H, Tsujimura A, Miyawaki S, Miyazaki Y, Kuriyama K, Tomonaga M, Naoe T

    Eur J Haematol.   83 巻 ( 2 ) 頁: 90-98   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Abnormal cytoplasmic dyslocalisation and/or reduction of nucleophosmin protein level rarely occurs in myelodysplastic syndromes 査読有り

    Ishikawa Y, Xu J, Sakashita G, Urano T, Suzuki T, Tomita A, Kiyoi H, Nakamura S, Naoe T

    Leuk Lymphoma. 49   49 巻 ( 12 ) 頁: 2359-64   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. WHO分類に基づく急性骨髄性白血病における網羅的遺伝子変異の解析 招待有り 査読有り

    石川裕一

    臨床血液   50 巻 ( 8 ) 頁: 597-603   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Prognostic implication and biological roles of RhoH in acute myeloid leukaemia. 査読有り

    Iwasaki T, Katsumi A, Kiyoi H, Tanizaki R, Ishikawa Y, Ozeki K, Kobayashi M, Abe A, Matsushita T, Watanabe T, Amano M, Kojima T, Kaibuchi K, Naoe T

    European journal of haematology   81 巻 ( 6 ) 頁: 454-60   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0609.2008.01132.x

    PubMed

  48. Mutational analysis of SOS1 gene in acute myeloid leukemia. 査読有り

    Tanizaki R, Katsumi A, Kiyoi H, Kunishima S, Iwasaki T, Ishikawa Y, Kobayashi M, Abe A, Matsushita T, Watanabe T, Kojima T, Kaibuchi K, Kojima S, Naoe T

    International journal of hematology   88 巻 ( 4 ) 頁: 460-2   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-008-0185-1

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 20

  1. 血液内科「再発・難治性AMLに対する治療戦略」

    石川 裕一

    科学評論社  2021年8月 

  2. 血液内科「CBF関連転座を有する急性骨髄性白血病の予後と治療」

    石川 裕一

    科学評論社  2020年4月 

  3. EBM 血液疾患の治療 2021-2022

    石川裕一、清井仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 骨髄系腫瘍に対するクリニカルシーケンス)

    中外医学社  2020年 

  4. 白血病治療マニュアル改訂第4版

    石川裕一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: fit初発例の治療プロトコール)

    南江堂  2020年 

  5. 日本臨床 造血器腫瘍学

    石川裕一、清井仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 分子標的療法(TKI, エピジェネティック修飾, PI, IMIDs含む))

    日本臨床社  2020年 

  6. 急性白血病診療テキスト

    石川裕一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 急性骨髄性白血病 染色体・遺伝子異常)

    中外医学社  2020年 

  7. 内科「白血病の治療 急性骨髄性白血病」

    石川 裕一

    南江堂  2019年10月 

  8. 臨床検査「急性リンパ芽球性白血病(前駆リンパ球性腫瘍)の遺伝子異常」

    石川 裕一

    医学書院  2019年7月 

  9. 血液疾患 最新の治療 2020-2022

    石川裕一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 急性骨髄性白血病)

    南江堂  2019年 

  10. WHO血液腫瘍分類 WHO分類2017をうまく活用するために 「NPM1遺伝子変異を伴う急性骨髄性白血病」 「両アレルのCEBPA遺伝子変異を伴う急性骨髄性白血病」

    石川裕一( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 血液内科「成人急性骨髄性白血病における遺伝子変異による微小残存病変の検出とその意義」

    石川裕一, 清井仁( 担当: 共著)

    科学評論社  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. メディカル・サイエンス・ダイジェスト 「急性骨髄性白血病の病態解明と分子標的治療」

    石川 裕一( 担当: 単著)

    ニューサイエンス社  2017年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  13. 日本臨床 白血病学(上)「遺伝子突然変異による骨髄性腫瘍の発症機序:概論」

    石川 裕一、清井 仁( 担当: 共著)

    日本臨牀社  2016年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  14. 造血器腫瘍アトラス 改訂第5版 「急性白血病の遺伝子異常」

    石川 裕一, 清井 仁( 担当: 共著)

    日本医事新報社  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  15. Annual Review 血液 2016 「異常転写因子(CBFβ-SMMHC)を標的とした急性骨髄性白血病に対する新規治療薬の開発」

    石川裕一、清井仁( 担当: 共著)

    中外医学社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  16. 腫瘍内科 「AMLの予後解析 -Simpson's paradox-」

    石川裕一、清井仁( 担当: 共著)

    科学評論社  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  17. 血液疾患 診断・治療指針 「急性骨髄性白血病 (non-APL)」

    石川 裕一, 清井 仁( 担当: 共著)

    中山書店  2015年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:9   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  18. 血液内科 「AML/MDSに対する新規低分子化合物の現状と展望」

    石川裕一、清井仁( 担当: 共著)

    科学評論社  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. Annual Review 血液 2015 「急性骨髄性白血病のゲノム解析」

    石川裕一、清井仁( 担当: 単著)

    中外医学社  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 血液フロンティア 「急性白血病のクローン性」

    石川裕一、清井仁( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 12

  1. AML治療におけるFLT3阻害剤の現状と課題 招待有り

    石川 裕一

    第59回 日本癌治療学会学術集会  2021年10月21日  日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  2. 急性骨髄性白血病におけるMRDの意義 招待有り

    石川裕一

    第82回日本血液学会学術集会  2020年10月  日本血液学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. FF-10101 Retains Potent Inhibitory Activities Against Resistant Mutations to FLT3 Inhibitors, Newly Identified in Random Mutagenesis Screens 国際会議

    Y Ishikawa, K Saito, N Kawashima, M Morimoto, H Murao, D Terada, T Yamaura, S Hagiwara, H Kiyoi

    61th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Orland  

  4. CBF-AMLの分子病態と治療 招待有り

    石川裕一

    第80回日本血液学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  5. Interim analysis of the New TARGET Observational Study 1, a prospective observational study for newly diagnosed CML in Japan

    Yuichi Ishikawa, Hitoshi Kiyoi, Ritsuro Suzuki, Tatsuya Kawaguchi, Naoto Takahashi, Kazuhito Yamamoto, Kazunori Ohnishi, Masahiro Kizaki, Tomoki Naoe, Itaru Matsumura

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Recent progress and problems in FLT3 inhibitor development 招待有り

    Y Ishikawa

    The Japan Adult Leukemia Study Group 30th Anniversary International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  7. Cooperative mutations in core-binding factor-AML 招待有り 国際会議

    Y Ishikawa

    The 19th Korean Society of Hematology AML/MDS Working Party Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  8. Cooperative mutations in AML with recurrent genetic abnormalities 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  9. Cellular mechanisms for transferrin receptor endocytosis vital for terminal erythroid differentiation 国際会議

    Y Ishikawa, S. K. Tacheva-Grigorova, M Maeda, F Aguet, S Lee, M Ericsson, A Mullally, T Kirchhausen and T Maeda

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Cellular mechanisms for transferrin receptor endocytosis vital for terminal erythroid differentiation 国際会議

    Y Ishikawa, S. K. Tacheva-Grigorova, M Maeda, F Aguet, S Lee, M Ericsson, T Kirchhausen and T Maeda

    55th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  11. Clathrin Assembly Protein CALM is Necessary for Leukemia cell Proliferation and Erythroid Development via Regulating Transferrin Receptor Endocytosis 国際会議

    Y Ishikawa, M Maeda, M Li, S Lee, J Feldstein, H Kiyoi, T Naoe, M Weiss, J Heuser and T Maeda

    53th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  12. Clathrin assembly protein CALM plays a key role in erythroid differentiation via regulating transferrin receptor endocytosis 国際会議

    Y Ishikawa, M Maeda, M Li, S Lee, JE Heuser and T Maeda

    52th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 本邦における初発急性前骨髄球性白血病に対するATRA・ATO併 用分化誘導療法の確立

    2021年10月 - 2024年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. PDX 治療モデルを併用した治療抵抗性急性骨髄性白血病クローンの成立過程に生じる分子病態に基づく層別化システムの確立と標的治療薬開発に関する研究

    2020年4月 - 2023年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業 

  3. シングルセルバーコードラベル化PDX モデルによる難治性造血器腫瘍クローンの選択・進展過程に関与する分子病態の解明に関する研究

    2020年4月 - 2023年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構研究費 次世代がん医療創生研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 骨髄系腫瘍における難治性クローンへの進展・選択過程に生じる分子病態の解明

    2019年8月 - 2021年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構研究費 次世代がん医療創生研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 急性骨髄性白血病におけるPDXモデルで意義づけられた分子層別化システムの確立と臨床的実効性と有用性の検証

    2017年4月 - 2020年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業  

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 急性骨髄性白血病(AML)の発症・進展に関与するエンドサイトーシス機能異常と、それを標的とする治療法の開発

    2014年10月 - 2016年3月

    グラクソ・スミスクライン研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 2

  1. 急性骨髄性白血病における変異型セリンプロテアーゼの高発現とその生物学的意義の解明

    研究課題/研究課題番号:19K08810  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    石川 裕一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. クラスリン依存性エンドサイトーシス関連分子CALMを標的とした白血病治療の可能性

    研究課題/研究課題番号:16K09845  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    石川 裕一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 血液病「骨髄増殖性腫瘍」

    2021