2021/11/25 更新

写真a

ヤマグチ ヒロシ
山口 博司
YAMAGUCHI Hiroshi
所属
アイソトープ総合センター 分館 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
准教授

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2006年3月   鳥取大学 ) 

  2. 学術修士(化学) ( 1998年3月   名古屋大学 ) 

  3. 学士(工学) ( 1996年3月   鳥取大学 ) 

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科総合保健学専攻   助教

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   脳とこころの研究センター   特任講師

    2015年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 地方独立行政法人 秋田県立病院機構 秋田県立脳血管研究センター・研究員

    2010年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

委員歴 3

  1. 日本化学会 化学と教育誌編集委員会 支部企画小委員会   委員  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本核医学会PET核医学分科会 PETサマーセミナー2020 in 下呂   実行委員  

    2019年7月 - 2021年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本学術振興会産学協力研究委員会 フッ素化学第155委員会   委員  

    2018年7月 - 2020年3月   

 

論文 34

  1. Amino Acid Derivative Design Using Computational Chemistry and Application to PET Tracer 査読有り

    Hiroshi Yamaguchi, Keiichi Yamashiro, Maki Okada, Yukiko Karuo, Masaaki Omote, Katsuhiko Kato

    Peptide Science     頁: 31-34   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  2. 日本フッ素化学会誌「フッ素と医療:未来に伝える」 査読有り

    山口博司

    フッ素   13 巻 ( 1 ) 頁: 9-16   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Tau Accumulation and Network Breakdown in Alzheimer's Disease.

    Watanabe H, Bagarinao E, Yokoi T, Yamaguchi H, Ishigaki S, Mausuda M, Katsuno M, Sobue G

    Advances in experimental medicine and biology   1184 巻   頁: 231-240   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-32-9358-8_19

    Scopus

    PubMed

  4. Involvement of the Precuneus/Posterior Cingulate Cortex Is Significant for the Development of Alzheimer's Disease: A PET (THK5351, PiB) and Resting fMRI Study

    Yokoi Takamasa, Watanabe Hirohisa, Yamaguchi Hiroshi, Bagarinao Epifanio, Masuda Michihito, Imai Kazunori, Ogura Aya, Ohdake Reiko, Kawabata Kazuya, Hara Kazuhiro, Riku Yuichi, Ishigaki Shinsuke, Katsuno Masahisa, Miyao Shinichi, Kato Katsuhiko, Naganawa Shinji, Harada Ryuichi, Okamura Nobuyuki, Yenai Kazuhiko, Yoshida Mari, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   10 巻   頁: 304   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnagi.2018.00304

    Web of Science

    PubMed

  5. ERαへの結合を除外したグルタミン酸トランスポーターイメージング剤の研究

    山口 博司, 鷲見 拓哉, Kang Jiyoung, 岡田 真希, 山城 敬一, 舘野 賢

    核医学   55 巻 ( Suppl. ) 頁: S161   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. PET薬剤合成装置用ディスポーザブル式カセット洗浄プログラムの作成と洗浄カセットを用いた合成検討

    山城 敬一, 山口 博司, 横井 孝政, 加藤 克彦, 渡辺 宏久, 祖父江 元

    核医学   55 巻 ( Suppl. ) 頁: S231   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Development of imaging agent for glutamic acid transporter by off-target exclusion using computational chemical method

    Yamaguchi H., Sumi T., Kang J., Okada M., Yamashiro K., Tateno M.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   45 巻   頁: S647   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. The retention pattern of THK5351 pet imaging and functional network disruption associated with development of Alzheimer's disease

    Yokoi T., Watanabe H., Yamaguchi H., Bagarinao E., Masuda M., Imai K., Ogura A., Ohdake R., Kawabata K., Hara K., Riku Y., Ishigaki S., Katsuno M., Kato K., Naganawa S., Okamura N., Miyao S., Yanai K., Sobue G.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 960-961   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.2705

    Web of Science

  9. The spatial accumulation patterns in normal elderly using 18F-THK5351 pet

    Yokoi T., Watanabe H., Aya O., Kawabata K., Imai K., Hara K., Masuda M., Ohdake R., Yamaguchi H., Miyao S. I., Katsuno M., Okamura N., Yanai K., Sobue G.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 960   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.2704

    Web of Science

  10. 脈絡膜悪性黒色腫の診断におけるIMP SPECT、FDG PET/CT、FDOPA PET/CTの比較

    加藤 克彦, 小田川 哲郎, 阿部 真治, 山口 博司, 伊藤 倫太郎, 伊藤 信嗣, 岩野 信吾, 長縄 慎二

    核医学   54 巻 ( Suppl. ) 頁: S194   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Development of Imaging Agents for Glutamine Transporter: In silico Binding Assay and Synthesis of Derivatives Derived from Tamoxifen and Tetrahydrobenzopyran

    Yamaguchi Hiroshi, Sumi Takuya, Kang Jiyoung, Yamashiro Keiichi, Okada Maki, Tateno Masaru, Kato Katsuhiko, Zhang Ming-Rong, Watanabe Hirohisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS   60 巻   頁: S535-S535   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Studies on the Effect of Scattered Radiation Out of Field of View on Tau Imaging

    Honda M., Yamaguchi H., Sakuragi Y., Abe S., Fujita N., Koshiba Y., Kato K.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   43 巻   頁: S643   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. 臨床PET診断薬の合成立ち上げ・施設への新規導入について:[18F] FMISOを例に 査読有り

    山口博司

    日本フッ素化学会会誌   9 巻 ( 1 ) 頁: 20-24   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Studies on the Effect of Scattered Radiation Out of Field of View on Tau Imaging

    Honda Masayuki, Yamaguchi Hiroshi, Sakuragi Yasuhiro, Abe Shinji, Fujita Naotoshi, Koshiba Yumiko, Kato Katsuhiko

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   57 巻   頁: 2646   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. PET診断薬の開発:ベンペリドールの[18F]フッ素標識を中心として 査読有り

    山口博司

    日本フッ素化学会会誌   8 巻 ( 1 ) 頁: 15-23   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. A useful EGFR-TK ligand for tumor diagnosis with SPECT : development of radioiodinated 6-(3-morpholinopropoxy)-7-ethoxy-4-(3'-iodophenoxy)quinazoline

    HIRATA Masahiko, KANAI Yasukazu, NAKA Sadahiro, YOSHIMOTO Mitsuyoshi, KAGAWA Shinya, MATSUMURO Keiji, KATSUMA Hideyuki, YAMAGUCHI Hiroshi, MAGATA Yasuhiro, OHMOMO Yoshiro

    Annals of nuclear medicine   27 巻 ( 5 ) 頁: 431-443   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  17. Impact of subject head motion on quantitative brain ^<15>O PET and its correction by image-based registration algorithm

    MATSUBARA Keisuke, IBARAKI Masanobu, NAKAMURA Kazuhiro, YAMAGUCHI Hiroshi, UMETSU Atsushi, KINOSHITA Fumiko, KINOSHITA Toshibumi

    Annals of nuclear medicine   27 巻 ( 4 ) 頁: 335-345   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  18. Study on derivatives of benperidol as imaging agents for dopamine D3 receptor

    Yamaguchi Hiroshi, Kuroda Yasuhiro, Yamada Takashi, Ikenuma Hiroshi, Abe Junichiro, Murata Shizuaki, Ito Kengo, Takahashi Kazuhiro

    JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS   56 巻   頁: S282   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  19. Correction for radiolabeled O-methyl metabolite in human brain during L-[beta-C-11]DOPA PET

    Keisuke Matsubara, Hiroshi Ito, Yoko Ikoma, Maki Okada, Masanobu Ibaraki, Kazuhiro Nakamura, Hiroshi Yamaguchi, Tetsuya Suhara, Toshibumi Kinoshita

    JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM   32 巻   頁: S129-S130   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Development of Peptide PET Tracer Using ^<68>Ge/Ga Generator for Diagnosis of Alzheimer's Disease

    YAMAGUCHI Hiroshi, KURODA Yasuhiro, IBARAKI Masanobu, NAKAMURA Kazuhiro, SATOU Kaoru, OHMURA Tomomi, MURATA Shizuaki, HATANO Kentaro, ITO Kengo, KINOSHITA Toshibumi

    Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium   2011 巻   頁: 285-286   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  21. Semi-quantitative Method for Estimation of Rat CMRglucse Using F18-FDG and Small Animal in vivo Imaging System

    Magata Y., Ogawa M., Yamaguchi H., Ouchi Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   37 巻   頁: S388   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Development of attenuation correction for a combined PET/SPECT/CT scanner

    Matsumoto K., Magata Y., Wada Y., Yamaguchi H., Murase K., Mukai T., Watanabe Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   36 巻   頁: S490   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. SPECT/CTによるラット嗅神経の画像評価

    志賀 英明, 鷲山 幸信, 小川 数馬, 山口 博司, 間賀田 泰寛, 天野 良平, 古川 仭, 三輪 高喜

    日本鼻科学会会誌   48 巻 ( 2 ) 頁: 138-141   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  24. Prediction of therapeutic effect of tumor photo dynamic therapy

    Magata Yasuhiro, Biao Le, Yamaguchi Hiroshi, Fuchigami Takeshi, Sakahara Harumi

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   50 巻   頁: .   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. 臨床応用可能な嗅神経アイソトープイメージングの開発

    志賀 英明, 鷲山 幸信, 広田 京子, 土田 明日香, 小川 数馬, 山口 博司, 間賀田 泰寛, 天野 良平, 三輪 高喜, 古川 仭

    日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research   15 巻 ( 3 ) 頁: 281-284   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  26. Olfactory Nerve Scintigram with Nasal Administration of Thallium-201 in vivo

    Shiga Hideaki, Washiyama Kohshin, Hirota Kyoko, Ogawa Kazuma, Yamaguchi Hiroshi, Magata Yasuhiro, Amano Ryohei, Miwa Takaki, Furukawa Mitsuru

    CHEMICAL SENSES   33 巻 ( 8 ) 頁: S98-S98   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  27. ブロッコリーの機能性成分と生理活性 (特集 野菜・果実の健康・機能作用)

    山口 博司

      6 巻 ( 6 ) 頁: 59-64   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  28. 月見草エキスの血糖値上昇抑制作用 (特集 循環器疾患の予防)

    藍谷 教夫, 山口 博司

      5 巻 ( 11 ) 頁: 75-80   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  29. 月見草種子ポリフェノールの機能と応用 (特集 ハーブの機能と応用)

    藍谷 教夫, 山口 博司

    フレグランスジャーナル   29 巻 ( 5 ) 頁: 98-103   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  30. Photooxygenative partial ring cleavage of bis(fulleroid): synthesis of a novel fullerene derivative with a 12-membered ring

    Inoue H, Yamaguchi H, Iwamatsu S, Uozaki T, Suzuki T, Akasaka T, Nagase S, Murata S

    TETRAHEDRON LETTERS   42 巻 ( 5 ) 頁: 895-897   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. 新素材レポート 月見草エキスの機能性

    藍谷 教夫, 山口 博司, 有村 勉

    食品と開発   35 巻 ( 12 ) 頁: 43-45   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  32. A novel and practical synthesis of alkoxycarbonyl-substituted bis(fulleroid)

    Inoue H, Yamaguchi H, Suzuki T, Akasaka T, Murata S

    SYNLETT   ( 8 ) 頁: 1178-1180   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  33. Preparation and structure of a novel methano[60]fullerene containing a stable P-ylide

    Yamaguchi H, Murata S, Akasaka T, Suzuki T

    TETRAHEDRON LETTERS   38 巻 ( 20 ) 頁: 3529-3530   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  34. Functionalization at the extraannular positions of calix[4]resorcinarene using a Mannich-type thiomethylation.

    Konishi H, Yamaguchi H, Miyashiro M, Kobayashi K, Morikawa O

    TETRAHEDRON LETTERS   37 巻 ( 47 ) 頁: 8547 - 8548   1996年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. フッ素系材料とケイ素系材料の技術と市場

    山口央基、佐藤和之、山口博司、伊藤隆彦、西栄一、谷本健次郎、山廣幹夫、岩瀬賢明、竹澤好昭、北沢啓太( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 医療に用いられるフッ素)

    シーエムシー出版  2021年10月  ( ISBN:9784781316277

     詳細を見る

    総ページ数:200   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 有機フッ素化合物の最新動向

    今野勉、柴富一孝、網井秀樹、國信洋一郎、新名清輝、柴田哲男、住井裕司、藤田健志、渕辺耕平、市川淳士、山崎孝、丹羽節、矢島知子、井上宗宣、山口博司、水上進、平井憲次、小林修、森達哉、氏原一哉、庄野美徳、南部典稔、山田重之、久保田俊夫、折田明浩、船曳一正、大槻記靖、伊藤隆彦、井本克彦、入江正樹、長谷川直樹、宮崎久遠、西栄一( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 医農薬分野への応用:PET用診断薬の合成ならびにその応用)

    シーエムシー出版  2018年7月  ( ISBN:978-4-7813-1337-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Simulated Annealing Introduction, Applications and Theory: Chapter2 Use of simulated annealing for biophysical analyses of biological macromolecular systems

    Kang Jiyoung,Takuya Sumi, Hiroshi Yamaguchi, Masaru Tateno( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2018年  ( ISBN:978-1-53613-674-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 6

  1. PETイメージング剤開発研究 ~グルタミン酸トランスポーターイメージング剤開発を例として~

    山口博司  

    TRACER70 巻   頁: 6 - 11   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  2. ISRS2017国際シンポジウム参加報告 査読有り

    山口博司  

    日本フッ素化学会会誌10 巻 ( 1 ) 頁: 12-19   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  3. アルツハイマー型認知症と健常加齢のタウPETトレーサー[18F]THK5351所見

    横井 孝政, 渡辺 宏久, 今井 和憲, 川畑 和也, 桝田 道人, 原 一洋, 大嶽 れい子, 山口 博司, 伊藤 瑞規, 勝野 雅央, 加藤 克彦, 宮尾 眞一, 岡村 信行, 谷内 一彦, 祖父江 元  

    臨床神経学56 巻 ( Suppl. ) 頁: S279 - S279   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    J-GLOBAL

  4. タウ蛋白質の蓄積パターンと神経回路破綻

    祖父江 元, 渡辺 宏久, 横井 孝政, 今井 和憲, 桝田 道人, 山口 博司, 勝野 雅央, 宮尾 眞一, 谷内 一彦, 岡村 信行  

    Dementia Japan30 巻 ( 4 ) 頁: 571 - 571   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    J-GLOBAL

  5. グルタミン酸代謝系PETイメージング剤の分子設計と合成検討

    山口博司, 鷲見拓哉, KANG Jiyoung, 山城敬一, 舘野賢, 加藤克彦, 渡辺宏久, 祖父江元  

    フッ素化学討論会講演要旨集39th 巻   頁: 76‐77   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  6. 11C‐PBB3を用いたタウイメージングの当院への導入

    山口博司, 山城敬一, 渡辺宏久, 原一洋, 横井孝政, 加藤克彦, 長縄慎二, 須原哲也, 樋口真人, 佐原成彦, 祖父江元  

    神経治療学32 巻 ( 5 ) 頁: 799   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 6

  1. 111Inにおけるファントムへの吸着の評価 〜濃度及びpHが及ぼす影響についての検討〜

    稲垣拓実, 山口博司, 藤田尚利, 池田陽菜, 越智優佳, 西尾美穂, 淺野有紀, 阿部真治, 加藤克彦

    第41回日本核医学技術学会総会学術大会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. コイキソールへのPET核種18F導入検討

    山口博司

    財団法人日本フッ素化学会 産学連携部会 第一回  2021年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 計算化学手法を利用したグルタミン酸トランスポーター18F-PETイメージ ング剤の設計

    山口博司, 山城敬一, 岡田真希, 軽尾友紀子, 表雅章, 加藤克彦

    第60回日本核医学会学術総会  2020年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  4. 計算化学的手法を用いたコイキソールへの PET 核種18F導入位置検討

    山口博司, 山城敬一, 今井國治, 加藤克彦

    第43回フッ素化学討論会  2020年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  5. PET薬剤関連研究紹介 ~検査から治療および教育へ~

    山口 博司

    日本学術振興会フッ素化学第155委員会第119回研究会  2020年1月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Analysis of Glutamate Neurotransmitter PET Probes Using Computational Chemistry

    Hiroshi Yamaguchi, Keiichi Yamashiro, Yukiko Karuo, Masaaki Omote, Kuniharu Imai, Katsuhiko Kato

    SRSTT Radiopharmaconnect (https://www.authorea.com/inst/19328-radiopharmaconnect)  2020年8月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. コイキソールの構造生物学的解析技術による作用機序解析および放射性医薬品への応用検討

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 東洋医学研究財団 2020年度(第43回)研究・調査助成 

    山口博司

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. [18F]FMISO製剤提供時における分解抑制条件の探索

    2018年4月 - 2019年3月

    核医学技術学会東海地方会学術奨励助成 

    山口博司

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 放射能・放射線教育に資する68Ge/68Gaジェネレータキットおよび実習書の作成

    2014年4月 - 2015年3月

    第9回科学教育の普及・啓発助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. 脳神経変性疾患検出を目的としたグルタミン酸トランスポーターイメージング剤の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10357  2017年4月 - 現在

    山口 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究は、脳神経変性疾患に使用できるグルタミン酸トランスポーター(GLT)PETイメージング剤の開発を目的としている。GLTのグルタミン酸取り込み阻害作用を有するタモキシフェン(Tam)誘導体、β-ベンジルオキシアスパラギン酸(BOA)誘導体、テトラヒドロベンゾピラン(THP)誘導体などが明らかにされており、阻害剤として用いられている。
    本研究では、テトラヒドロベンゾピラン誘導体にPET核種である[11C]または[18F]を導入することができる分子設計および標識研究、ならびにグルタミン酸神経伝達に深く関与する機能異常を可視化することができるイメージング剤開発に取り組んでいる。
    近年、[11C]ABP688および[11C]ADX88178がグルタミン酸受容体造影剤として開発されており、GLTに結合する有用なPETイメージング剤として利用されている。一方、GLTへの結合するような神経疾患早期検出イメージング剤は開発されていない。GLT阻害剤として知られているTAM、BOAおよびTHPの誘導体が使用されてきたが、これらの薬物もエストロゲン受容体に結合することが明らかにされている。我々はIn Silicoバインディングアッセイなどの構造生物学や構造最適化手法を用いてドラッグデザインを進め、放射性核種による標識、血液脳関門 (BBB)の浸透、受容体やトランスポーターなどの他のタンパク質への非特異的結合の排除を検討してきた。これまで分子設計、前駆体合成および標識化に取り組んできた。
    研究分担者の一人が企業に異動して外れたことと、別の研究分担者が懐妊のため産休・育休取得したことが遅れ原因の一つとなっている。
    民間企業に異動した研究分担者が主担当だったドッキングシミュレーションについてはある程度の計算結果まで算出しており、今後は研究代表者が引き継いで実施する。当該研究分担者からは研究協力者として助言などの協力を得ることが可能である。
    懐妊により産休・育休を得ている研究分担者は休暇後に復帰予定であることから、最終段階の小動物実験の部分で再び協力を得る予定である。

  2. てんかん発症部位および重症度判別に用いるグルタミン酸PETイメージング剤の開発

    研究課題/研究課題番号:26461811  2014年4月 - 2017年3月

    山口 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究において、我々はPET核種によるタモキシフェン誘導体のイメージング剤化について検討をおこなった。タモキシフェンにはグルタミン酸トランスポーターに結合し、グルタミン酸取り込みを阻害する作用があることが報告されているが、一方でエストロゲン受容体にも結合し、ステロイド作用を有することが知られており誘導化が必要であった。
    我々はステロイド作用を有さない種々のタモキシフェン誘導体をベンゾフェノン誘導体と対称型ケトンとの還元的カップリング反応により合成すると共に[11C]および[18F]による標識検討を実施し、PETイメージング剤への適用を検討した。

  3. 脳変性疾患診断のための選択的ドパミンD3受容体PET新規イメージング剤の開発

    研究課題/研究課題番号:24791350  2012年4月 - 2014年3月

    山口 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究は、ドパミンD3受容体に選択的に結合するイメージング剤の開発である。ドパミンD2様受容体に結合する薬剤として知られているベンペリドールに、ハロゲンやアルキル基などの置換基の導入を検討した。また、合成した誘導体に対する標識条件検討をおこなった。
    本研究期間中に、20種類以上のベンペリドール誘導体を合成し、標識体について実験動物を用いた検討を実施した結果、ドパミンD3受容体イメージング剤の候補になり得る薬剤を見出すに至った。

  4. パーキンソン病線条体セロトニン神経終末のPETを用いた検討

    研究課題/研究課題番号:21591585  2009年 - 2011年

    前田 哲也

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    パーキンソン病のジスキネジアにはセロトニンニューロンが関与するとされる。黒質線条体系ドパミンニューロン消失後の線条体にはserotonergic hyperinnervationが生じることが動物実験で知られているがヒトでは不明である。本研究の目的はパーキンソン病線条体セロトニン神経終末の分布を調べることである。PETを用いて脳ブドウ糖代謝を測定し臨床的に評価、セロトニントランスポーターのリガンドを合成し測定を行なう。

  5. 多剤耐性腫瘍の検出を目的とした放射性イメージング剤の開発

    研究課題/研究課題番号:19890090  2007年 - 2008年

    若手研究(スタートアップ)

    山口 博司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3085000円 ( 直接経費:2680000円 、 間接経費:405000円 )

    多剤耐性腫瘍の検出を目的とした新規イメージング剤の開発を試みた。GST誘導型のSPECT核種イメージング剤を合成し、腫瘍を移植したヌードマウスに投与、腫瘍に集積させることに成功した。多剤耐性腫瘍に対する効果を見るためには、継続して検討をする予定である。

 

社会貢献活動 5

  1. 総合的な探究の時間「職業人講話」

    役割:講師

    愛知県立安生高等学校/NPO法人 アスクネット  愛知県立安城高等学校  2021年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  2. 職業人講話:「社会人の資質について」

    役割:講師

    NPO法人 アスクネット  2019 年度キャリア教育推進事業 「キャリア教育コーディネーター活用事業」  愛知県立安城高等学校  2020年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  3. 実社会につながる生物について ~ブロッコリーに学ぶ分子生物学から医療画像の紹介まで~

    役割:講師

    NPO法人 アスクネット  2019 年度キャリア教育推進事業 「キャリア教育コーディネーター活用事業」  愛知県立豊丘高等学校  2019年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  4. 実社会につながる物理について

    役割:講師

    ひと育ナビ・あいち  中小企業等×学校の取組レポート  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  5. 実社会につながる物理について ~放射性医薬品合成に用いるサイクロトロンに応用される物理学~

    役割:講師

    NPO法人 アスクネット  2019 年度キャリア教育推進事業 「キャリア教育コーディネーター活用事業」  愛知県立東海南高等学校  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業