2022/04/20 更新

写真a

ハシモト ミミ
橋本 美海
HASHIMOTO Mimi
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 講師
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
講師
通称等の別名
杉本 美海

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2006年5月   九州大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 環境応答

  2. サイトカイニン

  3. 重力屈性

  4. 環境応答

  5. 重力応答

  6. プラスチド

  7. 気孔

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 植物病原菌が持つ腫瘍形成に関わる酵素の分子メカニズム

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院 生命農学研究科 応用生命科学専攻 植物情報分子研究室   講師

    2020年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院 生命農学研究科 応用生命科学専攻 植物情報分子研究室   助教

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院 生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻 分子細胞機構学講座 植物環境応答研究分野   助教

    2015年3月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院 生命農学研究科 生命技術科学専攻 生物機能技術科学講座 分化情報制御研究分野   研究員

    2014年5月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院生命農学研究科 生命技術科学専攻 生物機能技術科学講座 分化情報制御研究分野   研究員

    2014年5月 - 2015年3月

  6. 九州大学   大学院 理学研究院 生物科学部門 植物生理学講座   特任助教

    2010年2月 - 2014年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 九州大学   大学院 理学研究院 生物科学部門 植物生理学講座   研究員

    2006年6月 - 2014年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 九州大学   理学部 生物科学研究科

    - 2006年5月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士

  2. 九州大学   理学研究院   生物科学部門(博士)

    2001年4月 - 2006年5月

  3. 九州大学   理学部   生物学科

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本植物生理学会

受賞 3

  1. 山村フェロー

    2008年8月   公益信託山村富美記念女性自然科学者研究助成基金  

    橋本美海

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 第24回 井上研究奨励賞受賞

    2008年2月   井上科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. poster award

    2006年10月   The Biology of Transpiration 2006 (ASPB meeting) Snowbird Mountain Resort, UT, USA  

    HASHIMOTO Mimi

 

論文 18

  1. Arabidopsis HT1 kinase controls stomatal movements in response to CO2 査読有り

    Hashimoto, M., Negi, J., Young, J., Israelsson, M., Schroeder, J.I. and Iba, K.

    Nature Cell Biol.   8 巻   頁: 391-397   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. CO2 regulator SLAC1 and its homologues are essential for anion homeostasis in plant cells 査読有り

    Negi, J., Matsuda, O., Nagasawa, T., Oba, Y., Takahashi, H., Kawai-Yamada, M., Uchimiya, H., Hashimoto, M. and Iba, K.

      452 巻   頁: 483-486   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Environmental regulation of stomatal response in the Arabidopsis Cvi-0 ecotype. 査読有り

      234 巻 ( 3 ) 頁: 555-563   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. A Dof transcription factor, SCAP1, is essential for the development of functional stomata in Arabidopsis. 査読有り

    Negi J, Moriwaki K, Konishi M, Yokoyama R, Nakano T, Kusumi K, Hashimoto-Sugimoto M, Schroeder JI, Nishitani K, Yanagisawa S, Iba K.

    Curr Biol.   18 巻 ( 23 ) 頁: 479-484   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. A Munc13-like protein in Arabidopsis mediates H+-ATPase translocation that is essential for stomatal responses. 査読有り

    Hashimoto-Sugimoto M, Higaki T, Yaeno T, Nagami A, Irie M, Fujimi M, Miyamoto M, Akita K, Negi J, Shirasu K, Hasezawa S, Iba K.

    Nat Commun.   4 巻 ( 2215 )   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/ncomms3215.

  6. Dynamics and environmental responses of PATROL1 in Arabidopsis subsidiary cells.

      55 巻 ( 4 ) 頁: 773-780   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. New approaches to the biology of stomatal guard cells. 査読有り

    Negi J, Hashimoto-Sugimoto M, Kusumi K, Iba K.

    Plant Cell Physiol.   55 巻 ( 2 ) 頁: 241-250   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Natural Variation in Stomatal Responses to Environmental Changes among Arabidopsis thaliana Ecotypes.

    Takahashi S, Monda K, Negi J, Konishi F, Ishikawa S, Hashimoto-Sugimoto M, Goto N, Iba K.

    PLoS One   23 巻 ( 10(2) ) 頁: e0117449   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. The HT1 protein kinase is essential for red light-induced stomatal opening and genetically interacts with OST1 in red light and CO2-induced stomatal movement responses. 査読有り

    Matrosova, A., Bogireddi, H., Mateo-Peñas, A., Hashimoto-Sugimoto, M., Iba, K., Schroeder J.I. and Israelsson-Nordström, M.

    New Phytologist     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.13566.

  10. CO2 Sensing and CO2 Regulation of Stomatal Conductance: Advances and Open Questions 招待有り 査読有り

    Cawas B. Engineer, Mimi Hashimoto-Sugimoto, Juntaro Negi, Maria Israelsson-Nordström, Tamar Azoulay-Shemer, Wouter-Jan Rappel, Koh Iba, and Julian I. Schroeder,

    Trends in Plant Science     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tplants.2015.08.014

  11. Enhanced Stomatal Conductance by a Spontaneous Arabidopsis Tetraploid, Me-0, Results from Increased Stomatal Size and Greater Stomatal Aperture. 査読有り

    Monda K, Araki H, Kuhara S, Ishigaki G, Akashi R, Negi J, Kojima M, Sakakibara H, Takahashi S, Hashimoto-Sugimoto M, Goto N, Iba K.

    Plant physiology   170 巻 ( 3 ) 頁: 1435-1444   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.15.01450

  12. Dominant and recessive mutations in the Raf-like kinase HT1 gene completely disrupt stomatal responses to CO2 in Arabidopsis 査読有り

    Hashimoto-Sugimoto M, Negi J, Monda K, Higaki T, Isogai Y, Nakano T, Hasezawa S, and Iba K.

    Journal of Experimental Botany     2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1093/jxb/erw134

  13. Improved stomatal opening enhances photosynthetic rate and biomass production in fluctuating light

    Kimura Haruki, Hashimoto-Sugimoto Mimi, Iba Koh, Terashima Ichiro, Yamori Wataru

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   71 巻 ( 7 ) 頁: 2339 - 2350   2020年4月

  14. Differential Effects of Phosphatidylinositol 4-Kinase (PI4K) and 3-Kinase (PI3K) Inhibitors on Stomatal Responses to Environmental Signals.

    Takahashi S, Monda K, Higaki T, Hashimoto-Sugimoto M, Negi J, Hasezawa S, Iba K

    Frontiers in plant science   8 巻   頁: 677   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2017.00677

    Web of Science

    PubMed

  15. Dynamics and Environmental Responses of PATROL1 in Arabidopsis Subsidiary Cells 査読有り

    Takumi Higaki, Mimi Hashimoto-Sugimoto, Kae Akita, Koh Iba, Seiichiro Hasezawa

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   55 巻 ( 4 ) 頁: 773 - 780   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Guard cell ABA and CO2 signaling network updates and Ca2+ sensor priming hypothesis 招待有り 査読有り 国際誌

      9 巻 ( 6 ) 頁: 654 - 663   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 植物のCO2感知機構解明に向けて 招待有り

    橋本美海, 射場厚

    ブレインテクノニュース   116 巻   頁: 16 - 19   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. ABA response in CO2 insensitive Arabidopsis mutants ht1 and ht2

    In Proceedings of the 13th International Congress of Photosynthesis     頁: 653 - 655   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 『気孔のCO2応答機構』

    橋本 美海、祢冝 淳太郎、楠見 健介、射場 厚( 担当: 共著)

    化学と生物 (日本農芸化学会)  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 植物におけるCO2応答の分子機構

    祢冝 淳太郎, 橋本 美海, 松田 修, 射場 厚( 担当: 共著)

    蛋白質核酸酵素  2009年 

     詳細を見る

    総ページ数:9   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 『植物のCO2感知機構解明に向けて』 ブレインテクノニュース

    橋本 美海、射場 厚 ( 担当: 共著)

    116: 16-19. 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 2

  1. シロイヌナズナCvi-0エコタイプにおける気孔開閉の環境応答性

    門田慧奈, 祢宜淳太郎, 飯尾淳弘, 橋本美海, 小嶋美紀子, 松田修, 榊原均, 射場厚  

    日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集28th 巻   2010年

     詳細を見る

  2. Characterization of Arabidopsis high leaf temperature mutants with altered response to CO2.

    M Hashimoto, K Iba  

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY45 巻   頁: S95 - S95   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Web of Science

講演・口頭発表等 6

  1. 'CO2 signalling mechanisms in Arabidopsis guard cells' 招待有り 国際共著

    Mimi Hashimoto

    2008年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  2. Characterization of HT1 Kinase Essential for CO2 Signalling 招待有り 国際共著 国際会議

    Mimi Hashimoto

    Julian lab seminar  2006年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:アメリカ合衆国  

  3. 'Characterization of HT1 protein kinase essential for CO2 signalling' 国際共著 国際会議

    Mimi Hashimoto, Juntaro Negi, Jared Young, Julian I. Schroeder, Koh Iba

    American Society of Plant Biologists Meeting, The Biology of Transpiration:   2006年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Snowbird, Utah   国名:アメリカ合衆国  

  4. 'Arabidopsis HT1 kinase controls stomatal pore aperture in response to atmospheric CO2' 国際共著 国際会議

    Mimi Hashimoto, Juntaro Negi, Jared Young, Julian I. Schroeder, Koh Iba

    Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005  2005年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 'ABA response in CO2 insensitive Arabidopsis mutants, ht1 and ht2'

    Mimi Hashimoto, Juntaro Negi, Koh Iba

    13th International congress of photosynthesis. Montréal 2004.   2004年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montréal   国名:カナダ  

  6. 'Isolation of Arabidopsis high leaf temperature mutants with altered response to CO2.' 国際会議

    Mimi Hashimoto, Koh Iba

    7th International congress of plant molecular biology. ISPMB 2003  2003年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:BARCELONA   国名:スペイン  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. アグロバクテリウムの植物腫瘍形成に関わる酵素の分子機構

    2018年10月 - 現在

科研費 4

  1. アグロバクテリウムのサイトカイニン合成酵素Tmrの宿主色素体への侵入機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22K05557  2022年4月 - 2025年3月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(C)一般 

    橋本美海

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  2. 重力情報の変換・出力機構を介した植物の力学的最適化戦略の統合的理解

    研究課題/研究課題番号:18H05488  2019年4月 - 2020年3月

    新学術領域研究 植物の力学的最適化戦略に基づくサステナブル構造システムの基盤創成 構造オプト 

    杉本 美海 (橋本美海)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

  3. ゼニゴケの重力応答シグナリング因子の単離・解析

    研究課題/研究課題番号:15H06271  2015年4月 - 2017年3月

    科研費 研究活動スタート支援 

    杉本美海 (橋本美海)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2100000円 ( 直接経費:1470000円 、 間接経費:630000円 )

  4. 葉面温度測定を用いたアラビドプシスにおけるCO<sub>2</sub>応答の解析

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 基礎セミナー

    2022

     詳細を見る

    大学生として必要な基礎的な教養を身に着け、議論発表を行う。また、植物研究を通じて学ぶことの面白さを知ること。

  2. 生命農学演習4

    2021

  3. 実験実習1

    2021

     詳細を見る

    細胞生物学の実験実習

  4. 生命農学演習3

    2021

  5. 動植物の科学

    2021

     詳細を見る

    植物に関する基礎知識と最新研究について紹介する。少人数制なので学生にも積極的に発言してもらい、意見交換をしながら進める。

  6. 修士論文研究1

    2021

  7. 修士論文研究2

    2021

  8. 修士論文研究3

    2021

  9. 修士論文研究4

    2021

  10. 生命農学演習1

    2021

  11. 生命農学演習2

    2021

  12. plant physiology

    2020

  13. 実験実習1

    2020

     詳細を見る

    細胞生物学の実験実習

  14. 実験実習1

    2019

     詳細を見る

    細胞生物学の実験実習

  15. 情報リテラシー

    2018

  16. 情報リテラシー

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 情報リテラシー

    2017年4月 - 2019年3月