2021/05/06 更新

写真a

コウケツ ユイ
纐纈 佑衣
KOUKETSU Yui
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地質・地球生物学 講師
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 固体地球科学  / 岩石学,鉱物学,分光学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 脆性鉱物の表面分析方法の確立

経歴 1

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2013年4月 - 2015年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   環境学研究科   地球環境科学専攻

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   環境学研究科   地球環境科学専攻

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   理学部   地球惑星科学科

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本鉱物科学会

  2. 日本地質学会   中部支部代議員

受賞 3

  1. 日本地質学会 Island Arc賞

    2017年9月   日本地質学会   A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width, Island Arc, 23, 33-50.

    纐纈佑衣, 水上知行, 森宏, 遠藤俊祐, 青矢睦月, 原英俊, 中村大輔, Simon Wallis

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Island Arc Most Downloaded Award

    2016年9月   Wiley   A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width.

    Yui Kouketsu, Tomoyuki Mizukami, Hiroshi Mori, Shunsuke Endo, Mutsuki Aoya, Hidetoshi Hara, Daisuke Nakamura, Simon Wallis

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    過去5年にIsland Arcに出版された論文のうち、前年1年間に最もダウンロード数の多かった論文に対して、Wiley社より与えられる賞

  3. 日本地質学会論文賞

    2015年9月   日本地質学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    受賞論文:"A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width", Island Arc 2015, vol. 23, pp. 33-50

 

論文 25

  1. Hidden intact coesite in deeply subducted rocks 査読有り

    Tomoki Taguchi, Yui Kouketsu, Yohei Igami, Tomoyuki Kobayashi, AkiraMiyak

    Earth and Planetary Science Letters   558 巻   頁: 116763   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.epsl.2021.116763

  2. 長野県小渋川流域における西南日本外帯の変成温度構造 査読有り

    森宏, 友岡洋介, 常磐哲也, 纐纈佑衣

    地学雑誌   in press 巻   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 中部地方渋川地域三波川帯におけるヒスイ輝石の再確認:ダナイト中の細脈構成鉱物としての産出 査読有り

    塩谷輝, 道林克禎, 纐纈佑衣, 榎並正樹

    地質学雑誌   127 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Thermal structure in subducted units from continental Moho depths in a paleo subduction zone, the Asemigawa region of the Sanbagawa metamorphic belt, SW Japan 査読有り

    Yui Kouketsu, Kazushi Sadamoto, Hayato Umeda, Hirokazu Kawahara, Takayoshi Nagaya, Tomoki Taguchi, Hiroshi Mori, Simon Wallis, Enami Masaki

    Journal of Metamorphic Geology   in press 巻   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/jmg.12584

  5. Semi-brittle deformation of antigorite serpentinite under forearc mantle wedge conditions 査読有り

    Hirauchi Ken-ichi, Katayama Ikuo, Kouketsu Yui

    JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY   140 巻   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jsg.2020.104151

    Web of Science

  6. Attenuated total reflection infrared (ATR-IR) spectroscopy of antigorite, chrysotile, and lizardite 査読有り

    Sakaguchi Ilona, Kouketsu Yui, Michibayashi Katsuyoshi, Wallis Simon R.

    JOURNAL OF MINERALOGICAL AND PETROLOGICAL SCIENCES   115 巻 ( 4 ) 頁: 303 - 312   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.190807

    Web of Science

  7. Discovery of unusual metamorphic temperatures in the Yuli belt, eastern Taiwan: New interpretation of data by Raman carbonaceous material geothermometry 査読有り

    Kouketsu Yui, Tsai Chin-Ho, Enami Masaki

    GEOLOGY   47 巻 ( 6 ) 頁: 522 - 526   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1130/G45934.1

    Web of Science

  8. Drastic effect of shearing on graphite microtexture: attention and application to Earth science 査読有り

    Kouketsu Yui, Miyake Akira, Igami Yohei, Taguchi Tomoki, Kagi Hiroyuki, Enami Masaki

    Progress in Earth and Planetary Science   6 巻   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40645-019-0271-4

    Web of Science

  9. Metamorphic record of the Asemi‐gawa eclogite unit in the Sanbagawa belt, southwest Japan: Constraints from inclusions study in garnet porphyroblasts 査読有り

    Tomoki Taguchi, Masaki Enami, Yui Kouketsu

    Journal of Metamorphic Geology   37 巻   頁: 181-201   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jmg.12456

  10. Raman geothermometry of carbonaceous material in the basal Ediacaran Doushantuo cap dolostone: The thermal history of extremely negative δ13C signatures in the aftermath of the terminal Cryogenian snowball Earth glaciation 査読有り

    Wang Zhou, Wang Jiasheng, Kouketsu Yui, Bodnar Robert J., Gill Benjamin C., Xiao Shuhai

    Precambrian Research   298 巻   頁: 174-186   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.precamres.2017.06.013

    Web of Science

  11. AWARD 2017 Island Arc Award

    Kouketsu Yui, Mizukami Tomoyuki, Mori Hiroshi, Endo Shunsuke, Aoya Mutsuki, Hara Hidetoshi, Nakamura Daisuke, Wallis Simon

    ISLAND ARC   26 巻 ( 3 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12212

    Web of Science

  12. Raman spectra of carbonaceous materials in a fault zone in the Longmenshan thrust belt, China; comparisons with those of sedimentary and metamorphic rocks 査読有り

    Kouketsu Yui, Shimizu Ichiko, Wang Yu, Yao Lu, Ma Shengli, Shimamoto Toshihiko

    Tectonophysics   699 巻   頁: 129-145   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2017.01.015

    Web of Science

  13. Protolith of the Stak eclogite in the northwestern Himalaya 査読有り

    Kouketsu Yui, Hattori Kéiko & Guillot Stéphane

    Italian Journal of Geosciences   136 巻 ( 1 ) 頁: 64-72   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3301/IJG.2015.41

  14. Prograde evolution of Sulu UHP metamorphic rock in Yangzhuang, Junan region, deduced by combined Raman and petrological studies. 査読有り

    Taguchi Tomoki., Enami Masaki & Kouketsu Yui

    Journal of Metamorphic Geology   34 巻 ( 7 ) 頁: 683-696   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jmg.12203

  15. Eocene to Oligocene retrogression and recrystallization of the Stak eclogite in northwest Himalaya 査読有り

    Kouketsu Yui, Hattori Kéiko, Guillot Stéphane, Rayner Nicole

    Lithos   240-243 巻   頁: 155–166   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2015.10.022

  16. Vitrinite reflectance and Raman spectra of carbonaceous material as indicators of frictional heating on faults: Constraints from friction experiments. 査読有り

    Furuichi Hiroyuki, Ujiie Kohtaro, Kouketsu Yui, Saito Tsubasa, Tsutsumi Akito, Wallis Simon

    Earth and Planetary Science Letters   424 巻   頁: 191-200   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2015.05.037

  17. Raman spectroscopic thermometry of carbonaceous material in chondrites: four-band fitting analysis and expansion of lower temperature limit 査読有り

    Homma Yoshitaka, Kouketsu Yui, Kagi Hiroyuki, Mikouchi Takashi, Yabuta Hikaru

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   110 巻 ( 6 ) 頁: 276-282   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.150713a

  18. The influence of organic–rich shear zones on pelagic sediment deformation and seismogenesis in a subduction zone 査読有り

    Kameda Jun, Kouketsu Yui, Shimizu Mayuko, Yamaguchi Asuka, Hamada Yohei, Hamahashi Mari, Koge Hiroaki, Fukuchi Rina, Ikeda Masayuki, Kogure Toshihiro, Kimura Gaku

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   109 巻 ( 5 ) 頁: 228-238   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.140403

  19. Composite metamorphic history recorded in garnet porphyroblasts of Sambagawa metasediments in the Besshi region, central Shikoku, Southwest Japan 査読有り

    Kouketsu Yui, Enami Masaki, Mouri Takashi, Okamura Mitsuya, Sakurai Tsuyoshi

    Island Arc   23 巻 ( 4 ) 頁: 263-280   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12075

  20. A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width 査読有り

    Kouketsu Yui, Mizukami Tomoyuki, Mori Hiroshi, Endo Shunsuke, Aoya Mutsuki, Hara Hidetoshi, Nakamura Daisuke, Wallis Simon

    Island Arc   23 巻   頁: 33-50   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12057

  21. Evaluation of residual pressure in an inclusion-host system using negative frequency shift of quartz Raman spectra 査読有り

    Kouketsu Yui, Nishiyama Tadao, Ikeda Takeshi, Enami Masaki

    American Mineralogist   99 巻 ( 2-3 ) 頁: 433-442   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2138/am.2014.4427

  22. Calculated stabilities of sodic phases in the Sambagawa metapelites and their implications 査読有り

    Kouketsu Yui, Enami Masaki

    Journal of Metamorphic Geology   29 巻 ( 3 ) 頁: 301-316   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1525-1314.2010.00919.x

  23. Extending the applicability of the Raman carbonaceous-material geothermometer using data from contact metamorphic rocks 査読有り

    Aoya Mutsuki, Kouketsu Yui, Endo Shunsuke, Shimizu Hitomi, Mizukami Tomoyuki, Nakamura Daisuke & Wallis Simon

    Journal of Metamorphic Geology   28 巻 ( 9 ) 頁: 895-914   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1525-1314.2010.00896.x

  24. Omphacite-bearing metapelite from the Besshi region, Sambagawa metamorphic belt, Japan: Prograde eclogite facies metamorphism recorded in metasediment 査読有り

    Kouketsu Yui, Enami Masaki, Mizukami Tomoyuki

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences   105 巻   頁: 9-19   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2465/jmps.090217

  25. Aragonite and omphacite-bearing metapelite from Besshi region, Sambagawa belt in central Shikoku, Japan and its implication 査読有り

    Kouketsu Yui, Enami Masaki

    Island Arc   19 巻 ( 1 ) 頁: 165-176   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.2009.00690.x

▼全件表示

講演・口頭発表等 31

  1. Thermal structure near the continental Moho of subduction zone: Natural example of the Asemigawa region of the Sanbagawa metamorphic belt, SW Japan.

    Kouketsu. Y., Sadamoto, K., Umeda, H., Kawahara, H., Nagaya, T., Taguchi, T., Mori, H., Wallis, S. R., Enami, M.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. Serpentinization history recorded in antigorite: A case study of the Shiraga serpentinites in the Sanbagawa metamorphic belt.

    Kouketsu, Y., Ando, K., Sakaguchi, I., Igami, Y., Miyake, A., Kawahara, H., Wallis, S.

    変成岩などシンポジウムオンライン  2020年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月24日 - 2020年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. 中部地方渋川地域三波川帯におけるヒスイ輝石産出の再確認

    塩谷輝, 道林克禎, 纐纈佑衣, 榎並正樹

    変成岩などシンポジウムオンライン  2020年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月24日 - 2020年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. アンチゴライトに記録された蛇紋岩化の歴史:西南日本三波川変成帯白髪山地域の例

    纐纈佑衣, 安藤宏太, 坂口イロナ, 伊神洋平, 道林克禎

    日本鉱物科学会2020年オンライン年会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月17日

    記述言語:日本語  

  5. 石英-藍晶石系を用いたラマン地質圧力計:四国三波川帯・石英エクロジャイトの例

    冨岡優貴, 纐纈佑衣, 田口智樹

    日本鉱物科学会2020年オンライン年会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Petrological characteristics of serpentinized peridotites dredged from oceanic core complexes in the Shikoku Basin

    Segawa, I., Hirauchi, K., Ohara, Y., Kouketsu, Y., Michibayashi, K.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  7. The Microstructure and Composition of Picrolitic Antigorite Veins in Serpentinites from the High-P Metamorphic Yuli Belt in Eastern Taiwan

    Sakaguchi, I. T., Kouketsu, Y., Tsai, C., Dewangga, D. D., Michibayashi, K.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. The occurrence of jadeite in the ultramafic body discovered in the Sanbagawa belt, Shibukawa region, central Japan.

    Shioya, H., Michibayashi, K., Kouketsu, Y., Enami, M.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. Raman spectroscopy of quartz eclogite in the Sanbagawa metamorphic belt: Potential of Raman geobarometry using kyanite-quartz system.

    Tomioka, Y., Kouketsu, Y., Taguchi, T.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  10. The formation process of axial internode skeletons in deep-sea isidid octocorals inferred from crystal orientation

    Kozaka, Y., Michibayashi, K., Kouketsu, Y., Tokuda, Y., Sato, H.

    JpGU-AGU joint Meeting 2020 Virtual  2020年7月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. 四国中央部三波川変成帯白髪山地域のアンチゴライトに記録された変成履歴の検証

    安藤宏太, 纐纈佑衣, 道林克禎

    日本地質学会第126年学術大会(2019山口)  2019年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月23日 - 2019年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山口大学吉田キャンパス  

  12. 静岡県西部三波川帯「渋川超苦鉄質岩」の構造岩石学的研究とその起源

    塩谷輝, 道林克禎, 纐纈佑衣, 平内健一, 苗村康輔

    日本地質学会第126年学術大会(2019山口)  2019年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月23日 - 2019年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学吉田キャンパス  

  13. 四国中央部三波川帯汗見川地域に記録され たモホ不連続面近傍におけるスラブの温度構造及び変形構造

    纐纈佑衣, 貞本和志, 梅田隼人, 河原弘和, 永冶方敬, 田口知樹, 森宏, ウォリス サイモン, 榎並正樹

    日本地質学会第126年学術大会(2019山口)  2019年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月23日 - 2019年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学吉田キャンパス  

  14. ザクロ石中の相転移を伴わないコース石の発見とその意義:イタリア・西アルプスLago di Cignana Unitの例

    田口知樹, 纐纈佑衣, 伊神洋平, 三宅亮

    日本地質学会第126年学術大会(2019山口)  2019年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月23日 - 2019年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学吉田キャンパス  

  15. Attenuated Total Reflection infrared (ATR-IR) spectroscopy of serpentine minerals.

    Sakaguchi, I., Kouketsu, Y., Michibayashi, K., Wallis, S.

    日本鉱物科学会2019年年会  2019年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  16. SiO2相を含む蘇魯超高圧エクロジャイト中に産する定永閃石

    榎並正樹, 纐纈佑衣, 道林克禎, 田口知樹

    日本鉱物科学会2019年年会  2019年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月20日 - 2019年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

  17. Generation of high fluid pressure at the base of the shallow mantle wedge—evidence from serpentinite of the Sanbagawa belt, SW Japan 国際会議

    ウォリス サイモン、纐纈 佑衣、横田 麻莉

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  18. 透過菊池回折によるウルトラマイロナイト中のオリビン結晶方位解析:EBSDの微小部への拡張 国際会議

    伊神 洋平、道林 克禎、柿畑 優季、纐纈 佑衣

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  19. シート状鉱物の研磨によるダメージの検証 国際会議

    纐纈 佑衣、安藤 宏太、道林 克禎

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  20. Antigorite Raman spectrum: a case study in Shiraga region of thecentral Shikoku, Sanbagawa metamorphic belt, SW Japan 国際会議

    安藤 宏太、纐纈 佑衣、道林 克禎

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  21. Static stage of exhumation of metamorphic rocks recorded in garnets: Evidence of EBSD-EPMA mapping 国際会議

    Yui Kouketsu, Masaki Enami

    2018 AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月10日 - 2018年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington DC   国名:アメリカ合衆国  

  22. 顕微⾚外分光測定におけるATR法を⽤いた鉱物中の⽔の検出可能性の検証

    纐纈 佑⾐, 柿畑 優季, 清⽔ 健⼆, 道林 克禎, Wallis Simon

    ⽇本鉱物科学会2018年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月19日 - 2018年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山形大学 小白川キャンパス   国名:日本国  

  23. 東台湾Yuli帯の変堆積岩類中に含まれる幅広い結晶化度を示す炭質物 国際会議

    纐纈 佑衣, 葉 芝穎, 蔡 金河, 榎並 正樹

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月20日 - 2018年5月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  24. 研磨による剪断が石墨の結晶化度に与える影響 国際会議

    纐纈 佑衣, 榎並 正樹, 三宅 亮, 田口 知樹, 伊神 洋平, 鍵 裕之

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月20日 - 2018年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  25. ラマン炭質物温度計を用いた三波川沈み込み帯の温度構造決 定:四国中央部白髪山地域の例 国際会議

    貞本和志・ウォリス サイモ ン・纐纈佑衣・森 宏・永冶方敬・石井和彦

    日本地質学会第124年学術大会(2017愛媛大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月16日 - 2017年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学城北キャンパス   国名:日本国  

  26. 炭質物のラマンスペクトルを用いた断層における摩擦発熱検出 国際会議

    氏家 恒太郎, 田畑 皓輝, 纐纈 佑衣, 鍵 裕之, 林 為人

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月22日 - 2016年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県千葉市幕張メッセ   国名:日本国  

  27. ラマンスペクトル及び蛍光スペクトルによる根源岩の熟成度の評価 国際会議

    渡邉 真央, 鍵 裕之, 荻原 成騎, 纐纈 佑衣, 奥村 文章, 岩野 裕継, 早稲田 周

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月22日 - 2016年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉県千葉市幕張メッセ   国名:日本国  

  28. 龍門山断層帯における炭質物のラマン分光分析

    纐纈佑衣, 清水以知子, Lu Yao, Shengli Ma, 嶋本利彦

    日本地質学会第122年学術大会(長野大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月11日 - 2015年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. ザクロ石に含まれるアルミノケイ酸塩鉱物を用いたラマン地質温度圧力計の構築 国際会議

    纐纈佑衣, 田口知樹

    Japan Geoscience Union Meeting 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月22日 - 2015年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. 石油根源岩に含まれる炭質物のラマン分光分析 国際会議

    纐纈佑衣, 奥村文章, 岩野裕継, 早稲田周, 鍵裕之

    Japan Geoscience Union Meeting 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月22日 - 2015年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Shenxigou 地域の龍門山断層帯における炭質物のラマン分光分析 国際会議

    纐纈佑衣, 清水以知子, YAO Lu, MA Shengli, 嶋本利彦

    Japan Geoscience Union Meeting 2015  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月22日 - 2015年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 5

  1. コルシカ島変成岩から読み解く冷たいプレート沈み込み境界における断層運動

    研究課題/研究課題番号:20KK0078  2020年10月 - 2024年03月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    氏家 恒太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    暖かいプレート沈み込み帯では、断層での低速すべりを反映したスロースリップが地震発生帯下端側で繰り返し発生することで、海溝型巨大地震を引き起こす可能性が指摘されている。しかし、冷たい沈み込み帯では、地震発生帯下端側でのスロースリップの発生の有無さえ良く分かっておらず、スロースリップをもたらす低速すべりの実態、発生メカニズムも不明である。そこで、世界でも産出が稀な冷たい沈み込み帯深部で形成されかつ上昇期の変形の影響が少ないフランス・コルシカ島の変成岩を対象に、イギリスとイタリアの研究者と共同で地質調査を行い、冷たい沈み込み帯におけるスロースリップの実像と発生メカニズムを世界に先駆けて解明する。

  2. かんらん石の含水量定量化手法の開発によるマントルの変形環境の理解

    研究課題/研究課題番号:20K14578  2020年04月 - 2023年03月

    若手研究

    纐纈 佑衣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、上部マントルの変形において重要な要素でありながら、測定が困難であるかんらん石中の含水量を、顕微赤外分光法(FT-IR)と電子線後方散乱回折法(EBSD)を組合せて測定する新しい手法を開発し、天然のかんらん岩の含水量と結晶方位ファブリックパターンの関連性を明らかにすることを目的とする。そして、室内変形実験や地球物理学的観測データとの比較により、天然のかんらん岩から得られた“生”データである含水量を組み入れた上部マントルにおける新たな変形流動モデルを提案することを目標とする。

  3. 高圧ー超高圧変成岩に適用可能な新しいラマン地質圧力計の開発

    研究課題/研究課題番号:19K04037  2019年04月 - 2022年03月

    田口 知樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    岩石に記録された圧力情報は、地球内部で起こる様々な地球科学現象を解読する上で必須データである。岩石の形成圧力見積もりは熱力学モデルを用いた計算が主である。しかし、天然の岩石は複雑な系であり、不確定要素を多く含む熱力学的変数を用いた圧力解析のみで、岩石の形成圧力値を正確かつ簡便に決定することには限界がある。本研究では、藍晶石内に存在するシリカ包有物の「残留圧力」に焦点を当てる。特に、残留圧力の方位異方性を考慮した解析と理論的な数値計算モデリングを行い、様々な環境で形成された高圧-超高圧変成岩の圧力条件を迅速・簡便・精密に決定できる「新しいラマン地質圧力計」の開発を目指す。
    岩石に記録された圧力情報は、地球内部で起こる様々な地球科学現象を解読する上で必須データである。しかし、天然の岩石は複雑な系であり、不確定要素を多く含む熱力学的変数を用いた圧力解析のみで、岩石の形成圧力値を決定すること困難を伴う。本課題では、藍晶石内に存在するシリカ包有物の「残留圧力」に焦点を当て、ラマン分光学に基づく新たな地質圧力計の開発に挑戦している。
    本年度は、藍晶石-石英ラマン地質圧力計の構築を目的に、四国三波川帯・権現地域に産する藍晶石エクロジャイトを対象に、200粒子を超える石英包有物のラマン分光分析を実施した。取得した全ラマンスペクトルを残留圧力値に換算すると、0.16-0.89 GPaの幅広い値を示した。残留圧力値のばらつきを評価するため、石英包有物の粒径を計測したが、残留圧力との間に有意な相関は認められなかった。また、ラマンマッピングも実施したが、残留圧力の異方性は包有物内に検出されなかった。以上の結果から、残留圧力値のばらつきが生じる要因として、石英包有物が幅広い温度圧力条件下で包有された可能性が考えられる。数値計算モデルを用いて最大残留圧力値から推定した圧力条件は、先行研究の熱力学的解析によって見積もられたピーク温度圧力範囲とよく一致した。それゆえ、藍晶石中の石英包有物が保持する残留圧力の最大値は、変成ピーク条件を現在も保持していることが推察される。今後、より信頼性の高い地質圧力計の構築に向けて、透過型電子顕微鏡による微小領域観察を進める予定である。
    研究計画通り、四国三波川帯・権現地域の研究試料を用いて、鉱物組織観察、ラマン分光分析、理論的な数値計算を実施した。その結果、藍晶石内に存在する石英包有物の残留圧力を用いて、岩石のピーク変成圧力値を推定できることが示された。本年度に得られた成果をまとめて、国際誌で公表する予定であり、全体としてはおおむね順調に進展していると考える。
    藍晶石及び石英の物性パラメータの結晶方位異方性が残留圧力に与える影響が未検証である。前年度の結果を踏まえて、石英包有物内の応力分布と結晶軸の相関等を系統的に調査し、正確な変成圧力の見積もりを行うにはラマン分析を何点測定すべきかを明確にする。また得られた成果は、適宜国内外の学会で発表するとともに、当該分野の査読付き国際誌へ投稿する。

  4. EPMAとEBSDのコラボレーションによる変成岩研究における新たな切り口の提唱

    研究課題/研究課題番号:17K05705  2017年04月 - 2021年03月

    榎並 正樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    今年度は,(1)従来の研究成果の公表と(2)セグメント化したざくろ石の結晶学的方位の相互関係より,変成帯上昇時の変形情報を読み取ることを主たる目的として研究を行った.
    <BR>
    ・前年度までに得られた以下の成果をまとめて,学会発表するとともに国際誌に投稿した:(1)中国・蘇魯超高圧変成帯とミャンマー・Mogok変成帯のグラニュライト中に産する減圧・加水分解時にセグメント化したざくろ石は,地表へ露出するまでの過程において,結晶方位を乱すような顕著な変形作用を記録していない,(2)三波川泥質片岩の緑泥石化によりセグメント化したざくろ石と石英片岩中の蜂の巣構造を示すざくろ石の結晶方位の測定結果から,それらも変成作用のピーク時以降には顕著な変成作用を記録していないと考えられる.
    <BR>
    ・EBSD, EPMA, XRFおよびICP-MS分析を,国領川沿いルートにおいてエクロジャイトおよび非エクロジャイト両ユニットの変塩基性岩試料を対象に行った.そして,それらはこれまでにエクロジャイト・ユニットから報告されているセグメント化したコア部とそれを取り巻くマントル部からなるざくろ石と単純なMnベル型累帯構造を示すざくろ石が産する試料に区別できることを示した.また,全岩微量組成および希土類元素パターンの比較から,これら2種類の試料は,それぞれはんれい岩と玄武岩を原岩としており,エクロジャイトおよび非エクロジャイト両ユニット境界は,これらの岩相境界に一致することが明らかとなった.また,鉱物組成共生関係から,両ユニットは結合した後に,全体にわたり緑れん石-角閃岩相条件(1.1ー1.2 GPa/595ー650 ℃)下で累進的に再結晶したことも論じた.これらの成果は,現在国際誌に投稿し査読中である.
    2編の論文原稿を投稿したが,そのうち1編は従来の一般的な理解とは大きく異なる結論を提示していることもあり,多くのコメントとともにいったん投稿を取り下げるよう指示された.これらのコメントにどのように対応すべきかについて検討中である.
    投稿したものの,その取り下げを指示された原稿について,印刷受理されるよう必要な加筆修正を行い,再投稿する.

  5. 天然の試料を用いた沈み込み帯浅部におけるマントル対流様式の解明

    研究課題/研究課題番号:16K17820  2016年04月 - 2019年03月

    纐纈 佑衣

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    四国中央部白髪山地域に産するウェッジマントル起源の蛇紋岩岩体とその周辺に産する変泥質岩試料を採取し、ラマン分光法を用いた分析を行った。スラブ-マントル境界近傍の温度構造について、炭質物ラマン温度計を用いて検証したところ、優位な温度上昇は確認されなかった。そして、熱モデル計算と比較すると、浅部スラブ-マントル境界の剪断応力は数十MPa以下である、という結論が導かれた。剪断応力が低いことから、三波川帯のスラブ-マントル境界のカップリング度は低く、マントル対流は弱いあるいは停滞していた可能性が高いことが示唆された。
    日本は沈み込み帯に位置しており、地震や火山活動が活発な地域である。しかし、プレートが沈み込んだ先でどのような現象が起きているのかを直接可視することは、現在の技術では不可能である。本研究では、過去の沈み込み帯において地下約30km程度の深度まで沈み込んだ天然の変成岩を分析することで、沈み込み境界におけるカップリング度やマントル対流様式を検証し、現在の沈み込み帯浅部へ適用可能な直接的なデータを提示することで、プレート収束域における地質学的現象の発生機構解明に貢献した。

 

担当経験のある科目 (本学) 20

  1. 地質・地球生物学セミナー

    2020

     詳細を見る

    地質学から見た地球規模課題について,習得した知識をもとに深く思慮し,果敢に取り組み,次世代の新しい学術分野を創造する能力を身につける.
    専門的な論文を読み,その内容を正確に把握し,その問題点や自分の研究との関連性を理解することができるようになる.

  2. 地質学特論

    2020

     詳細を見る

    複雑な日本列島の地質が,どのように区分され,各地帯がどのような地質からなるか日本の地質の基礎を学ぶ.各地質帯の情報からどのような地質現象が明らかになるのかを考える力をつける.最終的に日本列島の地質がプレート運動とどのように関係して形成されたかを理解する

  3. フィールドセミナーI(地球科学野外巡検)

    2020

     詳細を見る

    実際に野外にて地層や岩石及び地球科学の関係施設を見学し,実物にふれることによって地球科学現象の基礎知識の理解を深め,またその地球科学的意義を考える力を養う.また様々な施設や地質を見学することにより,広い視野の育成を目指す.

  4. 地質学実験

    2020

     詳細を見る

    特に地質図学,岩石鉱物の肉眼鑑定,岩石薄片の偏光顕微鏡観察,化石の観察を通して,地質学の研究法の基礎を修得する.

  5. 岩石学実験

    2020

     詳細を見る

    野外・顕微鏡観察は岩石学・構造地質学・堆積学において重要な位置を占めている.本実験では,それぞれの分野を中心とした実習を行う.数回野外実習も行い、室内実験でデータの簡単な解析法を修得する.本授業では、学生が自分で野外と室内で観測した組織と測定したデータを解析することによって広い意味での岩石学実験法の基本を身につけ,この分野の理解を深めることが目標である。

  6. 地質学実験

    2019

     詳細を見る

    特に地質図学,岩石鉱物の肉眼鑑定,岩石薄片の偏光顕微鏡観察,化石の観察を通して,地質学の研究法の基礎を修得する.

  7. 岩石学実験

    2019

     詳細を見る

    野外・顕微鏡観察は岩石学・構造地質学・堆積学において重要な位置を占めている.本実験では,それぞれの分野を中心とした実習を行う.数回野外実習も行い、室内実験でデータの簡単な解析法を修得する.本授業では、学生が自分で野外と室内で観測した組織と測定したデータを解析することによって広い意味での岩石学実験法の基本を身につけ,この分野の理解を深めることが目標である。

  8. 地質学特論

    2019

     詳細を見る

    複雑な日本列島の地質が,どのように区分され,各地帯がどのような地質からなるか日本の地質の基礎を学ぶ.各地質帯の情報からどのような地質現象が明らかになるのかを考える力をつける.最終的に日本列島の地質がプレート運動とどのように関係して形成されたかを理解する

  9. フィールドセミナーI(地球科学野外巡検)

    2019

     詳細を見る

    実際に野外にて地層や岩石及び地球科学の関係施設を見学し,実物にふれることによって地球科学現象の基礎知識の理解を深め,またその地球科学的意義を考える力を養う.また様々な施設や地質を見学することにより,広い視野の育成を目指す.

  10. 地質学特論

    2018

     詳細を見る

    複雑な日本列島の地質が,どのように区分され,各地帯がどのような地質からなるか日本の地質の基礎を学ぶ.各地質帯の情報からどのような地質現象が明らかになるのかを考える力をつける.最終的に日本列島の地質がプレート運動とどのように関係して形成されたかを理解する

  11. 地球惑星科学セミナーI

    2018

     詳細を見る

    科学英語を読み、その内容を正確に把握できる英語読解の基礎知識をつけさせ、またその内容について深く検討し、要点をまとめ、わかりやすく発表できる能力をつけることを目的とする。複数の異なる分野を専門とする教員や複数の学生との意見交換を行い、広い視野の育成に努める。

  12. 地質学実験

    2018

     詳細を見る

    特に地質図学,岩石鉱物の肉眼鑑定,岩石薄片の偏光顕微鏡観察,化石の観察を通して,地質学の研究法の基礎を修得する.

  13. フィールドセミナーI(地球科学野外巡検)

    2018

     詳細を見る

    実際に野外にて地層や岩石及び地球科学の関係施設を見学し,実物にふれることによって地球科学現象の基礎知識の理解を深め,またその地球科学的意義を考える力を養う.また様々な施設や地質を見学することにより,広い視野の育成を目指す.

  14. フィールドセミナーI(地球科学野外巡検)

    2017

     詳細を見る

    実際に野外にて地層や岩石及び地球科学の関係施設を見学し,実物にふれることによって地球科学現象の基礎知識の理解を深め,またその地球科学的意義を考える力を養う.また様々な施設や地質を見学することにより,広い視野の育成を目指す.

  15. 地球惑星科学概論

    2017

     詳細を見る

    地球と惑星の歴史と姿,およびその時間的及び空間的スケールの大きさを理解し,自然科学の立場から環境について考える(創造し統合する)能力をつける.

  16. 地質学実験

    2017

     詳細を見る

    特に地質図学,岩石鉱物の肉眼鑑定,岩石薄片の偏光顕微鏡観察,化石の観察を通して,地質学の研究法の基礎を修得する.

  17. 地質学特論

    2017

     詳細を見る

    複雑な日本列島の地質が,どのように区分され,各地帯がどのような地質からなるか日本の地質の基礎を学ぶ.各地質帯の情報からどのような地質現象が明らかになるのかを考える力をつける.最終的に日本列島の地質がプレート運動とどのように関係して形成されたかを理解する

  18. 地質学実験

    2016

     詳細を見る

    特に地質図学,岩石鉱物の肉眼鑑定,岩石薄片の偏光顕微鏡観察,化石の観察を通して,地質学の研究法の基礎を修得する.

  19. 地球惑星科学セミナーI

    2015

  20. 地質学実験

    2015

▼全件表示