2021/11/02 更新

写真a

マエヤマ シンヤ
前山 伸也
MAEYAMA Shinya
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 原子物理学 講師
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 物理学科
職名
講師
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2012年3月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 高性能計算

  2. 乱流

  3. プラズマ

  4. ジャイロ運動論

研究分野 2

  1. エネルギー / 核融合学

  2. エネルギー / プラズマ科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 核燃焼プラズマ閉じ込め物理の開拓

経歴 4

  1. 国立大学法人東海国立大学機構   名古屋大学大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 プラズマ理論研究室   講師

    2020年3月 - 現在

      詳細を見る

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 原子物理学   助教

    2015年3月 - 2020年2月

      詳細を見る

  3. 日本原子力研究開発機構   システム計算科学センター高度計算機技術開発室   任期付研究員

    2014年4月 - 2015年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本原子力研究開発機構   核融合研究開発部門 プラズマ理論シミュレーショングループ   博士研究員

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京工業大学   理工学研究科   原子核工学専攻

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   理工学研究科   原子核工学専攻

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京工業大学   工学部   電気電子工学科

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本シミュレーション学会

    2013年2月 - 2018年2月

  2. プラズマ・核融合学会

    2008年11月 - 現在

      詳細を見る

  3. 日本物理学会

    2008年11月 - 現在

      詳細を見る

委員歴 7

  1. プラズマ・核融合学会誌編集員会   編集委員  

    2021年7月 - 2023年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  2. ICNSP2021 Local organizing committee   ICNSP2021 Local organizing committee  

    2020年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 27th ICNSP, Local Organizing Commitee   A member of LOC  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  4. 75th JPS meeting, Local Organizing Committee   A member of LoC  

    2018年11月 - 2020年3月   

      詳細を見る

  5. 日本物理学会第75回年次大会実行委員会   委員  

    2018年11月 - 2020年3月   

      詳細を見る

  6. 9th East-Asia School and Workshop on Laboratory, Space, and Astrophysical Plasmas, Local Organizing Committee   Local organizer  

    2018年11月 - 2019年8月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  7. 7th Asia Pacific Transport Working Group (APTWG2017) Local Organizing Committee   Young Research Forum Leader, Local organizer  

    2017年1月 - 2017年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

▼全件表示

受賞 12

  1. 第9回名古屋大学石田賞

    2020年12月   名古屋大学   プラズマ乱流マルチスケール相互作用に関する研究

    前山伸也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  2. AAPPS-DPP 2019 Poster Prize

    2019年11月   AAPPS-DPP   Methodology for extracting and modeling electron-scale effects in multi-scale plasma turbulence

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:中華人民共和国

    researchmap

  3. 第12回日本物理学会若手奨励賞

    2018年3月   日本物理学会   電子・イオンスケール乱流間のマルチスケール相互作用に関する研究

    前山伸也

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  4. 第21回プラズマ・核融合学会学術奨励賞

    2016年11月   プラズマ・核融合学会   ジャイロ運動論的シミュレーションの超並列計算手法の開発とマルチスケールプラズマ乱流物理の解明

    前山伸也

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  5. PLASMA2014 若手優秀発表賞

    2014年11月   プラズマ・核融合学会、日本物理学会領域2、応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会   電子/イオン系乱流のマルチスケール相互作用とその乱流輸送への影響

    前山伸也

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本原子力研究開発機構理事長表彰・研究開発功績賞

    2014年10月   日本原子力研究開発機構  

    前山伸也

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第10回核融合エネルギー連合講演会若手優秀発表賞

    2014年6月   プラズマ・核融合学会、日本原子力学会核融合工学部会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. SC13 Best Poster Award

    2013年11月   IEEE, ACM   Optimizations of a spectral/finite difference gyrokinetic code for improved strong scaling toward million cores

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami,

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  9. JSST 2013 Research Award

    2013年9月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. JSST 2013 Outstanding Presentation Award

    2013年9月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. JSST 2012 Outstanding Presentation Award

    2012年9月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 電気学会電気学術奨励賞

    2008年3月   電気学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 40

  1. Cross-Scale Interactions between Electron and Ion Scale Turbulence in a Tokamak Plasma 査読有り

    S. Maeyama, Y. Idomura, T.-H. Watanabe, M. Nakata, M. Yagi, N. Miyato, A. Ishizawa, and M. Nunami

    Physical Review Letters   114 巻 ( 5 ) 頁: 255002   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Multiscale gyrokinetic turbulence simulations with the real ion-to-electron mass ratio and β value are realized for the first time. Numerical analysis at both the electron scale and the ion scale reveals the mechanism of their cross-scale interactions. Suppression of electron-scale turbulence by ion-scale eddies is demonstrated by means of nonlinear mode-to-mode coupling analysis. When the ion-scale modes are stabilized by finite-β effects, the contribution of the electron-scale dynamics to the turbulent transport becomes non-negligible, where damping of the ion-scale zonal flows by electron-scale turbulence is responsible for the enhancement of ion-scale transport.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.114.255002

  2. Contour dynamics for one-dimensional Vlasov-Poisson plasma with the periodic boundary 査読有り

    Hiroki Sato, T.-H. Watanabe, S. Maeyama

    Journal of Computational Physics   445 巻   頁: 110626 - 110626   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jcp.2021.110626

    researchmap

  3. Effects of ion polarization and finite-β on heat transport in slab electron-temperature-gradient driven turbulence 査読有り

    S. Maeyama, S. Kusaka, T.-H. Watanabe

    Physics of Plasmas   28 巻 ( 5 ) 頁: 052512 - 052512   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    DOI: 10.1063/5.0044435

    researchmap

  4. On the triad transfer analysis of plasma turbulence: symmetrization, coarse graining, and directional representation 査読有り

    S Maeyama, M Sasaki, K Fujii, T Kobayashi, R O Dendy, Y Kawachi, H Arakawa, S Inagaki

    New Journal of Physics   23 巻 ( 4 ) 頁: 043049 - 043049   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    DOI: 10.1088/1367-2630/abeffc

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1367-2630/abeffc/pdf

  5. Moment extract method for drift kinetic simulation of magnetized plasma 査読有り

    Kenji Nishioka, Tomo-Hiko Watanabe, Shinya Maeyama

    Journal of Computational Physics   432 巻   頁: 110167 - 110167   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    A novel time integration method of the drift kinetic equation is proposed, where low order fluid moment equations including the lowest order terms for the dispersive Alfven wave propagation are extracted from the electron drift kinetic equations. The moment extract method enables ones to implement an implicit solver for wave propagation by means of the operator splitting, while the kinetic part is solved explicitly. Numerical tests of the new scheme have verified stable and accurate time-integration of the drift kinetic equation and enabled to take a large time step size when the electron beta value is smaller than the electron-to-ion mass ratio. (C) 2021 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jcp.2021.110167

    Web of Science

    researchmap

  6. Compressing the time series of five dimensional distribution function data from gyrokinetic simulation using principal component analysis 査読有り 国際共著

    Yuuichi Asahi, Keisuke Fujii, Dennis Manuel Heim, Shinya Maeyama, Xavier Garbet, Virginie Grandgirard, Yanick Sarazin, Guilhem Dif-Pradalier, Yasuhiro Idomura, Masatoshi Yagi

    Physics of Plasmas   28 巻 ( 1 ) 頁: 012304 - 012304   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    DOI: 10.1063/5.0023166

    researchmap

  7. Structure of the Electron Distribution Function and Induced Beam Instability in Collisionless Magnetic Reconnection with a Strong Guide Field 査読有り

    Kazuya SHIMOMURA, Tomohiko WATANABE, Shinya MAEYAMA, Akihiro ISHIZAWA

    Plasma and Fusion Research   15 巻   頁: 1401084 - 1401084   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research  

    DOI: 10.1585/pfr.15.1401084

    researchmap

  8. Overlapping communications in gyrokinetic codes on accelerator-based platforms 査読有り

    Asahi Yuuichi, Latu Guillaume, Bigot Julien, Maeyama Shinya, Grandgirard Virginie, Idomura Yasuhiro

    CONCURRENCY AND COMPUTATION-PRACTICE & EXPERIENCE   32 巻 ( 5 ) 頁: e5551   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpe.5551

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/cpe.5551

  9. Extracting and Modeling the Effects of Small-Scale Fluctuations on Large-Scale Fluctuations by Mori-Zwanzig Projection Operator Method 査読有り

    Shinya Maeyama, and Tomo-Hiko Watanabe

    Journal of the Physical Society of Japan   89 巻 ( 2 ) 頁: 024401   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.024401

  10. Correlation between zonal flow shearing and entropy transfer rates in toroidal ion temperature gradient turbulence 査読有り

    T. Miura, T.-H. Watanabe, S. Maeyama, and M. Nakata

    Physics of Plasmas   26 巻   頁: 082304   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5109476

  11. Persistence of Ion Temperature Gradient Turbulent Transport at Finite Normalized Pressure 査読有り

    Ishizawa A., Urano D., Nakamura Y., Maeyama S., Watanabe T-H

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   123 巻 ( 2 ) 頁: 025003   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.123.025003

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevLett.123.025003/fulltext

  12. Unstable Eigenmodes of the Feedback Instability With Collision-Induced Velocity Shear 査読有り

    T.-H. Watanabe, and S. Maeyama

      45 巻   頁: 10,403-10,049   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL079715

  13. Implementation of a gyrokinetic collision operator with an implicit time integration scheme and its computational performance 査読有り

    S.Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, and M. Nunami

        2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cpc.2018.07.015

  14. The 7th Asia-Pacific Transport Working Group (APTWG) meeting 査読有り

    Ida K., Kong D. F., Fujita T., Ido T., Ko W. H., Maeyama S.

    NUCLEAR FUSION   58 巻 ( 1 ) 頁: 017001 - 017001   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1741-4326/aa8c89

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  15. Suppression of Ion-Scale Microtearing Modes by Electron-Scale Turbulence via Cross-Scale Nonlinear Interactions in Tokamak Plasmas 査読有り

    Maeyama S., Watanabe T. -H., Ishizawa A.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   119 巻 ( 19 ) 頁: 195002   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.119.195002

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevLett.119.195002/fulltext

  16. Cross-scale interactions between turbulence driven by electron and ion temperature gradients via sub-ion-scale structures 査読有り

    Maeyama S., Watanabe T. -H., Idomura Y., Nakata M., Ishizawa A., Nunami M.

    NUCLEAR FUSION   57 巻 ( 6 ) 頁: 066036 - 066036   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1741-4326/aa687c

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://stacks.iop.org/0029-5515/57/i=6/a=066036?key=crossref.d13e40c605ad7af78a37cb982c59e3e8

  17. Impact of plasma parameter on self-organization of electron temperature gradient driven turbulence 査読有り

    Kawai C., Idomura Y., Maeyama S., Ogawa Y.

    PHYSICS OF PLASMAS   24 巻 ( 4 ) 頁: 042303 - 042303   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4980005

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  18. Generation of auroral turbulence through the magnetosphere ionosphere coupling 査読有り

    T.-H. Watanabe, H. Kurata, and S. Maeyama

    New Journal of Physics   18 巻   頁: 125010   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1088/1367-2630/aa532a

  19. Validation studies of gyrokinetic ITG and TEM turbulence simulations in a JT-60U tokamak using multiple flux matching 査読有り

    M. Nakata, M. Honda, M. Yoshida, H. Urano, M. Nunami, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, and H. Sugama

    Nuclear Fusion   56 巻   頁: 086010   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/0029-5515/56/8/086010

  20. Benchmark of electromagnetic gyrokinetic codes in high performance fusion plasma 査読有り

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Doerk, M. Nakata, and A. Ishizawa

    Plasma and Fusion Research   11 巻   頁: 2403011   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.11.2403011

  21. スーパーコンピュータ「京」で切り拓くプラズマ乱流研究の新展開 招待有り

    前山伸也

    プラズマ・核融合学会誌   91 巻 ( 9 ) 頁: 589-596   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. Improved strong scaling of a spectral/finite difference gyrokinetic code for multi-scale plasma turbulence 査読有り

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    Parallel Computing   49 巻   頁: 1-12   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parco.2015.06.001

  23. Turbulent transport of heat and particles in a high ion temperature discharge of the Large Helical Device 査読有り

    A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, H. Sugama, M. Nunami, K. Tanaka, S. Maeyama, N. Nakajima

    Nuclear Fusion   55 巻 ( 4 ) 頁: 043024   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Gyrokinetic Analysis of Turbulent Heat and Particle Transport on JT-60U Plasmas 査読有り

    M. Nakata, M. Honda, M. Yoshida, H. Urano, S. Maeyama, M. Nunami, and T.-H. Watanabe

    Proceedings of the 25th IAEA Fusion Energy Conference     頁: TH/P7-38   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  25. Multi-Scale ITG/TEM/ETG Turbulence Simulations with Real Mass Ratio and Beta Value 査読有り

    S. Maeyama, Y. Idomura, M. Nakata, M. Yagi, and N. Miyato

    Proceedings of the 25th IAEA Fusion Energy Conference     頁: TH/1-1   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  26. Electromagnetic gyrokinetic simulation of turbulence in torus plasmas 査読有り

    A. Ishizawa, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and N. Nakajima

    Journal of Plasma Physics   81 巻 ( 2 ) 頁: 435810203   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. ハイパフォーマンスコンピューティングの進展によるプラズマ乱流研究のブレークスルー 招待有り

    前山伸也

      57 巻   頁: 15-23   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. Exploring phase space turbulence in magnetic fusion plasmas 査読有り

    T.-H. Watanabe, Y. Idomura, S. Maeyama, M. Nakata, H. Sugama, M. Nunami, and A. Ishizawa

    Journal of Physics: Conference Series   510 巻   頁: 012045   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Electromagnetic gyrokinetic turbulence in finite-beta helical plasmas 査読有り

    A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, H. Sugama, S. Maeyama, and N. Nakajima

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 5 ) 頁: 055905   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Comparison between kinetic-ballooning-mode-driven turbulence and ion-temperature-gradient-driven turbulence 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. Nakata, N. Miyato, M. Yagi, and Y. Idomura

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 5 ) 頁: 052301   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4873379

  31. Local gyrokinetic Vlasov simulations with realistic tokamak MHD equilibria 査読有り

    M. Nakata, A. Matsuyama, N. Aiba, S. Maeyama, M. Nunami, and T.-H. Watanabe

    Plasma and Fusion Research   9 巻   頁: 1403029   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Kinetic Ballooning Mode Turbulence Simulation based on Electromagnetic Gyrokinetics 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. Nakata, N. Miyato, and Y. Idomura

    Plasma and Fusion Research   9 巻   頁: 1203020   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Computation-communication overlap techniques for parallel spectral calculations in gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    Plasma and Fusion Research   8 巻   頁: 1403150   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Numerical techniques for parallel dynamics in electromagnetic gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Computer Physics Communications   184 巻 ( 11 ) 頁: 2462-2473   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Gyrokinetic turbulence simulations of high-beta tokamak and helical plasmas with full-kinetic and hybrid models 査読有り

    A. Ishizawa, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and N. Nakajima

    Nuclear Fusion   53 巻 ( 5 ) 頁: 053007   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Turbulent transport due to kinetic ballooning modes in high-β toroidal plasmas 査読有り

    A. Ishizawa, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and N. Nakajima

    Proceedings of the 24th IAEA Fusion Energy Conference     頁: TH/P2-23   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. Turbulence Spectra, Transport, and E×B Flows in Helical Plasmas 査読有り

    T.-H. Watanabe, M. Nunami, H. Sugama, S. Satake, S. Matsuoka, A. Ishizawa, S. Maeyama, and K. Tanaka

    Proceedings of the 24th IAEA Fusion Energy Conference     頁: TH/8-1   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  38. A hybrid method of semi-Lagrangian and additive semi-implicit Runge-Kutta schemes for gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Computer Physics Communications   183 巻 ( 9 ) 頁: 1986-1992   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. A numerical method for parallel particle motions in gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Plasma and Fusion Research   6 巻   頁: 2401028   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Effects of time-varying ExB flow on slab ion-temperature-gradient turbulence 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. M. Skoric, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Physics of Plasmas   17 巻   頁: 062305   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 133

  1. Hモードペデスタルにおける運動論的バルーニングモードの安定性

    前山伸也,相羽信行,渡邉智彦,松山顕之,矢木雅敏

    第37回プラズマ核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  2. Toward a systematic understanding of multi-scale interactions between ion and electron-scale turbulence 招待有り 国際会議

    4th Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. 射影演算子法を用いた長谷川-若谷プラズマ乱流相互作用の解析

    前山伸也,渡邉智彦

    日本物理学会2020年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 射影演算子法による時系列データ統計解析とその一般化Langevin描像

    前山伸也

    統計数理研究所共同研究集会「諸科学における大規模データと統計数理モデリング」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. プロジェクトHBGKRの成果報告

    前山伸也

    第9回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. プロジェクトMTSISOの成果報告

    前山伸也

    第9回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. プロジェクトLGKSASCの成果報告

    前山伸也

    第9回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 射影演算子法による小スケール揺動が大スケール揺動に与える寄与の抽出

    前山伸也

    令和元年度MHD研究会「プラズマの複雑現象を対象としたデータマイニングの活用」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:核融合科学研究所   国名:日本国  

  9. 電子・イオンスケール乱流相互作用の抽出とモデル化

    前山伸也, 渡邉智彦

    第36回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:中部大学   国名:日本国  

  10. Methodology for extracting and modeling electron-scale effects in multi-scale plasma turbulence 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  11. Current status of GKV code 国際会議

    S. Maeyama

    Joint US-Japan Workshop on PostK-ECP Collaboration and JIFT Exascale Computing Collaboration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 射影演算子法によるプラズマ乱流マルチスケール相互作用の抽出

    前山伸也

    プラズマシミュレータシンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 森-Zwanzigの射影演算子法を利用した小スケールから大スケールへの寄与の抽出とモデル化

    前山伸也, 渡邉智彦

    日本物理学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 電子スケール乱流がイオンスケール乱流に及ぼす影響の抽出

    前山伸也, 渡邉智彦

    第74回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  15. 原型炉およびJT-60SAに向けた微視的不安定性の電磁的ジャイロ運動論的解析

    前山伸也

    第8回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Application of Mori-Zwanzig projection operator method to multi-scale turbulence problems 国際会議

    S. Maeyama, and T.-H. Watanabe

    Max Planck Princeton Center Workshop 2019 (MPPC2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  17. Multi-scale simulation of electron/ion-scale turbulence in Tokamak plasmas 招待有り 国際会議

    S. Maeyama

    US-Japan JIFT Workshop on Multi-scale Simulations in Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Inuyama, Japan   国名:日本国  

  18. Effects of electron-scale turbulence on ion-scale turbulence in Tokamak plasmas 招待有り 国際会議

    S. Maeyama

    2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kanazawa, Japan   国名:日本国  

  19. プラズマ乱流マルチスケール相互作用の抽出とモデル化

    前山伸也

    プラズマシミュレータシンポジウム2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. JT-60SA・原型炉に向けた微視的電磁不安定性解析

    前山伸也

    第24回NEXT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Roles of sub-ion-scale structures on cross-scale interactions in Tokamak plasma turbulence 招待有り 国際会議

    S. Maeyama

    11th Plasma Kinetics Working Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストリア共和国  

  22. Fourier-Laguerre展開による磁化プラズマ乱流中の位相空間カスケードの解析

    前山伸也,國成希浩,渡邉智彦

    第73回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. マイクロティアリングモードが乱流輸送に与える影響 招待有り

    前山伸也

    第23回NEXT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Cross-scale interactions between electron and ion scale plasma turbulence via sub-ion-scale structures

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Effects of electron-scale turbulence in magnetic fusion plasma

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. Multi-scale interactions between electron-temperature-gradient-mode and micro-tearing-mode turbulence

    Plasma Conference 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Cross-Scale interactions between electron and ion scale plasma turbulence via sub-ion-scale structures 招待有り 国際会議

    S. Maeyama

    25th International Conference on Numerical Simulation of Plasmas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Leuven, Belgium   国名:ベルギー王国  

  28. Suppression of micro-tearing modes by electron temperature gradient modes

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. Multi-scale turbulence simulations of micro-tearing modes and electron-temperature-gradient modes 国際会議

    S. Maeyama

    US-Japan JIFT Exascale Computing Workshop 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kashiwa, Japan   国名:日本国  

  30. Effects of electron-scale turbulence on micro-tearing modes 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, and A. Ishizawa

    7th APTWG International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  31. マイクロティアリングモードに対する電子温度勾配モードの影響

    前山伸也,渡邉智彦,石澤明宏

    第72回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  32. Multi-scale interactions between electron and ion-scale gyrokinetic turbulence in magnetically confined plasmas 国際会議

    S. Maeyama

    Mini-workshop on plasma turbulence in heliospheric, astrophysical, and experimental plasmas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  33. 有限ベータプラズマにおける微視的不安定性、電磁的乱流、マルチスケール相互作用

    前山伸也

    第6回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  34. イオンスケールの微視的不安定性に対する電子温度勾配モードの影響

    前山伸也

    平成28年度閉じ込め・輸送研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:核融合研   国名:日本国  

  35. ジャイロ運動論的マイクロティアリングモードの研究

    前山伸也

    平成28年度MHD研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. Effects of electron-scale turbulence on ion-scale micro instabilities

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, and A. Ishizawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Gyrokinetic analysis of the effects of electron-scale turbulence on ion-scale micro-instabilities 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, A. Ishizawa, M. Nakata, and M. Nunami

    26th IAEA Fusion Energy Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  38. Nonlinear triad transfer analysis of the multi-scale ITG/ETG turbulence 国際会議

    S. Maeyama

    Gyrokinetic Theory Working Group Meeting 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  39. Cross-scale interactions between electron and ion scale turbulence

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. Cross-Scale Interactions between Electron and Ion Scale Turbulence 国際会議

    S. Maeyama

    21st Joint EU-US Transport Task Force Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  41. Multi-Platform Development of Fusion Plasma Turbulence Code toward Post-Petascale Era

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. ジャイロ運動論的マイクロティアリングモードにおける磁場ドリフトの影響

    前山伸也,渡邉智彦,仲田資季,石澤明宏

    第71回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学   国名:日本国  

  43. 磁化プラズマにおけるプラズマ乱流のマルチスケール性

    前山伸也

    天文学会2016年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:首都大学東京   国名:日本国  

  44. 実磁場配位・多粒子種衝突を取り入れたジャイロ運動論的マイクロティアリングモードの線形・非線形ベンチマーク

    前山伸也

    第5回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 運動論モデルを用いた研究:(運動論的)バルーニングモードの安定性

    前山伸也

    平成27年度MHD研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. マイクロティアリングモードに関するジャイロ運動論コードのベンチマーク

    前山伸也

    平成27年度閉じ込め輸送研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. ジャイロ運動論的マイクロティアリングモードに関するベンチマーク

    前山伸也,渡邉智彦,仲田資季,石澤明宏

    第32回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Triad interactions in multi-scale ITG/TEM/ETG turbulence 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, A. Ishizawa, and M. Nunami

    57th Annual Meeting of APS-DPP 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  49. Benchmark of electromagnetic gyrokinetic codes in high performance fusion plasma

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Doerk, M. Nakata, A. Ishizawa

    25th International Toki Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. ジャイロ運動論的マルチスケール乱流における三波結合相互作用

    前山伸也,渡邉智彦,井戸村泰宏,仲田資季,石澤明宏,沼波政倫

    日本物理学科2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学   国名:日本国  

  51. Gyrokinetic turbulence simulation 国際会議

    S. Maeyama

    US-Japan Joint Institute for Fusion Theory Workshop 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 核融合プラズマにおける電子/イオンスケール乱流

    前山伸也

    博多ワークショップ ―数値解析と計算科学の協働を目指して― 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:博多   国名:日本国  

  53. 「京」を用いたマルチスケール核融合プラズマ乱流シミュレーション

    前山伸也

    第26回CCSEワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 有限ベータ値プラズマにおける電子/イオン系乱流

    前山伸也

    第4回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. Multi-scale simulations of electron- and ion-scale turbulence in magnetic fusion plasma

    S. Maeyama

    Plasma Conference 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. Multi-scale interactions between electron- and ion-scale turbulence and their effects on turbulent transport

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Yagi, N. Miyato, M. Nunami, and A. Ishizawa

    Plasma Conference 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. Multi-Scale ITG/TEM/ETG Turbulence Simulations with Real Mass Ratio and Beta Value 国際会議

    S. Maeyama, Y. Idomura, M. Nakata, M. Yagi, and N. Miyato

    25th IAEA Fusion Energy Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ロシア連邦  

  58. Multi-scale turbulence simulations based on electromagnetic gyrokinetics 国際会議

    S. Maeyama

    2014 Smoky Mountains Computational Sciences and Engineering Conference and U.S./Japan Exascale Applications Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  59. ITG乱流とETG乱流のマルチスケール相互作用

    前山伸也, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季, 矢木雅敏, 宮戸直亮, 沼波政倫, 石澤明宏

    平成26年度閉じ込め輸送研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. プラズマ乱流のマルチスケールシミュレーション研究

    前山伸也

    第10回核融合エネルギー連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  61. 電子/イオン系マルチスケール乱流シミュレーションによる電子熱輸送解析

    前山伸也, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季, 矢木雅敏, 宮戸直亮, 沼波政倫, 石澤明宏

    第10回核融合エネルギー連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. トカマクにおける運動論的バルーニングモードの非線形シミュレーション

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 仲田資季, 宮戸直亮, 井戸村泰宏

    第3回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 電磁的ジャイロ運動論に基づく高ベータプラズマ乱流シミュレーション

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 仲田資季, 宮戸直亮, 井戸村泰宏

    第30 回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  64. 京コンピュータにより実現された磁場閉じ込めプラズマにおける電子/イオン系乱流シミュレーション

    前山伸也

    第3 回計算力学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. Optimizations of a spectral/finite difference gyrokinetic code for improved strong scaling toward million cores 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  66. Gyrokinetic simulations of multi-scale turbulence on the K computer 国際会議

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    23rd International Conference on Numerical Simulation of Plasmas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  67. Optimizations of the gyrokinetic Vlasov simulation code GKV for the K computer

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    JSST 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. Gyrokinetic simulation of kinetic ballooning mode driven turbulence

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. Nakata, and Y. Idomura

    19th NEXT Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. Comparison between kinetic-ballooning-mode-driven turbulence and ion-temperature-gradient- driven one 国際会議

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. Nakata, and Y. Idomura

    40th EPS Conference on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  70. 電磁的ジャイロ運動論的シミュレーションにおけるエントロピー保存

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季

    第2回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 京におけるジャイロ運動論的シミュレーションコードGKVの超並列スペクトル計算

    前山伸也, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季, 沼波政倫, 石澤明宏

    ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS 2013) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 京における局所的ジャイロ運動論的シミュレーションコードGKV の並列化

    前山伸也, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季, 沼波政倫, 石澤明宏

    第29 回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Development of an electromagnetic gyrokinetic Vlasov simulation code 国際会議

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    US-Japan Joint Institute for Fusion Theory Workshop 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Parallelization of a local gyrokinetic Vlasov simulation code for peta-scale computing

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    JSST 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. ジャイロ運動論的シミュレーションにおける並列FFT の通信マスク手法

    前山伸也, 渡邉智彦, 井戸村泰宏, 仲田資季, 沼波政倫, 石澤明宏

    プラズマシミュレータシンポジウム2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. An implementation of parallel two-dimensional FFT in a local gyrokinetic Vlasov simulation code

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, Y. Idomura, M. Nakata, M. Nunami, and A. Ishizawa

    18th NEXT Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 電磁的ジャイロ運動論に基づく乱流輸送シミュレーションコードの開発

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第67回物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. Entropy balance in electromagnetic gyrokinetic simulations

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    17th NEXT Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Gyrokinetic simulations in helical plasmas with the hybrid method of semi-Lagrangian and semi-implicit Runge-Kutta schemes

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Plasma Conference 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. セミラグランジアン法と半陰的ルンゲクッタ法の複合解法によるジャイロ運動論的シミュレーション

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    プラズマシミュレータシンポジウム2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. An efficient numerical method for gyrokinetic delta-f Vlasov simulations in helical plasmas 国際会議

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    38th EPS Conference on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月 - 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  82. Development of an electromagnetic gyrokinetic Vlasov simulation code

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    16th NEXT Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. Numerical methods for parallel particle motions in gyrokinetic Vlasov simulations

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    20th International Toki Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. ジャイロ運動論における磁力線平行方向の運動

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第4回シミュレーション科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. 時間振動E×Bフローに対するITG乱流の応答と熱輸送への影響

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, スコーリックミロス, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第8回核融合エネルギー連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. スラブITG乱流における非定常E×Bフローの影響とそのモデル化

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, スコーリックミロス, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第65回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. Effects of time-varying sheared flow on slab ITG turbulence

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Effects of unsteady sheared E×B flow on slab ITG turbulence 国際会議

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. M. Skoric, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    51st Annual Meeting of APS-DPP 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  89. スラブITG乱流におけるE×Bフローの影響とそのモデル化

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, スコーリックミロス, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第3回シミュレーション科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. 非定常ゾーナルフローによるドリフト波乱流への影響

    前山伸也, 石澤明宏, 渡邉智彦, スコーリックミロス, 中島徳嘉, 飯尾俊二, 筒井広明

    第64回日本物理学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Exploring multi-scale turbulent interactions in high electron temperature burning plasma 招待有り 国際会議

    S. Maeyama

    5th Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2021)  2021年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  92. スーパーコンピュータ「富岳」を用いた補足電子モードと電子温度勾配モードのマルチスケール乱流シミュレーション

    前山伸也,渡邉智彦

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  93. 三波エネルギー伝達関数の対称化と有向表現

    前山伸也

    日本流体力学会年会2021  2021年9月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  94. 射影演算子法によるプラズマ乱流相互作用の注出

    前山伸也,美澤めぐみ,渡邉智彦

    プラズマシミュレータシンポジウム2021  2021年9月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  95. Symmetrization and directional representation of nonlinear triad interactions in plasma turbulence 国際共著 国際会議

    S. Maeyama, M. Sasaki, K. Fujii, T. Kobayashi, R. O. Dendy, Y. Kawachi, H. Arakawa, S. Inagaki

    25th Joint EU-US Transport Task Force  2021年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  96. Multi-scale simulations of trapped electron mode and electron temperature gradient mode turbulence on the supercomputer Fugaku

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    Joint workshop of Asia-Pacific Transport Working Group and US-EU Tarnsport Task Force 2021  2021年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  97. Multi-scale simulations of trapped electron mode and electron temperature gradient mode turbulence on the supercomputer Fugaku 国際会議

    S. Maeyama, and T.-H. Watanabe

    Joint workshop of Asia-Pacific Transport Working Group and US-EU Transport Task Force 2021  2021年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  98. Generalized Langevin picture of turbulence and zonal flow interactions by means of the projection operator method

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    47th EPS Conference on Plasma Physics  2021年6月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  99. Generalized Langevin picture of turbulence and zonal flow interactions by means of the projection operator method 国際会議

    S. Maeyama, and T.-H. Watanabe

    47th EPS Conference on Plasma Physics  2021年6月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  100. Gyrokinetic simulations of multi scale turbulence on the supercomputer Fugaku

    S. Maeyama

    IFERC Workshop on GPU Programming 2021  2021年6月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  101. Gyrokinetic simulations of multi scale turbulence on the supercomputer Fugaku 国際会議

    S. Maeyama

    IFERC Workshop on GPU Programming 2021  2021年6月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  102. Cross-Scale Interactions Between Trapped-Electron-Mode and Electron-Temperature-Gradient-Mode Turbulence

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    28th IAEA Fusion Energy Conference  2021年5月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  103. Cross-Scale Interactions Between Trapped-Electron-Mode and Electron-Temperature-Gradient-Mode Turbulence 国際会議

    S. Maeyama, and T.-H. Watanabe

    28th IAEA Fusion Energy Conference  2021年5月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  104. プロジェクトHBGKRの成果報告

    前山伸也

    第10回IFERC-CSC研究会  2021年4月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  105. 「富岳」へのGKVコード最適化とマルチスケール乱流解析

    前山伸也

    「富岳」成果創出加速プログラム核燃焼プラズマ閉じ込め物理の開拓2020年度成果報告会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  106. 三つ組み相互作用によるエネルギー伝達の対称化と有向表現

    前山伸也, 佐々木真, 藤井恵介, 小林達哉, R. O. Dendy, 河内裕一, 荒川弘之, 稲垣滋

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  107. 三つ組み相互作用によるエネルギー伝達の対称化と有向表現 国際共著

    [94] 前山伸也, 佐々木真, 藤井恵介, 小林達哉, R. O. Dendy, 河内裕一, 荒川弘之, 稲垣滋

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  108. 射影演算子法による小スケール揺動が大スケール揺動に与える寄与の抽出 国際会議

    前山伸也

    令和元年度MHD研究会「プラズマの複雑現象を対象としたデータマイニングの活用」  2019年12月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:核融合科学研究所  

    researchmap

  109. 電子・イオンスケール乱流相互作用の抽出とモデル化 国際会議

    前山伸也, 渡邉智彦

    第36回プラズマ・核融合学会年会  2019年11月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:中部大学  

    researchmap

  110. Methodology for extracting and modeling electron-scale effects in multi-scale plasma turbulence

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2019)  2019年11月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  111. Current status of GKV code

    S. Maeyama

    Joint US-Japan Workshop on PostK-ECP Collaboration and JIFT Exascale Computing Collaboration  2019年10月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  112. 射影演算子法によるプラズマ乱流マルチスケール相互作用の抽出 国際会議

    前山伸也

    プラズマシミュレータシンポジウム2019  2019年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  113. 森-Zwanzigの射影演算子法を利用した小スケールから大スケールへの寄与の抽出とモデル化 国際会議

    前山伸也, 渡邉智彦

    日本物理学会2019年秋季大会  2019年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  114. 電子スケール乱流がイオンスケール乱流に及ぼす影響の抽出 国際会議

    前山伸也, 渡邉智彦

    第74回日本物理学会年次大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  115. 原型炉およびJT-60SAに向けた微視的不安定性の電磁的ジャイロ運動論的解析 国際会議

    前山伸也

    第8回IFERC-CSC研究会  2019年2月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  116. Application of Mori-Zwanzig projection operator method to multi-scale turbulence problems

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe

    Max Planck Princeton Center Workshop 2019 (MPPC2019)  2019年2月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  117. Multi-scale simulation of electron/ion-scale turbulence in Tokamak plasmas 招待有り

    S. Maeyama

    US-Japan JIFT Workshop on Multi-scale Simulations in Plasma Physics  2019年1月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Inuyama, Japan  

    researchmap

  118. Effects of electron-scale turbulence on ion-scale turbulence in Tokamak plasmas 招待有り

    S. Maeyama

    2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2018)  2018年11月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  119. プラズマ乱流マルチスケール相互作用の抽出とモデル化 国際会議

    前山伸也

    プラズマシミュレータシンポジウム2018  2018年9月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  120. JT-60SA・原型炉に向けた微視的電磁不安定性解析 国際会議

    前山伸也

    第24回NEXT研究会  2018年8月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  121. Roles of sub-ion-scale structures on cross-scale interactions in Tokamak plasma turbulence 招待有り

    S. Maeyama

    11th Plasma Kinetics Working Meeting  2018年7月23日  Wolfgang Pauli Institute

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Vienna Austria  

    researchmap

  122. Fourier-Laguerre展開による磁化プラズマ乱流中の位相空間カスケードの解析 国際会議

    前山伸也, 國成希浩, 渡邉智彦

    第73回日本物理学会年次大会  2018年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  123. マイクロティアリングモードが乱流輸送に与える影響 招待有り 国際会議

    前山伸也

    第23回NEXT研究会  2018年2月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  124. Cross-scale interactions between electron and ion scale plasma turbulence via sub-ion-scale structures 国際会議

    前山伸也

    平成29年度閉じ込め・輸送研究会  2017年12月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:核融合研  

    researchmap

  125. Effects of electron-scale turbulence in magnetic fusion plasma 国際会議

    前山伸也

    実験室・宇宙プラズマ研究会「乱流・輸送・粒子加速」  2017年12月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大  

    researchmap

  126. Multi-scale interactions between electron-temperature-gradient-mode and micro-tearing-mode turbulence 国際会議

    前山伸也, 渡邉智彦, 石澤明宏

    Plasma Conference 2017  2017年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:姫路  

    researchmap

  127. Cross-Scale interactions between electron and ion scale plasma turbulence via sub-ion-scale structures 招待有り

    S. Maeyama

    25th International Conference on Numerical Simulation of Plasmas  2017年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Leuven, Belgium  

    researchmap

  128. Suppression of micro-tearing modes by electron temperature gradient modes 国際会議

    前山伸也

    プラズマシミュレータシンポジウム2017  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:核融合研  

    researchmap

  129. Multi-scale turbulence simulations of micro-tearing modes and electron-temperature-gradient modes

    S. Maeyama

    US-Japan JIFT Exascale Computing Workshop 2017  2017年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kashiwa, Japan  

    researchmap

  130. Effects of electron-scale turbulence on micro-tearing modes

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, A. Ishizawa

    7th APTWG International Conference  2017年6月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan  

    researchmap

  131. マイクロティアリングモードに対する電子温度勾配モードの影響 国際会議

    前山伸也, 渡邉智彦, 石澤明宏

    第72回日本物理学会年次大会  2017年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  132. Multi-scale interactions between electron and ion-scale gyrokinetic turbulence in magnetically confined plasmas

    S. Maeyama

    Mini-workshop on plasma turbulence in heliospheric, astrophysical, and experimental plasmas  2017年3月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan  

    researchmap

  133. 有限ベータプラズマにおける微視的不安定性、電磁的乱流、マルチスケール相互作用 国際会議

    前山伸也

    第6回IFERC-CSC研究会  2017年1月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 2020年度JHPCN国際共同研究課題,“Preparing for Exa-systems: Performance portable implementation and scalable data analysis”

    2020年4月 - 2021年3月

    国際共同研究 

    前山伸也(副代表)、Julien Bigot(副代表)、Guillaume Latu、Xavier Garbet、藤井恵介、Kevin Obrejan、井戸村泰宏、渡邉智彦、青木尊之、片桐孝洋

  2. 原型炉に向けたジャイロ運動論モデルによる電磁乱流シミュレーション解析

    2020年4月 - 2021年1月

    令和2年度 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 原型炉設計合同特別チーム公募型共同研究 

    前山伸也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 2019年度JHPCN国際共同研究課題,“Modernizing and accelerating fusion plasma turbulence codes targeting exa-scale systems”

    2019年4月 - 2020年3月

    国際共同研究 

    前山伸也(副代表)、Guillaume Latu(副代表)、Xavier Garbet、渡邉智彦、青木尊之、荻野正雄

  4. 原型炉に向けたジャイロ運動論モデルによる電磁乱流シミュレーション解析

    2019年4月 - 2020年1月

    平成31年度 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 原型炉設計合同特別チーム公募型共同研究 

    前山伸也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 平成30年度JHPCN国際共同研究課題,“Optimisation of Fusion Plasma Turbulence Code toward Post-Petascale Era III”

    2018年4月 - 2019年3月

    国際共同研究 

    前山伸也(副代表)、Guillaume Latu(副代表)、Xavier Garbet、渡邉智彦、青木尊之、荻野正雄

  6. 原型炉に向けたジャイロ運動論モデルによる電磁乱流シミュレーション解析

    2018年4月 - 2019年1月

    平成30年度 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 原型炉設計合同特別チーム公募型共同研究 

    前山伸也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 平成29年度JHPCN共同研究課題,“Optimization of Fusion Plasma Turbulence Code Toward Post-Petascale Era II”

    2017年4月 - 2018年3月

    国内共同研究 

  8. 平成29年度A期HPCIシステム利用研究課題,“核融合プラズマにおける周辺乱流および過渡的プラズマ応答の研究

    2017年4月 - 2018年3月

    国内共同研究 

  9. 平成28年度JHPCN共同研究課題,“Multi-platform Development of Fusion Plasma Turbulence Code Toward Post-Petascale Era”

    2016年4月 - 2017年3月

    国内共同研究 

▼全件表示

科研費 5

  1. プラズマ乱流マルチスケール相互作用の一般化Langevin描像 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20K03892  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前山 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    プラズマ中で生じる乱流は、大きく質量の異なる電子とイオンに起因して、大小様々なスケールの揺らぎを作り出す。近年のスーパーコンピュータを用いた大規模数値シミュレーションにより、広くスケールの離れたこれらの揺らぎの間にも、相互作用が存在することが明らかになった。本研究では、プラズマ物理・非平衡統計力学・データ科学のアプローチを利用して、プラズマ乱流マルチスケール相互作用を異なるスケール間の相関問題として捉え、コヒーレントな相関項と確率的な無相関項として表す一般化Langevin描像として定式化・体系化することを目指す。本研究の成果は、プラズマ物理学・核融合学・宇宙物理学・流体力学などに貢献する。

    researchmap

  2. 原型炉に向けたジャイロ運動論モデルによる電磁乱流シミュレーション解析

    2020年4月 - 2021年1月

    国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門  令和2年度 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 原型炉設計合同特別チーム公募型共同研究 

    前山伸也, 渡邉智彦, 相羽信行, 矢木雅敏, 松山顕之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  3. 局所構造およびパリティの観点から紐解くプラズマ乱流のマルチスケール相互作用 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17K14424  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    前山 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    宇宙や核融合装置などで観測される磁場閉じ込めプラズマでは、密度・温度勾配を駆動源とする微視的不安定性が存在し、電磁場の揺らぎを伴う乱流を作り出す。本課題では、大きく質量の異なる電子とイオンの運動に起因する異なるスケールの乱流間のマルチスケール相互作用の物理メカニズムについて理論・数値シミュレーションを用いて研究を行った。その結果、長波長のイオンスケール不安定においても、運動論的電子の効果により短波長の局所構造が作られ、極短波長の電子スケール不安定性と相互作用することが示された。これは、異なるパリティを持つイオンスケール不安定性についても同様であり、マルチスケール相互作用の普遍性が示唆された。
    プラズマ乱流研究の文脈の下で、電子・イオンスケール乱流間の相互作用はその解析の難しさ故に未解決のまま取り残されてきた。本研究では、乱流を駆動する微視的不安定性の多様性に着目したシミュレーション研究を実施した。イオンスケールの局所電流シート構造を破壊することで極微細スケールの電子スケール乱流が卓越するという、非自明な結果が得られ、申請者らの先行研究との比較からマルチスケール相互作用の普遍的性質が示唆された。その学術的成果は、乱流輸送の予測・評価が装置設計を左右しうる核融合学への貢献、人工衛星観測により多階層・電子スケール物理の研究が進む宇宙物理学への示唆などへの波及効果が期待できる。

    researchmap

  4. 位相空間揺動スペクトルから探る無衝突プラズマ乱流の非等方混合・散逸過程

    研究課題/研究課題番号:16H04086  2016年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    渡邉 智彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本課題の研究目的は、高温磁化プラズマ中に普遍的に観測される電磁乱流揺らぎが、どのような経路を経て非可逆な散逸に至るか、その道程を明らかにし、位相空間上の散逸領域と慣性領域を理論的・数値的に特徴付けること、そこからエネルギー散逸の非等方性を明らかにすることである。さらに、その結果を敷衍し、乱流抑制や輸送の飽和機構の理解へと還元することを目指している。
    平成28年度には、実空間2次元・速度空間1次元の駆動型ジャイロ運動論的シミュレーションを実現し、分布関数揺らぎがエントロピー・カスケードとして微視的スケールに伝達される過程を調べた。その結果、従来よりも強い非等方性をもつ位相空間スペクトル構造が得られた。平成29年度は、5次元ジャイロ運動論的シミュレーション・コードGKVを用いて、トーラス型の磁場閉じ込め核融合プラズマにおける乱流輸送シミュレーションを様々なイオン温度勾配に対して系統的に実施した。これによりエントロピー伝達率をとゾーナル流によるせん断効果の関係を明らかにしてきた。
    3年目となる平成30年度には、上記の結果をまとめて成果発表を行うとともに、Alfven乱流の高解像度簡約化磁気流体シミュレーションならびに電子温度勾配乱流のジャイロ運動論的シミュレーションを進めた。特に前者においては、-5/3乗のベキ指数を満たす乱流スペクトルが、自己駆動型不安定性をもとに自発的に形成される様子を明らかにするとともに、電子慣性効果を含めたモデルを用いた解析も進展した。
    今後、スラブおよびトロイダル配位におけるイオン温度勾配および電子温度勾配乱流を中心にエントロピー揺動の非等方伝達過程の解析を重点的に進める予定である。
    上記の概要にまとめたように、ジャイロ運動論に基づいた駆動型ドリフト波乱流、スラブ配位およびトーラス配位におけるイオン温度勾配乱流、電子温度勾配乱流、さらに簡約化磁気流体モデルを用いたアルヴェン乱流、と研究対象を広げつつ乱流のスペクトル構造とエントロピー伝達について研究を進めてきた。それぞれの成果について成果発表も進めており、研究課題については概ね順調に進展している。
    今後の研究推進方策として、スラブおよびトロイダル配位におけるイオン温度勾配および電子温度勾配乱流を中心に、エントロピー伝達の波数空間非等方性について重点的に研究を進める予定である。特に、イオン温度勾配乱流においては、ランダウ減衰に関わる磁場平行方向の混合過程と有限ジャイロ半径効果が関わる垂直方向の混合過程の分離に焦点を当てた解析を進めたい。そのためには計算資源の集中的な投資が必要となるが、センターなどにおける共同利用課題を有効に活用して研究を進める予定である。さらに、これまでの成果の論文出版についても継続的に進める。

    researchmap

  5. マルチスケールプラズマ乱流におけるミクロメゾスケール渦の形成・消失過程の解明

    研究課題/研究課題番号:26800283  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    前山 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宇宙や核融合装置などで観測される磁場閉じ込めプラズマでは、密度・温度勾配を駆動源とする不安定性が存在し、それにより生じた揺動は乱流を作り出す。本研究では、質量の重いイオンの運動に起因する長波長の乱流と、質量の軽い電子の運動に起因する極短波長の乱流が共存する際に、両者の間で相互作用が存在することを明らかにした。これら大きくスケールの異なる乱流(マルチスケールプラズマ乱流)を数値シミュレーションに基づき詳しく解析し、乱流混合や電子の運動論的応答により、イオンと電子の中間的なスケールの構造(サブイオンスケール構造)が形成され、それを介して両スケールの乱流が相互作用するという物理機構を解明した。

    researchmap

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 物理学セミナー第Ⅵの1

    2020

  2. 物理学演習2c

    2020

  3. 先端物理学特論

    2020

  4. 物理学セミナーV-1

    2019

  5. 先端物理学特論

    2019

  6. 物理学演習2c

    2019

  7. 物理学セミナーV-1

    2018

  8. 先端物理学特論

    2018

  9. プラズマセミナー2

    2018

  10. プラズマセミナー2

    2017

  11. 先端物理学特論

    2017

  12. 物理学セミナーV-1

    2017

  13. プラズマセミナー2

    2016

  14. 物理学セミナーV-1

    2016

  15. 先端物理学特論

    2016

  16. 先端物理学特論

    2015

  17. 物理学セミナーV-1

    2015

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 23

  1. 物理学セミナーV-1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  2. 物理学セミナーV-1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  3. 物理学セミナーV-1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  4. 物理学セミナーV-1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  5. 物理学セミナーV-1

    名古屋大学)

     詳細を見る

  6. 先端物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  7. 先端物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  8. 先端物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  9. 先端物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  10. 先端物理学特論

    名古屋大学)

     詳細を見る

  11. プラズマセミナー2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  12. プラズマセミナー2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  13. プラズマセミナー2

    名古屋大学)

     詳細を見る

  14. Plasma Seminar 2

    Nagoya University)

     詳細を見る

  15. Plasma Seminar 2

    Nagoya University)

     詳細を見る

  16. Plasma Seminar 2

    Nagoya University)

     詳細を見る

  17. Physics Tutorial IIc

    名古屋大学)

     詳細を見る

  18. Physics Tutorial IIc

    Nagoya University)

     詳細を見る

  19. Physics Seminar V-1

    Nagoya University)

     詳細を見る

  20. Physics Seminar V-1

    Nagoya University)

     詳細を見る

  21. Physics Seminar V-1

    Nagoya University)

     詳細を見る

  22. Physics Seminar V-1

    Nagoya University)

     詳細を見る

  23. Physics Seminar V-1

    Nagoya University)

     詳細を見る

▼全件表示

 

メディア報道 1

  1. プラズマ中で起こる乱流の物理的なメカニズムをシミュレーションで解き明かす 会誌・広報誌

    一般財団法人 高度情報科学技術研究機構  広報誌 「京算百景」 Vol. 24  2018年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap