2023/12/01 更新

写真a

ミヤタ カズシ
宮田 一志
MIYATA Kazushi
所属
医学部附属病院 消化器・腫瘍外科(肝胆膵) 病院講師
職名
病院講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2018年10月   名古屋大学 ) 

経歴 1

  1. 名古屋大学   腫瘍外科   助教

    2015年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

 

論文 56

  1. A cell wall-localized cytokinin/purine riboside nucleosidase is involved in apoplastic cytokinin metabolism in Oryza sativa.

    Kojima M, Makita N, Miyata K, Yoshino M, Iwase A, Ohashi M, Surjana A, Kudo T, Takeda-Kamiya N, Toyooka K, Miyao A, Hirochika H, Ando T, Shomura A, Yano M, Yamamoto T, Hobo T, Sakakibara H

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   120 巻 ( 36 ) 頁: e2217708120   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    In the final step of cytokinin biosynthesis, the main pathway is the elimination of a ribose-phosphate moiety from the cytokinin nucleotide precursor by phosphoribohydrolase, an enzyme encoded by a gene named LONELY GUY (LOG). This reaction accounts for most of the cytokinin supply needed for regulating plant growth and development. In contrast, the LOG-independent pathway, in which dephosphorylation and deribosylation sequentially occur, is also thought to play a role in cytokinin biosynthesis, but the gene entity and physiological contribution have been elusive. In this study, we profiled the phytohormone content of chromosome segment substitution lines of Oryza sativa and searched for genes affecting the endogenous levels of cytokinin ribosides by quantitative trait loci analysis. Our approach identified a gene encoding an enzyme that catalyzes the deribosylation of cytokinin nucleoside precursors and other purine nucleosides. The cytokinin/purine riboside nucleosidase 1 (CPN1) we identified is a cell wall-localized protein. Loss-of-function mutations (cpn1) were created by inserting a Tos17-retrotransposon that altered the cytokinin composition in seedling shoots and leaf apoplastic fluid. The cpn1 mutation also abolished cytokinin riboside nucleosidase activity in leaf extracts and attenuated the trans-zeatin riboside-responsive expression of cytokinin marker genes. Grain yield of the mutants declined due to altered panicle morphology under field-grown conditions. These results suggest that the cell wall-localized LOG-independent cytokinin activating pathway catalyzed by CPN1 plays a role in cytokinin control of rice growth. Our finding broadens our spatial perspective of the cytokinin metabolic system.

    DOI: 10.1073/pnas.2217708120

    Scopus

    PubMed

  2. TUG1-mediated R-loop resolution at microsatellite loci as a prerequisite for cancer cell proliferation.

    Suzuki MM, Iijima K, Ogami K, Shinjo K, Murofushi Y, Xie J, Wang X, Kitano Y, Mamiya A, Kibe Y, Nishimura T, Ohka F, Saito R, Sato S, Kobayashi J, Yao R, Miyata K, Kataoka K, Suzuki HI, Kondo Y

    Nature communications   14 巻 ( 1 ) 頁: 4521   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Nature Communications  

    Oncogene-induced DNA replication stress (RS) and consequent pathogenic R-loop formation are known to impede S phase progression. Nonetheless, cancer cells continuously proliferate under such high-stressed conditions through incompletely understood mechanisms. Here, we report taurine upregulated gene 1 (TUG1) long noncoding RNA (lncRNA), which is highly expressed in many types of cancers, as an important regulator of intrinsic R-loop in cancer cells. Under RS conditions, TUG1 is rapidly upregulated via activation of the ATR-CHK1 signaling pathway, interacts with RPA and DHX9, and engages in resolving R-loops at certain loci, particularly at the CA repeat microsatellite loci. Depletion of TUG1 leads to overabundant R-loops and enhanced RS, leading to substantial inhibition of tumor growth. Our data reveal a role of TUG1 as molecule important for resolving R-loop accumulation in cancer cells and suggest targeting TUG1 as a potent therapeutic approach for cancer treatment.

    DOI: 10.1038/s41467-023-40243-8

    Scopus

    PubMed

  3. A feasibility study of modified docetaxel, cisplatin, and capecitabine for advanced gastric cancer followed by gastrectomy. 国際誌

    Liang Y, Maeda O, Miyata K, Tanaka C, Kanda M, Shimizu D, Fukaya M, Koike M, Kodera Y, Ando Y

    Asia-Pacific journal of clinical oncology     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asia-Pacific Journal of Clinical Oncology  

    Aims: To explore the feasibility of modified docetaxel, cisplatin, and capecitabine (mDCX) chemotherapy with a lower dose of docetaxel than previously reported for stage III resectable gastric cancer patients with a high risk of recurrence or for stage IV gastric cancer patients aiming for conversion surgery. Methods: Patients with stage III resectable HER2-negative gastric cancer with large type 3 or type 4 tumors or extensive lymph node metastasis (bulky N or cN3) and those who had stage IV HER2-negative gastric cancer with distant metastasis were enrolled to receive 30 mg/m2 docetaxel and 60 mg/m2 cisplatin on day 1, followed by 2000 mg/m2 capecitabine per day for 2 weeks every 3 weeks. Results: Five patients with stage III gastric cancer with a high risk of recurrence received three courses of mDCX, and four patients with stage IV gastric cancer received three or four courses of mDCX. In terms of grade 3 or worse adverse events, leukopenia was observed in one (11%) patient, neutropenia in two (22%) patients, anemia in one (11%) patient, anorexia in two (22%) patients and nausea in two (22%) patients. All six patients with measurable lesions achieved a partial response. All nine patients underwent subsequent surgeries. The histological responses of the nine patients revealed grade 3 in one (11%) patient, grade 2 in five (56%) patients, and grade 1a in three (33%) patients. Three of the nine patients survived without recurrence, and two of them survived for more than four years. Conclusions: mDCX seems to be feasible and may be helpful as neoadjuvant chemotherapy for patients at high risk of recurrence or as chemotherapy for patients who are likely to undergo conversion surgery.

    DOI: 10.1111/ajco.13995

    Scopus

    PubMed

  4. A risk scoring system for early diagnosis of anastomotic leakage after subtotal esophagectomy for esophageal cancer. 国際誌

    Sugita S, Miyata K, Shimizu D, Ebata T, Yokoyama Y

    Japanese journal of clinical oncology     2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyad072

    PubMed

  5. 免疫チェックポイント阻害薬治療後に病理学的完全奏効が確認できた高頻度マイクロサテライト不安定性大腸癌限局性腹壁再発の1切除例

    西村 元伸, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 水野 隆史, 宮田 一志, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本消化器外科学会雑誌   56 巻 ( 4 ) 頁: 221 - 228   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p>近年,高頻度マイクロサテライト不安定性(microsatellite instability-high;以下,MSI-Hと略記)切除不能大腸癌に対し,免疫チェックポイント阻害薬(immune checkpoint inhibitors;以下,ICIと略記)使用が推奨されている.今回,ICI投与後に根治切除を行ったborderline resectableの1例を経験したため報告する.S状結腸癌術後1年,前医で左下腹壁に浸潤する限局性腹壁再発を指摘された.RAS/BRAF野生型であり,一次治療としてFOLFIRI+panitumumabを施行し,縮小を認めたため切除の可能性を求めて当科を受診した.MSI-Hを呈しており,さらなる病勢制御のためにipilimumab+nivolumab併用療法を導入した.中間画像評価では5%の増大を示したため,3コースで終了し根治手術(腹壁腫瘍切除+リンパ節郭清+大腿筋膜腹壁再建)を施行した.病理結果は完全奏効で,術後補助療法は施行せず,無再発経過観察中である.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2022.0056

    Scopus

    CiNii Research

  6. Feasibility assessment of global standard chemoradiotherapy followed by surgery in patients with esophageal cancer. 国際誌

    Liang Y, Maeda O, Miyata K, Kanda M, Shimizu D, Sugita S, Okada T, Ito J, Kawamura M, Ishihara S, Nakatochi M, Ando M, Kodera Y, Ando Y

    Molecular and clinical oncology   18 巻 ( 4 ) 頁: 34 - 34   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular and Clinical Oncology  

    The present study aimed to assess the feasibility of global standard chemoradiotherapy (CRT) followed by surgery in patients with esophageal cancer. A prospective study was conducted at Nagoya University Hospital (Nagoya, Japan) to evaluate global standard CRT followed by surgery in patients with esophageal cancer. The CRT regimen consisted of 75 mg/m2 cisplatin on day 1 and 1,000 mg/m2 fluorouracil daily on days 1-4 given twice 4 weeks apart together with concurrent esophageal irradiation starting on day 1 (group A). For comparison, 17 patients with esophageal cancer who had received the same chemotherapy regimen but with lower drug doses were retrospectively reviewed: 70 mg/m2 cisplatin on day 1 and 700 mg/m2 fluorouracil daily on days 1-4 given twice 4 weeks apart together with concurrent esophageal irradiation starting on day 1 (group B). Grade 3 or worse adverse events were observed in 9 of the 12 patients (75%) in group A and in 5 of the 17 patients (29%) in group B. The patients in group A were more likely to experience grade 3 or worse neutropenia (50%) than those in group B (6%). No febrile neutropenia or treatment-related deaths occurred in either group. A total of 11 patients (92%) in group A and 16 patients (94%) in group B subsequently underwent an esophagectomy, and 9 (82%) and 14 (88%) of these patients, respectively, achieved microscopically margin-negative resection (R0 resection). In conclusion, global standard CRT was more likely to cause severe but manageable adverse events. There was no apparent difference in the R0 resection rate or postoperative complications between the two treatments. This clinical trial was registered at the Japan Registry of Clinical Trials (trial registration number: jRCT1041180004) on September 11, 2018.

    DOI: 10.3892/mco.2023.2630

    Scopus

    PubMed

  7. 治癒切除不能胃癌におけるconversion surgery対象選択の客観的指標とはなにか?

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 宮田 一志, 清水 大, 杉田 静紀, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   123回 巻   頁: SF - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  8. Risk Factors for Muscle Loss During Neoadjuvant Therapy for Esophageal Cancer. 国際誌

    Shimizu D, Miyata K, Fukaya M, Sugita S, Ebata T

    Anticancer research   43 巻 ( 3 ) 頁: 1309 - 1315   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    Background/Aim: In patients with esophageal cancer, muscle loss induced by neoadjuvant therapy before esophagectomy is correlated with poor prognosis. However, little is known about the causes of muscle loss. Thus, the purpose of this retrospective study was to clarify the risk factors for muscle loss during neoadjuvant therapy. Patients and Methods: Patients with esophageal cancer who underwent neoadjuvant therapy before esophagectomy between 2009 and 2020 were investigated (n=132). The patients received either cisplatin plus 5-fluorouracil (CF); docetaxel, cisplatin plus 5-fluorouracil (DCF); or CF with radiotherapy as neoadjuvant therapy. The cross-sectional areas of the bilateral psoas muscles were measured at the level of the third lumbar vertebra using CT, before and after neoadjuvant therapy, and psoas muscle loss was calculated. The patients were divided into the high muscle loss group with 5% or more muscle loss or the low muscle loss group with less than 5% loss. Correlations between muscle loss and clinical factors were evaluated. Results: The median value of psoas muscle loss was 5.30%. Psoas muscle loss was significantly correlated with a poor 3-year overall survival rate (p=0.034). Multivariate analysis showed that the independent factors associated with muscle loss were age ≥70 years [odds ratio (OR)=2.43, p=0.022], treatment with DCF (OR=3.47, p=0.034), and a poor response to neoadjuvant therapy (OR=2.68, p=0.028). Conclusion: A regimen of DCF was a major trigger of muscle loss during neoadjuvant therapy.

    DOI: 10.21873/anticanres.16278

    Scopus

    PubMed

  9. Cyclodextrin Conjugated α-Bisabolol Suppresses FAK Phosphorylation and Induces Apoptosis in Pancreatic Cancer. 国際誌

    Kano MT, Kokuryo T, Baba T, Yamazaki K, Yamaguchi J, Sunagawa M, Ogura A, Watanabe N, Onoe S, Miyata K, Mizuno T, Uehara K, Igami T, Yokoyama Y, Ebata T, Nagino M

    Anticancer research   43 巻 ( 3 ) 頁: 1009 - 1016   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    Background/Aim: α-Bisabolol is an essential oil component extracted from plants, such as chamomile. We have previously reported that α-bisabolol suppressed proliferation, invasion, and motility of pancreas cancer. Cyclodextrin improved the solubility of α-bisabolol, therefore it enabled to administer intravenously. The aim of this study was to clarify the effect of cyclodextrin conjugated α- bisabolol (CD-BSB) and the signals pathways associated with α-bisabolol for pancreatic cancer. Materials and Methods: Human pancreatic cancer cell lines were treated with or without CD-BSB. Cytomorphology and apoptosis were assessed in these treated groups. In addition, several phosphorylated proteins were analyzed to clarify the signal pathway concerning CD-BSB. In subcutaneous xenograft model, tumor volume and Ki-67 expression were evaluated among Control (untreated), CD-BSB, or Gemcitabine (GEM). Results: CD-BSB significantly changed cytomorphology and induced apoptosis in pancreatic cancer cells. CD-BSB suppressed phosphorylation of focal adhesion kinase (FAK). In addition, pFAK 397 was inhibited by CD-BSB in a concentration-dependent manner in cancer cells. In the subcutaneous xenograft models, the tumor volume in the CDBSB groups was lower than Control groups. Ki67-positive cells in CD-BSB treated group were lower than the GEMtreated groups. Conclusion: We clarified the efficiency of CDBSB in xenograft tumor using intravenous administration. α- Bisabolol suppresses phosphorylation of FAK 397 and impairs cytoskeletal polymerization in a pancreatic cancer cell line. Further investigations are required to reveal the precise mechanisms of the antitumor effects of solubilized α- bisabolol to facilitate its clinical application. Our data indicate that solubilized α-bisabolol has therapeutic potential and could improve the prognosis of cancer patients.

    DOI: 10.21873/anticanres.16245

    Scopus

    PubMed

  10. Antitumor Effects of Deep Ultraviolet Irradiation for Pancreatic Cancer. 国際誌

    Yamazaki K, Kokuryo T, Yamaguchi J, Sunagawa M, Ogura A, Watanabe N, Onoe S, Miyata K, Mizuno T, Uehara K, Igami T, Yokoyama Y, Ebata T, Nagino M

    Anticancer research   43 巻 ( 2 ) 頁: 621 - 630   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    Background/Aim: Deep ultraviolet (DUV) light spans within the 250 nm to 350 nm invisible wavelength range. Although it strongly damages various cells, the efficacy of DUV irradiation on pancreatic cancer cells has never been clarified. The purpose of this study was to reveal the antitumor effects of DUV irradiation on pancreatic cancer cells. Materials and Methods: Human pancreatic cancer cell lines were eradicated with DUV or ultraviolet A (UVA) for 5 s. Several angiogenesis-related proteins were studied in cancer cells after DUV irradiation using a protein antibody array. A subcutaneous xenograft model was established by inoculation of pancreatic cancer cells into mice. Tumors in this model were irradiated with DUV or UVA once or twice for two weeks. Tumor volumes in these groups (DUV×1: one irradiation, DUV×2: two irradiations, and untreated) were analyzed one week after the second irradiation. Results: DUV irradiation significantly changed the cytomorphology of pancreatic cancer cells. In addition, DUV irradiation induced apoptosis on pancreatic cancer cells more strongly than UVA irradiation and no irradiation. Interestingly, lower expression of thrombospondin 1 (TSP1) and tissue inhibitor of metalloproteinase 1 (TIMP1) was identified after DUV treatment. The tumor volume in the DUV-treated groups (DUV×1 and DUV×2) was smaller than that in the untreated group. Conclusion: Further investigations are required to reveal the precise mechanisms of the antitumor effects of DUV irradiation and to facilitate its clinical application as a new therapy for pancreatic cancer. Overall, DUV irradiation can be potentially used as a therapeutic option of pancreatic malignancy.

    DOI: 10.21873/anticanres.16198

    Scopus

    PubMed

  11. Correlation of Brain Metastasis Shrinking and Deviation During 10-Fraction Stereotactic Radiosurgery With Late Sequela: Suggesting Dose Ramification Between Tumor Eradication and Symptomatic Radionecrosis. 国際誌

    Ohtakara K, Tanahashi K, Kamomae T, Miyata K, Suzuki K

    Cureus   15 巻 ( 1 ) 頁: e33411   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.7759/cureus.33411

    PubMed

  12. Proposal for Shape Memory Alloy Positioning Actuator using Electric Parameter Based Controller

    Miyata K., Kawazoe Y., Hara S.

    IEEJ Journal of Industry Applications   12 巻 ( 2 ) 頁: 153 - 154   2023年

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEJ Journal of Industry Applications  

    This paper proposes the controller design for a shape memory alloy (SMA) positioning actuator system. The system utilizes spiral-formed SMA wire as the driving power source. SMA generates force via temperature-based crystalline phase transitions. The wire is deformed in the spiral form under low temperature and heated by applying direct current, it recovers to the original form and generates the recovering force, which rotates the attached load. This paper proposes using the electric resistance of the SMA, which is related to its crystalline phase status, for designing the controller of the actuator system. The feasibility of the proposed system and controller design are evaluated experimentally with a sample test device, manufactured using a 3D printer, and the device achieves the designed rotation.

    DOI: 10.1541/ieejjia.L22000583

    Scopus

  13. Preoperative docetaxel, cisplatin, and fluorouracil treatment with pegfilgrastim on day 7 for patients with esophageal cancer: A phase II study. 国際誌

    Maeda O, Fukaya M, Koike M, Miyata K, Kanda M, Nishida K, Ando M, Kodera Y, Ando Y

    Asia-Pacific journal of clinical oncology   18 巻 ( 6 ) 頁: 578 - 585   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asia-Pacific Journal of Clinical Oncology  

    Aims: The docetaxel and cisplatin plus 5-fluorouracil (5-FU) (DCF) regimen is expected to be superior to cisplatin plus 5-FU for the preoperative treatment of esophageal cancer. However, a high risk of adverse effects, including febrile neutropenia (FN), has been reported. To evaluate the effectiveness and safety of DCF with prophylactic pegfilgrastim, we conducted a phase II study. Methods: The regimen consisted of intravenous administration of docetaxel (70 mg/m2 per day) and cisplatin (70 mg/m2 per day) on day 1 and a continuous infusion of 5-FU (750 mg/m2 per day) on days 1–5. A single 3.6-mg dose of pegfilgrastim was given as a subcutaneous injection on day 7 of each cycle. This regimen was repeated every 3 weeks for a maximum of three cycles. The primary endpoint was the grade-2/3 histopathological response rate. Results: Thirty-seven eligible patients were enrolled and received DCF. Thirty-four patients underwent esophagectomy. Two patients received chemoradiotherapy or radiotherapy without surgery. One patient withdrew consent and ended his hospital visit. One patient received additional radiotherapy before surgery. Histopathological responses of grade 3, grade 2, grade 1b, and grade 1a were observed in two (5.4%), 14 (37.8%), 10 (27.0%), and seven (18.9%) patients, respectively, and the primary endpoint was met. Of the 37 eligible patients, 11 (29.7%) developed FN in the first cycle. Conclusions: Since the histopathological responses were as expected, DCF with prophylactic pegfilgrastim is considered to be effective as preoperative chemotherapy. However, the prophylactic use of pegfilgrastim on day 7 was insufficient to prevent FN.

    DOI: 10.1111/ajco.13755

    Scopus

    PubMed

  14. Early volume loss of skeletal muscle after esophagectomy: a risk for late-onset postoperative pneumonia. 国際誌

    Nishimura K, Miyata K, Fukaya M, Yokoyama Y, Uehara K, Yamaguchi J, Mizuno T, Onoe S, Ogura A, Ebata T

    Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus   35 巻 ( 11 )   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diseases of the Esophagus  

    Late-onset postoperative pneumonia (LOPP) after esophagectomy is poorly understood. This study was designed to clarify the features and risk factors for this event. Patients who underwent esophagectomy for esophageal cancer between 2006 and 2016 were included. LOPP was defined as radiologically proven pneumonia that occurred over 3 months after surgery, and clinically relevant late-onset postoperative pneumonia (CR-LOPP) was defined as LOPP that required administration of oxygen and antibiotics in the hospital and/or more intensive treatment. The total psoas muscle area (TPA) was measured using preoperative and postoperative (at 3 months after surgery) computed tomography scan images. Potential risk factors for CR-LOPP were investigated. Among 175 study patients, 46 (26.3%) had LOPP, 29 (16.6%) of whom exhibited CR-LOPP with a cumulative incidence of 15.6% at 3 years and 22.4% at 5 years. Four (13.8%) of these patients died of LOPP. Univariable analysis showed that clinical stage ≥III (P = 0.005), preoperative prognostic nutritional index (PNI) <45 (P = 0.035), arrhythmia (P = 0.014), postoperative hospital stay ≥40 days (P = 0.003), and percent decrease of TPA more than 5% (P < 0.001) were associated with CR-LOPP but not early onset postoperative pneumonia. Multivariable analysis revealed that clinical stage ≥III (hazard ratio [HR] 3.01, P = 0.004), postoperative hospital stay ≥40 days (HR 2.51, P = 0.015), and percent decrease of TPA >5% (HR 9.93, P < 0.001) were independent risk factors for CR-LOPP. CR-LOPP occurred in over 20% of patients at 5 years, and early postoperative loss of TPA was a potential trigger for this delayed complication.

    DOI: 10.1093/dote/doac019

    Scopus

    PubMed

  15. Trefoil factor 1 inhibits the development of esophageal adenocarcinoma from Barrett's epithelium. 国際誌

    Hasebe K, Yamazaki K, Yamaguchi J, Kokuryo T, Yokoyama Y, Miyata K, Fukaya M, Nagino M, Ebata T

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   102 巻 ( 8 ) 頁: 885 - 895   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Laboratory Investigation  

    Trefoil factor family 1 (TFF1) is one of three members of the trefoil factor family that are abundantly expressed in the gastrointestinal mucosal epithelium. Recent studies have shown that TFF1 acts as a tumor suppressor in gastric, pancreatic and hepatocellular carcinogenesis; however, little is known about its function in esophageal carcinogenesis, especially in esophageal adenocarcinoma (EAC). Barrett’s epithelium is the metaplastic columnar epithelium of the esophagus and a known premalignant lesion of EAC. To investigate the role of TFF1 in EAC development, a mouse model of Barrett’s epithelium was employed, and human specimens of EAC were assessed by immunohistochemistry (IHC) and methylation-specific PCR. Wild-type (WT) mice underwent gastrojejunostomy on the forestomach, resulting in the development of Barrett’s epithelium-like (BE-like) epithelium adjacent to the anastomotic site. BE-like epithelium in these mice expressed TFF1, indicating the association of TFF1 with esophageal adenocarcinoma. TFF1-knockout (TFF1KO) mice underwent the same procedure as well, revealing that a deficiency in TFF1 resulted in the development of adenocarcinoma in the anastomotic site, presumably from BE-like epithelium. IHC of human samples revealed strong TFF1 expression in Barrett’s epithelium, which was lost in some EACs, confirming the association between TFF1 and EAC development. Aberrant DNA hypermethylation in TFF1 promoter lesions was detected in TFF1-negative human EAC samples, further confirming not only the role of TFF1 in EAC but also the underlying mechanisms of TFF1 regulation. In addition, IHC revealed the nuclear translocation of β-catenin in human and mouse EAC, suggesting that activation of the Wnt/β-catenin pathway was induced by the loss of TFF1. In conclusion, these results indicate that TFF1 functions as a tumor suppressor to inhibit the development of esophageal carcinogenesis from Barrett’s epithelium.

    DOI: 10.1038/s41374-022-00771-1

    Scopus

    PubMed

  16. 特集 直腸癌局所再発に挑む-最新の治療戦略と手術手技 総論 局所再発直腸癌の治療方針-臓器温存手術や遠隔転移併存症例の手術適応も含めて

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希

    臨床外科   77 巻 ( 5 ) 頁: 514 - 519   2022年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213704

    CiNii Research

  17. 【本邦の大腸癌治療の現状と展望-海外における標準治療と比較して】局所再発に対する治療選択と実践

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本外科学会雑誌   123 巻 ( 3 ) 頁: 255 - 261   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  18. 【本邦の大腸癌治療の現状と展望-海外における標準治療と比較して】局所再発に対する治療選択と実践

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本外科学会雑誌   123 巻 ( 3 ) 頁: 255 - 261   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    局所再発直腸癌に対する治療戦略はその病態の不均一性から治療は個々の症例に応じて選択すべきである.そのためには,手術技術を磨くことは当然のことであるが,近年発達著しい集学的治療の知識を身に着け,経験を積むことが必要不可欠である.性質上,無作為化比較試験からの情報を得ることが難しく,多くがセンター施設での経験に基づく指針ではあるが,本稿では,本邦および海外での局所再発直腸癌治療の現状と展望を述べる.(著者抄録)

  19. 小細胞癌成分を含む胆管癌の2切除例

    南 貴之, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 伊神 剛, 上原 圭, 宮田 一志, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本消化器外科学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 240 - 250   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p>外科的切除後に対照的な経過を呈した胆管小細胞癌の2例を経験した.症例1は70歳の男性で,肝門部領域胆管癌に対して肝左葉尾状葉切除,肝外胆管切除を施行した.病理組織学的に乳頭腺癌と小細胞癌が混在する腺神経内分泌癌を認め,小細胞癌成分の静脈侵襲を認めた.進行度はpT2N0M0,fStage IIであった.術後にゲムシタビン単独療法を行ったが,術後4か月目に多発肝再発を認め,5か月目に原病死した.症例2は65歳の男性で,遠位胆管癌に対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除を施行した.病理組織学的に神経内分泌癌(小細胞癌)を認め,進行度はpT2N1M0,fStage IIIと診断された.術後に,肺小細胞癌に準じてシスプラチン+エトポシド併用療法を4コース投与した.現在,術後8年無再発生存中である.胆管小細胞癌は根治切除後も早期再発する例が多く,肺小細胞癌に準じた薬物治療を含む集学的治療が必要である.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2021.0083

    Scopus

    CiNii Research

  20. 切除可能同時性肝転移症例の治療戦略 肝実質温存術式の有用性

    三品 拓也, 水野 隆史, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太朗, 服部 憲史, 中山 吾郎, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本外科学会定期学術集会抄録集   122回 巻   頁: SF - 7   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  21. 悪性転化した仙尾部奇形腫の2例

    西村 元伸, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 小林 龍太朗, 神野 孝徳, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希

    日本外科学会定期学術集会抄録集   122回 巻   頁: DP - 8   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  22. 特集 胆道癌治療の最前線 II. 各論 4.肝外胆管癌に対する手術術式と適応

    尾上 俊介, 水野 隆史, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 江畑 智希

    外科   84 巻 ( 2 ) 頁: 136 - 141   2022年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka84_136

    CiNii Research

  23. Impact of synbiotics treatment on bacteremia induced during neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer: A randomised controlled trial. 国際誌

    Fukaya M, Yokoyama Y, Usui H, Fujieda H, Sakatoku Y, Takahashi T, Miyata K, Niikura M, Sugimoto T, Asahara T, Nagino M, Ebata T

    Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland)   40 巻 ( 12 ) 頁: 5781 - 5791   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Nutrition  

    Background & aims: To elucidate the impact of synbiotics on bacterial translocation and subsequent bacteremia during neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer. Methods: Patients requiring neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer were randomized to receive synbiotics (synbiotics group) or no synbiotics (control group) during chemotherapy. Blood and fecal samples were taken before and after every chemotherapy cycle, and 1 day before surgery. Mesenteric lymph nodes (MLNs) were harvested at laparotomy (MLN-1) and after resection of the tumor (MLN-2). Bacteria in each sample were detected. Fecal microbiota and organic acid concentrations were also determined. The primary endpoint was the detection of bacteria in the blood samples, as well as the incidence of side effects during chemotherapy. The secondary endpoint was the detection rate of bacteria in the MLN samples collected during surgery. Results: The study recruited a total of 42 patients (22 in the control group, 20 in the synbiotics group). Bacteria were detected in 16 of 101 blood samples in the control group, whereas those were detected only 2 of 100 blood samples in the synbiotics group (p < 0.001) during neoadjuvant chemotherapy. Additionally, bacteria were detected in 12 of 34 MLN samples in the control group, whereas no bacteria were detected in 38 MLN samples in the synbiotics group (p < 0.001). Suppression of bacterial translocation was at least partly associated with an increased fecal acetic acid concentration as well as a lowered fecal pH by synbiotics. The incidence rate of grade 3 gastrointestinal toxicity during chemotherapy was lower in the synbiotics group compared to the control group (8/22 vs. 1/20, p = 0.022). Conclusions: Neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer may induce bacterial translocation and subsequent bacteremia, which can be prevented by synbiotics administration. Trial registration: The University Hospital Medical Information Network (http://www.umin.ac.jp; registration number ID 000007651).

    DOI: 10.1016/j.clnu.2021.10.004

    Scopus

    PubMed

  24. Neoadjuvant docetaxel, oxaliplatin plus S-1 for treating clinical stage III squamous cell carcinoma of the esophagus: Study protocol of an open-label phase II trial. 国際誌

    Kanda M, Shimizu D, Miyata K, Maeda O, Tanaka C, Inokawa Y, Hattori N, Hayashi M, Ando M, Kuwatsuka Y, Murotani K, Nakayama G, Koike M, Ando Y, Ebata T, Kodera Y

    Contemporary clinical trials communications   24 巻   頁: 100853 - 100853   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Contemporary Clinical Trials Communications  

    In Japan, esophagectomy after two courses of 5-fluorouracil plus cisplatin is regarded a standard strategy for treating resectable stage II or III esophageal squamous cell carcinoma (ESCC). However, 5-fluorouracil plus cisplatin does not benefit cohorts with clinical stage III ESCC, suggesting the requirement for a more effective regimen. We are conducting a single-arm phase II study to assess the safety and efficacy of neoadjuvant docetaxel, oxaliplatin plus S-1 (DOS) for treating patients with clinical stage III ESCC. The primary endpoint is the pathological response rate, and the target number is 45 patients. Safety, response rate, R0 resection rate, and survival are secondary endpoints. This trial is registered in the Japan Registry of Clinical Trials as jRCTs041210023. We are conducting a prospective phase II trial to evaluate the safety and efficacy of three courses of neoadjuvant DOS treatment followed by radical esophagectomy for clinical stage III ESCC.

    DOI: 10.1016/j.conctc.2021.100853

    Scopus

    PubMed

  25. 増刊号 Stepごとに要点解説 標準術式アトラス最新版-特別付録Web動画 4.大腸 直腸癌-骨盤内臓全摘術

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 三品 拓也, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希

    臨床外科   76 巻 ( 11 ) 頁: 128 - 137   2021年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213500

    CiNii Research

  26. II. Treatment for Recurrent Cholangiocarcinoma

    Watanabe N., Yokoyama Y., Igami T., Uehara K., Mizuno T., Yamaguchi J., Miyata K., Onoe S., Ogura A., Ebata T.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1226   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy  

    Scopus

  27. [Ⅱ.Treatment for Recurrent Cholangiocarcinoma].

    Watanabe N, Yokoyama Y, Igami T, Uehara K, Mizuno T, Yamaguchi J, Miyata K, Onoe S, Ogura A, Ebata T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1226   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  28. Liver、Pancreas、Biliary Tract Cancer 肝・胆・膵癌 再発肝胆膵がんへの新たな挑戦 II.胆管癌切除後再発への治療方針

    渡辺 伸元, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 小倉 淳司, 江畑 智希

    癌と化学療法   48 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1226   2021年10月

  29. 特集 側方リンパ節郭清のすべて-開腹からロボット手術まで 手技の実際 経肛門的アプローチによる側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希

    臨床外科   76 巻 ( 5 ) 頁: 596 - 602   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213349

    CiNii Research

  30. 手術症例報告 下咽頭癌術後の腹臥位胸腔鏡下食道癌手術─永久気管孔,両側DP(deltopectoral)皮弁の取り扱いに注意を要した1例

    川上 次郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 富永 健太, 丸尾 貴志, 江畑 智希

    手術   75 巻 ( 5 ) 頁: 905 - 910   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版  

    DOI: 10.18888/op.0000002217

    CiNii Research

  31. 頸部リンパ節転移再発に対し二次治療が著効し病理学的完全奏効を得たRAS/BRAF V600E変異型横行結腸癌の1例

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 江畑 智希

    日本消化器外科学会雑誌   54 巻 ( 4 ) 頁: 278 - 284   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器外科学会  

    <p>今日,進行再発大腸癌治療において遺伝子検査は必要不可欠なものとなっている.中でもBRAF V600E変異症例の予後は極めて不良と報告され,その治療選択に悩むことは少なくない.今回,オキサリプラチンベースの術後補助化学療法が終了した直後の術後9か月の早期に,頸部リンパ節再発を来し,BRAF V600E変異型で予後不良が予測された症例に対し,二次治療としてのFOLFIRI+aflibercept療法が著効し,切除により病理学的完全奏効を確認した1例を経験した.術後経過観察期間は9か月とまだ短いが,外来で無再発,無治療で経過観察中である.予後不良とされるBRAF V600E変異型であっても野生型と同様に一定の全身コントロールが可能であれば,転移巣切除を考慮する意義はあると考えられた.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2020.0057

    Scopus

    CiNii Research

  32. 下咽頭癌術後の腹臥位胸腔鏡下食道癌手術 永久気管孔,両側DP(deltopectoral)皮弁の取り扱いに注意を要した1例

    川上 次郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 富永 健太, 丸尾 貴志, 江畑 智希

    手術   75 巻 ( 5 ) 頁: 905 - 910   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    症例は60歳代男性で、下咽頭癌術後7年の上部消化管内視鏡検査で中咽頭癌と胸部上部表在食道癌が指摘された。中咽頭癌に対するELPS(endoscopic laryngopharyngeal surgery)を先行し、その後、食道癌に対するESD(endoscopic submucosal dissection)を予定した。下咽頭癌に対する手術時、術後に永久気管孔壊死と皮弁壊死を繰り返し、右DP(deltopectoral)皮弁再建、さらに左DP皮弁再建が追加された。気管血流を温存することに配慮して術式を立案した。気管支動脈、奇静脈弓のほか、伴走する右気管支動脈の上行枝と下行枝を温存し、大動脈弓から直接分岐する左気管枝動脈も温存し、気管分岐部の郭清を省略した。さらに、腹腔鏡用手補助下胃管を作製、後縦隔経路で胃管を挙上した。頸部は皮弁からの気管孔血流を温存するため、左DP皮弁外縁で切開、遊離空腸-食道吻合部で離断し、残食道を全摘した。その後、吻合部狭窄に対しバルーン拡張を、嚥下機能低下に対し嚥下訓練を行い、術後101日から食事を開始し術後138日に退院した。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2021&ichushi_jid=J00620&link_issn=&doc_id=20210428180019&doc_link_id=10.18888%2Fop.0000002217&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.18888%2Fop.0000002217&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  33. Repair of gastro-tracheobronchial fistula after esophagectomy for esophageal cancer using intercostal muscle and latissimus dorsi muscle flaps: a case report. 国際誌

    Miyata K, Fukaya M, Nagino M

    Surgical case reports   6 巻 ( 1 ) 頁: 172 - 172   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00936-4

    Web of Science

    PubMed

  34. Successful two-stage operation for esophageal necrosis due to proton beam therapy followed by sorafenib in a case of large hepatocellular carcinoma. 国際誌

    Higaki E, Fukaya M, Miyata K, Kawai R, Abe T

    Surgical case reports   6 巻 ( 1 ) 頁: 138 - 138   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00902-0

    Web of Science

    PubMed

  35. 特集 進行直腸癌のベストプラクティス II. 各論 5.局所再発直腸癌の再発部位を意識した治療戦略

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人

    外科   82 巻 ( 7 ) 頁: 742 - 748   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka82_742

    CiNii Research

  36. A prospective trial to evaluate treatment effects of a β-hydroxy-β-methylbutyrate containing nutrient for leakage at the anastomotic site after esophagectomy.

    Kanda M, Koike M, Fukaya M, Miyata K, Tanaka C, Kobayashi D, Hayashi M, Yamada S, Nakayama G, Murotani K, Fujiwara M, Nagino M, Kodera Y

    Nagoya journal of medical science   82 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 37   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    Anastomotic leakage after esophagectomy is associated with prolonged hospitalization and increased medical cost. Additionally, it sometimes leads to a fatal condition and impaired postoperative quality of life. During the process of wound healing, β-hydroxy-β-methylbutyrate (HMB) is important for collagen biosynthesis. An open-label prospective intervention trial has been designed to evaluate the treatment effect of an enteral nutrient containing HMB with arginine and glutamine (Abound, Abbott Japan Co., Ltd.) for leakage at the anastomotic site after esophagectomy. Patients in whom leakage at the anastomotic site developed within 14 days after esophagectomy are eligible and Abound (24 g) is administered for 14 days through an enteral feeding tube. The target sample size is 10. The primary endpoint is duration between diagnosis and cure of leakage. Surgical procedure, safety, length of fasting, drainage placement and hospital stay, and nutritional status are determined as secondary endpoints. A historical control consisting of 20 patients who had leakage at the anastomotic site after esophagectomy between 2005 and 2018 at Nagoya University Hospital is compared with enrolled patients.

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.33

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. The impact of cervical lymph node dissection on acid and duodenogastroesophageal reflux after intrathoracic esophagogastrostomy following transthoracic esophagectomy.

    Asai S, Fukaya M, Miyata K, Itatsu K, Miyahara R, Furukawa K, Ebata T, Nagino M

    Surgery today   49 巻 ( 12 ) 頁: 1029 - 1034   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purpose: The aim of this study was to evaluate the impact of cervical lymph node dissection on acid reflux and duodenogastroesophageal reflux (DGER) in patients undergoing transthoracic esophagectomy with gastric tube reconstruction and intrathoracic esophagogastrostomy. Methods: Thirty-one patients receiving transthoracic esophagectomy with gastric tube reconstruction by intrathoracic esophagogastrostomy were divided into the following two groups: a two-field lymph node dissection group (2F group) and a three-field lymph node dissection group (3F group). All patients underwent 24-h pH and bilirubin monitoring and gastrointestinal endoscopy at 1 year after surgery. The 24-h pH and bilirubin monitoring results, endoscopic findings, and reflux symptoms were compared between the 2 groups. Results: No acid reflux was observed in the 2F group, whereas it was observed in 6 (40%) patients in the 3F group (p = 0.007). DGER was found in 2 patients (13%) in the 2F group and in 8 (53%) in the 3F group (p = 0.023). Four patients (25%) in the 2F group and 9 (60%) in the 3F group (p = 0.048) had reflux esophagitis. Conclusion: Cervical lymph node dissection increases acid reflux and DGER and can lead to an increase in the incidence of reflux esophagitis in patients undergoing intrathoracic esophagogastrostomy.

    DOI: 10.1007/s00595-019-01835-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Esophageal reconstruction using a pedicled jejunum following esophagectomy for metastatic esophageal stricture from breast cancer in a patient with previous pancreatoduodenectomy

    Asai Soichiro, Fukaya Masahide, Fujieda Hironori, Igami Tsuyoshi, Tsunoda Nobuyuki, Salcatoku Yayoi, Kamei Yuzuru, Miyata Kazushi, Nagino Masato

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 679 - 685   2019年11月

  39. Repeated episodes of thoracic empyema after spontaneous esophageal rupture

    Sakatoku Yayoi, Fukaya Masahide, Kawaguchi Koji, Fujieda Hironori, Miyata Kazushi, Nagino Masato

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 693 - 699   2019年11月

  40. 画像診断と病理 食道平滑筋腫

    兵藤 良太, 岩野 信吾, 長縄 慎二, 宮田 一志, 島田 聡子

    画像診断   39 巻 ( 7 ) 頁: 662 - 663   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:学研メディカル秀潤社  

    DOI: 10.15105/gz.0000001162

    CiNii Research

  41. 胸腔鏡下に切除した初診時血中CA19-9高値食道duplication cystの1例

    浅井 宗一郎, 深谷 昌秀, 檜垣 栄治, 宮田 一志, 三浦 泰智, 梛野 正人

    日本臨床外科学会雑誌   80 巻 ( 4 ) 頁: 700 - 706   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    <p>症例は41歳,男性.2017年2月,胸痛があり近医を受診.精査で後縦隔嚢胞性病変が疑われ当院紹介となった.血液検査ではCA19-9 5,960U/mlと高値を呈し,上部消化管内視鏡検査では門歯より24-41cmにわたり粘膜が青紫色を呈した半周性の粘膜下隆起がみられた.また,超音波内視鏡で病変部は腫瘤として描出され,内部はモザイクパターンを呈し血腫の存在が考えられた.CTでは食道前面に83×41×115mm大の二房性の嚢胞性病変がみられ,食道を圧排して狭窄していた.食道嚢胞と診断したが,胸痛と食道狭窄による症状があるため3月に胸腔鏡下に嚢胞切除術を施行した.術後経過は良好で,術後10日目に退院した.組織学的に嚢胞内面に多列上皮を認め,また嚢胞壁に2層の筋層を有することからduplication cystと診断した.</p>

    DOI: 10.3919/jjsa.80.700

    CiNii Research

  42. Docetaxel, cisplatin and fluorouracil as neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer with prophylactic pegfilgrastim

    Maeda Osamu, Koike Masahiko, Fukaya Masahide, Miyata Kazushi, Iwata Naoki, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

  43. 特集 消化器癌に対する最新の集学的治療戦略 II. 各論 6.胆道癌の集学的治療戦略

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人

    外科   80 巻 ( 8 ) 頁: 851 - 858   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka80_851

    CiNii Research

  44. 胆道再建を伴う肝切除後の Clavien-Dindo Grade Ⅲ・Ⅳ症例に対する感染管理

    菅原 元, 横山 幸浩, 江畑 智希, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 國料 俊男, 角田 伸行, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人

    日本外科感染症学会雑誌   15 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 208   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本外科感染症学会  

    <p>【目的】胆道再建を伴う肝切除術後の Clavien-Dindo Grade Ⅲ・Ⅳ症例の経過について検討すること。【対象と方法】2009年から 2015年の 7年間における胆道再建を伴う肝切除施行例 428例を対象として,Grade Ⅲ・Ⅳ症例の患者背景・術式・術後合併症および治療経過について比較検討した。肝不全発症の危険因子についても検討した。【結果】Grade Ⅳ症例はⅢ症例に比較して,右肝切除施行および血管合併切除併施症例が多く,出血量が多かった。術後合併症では肺炎・敗血症の発症が多く,平均在院期間は長かった。肝不全発症の危険因子は出血量 1,500mL以上,肺炎・敗血症の発症であった。Grade Ⅲ・Ⅳ症例ともに治療法は,腹腔内のドレナージ状況を良好に保つこと,全身性の感染症が疑われる際は抗菌薬を追加投与することが基本となる。【結論】Clavien-Dindo Grade Ⅲ症例に対する感染管理を徹底することが,Clavien-Dindo Grade Ⅳ症例の発症予防につながる。</p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.15.3_201

    CiNii Research

  45. 胆道再建を伴う肝切除後のClavien-Dindo Grade III・IV症例に対する感染管理

    菅原 元, 横山 幸浩, 江畑 智希, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 國料 俊男, 角田 伸行, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人

    日本外科感染症学会雑誌   15 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 208   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    【目的】胆道再建を伴う肝切除術後のClavien-Dindo Grade III・IV症例の経過について検討すること。【対象と方法】2009年から2015年の7年間における胆道再建を伴う肝切除施行例428例を対象として、Grade III・IV症例の患者背景・術式・術後合併症および治療経過について比較検討した。肝不全発症の危険因子についても検討した。【結果】Grade IV症例はIII症例に比較して、右肝切除施行および血管合併切除併施症例が多く、出血量が多かった。術後合併症では肺炎・敗血症の発症が多く、平均在院期間は長かった。肝不全発症の危険因子は出血量1,500mL以上、肺炎・敗血症の発症であった。Grade III・IV症例ともに治療法は、腹腔内のドレナージ状況を良好に保つこと、全身性の感染症が疑われる際は抗菌薬を追加投与することが基本となる。【結論】Clavien-Dindo Grade III症例に対する感染管理を徹底することが、Clavien-Dindo Grade IV症例の発症予防につながる。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2018&ichushi_jid=J04188&link_issn=&doc_id=20180925370001&doc_link_id=%2Fdg9srgif%2F2018%2F001503%2F001%2F0201-0208%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg9srgif%2F2018%2F001503%2F001%2F0201-0208%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  46. Peritonitis after percutaneous endoscopic gastrojejunostomy for levodopa-carbidopa intestinal gel treatment despite concomitant use of gastropexy

    Tsuboi Takashi, Watanabe Hirohisa, Funasaka Kouhei, Takebayashi Mikiko, Miyata Kazushi, Katsuno Masahisa

    NEUROLOGY AND CLINICAL NEUROSCIENCE   6 巻 ( 2 ) 頁: 64 - 66   2018年3月

     詳細を見る

  47. The Impact of the Location of Esophagogastrostomy on Acid and Duodenogastroesophageal Reflux After Transthoracic Esophagectomy with Gastric Tube Reconstruction and Intrathoracic Esophagogastrostomy. 国際誌

    Usui H, Fukaya M, Itatsu K, Miyata K, Miyahara R, Funasaka K, Nagino M

    World journal of surgery   42 巻 ( 2 ) 頁: 599 - 605   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    Background: The aim of this study was to evaluate the impact of the location of esophagogastrostomy on acid and duodenogastroesophageal reflux (DGER) in patients undergoing gastric tube reconstruction and intrathoracic esophagogastrostomy. Methods: Thirty patients receiving transthoracic esophagectomy without cervical lymph node dissection and gastric tube reconstruction by intrathoracic anastomosis were enrolled. All patients underwent 24-h pH and bilirubin monitoring and gastrointestinal endoscopy one year after surgery. Patients were divided into three groups according to esophagogastrostomy location: group A (n = 9), above the top of the aortic arch; group B (n = 15), between the top and bottom of the aortic arch; and group C (n = 6), below the bottom of the aortic arch. The relations among the esophagogastrostomy location, 24-h pH and bilirubin monitoring results, endoscopic findings, and reflux symptoms were investigated. Results: No acid reflux into the remnant esophagus was observed in group A, whereas it was observed in three of 15 patients (20%) in group B and in two of six patients (33%) in group C (P = 0.139). No DGER was found in group A, whereas DGER was observed in eight (53%) patients in group B and all patients in group C (P < 0.001). Reflux esophagitis was observed in one patient (11%) in group A, five patients (33%) in group B, and all patients in group C (P = 0.002). Conclusion: In gastric tube reconstruction via intrathoracic anastomosis, esophagogastrostomy should be performed above the top of the aortic arch to prevent postoperative DGER and reduce the incidence of reflux esophagitis.

    DOI: 10.1007/s00268-017-4186-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. 根治的化学放射線療法後3度の再発と二次原発癌をきたした食道癌の1例

    酒徳 弥生, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 高橋 崇真, 梛野 正人

    日本臨床外科学会雑誌   79 巻 ( 1 ) 頁: 84 - 89   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は50歳,女性.2008年7月に胸部中部食道,cT4 N1 M0 : cStage III Cに対し根治的化学放射線療法およびFP療法を2コース行いCRが得られた.半年後に#104L,#16a2interに転移を認めた.FP療法を5コース,5-FU+CDGP療法を3コース施行し,#16a2interはCRとなったが,#104LはSDであった.2010年7月に左頸部リンパ節郭清を行った.2011年2月に#105・#3に転移を認め,5-FU+CDGP療法を5コース行いCRとなった.2012年2月に再度#105の腫大と切歯列23cmにT1b病変を認めた.R0切除が見込めると判断し,2012年3月に右開胸開腹食道亜全摘術,3領域リンパ節郭清,後縦隔経路胃管再建を行った.以後,化学療法は行わず,初回治療から7年3カ月無再発生存中である.

    DOI: 10.3919/jjsa.79.84

    CiNii Research

  49. 特集 最新の胆道癌診療トピックス-新たな治療戦略の可能性を探る 術前治療と切除適応 胆道癌の予後不良因子とは-手術適応のborderlineはどこか? 肝門部領域胆管癌

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人

    臨床外科   72 巻 ( 13 ) 頁: 1419 - 1422   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407211870

    CiNii Research

  50. Clinical value of a prophylactic minitracheostomy after esophagectomy: analysis in patients at high risk for postoperative pulmonary complications. 国際誌

    Sakatoku Y, Fukaya M, Miyata K, Itatsu K, Nagino M

    BMC surgery   17 巻 ( 1 ) 頁: 120 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Surgery  

    Background: The aim of this study is to evaluate the clinical value of a prophylactic minitracheostomy (PMT) in patients undergoing an esophagectomy for esophageal cancer and to clarify the indications for a PMT. Methods: Ninety-four patients who underwent right transthoracic esophagectomy for esophageal cancer between January 2009 and December 2013 were studied. Short surgical outcomes were retrospectively compared between 30 patients at high risk for postoperative pulmonary complications who underwent a PMT (PMT group) and 64 patients at standard risk without a PMT (non-PMT group). Furthermore, 12 patients who required a delayed minitracheostomy (DMT) due to postoperative sputum retention were reviewed in detail, and risk factors related to a DMT were also analyzed to assess the indications for a PMT. Results: Preoperative pulmonary function was lower in the PMT group than in the non-PMT group: FEV1.0 (2.41 vs. 2.68 L, p = 0.035), and the proportion of patients with FEV1.0% <60 (13.3% vs. 0%, p = 0.009). No between-group differences were observed in the proportion of patients who suffered from postoperative pneumonia, atelectasis, or re-intubation due to respiratory failure. Of the 12 patients with a DMT, 11 developed postoperative pneumonia, and three required re-intubation due to severe pneumonia. Multivariate analysis revealed FEV1.0% <70% and vocal cord palsy were independent risk factors related to a DMT. Conclusion: A PMT for high-risk patients may prevent an increase in the incidence of postoperative pneumonia and re-intubation. The PMT indications should be expanded for patients with vocal cord palsy or mild obstructive respiratory disturbances.

    DOI: 10.1186/s12893-017-0321-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  51. Successful bypass operation for esophageal obstruction after acute esophageal necrosis: a case report. 国際誌

    Sakatoku Y, Fukaya M, Miyata K, Nagino M

    Surgical case reports   3 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 4   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-016-0277-8

    Web of Science

    PubMed

  52. Retrosternal Reconstruction Can be a Risk Factor for Upper Extremity Deep Vein Thrombosis After Esophagectomy. 国際誌

    Takahashi T, Fukaya M, Miyata K, Sakatoku Y, Nagino M

    World journal of surgery   41 巻 ( 12 ) 頁: 3154 - 3163   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    Background: Upper extremity deep vein thrombosis (UEDVT) is a rare but important complication because it can cause pulmonary embolism. The aim of this study was to investigate the incidence of UEDVT after esophagectomy and the risk factors related to UEDVT. Methods: This study included 88 patients who underwent esophagectomy with retrosternal or posterior mediastinal reconstruction using gastric tube. The incidence of UEDVT and the diameter of left brachiocephalic vein were measured using postoperative contrast-enhanced computed tomography (CT). (a) The distance from sternum to brachiocephalic artery and (b) the distance from sternum to vertebra were measured by preoperative CT, and the ratio of (a) to (b) was defined as the width of the retrosternal space. Results: Among the patients, 14 (15.9%) suffered from UEDVT. All UEDVTs were found in left-side upper extremity deep veins. Twelve of the 14 patients (85.7%) underwent retrosternal reconstruction. In a multivariate analysis, retrosternal reconstruction was an independent risk factor for UEDVT (odds ratio 5.48). The diameter of the left brachiocephalic vein in patients with retrosternal reconstruction was significantly smaller than that in patients with posterior mediastinal reconstruction (4.3 vs 6.9 mm; P < 0.001) due to compression of left brachiocephalic vein by the gastric tube. Among patients with retrosternal reconstruction, the width of the retrosternal space in patients with UEDVT was significantly smaller than that in patients without UEDVT (0.21 vs 0.27; P = 0.001). Conclusion: Retrosternal reconstruction can be a risk factor for UEDVT. In patients with small width of the retrosternal space, retrosternal reconstruction might be inappropriate.

    DOI: 10.1007/s00268-017-4120-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  53. Gradually shrinking intra-abdominal desmoid tumor derived from the stomach in a young boy: a case report. 国際誌

    Miyata K, Fukaya M, Nagino M

    Surgical case reports   3 巻 ( 1 ) 頁: 54 - 54   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0330-2

    Web of Science

    PubMed

  54. 外科におけるcontroversy-誌上ディベート 肝門部領域癌の取り扱い 肝癌として扱うべきか胆管癌として扱うべきか 胆管癌として

    江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 菅原 元, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人

    外科   79 巻 ( 5 ) 頁: 437 - 440   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j00393.2017258593

    CiNii Research

  55. 腹腔内を占拠する婦人科系巨大腫瘍に対して切除手術を施行した3例

    神谷 忠宏, 上原 圭介, 向井 俊貴, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人

    日本臨床外科学会雑誌   78 巻 ( 2 ) 頁: 410 - 411   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  56. Muscle sparing thoracotomy for esophageal cancer: a comparison with posterolateral thoracotomy 査読有り

    Miyata K, Fukaya M, Itatsu K, Abe T, Nagino M

    Surg Today     2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-015-1240-1

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 消化器外科ナーシング2020春季増刊

    宮田一志( 担当: 単著 ,  範囲: 第2章 開胸・開腹手術 1食道亜全摘術(胃管再建))

    メディカ出版  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:34-37   記述言語:日本語

  2. 消化器外科ナーシング2020春季増刊

    宮田一志( 担当: 単著 ,  範囲: 第2章 開胸・開腹手術 2頸部食道切除術)

    メディカ出版  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:38-41   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 261

  1. 神経線維腫症I型に合併した巨大虫垂神経線維腫症の1例

    野中 有紀子, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科系連合学会誌48 巻 ( 3 ) 頁: 436 - 436   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  2. 右側結腸癌における病理学的転移陰性腫大間膜リンパ節の意義の検討

    村田 悠記, 小倉 淳司, 上原 圭, 小林 龍太朗, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 川勝 章司, 中山 吾郎, 服部 憲史, 梅田 晋一, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 2[Y]   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  3. 局所再発直腸癌の最難関 側方再発への手術戦略

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太郎, 神原 祐一, 田根 雄一郎, 杉田 静紀, 川勝 章司, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 2   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  4. 局所進行結腸癌に対する術前化学療法の臨床経験

    田根 雄一郎, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 川勝 章司, 中山 吾郎, 服部 憲史, 梅田 晋一, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 7   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  5. 治癒切除不能胃癌におけるconversion surgery対象選択の客観的指標とはなにか?

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 宮田 一志, 清水 大, 杉田 静紀, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  6. 肛門管・直腸粘膜への進展を伴う肛門周囲Paget病に対する領域横断的手術治療戦略

    深田 浩志, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 川勝 章司, 中山 吾郎, 服部 憲史, 梅田 晋一, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 4   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  7. 進行下部直腸癌に対する術前化学療法を基本とした治療戦略 Watch & Wait strategyを含めたresponse-guided strategyの導入経験

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 川勝 章司, 杉田 静紀, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: SF - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  8. 食道癌術後の縫合不全リスク評価システム

    杉田 静紀, 宮田 一志, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 山口 淳平, 清水 大輔, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 5   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  9. 食道癌術前補助療法中における筋肉減少の危険因子に関する検討

    清水 大輔, 宮田 一志, 深谷 昌秀, 杉田 静紀, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: DP - 6   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  10. 領域横断的チームで臨む外科治療 後腹膜軟部肉腫に対する"Onco-vascular surgery"の経験

    砂川 真輝, 横山 幸浩, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 村田 悠記, 川勝 勝司, 中西 香企, 小寺 泰弘, 坂野 比呂志, 杉本 昌之, 六鹿 雅登, 徳田 順之, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集123回 巻   頁: WS - 6   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  11. 下部進行直腸癌における術前化学療法後の側方リンパ節縮小の意義の検討

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 神原 祐一, 小池 佳勇, 三品 拓也, 小林 龍太郎, 宮田 一志, 水野 隆史, 山口 淳平, 國料 俊男, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌76 巻 ( 2 ) 頁: 184 - 184   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  12. 免疫チェックポイント阻害薬により病理学的完全奏功が得られたMSI-High大腸癌腹壁限局播種再発・小腸間膜リンパ節転移の1例

    小林 龍太朗, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 鳥居 直矢, 深田 浩志, 神原 祐一, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌76 巻 ( 2 ) 頁: 248 - 248   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  13. 進行胃癌に対しての腹腔鏡下胃切除術の注意点と短期成績

    杉田 静紀, 宮田 一志, 田中 千恵, 神田 光郎, 中西 香企, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本胃癌学会総会記事95回 巻   頁: 345 - 345   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  14. T4b大腸癌に対する腹腔鏡手術:手技の工夫と成績 cT4b大腸癌に対する腹腔鏡手術の適応と攻略法

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太郎, 神原 祐一, 深田 浩志, 野中 有紀子, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 杉田 静紀, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 79 - 79   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  15. イマチニブ投与後に経肛門アプローチを併用して前方臓器温存し得た直腸巨大GISTの1例

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 杉田 静紀, 梅田 晋一, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 659 - 659   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  16. 切除不能肺転移を有する直腸癌同時性切除可能肝転移に対する腹腔鏡下rescue liver resection

    水野 隆史, 小倉 淳司, 尾上 俊介, 村田 悠記, 川勝 章司, 伊神 剛, 宮田 一志, 杉田 静紀, 上原 圭, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 2508 - 2508   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  17. 困難症例に対する大腸癌手術:手技の工夫と成績 他臓器浸潤結腸癌に対する腹腔鏡手術の実際と工夫

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 鳥居 直矢, 小林 龍太朗, 深田 浩志, 野中 有紀子, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 梅田 晋一, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 1875 - 1875   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  18. 広範囲胆管癌術後に縦隔膿瘍をきたした1例

    牛田 雄太, 渡辺 伸元, 川勝 章司, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 馬場 泰輔, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 村田 悠記, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌83 巻 ( 12 ) 頁: 2149 - 2149   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  19. 胆道解剖の変異を伴う症例に対する単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術における蛍光胆道鏡の有効性と限界

    伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 川勝 章司, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 1365 - 1365   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  20. 膵頭十二指腸切除既往を有する頸部食道癌の1例

    鳥居 直矢, 宮田 一志, 杉田 静紀, 福井 史弥, 清水 大輔, 高橋 遼, 三浦 泰智, 横山 幸浩, 伊神 剛, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌83 巻 ( 12 ) 頁: 2143 - 2143   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  21. 骨盤外科手術に必要な外科解剖-拡大手術、他臓器合併切除を安全に行うために- 局所進行・再発直腸癌に対する腹腔鏡下骨盤内臓全摘術の安全な導入に向けた取り組み umbilical 1stアプローチの有用性

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 小林 龍太朗, 鳥居 直矢, 深田 浩志, 野中 有紀子, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 梅田 晋一, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 908 - 908   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  22. 進行再発直腸癌に対する腹腔鏡拡大手術:手技の工夫と成績 当科における局所再発直腸癌に対する腹腔鏡下拡大手術の治療成績

    深田 浩志, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 鳥居 直矢, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 杉田 静紀, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 933 - 933   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  23. 若手外科医が安全にロボット支援胃切除を導入するための工夫とスキル評価システム

    杉田 静紀, 宮田 一志, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 尾上 俊介, 高橋 遼, 清水 大輔, 福井 史弥, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌27 巻 ( 7 ) 頁: 1648 - 1648   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  24. BRAF V600E変異陽性進行再発大腸癌の治療成績から考える転移巣切除の至適適応

    神野 孝徳, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 神原 祐一, 小林 龍太朗, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本癌治療学会学術集会抄録集60回 巻   頁: OF - 3   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  25. 山あり谷ありの食道外科専門医取得までの道程

    宮田 一志  

    日本胸部外科学会定期学術集会75回 巻   頁: ETA1 - 2   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胸部外科学会  

  26. 肝門部領域胆管癌術後のComprehensive Complication Indexの至適な算出期間は?

    川勝 章司, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 伊神 剛, 上原 圭, 宮田 一志, 小倉 淳司, 村田 悠記, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会雑誌55 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 241 - 241   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  27. 膵癌における栄養評価およびCA19-9に基づく術前予後層別化 非解剖学的バイオマーカーによるアプローチ

    尾上 俊介, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 村田 悠記, 川勝 章司  

    日本消化器外科学会雑誌55 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 163 - 163   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  28. 高齢者に対する大腸がん治療の個別化を考える 術前CRP/Alb比高値と術後内臓脂肪面積減少は高齢者大腸癌患者の予後不良因子である

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本癌治療学会学術集会抄録集60回 巻   頁: OWS9 - 2   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  29. 再建法をめぐる話題:大腸再建、小腸再建?後縦郭?胸骨後経路?吻合法は決着したのか?幽門形成はどうする? 食道切除後胃管再建における後縦隔経路と胸骨後経路の無作為比較試験の短期成績と術後内視鏡所見

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 杉田 静紀, 鳥居 直矢, 清水 大輔, 江畑 智希  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集76回 巻   頁: 37 - 37   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  30. 困難な状況下でも良いストーマを造設する手技 腸管粘膜反転が困難な場合の対処法 煙突状ストーマ造設術の有用性について

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 神原 祐一, 小林 龍太朗, 鳥居 直矢, 深田 浩志, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌75 巻 ( 9 ) 頁: A69 - A69   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  31. 当院におけるMSI-High大腸癌に対する免疫チェックポイント阻害薬の臨床経験

    小林 龍太朗, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神原 祐一, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌75 巻 ( 9 ) 頁: A149 - A149   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  32. 直腸癌術前集学的治療の成績:Watch & Waitを含めて 局所進行直腸癌に対する術前化学療法を基本とした治療戦略Tripletレジメンの臨床経験とWatch and Wait strategyの安全な導入

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 鳥居 直矢, 小林 龍太朗, 深田 浩志, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌75 巻 ( 9 ) 頁: A54 - A54   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  33. 直腸癌術後異時性肝・肺転移に対して化学療法開始後1年7ヵ月でconversion切除し得た1例

    深田 浩志, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌75 巻 ( 9 ) 頁: A221 - A221   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  34. 【総論】消化管癌手術におけるドレーン留置を再考する 食道癌術後頸部吻合部ドレーン排液の継続的アミラーゼ測定の有用性

    杉田 静紀, 宮田 一志, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 三浦 泰智, 鳥居 直矢, 清水 大輔, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: PD6 - 1   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  35. 切除可能同時性大腸癌肝転移症例に対する肝実質温存肝切除が生存率に与える影響

    村田 悠記, 水野 隆史, 上原 圭, 小倉 淳司, 宮田 一志, 山口 淳平, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: P093 - 4   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  36. 局所進行食道扁平上皮癌に対する術前ドセタキセル、オキサリプラチン、S-1併用療法の開発臨床試験

    神田 光郎, 清水 大, 宮田 一志, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: O1 - 3   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  37. 術前CAR(CRP/albumin ratio)は高齢者大腸癌術後症例の予後予測因子である

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: P119 - 6   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  38. 遠位胆管癌における病理学的腫瘍浸潤長は術前CT検査で予測可能か?

    金森 明, 横山 幸浩, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 上原 圭, 宮田 一志, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会77回 巻   頁: P142 - 2   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  39. 【直腸癌局所再発に挑む-最新の治療戦略と手術手技】総論 局所再発直腸癌の治療方針 臓器温存手術や遠隔転移併存症例の手術適応も含めて

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    臨床外科77 巻 ( 5 ) 頁: 514 - 519   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆局所再発直腸癌の治療ではR0切除がきわめて重要であり,R0達成のためには拡大切除を躊躇すべきでない.◆尿路機能温存のためには,少なくとも片側の骨盤神経を温存する.また膀胱後屈を避けるため,腸管再建や骨盤充填術の施行が望ましい.◆切除可能同時性遠隔転移を伴う症例も手術適応としている.ただし,切除の順序やタイミングは慎重に考慮すべきである.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20220506510007&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407213704&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407213704&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  40. 他科と連携した骨盤内臓全摘術 骨盤部感染の低減/QOL向上を目指して

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 神原 祐一, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科系連合学会誌47 巻 ( 3 ) 頁: 421 - 421   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  41. 扁平上皮癌に悪性転化した仙尾部奇形腫の1例

    小林 龍太朗, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神原 祐一, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科系連合学会誌47 巻 ( 3 ) 頁: 470 - 470   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  42. 腹腔鏡下直腸癌手術におけるエネルギーデバイスの選択 腹腔鏡下直腸癌手術におけるエネルギーデバイスの選択 電気メスを中心とした立場から

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太郎, 神原 祐一, 深田 浩志, 服部 憲史, 中山 吾郎, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科系連合学会誌47 巻 ( 3 ) 頁: 413 - 413   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  43. 高度肥満者に対する手術の工夫 高度肥満症例に対し"小さいが安全な術野"を連続させる腹腔鏡下大腸切除術

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小林 龍太朗, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科系連合学会誌47 巻 ( 3 ) 頁: 394 - 394   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  44. ウィズコロナ時代のオンライン補完型外科臨床実習

    高見 秀樹, 宮田 一志, 渡辺 伸元, 柴田 雅央, 小倉 淳司, 清水 大, 服部 憲史, 菊森 豊根, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: DP - 6   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  45. 切除可能同時性肝転移症例の治療戦略 肝実質温存術式の有用性

    三品 拓也, 水野 隆史, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太朗, 服部 憲史, 中山 吾郎, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: SF - 7   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  46. 悪性転化した仙尾部奇形腫の2例

    西村 元伸, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 小林 龍太朗, 神野 孝徳, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: DP - 8   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  47. 治癒切除不能胃癌に対するconversion surgeryの治療実態を調査する多施設共同前向き観察研究

    中西 香企, 田中 千恵, 神田 光郎, 清水 大, 宮田 一志, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: SF - 1   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  48. 肝門部胆管癌の手術限界を考える 肝門部領域胆管癌肝切除における術中出血量の安全限界

    川勝 章司, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 伊神 剛, 上原 圭, 宮田 一志, 小倉 淳司, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: SY - 1   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  49. 進行直腸癌に対する治療戦略【International】所進行直腸癌に対する術前化学療法におけるbevacizumabの意義の検討

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 小池 佳男, 三品 拓也, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太郎, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: PD - 1   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  50. 骨盤内臓全摘術後の骨盤死腔炎のリスク因子から考える対策法

    小林 龍太朗, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小池 佳勇, 三品 拓也, 神原 祐一, 西村 元伸, 服部 憲史, 中山 吾郎, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡邊 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集122回 巻   頁: DP - 4   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  51. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(最終回) 周術期のくすり総集編

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング27 巻 ( 3 ) 頁: 285 - 287   2022年3月

  52. 【ガイドラインには書いていない 大腸癌外科治療のCQ-妥当な治療と適応を見直そう】高度進行大腸癌への術前治療を分子標的薬別に考える Total neoadjuvant therapy・triplet時代における術前治療の最新エビデンス

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 水野 隆史, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    臨床外科77 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 206   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆局所進行直腸癌に対し,術前CRTへの分子標的薬併用による局所制御・生存率への上乗せ効果は証明されていない.一方,NACやinduction chemotherapyへの分子標的薬併用による局所制御への上乗せ効果の報告は散見される.◆Stage IV・再発大腸癌では,分子標的薬を併用することで奏効率・腫瘍縮小率が上昇し,原発巣・遠隔転移巣ともR0切除やconversion手術のチャンスが増加する.◆"Cure"をめざした術前治療との併用こそが,分子標的薬の真の使いどころかもしれない.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20220126480015&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407213624&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407213624&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  53. 【胆道癌治療の最前線】肝外胆管癌に対する手術術式と適応

    尾上 俊介, 水野 隆史, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 江畑 智希  

    外科84 巻 ( 2 ) 頁: 136 - 141   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>肝外胆管癌は,非治癒因子が存在しない限り根治切除をめざす.肝外胆管癌は肝門部領域胆管癌と遠位胆管癌に分類され,それぞれ尾状葉を伴う肝葉切除・肝外胆管切除術,膵頭十二指腸切除術(pancreaticoduodenectomy:PD)が標準術式となる.肝門部領域胆管癌に対する肝切除術式を決定する際はBismuth分類が有用である.遠位胆管癌のPDの術式は,胃切除範囲や再建法にバリエーションがあり,上腸間膜動脈周囲リンパ節郭清はリンパ節の適正評価に有用である.これら肝外胆管癌の手術適応は癌遺残度の可能性,血管浸潤,リンパ節転移などの腫瘍因子を考慮したうえで決定する.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20220128060007&doc_link_id=10.15106%2Fj_geka84_136&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_geka84_136&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  54. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第11回) 睡眠薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング27 巻 ( 2 ) 頁: 184 - 187   2022年2月

  55. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第10回) 抗精神病薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング27 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 79   2022年1月

  56. 【conversion surgeryのすべて 切除不能を切除可能に!】局所進行直腸癌に対するconversion surgeryの現状と展望 術前化学療法を施行してきた立場から日本独自の治療戦略を考える

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    消化器外科44 巻 ( 13 ) 頁: 1873 - 1885   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  57. 切除不能同時性肝肺転移を有する直腸癌に対してFOLFOXIRI+bevacizumab療法で奏功が得られ二期的にR0切除し得た1例

    村田 悠記, 水野 隆史, 上原 圭, 小倉 淳司, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太郎, 神野 孝徳, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 杉田 静紀, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集135回 巻   頁: 81 - 81   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  58. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第9回) 女性ホルモン製剤(ピルなど)

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 12 ) 頁: 1205 - 1208   2021年12月

  59. 横行結腸・脾彎曲・下行結腸癌に対する郭清手技と治療成績 下行結腸癌 下行結腸癌に対するリンパ節郭清

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太郎, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 杉田 静紀, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌26 巻 ( 7 ) 頁: PD16 - 1   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  60. 鏡視下での骨盤拡大手術の適応と限界 腹腔鏡下骨盤内臓全摘術の適応と限界

    上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 小林 龍太郎, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 砂川 真輝, 杉田 静紀, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌26 巻 ( 7 ) 頁: CSY17 - 2   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  61. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第8回) 骨粗鬆症治療薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 11 ) 頁: 1098 - 1101   2021年11月

  62. 肝門部胆管癌術後,三度の右側大腸癌を切除した一例

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 鈴木 優美, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 相場 利貞, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会雑誌54 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 186 - 186   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  63. Bismuth I型胆管癌に対する肝門部胆管高位切離 肝切除を避けるために

    尾上 俊介, 水野 隆史, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S502 - S502   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  64. 【Stepごとに要点解説 標準術式アトラス最新版】大腸 直腸癌 骨盤内臓全摘術

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 三品 拓也, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    臨床外科76 巻 ( 11 ) 頁: 128 - 137   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

  65. カダバー外科トレーニングの現状 鼠径ヘルニア・カダバー・トレーニング 東海国立大学病院機構CSTネットワーク事業の試み

    佐藤 正範, 平松 良浩, 佐藤 智仁, 相羽 民人, 瀬藤 光利, 横山 欣也, 荒木 芳生, 宮田 一志, 竹内 裕也  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S249 - S249   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  66. 右側肝切除におけるArantius管を指標にした肝門部血管処理

    尾上 俊介, 水野 隆史, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S504 - S504   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  67. 他科連携で高難度手術を克服する 他科と連携した骨盤内臓全摘術 骨盤部感染の低減/QOL向上を目指して

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S120 - S120   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  68. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第7回) がん薬物療法 分子標的薬・ホルモン剤・免疫チェックポイント阻害薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 10 ) 頁: 1005 - 1008   2021年10月

  69. 肝十二指腸間膜の定型的リンパ節郭清

    水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 砂川 正輝, 國料 敏男, 上原 圭, 宮田 一志, 小倉 淳司, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S502 - S502   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  70. 腹腔鏡下仙骨合併腫瘍切除を施行した骨盤内巨大神経鞘腫の一例

    西村 元伸, 上原 圭, 小倉 淳司, 服部 憲史, 中山 吾郎, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S932 - S932   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  71. 胆道癌肝切除における門脈切除・再建

    江畑 智希, 水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 伊神 剛, 山口 淳平, 上原 圭, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 國料 俊男, 横山 幸浩  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S503 - S503   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  72. 肝門部領域胆管癌における膵内胆管の切除法 PDを避ける工夫

    渡辺 伸元, 水野 隆史, 尾上 俊介, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S503 - S503   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  73. 進行直腸癌に対する集学的治療 Total Neoadjuvant Therapyを見据えた、進行直腸癌に対する術前化学療法の治療奏効予測因子の検討

    三品 拓也, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小池 佳勇, 神原 祐一, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S343 - S343   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  74. 骨盤内巨大Solitary fibrous tumorの2例

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 増刊 ) 頁: S673 - S673   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  75. 会陰部に広範に自壊した局所再発直腸粘液癌に対し、仙骨合併骨盤内臓全摘術+複数の筋皮弁再建を施行し、R0切除を達成し得た一例

    神原 祐一, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 鈴木 優美, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 9 ) 頁: A204 - A204   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  76. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第6回) がん薬物療法 抗がん剤

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 9 ) 頁: 896 - 900   2021年9月

  77. 当科における局所進行結腸癌に対する術前化学療法の臨床経験

    小倉 淳司, 上原 圭, 小池 佳勇, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 神原 祐一, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 9 ) 頁: A200 - A200   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  78. 当科におけるBRAF V600E変異陽性大腸癌に対するBRAF阻害剤併用療法の使用経験

    神野 孝徳, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 小池 佳勇, 神原 祐一, 鈴木 優美, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 9 ) 頁: A208 - A208   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  79. 結腸癌腹膜播種に対する外科切除の意義

    三品 拓也, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 小池 佳勇, 鈴木 優美, 神原 祐一, 西村 元伸, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 9 ) 頁: A209 - A209   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  80. 食道癌手術後再建方法の工夫 当科における食道切除後胸壁前経路有茎空腸再建の検討

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 西村 廣大, 鳥居 直矢, 清水 大輔, 渡邊 将広, 杉田 静紀, 細井 敬泰, 江畑 智希  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集75回 巻   頁: 42 - 42   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  81. 【知っておくべき!最新の大腸外科局所解剖】結腸脾彎曲の外科解剖

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    消化器外科44 巻 ( 9 ) 頁: 1409 - 1415   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  82. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第5回) ステロイド薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 8 ) 頁: 779 - 781   2021年8月

  83. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第4回) 糖尿病薬(糖尿病治療薬)

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 7 ) 頁: 675 - 677   2021年7月

  84. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第3回) 降圧薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 6 ) 頁: 560 - 562   2021年6月

  85. Paget病に対する会陰部薄筋皮弁再建後の肛門管癌に対し腹直筋皮弁再建を伴う腹腔鏡下骨盤内臓全摘術を行った1例

    鈴木 優美, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 5 ) 頁: 1031 - 1031   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  86. 【令和時代における「尾状葉」のすべて】尾状葉の解剖 肝尾状葉の胆管枝

    江畑 智希, 水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 山口 淳平, 伊神 剛, 上原 圭, 宮田 一志, 小倉 淳司, 横山 幸浩  

    肝胆膵82 巻 ( 5 ) 頁: 661 - 667   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

  87. 【側方リンパ節郭清のすべて-開腹からロボット手術まで】手技の実際 経肛門的アプローチによる側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希  

    臨床外科76 巻 ( 5 ) 頁: 596 - 602   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆経肛門的アプローチでの側方リンパ節郭清(taLPLD)は,転移頻度の高い骨盤深部領域の郭清を目の前で,かつ解剖学的構造物に対して良好な鉗子の刺入角度で施行できる.◆しかし,本法で展開される経肛門視点の術野は独特であり,十分慣れ親しんでおく必要がある.◆また,taLPLDは,プラットフォームに対して極端に側方に位置する領域に対して単孔式腹腔鏡下手術の技術を使って行う手技であるため,技術的には決して容易ではない.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2021&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20210428590013&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407213349&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407213349&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  88. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第2回) 抗血小板薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 5 ) 頁: 466 - 468   2021年5月

  89. 下部直腸癌術後患者の長期腎機能へ影響を与える因子の検討

    山東 雅紀, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 川井 覚, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  90. 再発大腸癌における予後予測マーカーとしてのCEA比の有用性

    鈴木 優美, 小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  91. 周術期のくすり、どこに気を付ける? 手術にまつわる薬理まんが学(第1回) 抗凝固薬

    宮田 一志, 八木 聡美  

    消化器ナーシング26 巻 ( 4 ) 頁: 371 - 373   2021年4月

  92. 局所進行直腸癌における術前化学療法後の病理学的リンパ節転移奏功度の意義

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 村田 悠記, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  93. 大腸癌術後ストマ造設症例における腹壁瘢痕および傍ストマヘルニアの因果関係

    大原 規彰, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  94. 直腸癌同時性肝転移に対する手術治療戦略

    米川 佳彦, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  95. 直腸癌同時性肝転移に対する手術治療戦略

    米川 佳彦, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  96. 局所進行直腸癌における術前化学療法後の病理学的リンパ節転移奏功度の意義

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 村田 悠記, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  97. 大腸癌術後ストマ造設症例における腹壁瘢痕および傍ストマヘルニアの因果関係

    大原 規彰, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  98. 再発大腸癌における予後予測マーカーとしてのCEA比の有用性

    鈴木 優美, 小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  99. 下部直腸癌術後患者の長期腎機能へ影響を与える因子の検討

    山東 雅紀, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 川井 覚, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  100. 進行再発大腸癌における3次治療以降の予後予測因子の検討

    神野 孝徳, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  101. 骨盤内臓全摘術後のサルコペニア 内腸骨動脈血管処理に着目して

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 三品 拓也, 鈴木 優美, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  102. 食道癌術後静脈血栓症におけるリスク因子の検討

    鳥居 直矢, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 西村 廣大, 渡邊 将大, 杉田 静紀, 清水 大輔, 横山 幸浩, 伊神 剛, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  103. 食道切除後胃管再建における後縦隔経路と胸骨後経路の無作為比較試験の短期成績

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 西村 廣大, 鳥居 直矢, 清水 大輔, 渡邊 将広, 杉田 静紀, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  104. 進行再発大腸癌に対する集学的アプローチの最先端 結腸癌非肝肺転移に対する外科切除の意義

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: WS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  105. 直腸がんの治療戦略-内視鏡外科をどう活かすか? 骨盤拡大手術における内視鏡外科手術での後腹膜アプローチ

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 松村 卓樹, 三品 拓也, 大原 規彰, 鈴木 優美, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌25 巻 ( 7 ) 頁: SSY5 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  106. 直腸がんの治療戦略-内視鏡外科をどう活かすか? 骨盤拡大手術における内視鏡外科手術での後腹膜アプローチ

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 松村 卓樹, 三品 拓也, 大原 規彰, 鈴木 優美, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌25 巻 ( 7 ) 頁: SSY5 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  107. 【胆膵領域の臨床試験Up to date~これを読めば世界が見える】胆管癌切除後再発予防をめざした術後補助療法

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 深谷 昌秀, 上原 圭, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 小倉 淳司  

    胆と膵42 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆道癌の切除後の生存率は不良であり、とくに進行例に対する手術単独の効果には限界がある。このため集学的治療が必要で、そのなかでも切除後の補助化学療法に関する臨床試験の結果が重要である。最近、重要な第III相試験の結果が公開された。第一は、本邦のBCAT試験である。Gemcitabineと切除単独を比較したが、その有効性は認めなかった。第二はフランスで行われたPRODIGE-12試験で、GEMOXの切除単独群に対する有効性は認めなかった。第三は、Capecitabineの有効性を検証する英国BILCAP試験である。ITT解析では有意差を認めなかったものの、per protocol解析で有意差を認めた。これらの結果から、欧米諸国ではCapecitabineが胆道癌の術後補助化学療法として推奨されるに至った。一方、本邦では胆道癌に対して保険収載されていないため、本方針を日常診療で用いることはできない。(著者抄録)

  108. 消化管腫瘍の新展開 進行消化管癌における集学的治療の実際と課題 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 村田 悠記, 三品 拓也, 鈴木 優美, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化管学会雑誌5 巻 ( Suppl. ) 頁: 142 - 142   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化管学会  

  109. 各領域におけるロボット支援手術 当院でのダヴィンチシステムを用いた食道手術の現状

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 石井 健太, 西村 廣大, 鳥居 直矢, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科系連合学会誌45 巻 ( 5 ) 頁: 538 - 538   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  110. 咽頭喉頭摘出術後の残食道癌に対して胸腔鏡下残食道全摘術を施行した3例

    西村 廣大, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 山崎 公稔, 石井 健太, 米川 佳彦, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集74回 巻   頁: 308 - 308   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  111. 治療戦略により長期生存を得られている根治学的化学放射線療法後再発した食道癌の1例

    山崎 公稔, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 西村 廣大, 米川 佳彦, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集74回 巻   頁: 160 - 160   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  112. 当科における腹臥位胸腔鏡下食道切除と開胸食道切除の短期成績の比較

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 山崎 公稔, 石井 健太, 西村 廣大, 米川 佳彦, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P005 - 4   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  113. 結腸左半切除術のコツとピットフォール

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩  

    日本外科系連合学会誌45 巻 ( 5 ) 頁: 495 - 495   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  114. 腹腔動脈幹合併膵体尾部切除を伴う食道亜全摘を施行した食道癌の3例

    米川 佳彦, 深谷 昌秀, 横山 幸浩, 宮田 一志, 山崎 公稔, 石井 健太, 西村 廣大, 江畑 智希, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集74回 巻   頁: 190 - 190   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  115. 食道癌ハイリスク症例に対する二期分割手術の短期成績

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 石井 健太, 西村 廣大, 米川 佳彦, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集74回 巻   頁: 163 - 163   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  116. 食道癌術後の慢性期肺炎におけるリスク因子の検討

    西村 廣大, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 山崎 公稔, 石井 健太, 米川 佳彦, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P018 - 7   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  117. 腹腔動脈幹合併膵体尾部切除を伴う食道亜全摘で切除し得たbulkyリンパ節転移を伴う食道癌の1例

    米川 佳彦, 宮田 一志, 深谷 昌秀, 山崎 公稔, 石井 健太, 西村 廣大, 江畑 智希, 横山 幸浩, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 11 ) 頁: 2397 - 2397   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  118. 消化器外科領域における周術期感染対策 食道癌手術における喀痰監視培養と術後肺炎の検討

    深谷 昌秀, 酒徳 弥生, 宮田 一志, 西村 廣大, 鳥居 直矢, 清水 大輔, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科感染症学会雑誌17 巻 ( 5 ) 頁: 336 - 336   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

  119. 肝門部領域胆管癌の術式選択と治療成績 肝門部領域胆管癌に対する左三区域切除と治療成績

    水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭, 宮田 一志, 相場 利貞, 小倉 淳司  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 増刊 ) 頁: 230 - 230   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  120. 2臓器以上への同時性遠隔転移を伴うStageIV大腸癌における長期生存例の検討

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: DP - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  121. リンパ節転移陽性肝門部領域胆管癌に対する術後補助化学療法としてのS-1とGemcitabineの比較

    高橋 大五郎, 水野 隆史, 横山 幸浩, 江畑 智希, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 國料 俊男, 梛野 正人, 安藤 昌彦  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  122. 下部進行直腸癌に対する予防的側方郭清-あり vs なし-【なし】下部進行直腸癌に対する予防的側方郭清 ありvsなし "なし派"の立場から いかに選択的に側方郭清を行っていくか?

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: DB - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  123. ロボット支援下直腸癌手術の手術手技と治療成績

    相場 利貞, 上原 圭介, 青葉 太郎, 平松 和洋, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: DP - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  124. 大腸癌局所再発に対する外科治療【International】局所再発直腸癌の外科治療 遠隔転移の有無や既往は手術適応に影響するか(Surgical treatment for locally recurrent rectal cancer: Does the presence or history of distant metastasis affect surgical indications?)

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: WS - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  125. 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  126. 大腸癌術後腹壁瘢痕ヘルニアの発生リスク因子についての検討

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 3:[Y]   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  127. 肝外胆管切除を伴う大量肝切除術における肝切離前後ステロイド投与は術後肝障害を抑制するか(RCT研究)

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  128. 胃癌における術前血清腫瘍マーカーの再発予測としての至適カットオフ値の検討

    佐藤 敏, 神田 光郎, 伊藤 誠二, 望月 能成, 寺本 仁, 石榑 清, 村井 俊文, 浅田 崇洋, 石山 聡治, 松下 英信, 清水 大, 宮田 一志, 小林 大介, 田中 千恵, 深谷 昌秀, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  129. 肝門部領域胆管癌切除後のComprehensive Complication Indexは長期予後に影響するか?

    川勝 章司, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 7   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  130. 肝門部領域胆管癌に対する肝左葉尾状葉切除における肝切離面陽性の検討

    大塚 新平, 篠原 健一, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 國料 俊男, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 4:[Y]   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  131. 骨盤内臓全摘術の術後長期的腎機能に与える影響 腹会陰式直腸切断術術後との比較検討

    山東 雅紀, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  132. 局所進行直腸癌に対する放射線照射を伴わない術前化学療法の経験を踏まえた当科の術前化学放射線療法

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会雑誌117 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A322 - A322   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  133. 直腸粘膜に病巣を認めないPagetoid spreadの1切除例

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会雑誌117 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A316 - A316   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  134. 【進行直腸癌のベストプラクティス】局所再発直腸癌の再発部位を意識した治療戦略

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    外科82 巻 ( 7 ) 頁: 742 - 748   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>局所再発直腸癌に対する治療戦略は施設間差が大きく,外科医のdecisionが患者の人生を大きく左右する可能性がある.そのため,われわれは限られた症例の中で外科治療の限界と可能性を判断し,治療戦略を決定していく必要がある.一般的に局所再発直腸癌の長期予後は不良で,特に側方再発パターンは手術の難易度も高くかつ予後がわるい.当科のデータからも,いかにして側方再発をR0切除するかが大きな課題である.そのためには坐骨神経周りの詳細な解剖の理解とピットフォールを熟知しておくことが必須である.さらに必要に応じて術中放射線療法などの追加治療を行うことによって,さらなる治療成績の向上をめざしている.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2020&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20200605170008&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D82%26issue%3D7%26spage%3D742&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D82%26issue%3D7%26spage%3D742&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  135. 【進行胆道癌・膵癌の治療限界を打ち破る-症例から学ぶ究極の治療-】動脈・門脈切除再建を伴う肝左三区域切除術 門脈変異例に対するパッチグラフトを用いた再建

    山田 美保子, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 小倉 淳司, 梛野 正人  

    胆と膵41 巻 ( 5 ) 頁: 429 - 433   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    その解剖学的特性のため、肝門部領域胆管癌は容易に肝動脈や門脈に浸潤し、非切除の要因となっていた。手術手技や周術期管理の向上に伴い、門脈切除は多くの施設で行われるようになったが、肝動脈切除については十分なエビデンスが得られていないため今でも挑戦的な手術である。当教室では、2010年に動脈・門脈同時切除を行った肝門部領域胆管癌50例の治療成績を検討した。高度な技術が必要であるが、手術関連死亡は許容範囲内で長期予後が期待できることを報告した。近年、動脈切除を伴う肝門部領域胆管癌の治療成績の報告は増加しているが、その周術期死亡率や長期予後については、いまだ良好とはいえない。教室における動脈・門脈切除を伴う肝門部領域胆管癌の手術とその選択根拠について症例を通じて解説する。(著者抄録)

  136. 不治の病とどう戦えば?患者さんが望んだ「無治療という医療」 招待有り

    宮田一志  

    消化器外科ナーシング25 巻 ( 4 ) 頁: 1 - 1   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  137. 【定番+最新処置のケアの知識をチェック&アップデート↑消化器の治療と検査 サクッと攻略! はやわかりデータベース】(2章)開胸・開腹手術 頸部食道切除術

    宮田 一志  

    消化器ナーシング ( 2020春季増刊 ) 頁: 38 - 41   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  138. 【定番+最新処置のケアの知識をチェック&アップデート↑消化器の治療と検査 サクッと攻略! はやわかりデータベース】(2章)開胸・開腹手術 食道亜全摘術(胃管再建)

    宮田 一志  

    消化器ナーシング ( 2020春季増刊 ) 頁: 34 - 37   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  139. 下咽頭癌術後の腹臥位胸腔鏡下食道癌手術 永久気管孔、両側DP皮弁の取り扱いに注意を要した1例

    川上 次郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 水野 隆史, 上原 圭介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO251 - 1   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  140. 大腸技術認定医資格取得のために必要な手技 腹腔鏡下直腸手術に必要な基本手技

    上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: SY18 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  141. 治療に難渋した食道癌術後胃管肺瘻の1例

    山崎 公稔, 宮田 一志, 深谷 昌秀, 冨永 健太, 石井 健太, 西村 廣大, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 12 ) 頁: 2312 - 2312   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  142. 当院10年間の腹腔鏡下Heller Dor手術とその成績

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 石井 健太, 山崎 公稔, 冨永 健太, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 相場 利貞, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO255 - 1   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  143. Esophageal reconstruction using a pedicled jejunum following esophagectomy for metastatic esophageal stricture from breast cancer in a patient with previous pancreatoduodenectomy.

    Asai S, Fukaya M, Fujieda H, Igami T, Tsunoda N, Sakatoku Y, Kamei Y, Miyata K, Nagino M  

    Nagoya journal of medical science81 巻 ( 4 ) 頁: 679 - 685   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    A 71-year-old woman with dysphagia was diagnosed with thoracic esophageal squamous cell carcinoma by endoscopic biopsy at another hospital. She had previously undergone partial breast excision with axillary lymph node dissection for right breast cancer eleven years earlier and subtotal stomach-preserving pancreatoduodenectomy with Child's reconstruction for ampullary cancer ten years earlier. Gastrointestinal endoscopy showed a stricture due to a bulging submucosal tumor in the mid-thoracic esophagus. The tumor was diagnosed as an esophageal metastasis from breast cancer by endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration biopsy. After six courses of fulvestrant, the tumor progressed, completely impeding her ability to swallow. An esophagectomy was planned in a one-stage operation because of the expectation of a prolonged survival and her strong hope of regaining oral intake. Unfortunately, she underwent emergent omental patch repair for perforation of the gastrojejunostomy site due to an anastomotic ulcer one day before the scheduled operation. Due to postoperative impairment of her performance status, she subsequently underwent a two-stage esophageal operation. In the first surgical stage, prone position thoracoscopic esophagectomy and cervical esophagostomy were performed and she was discharged with enteral nutrition on postoperative day 15. Sixty-one days after the first surgical stage, esophageal reconstruction was performed using a pedicled jejunum with microvascular anastomosis via the subcutaneous route. She was discharged without any complications 20 days after the second operation.

    DOI: 10.18999/nagjms.81.4.679

    Scopus

    PubMed

  144. Repeated episodes of thoracic empyema after spontaneous esophageal rupture.

    Sakatoku Y, Fukaya M, Kawaguchi K, Fujieda H, Miyata K, Nagino M  

    Nagoya journal of medical science81 巻 ( 4 ) 頁: 693 - 699   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    A 52-year-old man with a cough, high fever, and inappetence was diagnosed with thoracic empyema on computed tomography at a local hospital. He had undergone continuous thoracic drainage for a spontaneous esophageal rupture that occurred 17 years earlier. He developed left thoracic empyema 2, 14 and 17 years following the initial esophageal rupture that improved with conservative therapy each time. The most recent episode of thoracic empyema also resolved with conservative therapy. However, he was referred to our hospital for further examination and more complete surgical treatment for recurrent thoracic empyema. Gastrointestinal endoscopy showed a scar from the previous esophageal rupture in the lower esophagus. We considered that recurrent esophageal rupture may have caused repeated episodes of thoracic empyema based on endoscopic findings and his past history and elected to perform subtotal esophagectomy to provide a complete cure. A left transthoracic esophagectomy with a left lower lung lobectomy and gastric tube reconstruction via a retrosternal route were performed. A latissimus dorsi muscle flap was used to eliminate the dead space after lower lung lobectomy to prevent recurrent thoracic empyema. The bronchial stump was covered with a pedicled intercostal muscle flap to prevent leakage from the stump. Minor leakage from the esophagogastrostomy site developed during the postoperative course but resolved with conservative therapy. The patient was transferred to the previous hospital on the 36th postoperative day. Four years after surgery, he had good oral intake and nutritional status without any evidence of recurrent thoracic empyema.

    DOI: 10.18999/nagjms.81.4.693

    Scopus

    PubMed

  145. 直腸癌局所再発・肝転移に対して積極的外科手術により得られた長期生存例に発症した下行結腸stoma部癌の一例

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 田中 綾, 山東 雅紀, 米川 佳彦, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集131回 巻   頁: 65 - 65   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  146. 肝切除が有効であったBRAF変異型多発肝転移の1例

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 米川 佳彦, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集131回 巻   頁: 65 - 65   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  147. 大血管に浸潤した悪性腫瘍の手術 三肝静脈合流部下大静脈浸潤を有する肝腫瘍に対する術前右肝静脈塞栓+下大静脈再建術

    水野 隆史, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 角田 伸行, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 増刊 ) 頁: 433 - 433   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  148. 胆道腫瘍Up to Date 胆管癌のT分類 壁深達度から浸潤長への移行

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本癌治療学会学術集会抄録集57回 巻   頁: SY21 - 2   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  149. 高難度手術について考える(移植・肝胆膵・食道・直腸・小児外科・緊急手術) 高難度肝切除1013例の術中有害事象 知ることは力になるかも

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 増刊 ) 頁: 359 - 359   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  150. 術後感染性合併症対策としての栄養管理 高度侵襲外科手術におけるシンバイオティクスのバクテリアルトランスロケーション抑制効果

    横山 幸浩, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 江畑 智希, 伊神 剛, 渡辺 伸元, 山口 淳平, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    学会誌JSPEN1 巻 ( Suppl. ) 頁: 126 - 126   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

  151. 【胆道癌に対する集学的治療の現状】胆道癌に対する集学的治療と手術の限界

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    癌の臨床64 巻 ( 5 ) 頁: 315 - 320   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

  152. 膵体尾部腹腔動脈合併切除を行い根治切除しえた高度進行食道癌の1例

    冨永 健太, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 川上 次郎, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 7 ) 頁: 1397 - 1397   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  153. 術後肺合併症ハイリスク症例に対する予防的ミニトラック挿入の適応拡大の効果

    冨永 健太, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 川上 二郎, 山崎 公稔, 石井 健太, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: O36 - 1   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  154. 当科における食道癌ハイリスク症例に対する二期分割手術

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 冨永 健太, 川上 次郎, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭介, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集73回 巻   頁: 317 - 317   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  155. 腹腔動脈浸潤を伴う食道癌に腹腔動脈合併切除を伴う膵体尾部切除を行い切除し得た2例

    冨永 健太, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 川上 次郎, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭介, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集73回 巻   頁: 112 - 112   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  156. 【ナースがおさえる正常&異常のポイントこれだけ!消化器治療後の過程 まるみえ!タイムライン】胃の治療とケア

    宮田 一志  

    消化器ナーシング24 巻 ( 5 ) 頁: 419 - 429   2019年5月

  157. Stage IV大腸癌の腫瘍占居部位が治療成績に与える影響

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 田中 征洋, 冨田 明宏, 江畑 智希, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌72 巻 ( 5 ) 頁: 299 - 299   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  158. cT4b直腸癌に対する腹腔鏡手術の適応と安全性に関する検討

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌72 巻 ( 5 ) 頁: 270 - 270   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  159. 【肝胆膵外科の臨床研究 update 2019】胆道癌に対する術前・術後補助化学療法

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    外科81 巻 ( 6 ) 頁: 681 - 685   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>胆道癌の切除後の生存率は不良であり,切除後の補助化学療法の有効性が現在検証されている.残念ながら,近年の3本のランダム化第III相試験は術後補助化学療法の有効性を明確に示すことはできなかった.現時点では,"切除後は無治療で経過観察する"ことが基本方針である.一方,切除不能胆道癌の中には,化学療法が奏効し外科切除が再考されることがある.このような症例をどのように扱うかは今後の検討課題である.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2019&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20190520100012&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D81%26issue%3D6%26spage%3D681&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D81%26issue%3D6%26spage%3D681&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  160. 【術中・術後合併症を起こさないコツ】肝門部領域胆管癌手術

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    消化器外科42 巻 ( 6 ) 頁: 969 - 973   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  161. 画像診断と病理 食道平滑筋腫

    兵藤 良太, 岩野 信吾, 長縄 慎二, 宮田 一志, 島田 聡子  

    画像診断39 巻 ( 7 ) 頁: 662 - 663   2019年5月

  162. 下部直腸癌に対する新しい手技の工夫 下部進行直腸癌に対する経肛門的な側方LNへのアプローチ

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 中山 吾郎, 服部 憲史, 冨田 明宏, 山東 雅紀, 小池 佳勇, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: WS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  163. 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の現状と展望

    田中 征洋, 上原 圭介, 相場 利貞, 中山 吾郎, 服部 憲史, 冨田 明宏, 田中 綾, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  164. 直腸癌局所再発に対する治療戦略 局所再発直腸癌に対する手術治療

    相場 利貞, 上原 圭介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 冨田 明宏, 小池 佳勇, 山東 雅紀, 田中 綾, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PD - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  165. 胆道癌に対する大量肝切除術時に自己血貯血は有用か

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 浩幸, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  166. 肝門部領域胆管癌切除例における術前内視鏡的経鼻胆道ドレナージの忍容性の検討

    前田 孝, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SF - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  167. 膵頭十二指腸切除における術中大量出血の術前予測因子

    石井 健太, 横山 幸浩, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 3   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  168. 高度侵襲手術における周術期体組成と腸内細菌叢組成の関連について

    明石 久美子, 横山 幸浩, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SF - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  169. IMV 1stアプローチとICG蛍光法を使用した腹腔鏡下下行結腸切除術

    田中 征洋, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: OS161 - 4   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  170. 子宮体部に浸潤をきたしたRS直腸癌に対する直腸切除を先行させた子宮合併切除

    小池 佳勇, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 山東 雅紀, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: DP117 - 9   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  171. 当科での14年間のGIST治療とその成績

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 浅井 宗一郎, 川上 次郎, 冨永 健太, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: OS1 - 4   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  172. 胃原発follicular dendritic cell sarcomaの1例

    井田 英臣, 宮田 一志, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: DP22 - 5   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  173. 腹腔鏡下回盲部切除術におけるSMV背側まで意識した#203郭清

    冨田 明宏, 上原 圭介, 相場 利貞, 田中 征洋, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: OS15 - 5   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  174. 膀胱三角部浸潤を伴う直腸癌に対する、前方骨盤内臓全摘術後の再建の工夫

    山東 雅紀, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌23 巻 ( 7 ) 頁: DP117 - 4   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  175. 【病棟ケアのポイントねらいうち 見て即わかる! 消化器外科12術式の図解ノート】噴門側胃切除術

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 11 ) 頁: 972 - 977   2018年11月

  176. 他臓器合併切除を行った結腸癌の検討

    冨田 明宏, 上原 圭介, 相場 利貞, 田中 征洋, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会雑誌51 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 290 - 290   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  177. 【病棟ケアのポイントねらいうち 見て即わかる! 消化器外科12術式の図解ノート】胃全摘術

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 11 ) 頁: 978 - 981   2018年11月

  178. 【病棟ケアのポイントねらいうち 見て即わかる! 消化器外科12術式の図解ノート】幽門側胃切除術

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 11 ) 頁: 966 - 971   2018年11月

  179. 【あたらしい外科局所解剖全図-ランドマークとその出し方】肝胆膵 左肝・尾状葉切除に必要な局所解剖 右肝動脈後枝のバリエーションを中心に

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    臨床外科73 巻 ( 11 ) 頁: 166 - 170   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>point ・MDCTから作成した三次元画像を用い,術前に右肝動脈後枝の分岐と走行を把握しておく.術中の経験的判断に依存すると誤認切離の可能性が高まる.・同時に,門脈・胆管の右後枝の解剖も把握しておく.3つの脈管は同じ右後区系であるが,その走行と分岐には個人差がある.・右門脈との位置関係から右肝動脈後枝はinfraportal typeとsupraportal typeに大別される.前者は左肝・尾状葉切除の難易度を上げる変異である.

  180. 大腸外科におけるnavigation surgeryの実践と展望 大腸癌手術におけるICG蛍光法による血流およびリンパ流の可視化

    相場 利貞, 上原 圭介, 冨田 明宏, 田中 征洋, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 増刊 ) 頁: 355 - 355   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  181. 直腸癌に対する集学的治療 T4b直腸癌に対する治療戦略

    上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本癌治療学会学術集会抄録集56回 巻   頁: PD11 - 3   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  182. 局所進行食道癌~切れる?切れない?~T4食道癌の診断とマネージメント Borderline Resectable症例に対する当科の治療方針とその成績

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 浅井 宗一郎, 川上 次郎, 石井 健太, 江畑 智希, 角田 伸行, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 増刊 ) 頁: 376 - 376   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  183. 肝門部領域胆管癌の術式選択と手技:安全性と根治性の確保 肝門部領域胆管癌に対する肝右三区域切除の検討

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 増刊 ) 頁: 316 - 316   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  184. 胆道癌に対する集学的治療の現状 胆道癌に対する集学的治療と手術の限界

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本癌治療学会学術集会抄録集56回 巻   頁: PD6 - 1   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  185. 遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略 進行・再発大腸癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清術の意義

    田中 征洋, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌71 巻 ( 抄録号 ) 頁: A56 - A56   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  186. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】剥離

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 733 - 733   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  187. 【胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の病態と診療の現状】IPNBは独立した疾患か?

    尾上 俊介, 下山 芳江, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    胆と膵39 巻 ( 8 ) 頁: 699 - 701   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    古くから乳頭型胆管癌(PCC)は予後が良好なことが知られている。近年、WHO分類においてIPNBが提唱され、膵IPMNのカウンターパートとされた。しかし、IPNBはPCCと重複し、その定義があいまいであるため、日常臨床において混乱をもたらしている。われわれの解析では、PCCは浸潤癌成分の増加に伴って、連続的に進行する疾患群であることが確認できた。また、胆管腫瘍には前癌病変は認められなかった。したがって、IPNBを"あえて"定義するのであればPCCの発育スペクトルの早期病変に相当すると考えられ、独立した疾患として扱うべきではない。(著者抄録)

  188. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】開腹

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 731 - 731   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  189. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】閉腹

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 732 - 732   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  190. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】腹腔内洗浄

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 734 - 734   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  191. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】結紮

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 733 - 733   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  192. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】止血

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 731 - 731   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  193. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】挙上

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 732 - 732   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  194. 【切離、吻合、郭清、挙上…わかればナットク!術後の影響 手術操作まるわかり辞典】吸引

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing23 巻 ( 8 ) 頁: 734 - 734   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  195. 肝内胆管癌術前の門脈塞栓術で残肝門脈の血栓閉塞を来した1例

    野尻 基, 水野 隆史, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    肝胆膵治療研究会誌15 巻 ( 1 ) 頁: 99 - 99   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:肝胆膵治療研究会  

  196. 誌上ディベート IPNBは胆管癌の前癌病変か 前癌病変ではないとする立場から

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    膵・胆道癌Frontier7 巻 ( 2 ) 頁: 78 - 80   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  197. 当科における食道癌ハイリスク症例に対する二期分割手術の検討

    冨永 健太, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 浅井 宗一郎, 井田 英臣, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会73回 巻   頁: 933 - 933   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  198. リンパ節転移再発部位からみた頸部食道癌の至適リンパ節廓清領域の検討

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔, 冨永 健太, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 上原 圭介, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集72回 巻   頁: 319 - 319   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  199. 二期分割手術にて安全に手術し得た維持透析合併進行食道癌の1例

    冨永 健太, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 浅井 宗一郎, 井田 英臣, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集72回 巻   頁: 219 - 219   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  200. 胃全摘術後に当院で食道切除を行った4症例の検討

    浅井 宗一郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 井田 英臣, 山崎 公稔, 冨永 健太, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集72回 巻   頁: 281 - 281   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  201. 胸壁前経路有茎空腸再建術後の縫合不全に対して大胸筋皮弁を用いた2例

    井田 英臣, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔, 冨永 健太, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集72回 巻   頁: 215 - 215   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  202. 胃管癌切除後有茎空腸再建、血行再建に難渋した1例

    山崎 公稔, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 井田 英臣, 浅井 宗一郎, 冨永 健太, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集72回 巻   頁: 239 - 239   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  203. IPMNとIPNB-診断と治療のアップデート- 日常臨床においてIPNBをIPMNのカウンターパートとして扱う意義

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 浩幸, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 559 - 559   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  204. Trefoil Factor Family 1(TFF1)は肝前駆細胞の胆管上皮細胞への分化を促進し、肝細胞への分化を抑制することで障害肝の再生に関与する

    林 友樹, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1204 - 1204   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  205. 切除可能大腸癌肝転移に対する術前化学療法の検討

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1118 - 1118   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  206. 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の長所と限界

    上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 中山 吾郎, 冨田 明宏, 江畑 智希, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1386 - 1386   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  207. 肝外胆管切除を伴う肝切除における早期および後期肝再生に関わる因子の検討

    前田 孝, 横山 幸浩, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1335 - 1335   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  208. 腸内環境が漢方製剤茵チン蒿湯の利胆作用に及ぼす影響に関する研究

    宇治 誠人, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1636 - 1636   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  209. 肝門部領域胆管癌に対する治療戦略 肝門部周囲胆管細胞癌における術前Blumgart T分類 日本人コホートにおける検証(Preoperative Blumgart T system in perihilar cholangiocarcinoma: validation in a Japanese cohort)

    江畑 智希, 水野 隆史, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 国料 俊男, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 537 - 537   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  210. 肝門部領域胆管癌における剥離面陽性例の陽性部位と予後

    篠原 健太郎, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 990 - 990   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  211. 肝門部領域胆管癌として切除された胆管良性狭窄

    大塚 新平, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1336 - 1336   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  212. 肝胆膵外科高難度手術の総括-安全性と成績- 肝門部領域胆管癌に対する肝左三区域切除の安全性と成績

    水野 隆史, 江畑 智希, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 國料 俊男, 角田 伸行, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 482 - 482   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  213. 遠位胆管癌の新たなT分類における至適なカットオフ値の提案

    青山 広希, 江畑 智希, 前田 隆雄, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 1181 - 1181   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  214. 高齢者に対する肝門部胆管癌手術の治療成績

    明石 久美子, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 2408 - 2408   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  215. 食道癌に対する当院での術前化学放射線療法とその手術成績

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 浅井 宗一郎, 三浦 泰智, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 2321 - 2321   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  216. 【最新の胆道癌診療トピックス-新たな治療戦略の可能性を探る】術前治療と切除適応 胆道癌の予後不良因子とは 手術適応のborderlineはどこか? 肝門部領域胆管癌

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    臨床外科72 巻 ( 13 ) 頁: 1419 - 1422   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>肝門部領域胆管癌の切除適応や切除術式を決定する際に考慮すべき予後因子として,癌遺残度,胆管側方進展,血管浸潤,リンパ節転移,遠隔転移,腫瘍形態,術前減黄法が挙げられる.肝門部領域胆管癌は積極的な手術により長期生存する症例が少なくないため,手術の安全が担保される限り切除を考慮すべきである.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2017&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20171130440008&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407211870&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407211870&type=%E5%8C%BB%E6%9B%B8.jp_%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  217. 不適切なマスク換気による小腸拡張環境下での腹腔鏡下大腸手術経験

    冨田 明宏, 上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 伊神 剛, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: EP218 - 07   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  218. ストマのない骨盤内臓全摘術を目指した腹腔鏡手術の2例

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 伊神 剛, 宮田 一志, 椰野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: EP067 - 03   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  219. 胸腔鏡下に切除した成人食道嚢胞の1例

    浅井 宗一郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 山崎 公稔, 三浦 泰智, 伊神 剛, 上原 圭介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: EP165 - 08   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  220. 腹腔鏡下骨盤内臓全摘術の経験

    相場 利貞, 上原 圭介, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: SF047 - 03   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  221. 骨盤内臓全摘術(後方内臓全摘も含む) 腹腔鏡下骨盤内臓全摘 消化器外科から見たコツと注意点

    上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: WS4 - 2   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  222. 腹臥位胸腔鏡下に左側アプローチを追加し#112aoP郭清を行った2例

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 上原 圭介, 相場 利貞, 三浦 泰智, 山崎 公稔, 浅井 宗一郎, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌22 巻 ( 7 ) 頁: EP193 - 05   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  223. MDCT門脈後期相の画像を用いた3D胆管像自動構築システムの開発

    伊神 剛, 廣瀬 友昭, 江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 水野 隆史, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 森 健策, 梛野 正人, 名古屋大・情報連携統括本部情報戦略室  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 222 - 222   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  224. ここを工夫した私の手術手技(直腸) 局所進行・再発直腸癌に対する拡大手術における手術手技

    上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 椰野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 435 - 435   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  225. 周術期での血液製剤の適正使用 肝切除術に対する自己血貯血の有用性

    尾上 俊介, 江畑 智希, 横山 浩幸, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 414 - 414   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  226. 再発食道癌に対する手術成績

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 浅井 宗一郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 角田 伸行, 菅原 元, 伊神 剛, 上原 圭介, 山口 淳平, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 693 - 693   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  227. ここを工夫した私の手術手技(胆) 肝門部領域胆管癌術後の下部胆管癌に対する亜全胃温存膵頭十二指腸切除術

    林 友樹, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 442 - 442   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  228. 大腸癌同時性大動脈周囲リンパ節転移に対する治療成績

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 342 - 342   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  229. 当科における局所再発直腸癌に対する手術成績

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 559 - 559   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  230. 当科における大腸癌化学療法salvage lineの治療成績

    相場 利貞, 上原 圭介, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本癌治療学会学術集会抄録集55回 巻   頁: P159 - 7   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

  231. 大腸癌手術後における腹壁瘢痕ヘルニア発生のリスク因子

    冨田 明宏, 上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 568 - 568   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  232. 胃全摘横隔膜合併切除術後再建メッシュ感染に対し、大腿筋膜、広背筋による横隔膜再建を施行した1例

    山崎 公稔, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 上原 圭介, 山口 淳平, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 812 - 812   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  233. 腸管切除を伴わない人工肛門閉鎖術

    相場 利貞, 上原 圭介, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 506 - 506   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  234. 臨床試験から視た大腸癌手術 臨床試験から見た大腸癌肝転移手術

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 327 - 327   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  235. 骨盤内リンパ節郭清 進行・再発直腸癌に対する骨盤内リンパ節郭清

    上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 冨田 明宏, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志  

    日本外科系連合学会誌42 巻 ( 5 ) 頁: 892 - 892   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  236. 輸入脚症候群による重症急性膵炎の1例

    浅井 宗一郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩, 角田 信行, 菅原 元, 伊神 剛, 上原 圭介, 山口 淳平, 尾上 俊介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 増刊 ) 頁: 831 - 831   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  237. 局所再発直腸癌に対する手術治療

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 8 ) 頁: 584 - 584   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  238. 後縦隔経路再建胃管癌に対し胃管全摘術を行った8例

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 檜垣 栄治, 川合 亮祐, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会72回 巻   頁: PK8 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  239. 肝門部胆管癌と診断し切除した肉芽腫性胆管炎の一例

    明石 久美子, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩, 角田 伸行, 菅原 元, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 7 ) 頁: 1667 - 1667   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  240. 膵頭十二指腸切除術後に発症し、診断・治療に難渋した乳癌食道転移の1例

    浅井 宗一郎, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 檜垣 栄治, 川合 亮佑, 山崎 公稔, 江畑 智希, 國料 俊男, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 上原 圭介, 山口 淳平, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 7 ) 頁: 1666 - 1666   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  241. 巨大肝細胞癌に対する陽子線治療後に食道壊死をきたした1例

    檜垣 栄治, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集71回 巻   頁: P38 - 8   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  242. 根治切除行った食道癌肉腫の3症例

    宮田 一志, 深谷 昌秀, 檜垣 栄治, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔, 江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集71回 巻   頁: P45 - 4   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  243. 後縦隔経路再建胃管癌の8切除例

    深谷 昌秀, 宮田 一志, 檜垣 栄治, 浅井 宗一郎, 山崎 公稔  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集71回 巻   頁: P49 - 5   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  244. 食道左肺瘻をきたした食道癌に対してステント留置後、外科的切除を施行した1例

    山崎 公稔, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 檜垣 栄治, 浅井 宗一郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 伊神 剛, 梛野 正人  

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集71回 巻   頁: P46 - 4   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本食道学会  

  245. 【外科におけるcontroversy-誌上ディベート】肝門部領域癌の取り扱い 肝癌として扱うべきか胆管癌として扱うべきか 胆管癌として

    江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 菅原 元, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    外科79 巻 ( 5 ) 頁: 437 - 440   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    肝門部胆管癌は「肝門レベルでの胆管閉塞」という臨床徴候で特徴づけられ,肝内・肝外の胆管癌を含む疾患カテゴリーである.胆道癌取扱い規約第6版において,肝門部「領域」胆管癌の新名称のもとに,従来の肝門部胆管癌のみならず腫瘤形成型肝内胆管癌(の一部)を含めると定義された.組織・病理発生論が考慮されていないという批判は存在するが,臨床的実用性を重視する観点からは妥当な定義である.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2017&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20170508080010&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D79%26issue%3D5%26spage%3D437&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D79%26issue%3D5%26spage%3D437&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  246. Dual Energy CTを用いた大腸癌リンパ節転移診断の検討

    加藤 健宏, 上原 圭介, 石垣 聡子, 二橋 尚志, 大城 泰平, 中村 勇人, 有元 淳記, 神谷 忠宏, 大内 晶, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 4 ) 頁: 250 - 250   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  247. 他科とのコラボレーション手術の実際 局所進行再発直腸癌に対するコラボレーション手術の実際

    上原 圭介, 相場 利貞, 向井 俊貴, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: WS - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  248. 外科領域における漢方の役割 腸内環境が漢方製剤茵チン蒿湯の利胆作用に及ぼす影響に関する研究

    宇治 誠人, 横山 幸浩, 江畑 智希, 國料 俊男, 角田 伸行, 菅原 元, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: WS - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  249. 当科におけるStage IV大腸癌の治療成績

    向井 俊貴, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  250. 肝門部胆管癌の神経周囲浸潤に対するDual energy CTを用いた新しい評価法

    田中 寛, 伊神 剛, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 森 健策, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  251. 胆管癌切除後の肺転移切除例における予後因子の検討

    山田 美保子, 江畑 智希, 横山 幸治, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  252. 胆管断端における上皮内癌遺残は予後不良因子である 早期胆管癌(pTis-2N0M0)の検討より

    塚原 哲夫, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: CSS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  253. 胃癌肝転移に対する根治的肝切除の意義とその適応

    檜垣 栄治, 深谷 昌秀, 宮田 一志, 川合 亮佑, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  254. 肝門部領域胆管癌における深部浸潤長による新たなT分類の可能性 予後との相関と再現性

    篠原 健太郎, 江畑 智希, 下山 芳江, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  255. 肝門部胆管癌手術のコツとピットフォール 肝門部領域胆管癌 SEMS挿入例に対する切除手技

    江畑 智希, 水野 隆史, 菅原 元, 伊神 剛, 横山 幸浩, 國料 俊男, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SY - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  256. 遠位胆管癌における新たなT分類(Hong分類)の可能性を探る

    青山 広希, 江畑 智希, 前田 隆雄, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  257. 高リスク患者に対する肝胆膵手術 術前胆汁培養で薬剤耐性菌陽性であった胆道再建を伴う肝切除症例の検討

    菅原 元, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 宮田 一志, 相場 利貞, 國料 俊男, 角田 伸行, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: WS - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  258. 門脈分岐に基づいた肝前区域の区域分類についての検討

    小林 智輝, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 相場 利貞, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  259. 肝左3区域切除+動門脈合併切除再建術後の切除断端陽性例に対し、術後補助放射線療法を施行し長期生存を得た1例

    田中 寛, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 角田 伸行, 伊神 剛, 菅原 元, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 梛野 正人  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 2 ) 頁: 409 - 409   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  260. 【アセスメント力アップ&アップ!8つのドレーン排液性状と術後異常のアセスメント】縫合不全と消化管内容

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing22 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 14   2017年1月

  261. 【アセスメント力アップ&アップ!8つのドレーン排液性状と術後異常のアセスメント】出血と血性

    宮田 一志  

    消化器外科Nursing22 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 8   2017年1月

▼全件表示

講演・口頭発表等 3

  1. 当院でのダビンチシステムを用いた食道手術の現状

    宮田一志

    日本外科系連合学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:久留米   国名:日本国  

  2. 局所進行食道癌とくにBorderline Resectable症例に対する当科の治療方針とその成績

    宮田一志

    日本食道学会  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  3. 当院における消化器外科領域のCALNA参入と現状について 国際会議

    宮田一志

    日本外科学会定期学術集会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

科研費 1

  1. 深紫外線による新規癌治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:18K08673  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    宮田 一志, 梛野 正人, 江畑 智希, 國料 俊男, 山口 淳平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    深紫外線照射は、癌細胞株において細胞形態を変化させ、アポトーシスを誘導した。作用機序としてCHK1、TLK1、MRE11が関与しており、TLK1 およびMRE11の抑制により、深紫外線照射によるアポトーシス誘導能が増強した。担癌動物モデルにおいて、深紫外線照射は腫瘍の増殖を抑制した。TLK1阻害剤の投与は、深紫外線照射による抗腫瘍効果を増強させ、腫瘍におけるKi67の発現は低下していた。ブタの胃粘膜に対して、照射により生じた粘膜面の欠損は、1週間後は治癒していた病理学的検査、血液生化学検査において異常を認めなかった。臨床応用のために更なる研究は必要であるが、新規治療法開発の可能性が示唆された。
    深紫外線によるアポトーシスの作用機序に関連するシグナルを明らかにした。またDNA修復遺伝子の抑制により深紫外線の抗腫瘍効果の増強が可能であることを明らかにした。これらは深紫外線による細胞障害作用を癌治療に応用するための重要な知見であり学術的意義が大きい。また本研究により新規治療法開発の可能性が示唆され、深紫外線による治療法が可能になれば、生存率を含めた治療成績の向上が期待され社会的意義は大きい。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. チュートリアル講義

    2020

  2. 選択特別授業

    2020