2022/04/12 更新

写真a

ヤマカワ ヨウイチ
山川 洋一
YAMAKAWA Youichi
所属
大学院理学研究科 理学専攻 物理学第一 講師
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 物理学科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2010年3月   新潟大学 ) 

研究キーワード 4

  1. ネマティック転移

  2. 軌道自由度

  3. 超伝導

  4. 強相関電子系

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系  / 電子相関 超伝導 多軌道 ネマティック

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科   講師

    2021年3月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科   助教

    2016年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:テニュアトラック

  3. 名古屋大学   大学院理学研究科   特任助教

    2014年12月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:名古屋大学高等研究院特任助教を兼務

  4. 名古屋大学   大学院理学研究科   研究員

    2011年4月 - 2014年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:2011/4~2013/3 博士研究員(新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」) 2013/4~2014/11 博士研究員(科研費)

学歴 3

  1. 新潟大学   自然科学研究科   自然構造科学専攻

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 新潟大学   自然科学研究科   自然構造科学専攻

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 新潟大学   理学部   物理学科

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本物理学会   会員

委員歴 2

  1. 日本物理学会   領域8 運営委員  

    2018年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    磁性
    2018/10~2019/3: 領域運営委員副代表

  2. 日本物理学会   領域10 運営委員  

    2012年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    フォノン分科

受賞 1

  1. 第24回(2019年)論文賞授賞論文

    2019年3月   日本物理学会   Line-Node Dirac Semimetal and Topological Insulating Phase in Noncentrosymmetric Pnictides CaAgX (X = P, As)

    Ai Yamakage, Youichi Yamakawa, Yukio Tanaka, and Yoshihiko Okamoto

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

 

論文 65

  1. Unconventional orbital charge density wave mechanism in the transition metal dichalcogenide 1T-TaS2 査読有り

    Hirata Toru, Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    Physical Review Research   3 巻 ( 3 ) 頁: L032053-1 - L032053-6   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.3.L032053

  2. Superconductivity in Nb2Pd3Te5 and Chemically-Doped Ta2Pd3Te5 査読有り

    Higashihara Naoya, Okamoto Yoshihiko, Yoshikawa Yuma, Yamakawa Youichi, Takatsu Hiroshi, Kageyama Hiroshi, Takenaka Koshi

    Journal of the Physical Society of Japan   90 巻 ( 6 ) 頁: 063705-1 - 063705-4   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.063705

  3. Development of Spin Fluctuations under the Presence of d-wave Bond Order in Cuprate Superconductors 査読有り

    Ando Satoshi, Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    Journal of the Physical Society of Japan   90 巻 ( 6 ) 頁: 063704-1 - 063704-5   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.063704

  4. Prediction of pseudogap formation due to d-wave bond-order in organic superconductor κ-(BEDT-TTF)2X 査読有り

    Tazai Rina, Yamakawa Youichi, Tsuchiizu Masahisa, Kontani Hiroshi

    Physical Review Research   3 巻 ( 2 ) 頁: L022014-1 - L022014-6   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.3.L022014

  5. Emergence of charge loop current in the geometrically frustrated Hubbard model: A functional renormalization group study 査読有り

    Tazai Rina, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   103 巻 ( 16 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.103.L161112

    Web of Science

  6. Odd-parity spin-loop-current order mediated by transverse spin fluctuations in cuprates and related electron systems 査読有り 国際誌

    Kontani Hiroshi, Yamakawa Youichi, Tazai Rina, Onari Seiichiro

    PHYSICAL REVIEW RESEARCH   3 巻 ( 1 ) 頁: 013127-1 - 013127-13   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.3.013127

    Web of Science

  7. High-mobility carriers induced by chemical doping in the candidate nodal-line semimetal CaAgP

    Okamoto Yoshihiko, Saigusa Kazushige, Wada Taichi, Yamakawa Youichi, Yamakage Ai, Sasagawa Takao, Katayama Naoyuki, Takatsu Hiroshi, Kageyama Hiroshi, Takenaka Koshi

    PHYSICAL REVIEW B   102 巻 ( 11 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.102.115101

    Web of Science

  8. Doping effects on electronic states in electron-doped FeSe: Impact of self-energy and vertex corrections

    Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   102 巻 ( 8 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.102.081108

    Web of Science

  9. Superconductivity in PtSbS with a Noncentrosymmetric Cubic Crystal Structure

    Mizutani Ryosuke, Okamoto Yoshihiko, Nagaso Hayate, Yamakawa Youichi, Takatsu Hiroshi, Kageyama Hiroshi, Kittaka Shunichiro, Kono Yohei, Sakakibara Toshiro, Takenaka Koshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   88 巻 ( 9 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.093709

    Web of Science

  10. Pressure-induced quantum critical point in the heavily hydrogen-doped iron-based superconductor LaFeAsO

    Takeuchi Masayoshi, Fujiwara Naoki, Kuwayama Takanori, Nakagawa Satoshi, Iimura Soshi, Matsuishi Satoru, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi, Hosono Hideo

    PHYSICAL REVIEW B   99 巻 ( 17 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.99.174517

    Web of Science

  11. Self-energy driven resonancelike inelastic neutron spectrum in the s(++)-wave state in Fe-based superconductors

    Takeuchi Lisa, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   98 巻 ( 16 )   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.98.165143

    Web of Science

  12. Pairing mechanism for nodal s-wave superconductivity in BaFe2(As, P)(2): Analysis beyond Migdal-Eliashberg formalism

    Nakaoka Hironori, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   98 巻 ( 12 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.98.125107

    Web of Science

  13. Edge-induced Strongly Correlated Electronic States in Two-dimensional Hubbard Model: Enhancement of Magnetic Correlations and Self-energy Effects

    Matsubara Shun, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.87.073705

    Web of Science

  14. Large thermoelectric power factor in one-dimensional telluride Nb4SiTe4 and substituted compounds

    Okamoto Yoshihiko, Wada Taichi, Yamakawa Youichi, Inohara Takumi, Takenaka Koshi

    APPLIED PHYSICS LETTERS   112 巻 ( 17 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5023427

    Web of Science

  15. Multistage electronic nematic transitions in cuprate superconductors: A functional-renormalization-group analysis

    Tsuchiizu Masahisa, Kawaguchi Kouki, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   97 巻 ( 16 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.97.165131

    Web of Science

  16. Abrupt change of the superconducting gap structure at the nematic critical point in FeSe1-xSx 査読有り

    Sato Yuki, Kasahara Shigeru, Taniguchi Tomoya, Xing Xiangzhuo, Kasahara Yuichi, Tokiwa Yoshifumi, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi, Shibauchi Takasada, Matsuda Yuji

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   115 巻 ( 6 ) 頁: 1227 - 1231   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1717331115

    Web of Science

  17. Observation of Dirac-like energy band and ring-torus Fermi surface associated with the nodal line in topological insulator CaAgAs 査読有り

    Takane Daichi, Nakayama Kosuke, Souma Seigo, Wada Taichi, Okamoto Yoshihiko, Takenaka Koshi, Yamakawa Youichi, Yamakage Ai, Mitsuhashi Taichi, Horiba Koji, Kumigashira Hiroshi, Takahashi Takashi, Sato Takafumi

    NPJ QUANTUM MATERIALS   3 巻   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41535-017-0074-z

    Web of Science

  18. Nematicity, magnetism, and superconductivity in FeSe under pressure: Unified explanation based on the self-consistent vertex correction theory 査読有り

    Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   96 巻 ( 14 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.96.144509

    Web of Science

  19. Superconductivity without a hole pocket in electron-doped FeSe: Analysis beyond the Migdal-Eliashberg formalism 査読有り

    Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   96 巻 ( 4 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.96.045130

    Web of Science

  20. Plain s-Wave Superconductivity near Magnetic Criticality: Enhancement of Attractive Electron-Boson Coupling Vertex Corrections 査読有り

    Tazai Rina, Yamakawa Youichi, Tsuchiizu Masahisa, Kontani Hiroshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.073703

    Web of Science

  21. Crossing-line-node semimetals: General theory and application to rare-earth trihydrides 査読有り

    Kobayashi Shingo, Yamakawa Youichi, Yamakage Ai, Inohara Takumi, Okamoto Yoshihiko, Tanaka Yukio

    PHYSICAL REVIEW B   95 巻 ( 24 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.95.245208

    Web of Science

  22. Competing Unconventional Charge-Density-Wave States in Cuprate Superconductors: Spin-Fluctuation-Driven Mechanism 査読有り

    Kawaguchi Kouki, Yamakawa Youichi, Tsuchiizu Masahisa, Kontani Hiroshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.86.063707

    Web of Science

  23. Large thermoelectric power factor at low temperatures in one-dimensional telluride Ta4SiTe4 査読有り

    Inohara Takumi, Okamoto Yoshihiko, Yamakawa Youichi, Yamakage Ai, Takenaka Koshi

    APPLIED PHYSICS LETTERS   110 巻 ( 18 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4982623

    Web of Science

  24. Unusual nodal behaviors of the superconducting gap in the iron-based superconductor Ba(Fe0.65Ru0.35)(2)As-2: Effects of spin-orbit coupling 査読有り

    Liu L., Okazaki K., Yoshida T., Suzuki H., Horio M., Ambolode L. C. C. II, Xu J., Ideta S., Hashimoto M., Lu D. H., Shen Z. -X., Ota Y., Shin S., Nakajima M., Ishida S., Kihou K., Lee C. H., Iyo A., Eisaki H., Mikami T., Kakeshita T., Yamakawa Y., Kontani H., Uchida S., Fujimori A.

    PHYSICAL REVIEW B   95 巻 ( 10 ) 頁: 104504   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.95.104504

    Web of Science

  25. Low Carrier Density Metal Realized in Candidate Line-Node Dirac Semimetals CaAgP and CaAgAs 査読有り

    Okamoto Yoshihiko, Inohara Takumi, Yamakage Ai, Yamakawa Youichi, Takenaka Koshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻 ( 12 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.123701

    Web of Science

  26. 軌道ネマティック秩序の理論―FeSeや各種鉄系超伝導体の統一的理解― 招待有り 査読有り

    山川洋一, 紺谷浩

    固体物理   51 巻 ( 609 ) 頁: 77-92   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. 高温超伝導体で起きる電子の液晶状態 招待有り 査読有り

    山川洋一

    理フィロソフィア   21 巻   頁: 16-17   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. Functional renormalization group study of orbital fluctuation mediated superconductivity: Impact of the electron-boson coupling vertex corrections 査読有り

    Tazai Rina, Yamakawa Youichi, Tsuchiizu Masahisa, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   94 巻 ( 11 )   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.94.115155

    Web of Science

  29. Synthesis and Superconducting Properties of a Hexagonal Phosphide ScRhP 査読有り

    Inohara Takumi, Okamoto Yoshihiko, Yamakawa Youichi, Takenaka Koshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻 ( 9 )   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.094706

    Web of Science

  30. Theoretical prediction of nematic orbital-ordered state in the Ti oxypnictide superconductor BaTi2(As,Sb)(2)O 査読有り

    Nakaoka Hironori, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   93 巻 ( 24 )   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.245122

    Web of Science

  31. Nematicity and Magnetism in FeSe and Other Families of Fe-Based Superconductors 査読有り

    Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW X   6 巻 ( 2 )   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevX.6.021032

    Web of Science

  32. Sign-Reversing Orbital Polarization in the Nematic Phase of FeSe due to the C-2 Symmetry Breaking in the Self-Energy 査読有り

    Onari Seiichiro, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   116 巻 ( 22 )   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.116.227001

    Web of Science

  33. p-orbital density wave with d symmetry in high-T-c cuprate superconductors predicted by renormalization-group plus constrained RPA theory 査読有り

    Tsuchiizu Masahisa, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   93 巻 ( 15 )   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.155148

    Web of Science

  34. Superconductivity in the Hexagonal Ternary Phosphide ScIrP 査読有り

    Okamoto Yoshihiko, Inohara Takumi, Yamakawa Youichi, Yamakage Ai, Takenaka Koshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻 ( 1 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.013704

    Web of Science

  35. Line-Node Dirac Semimetal and Topological Insulating Phase in Noncentrosymmetric Pnictides CaAgX (X = P, As) 査読有り

    Yamakage Ai, Yamakawa Youichi, Tanaka Yukio, Okamoto Yoshihiko

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   85 巻 ( 1 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.85.013708

    Web of Science

  36. Superconductivity pairing mechanism from cobalt impurity doping in FeSe: Spin (s±) or orbital (s++) fluctuation 査読有り

    T. Urata, Y. Tanabe, K. K. Huynh, Y. Yamakawa, H. Kontani, K. Tanigaki

    Physical Review B   93 巻 ( 1 ) 頁: 014507   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.014507

  37. Momentum-dependent sign inversion of orbital order in superconducting FeSe 査読有り

    Y. Suzuki, T. Shimojima, T. Sonobe, A. Nakamura, M. Sakano, H. Tsuji, J. Omachi, K. Yoshioka, M. Kuwata-Gonokami, T. Watashige, R. Kobayashi, S. Kasahara, T. Shibauchi, Y. Matsuda, Y. Yamakawa, H. Kontani, K. Ishizaka

    Physical Review B   92 巻 ( 20 ) 頁: 205117   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.92.205117

  38. Revisiting orbital-fluctuation-mediated superconductivity in LiFeAs: Nontrivial spin-orbit interaction effects on the band structure and superconducting gap function 査読有り

    Saito Tetsuro, Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   92 巻 ( 13 )   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.92.134522

    Web of Science

  39. Quasiparticle interference in Fe-based superconductors based on a five-orbital tight-binding model 査読有り

    Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   92 巻 ( 4 )   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.92.045124

    Web of Science

  40. Spin-Fluctuation-Driven Nematic Charge-Density Wave in Cuprate Superconductors: Impact of Aslamazov-Larkin Vertex Corrections 査読有り

    Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   114 巻 ( 25 )   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.114.257001

    Web of Science

  41. Spin-triplet superconductivity in Sr2RuO4 due to orbital and spin fluctuations: Analyses by two-dimensional renormalization group theory and self-consistent vertex-correction method 査読有り

    Tsuchiizu Masahisa, Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Ohno Yusuke, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   91 巻 ( 15 )   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.91.155103

    Web of Science

  42. Quantum critical behavior in heavily doped LaFeAsO1-xHx pnictide superconductors analyzed using nuclear magnetic resonance 査読有り

    R. Sakurai, N. Fujiwara, N. Kawaguchi, Y. Yamakawa, H. Kontani, S. Iimura, S. Matsuishi, H. Hosono

    Physical Review B   91 巻 ( 6 ) 頁: 064509   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.91.064509

  43. Linear Response Theory for Shear Modulus C-66 and Raman Quadrupole Susceptibility: Evidence for Nematic Orbital Fluctuations in Fe-based Superconductors 査読有り

    Kontani Hiroshi, Yamakawa Youichi

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   113 巻 ( 4 )   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.113.047001

    Web of Science

  44. Reproduction of experimental gap structure in LiFeAs based on orbital-spin fluctuation theory: s(++)-wave, s(+/-)-wave, and hole-s(+/-)-wave states 査読有り

    Saito Tetsuro, Onari Seiichiro, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi, Borisenko Sergey V., Zabolotnyy Volodymyr B.

    PHYSICAL REVIEW B   90 巻 ( 3 )   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.90.035104

    Web of Science

  45. High-T-c Superconductivity near the Anion Height Instability in Fe-Based Superconductors: Analysis of LaFeAsO1-xHx 査読有り

    Onari Seiichiro, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   112 巻 ( 18 )   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.112.187001

    Web of Science

  46. Zigzag Chain Structure Transition and Orbital Fluctuations in Ni-Based Superconductors 査読有り

    Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   82 巻 ( 9 )   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.094704

    Web of Science

  47. Detection of Antiferromagnetic Ordering in Heavily Doped LaFeAsO1-xHx Pnictide Superconductors Using Nuclear-Magnetic-Resonance Techniques 査読有り

    N. Fujiwara, S. Tsutsumi, S. Iimura, S. Matsuishi, H. Hosono, Y. Yamakawa, H. Kontani

    Physical Review Letters   111 巻 ( 9 ) 頁: 097002   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.111.097002

  48. Phase diagram and superconducting states in LaFeAsO1-xHx based on the multiorbital extended Hubbard model 査読有り

    Y. Yamakawa, S. Onari, H. Kontani, N. Fujiwara, S. Iimura, H. Hosono

    Physical Review B   88 巻 ( 4 ) 頁: 041106(R)   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.88.041106

  49. Effect of realistic finite-size impurities on T-c in Fe-based superconductors based on the five-orbital tight-binding model 査読有り

    Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   87 巻 ( 19 )   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.87.195121

    Web of Science

  50. Effect of inelastic scattering on the nuclear magnetic relaxation rate 1/T1T in iron-based superconductors 査読有り

    Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro, Kontani Hiroshi

    SUPERCONDUCTOR SCIENCE & TECHNOLOGY   25 巻 ( 8 )   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0953-2048/25/8/084006

    Web of Science

  51. Impurity-induced electronic nematic state and C-2-symmetric nanostructures in iron pnictide superconductors 査読有り

    Inoue Yoshio, Yamakawa Youichi, Kontani Hiroshi

    PHYSICAL REVIEW B   85 巻 ( 22 )   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.85.224506

    Web of Science

  52. Orbital fluctuation theory in iron-based superconductors: s(++)-wave superconductivity, structure transition, and impurity-induced nematic order 査読有り

    Kontani Hiroshi, Inoue Yoshio, Saito Tetsuro, Yamakawa Youichi, Onari Seiichiro

    SOLID STATE COMMUNICATIONS   152 巻 ( 8 ) 頁: 718-727   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ssc.2012.01.012

    Web of Science

  53. Structural transition, ferro-orbital order and its fluctuation-mediated s(++)-wave superconductivity in iron pnictides 査読有り

    Ono Yoshiaki, Yanagi Yuki, Adachi Naoko, Yamakawa Youichi

    SOLID STATE COMMUNICATIONS   152 巻 ( 8 ) 頁: 701-710   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ssc.2012.01.017

    Web of Science

  54. Orbital Order, Structural Transition, and Superconductivity in Iron Pnictides 査読有り

    Yanagi Yuki, Yamakawa Youichi, Adachi Naoko, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 12 )   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.123707

    Web of Science

  55. Cooperative effects of Coulomb and electron-phonon interactions in the two-dimensional 16-band d-p model for iron-based superconductors 査読有り

    Yanagi Yuki, Yamakawa Youichi, Adachi Naoko, Ono Yoshiaki

    PHYSICAL REVIEW B   82 巻 ( 6 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.82.064518

    Web of Science

  56. Two types of s-wave pairing due to magnetic and orbital fluctuations in the two-dimensional 16-band d-p model for iron-based superconductors 査読有り

    Yanagi Yuki, Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    PHYSICAL REVIEW B   81 巻 ( 5 )   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.81.054518

    Web of Science

  57. Antiferromagnetic, Charge and Orbital Order in Na0.5CoO2 Based on the Two Dimensional 11 Bands d-p Model 査読有り

    Yamakawa Youichi, Watanabe Naohiro, Ono Yoshiaki

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON MAGNETISM (ICM 2009)   200 巻   2010年

     詳細を見る

  58. Effect of the spin-orbit interaction and the electron phonon coupling on the electronic state in a silicon vacancy 査読有り

    Yamada Takemi, Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON MAGNETISM (ICM 2009)   200 巻   2010年

     詳細を見る

  59. Structural Transition of Li2RuO3 Induced by Molecular-Orbit Formation 査読有り

    Miura Yoko, Sato Masatoshi, Yamakawa Youichi, Habaguchi Tatsuro, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 9 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.78.094706

    Web of Science

  60. Quadrupole Susceptibility and Elastic Softening due to a Vacancy in Silicon Crystal 査読有り

    Yamada Takemi, Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 5 )   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.78.054702

    Web of Science

  61. Cluster Model Calculations for Charge States of a Silicon Vacancy 査読有り

    Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    25TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT25), PART 4   150 巻   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/150/4/042233

    Web of Science

  62. Magnetism and Superconductivity in the Two-Dimensional 16-Band d-p Model for Iron-Based Superconductors 査読有り

    Yanagi Yuki, Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 12 )   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.77.123701

    Web of Science

  63. Antiferromagnetic, charge and orbital ordered states of Na0.5CoO2 based on the two-dimensional triangular lattice d-p model 査読有り

    Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS   69 巻 ( 12 ) 頁: 3349-3351   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jpcs.2008.06.128

    Web of Science

  64. Electronic states and pairing symmetry in the two-dimensional 16 band d-p model for iron-based superconductor 査読有り

    Yanagi Yuki, Yamakawa Youichi, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻   頁: 149-150   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  65. Effects of Electron Correlation and Electron-phonon Coupling on the quantum state of a Silicon Vacancy 査読有り

    Yamakawa Youichi, Mitsumoto Keisuke, Ono Yoshiaki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻   頁: 266-268   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1143/JPSJS.77SA.266

    Web of Science

▼全件表示

MISC 3

  1. 汎関数くりこみ群法による教相関電子系の研究 ー2次元電子系におけるネマティック秩序ー 招待有り 査読有り

    土射津昌久 田財里奈 山川洋一 紺谷浩  

    固体物理55 巻 ( 5 ) 頁: 195 - 203   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社 アグネ技術センター  

    最近, 鉄系超伝導体や銅酸化物高温超伝導体において, 電子系が非磁性のまま2次元結晶の回 転対称性を自発的に破った「電子ネマティック秩序」の出現が実験的に観測された. 電子ネマティック秩序は高温超伝導相に隣接して出現し, 超伝導発現機構の解明のカギとして大きな注目を集めている. しかしこれらの現象は, 乱雑位相近似(RPA)等では説明できず, 高次の多体効果であるバーテクス補正を取り込んだ理論体系の構築が必須であることが明らかになった.
     バーテクス補正効果をバイアスなく取り込むことのできる理論体系として汎関数くりこみ群(fRG)法がある. 最近, fRG法に基づき大きな進展があり, 2次元強相関電子系に適用され, 注目を集めている. しかし従来の fRG 法では, 高エネルギー散乱過程の計算を大胆に近似する必要があった. これは, 低エネルギーの物理量の計算精度の悪化に直結する深刻な問題点であり, fRG は定量的信頼性を欠いていた. この問題を根本的に解消するため, 筆者らは定量的信頼性を備えた新しいfRG法を開発した. これによりバーテクス補正項の高精度の取り扱いが可能となり, Ru系酸化物や銅酸化物超伝導体へと適用され, 強相関電子系におけるバーテクス補正の本質的役割が明らかになってきた. 本稿では, 汎関数くりこみ群法についての解説を行い, その手法が銅酸化物高温超伝導体にどのように適用され, 電子ネマティック秩序が説明されるのかを解説する.

  2. 軌道ネマティック秩序の理論―FeSeや各種鉄系超伝導体の統一的理解― 招待有り 査読有り

    山川洋一 紺谷浩  

    固体物理51 巻 ( 11 ) 頁: 77 - 92   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社 アグネ技術センター  

    鉄系超伝導体において, 超伝導発現の母胎である正常電子状態の理解が急務であったが, その解明が急速に進んでいる. 特に 2013 年の FeSe における「非磁性電子ネマティック状態」の発見は, それまで標準理論とみなされてきたスピンネマティック理論の見直しを迫る出来事(パラダイムシフト)であり, スピン揺らぎと軌道揺らぎを対等に考慮する理論の進展のきっかけとなった. 本稿では, 平均場近似を超えた多体効果であるバーテックス補正を考慮した理論の進展を紹介する. 非磁性電子ネマティック秩序の正体は, バーテックス補正を起源とする新規な軌道秩序であり, 本理論に基づき FeSe をはじめ代表的な鉄系超伝導体が示すバラエティー豊かな相図が統一的に理解できる. さらに FeSe で実現する “符号反転軌道秩序”をはじめとする正常状態の key experiments が定量的に再現される.

  3. 高温超伝導体で起きる電子の液晶状態 招待有り

    山川洋一  

      31 巻   頁: 16 - 17   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:名古屋大学理学部・大学院理学研究科広報委員会  

講演・口頭発表等 49

  1. 田財里奈, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    構造因子の最適化法による各種量子液晶転移の多体理論の研究

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    鉄系超伝導体におけるネマティック/スメクティック揺らぎと超伝導の理論研究

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 安藤叡史, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    銅酸化物高温超伝導体における反強d波ボンド秩序下の多体電子状態

    日本物理学会 2021年秋季大会  2021年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    FeSe系におけるNematic/Smectic揺らぎが媒介する強結合高温超伝導

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 篠田祐作, 岡本佳比古, 高津浩, 陰山洋, 山川洋一, 竹中康司

    ScMM'( M = Pd, Pt, M' = Si, Ge )における超伝導

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 小川明里, 紺谷浩, 大成誠一郎, 山川洋一, 田財里奈

    フラストレートカゴメ金属におけるCDW秩序の理論:Ginzburg-Landau理論に基づく解析

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 松永文弥, 岡本佳比古, 横山泰範, 吉川侑磨, 竹端寛治, 今中康貴, 山川洋一, 竹中康司

    低温用熱電変換材料Ta4SiTe4の光反射分光

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 横田奏帆, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    二層系銅酸化物高温超伝導体のCDW状態の理論:密度波方程式による解析

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 田財里奈, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    カゴメ超伝導体AV3Sb5における電荷秩序と非従来型超伝導の包括的理解

    日本物理学会 第77回年次大会 (2022年)  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. Rina Tazai, Hiroshi Kontani, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari 国際会議

    Quasiparticle coherence in nematic state studied with strain-dependent ARPES

    APS March Meeting 2022  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  11. Hiroshi Kontani, Seiichiro Onari, Youichi Yamakawa, Shun Matsubara 国際会議

    Nematic electronic states under TS and superconducting mechanism near nematic QCP in FeSe family

    APS March Meeting 2022  2022年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  12. 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    鉄系超伝導体におけるネマティック量子臨界現象と超伝導

    高温超伝導フォーラム第9回会合   2022年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 田財里奈, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    新規カゴメ超伝導 AV 3 Sb 5 における電荷秩序と超伝導相の理論研究

    高温超伝導フォーラム第9回会合   2022年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. H. Kontani, S. Matsubara, R. Tazai, Y.Yamakawa, S. Onari

    Novel QLC states in Fe-based SCs, kagome metals, and magic angle twisted bilayer graphene

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  15. Y Yamakawa, S. Onari, and H. Kontani

    Strong coupling high-Tc superconductivity mediated by nematic/smectic fluctuations in FeSe systems

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. K. Yokota,Y. Yamakawa,S. Onari,H. Kontani

    Bond-Order Formation in Double-Layered Cuprates due to Spin Fluctuation Interference Mechanism

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. A. Ogawa, R. Tazai, Y. Yamakawa, S. Onari, H. Kontani

    CDW order in kagome metal : Analysis by Ginzburg-Landau theory

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. R. Tazai, Y. Yamakawa, S. Onari, H. Kontani

    Non-Trivial Interplay between Unconventional CDW and Superconductivity in Kagome Metal AV3Sb5

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. C. J. Butler, Y. Kohsaka, Y. Yamakawa, M. S. Bahramy, S. Onari, H. Kontani, T. Hanaguri, S. Shamoto

    Observation of Electronic Nematicity in the Dirac Semimetal BaNiS2

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. ⼭川洋⼀, 大成誠一郎, 紺谷浩

    電⼦ドープFeSeにおけるネマティック/スメクティック揺らぎ由来の⾼温超伝導:ボンド揺らぎと電⼦の強結

    京都⼤学基礎物理学研究所研究会 「⾮⾃明な電⼦状態が⽣み出す超伝導現象の最前線:新たな挑戦と展望」  2021年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  21. ⼩川明⾥, 田財里奈, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    Ginzburg-Landau理論に基づくカゴメ系のCDW秩序の理論研究

    京都⼤学基礎物理学研究所研究会 「⾮⾃明な電⼦状態が⽣み出す超伝導現象の最前線:新たな挑戦と展望」  2021年12月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  22. 横田奏帆, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    ⼆層系銅酸化物⾼温超伝導体の電⼦状態の解析

    京都⼤学基礎物理学研究所研究会 「⾮⾃明な電⼦状態が⽣み出す超伝導現象の最前線:新たな挑戦と展望」  2021年12月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  23. 田財里奈, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    新規カゴメ⾦属AV3Sb5における超伝導・電荷秩序相の研究

    京都⼤学基礎物理学研究所研究会 「⾮⾃明な電⼦状態が⽣み出す超伝導現象の最前線:新たな挑戦と展望」  2021年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  24. Analysis of phase diagram in FeSe1-xTex 国際会議

    Seiichiro Onari, Youichi Yamakawa, and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月11日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  25. Development of spin fluctuation under the presence of d-wave bond order in cuprate superconductors 国際会議

    Satoshi Ando, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月12日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  26. Observation of Electronic Nematic Order in the Correlated Dirac Semimetal BaNiS2 国際会議

    C. J. Butler, Y. Kohsaka, M. S. Bahramy, Y. Yamakawa, S. Onari, H. Kontani, T. Hanaguri, and S. Shamoto

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  27. Unconventional orbital-charge density wave mechanism in transition metal dichalcogenide 1T-TaS2 国際会議

    Youichi Yamakawa, Toru Hirata, Seiichiro Onari, and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  28. Unified Description of Bond- and Charge/Spin Loop Current Orders: Importance of Form Factor and Vertex Corrections 国際会議

    Rina Tazai, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  29. Development of spin fluctuation under the presence of d-wave bond order in cuprate superconductors 国際会議

    Satoshi Ando, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月12日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  30. Observation of Electronic Nematic Order in the Correlated Dirac Semimetal BaNiS2 国際会議

    C. J. Butler, Y. Kohsaka, M. S. Bahramy, Y. Yamakawa, S. Onari, H. Kontani, T. Hanaguri, and S. Shamoto

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  31. Unconventional orbital-charge density wave mechanism in transition metal dichalcogenide 1T-TaS2 国際会議

    Youichi Yamakawa, Toru Hirata, Seiichiro Onari, and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  32. Unified Description of Bond- and Charge/Spin Loop Current Orders: Importance of Form Factor and Vertex Corrections 国際会議

    Rina Tazai, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari and Hiroshi Kontani

    International Conference on Quantum Liquid Crystals 2021 (QLC2021)  2021年5月13日  Takasada Shibauchi, Tsuyoshi Kimura

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  33. Theory of charge loop current in quasi-one-dimensional systems based on functional renormalization group study 国際会議

    Rina Tazai, Youichi Yamakawa, Hiroshi Kontani

    APS March Meeting 2021  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  34. Unconventional orbital-charge density wave mechanism in transition metal dichalcogenide 1T-TaS2 国際会議

    Toru Hirata, Youichi Yamakawa, Seiichiro Onari, Hiroshi Kontani

    APS March Meeting 2021  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  35. 元素置換したノーダルライン半金属CaAgPに現れる高移動度キャリアと超伝導

    岡本佳比古, 三枝一茂, 篠田祐作, 山影相, 山川洋一, 笹川崇男, 片山尚幸, 高津浩C, 陰山洋, 竹中康司

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  36. 磁気フラストレーション系の電荷ループ相の理論研究

    田財里奈, 山川洋一, 紺谷浩

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  37. 鉄系超伝導体における電子相関とフォノンの協力による超伝導機構

    山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    日本物理学会 第76回年次大会(2021年)  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  38. Unconventional orbital-charge density wave mechanism in transition metal dichalcogenide 1T-TaS2

    2020年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. Theoretical Study for Charge Loop Current in Geometrically Frustrated Electron System

    2020年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. Effects of bond/CDW order on SC state in the square lattice model

    2020年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. 強相関電子系における各種カレント秩序相の微視的機構の研究 -汎関数くりこみ群を中心に- 招待有り

    田財里奈、山川洋一、土射津昌久、大成誠一郎、紺谷浩

    京都大学基礎物理学研究所研究会「高温超伝導・非従来型超伝導研究の最前線:多様性と普遍性」  2020年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  42. 鉄系超伝導体における電子相関とフォノンの協力機構:フォームファクターの重要性

    山川洋一、大成誠一郎、紺谷浩

    京都大学基礎物理学研究所研究会「高温超伝導・非従来型超伝導研究の最前線:多様性と普遍性」  2020年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  43. 遷移金属ダイカルコゲナイドにおける非従来型電荷秩序の微視的理論

    山川洋一、平田徹、大成誠一郎、紺谷浩

    新学術領域研究「量子液晶の物性科学」量子物質開発フォーラム  2020年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  44. 一次元遷移金属テルル化物における超伝導

    東原直也, 吉川侑磨, 岡本佳比古, 山川洋一, 高津浩, 陰山洋, 竹中康司

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  45. 遷移金属ダイカルコゲナイド(TMD)における不整合CDWの発現機構

    平田徹, 山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  46. 銅酸化物びIr酸化物における新奇な奇パリティー液晶秩序の発現機構

    紺谷浩, 山川洋一, 田財里奈, 大成誠一郎

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  47. 汎関数くりこみ群を用いた量子液晶状態の研究

    田財里奈, 山川洋一, 土射津昌久, 紺谷浩

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  48. 拡張軌道揺らぎ由来の超伝導の理論研究:高ドープFeSeへの適用

    山川洋一, 大成誠一郎, 紺谷浩

    日本物理学会 2020年秋季大会  2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  49. 汎関数くりこみ群を用いた量子液晶状態の研究

    田財里奈, 山川洋一, 土射津昌久, 紺谷浩

    新学術領域研究「量子液晶の物性科学」 C01班公募研究キックオフミーティング  2020年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 4

  1. 強相関電子系における電子ネマティックと高温超伝導および擬ギャップの理論研究

    研究課題/研究課題番号:20K03858  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山川 洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    近年、鉄系や銅酸化物高温超伝導体などの強相関電子系において、多様なネマティック現象が発見されている。電子ネマティック現象は異方性の獲得にとどまらず、高温超伝導や擬ギャップといった重要な未解決現象を解明するカギだが、その正体は明らかではない。本研究では、鉄系や銅酸化物、さらに関連物質として有機物超伝導体に着目する。現実的なハバード模型に基づいた微視的計算により、これらの物質における電子ネマティック現象を包括的に理解し、その揺らぎを媒介とした超伝導・擬ギャップの発現機構を解明する。
    強相関電子系では、強い電子相関により様々な量子状態が発現する。2021年度は、銅酸化物高温超伝導体の擬ギャップ現象について着目し、ハバード模型を基に高次多体相関を記述するバーテックス補正を考慮し解析を行った。その結果、電子のサイト間の飛び移り積分が増減するボンド秩序、さらにはスピンの自発的流れによるスピンループカレント秩序が実現する可能性を提唱した。これらの秩序は平均場起因時では原理的に記述できず、本質的に多体電子相関による結果である。特に、二つのスピン揺らぎ間の干渉が別の揺らぎをもたらす、パラマグノン間の干渉機構が重要な役割を果たす。さらに、幾何学的フラストレーションを持つ擬一次元鎖ハバード模型に対し、最適化された秩序変数を求められる拡張された汎関数くりこみ群法を開発して解析した。その結果、鎖間結合の強度を変化することで反強磁的な1次元的電子状態と、d波超伝導を示す2次元電子状態の中間領域において、電荷の自発的流れであるループ電流秩序が生じる事を見出した。このループ電流の実現には、次元のクロスオーバー、幾何学的フラストレーション、多体相関によるマグノン間干渉がそれぞれ重要である。また、鉄系超伝導体の電子・格子相互作用を第一原理的に見積もり、電子相関と電子・フォノン相互作用の協力機構を見出した。この協力には、多体相関による秩序変数の構造因子と電子・フォノンの構造因子の整合が重要であることを見出した。
    本研究の目的は、電子系が自発的に異方性を獲得する様々な電子ネマティック現象と、それに関連した擬ギャップ現象、高温超伝導の機構の解明である。新たなネマティック状態の可能性として、スピンループカレント秩序という興味深い状態が実現する可能性を見出した。この秩序により電子系が獲得するB2g対称性は、Hg系銅酸化物の擬ギャップ領域で観測されている、B2g対称性のネマティック秩序の有力な候補である。これまでも、ループ電流秩序やスピンループカレント秩序は議論されてきたが、本研究により微視的な発現機構が明らかになったことは、今後の関連研究の発展に重要である。これらの電子やスピンの自発流の秩序は、様々な強相関電子系で広く実現が期待される。
    バーテックス補正で記述される多体の電子相関、特にAslamazov-Larkin項によるスピン揺らぎ間の干渉が、軌道やボンド、自発ループ電流・スピン流など、多彩な秩序の源泉となっている事が明らかとなった。特に、これまでの研究により1軌道系の理解が進んだ。今後は、1.銅酸化物系におけるネマティック秩序と超伝導との関係性。2.多軌道系におけるネマティック秩序。3.ネマティック秩序や揺らぎと高温超伝導との関係。について、主に鉄系超伝導体のFeSeを対象に議論する。特に最近、電子系の強的な対称性の破れであるネマティック秩序に加え、反強的な対称性の破れの実験的報告が相次いでいる。この反強的秩序は、液晶との類推からスメクティック状態と言える。ネマティックのみならず、スメクティック秩序・揺らぎの発現機構、そして超伝導との関係について明らかにする。

  2. 一次元ディラック電子系物質における巨大熱電応答と熱・電気エネルギー変換機能

    研究課題/研究課題番号:20H02603  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    岡本 佳比古, 山川 洋一, 山影 相

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    一次元ディラック電子系物質Ta4SiTe4の巨大熱電応答を活用することにより、革新的な高性能を示す熱電変換材料を開発する。本物質が室温以下で巨大なゼーベック係数を示すことにとって、一次元性の強い電子バンドがフェルミ準位で交差した「一次元ディラック電子系」と呼べる状況が重要と考えられるが、詳細は不明である。系統的に組成制御したバルク試料の合成、単結晶試料を用いた物性測定と理論構築、同様の状況を実現する新物質の開拓により、Bi2Te3系の実用材料と比べて高性能・低温動作可能な新材料を確立する。我々の身の回りの温度差を用いた環境発電や、これまで未踏の-100℃以下における局所冷却の実用化に貢献する。
    これまでのTa4SiTe4のウィスカー結晶試料の合成において、ごくまれに数100 μmの太さ、数mmの長さをもつ結晶が得られていた。本年度にTa4SiTe4の結晶成長条件の見直しと、最適化を網羅的に行い、数は多くないものの、数100 μmの太さ、数mmの長さをもつTa4SiTe4単結晶試料を安定して合成できる条件を確立できた。合成された単結晶試料を用いて、反射率測定を行った。偏光方向を変えて測定することにより、本物質のもつ一次元性を反映して異方的な反射率が測定された。また、低エネルギー側に向かうにつれて、反射率は増大する傾向が現れたが、0.2 eV以下で減少する振る舞いを示した。第一原理計算により指摘された、Ta4SiTe4においてフェルミエネルギー付近に存在する0.1 eV程度の非常に小さいバンドギャップに対応していれば興味深い。
    Ta4SiTe4とNb4SiTe4の固溶体に対して、様々に元素置換した試料を合成し、熱電変換特性を評価した。格子の熱伝導率が低いと期待される固溶体試料においてp型、n型の高い熱電変換特性を実現することに成功した。今後、固溶体において大きな単結晶を合成し、様々な物性を評価することが必要である。
    第一原理データベースと結晶構造データベースを用いて、ディラック電子系としての特徴が電子物性に現れうる新しい熱電変換材料候補物質を抽出した。そのうち、一次元テルル化物Ta2Pd3Te5に着目し元素置換によりキャリア数制御した焼結体試料の合成と熱電特性の評価を行った。熱起電力にTa4SiTe4と同様の特徴的な温度依存性が現れ、一次元ディラック電子系としての特徴が電子物性に反映されている可能性があるが、熱起電力の絶対値はTa4SiTe4の場合と比べてはるかに小さい値に留まった。合成した試料のキャリア密度が、熱電変換材料としては大きすぎることが原因と考えられる。
    本研究の目標として、I. Ta4SiTe4系バルク試料の合成と熱電変換性能の最適化、II. 巨大熱電応答の発現機構解明、III. 一次元ディラック電子系の新物質開拓、の3点を計画した。
    このうち、Iについては、令和2年度にTa4SiTe4とNb4SiTe4の固溶体に対して、様々に元素置換した試料の合成に成功し、固溶体においてp型・n型の高い熱電変換特性を実現した。これは、本物質系を実用材料の候補とするために必要不可欠な過程の一つである。
    IIについては、Ta4SiTe4の単結晶の合成条件の見直しを行い、その結果得られた大型単結晶を用いて、初めて反射率の測定を行った。それにより、本物質の一次元性の強い電子状態に関する実験データを、初めて得ることができた。
    IIIについては、新物質開拓の結果、Ta4SiTe4とよく似た特徴を示すTa2Pd3Te5を見出した。本物質系の熱電特性は、現状では高くないが、今後、様々に元素置換を行い、キャリア数やバンド幅を制御することにより、熱電特性の改善が期待される。
    このように、令和2年度の研究によって、研究計画I、II、IIIのいずれにおいても進展が見られるため、(2) おおむね順調に進展している と判断した。
    研究計画I. Ta4SiTe4系バルク試料の合成と熱電変換性能の最適化については、Nb4SiTe4においてTa4SiTe4と同様に試料合成条件の見直しを行い、大型単結晶の合成を目指す。これまでの研究により、Nb4SiTe4はTa4SiTe4と比べて細い結晶しか得られていないため、困難が予想されるが、網羅的に条件探索を行うことにより克服する。研究計画II. 巨大熱電応答の発現機構解明については、Ta4SiTe4の反射率測定を引き続き行い、光学伝導度を評価する。それにより、本物質系に現れる高い熱電特性について、電子状態からの裏付けが可能となると期待する。また、Iにより合成されたNb4SiTe4大型単結晶を用いて反射率やホール係数測定を行い、その結果をTa4SiTe4の場合と比較する。Nb4SiTe4はTa4SiTe4と同様に低温で高い熱電変換性能を示すが、Ta4SiTe4の場合と比べてより金属的であり、より低温で高性能であるのが特徴である。そのような違いが、電子状態の違いとしてどのように現れているのかを解明することにより、さらなる高性能材料探索の指針を得る。研究計画III. 一次元ディラック電子系の新物質開拓については、Ta2Pd3Te5のキャリア数制御を進めると同時に、さらなる新物質の開拓を行う。

  3. 多軌道強相関電子系における軌道・磁気揺らぎと超伝導の理論研究

    研究課題/研究課題番号:17K14338  2017年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    山川 洋一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では、高次多体相関を記述するバーテックス補正を考慮した理論を用いて、鉄系超伝導体、銅酸化物高温超伝導体における電子状態を解析した。その結果、強相関系で発達するスピン揺らぎが干渉効果を起こすことで、電子ドープFeSeにおける軌道揺らぎの発達と、それに起因した高温超伝導発現機構を明らかにした。加えて、FeSeの圧力誘起磁気転移を説明した。超伝導対称性と実験との対応を明らかにするため、中性子散乱によるレゾナンスピークを解析し、軌道揺らぎ由来の超伝導説明できることを見出した。さらに銅酸化物高温超伝導体の電荷密度波および擬ギャップ現象の起源として、ボンド秩序やスピン流秩序などの機構を提唱した。
    鉄系超伝導体をはじめとした多軌道強相関電子系では、電子の軌道・電荷・スピン自由度に起因して、様々な興味深い性質が現れる。本研究で明らかにしたバーテックス補正に起因した軌道揺らぎの発達とフルギャップs波超伝導発現の機構は、電子ドープFeSeの高温超伝導、ひいては鉄系全般の超伝導発現機構解明に貢献する結果である。また、銅酸化物高温超伝導体で新たに発見された電荷密度波、および擬ギャップ現象の起源として、バーテックス補正に起因したボンド・スピン流秩序という新機構を提唱した。鉄系および銅酸化物系超伝導体では、共にスピン・軌道・電荷の結合という共通の物理があり、強相関電子系において広く実現が期待される。

  4. ディラック電子をもつカルシウム3dバンド伝導体の熱電変換応用

    研究課題/研究課題番号:16K13664  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    岡本 佳比古

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    固体中でディラック電子を実現する候補であるCa 3dバンド伝導体が、現在実用に供されている実用材料を超える高い熱電変換性能を実現する次世代の実用熱電変換材料として有望であるとの着想に基づき、ディラック電子系のCa化合物を中心として熱電変換材料の新材料探索を行った。それにより、ディラック電子系の逆ペロフスカイト酸化物Ca3SnOと、一次元ディラック電子系Ta4SiTe4とNb4SiTe4が高い熱電変換性能を示すことを明らかにした。また、CaAgPとCaAgAsがラインノードディラック半金属を実現するための理想的な候補物質であることを実験的に明らかにした。

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 物理学演習Ⅰ

    2021

  2. 物理学セミナー第Ⅰの1

    2021

  3. 物理学演習Ⅰ

    2020

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    解析力学I、数理物理I・II、電磁気学IIの講義の内容をより深く理解し、具体的な物理の問題を解くための計算能力を
    習得することを目的とする。同時に、学生同士、教員と学生の間で物理の活発な議論をする下地を構築する。
    ■授業内容
    学生は4組に分かれ、各演習担当者の指導を受ける。講義担当によって用意された練習問題を学生が解き、議論しあう
    。具体的な実施方法は各組の担当者との話し合いによって決められる。また、演習I-2では、4組のクラスとは別に電
    磁気学Iの習熟度をもとにした基礎コースを開講する予定である。
    時間外に課されるレポートを作成すること。
    ■到達目標
    演習を通じて、数理物理学、解析力学I、電磁気学の基礎的知識を習得する。学生同士、あるいは教員と物理の議論を
    するセミナーの形式になれる。
    ■成績評価の方法
    出席、レポートの内容、発表内容、議論への積極的参加意欲を総合して評価する。特に、毎回演習に出席することと
    レポートを毎回提出することは必須である。
    ■履修取り下げ制度および不可(F)と欠席の基準
    履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。

  4. 物理学セミナー第Ⅰの1

    2020

     詳細を見る

    ■講義の目的とねらい
    物質科学の基礎である固体物理学を含む凝縮系物理学全般についての理解と基礎知識を充実させ,発表と討論を通じて深い思考力を涵養することを目的とする。
    ■授業内容
    テキストを決めて輪講形式で学ぶ。受講者が持ち回りで発表するとともに、相互に議論を行う。受講者はテキストの担当範囲を授業時間外に学習し、十分な準備をして授業に臨むこと。
    ■到達目標
    この授業では、文献の正確な読解,内容の的確な要約と発表,生産的な討論の方法の技術を身につける事を目標とする。
    ■成績評価
    成績評価は、発表内容60%、討論への寄与40%の割合で行い、総合的に判定する。
    ■教科書
    開講時に相談して決める。
    ■履修取り下げの方法について
    履修取り下げ届けは5月末まで受理する。
    履修取り下げ手続きをすれば「欠席」,手続きをせずに欠席が多い場合には「不合格」となる。

  5. 物理学演習Ⅲ

    2019

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    講義の内容を理解し、さらに発展させるため少人数(約14名)形式の演習を行う。
    ■授業内容
    学生は6つのグループに分かれ、あらかじめ出題された統計物理及び量子力学の問題を解く。担当教員の指導、学生相互の討論により、基礎知識を充実し、深い思考力を涵養する。
    ■到達目標
    統計物理及び量子力学に対する理解を深める。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表、討論により評価。
    ■履修取り下げ制度および不可(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を採用する。
    履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他
    日程表・クラス名簿は掲示で確認すること

  6. 物理学セミナー第Ⅰの1

    2019

     詳細を見る

    ■講義の目的とねらい
    物質科学の基礎である固体物理学を含む凝縮系物理学全般についての理解と基礎知識を充実させ,発表と討論を通じて深い思考力を涵養することを目的とする。
    ■授業内容
    テキストを決めて輪講形式で学ぶ。受講者が持ち回りで発表するとともに、相互に議論を行う。受講者はテキストの担当範囲を授業時間外に学習し、十分な準備をして授業に臨むこと。
    ■到達目標
    この授業では、文献の正確な読解,内容の的確な要約と発表,生産的な討論の方法の技術を身につける事を目標とする。
    ■成績評価
    成績評価は、発表内容60%、討論への寄与40%の割合で行い、総合的に判定する。
    ■教科書
    開講時に相談して決める。
    ■履修取り下げの方法について
    履修取り下げ届けは5月末まで受理する。
    履修取り下げ手続きをすれば「欠席」,手続きをせずに欠席が多い場合には「不合格」となる。

  7. 物理学演習Ⅱ

    2018

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    物理学の広い領域で必要とされる解析力学Ⅱ、電磁気学、量子力学Ⅰ及び統計物理学Ⅰの講義の内容をより深く理解し,具体的な物理の問題を解くための基礎知識の修得と思考力を育成することを目的とする。
    ■授業内容
    学生は4組に分かれ、各演習担当者の指導を受ける。講義担当者によって用意された練習問題について学生が回答を与え、議論し合うことによって授業を実施していく。具体的な実施方法は各組での話し合いによって決められる。
    ■到達目標
    基本的な演習問題を解く能力を身につける。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表により評価。
    ■履修取り下げ制度および不合格(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を用いる。履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他 日程表・クラス名簿は掲示で確認すること。

  8. 物理学演習Ⅲ

    2018

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    講義の内容を理解し、さらに発展させるため少人数(約14名)形式の演習を行う。
    ■授業内容
    学生は6つのグループに分かれ、あらかじめ出題された統計物理及び量子力学の問題を解く。担当教員の指導、学生相互の討論により、基礎知識を充実し、深い思考力を涵養する。
    ■到達目標
    統計物理及び量子力学に対する理解を深める。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表、討論により評価。
    ■履修取り下げ制度および不可(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を採用する。
    履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他
    日程表・クラス名簿は掲示で確認すること

  9. 物理学演習Ⅲ

    2017

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    講義の内容を理解し、さらに発展させるため少人数(約14名)形式の演習を行う。
    ■授業内容
    学生は6つのグループに分かれ、あらかじめ出題された統計物理及び量子力学の問題を解く。担当教員の指導、学生相互の討論により、基礎知識を充実し、深い思考力を涵養する。
    ■到達目標
    統計物理及び量子力学に対する理解を深める。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表、討論により評価。
    ■履修取り下げ制度および不可(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を採用する。
    履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他
    日程表・クラス名簿は掲示で確認すること

  10. 物理学演習Ⅱ

    2017

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    物理学の広い領域で必要とされる解析力学Ⅱ、電磁気学、量子力学Ⅰ及び統計物理学Ⅰの講義の内容をより深く理解し,具体的な物理の問題を解くための基礎知識の修得と思考力を育成することを目的とする。
    ■授業内容
    学生は4組に分かれ、各演習担当者の指導を受ける。講義担当者によって用意された練習問題について学生が回答を与え、議論し合うことによって授業を実施していく。具体的な実施方法は各組での話し合いによって決められる。
    ■到達目標
    基本的な演習問題を解く能力を身につける。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表により評価。
    ■履修取り下げ制度および不合格(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を用いる。履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他 日程表・クラス名簿は掲示で確認すること。

  11. 物理学演習Ⅱ

    2016

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    物理学の広い領域で必要とされる解析力学Ⅱ、電磁気学、量子力学Ⅰ及び統計物理学Ⅰの講義の内容をより深く理解し,具体的な物理の問題を解くための基礎知識の修得と思考力を育成することを目的とする。
    ■授業内容
    学生は4組に分かれ、各演習担当者の指導を受ける。講義担当者によって用意された練習問題について学生が回答を与え、議論し合うことによって授業を実施していく。具体的な実施方法は各組での話し合いによって決められる。
    ■到達目標
    基本的な演習問題を解く能力を身につける。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表により評価。
    ■履修取り下げ制度および不合格(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を用いる。履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他 日程表・クラス名簿は掲示で確認すること。

  12. 物理学演習Ⅲ

    2016

     詳細を見る

    ■本講義の目的とねらい
    講義の内容を理解し、さらに発展させるため少人数(約14名)形式の演習を行う。
    ■授業内容
    学生は6つのグループに分かれ、あらかじめ出題された統計物理及び量子力学の問題を解く。担当教員の指導、学生相互の討論により、基礎知識を充実し、深い思考力を涵養する。
    ■到達目標
    統計物理及び量子力学に対する理解を深める。
    ■成績評価の方法
    出席とレポート、発表、討論により評価。
    ■履修取り下げ制度および不可(F)と欠席の基準
    履修取り下げ制度を採用する。
    履修取り下げの場合は「欠席」とし、それ以外の成績不良者は「不合格」とする。
    ■その他
    日程表・クラス名簿は掲示で確認すること

▼全件表示