2022/10/26 更新

写真a

ミズノ タカマサ
水野 貴正
MIZUNO Takamasa
所属
総合保健体育科学センター 体育科学部 准教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. 博士(体育学) ( 2013年3月   中京大学 ) 

  2. 修士(体育学) ( 2009年3月   中京大学 ) 

  3. 学士(体育学) ( 2005年3月   中京大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 筋肉,腱,ストレッチング,関節可動域,人工炭酸泉, 経頭蓋直流電気刺激(tDCS)

研究分野 1

  1. その他 / その他  / バイオメカニクス、運動生理学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 長期的なストレッチングが筋・健の伸展性、神経系に及ぼす影響

  2. 経頭蓋直流電気刺激装置(tDCS)を用いたニューロモジュレーション

  3. 人工炭酸泉浴が筋・健の伸展性に及ぼす影響

  4. 静的ストレッチングと筋電気刺激(EMS)を組み合わせた柔軟性増加法の開発

  5. ストレッチングが筋・健の伸展性、神経系に及ぼす影響

経歴 5

  1. 名古屋大学   総合保健体育科学センター 体育科学部   准教授

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   総合保健体育科学センター 体育科学部   講師

    2014年10月 - 2018年3月

  3. 日本学術振興会    特別研究員 PD

    2014年4月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 中京大学大学院     体育学研究科   実験実習助手

    2013年9月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. トータル・ワークアウト株式会社

    2005年4月 - 2006年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 中京大学   体育学研究科   体育学専攻

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 中京大学   体育学研究科   体育学専攻

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 中京大学   体育学部   健康科学科

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本体育学会

  2. 日本体力医学会

  3. 日本バイオメカニクス学会

  4. 日本トレーニング科学会

委員歴 5

  1. 第31回日本トレーニング科学会大会   実行委員  

    2018年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本体力医学会東海地方会   事務局長  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本トレーニング科学会   監事  

    2016年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 第19回 日本体力医学会東海地方学術集会   実行委員  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 第15回 日本体力医学会東海地方学術集会   実行委員  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 第22回(平成25年度)日本生気象学会研究奨励賞.

    2013年11月   日本生気象学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 第50回日本生気象学会大会 若手・学生発表コンテスト 優秀賞.

    2011年11月   日本生気象学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 27

  1. Acute effects of combined static stretching and electrical stimulation on joint range of motion and passive stiffness 査読有り

    Takamasa Mizuno

    Translational Sports Medicine     2021年1月

  2. Effects of dynamic stretching velocity on joint range of motion, muscle strength and subjective fatigue 査読有り

    Takamasa Mizuno

    Journal of strength and conditioning research     頁: Accepted   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. COMBINED EFFECTS OF STATIC STRETCHING AND ELECTRICAL STIMULATION ON JOINT RANGE OF MOTION AND MUSCLE STRENGTH 査読有り

    Mizuno Takamasa

    JOURNAL OF STRENGTH AND CONDITIONING RESEARCH   33 巻 ( 10 ) 頁: 2694 - 2703   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1519/JSC.0000000000002260

    Web of Science

  4. 中京大学スポーツ科学部生の筋力およびパワーの変遷

    梅村 義久、刑部 純平、原田 健次、水野 貴正、加藤 貴英

    中京大学体育研究所紀要   33 巻   頁: 93-96   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. Mechanical factors affecting the foot eversion moment during the stance phase of running in non-rearfoot strikers 査読有り

    Norio Tsujimoto, Hiroyuki Nunome, Takamasa Mizuno, Koichiro Inoue, Kazuhiro Matsui, Ryo Matsugi, Yasuo Ikegami

    Sports Biomechanics     頁: Epub ahead of print   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14763141.2018.1548639

  6. Acute effect of dynamic stretching on joint range of motion is dependent on stretch amplitude 査読有り

    Takamasa Mizuno

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 巻 ( 3 ) 頁: 137-142   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. ダイナミックストレッチング中の発揮筋力の違いが足関節最大背屈角度と主観的疲労度に及ぼす 影響 査読有り

    水野貴正

    体力科学   68 巻 ( 4 ) 頁: 269-277   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Is there a sex difference in the minimum number of static stretch repetitions that should be recommended to improve flexibility? 査読有り

    Takamasa Mizuno

    International Journal of Sport and Health Science   17 巻   頁: 80-87   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 特集 【電気生理学的研究手法の最新トピック ~トレーニング科学への応用可能性~】 経頭蓋直流電気刺激(tDCS)による中枢神経興奮性の修飾とトレーニング科学への応用 招待有り

    水野貴正

    トレーニング科学   29 巻 ( 3 ) 頁: 205-214   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  10. Cathodal transcranial direct current stimulation over the Cz increases joint flexibility

    Takamasa Mizuno, Yu Aramaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   114 巻   頁: 55 - 61   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Joint flexibility depends on both mechanical and neural factors. However, the contribution of neural factors is not fully understood. To test the hypothesis that the sensorimotor cortex is involved in joint flexibility, we investigated whether transcranial direct current stimulation (tDCS) over the Cz modifies ankle and wrist flexibility in healthy human participants. In eight male participants, range of motion of the left ankle and wrist were measured during a passive-dorsiflexion test. We also assessed passive torque, which represents involuntary resistance to dorsiflexion at the ankle. Participants performed passive-dorsiflexion tests before and after anodal, cathodal, and sham tDCS over the Cz. The current was applied for 10 min with an intensity of 2.0 mA during anodal and cathodal tDCS. Cathodal tDCS resulted in a 10.5% increase in range of motion of the ankle, but no significant increase in range of motion of the wrist. Neither anodal nor sham tDCS had a significant effect. Cathodal tDCS over the Cz may have affected neural factors, such as perception of joint angle or pain, because the passive torque at 0, 5,10, and 15, which indicates mechanical effects, did not change. These results suggest that the sensorimotor cortex is involved in joint flexibility. (C) 2016 Published by Elsevier Ireland Ltd.

    DOI: 10.1016/j.neures.2016.08.004

    Web of Science

  11. 定例研究会報告「ストレッチング・サイエンス~ストレッチング研究の成果を現場に生かすために~」 招待有り

    水野貴正

    中京大学体育研究所紀要   31 巻   頁: 89-95   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  12. Changes in joint range of motion and muscle-tendon unit stiffness after varying amounts of dynamic stretching 査読有り

    Takamasa Mizuno

    Journal of Sports Sciences   35 巻 ( 21 ) 頁: 2157-2163   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Combined effects of static stretching and electrical stimulation on joint range of motion and muscle strength 査読有り

    Takamasa Mizuno

    Journal of strength and conditioning research     頁: In Press   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Dynamic stretching does not change the stiffness of the muscle-tendon unit 査読有り

    Takamasa Mizuno, Yoshihisa Umemura

    International Journal of Sports Medicine     頁: In Press   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Acute vascular effects of carbonated warm water lower leg immersion in healthy young adults 査読有り

    Shigehiko Ogoh, Ryohei Nagaoka, Takamasa Mizuno, Shohei Kimura, Yasuhiro Shidahara, Tomomi Ishii, Michinari Kudoh, Erika Iwamoto

    Physiological Reports     頁: e13046   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 発育期雄ラットにおけるジャンプトレーニングと高リン食摂取が骨に及ぼす影響 査読有り

    王 国棟、本田 亜紀子、水野 貴正、原田 健次、十河 直太、梅村 義久

    体力科学   64 巻 ( 3 ) 頁: 295-304   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Stretching-induced deficit of maximal isometric torque is restored within 10 minutes. 査読有り

    Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

    Journal of strength and conditioning research   28 巻 ( 1 ) 頁: 147-153   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. トレーニングがラット血清FGF23濃度に及ぼす影響 ―ジャンプトレーニングを用いて―

    本田 亜紀子、水野 貴正、王 国棟、原田 健次、瀧本 未来、梅村 義久

    中京大学体育研究所紀要   27 巻   頁: 51-54   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. 人工炭酸泉への入浴時間の違いが関節可動域に与える影響 査読有り

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

    日本生気象学会誌   49 巻 ( 4 ) 頁: 149-155   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Decrements in Stiffness are Restored within 10 min. 査読有り

    Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

    International Journal of Sports Medicine   34 巻 ( 6 ) 頁: 484-490   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Viscoelasticity of the muscle-tendon unit is returned more rapidly than range of motion after stretching. 査読有り

    Takamasa Mizuno, Minoru Matsumoto, Yoshihisa Umemura

    Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports   23 巻 ( 1 ) 頁: 23-30   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. ジャンプトレーニングが活性型ビタミンDの血清濃度に及ぼす影響

    梅村 義久、水野 貴正、松本 実、十河 直太

    中京大学体育研究所紀要     頁: 9-14   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. 中高齢肥満ラットにおけるジャンプトレーニングが耐糖能に及ぼす影響 査読有り

    梅村 義久、水野 貴正、松本 実

    中京大学体育学論叢   53 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 人工炭酸泉浴が関節可動域と筋の弾性に与える影響 査読有り

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 実、松本 孝朗、梅村 義久

    日本生気象学会誌   48 巻 ( 1 ) 頁: 15-22   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. ラットのジャンプトレーニングが線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor 23)の血清濃度 査読有り

    十河 直太、山下 直之、水野 貴正、梅村 義久

    中京大学体育研究所紀要   25 巻   頁: 23-26   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 静的ストレッチが非ストレッチ脚の最大背屈角度、受動トルクに与える影響 査読有り

    水野 貴正、松本 実、梅村 義久

    中京大学体育学論叢   51 巻 ( 2 ) 頁: 1-8   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Movement of gastrocnemius muscle tendon by ankle joint passive plantar/dorsiflexion exercise. Changes by knee joint flexion angle. 査読有り

    T. Inami, T. Shimizu , C. Y. Woo, T. Mizuno, H. Miyagawa, M. Inoue, T. Nakagawa, F. Takayanagi, S. Niwa

    Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche   169 巻 ( 4 ) 頁: 121-130   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 38

  1. バレリーナと非バレリーナの最大背屈角度,受動トルクに対する静的ストレッチングの影響の差

    岡本 裕美、水野 貴正

    第77回日本体力医学会  2022年9月  日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  2. 静的ストレッチングと筋電気刺激の併用がストレッチング実施角度や最大背屈角度に及ぼす影響

    水野 貴正

    第76回日本体力医学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語  

  3. ダイナミックストレッチング中の発揮筋力の違いが柔軟性に及ぼす影響

    水野貴正

    第74回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. The effects of two different dynamic stretch velocities on joint flexibility and muscle strength 国際会議

    Takamasa Mizuno

    24th annual congress of the European College of Sport Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:チェコ共和国  

  5. ダイナミックストレッチング中のストレッチングペースの違いが柔軟性や主観的疲労度に 及ぼす影響

    水野貴正

    第31回日本トレーニング科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. ダイナミックストレッチング中のストレッチング可動域の違いが柔軟性に及ぼす影響

    水野貴正

    第73回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. 10秒間の静的ストレッチングによる足関節可動域の増加に男女差はない

    水野貴正

    第69回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. 静的ストレッチング中の筋に対する電気刺激が筋力や柔軟性に及ぼす影響

    水野貴正

    第72回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. ダイナミックストレッチング後の関節可動域増加率を高めるための因子の検討

    水野 貴正

    第71回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. ランニング支持期における後足部外反モーメントの発生要因 接地パターンによる比較

    辻本典央,水野 貴正,井上 功一郎,布目 寛幸,池上 康男

    第24回日本バイオメカニクス学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. ダイナミックストレッチングにおけるストレッチング回数の違いが関節可動域と筋腱特性に及ぼす 影響

    水野 貴正

    第28回日本トレーニング科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. ダイナミックストレッチングによる柔軟性指標の経時変化

    水野貴正

    第70回日本体力医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. ダイナミックストレッチングが柔軟性指標に及ぼす影響

    水野貴正

    第66回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. ラットの高リン食とジャンプトレーニングが骨に及ぼす影響

    王 国棟,本田 亜紀子,水野 貴正,原田 健次,十河 直太,梅村 義久

    第19回日本体力医学会 東海地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Cathodal transcranial direct current stimulation over primary somatosensory cortex increase joint flexibility. 国際会議

    T. Mizuno, Y. Aramaki:

    44th annual meeting of society for neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  16. Effect of static stretching on flexibility and muscle hardness assessed by ultrasound erastgraphy. 国際会議

    Inami T., Ozawa M., Mushika Y., Mizuno T., Shimizu T., Lau WY., Nosaka K.

    19th annual congress of the European college of sport science, 2014, 7. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. 体性感覚野への経頭蓋直流電気刺激が足関節の柔軟性に及ぼす影響.

    水野 貴正、荒牧 勇

    第7回Motor Control研究会, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. 体性感覚野への経頭蓋直流電気刺激は足関節の最大背屈角度を増大させる.

    水野 貴正、荒牧 勇

    第64回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 5分間の静的ストレッチング直後の筋力低下は10分以内に戻る.

    水野 貴正、松本 実、梅村 義久

    第67回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 静的ストレッチングが走行後の筋力発揮とランニングエコノミーに与える影響

    吉子 彰人、水野 貴正、梅村 義久

    第63回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Effect of altitude training at 1800m for four days on ventilatory or chemosensitivity. 国際会議

    Takahide Kato, Masataka Nakano, Takamasa Mizuno, Toshiyuki Ohya, Takaaki Matsumoto

    59th Annual meeting of American college of sports medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  22. 人工炭酸泉浴が足関節背屈可動域に与える影響.

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

    第16回人工炭酸泉研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 人工炭酸泉浴への入浴時間の違いが足関節背屈可動域と受動トルクに与える影響

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

    第50回日本生気象学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 人工炭酸泉浴が足関節背屈可動域と受動トルクに与える影響:効果持続時間の検証.

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

    第62回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 静的ストレッチによる筋腱複合体スティッフネス変化の効果持続時間.

    水野 貴正、梅村 義久

    第23回日本トレーニング科学会大会, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. 人工炭酸泉浴が筋の弾性に与える影響.

    水野 貴正、中野 匡隆、松本 孝朗、梅村 義久

    第65回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. 筋腱複合体の粘弾性がしゃがみ込み動作の可否に与える影響.

    水野 貴正、松本 実、梅村 義久

    第14回日本体力医学会東海地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. ストレッチング後の時間経過に伴う筋腱複合体の弾性変化.

    水野 貴正、松本 実、梅村 義久

    第60回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 足関節他動的背屈保持にともなう腓腹筋筋腱移行部の移動量 -異なる膝関節角度による検討-.

    稲見 崇孝、清水 卓也、杉山 悠、水野 貴正、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸,丹羽 滋郎

    第35回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. メディカルストレッチングの神経生理学的メカニズム -超音波画像による検討-.

    稲見 崇考、清水 卓也、水野 貴正、崔 溶祐、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸、丹羽 滋郎

    第13回日本体力医学会東海地方学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 足関節他動的運動による腓腹筋腱の移動量 -膝関節屈曲角による変化-.

    稲見 崇考、清水 卓也、崔 溶祐、水野 貴正、宮川 博文、井上 雅之、中川 武夫、高柳 富士丸、丹羽 滋郎

    第19回日本臨床スポーツ医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 伸張性収縮運動後の筋肉痛(遅発性筋痛)に対する人工炭酸泉の効果

    中野 匡隆、森 博康、大家 利之、水野 貴正、塚中 敦子、小粥 隆司、伊藤 僚、天野 雅斗、山下 直之、後藤宏章、松井 信夫、松本 孝朗

    第12回人工炭酸泉研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 静的ストレッチング中の筋に対する電気刺激が筋力や柔軟性に及ぼす影響 国際会議

    水野貴正

    第72回日本体力医学会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. ダイナミックストレッチング中の発揮筋力の違いが柔軟性に及ぼす影響 国際会議

    水野貴正

    第74回日本体力医学会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. ダイナミックストレッチング中のストレッチング可動域の違いが柔軟性に及ぼす影響 国際会議

    水野貴正

    第73回日本体力医学会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  36. ダイナミックストレッチング中のストレッチングペースの違いが柔軟性や主観的疲労度に 及ぼす影響 国際会議

    水野貴正

    第31回日本トレーニング科学会大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  37. The effects of two different dynamic stretch velocities on joint flexibility and muscle strength

    Takamasa Mizuno

    24th annual congress of the European College of Sport Science  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  38. 10秒間の静的ストレッチングによる足関節可動域の増加に男女差はない 国際会議

    水野貴正

    第69回日本体育学会  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 下肢筋力、バランス能力に対する骨盤仙腸ベルトの有効性の検討

    2016年8月 - 2017年7月

    国内共同研究 

  2. 陸上選手を対象とした理学療法による持久性運動後の疲労への有効性に関する研究

    2016年6月 - 2017年12月

    国内共同研究 

  3. 静的ストレッチングに電気刺激を組み合わせた筋力増強法の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団 スポーツチャレンジ研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 4

  1. 静的ストレッチング中の筋電気刺激が筋腱および神経系におよぼす影響

    研究課題/研究課題番号:18K10886  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金 

    水野 貴正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    運動パフォーマンス増加や傷害予防のためには、筋の伸長と随意筋収縮を組み合わせた刺激が効果的であると報告されている。そこで本研究の目的は、静的ストレッチング中の筋電気刺激が、筋や腱および神経系に及ぼす影響を明らかにすることとした。本研究の意義として、静的ストレッチングよりも効果的なストレッチング方法を確立することができれば、一般の方のみならず、柔軟性が非常に高い人(バレリーナなど)や関節拘縮がある方など、既存の静的ストレッチングでは十分なストレッチング効果が望めない方たちにとっても有益なストレッチング法になると考えている。本申請課題は3つの研究項目から構成されているが、本年度はそのうち、「静的ストレッチング中の筋電気刺激が、柔軟性や筋腱の粘弾性に及ぼす影響を明らかにする」という研究項目について取り組んだ。静的ストレッチング中に電気刺激を同時に行う試行、または静的ストレッチングのみを行う試行の前後に、足関節可動域や筋の伸展性などを測定した。実験の結果、両施行において足関節可動域および筋の伸展性は増加したが、静的ストレッチング中に電気刺激を同時に行う試行と静的ストレッチングのみを行う試行との間に差はなかった。この結果は仮説を支持しないものであり、電気刺激を静的ストレッチングに加えても、ポジティブな影響、ネガティブな影響のどちらもないことを意味している。しかし、電気刺激時のパラメータ設定方法やストレッチング方法には無数の組み合わせが考えられるため、これらの点について再検討する必要があると考えている。
    昨年度、機器の手配や倫理申請に時間を要した関係で、当初予定よりも少し遅れている状態で今年度をスタートした。遅れを取り戻すべく実験等を実施していたが、コロナウィルスの関係で実験が予定通りに実施できず、当初予定の第2実験を実施することができず、第1実験までの実施となってしまった。
    コロナウィルスに伴う世の中の動きに多分に左右されるが、残りの2実験を最終年度に実施するとともに、既に終了している第1実験のデータをまとめ、学会発表や論文投稿を行う予定である。

  2. 強度やペースの異なるダイナミックストレッチングが筋力や柔軟性に及ぼす影響

    研究課題/研究課題番号:16K16517  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

    水野 貴正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    関節の柔軟性向上を目的としてダイナミックストレッチングを行う場合には、ストレッチング中に出来るだけ大きく関節を動かす必要があることが明らかとなりました。その一方で、ストレッチングの速度やストレッチング中に関節を動かすために発揮する筋力は柔軟性増加に影響しないことが明らかとなりました。また、ストレッチング速度や発揮筋力の増加はストレッチング動作による疲労を高めることも明らかとなったため、ストレッチング実施時は注意が必要です。

  3. ダイナミックストレッチングが筋腱の粘弾性に及ぼす影響

    研究課題/研究課題番号:26750310  2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 静的ストレッチングによる関節可動域増大への大脳皮質の寄与

    研究課題/研究課題番号:26・6764  2014年4月 - 2014年9月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. スポーツ・バイオメカニクス研究

    2020

  2. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(ソフトボール)

    2020

  3. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(フィットネス)

    2020

  4. 健康・スポーツ科学講義

    2016

  5. 健康・スポーツ科学実習(バレーボール)

    2016

  6. 健康・スポーツ科学実習(フィットネス)

    2016

  7. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2016

  8. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(ソフトボール)

    2014

  9. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(フィットネス)

    2014

▼全件表示

 

社会貢献活動 13

  1. 名古屋市 昭和区役所 昭和区ランニングMAP作成事業

    役割:助言・指導

    名古屋市昭和区役所  2022年10月

  2. 瀬戸市高齢者移動支援事業「東明やまいきツアー」ストレッチ講習講師

    役割:講師

    瀬戸市役所  2022年7月

  3. 瀬戸市高齢者移動支援事業「東明やまいきツアー」ストレッチ講習講師

    役割:講師

    瀬戸市役所  2022年3月

  4. 名古屋大学 フレッシュマンズ・アッセンブリー

    役割:講師

    2018年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:講演会

  5. 名古屋大学 リーダーズ・アッセンブリー

    役割:講師

    2017年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:講演会

  6. 愛知県 豊田市役所 健康づくり豊田21計画(第三次)策定委員

    役割:助言・指導

    2017年7月 - 2018年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:その他

  7. 名古屋大学 フレッシュマンズ・アッセンブリー

    役割:講師

    2017年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:講演会

  8. トラックドライバーズ体操の製作(協力)

    役割:助言・指導

    一般社団法人愛知県トラック協会  2017年4月

  9. 名古屋大学 リーダーズ・アッセンブリー

    役割:講師

    2016年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:講演会

  10. 豊西総合大学講座

    役割:講師

    愛知県立豊田西高等学校  2016年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  11. 中京大学 体育研究所定例研究会

    役割:講師

    2016年1月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  12. 名古屋大学 総合保健体育科学センター 第2回コレキウム

    役割:講師

    2014年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  13. 名古屋大学 部活動の新入生を対象としたトレーニング、ウォーミングアップとクールダウン

    役割:講師

    2014年8月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:講演会

▼全件表示