2024/03/29 更新

写真a

ナカヤ マサト
中谷 真人
NAKAYA Masato
所属
大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻 エネルギー材料工学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 エネルギー理工学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2010年3月   大阪大学 ) 

研究キーワード 8

  1. ナノクラスター科学

  2. 表面科学

  3. ナノエレクトロニクス

  4. 分子科学

  5. 分子エレクトロニクス

  6. 光電変換材料

  7. 熱電変換材料

  8. 環境発電

現在の研究課題とSDGs 3

  1. ナノ空材料を用いた大気中二酸化炭素の固定化と有効利用

  2. ナノ空間材料を用いた工業廃液中の希少金属資源リサイクル

  3. フラーレンと金属酸化物の複合化による柔らかく高性能な熱電材料の開発

経歴 9

  1. 慶應義塾大学 理工学部 特任講師(兼務)   特任講師

    2014年4月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 独立行政法人 科学技術振興機構 ERATO中嶋ナノクラスター集積制御プロジェクト 研究員   研究員

    2011年4月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 慶應義塾大学 理工学部 特任助教(兼務)   特任助教

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 独立行政法人 物質・材料研究機構 NIMSポスドク研究員   研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人 物質・材料研究機構 NIMS研究員   研究員

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 独立行政法人 物質・材料研究機構 研究業務員   研究員

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 独立行政法人 物質・材料研究機構 技術補助員   助手

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 独立行政法人 物質・材料研究機構 NIMSジュニア研究員   研究員

    2002年8月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 独立行政法人 理化学研究所 ジュニアリサーチアソシエイト   研究員

    2002年4月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 大阪大学   工学研究科

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 福井大学   工学研究科   電子工学専攻

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 福井大学   工学部   電子工学科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. ナノ学会   正会員

    2015年4月 - 現在

  2. 一般社団法人 日本物理学会   会員

    2005年7月 - 現在

  3. 公益社団法人 日本表面科学会   会員

    2004年9月 - 現在

  4. 公益社団法人 応用物理学会   会員

    2000年6月 - 現在

委員歴 5

  1. 日本表面真空学会   2023年度学術講演会現地実行委員  

    2023年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本原子力学会   原子力学会2023年度秋季大会現地実行委員  

    2023年9月   

  3. 日本原子力学会中部支部   支部幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 公益社団法人日本表面真空学会   会誌編集員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 公益社団法人日本表面真空学会 中部支部   支部役員  

    2015年2月 - 現在   

受賞 4

  1. 2020年度 日本液晶学会賞 論文賞A部門

    2020年8月   一般社団法人日本液晶学会   Columnar Liquid Crystals from a Giant Macrocycle Mesogen

    河野慎一郎、宗宮伸弥、中谷真人、尾上順、田中健太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    https://jlcs.jp/2020/08/12007

  2. 平成23年度 ナノプローブテクノロジー奨励賞

    2012年4月   日本学術振興会 ナノプローブテクノロジー第167委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第25回応用物理学会講演奨励賞

    2009年3月   応用物理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. Award for best presentation at IRC-NIMS summer school

    2005年7月   IRC and NIMS  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 55

  1. Micro-/macroscopic and density functional studies of the interactions between molybdenum trioxide and C<sub>60</sub> molecule 査読有り

    Nakaya, M; Kawai, T; Watanabe, S; Onoe, J

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   158 巻 ( 5 ) 頁: 054701-1 - 054701-7   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0134207

    Web of Science

    PubMed

  2. Kinetic study of photopolymerization and depolymerization in C60 films using <i>in situ </i>Fourier-transform infrared spectroscopy for development of C<sub>60</sub>-based thermoelectric materials 査読有り

    Izumi, T; Nakaya, M; Onoe, J

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   801 巻   頁: 139744   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2022.139744

    Web of Science

  3. Unraveling the reasons behind lead phthalocyanine acting as a good absorber for near-infrared sensitive devices 査読有り

    Kato, M; Yoshizawa, H; Nakaya, M; Kitagawa, Y; Okamoto, K; Yamada, T; Yoshino, M; Tanaka, K; Onoe, J

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 8810-1 - 8810-12   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-12990-z

    Web of Science

    PubMed

  4. Thermally Stable Array of Discrete C<sub>60</sub>s on a Two-Dimensional Crystalline Adlayer of Macrocycles both in Vacuo and under Ambient Pressure 査読有り

    Kawano, S; Nakaya, M; Saitow, M; Ishiguro, A; Yanai, T; Onoe, J; Tanaka, K

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   144 巻 ( 15 ) 頁: 6749 - 6758   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.1c13610

    Web of Science

    PubMed

  5. Morphological and optical properties of α- and β-phase zinc (II) phthalocyanine thin films for application to organic photovoltaic cells (vol 153, 144704, 2020) 査読有り

    Kato, M; Nakaya, M; Matoba, Y; Watanabe, S; Okamoto, K; Bucher, JP; Onoe, J

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   155 巻 ( 14 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0071182

    Web of Science

    PubMed

  6. Photopolymerization effects on the external quantum efficiency of fullerene/zinc phthalocyanine heterojunction solar cells (vol 11, 075227, 2021) 査読有り

    Kato, M; Nakaya, M; Watanabe, S; Okamoto, K; Onoe, J

    AIP ADVANCES   11 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0071181

    Web of Science

  7. Photopolymerization effects on the external quantum efficiency of fullerene/zinc phthalocyanine heterojunction solar cells 査読有り

    Kato, M; Nakaya, M; Watanabe, S; Okamoto, K; Onoe, J

    AIP ADVANCES   11 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0052714

    Web of Science

  8. Resolving Site-Specific Energy Levels of Small-Molecule Donor-Acceptor Heterostructures Close to Metal Contacts 査読有り 国際共著

    Benhnia, A; Watanabe, S; Tuerhong, R; Nakaya, M; Onoe, J; Bucher, JP

    NANOMATERIALS   11 巻 ( 6 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nano11061618

    Web of Science

    PubMed

  9. Confined Hot Electron Relaxation at the Molecular Heterointerface of the Size-Selected Plasmonic Noble Metal Nanocluster and Layered C60 招待有り 査読有り

    M. Shibuta, K. Yamamoto, T. Ohta, T. Inoue, K. Mizoguchi, M. Nakaya, T. Eguchi, A. Nakajima

    ACS Nano   15 巻   頁: 1199 - 1209   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsnano.0c08248

    DOI: 10.1021/acsnano.0c08248

  10. Immobilization of CO<sub>2</sub> at Room Temperature Using the Specific Sub-NM Space of 1D Uneven-Structured C<sub>60</sub> Polymer Film 査読有り

    Nakaya, M; Kitagawa, Y; Watanabe, S; Teramoto, R; Era, I; Nakano, M; Onoe, J

    ADVANCED SUSTAINABLE SYSTEMS   5 巻 ( 1 ) 頁: 2000156-1 - 2000156-5   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsu.202000156

    DOI: 10.1002/adsu.202000156

    Web of Science

  11. Morphological and optical properties of α- and β-phase zinc (∥) phthalocyanine thin films for application to organic photovoltaic cells 査読有り 国際共著

    Kato, M; Nakaya, M; Matoba, Y; Watanabe, S; Okamoto, K; Bucher, JP; Onoe, J

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   153 巻 ( 14 ) 頁: 144704-1 - 144704-7   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0022262

    DOI: 10.1063/5.0022262

    Web of Science

    PubMed

  12. Electron-beam irradiation of photopolymerized C<sub>60</sub> film studied using <i>in situ</i> scanning tunneling microscope, <i>in situ</i> Fourier-transform infrared spectroscopy, and first-principles calculations 査読有り

    Onoe, J; Nakaya, M; Watanabe, S; Nakayama, T; Ohno, K; Noda, Y

    AIP ADVANCES   10 巻 ( 8 ) 頁: 085212-1 - 085212-9   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/5.0018985

    DOI: 10.1063/5.0018985

    Web of Science

  13. Local dimerization and dedimerization of C<sub>60</sub> molecules under a tip of scanning tunneling microscope: A first-principles study 査読有り

    Tsukamoto, S; Nakaya, M; Caciuc, V; Atodiresei, N; Nakayama, T

    CARBON   159 巻   頁: 638 - 647   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    これまで著者らは、静電的な負イオン化によってC60分子間の重合反応が著しく促進されることを報告してきた。本研究では、電界強度が重合反応に与える影響を第一原理計算によって調べた。

    DOI: 10.1016/j.carbon.2019.12.046

    Web of Science

  14. Control of electric, optical, thermal properties of C<sub>60</sub> films by electron-beam irradiation 査読有り

    Nakaya, M; Watanabe, S; Onoe, J

    CARBON   152 巻   頁: 882 - 887   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    C60薄膜の電気伝導特性と紫外可視光の吸収特性が電子線誘起重合反応によって著しく向上することを見出した。さらに,向上した電気伝導特性と光吸収特性が450℃での加熱処理を行っても不変であることから、電子線誘起重合体が優れた耐熱性を示すことが分かった。

    DOI: 10.1016/j.carbon.2019.06.089

    Web of Science

  15. Chemical forms of molybdenum ion in nitric acid solution studied using liquid-phase X-ray absorption fine structure, Ultraviolet-Visible absorption spectroscopy and first-principles calculations

    Watanabe, S; Sato, T; Nakaya, M; Yoshida, T; Onoe, J

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   723 巻   頁: 76 - 81   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2019.02.049

    Web of Science

  16. Improvement of External Quantum Efficiency of C<sub>60</sub>/ZnPc Organic Photovoltaic Cells by Polymerization between C<sub>60</sub> molecules

    Matoba, Y; Kato, M; Watanabe, S; Okamoto, K; Nakaya, M; Onoe, J

    2019 COMPOUND SEMICONDUCTOR WEEK (CSW)     頁: .   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Synthesis and Characterization of Metal-Encapsulating Si<sub>16</sub> Cage Superatoms 査読有り

    Tsunoyama, H; Shibuta, M; Nakaya, M; Eguchi, T; Nakajima, A

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   51 巻 ( 8 ) 頁: 1735 - 1745   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.accounts.8b00085

    Web of Science

    PubMed

  18. Spectroscopic and first-principles calculation studies of the chemical forms of palladium ion in nitric acid solution for development of disposal of high-level radioactive nuclear wastes 査読有り

    Watanabe, S; Sato, T; Yoshida, T; Nakaya, M; Yoshino, M; Nagasaki, T; Inaba, Y; Takeshita, K; Onoe, J

    AIP ADVANCES   8 巻 ( 4 ) 頁: 045221   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5025778

    Web of Science

  19. Columnar Liquid Crystals from a Giant Macrocycle Mesogen 査読有り

    Kawano, S; Kato, M; Soumiya, S; Nakaya, M; Onoe, J; Tanaka, K

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 1 ) 頁: 167 - 171   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201709542

    Web of Science

    PubMed

  20. Spectroscopic and theoretical studies on the structural, electronic, and optical properties of zinc octaethylporphyrin/C<sub>60</sub> co-deposited films

    Onoe, J; Watanabe, S; Kato, S; Nakaya, M; Bucher, JP

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   147 巻 ( 21 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5005068

    Web of Science

    PubMed

  21. A molecular heterojunction of zinc phthalocyanine and peanut-shaped fullerene polymer: A density functional study 査読有り

    Tanikawa, K; Ohno, K; Noda, Y; Ono, S; Kuwahara, R; Takashima, A; Nakaya, M; Onoe, J

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   686 巻   頁: 68 - 73   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2017.08.025

    Web of Science

  22. Fabrication and Characterization of Floating Memory Devices Based on Thiolate-Protected Gold Nanoclusters 査読有り

    N. Hirata, M. Sato, E. Tsunemi, Y. Watanabe, H. Tsunoyama, M. Nakaya, T. Eguchi, Y. Negishi, and A. Nakajima

    The Journal of Physical Chemistry C   121 巻   頁: 10638−10644   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.6b09339

  23. Direct observation of photocarrier electron dynamics in C60 films on graphite by time-resolved twophoton photoemission 査読有り

    M. Shibuta1, K. Yamamoto, T. Ohta, M. Nakaya, T. Eguchi, A. Nakajima

    Scientific reports   6 巻   頁: 35853   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/srep35853

  24. Ultrahigh-density data storage into thin films of fullerene molecules 招待有り 査読有り

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    Japanese Journal of Applied Physics   55 巻   頁: 1102B4   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.55.1102B4

  25. Intra- and inter-atomic optical transitions of Fe, Co, and Ni ferrocyanides studied using first-principles many-electron calculations 査読有り

    S. Watanabe, Y. Sawada, M. Nakaya, M. Yoshino, T. Nagasaki, T. Kameyama, T. Torimoto, Y. Inaba, H. Takahashi, K. Takeshita, J. Onoe

    Journal of Applied Physics , (2016)   119 巻 ( 235102 ) 頁: 235102-1-9   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 2光子光電子分光による自己組織化単分子膜上に光励起された電子のダイナミクス計測 招待有り 査読有り

    渋田昌弘, 平田直之, 中谷真人, 江口豊明, 中嶋敦

    ナノ学会会報   14 巻 ( 2 ) 頁: 49-55   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Electronic Structures of Quaterthiophene and Septithiophene on Cu(111): Spatial Distribution of Adsorption-Induced States Studied by STM and DFT Calculation 査読有り

    T. Kakudate, S. Tsukamoto, O. Kubo, M. Nakaya, T. Nakayama

    The Journal of Physical Chemistry C   120 巻   頁: 6681−6688   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.6b00566

  28. Chemical Characterization of an Alkali-Like Superatom Consisting of a Ta-Encapsulating Si16 Cage 査読有り

    M. Shibuta, T. Ohta, M. Nakaya, H. Tsunoyama, T. Eguchi, A. Nakajima

    Journal of the American Chemical Society   137 巻   頁: 14015−14018   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Excitation and Relaxation Dynamics of Two-Dimensional Photoexcited Electrons on Alkanethiolate Self-Assembled Monolayers 査読有り

    M. Shibuta, N. Hirata, R. Matsui, M. Nakaya, T. Eguchi, A. Nakajima

    The Journal of Physical Chemistry C   119 巻   頁: 22945−22953   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.5b06549

  30. Heterodimerization via the Covalent Bonding of Ta@Si16 Nanoclusters and C60 Molecules 査読有り

    M. Nakaya, T. Iwasa, H. Tsunoyama, T. Eguchi, A. Nakajima

    The Journal of Physical Chemistry C   119 巻   頁: 10962-10968   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1021/jp511157n

  31. 第一原理計算によるフェロシアン化物ナノ粒子の吸収スペクトル解析 (II)

    渡邊真太, 澤田裕貴, 中谷真人, 吉野正人, 尾上 順, 稲葉優介, 高橋秀治, 竹下健二

    DV−Xα研究協会会報   28 巻 ( 1&2 ) 頁: 31-33   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  32. 第一原理計算によるフェロシアン化物ナノ粒子の吸収スペクトル解析 (I)

    澤田裕貴, 渡邊真太, 中谷真人, 吉野正人, 尾上 順, 稲葉優介, 高橋秀治, 竹下健二

    DV−Xα研究協会会報   28 巻 ( 1&2 ) 頁: 27-30   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Nanojunction between Fullerene and One-Dimensional Conductive Polymer on Solid Surfaces 査読有り

    M. Nakaya, Y. Okawa, C. Joachim, M. Aono, T. Nakayama

    ACS Nano   8 巻 ( 12 ) 頁: 12259-12264   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/nn504275b

  34. Formation of Superatom Monolayer Using Gas-Phase-Synthesized Ta@Si16 Nanocluster Ions 査読有り

    M. Nakaya, T. Iwasa, H. Tsunoyama, T. Eguchi, A. Nakajima

    Nanoscale   6 巻   頁: 14702–14707   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c4nr04211e

  35. アルカンチオール自己組織化単分子膜の電子状態と励起電子ダイナミクス 査読有り

    江口豊明, 中谷真人, 渋田昌弘, 平田直之, 中嶋敦

    表面科学   35 巻 ( 8 ) 頁: 432-437   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Au(111)表面へ形成されたアルカンチオール自己組織化単分子膜(SAM)の幾何構造、電子構造および電子ダイナミクスを走査トンネル顕微法/分光法および2光子光電子分光法によって調べた。SAMとAu(111)間の電荷注入に寄与する電子準位やその励起ダイナミクスを分子スケール空間分解能およびピコ秒スケール時間分解能で明らかにした。

    DOI: 10.1380/jsssj.35.432

  36. 金属ナノクラスターの固定化による制御された金属/有機薄膜界面の作製 招待有り

    江口豊明, 中谷真人, 中嶋敦

    応用物理   83 巻 ( 6 ) 頁: 468-472   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    有機薄膜上への制御された電極形成は、高性能な有機デバイスを実現するための基盤技術とされている。電極形成を金属原子の物理蒸着によって行う場合、有機薄膜中への金属原子の拡散が界面の秩序性を著しく劣化させることが問題点として指摘されている。本研究では、金属原子の集合体である金属ナノクラスタを有機薄膜上へ非破壊的に固定化して電極を形成すると、この問題を解決できるだけでなく、電極/有機界面の電気特性を制御できることを見いだした。

  37. Formation and Control of Ultrasharp Metal/Molecule Interfaces by Controlled Immobilization of Size-Selected Metal Nanoclusters onto Organic Molecular Films 査読有り

    M. Nakaya, T. Iwasa, H. Tsunoyama, T. Eguchi, A. Nakajima

    Advanced Functional Materials   24 巻   頁: 1202-1210   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adfm.201302187

  38. Molecular-Scale and Wide-Energy-Range Tunneling Spectroscopy on Self-Assembled Monolayers of Alkanethiol Molecules 査読有り

    M. Nakaya, M. Shikishima, M. Shibuta, N. Hirata, T. Eguchi, A. Nakajima

    ACS Nano   6 巻 ( 10 ) 頁: 8728-8734   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/nn302405r

  39. 「フラーレンON/OFF材料」の特徴とその可能性 招待有り

    中谷真人, 青野正和, 中山知信

    MATERIAL STAGE   12 巻   頁: 53-56   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    フラーレンC60分子間の化学結合の形成と解消(それぞれ重合および解重合反応)を単分子スケールの精度で制御する方法およびその素子応用に関する最近の研究内容について解説した。

  40. Octithiophene on Cu(111) and Au(111): Formation and Electronic Structure of Molecular Chains and Films 査読有り

    T. Kakudate, S. Tsukamoto, O. Kubo, M. Nakaya, T. Nakayama

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   12 巻 ( 5 ) 頁: 4007-4011   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2012.5860

  41. Local modification of NaCl thin films on Cu(111) under different bias voltages 査読有り

    T. Kakudate, M. Nakaya, T. Nakayama

    Thin Solid Films   520 巻 ( 6 ) 頁: 2004-2008   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tsf.2011.09.032

  42. Molecular-Scale Size Tuning of Covalently Bound Assembly of C60 Molecules 査読有り

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    ACS Nano   5 巻 ( 10 ) 頁: 7830-7837   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/nn201869g

  43. Initial stage of adsorption of octithiophene molecules on Cu(111) 査読有り

    T. Kakudate, S. Tsukamoto, M. Nakaya, T. Nakayama

    Surface Science   605 巻   頁: 1021-1026   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.susc.2011.02.024

  44. Scanning tunneling microscopy and spectroscopy of electron-irradiated thin films of C60 molecules 査読有り

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    Carbon   49 巻 ( 6 ) 頁: 1829-1833   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carbon.2011.01.004

  45. Nanoscale Control of Reversible Chemical Reactions between Fullerene C60 Molecules Using Scanning Tunneling Microscope 査読有り

    M. Nakaya, Y. Kuwahara, M. Aono, T. Nakayama

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   11 巻 ( 4 ) 頁: 2829-2835   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2011.3898

  46. Molecular Scale Control of Unbound and Bound C60 for Topochemical Ultradense Data Storage in an Ultrathin C60 Film 査読有り

    M. Nakaya, S. Tsukamoto, Y. Kuwahara, M. Aono, T. Nakayama

    Advanced Materials   22 巻 ( 14 ) 頁: 1622-1625   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adma.200902960

  47. 究極のナノテクノロジーが生み出す超高密度情報蓄積の基幹技術 招待有り

    中山知信, 中谷真人, 青野正和

    技術総合誌 OHM   97 巻   頁: 8-9   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  48. Nanoscale Control of Unbound and Bound States of Fullerene C60 Molecules for Ultradense Data Storage

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    Proceedings of 10th IEEE International Conference on Nanotechnology Joint Symposium with Nano Korea 2010     頁: 944-948   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Reversibility-Controlled Single Molecular Level Chemical Reaction in a C60 Monolayer via Ionization Induced by a Scanning Tunneling Microscope 査読有り

    M. Nakaya, Y. Kuwahara, M. Aono T. Nakayama

    Small   4 巻 ( 5 ) 頁: 538-541   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/smll.200701242

  50. Fabrication of nanostructures by selective growth of C60 and Si on Si(111) substrate 査読有り

    M. Nakaya, T. Nakayama, Y. Kuwahara, M. Aono

    Surface Science   600 巻   頁: 2810-2816   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Epitaxially grown WOx nanorod probes for sub-100 nm multiple-scanning-probe measurement 査読有り

    O. Kubo, Y. Shingaya, M. Nakaya, M. Aono T. Nakayama

    Applied Physics Letters   88 巻   頁: 254101   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Fabrication and electron-beam-induced polymerization of C60 nanoribbon 査読有り

    M. Nakaya, T. Nakayama, M. Aono,

    Thin Solid Films   464/465 巻   頁: 327-330   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Thermally stable C60 nanowires on Si substrates 査読有り

    T. Nakayama, M. Nakaya, M. Aono

    RIKEN Review   45 巻   頁: 3-5   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Two-step growth of C60 films on H-terminated Si(111) substrate 査読有り

    H. Takashima, M. Nakaya, A. Yamamoto, A. Hashimoto

    Journal of Crystal Growth   227/228 巻   頁: 825-828   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Solid C60 growth on hexagonal GaN(0001) surface 査読有り

    H. Takashima, M. Nakaya, A. Yamamoto, A. Hashimoto,

    Journal of Crystal Growth   227/228 巻   頁: 829-833   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 119

  1. 溶液中白金族 元素 イオンに対するフラーレンおよび フラーレンポリマー薄膜の収着特性

    奥村光希、中谷真人、尾上 順

    第23回日本表面真空学会中部支部学術講演会  2023年12月16日  日本表面真空学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  2. エラスチン類似タンパク質ナノファイバーの導電性評価と その向上に向けた配列設計

    堀 雄一、高橋倫太郎、中谷真人、尾上 順、鳴瀧彩絵

    繊維学会秋季研究会  2023年11月27日  (一社)繊維学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都テルサ   国名:日本国  

  3. 金属有機ナノ空間材料を用いた白金族元素の回収:(II)プルシアンブルーの荷電状態制御による収着特性

    中谷 真人、奥村 光希、北河 康隆、尾上 順

    日本原子力学会2023年秋の大会  2023年9月8日  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  4. 金属有機ナノ空間材料を用いた白金族元素の回収:(IV) フェロシアン化銅を用いたパラジウムイオンの高選択収着

    村上淳哉、中谷真人、尾上 順

    日本原子力学会2023年秋の大会  2023年9月8日  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  5. 金属有機ナノ空間材料を用いた白金族元素の回収:(III) プルシアンブルーナノ空間内におけるRh(III)イオン拡散の電場印加効果に関する理論研究

    北河 康隆、本城 一樹、中谷 真人、尾上 順

    日本原子力学会2023年秋の大会  2023年9月8日  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  6. STM/STSによるC60–MoO3間相互作用の分子スケール評価

    中谷真人、渡邊真太、尾上 順

    ナノ学会第21回大会  2023年5月12日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館市民会館   国名:日本国  

  7. 白金族イオンに対するフラーレンポリマー薄膜の収着特性

    奥村光希、水野瑛基、中谷真人、尾上 順

    ナノ学会第21回大会  2023年5月12日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:函館市民会館   国名:日本国  

  8. 溶液中パラジウムの選択的分離・回収のためのフェロシアン化銅薄膜の 作製法の検討と収着特性の評価

    村上淳哉、中谷真人、尾上 順

    第8 回 D-マテリアルズ分野融合研究会 2023年4月22日 D-マテリアル分野融合研究会  2023年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  9. 金族元素に対するプルシアンブルー収着性能の電気化学的向上に関する研究:(1)実験的検証

    渡邉 紘貴、中谷 真人、北河 康隆、尾上 順

    日本原子力学会2023年春の年会  2023年3月15日  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学駒場キャンパス   国名:日本国  

  10. 白金族元素に対するプルシアンブルー収着性能の電気化学的向上に関する研究: (2) 理論的解析

    北河 康隆、上村 泰五、渡邉 紘貴、中谷 真人、尾上 順

    日本原子力学会2023年春の年会  2023年3月15日  日本原子力学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学駒場キャンパス   国名:日本国  

  11. 金属フタロシアニン/C60積層型太陽電池の構造・光学特性と素子性能との相関

    吉沢駿人、中谷真人、岡本晃一、尾上 順

    第22回日本表面真空学会中部支部学術講演会  2022年12月17日  日本表面真空学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学52号館5211講義室   国名:日本国  

  12. 電子線誘起C60重合薄膜の構造および電子構造の分子スケール評価

    和泉竜馬、中谷真人、尾上 順

    第22回日本表面真空学会中部支部学術講演会  2022年12月17日  日本表面真空学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学52号館5211講義室   国名:日本国  

  13. ペンタセン/C60ヘテロ接合型有機太陽電池の作製と評価

    黄 宇星、吉沢駿人、中谷真人、尾上 順

    日本原子力学会中部支部 第54回研究発表会  2022年12月15日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ   国名:日本国  

  14. 走査トンネル顕微法/分光法による電子線誘起C60重合体の分子スケール評価

    和泉竜馬、中谷真人、尾上 順

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年9月22日  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  15. マクロ環状分子の自己組織化周期ナノ空間を利用した孤立C60分子の二次元配列化

    中谷 真人、河野 慎一郎、田中 健太郎、尾上 順

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年9月20日  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  16. 金属フタロシアニン/C60積層膜界面における励起子ダイナミクスと電荷分離

    吉沢 駿人、中谷 真人、岡本 晃一、尾上 順

    第83回応用物理学会秋季学術講演会  2022年9月21日  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  17. エラスチン類似タンパク質が形成する自己集合性ナノファイバーの導電性

    柴田黎、高橋倫太郎、中谷真人、尾上順、鳴瀧彩絵

    第183回東海高分子研究会講演会  2022年9月17日  高分子学会東海支部東海高分子研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学 ES 総合館   国名:日本国  

  18. フラーレンを用いた柔軟な高性能熱電材料の開発 招待有り

    中谷真人

    第1回 軽量・柔軟エレクトロニクス材料研究会  2022年7月28日  公益財団法人 科学技術交流財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. プルシアンブルー薄膜の荷電状態制御によるロジウムイオン収着率の向上

    中谷 真人,渡邉 紘貴,尾上 順

    ナノ学会第20回大会  2022年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  20. 金属フタロシアニン/C60積層膜界面における励起子分離効果の評価

    吉沢駿人,加藤雅洋,中谷真人,岡本晃一,尾上 順

    ナノ学会第20回大会  2022年5月20日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. エレクトロスピニング高分子薄膜を用いた 摩擦帯電型ナノ発電機の出力における残留電荷の効果と制御

    土井遥騎,高橋倫太郎,中谷真人,尾上順,鳴瀧彩絵

    ナノ学会第20回大会  2022年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. C60薄膜の光重合および熱解重合過程における速度論的解析

    和泉竜馬,中谷真人,尾上 順

    ナノ学会第20回大会  2022年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  23. フラーレン薄膜の電位制御によるロジウムイオン収着率の向上

    奥村 光希,中谷 真人,尾上 順

    ナノ学会第 20 回大会  2022年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  24. プルシアンブルー薄膜の酸化還元状態制御によるロジウムイオン収着特性

    渡邉紘貴、中谷 真人、尾上 順

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月26日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学 相模原キャンパス   国名:日本国  

  25. Kinetic study of photopolymerization and thermal-depolymerization in C60 films

    Tatsuma Izumi, Masato Nakaya, Jun Onoe

    The 62nd Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium  2022年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. フラーレン・金属フタロシアニン二層ヘテロ積層膜の発光特性

    吉沢駿人,加藤雅洋,中谷真人、岡本晃一、 尾上順

    第53回日本原子力学会中部支部研究発表会  2021年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  27. 高性能熱電材料の開発に向けた C60 光重合生成物の反応速度論的解析

    和泉竜馬,中谷真人,尾上 順

    第53回日本原子力学会中部支部研究発表会  2021年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  28. エレクトロスピニング高分子薄膜を用いた摩擦帯電型ナノ発電機の出力における残留電荷の効果

    土井遥騎、高橋倫太郎、和泉竜馬 、中谷真人、尾上順、鳴瀧彩絵

    第53回日本原子力学会中部支部研究発表会  2021年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  29. マイクロギャップ電極を用いたフラーレンC60薄膜の熱電物性評価

    中谷真人, 和泉竜馬, 渡邊真太, 尾上順

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  30. フェロシアン化鉄薄膜を用いた希少金属イオンの収着

    渡邉紘貴、中谷真人、尾上順

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月13日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  31. C60と酸化モリブデンの複合化による新奇フレキシブル熱電材料の創製

    中谷真人, 河合拓哉, 和泉竜馬, 渡邊真太, 尾上 順

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月22日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  32. フレキシブルπ型熱電素子の実現に向けたC60・Cs2CO3 複合薄膜の作製

    和泉竜馬, 渡邊真太, 中谷真人, 尾上順

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  33. 希少金属元素の高効率リサイクルに向けたフェロシアン化鉄の薄膜化と電気化学的酸化還元状態制御

    渡邉紘貴, 高橋拓人, 中谷真人, 尾上順

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  34. フルスペクトル有機薄膜太陽電池の実現に向けた鉛フタロシアニン蒸着膜の光吸収特性制御

    吉沢駿人, 加藤雅洋, 中谷真人, 尾上順

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月21日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  35. ポリ-L-乳酸を誘電層に用いた摩擦帯電型ナノ発電機の構築

    土井遥騎, 高橋倫太郎, 中谷真人, 尾上順, 鳴瀧彩絵

    ナノ学会第19 回大会  2021年5月22日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  36. C60・モリブデン酸化物複合体の熱電・電気伝導特性

    中谷真人、河合拓哉、渡邊真太、尾上 順

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月17日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  37. Formation of highly conductive N-type thermoelectric material by co-deposition of fullerene and cesium carbonate

    T. Izumi, S. Watanabe, M. Nakaya, J. Onoe

    The 60th Anniversary Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium  2021年3月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. Control of optical absorption property of PbPc donor film for development of full-spectra organic photovoltaic cells

    H. Yoshizawa, M. Kato, M. Nakaya, J. Onoe

    The 60th Anniversary Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium  2021年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. Formation of high-performance P-type thermoelectric materials composed of fullerene molecules and molybdenum oxide nanoclusters

    M. Nakaya, S. Watanabe, J. Onoe

    The 60th Anniversary Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium  2021年3月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. フラーレンと炭酸セシウムの共蒸着による高導電性N型熱電材料の創製

    和泉 竜馬、中谷 真人、尾上 順

    日本原子力学会中部支部 第52回研究発表会  2020年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  41. フルスペクトル有機太陽電池の実現へ向けた鉛フタロシアニン蒸着膜の光吸収特性制御

    吉沢 駿人、加藤 雅洋、中谷 真人、尾上 順

    日本原子力学会中部支部 第52回研究発表会  2020年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  42. 希少金属元素のリサイクルの高効率化に向けた配位高分子の薄膜化と電気化学的荷電状態制御

    渡邉 紘貴、高橋 拓人、中谷 真人、尾上 順

    日本原子力学会中部支部 第52回研究発表会  2020年12月17日  日本原子力学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  43. C60 とモリブデン酸化物の複合化による P 型熱電材料の創製

    中谷 真人,河合 拓哉,渡邊 真太,尾上 順

    ナノ学会第 18 回大会   2020年5月27日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:現地開催中止   国名:日本国  

  44. KxC60 の化学量論比制御によって駆動する抵抗変化型メモリの動作速度

    鈴木智也,中谷真人,渡邊 慎太,尾上 順

    ナノ学会第 18 回大会   2020年5月27日  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:現地開催中止   国名:日本国  

  45. 高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発(8)フェロシアン化物への金属イオン収着における物理因子解析と高収着能を有する材料の検討

    渡邊真太, 針貝美樹, 稲葉優介,中谷真人, 竹下健二, 尾上順

    原子力学会 2020年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島大学, 福島市   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質および減容化へ向けて、白金族元素に対する高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発を進めている。今回は、フェロシアン化物への金属イオン収着における物理因子解析と高収着能を有する材料の検討を行った。

  46. C60とモリブデン酸化物の複合化による熱電特性および電気伝導特性の制御

    中谷真人、河合 拓哉、渡邊真太、尾上 順

    第67回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学, 東京都   国名:日本国  

    C60分子と酸化モリブンデンを真空共蒸着すると、C60薄膜よりも導電率が高く、かつP型の熱電特性を示す複合薄膜を創製できることを見出した。酸化モリブデンとC60の供給比を変えて成膜すると、導電率やゼーベック係数の値を制御できることも明らかにした。さらに、複合膜の構造に関して第一原理計算の結果をもとに議論した。

  47. KxC60の化学量論比制御によって駆動する不揮発メモリの動作速度

    鈴木智也,中谷真人,渡邊真太,尾上 順

    第18回 日本表面真空学会中部支部 学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋市   国名:日本国  

    金属電極間にKxC60を配置した2端子型不揮発メモリの開発を進めている。このメモリはKxC60の化学量論比を電気化学反応によって能動制御することで駆動する。今回は、メモリ素子の不揮発性や動作速度の律速因子について素子の駆動原理を基に議論した。

  48. 河合拓哉、中谷 真人、渡邊真太、尾上 順

    河合拓哉、中谷 真人、渡邊真太、尾上 順

    第18回 日本表面真空学会中部支部 学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋市   国名:日本国  

    C60分子と酸化モリブンデンを真空共蒸着すると、C60薄膜よりも導電率が高く、かつP型の熱電特性を示す複合薄膜を創製できることを見出した。酸化モリブデンとC60の供給比を変えて成膜すると、導電率やゼーベック係数の値を制御できることも明らかにした。

  49. フラーレンとモリブデン酸化物の複合化によるP 型熱電特性の発現と制御

    河合拓哉、中谷真人、尾上 順

    第51回日本原子力学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋市   国名:日本国  

    C60分子と酸化モリブンデンを真空共蒸着すると、C60薄膜よりも導電率が高く、かつP型の熱電特性を示す複合薄膜を創製できることを見出した。酸化モリブデンとC60の供給比を変えて成膜すると、導電率やゼーベック係数の値を制御できることも明らかにした。

  50. C60 薄膜中におけるカリウムイオンの拡散制御を利用した 不揮発メモリの作製と評価

    鈴木智也,中谷真人,渡邊真太,尾上 順

    第51回日本原子力学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋市   国名:日本国  

    金属電極間にKxC60を配置した2端子型不揮発メモリの開発を進めている。このメモリはKxC60の化学量論比を電気化学反応によって能動制御することで駆動する。今回は、メモリ素子の動作速度の律速因子について報告した。

  51. Specific reaction field in the sub-nm space of one-dimensional uneven structured C60 polymer film for CO2 activation and immobilization 招待有り 国際会議

    June Onoe, Masato Nakaya, Shinta Watanabe, Yasutaka Kitagawa

    12th International Conference Processes in Isotopes and Molecules 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cluj-Napoca, Romania   国名:日本国  

  52. C60と金属酸化物の複合化によるP型熱電材料の創製

    河合拓哉, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上 順,

    第80回 応用物理学会 秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学, 札幌市   国名:日本国  

    C60分子と酸化モリブンデンを真空共蒸着すると、C60薄膜よりも導電率が高く、かつP型の熱電特性を示す複合薄膜を創製できることを見出した。酸化モリブデンとC60の供給比を変えて成膜すると、導電率やゼーベック係数の値を制御できることも明らかにした。

  53. ZnPc/C60積層型太陽電池の光電変換素過程におけるZnPc薄膜の構造相転移の効果

    的場悠希, 加藤雅洋, 渡邊真太, 岡本晃一, 中谷真人, 尾上 順

    第80回 応用物理学会 秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学, 札幌市   国名:日本国  

    C60/ZnPc接合を機能部位にもつ薄膜積層型太陽電池において、ZnPcの構造相転移が太陽電池の素過程および外部量子効率に及ぼす影響を詳細に明らかにした。

  54. KxC60化学量論比制御駆動型不揮発メモリの動作速度

    中谷真人, 鈴木智也, 渡邊真太, 尾上 順

    第80回 応用物理学会 秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学, 札幌市   国名:日本国  

    金属電極間にKxC60を配置した2端子型不揮発メモリの開発を進めている。このメモリはKxC60の化学量論比を電気化学反応によって能動制御することで駆動する。今回は、メモリ素子の動作速度の律速因子について報告した。

  55. 高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発(6) 第一原理計算によるフェロシアン化物への金属イオン収着おける物理因子の解析

    渡邊真太, 針貝美樹, 稲葉優介, 中谷真人, 竹下健二, 尾上順

    原子力学会 2019年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学, 富山市   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質および減容化へ向けて、白金族元素に対して高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発を進めている。今回は、 第一原理計算を用いて、フェロシアン化物への金属イオン収着おける物理因子の解析を行った結果について報告した。

  56. Improvement of External Quantum Efficiency of C60/ZnPc Organic Photovoltaic Cells by Polymerization between C60 molecules 国際会議

    Yuki Matoba, Masahiro Kato, Shinta Watanabe, Koichi Okamoto, Masato Nakaya, Jun Onoe

    Compound Semiconductor Week 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:春日野国際フォーラム, 奈良市   国名:日本国  

    C60/ZnPc接合を機能部位にもつ薄膜積層型太陽電池において、C60分子間の重合反応が太陽電池の外部量子効率に及ぼす影響を詳細に明らかにした。

  57. マイクロギャップ電極を⽤いたC60薄膜の熱電物性評価

    中⾕真⼈,柴⽥⼤地,河合拓哉,渡邊真太,尾上 順

    ナノ学会第 17 回大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かごしま県民交流センター, 鹿児島市   国名:日本国  

    有機薄膜のゼーベック係数をマイクロスケールで評価する新手法を開発した。この手法を用いて、C60薄膜に現れる巨大ゼーッベク効果とドメイン境界の関係をは初めて見出した。

  58. フェロシアン化アルミニウムナノ粒子の合成と白金族元素・モリブデンに対する収着特性評価

    渡邊真太,竹内俊喜,中谷真人,稲葉優介,針貝美樹,竹下健二,尾上順

    ナノ学会第 17 回大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かごしま県民交流センター, 鹿児島市   国名:日本国  

    フェロシアン化アルミニウムナノ粒子を液相合成し、白金族元素およびモリブデンイオンに対する収着特性評価を評価し、収着機構について理論的に明らかにした。

  59. P型熱電特性の発現へ向けたMo酸化物とC60分⼦の複合化

    河合拓哉,中⾕真⼈,渡邊真太,尾上 順

    ナノ学会第 17 回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:かごしま県民交流センター, 鹿児島市   国名:日本国  

    C60分子と酸化モリブンデンを真空共蒸着すると、C60薄膜よりも導電率が高く、かつP型の熱電特性を示す複合薄膜を創製できることを見出した。P型特性の起源として、C60薄膜中に酸化モリブンデンクラスターが埋め込まれ、C60分子へホールドープされることを明らかにした。

  60. 高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発 (3) フェロシアン化物収着剤への白金族元素およびモリブデンの収着機構評価

    渡邊真太, 竹内俊喜, 稲葉優介, 三島理愛, 針貝美樹, 中谷真人, 竹下 健二, 尾上順

    原子力学会 2019年春の年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学 水戸キャンパス   国名:日本国  

    我々のグループでは、高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発を進めており、今回は、フェロシアン化物収着剤への白金族元素およびモリブデンの収着機構を評価した結果について報告した。

  61. Control of Thermoelectric Conversion properties of Organic Thin Films by Polymerization 招待有り 国際会議

    M. Nakaya

    Seminar in Institut de Physique et Chimie des Matériaux de Strasbourg (IPCMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:IPCMS - Auditorium, フランス国立科学研究センター , ストラスブール, フランス   国名:フランス共和国  

    C60分子間重合反応を用いた熱電物性の制御法とその物理的機構や有機薄膜の熱電物性をマイクロスケール評価する新しい計測手法について講演した。

  62. 高レベル放射性廃液中の白金族・Moの分離回収に向けたフェロシアン化鉄ナノ粒子の金属収着特性の解析

    渡邊真太, 稲葉優介, 三島理愛, 針貝美樹, 中谷真人, 竹下健二, 尾上順

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液中の白金族・Moの分離回収に向けたフェロシアン化鉄ナノ粒子の金属収着特性の解析を行った結果について報告した。

  63. 金属酸化物を化学ドープしたC60薄膜のSTM/STS評価

    河合拓哉, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    第66回応用物理学会 春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

    巨大熱電効果を示すP型熱電材料の創製に向けて、C60分子とモリブデン酸化物から複合材料を創製する研究を進めている。今回は、モリブデン酸化物を化学吸着させたC60薄膜の幾何構造と電子構造を走査トンネル顕微鏡によって分子スケール評価した結果について報告した。

  64. Microscale Evaluation of Thermoelectric Properties of Fullerene and Fullerene Polymer Films

    M. Nakaya, S. Watanabe, J. Onoe

    MANA International Symposium 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場,つくば市,日本   国名:日本国  

    巨大熱電効果を示すC60薄膜の出力電力を向上させるために、分子間重合を利用する研究を進めている。今回はC60重合体の熱電特性をマイクロ電極アレーを用いて評価したので、その詳細について報告した。

  65. マイクロギャップ電極を用いた有機薄膜の熱電変換特性評価

    柴田大地, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    第18回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    固体表面上に形成したマイクロギャップ電極アレーを用いて有機薄膜の熱電変換特性を詳細に調べる新しい計測方法を開発したので,その詳細について報告した。

  66. 熱電材料の基礎と未来 招待有り

    中谷真人

    第18回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    第18回 日本表面科学会中部支部学術講演会におけるチュートリアル講演として、熱電材料の基礎と未来について講演した。

  67. モリブデン酸化物を化学ドープしたC60薄膜の分子スケール評価

    河合拓哉, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    第18回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    巨大熱電効果を示すP型熱電材料の創製に向けて、C60分子とモリブデン酸化物から複合材料を創製する研究を進めている。今回は、モリブデン酸化物を化学吸着させたC60薄膜の幾何構造と電子構造を走査トンネル顕微鏡によって分子スケール評価した結果について報告した。

  68. 分子間重合反応によるヘテロ接合型有機太陽電池の性能向上

    的場悠希, 加藤雅洋, 渡邊慎太, 中谷真人, 尾上順

    第18回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    C60/ZnPcヘテロ接合型有機太陽電池の性能を分子間重合反応によって向上させる方法について詳しく報告した。

  69. 白金族およびモリブデン元素に対して高い収着能を有するフェロシアン化アルミニウムナノ粒子の合成と評価

    竹内俊喜, 渡邊真太, 中谷真人, 三島理愛, 針貝美樹, 稲葉優介, 竹下健二, 尾上順

    日本原子力学会中部支部 第50回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    白金族およびモリブデン元素に対して高い収着能を有するフェロシアン化アルミニウムナノ粒子の合成方法およびその収着性能に関して報告した。

  70. P型熱電材料の創製に向けたモリブデン酸化物を化学吸着させたC60薄膜の走査トンネル顕微観察

    河合拓哉, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    日本原子力学会中部支部 第50回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    巨大熱電効果を示すP型熱電材料の創製に向けて、C60分子とモリブデン酸化物から複合材料を創製する研究を進めている。今回は、モリブデン酸化物を化学吸着させたC60薄膜の幾何構造と電子構造を走査トンネル顕微鏡によって分子スケール評価した結果について報告した。

  71. C60分子間重合反応によるC60/ ZnPcへテロ接合型有機太陽電池の光電変換素過程における物性制御

    的場悠希, 加藤雅洋,梅田慎太朗, 八代健太郎, 渡邊真太, 中谷真人, 尾上順

    日本原子力学会中部支部 第50回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    C60分子間重合反応によるC60/ ZnPcへテロ接合型有機太陽電池の光電変換素過程における物性制御法を開発したので、その詳細について報告した。

  72. マイクロギャップ電極を用いたC60薄膜の熱電変換特性評価

    柴田大地, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    日本原子力学会中部支部 第50回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    固体表面上に形成したマイクロギャップ電極アレーを用いて有機薄膜の熱電変換特性を詳細に調べる新しい計測方法を開発したので報告した。

  73. Improvement of thermoelectric properties of C60 Films by polymerization 国際会議

    M. Nakaya, T. Kawai, K. Yashiro, S. Watanabe, J. Onoe

    ACSIN-14 & ICSPM26 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  74. Influences of donor/acceptor film thickness on the external quantum efficiency of organic photovoltaic cells 国際会議

    M. Kato, Y. Matoba, S. Watanabe, M. Nakaya, J. Onoe

    ACSIN-14 & ICSPM26 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  75. STM/STS studies of metal-oxide-doped C60 films 国際会議

    T. Kawai, M. Nakaya, S. Watanabe, J. Onoe

    ACSIN-14 & ICSPM26 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  76. C60分子間重合反応を利用したC60/ ZnPcへテロ接合型有機太陽電池の性能向上

    的場悠希, 加藤雅洋, 梅田慎太郎, 渡邊真太, 中谷真人, 尾上順

    第79回応⽤物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

    C60分子間重合反応を利用したC60/ZnPcへテロ接合型有機太陽電池の性能向上について報告した。

  77. 硝酸水溶液中におけるフェロシアン化アルミニウムナノ粒子のRu, Rh, PdおよびMoに対する収着特性

    竹内俊喜, 渡邊真太, 中谷真人, 三島理愛, 針貝美樹, 稲葉優介, 竹下健二, 尾上順

    日本原子力学会 2018年秋の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学 津島キャンパス   国名:日本国  

    硝酸水溶液中におけるフェロシアン化アルミニウムナノ粒子のRu, Rh, PdおよびMoに対する収着特性について、分光学的実験結果および第一原理計算結果を基に議論した。

  78. 計算と分光実験によるフェロシアン化物ナノ粒子へのRu, Rh, PdおよびMoイオンの収着特性解析

    渡邊真太, 佐藤俊和, 中谷真人, 吉野正人, 長崎正雅, 尾上順, 三島理愛, 針貝美樹, 稲葉優介, 竹下健二

    第31回DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アオーレ長岡,長岡市,日本   国名:日本国  

    計算と分光実験によるフェロシアン化物ナノ粒子へのRu, Rh, PdおよびMoイオンの収着特性解析について講演した。

  79. 光誘起重合反応によるフラーレン薄膜の熱電性能の向上

    中谷真人, 八代健太郎, 渡邊真太, 尾上順

    ナノ学会第16回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学, 東京, 日本   国名:日本国  

  80. 硝酸水溶液中におけるフェロシアン化物ナノ粒子へのRu, Rh, PdおよびMoイオンの収着特性

    渡邊真太, 佐藤俊和, 中谷真人, 吉野正人, 長崎正雅, 三島理愛, 針貝美樹, 稲葉優介, 竹下健二, 尾上 順

    ナノ学会第16回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学武田先端知ホール   国名:日本国  

    硝酸水溶液中におけるフェロシアン化物ナノ粒子へのRu, Rh, PdおよびMoイオンの収着特性について各種分光学的実験手法および第一原理計算によって調べた結果について報告した

  81. 有機太陽電池の外部量子効率に対する電子供与性分子膜構造の影響

    加藤雅洋, 的場悠希, 渡邊真太, 中谷真人, 尾上順

    ナノ学会第16回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学武田先端知ビル 武田ホール   国名:日本国  

    C60とZnPc薄膜をそれぞれアクセプター層およびドナー層とする薄膜積層型有機太陽電池の外部量子効率について調べた結果について報告した。特にドナー分子膜の分子配列構造が外部量子効率に与える影響について詳細に議論した。

  82. Ru, Rh, PdおよびMoの収着特性解析

    渡邊真太, 中谷真人, 吉野正人, 長崎正雅, 三島 理愛, 針貝美樹, 稲葉優介, 竹下健二, 尾上 順

    日本原子力学会2018年春の大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学 吹田キャンパス   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発の一環として、Ru, Rh, PdおよびMoの収着特性解析を行った結果について報告した。

  83. 光誘起重合反応を利用したC60薄膜の熱電特性向上

    中谷真人, 八代健太郎, 渡邊真太, 尾上順

    第65回 応用物理学会 春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学,東京,日本   国名:日本国  

  84. Spectroscopic and theoretical studies on the structural, electronic, and optical properties of zinc octaethylporphyrin/C60 co-deposited films for understanding the donor-acceptor interactions in organic solar cells 国際会議

    J. Onoe, S. Watanabe, S. Kato, M. Nakaya, J.-P. Bucher

    12th Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

  85. UV-Vis/XAFS spectroscopic and first-principles calculation analyses of chemical forms of Ruthenium and Palladium ions in nitric acid solution 国際会議

    T. Sato, S. Watanabe, M. Nakaya, M. Yoshino, Y. Inaba, T. Nagasaki, T. Yoshida, K. Takeshita, J. Onoe

    12th Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

  86. First-principles and spectroscopic studies on the sorption properties of Prussian blue for Ru, Rh, Pd and Mo ions in nitric acid solution 国際会議

    S. Watanabe, Y. Sawada, T. Sato, M. Nakaya, M. Yoshino, T. Nagasaki, R. Mishima, M. Harigai, Y. Inaba, K. Takeshita, J. Onoe

    12th Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液ガラス固化体の高品質・減容化のための白金族元素高収着能を有するシアノ基架橋型配位高分子材料の開発について報告した。

  87. Improvement of the thermoelectric properties of fullerene films by photo- and electron-beam-induced polymerization 国際会議

    M. Nakaya, K. Yashiro, S. Watanabe, J. Onoe

    12th Asian Consortium on Computational Materials Science - Virtual Organization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 片平キャンパス   国名:日本国  

    C60分子間の重合反応を利用した分子薄膜の熱電出力向上について報告した

  88. ピーナッツ型C60 ポリマー薄膜内に固定化された炭酸イオンへの水配位および光照射効果

    細野 脩, 渡邊真太, 中谷真人, 尾上 順

    第17回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    ピーナッツ型C60 ポリマー薄膜内に固定化された炭酸イオンへの水配位および光照射効果に関する最近の研究成果について報告した

  89. 2 次元ダンベル型C60 重合体への電子線照射による低次元構造体の形成

    八代健太郎,渡邊真太,中谷真人,尾上 順

    第17回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    2 次元ダンベル型C60 重合体への電子線照射による低次元構造体の形成について、走査トンネル顕微鏡や赤外振動分光で評価を行った結果を報告した。

  90. KxC60 の化学量論比制御によって駆動する不揮発型分子メモリ

    鳥山裕矢, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上 順

    第17回 日本表面科学会中部支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

    KxC60 の化学量論比制御によって駆動する不揮発型分子メモリの駆動原理と素子性能について報告した。

  91. C60薄膜のアルカリ金属イオン収着特性

    中津元希, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    日本原子力学会中部支部第49回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    C60薄膜の吸着材への応用を目指して,C60薄膜のアルカリ金属イオン収着特性について詳しく調べた結果について報告する。

  92. 高レベル放射性廃液ガラス固化体の品質・減容に向けたフェロシアン化アルミニウムナノ粒子のパラジウムイオン収着特性

    竹内俊喜, 渡邊真太, 中谷真人, 長崎正雅, 吉野正人, 稲葉優介, 針貝美樹, 竹下健二, 尾上順

    日本原子力学会中部支部第49回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    高レベル放射性廃液ガラス固化体の品質・減容に向けたフェロシアン化アルミニウムナノ粒子のパラジウムイオン収着特性について報告した

  93. C60 を用いた薄膜積層型熱電変換素子の作製とその特性制御

    小原直也, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    日本原子力学会中部支部第49回研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東桜会館 第2会議室,名古屋市,日本   国名:日本国  

    C60 を用いた薄膜積層型熱電変換素子の作製とその特性制御について講演した。

  94. 低次元構造築おび機能分子間結合のナノスケール制御 招待有り

    中谷真人

    第6回「次世代デバイス実現に向けた先端二次元物質の理と化学 」研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県産業労働センター (ウインク あいち)   国名:日本国  

  95. One-dimensional periodic uneven-structured C60 polymer applied to CO2 immobilization from environmental air at room temperature 国際会議

    J. Onoe, M. Nakaya

    2nd World Congress & Expo on Materials Science and Nanoscience  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Valencia, Spain.   国名:スペイン  

  96. KxC60の化学量論比制御による多値記録可能な不揮発性分子メモリ

    中谷真人, 鳥山裕矢, 渡邊真太, 尾上順

    第78回 応用物理学会 春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場・国際センター,福岡,日本   国名:日本国  

  97. 亜鉛オクタエチルポルフィリンとフラーレンとの分子間相互作用

    加藤志朗,中谷真人,渡邊真太,尾上順

    ナノ学会第15回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道立道民活動センターかでる2・7    国名:日本国  

    亜鉛オクタエチルポルフィリンとフラーレンとの分子間相互作用について講演した

  98. アルカリ金属イオンの電界誘起拡散で駆動する不揮発性分子メモリ

    中谷真人, 鳥山裕矢, 渡邊真太, 尾上 順

    ナノ学会第15回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道立道民活動センターかでる2・7    国名:日本国  

    我々の研究室で発明した「アルカリ金属イオンの電界誘起拡散で駆動する不揮発性分子メモリ」について講演した

  99. 導電性C60薄膜の形成とその熱電特性の評価

    中谷真人, 梅田慎太朗, 渡邊真太, 尾上 順

    ナノ学会第15回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道立道民活動センターかでる2・7    国名:日本国  

    導電性C60薄膜の形成とその熱電特性を評価した結果について報告した

  100. 高導電性低次元C60ポリマー薄膜の形成

    中谷真人, 梅田慎太朗, 渡邊真太, 尾上順

    第64回 応用物理学会 春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜,横浜市,日本   国名:日本国  

  101. 電界誘起アルカリ金属イオン拡散駆動型不揮発性C60分子メモリ

    鳥山裕矢, 中谷真人, 渡邊真太, 尾上順

    第64回 応用物理学会 春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜,横浜市,日本   国名:日本国  

  102. 高導電性1次元C60ポリマー薄膜の形成

    中谷真人, 梅田慎太郎, 加藤大棟, 渡邊真太, 尾上順

    ナノ学会第13回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

    ナノ物質の創製と固体表面上への秩序化およびその機能探索は, 新たな機能性材料やナノエレクトロニクスを実現するための要素技術である。本研究では, C60単結晶薄膜への電子線照射によってポリマー薄膜を形成し, その電気伝導特性に与えるアニール温度の効果を系統的に調べた。

  103. ルシアンブルーナノ粒子の紫外可視吸収スペクトルにおける多体効果

    渡邊真太, 澤田裕貴, 中谷真人, 吉野正人, 亀山達矢, 鳥本司, 稲葉優介, 高橋秀治, 竹下健二, 尾上順

    ナノ学会第13回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

    本研究では, プルシアンブルーPBの紫外可視(UV-Vis)拡散反射スペクトルを測定し、 第一原理多電子計算を用いてスペクトルにおける多体効果を解析した。

  104. Surface immobilization of gas-phase-synthesized nanoclusters toward construction of nanoelectronics 国際会議

    17th International Symposium on Small Particles and Inorganic Clusters (ISSPIC-XVII) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. 有機薄膜上へのサイズ選別金属ナノクラスターの固定化とそれを利用した金属/分子ヘテロ接合の構築

    中谷真人, 岩佐 豪, 角山寛規, 江口豊明, 中嶋敦

    第33回表面科学学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市, 日本   国名:日本国  

    C60超薄膜上への質量選別Agナノクラスターの固定化とそれを利用した金属/分子ヘテロ接合の構築について口頭講演した。

  106. Construction of Metal/Molecule Junctions by Controlled Immobilization of Size-Selected Metal Nanoclusters onto Ultrathin Organic Films 国際会議

    M. Nakaya,T. Iwasa, H. Tsunoyama,T. Eguchi, A. Nakajima

    12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. Ultrahigh-density data storage using C60 molecules

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  108. Metal/molecule junctions constructed by soft-landing of size-selected metallic nanoclusters onto organic thin films 国際会議

    M. Nakaya,T. Iwasa, H. Tsunoyama,T. Eguchi, A. Nakajima

    Symposium on Size Selected Clusters (S3C) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  109. Wide-Energy-Range Scanning Tunneling Spectroscopy on Self- Assembled Monolayers of Alkanethiol Molecules 国際会議

    M. Nakaya, M. Shikishima, M.Shibuta, N. Hirata, T. Eguchi, A. Nakajima

    14th International Conference on Vibrations at Surfaces (VAS-14) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  110. 有機分子薄膜上へ担持された金属ナノクラスターの走査トンネル顕微法/分光法による評価

    中谷真人, 岩佐 豪, 角山寛規, 江口豊明, 中嶋敦

    第6回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

    有機分子薄膜上への質量選別金属ナノクラスターの非破壊蒸着による固定化とそれを利用した金属/分子ヘテロ接合の構築について講演した。さらに、構築した金属/分子ヘテロ接合の電荷注入障壁についても議論した

  111. 分子薄膜表面に担持された金属ナノクラスターの走査トンネル顕微法による評価

    中谷真人, 岩佐豪, 角山寛規, 江口豊明, 中嶋敦

    第73回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山市   国名:日本国  

    C60薄膜上への質量選別金属Agナノクラスターの非破壊蒸着による固定化と固定化ナノクラスターの電子構造について口頭講演した。

  112. 走査プローブ顕微鏡によるC60分子間結合のナノスケール制御とその素子応用

    中谷真人

    ナノプローブテクノロジー第167委員会 第67回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば市   国名:日本国  

    走査型プローブ顕微鏡を用いた分子薄膜の局所制御と超高密度データストレージおよび固体メモリへの展開に関する最近の研究進展について紹介した。

  113. アルカンチオール自己組織化単分子膜の走査トンネル分光

    中谷真人, 敷島真也, 渋田昌弘, 平田直之, 江口豊明, 中嶋敦

    本物理学会第67回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西宮市   国名:日本国  

    アルカンチオール自己組織化単分子膜の構造制御方法および各構造に特有の電子的特性を分子スケール及び広エネルギー範囲で調べた結果について講演した。

  114. アルカンチオレート自己組織化単分子膜の走査トンネル分光

    中谷真人, 敷島真也, 渋田昌弘, 平田直之, 江口豊明, 中嶋敦

    第59回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

    アルカンチオール自己組織化単分子膜の構造制御方法および各構造の電子構造を走査型トンネル顕微法および分光法によって調べた結果について口頭講演した。

  115. Scanning Tunneling Microscopy and Spectroscopy of Self-Assembled Monolayers of Alkanethiol Molecules 国際会議

    M. Nakaya, M. Shikishima, M.Shibuta, N. Hirata, T. Eguchi, A. Nakajima

    6th International Symposium on Surface Science (ISSS-6) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  116. C60分子間化学反応のナノ制御とその素子応用

    中谷真人

    応用物理学会北陸・信越支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福井市   国名:日本国  

    C60分子間結合のナノスケール制御によって駆動する超高密度データストレージおよび固体メモリの開発について口頭講演した。

  117. Ultrahigh-density data storage using fullerene C60 molecules 国際会議

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    23rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. C60分子の局所重合反応における重合体のサイズ制御 国際会議

    中谷真人, 桑原裕司, 青野正和, 中山知信

    第71回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市   国名:日本国  

    C60薄膜と走査トンネル顕微鏡探針のトンネル接合で誘起される局所重合反応において重合体のサイズ(重合度)を単分子スケールで制御する方法論について議論した。

  119. Nanoscale Control of Unbound and Bound States of Fullerene C60 Molecules for Ultradense Data Storage 国際会議

    M. Nakaya, M. Aono, T. Nakayama

    IEEE NANO 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. π共役系分子を構成要素とする高性能フレキシブル熱電材料の創製法の開発

    2020年4月 - 2021年3月

    池谷科学技術振興財団 2020年度 単年度研究助成A 

    中谷真人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. ラーレン分子間結合の制御による高性能フレキシブル熱電材料の開発

    2019年1月 - 2019年12月

    一般財団法人熱・電気エネルギー技術財団 第26回研究助成 

    中谷真人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. フラーレン低次元重合体の高性能熱電変換素子への応用

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人近藤記念財団研究助成金 

    中谷真人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 光電変換機能を有する分子ナノシステムのボトムアップ構築

    2016年4月 - 2017年3月

    第24回 公益財団法人立松財団 一般研究助成 

    中谷真人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. ナノクラスター固体型高性能熱電材料の溶液原料を用いたボトムアップ創製法の開発

    研究課題/研究課題番号:23H01708  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中谷 真人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18980000円 ( 直接経費:14600000円 、 間接経費:4380000円 )

    近年,電子機器は「周辺に配置するモノ」から「人間が装着するモノ」に変貌しようとしており,このような人体装着型素子の実現と普及は,モノのインターネットを基盤とする近未来の安心・安全な社会を実現するための鍵である。ヒトの体温から電力を取り出す高性能熱電変換素子は,様々な人体装着型素子のワイヤレスで電池レスな電源としての利用価値が高い.本研究では,フラーレン分子と金属酸化物ナノクラスターを溶液中で複合化させることで「ナノクラスター集積固体」と呼ばれる新材料群を創製し,高性能熱電変換素子を大量生産するための基盤技術を開発する.

  2. 炭素-金属酸化物ナノクラスター集積固体の創製と高性能熱電材料への応用

    研究課題/研究課題番号:20H02463  2020年4月 - 2023年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中谷 真人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18330000円 ( 直接経費:14100000円 、 間接経費:4230000円 )

    近年,電子機器は“周辺に配置するモノ”から“ヒトが身に着けるものモノ”に変貌しようとしており,このような人体装着型素子の実現と普及は,モノのインターネット(IoT)を基盤とする近未来の安心・安全な社会を実現するための鍵とされている。ヒトの体温から電力を取り出す高性能熱電変換素子は,様々な人体装着型素子の独立電源としての利用価値が高い.本研究では,フラーレン分子と金属酸化物ナノクラスターを複合化させることで「ナノクラスター集積固体」と呼ばれる新材料群を創製し,人の体温から電力を取り出すことが可能な柔らかい熱電変換素子を実現することを目的とする.
    C60薄膜は既存の無機熱電材料に比べ数100倍の大きなゼーベック係数を示すため、次世代フレキシブル熱電材料として期待されているが、実用化には出力因子の向上とP型/N型特性の制御が必須である。本研究では、真空共蒸着法によってC60と三酸化モリブデンナノクラスターからなるナノクラスター集積固体薄膜が形成できること、および、この複合薄膜がC60薄膜に比べて約100倍大きな出力因子と高い熱的安定性を示す高性能フレキシブル熱電材料として機能することを世界に先駆けて発見した。この複合薄膜はP型特性を示すが、加熱処理によってN型特性が発現するため、実用的なπ型熱電素子の主構成要素としての有用性も示された。
    炭素ナノクラスター(C60)と三酸化モリブデンナノクラスターから構成されるナノクラスター集積固体薄膜の開発に世界で初めて成功した。このナノクラスター固体は、主構成要素であるC60薄膜と同等の巨大ゼーベック係数を示しつつ1000倍大きな導電性を有するのでC60薄膜に比べて約100倍大きな出力因子を示すことが明らかになった。この複合薄膜では、組成比や加熱処理温度を調整することでゼーベック係数、導電率およびP型/N型特性を制御可能であるので実用的なπ型熱電変換素子への応用にも適しており、近未来のIoT社会を支える人体装着型ワイヤレス電源の実現に資することが期待される。

  3. 機能性分子の分子間結合構造の制御による高性能熱電材料の創製

    研究課題/研究課題番号:19K22049  2019年6月 - 2021年3月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    中谷 真人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    ヒトの体温から電力を取り出す熱電素子は,IoTセンサー用のユビキタス電源等として利用価値が高い.本研究では,高性能でかつ生体にやさしい熱電材料群を創製するために, C60分子同士が共有結合した重合体をボトムアップ構築し,これをモデル材料として,熱電特性の新しい制御法を開発する.さらに,熱電物性のナノスケール評価法を開発するなど,新材料開発と計測技術の革新の両側面から次世代熱電材料の実現へ挑む.
    有機半導体には、ゼーベック係数Sが既存の熱電材料よりも数100倍の大きな材料が報告されており、次世代フレキシブル熱電材料として期待されているが、実用化のためには導電率σの向上が課題である。本研究では、フラーレン(C60)をモデル材料として取り上げ、分子間結合によるSおよびσの制御について研究した。まず、紫外可視光照射や電子線照射による分子間結合制御および薄膜試料の熱電特性評価を真空一貫で行う装置を開発した。これを利用して、C60分子同士を[2+2]環化付加反応によって連結すると、C60薄膜の大きなS値をほぼ保持しながらσが約20倍まで増加し、出力因子が向上することを見出した。
    有機半導体の示す巨大ゼーベック係数S(S > 数10 mV/K)を保持しつつ、導電率σを向上させることができれば、柔らかく高性能な熱電素子への応用が拓かれる。分子薄膜のσを向上させる手法としては、不純物添加によるキャリアドープがより一般的であるものの、この方法では、σの増加と共にS値の著しい減少が起きる。本研究では、分子間結合の形成によって、分子薄膜の巨大Sを保持しながらσを向上させることに初めて成功した。この方法論を様々な有機半導体へ応用することでSとσが共に優れた値を示す高性能熱電材料の創製へと道が拓かれる。

産業財産権 2

  1. 固体素子構造とそれを使用した電気・電子素子及び電気・電子機器

    中山知信, 中谷真人, 塚本茂, 青野正和

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:特許登録第5205670号  登録日:2013年3月 

    出願国:国内  

  2. 記録媒体とそれを用いた記録装置、情報の記録及び消去方法

    中谷真人, 中山知信, 青野正和

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:特許登録第5493210号  登録日:2014年3月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 基礎セミナーA

    2021

  2. エネルギー理工学基礎特論

    2020

  3. エネルギー理工学輪講B

    2020

  4. エネルギー理工学輪講A

    2020

  5. 卒業研究B

    2020

  6. 卒業研究A

    2020

  7. エネルギー理工学セミナーB

    2020

  8. エネルギー理工学特別実験及び演習B

    2020

  9. エネルギー理工学特別実験及び演習A

    2020

  10. エネルギー理工学セミナー1B

    2020

  11. エネルギー理工学セミナー1A

    2020

  12. エネルギーマテリアル科学

    2020

  13. 数学3および演習

    2019

     詳細を見る

    複素関数論を中心として,その基礎と物理への応用を学ぶ.

  14. エネルギーと環境

    2019

  15. 物性物理学B

    2019

  16. エネルギー理工学序論

    2019

▼全件表示

 

社会貢献活動 7

  1. 第23回日本表面真空学会中部支部学術講演会 実行委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本表面真空学会中部支部  第23回 日本表面真空学会中部支部学術講演会  2023年12月

  2. 2023年日本表面真空学会学術講演会 現地実行委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本表面真空学会  2023年度学術講演会  2023年10月 - 2023年11月

  3. 日本原子力学会2023年度秋の大会 現地実行委員

    役割:運営参加・支援

    日本原子力学会  日本原子力学会2023年度秋の大会  2023年9月

  4. 第22回日本表面真空学会中部支部学術講演会 実行委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本表面真空学会中部支部  2022年12月

  5. 2022年度日本表面真空学会中部支部研究会 実行委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本表面真空学会中部支部  2022年度日本表面真空学会中部支部研究会  2022年11月

  6. 日本原子力学会中部支部第52回研究発表会 実行委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本原子力学会中部支部  日本原子力学会中部支部第52回研究発表会  2020年12月

  7. 市民講座 「やさしい表面科学」

    2015年7月

     詳細を見る

    日本表面科学中部支部では、毎年、市民講座「やさしい表面科学」を開催している。2015年の市民講座は本学において2015年7月25日に開催され、その企画および実行委員を務めた。

▼全件表示

学術貢献活動 2

  1. 日本原子力学会中部支部支部幹事

    役割:企画立案・運営等

    日本原子力学会中部支部  2019年4月 - 2020年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. 公益社団法人日本表面真空学会中部支部 支部役員

    役割:企画立案・運営等

    日本表面真空学会中部支部  2015年2月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等