2023/05/17 更新

写真a

サトウ イクオ
佐藤 育男
SATO Ikuo
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 助教
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2010年3月   筑波大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 植物病原菌の酵素と病原性への関与

  2. 微生物を用いた植物病害の防除

学歴 1

  1. 筑波大学   生命環境科学研究科   生命共存科学専攻

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 植物病理学会   会員

  2. 日本農芸化学会   会員

  3. 日本微生物生態学会   会員

  4. 関西病虫害研究会   会員

委員歴 1

  1. 関西病虫害研究会   評議員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 31

  1. Leaf blight of rice-paper plant, Tetrapanax papyrifer, caused by Neofusicoccum parvum: a potential source of stem rot diseases of mango and grape

    Ashida Akira, Takushi Tetsuya, Camagna Maurizio, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Takemoto Daigo

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY     2023年1月

  2. Botrytis cinerea identifies host plants via the recognition of antifungal capsidiol to induce expression of a specific detoxification gene.

    Kuroyanagi T, Bulasag AS, Fukushima K, Ashida A, Suzuki T, Tanaka A, Camagna M, Sato I, Chiba S, Ojika M, Takemoto D

    PNAS nexus   1 巻 ( 5 ) 頁: pgac274   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/pnasnexus/pgac274

    PubMed

  3. Draft Genome Sequences of Prototrophic and Biotin-Auxotrophic Fusarium langsethiae Strains Isolated from an Oat Grain in the Northern Region of Russia

    Tanaka Aiko, Takemoto Daigo, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Gavrilova Olga, Gagkaeva Tatiana

    MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS   11 巻 ( 7 ) 頁: e0125021   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1128/mra.01250-21

    Web of Science

    PubMed

  4. An entomopathogenic fungus and a natural extract benefit rice (Oryza sativa) by suppressing populations of insect pests while keeping high populations of their natural enemies. 査読有り 国際共著

    Chou C, Hadi BA, Chiba S, Sato I, Choi IR, Tanaka T

    Biological Control   165 巻   2022年2月

     詳細を見る

  5. An entomopathogenic fungus and a natural extract benefit rice (Oryza sativa) by suppressing populations of insect pests while keeping high populations of their natural enemies

    Chou Cheythyrith, Hadi Buyung A. R., Chiba Sotaro, Sato Ikuo, Choi Il-Ryong, Tanaka Toshiharu

    BIOLOGICAL CONTROL   165 巻   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.biocontrol.2021.104793

    Web of Science

  6. AP2/ERF Transcription Factor NbERF-IX-33 Is Involved in the Regulation of Phytoalexin Production for the Resistance of Nicotiana benthamiana to Phytophthora infestans 査読有り

    Imano Sayaka, Fushimi Mayuka, Camagna Maurizio, Tsuyama-Koike Akiko, Mori Hitoshi, Ashida Akira, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Ojika Makoto, Takemoto Daigo

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   12 巻   頁: 821574   2022年1月

     詳細を見る

  7. Omnipresence of Partitiviruses in Rice Aggregate Sheath Spot Symptom-Associated Fungal Isolates from Paddies in Thailand. 査読有り

    Neang S, Bincader S, Rangsuwan S, Keawmanee P, Rin S, Salaipeth L, Das S, Kondo H, Suzuki N, Sato I, Takemoto D, Rattanakreetakul C, Pongpisutta R, Arakawa M, Chiba S

    Viruses   13 巻 ( 11 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/v13112269

    PubMed

  8. Geographic Distribution, Genetic Variability and Biological Properties of Rice Orange Leaf Phytoplasma in Southeast Asia. 査読有り 国際共著

    Ong S, Jonson GB, Calassanzio M, Rin S, Chou C, Oi T, Sato I, Takemoto D, Tanaka T, Choi IR, Nign C, Chiba S

    Pathogens   10 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/pathogens10020169

    PubMed

  9. Rice blast management in Cambodian rice fields using Trichoderma harzianum and a resistant variety 査読有り 国際共著

    Chou Cheythyrith, Castilla Nancy, Hadi Buyung, Tanaka Toshiharu, Chiba Sotaro, Sato Ikuo

    CROP PROTECTION   135 巻   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cropro.2019.104864

    Web of Science

  10. Expression profiles of genes for enzymes involved in capsidiol production inNicotiana benthamiana 査読有り

    Rin Soriya, Imano Sayaka, Camagna Maurizio, Suzuki Takamasa, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   86 巻 ( 5 ) 頁: 340 - 349   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10327-020-00931-5

    Web of Science

  11. In Vitro Assessment of Biocontrol Effects on Fusarium Head Blight and Deoxynivalenol (DON) Accumulation by DON-Degrading Bacteria. 査読有り

    Morimura H, Ito M, Yoshida S, Koitabashi M, Tsushima S, Camagna M, Chiba S, Takemoto D, Kawakita K, Sato I

    Toxins   12 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins12060399

    PubMed

  12. Nicotiana benthamiana exportin 1 is required for elicitor-induced phytoalexin production, cell death induction, and resistance against potato late blight pathogen Phytophthora infestans 査読有り

    Mizuno Yuri, Imano Sayaka, Camagna Maurizio, Suzuki Takamasa, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   85 巻 ( 5 ) 頁: 347-355   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10327-019-00855-9

    Web of Science

  13. Nicotiana benthamiana RanBP1-1 Is Involved in the Induction of Disease Resistance via Regulation of Nuclear-Cytoplasmic Transport of Small GTPase Ran 査読有り

    Mizuno Yuri, Ohtsu Mina, Shibata Yusuke, Tanaka Aiko, Camagna Maurizio, Ojika Makoto, Mori Hitoshi, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   10 巻   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00222

    Web of Science

  14. Draft Genome Sequence of Deoxynivalenol-Degrading Actinomycete Nocardioides sp. Strain LS1, Isolated from Wheat Leaves in Japan 査読有り

    Morimura Hiroyuki, Uesaka Kazuma, Ito Michihiro, Yoshida Shigenobu, Koitabashi Motoo, Tsushima Seiya, Sato Ikuo

    MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS   8 巻 ( 10 )   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MRA.01650-18

    Web of Science

    PubMed

  15. かび毒デオキシニバレノールの分解微生物とコムギ赤かび病の防除

    森村洋行、佐藤育男

    アグリバイオ    2018年12月臨時増刊号 巻   頁: 789-792   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  16. Resistance to Phytophthora infestans: exploring genes required for disease resistance in Solanaceae plants 査読有り

    Takemoto Daigo, Shibata Yusuke, Ojika Makoto, Mizuno Yuri, Imano Sayaka, Ohtsu Mina, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Rin Soriya, Camagna Maurizio

    JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY   84 巻 ( 5 ) 頁: 312-320   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10327-018-0801-8

    Web of Science

  17. EIN2-mediated signaling is involved in pre-invasion defense in Nicotiana benthamiana against potato late blight pathogen, Phytophthora infestans 査読有り

    Rin Soriya, Mizuno Yuri, Shibata Yusuke, Fushimi Mayuka, Katou Shinpei, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Takemoto Daigo

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR   12 巻 ( 4 ) 頁: e1300733   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1300733

    Web of Science

    PubMed

  18. 植物の生体防御機構における一酸化窒素の機能 査読有り

    佐藤育男、川北一人

    生化学   88 巻 ( 2 ) 頁: 192-197   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. かび毒デオキシニバレノールの分解微生物の探索およびその活用の可能性 査読有り

    佐藤育男、伊藤通浩

    バイオコントロール研究会レポート   14 巻   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Simultaneous bioethanol distillery wastewater treatment and xylanase production by the phyllosphere yeast Pseudozyma antarctica GB-4(0). 査読有り

    Watanabe T, Suzuki K, Sato I, Morita T, Koike H, Shinozaki Y, Ueda H, Koitabashi M, Kitamoto HK

    AMB Express   5 巻 ( 1 ) 頁: 121   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13568-015-0121-8

  21. Suppressive potential of Paenibacillus strains isolated from the tomato phyllosphere against fusarium crown and root rot of tomato. 査読有り

    Sato I, Yoshida S, Iwamoto Y, Aino M, Hyakumachi M, Shimizu M, Takahashi H, Ando S, Tsushima S

    Microbes and environments   29 巻 ( 2 ) 頁: 168-77   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1264/jsme2.me13172

  22. Bacterial cytochrome P450 system catabolizing the Fusarium toxin deoxynivalenol. 査読有り

    Ito M, Sato I, Ishizaka M, Yoshida S, Koitabashi M, Yoshida S, Tsushima S

    Applied and environmental microbiology   79 巻 ( 5 ) 頁: 1619-28   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.03227-12

  23. 穀類を汚染するかび毒デオキシニバレノールの分解微生物 査読有り

    佐藤育男、伊藤通浩

    化学と生物   14 巻   頁: 51-58   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Paenibacillus属細菌のトマト根腐萎凋病に対するほ場における防除効果 査読有り

    岩本 豊, 松浦 克成, 佐藤 育男, 吉田 重信, 對馬 誠也, 相野 公孝

    関西病虫害研究会   55 巻   頁: 67-69   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. A novel actinomycete derived from wheat heads degrades deoxynivalenol in the grain of wheat and barley affected by Fusarium head blight. 査読有り

    Ito M, Sato I, Koitabashi M, Yoshida S, Imai M, Tsushima S

    Applied microbiology and biotechnology   96 巻 ( 4 ) 頁: 1059-70   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-012-3922-6

  26. Iodide oxidation by a novel multicopper oxidase from the alphaproteobacterium strain Q-1. 査読有り

    Suzuki M, Eda Y, Ohsawa S, Kanesaki Y, Yoshikawa H, Tanaka K, Muramatsu Y, Yoshikawa J, Sato I, Fujii T, Amachi S

    Applied and environmental microbiology   78 巻 ( 11 ) 頁: 3941-9   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.00084-12

  27. Thirteen novel deoxynivalenol-degrading bacteria are classified within two genera with distinct degradation mechanisms. 査読有り

    Sato I, Ito M, Ishizaka M, Ikunaga Y, Sato Y, Yoshida S, Koitabashi M, Tsushima S

    FEMS microbiology letters   327 巻 ( 2 ) 頁: 110-7   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1574-6968.2011.02461.x

  28. Glutathione reductase/glutathione is responsible for cytotoxic elemental sulfur tolerance via polysulfide shuttle in fungi. 査読有り

    Sato I, Shimatani K, Fujita K, Abe T, Shimizu M, Fujii T, Hoshino T, Takaya N

    The Journal of biological chemistry   286 巻 ( 23 ) 頁: 20283-91   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.225979

  29. Nocardioides sp. strain WSN05-2, isolated from a wheat field, degrades deoxynivalenol, producing the novel intermediate 3-epi-deoxynivalenol. 査読有り

    Ikunaga Y, Sato I, Grond S, Numaziri N, Yoshida S, Yamaya H, Hiradate S, Hasegawa M, Toshima H, Koitabashi M, Ito M, Karlovsky P, Tsushima S

    Applied microbiology and biotechnology   89 巻 ( 2 ) 頁: 419-27   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-010-2857-z

  30. Isolation and properties of malic enzyme and its gene in Rhodopseudomonas palustris No. 7. 査読有り

    Sato I, Yoshikawa J, Furusawa A, Chiku K, Amachi S, Fujii T

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   74 巻 ( 1 ) 頁: 75-81   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.90566

  31. The glutathione system of Aspergillus nidulans involves a fungus-specific glutathione S-transferase. 査読有り

    Sato I, Shimizu M, Hoshino T, Takaya N

    The Journal of biological chemistry   284 巻 ( 12 ) 頁: 8042-53   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M807771200

▼全件表示

講演・口頭発表等 7

  1. 二者混合培養による赤かび毒ニバレノールの微生物分解活性化機構

    清水奈津子,森村洋行,伊藤通浩,千葉壮太郎,竹本大吾,川北一人,佐藤育男

    日本植物病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  2. 植物病原性Fusarium属菌由来のGH134ファミリーに属する糖質加水分解酵素の機能解析

    関谷千星,新井春日,上坂一馬,志水元亨,千葉壮太郎,竹本大吾,川北一人,佐藤育男

    日本植物病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  3. 植物病原性糸状菌由来のGH134ファミリーに属する糖質加水分解酵素の機能解析

    関谷千星,新井春日,上坂一馬,志水元亨,千葉壮太郎,竹本大吾,川北一人,佐藤育男

    日本植物病理学会関西部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  4. 沖縄県コムギ栽培土壌からの新規ニバレノール分解微生物の分離

    清水奈津子,森村洋行,伊藤通浩,千葉壮太郎,竹本大吾,川北一人,佐藤育男

    日本植物病理学会関西部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  5. Three novel deoxynivalenol-degrading bacteria isolated from Poaceae planted soils in Japan. 国際会議

    Morimura H., Chiba S., Takemoto D., Kawakita K., Sato I.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  6. Solanaceae-specific secretory peptide SAR8.2m is essential for non-host resistance of Nicotiana benthamiana to a variety of taxonomically distant Phytophthora species. 国際会議

    Imano S., Kondou Y., Shibata Y., Kondo T., Tanaka A., Sato I., Chiba S., Kageyama K., Kawakita K., Takemoto D.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  7. BcCPDH1 is involved in the detoxification of sesquiterpenoid phytoalexin capsidiol, and specifically required for the pathogenicity of Botrytis cinerea on Nicotiana species 国際会議

    Kuroyanagi T., Ojika M., Suzuki T., Sato I., Chiba S., Kawakita K., Takemoto D.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 植物病原菌の宿主感染促進物質を分解する酵素の同定と機能解析

    2020年4月 - 2021年3月

    天野エンザイム酵素研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

科研費 7

  1. かび毒および病原性因子の微生物分解代謝と植物病害抑制

    研究課題/研究課題番号:21K05595  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金 基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 東南アジアにおけるイネオレンジ葉ファイトプラ東南アジアにおけるイネオレンジ葉ファイトプラズマ病の発生拡大メカニズムメカニズム 研究課題

    研究課題/研究課題番号:18KK0171  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金   国際共同研究強化(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1040000円

  3. ムギ類を汚染する赤かび病発生とかび毒蓄積の微生物的防除研究

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  4. 卵菌PAMPエリシターに対する植物の抵抗性誘導機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17H03963  2017年4月 - 2020年3月

    川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 新規GHファミリー134に属する酵素の機能・構造解析および生理学的役割の解明

    研究課題/研究課題番号:17K07734  2017年4月 - 2020年3月

    志水 元亨

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. NOを介した新規な過敏感細胞死誘導機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16K14860  2016年4月 - 2018年3月

    川北 一人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 生物防除微生物由来のスーパーオキシド生成エリシターの探索とその作用機構

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

▼全件表示