2021/05/19 更新

写真a

ヒロタ ツヨシ
廣田 毅
HIROTA Tsuyoshi
所属
トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授
大学院理学研究科
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2003年3月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 機能生物化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 概日時計の分子機構の解析

経歴 9

  1. 科学技術振興機構   さきがけ研究員(兼任)

    2014年10月 - 2018年3月

  2. 名古屋大学   トランスフォーマティブ生命分子研究所   特任准教授

    2014年5月 - 現在

  3. 南カリフォルニア大学   研究員

    2013年7月 - 2014年4月

  4. カリフォルニア大学サンディエゴ校   研究員

    2012年7月 - 2013年7月

  5. カリフォルニア大学サンディエゴ校   研究員

    2008年10月 - 2012年6月

  6. カリフォルニア大学サンディエゴ校   研究員

    2007年9月 - 2008年9月

  7. スクリプス研究所   研究員

    2007年4月 - 2007年9月

  8. 東京大学   大学院理学系研究科   特任助教

    2003年4月 - 2007年3月

  9. 日本学術振興会   特別研究員 (DC1)

    2000年4月 - 2003年3月

▼全件表示

学歴 1

  1. 東京大学   大学院理学系研究科   生物化学専攻

    1998年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 48

  1. Comparing the efficacy and selectivity of Ck2 inhibitors. A phosphoproteomics approach. 査読有り

    Borgo C, Cesaro L, Hirota T, Kuwata K, D'Amore C, Ruppert T, Blatnik R, Salvi M, Pinna LA

    European journal of medicinal chemistry   214 巻   頁: 113217 - 113217   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1016/j.ejmech.2021.113217

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Photopharmacological Manipulation of Mammalian CRY1 for Regulation of the Circadian Clock. 査読有り

    Kolarski D, Miller S, Oshima T, Nagai Y, Aoki Y, Kobauri P, Srivastava A, Sugiyama A, Amaike K, Sato A, Tama F, Szymanski W, Feringa BL, Itami K, Hirota T

    Journal of the American Chemical Society   143 巻 ( 4 ) 頁: 2078 - 2087   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/jacs.0c12280

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Reductive stability evaluation of 6-azopurine photoswitches for the regulation of CKIα activity and circadian rhythms. 査読有り

    Kolarski D, Sugiyama A, Rodat T, Schulte A, Peifer C, Itami K, Hirota T, Feringa BL, Szymanski W

    Organic & biomolecular chemistry   19 巻 ( 10 ) 頁: 2312 - 2321   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Organic and Biomolecular Chemistry  

    DOI: 10.1039/D1OB00014D

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. A N-terminally deleted form of the CK2α' catalytic subunit is sufficient to support cell viability. 査読有り

    Borgo C, D'Amore C, Cesaro L, Itami K, Hirota T, Salvi M, Pinna LA

    Biochemical and biophysical research communications   531 巻 ( 3 ) 頁: 409 - 415   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.07.112

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. An Isoform-Selective Modulator of Cryptochrome 1 Regulates Circadian Rhythms in Mammals. 査読有り

    Miller S, Aikawa Y, Sugiyama A, Nagai Y, Hara A, Oshima T, Amaike K, Kay SA, Itami K, Hirota T

    Cell chemical biology   27 巻 ( 9 ) 頁: 1192 - 1198.e5   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Chemical Biology  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2020.05.008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Small Molecules Modulating Mammalian Biological Clocks: Exciting New Opportunities for Synthetic Chemistry 査読有り

    Amaike Kazuma, Oshima Tsuyoshi, Skoulding Nicola Stephanie, Toyama Yoshifumi, Hirota Tsuyoshi, Itami Kenichiro

    CHEM   6 巻 ( 9 ) 頁: 2186 - 2198   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chem  

    DOI: 10.1016/j.chempr.2020.08.011

    Web of Science

    Scopus

  7. 低分子化合物を用いた概日時計機能の操作 査読有り

    廣田 毅

    日本薬理学会年会要旨集   93 巻 ( 0 ) 頁: 1 - S12-3   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>In mammals, circadian rhythms are generated through transcriptional regulatory networks of the clock genes. To search for novel clock modifiers, we applied chemical biology approaches. From hundreds of thousands of small molecules with diverse structure, we identified a number of compounds that potently change the period of the circadian clock in human cells. Among the period lengthening compounds, we previously discovered the first small molecule targeting the core clock protein CRY. The compound KL001 interacts with FAD-binding pocket of CRY and inhibits FBXL3-dependent degradation. By analyzing KL001 derivatives, we found 10 times more potent compound KL044. KL001 and KL044 share carbazole group and act on both CRY1 and CRY2. We further identified novel period lengthening compounds KL101 and TH301 that do not have carbazole group. Surprisingly, we discovered that KL101 is selective against CRY1 while TH301 shows much higher effect on CRY2. To understand molecular basis of the CRY1/CRY2 selectivity, we determined the X-ray crystal structures of CRY1-KL101, CRY1-TH301, CRY2-TH301, and CRY1-KL044 complexes. In this presentation, I will discuss these unique compounds that will enable atomic-level dissection of the functional difference between CRY1 and CRY2 proteins and their selective manipulation.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.93.0_1-S12-3

    CiNii Article

  8. "Janus" efficacy of CX-5011: CK2 inhibition and methuosis induction by independent mechanisms. 査読有り

    D'Amore C, Moro E, Borgo C, Itami K, Hirota T, Pinna LA, Salvi M

    Biochimica et biophysica acta. Molecular cell research   1867 巻 ( 11 ) 頁: 118807   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research  

    DOI: 10.1016/j.bbamcr.2020.118807

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Pharmacological Interventions to Circadian Clocks and Their Molecular Bases. 査読有り

    Miller S, Hirota T

    Journal of molecular biology   432 巻 ( 12 ) 頁: 3498 - 3514   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Molecular Biology  

    DOI: 10.1016/j.jmb.2020.01.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Isoform-selective regulation of mammalian cryptochromes. 査読有り

    Miller S, Son YL, Aikawa Y, Makino E, Nagai Y, Srivastava A, Oshima T, Sugiyama A, Hara A, Abe K, Hirata K, Oishi S, Hagihara S, Sato A, Tama F, Itami K, Kay SA, Hatori M, Hirota T

    Nature chemical biology   16 巻 ( 6 ) 頁: 676 - 685   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Chemical Biology  

    DOI: 10.1038/s41589-020-0505-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Dynamics at the serine loop underlie differential affinity of cryptochromes for CLOCK:BMAL1 to control circadian timing. 査読有り

    Fribourgh JL, Srivastava A, Sandate CR, Michael AK, Hsu PL, Rakers C, Nguyen LT, Torgrimson MR, Parico GCG, Tripathi S, Zheng N, Lander GC, Hirota T, Tama F, Partch CL

    eLife   9 巻   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:eLife  

    DOI: 10.7554/eLife.55275

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Identification of pathways that regulate circadian rhythms using a larval zebrafish small molecule screen. 査読有り

    Mosser EA, Chiu CN, Tamai TK, Hirota T, Li S, Hui M, Wang A, Singh C, Giovanni A, Kay SA, Prober DA

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 12405   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-48914-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-4876-3608

  13. Casein kinase 1 family regulates PRR5 and TOC1 in the Arabidopsis circadian clock. 査読有り 国際誌

    Uehara TN, Mizutani Y, Kuwata K, Hirota T, Sato A, Mizoi J, Takao S, Matsuo H, Suzuki T, Ito S, Saito AN, Nishiwaki-Ohkawa T, Yamaguchi-Shinozaki K, Yoshimura T, Kay SA, Itami K, Kinoshita T, Yamaguchi J, Nakamichi N

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116 巻 ( 23 ) 頁: 11528 - 11536   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1903357116

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing. 査読有り

    Kolarski D, Sugiyama A, Breton G, Rakers C, Ono D, Schulte A, Tama F, Itami K, Szymanski W, Hirota T, Feringa BL

    Journal of the American Chemical Society   141 巻 ( 40 ) 頁: 15784 - 15791   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

    DOI: 10.1021/jacs.9b05445

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Chemical Synthesis of Atomically Tailored SUMO E2 Conjugating Enzymes for the Formation of Covalently Linked SUMO–E2–E3 Ligase Ternary Complexes 査読有り 国際誌

    Yinfeng Zhang, Tsuyoshi Hirota, Keiko Kuwata, Shunsuke Oishi, Subramanian, G. Gramani, Jeffrey W. Bode

    Journal of the American Chemical Society   141 巻 ( 37 ) 頁: 14742 - 14751   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/jacs.9b06820

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Chemical Control of Mammalian Circadian Behavior through Dual Inhibition of Casein Kinase Iα and δ 査読有り

    Lee J.W, Hirota T, Ono D, Honma S, Honma K.-I, Park K, Kay S.A

    Journal of Medicinal Chemistry   62 巻 ( 4 ) 頁: 1989 - 1998   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.jmedchem.8b01541

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Cell-based screen identifies a new potent and highly selective CK2 inhibitor for modulation of circadian rhythms and cancer cell growth. 査読有り

    Oshima T, Niwa Y, Kuwata K, Srivastava A, Hyoda T, Tsuchiya Y, Kumagai M, Tsuyuguchi M, Tamaru T, Sugiyama A, Ono N, Zolboot N, Aikawa Y, Oishi S, Nonami A, Arai F, Hagihara S, Yamaguchi J, Tama F, Kunisaki Y, Yagita K, Ikeda M, Kinoshita T, Kay SA, Itami K, Hirota T

    Science advances   5 巻 ( 1 ) 頁: eaau9060   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science Advances  

    DOI: 10.1126/sciadv.aau9060

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Conformational dynamics of human protein kinase CK2α and its effect on function and inhibition 査読有り

    Srivastava A, Hirota T, Irle S, Tama F

    Proteins: Structure, Function and Bioinformatics   86 巻 ( 3 ) 頁: 344 - 353   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proteins: Structure, Function and Bioinformatics  

    DOI: 10.1002/prot.25444

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Nuclear receptor HNF4A transrepresses CLOCK:BMAL1 and modulates tissue-specific circadian networks. 査読有り

    Qu M, Duffy T, Hirota T, Kay SA

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115 巻 ( 52 ) 頁: E12305 - E12312   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1816411115

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Global rise of potential health hazards caused by blue light-induced circadian disruption in modern aging societies. 査読有り

    Hatori M, Gronfier C, Van Gelder RN, Bernstein PS, Carreras J, Panda S, Marks F, Sliney D, Hunt CE, Hirota T, Furukawa T, Tsubota K

    NPJ aging and mechanisms of disease   3 巻 ( 1 ) 頁: 9   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:npj Aging and Mechanisms of Disease  

    DOI: 10.1038/s41514-017-0010-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Circadian Amplitude Regulation via FBXW7-Targeted REV-ERBα Degradation 査読有り

    Zhao X, Hirota T, Han X, Cho H, Chong L.-W, Lamia K, Liu S, Atkins A.R, Banayo E, Liddle C, Yu R.T, Yates J.R, Kay S.A, Downes M, Evans R.M

    Cell   165 巻 ( 7 ) 頁: 1644 - 1657   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell  

    DOI: 10.1016/j.cell.2016.05.012

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. C-H activation generates period-shortening molecules that target cryptochrome in the mammalian circadian clock. 査読有り

    Oshima T, Yamanaka I, Kumar A, Yamaguchi J, Nishiwaki-Ohkawa T, Muto K, Kawamura R, Hirota T, Yagita K, Irle S, Kay SA, Yoshimura T, Itami K

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   54 巻 ( 24 ) 頁: 7193 - 7197   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201502942

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Identification of small-molecule modulators of the circadian clock. 査読有り

    Hirota T, Kay SA

    Methods in enzymology   551 巻   頁: 267 - 282   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Methods in Enzymology  

    DOI: 10.1016/bs.mie.2014.10.015

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Development of Small-Molecule Cryptochrome Stabilizer Derivatives as Modulators of the Circadian Clock. 査読有り

    Lee JW, Hirota T, Kumar A, Kim NJ, Irle S, Kay SA

    ChemMedChem   10 巻 ( 9 ) 頁: 1489 - 1497   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemMedChem  

    DOI: 10.1002/cmdc.201500260

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. In vivo role of phosphorylation of cryptochrome 2 in the mouse circadian clock. 査読有り

    Hirano A, Kurabayashi N, Nakagawa T, Shioi G, Todo T, Hirota T, Fukada Y

    Molecular and cellular biology   34 巻 ( 24 ) 頁: 4464 - 4473   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.00711-14

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Spatiotemporal separation of PER and CRY posttranslational regulation in the mammalian circadian clock. 査読有り

    St John PC, Hirota T, Kay SA, Doyle FJ 3rd

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111 巻 ( 5 ) 頁: 2040 - 2045   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1323618111

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Biosynthesis and biological actions of pineal neurosteroids in domestic birds. 査読有り

    Tsutsui K, Haraguchi S, Hatori M, Hirota T, Fukada Y

    Neuroendocrinology   98 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 105   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000353782

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Real-time in vivo monitoring of circadian E-box enhancer activity: a robust and sensitive zebrafish reporter line for developmental, chemical and neural biology of the circadian clock. 査読有り

    Weger M, Weger BD, Diotel N, Rastegar S, Hirota T, Kay SA, Strähle U, Dickmeis T

    Developmental biology   380 巻 ( 2 ) 頁: 259 - 273   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2013.04.035

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. New biosynthesis and biological actions of avian neurosteroids. 査読有り 国際誌

    Tsutsui K, Haraguchi S, Inoue K, Miyabara H, Ubuka T, Hatori M, Hirota T, Fukada Y

    Journal of experimental neuroscience   7 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 29   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JEN.S11148

    Scopus

    PubMed

  30. Identification of small molecule activators of cryptochrome. 査読有り

    Hirota T, Lee JW, St John PC, Sawa M, Iwaisako K, Noguchi T, Pongsawakul PY, Sonntag T, Welsh DK, Brenner DA, Doyle FJ 3rd, Schultz PG, Kay SA

    Science (New York, N.Y.)   337 巻 ( 6098 ) 頁: 1094 - 1097   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1223710

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. A small molecule modulates circadian rhythms through phosphorylation of the period protein. 査読有り

    Lee JW, Hirota T, Peters EC, Garcia M, Gonzalez R, Cho CY, Wu X, Schultz PG, Kay SA

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   50 巻 ( 45 ) 頁: 10608 - 10611   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201103915

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Light-dependent and circadian clock-regulated activation of sterol regulatory element-binding protein, X-box-binding protein 1, and heat shock factor pathways. 査読有り

    Hatori M, Hirota T, Iitsuka M, Kurabayashi N, Haraguchi S, Kokame K, Sato R, Nakai A, Miyata T, Tsutsui K, Fukada Y

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108 巻 ( 12 ) 頁: 4864 - 4869   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1015959108

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Cryptochrome mediates circadian regulation of cAMP signaling and hepatic gluconeogenesis. 査読有り

    Zhang EE, Liu Y, Dentin R, Pongsawakul PY, Liu AC, Hirota T, Nusinow DA, Sun X, Landais S, Kodama Y, Brenner DA, Montminy M, Kay SA

    Nature medicine   16 巻 ( 10 ) 頁: 1152 - U133   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm.2214

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Transcriptional repressor TIEG1 regulates Bmal1 gene through GC box and controls circadian clockwork. 査読有り

    Hirota T, Kon N, Itagaki T, Hoshina N, Okano T, Fukada Y

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   15 巻 ( 2 ) 頁: 111 - 121   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2443.2009.01371.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  35. High-throughput chemical screen identifies a novel potent modulator of cellular circadian rhythms and reveals CKIα as a clock regulatory kinase 査読有り

    Hirota T, Lee J.W, Lewis W.G, Zhang E.E, Breton G, Liu X, Garcia M, Peters E.C, Etchegaray J.-P, Traver D, Schultz P.G, Kay S.A

    PLoS Biology   8 巻 ( 12 ) 頁: e1000559   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.1000559

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. DYRK1A and glycogen synthase kinase 3β, a dual-kinase mechanism directing proteasomal degradation of CRY2 for circadian timekeeping 査読有り

    Kurabayashi N, Hirota T, Sakai M, Sanada K, Fukada Y

    Molecular and Cellular Biology   30 巻 ( 7 ) 頁: 1757 - 1768   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.01047-09

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. A genome-wide RNAi screen for modifiers of the circadian clock in human cells. 査読有り

    Zhang EE, Liu AC, Hirota T, Miraglia LJ, Welch G, Pongsawakul PY, Liu X, Atwood A, Huss JW 3rd, Janes J, Su AI, Hogenesch JB, Kay SA

    Cell   139 巻 ( 1 ) 頁: 199 - 210   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2009.08.031

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. High-throughput screening and chemical biology: new approaches for understanding circadian clock mechanisms. 査読有り

    Hirota T, Kay SA

    Chemistry & biology   16 巻 ( 9 ) 頁: 921 - 927   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2009.09.002

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. A chemical biology approach reveals period shortening of the mammalian circadian clock by specific inhibition of GSK-3β 査読有り

    Hirota T, Lewis W.G, Liu A.C, Jae W.L, Schultz P.G, Kay S.A

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105 巻 ( 52 ) 頁: 20746 - 20751   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0811410106

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. Activation of TGF-β/activin signalling resets the circadian clock through rapid induction of Dec1 transcripts 査読有り

    Kon N, Hirota T, Kawamoto T, Kato Y, Tsubota T, Fukada Y

    Nature Cell Biology   10 巻 ( 12 ) 頁: 1463 - U197   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncb1806

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  41. Circadian proteomics of the mouse retina. 査読有り

    Tsuji T, Hirota T, Takemori N, Komori N, Yoshitane H, Fukuda M, Matsumoto H, Fukada Y

    Proteomics   7 巻 ( 19 ) 頁: 3500 - 3508   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pmic.200700272

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Phosphorylation of mCRY2 at Ser557 in the hypothalamic suprachiasmatic nucleus of the mouse. 査読有り

    Kurabayashi N, Hirota T, Harada Y, Sakai M, Fukada Y

    Chronobiology international   23 巻 ( 1-2 ) 頁: 129 - 134   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/07420520500464478

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  43. Ser-557-phosphorylated mCRY2 is degraded upon synergistic phosphorylation by glycogen synthase kinase-3β 査読有り

    Harada Y, Sakai M, Kurabayashi N, Hirota T, Fukada Y

    Journal of Biological Chemistry   280 巻 ( 36 ) 頁: 31714 - 31721   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M506225200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  44. Resetting mechanism of central and peripheral circadian clocks in mammals. 査読有り

    Hirota T, Fukada Y

    Zoological science   21 巻 ( 4 ) 頁: 359 - 368   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2108/zsj.21.359

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  45. p38 mitogen-activated protein kinase regulates oscillation of chick pineal circadian clock. 査読有り

    Hayashi Y, Sanada K, Hirota T, Shimizu F, Fukada Y

    The Journal of biological chemistry   278 巻 ( 27 ) 頁: 25166 - 25171   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M212726200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  46. Glucose down-regulates Per1 and Per2 mRNA levels and induces circadian gene expression in cultured Rat-1 fibroblasts. 査読有り

    Hirota T, Okano T, Kokame K, Shirotani-Ikejima H, Miyata T, Fukada Y

    The Journal of biological chemistry   277 巻 ( 46 ) 頁: 44244 - 44251   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M206233200

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  47. Chicken pineal clock genes: Implication of BMAL2 as a bidirectional regulator in circadian clock oscillation 査読有り

    Okano, T., Yamamoto, K., Okano, K., Hirota, T., Kasahara, T., Sasaki, M., Takanaka, Y., Fukada, Y.

    Genes to Cells   6 巻 ( 9 ) 頁: 825 - 836   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL SCIENCE LTD  

    Background: In a transcription/translation-based autoregulatory feedback loop of vertebrate circadian clock systems, a BMAL1-CLOCK heterodimer is a positive regulator for the transcription of the negative element gene Per. The chicken pineal gland represents a photosensitive clock tissue, but the pineal clock genes constituting the oscillator loop have been less well characterized.
    Results: We identified expression of the Per2, Bmal1, Bmal2 and Clock genes in the chicken pineal gland. Messenger RNA levels of these genes exhibited overt circadian rhythms in the pineal cells, both in vivo and in culture. In vitro functional analyses revealed the formation of cBMAL1-cCLOCK and cBMAL2-cCLOCK heteromers. Both of the cBMAL-cCLOCK heteromers activated E-box element-dependent transcription, which was negatively regulated by cPER2 in luciferase assays. Co-expression of cCLOCK, cBMAL1 and cBMAL2 co-operatively activated E-box element-dependent transcription, and a greater level of expression of cBMAL2 inhibited the activation. In the cultured pineal cells, an over-expression of either cBMAL1 or cBMAL2 disrupted the circadian rhythm of melatonin production.
    Conclusion: The functional characterization of the chicken pineal clock molecules supports the key roles of BMAL1, BMAL2 and CLOCK which contribute to the E-box-dependent transcriptional regulation in the circadian clock system.

    DOI: 10.1046/j.1365-2443.2001.00462.x

    Web of Science

    Scopus

  48. Effect of brefeldin A on melatonin secretion of chick pineal cells 査読有り

    Hirota, T., Kagiwada, S., Kasahara, T., Okano, T., Murata, M., Fukada, Y.

    Journal of Biochemistry   129 巻 ( 1 ) 頁: 51 - 59   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE BIOCHEMICAL SOC  

    Melatonin is secreted from the pineal gland in a circadian manner. It is well established that the synthesis of melatonin shows a diurnal rhythm reflecting a daily change in serotonin N-acetyltransferase (NAT) activity, and the overall secretion of melatonin requires a cellular release process, which is poorly understood. To investigate the possible involvement of Golgi-derived vesicles in the release, we examined the effect of brefeldin A (BFA), a reversible inhibitor of Golgi-mediated secretion, on melatonin secretion of cultured chick pineal cells. We show here that treatment with BFA completely disassembles the Golgi apparatus and reduces melatonin secretion. In more detailed time course experiments, however, the inhibition of melatonin secretion is only observed after the removal of BFA in parallel with the reassembly of the Golgi apparatus. This inhibition of melatonin secretion is not accompanied by accumulation of melatonin in the cells. These observations indicate that chick pineal melatonin is released independently of the Golgi-derived vesicles, and suggest inhibition of melatonin synthesis after the removal of BFA. By measuring the activities and mRNA levels of melatonin-synthesizing enzymes, we found that the removal of BFA specifically inhibits NAT activity at the protein level. On the other hand, BFA causes no detectable phase-shift of the chick pineal oscillator regulating the circadian rhythm of melatonin secretion. The results presented here suggest that the Golgi-mediated vesicular transport is involved in neither the melatonin release nor the time-keeping mechanism of the circadian oscillator, but rather contributes to the regulation of NAT activity.

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a002836

    Web of Science

    Scopus

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 分子・細胞・個体レベルにおける動物の光環境応答とサーカディアンリズム

    深田 吉孝, 岡野 俊行, 仲村 厚志, 和田 恭高, 広田 毅, 小島 大輔( 担当: 単著)

    深田吉孝  2007年 

     詳細を見る

MISC 42

  1. An Isoform-Selective Modulator of Cryptochrome 1 Regulates Circadian Rhythms in Mammals. 査読有り

    Miller S, Aikawa Y, Sugiyama A, Nagai Y, Hara A, Oshima T, Amaike K, Kay SA, Itami K, Hirota T  

    Cell chemical biology27 巻 ( 9 ) 頁: 1192-1198.e5   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2020.05.008

    PubMed

  2. Dynamics at the serine loop underlie differential affinity of cryptochromes for CLOCK:BMAL1 to control circadian timing. 査読有り

    Fribourgh JL, Srivastava A, Sandate CR, Michael AK, Hsu PL, Rakers C, Nguyen LT, Torgrimson MR, Parico GCG, Tripathi S, Zheng N, Lander GC, Hirota T, Tama F, Partch CL  

    eLife9 巻   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.7554/eLife.55275

    PubMed

  3. Identification of pathways that regulate circadian rhythms using a larval zebrafish small molecule screen. 査読有り

    Mosser EA, Chiu CN, Tamai TK, Hirota T, Li S, Hui M, Wang A, Singh C, Giovanni A, Kay SA, Prober DA  

    Scientific reports9 巻 ( 1 ) 頁: 12405   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41598-019-48914-7

    PubMed

  4. Cell-based screen identifies a new potent and highly selective CK2 inhibitor for modulation of circadian rhythms and cancer cell growth. 査読有り

    Oshima T, Niwa Y, Kuwata K, Srivastava A, Hyoda T, Tsuchiya Y, Kumagai M, Tsuyuguchi M, Tamaru T, Sugiyama A, Ono N, Zolboot N, Aikawa Y, Oishi S, Nonami A, Arai F, Hagihara S, Yamaguchi J, Tama F, Kunisaki Y, Yagita K, Ikeda M, Kinoshita T, Kay SA, Itami K, Hirota T  

    Science advances5 巻 ( 1 ) 頁: eaau9060   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1126/sciadv.aau9060

    PubMed

  5. Nuclear receptor HNF4A transrepresses CLOCK:BMAL1 and modulates tissue-specific circadian networks. 査読有り

    Qu M, Duffy T, Hirota T, Kay SA  

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America115 巻 ( 52 ) 頁: E12305-E12312   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.1816411115

    PubMed

  6. Conformational dynamics of human protein kinase CK2α and its effect on function and inhibition. 査読有り

      86 巻 ( 3 ) 頁: 344-353   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/prot.25444

    PubMed

  7. Global rise of potential health hazards caused by blue light-induced circadian disruption in modern aging societies. 査読有り

    Hatori M, Gronfier C, Van Gelder RN, Bernstein PS, Carreras J, Panda S, Marks F, Sliney D, Hunt CE, Hirota T, Furukawa T, Tsubota K  

    NPJ aging and mechanisms of disease3 巻   頁: 9   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41514-017-0010-2

    PubMed

  8. Circadian Amplitude Regulation via FBXW7-Targeted REV-ERBα Degradation. 査読有り

      165 巻 ( 7 ) 頁: 1644-1657   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.cell.2016.05.012

    PubMed

  9. Development of Small-Molecule Cryptochrome Stabilizer Derivatives as Modulators of the Circadian Clock. 査読有り

    Lee JW, Hirota T, Kumar A, Kim NJ, Irle S, Kay SA  

    ChemMedChem10 巻 ( 9 ) 頁: 1489-97   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cmdc.201500260

    PubMed

  10. C-H activation generates period-shortening molecules that target cryptochrome in the mammalian circadian clock. 査読有り

    Oshima T, Yamanaka I, Kumar A, Yamaguchi J, Nishiwaki-Ohkawa T, Muto K, Kawamura R, Hirota T, Yagita K, Irle S, Kay SA, Yoshimura T, Itami K  

    Angewandte Chemie (International ed. in English)54 巻 ( 24 ) 頁: 7193-7   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/anie.201502942

    PubMed

  11. Identification of small-molecule modulators of the circadian clock. 査読有り

    Hirota T, Kay SA  

    Methods in enzymology551 巻   頁: 267-82   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/bs.mie.2014.10.015

    PubMed

  12. In vivo role of phosphorylation of cryptochrome 2 in the mouse circadian clock. 査読有り

    Hirano A, Kurabayashi N, Nakagawa T, Shioi G, Todo T, Hirota T, Fukada Y  

    Molecular and cellular biology34 巻 ( 24 ) 頁: 4464-73   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1128/MCB.00711-14

    PubMed

  13. Spatiotemporal separation of PER and CRY posttranslational regulation in the mammalian circadian clock. 査読有り

    St John PC, Hirota T, Kay SA, Doyle FJ 3rd  

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America111 巻 ( 5 ) 頁: 2040-5   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.1323618111

    PubMed

  14. Real-time in vivo monitoring of circadian E-box enhancer activity: a robust and sensitive zebrafish reporter line for developmental, chemical and neural biology of the circadian clock. 査読有り

    Developmental biology380 巻 ( 2 ) 頁: 259-73   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2013.04.035

    PubMed

  15. Biosynthesis and biological actions of pineal neurosteroids in domestic birds. 査読有り

    Tsutsui K, Haraguchi S, Hatori M, Hirota T, Fukada Y  

    Neuroendocrinology98 巻 ( 2 ) 頁: 97-105   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000353782

    PubMed

  16. New biosynthesis and biological actions of avian neurosteroids. 査読有り

    Tsutsui K, Haraguchi S, Inoue K, Miyabara H, Ubuka T, Hatori M, Hirota T, Fukada Y  

    Journal of experimental neuroscience7 巻   頁: 15-29   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.4137/JEN.S11148

    PubMed

  17. Identification of small molecule activators of cryptochrome. 査読有り

    Hirota T, Lee JW, St John PC, Sawa M, Iwaisako K, Noguchi T, Pongsawakul PY, Sonntag T, Welsh DK, Brenner DA, Doyle FJ 3rd, Schultz PG, Kay SA  

    Science (New York, N.Y.)337 巻 ( 6098 ) 頁: 1094-7   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1126/science.1223710

    PubMed

  18. A small molecule modulates circadian rhythms through phosphorylation of the period protein. 査読有り

    Lee JW, Hirota T, Peters EC, Garcia M, Gonzalez R, Cho CY, Wu X, Schultz PG, Kay SA  

    Angewandte Chemie (International ed. in English)50 巻 ( 45 ) 頁: 10608-11   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/anie.201103915

    PubMed

  19. Light-dependent and circadian clock-regulated activation of sterol regulatory element-binding protein, X-box-binding protein 1, and heat shock factor pathways. 査読有り

    Hatori M, Hirota T, Iitsuka M, Kurabayashi N, Haraguchi S, Kokame K, Sato R, Nakai A, Miyata T, Tsutsui K, Fukada Y  

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America108 巻 ( 12 ) 頁: 4864-9   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.1015959108

    PubMed

  20. High-throughput chemical screen identifies a novel potent modulator of cellular circadian rhythms and reveals CKIα as a clock regulatory kinase. 査読有り

      8 巻 ( 12 ) 頁: e1000559   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.1000559

    PubMed

  21. Cryptochrome mediates circadian regulation of cAMP signaling and hepatic gluconeogenesis. 査読有り

    Zhang EE, Liu Y, Dentin R, Pongsawakul PY, Liu AC, Hirota T, Nusinow DA, Sun X, Landais S, Kodama Y, Brenner DA, Montminy M, Kay SA  

    Nature medicine16 巻 ( 10 ) 頁: 1152-6   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/nm.2214

    PubMed

  22. DYRK1A and glycogen synthase kinase 3beta, a dual-kinase mechanism directing proteasomal degradation of CRY2 for circadian timekeeping. 査読有り

    Kurabayashi N, Hirota T, Sakai M, Sanada K, Fukada Y  

    Molecular and cellular biology30 巻 ( 7 ) 頁: 1757-68   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1128/MCB.01047-09

    PubMed

  23. Transcriptional repressor TIEG1 regulates Bmal1 gene through GC box and controls circadian clockwork. 査読有り

    Hirota T, Kon N, Itagaki T, Hoshina N, Okano T, Fukada Y  

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms15 巻 ( 2 ) 頁: 111-21   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/j.1365-2443.2009.01371.x

    PubMed

  24. A genome-wide RNAi screen for modifiers of the circadian clock in human cells. 査読有り

    Zhang EE, Liu AC, Hirota T, Miraglia LJ, Welch G, Pongsawakul PY, Liu X, Atwood A, Huss JW 3rd, Janes J, Su AI, Hogenesch JB, Kay SA  

    Cell139 巻 ( 1 ) 頁: 199-210   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.cell.2009.08.031

    PubMed

  25. High-throughput screening and chemical biology: new approaches for understanding circadian clock mechanisms. 査読有り

    Hirota T, Kay SA  

    Chemistry & biology16 巻 ( 9 ) 頁: 921-7   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2009.09.002

    PubMed

  26. A chemical biology approach reveals period shortening of the mammalian circadian clock by specific inhibition of GSK-3beta. 査読有り

    Hirota T, Lewis WG, Liu AC, Lee JW, Schultz PG, Kay SA  

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America105 巻 ( 52 ) 頁: 20746-51   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.0811410106

    PubMed

  27. Activation of TGF-beta/activin signalling resets the circadian clock through rapid induction of Dec1 transcripts. 査読有り

    Kon N, Hirota T, Kawamoto T, Kato Y, Tsubota T, Fukada Y  

    Nature cell biology10 巻 ( 12 ) 頁: 1463-9   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/ncb1806

    PubMed

  28. 細胞外pHのアルカリ性化はDec1遺伝子の誘導を介して概日時計の位相をリセットする

    金 尚宏, 広田 毅, 河本 健, 加藤 幸夫, 坪田 匡史, 深田 吉孝  

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集81回・31回 巻   頁: 4T16 - 4   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  29. ニワトリ松果体におけるコレステロール合成系酵素群の遺伝子発現解析

    飯塚倫子, 倉林伸博, 羽鳥恵, 広田毅, 原口省吾, 筒井和義, 深田吉孝  

    日本比較生理生化学会大会予稿集30th 巻   頁: 23   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  30. Circadian proteomics of the mouse retina. 査読有り

    Tsuji T, Hirota T, Takemori N, Komori N, Yoshitane H, Fukuda M, Matsumoto H, Fukada Y  

    Proteomics7 巻 ( 19 ) 頁: 3500-8   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/pmic.200700272

    PubMed

  31. Sequential phosphorylation of mouse cryptochrome2

    Nobuhiro Kurabayashi, Tsuyoshi Hirota, Yoko Harada, Mihiko Sakai, Yoshitaka Fukada  

    ZOOLOGICAL SCIENCE23 巻 ( 12 ) 頁: 1194 - 1194   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  32. 【ここまで分かった生物時計の分子ネットワーク リン酸化による時計タンパク質の制御機構から睡眠・肥満への関与まで】時計タンパク質の多段階リン酸化

    広田 毅, 深田 吉孝  

    実験医学24 巻 ( 4 ) 頁: 452 - 459   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)羊土社  

    概日時計の自律的な発振メカニズムにおいては,時計遺伝子の転写・翻訳とともに時計タンパク質のリン酸化が重要な役割を果たす.いくつかの時計タンパク質は,複数のキナーゼによって段階的にリン酸化され,その分解速度や細胞内局在,転写調節などの機能が緻密に調節されている.本稿では,時計タンパク質をリン酸化するキナーゼの同定,およびリン酸化サイトの決定に関する最近の知見を紹介するとともに,多段階リン酸化による時計タンパク質の制御機構を概説する(著者抄録)

  33. Phosphorylation of mCRY2 at Ser557 in the hypothalamic suprachiasmatic nucleus of the mouse. 査読有り

    Kurabayashi N, Hirota T, Harada Y, Sakai M, Fukada Y  

    Chronobiology international23 巻 ( 1-2 ) 頁: 129-34   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1080/07420520500464478

    PubMed

  34. Ser-557-phosphorylated mCRY2 is degraded upon synergistic phosphorylation by glycogen synthase kinase-3 beta. 査読有り

    Harada Y, Sakai M, Kurabayashi N, Hirota T, Fukada Y  

    The Journal of biological chemistry280 巻 ( 36 ) 頁: 31714-21   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1074/jbc.M506225200

    PubMed

  35. Resetting mechanism of central and peripheral circadian clocks in mammals. 査読有り

    Hirota T, Fukada Y  

    Zoological science21 巻 ( 4 ) 頁: 359-68   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2108/zsj.21.359

    PubMed

  36. p38 mitogen-activated protein kinase regulates oscillation of chick pineal circadian clock. 査読有り

    Hayashi Y, Sanada K, Hirota T, Shimizu F, Fukada Y  

    The Journal of biological chemistry278 巻 ( 27 ) 頁: 25166-71   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1074/jbc.M212726200

    PubMed

  37. Glucose down-regulates Per1 and Per2 mRNA levels and induces circadian gene expression in cultured Rat-1 fibroblasts. 査読有り

    Hirota T, Okano T, Kokame K, Shirotani-Ikejima H, Miyata T, Fukada Y  

    The Journal of biological chemistry277 巻 ( 46 ) 頁: 44244-51   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1074/jbc.M206233200

    PubMed

  38. 分子時計の生化学 グルコース投与によるrat-1細胞の時計遺伝子発現における概日リズムの誘導

    広田 毅, 岡野 俊行, 小亀 浩市, 池島 裕子, 谷, 宮田 敏行, 深田 吉孝  

    生化学74 巻 ( 8 ) 頁: 643 - 643   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  39. Effect of brefeldin A on melatonin secretion of chick pineal cells 査読有り

    Hirota, T., Kagiwada, S., Kasahara, T., Okano, T., Murata, M., Fukada, Y.  

    Journal of Biochemistry129 巻 ( 1 ) 頁: 51-59   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Melatonin is secreted from the pineal gland in a circadian manner. It is well established that the synthesis of melatonin shows a diurnal rhythm reflecting a daily change in serotonin N-acetyltransferase (NAT) activity, and the overall secretion of melatonin requires a cellular release process, which is poorly understood. To investigate the possible involvement of Golgi-derived vesicles in the release, we examined the effect of brefeldin A (BFA), a reversible inhibitor of Golgi-mediated secretion, on melatonin secretion of cultured chick pineal cells. We show here that treatment with BFA completely disassembles the Golgi apparatus and reduces melatonin secretion. In more detailed time course experiments, however, the inhibition of melatonin secretion is only observed after the removal of BFA in parallel with the reassembly of the Golgi apparatus. This inhibition of melatonin secretion is not accompanied by accumulation of melatonin in the cells. These observations indicate that chick pineal melatonin is released independently of the Golgi-derived vesicles, and suggest inhibition of melatonin synthesis after the removal of BFA. By measuring the activities and mRNA levels of melatonin-synthesizing enzymes, we found that the removal of BFA specifically inhibits NAT activity at the protein level. On the other hand, BFA causes no detectable phase-shift of the chick pineal oscillator regulating the circadian rhythm of melatonin secretion. The results presented here suggest that the Golgi-mediated vesicular transport is involved in neither the melatonin release nor the time-keeping mechanism of the circadian oscillator, but rather contributes to the regulation of NAT activity.

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.jbchem.a002836

    Web of Science

    Scopus

  40. Chicken pineal clock genes: Implication of BMAL2 as a bidirectional regulator in circadian clock oscillation 査読有り

    Okano, T., Yamamoto, K., Okano, K., Hirota, T., Kasahara, T., Sasaki, M., Takanaka, Y., Fukada, Y.  

    Genes to Cells6 巻 ( 9 ) 頁: 825-836   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Background: In a transcription/translation-based autoregulatory feedback loop of vertebrate circadian clock systems, a BMAL1-CLOCK heterodimer is a positive regulator for the transcription of the negative element gene Per. The chicken pineal gland represents a photosensitive clock tissue, but the pineal clock genes constituting the oscillator loop have been less well characterized.
    Results: We identified expression of the Per2, Bmal1, Bmal2 and Clock genes in the chicken pineal gland. Messenger RNA levels of these genes exhibited overt circadian rhythms in the pineal cells, both in vivo and in culture. In vitro functional analyses revealed the formation of cBMAL1-cCLOCK and cBMAL2-cCLOCK heteromers. Both of the cBMAL-cCLOCK heteromers activated E-box element-dependent transcription, which was negatively regulated by cPER2 in luciferase assays. Co-expression of cCLOCK, cBMAL1 and cBMAL2 co-operatively activated E-box element-dependent transcription, and a greater level of expression of cBMAL2 inhibited the activation. In the cultured pineal cells, an over-expression of either cBMAL1 or cBMAL2 disrupted the circadian rhythm of melatonin production.
    Conclusion: The functional characterization of the chicken pineal clock molecules supports the key roles of BMAL1, BMAL2 and CLOCK which contribute to the E-box-dependent transcriptional regulation in the circadian clock system.

    DOI: 10.1046/j.1365-2443.2001.00462.x

    Web of Science

    Scopus

  41. ブレフェルジンAを用いたニワトリ松果体細胞のメラトニン分泌機構の解析

    広田 毅, 鍵和田 聡, 笠原 和起, 岡野 俊行, 村田 昌之, 深田 吉孝  

    生化学72 巻 ( 8 ) 頁: 1016 - 1016   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  42. 松果体とサーカディアンリズム

    深田吉孝, 広田毅  

    Clinical Neuroscience特集「サーカディアンリズムのしくみと働き」18 巻 ( 10 ) 頁: 1147 - 1149   2000年

▼全件表示

科研費 9

  1. 革新的な機能調節化合物の創製による概日時計システムの統合的な理解と制御

    研究課題/研究課題番号:21H04766  2021年4月 - 2024年3月

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42510000円 ( 直接経費:32700000円 、 間接経費:9810000円 )

  2. ケージド時計調節化合物を用いた概日リズムの光制御と細胞間相互作用の解析

    研究課題/研究課題番号:20K21269  2020年7月 - 2022年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    申請者は概日リズムの周期を変化させる新規化合物を発見して鍵となる制御機構を明らかにしてきた。多細胞から成る概日時計システムの理解に向けて解明すべき重要課題が、細胞間の相互作用である。本研究では時計調節化合物のケージド誘導体を用い、狙ったタイミングに狙った細胞で概日時計を定量的に操作する新技術を生み出す。これを概日リズムの1細胞イメージングに応用し、細胞間相互作用の時空間的な解析に挑戦する。

  3. ヘムとCOがクロストークする概日リズム調節機構の分子ツールによる解明

    研究課題/研究課題番号:20H02871  2020年4月 - 2023年3月

    北岸 宏亮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    細胞内には約24時間周期で遺伝子発現のリズムが刻まれており,その制御にはヘムやCOといった生体内小分子が関与していると考えられているが,その詳細は明らかではない。本研究では従来の遺伝子工学的手法では制御が困難なヘムおよびCOに対して,これらの動態をコントロールすることのできるケミカルツール群を開発して活用することにより,ヘムとCOがクロストークする概日リズム制御機構の一端を明らかにすることを目的とする。

  4. 概日リズムの振幅制御機構の解明に向けたツール化合物の開発と作用機序解析

    研究課題/研究課題番号:18K19171  2018年6月 - 2020年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    概日リズムの振幅は肥満や老化によって減少し、生理機能の調節における重要性が知られているものの、分子レベルの理解が遅れている。本研究は概日リズムの振幅の制御機構にケミカルバイオロジーの手法を用いてアプローチすることを試みた。化合物スクリーニングからリズム振幅を増加させる新規化合物を発見し、作用機序を解析した。さらに研究を進めることにより、振幅制御の理解が深まると期待できる。
    本研究により、振幅を増加させる新規化合物を発見した。このようなユニークな化合物が起点となり、将来的には概日リズム疾患の治療への応用に繋がる可能性が期待される。さらに、ケージドlongdaysinを開発して光を用いて概日リズム周期を誘導的かつ精密に調節することを世界で初めて実現し、chronophotopharmacologyという新領域を切り拓いた。

  5. 新規化合物を用いて迫る概日時計タンパク質CRY1とCRY2の特異性の分子基盤

    研究課題/研究課題番号:18H02402  2018年4月 - 2021年3月

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    睡眠・覚醒や代謝など、多様な生理現象は体内に存在する概日時計に支配されて一日周期のリズムを示す。申請者はケミカルバイオロジーを応用し、概日時計の機能を調節する新規化合物を発見して鍵となる制御機構を明らかにしてきた。そのひとつである化合物KL001は、概日時計の発振に中心的な役割を果たす時計タンパク質CRYを標的とする。さらに、KL001誘導体の解析から非常に高い活性を持つKL044を見出した。KL001とKL044は共にCRY1とCRY2の両者に作用する。これに対し、全く異なる化学構造を持つ新たな周期延長化合物AとBを表現型スクリーニングから見出し、CRY1選択的に作用することを発見した。本研究ではこれらのユニークな化合物を用い、CRY1とCRY2の違いを生み出すメカニズムに迫る。本年度はまず、CRY2により強く作用する化合物として同定したCの特異性を、Cry1およびCry2ノックアウト細胞を用いてPer2レポーターの抑制活性ならびに周期延長活性を指標に解明した。さらにCRY2の発現・精製系を構築し、CRY2と化合物Cとの複合体の構造をX線結晶構造解析によって明らかにした。化合物Cの誘導体が概日リズムの周期に与える作用を細胞レベルで評価して構造活性相関を解析し、活性に必要な化合物の特徴を抽出して立体構造との対応を明らかにすると共に、結晶構造におけるタンパク質と化合物の相互作用様式が溶液中でも成り立つことを示した。さらに、CRY1とCRY2の間で違いのあるアミノ酸残基を入れ替えた変異体を作製し、化合物AとCに対する感受性の変化を解析することによって、選択性に必要な領域を見出した。
    CRY2に選択性をもつ化合物として見出したCとCRY2との複合体の構造を決定し、順調に進展している。さらに、CRY1とCRY2の選択性に必要な領域を見出すことに成功した。
    化合物Bの解析を進め、化合物AならびにCと比較することにより、CRY1とCRY2の違いを生み出す分子基盤を解析する。

  6. 時計タンパク質制御分子の創製と機能解析から概日時計機構に迫る

    研究課題/研究課題番号:15H05590  2015年4月 - 2018年3月

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:23530000円 ( 直接経費:18100000円 、 間接経費:5430000円 )

    概日時計は分子から個体の各階層を時間・空間的に統合して生理現象の日内リズムを生み出す。本研究では概日時計の周期制御に中心的な役割を果たすPERとCRYの安定性および複合体形成に焦点を当て、これらのプロセスを狙った機能調節化合物を探索し、CRY1に選択的に作用する全く新しい化合物を発見した。並行してSUMO化修飾に注目した解析を行い、CRYのSUMO化を見出した。独自のツールを用いて概日時計の発振機構の解明と自在な機能操作を可能にしていく。

  7. 概日時計タンパク質CRYの機能を調節する低分子化合物

    研究課題/研究課題番号:26891011  2014年8月 - 2015年3月

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1430000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:330000円 )

    本研究では、時計タンパク質CRYの安定性を変化させる新規の化合物を同定し、それをプローブとしてCRYの機能調節機構を解明することを目指す。そのために本年度は化合物スクリーニング系のセットアップを行った。CRY1とルシフェラーゼの融合タンパク質であるCRY1-LUCを安定発現するHEK293細胞を用い、申請者が発見したCRYを安定化する化合物KL001の効果を指標に細胞数、培地量、化合物添加のタイミング、処理時間などを検討し、384ウェルプレートを用いたアッセイ条件を最適化した。化合物処理によるCRY1-LUCの蓄積量の変化を用いたエンドポイントアッセイとすることで、半減期を測定するよりも手順を簡略化し、ハイスループット化への目途をつけた。コントロールとしてLUCを安定発現する細胞を用い、化合物がルシフェラーゼに与える影響を評価することで、CRYに対する作用を明らかにする。さらに名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の化合物ライブラリーセンターと共同で、384ウェルプレートに対応した細胞分注機およびプレートリーダーを導入した。現在、化合物投与に用いる微量分注機をセットアップしているところである。機器の準備が整い次第、化合物ライブラリーセンターが所有する化合物のうち1万種類をスクリーニングし、CRYの発現量を増加あるいは減少させる化合物がどの程度の頻度で出現するかを見積もる予定である。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。
    26年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 哺乳類の末梢組織における概日時計のグルコース応答

    研究課題/研究課題番号:16770091  2004年 - 2005年

    廣田 毅

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    交付申請書に記載した研究実施計画に沿って研究を行い、下記の成果を得た。
    TIEG1蛋白質の部分配列を有する抗原蛋白質を作製し、ウサギに免疫した。得られた抗血清をアフィニティー精製し、抗TIEG1抗体とした。この抗体を用いてウエスタンブロット解析した結果、TIEG1は主に核内に存在する約65kDaの蛋白質で、rat-1細胞における発現量はグルコース刺激によって急速に上昇することが判明した。TIEG1蛋白質量はグルコース投与の2時間後にピークに達し、これはTieg1 mRNAのピークから約1時間遅れていたものの、mRNAと蛋白質の発現プロファイルが互いに似ていたことから、TIEG1蛋白質の合成・分解は比較的速いと考えられた。さらに、生体内においてもTIEG1が時計入力因子として働く可能性を検証するため、マウスを2日間絶食させた後に餌を2時間与え、摂食が肝臓におけるTIEG1蛋白質量に与える効果を解析した。その結果、餌を与えた場合は絶食を続けた場合と比べ、TIEG1蛋白質量が有意に上昇することがわかった。一方、Per1およびBmal1遺伝子の発現量は摂食によって低下したことから、TIEG1は生体内においてもPer1・Bmal1遺伝子の抑制因子として時計入力に関与すると考えられた。
    以上の解析と並行して、時計蛋白質E4BP4およびCRY2のリン酸化動態を解析した。ニワトリE4BP4のSer182およびマウスCRY2のSer557のリン酸化は、各蛋白質のプロテアソームを介した分解を導く。本研究では、Ser182リン酸化型のE4BP4に対する抗体を作製し、ニワトリ松果体においてSer182がリン酸化されていることを見出すとともに、Ser557リン酸化型のCRY2に対する抗体を用い、マウスの肝臓だけでなく視交叉上核においてもSer557のリン酸化量が顕著な概日リズムを示すことを明らかにした。

  9. 分子・細胞・個体レベルにおける動物の光環境応答とサーカディアンリズム

    研究課題/研究課題番号:14104003  2002年 - 2006年

    深田 吉孝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    (1)ニワトリ松果体G11の光活性化が概日時計の位相シフトを導くことを見出した。また、ピノプシン遺伝子の光依存的転写調節に必須の光応答エレメントを同定した。
    (2)網膜桿体のG蛋白質のファルネシル化が、光情報伝達だけでなく明順応に重要な役割を果たす事を示した。一方、ゼブラフィッシュ網膜の錐体の光受容体キナーゼGRK7-1は桿体GRK1Aの数十倍も高い活性を示した。
    (3)ニワトリ松果体やカエル網膜のMAPK活性が夜にピークを持つ概日リズムを示した。一方、マウス視交叉上核では、MAPKの活性化の時刻と光刺激に対する応答パターンが背内側部と中心部において互いに異なる事を示した。時計システムにおいてMAPKによってリン酸化されるBMAL1、CRY1およびCRY2のリン酸化部位とリン酸化に伴う活性変化を同定した。また、SCOPがK-Rasを介してMAPKを制御することを見出した。一方、ニワトリ松果体においてp38キナーゼ/MAPKAPK2経路が昼に時計発振系に入力して位相前進を導く可能性を示した。
    (4)ニワトリ松果体では明期の延長によりE4BP4の発現レベルが高く維持され、Per2の転写抑制を介して位相後退を引き起した。E4BP4はCKIεによってリン酸化され、プロテアソームを介して分解された。
    (5)末梢時計モデルとしてrat-1細胞をグルコース刺激すると概日リズムがリセットされることを見出し、その際、時計遺伝子の発現を調節する分子の候補としてTieg1とVdup1遺伝子を同定した。TIEG1はグルコース投与によって発現量が急上昇し、Bmal1プロモーターに直接作用して転写を抑制した。
    (6)ゼブラフィッシュ松果体の光受容分子エクソロドプシンの松果体特異的な遺伝子発現を担う新規配列PIPEを同定した。酵母のone-hybrid系を用いたスクリーニングにより複数のPIPE結合因子候補を同定した。

▼全件表示