2021/03/31 更新

写真a

ミヤケ フサ
三宅 芙沙
MIYAKE Fusa
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 宇宙線研究部 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2013年12月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 宇宙線生成核種

  2. 太陽活動

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 宇宙線生成核種を用いた過去の極端太陽現象の調査

経歴 3

  1. 名古屋大学   宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 宇宙線研究部   准教授

    2017年4月 - 現在

  2. アリゾナ大学滞在研究員

    2015年1月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. 名古屋大学 高等研究院(宇宙地球環境研究所)   特任助教

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   理学研究科   素粒子宇宙物理学

    - 2013年12月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学部   物理学科

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本物理学会

  2. 日本地球惑星科学連合

  3. 日本第四紀学会

  4. 応用物理学会

受賞 3

  1. 平成29年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2017年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 育志賞

    2014年   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 名古屋大学学術奨励賞

    2013年   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 37

  1. FINDINGS FROM AN IN-DEPTH ANNUAL TREE-RING RADIOCARBON INTERCOMPARISON 査読有り 国際誌

    Wacker L., Scott E. M., Bayliss A., Brown D., Bard E., Bollhalder S., Friedrich M., Capano M., Cherkinsky A., Chivall D., Culleton B. J., Dee M. W., Friedrich R., Hodgins G. W. L., Hogg A., Kennett D. J., Knowles T. D. J., Kuitems M., Lange T. E., Miyake F., Nadeau M-J, Nakamura T., Naysmith J. P., Olsen J., Omori T., Petchey F., Philippsen B., Ramsey C. Bronk, Prasad G. V. Ravi, Seiler M., Southon J., Staff R., Tuna T.

    RADIOCARBON   62 巻 ( 4 ) 頁: 873 - 882   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2020.49

    Web of Science

    Scopus

  2. THE INTCAL20 NORTHERN HEMISPHERE RADIOCARBON AGE CALIBRATION CURVE (0-55 CAL KBP) 査読有り 国際誌

    Reimer Paula J., Austin William E. N., Bard Edouard, Bayliss Alex, Blackwell Paul G., Ramsey Christopher Bronk, Butzin Martin, Cheng Hai, Edwards R. Lawrence, Friedrich Michael, Grootes Pieter M., Guilderson Thomas P., Hajdas Irka, Heaton Timothy J., Hogg Alan G., Hughen Konrad A., Kromer Bernd, Manning Sturt W., Muscheler Raimund, Palmer Jonathan G., Pearson Charlotte, van der Plicht Johannes, Reimer Ron W., Richards David A., Scott E. Marian, Southon John R., Turney Christian S. M., Wacker Lukas, Adolphi Florian, Buentgen Ulf, Capano Manuela, Fahrni Simon M., Fogtmann-Schulz Alexandra, Friedrich Ronny, Koehler Peter, Kudsk Sabrina, Miyake Fusa, Olsen Jesper, Reinig Frederick, Sakamoto Minoru, Sookdeo Adam, Talamo Sahra

    RADIOCARBON   62 巻 ( 4 ) 頁: 725 - 757   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2020.41

    Web of Science

    Scopus

  3. 775 and 994 14C events in the tree-rings of northern Japanese trees 国際誌

    M. Hakozaki, F. Miyake, T. Nakamura

    Proceedings of EA-AMS 8 & JAMS-22     頁: 89 - 90   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  4. Prolonged production of C-14 during the similar to 660 BCE solar proton event from Japanese tree rings 査読有り 国際誌

    Sakurai Hirohisa, Tokanai Fuyuki, Miyake Fusa, Horiuchi Kazuho, Masuda Kimiaki, Miyahara Hiroko, Ohyama Motonari, Sakamoto Minoru, Mitsutani Takumi, Moriya Toru

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 660 - 660   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-57273-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Characterization of the Measured Events 国際誌

    Cliver E., Ebihara Y., Hayakawa H., Jull T., Mekhaldi F., Miyake F., Muscheler R.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2514-3433/ab404ach6

    Web of Science

  6. Measurements of Radionuclides 国際誌

    Wacker L., Baroni M., Mekhaldi F., Miyake F., Oinonen M.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2514-3433/ab404ach5

    Web of Science

  7. Further Search for Extreme Events 国際誌

    Miyake F., Ebihara Y., Hayakawa H., Maehara H., Mitsuma Y., Usoskin I., Wang F., Willis D. M.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2514-3433/ab404ach7

    Web of Science

  8. Extreme Solar Particle Storms The hostile Sun Introduction 国際誌

    Usoskin I., Miyake F.

    EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2514-3433/ab404ach1

    Web of Science

  9. Radiocarbon Production Events and their Potential Relationship with the Schwabe Cycle 査読有り 国際誌

    Scifo A., Kuitems M., Neocleous A., Pope B. J. S., Miles D., Jansma E., Doeve P., Smith A. M., Miyake F., Dee M. W.

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 17056   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53296-x

    Web of Science

    Scopus

  10. The Earliest Candidates of Auroral Observations in Assyrian Astrological Reports: Insights on Solar Activity around 660 BCE 査読有り 国際誌

    Hayakawa Hisashi, Mitsuma Yasuyuki, Ebihara Yusuke, Miyake Fusa

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   884 巻 ( 1 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:Astrophysical Journal Letters  

    DOI: 10.3847/2041-8213/ab42e4

    Web of Science

    Scopus

  11. Cosmogenic Evidence for Past SEP Events 国際誌

    MIYAKE Fusa

    Proc. 36th International Cosmic Ray Conference     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  12. 過去3000年間の宇宙線強度年変動 国際誌

    三宅芙沙, 増田公明, 中村俊夫, 箱﨑真隆, 木村勝彦, 門叶冬樹, 森谷透, 武山美麗, Jull T, Panyushkina I

    第20回AMSシンポジウム報告集     頁: 83 - 86   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  13. Be-10 Signature of the Cosmic Ray Event in the 10th Century CE in Both Hemispheres, as Confirmed by Quasi-Annual Be-10 Data From the Antarctic Dome Fuji Ice Core 査読有り 国際誌

    Miyake F., Horiuchi K., Motizuki Y., Nakai Y., Takahashi K., Masuda K., Motoyama H., Matsuzaki H.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   46 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 18   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:American Geophysical Union ({AGU})  

    DOI: 10.1029/2018GL080475

    Web of Science

    Scopus

  14. Cosmogenic evidence for past SEP events 査読有り 国際誌

    Miyake F.

    Proceedings of Science   358 巻   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  15. The measurement of ion-induced cloud nucleation irradiated with a 180-MeV nitrogen ion and proton beams at HIMAC accelerator facility 査読有り 国際誌

    Suzuki A.

    Proceedings of Science   358 巻   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  16. Tree rings reveal globally coherent signature of cosmogenic radiocarbon events in 774 and 993 CE (vol 9, 3605, 2018) 査読有り 国際誌

    Buntgen Ulf, Wacker Lukas, Galvan J. Diego, Arnold Stephanie, Arseneault Dominique, Baillie Michael, Beer Jurg, Bernabei Mauro, Bleicher Niels, Boswijk Gretel, Brauning Achim, Carrer Marco, Ljungqvist Fredrik Charpentier, Cherubini Paolo, Christl Marcus, Christie Duncan A., Clark Peter W., Cook Edward R., D'Arrigo Rosanne, Davi Nicole, Eggertsson Olafur, Esper Jan, Fowler Anthony M., Gedalof Ze'ev, Gennaretti Fabio, Griessinger Jussi, Grissino-Mayer Henri, Grudd Hakan, Gunnarson Bjorn E., Hantemirov Rashit, Herzig Franz, Hessl Amy, Heussner Karl-Uwe, Jull A. J. Timothy, Kukarskih Vladimir, Kirdyanov Alexander, Kolar Tomas, Krusic Paul J., Kyncl Tomas, Lara Antonio, LeQuesne Carlos, Linderholm Hans W., Loader Neil J., Luckman Brian, Miyake Fusa, Myglan Vladimir S., Nicolussi Kurt, Oppenheimer Clive, Palmer Jonathan, Panyushkina Irina, Pederson Neil, Rybnicek Michal, Schweingruber Fritz H., Seim Andrea, Sigl Michael, Churakova (Sidorova) Olga, Speer James H., Synal Hans-Arno, Tegel Willy, Treydte Kerstin, Villalba Ricardo, Wiles Greg, Wilson Rob, Winship Lawrence J., Wunder Jan, Yang Bao, Young Giles H. F.

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 5399   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-018-07636-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Tree rings reveal globally coherent signature of cosmogenic radiocarbon events in 774 and 993 CE 査読有り 国際誌

    Buntgen Ulf, Wacker Lukas, Galvan J. Diego, Arnold Stephanie, Arseneault Dominique, Baillie Michael, Beer Jurg, Bernabei Mauro, Bleicher Niels, Boswijk Gretel, Brauning Achim, Carrer Marco, Ljungqvist Fredrik Charpentier, Cherubini Paolo, Christl Marcus, Christie Duncan A., Clark Peter W., Cook Edward R., D'Arrigo Rosanne, Davi Nicole, Eggertsson Olafur, Esper Jan, Fowler Anthony M., Gedalof Ze'ev, Gennaretti Fabio, Griessinger Jussi, Grissino-Mayer Henri, Grudd Hakan, Gunnarson Bjorn E., Hantemirov Rashit, Herzig Franz, Hessl Amy, Heussner Karl-Uwe, Jull A. J. Timothy, Kukarskih Vladimir, Kirdyanov Alexander, Kolar Tomas, Krusic Paul J., Kyncl Tomas, Lara Antonio, LeQuesne Carlos, Linderholm Hans W., Loader Neil J., Luckman Brian, Miyake Fusa, Myglan Vladimir S., Nicolussi Kurt, Oppenheimer Clive, Palmer Jonathan, Panyushkina Irina, Pederson Neil, Rybnicek Michal, Schweingruber Fritz H., Seim Andrea, Sigl Michael, Churakova (Sidorova) Olga, Speer James H., Synal Hans-Arno, Tegel Willy, Treydte Kerstin, Villalba Ricardo, Wiles Greg, Wilson Rob, Winship Lawrence J., Wunder Jan, Yang Bao, Young Giles H. F.

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 3605   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06036-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. 14Cスパイク法によるB-Tmテフラの精密年代と相関係数マッチング法の検討 国際誌

    奥野充, 八塚槙也, 木村勝彦, 坂本稔, 箱﨑真隆, 洪完, 三宅芙沙, 増田公明, 中村俊夫

    国際火山噴火史情報研究集会講演要旨集2018-1     頁: 50 - 54   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  19. 日本産樹木年輪の14Cオフセット 国際誌

    中村俊夫, 増田公明, 三宅芙沙, 箱﨑真隆, 奥野充

    国際火山噴火史情報研究集会講演要旨集2018-1     頁: 31 - 41   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  20. MORE RAPID C-14 EXCURSIONS IN THE TREE-RING RECORD: A RECORD OF DIFFERENT KIND OF SOLAR ACTIVITY AT ABOUT 800 BC? 国際誌

    Jull A. J. Timothy, Panyushkina Irina, Miyake Fusa, Masuda Kimiaki, Nakamura Toshio, Mitsutani Takumi, Lange Todd E., Cruz Richard J., Baisan Chris, Janovics Robert, Varga Tamas, Molnar Mihaly

    RADIOCARBON   60 巻 ( 4 ) 頁: 1237 - 1248   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2018.53

    Web of Science

    Scopus

  21. VERIFICATION OF THE ANNUAL DATING OF THE 10TH CENTURY BAITOUSHAN VOLCANO ERUPTION BASED ON AN AD 774-775 RADIOCARBON SPIKE 査読有り 国際誌

    Hakozaki Masataka, Miyake Fusa, Nakamura Toshio, Kimura Katsuhiko, Masuda Kimiaki, Okuno Mitsuru

    RADIOCARBON   60 巻 ( 1 ) 頁: 261 - 268   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2017.75

    Web of Science

    Scopus

  22. 宇宙線生成核種10Be と36Clを用いた5480 BC宇宙線 イベントの原因解明に向けた研究

    高野 健太, 笹 公和, 高橋 努, 松村 万寿美, 落合 悠太, 末木 啓介, 三宅 芙沙, 堀内 一穂, 松崎 浩之

    日本地球化学会年会要旨集   65 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本地球化学会  

    <p>近年、5480 BC周辺において宇宙線フラックスの増加が、単年輪中の<sup>14</sup>C測定によって観測された。しかしその原因については、大規模な太陽面爆発に起因する可能性が指摘されているが、詳細はいまだ不明である。そこで本研究では南極ドームふじで掘削されたアイスコア中の<sup>10</sup>Beや<sup>36</sup>Clについて測定を行い、5480 BC周辺の宇宙線フラックスの変動を調査することで、宇宙線イベントの原因解明を目指している。本発表では筑波大学の加速器質量分析(AMS)システムを用いて測定した<sup>36</sup>Clの濃度変動の解析結果を報告するとともに、<sup>10</sup>Be-AMSの測定性能及び今後の測定計画について報告する。</p>

    DOI: 10.14862/geochemproc.65.0_230

    CiNii Article

  23. 白頭山10世紀噴火のAD775 14C-spikeおよび酸素同位体比年輪年代測定に基づく年代検証 国際誌

    箱﨑真隆, 三宅芙沙, 中村俊夫, 木村勝彦, 佐野雅規, 對馬あかね, 李貞, 中塚武, 増田公明, 奥野充

    Korea-Japan dendrochronology workshop toward a new phase of archeology     頁: 22 - 22   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  24. 樹木年輪と単年宇宙線イベント 招待有り 国際誌

    三宅芙沙, 増田公明, 中村俊夫, 箱崎真隆, 木村勝彦, I P Panyushkina・A J, T Ju

    第19回AMSシンポジウム・2016年度「樹木年輪」研究会共同開催シンポジウム報告集     頁: 12 - 15   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  25. SUPERNOVAE AND SINGLE-YEAR ANOMALIES IN THE ATMOSPHERIC RADIOCARBON RECORD 査読有り 国際誌

    Dee Michael, Pope Benjamin, Miles Daniel, Manning Sturt, Miyake Fusa

    RADIOCARBON   59 巻 ( 2 ) 頁: 293 - 302   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2016.50

    Web of Science

    Scopus

  26. SEARCH FOR ANNUAL C-14 EXCURSIONS IN THE PAST 査読有り 国際誌

    Miyake Fusa, Masuda Kimiaki, Nakamura Toshio, Kimura Katsuhiko, Hakozaki Masataka, Jull A. J. Timothy, Lange Todd E., Cruz Richard, Panyushkina Irina P., Baisan Chris, Salzer Matthew W.

    RADIOCARBON   59 巻 ( 2 ) 頁: 315 - 320   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiocarbon  

    DOI: 10.1017/RDC.2016.54

    Web of Science

    Scopus

  27. Atmospheric impacts of the strongest known solar particle storm of 775 AD 査読有り 国際誌

    Sukhodolov Timofei, Usoskin Ilya, Rozanov Eugene, Asvestari Eleanna, Ball William T., Curran Mark A. J., Fischer Hubertus, Kovaltsov Gennady, Miyake Fusa, Peter Thomas, Plummer Christopher, Schmutz Werner, Severi Mirko, Traversi Rita

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   頁: 45257   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep45257

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Large C-14 excursion in 5480 BC indicates an abnormal sun in the mid-Holocene 査読有り 国際誌

    Miyake Fusa, Jull A. J. Timothy, Panyushkina Irina P., Wacker Lukas, Salzer Matthew, Baisan Christopher H., Lange Todd, Cruz Richard, Masuda Kimiaki, Nakamura Toshio

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   114 巻 ( 5 ) 頁: 881 - 884   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1613144114

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. High-precision age determination of Holocene samples by radiocarbon dating with accelerator mass spectrometry at Nagoya University

    T. Nakamura, K. Masuda, F. Miyake, M. Hakozaki, K. Kimura, H. Nishimoto, E. Hitoki

    Quaternary International     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.04.014

  30. Cosmic ray event of A.D. 774-775 shown in quasi-annual 10Be data from the Antarctic Dome Fuji ice core

    F. Miyake, A. Suzuki, K. Masuda, K. Horiuchi, H. Motoyama, H. Matsuzaki, Y. Motizuki, K. Takahashi, Y. Nakai

    Geophys. Res. Lett.     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014GL062218

  31. 屋久杉に刻まれた宇宙現象

    三宅芙沙,増田公明

    物理学会誌   69 巻 ( 2 ) 頁: 93-97   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Verification of the cosmic ray event in AD 993-994 by using a Japanese Hinoki tree

    F. Miyake, K. Masuda, M. Hakozaki, T. Nakamura, F. Tokanai, K. Kato, K. Kimura, and T. Mitsutani

    Radiocarbon     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2458/56.17769

  33. Radiocarbon ages of annual rings from Japanese wood: Evident age offset based on IntCal09

    T. Nakamura, K. Masuda, F. Miyake, K. Nagaya, T. Yoshimitsu

    Radiocarbon     頁: 763-770   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Lengths of Schwabe cycles in the 7th and 8th centuries indicated by precise measurement of carbon-14 content in tree rings

    F. Miyake, K. Masuda, T. Nakamura

    J. Geophys. Res.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2012JA018320

  35. Another rapid event in the carbon-14 content of tree rings

    F. Miyake, K. Masuda, T. Nakamura

    Nat. Commun.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms2873

  36. Variation of the Schwabe Cycle Length During the Grand Solar Minimum in the 4th Century BC Deduced from Radiocarbon Content in Tree Rings

    K. Nagaya, K. Kitazawa, F. Miyake, K. Masuda, Y. Muraki, T. Nakamura, H. Miyahara, H. Matsuzaki

    Solar Physics     頁: 232-236   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. A signature of cosmic-ray increase in AD 774-775 from tree rings in Japan

    F. Miyake, K. Nagaya, K. Masuda, T. Nakamura

    Nature     頁: 240-242   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Extreme Solar Particle Storms: The hostile Sun

    F. Miyake, I. Usoskin, S. Poluianov( 担当: 単著)

    Institute of Physics Publishing  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 3

  1. 低緯度における大気中宇宙線生成核種Be‐7濃度の季節変動と地球規模での大気流跡線解析 国際誌

    鈴木颯一郎, 櫻井敬久, 門叶冬樹, 乾恵美子, 三宅芙沙, 増田公明, MITTHUMSIRI Warit, RUFFOLO David, MACATANGAY R  

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)74 巻 ( 1 ) 頁: ROMBUNNO.14aK407‐10   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  2. 屋久杉年輪の<sup>14</sup>C濃度測定による12‐14世紀の太陽活動の調査 国際誌

    三宅芙沙, 森千尋, 増田公明, 中村俊夫, 木村勝彦, 門叶冬樹  

    名古屋大学年代測定研究2 巻   頁: 113‐114   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  3. 平成28年度名古屋大学総長裁量経費 地域貢献事業「樹木年輪・年縞堆積物から過去の太陽活動,地球の古気候を探る」活動報告 国際誌

    南 雅代, 北川淳子, 小島秀彰, 榎並正樹, 加藤丈典, 三宅芙沙, 池田晃子, 窪田 薫, 栗田直幸, 吉田澪代, 椋本ひかり, 藤沢純平, 徳丸 誠, 中村俊夫, 北川浩之  

    名古屋大学年代測定研究報告1 巻   頁: 170-182   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

講演・口頭発表等 6

  1. 樹木年輪の炭素14濃度に刻まれた過去の宇宙線増加現象 招待有り

    三宅 芙沙

    第79回応用物理学会 秋季学術講演会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 樹木年輪から探る過去の大規模SPE 招待有り

    三宅 芙沙

    SGEPSS  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. Rapid cosmic ray events shown in carbon-14 data of tree rings 招待有り 国際会議

    F. Miyake

    PSTEP A04 International Workshop  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. Cosmogenic Evidences for Past SEP Events 招待有り 国際会議

    F. Miyake

    36th International Cosmic Ray Conference, Madison  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  5. Annual cosmic ray events shown in carbon-14 data from the BC 10th to AD 14th century 国際会議

    F. Miyake

    23rd Radiocarbon conference  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  6. A search for past extreme solar events using 14C data in tree rings 招待有り 国際会議

    F. Miyake

    Chapmann conference (Chapman on Scientific Challenges Pertaining to Space Weather Forecasting Including Extremes)  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 宇宙線生成核種による過去数万年の宇宙線大変動探索計画

    2014年09月 - 2016

科研費 11

  1. 過去1万年間の太陽活動

    研究課題/研究課題番号:20H05643  2020年08月 - 2025年03月

    三宅 芙沙

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:198120000円 ( 直接経費:152400000円 、 間接経費:45720000円 )

    樹木年輪の14Cや氷床コアの10Be、36Clといった宇宙線生成核種は、観測史上最大とされる1956年のSEP(Solar Energetic Particle)イベントの数十倍という過去の超巨大SEPイベントの優れた代替データである。本研究は、年輪の14Cと氷床コアの10Be、36Cl分析から、完新世(過去1万2千年間)における最大のSEPイベントの同定と、超巨大SEPイベントの発生頻度及びその発生特性の解明を目的とする。我々の太陽における発生特性を、太陽型恒星の恒星フレアと比較することで、太陽型恒星における太陽の普遍性と特殊性を評価する。

  2. 宇宙線生成核種を用いたシュワーベサイクル検出手法の確立

    研究課題/研究課題番号:20K20918  2020年07月 - 2023年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    三宅 芙沙

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    年輪の14Cや氷床コアの10Beといった宇宙線生成核種は過去の長期的な太陽磁場活動の優れた代替データである。一方、太陽活動を議論する上で大変重要となる太陽11年周期(シュワーベサイクル)は、核種データに現れる振幅が小さいため、宇宙線生成核種を用いた検出手法が未だ確立していない。本研究では、月解像度の年輪14Cデータと、複数地点の氷床コア10Beデータを分析することで、シュワーベサイクル検出法の確立を目指す。本研究が実現することにより、黒点データの妥当性を検証することが可能となるだけでなく、過去数万年間のシュワーベサイクルの調査につながり、太陽物理学をはじめ革新的な影響を及ぼす。

  3. 過去3万年の極端気候・極端災害史の精密編年に向けた新しい年輪年代法の基盤研究

    研究課題/研究課題番号:20H00035  2020年04月 - 2025年03月

    箱崎 真隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    増加の一途を辿る自然災害に備えるために、過去の災害への理解を深めることは重要である。自然災害や気候変動の履歴は、文書記録、樹木年輪、アイスコア、年縞堆積物等から明らかにされてきた。しかし、多くの場合、それらの年代には数十~数百年の誤差が伴っている。精密な年代情報は、時空間的影響評価の精度を向上させる。本研究は、過去3万年間の樹木年輪試料において、網羅的な酸素同位体比分析および放射性炭素(炭素14)分析を実施し、そのデータをもとに日本列島周辺で起きた極端災害・極端気候を精密に編年する基盤を形成する。また、最終氷期最寒冷期など現在と全く異なる気候を復元し、現代との共通点や相違点を明らかにする。

  4. 最新型AMS装置の高精度化による単年14Cスパイク年代決定法の研究

    研究課題/研究課題番号:20H01369  2020年04月 - 2024年03月

    門叶 冬樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    近年、太陽活動や太陽圏環境の変動の他、天体現象にともなうと考えられる突発的な宇宙線増加現象が、14C濃度の異常上昇(14Cスパイク)として過去に度々発生していたことが明らかになりつつある。
    本研究は、最新型のコンパクト加速器質量分析(AMS)システムの高精度化の研究を行い、樹木1年輪毎に対する高精度14C年代AMS測定から、新しい14Cスパイク年代を見出すことで、地域や樹種の差別化なく分解能1年の精度で文化財年代を決定する新しい放射性炭素年代法を創出することである。

  5. 多核種分析による完新世の極端太陽現象の頻度と規模解明

    研究課題/研究課題番号:20H00173  2020年04月 - 2024年03月

    三宅 芙沙

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:45110000円 ( 直接経費:34700000円 、 間接経費:10410000円 )

    樹木年輪の14Cや氷床コアの10Be、36Clといった宇宙線生成核種は、観測史上最大とされ
    る1956年のSEP(Solar Energetic Particle)イベントの数十倍という過去の超巨大SEPイ
    ベントの優れた代替データである。本研究は、主に年輪の14C分析から、完新世(
    過去1万2千年間)における最大のSEPイベントの同定と、超巨大SEPイベントの発生頻度及
    びその発生特性の解明を目的とする。我々の太陽における発生特性を、太陽型恒星の恒星
    フレアと比較することで、太陽型恒星における太陽の普遍性と特殊性を評価する。

  6. 高解像度マルチアーカイブ分析による太陽地磁気変動史と宇宙線イベントの解明

    研究課題/研究課題番号:19H00706  2019年04月 - 2023年03月

    堀内 一穂

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    研究代表者らは、アイスコアや堆積物および年輪などのマルチアーカイブに含まれる宇宙線生成核種を対比に利用した「宇宙線層序」を開拓することで、限られた区間とは言え、宇宙線強度の高解像度でロバストな変動曲線を得ることに成功した。この手法で得られた曲線は、過去の太陽活動や地磁気強度変動、さらには様々な突発的宇宙線イベントを解明する手がかりとなる。本研究ではこの手法を発展させ、さらなる宇宙線生成核種記録の獲得と宇宙線層序による海陸の詳細対比を目指す。さらにこれに基づいて、地質時代の太陽活動・地磁気強度変動史を解明するとともに、未知の宇宙線イベントを見いだす。
    南極ドームふじアイスコアを利用して、酸素同位体ステージ6の百年解像度ベリリウム10分析を開始した。また、同コアのガス分析融解水を用いたベリリウム10の予察的な分析から、約40万年前のWeinan地磁気極小期に関わるベリリウム10の増加を検出した。さらに、同コアの数値年代を主にガス分析に基づいて向上させ、その成果を国際学会で発表した。これらに加えて、西太平洋赤道域の海底堆積物(WCBコア)を対象にした地磁気極小期の高時間解像度ベリリウム同位体分析にも取り掛かった。堆積物から得られたデータは、古地磁気強度記録やドームふじアイスコアのベリリウム10記録と、逐次比較された。
    単年解像度での分析が必要な完新世の宇宙線イベントに関して、本年度は特に紀元前660年のイベントとその性質を炭素14分析などから明らかにし、ドームふじアイスコアでの出現層準を十数年解像度のベリリウム10変動曲線に基づいて特定した。さらに、これを含む複数のイベントに関して、ドームふじアイスコアにて単年解像度でのベリリリウム10分析や数年解像度での塩素36分析を行った。
    高解像度の宇宙線生成核種分析が可能な古環境アーカイブの種類を増やし、古宇宙変動の解明や宇宙線層序の応用をさらに進めるために、様々な古環境アーカイブを対象に探索的研究を行った。その結果、陸域炭酸塩堆積物のトラバーチンが太陽変調の11年周期を詳細に記録する可能性や、北極圏地下氷の潜在的可能性を見い出した。さらに、東太平洋赤道域深海底堆積物(U1335コア)のベリリウム同位体比を連続的に分析することで、これの宇宙線強度プロキシとしての有用性が示唆された。
    試料前処理での同重体汚染を軽減するために、弘前大学に超純水製造装置を導入し、実際に運用を開始した。スタートアップの研究打ち合わせや内外での成果発表を行った。
    本事業は大きく分けて、(1)過去50万年間の高解像度宇宙線生成核種記録の獲得と宇宙線層序による海陸の詳細対比、(2)宇宙線層序に挿入する数値年代の向上、(3)太陽活動・地磁気変動史の詳細解明、(4)未知宇宙線イベントの探索と発見、(5)宇宙線層序編年の高度化と拡張を目標としている。本年度は何れの項目も着実に進行しており、計画初年度として十分な成果を得た。
    計画の遂行に問題は生じていないことから、当初の計画通り課題を推進する予定である。

  7. 単年輪14C測定による較正曲線の地域効果・微細構造の解明

    研究課題/研究課題番号:18H03594  2018年04月 - 2022年03月

    坂本 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    宮城県仙台市中在家南遺跡の隣接地で出土したケヤキ(AD2~130)と,三重県津市の専修寺で用いられたヒノキ材(AD1158~1436)の隔年の単年輪炭素14年代測定を行った。前者は歴博の先行研究で測定され,IntCalからずれる炭素14年代を示した箱根埋没スギ(244BC~AD188,5年輪)と飯田埋没ヒノキ(AD52~542,5年輪)の時期と重なる。仙台ケヤキは箱根スギと近い挙動を示す一方で,飯田ヒノキとは若干挙動が異なっていた。ただし先行研究は5年輪を1試料とした測定であり,特に飯田ヒノキについては単年輪の再測定を視座におく。一方,後者は先行研究で測定された京都府宇治市平等院鳳凰堂ヒノキ材(AD1017~1177,5年輪),兵庫県姫路市の円教寺ケヤキ材(AD1410~1520,5年輪)および2018年度に測定した福井県坂井市の丸岡城ケヤキ材(AD1462~1553)と接続する。
    酸素同位体比年輪年代法により,韓国南部の遺跡で出土した木材の年代が決まりつつある。今年度は釜山広域市古村里遺跡出土のノグルミ(AD80~200)の年輪セルロースを抽出・分割した。所蔵機関および測定を予定する韓国地質調査所との調整を行った上で,2020年度中の測定を予定する。
    2018年度測定した丸岡城ケヤキ材の成果は,天守の築造年代ならびに酸素同位体比年輪年代法の成果とともに,文化財科学会第36回大会で報告した。また,データの提供を行った次期較正曲線「IntCal20」は査読を通過し,2020年度中にも公表の見込みである。
    過去2000年について,空白域となっている8~9世紀の木材資料はすでに確保済みであり,2020年度中に測定を予定する。
    先行研究と合わせ,過去2000年分の炭素14年代測定は2020年度中に終了する予定だが,単年輪で測定できていない時期,および隔年で測定された時期については,既存の較正曲線と比較しながら必要な時期の追加測定を実施する。また酸素同位体比年輪年代測定の充実により,紀元前への炭素14年代測定の進展が期待されている。新しい外部資金の獲得を視野に入れながら,可能な限り測定を進める。

  8. 過去5000年間の超巨大SPE頻度の解明

    研究課題/研究課題番号:16H06005  2016年04月 - 2020年03月

    三宅 芙沙

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:23920000円 ( 直接経費:18400000円 、 間接経費:5520000円 )

    大規模なSolar Energetic Particle(SEP)イベントが発生すると、それに伴って放出された高エネルギー粒子により、人工衛星の故障や通信網の破壊等甚大な被害が引き起こされる。これまでに樹木年輪の炭素14(14C)データを用いて、AD774-775年とAD993-994年、さらにBC660年ごろに大規模なSEPイベントが生じた痕跡が示された。その規模は観測史上最大のSEPイベントの10倍以上と推定される。過去の大規模なSEPイベントの発生頻度を知ることは、今後のイベントに備える上で非常に重要である。本研究では、過去5000年間の年輪中14C濃度の単年分解能(隔年間隔)連続測定を行い、大規模なSEPイベントの発生頻度を明らかにするとともに、大規模なSEPイベント発生と太陽活動度との関係の解明を目的としている。
    当該年度は、未測定期間における年輪の14C測定を進めるとともに、南極ドームふじ氷床コアの10Beと36Cl濃度の測定から、AD993/994年、BC660年ごろ、BC5480年ごろの宇宙線イベントについて、原因がSEPイベントかどうかの検証を行った。また、775年と994年のイベントと太陽の11年周期であるシュワーべサイクルとの関係性に関する議論を行った(Scifo et al. 2019)。さらに、BC660年ごろのSEPイベントについて、早材・晩材に分けた詳細な14C分析から複数のSEPイベントが連続発生した可能性を示した(Sakurai et al. 2020)。さらに、SEPイベントをはじめとする極端太陽現象に関する図書の出版を行った(Miyake et al. 2019)。
    当該年度は、自動グラファイト化装置についての性能評価を行い、セルロースからグラファイトまでの工程を全自動で実現した。グラファイト試料の14C濃度も従来の手動グラファイト化装置を用いるよりも低バックグラウンド下での分析が可能であり、大量試料の14C測定に対する準備が整った。自動グラファイト化装置を用いた年輪試料の測定を開始した。
    また、これまでに見つかっている宇宙線増加イベントの原因に関する理解を深めるため、南極ドームふじ氷床コアの10Be、36Cl濃度の測定を行った。
    今後は、自動グラファイト化装置を用いて、予定している年代の14C濃度を引き続き測定する予定である。次年度得られるデータから予定している年代における大規模SEPイベントの発生頻度について解明する。また、太陽型恒星フレアの頻度と比較し、恒星としての太陽についての知見を深める。

  9. 7-10世紀の大規模SPE発生頻度分布の解明に向けた超高精度反復C14濃度測定

    研究課題/研究課題番号:16K13802  2016年04月 - 2019年03月

    三宅 芙沙

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    樹木年輪の連続14C濃度測定により、大規模Solar Proton Event(SPE)の痕跡とみられる西暦775年と994年の14C急増イベントを発見された。大規模SPEは人工衛星や地上通信網の破壊を引き起こし、現代社会に対して巨大噴火・巨大地震に匹敵する自然災害となり得る。本研究の目的は、西暦600-1000年における年輪14C濃度測定値の超高精度化を実現することにより、775年と994年イベントより小さい規模の14C増加イベントを検出し、その頻度を明らかにすることである。本研究により、いくつかの小規模な14C増加を検出したが、大規模SPE起源か特定するためには、さらなる検証が必要である。
    観測史上最大のキャリントンフレア(1859年)が仮に現在発生したとすると、人工衛星の故障や通信網の破壊等によって現代社会に深刻な被害を与えると予想されている。775年イベントは観測史上最大フレアの10倍以上の規模と考えられているため、過去にこのようなイベントがどの程度発生していたか知ることは非常に重要である。775年と994年の14Cイベントの発見により、14C単年測定が大規模SPE探索に有効であることが初めて示されたが、本研究ではさらに多くの、より小規模な14Cイベントを検出することで、大規模SPEの発生頻度の詳細について議論した。

  10. 宇宙線生成核種を用いた過去2500年の巨大SPE調査

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 樹木年輪中放射性炭素14濃度測定による過去の宇宙線強度の復元

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. 宇宙線考古学

    2020

  2. 物理学実験I

    2020

  3. 物理学実験II

    2020

  4. 宇宙線物理学講究4

    2020

  5. 宇宙科学

    2020

  6. 地球学

    2020

  7. 太陽地球系科学

    2020

▼全件表示

 

社会貢献活動 27

  1. 中日文化センター 巨大太陽フレアと地球環境

    講師

    2018年3月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

  2. 麗澤瑞浪 中学・高等学校 研究室紹介

    講師

    2017年11月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:その他

  3. わかりやすい科学 「科学のたまご」を君のこころに 科学講座

    2017年2月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者

    種別:講演会

  4. 小・中学生向け夏休み体験学習「樹木年輪・年縞堆積物から過去の太陽活動、地球の古気候を探る」

    講師

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:講演会

  5. 名古屋大学宇宙地球環境研究所公開講演会「嵐を測る」

    講師

    2016年7月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  6. 駿台天文講座

    2015年9月

  7. サロン・ド・Arimoto

    2014年10月

  8. 愛知県図書館サイエンスセミナー

    2014年8月

  9. 名古屋市科学館公開セミナー

    2014年8月

  10. 南山高等・中学校女子部 理科講演会

    2014年7月

  11. 岡崎ロータリークラブ創立63周年記念例会

    2014年6月

  12. 昭和高校文化講演会

    2014年3月

  13. さかえサイエンストーク

    2012年10月

  14. 屋久杉に刻まれた過去の太陽活動

    講師

    仁科記念講演会「アイソトープで探る宇宙」  2018年11月11日

  15. 古木に記された過去の巨大太陽フレアー

    講師

    中日文化センター  巨大太陽フレア―と地球環境  2018年3月18日

  16. 過去の太陽と樹木年輪

    講師

    名古屋大学  小・中学生向け夏休み体験学習「樹木年輪・年縞堆積物から過去の太陽活動、地球の古気候を探る」  2016年8月

  17. 過去の太陽嵐を探る

    講師

    名古屋大学宇宙地球環境研究所公開講演会「嵐を測る」  2016年7月

  18. 宇宙線の歴史を屋久杉で探る

    講師

    駿台天文講座  2015年9月

  19. 樹木年輪から探る過去の宇宙線変動

    講師

    サロン・ド・Arimoto  2014年10月

  20. 屋久杉に刻まれた謎の放射線バースト

    講師

    名古屋市科学館  公開セミナー  2014年8月

  21. 屋久杉を用いた過去の宇宙線観測

    講師

    愛知県図書館  サイエンスセミナー  2014年8月

  22. 屋久杉が語る過去の宇宙線急増イベント

    講師

    南山高等・中学校女子部  理科講演会  2014年7月

  23. 屋久杉が語る過去の太陽活動

    講師

    名大祭太陽研講演会  2014年6月

  24. 屋久杉に記録された奈良・平安時代の放射線バースト

    講師

    岡崎ロータリークラブ創立63周年記念例会  2014年6月

  25. 屋久杉が語る過去の宇宙線急増イベント

    講師

    昭和高校  文化講演会  2014年3月

  26. NHKBS

    取材協力

    コズミックフロント  2013年

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:テレビ・ラジオ番組

  27. 屋久杉が語る奈良時代の宇宙線強度~急激な増加の謎~

    講師

    さかえサイエンストーク  2012年10月

▼全件表示

メディア報道 1

  1. コズミック フロント☆NEXT

    2018年5月10日