2022/03/23 更新

写真a

シノダ マサト
篠田 雅人
SHINODA Masato
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地球環境変動論 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1991年7月   東京大学 ) 

研究キーワード 2

  1. Ecological climatology

  2. 生態気候学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 気候学

  2. その他 / その他  / 乾燥地科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 乾燥地災害学の体系化

  2. 気候・社会変動適応のためのモンゴル遊牧ビジョン2050

  3. 多重時空間エージェントモデルが拓く遊牧の科学

学歴 4

  1. 東京大学

    - 1990年

      詳細を見る

  2. 東京大学   理学系研究科   地理学

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  3. 東京大学

    - 1983年

      詳細を見る

  4. 東京大学   理学部   地学科地理学専門課程

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会 4

  1. 日本アフリカ学会

      詳細を見る

  2. 日本地理学会

      詳細を見る

  3. 日本気象学会

      詳細を見る

  4. 日本沙漠学会

      詳細を見る

 

論文 159

  1. Estimating winter energy balance and actual changes in nutrition of Mongolian grazing sheep 査読有り 国際共著

    Yoshihara Y., Dian L., Choijilsuren B., Koto S., Umemura K., Yamanaka N., Tserendorj J., Shinoda M.

    Applied Animal Science   37 巻 ( 5 ) 頁: 589 - 594   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Applied Animal Science  

    Objective: We aimed to estimate the energy intake and expenditure of grazing Mongolian sheep during the winter months using indirect methods of bite mass, number of bites, ME content per bite, traveling distance, body condition, and blood parameters. Materials and Methods: Energy intake was calculated as the bite mass × number of bites × ME per bite. Daily energy expenditure was calculated as the sum of the expenditures incurred for maintenance, grazing, and thermoregulating, as well as during pregnancy. We also investigated the sheep nutrition indicators (body condition and blood biochemical parameters) before and after winter. Results and Discussion: Average daily bite number, bite weight, and daily feed ME of sheep were 12,094, 53 mg in March, and 1.16 Mcal, respectively, and thus, total daily ME of intake was 0.86 Mcal. The daily energy expenditure for maintenance, grazing, thermoregulation, and fetus were 1.58, 1.56, 2.27, and 0.41 Mcal, respectively, accounting for a total daily energy expenditure per sheep of 5.82 Mcal. The total protein (70.2 to 49.1 g/L), albumin (37.4 to 16.9 g/L), and leptin contents (37.1 to 10.9 ng/mL) in the blood decreased remarkably after winter. Implications and Applications: The energy intake and expenditure results showed that the estimated total negative daily energy balance was 4.96 Mcal/d during the winter season. These results indicated that Mongolian sheep did not maintain a sufficient energy balance during winter and, thereby, required compensation for the negative energy balance using their body fat and protein stores.

    DOI: 10.15232/aas.2021-02137

    Scopus

  2. 人類と砂漠化 査読有り

    篠田 雅人

    沙漠研究   31 巻 ( 2 ) 頁: 45 - 61   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本沙漠学会  

    <p>砂漠化は各乾燥地特有の人為および気候の作用による複合現象であることから,本論は,その発生,強化,拡散の過程を農業史および気候史の中でとらえることを目的とした.世界の気候植生地域には,その自然資源に適合した農法(農業様式)が発生,変化したが,農業の自然改変力が再生能力を上回る場合は,その地域特有の砂漠化を引き起こした.このような農法の変化と砂漠化の過程は,森林,疎林,草原・砂漠の3時系列に類型化されることを示し,砂漠化対処についても同類型の農法・砂漠化対処法を水平移転,時間移転できる可能性を示唆した.</p>

    DOI: 10.14976/jals.31.2_45

    CiNii Research

  3. Impacts of Land Surface Conditions and Land Use on Dust Events in the Inner Mongolian Grasslands, China 査読有り 国際共著

    Yong M., Shinoda M., Nandintsetseg B., Bi L., Gao H., Wang Y.

    Frontiers in Ecology and Evolution   9 巻   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Frontiers in Ecology and Evolution  

    Aeolian processes in temperate grasslands (TGs) are unique because the plant growth–decay cycle, soil water, and land-use interactions affect the seasonal and inter-annual changes in dust events. Land-use types in Inner Mongolian TGs are unique (settled grazing and grass mowing) compared with those in Mongolian TGs. Since 2003, land use has been controlled by grassland protection legislation, which is intended to prevent desertification and dust storms. In this study, we used process-based ecosystem (DAYCENT) and statistical modeling, along with dust event observations from March to June of 1981–2015, to (1) identify critical land surface factors controlling dust emissions (vegetation components, live grass, standing dead grass, litter, and soil moisture) at typical and desert steppe sites in Inner Mongolia and (2) estimate the impact of controlled land-use legislation on dust events. The DAYCENT model realistically simulated the dynamics of the observed vegetation components and soil moisture in 2005–2015. At both sites, similar significant correlations were obtained between spring dust events and wind speed or a combination of all surface factors that retained anomalies (memory) from the preceding year. Among the surface factors, vegetation was a critical factor that suppressed dust in Inner Mongolian TGs, similar to that in Mongolian TGs. In the desert steppe, standing dead grass had the strongest memory and was significantly correlated with dust events, whereas no significant correlations were observed in the typical steppe. This suggests that, in a typical steppe region, heavy grazing and mowing result in few dead grasses, thereby inhibiting the prevention of dust events. Moreover, the simulations of dust events under controlled (light grazing) and uncontrolled (heavy grazing) land-use conditions demonstrated that the grassland protection legislation reduced the occurrence of dust events in typical and desert steppe sites by 25 and 40%, respectively, since 2003.

    DOI: 10.3389/fevo.2021.664900

    Scopus

  4. Seasonal variations in threshold wind speed for saltation depending on soil temperature and vegetation: A case study in the Gobi Desert 査読有り 国際共著

    Kong K., Nandintsetseg B., Shinoda M., Ishizuka M., Kurosaki Y., Bat-Oyun T., Gantsetseg B.

    Aeolian Research   52 巻   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Aeolian Research  

    The threshold wind speed for saltation (Ut), an index of soil susceptibility to wind erosion, is affected by dynamics of various land surface conditions. Little information is available on the primary factors that affect Ut in the Gobi Desert. This study explored seasonal variations of Ut and its relations with land surface conditions at Tsogt-Ovoo, which is a dust source hotspot in East Asian drylands, based on a 6-year (2012–2017) measurement. The land surface parameters (soil moisture and temperature, and vegetation components of live, standing dead, and litter) were simulated by an ecosystem model. Results show that saltation tended to occur during February–June under strong western winds (>10 m s−1), with the highest frequencies in 2012 and 2015. The saltation season was divided into two periods: spring (February–early May) with an increase in saltation (i.e., a decrease in Ut); and early summer (late May–July) with a decrease in saltation (i.e., an increase in Ut). For 2012 and 2015, multi-regression analysis reveals that Ut negatively correlated with soil temperature in spring (R2adjusted = 0.39) and positively with vegetation components of live and standing dead in early summer (R2adjusted = 0.70). We assume that wind erosion was possibly enhanced through soil freeze–thaw processes and then was suppressed through plant growth in addition to dead leaves that were residues from the preceding summer. We establish a statistical model of Ut for this hotspot to analyze the relative contributions of erosivity and erodibility to wind erosion during 2012–2017.

    DOI: 10.1016/j.aeolia.2021.100716

    Scopus

  5. How plant production in the Mongolian grasslands is affected by wind-eroded coarse-textured topsoil 査読有り 国際共著

    Kong K., Nandintsetseg B., Shinoda M.

    Journal of Arid Environments   189 巻   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Arid Environments  

    Wind erosion results in soil redistribution and textural changes on topsoil. There is little information about how these changes affect plant production. Here, we compared simulations of vegetation growth between a wind-eroded scenario and an actual condition at two sites in Mongolian grasslands (steppe and desert steppe) using an ecosystem model. The wind-eroded scenario, topsoil (0–0.1 m depth) with 1% clay and 99% sand, was designed to represent an extremely wind-eroded soil surface that had permanently lost the fine particles and gained sand particles. Effects of temperature, nutrient, and water stresses on vegetation were quantitatively estimated. The model gave reasonably good simulations of the vegetation and soil water dynamics. Results show that water had more effect on plant production than nitrogen and temperature. In the wind-eroded scenario, stresses because of a lack of water and nutrients affected plant production. For the wind-eroded topsoil, plant production decreased (20.2%) in the desert steppe with increasing water stress, but it was slightly increased (5.0%) in the wetter steppe because of an inverse texture effect, where water infiltrates from the coarse topsoil to the deeper root-zone due to lower soil evapotranspiration and facilitates growth. Plant growth was, therefore, affected by the nitrogen supply.

    DOI: 10.1016/j.jaridenv.2021.104443

    Scopus

  6. High Sensitivity of Asian Dust Emission, Transport, and Climate Impacts to Threshold Friction Velocity 査読有り

    Kawai K., Matsui H., Kimura R., Shinoda M.

    Scientific Online Letters on the Atmosphere   17 巻 ( 0 ) 頁: 239 - 245   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 日本気象学会  

    The emission of Asian dust in arid regions of East Asia is controlled by many land surface parameters such as snow cover, soil moisture, and vegetation. In climate models, these factors are represented by the threshold friction velocity u*t, but its treatment has large uncertainties. Here we show that the treatment of u*tis important for estimating the emissions, transport, and climate impacts of Asian dust. Our global aerosol model simulates dust event frequencies that better agree with observations in East Asia when u*t over a smooth surface is changed from the default value of 0.23 m s−1 to an observation-based value of 0.40 m s−1. Also, seasonal Asian dust emissions become more variable, increasing by 31% in spring and decreasing by 46% in summer and fall, and the annual amounts of Asian dust transported and deposited over the North Pacific (Arctic) increase by 43% and 49% (130% and 73%), respectively. Our results demonstrate that better representation of u*t in climate models is necessary to improve estimates of the emissions and transport of Asian dust and better understand its roles in the Earth system, such as its interactions with radiation, clouds, snow/ice albedo, and land and ocean biogeochemistry.

    DOI: 10.2151/sola.2021-042

    Scopus

    CiNii Research

  7. Assessment of Drought Characteristics, and Its Impacts on Vegetation and Wheat Yield in Tunisia 査読有り 国際共著

    Ben Mhenni N., Shinoda M., Nandintsetseg B.

    Environmental Science and Engineering     頁: 1931 - 1935   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Environmental Science and Engineering  

    Tunisia, located on the shores of the Mediterranean, is projected to experience most predominant droughts. However, detailed drought assessments at the regional scale of Tunisia are limited to date, with most studies only focusing on a specific region and/or making use of one drought index. This study identifies both vegetation and agricultural region-specific drought indices over the country. Tunisia was divided into three main vegetation zones: the northern forest, central steppe, and southern desert. Monthly meteorological (Standardized Precipitation Index (SPI) and Standardized Precipitation Evapotranspiration Index (SPEI)) and soil moisture (Palmer Drought Severity Index (PDSI) and soil moisture percentiles, Wp) drought indices were used to analyze drought characteristics using gridded-meteorological and ground-measured soil data, and compared with the weekly Normalized Difference Vegetation Index (NDVI) and the winter wheat yield data to assess vegetation and agriculture responses to drought, respectively. We found that short-term meteorological droughts were frequent, triggering soil moisture droughts that were more persistent and severe. The most important finding of this study was that SPI is the best indicator for assessing a drought impact on both vegetation and agriculture in the northern forest, while PDSI in the central steppe for vegetation and agriculture and in the southern desert for vegetation (no agricultural data on southern desert). The results of this study highlight the importance of region-specific drought indices which are most likely to provide a very useful measure for drought monitoring and mitigation in Tunisia.

    DOI: 10.1007/978-3-030-51210-1_304

    Scopus

  8. Arid Land Systems: Sciences and Societies

    篠田 雅人

        2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/books978-3-03921-348-1

    CiNii Research

  9. モンゴルにおける宿営地集団の研究-A. D. Simukovの「モンゴル人民共和国の住民の遊牧生活に関する資料(第二部)」論文の紹介- 査読有り

    小長谷 有紀, 鈴木 康平, 堀田 あゆみ, 篠田 雅人, 山中 典和

    沙漠研究   29 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 19   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本沙漠学会  

    <p>A. D.シムコフは1920年代から1930年代にかけて,モンゴル全土にわたって動植物から遊牧民の社会構造まで広く実態を調査した研究者である.本稿は彼の残した著作のうち,ウブルハンガイ県における遊牧民の生活についてまとめた論文を訳出したものである.論文では宿営地の季節的な配置を論じている.寺院の所有する畜群が,家畜種に応じて異なる牧地に配分されていたことなどが報告されている.</p>

    DOI: 10.14976/jals.29.1_11

    CiNii Research

  10. モンゴルにおける宿営地集団の研究-A. D. Simukovの「モンゴル人民共和国の住民の遊牧生活に関する資料(第一部)」論文の紹介- 査読有り

    鈴木 康平, 小長谷 有紀, 堀田 あゆみ, 篠田 雅人, 山中 典和

    沙漠研究   28 巻 ( 3 ) 頁: 229 - 241   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本沙漠学会  

    <p>A. D. シムコフは1920年代から1930年代にかけて,モンゴル全土にわたって動植物から遊牧民の社会構造まで広く実態を調査した研究者である.本稿は彼の残した著作のうち,現在のウムヌゴビ県ゴルバンサイハン地域における遊牧民の生活とホト(宿営地集団)についてまとめた論文を訳出したものである.論文では遊牧民が宿営地および放牧地として利用する立地,ホトの構造などについて論じている.</p>

    DOI: 10.14976/jals.28.3_229

    CiNii Research

  11. 気象災害の地域差を生む社会的要因 査読有り

    杜 春玲, 篠田 雅人, 小宮山 博, 尾崎 孝宏, 鈴木 康平

    沙漠研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本沙漠学会  

    <p>モンゴル国では,乾燥かつ寒冷という厳しい気候ゆえに,基幹産業である遊牧がゾド災害(寒雪害)に繰り返し脅かされてきたが,家畜への被害は異常気象の条件が類似した近隣地域でも大きく異なる.本研究では,2009/2010年ゾドによる家畜被害に大きな違いが認められたOvorkhangi県のTaragt郡(家畜死亡率約71%)とNariinteel郡(家畜死亡率約15%)を対象に,その地域差をもたらした社会的要因を牧畜気象データ・社会経済統計データの解析と牧民へのインタビュー調査により解明することを目的とした.夏の降水量・冬の気温と積雪量からみると,Nariinteel郡のほうが厳しい気象条件であった.しかしながら,そこで家畜死が大きく抑えられた理由として,夏から冬へと季節順に以下の5点があげられた.(1)毎年行う季節移動の回数が多く,距離が長いこと,(2)夏に計測した過放牧率が比較的小さかったこと,(3)ゾドに備えて家畜販売や飼料の備蓄を積極的に実施したこと,(4)冬用の草地を確保するため冬営地への移動時期を遅らせたこと,(5)冬営地やゾドに対する避難場所として山地の比較的温暖な風下中腹斜面を利用したこと.まとめると,地域の自然状況・市場経済状況に基づいた能動的家畜管理はゾド被害を低減する有効な手段になりえると考えられた.</p>

    DOI: 10.14976/jals.27.1_1

    CiNii Research

  12. 乾燥地災害学の体系化(2)

    立入 郁, 小宮山 博, 森永 由紀, 篠田 雅人

    日本地理学会発表要旨集   2017a 巻 ( 0 ) 頁: 100047   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    「乾燥地災害学の体系化」(略称:4Dプロジェクト)は、ユーラシア乾燥地に特徴的な4種類の自然災害である砂塵嵐、干ばつ、砂漠化、ゾド(寒雪害)を対象とし、これらの災害の相互作用を念頭においた体系的解明とともに、その成果を現地(主にモンゴル)における災害の被害低減に役立てることをめざした野心的な研究プロジェクトである。本プロジェクトでは迅速な導入の必要性と使いやすさから経験的な手法を用いた災害リスク評価マップが開発・実装されたが(乾燥地災害学の体系化(3)ポスター)、温暖化の進展や社会条件の変容など各種条件の変化が起こりつつあることを考慮すると、プロセスモデルの利用も検討されるべきである。本発表では、エネルギーバランスに基づく家畜体重モデルの災害管理への利用可能性を検討する。

    DOI: 10.14866/ajg.2017a.0_100047

    CiNii Research

  13. 乾燥地災害学の体系化(3)

    立入 郁, 黒崎 泰典, ナンディンツェツェグ バンズラグチ, エルデネツェツェグ バサンダイ, アリウナ チャドラバル, バトヨン ツェレンプル, 鈴木 康平, 篠田 雅人

    日本地理学会発表要旨集   2017a 巻 ( 0 ) 頁: 100044   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    「乾燥地災害学の体系化」(略称:4Dプロジェクト)は、ユーラシア乾燥地に特徴的な4種類の自然災害である砂塵嵐、干ばつ、砂漠化、ゾド(寒雪害)を対象とし、これらの災害の相互作用を念頭においた体系的解明とともに、その成果を現地(主にモンゴル)における災害の被害低減に役立てることをめざした野心的な研究プロジェクトである。本発表では、このプロジェクトの大きな特徴である、現地社会への実装について報告する。より迅速なリスク情報提供の要請があった干ばつ・ゾドと砂塵嵐については既にリスク情報提供システムが稼働しており、砂漠化については現在リスクマップ作成が進められている。

    DOI: 10.14866/ajg.2017a.0_100044

    CiNii Research

  14. 乾燥地災害学の体系化(4)

    飯島 慈裕, 咏 梅, ナンディンツェツェグ バンズラグ, 篠田 雅人

    日本地理学会発表要旨集   2017a 巻 ( 0 ) 頁: 100042   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    1. はじめに<br> 「乾燥地災害学の体系化」(略称、4Dプロジェクト)は、ユーラシア乾燥地に特徴的な4種類の自然災害である砂塵嵐、干ばつ、砂漠化、ゾド(寒雪害)を対象とし、これらの災害発生の季節連鎖、気候メモリ効果の相互作用系を解明しつつ、災害の重なり合いがもたらす社会的影響を分野横断的に解明し、具体的な対応策を提言する学融合研究である。主な対象地域をモンゴル国に集約して研究が進められてきたが、これらの災害をもたらす気候や陸面状態は、広くユーラシアのステップ地域に共通しており、地域をまたいだ災害現象の理解、その影響評価を行っている。<br> 本発表では、モンゴルで冬のゾドをもたらした寒気形成に関してカザフスタンと比較した事例、干ばつ年前後の植生変動にモンゴル・内モンゴル間で地域差がみられた事例を紹介し、4D災害の地域間比較とそれらへの対応の共通性について議論する。   <br><br> 2. 北極由来の寒気形成(カザフスタン地域との比較)<br> 2009/2010年冬季にモンゴルで発生したゾドは、12-2月にかけて毎月1、2度の頻度で、1週間程度持続する強い寒気形成が気候的にみた災害要因と考えられている(Iijima and Hori  2017)。そのトリガーは、北極からユーラシア大陸上空への寒気移流である。近年の北極海の海氷減少によって、バレンツ海での地上気温の南北勾配が北偏することで、シベリア高気圧が北西に張り出す。この気圧配置下で、中央アジア(カザフスタン周辺)に寒気が入り、東進してモンゴルにいたる事例が観察された(図1)。この一連の現象は、10日-半月程度で伝播するため、北極の気圧場の変調から、中央アジア付近の寒気の移流・蓄積にいたる過程は、ゾドの中期予報に重要な意味をもつ。 <br> また、地表面での強烈な寒気形成には、積雪被覆による放射冷却の促進も重要な意味をもつ。2009年12月初旬には、ユーラシア大陸、北緯40-50度の東西にわたって、積雪面積が平年より早く南進した。このため、寒気移流後の放射冷却が強化され、10日程度、安定した接地逆転層が持続した。このように、積雪面積拡大時期と寒気移流の組合せを考慮することで、より広域的なゾド予測が可能になる。  <br><br>3. 植生脆弱性のホットスポット (内モンゴル地域との比較)<br> 1999-2002年夏季に、モンゴルから内モンゴルにかけて広域で干ばつが発生した。干ばつにともなう植生の減少およびそれからの回復過程を調べるため、前者では干ばつに対する植生の敏感度を、後者は回復度を評価した(Shinoda et al. 2014)。<br> モンゴル・内モンゴルでは、砂漠ステップからステップ地域で敏感度よりも回復度が大きい傾向がある。この非対称な応答は、回復過程で一年生草本の増加が大きく、草原の種組成が変化したことに起因する。モンゴルに比べて内モンゴルではより強い回復度を示しており(図2; 第2象限方向のベクトル)、同様の種組成の変化に加えて、放牧の抑制による放牧圧の低下が関係しているものと考えられる。<br> 干ばつからの植生回復度が高い内モンゴル地域では、夏に続く冬~翌春に植物枯死体が地表面に残ることで、春先のダスト発生の臨界風速が上がるメモリ効果が確認されている(Yongmei et al. 投稿中)。モンゴル・ゴビ砂漠から内モンゴルにかけては、干ばつからの回復過程にある植生や土壌水分によるダスト抑制効果に地域差があるものと考えられ、砂塵嵐対策を行う場合、地域に応じて、植生回復度を高める要因とその効果の理解が重要となる。

    DOI: 10.14866/ajg.2017a.0_100042

    CiNii Research

  15. Assessment of drought frequency, severity, and duration and its impacts on vegetation greenness and agriculture production in Mediterranean dryland: A case study in Tunisia 査読有り 国際共著 国際誌

    Ben Mhenni Nada, Shinoda Masato, Nandintsetseg Banzragch

    NATURAL HAZARDS   105 巻 ( 3 ) 頁: 2755 - 2776   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11069-020-04422-w

    Web of Science

  16. Responses of palatable plants to climate and grazing in semiarid grasslands of Mongolia 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakano Tomoko, Bat-Oyun Tserenpurev, Shinoda Masato

    GLOBAL ECOLOGY AND CONSERVATION   24 巻   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gecco.2020.e01231

    Web of Science

  17. Contributions of multiple climate hazards and overgrazing to the 2009/2010 winter disaster in Mongolia (vol 92, pg S109, 2018) 査読有り 国際誌

    Nandintsetseg Banzragch, Shinoda Masato, Erdenetsetseg Baasandai

    NATURAL HAZARDS   104 巻 ( 3 ) 頁: 2727 - 2727   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11069-020-04300-5

    Web of Science

  18. Recently increased cold air outbreaks over Mongolia and their specific synoptic pattern 査読有り 国際共著

    Munkhjargal Erdenebadrakh, Shinoda Masato, Iijima Yoshihiro, Nandintseteseg Banzragch

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLIMATOLOGY   40 巻 ( 13 ) 頁: 5502 - 5514   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/joc.6531

    Web of Science

  19. Mitigation of severe wintertime disasters in northern Mongolia through the early implementation of local action 査読有り 国際共著

    Chadraabal Ariunaa, Shinoda Masato, Suzuki Yasuhiro, Komiyama Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION   50 巻   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijdrr.2020.101739

    Web of Science

  20. The benefit and strategy of spring movements in Mongolian gazelles 査読有り 国際共著

    Imai Shunsuke, Ito Takehiko Y., Shinoda Masato, Tsunekawa Atsushi, Lhagvasuren Badamjav

    JOURNAL OF MAMMALOGY   101 巻 ( 2 ) 頁: 487 - 497   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jmammal/gyz209

    Web of Science

  21. Electrical Conductivity, pH, Minerals, and Sensory Evaluation of Airag (Fermented Mare's Milk) 査読有り 国際誌

    Tsuchiya Ryouta, Kawai Takayuki, Bat-Oyun Tserenpurev, Shinoda Masato, Morinaga Yuki

    FOODS   9 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/foods9030333

    Web of Science

  22. Variability in nomadism: environmental gradients modulate the movement behaviors of dryland ungulates

    Nandintsetseg Dejid, Bracis Chloe, Leimgruber Peter, Kaczensky Petra, Buuveibaatar Bayarbaatar, Lkhagvasuren Badamjav, Chimeddorj Buyanaa, Enkhtuvshin Shiilegdamba, Horning Ned, Ito Takehiko Y., Olson Kirk, Payne John, Walzer Chris, Shinoda Masato, Stabach Jared, Songer Melissa, Mueller Thomas

    ECOSPHERE   10 巻 ( 11 )   2019年11月

     詳細を見る

  23. Aeolian Dispersal of Bacteria Associated With Desert Dust and Anthropogenic Particles Over Continental and Oceanic Surfaces

    Maki Teruya, Lee Kevin C., Kawai Kei, Onishi Kazunari, Hong Chun Sang, Kurosaki Yasunori, Shinoda Masato, Kai Kenji, Iwasaka Yasunobu, Archer Stephen D. J., Lacap-Bugler Donnabella C., Hasegawa Hiroshi, Pointing Stephen B.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   124 巻 ( 10 ) 頁: 5579 - 5588   2019年5月

  24. Nomadic movement of Mongolian gazelles identified through the net squared displacement approach

    Imail Shunsuke, Ito Takehiko Y., Kinugasa Toshihiko, Shinoda Masato, Tsunekawa Atsushi, Lhagvasuren Badamjav

    MAMMAL STUDY   44 巻 ( 2 ) 頁: 111 - 119   2019年4月

     詳細を見る

  25. Ceilometer observationof a dust event in the Gobi Desert on 29 30 April 2015: Sudden arrival of a developed dust storm and trapping of dust within an inversion layer.

    Kawai, K., Y. Nishio, K. Kai, J. Noda, E. Munkhjargal, M. Shinoda, N. Sugimoto, A. Shimizu, E. Davaanyam, and D. Batdorj

    Science Online Letters on the Atmosphere   15 巻   頁: 52-56   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Ceilometer Observation of a Dust Event in the Gobi Desert on 29-30 April 2015: Sudden Arrival of a Developed Dust Storm and Trapping of Dust Within an Inversion Layer

    Kawai Kei, Nishio Yuta, Kai Kenji, Noda Jun, Munkhjargal Erdenebadrakh, Shinoda Masato, Sugimoto Nobuo, Shimizu Atsushi, Davaanyam Enkhbaatar, Batdorj Dashdondog

    SOLA   15 巻   頁: 52 - 56   2019年

  27. モンゴルにおける宿営地集団の研究-A. D. Simukov の「ホト」論文の紹介- 招待有り 査読有り

    小長谷有紀・鈴木康平・堀田あゆみ・篠田雅人・山中典和

    沙漠研究   28 巻 ( 3 ) 頁: 217 - 227   2018年12月

     詳細を見る

  28. Developing a soil erodibility map across Mongolia 査読有り

    Jugder D, Gantsetseg B, Davaanyam E, and Shinoda M

    Natural Hazards     頁: 1-24   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Winter habitat of Mongolian gazelles in areas of southern Mongolia under new railroad construction: An estimation of interannual changes in suitable habitats 査読有り

    Ito T Y, Sakamoto Y, Lhagvasuren B, Kinugasa T, and Shinoda M

    Mammalian Biology   93 巻   頁: 13-20   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Winter habitat of Mongolian gazelles in areas of southern Mongolia under new railroad construction: An estimation of interannual changes in suitable habitats

    Ito Takehiko Y., Sakamoto Yumi, Lhagvasuren Badamjav, Kinugasa Toshihiko, Shinoda Masato

    MAMMALIAN BIOLOGY   93 巻   頁: 13-20   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mambio.2018.07.006

    Web of Science

  31. Multiple climate hazards in Eurasian drylands

    Shinoda Masato, Sternberg Troy, Nandintsetseg Banzragch

    NATURAL HAZARDS   92 巻   頁: 1-2   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11069-018-3516-4

    Web of Science

  32. Mongolian herders' vulnerability to dzud: a study of record livestock mortality levels during the severe 2009/2010 winter

    Du Chunling, Shinoda Masato, Tachiiri Kaoru, Nandintsetseg Banzragch, Komiyama Hiroshi, Matsushita Shusuke

    NATURAL HAZARDS   92 巻   頁: 3-17   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11069-017-2893-4

    Web of Science

  33. Contributions of multiple climate hazards and overgrazing to the 2009/2010 winter disaster in Mongolia

    Nandintsetseg Banzragch, Shinoda Masato, Erdenetsetseg Baasandai

    NATURAL HAZARDS   92 巻   頁: 109-126   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11069-017-2954-8

    Web of Science

  34. Cold-season disasters on the Eurasian steppes: Climate-driven or man-made

    Nandintsetseg Banzragch, Shinoda Masato, Du Chunling, Munkhjargal Erdenebadrakh

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-33046-1

    Web of Science

  35. Prediction of health effects of cross-border atmospheric pollutants using an aerosol forecast model

    Onishi Kazunari, Sekiyama Tsuyoshi Thomas, Nojima Masanori, Kurosaki Yasunori, Fujitani Yusuke, Otani Shinji, Maki Takashi, Shinoda Masato, Kurozawa Youichi, Yamagata Zentaro

    ENVIRONMENT INTERNATIONAL   117 巻   頁: 48-56   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.envint.2018.04.035

    Web of Science

  36. Interannual variation in net ecosystem CO2 exchange and its climatic controls in a semiarid grassland of Mongolia

    Nakano Tomoko, Shinoda Masato

    JOURNAL OF AGRICULTURAL METEOROLOGY   74 巻 ( 2 ) 頁: 92-96   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2480/agrmet.D-17-00035

    Web of Science

  37. Evaluation of plant species compositional changes during the recent decades in Mongolian steppe

    Suzuki, K., T. Tsendeekhuu, R. Tungalag, T. Kamijo, and M. Shinoda

    Journal of Arid Land Studies   27 巻   頁: 127-134   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Movements of dams milked for fermented horse milk production in Mongolia

    Bat-Oyun Tserenpurev, Ito Takehiko Y., Purevdorj Yadamjav, Shinoda Masato, Ishii Satomi, Buho Hoshino, Morinaga Yuki

    ANIMAL SCIENCE JOURNAL   89 巻 ( 1 ) 頁: 219-226   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/asj.12842

    Web of Science

  39. Lack of medical resources and public health vulnerability in Mongolia's winter disasters

    Otani Shinji, Majbauddin Abir, Kurozawa Youichi, Shinoda Masato

    RURAL AND REMOTE HEALTH   18 巻 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22605/RRH4617

    Web of Science

  40. Dust Storms from Degraded Drylands of Asia: Dynamics and Health Impacts

    Otani Shinji, Kurosaki Yasunori, Kurozawa Youichi, Shinoda Masato

    LAND   6 巻 ( 4 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/land6040083

    Web of Science

  41. Anthropogenic dust emissions due to livestock trampling in a Mongolian temperate grassland

    Munkhtsetseg Erdenebayar, Shinoda Masato, Ishizuka Masahide, Mikami Masao, Kimura Reiji, Nikolich George

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   17 巻 ( 18 ) 頁: 11389-11401   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-17-11389-2017

    Web of Science

  42. Dryland climate change: Recent progress and challenges

    Huang J., Li Y., Fu C., Chen F., Fu Q., Dai A., Shinoda M., Ma Z., Guo W., Li Z., Zhang L., Liu Y., Yu H., He Y., Xie Y., Guan X., Ji M., Lin L., Wang S., Yan H., Wang G.

    REVIEWS OF GEOPHYSICS   55 巻 ( 3 ) 頁: 719-778   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016RG000550

    Web of Science

  43. 気象災害の地域差を生む社会的要因―モンゴルにおける2009/2010年ゾド災害の場合― 査読有り

    杜春玲・篠田雅人・小宮山博・尾崎孝宏・鈴木康平

    沙漠研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Variations in the structure of airborne bacterial communities in Tsogt-Ovoo of Gobi desert area during dust events

    Maki Teruya, Kurosaki Yasunori, Onishi Kazunari, Lee Kevin C., Pointing Stephen B., Jugder Dulam, Yamanaka Norikazu, Hasegawa Hiroshi, Shinoda Masato

    AIR QUALITY ATMOSPHERE AND HEALTH   10 巻 ( 3 ) 頁: 249-260   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11869-016-0430-3

    Web of Science

  45. Effects of spatiotemporal heterogeneity of forage availability on annual range size of Mongolian gazelles

    Imai S., Ito T. Y., Kinugasa T., Shinoda M., Tsunekawa A., Lhagvasuren B.

    JOURNAL OF ZOOLOGY   301 巻 ( 2 ) 頁: 133-140   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jzo.12402

    Web of Science

  46. A livestock trampling function for potential emission rate of wind-blown dust in a Mongolian temperate grassland 査読有り

    Munkhtsetseg, E., M. Shinoda, M. Ishizuka, M. Mikami, R. Kimura, and G. Nikolich

    Atmospheric Chemistry and Physics   17 巻   頁: 11389-11401   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Dryland climate change: Recent progress and challenges 査読有り

    Huang, J., M. Shinoda et al.

    Reviews of Geophysics   55 巻   頁: 719-778   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. The effects of ocean SST dipole on Mongolian summer rainfall

    Yasuda Hiroshi, Nandintsetseg Banzragch, Berndtsson Ronny, Amgalan Ganbat, Shinoda Masato, Kawai Takayuki

    GEOFIZIKA   34 巻 ( 1 ) 頁: 199-218   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15233/gfz.2017.34.10

    Web of Science

  49. Evolving a multi-hazard focused approach for arid Eurasia

    Shinoda Masato

    CLIMATE HAZARD CRISES IN ASIAN SOCIETIES AND ENVIRONMENTS     頁: 73-102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  50. Application of a livestock weight model to the 2009-2010 winter disaster in Mongolia

    Tachiiri Kaoru, Komiyama Hiroshi, Morinaga Yuki, Shinoda Masato

    RANGELAND JOURNAL   39 巻 ( 3 ) 頁: 263-277   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/RJ16113

    Web of Science

  51. Relationships between soil moisture and dust emissions in a bare sandy soil of Mongolia.

    Munkhtsetseg, E., M. Shinoda, J. A. Gillies, R. Kimura, J. King, and G. Nikolich

    Particuology   28 巻   頁: 131-137   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Regional characteristics of recent dust occurrence and its con- trolling factors in East Asia. 査読有り

    Wu, J., Y. Kurosaki, M. Shinoda, and K. Kai

    Science Online Letters on the Atmosphere   12 巻   頁: 187-191   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Assessment of the effects of severe winter disasters (dzud) on public health in Mongolia based on loss of livestock. 査読有り

    Otani, S., K. Onishi, Y. Kurozawa, Y. Kurosaki, T. Bat-Oyun, M. Shinoda, and H. Mu

    Disaster Medicine and Public Health Preparedness   10 巻 ( 4 ) 頁: 549-552   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Effects of grazing and precipitation variability on vegetation dynamics in a Mongolian dry steppe. 査読有り

    BatOyun, T., M. Shinoda, Y. Cheng, and Y. Purevdorj

    Journal of Plant Ecology,   9 巻 ( 5 ) 頁: 508-519   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Land surface memory effects on dust emission in a Mongolian temperate grassland 査読有り

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    Journal of Geophysical Research Biogeosciences   120 巻 ( 3 ) 頁: 414-427   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aeolian processes in temperate grasslands are unique in that the plant growth-decay cycle, soil moisture/snowpack dynamics, and induced grazing interactively affect seasonal and interannual variations of dust emission. This study uses process-based ecosystem model DAYCENT and unique saltation flux measurements to (1) identify primary land surface factors that control dust emission with soil moisture and vegetation components (live grasses, standing dead grasses, and litter) in a Mongolian grassland and (2) test the dead-leaf hypothesis proposed by previous observational studies that correlates plant biomass in summer and dust events the following spring.

    DOI: doi: 10.1002/jgrg.20274

  56. Modeling gross primary production and ecosystem respiration in a semiarid grassland of Mongolia 査読有り

    Nakano, T. and Shinoda, M

    Soil Science and Plant Nutrition   61 巻 ( 1 ) 頁: 106-115   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1080/00380768.2014.966043.

  57. Who is making airag (Fermented Mare's Milk)? A nationwide survey of traditional food in Mongolia 査読有り

    Bat-Oyun, T., B. Erdenetsetseg, M. Shinoda, T. Ozaki, and Y. Morinaga

    Nomadic Peoples   19 巻 ( 1 ) 頁: 7-29   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mongolian pastoral nomads traditionally consume meat during the cold season and milk products during the warm season. Among these is airag (fermented mare's milk), and Mongolia is one of the few regions that retains such traditional food. Through the Mongolian meteorological network, this is the first survey on airag, targeting 2,045 herders. We compared airag production between households producing it and households in general. Results revealed intensive production in central Mongolia, but less in surrounding areas, except along the western border. High horse-density in the central steppes and forest steppes provides an eco-climatological explanation, but this density pattern cannot explain inadequate production in eastern areas. Thus, culture and ethnicity may account for airag's regional distribution.

    DOI: doi: 10.3197/np.2015.190103.

  58. An observational study of saltation and dust emission in a hotspot of Mongolia 査読有り

    Abulaiti, A., R. Kimura, M. Shinoda, Y. Kurosaki M. Mikami, M. Ishizuka, Y. Yamada, E. Nishihara, and B. Gantsetseg

    Aeolian Research   15 巻   頁: 169-176   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.aeolia.2014.05.002

  59. Quantitative analysis on windblown dust concentrations of PM10 (PM2.5) during dust events in Mongolia 査読有り

    Jugder, D., M. Shinoda, R. Kimura, A. Batbold, and D. Amarjargal

    Quantitative analysis on windblown dust concentrations of PM10 (PM2.5) during dust events in Mongolia   14 巻   頁: 3-13   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.aeolia.2014.04.005

  60. Multi-decadal soil moisture trends and their relationship to precipitation and evapotranspiration in the cold, arid climate of Mongolia 査読有り

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    Arid Land Research and Management   28 巻 ( 3 ) 頁: 247-260   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1080/15324982.2013.861882

  61. Simple method of shallow groundwater exploration by groundwater aeration sound in semi-arid grassland 査読有り

    Kawai, T., Y. Tada, M. Shinoda, R. Tsuchiya, T. Morii, T. Suzuki and K. Tseedulam

    Journal of Arid Land Studies   24 巻 ( 1 ) 頁: 245-248   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Spatial variability of photosynthetic production and ecosystem respiration in semiarid grasslands of Mongolia 査読有り

    Nakano, T. and M. Shinoda

    Journal of Agricultural Meteorology   70 巻 ( 2 ) 頁: 105-116   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.2480/agrmet.D-13-00026

  63. Accounting for surface roughness on measurements conducted with PI-SWERL: Evaluation of a subjective visual approach and a photogrammetric technique 査読有り

    Etyemezian, V., J. A. Gillies, M. Shinoda, G. Nikolich, J. King, and A. R. Bardis

    Aeolian Research   13 巻   頁: 35-50   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.aeolia.2014.03.002

  64. モンゴル北部ボルガン県における近年の家畜大量死に関連した気象条件 査読有り

    小池崇子・篠田雅人・森永由紀

    生物と気象   14 巻   頁: 29-40   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.2480/cib.J-14-020

  65. Hotspots of recent drought in Asian steppes. 査読有り

    Shinoda, M., B. Nandintsetseg, U. G. Nachinshonhor, and H. Komiyama

    Regional Environmental Change   14 巻 ( 1 ) 頁: 103-117   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Wet and dry deposition of mineral dust particles in Japan: Factors related to temporal variation and spatial distribution. 査読有り

    Osada, K., S. Ura, M. Kagawa, M. Mikami, T. Y. Tanaka, S. Matoba, K. Aoki, M. Shinoda, Y. Kurosaki, M. Hayashi, A. Shimizu, and M. Uematsu

    Atmospheric Chemistry and Physics   14 巻 ( 2 ) 頁: 1107-1121   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Classification of arid lands, including soil degradation and irrigated areas, based on vegetation and aridity indexes 査読有り

    Gamo, M., M. Shinoda, and T. Maeda

    International Journal of Remote Sensing   34 巻 ( 19 ) 頁: 6701-6722   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Effects of interannual variations in environmental conditions on seasonal range selection by Mongolian gazelles

    Ito, T. Y., M. Tsuge, B. Lhagvasuren, B. Buuveibaatar, B. Chimeddorj, S. Takatsuki, A. Tsunekawa, and M. Shinoda

    Journal of Arid Environments   91 巻   頁: 61-68   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Long-term effects of livestock loss caused by dust storm on Mongolian inhabitants: A survey 1 year after the dust storm. 査読有り

    Mu, H., S. Otani, M. Shinoda, Y. Yokoyama, K. Onishi, T. Hosoda, M. Okamoto and Y. Kurozawa

    Yonago Acta Medica   56 巻   頁: 39-42   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Monitoring aboveground biomass in semiarid grasslands using MODIS images. 査読有り

    Nakano, T., G. Bavuudorjb, N. G. Urianhai, and M. Shinoda

    Journal of Agricultural Meteorology   69 巻 ( 1 ) 頁: 33-39   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Assessment of drought severity and frequency, duration, and severity and its impacts on pasture productivity in the Mongolia 査読有り

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    Natural Hazards   66 巻 ( 2 ) 頁: 995-1008   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Fragmentation of the habitat of wild ungulates by anthropogenic barriers in Mongolia. 査読有り

    Ito, T. Y., B. Lhagvasuren, A. Tsunekawa, M. Shinoda, S. Takatsuki, B. Buuveibaatar, and B. Chimeddorj

    PLoS ONE   8 巻 ( 2 ) 頁: 0   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Vegetation effects on saltation flux in a grassland of Mongolia. 査読有り

    Abulaiti, A., R. Kimura, and M. Shinoda

    Sand Dune Research   59 巻 ( 3 ) 頁: 117-128   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 自然環境利用としての土地制度に起因する牧畜戦略の多様性 査読有り

    尾崎孝宏

    沙漠研究   23 巻   頁: 111-118   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. モンゴル・フスタイ国立公園内外のステップ植生の比較による保護区設置効果の評価

    鈴木康平・上條隆志・J. Undarmaa・田村憲司

    植生学会誌   30 巻   頁: 85-93   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Effects of interannual variations in environmental conditions on seasonal range selection by Mongolian gazelles. 査読有り

    Ito, T.Y., M. Tsuge, B. Lhagvasuren, B. Buuveibaatar, B. Chimeddorj, S. Takatsuki, A. Tsunekawa, and M. Shinoda

    Journal of Arid Environments   91 巻   頁: 61-68   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Effects of cloud, atmospheric water vapor, and dust on photosynthetically active radiation and total solar radiation in a Mongolian grassland. 査読有り

    Bat-Oyun, T., M. Shinoda and M. Tsubo

    Journal of Arid Land   4 巻 ( 4 ) 頁: 349-356   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Does Ground Surface Soil Aggregation Affect Transition of the Wind Speed Threshold for Saltation and Dust Emission?

    Ishizuka, M., M. Mikami, Y. Yamada, R. Kimura, Y. Kurosaki, D. Jugder, B. Gantsetseg, Y. Cheng and M. Shinoda

    Science Online Letters on the Atmosphere   8 巻   頁: 129-132   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Impact of future climate change on summer droughts and snow disasters in Mongolia.

    Tachiiri, K. and M. Shinod

      8 巻   頁: 124-128   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Increasing nitrogen deposition enhances post-drought recovery of grassland productivity in the Mongolian steppe

    Kinugasa, T., A., Tsunekawa, and M. Shinoda

    Oecologia   170 巻 ( 3 ) 頁: 857-865   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Effects of water and temperature stresses on radiation use efficiency in a semi-arid grassland

    Bat-Oyun, T., M. Shinoda, and M. Tsubo

    Journal of Plant Interactions   7 巻 ( 3 ) 頁: 214-224   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Dust, biomass burning smoke, and anthropogenic aerosol detected by polarization-sensitive Mie lidar measurements in Mongolia.

    Jugder, D., N. Sugimoto, M. Shinoda, R. Kimura, I. Matsui, and M. Nishikawa

    Atmospheric Environments   54 巻   頁: 231-241   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Soil moisture estimation using thermal inertia: Potential, practical feasibility, and sensitivity to data conditions. 査読有り

    Matsushima, D., R. Kimura, and M. Shinoda

    Journal of Hydrometeorology   13 巻 ( 2 ) 頁: 638-648   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Soil moisture estimation using thermal inertia: Potential, practical feasibility, and sensitivity to data conditions

    Matsushima, D, R. Kimura, and M. Shinoda

    Journal of Hydrometeorology   13 巻 ( 2 ) 頁: 638-648   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Estimation of surface soil water content from surface temperatures in dust source regions of Mongolia and China

    Kimura, R. and M. Shinoda

    Environmental Earth Sciences   65 巻 ( 6 ) 頁: 1847–1853   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. 熱慣性を用いた裸地面上におけるダスト発生臨界風速の推定法

    松島大・木村玲二・篠田雅人

    土木学会論文集 B1 (水工学)   68 巻 ( 4 ) 頁: 1789-1794   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Plant volatiles inhibit restoration of plant species communities in dry grassland

    Tsubo, M., E. Nishihara, T. Nakamatsu, Y. Cheng, and M. Shinoda

    Basic and Applied Ecology   13 巻 ( 1 ) 頁: 76-84   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Dust concentrations of PM10 and PM2.5 in the Gobi Desert of Mongolia during dust storm periods, Journal of the Problems of Geography (Problems of Meteorology, Hydrology and Ecology) 査読有り

    Jugder, D., M. Shinoda, N. Sugimoto, I. Matsui, and M. Nishikawa

    Journal of the Problems of Geography (Problems of Meteorology, Hydrology and Ecology)   ( 375 ) 頁: 49-58   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Quantitative risk assessment for future meteorological disasters: Reduced livestock mortality in Mongolia 査読有り

    Tachiiri, K. and M. Shinoda

    Climatic Change   113 巻   頁: 867-882   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Soil moisture characteristics in the Mongolian steppe: Its seasonal, interannual changes and memory

    Nandintsetseg, B., and M. Shinoda

    Science Bulletin of the Meteorological Institute (Ministry of Nature and the Environment)   24 巻   頁: 99-107   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Temperate grasslands as a dust source: Knowledge, uncertainties, and challenges

    Shinoda, M., J. Gillies, M. Mikami, and Y. Shao

    Aeolian Research   3 巻 ( 3 ) 頁: 271-293   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Soil moisture and vegetation memories in a cold, arid climate

    Shinoda, M. and B. Nandintsetseg

    Global and Planetary Change   79 巻 ( 1-2 ) 頁: 110-117   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. What caused a recent increase in dust outbreaks over East Asia?

    Kurosaki, Y., M. Shinoda, and M. Mikami

    Geophysical Research Letters   38 巻   頁: 11702   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. 非水溶性大気沈着物中のFe 含有量を用いた鉱物質ダスト量の推定. エアロゾル研究

    浦幸帆・長田和雄・香川雅子・三上正男・的場澄人・青木一真・篠田雅人・黒崎泰典・林政彦・清水厚・植松光夫

    エアロゾル研究   26 巻 ( 3 ) 頁: 234-241   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Temperature changes before and after precipitation in Mongolia

    Koike, T. and M. Shinoda

    Journal of Agricultural Meteorology   67 巻 ( 3 ) 頁: 139-150   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Spatial and temporal variations of dust concentrations in the Gobi Desert of Mongolia.

    Jugder, D., M. Shinoda, N. Sugimoto, I. Matsui, M. Nishikawa, S.-U. Park, Y.-S. Chun, and M.-S. Park

    Global and Planery Change   78 巻   頁: 14-22   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Its climatology and modeling.

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda: Seasonal change of soil moisture in Mongolia

    International Journal of Climatology   31 巻 ( 8 ) 頁: 1143-1152   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Impact of rainfall variability on plant diversity in grazing land: a case study from Mongolia 査読有り

    Cheng, Y., M. Tsubo, T. Ito, E. Nishihara, and M. Shinoda

    Journal of Arid Environments   75 巻 ( 5 ) 頁: 471-476   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Effects of soil and land surface conditions in summer on dust outbreaks in the following spring in a Mongolian grassland.

    Kurosaki, Y., M. Shinoda, M. Mikami, and B. Nandintsetseg

    Science Online Letters on the Atmosphere   7 巻   頁: 69-72   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Temporal and spatial variations of wet deposition flux of mineral dust in Japan.

    Osada, K., S. Ura, M. Kagawa, M. Mikami, T. Y. Tanaka, S. Matoba, K. Aoki, M. Shinoda, Y. Kurosaki, M. Hayashi, A. Shimizu, and M. Uematsu:

    Science Online Letters on the Atmosphere   7 巻   頁: 49-52   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Integrating meteorological and MODIS land surface temperature data for large-scale moisture availability assessment in the Loess Plateau of China

    Mohamed, A. A., R. Kimura, and M. Shinoda

    Journal of Arid Land Studies   20 巻 ( 4 ) 頁: 189-199   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Intensity of a dust storm in Mongolia during 29 31 March 2007

    Science Online Letters on the Atmosphere   7 巻   頁: 29-31   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 熱慣性を用いた表層土壌水分量推定に関する研究

    松島大・木村玲二・篠田雅人

    水工学論文集   55 巻   頁: S361-S366   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Diurnal surface temperature difference index derived from ground-based meteorological measurements for assessment of moisture availability

    Mohamed, A. A., R. Kimura, M. Shinoda, and M. Moriyama

    Journal of Arid Environments   75 巻 ( 2 ) 頁: 156-163   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Snowmelt and atmospheric heating processes over eastern Mongolia

    Komatsu, Y., M. Shinoda, and H. Ueda

    Science Online Letters on the Atmosphere   7 巻   頁: 1-4   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Why did a synoptic storm cause a dramatic damage in a limited area of Mongolia?

    Chimgee, D., M. Shinoda, K. Tachiiri, and Y. Kurosaki

    Mongolian Population Journal   19 巻   頁: 63-68   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Response of ecosystem respiration to soil water and plant biomass in a semi-arid grassland

    Nakano, T. and M. Shinoda

    Soil Science and Plant Nutrition   56 巻 ( 5 ) 頁: 773-781   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Cold- and warm-deep-snow winters in Mongolia

    Koike, T., M. Shinoda, Y. Morinaga, and P. Gomboluudev

    Journal of Agricultural Meteorology   66 巻 ( 2 ) 頁: 103-110   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Relationship between soil moisture and vegetation activity in the Mongolian steppe

    Nandintsetseg, B., M. Shinoda, R. Kimura, and Y. Ibaraki

    Science Online Letters on the Atmosphere   6 巻   頁: 29-32   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Estimation of pasture productivity in Mongolian grasslands: field survey and model simulation

    Bat-Oyun, T., M. Shinoda, and M. Tsubo

    Journal of Agricultural Meteorology   66 巻 ( 1 ) 頁: 31-39   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. 枯れ草は黄砂発生にどう影響するか?: 日蒙米共同プロジェクトDUVEX

    篠田雅人

      6 巻 ( 1 ) 頁: 5-7   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Characteristics of Dust Emission on the Mongolian Steppe: The 2008 DUVEX Intensive Observational Period.

    Shinoda, M., R. Kimura, M. Mikami, M. Tsubo, E. Nishihara, M. Ishizuka, Y. Yamada, E. Munkhtsetseg, D. Jugder, and Y. Kurosaki

    Science Online Letters on the Atmosphere   6 巻   頁: 9-12   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Spatial distribution of threshold wind speeds for dust outbreaks in northeast Asia

    Kimura, R. and M. Shinoda

    Geomorphology   114 巻 ( 3 ) 頁: 319-325   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Impact of drought on vegetation dynamics of the Mongolian steppe: A field experiment

    Shinoda, M., G. U. Nachinshonhor, and M. Nemoto

    Journal of Arid Environments   74 巻 ( 1 ) 頁: 63-69   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Quantitative risk assessment for future meteorological disasters: Reduced livestock mortality in Mongolia

    Tachiiri, K. and M. Shinoda

    Climatic Change   113 巻   頁: 867–882   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Assessing Mongolian snow disaster risk using livestock and satellite data

    Tachiiri, K., M. Shinoda, B. Klinkenberg, and Y. Morinaga

    Journal of Arid Environments   72 巻 ( 12 ) 頁: 2251-2263   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Environmental controls on photosynthetic production and ecosystem respiration in semi-arid grasslands of Mongolia

    Nakano, T., M. Nemoto, and M. Shinoda

    Agricultural and Forest Meteorology   148 巻 ( 10 ) 頁: 1456-1466   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Response of plant growth to surface water balance during a summer dry period in the Kazakhstan steppe

    Iijima, Y., T. Kawaragi, T. Ito, K. Akshalov, A. Tsunekawa, and M. Shinoda

    Hydrological Processes   22 巻 ( 16 ) 頁: 2974-2981   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Effect of environmental variables on stomatal conductance and its relation to water vapor flux over a sand dune field in a coastal area planted with soybean

    Munkhtsetseg, E., R. Kimura, and M. Shinoda

    Sand Dune Research   54 巻 ( 3 ) 頁: 121-132   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 気候変動と乾燥地科学

    篠田雅人

    地学雑誌   116 巻 ( 6 ) 頁: 811-823   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Pasture yield response to precipitation and high temperature in Mongolia

    Munkhtsetseg, E., R. Kimura, J. Wang, and M. Shinoda

    Journal of Arid Environments   70 巻 ( 01 ) 頁: 94-110   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Phenology of Mongolian grasslands and moisture conditions

    Shinoda, M., S. Ito, G. U. Nachinshonhor, and D. Erdenetsetseg

    Journal of Meteorological Society of Japan   85 巻 ( 3 ) 頁: 359-367   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. 密閉式チャンバー法を用いた夜間の水蒸気フラックスの測定.

    中野智子・根本学・篠田雅人

    農業気象   63 巻 ( 2 ) 頁: 103-107   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Methodology for assessment of desertification based on vegetation degradation using Net Primary Productivity (NPP) as a key indicator

    Tsunekawa, A., T. Ito, M. Shinoda, M. Nemoto, T. Suhama, H. Ju, and H. Shimizu

    Phyton (Austria) Special issue: "APGC 2004"   45 巻 ( 4 ) 頁: 185-192   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. モンゴル国における気象災害の早期警戒システムの構築に向けて

    篠田雅人・森永由紀

    地理学評論   78 巻 ( 13 ) 頁: 928-950   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 乾燥地域における土壌水分メモリ -その機能と研究の意義

    篠田雅人

    沙漠研究   14 巻 ( 4 ) 頁: 185-197   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 広域の大気状態が中部日本山岳地域の夏季の夜間冷却に及ぼす影響

    飯島慈裕・篠田雅人

    地理学評論   77 巻 ( 11 ) 頁: 716-733   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Winter snow anomaly and atmospheric circulation in Mongolia

      23 巻 ( 13 ) 頁: 1627-1636   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Spring northward retreat of Eurasian snow cover relevant to seasonal and interannual variations of atmospheric circulation

    Ueda, H., M. Shinoda, and H. Kamahori

    International Journal of Climatology   23 巻 ( 6 ) 頁: 615-629   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. nfluence of soil moisture anomaly on temperature in the Sahel: A comparison between wet and dry decades

    Shinoda, M. and Y. Yamaguchi

    Journal of Hydrometeorology   4 巻 ( 2 ) 頁: 437-447   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Developing a simple soil moisture model for semi-arid regions: a case for Ordos in Inner Mongolia

    Nemoto, M., M. Shinoda, and H. Ju

    Journal of Agricultural Meteorology   59 巻 ( 1 ) 頁: 51-58   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Soil moisture modeling based on multiyear observations in the Sahel

    Yamaguchi, Y. and M. Shinoda

    Journal of Applied Meteorology   41 巻 ( 11 ) 頁: 1140-1146,   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. The influence of seasonally varying atmospheric characteristics on the intensity of nocturnal cooling in a high mountain hollow

    Iijima, Y. and M. Shinoda

    Journal of Applied Meteorology   41 巻 ( 7 ) 頁: 734-743   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Characteristics of Dust Emission on the Mongolian Steppe: The 2008 DUVEX Intensive Observational Period

    Shinoda, M., R. Kimura, M. Mikami, M. Tsubo, E. Nishihara, M. Ishizuka, Y. Yamada, E. Munkhtsetseg, D. Jugder, and Y. Kurosaki

    Science Online Letters on the Atmosphere   6 巻   頁: 9-12   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Climate memory of snow mass as soil moisture over central Eurasia

    Journal of Geophysical Research   106 巻 ( 24 ) 頁: 33393-33403   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Spring snow-disappearance timing and its possible influence on temperature fields over central Eurasia

    Shinoda, M., H. Utsugi, and W. Morishima:

    Journal of the Meteorological Society of Japan   79 巻 ( 1 ) 頁: 37-59   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Seasonal changes in the cold-air pool formation in a subalpine hollow, central Japan.

    Iijima, Y. and M. Shinoda

    International Journal of Climatology   20 巻 ( 12 ) 頁: 1471-1483   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Interannual variations of boundary layer temperature over the African Sahel associated with vegetation and the upper-troposphere

    Shinoda, M. and M. Gamo

    Journal of Geophysical Research   105 巻 ( 10 ) 頁: 12317-12327   2000年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20000500

  139. Desertification and drought as a possible land-surface/atmosphere interaction.

    Shinoda, M

    Global Environmental Research   3 巻 ( 1 ) 頁: 9-15   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Diurnal variations of rainfall over Niger in the West African Sahel: A comparison between wet and drought years

    Shinoda, M., T. Okatani, and M. Saloum

    International Journal of Climatology   19 巻 ( 1 ) 頁: 81-94   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. 八ヶ岳連峰稲子岳の凹地内における暖候期の冷気湖形成

    飯島慈裕・篠田雅人

    地理学評論   71 巻 ( 8 ) 頁: 559-572   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. 砂漠化の気候に対する影響: 概説

    篠田雅人

    沙漠研究   6 巻 ( 2 ) 頁: 105-114   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Long-term variability of Asian summer monsoon rainfall during 1946-1988

    Watanabe, M. and M. Shinoda

    Journal of the Meteorological Society of Japan   74 巻 ( 6 ) 頁: 923-934   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Relationships between rainfall over semi-arid southern Africa, geopotential heights, and sea surface temperatures.

    Shinoda, M. and R. Kawamura

    Journal of the Meteorological Society of Japan   74 巻 ( 1 ) 頁: 21-36   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Climatology of global precipitation: Contributions of Japanese climatologists

    Shinoda, M

    Geographical Review of Japan   69 巻 ( 2 ) 頁: 170-184   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Seasonal phase lag between rainfall and vegetation activity in tropical Africa as revealed by NOAA satellite data

    Shinoda, M

    International Journal of Climatology   15 巻 ( 6 ) 頁: 639-656   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. West African rainbelt variation: An update to 1990

    Shinoda, M

    Journal of the Meteorological Society of Japan,   73 巻 ( 2 ) 頁: 259-266   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Tropical rainbelt, circulation, and sea surface temperatures associated with the Sahelian rainfall trend

    Shinoda, M. and R. Kawamura

    Journal of the Meteorological Society of Japan   72 巻 ( 3 ) 頁: 341-357   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. The seasonal change of the water budget in the Congo river basin 査読有り

    Matsuyama, H., T. Oki, M. Shinoda, and K. Masuda

    Journal of the Meteorological Society of Japan   72 巻 ( 2 ) 頁: 281-299   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. The seasonal change of the water budget in the Congo river basin

    Matsuyama, H., T. Oki, M. Shinoda, and K. Masuda

    Journal of the Meteorological Society of Japan,   72 巻 ( 2 ) 頁: 281-299   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 熱帯アフリカの干ばつと砂漠化

    篠田雅人

    地学雑誌   100 巻 ( 6 ) 頁: 858-874   1991年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Long-term Sahelian drought from the late 1960's to the mid-1980's and its relation to the atmospheric circulation 査読有り

    Shinoda, M

    Journal of the Meteorological Society of Japan   68 巻 ( 5 ) 頁: 613-624   1990年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Long-term variability of the tropical African rainbelt and its relation to rainfall in the Sahel and northern Kalahari 査読有り

    Shinoda, M

    Journal of the Meteorological Society of Japan   68 巻 ( 1 ) 頁: 19-35   1990年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Annual rainfall variability and its interhemispheric coherence in the semi-arid region of tropical Africa: Data updated to 1987

    Shinoda, M

    Journal of the Meteorological Society of Japan   Vol. 67 巻 ( 4 ) 頁: 555-564   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. Wind and moisture anomalies in the Sahelian drought of the early 1980's 査読有り

    Shinoda, M

    Geographical Review of Japan   59 (Ser. B) 巻 ( 2 ) 頁: 128-136   1986年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Rainfall distribution and monsoon circulation over tropical Africa in the 1979 northern summer: Their comparison between East and West Africa

    Shinoda, M

    Journal of the Meteorological Society of Japan   Vol. 64 巻 ( No. 4 ) 頁: 547-561   1986年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Global simultaneity of the abrupt seasonal changes in precipitation during May and June of 1979 査読有り

    Shinoda, M., T. Mikami, K. Iwasaki, H. Kitajima, T. Eguchi, J. Matsumoto, and K. Masuda

    Journal of the Meteorological Society of Japan   Vol. 64 巻 ( No. 4 ) 頁: 531-546   1986年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Global climatic classification based on seasonal distribution of non-precipitation areas

    Eguchi, T., J. Matsumoto, H. Kitajima, K. Iwasaki, M. Shinoda, T. Mikami, and K. Masuda

    Geographical Review of Japan   Vol. 59 (Ser. B) 巻 ( No. 1 ) 頁: 43-54   1986年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. アフリカ南東岸域における降水帯の季節移動 査読有り

    篠田雅人

    地理学評論   58 巻 ( 3 ) 頁: 135-154   1985年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 64

  1. Habitat fragmentation by railways as a barrier to great migrations of ungulates in Mongolia

    Ito T., Lhagvasuren B., Tsunekawa A., Shinoda M.

    Railway Ecology  2017年9月  ( ISBN:9783319574950

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Mongolia's Gobi-Steppe Ecosystem is the largest grassland in the world and the habitat of long-distance movement ungulates, such as the Mongolian gazelle (Procapra gutturosa) and the Asiatic wild ass (Equus hemionus). The international railway between Russia and China bisects this habitat, and there has been concern that it may impede the movements of wild ungulates. We tracked ungulate movements on both sides of the Ulaanbaatar-Beijing Railway, and found that most of the tracked animals never crossed the railway. The construction of additional railways to permit mining projects in the area is therefore a further threat to maintaining the great migrations of ungulates across Mongolia.

    DOI: 10.1007/978-3-319-57496-7_14

    Scopus

  2. Evolving a multi-hazard focused approach for arid Eurasia

    Shinoda M.

    Climate Hazard Crises in Asian Societies and Environments  2017年1月  ( ISBN:9781472446466

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    DOI: 10.4324/9781315572413

    Scopus

  3. Recent Advances in Environmental Science from the Euro-Mediterranean and Surrounding Regions 査読有り 国際共著

    Ben Mhenni, N., M. Shinoda, and B. Nandintsetseg( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Assessment of drought characteristics, and its impacts on vegetation and wheat yield in Tunisia, In Kallel)

    Springer, Cham  2020年  ( ISBN:978-3-319-70548-4

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. Arid Land Systems: Sciences and Societies

    Otani, S., Y. Kurosaki, Y. Kurozawa, and M. Shinoda( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Dust storms from degraded drylands of Asia: dynamics and health impacts)

    MDPI, Basel  2019年8月  ( ISBN:978-3-03921-347-4

  5. Multiple Climate Hazards in Eurasian Drylands. Natural Hazards, Special Issue

    Shinoda, M., T. Sternberg, Y. Shao, and B. Nandintsetseg eds.( 担当: 共著)

    Special Issue  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 砂漠化への影響. 山川修治ほか編『気候変動の事典』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2017年12月  ( ISBN:978-4-254-1605916129

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Evolving a multi-hazard focused approach for arid Eurasia

    Shinoda, M.( 担当: 単著)

    Routledge  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. Habitat fragmentation by railways as a barrier to great migrations of ungulates in Mongolia. In L. Borda-de-Água, R. Barrientos, P. Beja, and Henrique M. Pereira eds.: Railway Ecology

    Ito, T. Y., B. Lhagvasuren, A. Tsunekawa, and M. Shinoda( 担当: 分担執筆)

    Springer SBM  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. Evolving a multi-hazard focused approach for arid Eurasia, In( Sternberg, T. (ed).: Climate Hazard Crises in Asian Societies and Environments

    M. Shinoda, M( 担当: 分担執筆)

    Routledge  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. Proceedings of Third JSPS Seminar: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift. Ulaanbaatar, Mongolia,

    Kai, K., M. Shinoda, J. Wu, D. Jugder, E. Munkhjargal, J. Noda eds( 担当: 共著)

    Nagoya University  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 『黄砂-人間・自然環境への影響と対策』

    黒崎泰典・黒沢洋一・篠田雅人・山中典和( 担当: 単著)

    丸善出版  2016年3月  ( ISBN:978-4-621-30029-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 黄砂発生域の気候、地形. 黒崎泰典・黒沢洋一・篠田雅人・山中典和編:『黄砂-人間・自然環境への影響と対策』

    黒崎泰典・篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    丸善出版  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 遊牧社会への影響. 黒崎泰典・黒沢洋一・篠田雅人・山中典和編:『黄砂-人間・自然環境への影響と対策』

    篠田雅人・森永由紀( 担当: 分担執筆)

    丸善出版  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 砂漠と気候 増補2訂版

    篠田雅人( 担当: 単著)

    成山堂書店  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数: 205   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  15. モンゴル高原の気候と遊牧都市. 白石典之編:『チンギス・カンとその時代』

    篠田雅人・森永由紀( 担当: 分担執筆)

    勉誠出版  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 異常気象に対する災害管理. 白石典之編:『チンギス・カンとその時代』

    篠田雅人・森永由紀( 担当: 分担執筆)

    勉誠出版  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Proceedings of International Symposium on Dzud, Ulaanbaatar, Mongolia

    Shinoda, M. and B. Nandintsetseg eds.( 担当: 単著)

    Nagoya University  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 最も恐れられる寒雪害ゾド . 石井祥子・鈴木康弘・稲村哲也編『草原と都市-変わりゆくモンゴル-』

    森永由紀・篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    風媒社  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 『草原と都市-変わりゆくモンゴル-』・最も恐れられる寒雪害ゾド

    森永由紀・篠田雅人( 担当: 共著)

    風媒社  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. Climate Change and Hazards in Mongolia

    Shinoda, M. and B. Nandintsetseg eds( 担当: 単著)

    Nagoya University  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 遊牧はなぜ数千年も続いてきたか?:災害学から考える. 札幌学院大学総合研究所

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. Proceedings of International Symposium on Multi-Hazard Approach in Mongolia

    Shinoda, M. ed( 担当: 単著)

    Nagoya University  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 砂漠化. 安成哲三ほか編『図説地球環境』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2013年9月  ( ISBN:978-4-254-16059-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 気候と植生環境 [Shinoda, M.: Climate and vetetation environments (in Japanese)]. 帯谷知可・北川誠一・相馬秀廣編『中央アジア』世界地理講座 第5巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2012年9月  ( ISBN:978-4-254-16795-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. Land: Proactive Management of Drought and Its Derived Disasters. In R. Shaw and T. Phong eds.: Environment Disaster Linkages. Community, Environment and Disaster Risk Management

    ( 担当: 分担執筆)

    Emerald Publishers  2012年1月  ( ISBN:978-085-724-865-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

  26. ,

    ( 担当: 分担執筆)

    2011年12月  ( ISBN:978-953-307-740-6

     詳細を見る

    記述言語:英語

  27. 篠田雅人 シリーズ編集: 乾燥地科学シリーズ.第4巻『乾燥地の資源とその利用・保全』

    篠田雅人・門村浩・山下博樹( 担当: 共著)

    古今書院  2010年6月  ( ISBN:978-4-7722-3108-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. 乾燥地の資源とその利用・保全-世界的概観 . 篠田雅人・門村浩・山下博樹編『乾燥地の資源とその利用・保全』乾燥地科学シリーズ第4巻

    門村浩・篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2010年6月  ( ISBN:978-4-7722-3108-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. 乾燥地の資源とその利用・保全

    篠田雅人・門村浩・山下博樹( 担当: 単著)

    古今書院  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. 草原の分布と気候. 白石典之編『チンギス・カンの戒め―モンゴル草原と地球環境問題―』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    同成社  2010年2月  ( ISBN:978-4-88621-510-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  31. 自然災害を知る・防ぐ. 白石典之編『チンギス・カンの戒め―モンゴル草原と地球環境問題―』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    同成社  2010年2月  ( ISBN:978-4-88621-510-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. 砂漠化. 日本第四紀学会50周年記念電子出版編集委員会編『デジタルブック最新第四紀』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    日本第四紀学会  2009年12月  ( ISBN:978-4-9904-6751-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  33. 砂漠化. 岡 洋樹・境田清隆・佐々木史郎編『東北アジア』世界地理講座 第2巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2009年11月  ( ISBN:978-4-254-16792-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  34. 沙漠の成因と分布―大気循環 . 日本沙漠学会編『沙漠の事典』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    丸善  2009年7月  ( ISBN:978-4-621-08139-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. 気候. 日本沙漠学会編『沙漠の事典』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    丸善  2009年7月  ( ISBN:978-4-621-08139-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  36. 気象. 日本沙漠学会編『沙漠の事典』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    丸善  2009年7月  ( ISBN:78-4-621-08139-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  37. 沙漠の成因と分布―海洋・地形 . 日本沙漠学会編『沙漠の事典』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    丸善  2009年7月  ( ISBN:978-4-621-08139-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  38. 砂漠と気候 改訂版

    篠田雅人( 担当: 単著)

    成山堂書店  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  39. 乾燥地の気候・水. 篠田雅人編『乾燥地の自然』乾燥地科学シリーズ第2巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2009年3月  ( ISBN:978-4-7722-3106-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  40. 篠田雅人 シリーズ編集:乾燥地科学シリーズ 第2巻『乾燥地の自然』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    古今書院  2009年3月  ( ISBN:978-4-7722-3106-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  41. 乾燥地の環境変動 篠田雅人編『乾燥地の自然』乾燥地科学シリーズ第2巻

    鹿島薫・篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2009年3月  ( ISBN:978-4-7722-3106-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  42. 篠田雅人 シリーズ編集: 乾燥地科学シリーズ 第3巻『乾燥地の土地劣化とその対策』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    古今書院  2008年3月  ( ISBN:978-4-7722-3107-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  43. 篠田雅人 シリーズ編集: 乾燥地科学シリーズ.第5巻『黄土高原の砂漠化とその対策』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    古今書院  2008年3月  ( ISBN:978-4-7722-3109-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  44. サヘルの干ばつ・砂漠化と人々の生活. 漆原和子・藤塚吉浩・松山洋・大西宏治編『図説 世界の地域問題』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    ナカニシヤ出版  2007年10月  ( ISBN:978-4-7795-0204-0 C1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  45. 気候の特徴. 恒川篤史編『21世紀の乾燥地科学―人と自然の持続性―』乾燥地科学シリーズ第1巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2007年3月  ( ISBN:978-4-7722-3105-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  46. 篠田雅人 シリーズ編集: 乾燥地科学シリーズ.第1巻『21世紀の乾燥地科学―人と自然の持続性―』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    古今書院  2007年3月  ( ISBN:978-4-7722-3105-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  47. 干ばつ早期警戒システム. 恒川篤史編『21世紀の乾燥地科学―人と自然の持続性―』乾燥地科学シリーズ第1巻,

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2007年3月  ( ISBN:978-4-7722-3105-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  48. 地形の特徴. 恒川篤史編『21世紀の乾燥地科学―人と自然の持続性―』乾燥地科学シリーズ第1巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  2007年3月  ( ISBN:978-4-7722-3105-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  49. モンゴル国の自然災害 -気象水文研究所における干ばつとゾドの監視システム 小長谷有紀編『モンゴル環境保全ハンドブック』

    森永由紀・篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    見聞社  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  50. 自然環境としての草原. 小松久男・梅村 坦・宇山 智彦・帯谷 知可・堀川 徹編『中央ユーラシアを知る事典―ウズベキスタン+カザフスタン+クルグズスタン+タジキスタン+トルクメニスタン+アゼルバイジャン+アルメニア+グルジア+アフガニスタン+ロシア連邦+中国』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    平凡社  2005年4月  ( ISBN:4-582-12636-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  51. 篠田雅人: 砂漠化 気候影響・利用研究会編『日本の気候2』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2004年11月  ( ISBN:25.4-8176-0223-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  52. 大気陸面相互作用とモンスーン 川村隆一編『モンスーン研究の最前線』

    篠田雅人・森永由紀・安成哲三( 担当: 分担執筆)

    気象研究ノート  2003年10月  ( ISBN:4-946443-83-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  53. 砂漠化 浮田典良編『最新地理学用語辞典 改訂版』大明堂

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    大明堂  2003年2月  ( ISBN:4-470-67010-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  54. サヘル 浮田典良編『最新地理学用語辞典 改訂版』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    大明堂  2003年2月  ( ISBN:4-470-67010-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  55. 『砂漠と気候』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    成山堂書店  2002年10月  ( ISBN:4-425-55131-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  56. 東部アフリカ. 福井英一郎編『アフリカⅡ』 世界地理 第10巻

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  1998年11月  ( ISBN: 4-254-16540-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  57. Tropical rainbelt, circulation and sea surface temperatures associated with the Sahelian rainfall trend. In R. B. Singh ed.: Ecological Techniques and Approaches to Vulnerable Environment

    Shinoda, M. and R. Kawamura( 担当: 分担執筆)

    Oxford & IBH Publishing  1998年  ( ISBN:21.81-204-1276-1

     詳細を見る

    記述言語:英語

  58. 『神々の大地アフリカ』

    篠田雅人( 担当: 単著)

    古今書院  1996年3月  ( ISBN:4-7722-1656-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  59. Climate Change, 1995, the Science of Climate Change

    Nicholls, N., G. V. Gruza, J. Jouzel, T. R. Karl, L. A. Ogallo, D. E. Parker (Lead Authors), J. R. Christy, J. Eischeid, P. Ya. Groisman, M. Hulme, P. D. Jones, R. W. Knight (Key Contributors) , J. K. Angell, S. Anjian, P. A. Arkin, R. C. Balling, M. Yu. Bardin, R. G. Barry, W. BoMin, R. S. Bradley, K. R Briffa, A. M. Carleton, D. R. Cayan, F. H. S. Chiew, J. A. Church, E .R. Cook, T. J. Crowley, R. E. Davis, N. M. Datsenko, B. Dey, H. F. Diaz, Y. Ding, W. Drosdowsky, M. L. Duarte, J. C. Duplessy, D. R., Easterling, W. P. Elliott, B. Findlay, H. Flohn, C. K. Folland, R. Franke, P. Frich, D. J. Graffen, V. Ya. Georgievsky, B. M. Ginsburg, V. S. Golubev, J. Gould, N. E. Graham, D. Gullet, S. Hastenrath, A. Henderson-Sellers, M. Hoelzle, W. D. Hogg, G. J. Holland, L. C. Hopkins, N. N. Ivachtchenko, D. Karoly, R. W. Katz, W. Kininmonth, N. K. Kononova, L. V. Korovkina, G. Kukla, C. W. Landsea, S. Levitus, T. J. Lewis, H. F. Lins, J. M. Lough, T. A. McMahon, L. Malone, J. A. Marengo, E. Mekis, A. Meshcherskya, P. J. Michaels, E. Mosley-Thompson, S. E. Nicholson, J. Oerlemans, G. Ohring, G. B. Pant, T. C. Peterson, N. Plummer, F. H. Quinn, E. Ya. Ran'kova, V. N. Razuvaev, E. V. Rocheva, C. F. Ropelewski, K. Rupa Kumar, M. J. Salinger, B. Santer, H. Schmidt, E. Semenyuk, I. A. Shiklomanov, M. Shinoda, I. I. Soldatova, D. M. Sonechkin, R. W. Spencer, N. Speranskaya, A. Sun, K. E. Trenberth, C. Tsay, J. E. Walsh, B. Wang, K. Wang, M. N. Ward, S. G. Warren, Q. Xu, T. Yasunari (Contributors): Observed climate variability and change. In J. T. Houghton, L. G. M. Filho, B.A.Callander, N. Harris, A. Kattenberg, and K. Maskell eds.: ( 担当: 分担執筆)

    Cambridge Univ. Press  1996年  ( ISBN:0521560519

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  60. 湿潤熱帯環境の成り立ち [Shinoda, M.: Formation of wet tropical environments (in Japanese)]. 田村俊和・島田周平・門村浩・海津正倫編『湿潤熱帯環境』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  1995年12月  ( ISBN:4-254-16335-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  61. ホガール山地 岩田修二・小疇尚・小野有五編『世界の山々 アジア・アフリカ・オセアニア編』

    篠田雅人( 担当: 分担執筆)

    古今書院  1995年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  62. サヘルの長期的干ばつのメカニズム

    篠田雅人( 担当: 単著)

    TOTO出版  1991年12月  ( ISBN:4-88706-044-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  63. サヘルの気候 門村浩・勝俣誠編『サハラのほとり』

    篠田雅人 門村浩・勝俣誠( 担当: 分担執筆)

    TOTO出版  1991年12月  ( ISBN:4-88706-044-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  64. Global simultaneity of the abrupt seasonal changes in precipitation during May and June of 1979. In Theon, S. and N. Fugono eds.: Tropical Rainfall Measurements

    Matsumoto, J., M. Shinoda, T. Eguchi, K. Masuda, T. Mikami, K. Iwasaki, and H. Kitajima( 担当: 共著)

    Deepak Publishing  1988年  ( ISBN:0-937194-14-X

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 99

  1. 人類と砂漠化―歴史的概観

    篠田雅人

    日本地理学会2021年春季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Future productivity changes in Mongolian grasslands for different warming levels 招待有り 国際共著 国際会議

    Nandintsetseg, B., M. Shinoda, Y. Kurosaki, and P. Gomboluudev

    Online workshop on Impacts of Climate Change on Drylands  2021年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  3. Mongolian herding vision 2050 for adaptation to climate and social changes 招待有り 国際共著 国際会議

    Shinoda, M., B. Nandintsetseg , A. Bakyei , B. Battsetseg, T. Miyasaka, H. Komiyama, and J. Chang

    Annual International Scientific Conference on Sustainable Development Agriculture and Economy  2020年12月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  4. 干ばつ感受・回復指標を用いて推定したモンゴル北西部における植生脆弱性

    岩垣和也・篠田雅人

    鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会  2020年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. What are the main land-surface processes affecting saltation activities in a dust hotspot of the Mongolian desert steppe? 国際共著 国際会議

    Kong, K., B. Nandintsetseg, M. Shinoda, M. Ishizuka, and Y. Kurosak

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  6. A method for surface soil moisture estimation using multiple public data archives and its application to estimating the threshold wind speed for dust emissions 国際共著 国際会議

    Matsushima, D., R. Kimura, Y. Kurosaki, U. Ganzorig, and M. Shinoda

    AOGS 17th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hongcheon  

  7. Risk and vulnerability of Mongolian grasslands to climate change and grazing 国際共著 国際会議

    Nandintsetseg, B., B. Boldgiv, J. Chang, P. Ciais, M. Shinoda, Yongmei, and N. C. Stensethe

    EGU General Assembly 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  8. 東北アジアの環境変遷 招待有り

    篠田雅人

    渤海・クラスキノ城跡と極東アジアの古環境  2020年2月27日  考古学/考古科学学際研究シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:金沢  

  9. Elaborating an early warning system of dzud for sustainable herding in Mongolia 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Climate change and its impact on human, animal, and plant health in Mongolia, Mongolian National Broadcaster 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:モンゴル国  

  10. Developing an early warning system of dzud for sustainable herding in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Monthly Seminar Northeast Asia Project, Climate Change and Nomadic Peoples in Afro-Eurasia, Suita 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:モンゴル国  

  11. Dzud disaster risk evaluation: Achievements and Impacts 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B., M. Shinoda, and B. Erdenetsetseg

    Knowledge Exchange Symposium 2018: Dzud Risk and Management in Mongolia, Ulaanbaatar, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:モンゴル国  

  12. Recent changes in cold outbreaks and their causes 招待有り 国際会議

    Munkhjargal, E. and M. Shinoda

    Knowledge Exchange Symposium 2018: Dzud Risk and Management in Mongolia, Ulaanbaatar, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:モンゴル国  

  13. Integratingdryland disaster science for Eurasia:Extension to health science. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Special Seminar of College of Pastoral Agriculture Science and Technology, Lanzhou University, Lanzhou 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:中華人民共和国  

  14. Integratingdryland disaster science for Eurasia:Extension to health science. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M.

    Special Seminar of College of Atmospheric Sciences, Lanzhou University, Lanzhou, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  15. Developing an Early Warning System of Dzud (cold-season disaster) in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B., M. Shinoda, and B. Erdenetsetseg

    2018 Asian Ministerial Conference on Disaster Risk Reduction, Ulaanbaatar, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:モンゴル国  

  16. Potentiality of IRIMHE's new dust early warning system (D-EWS) 招待有り 国際会議

    Kurosaki, Y., D. Jugder, N. Baljinnyam, B. Gantsetseg, and M. Shinoda

    Knowledge Exchange Conference 2017: Pastoralism, Governance and Dzud Risk in Mongolia, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Extending Dryland Disaster Science to Health Science. 国際会議

    M. Shinoda, M.

    Special Seminar of Inner Mongolia Normal University, Hohhot 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  18. Extending Dryland Disaster Science to Health Science. 国際会議

    Shinoda, M

    International Workshop on Asian Dust, Bioaerosols and Environmental Regime Shift, Nagoya, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  19. Characteristics of aeolian dust emission and its controlling factors in East Asia. 国際会議

    Kurosaki, Y., M. Mikami, M. Shinoda, J. Wu, M. Ishizuka, Y. Yamada, G. Batdelger, B. Buyantogtokh, and D. Jugder:

    The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology, Omiya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  20. Implementation of a new dzud risk map 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Knowledge Exchange Panel: Contextualising Rrisk in Ddeserts: Ddisasters, Mmarginality and Ppolicy. The 4th Oxford Interdisciplinary Desert Conference, University of Oxford, Oxford, UK 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  21. Implementation of a new dzud risk map. Knowledge Exchange Programme: Contextualising Rrisk in Ddeserts: Ddisasters, Mmarginality and Ppolicy 国際会議

    Shinoda, M

    The 4th Oxford Interdisciplinary Desert Conference, University of Oxford, Oxford, UK 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  22. Proposing the Human-Animal-Land Health Project 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Kickoff Meeting of the Human-Animal-Land Health Project, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:モンゴル国  

  23. Extending dryland disaster science to health science 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    The 4th Oxford Interdisciplinary Desert Conference, University of Oxford, Oxford, UK 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  24. 気象災害警戒システムで家畜を守り、遊牧を支える. ハブリンバヤル 国際会議

    篠田雅人

    2017 「モンゴル国の経済と遊牧」, 練馬 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:モンゴル国  

  25. 砂漠化の歴史を編む: 趣旨説明 [Compiling the history of desertification: Introduction] 招待有り

    篠田雅人

    鳥取大学乾燥研究センター共同研究発表会共催「砂漠化の歴史を編む」第三回シンポジウム, 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. Diversity and distribution of bacterial species compositions in sand dunes in an Asian dust source area, the Gobi Desert. 招待有り 国際会議

    Onishi, K., T. Maki, D. Saraswati, Y. Kurosaki, B. Nandintsetseg, S. Otani, Z. Yamagata, Y. Kurozawa, and M. Shinoda

    12th International Dryland Development Commission, Alexandria, Egypt 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:エジプト・アラブ共和国  

  27. Incorporating ecological and wind erosion models for sustainability of the temperate grassland ecosystem. 国際会議

    Nandintsetseg, B., M. Shinoda, and Y. Shao

    Third JSPS Seminar: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift. Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. Sign of an emerging regime shift ih the Mongolian herder-pastureland system. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Third JSPS Seminar: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift. Ulaanbaatar, Mongolia, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  29. Developing a soil erodibility map over Mongolia: Evaluation of three erodibility parameters and their integration. 招待有り 国際会議

    Jugder, D., B. Gantsetseg, E. Davaanyam, and M. Shinoda

    Third JSPS Seminar: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift. Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  30. Climate hazard crises in arid Eurasian societies and environments: Evolving a multi-hazard focused approach. 国際会議

    Shinoda, M

    oint Symposium on Environmental Science and Engineering, Northeastern University, Shenyang, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  31. Climate hazard crises in arid Eurasian societies and environments: Evolving a multi-hazard focused approach. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Vsisting lecture at Jilin University, Jilin, China, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  32. 砂漠化の歴史を編む: 趣旨説明 [Compiling the history of desertification: Introduction]. 招待有り

    篠田雅人

    日本沙漠学会第27回学術大会公開シンポジウム「砂漠化の歴史を編む」, 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. Multi-hazard approach in agricultural meteorology. 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Agricultural Meteorology 2016,Okayama, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. 遊牧はなぜ数千年も続いてきたか?:災害学から考える [Why have herding lasted several thousand years?: Consideration from a viewpoint of disaster scienece]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第3回モンゴル国立大学・名古屋大学レジリエンス共同研究センター プレオープンシンポジウム「日本・モンゴル国際共同研究の展望-レジリエンスに関して何を解明し何を学び合うべきか-」, 名古屋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. 遊牧知としての馬乳酒 [Fermentted hourse milk as traditional knowledge]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    内モンゴル大学地理科学学院招待講演, フフホト, 中国 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  36. 篠田雅人: 乾燥地災害学の体系化: 4Dプロジェクト [Integrating dryland disaster science: The 4D project]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    内モンゴル大学モンゴル学研究センター招待講演, フフホト, 中国 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  37. 遊牧知としての馬乳酒 [Fermentted hourse milk as traditional knowledge]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    内モンゴル大学モンゴル学研究センター招待講演, フフホト, 中国 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  38. 遊牧はなぜ数千年も続いてきたか?: 災害学から考える [Why have herding lasted several thousand years?: Consideration from a viewpoint of disaster scienece]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    内モンゴル大学モンゴル学研究センター招待講演, フフホト, 中国 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  39. 乾燥地災害学の体系化: 4Dプロジェクト [Integrating dryland disaster science: The 4D project]. 国際会議

    篠田雅人

    内モンゴル師範大学地理科学学院招待講演, フフホト, 中国 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  40. Regional Characteristics and Controlling Factors for Dust Occurrence in East Asia during the period 1999-2013. 招待有り 国際会議

    Wu, J., Y. Kurosaki, M. Shinoda, and K. Kai

    International Symposium on Preparedness for Dust Hazard. Tottori, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. Field Observation of Dust Emission at Tsogt-Ovoo, Mongolia. 国際会議

    Kurosaki, Y., M. Ishizuka, M. Mikami, Y. Yamada, E. Nishihara, M. Shinoda, D. Jugder, G. Batdelger, and B. Batjargal

    International Symposium on Preparedness for Dust Hazard, Tottori, Japan, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. 4D project: Dust and 3D (Dzud, Drought, and Desertification) hazard interactions 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Preparedness for Dust Hazard. Tottori, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. Desertification assessment in terms of plant species composition and soil in Mongolia. International Symposium on Preparedness for Dust Hazard. Tottori, Japan 招待有り 国際会議

    Suzuki, K., T. Tsendeekhuu, R. Tungalag, N. Amartuvshin, T. Nakamura, T. Kamijo, K. Tamura, and M. Shinoda

    International Symposium on Preparedness for Dust Hazard. Tottori, Japan, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. Comparisons of the community structures of airborne bacteria between Asian dust (Kosa) source and downwind areas. 国際会議

    Maki, T., F. Kobayashi, M. Kakikawa, A. Matsuki, K. Kai, Y. Kurosaki, K. Onishi, M. Shinoda, B. Chen, G. Shi, Y.-H. Kim, C.-S. Hong, K. Watanabe, and Y. Iwasaka

    International workshop on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  45. Multiple Climate hazards in Eurasian drylands. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M.

    International workshop on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. Land surface effects on dust emission in a Mongolian temperate grassland. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    International workshop on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  47. Regional characteristics and controlling factors of dust occurrence in East Asia during the period 1999-2013 招待有り 国際会議

    Wu, J., Y. Kurosaki, M. Shinoda, and K. Kai

    International workshop on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  48. 79. 急成長モンゴルにおけるレジリエンスに関するトランスディシプリナリー研究の創出 [Suzuki, Y. and M. Shinoda: Creation of Trans-disciplinary Research on Resilience of Mongolia in Rapid Development]. 招待有り

    鈴木康弘・篠田雅人

    日本地球惑星科学連合 連合大会2015年大会, 幕張, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. Proactive approaches to multiple climate hazards in dry Eurasia. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    The 3rd Oxford Interdisciplinary Desert Conference, University of Oxford, Oxford, UK 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  50. Towards dzud risk assessment by integration of social and natural factors. 招待有り 国際会議

    Tachiiri, K., C. Du, H. Komiyama, and M. Shinoda

    International Symposium on Dzud, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  51. Strengthening the Dzud Preparedness and Mitigation: A Proactive Approach. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B., and M. Shinoda

    International Symposium on Dzud, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  52. The public health risks related dzud by assessing livestock loss and foodstuff consumption. 国際会議

    Otani, S., K. Onishi, Y. Kurozawa, and M. Shinoda

    International Symposium on Dzud. Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  53. Introduction to International Symposium on Dzud. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Dzud. Ulaanbaatar, Mongolia, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  54. 黄砂のふるさと: モンゴルで調査する [Origin of Kosa: Surveying in Mongolia]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第2回大気エアロゾルシンポジウム 黄砂からPM2.5まで―環境・健康への影響―, 江別 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. モンゴルにおける気象災害研究 [Study on meteorological disasters in Mongolia]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第3回モンゴルレジリエンス研究会, 名古屋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 黄砂のふるさと:モンゴルで調査する [Origin of Kosa: Surveying in Mongolia]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    サイエンスカフェ 名古屋大学の地球環境科学, 名古屋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. 遊牧はなぜ数千年も続いてきたか?:災害学から考える [Why have herding lasted several thousand years?: Consideration from a viewpoint of disaster scienece]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第7回札幌学院大学総合研究所シンポジウム「現代中国・内モンゴルにおける地球環境変動のダイナミズム」札幌 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. Introductory Speech: Multi-Hazard Approach in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Multi-Hazard Approach in Mongolia. Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. Land surface memory effects on dust emission and its modeling in a Mongolian temerpate grassland. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    First Seminar of the JSPS Core-to-Core Program: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. Integratinmg dryland disaster sciences: 4D project 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    First Seminar of the JSPS Core-to-Core Program: Collaborative Research between Mongolia, China and Japan on Outbreaks of Asian Dust and Environmental Regime Shift, Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  61. Hotspots of recent drought in Asian steppes. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    SINO-JAPAN Workshop on Developing Cooperation. Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  62. Simulation results of MGLADAM for DSS 2011-01 and future research plan on dust modeling. 招待有り 国際会議

    Munkhtsetseg, E., S.-U. Park, M. Shinoda, E.-H. Lee, and D. Jugder

    The 6th Meeting of WG (I) for Joint Research on Dust and Sand Storms among Mongolia, China, Korea and Japan. Seoul, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  63. High-Impact Weathers in a Changing Climate over Arid Eurasia and Proactive Disaster Management. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    College of Pastoral Agriculture Science and Technology, Lanzhou University, Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  64. High-impact weathers in a changing climate over arid Eurasia and proactive disaster management 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    IUTAM Symposium on the Dynamics of Extreme Events Influenced by Climate Change. Lanzhou, China 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. Temporal and spatial distributions and transportation of dust and anthropogenic aerosols in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Jugder, D., M. Shinoda, N. Sugimoto, I. Matsui, R. Kimura, M. Nishikawa, and N. Gansukh

    Conference on Airborne Mineral Dust Contaminants: Impacts on Human Health and the Environment, Arizona, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  66. 地球の気候はどのように変化してきたか [How have the Earth’s climate changed?]. 国際会議

    篠田雅人

    第350回サイエンス・アカデミー, 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. 黄砂発生源としての草原: ユーラシアの真中で考えた [Grasslands as a dust source: Considerration with surveying in central Eurasia]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    本生態学会第60回大会シンポジウム「気候変動に対する土壌生態系応答―グローバルおよび地域スケールにおけるモデル予測と現場研究のギャップを探る―」静岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. Dust detected by polarization-sensitive Mie lidar measurements in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Jugder, D., N. Sugimoto, M. Shinoda, I. Matsui, and M. Nishikawa

    The 18th International Joint Seminar on Regional Deposition Processes in the Atmosphere and Climate Change, Ulaanbaatar, Mongolia, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  69. Analysis of meteorological and pasture droughts, and their impact on pasture production in the Mongolian steppe. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B. and M. Shinod

    Conference on Scientific Reading: Faces of the Four Seasons and Innovation, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  70. Simulating soil moisture and vegetation dynamics under different grazing conditions in a Mongolian temperate grassland. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda

    Soil Moisture Workshop 2012. Tokyo, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  71. 地球の気候はどのように変化してきたか [How have the Earth’s climate changed?]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    平成24年度鳥取大学乾燥地研究センター一般公開シンポジウム「今、世界の環境・農業は―乾燥地における鳥取大の研究と協力―」特別講演, 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  72. 趣旨説明 [Introductory explanation]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    日本地理学会2012年秋季大会シンポジウム「ゾドと遊牧知―乾燥地災害学の体系化に向けて―」神戸 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. Dust concentrations of PM10 and PM2.5 in the Gobi Desert of Mongolia during dust storm periods. 招待有り 国際会議

    Jugder, D., M. Shinoda, N. Sugimoto, I. Matsui, and M. Nishikawa

    Conference on Problems on Hydrology, Meteorology and Ecology for the 70th Anniversary of the National University of Mongolia and the 50th Anniversary of the Department of Meteorology and Hydrology, Ulaanbaatar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  74. 遊牧はなぜ3000年も続いてきたか?[Why have herding lasted three thousand years?] 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    岐阜地理学会講演会. 各務原 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  75. 黄砂のふるさとを旅する [Traveling over the origin of Kosa]. 招待有り

    篠田雅人

    「乾いた大地 砂漠 ―黄砂のふるさと―」特別講演. 博多 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  76. : モンゴル高原の自然災害とその能動的対応 [Natural disasters in the Mongolian Plateau and their proactive countermeasures]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第1回東方ユーラシア国際シンポジウム「モンゴル高原の文化と環境」, 千葉 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. Dust emission early warning system in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Jugder, D. and M. Shinoda

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  78. An overview of Japanese research activities on dust emission and climate change 招待有り 国際会議

    Shinoda, M. and B. Nandintsesteg

    Sino-German Science Center Symposium Dust and Climate Change: Past, Present and Future. Cologne, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  79. An overview of Japanese research activities on dust emission and climate change. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M. and B. Nandintsesteg

    Sino-German Science Center Symposium Dust and Climate Change: Past, Present and Future. Cologne, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  80. Introductory Speech: Drought dynamics over an arid, cold region. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Workshop on Drought Dynamics in An Arid, Cold Region, Tottori, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  81. Drought studies in Mongolia: Pasture monitoring indices. 招待有り 国際会議

    Nandintsetseg, B. and M. Shinoda: Drought studies in Mongolia

    International Workshop on Drought Dynamics in An Arid, Cold Region, Tottori, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  82. Overview of ALRC-IMH joint studies on the 3D disasters in Mongolia: Dzud, drought, and dust. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    Joint Seminar between IMH and Tottori University for the 45th Anniversary of IMH. Ulaanbataar, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  83. Spatial and temporal variations of dust concentrations in the Gobi Desert of Mongolia. 招待有り 国際会議

    Jugder D., M. Shinoda, N. Sugimoto, I. Matsui, M. Nishikawa, S. U. Park, Y. S. Chun, and M. S. Park

    Joint Seminar between IMH and Tottori University for the 45th Anniversary of IMH. Ulaanbataar, Mongolia, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  84. 干ばつメモリの動態: フィールド実験の意義 [Dynamics of drought memory: Significance of field experiment]. 招待有り

    篠田雅人

    日本気象学会2011年度春季学術大会 第10回統合的陸域圏研究連絡会, 東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. モンゴルにおける近年の干ばつ強化とその遊牧への影響 [Recent drought strengthening and its influence on herding in Mongolia]. 国際会議

    篠田雅人

    国際会議『遊牧の世界と「ニンジャ」たち―民主化以降のモンゴルの生存基盤を考える―』. 大阪 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  86. Recent increases of wind erosion and vegetation degradation over East Asia. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Combating Desertification in East Asia. Fukuoka, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. 黄砂のふるさとを旅する [Traveling over the origin of Kosa].

    篠田雅人

    第59回とっとり駅南教室. 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  88. 日本における気候変動とその農業に及ぼす影響 [Climate change and its influence on agriculture in Japan]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    シンポジウム「温暖化時代のナシ栽培の将来」日本農業気象学会2010年度中国・四国支部大会, 鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. Soil moisture effect on dust emissions in Mongolia. 招待有り 国際会議

    Munkhtsetseg, E., M. Shinoda, R. Kimura, N. George, and K. James

    he 3rd Meeting of WG (I) for Joint Research on Dust and Sand Storms among Mongolia, China, Korea and Japan, Jejudo, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  90. What is the importance of steppe as a dust source? 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Dust-Vegetation Interaction, Tottori, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Proactive Approach in a Changing Climate: Detection of a Threshold. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on the Collapse and Restoration of the Mongolian Ecosystem Network in the Context of Global Environmental and Social Changes. Koyto, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  92. 遊牧はなぜ3000年も続いてきたか? [Why have herding lasted three thousand years?]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第125回東京テクノ・フォーラム21. 東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  93. モンゴル遊牧民と自然災害 [Mongolian herders and natural disasters]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    公開講演会&パネルディスカッション「チンギス・カンに学ぶ地球環境問題」熊本 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  94. 鳥取大学におけるフィールド教育研究の実践 [Education and research of field science at Tottori University]. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    第1回能登総合シンポジウム, 珠洲, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月 - 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  95. 黄砂の発生 Dust emission. 招待有り 国際会議

    篠田雅人

    フォーラム「黄砂:環境と人への影響」鳥取 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  96. The Dust-Vegetation Interaction Experiment (DUVEX) for dust-emission modeling and early warning. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Multiphase Flow in Atmospheric Boundary Layer: Wind Erosion, Dust Storms, Sand Saltation, Snow Drift. Lanzhou, China, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  97. 乾燥地の抱える環境問題とそれに対処する地球科学技術の開発 招待有り

    篠田雅人

    平成21年度第1回鳥取大学ビジネス交流会 (東京地区), 東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  98. Combating desertification. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    The 14th Local Governments Summite in the Northeast Asia, Environmental Conference. Tuv, Mongolia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:モンゴル国  

  99. Producing a hazard map of dust emission. 招待有り 国際会議

    Shinoda, M

    International Symposium on Environmental Monitoring at Arid Regions and its evolution soil, water, climate, desertification. Fukuoka, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 8

  1. ニジェールにおける土壌水分観測

    1996年

     詳細を見る

  2. Soil Moisture Measurement in Niger

    1996年

     詳細を見る

  3. サハラ南緑地帯における土地荒廃

    1993年

     詳細を見る

  4. Land Degradation on the South Side of the Sahara

    1993年

     詳細を見る

  5. サハラにおける砂漠気候の研究

    1991年

     詳細を見る

  6. Savannization Processes in Tropical Africa

    1991年

     詳細を見る

  7. アフリカにおけるサバンナの形状過程

    1991年

     詳細を見る

  8. Desert Climate of the Sahara

    1991年

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 砂漠化地域における地球温暖化への対応に関する研究温暖化プロ

    2017年 - 2022年

    文部科学省特別経費事業 

    衣笠利彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

科研費 13

  1. 多重時空間エージェントモデルが拓く遊牧の科学

    研究課題/研究課題番号:20H00044  2020年4月 - 2024年3月

    篠田 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44330000円 ( 直接経費:34100000円 、 間接経費:10230000円 )

    遊動は不確実な気候下でリスクを空間的に分散する戦略であり、極端気象が多発する現代においても、危機回避に適用可能な普遍的価値をもつ。この視点から、今こそ遊牧の再評価が必要であるが、その基礎となる遊と結びついた牧の理論的研究は少ない。本研究で開拓する遊牧の科学は、遊牧の本質である「遊」と「牧」という異質な活動の統合ダイナミックスを複数の時空間スケールでモデル化し、変動性の大きい環境に適した両活動の最適マッチングを理論化する。

  2. 気候・社会変動適応のためのモンゴル遊牧ビジョン2050

    研究課題/研究課題番号:19KK0022  2019年10月 - 2023年3月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    篠田 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18460000円 ( 直接経費:14200000円 、 間接経費:4260000円 )

    モンゴル国では、草原を広く薄く利用する土地利用形態である遊牧が極限環境(乾燥寒冷)で数千年間維持され、世界で唯一基幹産業として残っているが、市場経済のなかで家畜数が急増、草原の収容力を超え、危機的状況にある。本研究は、①遊牧社会-生態系モデルを開発し、これを用いて遊牧の生態的・経済的持続性を予測する。②政策提言・実装のプロ集団として、生態系・経済の維持を両立できる2050年の遊牧形態のビジョンを提示し、その危機的状況から救済する。
    本研究は、名古屋大学を中心として、モンゴル国立大学、同生命科学大学と人畜地ネットワークを形成し、これを基盤に、現地での資料・データ収集、試料分析、成果普及を行う。
    本研究は、名古屋大学が、モンゴル国立大学、同生命科学大学と人畜地ネットワークを形成し、これを基盤に、現地での資料・データ収集、試料分析、成果普及を行う。本研究は研究計画調書(図8)に記されたロードマップにしたがって、2019年度の半年間において、以下の①~③を行う予定であった。②、③の現地で収集した植生・土壌試料はモンゴル生命科学大学で分析を行う。
    ①既存の遊牧生態系モデルにモンゴル草原を特徴づけるデータやパラメタを適用し、地上バイオマスなどを推定しているが、完成にはあと数か月かかる見込みである(Nandintsetseg・Chang担当)。②①のモデルをモンゴル全域へ適用する前に、長期間、植生・土壌データの蓄積がある典型草原に適用し、モデルによる植生動態の再現性を検討する予定であったが、①の完成を待っている状況である(Nandintsetseg・江)。これまでに測定していない土壌有機物含量などのデータを今年の夏から取得する用意は整った(衣笠・Battsetseg)。研究分担者・協力者・海外共同研究者による会合を計3回開催し、今年度以降の具体的な研究方針をたてた。
    新型コロナウイルス禍のため、2019年3月のモンゴルへの渡航を延期したが、それ以外の研究計画はおおむね順調に進んでいる。
    今年の夏にはモンゴルの研究機関や調査地において研究を実施する予定であったが、新型コロナウイルス禍のため現地への渡航が困難な場合には、Zoomなどを利用したテレビ会議による研究打合せや海外共同研究者のみによる資料・データ収集、試料分析などを行う予定である。

  3. モンゴル高原史の「空白期」の解明を目指した異分野融合研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17H00938  2017年4月 - 2022年3月

    白石 典之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

    本研究は、モンゴル高原に興亡した歴代遊牧王権のなかで、史料に名を留めていても、その実態が不明であった時代(例えば、鮮卑、柔然、第1突厥、阻卜、モンゴル帝国成立期など)を「空白期」とよび、その時代を学際的、実証的に解明することを目的としている。研究組織は考古学をメインに、文献史学、気候学、生化学にも参画してもらっている。
    2018年度は昨年度に引き続き、モンゴル科学アカデミー歴史・考古学研究所と共同で、モンゴル国ヘンティ―県ゴルバンドブ遺跡の発掘をおこなった。ここは3基の円墳からなる墓地遺跡で、それぞれに墳丘に「空白期」に属する様々な時期の墓が営まれているという、モンゴル高原では稀有で、本研究にはまたとない良好なフィールドである。
    今年度は2号墳の発掘をおこない、4基の墓を発見した。1号墓はモンゴル帝国成立直前の12世紀、2号墓は10世紀の阻卜期、3号墓は13世紀のモンゴル帝国期、4号墓は6世紀後半から7世紀前半の第1突厥期というように、3号墓を除いて「空白期」の良好な資料を得ることに成功した。それを受けて、文献史料の精査、土壌堆積物の気候学的分析、人骨のゲノム解析などを現在進行させている。
    また、関連資料を求めて、中国新疆ウイグル自治区、カザフスタン共和国で当該期の遺跡の踏査をおこなった。新疆地区では北方の草原地帯で、カザフスタンではセミレチエ草原地帯で重点的に踏査を実施した。その結果、比較検討のために有益なデータを得た。資料は現在整理中である。
    ゴルバンドブ遺跡で得られた資料は大変良好で、考古学的だけでなくヒトのゲノム解析の分野からも多くの貴重なデータが得られるものと期待できる。その点では「計画以上の進展」といえる。しかしながら、マンパワーの不足で整理・分析が追い付いていないのが現状である。そこで「おおむね順調」と評価する。
    次年度以降もゴルバンドブ遺跡の発掘調査を継続しておこなう。資料の蓄積を図ることも重要だが、これまでに得られたデータの公開も積極的におこなっていきたい。とくにヒトゲノム関連のデータには興味深いものが多い。これらの公開を速やかに実施したいと考えている。

  4. 東アジア沙漠地帯における黄砂バイオエアロゾルの発生過程とその越境輸送ルートの解明

    研究課題/研究課題番号:17H01616  2017年4月 - 2020年3月

    牧 輝弥

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    研究目的:黄砂や煙霧とともに微生物群(バイオエアロゾル)がアジア大陸から日本へ風送され,その環境影響に学術的関心が集まっている。しかし,黄砂の主要発生源であるゴビ沙漠での調査は手薄であるとともに,沙漠由来の風送微生物と汚染大気との混合状態についても不明な点が多い。本申請では,日中韓蒙で,ゴビ砂漠を含めた東アジアを網羅する集中観測を行い,大気微生物の発生源と越境輸送ルートを理解する伴に,生理学実験・疫学的調査によって,その生態・健康影響の解明に取り組んでいる。
    実施内容:2018年に続き,黄砂発生地から飛来ルートを網羅する日中韓蒙の観測サイト(11箇所:特にモンゴル,能登半島)において,気球,ヘリコプターおよび山岳積雪を使った集中大気観測を実施し,黄砂煙霧の発生に同調させながら,環境データ収集と大気粒子の採取を行った。培養を経ない遺伝子分析法によって,大気粒子に含まれる微生物叢の群集構造を系統分類学的に解析を進め,環境データと照合して,大陸内部(砂漠)と大陸沿岸部(都市部),列島部(日本)に特異な大気浮遊微生物群を見出し,これらが混合拡散する過程を検証中である。さらに,エアロゾルによって長距離拡散する真菌種の株を継続して入手できており,動物・培養実験によって,気管支炎やアレルギー症状を誘発する真菌が相次いで確認されている。
    成果:本研究成果は,異分野研究(医・農・薬・社)分野にまたがり,種々の学会,招待講演や市民向けシンポジウムで発表され,国内外の専門学術誌に学術論文として報告された。特に,アメリカ地球物理学連合の学会誌(JGR)に掲載された学術論文は,連合会でのトピックスとして取りあげられ,海外誌フォーブスなどで記事として報道された。また,エアロゾルを介した微生物拡散にかかわる研究として,一般的関心も高く,テレビ報道でも取り上げられ,公衆衛生情報の周知にも貢献している。
    黄砂発生地から飛来ルートを網羅する日中韓蒙の観測サイトを使って,気球,ヘリコプターおよび山岳積雪を併用した大気観測を施行し,黄砂と煙霧(越境汚染)の発生に同調させながら,環境データ収集と大気粒子の採取を,予定通り実行できた。培養を経ない遺伝子分析法(超並列シーケンサー解析)によって,採取した大気粒子試料に含まれる微生物叢の群集構造を,遺伝子レベルで解析し,環境データを交えた詳細な解析によって,大気微生物の発生源と越境輸送ルートの特定を進めつつある。その成果の根幹となるデータは,地球化学系の学術誌(J. Geophysical Res.)に論文発表され,アメリカ地球物理学連合(AGU)でトピックスとして取りあげられ,海外報道機関(フォーブスなど)で記事として報道された。更に,長距離輸送される可能性のある真菌株を分離培養することに成功し,分離株のアレルギー誘発と増悪を,動物・培養実験によって実証でき,その実証例も増えている。しかしながら,モンゴル現地での気球観測を順調に実施できず,黄砂発生源の上空のデータが,充分ではない。この不足分を補うため,2020年の春季から夏季に黄砂を捕集する追加の観測を実施する必要がある。
    令和元年度に引き続き,日中韓蒙での大気観測を続行し,黄砂飛来ルート上の大気試料を同時に捕える(6月まで実施)。大気粒子試料を増やすとともに,試料に含まれる大気微生物群のゲノム情報を増やし,中国他陸から日本へと風送される間の微生物群集構造(種組成)の変化を,一般化できるレベルまでにデータを増やし,解析を進める。また,試料に含まれる全ゲノムの解読を進め,遺伝子レベルで,真菌と細菌の潜在的な機能(病原性や氷核活性,ストレス耐性など)に加えウィルス感染性も検証する。黄砂と煙霧とともに越境輸送されると見なせる微生物種(長距離輸送種)については,本種を環境試料中から蛍光顕微鏡下で識別できる検出系(FISH法),および一細胞をも検出できる遺伝子定量法(定量PCR法)を使って,日中韓蒙で採取した実大気試料を使用して,越境輸送微生物の自然界での動態と分布を明らかにする。大気試料から分離される微生物株を増やし,生理学実験や動物実験を使って,微生物株の環境・生体への影響を評価する。さらに,疫学的調査のデータと微生物の動態を比較することで,越境輸送微生物がヒト健康に及ぼす影響(気管支喘息,アレルギー,下痢・嘔吐等)を明らかにする。特に,疫学的調査との比較を重点化し,感染症の拡散について重点的に調べて行く必要がある。

  5. ウランバートルの地震ハザード-活断層認定問題と1967年モゴド地震の再評価-

    研究課題/研究課題番号:16H05645  2016年4月 - 2020年3月

    鈴木 康弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、(1)活断層調査、(2)地震災害聞き取り調査、(3)地震防災に関するtrans-disciplinaryな研究の実施にある。モンゴルでは地震発生の頻度が低いために地震現象の解明と地震防災の推進が課題となっている。本研究はモンゴル科学アカデミーとモンゴル非常事態庁、ならびにモンゴル国立大学等と連携してこの問題に取り組んだ。ウランバートル近郊の活断層に関する共同調査を実施した。活断層発見に関する第一報は国際学術誌に投稿するとともに、2019年9月にウランバートルで行われた国際会議においても発表した。
    モンゴル国立大学と科学技術大学から若手研究者が参加し、次年度以降も調査を継続する体制が整備された。またモンゴルのホブド県を対象に実施中のJICAの防災啓発事業とも連携し、ワークショップや防災教育コンテンツの作成を通じて活断層による地震防災啓発に努め、目的(3)の成果を挙げた。また対象地域をホブドに拡大して災害に関する聴き取り調査とその様子の映像収録を実施した。モンゴルの活断層と地震防災に関する検討は今後も継続的に進める必要がある。新たなプロジェクトを立案しJSPSの二国間共同事業(共同研究)の道を拓いた。

  6. ダストフラックス長期変動に寄与する人為的影響の定量的評価

    研究課題/研究課題番号:16H02712  2016年4月 - 2020年3月

    鹿島 薫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年、アジア内陸部の砂漠化とアジアダスト(黄砂)の頻発、それらと共に飛来する大気汚染物質や病原体が国際的な環境問題を引き起こしている。一方ダストの増加に伴う環境破壊は、アジア地区に限定されるものではなく、北アフリカ、中東、南半球諸国においても顕著となっており、全球的な比較検討が必要となっている。
    本研究において明らかとする点は以下のようにまとめられる。ダストの発生メカニズムとそれがもたらす生態系の非可逆的な破壊について、自然環境の背景や、人間活動のて移動が異なる半球・大陸の湖となる地域で比較検討を行う。考古学研究成果を加え、過去4000年間を対象に、ダストフラックスの変動と人間活動の相互関係に関して、考察を加える。
    以下、2018年度現地調査の詳細を記す。
    ①新疆ウイグル自治区新疆大学において共同研究を行う予定であったが、新疆大学側の都合により渡航は中止となった。その代り、メールなどによる研究作業を行った。②モンゴルにおいては、モンゴルアルタイにおいて考古発掘に伴う調査、湖沼堆積物掘削調査を行った。現地調査は2018年8-9月のほぼひと月であった。③トルコにおいては2018年5月および7-8月にかけて延べ90日の渡航を行った。トルコ中部のカイセリ周辺における環境変動と考古発掘に伴う現地調査行った。④南半球の調査試料については、約30年にわたり現地調査を継続しているドイツ・グッチンゲン大学Behling Hrmann教授の研究室に渡航して、共同調査分析を行った。マダガスカル島の試料に関しての⑤湖沼研究の中心となる年縞堆積物の詳細解析に関して、フィンランド・トゥルク大学Timo Sarinen教授の研究室で分析を行った。さらに、本プロジェクトの中間まとめとなる講演会を2019年3月専修大学で開催した。
    2018年度はモンゴル、トルコにおいて現地調査行った。さらに、南半球における湿原堆積物について、その堆積物試料を豊富に収集しているドイツ・グッチンゲン大学において分析を行った。さらに、湿原・湖沼堆積物の詳細な古環境解析のためフィンランド・トゥルク大学に渡航した。国内では、田沢湖および目潟湖沼群におけるボーリングコア試料について、微化石および化学分析からの検討を行った。
    それぞれの学術調査の詳細を以下に述べる。①新疆ウイグル自治区新疆大学において共同研究を行った。また、これまでの調査によって立正大学に所蔵されてきたダスト試料の分析を行った。②モンゴルにおいては、モンゴルアルタイにおいて考古発掘に伴う調査、湖沼堆積物掘削調査を行った。調査期間は一か月、約50地点でサンプリングを行った。③トルコにおいては2018年5月および7-8月にかけて延べ90日の渡航を行った。トルコ中部のカイセリ周辺における環境変動と考古発掘に伴う現地調査行った。④南半球の調査試料については、約30年にわたり現地調査を継続しているドイツ・グッチンゲン大学Behling Hrmann教授の研究室に渡航して、共同調査分析を行った。Behling Hrmann教授とは専門が重ならず、しかも相互に補完できる分析専門となっているため、お互いの研究に利点があることがわかった。⑤湖沼研究の中心となる年縞堆積物の詳細解析に関して、フィンランド・トゥルク大学Timo Sarinen教授の研究室で分析を行った。
    本プロジェクトの中間まとめとなる講演会を2019年3月専修大学で開催した
    2019年度もモンゴル、トルコにおいて現地調査を継続する。さらに、南半球における湿原堆積物について、その堆積物試料を豊富に収集しているドイツ・グッチンゲン大学において分析、湿原・湖沼堆積物の詳細な古環境解析のためフィンランド・トゥルク大学に渡航を行う。国内では、田沢湖および目潟湖沼群におけるボーリングコア試料について、年縞堆積物の採取とその詳細堆積環境分析を、前述のフィンランド・トゥルク大学と共同で行う。
    それぞれの学術調査の詳細を以下に述べるモンゴルにおいては、モンゴルアルタイにおいて考古発掘に伴う調査、湖沼堆積物掘削調査を、2019年9月に行う。湖沼堆積物についてはすでに珪藻分析によって、2回の湿潤期の存在が明らかとなっており、これについて遺跡調査結果との詳細な検討を加える。トルコにおいては2019年5月および7-8月にかけて延べ90日の渡航を行う予定である。トルコ中部のカイセリ周辺における環境変動と考古発掘に伴う現地調査行う。南半球の調査試料については、約30年にわたり現地調査を継続しているドイツ・グッチンゲン大学Behling Hermann教授の研究室とて、共同調査分析を行う。昨年度の調査で Hermann教授とは専門が重ならず、しかも相互に補完できる分析専門となっているため、お互いの研究に利点があることがわかった。湖沼研究の中心となる年縞堆積物の詳細解析に関して、フィンランド・トゥルク大学Timo Sarinen教授の研究室で分析を行なう。

  7. 発生源地域におけるアジアダストと環境レジームシフトの国際共同研究

    研究課題/研究課題番号:16H02703  2016年4月 - 2019年3月

    甲斐 憲次

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年、アジアダストの発生、それらと共に飛来するバイオエアロゾルやPM2.5などが国際的な環境問題を引き起こしている。本研究では、JSPS研究拠点形成事業「アジアダストと環境レジームシフトに関する研究拠点の構築」で整備した研究拠点ネットワークを活用し、発生源地域のモンゴル草原・ゴビ砂漠および風下側の能登半島・北海道等で集中観測を実施した。新たな試みとして、バイオエアロゾルを環境レジームシフトのマーカーとして用いた。ダストストームによるアジアダストの巻き上げ、大気境界層から自由対流圏への輸送プロセス、さらには環境レジームシフトの兆候、バイオエアロゾルの付着の有無に関して新たな知見を得た。
    モンゴル草原・ゴビ砂漠は前世紀まで観測の空白域であり、近年は地球温暖化と人間活動の影響により、環境レジームシフトの兆候が見られるようになった。環境レジームシフトは、動植物を含む生態系の急激な劣化を伴うので、喫緊の環境問題である。本研究では、発生源地域におけるアジアダストの舞上りと輸送プロセス、さらにはバイオエアロゾルの付着の有無を解明しようとした。これらの情報は、アジアダストの発生・越境汚染・影響評価の解明に貢献するものである。また、遺伝子レベルの解析を行い、バイオエアロゾルを環境レジームシフトのマーカーとして使用する方法の確立を目指す点も新しい。

  8. 乾燥地災害学の体系化

    研究課題/研究課題番号:25220201  2013年5月 - 2018年3月

    篠田 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:218920000円 ( 直接経費:168400000円 、 間接経費:50520000円 )

    極端気象の多発時代において、社会の脆弱性ゆえに気象災害が甚大な乾燥地の人々に対して、日本の乾燥地科学の英知を結集した国際貢献が必要である。こうした背景から、われわれの学融合グループは「乾燥地災害学の体系化」に取り組み、災害に対する能動的対応の提言をした。
    ユーラシア乾燥地に特有な4種類の自然災害は、砂塵嵐、干ばつ、砂漠化、ゾドとよばれる寒雪害である。これらの頭文字をとって4D災害とよぶ。干ばつは自然災害のなかでも最も人的な被害が大きい災害である。4D災害を干ばつとそれから派生するものの災害群ととらえ、ひとつのリスク評価の枠組みのなかでとらえるというのが本研究のねらいである。

  9. 乾燥地災害学の体系化

    2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 干ばつと砂漠化

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  11. アフリカにおける降水量変動

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  12. Drought and Desertification

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  13. Rainfall Variability in Africa

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示