2022/04/27 更新

写真a

ハラダ カズヒロ
原田 一宏
HARADA Kazuhiro
所属
大学院生命農学研究科 森林・環境資源科学専攻 森林・環境資源科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 生物環境科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
東京大学農学部農業生物学科卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻博士課程修了。

インドネシア林業省・自然保護総局(JICAインドネシア生物多様性保全プロジェクト長期派遣専門家(1997年7月~2000年11月)、(財)地球環境戦略研究機関(IGES)森林保全プロジェクト(研究員)(2003年1月~2008年9月)、兵庫県立大学環境人間学部准教授(2008年10月~2014年3月)を経て、2014年4月より名古屋大学大学院生命農学研究科教授。

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2004年3月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 森林科学  / 森林政策学、ポリティカルエコロジー、インドネシア地域研究

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 東南・南アジアにける森林を対象とした、グローバルな森林保全政策とローカルな社会による資源利用の共生のあり方に関する研究

経歴 3

  1. 兵庫県立大学環境人間学部准教授

    2008年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. (公財)地球環境戦略研究機関(IGES)森林保全プロジェクト研究員

    2003年1月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. JICA(現:国際協力機構)インドネシア生物多様性保全プロジェクト長期派遣専門家

    1997年7月 - 2000年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   農学系研究科   森林科学専攻

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   農学系研究科   森林科学専攻

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   農学部   農業生物学科

    - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本森林学会

  2. 林業経済学会

  3. 日本熱帯生態学会   評議員

 

論文 27

  1. Current Status, Attitude, and Issues around Preserved Tree Systems, Identified through Surveying the Operators Managing the Trees

    Aiba Soshi, Harada Kazuhiro

    Journal of Forest Planning   27 巻 ( 0 ) 頁: 11 - 25   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:森林計画学会  

    <p>The "preserved tree system" and "preserved forest system" aim to preserve trees and forests in cities in Japan, and are operated by local governments. We conducted a questionnaire of the operators of the preserved tree system to examine their awareness of the systems in Nagoya (215 operators) and Shizuoka (60 operators), and clarified the relationships among operators, local governments, and community residents not involved in tree management. Questionnaires were returned by 117 (Nagoya) and 30 (Shizuoka) operators. The results were as follows: 1) Although local governments and operators agreed on the goals of the system (green preservation, improving aesthetic appeal, and preservation of trees with historical and cultural value), there were concerns over the associated costs and economic burden faced by the management; 2) There was a risk of conflict between the operators and community residents because calls for preservation by neighboring residents increased when operators stopped tree management. For sustainable preservation of designated trees in the local environment, promotion of cooperation between community residents and operators is crucial.</p>

    DOI: 10.20659/jfp.2021.002

  2. インドネシアにおける地域住民と行政の連携による森林泥炭火災対策:―リアウ州・ルクン村の事例

    市原 純, 原田 一宏, 森 雅典

    環境情報科学論文集   35 巻 ( 0 ) 頁: 19 - 24   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 環境情報科学センター  

    <p><tt>本研究は,インドネシア国リアウ州メランティ諸島県の村落を対象に,地域住民が行政や企業と連携して行う森林泥炭火災対策の現状について明らかにし,火災管理の課題を提示することを目的とする。 2014 年の大規模火災を契機に,同県ルクン村では,州や県の火災関連行政機関との協力のもと,住民消防隊(MPA)の設立,消火設備の強化,火災の啓発活動の推進,水路止め(カナルブロッキング)の設置などの体制強化が進められた。今後とも,MPA を中心とした住民の努力に加え,資金やトレーニングなどにおける行政の継続的な支援が,効果的かつ持続的な火災対策の実施のためには不可欠である。</tt></p>

    DOI: 10.11492/ceispapers.ceis35.0_19

  3. A tropical case study of tree diversity and productivity relationships in mixed species plantations in protected areas 査読有り 国際共著

    原田 一宏

    International Journal of Development and Sustainability   6(11) 巻   頁: 1835 - 1847   2017年

     詳細を見る

  4. Contributions of Company-Community Forestry Partnerships (PHBM) to the Livelihoods of Participants in Java, Indonesia: A Case Study in Madiun, East Java

    YOKOTA Yasuhiro, HARADA Kazuhiro, ROHMAN, SILVI Nur Oktalina, WIYONO, TANAKA Motomu, INOUE Makoto

    Japan Agricultural Research Quarterly: JARQ   48 巻 ( 3 ) 頁: 363 - 377   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japan International Research Center for Agricultural Sciences  

    The State Forest Company of Indonesia launched its Company-Community Forestry Partnerships system on the island of Java in 2001 (PHBM system). We examined the PHBM’s effects on the economic lives of participating villagers through a case study in Madiun, East Java. We specifically examined the potential and limits of the PHBM’s contribution to villagers’ livelihoods by quantitatively evaluating (i) the system’s impact on household livelihoods and (ii) the continuity of its impact. Of households engaging in PHBM, 45.6% had more than half their arable land in the forest, and 10.0% of households had arable land only in the forest. The bulk of non-timber forest products, mostly fuelwood, was collected in the forest. Among villagers earning an income, 12.2% earned more than half via the PHBM, which was the only source of cash income for 2.2% of the engaged villagers. For some households, PHBM has helped significantly improve their livelihoods. However, the benefits derived from the PHBM were tempered by problems of quality, quantity, and continuity. The benefit of the system could be increased by providing preferential opportunities (to access farmland in the forest and/or cash income) to small-scale or impoverished farmers by improving the usage of intercropping land under planted trees, and promoting small business as a group enterprise.

    DOI: 10.6090/jarq.48.363

    CiNii Research

  5. Framework for Accounting Reference Levels for REDD plus in Tropical Forests: Case Study from Xishuangbanna, China

    Liu Guifang, Feng Yafei, Xia Menglin, Lu Heli, Guan Ruimin, Harada Kazuhiro, Zhang Chuanrong

    REMOTE SENSING   13 巻 ( 3 )   2021年2月

     詳細を見る

  6. Local perceptions of forest rules and interactions between rules, ecotourism, and human-wildlife conflicts: Evidence from Chitwan National Park, Nepal

    Kandel Saroj, Harada Kazuhiro, Adhikari Sudha, Dahal Nabin Kumar, Dhakal Maheshwar

    TROPICS   29 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 39   2020年

  7. ネパールにおける森林政策が地域住民の森林資源利用に果たす役割:チトワン郡のコミュニティフォレストリーとリースホールドフォレストリーを事例として

    早川 千尋, カンデル サロジ, 原田 一宏

    林業経済研究   66 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 9   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:林業経済学会  

    本研究は,チトワン郡D村を対象に,コミュニティフォレスト(CF)とリースホールドフォレスト(LHF)の利用実態を把握することで,両森林が地域住民の森林資源採取に果たす役割を明らかにした。村落内の世帯は社会経済的な階層に基づきA,B,C,Dランクに分類され,各ランク世帯の分布割合に沿うよう全世帯の30%に相当する51世帯を抽出し聞き取りを行った。LHF政策は貧困緩和を目的として導入され,資源採取の点で利便性に優れていた。しかし,村落内の裕福層(Aランク世帯)の保有率が最大であり,貧困層(Dランク世帯)の保有率は最小であった。多くの家畜を飼育し,それらの売却を主収入源とする裕福層にとってLHFは必要な資源採取の場である一方,貧困層はCFから必要な資源を採取していた。全ての階層の住民は,どちらかの森林から資源を採取することができ,資源採取に不満を抱えていなかった。しかし,LHFの元来の目的を鑑みると,裕福層に偏ったLHFの配分は将来的に貧困格差を助長する存在になってしまうことが懸念される。そのため,行政は貧困層の取り込みに留意しつつ各世帯の経済状況を考慮し,必要に応じてLHFを再配分することが求められる。

    DOI: 10.20818/jfe.66.2_1

  8. Tree species diversity in relation to environmental variables and disturbance gradients in a northeastern forest in Bangladesh

    Hossain Md Anwar, Al Pavel Muha Abdullah, Harada Kazuhiro, Beierkuhnlein Carl, Jentsch Anke, Uddin Mohammad Belal

    JOURNAL OF FORESTRY RESEARCH   30 巻 ( 6 ) 頁: 2143 - 2150   2019年12月

  9. Effects of stand characteristics on tree species richness in and around a conservation area of northeast Bangladesh.

    Pavel, M.A.A., Mukul, S.A., Uddin, M.B., Harada, K.

    Journal of Mountain Science     頁: in press.   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. How can social safeguards of REDD+ function effectively conserve forests and improve local livelihoods? A case from Meru Betiri National Park, East Java, Indonesia 査読有り

    Kazuhiro Harada, Dede Prabowo, Arif Aliadi, Jun Ichihara, Hwan-Ok Ma

    Land   4 巻 ( 1 ) 頁: 119-139   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390

  11. インドネシア林業公社による住民共同森林管理制度における住民組織への支援体制―マディウン営林署の事例におけるフィールド・ファシリテーターの役割―

    横田康弘, 原田一宏, ロフマン, シルビ ヌル オクタリナ, ウィヨノ

    林業経済   66 巻 ( 10 ) 頁: 2-19.   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Contribution to participant's livelihood by community collaborative forest management system in Java, Indonesia- A case study in Madiun, East Java.

    Yokota, Y., Harada, K., Oktalina, S.N., Rohman, Wiyono, Tanaka, M. and Inoue, M.

    Japan Agricultural Research Quarterly   48 巻 ( 3 ) 頁: 363-377.   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Certification of a community-based forest enterprise for improving institutional management and household income: A case from Southeast Sulawesi, Indonesia.

    Harada, K. and Wiyono

    Small-scale Forestry     頁: online first.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Forest resources use, attitude, and perception of local residents towards community based forest management: Case of the Makira Reducing Emissions from Deforestation and Forest Degradation (REDD) Project, Madagascar.

    Ratsimbazafy, L. C., Harada, K. and Yamamura, M.

    Journal of Ecology and the Natural Environment   4 巻 ( 13 ) 頁: 321-332.   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Exploring potentials of forest certification for community-based forest management in Indonesia.

    Harada, K., Rohman, Oktalina, S.N. and Wiyono

    Journal of Forest Economics   58 巻 ( 1 ) 頁: 58-67.   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Forest conservation and livelihood conflict in REDD: A case study from the corridor Ankeniheny Zahamena REDD project, Madagascar.

    Ratsimbazafy, L. C., Harada, K. and Yamamura, M.

    International Journal of Biodiversity and Conservation   3 巻 ( 12 ) 頁: 618-630.   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Agroforestry as a sustainable landuse option in degraded tropical forests: a study from Bangladesh.

    Alam, M., Furukawa, Y. and Harada, K.

    Environment, Development and Sustainability   12 巻 ( 2 ) 頁: 147-158.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Patterns of Behavior in Local Forest management: Case Studies from Indonesia and Laos.

    Nanang, M., Hyakumura, K., Harada, K. and Inoue, M.

    Socio-Humanities   1 巻 ( 1 ) 頁: 55-65.   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Local use of agricultural lands and natural resources as the commons in Gunung Halimun National Park, West Java, Indonesia.

    Harada, K.

    International Journal of Sustainable Development and World Ecology   12 巻   頁: 34-47.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Diversity, conservation, local knowledge of rattans and sugarpalm in Gunung Halimun National Park, Indonesia.

    Harada, K., Mogea, J. P. and Rahayu, M.

    Journal of the International Palm Society   49 巻 ( 1 ) 頁: 25-35.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Peran tumbuhan dalam kehidupan tradisional masyarakat lokal di Taman Nasional Gunung Halimun-Jawa Barat (The role of plants for the traditional livelihoods of local people in Gunung Halimun National Park.

    Rahayu, M. and Harada, K.

    Berita Biology   7 巻 ( 1,2 ) 頁: 17-23.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Dependency of local people on the forests of Gunung Halimun National Park, West Java, Indonesia.

    Harada, K.

    TROPICS   13 巻 ( 3 ) 頁: 161-185.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Attitudes of local people towards conservation and Gunung Halimun National Park in West Java, Indonesia.

    Harada, K.

    Journal of Forest Research   8 巻   頁: 271-282.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 保護地域の自然資源をめぐる紛争管理―政府と地域住民の対立をとらえるためのフレームワーク.

    原田一宏

    林業経済研究   49 巻 ( 2 ) 頁: 35-43.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 地域住民の参加による保護地域管理のための方策―インドネシア・グヌンハリムン国立公園を例として―.

    原田一宏

    林業経済   52 巻 ( 10 ) 頁: 14-22.   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Responses of three dipterocarp species to light regime.

    Tange, K., Harada, K., Kojima, K. and Sasaki, S.

    Proceedings of the Japan Academy   74 巻   頁: 206-209.   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 異なる植栽条件下でのフタバガキ科苗の水分生理特性.

    原田一宏, 小島克己, 丹下健, 佐々木恵彦

    日本林学会大会発表論文集   105 巻   頁: 287-290.   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. Participatory forest management in a new age : Integration of climate change policy and rural development policy

    井上 真, 原田 一宏, Yokota Yasuhiro, Mohammed Abrar Juhar

    University of Tokyo press  2021年  ( ISBN:9784130770125

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

  2. Participatory Forest Management in a New Era: Integration of Rural Development and Climate Change 査読有り 国際共著

    ( 担当: 共編者(共編著者))

    University of Tokyo Press   2021年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 森林行政と慣習林

    アジアの法整備叢書 インドネシア:民主化とグローバリゼーションへの挑戦

    旬報社   2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. インドネシア : 民主化とグローバリゼーションへの挑戦

    島田 弦, 鮎京 正訓, 茅根 由佳, 川村 晃一, 草野 芳郎, 河野 毅, 坂田 有実, Suryomenggolo Jafar, 新地 真之, 高野 さやか, 原田 一宏, 平石 努, 増原 綾子, 見市 建, 宮澤 哲, 宮澤 尚里, 吉田 信

    旬報社  2020年  ( ISBN:9784845116393

     詳細を見る

  5. 特集暮らしの中の熱帯

    森林環境研究会, 原田 一宏, 井上 真

    森林文化協会  2020年  ( ISBN:9784998087182

     詳細を見る

  6. コーヒー豆を追いかけて : 地球が抱える問題が熱帯林で見えてくる

    原田 一宏

    くもん出版  2018年  ( ISBN:9784774326962

     詳細を見る

  7. 「認証制度を通した市場メカニズム」

    『シリーズ 東南アジア地域研究 環境』( 担当: 分担執筆)

    慶応義塾大学出版会   2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 環境社会学特論

    2022

  2. 国際森林資源論

    2020

  3. 生命の技術と倫理

    2020

  4. 森林社会共生学

    2020

  5. 環境政策学

    2016

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 環境の社会学

    2014年4月 - 2020年3月

  2. 環境と政治

    2014年4月 - 2020年3月