2021/04/14 更新

写真a

オガワ サトシ
小川 智史
OGAWA Satoshi
所属
大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻 エネルギー材料工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 エネルギー理工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2014年4月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. ナノ粒子

  2. 水素吸蔵材料

  3. X線光電子分光(XPS)

  4. X線吸収微細構造 (XAFS)

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 応用物理一般  / X線分光分析

  2. ナノテク・材料 / ナノ構造物理  / ナノ粒子

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 水素吸蔵ナノ材料の創製とその評価

経歴 1

  1. 学術振興会特別研究員

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   量子工学専攻

    2009年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   物理工学科量子エネルギー工学コース

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 公益財団法人日本金属学会   会員

    2016年9月 - 現在

  2. 日本放射光学会   会員

    2014年10月 - 現在

  3. 日本XAFS研究会   会員・企画幹事

    2009年9月 - 現在

受賞 1

  1. Student Award

    2013年12月   9th International Symposium on Atomic Level Characterization for New Materials and Devices '13   XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles

    Satoshi Ogawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 16

  1. Effects of the amount of Au nanoparticles on the visible light response of TiO2 photocatalysts

    Yoshida Tomoko, Misu Yuhei, Yamamoto Muneaki, Tanabe Tetsuo, Kumagai Jun, Ogawa Satoshi, Yagi Shinya

    CATALYSIS TODAY   352 巻   頁: 34 - 38   2020年8月

  2. Comparison of platinum photodeposition processes on two types of titanium dioxide photocatalysts

    Yamamoto Muneaki, Minoura Yasuhiro, Akatsuka Masato, Ogawa Satoshi, Yagi Shinya, Yamamoto Akira, Yoshida Hisao, Yoshida Tomoko

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   22 巻 ( 16 ) 頁: 8730 - 8738   2020年4月

     詳細を見る

  3. Characterization by Synchrotron-Radiation X-Ray Photoelectron Spectroscopy of NO Adsorption on Rh (vol 16, pg 36, 2018)

    Koda Yuki, Sumida Hirosuke, Ogawa Satoshi, Tsukada Chie, Namatame Hirofumi

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   17 巻   頁: 69 - 70   2019年7月

  4. Development of sample preparation technique to characterize chemical structure of humin by synchrotron-radiation-based X-ray photoelectron spectroscopy

    Duyen Minh Pham, Miyata Yasushi, Awata Takanori, Nakatake Masashi, Zhang Chung Fang, Kanda Keiji, Ogawa Satoshi, Ohta Shozo, Yagi Shinya, Katayama Arata

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 2 ) 頁: 226 - 233   2019年2月

     詳細を見る

  5. Surface chemical states of gold nanoparticles prepared using the solution-plasma method in a CsCl aqueous solution

    Tsukada Chie, Yoshida Hikaru, Ogawa Satoshi, Yoshigoe Akitaka, Yagi Shinya, Yaita Tsuyoshi

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 1 ) 頁: 85 - 88   2019年1月

     詳細を見る

  6. Synthesis of Ag nanoparticles prepared by a solution plasma method and application as a cocatalyst for photocatalytic reduction of carbon dioxide with water

    Yoshida Tomoko, Yamamoto Naoto, Mizutani Tsuyoshi, Yamamoto Muneaki, Ogawa Satoshi, Yagi Shinya, Nameki Hirofumi, Yoshida Hisao

    CATALYSIS TODAY   303 巻   頁: 320-326   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2017.08.047

    Web of Science

  7. Characterization by Synchrotron-Radiation X-Ray Photoelectron Spectroscopy of NO Adsorption on Rh

    Koda Yuki, Sumida Hirosuke, Ogawa Satoshi, Tsukada Chie, Namatame Hirofumi

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   16 巻   頁: 36-40   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2018.36

    Web of Science

  8. Fabrication and in/ex situ XPS Characterization of Rh Nanoparticles

    Koda Yuki, Sumida Hirosuke, Ogawa Satoshi, Tsukada Chie, Namatame Hirofumi

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   15 巻   頁: 50-54   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2017.50

    Web of Science

  9. Hydrogen storage of binary nanoparticles composed of Mg and Pd 査読有り

    Satoshi Ogawa, Taishi Fujimoto, Tsuyoshi Mizutani, Masahiro Ogawa, Naoki Uchiyama, Kazuo Kato, Toshiaki Ohta, Tomoko Yoshida, Shinya Yagi

    International Journal of Hydrogen Energy   40 巻 ( 35 ) 頁: 11895-11901   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2015.04.087

  10. 金属ナノ粒子を用いた水素吸蔵材料の分光学的手法による化学状態分析 査読有り

    小川智史, 内山直樹, 藤本大志, 金井友美, 八木伸也

    日本金属学会誌   79 巻 ( 3 ) 頁: 118-123   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/jinstmet.JC201409

  11. XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles 査読有り

    Satoshi Ogawa, Taishi Fujimoto, Tsuyoshi Mizutani, Masahiro Ogawa, Chihiro Yogi, Kazuo Kato, Toshiaki Ohta, Tomoko Yoshida, Shinya Yagi

    Surface and Interface Analysis   46 巻   頁: 1143-1146   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/sia.5647

  12. The Spectroscopic Study on the Chemical State at Pd/Mg Interface 査読有り

    Shunsuke Murakami, Satoshi Ogawa, Ken Shirai, Chie Tsukada, Shinya Yagi, Koji Nakanishi, Toshiaki Ohta

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   9 巻   頁: 438 - 441   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2011.438

  13. Size Dependence of Air Oxidation for Mg Nanoparticle 査読有り

    Satoshi Ogawa, Shunsuke Murakami, Ken Shirai, , Koji Nakanishi, Chie Tsukada, Toshiaki Ohta, Shinya Yagi

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   9 巻   頁: 315 - 321   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2011.315

  14. Influence of CO 2 and H 2 O on Air Oxidation of Mg Nanoparticles Studied by NEXAFS 査読有り

    Journal of Surface Analysis   17 巻 ( 3 ) 頁: 319 - 323   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1384/jsa.17.319

  15. 大気酸化したMgナノ粒子のNEXAFS分析 査読有り

    小川智史,丹羽悠登,中西康次,太田俊明,八木伸也

    電気学会論文誌C   130 巻 ( 10 ) 頁: 1746 - 1750   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.130.1746

  16. Fabrication and Characterization of Magnesium Nanoparticle by Gas Evaporation Method 査読有り

    Satoshi Ogawa, Hironori Niwa, Toyokazu Nomoto, Shinya Yagi

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   8 巻   頁: 246 - 249   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1380/ejssnt.2010.246

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. ソリューションプラズマ法を応用した新奇Mg-Ni系水素吸蔵合金ナノ粒子の創製とその評価

    2015年4月 - 2016年12月

    日東学術振興財団助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. コアシェル構造を有する新奇Mg-Pdナノ粒子の開発と水素吸放出特性評価

    2014年10月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 金属ナノ粒子を用いた高い水素吸放出特性を有する新奇材料の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費(DC1)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ナノ界面を制御したMg複合ナノ粒子の創製による常温付近での高密度水素貯蔵

    研究課題/研究課題番号:18K14089  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  若手研究

    小川 智史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    Mgは軽量かつ安価な水素吸蔵材料として注目されているが、その水素吸蔵時に300℃程度の高温条件を必要とするため、実用に向けては水素吸放出時のエネルギー効率の向上が望まれる。本研究ではMgのナノ粒子化による比表面積の増加と、Mgと遷移金属(TM)を複合化することで生じるMg-TM界面付近の「歪み」を利用することで、Mgの水素吸放出温度を常温付近まで低下させることを目的としている。
    令和元年度においては前年度に設計した、高真空雰囲気を保ちながらの試料輸送が可能な高真空トランスファーベッセルと試料の水素化および水素雰囲気での試料運搬が可能な水素化反応トランスファーベッセルを開発し、その性能を評価した。高真空トランスファーベッセルは非蒸発型ゲッターポンプを用いることでベッセル内部の高真空を維持することができ、これを用いて輸送したMgナノ粒子のX線吸収微細構造(XAFS)測定を行ったところ、わずかな酸化は見られたがMgナノ粒子の化学状態の大部分は金属状態であった。水素化反応トランスファーベッセルを用いてMgとMnを複合化したMg-Mnナノ粒子に対して水素吸蔵および水素放出実験を行ったところ、可逆的に水素吸蔵することをXAFS測定によって確認した。
    Mgは大気はおろか低真空下によってさえ速やかに酸化し水素吸蔵能を失う。Mgをナノ粒子化することで表面積を増加させれば酸化の影響はより顕著となり、これが物性評価の妨げとなるのは必定である。本研究ではナノ粒子化とMg-TM界面が水素吸放出反応に及ぼす効果を酸化の影響を排したうえで評価するために、高真空または高純度水素雰囲気を維持しての分析を可能にした。このようなアプローチは国内外を含めて例がなく本研究の特色および意義であると考えている。
    Mg-Mnナノ粒子のXAFS測定の結果から、試料作製時に不純物が混入する問題が発覚したが、試料作製条件を見直すことでこれをすでに解決済みである。水素吸放出実験および大気非曝露での試料輸送も可能となったため、残すは水素吸放出特性とナノ界面構造との関連を調べることであり、概ね順調といえる。
    今後はMg-Mnナノ粒子の水素吸蔵および放出反応が生じる温度とその組成依存性を調べるとともに、透過型電子顕微鏡観察とXAFS測定を併用することでMgとMnの界面構造の解析を進めていく。

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. エネルギー理工学実験第2A・B

    2020

  2. エネルギー理工学実験第1

    2020

  3. エネルギー理工学実験第1

    2019

  4. エネルギー理工学実験第2A・B

    2019

  5. 量子エネルギー工学学生実験第2A・B

    2018

  6. 量子エネルギー工学学生実験第1

    2017

  7. 量子エネルギー工学実験第2A・B

    2017

▼全件表示