2021/05/08 更新

写真a

ヤマモト テツヤ
山本 徹也
YAMAMOTO Tetsuya
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2005年11月   京都大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2003年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 化学工学

  2. コロイド分散系

  3. 乳化重合プロセス

  4. 粉体工学

  5. 炭素複合材料

  6. 界面制御工学

  7. 高分子微粒子

  8. 複合材料

  9. 核生成

  10. 原子間力顕微鏡

  11. ナノ粒子

  12. コロイド

研究分野 4

  1. ナノテク・材料 / 高分子材料

  2. ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  3. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

  4. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 炭素繊維複合材料の高機能化・高性能化を実現するコロイド技術

  2. 低環境負荷型高分子ミクロン粒子合成プロセスの開発

経歴 4

  1. 名古屋大学   工学研究科   准教授

    2014年4月 - 現在

  2. 広島大学 工学(系)研究科(研究院)   工学研究院   助教

    2009年4月 - 2014年3月

  3. 広島大学大学院   工学研究科   助教

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 広島大学大学院   工学研究科   助手

    2005年12月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   工学研究科   化学工学専攻

    2003年4月 - 2005年11月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   工学研究科   化学工学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   工学部   工業化学科

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 化学工学会   正会員

  2. 粉体工学会   正会員

  3. コロイドおよび界面化学部会   正会員

  4. 繊維学会   正会員

  5. 化学工学会 材料・界面部会ソフトマター工学分科会   正会員

  6. 化学工学会 材料・界面部会機能性微粒子分科会   正会員

▼全件表示

委員歴 9

  1. 化学工学会 材料・界面部会   幹事  

    2021年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 化学工学会 論文誌編集委員会   編集委員  

    2015年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 粉体工学会   論文編集委員  

    2021年2月 - 2023年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 化学工学会 東海支部   執行部会計幹事  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 粉体工学会 中部談話会   世話人  

    2016年8月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 化学工学会 材料・界面部会ソフトマター工学分科会   幹事  

    2016年7月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 化学工学会 東海支部   幹事  

    2018年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 化学工学会誌トピックス委員   委員  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 化学工学会 東海支部 未来の化学工学を考える会(P&D委員会)   幹事  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 6

  1. 第12回わかしゃち奨励賞 優秀賞

    2018年1月   愛知県産業労働部   4R社会を構築するCFRTPの高性能化

    山本徹也

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 永井科学技術財団賞 奨励賞

    2017年3月   永井科学技術財団   炭素繊維強化熱可塑性プラスチックの 高性能化を実現する界面制御技術の開発

    山本徹也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  3. 日本粉体工業技術協会奨励賞 研究奨励賞

    2016年12月   日本粉体工業技術協会   熱可塑性炭素繊維強化プラスチックの高性能化とリサイクル

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 化学工学会研究奨励賞内藤雅喜記念賞

    2013年3月   化学工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 粉体工学会研究奨励賞

    2009年12月   粉体工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 粉体工学会論文賞

    2008年12月   粉体工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 111

  1. Size Control of Polystyrene Nanoparticles Synthesized in Melamine Foam 査読有り

    Shinya Ouchi, Naoki Yamada, Tetsuya Yamamoto

    Industrial & Engineering Chemistry Research   59 巻 ( 40 ) 頁: 17927 - 17933   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.0c03560

    Web of Science

  2. Enhancement of bending strength, thermal stability and recyclability of carbon-fiber-reinforced thermoplastics by using silica colloids 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Sho Yabushita, Toshihira Irisawa, Yasuhiro Tanabe

    Composites Science and Technology   181 巻   頁: 107665 - 107665   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.compscitech.2019.05.022

  3. A polymer colloidal technique for enhancing bending properties of carbon fiber-reinforced thermoplastics using nylon modifier 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Toshihira Irisawa, Yasuhiro Tanabe

    Composites Part A: Applied Science and Manufacturing   112 巻   頁: 250 - 254   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    To enhance the bending properties of carbon fiber-reinforced thermoplastics (CFRTPs) by improving their interfacial properties, a new colloidal technique has been developed in this work. First, colloidal polymer containing the main components of thermoplastic nylon resin was synthesized from nylon powder and surfactants or through emulsion polymerization and then subsequently adsorbed on the surface of carbon fibers by electrodeposition. The strength of the surface adhesion between the modified carbon fibers and nylon was estimated by measuring their interfacial shear strength (ISS) via fragmentation testing. The obtained results revealed that both the ISS and impregnation ratio of nylon depended on the amount and composition of the adsorbed particles. Furthermore, the relationship between the interfacial and bending properties of CFRTP was clarified. The data by three-point bending tests showed that the contribution of the impregnation ratio of nylon to the enhancement of the bending strength of CFRTP was much larger than that of ISS.

    DOI: 10.1016/j.compositesa.2018.06.011

    Web of Science

    Scopus

  4. Size Control of Polymeric Particle in Soap-Free Emulsion Polymerization 招待有り 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Ko Higashitani

    KONA Powder and Particle Journal   35 巻 ( 0 ) 頁: 66 - 79   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hosokawa Powder Technology Foundation  

    DOI: 10.14356/kona.2018012

    Web of Science

    Scopus

  5. Controlling of the interfacial shear strength between thermoplastic resin and carbon fiber by adsorbing polymer particles on carbon fiber using electrophoresis 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Toshihira Irisawa, Yasuhiro Tanabe

    COMPOSITES PART A-APPLIED SCIENCE AND MANUFACTURING   88 巻   頁: 75 - 78   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    In order to control the interfacial adhesion between carbon fibers and thermoplastic resins, poly(methyl methacrylate) (PMMA) particles have been adsorbed on the carbon fiber surfaces using an electrophoresis process. The amount of PMMA particles adsorbed on the modified carbon fibers was varied using the electrophoresis technique performed in polymer colloids for a short time. Additionally, the interfacial shear strength between the modified carbon fiber and the resin was controlled by a modification of the present process. An improved interaction and a strengthened surface adhesion between the carbon fiber coated with particles and the PMMA resin were observed. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.compositesa.2016.05.021

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  6. Growth mechanism of soap-free polymerization of styrene investigated by AFM 査読有り

    Yamamoto, T Nakayama, M Kanda, Y Higashitani, K

    Journal of Colloid and Interface Science   297 巻 ( 1 ) 頁: 112-121   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2005.10.025

  7. 三次元網目構造を反応場とした高分子ナノ粒子のサイズコントロール 招待有り 査読有り

    大内慎也,山田尚輝, 山本徹也

    粉体工学会誌     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. CFRPから回収した炭素繊維を利用した高機能性材料の開発

    山本徹也

    ホソカワ粉体工学振興財団年報   28 巻   頁: in press   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Surfactant-free decellularization of porcine aortic tissue by subcritical dimethyl ether 招待有り 査読有り

    Kanda Hideki, Ando Daigo, Hoshino Rintaro, Yamamoto Tetsuya, Wahyudiono, Suzuki Shogo, Shinohara Satoshi, Goto, Motonobu

    ACS Omega     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 熱可逆性ハイドロゲルを重合場としたポリスチレンナノ粒子の合成 査読有り

    山田尚輝、大内慎也、山本徹也

    化学工学論文集   47 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 16   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.47.11

    Web of Science

  11. Dispersion of Nano-materials in Polymer Composite Materials 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yuya Takahashi, Naoya Toyoda

    MATEC Web of Conferences   333 巻   頁: 11003 - 11003   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EDP Sciences  

    Polymer composites materials are the subject of extensive studies because of their novel properties compared with their constituent materials. Dispersion stability of sub-micron sized particles in the medium is important from the point of colloidal views. In the present study, dispersion of nano-materials in the matrix polymer is one of the most important problems to enhance their mechanical properties. We tackled this problem to carry out surface modification of the nano-materials, such as carbon nano tubes (CNTs), using amphiphilic polymers, poly<italic>N</italic>vinylacetamide (PNVA), synthesized thorough radical polymerization. Hydrogen bond worked between PNVA onto the modified nano-materials and hydrophilic matrix, such as polyvinyl alcohol (PVA), to enhance surface adhesions and dispersions of the nano-materials in the matrix. As a result, the mechanical properties of their composites materials were strengthened. When CNTs were used in PVA, the transparency of the composite was also increased due to improvement of their dispersions. In addition, if the CNTs formed the networks in the composites, the highly conductive and transparent polymer composite films were fabricated.

    DOI: 10.1051/matecconf/202133311003

  12. Creating a laminated carbon fiber-reinforced thermoplastic using polypropylene and nylon with a polypropylene colloid 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yusuke Ota

    Composite Structures   255 巻   頁: 113038 - 113038   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.compstruct.2020.113038

    Web of Science

  13. Effects of carbon nanofibers on carbon fiber reinforced thermoplastics made with in situ polymerizable polyamide 6 査読有り

    Toshihira Irisawa, Masataka Shibata, Tetsuya Yamamoto, Yasuhiro Tanabe

    Composites Part A: Applied Science and Manufacturing   138 巻   頁: 106051 - 106051   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.compositesa.2020.106051

    Web of Science

    Scopus

  14. 高分子中空微粒子の炭素化による多孔質炭素中空微粒子の合成 招待有り 査読有り

    河合優介, 山本徹也

    粉体工学会誌   57 巻 ( 8 ) 頁: 412 - 416   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.57.412

  15. Making hollows using nitrogen gas emitted by the decomposition of VAm-110 in polystyrene particles 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kazuya Tsutsumi, Yusuke Kawai

    Polymer   202 巻   頁: 122761 - 122761   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.polymer.2020.122761

    Web of Science

  16. Relationship between dispersion-forming capability of poly(4-vinylaniline) colloids and antimicrobial activity 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Ryo Furuta, Kenji Arakawa, Aiko Teshima

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   596 巻   頁: 124736 - 124736   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2020.124736

  17. Improved metal-resin adhesion via electroplating-induced polymer particle adsorption 査読有り

    Yusuke Ota, Tetsuya Yamamoto

    Surface and Coatings Technology   388 巻   頁: 125591 - 125591   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2020.125591

  18. Synthesis of porous carbon hollow particles maintaining their structure using hyper-cross-linked Poly(St-DVB) hollow particles 査読有り

    Yusuke Kawai, Tetsuya Yamamoto

    Advanced Powder Technology   31 巻 ( 2 ) 頁: 614 - 620   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.apt.2019.11.016

    Web of Science

  19. 自動車用金属部材/CFRTP界面の接着向上技術の開発

    山本徹也

    公益財団法人天野工業技術研究所平成30年度年次報告     頁: 88 - 94   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. Controlling Porous Hollow Silica Particles through Soap-free Emulsion Polymerization with Polymer Core Particles 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yuya Takahashi

    Chemistry Letters   48 巻 ( 10 ) 頁: 1229 - 1231   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.190513

    Web of Science

  21. Influence of the size of polystyrene synthesized through soap-free emulsion polymerization on antimicrobial activity 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kenji Arakawa, Ryo Furuta, Aiko Teshima

    Materials Today Communications   20 巻   頁: 100572 - 100572   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.mtcomm.2019.100572

  22. Synthesis of dimpled and submicron-sized polymer particles of different morphologies using free micromixer 査読有り

    Yusuke Kawai, Tetsuya Yamamoto

    Colloid and Interface Science Communications   32 巻   頁: 100193 - 100193   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.colcom.2019.100193

  23. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化とリサイクルを実現する界面制御技術の開発

    山本徹也

    豊田研究報告   72 巻   頁: 190 - 191   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  24. Preparation of PVA/Polymer Colloid nanocomposite Hydrogel Using PS-PNVA Particles 査読有り

    Naoya Toyoda, Tetsuya Yamamoto, Kenji Arakawa, Aiko Teshima

    Chemistry Letters   48 巻 ( 4 ) 頁: 378 - 381   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.181042

  25. Effect of Initiator Charge on Dispersion Stability of Polymer Particles Formed by Soap-free Emulsion Polymerization of 4-Vinylaniline or 4-Vinylpyridine 査読有り

    Yamamoto Tetsuya, Furuta Ryo, Kawai Yusuke

    CHEMISTRY LETTERS   48 巻 ( 3 ) 頁: 208 - 210   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180917

    Web of Science

  26. Synthesis of Polystyrene@Silica Particles through Soap-Free Emulsion Polymerization and Sol-Gel Reaction on Polymer Surfaces 査読有り

    T. Yamamoto, and Y. Takahashi

    Advanced Powder Technology   30 巻 ( 1 ) 頁: 214 - 218   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2018.10.025

    Web of Science

  27. 界面特性を強化した熱可塑性炭素繊維強化プラスチックの作製

    山本徹也

    東燃ゼネラル石油研究奨励財団研究報告書   20 巻   頁: in press   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. Antimicrobial activities of low molecular weight polymers synthesized through soap-free emulsion polymerization 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya, Arakawa, Kenji, Takahashi, Yuya, Sumiyoshi, Miho

    European Polymer Journal   109 巻   頁: 532-536   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2018.10.047

  29. Antimicrobial activities of polymers synthesized through soap-free emulsion polymerization using a cationic initiator and styrene derivative monomers 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya; Arakawa, Kenji; Furuta, Ryo; Teshima, Aiko

    Chemistry Letters   47 巻 ( 11 ) 頁: 1402-1404   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180762

  30. Dispersion of carbon nanofibers modified with polymer colloids to enhance mechanical properties of PVA nanocomposite film 査読有り

    Toyoda Naoya, Yamamoto Tetsuya

    Colloids and Surfaces a-Physicochemical and Engineering Aspects   556 巻   頁: 248 - 252   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2018.08.017

    Web of Science

  31. Design of polymer particles maintaining dispersion stability for the synthesis of hollow silica particles through sol-gel reaction on polymer surfaces 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yuya Takahashi

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   553 巻   頁: 66 - 70   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    To synthesize polystyrene-silica core-shell particles and silica hollow particles, soap-free emulsion polymerization was carried out using styrene and N-vinylacetamide (NVA), and the Stöber method using tetraethyl orthosilicate (TEOS) was performed on the polymer particle surfaces. Here, NVA acts as a stabilizer for the polymer colloids, maintaining dispersion stability by synthesizing hydration layers even when the electrostatic adsorption of TEOS had occurred, and as a catalyst for the sol-gel reaction. NVA was polymerized by the cationic initiator located on the surface of the polystyrene particles to maintain dispersion stability by a steric effect. Therefore, the sol-gel reactions proceeded more efficiently on the surface of polymer particles, facilitated by the much larger surface area. Finally, the polymer core was removed by heating to prepare highly monodisperse silica hollow particles.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2018.05.036

    Web of Science

    Scopus

  32. 微粒子を利用した疎水性粉体の水への分散技術の開発

    山本徹也

    ホソカワ粉体工学振興財団年報   25 巻   頁: 113-118   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14356/hptf.15118

  33. Effect of the surface properties of particle on the classification performance of a dry-cyclone 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Motoharu Higashino

    Particulate Science and Technology   36 巻 ( 1 ) 頁: 46 - 49   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis Inc.  

    The purpose of the present study was to investigate the effect of the surface properties of silica particles on the classification performance of a dry-cyclone. As a result, it was clear that the separation force between the surface of particle and the silicon was decreased by the AFM measurement when the surface of the silica particles could be modified with ethanol or acetone treatment. Fine particles in the original silica particles with the treatments were easily collected by the filter in a dry-cyclone system
    hence, the particle classification performance was enhanced.

    DOI: 10.1080/02726351.2016.1205691

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  34. Enhancement of mechanical properties of carbon fiber reinforced thermoplastic using colloidal techniques 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Syo Yabushita

    Procedia Manufacturing   15 巻   頁: 1738 - 1745   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.promfg.2018.07.251

    Scopus

  35. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現する界面制御技術の開発

    山本徹也

    新東技報   35 巻   頁: 70-72   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  36. Enhancement of surface adhesion between thermoplastic resin and carbon fiber using polymer colloids 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Toshihira Irisawa, Yasuhiro Tanabe

    The Journal of Adhesion   93 巻 ( 12 ) 頁: 943 - 948   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00218464.2016.1189332

    Web of Science

    Scopus

  37. Improved mechanical properties of PMMA composites: Dispersion, diffusion and surface adhesion of recycled carbon fiber fillers from CFRP with adsorbed particulate PMMA 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yuta Makino, Katsumasa Uematsu

    Advanced Powder Technology   28 巻 ( 10 ) 頁: 2774 - 2778   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.apt.2017.08.003

    Web of Science

  38. In-situ Adsorption of Polymer Particles on Multi-wall Carbon Nanotubes Using Colloidal Techniques 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Naoya Toyoda

    Colloids and Interface Science Communications   20 巻   頁: 1 - 4   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    A novel technique for the adsorption of polymer particles on carbon nanotubes was developed. First, the surfaces of multi-wall carbon nanotubes (MWCNTs) were coated with poly(N-vinyl acetamide) (PNVA) to confer them hydrophilicity together with good dispersion stability in water owing to a steric effect between the hydration layers. Second, the hydrophilic MWCNTs were covered with polymethyl methacrylate (PMMA) particles bearing positive charges—synthesized using V-50—through electrostatic interactions. These polymers were obtained by soap-free emulsion polymerization. The in-situ adsorption of PMMA particles on surface MWCNTs were attributed to the hydration layers of the modified MWCNTs, and electrostatic interactions between PMMA particles and the modified MWCNTs. It can be expected that the PMMA particles adsorbed on the carbon nanotubes hold the potential to serve as glue between carbon nanotube and PMMA in the composite.

    DOI: 10.1016/j.colcom.2017.07.003

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  39. Synthesis and Electrical Properties of Composite Films Comprising Polymer Particles and Carbon Nanotubes 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi

    Colloids and Interface Science Communications   20 巻   頁: 5 - 8   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    In the present study, composite films were synthesized from composite polymer particles prepared with multi-wall carbon nanotubes (MWCNTs) by in situ polymerization. Because one of the advantages of MWCNTs compared to other preparation methods is high electrical conductivity, the electrical properties of the composite films were evaluated by the direct current two-terminal method. As a result, the composite film prepared by MWCNTs had conductive paths and showed higher conductivity even at lower mass fraction of MWCNTs compared with the previous works to keep transparency. This method was shown to decrease the mass fractions of MWCNTs and increase the transparency of the composite films.

    DOI: 10.1016/j.colcom.2017.08.001

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  40. Synthesis of composite polymer particles with carbon nanotubes and evaluation of their mechanical properties 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   529 巻   頁: 765 - 770   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In the present study, a method for synthesizing composite polymer particles with multi-wall carbon nanotubes (MWCNTs) was developed, and the particles' mechanical properties were evaluated. First, the surfaces of MWCNTs were modified by acids to increase their hydrophilicity, resulting in surface-active MWCNTs. Then, a Pickering emulsion was formed using liquid benzyl methacrylate monomer and the surface-active MWCNTs. The surface charge of the surface-active MWCNTs greatly influenced the surface coverage and size of the composite particles. Furthermore, when untreated MWCNTs were added to the monomer phase, surface coverage of the resulting particles was enhanced because MWCNTs on the surface of the particles interacted with MWCNTs incorporated inside the particles, thus preventing the surface-active MWCNTs on the surface from being released into the bulk. As a result, the mechanical properties of the composite polymer particles were successfully improved because the incorporated MWCNTs worked well as fillers.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2017.05.075

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  41. Anomalous particle through soap-free emulsion polymerization of styrene using oil-soluble initiator 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, SeulChan Kim

    JOURNAL OF POLYMER RESEARCH   24 巻 ( 9 ) 頁: 149   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    One of oil-soluble initiators, VF-096, might work as cross-linker. This initiator would enable to synthesize the particle with cross-linking, which was involved with the particle morphology. Soap-free emulsion polymerization of styrene using this initiator was carried out to develop the method to control the particle morphology in one batch system. As a result, it was found that anomalous particle was generated without stirring and the particle morphology changed to be spherical by increasing shear stress through the stirring. One of the origins of the anomalous particle was the phase separation of the water in the particle and release of it from inside of the particle to the bulk.

    DOI: 10.1007/s10965-017-1316-2

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  42. Controlling the particle cut size of a dry cyclone using acetone 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Motoharu Higashino

    Particulate Science and Technology   35 巻 ( 2 ) 頁: 214 - 218   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis Inc.  

    In this study, we investigated the interaction between particles and the wall in the presence of mist to improve the particle classification performance of a dry cyclone. The interaction between a silica particle and a mica surface in the presence of a flowing acetone mist was measured by performing atomic force microscopy (AFM), which showed that an attractive force was generated and became stronger as time passed while acetone mist was supplied to the system, probably because of static electricity. In a dry cyclone system, this attractive force could enhance the classification performance. In particular, when acetone mist was supplied into the cyclone from the upper part of the dust box at higher flow rates, the classification performance was enhanced. Because acetone is highly volatile and has a low viscosity, the classification performance was improved by the evaporated acetone even when a cyclone with a dust box filled with acetone was used instead of a nozzle supplying the mist. In this case, the ratio of the mass of the particles collected by the upper part of the cyclone to the total mass of the feed powder was increased, probably because of the attractive force between the silica particles and the wall of the cyclone. Moreover, the cut size of the dry cyclone could be controlled by changing the amount of acetone in the dust box of the cyclone.

    DOI: 10.1080/02726351.2016.1150370

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  43. CFRTPの高性能化を実現するコロイド技術 招待有り

    山本 徹也

    化学装置   59 巻 ( 3 ) 頁: 45 - 48   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  44. Synthesis of hydrocolloid through polymerization of styrene and N-vinyl acetamide by AIBN 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Yuya Takahashi

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   516 巻   頁: 80 - 84   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The soap-free emulsion polymerization of styrene with hydrophilic monomer, N-vinyl acetamide (NVA), using oil-soluble initiator was carried out to synthesize polymeric particles with good dispersion stability and improve the polymer yield. As a result, it was found that the polymer yield and dispersion stability were enhanced by the promotion of polymerization by the dissolved monomers and hydrogen bonding between NVA on the particle surface and water molecules in the bulk. Accordingly, this polymer colloid showed the nature of hydrocolloid by their hydration layers because its dispersion stability was kept even when the electrolytes were added to the system. In the conventional soap-free emulsion polymerization, the counter ions including the water-soluble initiators were remained in the water phase. However, because all of chemical components in the present study were consumed for the polymerization, the impurities except polymers were hardly remained in the bulk. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2016.12.023

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  45. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現するコロイド技術 招待有り 査読有り

    山本 徹也、上松 克匡、入澤 寿平、田邊 靖博

    粉体工学会誌   53 巻 ( 12 ) 頁: 786 - 791   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.53.785

  46. Particle size control in the soap-free emulsion polymerization of styrene by an oil-soluble initiator with a weakly acidic water-soluble initiator 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi, Yuya Takahashi

    COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS   502 巻   頁: 1 - 5   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The soap-free emulsion polymerization of styrene by an oil-soluble initiator, 2,2'-azobis(2-methylpropionitrile) (AIBN), with a water-soluble initiator, 4,4'-azobis(4-cyanovaleric acid) (V-501), was conducted in water to control the size of the synthesized polymeric particles. The particle size and surface potential were monitored as concentration of V-501 used for the polymerization was varied. When the V-501 concentration was increased, the particle size increased because V-501 was a weak acid and reduced the surface potential, thereby promoting particle growth through coagulation. Additionally, V-501 can also function as a radical initiator, increasing the efficiency of the polymerization reaction and, thus, the number concentration of the particles. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2016.04.048

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  47. Relationship between Surface Potential and Particle Size in Soap-free Emulsion Copolymerization of Styrene and Methyl Methacrylate using a Water- or Oil-soluble Initiator 査読有り

    Colloid & Polymer Science   294 巻   頁: 281 - 284   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00396-015-3780-8

  48. Effect of the Amount of pi Electrons in Aromatic Monomer on the Surface Potential of Polymeric Particles Obtained through Soap-free Emulsion Polymerization Using AIBN 査読有り

    Tetsuya Yamamoto

    CHEMISTRY LETTERS   44 巻 ( 11 ) 頁: 1555 - 1556   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    The surface potential of polymeric particles obtained through soap-free emulsion polymerization using an oil-soluble initiator, 2,2'-azobis(2-methylpropionitrile) (AIBN), depended on the monomer used in the polymerization. Changing the amount of it electrons in the aromatic monomer enabled control of the surface potential of the synthesized particles. It was found that the negative charges of the synthesized particles were strengthened for their sizes to be reduced gradually as the amount of it electrons in the monomer was increased.

    DOI: 10.1246/cl.150759

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  49. Effect of Counter Ionic Radius in Initiator on Particle Size in Soap-free Emulsion Polymerization of Styrene 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Taichi Yokoyama

    CHEMISTRY LETTERS   44 巻 ( 6 ) 頁: 824 - 825   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Soap-free emulsion polymerization of styrene was carried out to synthesize particles with the size under 100 nm. Changing the concentration of initiator, VA-044, enabled us to control the size under 100 nm in soap-free emulsion polymerization of styrene. Furthermore, making the counter ion radius in initiator smaller was effective for reducing the size of particles in the polymerization.

    DOI: 10.1246/cl.150148

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  50. Effect of electrolyte species on size of particle through soap-free emulsion polymerization of styrene using AIBN and electrolyte 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi

    COLLOID AND POLYMER SCIENCE   293 巻 ( 3 ) 頁: 1003 - 1006   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The addition of electrolyte to a soap-free emulsion polymerization using oil-soluble initiator, 2,2'-azobis(2-methylpropionitrile) (AIBN), was useful for production of the micron-sized polystyrene particle. To investigate the effect of electrolyte species on particle size, we focus on the counter ion and ionic radius of the cation during the synthesis of the particle. As a result, because the order of acid dissociation constant of the acid was HCl &lt; HNO3 &lt; CH3COOH, the suspension using chloride salt has lower pH and included the larger particles due to the coagulation growth process. Cation with a larger ionic radius could promote the particle growth strongly because its hydration was so weaker that it had the ability to reduce the thickness of the electrical double layer of negatively charged polystyrene particle. In summary, the addition of strongly acidic salt with larger cationic radius to the polymerization was efficient for making the size of polystyrene particle larger.

    DOI: 10.1007/s00396-015-3511-1

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8179-900X

  51. Particle size measurement of reference particle candidates and uncertainty region of count and mass based cumulative distribution 査読有り

    H. Yoshida, T. Yamamoto, Y. Mori, H. Masuda, K. Okazaki and H. Sugasawa

    Advanced Powder Technology   25 巻 ( 6 ) 頁: 1748 - 1753   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2014.07.001

  52. 乾式サイクロンの入口清浄空気および案内羽根が粒子分級性能に与える影響 査読有り

    竹田尚広, 忍足輝男, 山本徹也, 福井国博, 吉田英人

    粉体工学会誌   51 巻 ( 9 ) 頁: 614 - 622   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.51.614

  53. 蒸気を援用した新規微粒子分離・分級技術の開発 招待有り

    山本徹也,吉田英人

    ホソカワ粉体工学振興財団 年報   21 巻   頁: 101 - 106   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.14356/hptf.12112

  54. 電場印加型の垂直流型水篩による微粒子の高精度分級 査読有り

    松沢光晴,高井健次,坂本裕太郎,村上公威,福井国博,山本徹也,吉田英人

    粉体工学会誌   51 巻 ( 2 ) 頁: 68 - 76   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.51.68

  55. Theoretical calculation of uncertainty region for spherical particles based on a picket fence, quasi-monodisperse particles, 査読有り

    Yoshida, H., H. Sunagawa, K. Fukui, T. Yamamoto, and H. Masuda

    Advanced Powder Technology   25 巻 ( 2 ) 頁: 524 - 529   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2013.08.008

  56. 粒子表面特性に基づいた分級操作とミクロン粒子の調製 招待有り

    山本徹也,吉田英人

    ケミカルエンジニアリング   58 巻 ( 11 ) 頁: 40 - 43   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  57. Synthesis of nearly micron-sized particles by soap-free emulsion polymerization of methacrylic monomer using an oil-soluble initiator 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya

    Colloid and Polymer Science   291 巻 ( 11 ) 頁: 2741 - 2744   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00396-013-3059-x

  58. Effect of free air inflow method on fine particle classification of gas-cyclone 査読有り

    Hiraiwa, Yusuke Oshitari, Teruo Fukui, Kunihiro Yamamoto, Tetsuya Yoshida, Hideto

    Separation and Purification Technology   118 巻   頁: 670 - 679   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.seppur.2013.08.009

  59. Effect of packing fraction on indium tin oxide powder synthesis via a solid-phase reaction with microwave heating 査読有り

    Fukui, Kunihiro Katoh, Manabu Saeki, Yuta Yamamoto, Tetsuya Yoshida, Hideto

    Chemical Engineering Science   98 巻   頁: 17 - 24   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2013.05.012

  60. Hydrodynamic boundary condition of water on hydrophobic surfaces 査読有り 国際共著

    Schaeffel, David Yordanov, Stoyan Schmelzeisen, Marcus Yamamoto, Tetsuya Kappl, Michael Schmitz, Roman Duenweg, Burkhard Butt, Hans-Juergen Koynov, Kaloian

    Physical Review E   87 巻 ( 5 ) 頁: 051001   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.87.051001

  61. A new method of zeta-potential measurement by the use of the sedimentation balance method 査読有り

    Yoshida, Hideto Tatekawa, Takahisa Fukui, Kunihiro Yamamoto, Tetsuya Takai, Kenji Matuzawa, Mitsuharu

      237 巻   頁: 303 - 308   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2012.12.011

  62. Mechanism of synthesis of metallic oxide powder from aqueous metallic nitrate solution by microwave denitration method 査読有り

    Fukui, Kunihiro Igawa, Yusuke Arimitsu, Naoki Suzuki, Masahiro Segawa, Tomoomi Fujii, Kan-ichi Yamamoto, Tetsuya Yoshida, Hideto

    Chemical Engineering Journal   211 巻   頁: 1 - 8   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cej.2012.09.032

  63. Soap-free emulsion polymerization of aromatic vinyl monomer using AIBN 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya

    Colloid and Polymer Science   290 巻 ( 17 ) 頁: 1833 - 1835   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00396-012-2807-7

  64. 粒子表面物性を利用した微粒子分級システムの開発 招待有り

    山本徹也

    粉体工学会誌   49 巻 ( 11 ) 頁: 832 - 836   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  65. Synthesis of micron-sized polymeric particles in soap-free emulsion polymerization using oil-soluble initiators and electrolytes 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya

    Colloid and Polymer Science   290 巻 ( 11 ) 頁: 1023 - 1031   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00396-012-2618-x

  66. Effect of conical length on separation performance of sub-micron particles by electrical hydro-cyclone 査読有り

    Yoshida, Hideto Hayase, Yuuki Fukui, Kunihiro Yamamoto, Tetsuya

    Powder Technology   219 巻   頁: 29 - 36   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2011.12.002

  67. Theoretical calculation of uncertainty region based on the general size distribution in the preparation of standard reference particles for particle size measurement 査読有り

    Yoshida, Hideto Yamamoto, Tetsuya Fukui, Kunihiro Masuda, Hiroaki

    Advanced Powder Technology   23 巻 ( 2 ) 頁: 185 - 190   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2011.01.011

  68. 焼結金属製円錐を持つ液体サイクロンの分級特性 査読有り

    村重佳奈,福井国博,西田幸生,山本徹也,吉田英人

    粉体工学会誌   49 巻   頁: 367 - 373   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.49.367

  69. 改良型の乾式サイクロンによる粒子分離性能の向上 査読有り

    竹田尚広,西村洋佑,小澤和三,山本徹也,福井国博,吉田英人

    粉体工学会誌   48 巻 ( 12 ) 頁: 840 - 846   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.48.840

  70. 遠心場・電場を利用したナノ粒子分級装置の開発 招待有り

    山本徹也

    粉体技術   49 巻 ( 11 ) 頁: 832 - 836   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  71. Effects of clean-air injection on particle-separation performance of novel cyclone with sintered metal cone 査読有り

    Fukui, Kunihiro Yoshida, Hideto Jikihara, Kenji Yamamoto, Tetsuya

    Separation and Purification Technology   80 巻 ( 2 ) 頁: 356 - 363   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.seppur.2011.05.021

  72. 制御流同伴型サイクロンの分離性能 招待有り

    福井国博,吉田英人,山本徹也

    工業加熱   48 巻 ( 5 ) 頁: 37 - 41   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  73. Separation of Unburned Carbon in Fly Ash Particles Using Special Louver Separator 査読有り 国際共著

    Nenu, RKT Izumi, S Yoshida, H Fukui, K Yamamoto, T

    Journal of Chemical Engineering of Japan   44 巻 ( 3 ) 頁: 146 - 154   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.10we124

  74. Theoretical calculation of fundamental uncertainty region based on the maximum and/or the minimum size in the preparation of standard reference particles for particle size measurement 査読有り

    Yoshida, H Igushi, T Yamamoto, T Masuda, H

    Advanced Powder Technology   22 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 49   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2010.03.004

  75. Enhancement of the Classification Performance of Electrical Field-Flow Fractionation Using Horizontal Electrophoresis 査読有り

    Yamamoto, T Tatekawa, T Fukui, K Yoshida, H

    Journal of Chemical Engineering of Japan   44 巻 ( 6 ) 頁: 398 - 404   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.11we027

  76. Classification of particles by centrifugal separator and analysis of the fluid behavior 招待有り

    Yamamoto, T Shinya, T Fukui, K Yoshida, H

    Advanced Powder Technology   22 巻 ( 2 ) 頁: 294 - 299   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2010.12.009

  77. Classification of Particles Dispersed by Bead Milling with Electrophoresis 査読有り

    Yamamoto, Tetsuya Harada, Yoshitaka Tsuyama, Takayuki Fukui, Kunihiro Yoshida, Hideto

    Kona Powder and Particle Journal   29 巻   頁: 125 - 133   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14356/kona.2011015

  78. 局所的な静電場印可および流動制御を利用した液体サイクロンの高性能化 査読有り

    粉体工学会誌   48 巻 ( 8 ) 頁: 526 - 533   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.48.526

  79. Controlled synthesis of high performance polyamide membrane with thin dense layer for water desalination 査読有り 国際共著

    Kong, Chunlong Kanezashi, Masakoto Yamomoto, Tetsuya Shintani, Takuji Tsuru, Toshinori

    Journal of Membrane Science   362 巻 ( 1-2 ) 頁: 76 - 80   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.memsci.2010.06.022

  80. Influence of inlet flow rate, pH, and beads mill operating condition on separation performance of sub-micron particles by electrical hydrocyclone 査読有り 国際共著

    Nenu, RKT Hayase, Y Yoshida, H Yamamoto, T

    Advanced Powder Technology   21 巻 ( 3 ) 頁: 246 - 255   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2009.11.010

  81. Effect of apex cone shape on fine particle classification of gas-cyclone 査読有り

    Yoshida, H Nishimura, Y Fukui, K Yamamoto, T

    Powder Technology   204 巻 ( 1 ) 頁: 54 - 62   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2010.07.006

  82. AFM investigation of the surface properties of silica particles dispersed by bead milling 査読有り

    Yamamoto, T Harada, Y Fukui, K Yoshida, H

    Colloids and Surfaces a-Physicochemical and Engineering Aspects   362 巻 ( 1-3 ) 頁: 97-101   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2010.03.046

  83. 改良型の軸流サイクロンを用いた集塵および脱硫性能の検討 査読有り

    金子幸生,山本徹也,福井国博,吉田英人

    粉体工学会誌   46 巻 ( 9 ) 頁: 681 - 687   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.46.681

  84. Performance of fuel cell using calcium phosphate hydrogel membrane prepared from waste incineration fly ash and chicken bone powder 査読有り

    Fukui, K Arimitsu, N Jikihara, K Yamamoto, T Yoshida, H

    Journal of Hazardous Materials   168 巻 ( 2-3 ) 頁: 1617 - 1621   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhazmat.2009.02.119

  85. Particle size measurement of standard reference particle candidates and theoretical estimation of uncertainty region 査読有り

    Yoshida, H Mori, Y Masuda, H Yamamoto, T

    Advanced Powder Technology   20 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 149   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2008.05.002

  86. Improvement of gas-cyclone performance by use of local fluid flow control method 査読有り

    Yoshida, H Inada, Y Fukui, K Yamamoto, T

    Powder Technology   193 巻 ( 1 ) 頁: 6 - 14   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2009.01.025

  87. Continuous fine particle classification by water elutriator with applied electro-potential 招待有り

    Yoshida, H Fukui, K Yamamoto, T Hashida, A Michitani, N

    Advanced Powder Technology   20 巻 ( 5 ) 頁: 398-405   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2009.10.009

  88. Effect of inner structure of centrifugal separator on particle classification performance 査読有り

    Yamamoto, T Watanabe, N Fukui, K Yoshida, H

    Powder Technology   192 巻 ( 3 ) 頁: 268 - 272   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2009.01.003

  89. Classification of Particles Dispersed by Bead Milling Using Electrical Field-Flow Fractionation 査読有り

    Yamamoto, T Harada, Y Fukui, K Yoshida, H

    Journal of Chemical Engineering of Japan   42 巻 ( 10 ) 頁: 720 - 727   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.09we129

  90. Separation performance of sub-micron silica particles by electrical hydrocyclone 査読有り 国際共著

    Nenu, RKT Yoshida, H Fukui, K Yamamoto, T

    Powder Technology   196 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 155   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2009.07.011

  91. Synthesis of calcium phosphate hydrogel from waste incineration fly ash and its application to fuel cell 査読有り

    Fukui, K Kidoguchi, S Arimitsu, N Jikihara, K Yamamoto, T Yoshida, H

    Journal of Environmental Management   90 巻 ( 8 ) 頁: 2709 - 2714   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jenvman.2009.02.014

  92. Utilization of NaCl for phillipsite synthesis from fly ash by hydrothermal treatment with microwave heating 査読有り

    Fukui, K Katoh, M Yamamoto, T Yoshida, H

    Advanced Powder Technology   20 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 40   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2008.10.007

  93. Synthesis of indium tin oxide powder by solid-phase reaction with microwave heating 査読有り

    Fukui, K Kanayama, K Katoh, M Yamamoto, T Yoshida, H

    Advanced Powder Technology   20 巻 ( 5 ) 頁: 488 - 492   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apt.2009.05.007

  94. Synthesis of calcium phosphate hydrogel from waste incineration fly ash and bone powder 査読有り

    Fukui, K Arimitsu, N Kidoguchi, S Yamamoto, T Yoshida, H

    Journal of Hazardous Materials   163 巻 ( 1 ) 頁: 391 - 395   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhazmat.2008.06.103

  95. 一般廃棄物焼却飛灰のリン酸カルシウムハイドロゲルへの再資源化に与える前処理の影響 査読有り

    福井国博, 直原健司, 木戸口聡,有満直樹,山本徹也, 吉田英人

    粉体工学会誌   45 巻 ( 10 ) 頁: 684 - 689   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.45.684

  96. 一般廃棄物焼却飛灰のリン酸カルシウムハイドロゲルへの再資源化 査読有り

    化学工学論文集   34 巻 ( 2 ) 頁: 304 - 308   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.34.304

  97. Effect of Multi-Inlet Flow on Particle Classification Performance of Hydro-Cyclones and New Estimating Equation 査読有り 国際共著

    Yoshikawa, S Romanus, K Fukui, K Yamamoto, T Yoshida, H

    Journal of Chemical Engineering of Japan   41 巻 ( 8 ) 頁: 756 - 765   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.07WE212

  98. Effect of multi-inlet flow on particle classification performance of hydro-cyclones 査読有り

    Yoshida, H Yoshikawa, S Fukui, K Yamamoto, T

    Powder Technology   184 巻 ( 3 ) 頁: 352 - 360   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.powtec.2007.09.008

  99. Molecular-scale investigation of polymerization, nucleation and growth of polystyrene particle by atomic force microscopy 招待有り 査読有り

    Yamamoto, T Higashitani, K

    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering   3 巻 ( 3 ) 頁: 239 - 249   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/apj.142

  100. 出口構造改良型遠心分離機による微粒子の分級 査読有り

    山本徹也, 小谷俊枝,福井国博, 吉田英人

    粉体工学会誌   44 巻 ( 12 ) 頁: 861 - 867   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.44.861

  101. Effects of microwave irradiation on the crystalline phase of zeolite synthesized from fly ash by hydrothermal treatment 査読有り

    Fukui, K Kanayama, K Yamamoto, T Yoshida, H

    Advanced Powder Technology   18 巻 ( 4 ) 頁: 381 - 393   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1163/156855207781389483

  102. 遠心分離機による微粒子の分級とその流動解析

    山本徹也, 新屋智彦,福井国博, 吉田英人

    粉体工学会誌   44 巻 ( 5 ) 頁: 345 - 352   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4164/sptj.44.345

  103. Growth processes of poly methylmethacrylate particles investigated by atomic force microscopy 査読有り

    Yamamoto, T Higashitani, K

    Advanced Powder Technology   18 巻 ( 5 ) 頁: 567 - 577   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1163/156855207782146553

  104. 電圧印加型水篩装置による微粒子の高精度分級 査読有り

    吉田英人, 福井国博, 山本徹也, 橋田 歩, 道谷法寛

    粉体工学会誌   43 巻 ( 8 ) 頁: 550 - 558   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Initial growth process of polystyrene particle investigated by AFM 査読有り

    Yamamoto, T Kanda, Y Higashitani, K

    Journal of Colloid and Interface Science   299 巻 ( 1 ) 頁: 493 - 496   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2006.01.051

  106. Nucleation and growth process of polystyrene particle investigated by AFM 査読有り

    Yamamoto, T Kanda, Y Higashitani, K

    Journal of Chemical Engineering of Japan   39 巻 ( 6 ) 頁: 596 - 603   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.39.596

  107. ポリスチレンラテックス粒子の核生成・成長過程の分子オーダ解析 招待有り

    山本徹也,東谷 公

    日本ゴム協会誌   79 巻 ( 2 ) 頁: 54 - 59   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  108. Molecular-scale observation of the surface of polystyrene particles by AFM 査読有り

    Yamamoto, T Fukushima, T Kanda, Y Higashitani, K

    Journal of Colloid and Interface Science   292 巻 ( 2 ) 頁: 392 - 396   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2005.05.095

  109. AFM observation of growing poly isobutyl methacrylate (PiBMA) particles 査読有り

    Yamamoto, T Inoue, M Kanda, Y Higashitani, K

    Chemistry Letters   33 巻 ( 11 ) 頁: 1440 - 1441   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2004.1440

  110. Molecular-scale observation of formation of nuclei in soap-free polymerization of styrene 査読有り

    Yamamoto, T Kanda, Y Higashitani, K

    Langmuir   20 巻 ( 11 ) 頁: 4400 - 4405   2004年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/la036436k

  111. Origin of the apparent long-range attractive force between surfaces in cyclohexane 査読有り

    Advanced Powder Technology   13 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 156   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1163/156855202760166505

▼全件表示

書籍等出版物 12

  1. 物理化学

    山本徹也( 担当: 共著)

    培風館  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 重合開始剤,硬化剤,架橋剤の選び方、使い方とその事例

    山本徹也,他( 担当: 共著)

    株式会社 技術情報協会  2021年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. CFRP/CFRTPの界面制御、成形加工技術と部材応用

    山本徹也( 担当: 共著)

    株式会社 技術情報協会  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成、応用、トラブル対策

    技術情報協会( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2020年2月  ( ISBN:9784861047763

     詳細を見る

    総ページ数:658p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方

    山本徹也( 担当: 共著)

    株式会社 技術情報協会  2019年11月  ( ISBN:978-4-86104-766-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. 炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験、評価解析に関する最新事例集

    技術情報協会( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2019年  ( ISBN:9784861047527

     詳細を見る

    総ページ数:623p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  7. ナノ粒子塗工液の調整とコーティング技術

    技術情報協会( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2019年  ( ISBN:9784861047510

     詳細を見る

    総ページ数:650p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  8. 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来

    塩谷, 正俊( 担当: 分担執筆)

    S&T出版  2018年11月  ( ISBN:9784907002749

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 343p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  9. 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング,評価・応用

    技術情報協会( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2018年  ( ISBN:9784861047183

     詳細を見る

    総ページ数:584p   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  10. 粉体の表面処理・複合化技術集大成 : 基礎から応用まで

    内藤, 牧男( 担当: 分担執筆)

    テクノシステム  2018年  ( ISBN:9784924728813

     詳細を見る

    総ページ数:4, 18, 726p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  11. ナノ粒子の表面修飾と分析評価技術 : 各種特性を向上するためのナノ粒子表面関連技術とその評価

    情報機構( 担当: 分担執筆)

    情報機構  2016年  ( ISBN:9784865020977

     詳細を見る

    総ページ数:xii, 425p   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  12. Polymeric Microspheres

    Yamamoto, T., K. Higashitani( 担当: 共著)

    Kyoto University Press  2007年2月  ( ISBN:9784876987016

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

MISC 37

  1. Antimicrobial activities of low molecular weight polymers synthesized through soap-free emulsion polymerization 査読有り

    Tetsuya Yamamoto, Kenji Arakawa, Yuya Takahashi, Miho Sumiyoshi  

    European Polymer Journal109 巻   頁: 532 - 536   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    © 2018 Elsevier Ltd To evaluate the influence of low molecular weight polymers synthesized through soap-free emulsion polymerization on the indicator microorganism, Micrococcus luteus, methyl methacrylate (MMA) and styrene were polymerized by using various initiators. The MMA polymer colloid was not toxic to M. luteus. High volumes of polystyrene were continuously synthesized, and low-molecular weight polystyrenes were removed from the suspension to the supernatant. During the bioassay test, as the molecular weight of the cationic polystyrene in the supernatant decreased, the inhibition zone against M. luteus grew larger. Low molecular weight cationic polystyrene was toxic to M. luteus. Hence, the supernatant containing low molecular weight cationic polystyrenes (particularly those with molecular weights below 1000 g/mol) obtained from soap-free emulsion polymerization should be treated carefully prior to its discharge to the environment. Moreover, such supernatants should be treated with more care if they are to be discharged into seas or rivers. One solution to reduce the toxicity of the supernatant against M. luteus is the addition of N-vinylacetamide monomers during polymerization.

    DOI: 10.1016/j.eurpolymj.2018.10.047

    Scopus

  2. CNT分散現場重合型ポリアミド6母材CFRTP中の界面における重合促進に関して

    入澤寿平, 柴田眞孝, 山本徹也, 田邊靖博  

    高分子学会予稿集(CD-ROM)67 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.2K04   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  3. 高分子コロイドを利用した高強度CFRTPの作製

    山本徹也, 上松克匡  

    繊維学会予稿集73 巻 ( 1 (CD-ROM) ) 頁: ROMBUNNO.3F04   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  4. 微粒子を利用した疎水性粉体の水への分散技術の開発

    山本徹也  

    ホソカワ粉体工学振興財団年報(Web) ( 25 ) 頁: 113‐118 (WEB ONLY)   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  5. シリカ複合微粒子の内部構造の直接観察

    山本徹也, 高橋侑椰, 豊田直也, 河合優介  

    名古屋大学電子光学研究のあゆみ ( 29 ) 頁: 77   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  6. 炭素複合樹脂材料の内部構造観察

    山本徹也, 上松克匡, 豊田直也, 薮下翔  

    名古屋大学電子光学研究のあゆみ ( 29 ) 頁: 142   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  7. カチオン性低分子ポリスチレンが微生物に及ぼす影響

    山本徹也, 高橋侑椰, 荒川賢治, 住吉美保  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)83rd 巻   頁: ROMBUNNO.O113   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  8. Antimicrobial activities of polymers synthesized through soap-free emulsion polymerization using a cationic initiator and styrene derivative monomers

    Tetsuya Yamamoto, Kenji Arakawa, Ryo Furuta, Aiko Teshima  

    Chemistry Letters47 巻   頁: 1402 - 1404   2018年1月

     詳細を見る

    © 2018 The Chemical Society of Japan. To evaluate the influence of polymers with similar chemical structures to polystyrene synthesized through soap-free emulsion polymerization on the indicator microorganism Micrococcus luteus, styrene derivative monomers were polymerized using a cationic initiator, namely 2,2′-azobis[2-(2-imidazolin-2-yl)propane] dihydrochloride. During bioassay, these polymers showed an inhibition zone against M. luteus. Hence, the supernatant containing polymers with lower molecular weights, which were toxic to M. luteus, obtained from soap-free emulsion polymerization should be treated carefully prior to discharge to the environment.

    DOI: 10.1246/cl.180762

    Scopus

  9. Synthesis of polystyrene@silica particles through soap-free emulsion polymerization and sol-gel reaction on polymer surfaces

    Tetsuya Yamamoto, Yuya Takahashi  

    Advanced Powder Technology   2018年1月

     詳細を見る

    © 2018 The Society of Powder Technology Japan Polystyrene@silica particles were produced through soap-free emulsion polymerization (SFEP) of styrene and N-vinylacetamide (NVA) via the sol-gel reactions of tetraethyl orthosilicate (TEOS) on polymer particle surfaces. Different amounts of NVA were used to prepare polystyrene particles using the SFEP process. The particles covered with poly-NVA then underwent the Stöber process to form an outer silica shell. NVA was found to stabilize the polymer colloids and improve their stability by steric effects, even after the positive charge on the polymer surface was partially neutralized by the electrostatically adsorbed TEOS, which tends to induce particle aggregation. Further, the –NH functional groups on NVA catalyzed the hydrolysis of TEOS in the sol-gel reaction to form silica. Consequently, small, monodisperse, and stable core-shell particles were formed despite having a low zeta potential.

    DOI: 10.1016/j.apt.2018.10.025

    Scopus

  10. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現する界面制御技術の開発

    山本徹也  

    新東技報 ( 35 ) 頁: 70‐72   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  11. 界面制御によるCFRTPの力学物性の向上

    薮下翔, 山本徹也  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)49th 巻   頁: ROMBUNNO.PA244   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  12. 高分子コロイドを利用した高性能CFRTPの作製

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)49th 巻   頁: ROMBUNNO.EA122   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  13. CFRPの粉砕によるリサイクル―複合材料への適用―

    山本徹也, 牧野雄太, 上松克匡  

    粉体工学会・日本粉体工業技術協会技術討論会・テキスト52nd 巻   頁: 88‐89   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  14. 炭素ナノ材料の樹脂中分散技術の開発と力学物性評価

    山本徹也, 川口勘, 豊田直也, 牧野雄太  

    粉体工学会研究発表会講演論文集2017 巻   頁: 108‐109   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  15. 炭素複合樹脂材料の内部構造観察

    山本徹也, 上松克匡, 豊田直也  

    名古屋大学電子光学研究のあゆみ ( 28 ) 頁: 34   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  16. CNTs/高分子微粒子によるナノコンポジットの合成

    豊田直也, 山本徹也  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)82nd 巻   頁: ROMBUNNO.PC208   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  17. 炭素繊維強化プラスチックの粉砕によるリサイクル

    牧野雄太, 山本徹也  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)82nd 巻   頁: ROMBUNNO.PB275   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  18. 微粒子吸着による炭素繊維の力学物性の強化

    薮下翔, 山本徹也  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)82nd 巻   頁: ROMBUNNO.PC213   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  19. カーボンナノチューブ複合高子微粒子の調製とその物性評価

    川口勘, 山本徹也  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)82nd 巻   頁: ROMBUNNO.F301   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  20. 新素材開発と最新製造技術 CFRTPの高性能化を実現するコロイド技術

    山本徹也  

    化学装置59 巻 ( 3 ) 頁: 45‐48   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  21. 不純物フリーの高分子コロイド調製法

    山本徹也, 川口勘, 高橋侑椰  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)48th 巻   頁: ROMBUNNO.P306   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  22. 界面活性カーボンナノチューブを用いた高分子/カーボンナノチューブ複合微粒子の合成

    川口勘, 山本徹也  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)48th 巻   頁: ROMBUNNO.LP256   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  23. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現するコロイド技術

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平  

    繊維学会予稿集71 巻 ( 1 (CD-ROM) ) 頁: ROMBUNNO.3F10   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  24. 異形高分子微粒子の内部構造観察

    KIM S. C, 山本徹也  

    名古屋大学電子光学研究のあゆみ ( 27 ) 頁: 73   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  25. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現する高分子微粒子の設計

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平  

    粉体工学会研究発表会講演論文集2016 巻   頁: 96‐97   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  26. カーボンナノチューブ複合微粒子の合成

    川口勘, 山本徹也  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)81st 巻   頁: ROMBUNNO.ZAP238   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  27. 炭素繊維複合樹脂材料の高性能化を実現するコロイド技術

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)81st 巻   頁: ROMBUNNO.P314   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  28. Relationship between surface potential and particle size in soap-free emulsion copolymerization of styrene and methyl methacrylate using a water- or oil-soluble initiator

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi  

    COLLOID AND POLYMER SCIENCE294 巻 ( 2 ) 頁: 281 - 284   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    The soap-free emulsion copolymerization of styrene and methyl methacrylate (MMA) monomers using a water- or oil-soluble initiator was carried out at a constant monomer concentration to synthesize polymeric particles. The relationship between particle size and surface potential was investigated by changing the mixing ratio of MMA to styrene during the copolymerization. Both the particle sizes and zeta potentials were nearly constant when using water-soluble initiator, V-50, because the decomposition of the functional groups of the water-soluble initiator had a large influence on the surface potential. On the other hand, on increasing the molar fraction of MMA monomers, the surface potential of the particles formed during the copolymerization with an oil-soluble initiator, 2,2'-azobis(2-methylpropionitrile), decreased and the particle size increased due to coagulation between particles. This occurred because the surface potential is controlled by the presence of phenyl rings in the styrene monomer. We concluded that both particle size and surface potential can be controlled by adjusting the monomer mixture ratio in the soap-free emulsion copolymerization using an oil-soluble initiator.

    DOI: 10.1007/s00396-015-3780-8

    Web of Science

    Scopus

  29. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現するコロイド技術の開発

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平, 田邊靖博  

    粉体工学会誌53 巻 ( 12 ) 頁: 785‐790(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4164/sptj.53.785

    J-GLOBAL

  30. ソープフリー乳化重合による高濃度ミクロン粒子の調製

    山本徹也, 川口勘, 高橋侑椰  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)47th 巻   頁: ROMBUNNO.K304   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  31. ソープフリー乳化重合系における対イオンの効果

    山本徹也, 川口勘, 横山太一  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)80th 巻   頁: ROMBUNNO.E313   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  32. Particle size measurement of reference particle candidates and uncertainty region of count and mass based cumulative distribution

    Hideto Yoshida, Tetsuya Yamamoto, Yasushige Mori, Hiroaki Masuda, Kenji Okazaki, Hirosuke Sugasawa  

    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY25 巻 ( 6 ) 頁: 1748 - 1753   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In order to confirm reliable particle size measurement technique and to prepare standard reference particles for calibrating particle size measurement devices, uncertainty region of count and mass based size distribution have been theoretically examined. The uncertainty region of count base cumulative size distribution is smaller than that of the mass base cumulative distribution.
    The uncertainty region of count base cumulative size distribution is nearly constant over wide range of particle diameter and the region is nearly constant for sample size greater than about 20,000.
    On the other hand, the uncertainty region of mass base cumulative distribution increases with the increase of particle diameter.
    The reliability of theoretical uncertainty region is confirmed by the experimental data of particle size measurement. (C) 2014 The Society of Powder Technology Japan. Published by Elsevier B.V. and The Society of Powder Technology Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apt.2014.07.001

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  33. Theoretical calculation of uncertainty region for spherical particles based on a picket fence, quasi-monodisperse particles

    Hideto Yoshida, Hirosuke Sugasawa, Funihiro Fukui, Tetsuya Yamamoto, Hiroaki Masuda  

    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY25 巻 ( 2 ) 頁: 524 - 529   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In order to confirm the reliability of particle size measurement technique and to prepare standard reference particles for calibrating particle size measurement devices, experimental and theoretical studies have been conducted about the uncertainty region of particle size measurement for the picket fence and quasi mono-disperse particles. The vertical and horizontal uncertainty regions based on Tschebyscheff theory are calculated to the picket fence distribution composed of two kinds of nearly mono-disperse particles. The uncertainty region increases around the intermediate particle diameters between the two kinds of particles.
    Because the original particle size distribution is nearly mono-disperse, the uncertainty regions around the minimum and maximum particle diameter are small compared to the intermediate particle diameters between the two kinds of particles.
    The uncertainty region in vertical and horizontal direction changes to decrease with the increase of sample size. For the picket fence distribution composed of two kinds of nearly mono-disperse particles, the sample size about more than 10,000 is necessary to obtain the reliable results in particle size counting process. (C) 2013 The Society of Powder Technology Japan. Published by Elsevier B.V. and The Society of Powder Technology Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apt.2013.08.008

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  34. 粉体操作を利用した亜鉛含有ダストからの亜鉛成分の濃縮回収

    福井国博, 井上あやこ, 山本徹也, 吉田英人  

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)79th 巻   頁: ROMBUNNO.R209   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  35. Effect of Inlet Clean Air and Guide Plate on Fine Particle Classification of Gas-cyclone

    竹田尚広, 忍足輝男, 山本徹也, 福井国博, 吉田英人  

    粉体工学会誌51 巻 ( 9 ) 頁: 614-622 (J-STAGE)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.4164/sptj.51.614

    J-GLOBAL

  36. Fine Particle Classification by Vertical Type Water-sieve with Electro-potential Applied to Flow

    松沢光晴, 高井健次, 坂本裕太郎, 村上公威, 福井国博, 山本徹也, 吉田英人  

    粉体工学会誌51 巻 ( 2 ) 頁: 68-76 (J-STAGE)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.4164/sptj.51.68

    J-GLOBAL

  37. 油溶性開始剤を用いたソープフリー重合法によるミクロン粒子の合成

    山本徹也  

    化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)46th 巻   頁: ROMBUNNO.D305   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 73

  1. スポンジリアクターによるポリマーナノ粒子の合成

    山本徹也,大内慎也

    2021年繊維学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月9日 - 2021年6月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. メチルセルロースゲルを反応場に利用したポリスチレンナノ粒子の合成

    山本徹也,山田尚輝,大内慎也

    2021年度粉体工学会春期研究発表会  2021年6月3日  粉体工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月2日 - 2021年6月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学国際会議場   国名:日本国  

  3. メチルセルロースゲルを反応場とした高分子ナノ粒子の合成

    山本徹也,山田尚輝

    化学工学会 第86年会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. メラミンフォームを反応場とした 高分子ナノ粒子のサイズコントロール

    大内慎也,山田尚輝,山本徹也

    化学工学会 第86年会  2021年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. CFRTPの力学物性を向上させる構造設計

    吉良亘平,金スルチャン,山本徹也

    第23回化学工学会学生発表会  2021年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 熱可逆性ハイドロゲルを重合場としたポリスチレンナノ粒子の合成

    山田尚輝,大内慎也,山本徹也

    化学工学会広島大会2020  2020年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 三次元網目構造を反応場とした高分子ナノ粒子のサイズコントロール

    大内慎也,山田尚輝,山本徹也

    2020年度粉体工学会秋期研究発表会  2020年11月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月18日 - 2020年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. ラジカルを利用した炭素繊維と熱可塑性樹脂間の接着性向上

    金スルチャン,山本徹也

    2020年 繊維学会秋季研究発表会  2020年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月5日 - 2020年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 高分子微粒子の中空化と炭素化

    山本徹也,河合優介

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学   国名:日本国  

  10. ナノボイドがCFRTPの力学特性に及ぼす影響

    寺田悠悟,山本徹也

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岩手大学   国名:日本国  

  11. 粒子内で発生した窒素ガスによる高分子微粒子の中空化

    堤和也,山本徹也

    化学工学会 第51回秋季大会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岩手大学   国名:日本国  

  12. シリカナノコロイドを利用したCFRTPのマテリアルリサイクル

    山本徹也,薮下翔

    繊維学会年次大会2020  2020年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月10日 - 2020年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  13. シリカコロイドを利用したCFRTPのマテリアルリサイクル

    山本徹也,薮下翔

    2020年度粉体工学会春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月26日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路じばさんびる   国名:日本国  

  14. 高分子を構成する官能基が微粒子分散安定性,微生物毒性に与える影響

    山本徹也,古田凌,荒川賢治

    化学工学会 第85年会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月15日 - 2020年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学 千里山キャンパス   国名:日本国  

  15. Enhancement of Bending Strength, Thermal Stability and Recyclability of Carbon-Fiber-Reinforced Thermoplastics by Using Silica Nano Colloids 招待有り 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Sho Yabushita

    44th International Conference on Advanced Ceramics and Composites (ICACC- 2020)  2020年1月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月26日 - 2020年1月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Daytona Beach   国名:アメリカ合衆国  

  16. コロイドを利用したカーボンナノチューブの樹脂中分散

    山本徹也,豊田直也

    第57回粉体に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月25日 - 2019年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:JMSアステールプラザ(中区民文化センター)   国名:日本国  

  17. Effect of Functional Group of Polymer Particles on Dispersion Stability and Antimicrobial Activity 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Ryo Furuta, and Kenji Arakawa

    Okinawa Colloids 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月3日 - 2019年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bankoku Shinryokan on Okinawa island   国名:日本国  

  18. Dispersion of nano-materials in polymer composite materials 国際会議

    Tetsuya YAMAMOTO, Yuya TAKAHASHI, and Naoya TOYODA

    18th APCChE Congress (APCChE 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月23日 - 2019年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo Convention Center   国名:日本国  

  19. シリカコロイドを利用したCFRTPのマテリアルリサイクル

    山本徹也, 薮下翔

    第44回複合材料シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月5日 - 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学   国名:日本国  

  20. 高分子を構成する官能基が微粒子分散安定性,微生物に与える影響

    山本徹也, 古田凌, 高橋侑椰, 荒川賢治

    粉体工学会春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  21. ポリマー微粒子の界面設計による低環境負荷型社会の構築 招待有り

    山本徹也

    化学工学会第84年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月13日 - 2019年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:芝浦工業大学   国名:日本国  

  22. コロイド技術を利用したCFRTPのマテリアルリサイクル

    山本徹也, 薮下翔

    化学工学会第84年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月13日 - 2019年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:芝浦工業大学   国名:日本国  

  23. 両親媒性モノマーを用いた多孔質中空シリカ粒子の調製

    山本徹也, 高橋侑椰

    2018年度 粉体工学会秋期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月27日 - 2018年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  24. 分散安定性を維持した高分子微粒子表面ゾルゲル反応のための表面設計

    山本徹也, 高橋侑椰

    第20回高分子ミクロスフェア討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月14日 - 2018年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学創立五十周年記念館 金光ホール   国名:日本国  

  25. 分散安定性を維持した高分子微粒子表面ゾル-ゲル反応のための微粒子設計

    山本徹也, 高橋侑椰

    化学工学会第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月18日 - 2018年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  26. Enhancement of mechanical properties of carbon fiber reinforced thermoplastic using colloidal techniques 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Syo Yabushita

    Metal Forming 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月16日 - 2018年9月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 高分子コロイドによる炭素繊維/熱可塑性樹脂界面物性の強化 招待有り

    山本徹也

    第4回複合材料界面科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  28. 高分子コロイドを利用した高強度CFRTPの作製

    山本徹也, 上松克匡

    平成30年度繊維学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月13日 - 2018年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  29. カチオン性低分子ポリスチレンが微生物に及ぼす影響

    山本徹也, 高橋侑椰, 荒川賢治, 住吉美保

    化学工学会第83年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月13日 - 2018年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学   国名:日本国  

  30. Application of polymeric particle prepared by polymerization without surfactant and influence of its wastewater on microbes 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Katsumasa Uematsu, Yuya Takahashi, Kenji Arakawa

    The 6th Asian Symposium on Emulsion Polymerization and Functional Polymeric Microspheres 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月7日 - 2018年3月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 4R社会を構築するCFRTPの高性能化 招待有り

    山本徹也

    愛知県若手研究者イノベーション 創出奨励事業 優秀提案発表会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. Synthesis method of carbon fiber reinforced thermoplastic with high performance 招待有り 国際会議

    Yamamoto Tetsuya, Uematsu Katsumasa, Yabushita Sho

    42nd International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月21日 - 2018年1月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Daytona Beach, Florida, USA   国名:アメリカ合衆国  

  33. Enhancement of surface properties between inorganic and organic materials 招待有り 国際会議

    4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月5日 - 2017年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Haeundae Grand Hotel, in Busan, Korea   国名:大韓民国  

  34. 高分子コロイドを利用した高性能CFRTPの作製

    山本徹也,上松克匡,入澤寿平

    化学工学会 第49回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月20日 - 2017年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス   国名:日本国  

  35. 炭素繊維強化樹脂の高性能化を実現するコロイド技術

    山本徹也,上松克匡,入澤寿平

    日本複合材料学会 第42回複合材料シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月14日 - 2017年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 青葉山キャンパス   国名:日本国  

  36. 高分子親水コロイドの調製と炭素複合材料への応用

    山本徹也

    第68回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月6日 - 2017年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  37. Enhancement of Mechanical Properties of CFRTP Using Polymer Colloids 国際会議

    Katsumasa Uematsu, Tetsuya Yamamoto, Yasuhiro Tanabe, Toshihira Irisawa

    Carbon 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月23日 - 2017年7月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne   国名:日本国  

  38. CFRPの粉砕によるリサイクル-複合材料への適用-

    山本徹也,牧野雄太,上松克匡

    第52回技術討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月20日 - 2017年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学   国名:日本国  

  39. 炭素ナノ材料の樹脂中分散技術の開発と力学物性評価

    山本徹也, 川口勘, 豊田直也,牧野雄太

    粉体工学会春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月16日 - 2017年5月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  40. カーボンナノチューブ複合高分子微粒子の調製とその物性評価

    川口勘, 山本徹也

    化学工学会 第82年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月6日 - 2017年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:芝浦工業大学   国名:日本国  

  41. 油溶性開始剤と水溶性開始剤を 併用した高分子ミクロスフェアの調製

    山本徹也, 横山太一

    第19回高分子ミクロスフェア討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月7日 - 2016年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学   国名:日本国  

  42. Controlling surface properties of polymeric particle without surfactant 招待有り 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi, Yuya Takahashi

    12th Japan-Korea Symposium on Materials & Interfaces 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月2日 - 2016年11月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. 不純物フリーの高分子コロイド調製法

    山本徹也, 川口勘, 高橋侑椰

    化学工学会第48回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月6日 - 2016年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

  44. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化を実現するコロイド技術 国際会議

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平

    平成28年度繊維学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月8日 - 2016年6月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  45. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の 高性能化を実現する高分子微粒子の設計

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平

    2016年度 粉体工学会春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月17日 - 2016年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都リサーチパーク   国名:日本国  

  46. 炭素繊維複合樹脂材料の高性能化を実現するコロイド技術

    山本徹也, 上松克匡, 入澤寿平

    化学工学会第81年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月13日 - 2016年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学   国名:日本国  

  47. ソープフリー乳化重合による高濃度ミクロン粒子の調製

    山本徹也, 川口勘, 高橋侑椰

    化学工学会第47回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月9日 - 2015年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  48. 40nmから20µmまでの 高分子微粒子界面活性剤フリー調製法

    山本徹也

    2015年度 第1回 粉体操作に伴う諸現象に関する勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月30日 - 2015年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:近江白浜荘   国名:日本国  

  49. Synthesis of Micron-Sized Particles Through Soap-Free Emulsion Polymerization Using Oil-Soluble Initiator 国際会議

    Tetsuya Yamamoto, Kan Kawaguchi, Taichi Yokoyama

    15th Conference of the International Association of Colloid and Interface Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月24日 - 2015年5月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  50. ソープフリー乳化重合系における対イオンの効果

    山本徹也, 川口勘, 横山太一

    化学工学会第80年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月19日 - 2015年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:芝浦工業大学   国名:日本国  

  51. 油溶性開始剤を用いたソープフリー 乳化重合によるミクロスフェアの調製

    山本徹也

    第18回高分子ミクロスフェア討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月5日 - 2014年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学   国名:日本国  

  52. 油溶性開始剤を用いたソープフリー重合法によるミクロン粒子の合成 国際会議

    山本徹也

    化学工学会第46回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月17日 - 2014年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 油溶性開始剤を用いたソープフリー乳化重合によるミクロン粒子の合成

    山本徹也

    第65回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月3日 - 2014年9月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  54. Hydrodynamic boundary condition of water on hydrophilic and hydrophobic surfaces 国際会議

    Hans-Juergen Butt, David Schaeffel, Stoyan Yordanov, Marcus Schmelzeisen, Tetsuya Yamamoto, Michael Kappl, Roman Schmitz, Burkhard Duenweg, Kaloian Koynov

    87th ACS 2013 Colloid & Surface Science Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月23日 - 2013年6月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  55. 微粒子表面物性を利用した粉体プロセスの開発

    山本徹也

    平成25年度中国地区化学工学懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. AFMによる粒子物性評価とそれを利用した湿式分級プロセスの開発

    山本徹也

    化学工学会第78年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  57. 微粒子化学工学と海外研修紹介

    山本徹也

    第6回中四国若手CE合宿 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:栗林山荘   国名:日本国  

  58. 油溶性開始剤を用いた新規高分子ミクロン粒子調製方法

    山本徹也

    三菱レイヨン包括契約共同研究・2012年度中間報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学産学連携センターVBLオフィス   国名:日本国  

  59. 粒子表面特性に基づいた分級操作とミクロン粒子の調製

    山本徹也

    JST広島大学新技術説明会2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. 単分散高分子ミクロン粒子のワンバッチ調製方法

    山本徹也

    広島大学新技術説明会2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島ガーデンパレス   国名:日本国  

  61. AFMによるナノ粒子物性評価とナノ粒子分級技術の開発

    山本徹也

    第4回粉体工学情報センター助成講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  62. 遠心場・電場を利用したナノ粒子分級装置の開発

    山本徹也

    平成22年度第1回分級ふるい分け、粉砕分科会合同分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:日清製粉(株)東灘工場   国名:日本国  

  63. 粒子径制御のための湿式粉体プロセスの開発に関する研究

    山本徹也

    第17回粉体工学会研究奨励賞講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京大会館   国名:日本国  

  64. AFMによる微粒子生成・分散機構の解明と微粒子分級への応用

    山本徹也

    第2回気液固分散工学サロン 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  65. ビーズミル及び電気泳動を利用したナノ粒子の分級

    山本徹也

    平成21年度第14回九州地区ミキシングサロン 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学西新プラザ   国名:日本国  

  66. ビーズミル分散を利用した電気泳動型ナノ粒子分級装置の開発

    山本徹也

    2009年度第1回粉体操作に伴う諸現象に関する勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:憩いの里 湖西   国名:日本国  

  67. AFMによるナノ粒子物性評価とナノ粒子分級技術の開発

    山本徹也

    JST Innovation Bridge  

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:UDXカンファレンス   国名:日本国  

  68. 100 nm粒子の生成・分散・分級

    山本徹也

    平成19年度第2回分級ふるい分け,粉砕,湿式プロセス合同分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:バブコック日立(株)呉事業所   国名:日本国  

  69. 遠心分離機による微粒子の分級

    山本徹也

    化学工学会粉体プロセス分科会「分離技術・環境技術の最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:アルカディア市ヶ谷   国名:日本国  

  70. Enhancement of Bending Strength, Thermal Stability and Recyclability of Carbon-Fiber-Reinforced Thermoplastics by Using Silica Nano Colloids 招待有り

    Tetsuya Yamamoto, Sho Yabushita

    44th International Conference on Advanced Ceramics and Composites (ICACC- 2020)  2020年1月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  71. 高分子コロイドによる炭素繊維/熱可塑性樹脂界面物性の強化 招待有り

    山本徹也

    第4回複合材料界面科学研究会  2018年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  72. ポリマー微粒子の界面設計による低環境負荷型社会の構築 招待有り

    山本徹也

    化学工学会第84年会  2019年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  73. Enhancement of surface properties between inorganic and organic materials 招待有り

    Tetsuya Yamamoto

    4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing  2017年11月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 28

  1. 機能性高分子微粒子の材料およびプロセス開発

    2021年02月 - 2022年03月

    企業からの受託研究 

  2. 界面活性剤を用いずに,高分子コロイドをナノ化する技術開発とその微生物毒性の評価

    2020年12月 - 2023年03月

    公益財団法人 日東学術振興財団  海外派遣助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

  3. 低コストと高性能を両立した炭素繊維の研究開発

    2020年07月 - 2022年06月

    国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構  燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  4. コア-シリカシェル間にすき間構造をもつ複合微粒子の合成と吸着剤への応用

    研究課題番号:39  2020年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会  研究助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  5. 安全な破壊を実現する高強度CFRTPの開発

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人 日立金属・材料科学財団  研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

  6. ICACC 2020

    2020年01月 - 2020年02月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:700000円 ( 直接経費:700000円 )

  7. CFRPから回収した炭素繊維を利用した高機能性材料の開発

    2019年04月 - 2020年03月

    ホソカワ粉体工学振興財団  研究助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:700000円 ( 直接経費:700000円 )

  8. 一般自動車の構成部材に適用するCFRTPの開発

    2018年04月 - 2020年03月

    立松財団  研究助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

  9. 自動車用金属部材/CFRTP界面の接着向上技術の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    公益財団法人 天野工業技術研究所  研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  10. 炭素繊維強化熱可塑性樹脂の高性能化とリサイクルを実現する界面制御技術の開発

    2018年04月 - 2019年03月

    公益財団法人 豊田理化学研究所  平成30年度豊田理研スカラー 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  11. フリーマイクロミキサーによる粒子合成

    2018年02月 - 2019年03月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

  12. ICACC 2018

    2018年01月 - 2018年02月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. HyMaP2017

    2017年11月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. コロイド操作による炭素繊維-熱可塑性樹脂間の界面接着性の向上

    2017年04月 - 2019年03月

    公益財団法人近藤記念財団 研究助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  15. 界面特性を強化した熱可塑性炭素繊維強化プラスチックの作製

    2017年03月 - 2018年03月

    東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団 研究助成 

    山本徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. 微粒子を利用した疎水性粉体の水への分散技術の開発

    2016年03月 - 2018年03月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. 炭素複合材料の高性能・高機能化を実現する高分子コロイドのデザイン

    2016年03月 - 2017年03月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  18. 触媒の構造形成過程の解析

    2015年04月 - 2017年03月

    企業からの受託研究 

  19. イオンを利用した高分子ミクロン粒子合成法の確立

    2014年11月 - 2015年11月

    平成26年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  20. 粗大シリカ粒子分離法の開発

    2014年11月 - 2015年11月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  21. 低環境負荷型高分子ナノ粒子合成プロセスの開発

    2014年08月 - 2016年03月

    一般研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  22. イオン雰囲気下における微粒子表面間力の直接測定とその起源の物理的解明

    2013年09月 - 2014年03月

    平成25年度広島大学藤井研究助成基金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  23. 蒸気を援用した新規微粒子分離・分級技術の開発

    2013年04月 - 2014年03月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. 高分子ミクロン粒子の低環境負荷製造プロセスの開発

    2012年12月 - 2013年11月

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  25. 架橋重合体粒子の性状解析に関する研究

    2011年01月 - 2012年03月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  26. AFMによるナノ粒子物性評価とナノ粒子分級技術の開発

    2008年04月 - 2010年03月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  27. 粒子表面電位制御による高分子微粒子の高精度分級

    2006年04月 - 2007年03月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  28. 高分子微粒子の核生成・成長過程のAFM観察

    2005年04月 - 2006年03月

    研究者育成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. 高分子微粒子ナノサイズ化のための反応器内部構造のデザイン

    研究課題/研究課題番号:21H01702  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(B)

    山本 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

  2. 環境保全に資する原料および炭素繊維複合材料合成プロセスの開発

    研究課題/研究課題番号:18H01777  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(B)

    山本 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    母材樹脂をナイロンとした炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)の金属部材(A5052)との接合・接着について実験的に検討した。CFRTPとA5052の界面にポリマーコロイドを配置するため,A5052表面にナイロンコロイドを電着した。その結果,CFRTPとA5052の界面接着性が3倍まで向上させることに成功した。また,ポリマーコロイドの吸着量を表面処理時間で操作することで,接着性の制御が可能であることを示した。またCFRTPの作製コストを低減するために,母材樹脂にポリプロピレンを用いたCFRTPとナイロンを用いたCFRTPで積層構造化した。その結果,炭素繊維表面にポリプロピレンコロイドを吸着させ,母材樹脂厚みを小さくすることで,積層CFRTPの力学物性を向上させることに成功した。ポリプロピレンコロイドの吸着量をコントロールすることで,CFRTPの力学物性を制御した。
    マイクロコッカスを利用したバイオアッセイ試験に用い,4-ビニルアニリンをモノマーとし各種開始剤でポリマーコロイドの分散安定性を調整し,分散安定性と微生物毒性の関係を調査した。その結果,カチオンコロイドでも分散安定性の低いコロイドは微生物毒性を示さなかった。一方,分散安定性の高いカチオンコロイドは微生物毒性を示すことが明らかになった。これは毒性を示す低分子ポリマーも凝集することなく,分散安定性が高いことが原因であると考えられる。よって,ポリマーコロイドの分散安定性は微生物毒性に深く関与していることが分かった。
    実用化に向けてポリマーコロイドを利用してCFRTPと金属部材の接着性を向上させることに成功し,またポリマーコロイドの分散安定性が微生物毒性に与える影響についても研究成果が得られた。学会発表,論文発表,書籍発刊,招待講演についても多数行うことができた。
    最終年度にあたり,CFRTPの一般自動車への適用を考え,CFRTPの破壊挙動の解明に焦点を絞る。具体的には,自動車事故の際にCFRTPがどれぐらい衝撃エネルギーを吸収することができるのかを検討し,実用化への可能性を明らかにする。また,微生物毒性とポリマーコロイドの関係性を分子構造の視点からアプローチし,CFRTPのような複合樹脂材料が環境に与える影響について評価する。

  3. 高分子ミクロン粒子の低環境負荷型量産化プロセスの開発とその応用

    研究課題/研究課題番号:25420817  2013年04月 - 2016年03月

    山本 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    本研究では油溶性開始剤を用いたソープフリー乳化重合による高分子ミクロン粒子の合成とそのプロセス化及び応用について検討した。その結果,電解質によりイオン強度を変化させることで微粒子径を300nm~20μmまで短時間で制御することに成功した。さらにN-ビニルアセトアミドと共重合することで粒子濃度の向上が可能である。これらの技術を利用して合成した微粒子を炭素繊維強化プラスチック(CFRP)へ応用した。具体的には,樹脂成分を含む微粒子を上記の方法で合成し,予め炭素繊維に吸着させる。この操作により,炭素繊維と樹脂との界面接着性が向上し,高強度のCFRPの作製が可能であることを示した。

  4. 新型のゼ-タ電位の粒子径依存測定装置及び分級機の創生

    研究課題/研究課題番号:24560922  2012年04月 - 2015年03月

    吉田 英人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    粒子の帯電状態を測定するために市販の装置では、ゼ-タ電位の粒子径依存性を測定することはできなかった。本研究では沈降天秤法を改良して、ゼ-タ電位の粒子径依存性を詳細に知る方法を開発した。この装置を使用して、サブミクロンのシリカ粒子の測定結果より、ゼ-タ電位は粒子径の変化により変わることが明確になった。またゼ-タ電位の絶対値は粒子分散直後において最大となり、時間の経過とともに小さくなり最終的には一定値となった。
    またこの特性を利用すると、サブミクロンのシリカ粒子を高精度で分級することが可能であることがわかった。さらに電場を印加できる湿式分級装置も試作して良好な粒子分級が可能であるとの知見を得た。
    <br>

  5. AFM解析による高分子膨潤ナノ粒子を鋳型としたナノ粒子規則配列手法の開発

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ビーズミル分散を利用した電気泳動型ナノ粒子分級装置の開発

    2009年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 16

  1. 高分子化合物の製造方法、多孔質体、及び高分子化合物の粒子

    山本徹也, 大内慎也, 山田尚輝

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-085490  出願日:2020年5月

  2. ポリマーコロイド溶液及びそれを用いた分析マーカー、ナノカーボン溶液、樹脂粒子吸着炭素繊維、及び炭素繊維強化プラスチック

    山本 徹也, 上松克匡, 入澤寿平

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-209998  出願日:2015年10月26日

  3. 繊維強化樹脂材料及びその製造方法並びに繊維強化樹脂構造体

    山本徹也,吉良亘平,金スルチャン,加藤恵介,野村理明

     詳細を見る

    出願番号:2021-076939  出願日:2021年4月29日

  4. ポリマー粒子の製造方法及び粒子製造装置

    山本徹也,河合優介,田中貴將,松下未来,根本源太郎

     詳細を見る

    出願番号:2018-031318  出願日:2018年2月23日

    出願国:国内  

  5. キュポラ設備における亜鉛及びコークスの回収装置及び回収方法

    福井国博,山本徹也,細川順司,田中千富

     詳細を見る

    出願番号:2013-045082  出願日:2013年

    出願国:国内  

  6. 湿式分級方法及び湿式分級装置

    吉田英人,山本徹也,高井健次

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-217834  出願日:2011年9月30日

    公開番号:特開2013-075275 

    出願国:国内  

  7. 高分子微粒子の製造方法

    山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-203368  出願日:2011年9月16日

    公開番号:特開2013-064066 

    出願国:国内  

  8. 固相反応による粉体の製造方法

    福井国博,吉田英人,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-120401  出願日:2010年5月26日

    公開番号:特開2011-246305 

    出願国:国内  

  9. 湿式分級装置及びその湿式分級方法

    吉田英人,山本徹也,國友 修,山本一也

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-287579  出願日:2009年12月18日

    公開番号:特開2011-125801 

    出願国:国内  

  10. 遠心分離機及び遠心分離方法

    吉田英人,山本徹也,勝見武司

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-286790  出願日:2008年11月7日

    公開番号:特開2010-110712 

    出願国:国内  

  11. 湿式遠心分級装置

    吉田英人,山本徹也,佐伯勝彦,向野 隆,佐々木卓也

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-335879  出願日:2006年12月13日

    公開番号:特開2008-142680 

    出願国:国内  

  12. ポリマー粒子の製造方法

    中山将輝,東谷 公,神田陽一,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-26734  出願日:2004年2月3日

    公開番号:特開2005-220163 

    出願国:国内  

  13. ポリマー粒子の製造方法

    中山将輝,東谷 公,神田陽一,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-26736  出願日:2004年2月3日

    公開番号:特開2005-220165 

    出願国:国内  

  14. ポリマー粒子の製造方法

    中山将輝,東谷 公,神田陽一,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-26735  出願日:2004年2月3日

    公開番号:特開2005-220164 

    出願国:国内  

  15. ポリマー粒子の製造方法

    中山将輝,東谷 公,神田陽一,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-26737  出願日:2004年2月3日

    公開番号:特開2005-220166 

    出願国:国内  

  16. ポリマー粒子の製造方法

    中山将輝,東谷 公,神田陽一,山本徹也

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-26738  出願日:2004年2月3日

    公開番号:特開2005-220167 

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 54

  1. 基礎セミナーA

    2021

  2. 学生実験2

    2021

  3. 粒子・粉体工学

    2021

  4. 物理化学1

    2021

  5. 物理化学演習

    2021

  6. 学生実験2

    2020

  7. 物理化学1

    2020

  8. 粒子・粉体工学

    2020

  9. 物理化学演習

    2020

  10. 基礎セミナーA

    2020

  11. 界面制御工学基礎

    2020

  12. 物理化学1

    2019

  13. 化学生物工学産業概論

    2019

  14. 粒子・粉体工学

    2019

  15. 物理化学演習

    2019

  16. 基礎セミナーA

    2019

  17. 学生実験2

    2019

  18. 材料工学

    2018

  19. 物理化学1

    2018

  20. 工業化学

    2018

  21. 物理化学実験

    2018

  22. 界面制御工学基礎

    2018

  23. 無機化学B

    2018

  24. プロセス製図

    2018

  25. 無機化学B

    2017

  26. プロセス基礎セミナー

    2017

  27. 基礎セミナー

    2017

  28. 物理化学1

    2017

  29. プロセス製図

    2017

  30. 材料工学

    2017

  31. 工業化学

    2017

  32. 化学工学概論

    2017

  33. 物理化学1

    2017

  34. 物理化学実験

    2017

  35. 工場見学

    2016

  36. 材料工学

    2016

  37. 化学工学概論

    2016

  38. プロセス製図

    2016

  39. 工業化学

    2016

  40. 材料システム工学特論

    2016

  41. 無機化学B

    2016

  42. 物理化学1

    2016

  43. 基礎セミナー

    2016

  44. 化学工学概論

    2015

  45. 材料工学

    2015

  46. 工業化学

    2015

  47. 無機化学B

    2015

  48. 物理化学1

    2015

  49. プロセス基礎セミナー

    2015

  50. 基礎セミナー

    2015

  51. 工業化学

    2014

  52. 化学工学概論

    2014

  53. 材料システム工学特論

    2014

  54. プロセス基礎セミナー

    2014

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. マテリアル工学実験

    名古屋大学)

  2. 化学工学実験

    名古屋大学)

  3. 基礎化学実験

    広島大学 工学部第Ⅲ類)

  4. 化学工学演習Ⅱ

    広島大学 工学部第Ⅲ類)

 

社会貢献活動 8

  1. R&D・研究開発技術セミナー「ソープフリー乳化重合における高分子微粒子の生成と粒子径・表面形態制御」

    講師

    R&D支援センター  2021年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  2. R&D・研究開発技術セミナー「ソープフリー乳化重合における高分子微粒子の生成と粒子径・表面形態制御」

    講師

    R&D支援センター  江東区文化センター  2020年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  3. APPIE産学官連携フェア2019「無機・有機ナノ粒子の中空化技術を紹介します!」

    パネリスト

    日本粉体工学技術協会  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  4. 第29回中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学講演会

    企画

    化学工学会 東海支部  東亞合成株式会社 名古屋工場  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:施設一般公開

  5. APPIE産学官連携フェア2017「分散・接着・抗菌活性の向上にコロイド技術を!」

    講師

    日本粉体工学技術協会  インテックス大阪  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  6. 一般社団法人日本粉体工業技術協会・人材育成委員会「若手のつどい」

    出演, パネリスト

    一般社団法人日本粉体工業技術協会・人材育成委員会  ホソカワミクロン(株) 大阪府枚方市  2016年8月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  7. 日本粉体工業技術協会第1回ベストシーズ講演会 「エコな乾式分級操作を紹介します。」

    2014年10月

  8. 技術情報協会 「微粒子表面物性を利用した分級技術とミクロン粒子の調製」

    2014年7月

     詳細を見る

    技術情報協会主催の企業向けセミナーにおいて一件の依頼講演を実施した。
     「微粒子表面物性を利用した分級技術とミクロン粒子の調製」

▼全件表示

メディア報道 1

  1. APPIE産学官連携フェア2015「高分子微粒子を炭素材料へ応用しよう!」

    日本粉体工学技術協会  2015年10月