2022/03/29 更新

写真a

カワムラ マリコ
川村 麻里子
KAWAMURA Mariko
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 高次医用科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2011年5月   名古屋大学 ) 

経歴 1

  1. 名古屋大学医学部付属病院   放射線科

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

受賞 2

  1. 2018年 優秀教育展示賞

    2018年10月   公益社団法人 日本放射線腫瘍学会  

    川村麻里子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 優秀教育講演賞(乳癌の放射線治療)

    2017年11月   第30回日本放射線腫瘍学会 学術大会  

    川村麻里子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 39

  1. Hybrid 3D T1-weighted gradient-echo sequence for fiducial marker detection and tumor delineation via magnetic resonance imaging in liver stereotactic body radiation therapy

    Kato Yutaka, Kamomae Takeshi, Kumagai Motoki, Oie Yumi, Noguchi Yumiko, Okudaira Kuniyasu, Kawamura Mariko, Taoka Toshiaki, Naganawa Shinji

    PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS   95 巻   頁: 9 - 15   2022年3月

     詳細を見る

  2. Methods for confirming the safety of radiation therapy in patients with left ventricular assist device: a case of extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type

    Oishi Hideo, Kondo Toru, Kawamura Mariko, Shimada Kazuyuki, Mutsuga Masato, Kurokawa Takashi, Kuwayama Tasuku, Hiraiwa Hiroaki, Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Nishida Tetsuya, Kiyoi Hitoshi, Naganawa Shinji, Usui Akihiko, Murohara Toyoaki

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS     2022年2月

     詳細を見る

  3. Features from MRI texture analysis associated with survival outcomes in triple-negative breast cancer patients

    Kamiya Saki, Satake Hiroko, Hayashi Yoko, Ishigaki Satoko, Ito Rintaro, Kawamura Mariko, Taoka Toshiaki, Iwano Shingo, Naganawa Shinji

    BREAST CANCER   29 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 173   2022年1月

     詳細を見る

  4. Relationship between Time-dependent Signal Changes in Parasagittal Perivenous Cysts and Leakage of Gadolinium-based Contrast Agents into the Subarachnoid Space.

    Naganawa S, Ito R, Nakamichi R, Kawamura M, Taoka T, Yoshida T, Sone M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   20 巻 ( 4 ) 頁: 378 - 384   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0138

    PubMed

  5. Development of an x-ray-opaque-marker system for quantitative phantom positioning in patient-specific quality assurance

    Suzuki Kentaro, Kamomae Takeshi, Oguchi Hiroshi, Kawabata Fumitaka, Sugita Kazuma, Okudaira Kuniyasu, Mori Masaki, Abe Shinji, Komori Masataka, Kawamura Mariko, Ohtakara Kazuhiro, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS   91 巻   頁: 121 - 130   2021年11月

     詳細を見る

  6. Poor local control of ulcerative T1 glottic cancer treated with 2.25-Gy per fraction radiotherapy

    Oie Yumi, Itoh Yoshiyuki, Kawamura Mariko, Takase Yuuki, Murao Takayuki, Ishihara Shunichi, Nomoto Yoshihito, Hirasawa Naoki, Asano Akiko, Yamakawa Kouji, Ito Junji, Kinoshita Fumie, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 4 ) 頁: 811 - 825   2021年11月

     詳細を見る

  7. Peripheral Retinal Leakage after Intravenous Administration of a Gadolinium-based Contrast Agent: Age Dependence, Temporal and Inferior Predominance and Potential Implications for Eye Homeostasis.

    Naganawa S, Ito R, Kawamura M, Taoka T, Yoshida T, Sone M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2021-0100

    PubMed

  8. The importance of choosing the right strategy to treat small cell carcinoma of the cervix: a comparative analysis of treatments

    Kawamura Mariko, Koide Yutaro, Murai Taro, Ishihara Shunichi, Takase Yuuki, Murao Takayuki, Okazaki Dai, Yamaguchi Takahiro, Uchiyama Kaoru, Itoh Yoshiyuki, Kodaira Takeshi, Shibamoto Yuta, Mizuno Mika, Kikkawa Fumitaka, Naganawa Shinji

    BMC CANCER   21 巻 ( 1 ) 頁: 1046   2021年9月

     詳細を見る

  9. Dosimetric impacts of beam-hardening filter removal for the CyberKnife system

    Kamomae Takeshi, Matsunaga Takuma, Suzuki Junji, Okudaira Kuniyasu, Kawabata Fumitaka, Kato Yutaka, Oguchi Hiroshi, Shimizu Morihito, Sasaki Motoharu, Takase Yuki, Kawamura Mariko, Ohtakara Kazuhiro, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS   86 巻   頁: 98 - 105   2021年6月

     詳細を見る

  10. Early glottic cancer treatment with concurrent chemoradiotherapy with once-daily orally administered S-1

    Takase Yuuki, Itoh Yoshiyuki, Ohtakara Kazuhiro, Kawamura Mariko, Ito Junji, Oie Yumi, Ono Tamami, Sasaki Yutaro, Nishida Ayumi, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 2 ) 頁: 251 - 258   2021年5月

     詳細を見る

  11. Cross-sectional Area of the Superior Petrosal Sinus is Reduced in Patients with Significant Endolymphatic Hydrops.

    Naganawa S, Ito R, Kawai H, Kawamura M, Taoka T, Yoshida T, Sone M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2021-0010

    PubMed

  12. MR Imaging of Endolymphatic Hydrops in Five Minutes.

    Naganawa S, Ito R, Kawai H, Kawamura M, Taoka T, Sakai M, Ichikawa K, Yoshida T, Sone M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.ici.2021-0022

    PubMed

  13. Relationship between Parasagittal Perivenous Cysts and Leakage of Gadolinium-based Contrast Agents into the Subarachnoid Space around the Cortical Veins after Intravenous Administration

    Naganawa Shinji, Ito Rintaro, Nakamichi Rei, Kawamura Mariko, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki, Yoshida Tadao, Sone Michihiko

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   20 巻 ( 3 ) 頁: 245 - 252   2021年

     詳細を見る

  14. MR Imaging of Endolymphatic Hydrops: Utility of iHYDROPS-Mi2 Combined with Deep Learning Reconstruction Denoising

    Naganawa Shinji, Nakamichi Rei, Ichikawa Kazushige, Kawamura Mariko, Kawai Hisashi, Yoshida Tadao, Sone Michihiko

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   20 巻 ( 3 ) 頁: 272 - 279   2021年

     詳細を見る

  15. A phase I/II trial of intraoperative breast radiotherapy in an Asian population: 10-year results with critical evaluation

    Kawamura Mariko, Itoh Yoshiyuki, Kamomae Takeshi, Sawaki Masataka, Kikumori Toyone, Tsunoda Nobuyuki, Ito Junji, Shimoyama Yoshie, Satake Hiroko, Naganawa Shinji

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   61 巻 ( 4 ) 頁: 602 - 607   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/jrr/rraa029

    Web of Science

    PubMed

  16. Evaluation of newly implemented dose calculation algorithms for multileaf collimator-based CyberKnife tumor-tracking radiotherapy

    Kawata Kohei, Kamomae Takeshi, Oguchi Hiroshi, Kawabata Fumitaka, Okudaira Kuniyasu, Kawamura Mariko, Ohtakara Kazuhiro, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    MEDICAL PHYSICS   47 巻 ( 3 ) 頁: 1391 - 1403   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/mp.14013

    Web of Science

    PubMed

  17. Kinetic volume analysis on dynamic contrast-enhanced MRI of triple-negative breast cancer: associations with survival outcomes

    Hayashi Yoko, Satake Hiroko, Ishigaki Satoko, Ito Rintaro, Kawamura Mariko, Kawai Hisashi, Iwano Shingo, Naganawa Shinji

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   93 巻 ( 1106 ) 頁: 20190712   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1259/bjr.20190712

    Web of Science

    PubMed

  18. A phase I/II trial of intraoperative breast radiotherapy in an Asian population: 10-year results

    Kawamura M., Yoshiyuki I., Kamomae T., Ito J., Oie Y., Ohtakara K., Naganawa S.

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   141 巻   頁: S61 - S61   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  19. Should Small Cell Carcinoma of the Cervix be Treated As Localized Small Cell Cancer or Advanced Cervical Cancer: A Retrospective Multi-Institutional Cohort Study

    Kawamura M., Koide Y., Murai T., Ishihara S., Takase Y., Murao T., Okazaki D., Yamaguchi T., Uchiyama K., Itoh Y., Kodaira T., Shibamoto Y., Mizuno M., Kikkawa F., Naganawa S.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   105 巻 ( 1 ) 頁: E324 - E325   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  20. Clinical Results of T1 Glottic Cancer Treated with Radiotherapy Using 2.25 Gy per Fractions: A Multicenter Survey in Clinical Practice

    Oie Y., Itoh Y., Kawamura M., Takase Y., Murao T., Ishihara S., Nomoto Y., Hirasawa N., Asano A., Yamakawa K., Ito J., Naganawa S.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   105 巻 ( 1 ) 頁: E366 - E367   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  21. High-dose-rate intracavitary brachytherapy for recurrent cervical cancer in the vaginal stump after hysterectomy

    Kozai Yuka, Itoh Yoshiyuki, Kawamura Mariko, Nakahara Rie, Ito Junji, Okada Tohru, Kikkawa Fumitaka, Ikeda Mitsuru, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 3 ) 頁: 351 - 358   2019年8月

     詳細を見る

  22. Whole abdominopelvic intensity-modulated radiation therapy for peritoneal disseminated rhabdomyosarcoma with three-year follow-up: a case report

    Kawamura Mariko, Okudaira Kuniyasu, Itoh Yoshiyuki, Kamomae Takeshi, Nishikawa Eri, Muramatsu Hideki, Takahashi Yoshiyuki, Yokota Kazuki, Naganawa Shinji

    RADIATION ONCOLOGY   14 巻 ( 1 ) 頁: 127   2019年7月

     詳細を見る

  23. Proton Beam Therapy without Fiducial Markers Using Four-Dimensional CT Planning for Large Hepatocellular Carcinomas (vol 10, 71, 2018)

    Shibata Satoshi, Takamatsu Shigeyuki, Yamamoto Kazutaka, Mizuhata Miu, Bou Sayuri, Sato Yoshitaka, Kawamura Mariko, Asahi Satoko, Tameshige Yuji, Maeda Yoshikazu, Sasaki Makoto, Kumano Tomoyasu, Kobayashi Satoshi, Tamamura Hiroyasu, Gabata Toshifumi

    CANCERS   10 巻 ( 12 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers10120508

    Web of Science

    PubMed

  24. Proton Beam Therapy without Fiducial Markers using 4-Dimensional CT Planning for Large Hepatocellular Carcinomas

    Shibata S., Takamatsu S., Yamamoto K., Mizuhata M., Sato Y., Bou S., Kawamura M., Asahi S., Tameshige Y., Maeda Y., Sasaki M., Kumano T., Kobayashi S., Tamamura H., Gabata T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   102 巻 ( 3 ) 頁: E62-E62   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. 特集4海外放射線治療最新事情:FAROドタバタreport

    川村麻里子

    Rad Fan   16 巻 ( 12 ) 頁: 54-58   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. Study Protocol: Prospective Study of Concurrent Chemoradiotherapy with S-1 and Hypofractionated Radiotherapy for Outpatients with Early Glottic Squamous Cell Carcinomas

    Kimura K, Itoh Y, Okada T, Kubota S, Kawamura M, Nakahara R, Oie Y, Kozai Y, Takase Y, Tsuzuki H, Nishio N, Hiramatsu M, Fujimoto Y, Mizutani T, Hirakawa A, Naganawa S

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   19 巻 ( 5 ) 頁: 1195-1199   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22034/APJCP.2018.19.5.1195

    PubMed

  27. Current situation and issues for promotion of childhood cancer radiation therapy in Japan

    Sekine H., Hashimoto T. H., Jingu K. J., Kita M. K., Fuji H. F., Igaki H. I., Sumi M. S., Omura M. O., Kawamura M. K., Il N. I., Takada A. T., Suzuki G. S., Mizowaki T. M., Tanaka M. T., Isohashi F. I., Soejima T. S., Kimura T. K., Oga S. O., Ogo E. O., Nagata Y.

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   127 巻   頁: S882 - S883   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  28. Proton Beam Therapy without Fiducial Markers Using Four-Dimensional CT Planning for Large Hepatocellular Carcinomas

    Shibata Satoshi, Takamatsu Shigeyuki, Yamamoto Kazutaka, Mizuhata Miu, Bou Sayuri, Sato Yoshitaka, Kawamura Mariko, Asahi Satoko, Tameshige Yuji, Maeda Yoshikazu, Sasaki Makoto, Kumano Tomoyasu, Kobayashi Satoshi, Tamamura Hiroyasu, Gabata Toshifumi

    CANCERS   10 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers10030071

    Web of Science

    PubMed

  29. Respiratory-gated Proton Beam Therapy for Hepatocellular Carcinoma Adjacent to the Gastrointestinal Tract without Fiducial Markers.

    Mizuhata M, Takamatsu S, Shibata S, Bou S, Sato Y, Kawamura M, Asahi S, Tameshige Y, Maeda Y, Sasaki M, Kumano T, Kobayashi S, Yamamoto K, Tamamura H, Gabata T

    Cancers   10 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers10020058

    PubMed

  30. Respiratory-Gated Proton Beam Therapy for Hepatocellular Carcinoma Adjacent to the Gastrointestinal Tract without Fiducial Markers

    Mizuhata Miu, Takamatsu Shigeyuki, Shibata Satoshi, Bou Sayuri, Sato Yoshitaka, Kawamura Mariko, Asahi Satoko, Tameshige Yuji, Maeda Yoshikazu, Sasaki Makoto, Kumano Tomoyasu, Kobayashi Satoshi, Yamamoto Kazutaka, Tamamura Hiroyasu, Gabata Toshifumi

    CANCERS   10 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers10020058

    Web of Science

  31. Dosimetric feasibility of using tungsten-based functional paper for flexible chest wall protectors in intraoperative electron radiotherapy for breast cancer

    Kamomae Takeshi, Monzen Hajime, Kawamura Mariko, Okudaira Kuniyasu, Nakaya Takayoshi, Mukoyama Takashi, Miyake Yoshikazu, Ishihara Yoshitomo, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    PHYSICS IN MEDICINE AND BIOLOGY   63 巻 ( 1 ) 頁: 015006   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6560/aa96cf

    Web of Science

    PubMed

  32. Three-dimensional printer-generated patient-specific phantom for artificial in vivo dosimetry in radiotherapy quality assurance

    Kamomae Takeshi, Shimizu Hidetoshi, Nakaya Takayoshi, Okudaira Kuniyasu, Aoyama Takahiro, Oguchi Hiroshi, Komori Masataka, Kawamura Mariko, Ohtakara Kazuhiro, Monzen Hajime, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS   44 巻   頁: 205-211   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejmp.2017.10.005

    Web of Science

    PubMed

  33. Clinical outcomes of I-125 brachytherapy with and without external-beam radiation therapy for localized prostate cancer: results from 300 patients at a single institution in Japan

    Maki Sayo, Itoh Yoshiyuki, Kubota Seiji, Okada Tohru, Nakahara Rie, Ito Junji, Kawamura Mariko, Naganawa Shinji, Yoshino Yasushi, Fujita Takashi, Kato Masashi, Gotoh Momokazu, Ikeda Mitsuru

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   58 巻 ( 6 ) 頁: 870-880   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrx051

    Web of Science

    PubMed

  34. Abscopal Effect of Local Irradiation Treatment for Diffuse Large B-cell Lymphoma

    Hidaka Yuri, Takeichi Takuya, Ishikawa Yuichi, Kawamura Mariko, Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   97 巻 ( 9 ) 頁: 1140-1141   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-2729

    Web of Science

    PubMed

  35. Optimized treatment strategy of radiotherapy for early glottic squamous cell carcinomas: An initial analysis

    Kimura Kana, Itoh Yoshiyuki, Okada Tohru, Kubota Seiji, Kawamura Mariko, Nakahara Rie, Oie Yumi, Kozai Yuka, Takase Yuuki, Tsuzuki Hidenori, Nishio Naoki, Hiramatsu Mariko, Fujimoto Yasushi, Mizutani Takefumi, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 3 ) 頁: 331-338   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.331

    Web of Science

    PubMed

  36. Development of the breast immobilization system in prone setup: The effect of bra in prone position to improve the breast setup error

    Kawamura Mariko, Maeda Yoshikazu, Yamamoto Kazutaka, Takamatsu Shigeyuki, Sato Yoshitaka, Minami Hiroki, Saga Yusuke, Kume Kyo, Tameshige Yuji, Sasaki Makoto, Tamamura Hiroyasu, Ohta Kouji, Itoh Yoshiyuki, Naganawa Shinji

    JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS   18 巻 ( 4 ) 頁: 155-160   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/acm2.12116

    Web of Science

    PubMed

  37. Postoperative chemoradiation therapy using high dose cisplatin and fluorouracil for high- and intermediate-risk uterine cervical cancer

    Miyauchi Rise, Itoh Yoshiyuki, Kawamura Mariko, Hirakawa Akihiro, Shibata Kiyosumi, Kajiyama Hiroaki, Nakahara Rie, Kubota Seiji, Ito Junji, Okada Tohru, Kikkawa Fumitaka, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 211 - 220   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.2.211

    Web of Science

    PubMed

  38. 粒子線治療の原理適応

    川村麻里子

    健康文化   - 巻 ( 49 ) 頁: 118-121   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 乳腺領域におけるReal-time Virtual Sonography の臨床的有用性について

    佐竹弘子, 西尾明子, 石垣聡子, 川村麻里子, 長縄慎二

    Jpn J Med Ultrasonics   36 巻 ( 6 ) 頁: 669-678   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 66

  1. The IPSO/PROS symposium 国際会議

    Mariko Kawamura

    The 50th Congress of the International Society of Paediatric Oncology (SIOP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  2. Feasibility of novel thin bolus using tungsten functional paper for electron beam radiotherapy. 国際会議

    Takeshi Kamomae, Hajime Monzen, Kazuma Sugita, Kuniyasu Okudaira, Morikazu Amano, Yoshihiro Kawai, Hiroshi Oguchi, Motoki Kumagai, Mariko Kawamura, Kazuhiro Ohtakara, Yoshiyuki Itoh, Shinji Naganawa

    18th Asia-Oceania Congress of Medical Physics (AOCMP) & 16th South-East Asia Congress of Medical Physics (SEACOMP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kuala Lumpur, Malaysia   国名:マレーシア  

  3. 放射線抵抗性子宮頸癌の半導体レーザによる温熱機器の開発とその実用化

    伊藤善之、香西由加、木村香菜、川村麻里子、中原理絵、大家祐実、髙瀬裕樹、奥村真之、伊藤淳二、岡田 徹、大宝和博、長縄慎二、山田啓一郎、中村誠司

    日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  4. 早期声門癌に対するS-1併用化学放射線治療の成績

    髙瀬裕樹、木村香菜、伊藤善之、大宝和博、岡田 徹、川村麻里子、伊藤淳二、中原理絵、大家祐実、香西由加、藤本保志、長縄慎二

    日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  5. 腹膜播種を伴う横紋筋肉腫に対しIMRTを用いて全腹腔照射行った1例

    川村麻里子、奥平訓康、伊藤善之、大宝和博、岡田 徹、中原理絵、 伊藤淳二、大家祐実、木村香菜、髙瀬裕樹、長縄慎二

    日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  6. 女性の放射線宿酔

    伊藤善之、香西由加、木村香菜、川村麻里子、中原理絵、大家祐実、髙瀬裕樹、奥村真之、伊藤淳二、岡田 徹、大宝和博、長縄慎二、山田啓一郎、中村誠司

    日本放射線腫瘍学会第31回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  7. Can Prophylactic para aortic irradiation improve survival of small cell cervical cancer? 国際会議

    Mariko Kawamura

    The 3rd Federation of Asian Organization for Radiation Oncology (FARO) Meeting. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bali, Indonesia   国名:インドネシア共和国  

  8. 放射線治療の診断や治療に関する講義

    川村麻里子

    がん治療と症状緩和の学習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  9. 英語の科学論文をどう読みますか?

    川村麻里子

    第77回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  10. 最新の放射線治療:根治から緩和まで

    川村麻里子

    愛知県病院薬剤師会 第7回がん部会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  11. パネリスト

    川村麻里子

    第3回東海乳房再建研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  12. Heterogeneity of Breast Cancer: Impact and Strategies on Breast Imaging. 国際会議

    Hiroko Satake, Satoko Ishigaki, Yoko Hayashi, Mariko Kawamura, Ken Nagasaka, Hisashi Kawai, Shinji Naganawa

    103rd Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America(RSNA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, USA   国名:アメリカ合衆国  

  13. Kinetic Volume Analysis on Dynamic Contrast-Enhanced MRI of Triple Negative Breast Cancer: Association with Survival Outcomes. 国際会議

    Yoko Hayashi, Hiroko Satake, Satoko Ishigaki, Mariko Kawamura, Hisashi Kawai, Shinji Naganawa

    103rd Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America(RSNA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago, USA   国名:アメリカ合衆国  

  14. Optimized treatment strategy for early glottic squamous cell carcinomas: An initial analysis. 国際会議

    Kana Kimura, Yoshiyuki Itoh, Tohru Okada, Seiji Kubota, Mariko Kawamura, Shinji Naganawa

    103rd Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America(RSNA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago, USA   国名:アメリカ合衆国  

  15. A new shield for intraoperative electron radiotherapy in early-stage breast cancer. 国際会議

    Mariko Kawamura

    The 2nd Meeting of the Federation of Asian Organizations for Radiation Oncology 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ramesh BILIMAGGA, AROI, India   国名:日本国  

  16. 多施設共同研究:1回2.25GyによるⅠ期声門癌の放射線治療

    伊藤善之、久保田誠司、中原理絵、川村麻里子、長縄慎二、野本由人、村尾豪之、山川耕二、石原俊一、平澤直樹、浅野晶子、柳川繁雄

    日本医学放射線学会第162回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  17. 乳がん術中照射部位の経時的変化

    川村麻里子、伊藤善之、久保田誠司、岡田 徹、大家祐実、木村香菜、香西由加、高瀬裕樹、佐竹弘子、長縄慎二

    第76回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  18. トリプルネガティブ乳癌におけるダイナミックMRIの三次元的容積解析:生存との相関について

    林 葉子、佐竹弘子、石垣聡子、川村麻里子、川井 恒、長縄慎二

    第76回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  19. Time-dependent changes of the tumor beds after intra-operative radiotherapy of the breast cancer.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 子宮頸部小細胞癌21例の臨床的検討

    川村麻里子、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、木村香菜、香西由加、高瀬裕樹、長縄慎二、内海 史、吉川史隆

    日本医学放射線学会 第161回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重   国名:日本国  

  21. 早期声門癌の個別化された治療方針とその治療成績

    木村香菜、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、大家祐実、香西由加、高瀬裕樹、長縄慎二、藤本保志、平松真理子、西尾直樹、都築秀典、

    第34回東海頭頸部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  22. 乳癌ダイナミックMRIの三次元的容積解析:トリプルネガティブ乳癌における生存との相関について

    林 葉子、佐竹弘子、石垣聡子、川村麻里子、川井 恒、長縄慎二

    第26回日本乳癌画像研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  23. 乳癌術中照射用プレートの改良

    川村麻里子、加茂前健、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、木村香菜、香西由香、大家祐実、高瀬裕樹、長縄慎二

    日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  24. 個別化・細分化された早期声門癌に対する放射線治療成績

    木村香菜、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、大家祐実、香西由加、高瀬裕樹、長縄慎二、藤本保志

    日本放射線腫瘍学会第29回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  25. PHITSを用いた放射線治療用電子線に対する金属粉含有機能紙の遮蔽性能評価

    加茂前健、門前 一、川村麻里子、奥平訓康、中谷隆佳、向山隆史、末澤正太郎、川端文隆、杉田和真、三宅良和、小口 宏、伊藤善之、長縄慎二

    PHITS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  26. 乳癌の放射線治療

    川村麻里子

    第18回放射線腫瘍学夏季セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  27. 早期声門癌に対するS-1 併用化学放射線療法の長期成績

    高瀬裕樹、伊藤善之、木村香菜、岡田 徹、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、大家祐実、香西由加、長縄慎二、藤本保志、曾根三千彦

    日本医学放射線学会第160回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  28. 子宮頸癌の放射線治療成績

    石原俊一、高田 章、中道玲瑛、石口裕章、河井通泰、梅村康太、河合要介、伊藤善之、川村麻里子、長縄慎二

    日本医学放射線学会第160回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  29. 「乳癌診療ガイドライン~Clinical Question C-1について~」

    川村麻里子

    第59回東海乳腺疾患懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  30. 表在性悪性病変に対する温熱機器の開発とその臨床応用

    副松由加、伊藤善之、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、伊藤淳二、岡田 徹、長縄慎二、木村香菜、加茂前 健、山田啓一郎、中村誠司

    日本医学放射線学会第159回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  31. A randomized, double-blind pilot trial of hydrolyzed rice bran versus placebo for radioprotective effect on abute gastroenteritis secondary to chemoradiotherapy in patients with cervical cancer.

    Yoshiyuki Itoh, Mitsuru Ikeda, Mika Mizuno, Fumitaka Kikkawa, Rie Nakahara, Seiji Kubota, Junji Ito, Tohru Okada, Mariko Kawamura, Yuka Soematsu, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Treatment outcomes of radiation therapy with high-dose-rate intracavitary br achytherapy for recurrent cervical cancer after radical or simple hysterectomy.

    Yuka Soematsu, Yoshiyuki Itoh, Rie Nakahara, Seiji Kubota, Junji Ito, Mariko Kawamura, Tohru Okada, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. Clinical and pathological outcome of the neoadjuvant radiochemotherapy (NAC-RT) to locally advanced non-small cell lung cancer.

    Mariko Kawamura, Yoshiyuki Itoh, Seiji Kubota, Tohru Okada, Junji Ito, Rie Nakahara, Yuka Soematsu, Takeshi Kamomae, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Multicenter survey for T1 glottic cancer treated with 2.25 Gy per fraction in clinical practice.

    Seiji Kubota, Yoshiyuki Itoh, Rie Nakahara, Yoshihito Nomoto, Syunichi Ishihara, Takayuki Murao, Kouji Yamakawa, Naoki Hirasawa, Akiko Asano, Junji Ito, Mariko Kawamura, Tohru Okada, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. US, MMG, MRI Changes After Intraoperative Radiation Therapy of Breast Cancer. 国際会議

    Mariko Kawamura, Yoshiyuki Itoh, Seiji Kubota, Tohru Okada, Junzi Itoh, Hiroko Satake, Shinji Naganawa, Yuka Soematsu

    American Society for Radiation Oncology 57th Annual Meeting (ASTRO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Antonio, USA   国名:アメリカ合衆国  

  36. High Dose Rate Intracavitary Brachytherapy for Recurrent Cancer of Vaginal Stump After Hysterectomy. 国際会議

    Yuka Soematsu, Yoshiyuki Itoh, Rie Nakahara, Seiji Kubota, Junji Ito, Mariko Kawamura, Tohru Okada, Shinji Naganawa

    American Society for Radiation Oncology 57th Annual Meeting (ASTRO) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Antonio, USA   国名:アメリカ合衆国  

  37. 企画シンポジウム2「トリプルネガティブ」 ディスカッサント

    川村麻里子

    第12回日本乳癌学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井   国名:日本国  

  38. 放射線抵抗性子宮頸癌に対するレーザーサーミアによる温熱療法の研究 その4:臨床評価機器による臨床試験の概要

    伊藤善之、副松由加、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、伊藤淳二、岡田 徹、長縄慎二、鈴木史朗、吉川史隆

    第29回東海ハイパーサーミア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  39. 放射線抵抗性子宮頸癌に対するレーザーサーミアによる温熱療法の研究 その4:臨床評価機器による臨床試験の概要

    伊藤善之、副松由加、久保田誠司、川村麻里子、中原理絵、伊藤淳二、岡田 徹、長縄慎二、鈴木史朗、吉川史隆

    第29回東海ハイパーサーミア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  40. Evaluation of Tungsten-Based Functional Paper for Attenuation Device in Intraoperative Radiotherapy for Breast Cancer 国際会議

    Takeshi Kamomae, Hajime Monzen, Kuniyasu Okudaira, Yoshikazu Miyake, Hiroshi Oguchi, Masataka Komori, Mariko Kawamura, Yoshiyuki Itoh, Toyone Kikumori, Shinji Naganawa

    2015 American Association of Physicists in Medicine(AAPM) 57th Annual Meeting&Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Anaheim, USA   国名:アメリカ合衆国  

  41. 高線量率腔内照射を主体とした子宮頸癌術後の膣断端再発・残存に対する放射線治療の成績

    副松由加、伊藤善之、中原理絵、久保田誠司、川村麻里子、 伊藤淳二、岡田徹、長縄慎二、鈴木史朗、吉川史隆

    日本医学放射線学会 第158回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  42. 5-year Results of APBI Using IORT Technique to Japanese Population 国際会議

    Mariko Kawamura, Yoshiyuki Itoh, Tohru Okada, Seiji Kubota, Junzi Itoh, Takeshi Kamomae, Shinji Naganawa, Toyone Kikumori, Nobuyuki Tsunoda

    15th International Congress of Radiation Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  43. 早期乳癌に対する乳房温存手術+術中放射線部分照射:第I/II相試験の結果

    川村麻里子、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、伊藤淳二、副松由加、加茂前健、長縄慎二、菊森豊根、角田伸行

    日本医学放射線学会第157回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月 - 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  44. 子宮頸癌に対する局所温熱治療の機器開発 第2報:試作2号機の概要 

    伊藤善之、木村香菜、副松由加、久保田誠司、伊藤淳二、中原理絵、川村麻里子、岡田 徹、長縄慎二

    日本放射線腫瘍学会第27回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  45. 子宮頸癌に対する局所温熱試作器を用いた初期組織加温実験

    副松由加、伊藤善之、木村香菜、岡田 徹、久保田誠司、中原理絵、川村麻里子、伊藤淳二、長縄慎二、山田啓一郎、中村誠司

    日本放射線腫瘍学会第27回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  46. 早期乳癌に対する乳房温存手術・術中放射線部分照射:第I/II相試験 の結果

    川村麻里子、伊藤善之、岡田 徹、久保田誠司、伊藤淳二、中原理絵、副松由加、菊森豊根、角田伸行、長縄慎二

    日本放射線腫瘍学会第27回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  47. Evaluation of dosimetric attenuation with new tungsten-based functional paper for intraoperative radiotherapy(IORT) for breast cancer 国際会議

    Takeshi Kamomae, Yoshiyuki Itoh, Hajime Monxen, Kuniyasu Okudaira, Takayoshi Nakaya, Yoshikazu Miyake, Hiroshi Oguchi, Mariko Kawamura, Tohru Okada, Shinji Naganawa

    14th Asia-Oceania Congress of Medical Physics(AOCMP) & 12th South East Asia Congress of Medical Physics(SEACOMP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベトナム社会主義共和国  

  48. Safety and Efficacy of Endoscopic Evaluation During Chemo-Proton Therapy of Esophagus Cancer: Initial Result of 6month Follow-Up 国際会議

    Mariko Kawamura, S.Takamatsu, Y.Maeda, H.Tamamura, K.Yamamoto, Y.Satoh, Y.Tameshige, M.Sasaki, S.Asahi

    ASTRO 56th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Development of the Breast Immobilization System in Prone setup: the Effect of Bra in Prone Position to Eliminate the Breast Setup Error 国際会議

    Mariko Kawamura, S.Takamatsu, H.Tamamura, K.Yamamoto, Y.Tameshige, M.Sasaki, Y.Satoh, S.Asahi

    ASTRO 56th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 乳房うつ伏せ固定による陽子線治療の妥当性の検討

    川村麻里子、大田浩司、伊藤朋子

    第22回日本乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  51. 子宮頸癌に対する局所温熱治療の機器開発第2報:試作2号機の概要 

    伊藤善之、西山香菜、副松由加、久保田誠司、伊藤淳二、中原理絵、川村麻里子、岡田 徹、長縄慎二、山田啓一郎、中村誠司    

    日本医学放射線学会第156回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井   国名:日本国  

  52. 放射線治療における陽子線の位置付け

    川村麻里子

    第16回放射線研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  53. 放射線治療における陽子線の位置付け

    川村麻里子

    第16回放射線研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  54. Early prediction of response to neoadijuvant chemotherapy for locally advanced breast cancer using MRI

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. トリプルネガティブ乳癌MRI~拡散強調像や1HMRSを中心に~

    石垣聡子、佐竹弘子、川井 恒、今井常夫、角田信行、川村麻里子、長縄慎二

    第18回日本乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  56. 乳房温存を目的とする術前化学療法の効果予測

    川村麻里子、佐竹弘子、西尾明子、石垣聡子、長縄慎二、澤木正孝、下山芳江

    第18回日本乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  57. ホルモン受容体とHER2蛋白の発現による乳癌の病型分類と1HMRSを取り入れたMRI所見との比較検討

    佐竹弘子、石垣聡子、川井 恒、川村麻里子、戸谷麗子、平野真希、長縄慎二

    第69回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  58. 3Tにおける乳腺MRS -造影前後での比較-

    川井 恒、長縄慎二、川村麻里子、石垣聡子、佐竹弘子、河村美奈子、櫻井康雄、丸山克也

    第37回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  59. トリプルネガディブ乳癌のMRI所見の検討

    石垣聡子、佐竹弘子、西尾明子、川村麻里子、今井常男、小田高司、川井恒、下山芳江、長縄慎二

    第17回日本乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  60. トリプルネガティブ乳癌のMRI所見の検討

    石垣聡子、佐竹弘子、西尾明子、川村麻里子、川井 恒、長縄慎二

    日本医学放射線学会第145回中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  61. 乳腺領域における3TMRIの現状と展望

    佐竹弘子、西尾明子、石垣聡子、川村麻里子、島本佳寿広、川井 恒、長縄慎二、小田高司、今井常夫

    第16回乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  62. 乳腺RVS(Real-time Virtual Sonography):3T MRIとUSの対比

    西尾明子、佐竹弘子、石垣聡子、川村麻里子、長縄慎二、島本佳寿広、小田高司、今井常夫

    第16回乳癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  63. 乳房温存術の適応となった非触知石灰化乳癌の画像診断

    佐竹弘子、西尾明子、石垣聡子、川村麻里子、長縄慎二、島本佳寿広、小田高司、今井常夫、長坂徹郎

    第67回日本医学放射線学会総会(JRS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  64. MRIを用いた乳腺RVSの臨床使用試験

    西尾明子、佐竹弘子、石垣聡子、川村麻里子、長縄慎二、島本佳寿広、小田高司、今井常夫、荒井修、三竹毅

    第67回日本医学放射線学会総会(JRS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  65. 回腸に広範囲に及ぶ狭窄を呈した腸結核の1 例

    川村麻里子、森 芳峰、長縄慎二

    第74回名古屋レントゲンカンファランス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  66. MRIを用いたRVSと乳管造影CTが有用であった非触知乳癌(乳頭血性分泌)の1例

    西尾明子、佐竹弘子、石垣聡子、川村麻里子、長縄慎二、小田高司、角田伸行

    第4回日本乳癌学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 2

  1. 治療抵抗性致死的不整脈に対する定位放射線治療の研究

    研究課題/研究課題番号:21K07725  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    川村 麻里子, 因田 恭也, 駒田 智大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    器質的心疾患に伴う心室頻拍(VT)はしばしば難治性である。国外を中心に、この難治性なVTに対する放射線を用いた非侵襲的アブレーション治療の臨床試験が行われ、短期的には良好な結果が報告されている。本研究では海外での研究成果を基盤に、国内の診療体制でも実現可能な方法へ変換し、高精度定位放射線治療によるアブレーション治療技術を開発するものである。本治療が本邦でも施行可能となることで、現在治療法がなく、突然死の恐怖と日々戦っている患者の希望となると確信している。

  2. 乳がん術中照射用プレートの改良:高いQOLを目指して

    研究課題/研究課題番号:15K19784  2015年4月 - 2019年3月

    川村 麻里子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    乳房温存手術後の短期部分照射の方法の一つに術中照射法がある。術中照射では、高線量投与による肺や心臓などの正常組織の障害を防ぐため、腫瘍床背側に厚みのある大きな遮蔽プレートを挿入する必要がある。同遮蔽プレートの挿入のために、皮膚に大きな切開を加える必要があり、乳房の整容性が低下する問題があった。本研究では、同等の遮蔽効率を有するが、小さな切開創で挿入可能な遮蔽プレートの開発を目指すものである。本研究期間にタングステン機能紙の遮蔽効率、乳房術中照射に頻用される電子線エネルギー9、12MVを遮蔽するために必要な造影剤の厚みや種類、乳房再建術で用いるエキスパンダーの遮蔽効率について検証、報告を行った。
    乳がんは女性が罹患する癌の中で最も多く、また、根治率も高い疾患である。乳がん術中照射は術後の通院放射線治療が不要になるだけでなく、肺や心臓の被曝を0にするため、患者の負担を軽減するメリットがある。しかし、照射する部位と肺や心臓の間に遮蔽プレートを挿入する必要があるため、現行の方法では乳房の大きな手術創は不可避である。乳房の大きな術創は女性の治療後のQOLを大きく損ねるため、小さな術創から挿入可能な遮蔽プレートを考案し、その基礎的な検証を行った。実臨床で使用するには、まだ課題はあるが、柔らかい遮蔽プレートを作成することは理論上は可能であることが示唆され、今後更なる検討が望まれる。