2021/05/17 更新

写真a

マツオ カズナ
松尾 かずな
MATSUO Kazuna
所属
医学部附属病院 泌尿器科 病院助教
職名
病院助教
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 修士(教育学) ( 1995年3月   名古屋大学 ) 

  2. 学士(理学) ( 1993年3月   名古屋大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 性同一性障害患者のホルモン管理

  2. 性同一性患者への性別適合手術の安全性

  3. マルファン症候群、ロイス・ディーツ症候群、エーラス・ダンロス患者の排泄とホルモン、性機能解析

  4. 性的マイノリティ支援者への医学教育

経歴 3

  1. 札幌医科大学附属病院・診療医

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院泌尿器科・医員

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 社会保険中京病院 嘱託臨床研修医

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 6

  1. 名古屋大学   医学系研究科   泌尿器科学

    2010年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部   医学科

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 名古屋大学   教育学研究科   教育学専攻

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  5. 名古屋大学   教育学研究科   教育学専攻

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  6. 名古屋大学   理学部   数学科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

▼全件表示

所属学協会 12

  1. 日本泌尿器科学会

  2. 日本性機能学会

  3. GID学会

  4. 日本医学教育学会

  5. 日本プライマリケア連合会

  6. 日本泌尿器内視鏡学会

  7. 日本教育学会

  8. 日本人類遺伝学会

  9. 日本排尿機能学会

  10. 日本性科学会

  11. 日本遺伝診療学会

  12. 日本遺伝カウンセリング学会

▼全件表示

 

論文 6

  1. CERNITIN POLLEN EXTRACT VERSUS TADALAFIL THERAPY FOR REFRACTORY CHRONIC PROSTATITIS/CHRONIC PELVIC PAIN SYNDROME: A RANDOMIZED, PROSPECTIVE STUDY

    Matsukawa Y., Ishida S., Funahashi Y., Matsuo K., Kato M., Gotoh M.

    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS   39 巻   頁: S245 - S246   2020年7月

     詳細を見る

  2. Comparison of the Uroflowmetry Parameter Results Between Transgender Males Undergoing Gender-Affirming Hormone Therapy and Age-Matched Cisgender Females: Preliminary Data.

    Matsuo K, Ichihara K, Gotoh M, Masumori N

    Transgender health   4 巻 ( 1 ) 頁: 152 - 156   2019年

     詳細を見る

  3. [PRIMARY PROSTATIC RHABDOMYOSARCOMA WITH REPEATING CEREBRAL HEMORRHAGE FROM BRAIN METASTASES IN AN ADULT: A CASE REPORT].

    Tochigi K, Sassa N, Kanada Y, Ohashi T, Inoue S, Takai S, Matsuo K, Majima T, Ishida S, Funahashi Y, Fujita T, Matsukawa Y, Kato M, Yamamoto T, Gotoh M

    Nihon Hinyokika Gakkai zasshi. The japanese journal of urology   110 巻 ( 2 ) 頁: 119 - 123   2019年

     詳細を見る

  4. Effects of tadalafil on storage and voiding function in patients with male lower urinary tract symptoms suggestive of benign prostatic hyperplasia: A urodynamic-based study.

    Matsukawa Y, Majima T, Matsuo K, Funahashi Y, Kato M, Yamamoto T, Gotoh M

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   25 巻 ( 3 ) 頁: 246-250   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.13489

    PubMed

  5. [A CASE WITH LATE RECURRENCE OF EXTRAGONADAL GERM CELL TUMOR].

    Mori A, Funahashi Y, Inoue S, Takai S, Matsuo K, Hirabayashi T, Suzuki T, Ishida S, Fujita T, Sassa N, Matsukawa Y, Kato M, Yoshino Y, Yamamoto T, Tsuzuki T, Gotoh M

    Nihon Hinyokika Gakkai zasshi. The japanese journal of urology   109 巻 ( 1 ) 頁: 40-44   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.109.40

    PubMed

  6. EFFECTS OF TADALAFIL ON STORAGE AND VOIDING FUNCTION IN PATIENTS WITH MALE LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS SUGGESTIVE OF BENIGN PROSTATIC HYPERPLASIA, BASED ON A URODYNAMIC STUDY

    Matsukawa Y., Majima T., Funahashi Y., Matsuo K., Yamamoto T., Gotoh M.

    NEUROUROLOGY AND URODYNAMICS   36 巻   頁: S250-S251   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

科研費 1

  1. ハラスメント問題に対応するソーシャルワーカー養成のための集学的研究

    2018年 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    中澤未美子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

 

社会貢献活動 1

  1. NPO法人TTSファミリー

    1998年11月 - 現在

     詳細を見る

    性同一性障害をはじめとした性別違和感を抱える当事者と家族などの自助・サポートグループ