2021/11/02 更新

写真a

サカモト ヒロトシ
坂本 裕俊
SAKAMOTO Hirotoshi
所属
物質科学国際研究センター 特任講師
職名
特任講師

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2010年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. XAFS-CT

  2. MOF

  3. XAFSイメージング

  4. 分子ナノカーボン

研究分野 1

  1. ナノテク・材料 / ナノ構造化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 分子ナノカーボンの集積機能化学

  2. CT-XAFS法によるMOFのガス吸着過程の3次元化学状態解析

経歴 6

  1. 名古屋大学   物質科学国際研究センター   特任講師

    2019年7月 - 現在

  2. 名古屋大学 大学院理学研究科 ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト グループリーダー/特任助教   特任助教

    2014年1月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 信州大学 エキゾチック・ナノカーボンの創成と応用プロジェクト拠点 助教

    2012年11月 - 2013年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 信州大学 エキゾチック・ナノカーボンの創成と応用プロジェクト拠点 博士研究員

    2010年5月 - 2012年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. JST-ERATO 北川統合細孔プロジェクト 研究補助員

    2009年4月 - 2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 三菱ガス化学株式会社 研究員

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   工学部   工業化学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. 炭素材料学会

  3. 日本吸着学会

委員歴 1

  1. 日本吸着学会   第33回研究発表会 実行委員  

    2019年7月 - 2019年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 27

  1. Enhanced CO2 adsorption by insertion reaction in the nanospace of a porphyrin-based MOF 査読有り

    Masashi Morita, Shinpei Kusaka, Akira Yonezu, Yuki Ohara, Hirotoshi Sakamoto, and Ryotaro Matsuda

    Chemistry Letters   50 巻   頁: 640 - 643   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1246/cl.200785

  2. Carbon Nanosheets by Morphology‐Retained Carbonization of Two‐Dimensional Assembled Anisotropic Carbon Nanorings 査読有り

    Dr. Taizo Mori, Dr. Hiroyuki Tanaka, Dr. Amit Dalui, Dr. Nobuhiko Mitoma, Dr. Kengo Suzuki, Prof. Dr. Mutsuyoshi Matsumoto, Dr. Nikhil Aggarwal, Prof. Dr. Archita Patnaik, Dr. Somobrata Acharya, Dr. Lok Kumar Shrestha, Dr. Hirotoshi Sakamoto, Prof. Dr. Kenichiro Itami, Prof. Dr. Katsuhiko Ariga

    Angewandte Chemie International Edition   47 巻   頁: 9679 - 9683   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201803859

  3. Electrically Activated Conductivity and White Light Emission of a Hydrocarbon Nanoring-Iodine Assembly

    Ozaki Noriaki, Sakamoto Hirotoshi, Nishihara Taishi, Fujimori Toshihiko, Hijikata Yuh, Kimura Ryuto, Irle Stephan, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 37 ) 頁: 11196-11202   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201703648

    Web of Science

  4. Polymorphism of [6]Cycloparaphenylene for Packing Structure-dependent Host-Guest Interaction

    Fukushima Tomohiro, Sakamoto Hirotoshi, Tanaka Kohei, Hijikata Yuh, Irle Stephan, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 6 ) 頁: 855-857   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170210

    Web of Science

  5. Cycloparaphenylene as a Molecular Porous Carbon Solid with Uniform Pores Exhibiting Adsorption-Induced Softness 査読有り

    H. Sakamoto*, T. Fujimori, X.-l. Li, K. Kaneko*, K. Kan, N. Ozaki, Y. Hijikata, S. Irle, K. Itami

    Chem. Sci.   7 巻   頁: 4204-4210   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6sc00092d

  6. Porous Frameworks Constructed by Non-Covalent Linking of Substitution-Inert Metal Complexes 査読有り

    T. Itoh, M. Kondo, H. Sakamoto, K. Wakabayashi, M. Kanaike, K. Itami, S. Masaoka

    Dalton Trans.   44 巻   頁: 15334-15342   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5DT01620G

  7. Enhanced CO2 adsorptivity of SWCNT by polycyclic aromatic hydrocarbon intercalation

    F. Khoerunnisa, D. Minami, T. Fujimori, S. Y. Hong, Y. C. Choi, H. Sakamoto, M. Endo, K. Kaneko

    Adsorption   20 巻 ( 2-3 ) 頁: 301-309   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/S10450-013-9578-4

  8. Control of the pore size distribution and its spatial homogeneity in particulate activated carbon

    C. Hu, S. Sedghi, S. H. Madani, A. Silvestre-Albero, H. Sakamoto, P. Kwong, P. Pendleton, R. J. Smernik, F. Rodriguez-Reinoso, K. Kaneko, M. J. Biggs

    Carbon   78 巻   頁: 113-120   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/J.Carbon.2014.06.054

  9. Spin-Dependent Molecular Orientation of O2-O2 Dimer Formed in the Nanoporous Coordination Polymer

    A. Hori, T. C. Kobayashi, Y. Kubota, A. Matsuo, K. Kindo, J. Kim, K. Kato, M. Takata, H. Sakamoto, R. Matsuda, S. Kitagawa

    J. Phys. Soc. Jpn.   82 巻   頁: 084703-1-6   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/Jpsj.82.084703

  10. Effect of nanoscale curvature sign and bundle structure on supercritical H2 and CH4 adsorptivity of single wall carbon nanotube 査読有り

    M. Yamamoto, T. Itoh, H. Sakamoto, T. Fujimori, K. Urita, Y. Hattori, T. Ohba, H. Kagita, H. Kanoh, S. Niimura, K. Hata, K. Takeuchi, M. Endo, F. Rodriguez-Reinoso, K. Kaneko

      17 巻 ( 3 ) 頁: 643-651   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-011-9358-y

  11. Water adsorption-desorption property of stable porous supramolecular assembly composed of discrete tetranuclear iron(III) complex using pi center dot center dot center dot pi interactions 査読有り

    R. Ishikawa, K. Nishio, A. Fuyuhiro, K. Yoneda, H. Sakamoto, S. Kitagawa, S. Kawata

    Inorg. Chim. Acta   386 巻   頁: 122-128   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ica.2012.02.002

  12. Supercritical Hydrogen Adsorptivity of Amorphous Carbon Mesotubes 査読有り

    Y. Kawase, T. Ohmori, S. Niimura, T. Fujimori, T. Itoh, H. Sakamoto, J. Miyamoto, H. Noguchi, H. Tanaka, H. Kanoh, H. Nishino, R. Nishida, K. Kaneko

    Adsorpt. Sci. Technol.   29 巻 ( 8 ) 頁: 819-829   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1260/0263-6174.29.8.819

  13. Clean Nanotube Unzipping by Abrupt Thermal Expansion of Molecular Nitrogen: Graphene Nanoribbons with Atomically Smooth Edges

    A. Morelos-Gomez, S. M. Vega-Diaz, V. J. Gonzalez, F. Tristan-Lopez, R. Cruz-Silva, K. Fujisawa, H. Muramatsu, T. Hayashi, X. Mi, Y. F. Shi, H. Sakamoto, F. Khoerunnisa, K. Kaneko, B. G. Sumpter, Y. A. Kim, V. Meunier, M. Endo, E. Munoz-Sandoval, M. Terrones

    ACS Nano   6 巻 ( 3 ) 頁: 2261-2272   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/Nn2043252

  14. Diffusion-Barrier-Free Porous Carbon Monoliths as a New Form of Activated Carbon

    T. Kubo, H. Sakamoto, T. Fujimori, T. Itoh, T. Ohba, H. Kanoh, M. Martinez-Escandell, J. M. Ramos-Fernandez, M. Casco, F. Rodriguez-Reinoso, K. Urita, I. Moriguchi, M. Endo, K. Kaneko

    ChemSusChem   5 巻 ( 11 ) 頁: 2271-2277   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/Cssc.201200234

  15. Selective CO2 uptake and inverse CO2/C2H2 selectivity in a dynamic bifunctional metal-organic framework 査読有り

    W. B. Yang, A. J. Davies, X. Lin, M. Suyetin, R. Matsuda, A. J. Blake, C. Wilson, W. Lewis, J. E. Parker, C. C. Tang, M. W. George, P. Hubberstey, S. Kitagawa, H. Sakamoto, E. Bichoutskaia, N. R. Champness, S. H. Yang, M. Schroder

    Chem. Sci.   3 巻 ( 10 ) 頁: 2993-2999   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2sc20443f

  16. Systematic mechanochemical preparation of a series of coordination pillared layer frameworks 招待有り 査読有り

    H. Sakamoto, R. Matsuda, S. Kitagawa

    Dalton Trans.   41 巻 ( 14 ) 頁: 3956-3961   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C2dt12012g

  17. Anomaly of CH4 Molecular Assembly Confined in Single-Wall Carbon Nanohorn Spaces 査読有り

    S. Hashimoto, T. Fujimori, H. Tanaka, K. Urita, T. Ohba, H. Kanoh, T. Itoh, M. Asai, H. Sakamoto, S. Niimura, M. Endo, F. Rodriguez-Reinoso, K. Kaneko

    J. Am. Chem. Soc.   133 巻 ( 7 ) 頁: 2022-2024   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/Ja1086886

  18. Systematic Construction of Porous Coordination Pillared-layer Structures and Their Sorption Properties 査読有り

    H. Sakamoto, R. Kitaura, R. Matsuda, S. Kitagawa, Y. Kubota, M. Takata

      39 巻 ( 3 ) 頁: 218-219   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2010.218

  19. Chemistry of Porous Coordination Polymers Having Multimodal Nanospace and Their Multimodal Functionality 査読有り

    Chemistry of Porous Coordination Polymers Having Multimodal Nanospace and Their Multimodal Functionality

    J. Nanosci. Nanotechno.   10 巻 ( 1 ) 頁: 3-20   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2010.1494

  20. A Pillared-Layer Coordination Polymer with a Rotatable Pillar Acting as a Molecular Gate for Guest Molecules 査読有り

    J. Seo, R. Matsuda, H. Sakamoto, C. Bonneau, S. Kitagawa

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻 ( 35 ) 頁: 12792-12800   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja904363b

  21. Porous Coordination Polymer with Pyridinium Cationic Surface, [Zn-2(tpa)(2)(Cpb)] 査読有り

    M. Higuchi, D. Tanaka, S. Horike, H. Sakamoto, K. Nakamura, Y. Takashima, Y. Hijikata, N. Yanai, J. Kim, K. Kato, Y. Kubota, M. Takata, S. Kitagawa

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻 ( 30 ) 頁: 10336-10337   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja900373v

  22. Selective Gas Adsorption in One-Dimensional, Flexible Cu-II Coordination Polymers with Polar Units 査読有り

    S. Noro, D. Tanaka, H. Sakamoto, S. Shimomura, S. Kitagawa, S. Takeda, K. Uemura, H. Kita, T. Akutagawa, T. Nakamura

    Chem. Mater.   21 巻 ( 14 ) 頁: 3346-3355   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cm9012969

  23. Heterogeneously Hybridized Porous Coordination Polymer Crystals: Fabrication of Heterometallic Core-Shell Single Crystals with an In-Plane Rotational Epitaxial Relationship 査読有り

    S. Furukawa, K. Hirai, K. Nakagawa, Y. Takashima, R. Matsuda, T. Tsuruoka, M. Kondo, R. Haruki, D. Tanaka, H. Sakamoto, S. Shimomura, O. Sakata, S. Kitagawa

    Angew. Chem. Int. Ed.   48 巻 ( 10 ) 頁: 1766-1770   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200804836

  24. A Porous Coordination Polymer with Accessible Metal Sites and its Complementary Coordination Action 査読有り

    H. Sakamoto, R. Matsuda, S. Bureekaew, D. Tanaka, S. Kitagawa

    Chem. Eur. J.   15 巻 ( 20 ) 頁: 4985-4989   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200802730

  25. Selective gas adsorption and unique structural topology of a highly stable guest-free zeolite-type MOF material with N-rich chiral open channels 査読有り

    J. R. Li, Y. Tao, Q. Yu, X. H. Bu, H. Sakamoto, S. Kitagawa

    Chem. Eur. J.   14 巻 ( 9 ) 頁: 2771-2776   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200701447

  26. Highly controlled acetylene accommodation in a metal-organic microporous material 査読有り

    Nature   4036 巻 ( 7048 ) 頁: 238-241   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature03852

  27. Immobilization of a metallo Schiff base into a microporous coordination polymer 査読有り

    R. Kitaura, G. Onoyama, H. Sakamoto, R. Matsuda, S. Noro, S. Kitagawa

    Angew. Chem. Int. Ed.   43 巻 ( 20 ) 頁: 2684-2687   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200352596

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 『炭素学』「15 章 ガス貯蔵・分離」

    金子 克美, 坂本 裕俊( 担当: 共著)

    化学同人  2011年10月  ( ISBN:4759814116

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 14

  1. MOFへの分子吸着プロセスのその場XAFS計測および化学状態解析 招待有り

    坂本 裕俊

    2020年度 名古屋大学シンクロトロン光研究センターシンポジウム  2021年3月30日  名古屋大学シンクロトロン光研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 IB電子館   国名:日本国  

  2. オペランドCT-XAFSによるMOF結晶内の分子吸着過程の三次元イメージング

    山田 笑菜, 坂本 裕俊, 松井 公佑, 堀 彰宏, 松田 亮太郎, 永見 哲夫, 加藤 弘泰, 東 晃太郎, 宇留賀 朋哉, 唯 美津木4

    第101回日本化学会 春季年会  2021年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. MOFの分子吸着過程の in situ XAFS イメージング

    ○坂本 裕俊、松井 公佑、山田 笑菜、堀 彰宏、松田 亮太郎 永見 哲夫、加藤 弘泰、東 晃太朗、宇留賀 朋哉、唯 美津木

    第34回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム  2021年1月9日  日本放射光学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. Exploring the Nanospace of Molecular Nanocarbons 招待有り 国際会議

    Hirotoshi Sakamoto

    China-Japan Symposium of Functional Coordination Chemistry  2019年4月13日  Sun Yat-Sen University

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sun Yat-Sen University, Guangzhou, (China)   国名:中華人民共和国  

  5. Developments of Molecular Nanocarbon Assemblies 招待有り 国際会議

    International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2019 "Toward Game-Changing Molecular Materials  2019年1月15日  JST-ERATO Itami Molecular Nanocarbon Project

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Noyori Conference Hall, Nagoya University  

  6. Utilizing the Space of Molecular Nanocarbon Assemblies 招待有り 国際会議

    Hirotoshi Sakamoto

    International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Exploring the Space of Molecular Nanocarbon Assemblies 国際会議

    Hirotoshi Sakamoto

    International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Noyori Conference Hall, Nagoya University (Japan)   国名:日本国  

  8. Molecular nanocarbons as a new class of crystalline porous carbon solids 国際会議

    Hirotoshi Sakamoto, et al.

    2nd International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic Pi-Molecules & Materials (CURO-Pi II) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Oregon, Eugene, Oregon (USA)   国名:アメリカ合衆国  

  9. Cycloparaphenylene as a Molecular Porous Carbon Solid with Uniform Pores Exhibiting Adsorption-Induced Softness 国際会議

    Hirotoshi Sakamoto, et al.

    5th International Conference on Metal-Organic Frameworks and Open Framework Compounds (MOF2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. Molecular Carbon Nanoring as Carbon-Based Crystalline Porous Material 国際会議

    H. Sakamoto, T. Fujimori, X-.l. Li, K. Kaneko, K. Itami

    MOF2014: 4th International Conference on Metal-Organic Frameworks and Open Framework Compounds 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月 - 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. Carbon Nanorings: Crystalline Porous Carbons with Uniform Pores 国際会議

    H. Sakamoto, T. Fujimori, X-.l. Li, K. Kaneko, K. Itami

    NANO-7: International Symposium on Nanoporous Materials 7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:カナダ  

  12. Carbon nanoring: new class of crystalline porous carbons 国際会議

    H. Sakamoto, T. Fujimori, X-.l. Li, K. Kaneko, K. Itami

    COPS-X: 10th International Symposium on Characterization of Porous Solids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  13. A Carbon Nanoring as a Soft Crystalline Adsorbent 国際会議

    H. Sakamoto, T. Fujimori, K. Kaneko

    Carbon2013: The Annual World Conference on Carbon 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ブラジル連邦共和国  

  14. A Carbon Nanoring, [12]Cycloparaphenylene, as a Porous Crystalline Adsorbent 国際会議

    ISACS10: Challenges in Organic Materials and Supramolecular Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 1

  1. CT-XAFS法によるMOFのガス吸着過程の3次元化学状態解析

    研究課題/研究課題番号:20H02822  2020年4月 - 2023年3月

    基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290円 )

 

社会貢献活動 2

  1. 結晶展 -研究者を魅了する多様な結晶たち-夏休みワークショップ 分子で作る結晶を楽しく学ぼう!

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 実演

    名古屋大学博物館  2021年8月

  2. あいちサイエンスフェスティバル2014

    2014年10月

     詳細を見る

    さかえサイエンストーク「「あな」があったら・・・入りたい?-分子細孔の魅力」

メディア報道 6

  1. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング インターネットメディア

    Chem-Station  Chem-Station スポットライトリサーチ  https://www.chem-station.com/blog/2018/02/icpp.html  2018年2月

  2. 電子伝導性と白色発光 電気刺激で同時発現 新聞・雑誌

    科学新聞  科学新聞  科学技術総合  2017年6月

  3. 電気伝導性と白色発光発現 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2017年6月

  4. 炭素の輪で新物質 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞  社会面  2017年6月

  5. 電気を通し、白く光る 2つの性質を兼ね備えた珍しい物質を発見 インターネットメディア

    財経新聞  財経新聞  https://www.zaikei.co.jp/article/20170608/375991.html  2017年6月

  6. カーボンナノリングとヨウ素の複合体に電気刺激で電子伝導性と白色発光-名大 インターネットメディア

    TECH+ powered by マイナビニュース  TECH+ powered by マイナビニュース  https://news.mynavi.jp/article/20170607-a253/  2017年6月

▼全件表示