Updated on 2023/03/26

写真a

 
NIIMI Kaoru
 
Organization
Graduate School of Medicine Program in Integrated Medicine Medicine in Growth and Aging Lecturer
Graduate School
Graduate School of Medicine
Undergraduate School
School of Medicine Department of Medicine
Title
Lecturer

Degree 1

  1. 博士(医学) ( 2013.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 2

  1. 絨毛性疾患

  2. 婦人科腫瘍

Research Areas 1

  1. Life Science / Obstetrics and gynecology  / gynecologic oncology

Professional Memberships 3

  1. 日本産科婦人科学会

  2. 日本婦人科腫瘍学会

  3. 日本胎盤学会

 

Papers 4

  1. Drug library screening identifies histone deacetylase inhibition as a novel therapeutic strategy for choriocarcinoma Reviewed

    Watanabe Eri, Yokoi Akira, Yoshida Kosuke, Sugiyama Mai, Kitagawa Masami, Nishino Kimihiro, Yamamoto Eiko, Niimi Kaoru, Yamamoto Yusuke, Kajiyama Hiroaki

    CANCER MEDICINE   Vol. 12 ( 4 ) page: 4543 - 4556   2023.2

     More details

  2. Epidemiologic study on gestational trophoblastic diseases in Japan. Reviewed

    Yamamoto E, Nishino K, Niimi K, Ino K

    Journal of gynecologic oncology   Vol. 33 ( 6 ) page: e72   2022.11

     More details

    Language:English  

    DOI: 10.3802/jgo.2022.33.e72

    PubMed

  3. Is cystectomy an option as conservative surgery for young patients with borderline ovarian tumor? A multi-institutional retrospective study Reviewed

    Ikeda Yoshiki, Yoshihara Masato, Yoshikawa Nobuhisa, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Kajiyama Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS   Vol. 157 ( 2 ) page: 437 - 443   2022.5

     More details

  4. Peritoneal restoration by repurposing vitamin D inhibits ovarian cancer dissemination via blockade of the TGF-beta 1/thrombospondin-1 axis Reviewed

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Tamauchi Satoshi, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Fujimoto Hiroki, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Ikeda Yoshiki, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Nawa Akihiro, Enomoto Atsushi, Kajiyama Hiroaki

    MATRIX BIOLOGY   Vol. 109   page: 70 - 90   2022.5

     More details

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 2

  1. 治療抵抗性絨毛癌に対する全ゲノム解析に基づいた複合的がん免疫治療の確立

    Grant number:20K09639  2020.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    新美 薫, 奥野 友介

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    絨毛癌は妊娠後に発生する腫瘍であり、半分が非自己であるため、一般的ながんのゲノムプロファイルとは異なり不明な点が多い。さらに希少がんであることが研究の妨げとなっており、治療抵抗性絨毛癌に対する新規治療法の開発が進んでいない。
    これらを踏まえ本研究では、絨毛癌における全ゲノム解析を行い、関連する治療抵抗因子や免疫応答因子などのバイオマーカーを同定し、新規治療法を探索することを目的とした。
    次世代シーケンサーを用いた絨毛癌組織の全ゲノム解析を症例を追加して施行した。この結果から、遺伝子変異の同定を試みた。妊娠性絨毛癌肺転移検体を用いて抗腫瘍免疫応答の解析を行った。また、患者から樹立したxenograftモデルから、細胞株の樹立を試みた。
    ①本人、パートナー、腫瘍の3検体を得ることができた絨毛癌3例と、絨毛癌細胞株6種類(JAR, BeWo, JEG3, CC1, CC3, CC4, CC6)に対して、DNAを抽出した。腫瘍検体は、パラフィン包埋ブロックからレーザーマイクロダイセクションを用いてDNAを抽出し、本人とパートナーからは頬粘膜からDNAを抽出した。それらを次世代シーケンサー(イルミナ社のHiSeq 2500)を用いて、全ゲノム解析を行い、遺伝子変異の同定を試みた。同様の症例と細胞株を用いて、コピー数の解析も行っている。
    ②妊娠性絨毛癌の肺切除1例の組織から、抗腫瘍免疫応答の解析を行った。腫瘍先進部/傍腫瘍領域の各部位の組織から組織破砕法により組織浸潤免疫細胞を回収し、フローサイトメトリを使用して浸潤免疫細胞のサブセット解析を行った。妊娠性絨毛癌でも、非妊娠性絨毛癌と同様に通常のがん組織よりもNK細胞が多いことが示唆された。
    ③非妊娠性絨毛癌患者の手術検体からPatient-derived xenograft(PDXモデル)を作成した。その腫瘍組織をヌードマウスに移植し、生着後、シスプラチンにて治療を行い、感受性を確認した。さらに、不死化細胞株の樹立を行い、hCG分泌を確認した。
    妊娠性絨毛癌の肺摘出症例から組織を得ることができたため、その抗腫瘍免疫応答を解析することができた。非妊娠性絨毛癌のPDXモデルを作成し、それを用いた化学療法感受性の評価も行うことができたため、概ね順調に進展している。また、絨毛癌細胞株を用いて次世代シーケンサーにて全エクソーム解析を行うことができた。
    絨毛癌細胞株の全エクソーム解析と、妊娠性絨毛癌のDNA抽出および全エクソーム解析を進め、共通の遺伝子変異やコピー数変化を確認する予定。絨毛癌のパラフィンブロックを用いた免疫染色から、NK細胞等の腫瘍免疫応答に関わる因子を調べる。

  2. 糖転移酵素C2GnTによる絨毛細胞の浸潤機序の解明と治療への応用

    2014.4

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator