2022/04/12 更新

写真a

イワタ クリスティーナ 
岩田 クリスティーナ
Kristina IWATA-WEICKGENANNT
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 超域人文 准教授
大学院担当
大学院人文学研究科
学部担当
文学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 文学博士 ( 2007年4月   トリア大学(ドイツ) ) 

  2. 修士(文学) ( 2000年5月   ベルリン自由大学 ) 

研究キーワード 3

  1. エコクリティシズム

  2. ポストコロニアル文学

  3. ジェンダー研究

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 日本文学  / Gender studies, post-colonial studies, eco-criticism

現在の研究課題とSDGs 2

  1. Enrivonmental Literature in Japan

  2. Post-3.11 Literature

経歴 2

  1. ドイツ日本研究所・専任研究員

    2008年4月 - 2013年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. トリア大学日本文化学科・研究員、講師

    2001年9月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

学歴 2

  1. トリア大学(ドイツ)   文学研究科   日本近現代文学

    - 2007年4月

      詳細を見る

    国名: ドイツ連邦共和国

  2. ベルリン自由大学   文学研究科   日本文化研究

    - 2000年5月

      詳細を見る

    国名: ドイツ連邦共和国

所属学協会 2

  1. European Association for Japaneses Studies

  2. Gesellschaft für Japanforschung (GJF)

委員歴 1

  1. European Association for Japanese Studies   Council Member  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. EAJS Book Prize

    2008年   European Association for Japanese Studies (EAJS)  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:ドイツ連邦共和国

  2. Best Dissertation Award

    2008年12月   Trier University  

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

 

論文 5

  1. 糞泥まみれのいのち——キャピタロセン批判として木村友祐の『聖地Cs』を読む

    岩田=ワイケナント・クリスティーナ

    木村朗子、アンヌ・バヤール坂井(編)『世界文学としての〈震災後文学〉』     頁: 289 - 310   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:明石書店  

  2. Broken Narratives, Multiple Truths: Writing 'History' in Yū Miri's The End of August" 査読有り

    Kristina Iwata-Weickgenannt

    Positions asia critique   28 巻 ( 4 ) 頁: 815 - 840   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1215/10679847-8606510

  3. 詩に刻むキムチ­–––「在日」詩人の描く食・ジェンダー・差別 招待有り

    岩田=ワイケナント・クリスティーナ

    JunCture   11 巻   頁: 58 - 71   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. The Roads to Disaster, or Rewriting History from the Margins—Yū Miri's JR Ueno Station Park Exit 査読有り 国際誌

    Kristina Iwata-Weickgenannt

    Contemporary Japan   31 巻 ( 2 ) 頁: 180 - 196   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Kirino Natsuo’s Metabola, or the Okinawan stage, fractured selves and the precarity of contemporary existence 査読有り 国際誌

    Kristina Iwata-Weickgenannt

    Japan Forum   24 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 161   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

書籍等出版物 6

  1. Fukushima and the arts: negotiating nuclear disaster

    Kristina Iwata-Weickgenannt, Barbara Geilhorn( 担当: 共編者(共編著者))

    Routledge  2017年1月  ( ISBN:978-1-138-67058-7

     詳細を見る

    総ページ数:229   記述言語:英語 著書種別:学術書

    The cataclysmic events of the March 11, 2011 disaster have dramatically altered the status quo of contemporary Japanese society. While much has been written about the social, political, economic, and technical aspects of the disaster, this volume represents one of the first in-depth explorations of the cultural responses to the devastating tsunami, and in particular the ongoing nuclear disaster in Fukushima.

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/Fukushima-Arts-Negotiating-Routledge-Contemporary-ebook/dp/B01JSIQHMY/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1490768531&sr=8-1&keywords=Fukushima+and+the+arts

  2. 『世界文学としての〈震災後文学〉』木村朗子、アンヌ・バヤール坂井(編)「第11章 糞泥まみれのいのち——キャピタロセン批判として木村友祐の『聖地Cs』を読む」 査読有り 国際共著

    岩田=ワイケナント・クリスティーナ( 担当: 分担執筆)

    明石書店  2021年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:289-310   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Visions of Precarity in Japanse Popular Culture and Literature

    Kristina Iwata-Weickgenannt, Roman Rosenbaum, eds( 担当: 共著)

    Routledge  2015年  ( ISBN:978-1-138-80473-9

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Recent natural as well as man-made cataclysmic events have dramatically changed the status quo of contemporary Japanese society, and following the Asia-Pacific war's never-ending `postwar' period, Japan has been dramatically forced into a zeitgeist of saigo or `post-disaster.' This radically new worldview has significantly altered the socio-political as well as literary perception of one of the world's potential superpowers, and in this book the contributors closely examine how Japan's new paradigm of precarious existence is expressed through a variety of pop-cultural as well as literary media.

    Addressing the transition from post-war to post-disaster literature, this book examines the rise of precarity consciousness in Japanese socio-cultural discourse. The chapters investigate the extent to which we can talk about the emergence of a new literary paradigm of precarity in the world of Japanese popular culture. Through careful examination of a variety of contemporary texts ranging from literature, manga, anime, television drama and film this study offers an interpretation of the many dissonant voices in Japanese society. The contributors also outline the related social issues in Japanese society and culture, providing a comprehensive overview of the global trends that link Japan with the rest of the world.

    Visions of Precarity in Japanese Popular Culture and Literature will be of great interest to students and scholars of contemporary Japan, Japanese culture and society, popular culture and social and cultural history.

  4. ライフコース選択のゆくえーー日本とドイツの仕事・家族・すまい

    「田中洋美」「Mゴツィック」「K岩田ワイケナント」( 担当: 共著)

    新曜社  2013年  ( ISBN:978-4-7885-1324-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Alles nur Theater? Gender und Ethnizität bei der japankoreanischen Autorin Yu Miri

    Kristina Iwata-Weickgenannt( 担当: 単著)

    Iudicium  2008年  ( ISBN:978-3-89129-827-5

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語

  6. Ethnizität und Geschlecht - (Post)Koloniale Verhandlungen in Geschichte, Kunst und Medien

    ed. Graduiertenkolleg Identität und Differenz( 担当: 共著)

    Böhlau  2005年  ( ISBN:3-412-27005-9

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 合同演習 アジアの中の日本文化 Ⅰ

    2020

  2. 日本文学とジェンダー

    2020

  3. 合同演習 アジアの中の日本文化Ⅱ

    2020

  4. 文化理論入門

    2020

  5. 文学テクスト分析

    2020

  6. 大学院演習:文学理論・実践Ⅰ

    2020

  7. 博士論文研究b

    2020

  8. Introduction to Japanese literature

    2019

  9. Japanese transnational and minority literatures

    2019

  10. New perspectives on Japanese modern literature

    2019

  11. Literature

    2019

  12. Graduate Seminar: Literary theory and practice

    2018

  13. Japanese literature and gender

    2018

  14. Critical literary analysis

    2018

  15. Japanese Literature and translation

    2018

  16. Introduction to Cultural Theory

    2018

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 名大みらい育成プロジェクト

    役割:講師

    名古屋大学  2021年2月 - 2013年3月

メディア報道 5

  1. Fukushimas Neuanfang mit den Alten インターネットメディア

    Der Standard  https://www.derstandard.at/story/2000124794500/fukushimas-neuanfang-mit-den-alten  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 10 Jahre nach Fukushima: Katastrophenliteratur gegen das Vergessen インターネットメディア

    Japan Digest  https://www.japandigest.de/moderne-kultur/literatur/katastrophenliteratur/  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  3. Zehn Jahre nach der Atomkatastrophe in Fukushima インターネットメディア

    Deutsche Welle  https://www.dw.com/de/zehn-jahre-nach-der-atomkatastrophe-in-fukushima/a-56812666  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. Fukushima und Japan zehn Jahre nach dem Tsunami テレビ・ラジオ番組

    Süddeutscher Rundfunk  https://www.srf.ch/audio/rendez-vous/fukushima-und-japan-zehn-jahre-nach-dem-tsunami?partId=11946781  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. 震災後文学はこうして語り継がれる なぜ人は震災を「書く」のか インターネットメディア

    ドイツニュースダイジェスト  1141号、http://www.newsdigest.de/newsde/ebook/  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人