2024/04/24 更新

写真a

ミウラ タイト
三浦 泰人
MIURA Taito
所属
大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 環境土木・建築学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2015年3月   北海道大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 化学ー力学連成解析

  2. 破壊力学

  3. 微細損傷

  4. セメント系複合材料

  5. 離散解析

研究分野 5

  1. 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / 内部膨張劣化

  2. 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / 3次元剛体ばねモデル

  3. 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / 化学的侵食

  4. 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / 微細損傷

  5. 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント  / コンクリート材料工学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. セメント系材料の化学―力学連成解析システム

  2. セメント系材料の水和・劣化プロセスを網羅したマルチスケール力学モデルの開発

  3. 深海構造物へのセメント系材料の適用

  4. 微細損傷を有するセメント系材料の力学性能評価

  5. 電気炉酸化スラグ細骨材の舗装コンクリートへの適用

  6. 内部膨張劣化したセメント系材料の力学形成機構

▼全件表示

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学   准教授

    2020年8月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院工学研究科・助教

    2013年5月 - 2020年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 北海道大学 学術研究員

    2013年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会 特別研究員DC2

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 北海学園大学 非常勤講師

    2011年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 北海道大学   工学研究科   北方圏環境政策工学専攻

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道大学   工学研究科   環境創生工学専攻

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 北海道大学   工学部   環境社会工学科

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. RILEM   a committee member

    2021年1月 - 現在

  2. 日本材料学会   日本材料学会東海支部幹事

    2019年4月 - 現在

  3. 日本コンクリート工学会

  4. 土木学会

委員歴 22

  1. 中部地域の革新的コンクリート技術の拠点創造に関する調査研究委員会   委員長  

    2023年4月 - 2025年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本道路協会(性能評価・診断 耐久性WG)   委員  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本道路協会(性能評価・診断 防食WG)   委員  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 中部地域のコンクリート工学の将来像および研究シーズの創出に関する調査研究委員会   幹事長  

    2021年12月 - 2023年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 土木学会若手構造技術者連絡小委員会   幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. JCI微視的機構に基づくコンクリート構造物中の 内部膨張評価と予測に関する研究委員会   幹事  

    2021年4月 - 2023年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. コンクリート工学年次論文査読委員会   委員  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. RILEM TC-ASR   a committee member  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    欧州のコンクリート系の学会

  9. 土木学会示方書改訂小委員会設計編部会   委員  

    2020年10月 - 2023年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 土木学会207国際関連小委員会   幹事長  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 土木学会示方書改訂小委員会   オブザーバー  

    2020年4月 - 2023年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    「科学技術専門家ネットワーク」におけるインターネットを介した情報収集への任意協力(アンケート回答や情報提供)

  13. 土木学会230示方書連絡調整小委員会   委員  

    2019年6月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  14. 材料学会東海支部   幹事  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  15. 愛知県 道路橋定期点検 診断結果評価会議   構成員  

    2017年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  16. 日本コンクリート工学会 文献調査委員会   主査  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  17. セメント系構築物と周辺地盤の化学的相互作用研究(345)小委員会(第二期)   委員  

    2015年9月 - 2017年9月   

  18. 接着系あと施工アンカーの耐アルカリ性試験方法に関する研究委員会   委員  

    2015年5月 - 2016年5月   

  19. コンクリートにおける水の微視的挙動研究小委員会   委員  

    2014年9月 - 2016年9月   

  20. 特殊構造物調査保存委員会   委員  

    2014年4月 - 2016年5月   

  21. 北海道におけるコンクリート研究の変遷調査研究委員会   委員長  

    2012年4月 - 2013年3月   

  22. コンクリート構造物のライフサイクルマネジメント研究委員会   委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

▼全件表示

受賞 23

  1. Outstanding Contribution in Reviewing

    2023年9月   Japan Concrete Institute  

    Taito Miura

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  2. 土木学会賞吉田賞<論文部門>

    2023年6月   土木学会  

  3. 日本コンクリート工学会賞(論文賞)

    2020年7月   日本コンクリート工学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 土木学会「次世代構造技術者の Work in Progress」 MIP賞

    2020年5月   土木学会   ひび割れの指向性・分散性によるコンクリートの力学特性の低下メカニズム

    三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  5. 日本コンクリート工学会賞(奨励賞)

    2019年7月   日本コンクリート工学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 第41回コンクリート工学講演会年次学術論文奨励賞

    2019年7月   日本コンクリート工学会   3 次元剛体バネモデルとはり要素を組合わせた手法による腐食したRC 部材の付着解析

    渡辺勇輝,Usman Farooq,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. 第65回構造工学シンポジウム優秀講演賞

    2019年4月   土木学会   打音機構を搭載した飛行ロボットによる内部欠陥検出手法の開発と実橋梁への適用

    三浦泰人,新田益大,和田秀樹,中村光

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. Outstanding papers of the year of Journal of Advanced Concrete Technology in 2019

    2019年   Shear Resistance Mechanism Evaluation of RC Beams Based on Arch and Beam Actions

    Hikaru Nakamura, Takuya Iwamoto, Fu Li, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura, Yasar Hanifi Gedik

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  9. Outstanding papers of the year of Journal of Advanced Concrete Technology in 2017

    2017年   Modeling of corrosion-induced damage in reinforced concrete considering electro-mechanical coupling

    Di Qiao, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  10. 第16回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム優秀論文賞

    2016年   材料学会   外部硫酸塩劣化による膨張ひび割れ進展挙動に関する解析的検討

    三浦泰人,山本佳士,中村光

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. 第21回計算工学講演会グラフィクスアワード特別賞

    2016年   計算工学会  

    山本佳士,伊佐治優,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. 第38回コンクリート工学講演会年次学術論文奨励賞

    2016年   日本コンクリート工学会  

    伊佐治優,山本佳士,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  13. 第38回コンクリート工学講演会年次学術論文奨励賞

    2016年   日本コンクリート工学会  

    Fu Li,中村光,山本佳士,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. 第15回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム優秀論文賞

    2015年10月   材料学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. 土木学会平成26年度全国大会第69回年次学術講演会優秀講演賞

    2015年9月   土木学会  

    伊佐治優,山本佳士,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  16. 土木学会平成26年度全国大会第69回年次学術講演会優秀講演賞

    2015年9月   土木学会  

    大野優華,大菅崇之,有田淳一,中村光,山本佳士,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  17. 土木学会平成26年度全国大会第69回年次学術講演会優秀講演賞

    2015年9月   土木学会  

    南里卓洸,中村光,三浦泰人,山本佳士

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  18. コンクリート工学年次大会2015 優秀講演賞

    2015年7月   日本コンクリート工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  19. 土木学会平成25年度全国大会第68回年次学術講演会優秀講演賞

    2014年9月   土木学会  

    水野敦大,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  20. 土木学会平成25年度全国大会第68回年次学術講演会優秀講演賞

    2014年9月   土木学会  

    阪本早弥奈,中村光,三浦泰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  21. コンクリート工学年次大会2013 優秀講演賞

    2013年7月   日本コンクリート工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  22. JCI北海道支部優秀学生賞

    2011年   日本コンクリート工学会北海道支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  23. JCI北海道支部優秀学生賞

    2009年   日本コンクリート工学会北海道支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 139

  1. 弾性波法による波形エネルギーを用いたコンクリート内部のうき・剥離の損傷レベル評価指標に関する研究 査読有り

    戸本悟史,松永輝,中村光,長谷川登,山田悠貴,山根立行,辻建斗,三浦泰人

    構造工学論文集   70 巻   2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  2. Influence of Reinforcing Rebar on Expansion due to Delayed Ettringite Formation along the Bonding Length – Part II: Bond Performance of Reinforced Concrete Affected by DEF Expansion 査読有り 国際共著

    Taito Miura, Misato Fujishima, Yuichiro Kawabata, Stéphane Multon, Renaud-Pierre Martin, Naoshi Ueda, Yuya Takahashi, Shingo Asamoto, Jean-Francois Seignol

    Journal of Advanced Concrete Technology   21 巻 ( 11 ) 頁: 869 - 888   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3151/jact.21.869

  3. Influence of Reinforcing Rebar on Expansion due to Delayed Ettringite Formation along the Bonding Length – Part I: The Role of Bond on Expansive Behavior of Concrete 査読有り 国際共著

    Yuichiro Kawabata, Taito Miura, Misato Fujishima, Naoshi Ueda, Yuya Takahashi, Shingo Asamoto, Stéphane Multon, Renaud-Pierre Martin, Jean-Francois Seignol

    Journal of Advanced Concrete Technology   21 巻 ( 11 ) 頁: 851 - 868   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3151/jact.21.851

  4. 微視的視点を考慮したASRモデルを用いた構造解析に関する研究動向調査 査読有り

    戸田圭彦,三浦泰人,上田尚史,川端雄一郎,高橋佑弥

    コンクリート工学   61 巻 ( 10 )   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Experimental study on the effect of different shear reinforcement shapes and arrangement on 3D crack propagation and shear failure mechanism in RC beams 査読有り

    Muhammad Abdullah, Hikaru Nakamura, Keisuke Kawamura, Masashi Takemura, Taito Miura

    Structures   58 巻   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.istruc.2023.105453

  6. Influence of the expansive sites distribution on alkali-silica reaction expansion under applied stress: Crack orientation as a key factor for expansion transfer 査読有り 国際共著

    Taito Miura, Stéphane Multon, Yuichiro Kawabata

    Cement & Concrete Composites   144 巻   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2023.105300

  7. Development of elastic and plastic strains in concrete damaged by alkali–silica reaction during various compression loading tests 査読有り

    Sara Farooq, Gentaro Aoki, Misato Fujishima, Taito Miura, Hikaru Nakamura

    Construction and Building Materials   393 巻   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.conbuildmat.2023.132099

  8. A Review of Numerical Models for the Performance Assessment of Concrete Structures Affected by Alkali-Silica Reaction 招待有り 査読有り 国際共著

    Yuya Takahashi, Taito Miura, Naoshi Ueda, Yoshihiko Toda, Go Igarashi, Stéphane Multon, Yuichiro Kawabata

    Journal of Advanced Concrete technology   21 巻   頁: 655 - 679   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3151/jact.21.655

  9. Mesoscale modelling of SFRC based on 3D RBSM considering the effects of fiber shape and orientation 査読有り

    Atik Sarraz, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Cement & Concrete Composites   139 巻   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2023.105039

  10. Expansive spalling mechanism of concrete due to high temperature based on developed hygro-thermal-mechanical model by 3D-RBSM-TNM 査読有り

    Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    Engineering Fracture Mechanics   284 巻   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.engfracmech.2023.109216

  11. Stress-bearing mechanism of concrete damaged by delayed ettringite formation under compressive stress with various loading patterns 査読有り

    M. Fujishima, T. Miura, Y. Kawabata

    Journal of Advanced Concrete Technology     2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Shear strength degradation mechanism dependent on size increase in RC slender beams by using 3D Rigid-Body-Spring-Method 査読有り 国際共著

    Li Fu, Hikaru Nakamura, Shunyuan Chi, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Structures   48 巻   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.istruc.2023.01.016

  13. Numerical evaluation of the perfobond (PBL) shear connector with transverse rebar using coupled rigid Body spring model (RBSM) and solid finite element method (FEM) 査読有り 国際共著

    Muhammad Shoaib Karam, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Structures   45 巻   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.istruc.2022.09.117

  14. Reduction mechanism of the compressive properties of concrete with primary crack of different widths and angles evaluated by 3D-RBSM 査読有り

    Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    Engineering Fracture Mechanics     2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.engfracmech.2022.108877

  15. 円筒断面を有するコンクリート供試体の縦ひび割れが圧縮強度へ及ぼす影響評価 査読有り

    田口温也,蛭川理紗,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   44 巻 ( 1 ) 頁: 226 - 231   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 端部にフックを有する重ね継手部の数値解析的評価 査読有り

    森 大輔,中島達也,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   44 巻 ( 2 ) 頁: 829 - 834   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. A numerical study on the influence of rebar cut-off on the shear performance of RC beam by using rigid-body-spring-method 査読有り 国際共著

    Li Fu, Qiangsheng Yin, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Structures   40 巻   頁: 1025 - 1038   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.istruc.2022.04.084

  18. Bond behavior simulation of deformed rebar in fiber-reinforced cementitious composites using three-dimensional meso-scale model 査読有り

    Atik Sarraz, Hikaru Nakamura, Toshiyuki Kanakubo, Taito Miura, Hiroya Kobayashi

    Cement & Concrete Composites   131 巻   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2022.104589

  19. 3次元RBSMによるRC部材のあと施工せん断補強効果に関する解析的検討 査読有り

    河村圭亮,中村光,竹村雅志,三浦泰人

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)   78 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 196   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Mechanism for reduction in compressive properties of cementitious materials in relation to internal crack patterns due to ASR and DEF expansion 査読有り

    Taito Miura, Katsuki Sato, Misato Fujishima, Hikaru Nakamura, Yuichiro Kawabata

    Cement & Concrete Composites   128 巻   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2022.104441

  21. Investigation of the mechanical behaviour of concrete with severe delayed ettringite formation expansion focusing on internal damage propagation under various compressive loading patterns 査読有り

    Nirmal Raj Joshi, Ayumu Matsumoto, Shingo Asamoto, Taito Miura, Yuichiro Kawabata

    Cement & Concrete Composites   128 巻   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2022.104433

  22. Evaluation of Failure Mechanism in Lap Splices and Role of Stirrup Confinement using 3D RBSM 査読有り

    Usman Farooq, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Engineering Structures   252 巻   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.engstruct.2021.113570

  23. Numerical evaluation of shear strength degradation mechanism dependent on the size increase of RC deep beams with height up to 1.5 meter by using 3D Rigid-Body-Spring-Method 査読有り 国際共著

    Li Fu, Hikaru Nakamura, Shunyuan Chi, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Journal of Advanced Concrete Technology   19 巻   頁: 1245 - 1263   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.3151/jact.19.1245

  24. Influence of primary cracks on static and fatigue compressive behavior of concrete under water 査読有り

    Taito Miura, Katsuki Sato, Hikaru Nakamura

    Construction and Building Materials   305 巻   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2021.124755

  25. The influence of restraint on the expansion of concrete due to delayed ettringite formation 査読有り 国際共著

    Yuichiro Kawabata, Naoshi Ueda, Taito Miura, Stephane Multon

    Cement & Concrete Composites   121 巻   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2021.104062

  26. Analytical Study on the Effect of Different Shear Reinforcement Shapes on Shear Failure Behavior and Shear Resistance Mechanism of RC Beams 査読有り

    Keisuke Kawamura, Hikaru Nakamura, Masashi Takemura, Taito Miura

    Journal of Advanced Concrete Technology   19 巻   頁: 571 - 584   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.3151/jact.19.571

  27. Bond Behavior Evaluation of Deformed Rebar Dependent on Lateral Pressure Confinement Including Various Structural Parameters 査読有り

    Usman Farooq, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Cement & Concrete Composites   119 巻   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconcomp.2021.103996

  28. Influence of the distribution of expansive sites in aggregates on microscopic damage caused by alkali-silica reaction: Insights into the mechanical origin of expansion 査読有り 国際共著

    Taito Miura, Stephane Multon, Yuichiro Kawabata

    Cement and Concrete Research   142 巻   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.cemconres.2021.106355

  29. Experimental study on the effect of anti-corrosive coatings on bond behavior of corroded rebar 招待有り 査読有り

    Natino Mohammad Ridduhan L., Yang Yizhou, Nakamura Hikaru, Miura Taito

    Construction and Building Materials   274 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2020.121716

    Web of Science

  30. Experimental Study on the Effect of Different Shear Reinforcement Shapes on Shear Failure Behavior and Internal Crack Pattern of RC Beams 査読有り

    Kawamura Keisuke, Takemura Masashi, Nakamura Hikaru, Miura Taito

    JOURNAL OF ADVANCED CONCRETE TECHNOLOGY   19 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 94   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3151/jact.19.82

    Web of Science

  31. Experimental study on the effect of anti-corrosive coatings on bond behavior of corroded reba 査読有り

    1) Mohammad Ridduhan L.Natinoa, Yizhou Yang, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Proceedings of 17th fib symposium     2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  32. Impact of origination of expansion on three-dimensional expansion crack propagation process due to DEF evaluated by mesoscale discrete model 査読有り

    Miura Taito, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito

    Construction and Building Materials   260 巻   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2020.119911

    Web of Science

  33. The role of microcracking on the compressive strength and stiffness of cracked concrete with different crack widths and angles evaluated by DIC 査読有り

    Miura Taito, Sato Katsuki, Nakamura Hikaru

    Cement & Concrete Composites   114 巻   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cemconcomp.2020.103768

    Web of Science

  34. Numerical Evaluation of the Perfobond (PBL) Shear Connector Subjected to Lateral Pressure Using Coupled Rigid Body Spring Model (RBSM) and Nonlinear Solid Finite Element Method (FEM) 査読有り

    Karam Muhammad Shoaib, Yamamoto Yoshihito, Nakamura Hikaru, Miura Taito

    CRYSTALS   10 巻 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cryst10090743

    Web of Science

  35. Proposal of bond behavior simulation model by using discretized voronoi mesh for concrete and beam element for reinforcement 査読有り

    Farooq Usman, Nakamura Hikaru, Miura Taito, Yamamoto Yoshihito

    Cement & Concrete Composites   110 巻   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cemconcomp.2020.103593

    Web of Science

  36. 自己組織化マップを用いた電磁波レーダによる内部ひび割れ領域ならびに鉄筋腐食領域の検出に関する研究 査読有り

    多田 祐希, 三浦 泰人, 中村 光

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)   76 巻 ( 3 ) 頁: 158 - 170   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Air leakage simulation on cracked concrete material using RBSM 査読有り

      42 巻 ( 2 ) 頁: 551 - 556   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Numerical simulation of bond degradation subjected to corrosion-induced crack by simplified rebar and interface model using RBSM 査読有り

    Yang Yizhou, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito, Miura Taito

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   247 巻   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2020.118602

    Web of Science

  39. High temperature influence on concrete produced by spherical shaped EAF slag fine aggregate - Physical and mechanical properties 査読有り

    Roy Sushanta, Miura Taito, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   231 巻   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2019.117153

    Web of Science

  40. Effect of corrosion-induced crack and corroded rebar shape on bond behavior 査読有り

    Yang Yizhou, Nakamura Hikaru, Miura Taito, Yamamoto Yoshihito

    STRUCTURAL CONCRETE   20 巻 ( 6 ) 頁: 2171 - 2182   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/suco.201800313

    Web of Science

  41. 軸方向腐食分布およびかぶりの違いが腐食ひび割れ挙動に及ぼす影響評価 査読有り

    木山直道,中村光,三浦泰人,山本佳士

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 8年間海洋環境下に暴露したひび割れを有するRC部材中の鉄筋腐食の進行性 査読有り

    加藤誠司,佐藤正俊,中村光,三浦泰人,Di Qiao

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   19 巻   頁: 71 - 76   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 各種圧着ボルト接合を配置した接合部を有する床版の押抜きせん断耐力 査読有り

    伊藤崇晃,三浦泰人,中村光,武田恭典

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 腐食による付着劣化を考慮したPC部材の構造性能評価解析 査読有り

    渡辺勇輝,中村光,三浦泰人,山本佳士

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 鉄筋腐食によるコンクリート片の剥離強度評価解析手法の構築 査読有り

    大島直樹,中村光,三浦泰人,山本佳士

    プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Investigation on material stability of spherical shaped EAF slag fine aggregate concrete for pavement during thermal change 査読有り

    Roy Sushanta, Miura Taito, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   215 巻   頁: 862 - 874   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2019.04.228

    Web of Science

  47. セメントペーストの力学特性に及ぼす前処理方法の影響に関する実験的検討 査読有り

    三浦泰人,中村光,山本佳士

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 1 ) 頁: 353 - 358   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 鉄筋腐食の軸方向分布と表面ひび割れ幅関係の解析的検討 査読有り

    木山直道,中村光,Zahra Amalia,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 1 ) 頁: 953 - 958   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 3 次元剛体バネモデルとはり要素を組合わせた手法による腐食したRC 部材の付着解析 査読有り

    渡辺勇輝,Usman Farooq,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 78   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. RBSM による曲げ破壊する RC はりのポストピーク挙動評価 査読有り

    北川晴之,山本佳士,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 78   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. The development of mesoscopic structural analysis for mechanical property reduction of concrete damaged by expansion cracking due to ASR 査読有り

    Taito Miura, Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura

    Proceedings of 10th International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures     2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  52. 打音機構を搭載した飛行ロボットによる内部欠陥検出手法の開発と実橋梁への適用 査読有り

    三浦泰人,新田益大,和田秀樹,中村光

    構造工学論文集   65A 巻   頁: 607 - 614   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Numerical investigation of effect of corrosion-induced crack on bond-slip relationship 査読有り

    Yizhou Yang, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    構造工学論文集   65A 巻   頁: 589 - 599   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Simulation of degradation of bond stress and slip relationship with corrosion induced crack 査読有り

    Hikaru Nakamura, Yizhou Yang, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Proceedings of 16th fib symposium     2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  55. Basic study on reaction products in ASR with Raman Spectroscopy 査読有り 国際共著

    Yohei Hamura, Heng Lee, Naoshi Ueda, Taito Miura, Leon Black, Satoshi Takaya

    Proceedings of 16th fib symposium     2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  56. Investigation on applicability of spherical shaped EAF slag fine aggregate in pavement concrete - Fundamental and durability properties 査読有り

    Roy Sushanta, Miura Taito, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   192 巻   頁: 555-568   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2018.10.157

    Web of Science

  57. Numerical evaluation of localization and softening behavior of concrete confined by steel tubes 査読有り

    Mendoza Rodolfo Jr., Yamamoto Yoshihito, Nakamura Hikaru, Miura Taito

    STRUCTURAL CONCRETE   19 巻 ( 6 ) 頁: 1956-1970   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/suco.201700266

    Web of Science

  58. Development of simulation method of concrete cracking behavior and corrosion products movement due to rebar corrosion 査読有り

    Amalia Zahra, Qiao Di, Nakamura Hikaru, Miura Taito, Yamamoto Yoshihito

    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS   190 巻   頁: 560-572   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conbuildmat.2018.09.100

    Web of Science

  59. Shear Resistance Mechanism Evaluation of RC Beams Based on Arch and Beam Actions 査読有り 国際共著

    Nakamura Hikaru, Iwamoto Takuya, Fu Li, Yamamoto Yoshihito, Miura Taito, Gedik Yasar Hanifi

    JOURNAL OF ADVANCED CONCRETE TECHNOLOGY   16 巻 ( 11 ) 頁: 563-576   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3151/jact.16.563

    Web of Science

  60. Mechanical and thermal properties of concrete pavement using EAF slag fine aggregate 査読有り

    Sushanta Roy, Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    Proceedings of fib congress 2018     2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  61. Effect of corrosion-induced crack and corroded rebar shape on bond behavior 査読有り

    Yizhou Yang, Hikaru Nakamura, Taito Miura, Yoshihito Yamamoto

    Proceedings of fib congress 2018     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  62. A new buckling mechanism of longitudinal rebar related to horizontal crack propagation in beam cross section under cyclic loadings 査読有り

    Hikaru Nakamura, Taito Miura, Yoshihito Yamamoto

    Proceedings of fib congress 2018     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  63. Experimental investigation of compressive strength and compressive fracture energy of longitudinally cracked concrete 査読有り

    Nakamura Hikaru, Nanri Takahiro, Miura Taito, Roy Sushanta

    CEMENT & CONCRETE COMPOSITES   93 巻   頁: 1-18   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cemconcomp.2018.06.015

    Web of Science

  64. NUMERICAL INVESTIGATION ON COMPRESSION FRACTURE LOCALIZATION OF CONCRETE UNDER STEEL TUBE CONFINEMENT 査読有り

    Mendoza Rodolfo Jr, Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura, Taito Miura

      40 巻 ( 2 ) 頁: 1147-1152   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ひび割れ性状までを再現可能なASR膨張を考慮したRBSM構築のための基礎的検討 査読有り

    杉本啓太,山本佳士,三浦泰人,中村光

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 1 ) 頁: 855-860   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 弾性波法による健全部判定に基づくコンクリートおよび断面修復部内部の欠陥検出 査読有り

    鈴木理絵,多田祐希,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 1 ) 頁: 1617-1622   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. 自己組織化マップを用いた電磁波伝搬特性での内部ひび割れの検出に関する研究 査読有り

    多田祐希,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 1 ) 頁: 1671-1676   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. INVESTIGATION OF FRESH BEHAVIORS AND MECHANICAL PROPERTIES OF CONCRETE PRODUCED BY AIR GRANULATED SPHERICAL SHAPED EAF SLAG FINE AGGREGATE 査読有り

      40 巻 ( 1 ) 頁: 1947-1952   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 圧縮鉄筋近傍に模擬水平ひび割れを有するRC床版の耐力低下に関する研究 査読有り

    石黒裕崇,池端信哉,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 2 ) 頁: 391-396   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. RBSM-FEM結合解析手法による異形鉄筋の付着機構のメゾスケールシミュレーション 査読有り

    井熊晃司,山本佳士,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 2 ) 頁: 541-546   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. EVALUATION OF CRACKING AND DEFORMATION BEHAVIOR OF RC BEAMS REINFORCED WITH HIGH STRENGTH REBAR 査読有り

    Usman Farooq, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

      40 巻 ( 2 ) 頁: 139-144   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. EFFECT OF CORROSION-INDUCED CRACK AND CORRODED REBAR PROFILE ON BOND STRESS AND SLIP RELATIONSHIP 査読有り

    Yizhou Yang, Hikaru Nakamura, Taito Miura, Yoshihito Yamamoto

      40 巻 ( 1 ) 頁: 927-932   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. せん断補強鉄筋がRCはりのせん断耐力の寸法効果に及ぼす影響評価 査読有り

    遅舜元,中村光,山本佳士,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 2 ) 頁: 619-624   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Development of multi-scale modelling for cementitious materials damaged by expansion crack to evaluate size dependency of sulfate attack 査読有り

    Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    Proceedings of ECCM6 and ECFD7     2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  75. Development of simulation method for crack propagation and corrosion product movement due to rebar corrosion 査読有り

    Hikaru Nakamura, Zahra Amalia, Di Qiao, Taito Miura

    Proceedings of ECCM6 and ECFD7     2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  76. Modeling of Localization and Softening Behavior of Passively Confined Concrete using Coupled RBSM and nonlinear Shell FEM 査読有り

    Mendoza Rodolfo Jr, Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Proceedings of the Conference on Computational Modeling of Concrete and Concrete Structures     2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  77. Numerical Evaluation of Compressive Failure Behavior of Thin-walled Concrete-filled Steel Tubes using Coupled RBSM and Shell FEM 査読有り

    Mendoza Rodolfo Jr, Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Journal of Structural Engineering   64 巻   頁: 1   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Numerical Simulation of Compressive Failure Behaviors of Concrete-Filled Steel Tube Using Coupled Discrete Model and Shell Finite Element 査読有り

    Mendoza Rodolfo Jr., Yamamoto Yoshihito, Nakamura Hikaru, Miura Taito

    HIGH TECH CONCRETE: WHERE TECHNOLOGY AND ENGINEERING MEET     頁: 1353 - 1361   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-59471-2_156

    Web of Science

  79. Investigation of Influence of Section Pre-crack on Shear Strength and Shear Resistance Mechanism of RC Beams by Experiment and 3-D RBSM Analysis 査読有り

    Fu Li, Nakamura Hikaru, Yamamoto Yoshihito, Miura Taito

    JOURNAL OF ADVANCED CONCRETE TECHNOLOGY   15 巻 ( 11 ) 頁: 700-712   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3151/jact.15.700

    Web of Science

  80. Feedback system of ion transfer through cracks during deterioration of mortar due to sulfate attack evaluated by RBSM-TRUSS NETWORK MODEL 査読有り

    T. Miura, I. Maruyama, H. Nakamura, Y. Yamamoto

    Journal of Advanced Concrete Technology   15 巻   頁: 610-626   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. ANALYSIS OF CORROSION-INDUCED CRACK PROPAGATION OF RC MEMBERS MODELING BY CORROSION EXPANSION PRESSURE AROUND BEAM ELEMENT 査読有り

    Cong Luyen Nguyen, H. Nakamura, T. Miura, Y. Yamamoto

    JCI Annual Convention   39 巻 ( 1 ) 頁: 961-966   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Influence of sectional pre-crack on shear strength of RC beams 査読有り

    Li Fu, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    JCI Annual Convention   39 巻 ( 2 ) 頁: 547-552   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. MODELING OF COMPOSITE ACTION IN CONCRETE-FILLED STEEL TUBES USING COUPLED RBSM AND SHELL FEM 査読有り

    Rodolfo Jr Mendoza, Y. Yamamoto, H. Nakamura, T. Miura

    JCI Annual Convention   39 巻 ( 2 ) 頁: 991-996   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 圧縮鉄筋近傍に水平ひび割れを有するRC床版の押抜きせん断破壊挙動に関する研究 査読有り

    石黒裕崇,中村光,山本佳士,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   39 巻 ( 2 ) 頁: 331-337   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. 幾何学的非線形性を考慮した離散鉄筋要素を導入した3次元RBSMによるRC部材のポストピーク挙動解析 査読有り

    伊佐治優,山本佳士,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   39 巻 ( 2 ) 頁: 67-72   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. PROPOSAL OF LOCAL INDEX FOR DAMAGE EVALUATION OF RC BEAM FAILED IN SHEAR AND FLEXURE MODE 査読有り

    Tatek Y. Lemlem,H. Nakamura, T. Miura, T. Nanri

    JCI Annual Convention   39 巻 ( 1 ) 頁: 61-66   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 自己組織化マップによる打音データの評価に関する基礎的研究,コンクリート工学年次論文集 査読有り

    鈴木理絵,中村光,三浦泰人,多田祐希

    コンクリート工学年次論文集   39 巻 ( 1 ) 頁: 1885-1890   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 電磁波レーダを用いた鉄筋腐食に伴う内部ひび割れの検出に関する基礎的研究 査読有り

    多田祐希,三浦泰人,中村光

    コンクリート工学年次論文集   39 巻 ( 1 ) 頁: 1771-1776   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. 初期ひび割れ角度がコンクリートの圧縮強度・圧縮破壊エネルギーに及ぼす影響評価 査読有り

    南里卓洸,中村光,三浦泰人,山本佳士

    コンクリート工学年次論文集   39 巻 ( 1 ) 頁: 319-324   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. 高速衝突を受ける鉄筋モルタルはり部材の裏面剥離発生メカニズムに関する解析的研究 査読有り

    山本佳士,岡﨑宗一郎,別府万寿博,中村光,三浦泰人

    構造工学論文集   63 巻   頁: 1210-1223   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Mechanism of shear strength degradation of a reinforced concrete column subjected to cyclic loading 査読有り

    Fu Li, Nakamura Hikaru, Furuhashi Hiroki, Yamamoto Yoshihito, Miura Taito

    STRUCTURAL CONCRETE   18 巻 ( 1 ) 頁: 177-188   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/suco.201600052

    Web of Science

  92. ビーム・アーチ機構に基づくRCはりのせん断抵抗メカニズムに関する一考察 査読有り

    岩本拓也,中村光,Li FU,山本佳士,三浦泰人

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)   73 巻 ( 1 ) 頁: 70-81   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. RBSMを用いたRC部材のASR膨張挙動評価に関する基礎的研究 査読有り

    杉本啓太,山本佳士,三浦泰人,中村光

    第26回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集   39 巻 ( 2 ) 頁: 87-92   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Shear Resistance Mechanism Evaluation of RC Beams Based on Arch and Beam Actions 査読有り

    Hikaru Nakamura, Takuya Iwamoto, Li Fu, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Proceedings of fib symposium 2016     2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  95. 外部硫酸塩劣化による膨張ひび割れ進展挙動に関する解析的検討 査読有り

    三浦泰人,山本佳士,中村光

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   16 巻   頁: 323-328   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Mechanism of flexural shear failure at termination point of main reinforcement of RC column subjected to cyclic load 査読有り

    Li Fu, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Proceedings of the 11th fib International PhD Symposium     2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  97. Mechanism of flexural shear failure at termination point of main reinforcement of RC column subjected to cyclic load 査読有り

    Li Fu, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto and Taito Miura

    The 11th fib International PhD Symposium     頁: 361-368   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  98. Geometric parameters relating corrosion penetration to surface crack width 査読有り

    Di Qiao, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

      38 巻 ( 1 ) 頁: 1143-1148   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 打音法による模擬ひび割れおよび腐食ひび割れを有するコンクリートの打撃応答特性値の評価 査読有り

    水野敦大,三浦泰人,鈴木理絵,中村光

    コンクリート工学年次論文集   38 巻 ( 1 ) 頁: 2109-2114   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. NUMERICAL INVESTIGATION OF EFFECT OF THROUGH CRACK ON SHEAR STRENGTH DEGRADATION OF RC COLUMN 査読有り

    Fu Li, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

      38 巻 ( 2 ) 頁: 865-870   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. 有限回転を考慮した3次元RBSMによるコンクリート材料のポストピーク挙動解析 査読有り

    伊佐治優,山本佳士,中村光,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   38 巻 ( 2 ) 頁: 91-96   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. ビーム・アーチ機構に基づく引張軸力を受けるRC部材のせん断耐力評価 査読有り

    岩本拓也,中村光,山本佳士,三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   38 巻 ( 2 ) 頁: 697-702   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. 初期ひび割れを有するコンクリートの圧縮強度・圧縮破壊エネルギーに関する実験的研究 査読有り

    南里卓洸,中村光,三浦泰人,山本佳士

    コンクリート工学年次論文集   38 巻 ( 2 ) 頁: 115-120   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. EVALUATION OF SHEAR STREGNTH DEGRADATION OF RC COLUMN SUBJECTED TO CYCLIC LOADING 査読有り

    Fu Li, Hikaru Nakamura, Hiroki Furuhashi, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

        2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  105. Fundamental study of crack propagation of external sulfate attack with mesoscale analysis system for coupled chemo-mechanical behaviors 査読有り

    Taito Miura, Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura

    Proceedings of 9th International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures     2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  106. Crack patterns of concrete with a single rebar subjected to non-uniform and localized corrosion 査読有り

    Di Qiao, H. Nakamura, Y. Yamamoto, T. Miura

    Construction and Building Materials   ( 116 ) 頁: 366-377   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Modeling of Corrosion-induced Damage in Reinforced Concrete considering Electro-mechanical Coupling 査読有り

    Di Qiao, H. Namura, Y. Yamamoto, T. Miura

    Journal of Advanced Concrete Technology   14 巻 ( 11 ) 頁: 664-678   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Mechanism of Shear Strength Degradation of RC Column Subjected to Cyclic Loading, Structural concrete 査読有り

    Li Fu, H. Nakamura, H. Furuhashi, Y. Yamamoto and T. Miura

    Structural concrete   18 巻 ( 1 ) 頁: 177-188   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 析出物の影響を考慮した硫酸による劣化予測解析による劣化領域の評価 査読有り

    三浦泰人,佐藤靖彦,中村光

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   15 巻   頁: 83-88   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. 4年間海洋環境下に暴露したひび割れを有するRC部材中の鉄筋腐食の進行性 査読有り

    佐藤正俊,加藤誠司,中村光,三浦泰人,D. Qiao

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   15 巻   頁: 47-52   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Local damage and collapse simulation of reinforced concrete subjected to high velocity impact load using 3D RBSM 査読有り

    Yoshihito Yamamoto, Soichiro Okazaki, Yu Isaji, Masuhiro Beppu, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    Proceedings of the 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics     2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  112. Meso-Scale Analysis of the Mechanical Properties of Chemically-Deteriorated Mortar 査読有り

    Yasuhiko Sato, Taito Miura, Hikaru Nakamura

    Proceedings of CONCREEP10     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  113. Modelling the Electric Corrosion of Rebar in Concrete Considering Electro-Mechanical Coupling 査読有り

    Di Qiao, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Proceedings of CONCREEP10     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  114. 化学的劣化により変質したメゾレベルのモルタルの力学的性質の関係性評価 査読有り

    三浦 泰人、佐藤 靖彦、中村 光

    コンクリート工学年次論文集   37 巻 ( 1 ) 頁: 715-720   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    モルタルのメゾレベルの試験体を用いてイオン交換水,NaCl溶液,硫酸溶液による浸漬実験を行った。浸漬後,力学試験および物理化学的性質を同定することで,Ca溶脱および硫酸による劣化が生じた試験体の力学的性質の変化を評価した。具体的には,浸漬後の試験体を用いて曲げ試験を行うとともに,得られた荷重変位曲線から逆解析を行うことで力学的性質を同定した。加えて,同一試験体を用いて化学的劣化により変化する物理化学的性質を測定した。さらに,既往の曲げ強度の推定式を基に,化学的劣化に伴って変化する各力学的性質の関連性を評価した。

  115. ANALYSIS OF EFFECTS OF NON-UNIFORM CORROSION ON CONCRETE CRACKS PROPAGATION 査読有り

    Di QIAO, Hikaru NAKAMURA, Yoshihito YAMAMOTO, Taito MIURA

      37 巻 ( 1 ) 頁: 961-966   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. RC はり のせん断抵抗メカニズム検討方法に関する基礎的研究 査読有り

    岩本 拓也、中村 光、山本 佳士、三浦 泰人

    コンクリート工学年次論文集   37 巻 ( 2 ) 頁: 553-558   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 曲げ降伏後に繰返し荷重を受けるRC部材のせん断耐力低下挙動 査読有り

    古橋宏紀,中村光, 山本佳士, 三浦泰人

    土木学会論文集E2   71 巻 ( 1 ) 頁: 48-57   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. RBSMによる高速衝突を受けるコンクリート板の局部破壊挙動評価に関する基礎的研究 査読有り

    山本佳士,岡﨑宗一郎,別府万寿博,中村光,三浦泰人

    構造工学論文集   61A 巻   頁: 945-957   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Experimental and analytical evaluation of concrete cover spalling behavior 査読有り

    Di Qiao, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Journal of Structural Engineering   61A 巻   頁: 707-714   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 硫酸劣化したモルタルのセメント水和組織の変質と準微視的力学的性質との関係 査読有り

    三浦泰人,佐藤靖彦,中村光

    コンクリート工学論文集   26 巻   頁: 1-9   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Evaluation Method of Tensile Behavior of Corroded Reinforcing Bars Considering Radius Loss 査読有り

    Di Qiao, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    Journal of Advanced Concrete Technology   13 巻 ( 3 ) 頁: 135-146   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Modeling of physico-chemical property and mechanical characteristics of meso-scale mortar deteriorated by Ca leaching 査読有り

    Taito Miura, Yasuhiko Sato and Hikaru Nakamura

    Proceedings of IALCCE 2014     2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  123. Numerical Investigation of Effects of Material Properties on Corrosion-induced Concrete Crack Propagation 査読有り

      36 巻 ( 1 ) 頁: 1162-1167   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. RC部材の腐食鉄筋中を伝搬する弾性波特性に関する検討 査読有り

    河邉亮太、国枝稔、三浦泰人、中村光

    コンクリート工学年次論文集   36 巻 ( 1 ) 頁: 1168-1173   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. メソスケールでの Ca 溶脱により変化するモルタルの力学的性質と物理化学的性質の関係性評価 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    コンクリート工学論文集     頁: 97-107   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. エトリンガイトおよび二水セッコウの影響を考慮したモルタルの硫酸劣化解析 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    セメントコンクリート論文集     頁: 216-223   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 東山動植物園コンクリート製恐竜像の安全性評価に関する基礎的研究 査読有り

    阪本早弥奈,中村光, 山本佳士, 三浦泰人

    ンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム   14 巻   頁: 631-638   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. イオン交換水に浸漬させたモルタルの物理化学的性質と力学的性質の関係 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦、今野克幸、Andreas Gerdes

    コンクリート工学年次論文集   35 巻 ( 1 ) 頁: 355-360   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Leaching behavior of cementitious nuclear waste forms containing cesium and strontium 査読有り 国際共著

    Wail Gashier, Katufumi Hashimoto, Taito Miura, Russel J Hand, Hajime Kinoshita

    Advances in Applied Ceramics: Structural, Functional and Bioceramics     頁: 1-10   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Modeling of tensile behavior of mortar immersed in solutions including chloride ions 査読有り

    Taito Miura, Yasuhiko Sato

    Proceedings of the 2nd International Conference on Microstructure Related Durability of Cementitious Composites     2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  131. Evaluation of Tensile Softening Behavior of Mortar under Freeze-Thaw Cycles with Different Temperature History 査読有り

    Katsufumi Hashimoto, Hiroshi Yokota, Yasuhiko Sato, Taito Miura

    Proceedings of International Congress on Durability of Concrete Structures     2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  132. Evaluation of Tensile Behavior of Mortar Immersed in a NaCl solution 査読有り

    Taito Miura, Yasuhiko Sato

    Proceedings of International Congress on Durability of Concrete Structures     2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  133. The 2nd International Conference on Durability of Concrete Structures ICDCS2010参加報告

    橋本勝文、三浦泰人

    コンクリート工学   49 巻 ( 6 ) 頁: 55-56   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  134. NaCl溶液に浸漬させたモルタルの引張特性とそのモデル化 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   11 巻   頁: 43-50   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 温度履歴の異なる凍結融解試験によるモルタルの引張特性評価 査読有り

    橋本勝文、横田弘、佐藤靖彦、三浦泰人

    コンクリート工学年次論文集   33 巻 ( 1 ) 頁: 929-934   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. 塩化物イオンを含む溶液に浸漬したモルタルの引張特性評価 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    コンクリート工学年次論文集   33 巻 ( 1 ) 頁: 395-400   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Meso-scale mechanical characteristics of chemically deteriorated mortar 査読有り

    Yasuhiko Sato, Taito Miura, Yuji Oiwa

    Proceedings of the 2nd International Conference on Service Life Design for Infrastructure     2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  138. NaCl溶液に浸漬させたセメントペーストおよびモルタルの引張軟化特性評価 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    コンクリート工学論文集   21 巻 ( 3 ) 頁: 77-86   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. NaCl 溶液に浸漬させたセメントペーストおよびモルタルの力学特性 査読有り

    三浦泰人、佐藤靖彦

    コンクリート工学年次論文集   32 巻 ( 1 ) 頁: 725-730   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 87

  1. 二軸拘束下においてDEF膨張したコンクリートの力学特性の異方性に関する基礎的研究

    岡本真実、三浦 泰人、中村 光

    令和5年度土木学会中部支部研究発表会  2024年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  2. X 線 CT による反応性骨材中の ASR 膨張ひび割れの起点の観察

    深谷 楷曼、三浦 泰人、中村 光

    令和5年度土木学会中部支部研究発表会  2024年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  3. 鋼材腐食したPC電柱のかぶり剥離挙動と耐荷力への影響評価

    五十嵐 圭馬、三浦 泰人、中村 光

    令和5年度土木学会中部支部研究発表会  2024年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  4. 定着フック部の腐食ひび割れ進展挙動評価のための促進試験法の検討

    加古 貴志、三浦 泰人、中村 光

    令和5年度土木学会中部支部研究発表会  2024年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  5. せん断破壊するRCはり部材の3次元的なひび割れ発生・進展挙動の検討

    茶谷 友樹、中村 光、三浦 泰人

    令和5年度土木学会全国大会年次学術講演会  2023年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

  6. DEF膨張ひび割れの方向性によるコンクリートの力学特性低下傾向の変化に関する実験

    長尾 僚一郎、三浦 泰人、高橋 佑弥

    令和5年度土木学会全国大会年次学術講演会  2023年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

  7. セメント系材料に関するマルチフィジクスモデルを導入したメソスケール解析による気密性解析の構築

    八田 諒輔、三浦 泰人、中村 光、山本 佳士

    令和5年度土木学会全国大会年次学術講演会  2023年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

  8. The influence of the expansive site of delayed ettringite formation on the anisotropy of expansion evaluated by mesoscale discrete model 国際会議

    Misato Fujishima, Taito Miura, Hikaru Nakamura

    The Eighth International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering (IALCCE 2023)  2023年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Politecnico di Milano  

  9. The possibility of the laser hammering system for the existing concrete structures damaged by internal swelling reaction 招待有り 国際会議

    T. Miura, N. Hasegawa, M. Nishikino and S. Asamoto

    2023年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. 3D-RBSMによるせん断破壊するRCはり部材の3次元的なひび割れ発生・進展挙動の検討

    茶谷友樹,中村光,三浦泰人

    令和4年度土木学会中部支部研究発表会  2023年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢工業大学   国名:日本国  

  11. DEF劣化した鉄筋コンクリートの膨張・鉄筋引抜き過程の付着性状

    藤島実里,三浦泰人,川端雄一郎,中村光

    令和4年度土木学会中部支部研究発表会  2023年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢工業大学   国名:日本国  

  12. DEF膨張のひび割れの方向性による力学特性低下に関する実験

    長尾僚一郎,三浦泰人,中村光

    令和4年度土木学会中部支部研究発表会  2023年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢工業大学   国名:日本国  

  13. Μulti-physics mechanical model を導入したRBSM-TNMによるコンクリートの気密性の評価

    八田諒輔,三浦泰人,中村光,山本佳士

    令和4年度土木学会中部支部研究発表会  2023年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢工業大学   国名:日本国  

  14. 3次元剛体バネモデルによる90度および180度フックの定着メカニズムの考察

    濱千代晃平,中村光,三浦泰人

    令和4年度土木学会中部支部研究発表会  2023年3月3日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢工業大学   国名:日本国  

  15. Influence of DEF expansion on mechanical behavior under uniaxial compressive stress evaluated by Digital Image Correlation 国際会議

    Misato Fujishima, Taito Miura, Yuichiro Kawabata, Hikaru Nakamura

    16th International Conference on Alkali-Aggregate Reaction in Concrete  2022年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月 - 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisboa   国名:ポルトガル共和国  

  16. Influence of different expansion models on the anisotropy of ASR expansion under restraint evaluated by 3D-RBSM 国際共著 国際会議

    Taito Miura, Stephane Multon, Yuichiro Kawabata

    16th International Conference on Alkali-Aggregate Reaction in Concrete  2022年5月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月 - 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisboa   国名:ポルトガル共和国  

  17. ANISOTROPY OF ALKALI-SILICA REACTION FROM THE VIEWPOINT OF MECHANICS EVALUATED BY MESOSCALE DISCRETE ANALYSIS 招待有り 国際会議

    Taito Miura

    3rd International Conference on Concrete and Steel Technology, Engineering and Design  2022年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Philippines   国名:フィリピン共和国  

  18. 鋼球落下試験による模擬内部腐食ひび割れの領域と損傷度の判定

    杉山風雅、松永輝、中村光,三浦泰人

    令和3年度土木学会中部支部研究発表会  2022年3月4日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. 付着強度が重ね継手部の挙動に及ぼす影響の数値解析的評価

    森大輔、中村光,三浦泰人

    令和3年度土木学会中部支部研究発表会  2022年3月4日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. Ca 溶脱により劣化したセメントペーストの固相の変質と⼒学特性に関する基礎的研究

    川口貴之,三浦泰人,中村光

    次世代構造技術者の Work in Progress 2021  2021年9月29日  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. DEF膨張が一軸圧縮応力下における力学特性に与える影響の画像相関法を用いた評価

    藤島実里,三浦泰人,川端雄一郎

    次世代構造技術者の Work in Progress 2021  2021年9月29日  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. 円筒断面を有するコンクリート部材の縦ひび割れ進展過程と圧縮強度への影響評価

    田口温也、中村光,三浦泰人、蛭川理紗、杉下裕司

    土木学会第77回年次学術講演会  2021年9月15日  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  23. Ca 溶脱により劣化したセメントペーストの固相の変質と力学特性に関する基礎的研究

    川口貴之、三浦泰人,中村光

    土木学会第77回年次学術講演会  2021年9月15日  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  24. Evaluation of Concrete Quality Through Estimation of Ansorbed Water and Water Penetration Using Electromagnetic Wave Radar 国際会議

    Jonas Christian Riego Quero, Hikaru Nakamura, Yuki Tada, Taito Miura

    20th ASEP International Convention: “Structural Engineering: Getting Smarter to New and Future Challenges”  2021年5月20日  ASEP

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:フィリピン共和国  

  25. Ca溶脱により劣化したセメントペーストの固相の変質と力学特性の関連性評価

    川口貴之、三浦泰人、中村光

    土木学会中部支部研究発表会  2021年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  26. 膨張相の時空間変化がDEFの膨張挙動に及ぼす影響の解析的検討

    前田英香、三浦泰人、中村光

    土木学会中部支部研究発表会  2021年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  27. 円筒断面を有するコンクリート部材の縦ひび割れ進展過程と圧縮強度への影響評価

    田口温也、中村光、三浦泰人、蛭川理紗、杉下裕司

    土木学会中部支部研究発表会  2021年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. せん断補強筋の形状がRCはりのせん断挙動および3次元的ひび割れ分布に及ぼす影響

    竹村雅志、中村光、三浦泰人、山本佳士、河村圭亮

    土木学会全国大会年次学術講演会  2020年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  29. 繰返し荷重を受けるRC部材の新たな鉄筋座屈抑制法に関する検討

    上田尚史、中村光、三浦泰人

    土木学会全国大会年次学術講演会  2020年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  30. EFFECT OF EXTERNAL LOAD AND TEMPERATURE CHANGE ON DELAMINATION BEHAVIOR AND INTERNAL CRACK DEVELOPMENT

    2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. Experimental evaluation of punching shear capacity of reinforced concrete slabs with vertical cracks

    2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. ひび割れの指向性・分散性によるコンクリートの力学特性の低下メカニズム

    三浦泰人

    ポスターセッション「次世代構造技術者の Work in Progress」   2020年5月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  33. 閉合型スターラップならびにプレート定着型せん断補強筋で補強したRC梁のせん断挙動の相違の検討

    竹村雅志、中村光、三浦泰人、山本佳士、河村圭亮

    土木学会中部支部研究発表会  2020年3月5日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  34. 要素ネットワークの更新を考慮した大変形解析のためのRBSMの開発

    中島達也、山本佳士、中村光、三浦泰人

    土木学会中部支部研究発表会  2020年3月5日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  35. 8年間の暴露試験によるRCコンクリートのひび割れ部への塩化物イオン浸透性

    佐藤正俊、加藤誠司、中村光、三浦泰人

    土木学会全国大会年次学術講演会  2019年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. The role of surface conditions of coarse aggregate affecting the mechanical behavior of concrete 国際会議

    A. Baset Faizi, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    The 4th International Symposium on Concrete and Structures for Next Generation  2019年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. Fundamental Study on Compressive Fatigue Behavior of Cracked Concrete in Water 国際会議

    K. Sato, Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    The 4th International Symposium on Concrete and Structures for Next Generation  2019年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. 水平ひび割れを有するコンクリートの動的圧縮特性に関する一考察

    佐藤克樹、三浦泰人、中村光、山本佳士

    土木学会中部支部研究発表会  2019年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  39. The fundamental investigation of pure mechanical behaviors of cement paste without microstructural flaw 国際会議

    Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    The 8th International Conference of Asian Concrete Federation  2018年11月4日  ACF

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fuzhou   国名:中華人民共和国  

  40. Crack propagation and failure simulations of ASR-affected concrete wall subjected to cyclic shear loads using RBSM 国際会議

    Yoshihito Yamamoto, Taito Miura, Keita Sugimoto, Hikaru Nakamura

    Workshop on Assessment of Structures Subject to Concrete Pathologies (ASCET) phase III 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  41. 鉄筋腐食によるコンクリート片の剥離強度および剥離領域解析手法の開発

    大島直樹、中村光、山本佳士、三浦泰人

    土木学会中部支部研究発表会  2018年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  42. FDTD法による内部欠陥を有するコンクリート内の電磁波伝播応答評価

    堀田茉那、山本佳士、中村光、三浦泰人

    土木学会中部支部研究発表会  2018年3月1日  土木学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  43. Modeling of Localization and Softening Behavior of Passively Confined Concrete using Coupled RBSM and nonlinear Shell FEM 国際会議

    Mendoza, R.J., Yamamoto, Y., Nakamura, H., Miura, T.

    Computational Modeling of Concrete Structures 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストリア共和国  

  44. The Analytical Investigation of Size Effect of Expansion Cracking Behavior of Mortar Damaged by External Sulfate Attack 国際会議

    T. Miura, Y. Yamamoto, H. Nakamura

    YRGS2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Investigation of the Fresh Behavior and Physical and Mechanical Properties of EAF Slag Fine Aggregate Concrete 国際会議

    YRGS2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. Modeling of Passive Confinement of Concrete using Rigid Body Spring Model 国際会議

    YRGS2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Numerical and Experimental Evaluation of Bond-slip Relationship of Corroded Rebar with Different Concrete Cover Thickness 国際会議

    Y. Yang, H. Nakamura, T. Miura, Y. Yamamoto

    YRGS2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. RBSM-FEM 結合解析手法を用いたRC 杭-地盤連成系の損傷評価解析

    北川晴之、山本佳士、中村光、三浦泰人

    土木学会全国大会年次学術講演会  2017年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. Crack width and deformation of RC beam with high strength rebar

    Usman Farooq, Hikaru Nakamura, Taito Miura, Yoshihito Yamamoto

    2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. Investigation of fresh behavior and physical and mechanical properties of pavement concrete casted using EAF slag fine aggregate

    Sushanta Roy, Taito Miura, Hikaru Nakamura, Yoshihito Yamamoto

    2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. Development of simulation method for crack propagation and corrosion products movement during rebar corrosion process

    Zahra Amalia, Hikaru Nakamura, Qiao Di, Yoshihito Yamamoto, Taito Miura

    2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. せん断補強筋がRC はりのせん断強度の寸法効果に及ぼす影響評価

    遅舜元,中村光,山本佳士,三浦泰人

    土木学会全国大会年次学術講演会  2017年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. Crack propagation and failure simulations of ASR-affected concrete wall subjected to cyclic shear loads using RBSM 国際会議

    Yoshihito Yamamoto, Taito Miura, Keita Sugimoto, Hikaru Nakamura

    Workshop on Assessment of Structures Subject to Concrete Pathologies (ASCET) phase II 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ottawa, Canada   国名:カナダ  

  54. RBSM-FEM結合解析手法によるRC構造-地盤連成計の損傷評価解析

    北川晴之,山本佳士,中村光,三浦泰人

    平成28年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. せん断補強筋を有するせん断破壊するRCはりの寸法効果に対する解析的検討

    遅舜元,中村光,山本佳士,三浦泰人

    平成28年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Evaluation of air permeability of concrete surface using thermography

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 熱・水分移動および硬化過程を考慮したRBSMによるRC部材のひび割れ進展挙動解析

    杉本啓太,山本佳士,中村光,三浦泰人

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. リメッシュ機能を有するRBSMによる高強度コンクリートのひび割れ面せん断伝達挙動解析

    井熊晃司,山本佳士,中村光,三浦泰人

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 上面鉄筋が腐食したRC床版の腐食ひび割れ進展と耐荷力の解析的評価

    石黒裕崇,中村光,山本佳士,三浦泰人,中野昂人

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 弾性波法によるコンクリート内部の空洞情報把握に関する基礎的検討

    鈴木理絵,中村光,三浦泰人,山本佳士

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Modeling of axially loaded CFT using mixed 3D-Rigid Body Spring Model and geometrically nonlinear shell

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. Numerical investigation on shear behavior of RC beams with local bond deterioration

    Guyen Cong Luyen,中村光,山本佳士,三浦泰人

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Proposal of local index for damage evaluation of RC beam failed in shear compression mode

    Lemlem Tatek Yenfun,中村光,山本佳士,三浦泰人

    土木学会第71回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 3 次元 RBSM による持続荷重を受ける RC・PRC はりのひび割れ進展挙動解析

    杉本啓太,山本佳士,中村光,三浦泰人

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. コンクリート部材の三次元衝撃応答特性評価に関する実験および解析的研究

    鈴木理絵,中村光,山本佳士,三浦泰人

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 剛体バネモデルを用いた構造解析モデルによる腐食ひび割れ進展解析

    石黒裕崇,中村光,Qiao Di,山本佳士,三浦泰人

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. リメッシュ機能を有する3次元RBSMの提案

    井熊晃司,山本佳士,中村光,三浦泰人

    平成27年度土木学会中部支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 骨材および骨材界面領域がCa 溶脱性状に及ぼす影響の解析的評価

    三浦泰人,佐藤靖彦,中村光

    土木学会第70回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 幾何学的非線形性を考慮した3 次元RBSM によるコンクリートのせん断軟化・膨張挙動の評価

    伊佐治優,山本佳士,中村光,三浦泰人

    土木学会第70回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 初期ひび割れを有するコンクリートの圧縮強度・圧縮破壊エネルギーに関する実験的研究

    南里卓洸,中村光,三浦泰人,山本佳士

    土木学会第70回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. メゾスケール解析による高速衝突を受ける繊維補強セメント複合材料板の局部破壊挙動評価

    岡崎宗一郎,山本佳士,中村光,三浦泰人,別府万寿博

    土木学会第70回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. PCa 部材と現場打ち部材の接合部のヒンジ挙動に関する検討

    大野優華,大菅崇之,有田淳一,中村光,山本佳士,三浦泰人

    土木学会第70回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Evaluation method of corrosion-induced damage considering electro-mechanical coupling 国際会議

    H. Nakamura, D. Qiao, Y. Yamamoto, T. Miura

    SSCS 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ブラジル連邦共和国  

  74. Numerical approach to physic- chemical properties of mesoscopic mortar deteriorated by Ca leaching 国際会議

    Taito Miura, Yasuhiko Sato, Takafumi Sugiyama, Katsufumi Hashimoto and Hikaru Nakamura

    The 6th International Conference of Asian Concrete Federation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  75. ディープビームにおけるせん断補強効果のメカニズムに関する解析的研究

    岩本卓也・中村光・三浦泰人

    土木学会全国大会第69回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. PRC部材の時間依存挙動に対する部材内の相対湿度分布の影響評価

    渡邊理智・中村光・三浦泰人

    土木学会全国大会第69回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 局部的な腐食再現実験を用いた鉄筋の力学性状に関する基礎的研究

    水野敦大・Qiao Di・中村光・三浦泰人

    土木学会全国大会第69回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. ディープビームにおけるせん断補強効果のメカニズムに関する解析的研究

    岩本卓也・中村光・三浦泰人

    土木学会全国大会第69回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 東山動植物園コンクリート製恐竜像の安全性に関する基礎的研究

    阪本早弥奈・中村光・三浦泰人

    土木学会全国大会第69回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. Numerical Analyses of Seismic Response of a Reinforced Concrete Building Using Discrete Model with Random Geometry 国際会議

    Yoshihito Yamamoto, Hikaru Nakamura, Taito Miura

    WORKSHOP SMART2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  81. 屋外曝露した RC 部材中の鉄筋を伝播する弾性波特性に関する研究

    河邉亮太,国枝稔,三浦泰人,中村光

    鉄筋腐食したコンクリート構造物の構造・耐久性能評価の体系化シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. 準微視的スケールに基づく直接二面せん断試験法に関する実験的検討

    三浦泰人,佐藤靖彦

    土木学会全国大会第67回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. 硫酸溶液に浸漬させたモルタルの引張特性に関する実験的評価

    三浦泰人,佐藤靖彦

    土木学会北海道支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. 凍結防止剤の種類に着目した凍結融解後のモルタルの力学特性 国際会議

    横山直樹,佐藤靖彦,橋本勝文,三浦泰人

    土木学会北海道支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. 凍結融解試験の温度履歴がモルタルの引張特性に及ぼす影響

    橋本勝文,佐藤靖彦,横田弘,三浦泰人

    土木学会北海道支部研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. NaCl溶液に浸漬したモルタルの引張軟化特性のモデル化

    三浦泰人,佐藤靖彦

    土木学会全国大会第65回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. 登別温泉水によるモルタルの劣化機構の化学・力学的特性評価

    三浦泰人,佐藤靖彦

    土木学会全国大会第64回年次学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 10

  1. フランスにおける内部膨張劣化が生じた実構造物へのレーザー応用診断技術の適用性の検証と海外展開 国際共著

    2022年4月 - 2024年3月

    土木学会  インフラマネジメント技術国際展開研究助成 

    三浦泰人,長谷川登,錦野将元,浅本晋吾,François Toutlemonde,Renaud-Pierre Martin

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3980000円 ( 直接経費:3980000円 )

  2. セメント水和物の塑性と空隙構造に基づくセメント系複合材料の力学モデル

    2020年6月 - 2021年3月

    上田記念財団第11期助成 

    三浦泰人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. RBSM-TNM-Multi Phase ModelによるASR/DEFの膨張メカニズムの解明

    2020年4月 - 2021年3月

    鹿島学術振興財団 2020年度研究者交流援助(海外派遣) 

    三浦泰人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 凍結防止剤添加型防錆剤のコンクリート構造物に及ぼす影響に関する実験的研究

    2015年4月 - 2019年3月

    受託研究 

  5. 表面ひび割れ発生前の鉄筋腐食診断法の開発

    2014年4月 - 現在

    企業からの受託研究 

  6. SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)“インフラ維持管理・更新・マネジメント技術”

    2014年 - 2018年3月

    国内共同研究 

  7. SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)“インフラ維持管理・更新・マネジメント技術”

    2014年 - 2018年3月

    国内共同研究 

  8. 東山動植物園恐竜像調査保存委員会

    2013年7月 - 2015年7月

    中部支部会員活性化のための活動費用助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. コンクリートの化学劣化・破壊領域の進展に関する準微視的化学・力学連成解析システム

    2011年4月 - 2012年3月

    平成23年度財団法人北海道大学クラーク記念財団 博士後期課程在学生研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. ひび割れを有する地中構造物の劣化進行性に関する研究

    2010年 - 2019年3月

    国内共同研究 

▼全件表示

科研費 15

  1. 破壊力学指標による内部膨張反応の異方性メカニズムの体系化による新たな潮流の創出

    研究課題/研究課題番号:24K00959  2024年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    三浦 泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

  2. 異種ASR反応性骨材の異方性機構に基づく微細構造指標による耐久性照査体系の革新 国際共著

    研究課題/研究課題番号:23KK0075  2023年9月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(海外連携研究)

    三浦 泰人, 川端 雄一郎, 高橋 佑弥, 高橋 駿人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:20800000円 ( 直接経費:16000000円 、 間接経費:4800000円 )

    本研究では,骨材岩種に応じた各種異方性の因果関係を説明可能なひび割れ情報に基づく微細構造指標を発見することで,各種異方性メカニズムを解明するとともに,微細構造指標に基づく構成モデルの開発を行う.微細構造分析とASRの材料-構造連成モデルについて世界を牽引する若手研究者との国際共同研究体制を構築し,国内研究者が実際にイギリスおよびフランスに赴いて,共同研究を実施し,研究の目的を達成する.

  3. ペデスタル部鉄筋コンクリート損傷挙動の把握に向けた構成材料の物理・化学的変質に関する研究

    研究課題/研究課題番号:23813418  2023年8月 - 2026年3月

    文部科学省  国家課題対応型研究開発推進事業(英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 微視的機構解明に基づく内部膨張反応の能動的制御 国際共著

    研究課題/研究課題番号:23H01486  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    川端 雄一郎, 三浦 泰人, 高橋 佑弥, 宮本 慎太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究では,材料に起因するコンクリートの内部膨張反応を微視的観点から制御する手法を提案する。本目的の達成のため,内部膨張反応で生じる微細損傷の分析・評価を基軸として,その微細損傷が生じる原因となる膨張物質の同定および膨張物質の膨張圧発現機構の解明,さらには微視的機構に基づき内部膨張反応の制御モデリングを行い,能動的な内部膨張反応制御手法を提案するものである。

  5. コンクリートの内部損傷寸法分布に基づく複合劣化進展の定量評価への展開

    研究課題/研究課題番号:21H01416  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    高橋 佑弥, 三浦 泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究は,長期の力学作用(疲労・持続荷重)や,材料劣化(凍結融解,アルカリシリカ反応,乾燥収縮など)に伴う体積変化/損傷が複合的に生じるコンクリート構造物を対象とし,損傷の寸法分布/位置分布に基づいた力学応答を,複数の実験と数値解析手法(有限要素法,剛体バネモデル解析)を組み合わせて分析・モデル化することを通じて,複合的に損傷が進展するコンクリート構造物の力学性能を予測/評価するスキームを確立することに取り組む.
    本研究は,長期の力学作用(疲労,持続荷重)や,材料劣化(凍結融解,アルカリシリカ反応,乾燥収縮など)に伴う体積変/損傷が複合的に生じるコンクリート構造物の力学応答を複数の実験と数値解析手法を組み合わせて分析することを通じて,複合的に損傷が進展するコンクリート構造物の力学性能を予測/評価するスキームを確立することを目的としている.
    当該年度は,前年度に確立した巨視ひび割れ・微細損傷それぞれの力学挙動への寄与度モデルを,FEMモデル上でモデル化し,既往のコンクリート構造物の構造応答解析システムに実装した.特にアルカリシリカ反応を対象とし,これまで内部膨張によって生じたひずみをほぼ全て巨視ひび割れと考えて損傷パラメータを算出してきた点に対して,微細損傷によるひずみ分を考慮することで,内部膨張に特徴的な緩慢な力学性能低下が考慮可能となった.また,ひび割れ中に存在する析出物質の力学寄与を考慮することで,実験で見られた力学性能の回復傾向を再現することが可能となった.本モデルは他の要因による膨張に対しても損傷寸法の違いを考慮することで,転用が可能なモデルである.
    以上のモデルを用いて,梁やスラブといった部材実験の結果の再現解析を実施した.内部膨張による損傷が生じた部材の力学性能は非常にばらつきが大きいものであるが,ひび割れの性状を陽に考慮することで,同じ膨張量でも力学性能が向上するばあいと低下する場合を明確に再現することが可能であることが示された.
    当初の予定の通り,前年度に明らかにした異なる寸法の損傷がコンクリートの力学性能に与える影響に関するモデル,ならびにひび割れ中を占める析出物質の力学特性に関するモデルを研究代表者が開発に参画する有限要素法解析システムに実装し,部材レベルの構造解析での影響を明確に示すことに成功した.特にアルカリシリカ反応が生じたコンクリートについて,微視的な損傷分布やひび割れ中の物質の影響を部材レベルの構造解析で明示した解析は他に類を見なく,卓越した成果が得られた.以上より,本研究はおおむね順調に進展していると判断される.
    次年度は,実装した力学モデルを他の要因により膨張・劣化したコンクリートへ適用することを進める.疲労などの長期の時間依存の損傷進展を考慮することで,凍害などの長期で徐々に損傷が進展する現象へもモデルが適用可能となると考えられる.
    また,実構造物データを用いた検証を進める.複雑な作用環境で複合劣化が生じる実構造物に対して解析手法を適用することで,不確定要因が存在する中での解析の利用方法を確立することを目指す.

  6. 鉄筋の付着・定着挙動とその応力伝達メカニズムの明確化

    研究課題/研究課題番号:21H01408  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 光, 三浦 泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    コンクリート構造物では鉄筋の付着・定着が確保されていることを前提とし、その前提を構造細目として仕様規定として定めている。しかし、その幾つかは力学的根拠を説明することが困難となっており、合理的な配筋規定への変更をする場合に障害となることが生じている。
    本研究では、①体系的な付着・定着引抜き試験の実施と工夫した計測技術による鉄筋近傍からの内部ひび割れなどの損傷進展の把握、②最新の数値解析技術による内部損傷進展や応力伝達挙動の把握、を行い損傷進展挙動や応力伝達メカニズムを明確にし、付着・定着に対する「暗黙知」を「形式知」に変え、合理的な配筋規定確立のための知見を得る。

  7. 破壊力学的観点に基づく内部膨張反応メカニズムの解明と構造物性能照査手法の提案 国際共著

    研究課題/研究課題番号:21H01407  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    三浦 泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    本研究では、コンクリートの内部膨張反応に対してひび割れを主軸とした破壊力学的観点からのアプローチによって、ASRとDEF固有の膨張挙動・コンクリートの力学特性変化・鉄筋の付着性状の変化・RC部材レベルの持続荷重作用を含む長期変形性能の変化を、ASRとDEF双方に対して「実験的評価⇔解析的検証」を並列で進める。ISR膨張メカニズムに立脚した膨張圧発現モデルとひび割れに着目した力学特性低下モデルと付着劣化モデルを構築するとともに、ISRにより劣化したコンクリート構造物の性能照査において評価/測定すべき重要な指標の提案を目指す。
    本研究では、下記に示す研究Ⅰ~Ⅳを実施したためそれぞれの研究の業績を下記に示す.
    【研究Ⅰ:ISR膨張の拘束下の膨張異方性のメカニズムの解明(R3~R4年度)】離散解析手法によって拘束下におけるASR膨脹の異方性のメカニズムを解明を試み,骨材岩種による骨材のひび割れパターンの違いが膨脹異方性に及ぼす影響があることを解明し,その成果を国際会議に1編発表するとともに招待講演においてその成果の一部を公表した.また,海外ジャーナルに1編採択され1編投稿中である.
    【研究Ⅱ:ISR膨張による内部構成相の応力抵抗機構の解明(R3~R4年度)】DICを用いた実験によって骨材内部のひび割れパターンの違いによるひずみ分布から,内部の構成相ごとの応力負担メカニズムを提案するに至った.これらの成果を,海外ジャーナル2編に採択され,さらにもう1編の海外ジャーナルに投稿中である.また,国際会議に指導学生が該当する内容を発表した.
    【研究Ⅲ:ISR膨張による鉄筋の付着劣化メカニズムの解明(R3~R4年度)】全ての膨脹過程の付着試験が完了し,付着劣化のメカニズムについて,鉄筋界面付近のひび割れ情報が非常に大きく関わる結果を得た.これらの成果はDEF膨脹については海外ジャーナル2編にまとめて投稿中であり,さらにASR膨脹については論文を執筆中である.
    【研究Ⅳ:ISR膨張に伴うRC部材の長期変形性能評価(R3~R5年度)】現在梁部材の作製をしており,得られた成果を基に公表する予定である.
    研究IIの拘束膨張試験および力学試験について,拘束治具の調整を要したため,R5年度に後ろ倒しとしたが,研究IとIIIにおいて世界初となる実験データを取得するなどの成果が得られたことから概ね順調であると判断した.
    研究IIの拘束膨張試験および力学試験について,拘束治具をR5年6月中に完成させて膨張試験を開始する予定として,R5年12月に実験を完了する予定である.また,研究IVのRC部材の長期変形性能評価に関しては,現在梁部材の作製を進めており,同様にR5年12月には実験が終了する予定である.
    また,得られた成果は可能な限り年度内に論文として公表する予定である.

  8. 材料及び環境条件に基づくDEF膨張の発生・抑制機構の解明と構造性能への影響評価 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20H02219  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    浅本晋吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

  9. ラマン分光法を用いた骨材のASR反応性およびASR残存膨張量の評価方法の開発 国際共著

    研究課題/研究課題番号:19H02214   2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山本貴士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:13390000円 ( 直接経費:10300000円 、 間接経費:3090000円 )

    ASRが生じると,コンクリートのひび割に加えて,鉄筋破断なども報告されており,コンクリート構造物の抱える深刻な課題のひとつである.既存の骨材反応性試験のもとでこれまで反応性を持たないとされていた骨材で,膨張およびひび割れを発生した例も報告されており,我が国の多様な骨材特性を考えると,過酷化かつ長期化する供用条件のもとでは,ASR発生のリスクは高いと考えられる.骨材のASR反応性や残存膨張量を確認する手法は,いずれも労力や時間,費用を要するのが現状である.そこで本研究課題では,迅速かつ簡易に測定できる手法としてラマン分光法に着目し,骨材の反応性や残存膨張量を評価する手法の確立を目的とする.
    本研究課題では,迅速かつ簡易に測定できる手法としてラマン分光法に着目し,骨材の反応性や残存膨張量を評価する手法の確立を目的としている.
    2019年度には,骨材のシリカの溶出前後でのラマンスペクトルの変化および溶出しやすい骨材の特徴,反応生成物に与えるNa+およびCa2+の影響について検討を行った.
    その結果,骨材の溶出に伴い,ラマンスペクトル上で低波数側(入射光785nm)の蛍光が減少することが確認され,低波数側の蛍光が溶出しやすい骨材の特徴である可能性が示された.また,この蛍光はSiO2の欠陥に起因するものであることも分かってきた.ただし,Alなど骨材に含まれる微量元素の含有量が溶出試験後に増加していることも確認され,AlがSiO2中のSiと同系置換することで溶出を抑える働きがある可能性もあると考えられる.したがって,骨材の溶出のしやすさには微量元素の影響も無視できない可能性がある.
    反応生成物については,Na2O/SO2比により異なることが明らかとなり,Na2O/SO2比が大きい糸Ca2+を取込みにくくゲル化しにくいが,Na2O/SiO2比が小さくなるとCa2+を取込んでゲル化することが分かってきた.一方でCa2+量は反応生成物に大きな影響は見られず,一般的なコンクリートに含まれるCa2+量では反応生成物の組成に違いは生じないものと考えられる.
    一方で,ASR反応性骨材とは考えられない,石英を主成分とする標準砂の溶出量が安山岩よりも大きいことが確認され,溶出しやすい骨材がいわゆる反応性骨材とは限らない(溶出しやすい骨材と膨張する骨材が異なる)可能性や,反応生成物が吸水膨張しない可能性も示唆された.
    膨張機構解明に向けては,X線CTによって得られたひび割れ性状と相互比較して,力学的に膨張相を特定するために,3D-RBSMにおいて骨材の膨張相の違いを表現する解析モデルを開発した.
    当初計画では想定していなかった結果も出てはいるが,2019年度に予定していた試験は概ね実施することができたと考えている.
    ASRにおいてシリカの溶出しやすい骨材と膨張しやすい骨材が異なる可能性が示されたことから,膨張機構を含めたASRのメカニズムについても検討する必要性が出てきた.そのため,今後は反応生成物の役割や膨張機構を明確にするために,様々な骨材を用いたモルタルの促進膨張試験を行い,反応前後でのX線CT撮影を行い比較することとにより生成物がどのような役割を果たしているか,膨張やひび割れがどのように生じているかなどについて検討する.3D-RBSMによるひび割れ解析と合わせて膨張機構の解明を目指すこととする.また,骨材の反応性をより明らかにするために,骨材に含まれる微量元素の量が溶出前後でどう変化するかについても検討を行う.さらに,実構造物から採取したコアやドリル削孔粉末についても分析を行い,骨材の反応性と構造物の置かれている環境が生成物に与える影響についても検討することとする.骨材の反応性や溶出性に対する理解が深まれば,ASRを起こしやすい骨材の特徴を明確にすることができると考えている.また反応生成物については実験室レベルでは明らかになりつつあるが,実構造物の調査を行うことで実環境から生じているであろう反応生成物を予測することが可能になると考えている.これらの知見を元に,反応生成物量と膨張量の関係について検討していくこととする.

  10. ブラインド分離と機械学習を用いた騒音下での打音検査装置の研究開発

    研究課題/研究課題番号:18K04171  2018年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    新田 益大, 三浦 泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    昨年度までは打音検査装置に取り付けたマイクロホンの電圧信号をノートPCへ無線伝送して信号処理を行っていたが,この処理を装置に取り付けたCPUボード上で行うことで,ハンディ型打音検査装置を完成させることに主眼をおいて研究を行った.性能評価は,コンクリート表面から一定の深さに人工欠陥を有する標準供試体で行うため,名古屋大学にて打音検査装置の打撃機構から生じる打音の集録も行った.
    信号処理は,CPUボード上に搭載されているアナログ-ディジタル変換器でマイクロホンの電圧信号を取得したのちに振幅を正規化し,高速Fourier変換でパワースペクトルを求めることで行った.この際,事前にVARMA-ICAを適用して,ローターブレード音を除去するための分離系を求めておく.また,周波数分解能はデータ点数に依存し,欠陥がある場合は清音となるから卓越周波数が正確に求まる反面,探索に時間を要するため,周波数ビンを荒くする処理を追加してデータ点数の削減を行っている.
    健全部と異常部の判別は,昨年度とは異なり,各周波数ビンを探索して閾値以上のパワーを有するビン数を求める方法を採用した.ビン数が一定数以下となるものは卓越周波数が存在するとし,異常部と判別する.この方法により,リアルタイム処理を実現している.
    打撃機構を駆動するためには電源が必要となるが,スマートフォンを充電する用途のモバイルバッテリーを用いることで,ハンディ型打音検査装置を実現した.

  11. 鉄筋腐食によるコンクリート片の剥落危険度判定法の作成

    研究課題/研究課題番号:18H01510  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 光, 三浦 泰人, 山本 佳士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1250000円 ( 直接経費:1250000円 )

    コンクリート片剥落の危険度判定のために、剥落に関係する内部ひび割れの特定と内部ひび割れ部から剥離に至る場合の影響作用や剥離強度について検討した。
    その結果、内部ひび割れを特定するための非破壊検査法として電磁波レーダー波形を利用した評価方法を開発した。剥落に至る影響作用については、コンクリートの温度の変化の影響は大きく、荷重作用で剥落する時と同程度の内部ひび割れ幅の変化を与えていることを明らかにした。また、剥落強度を評価する実験方法および数値解析手法を開発し、剥落強度は残存かぶりの影響が最も大きいことを明らかにした。
    コンクリート構造物の維持管理で、コンクリート片の剥落は人命などを失うような事故につながる可能性もあり、最も避けなければいけない事象である。そのため、コンクリート構造物の点検では、打音検査による剥落に関係する内部欠陥の把握とその危険性の評価に多くの労力がさかれている。
    本研究で内部欠陥を客観的手法により特定する手法の開発や、コンクリート剥落リスクを高める要因が温度変化や残存かぶりの大きさであることを明らかにしたことは、現在の点検の合理性・客観性・有効性を高めることに寄与するとともに、コンクリート構造物から生じる第三者影響度を低減し、インフラの信頼性を高めることに寄与する。

  12. セメント系材料の水和・劣化プロセスを網羅したマルチスケール力学モデルの開発

    研究課題/研究課題番号:18K13812  2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

    三浦泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、セメント系材料の材料劣化前後の力学挙動を評価可能なマルチスケール力学モデルを構築することを目的した実験・解析的研究を行った。その結果、セメントペーストの力学特性を同定する上で最適な前処理方法を決定し、Ca溶脱後のセメントペーストの固相の変質に伴う力学特性の変化を同定した。また、熱力学的相平衡計算を導入したCa溶脱と硫酸劣化のシミュレーションを開発して、Ca溶脱、硫酸劣化、硫酸塩劣化による固液相の変質プロセスを簡易に再現できることを確認した。また、骨材を直接モデル化した複合相モデルの開発に成功し、セメントペーストーモルタルーコンクリートのスケール相互互換を可能とする枠組みを構築した。
    セメント系材料は、種々の環境作用を受けてミクロスケールにおいて材料の変化が生じ、これがマクロスケールにおける劣化の要因となるケースが多い。これが、コンクリート構造物の耐久性予測・余寿命予測の弊害のひとつである。本研究では、セメント系複合材料の水和による強度発現と劣化による力学特性の低下のトリガーとなる固相情報を取得すること大きな目的の一つとして行った。さらに、ミクロとマクロを連続的に扱うマルチスケールの力学モデルの構築を目指した。これらの成果は、様々な要因で劣化するコンクリート構造物の構造耐久性能評価手法の確立と高精度化につながると考えられる。

  13. 鉄筋腐食によるコンクリートの内部ひび割れと表面ひび割れの関係評価

    研究課題/研究課題番号:15H04033   2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村光

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

    コンクリート中の鉄筋腐食による内部ひび割れと表面ひび割れの進展挙動を実験ならびに数値解析により明らかにした。実験では、鉄筋径、鉛直かぶり、水平かぶり、腐食長さ、腐食速度などの要因による表面ひび割れ幅と内部ひび割れ挙動を明らかにした。一方、数値解析では、実験挙動を精度よく再現できる剛体バネモデルに基づく手法により、各種要因の数値解析実験を行い、解析結果から内部の水平ひび割れ長さや表面ひび割れ幅と腐食量の関係を評価できる式を作成した。さらに、腐食速度やコンクリート片の落下の危険性を評価する解析手法を開発した。

  14. 硫酸作用を受けたセメント系材料のミクロ-メソレベルの緻密化・膨張破壊モデルの開発

    研究課題/研究課題番号:26820177  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  15. コンクリートの化学劣化・破壊に関する準微視的化学-力学連成解析システムの構築 国際共著

    2012年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会特別研究員DC2 

    三浦泰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:630000円 、 間接経費:270000円 )

▼全件表示

産業財産権 1

  1. ひび割れ検出方法

    三浦泰人、多田祐希、中村光

     詳細を見る

    出願人:技建開発株式会社、国立大学法人名古屋大学

    出願番号:P2017-51525  出願日:2017年3月

    公開番号:P2018-155551A  公開日:2018年10月

    特許番号/登録番号:06746870 

    出願国:国内   取得国:国内

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 材料工学

    2022

  2. 社会基盤施設の設計と維持管理

    2022

  3. 材料工学

    2020

  4. インフラ点検演習

    2020

  5. 材料形態学セミナー(1A-D, 2A-E)

    2020

  6. 構造材料学実験Ⅰ

    2018

  7. 構造材料学実験Ⅱ

    2018

  8. 環境土木工学実習

    2018

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. コンクリートをみる

    役割:講師

    藤枝東高校  2021年10月

  2. PC勉強会

    役割:司会, 情報提供, 運営参加・支援

    名古屋大学  2013年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:サイエンスカフェ

    中部地域のゼネコン・コンサルを中心として,今後危惧されるインフラの老朽化に関して,幅広く情報収集し,今後のあるべきインフラ構造物の維持管理の姿を模索する.

学術貢献活動 1

  1. 道路橋定期点検 診断結果評価会議

    役割:審査・評価

    公益財団法人 愛知県都市整備協会  2017年11月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    道路橋定期点検業務の積算,発注,契約,監督業務,点検結果の照査,職印の点検技術向上支援などを実施し,診断結果評価会議を行う.