2022/11/02 更新

写真a

エノキボリ ユウ
榎堀 優
ENOKIBORI Yu
所属
大学院情報学研究科 知能システム学専攻 フィールド知能情報学 講師
大学院担当
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 コンピュータ科学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2010年3月   立命館大学 ) 

研究キーワード 3

  1. ウェアラブル

  2. 医工看護連携

  3. ユビキタス

研究分野 1

  1. 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 性暴力撲滅に向けた早期介入とPTSD予防のための人材育成と社会システムづくり

  2. 性暴力を撲滅する社会システム構築に向けた、早期介入とPTSDケア迅速化の人材育成および全国展開に向けた体制づくり

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院情報学研究科 知能システム学専攻 フィールド知能情報学   講師

    2020年6月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院情報学研究科 知能システム学専攻 フィールド知能情報学   助教

    2017年4月 - 2020年5月

  3. 名古屋大学   大学院情報科学研究科 社会システム情報学専攻 知識社会システム論/工学部   助教

    2015年1月 - 2017年3月

  4. 名古屋大学   大学院情報科学研究科 社会システム情報学専攻 知識社会システム論/工学部   特任助教

    2013年4月 - 2014年12月

  5. 名古屋大学   大学院情報科学研究科 社会システム情報学専攻 知識社会システム論/工学部   研究員

    2011年4月 - 2013年3月

  6. 立命館大学   総合理工学学院情報理工学部   助手

    2010年4月 - 2011年3月

▼全件表示

学歴 2

  1. 立命館大学   総合理学研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 立命館大学   理工学部   情報学科

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 電気電子通信学会

    2019年4月

  2. 情報処理学会

  3. 人工知能学会

  4. バイオメカニズム学会

  5. Association for Computing Machinery

  6. 看護科学学会

▼全件表示

委員歴 15

  1. 情報処理学会MBL研究会   運営委員  

    2021年4月 - 2025年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. IPSJ UBI特集号編集委員会   幹事  

    2020年9月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 情報処理学会UBI研究会   幹事  

    2019年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. HASCA運営委員   運営委員  

    2018年3月 - 2100年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. DICOMO2017実行委員会   実行委員  

    2017年1月 - 2017年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. Poster Chair  

    2016年1月 - 2016年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. DICOMO2016実行委員会   実行委員  

    2016年1月 - 2016年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 情報処理学会MBL研究会   運営委員  

    2015年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. DICOMO2015実行委員会   実行委員  

    2015年1月 - 2015年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. ISWC2015   Publicity Chair  

    2014年9月 - 2015年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. Ubicomp2015   Publicity Chair  

    2014年9月 - 2015年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 情報処理学会UBI研究会   運営委員  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 情報処理学会論文誌編集委員会   編集委員  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  14. DICOMO2014実行委員会   実行委員  

    2014年1月 - 2014年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  15. HASC運営委員   運営委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 3

  1. 活動功労賞

    2018年7月   一般社団法人情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム実行委員会  

    榎堀優

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. MHS2013 Best Paper Award

    2013年11月   An e-Textile-based Wearable Spirometer and Its Adaptability for Context Changes Depending on Sweat and Meal

    Yu Enokibori, Akihisa Suzuki, Hirotaka Mizuno, Yuuki Shimakami, Tsutomu Kawabe and Kenji Mase

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. JSAI SIG Research Award 2011 (人工知能学会研究会優秀賞)

    2012年3月   人工知能学会   ウェアラブル加速度・角速度センサを用いたヤスリがけ技能評価の検討

    榎堀優, 間瀬健二

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 144

  1. Joint Position Estimation for Body Pressure Images during Sleep: An Extension for CPM Using Body Area and Posture Estimation Mashups 査読有り

    Kei Iwase, Yu Enokibori, Naoto Yoshida, Kenji Mase

    Journal of Information Processing   29 巻   頁: 620 - 629   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2197/ipsjjip.29.620

  2. 布圧力センサを用いた褥瘡予防教育支援システム 査読有り

    小野瀬良佑, 榎堀優, 原沢優子, 間瀬健二

    情報処理学会論文誌     頁: 746 - 755   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調整手法 査読有り

    榎堀優, 檜作孟志, 間瀬健二

    電子情報通信学会論文誌D   J103-D 巻 ( 3 ) 頁: 111 - 119   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 個人ライフログを用いたe-コーチング技術 招待有り 査読有り

    間瀬健二, 平山高嗣, 森田純哉, 榎堀優

    情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)   5 巻 ( 2 ) 頁: 1 - 11   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Data Augmentation to Build High Performance DNN for In-bed Posture Classification 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori, Kenji Mase

    Journal of Information Processing   26 巻   頁: 718 - 727   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2197/ipsjjip.26.718

  6. 褥瘡看護ケア支援に向けた体表圧を計測可能な衣類型圧力センサの研究 査読有り

    小野瀬良佑, 榎堀優, 間瀬健二

    情報処理学会論文誌   59 巻 ( 10 ) 頁: 1827 - 1836   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Personal viewpoint navigation based on object trajectory distribution for multi-view videos 査読有り 国際誌

    Xueting Wang, Kensho Hara, Yu Enokibori, Takatsugu Hirayama, Kenji Mase

    IEICE Transactions on Information and Systems   E101D 巻 ( 1 ) 頁: 193 - 204   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    Multi-camera videos with abundant information and high flexibility are useful in a wide range of applications, such as surveillance systems, web lectures, news broadcasting, concerts and sports viewing. Viewers can enjoy an enhanced viewing experience by choosing their own viewpoint through viewing interfaces. However, some viewers may feel annoyed by the need for continual manual viewpoint selection, especially when the number of selectable viewpoints is relatively large. In order to solve this issue, we propose an automatic viewpoint navigation method designed especially for sports. This method focuses on a viewer’s personal preference for viewpoint selection, instead of common and professional editing rules. We assume that different trajectory distributions of viewing objects cause a difference in the viewpoint selection according to personal preference. We learn the relationship between the viewer’s personal viewpoint-selection tendency and the spatio-temporal game context represented by the objects trajectories. We compare three methods based on Gaussian mixture model, SVM with a general histogram and SVM with a bag-of-words to seek the best learning scheme for this relationship. The performance of the proposed methods are evaluated by assessing the degree of similarity between the selected viewpoints and the viewers’ edited records.

    DOI: 10.1587/transinf.2017EDP7122

    Scopus

  8. Why Did False Rumors Diffuse after the 2011 Earthquake off the Pacific Coast of Tohoku? Impact Analysis of the Network Structure 査読有り 国際誌

    Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenji Mase

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   98 巻 ( 9 ) 頁: 1 - 13   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    As a steady new network communications tool, social media have reached global proportions. This phenomenon has had an impact on societies all over the world. Above all, people provide information to Twitter and Facebook on a daily basis. As a result, vast amounts of data exist on Twitter and Facebook, and we can expect to gather useful information from these services. Twitter was changed by the 2011 Tohoku Earthquake. Further, Twitter greatly contributed to the diffusion of information. For example, many users checked on the safety of their friends or family. However, numerous false rumors were spread, probably due to the source of information being unclear. To prepare for future disasters, we must analyze the diffusion of information through social media as soon as possible. In this paper we analyze how the diffusion of information on Twitter has been influenced by structural changes in the network that are caused by communication among users. As a result, just after the 2011 earthquake in the Tohoku region in Japan, it became easier for information to spread in the network. However, this means that misinformation too can spread. We also found that a few users believed misinformation despite being corrected. (C) 2015 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecj.11687

    Web of Science

  9. 上体周囲長計測による肺気量推定の姿勢変動補正 査読有り

    榎堀 優, 伊藤 陽脩, 平山 高嗣, 間瀬 健二

    バイオメカニズム   22 巻   頁: 203 - 211   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3951/biomechanisms.22.203

  10. Dwarfstar : ライフログデータ処理のためのフレームワーク 査読有り

    名生 貴昭, 松井 智紀, 榎堀 優, 西尾 信彦

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96 巻 ( 5 ) 頁: 1267 - 1278   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. ウェアラブルセンサを用いた熟練指導員のヤスリがけ技能主観評価値の再現 査読有り

    榎堀優, 間瀬健二

    人工知能学会論文誌   28 巻 ( 4 ) 頁: 391 - 399   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1527/tjsai.28.391

    Scopus

  12. PeerPool:DNSクエリを操作に用いた分散スマート環境間接続技術 査読有り

    榎堀 優, 中野 悦史, 新井 イスマイル, 西尾 信彦

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACM)   2 巻 ( 4 ) 頁: 37 - 47   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 動的に構成を変更可能な仮想スマート環境の構築 査読有り

    榎堀優, 西尾信彦

    情報処理学会論文誌   49 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 68   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 履物裏に貼り付けたBLEビーコンによる歩数推定手法

    大鐘 勇輝, 榎堀 優, 梶 克彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム     頁: 140 - 148   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  15. 足裏凹凸刺激デバイスを用いた点字ブロックメタファによる歩行誘導の性能評価

    塚本 晶久, 吉田 直人 , 米澤 朋子 , 間瀬 健二 , 榎掘 優

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム     頁: 1574 - 1582   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  16. ポスターデザイン評価における短時間閲覧時の指導者着目点再現の検討

    深澤 菜月, 間瀬 健二, 榎堀 優

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム     頁: 1583 - 1596   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  17. 自己顔混合エージェントの笑顔と専門性がやる気に及ぼす影響の検討

    岩田伸治, 吉田直人, 米澤朋子, 間瀬健二, 榎掘優

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  18. 動作再現支援システムを用いた他者感性・感覚の伝達

    山上潤,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第74回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI74)     2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  19. 白杖先端刺激歩行誘導システムの視覚障碍者と晴眼者による評価結果比較

    藤井勇人,榎堀優,吉田直人,米澤朋子,間瀬 健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  20. 非密着型センサ実用化に向けた布圧力センサの表面形状推定の検討

    加藤寛貴,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  21. 寝姿圧力動画からの睡眠深度分類の検討

    岩瀬慶,榎堀 優.小野瀬良佑.吉田直人,間瀬健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  22. 心身マルチタスクトレーニングにおける笑顔表情刺激を用いた認知反応課題がトレーニングの気分と意欲に与える影響の予備的検討

    吉田直人,今井達矢,村上大斗,岩田伸治,米澤朋子, 榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021     2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  23. 日本人高齢者の表情データベース構築と表情解析システムによるベンチマーク

    村上大斗,吉田直人,米澤朋子,榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021     2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  24. 白杖先端刺激を用いた歩行誘導おけるマーカレス仮想壁提示の検討

    藤井勇人,榎堀 優,吉田直人,米澤朋子,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021     2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  25. Monitoring Wheelchair Users in Care Facilities with BLE Beacons Attached to Wheels 査読有り 国際誌

    Yuki Ogane, Yu Enokibori, Katsuhiko Kaji

    The 13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2021)     2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  26. Toward Fine-Grained Sleeping Activity Recognition: 3d Extension and an Estimation Try on Joint Position of SLP Dataset 査読有り 国際誌

    Hiroki Kato, Yu Enokibori, Naoto Yoshida, Kenji Mase

    In Adjunct Proceedings of the 2021 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2021 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp/ISWC ’21 Adjunct)     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  27. BLEビーコンを用いた車椅子使用者における活動量及び自走・介助の判定手法

    大鐘勇輝, 榎堀優, 梶克彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  28. 衣類型圧力センサとVAEを用いた日常生活行動中の無自覚打撲検知の実現に向けて

    小野瀬 良佑,榎堀 優,間瀬 健二

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  29. 寝姿体圧画像からの3次元関節位置推定の検討

    加藤寛貴, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    第70回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI70)     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  30. ユーザの笑顔に応じたエージェントの表情変化による笑顔増幅・気分向上手法の検討

    岩田 伸治, 吉田 直人, 米澤 朋子, 榎堀 優, 間瀬 健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  31. 開缶時感覚・感性の動作模倣による伝達に関する一検討

    山上潤,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    インタラクション2021     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  32. 表情刺激を用いた認知課題におけるポジティブな情動伝染と意欲向上効果

    今井達矢,吉田直人,米澤朋子,榎堀優,間瀬健二

    HAIシンポジウム2021     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  33. 動作模倣システムを用いた開缶動作再現による他者感性・感覚の伝達効果の検討

    山上潤,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第69回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会発表     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  34. 衣類型圧力センサ上の衝撃検知モデル設計のための検証データ拡張手法の検討

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    第67回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会発表     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  35. 拡張寝姿圧力画像の色差成分削減による関節位置推定精度改善効果の確認

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第67回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会発表     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  36. 認知トレーニング課題における気分・モチベーションへの情動伝染の効果

    今井達矢,吉田直人,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  37. 寝姿圧力画像の成分削除による関節位置推定精度改善

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  38. イラスト表情を用いた認知反応課題がユーザの気分と表情に与える影響の予備的検討

    吉田直人,今井達矢,榎堀優,間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  39. 衣類型圧力センサ上の衝撃検知モデル設計のための予備調査

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  40. 性暴力撲滅に向けた早期介入とPTSD予防のための情報連携基盤構築に向けて

    榎堀優,間瀬健二,片岡笑美子,長江美代子

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  41. 姿勢情報による特徴量の重み付けを用いた寝姿体圧画像からの関節位置推定の精度向上

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第66回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会発表     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  42. シューズ型歩行誘導デバイスのための足部への時間差振動提示による歩行誘導手法の検討

    吉田直人,榎堀優,間瀬健二,平野隼壮,米澤朋子

    ヒューマンインタフェース研究会(SIG-ACI-25)     2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  43. 車輪に取り付けたBLEビーコンによる車椅子移動認識の基礎検討

    大鐘勇輝,水野涼雅,梶克彦,榎堀優

    情報処理学会 第82回全国大会     2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  44. BLEビーコンの受信電波強度を用いた睡眠姿勢認識の基礎検討

    水野涼雅,大鐘勇輝,梶克彦,榎堀優

    情報処理学会 第82回全国大会     2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  45. 人物領域推定と姿勢情報を用いた寝姿体圧画像からの関節位置推定の検討

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第64回ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI)     2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  46. 布圧力センサを用いた看護・介護支援に関する研究

    榎堀優

    第3回医・理・工連携みらい会議     2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  47. 布圧力センサを用いた看護・介護支援に関する研究

    榎堀優

    第3回医・理・工連携みらい会議     2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  48. 人物領域推定による外乱圧力値抑制を用いた寝姿体圧からの関節位置推定

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第3回医・理・工連携みらい会議     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  49. 足裏・甲への振動刺激知覚における振動源の数と位置関係の影響に関する予備的検討

    吉田直人,平野隼壮,米澤朋子,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  50. 高齢者における歩行支援ロボットを用いた心身マルチタスクトレーニングが精神的健康へ及ぼす効果の検討

    岡田直人,横矢真悠,山田和範,森田純哉,上出寛子,吉田直人,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  51. 白杖先端刺激提示による円滑な曲線歩行誘導に適した仮想誘導路デザインの検討

    榎堀優,渡辺博文,吉田直人,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  52. 腹部動作計測型ウェアラブル呼吸センサを用いた身体・認知負荷の識別に関する検討

    榎堀優,今井諒,森田純哉,山口勇人,梶洋隆,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2019 (DICOMO2019)     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  53. 歩行支援ロボットを用いた高齢者の心身マルチタスクトレーニング効果の検討

    岡田直人,渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,森田純哉,上出寛子,吉川大弘,古橋武,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  54. 日常物体画像に対する空間的注意に着目した難易度調節可能な視覚的認知課題の検討

    檜作孟志,榎堀優,間瀬健二

    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)     2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  55. 畳み込みニューラルネットワークによる感情を伴う脳活動の抽象化

    佐久間 一輝,森田 純哉,野村 太輝,平山 高嗣,榎堀 優,間瀬 健二

    HCGシンポジウム2018     2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  56. 畳み込みニューラルネットワークによる感情を伴う脳活動の抽象化

    佐久間 一輝,森田 純哉,野村 太輝,平山 高嗣,榎堀 優,間瀬 健二

    HCGシンポジウム2018     2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  57. 体圧の可視化を用いた褥瘡予防ケアの効率化

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    情報学ワークショップ2018 (WiNF2018)     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  58. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    情報学ワークショップ2018 (WiNF2018)     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  59. Textile Sensor-based Visualization to Enhance Skills to Understand the Body-Pressure Distribution for Pressure Ulcer Prevention. 査読有り 国際誌

    Ryosuke Onose,Yuko Harasawa,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 2018 ACM International Joint Conference and 2018 International Symposium on Pervasive and Ubiquitous Computing and Wearable Computers (UbiComp/ISWC 2018)     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  60. Predicting Signs of Drowsiness from Driver's Blinking and Driving Behavior 査読有り 国際誌

    Jinseok Moon,Junya Morita,Yu Enokibori,Takatsugu Hirayama,Albert Ali Salah,Kenji Mase,Yoshiyuki Hatakeyama,Hirotaka Kaji

    DSP in vehicles 2018     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  61. 心身マルチタスクトレーニングが高齢者の認知能力に与える影響の検証

    渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,岡田直人,汪雪婷,森田純哉,上出寛子,榎堀優,間瀬健二

    日本認知科学会第35回大会     2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  62. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2018 (DICOMO2018)     2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  63. スマート車椅子を用いた老人ホームにおける継時計測の評価

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2018 (DICOMO2018)     2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  64. 心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討

    岡田直人,渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,汪雪婷,上出寛子,森田純哉,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  65. 日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討

    檜作孟志,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  66. CNN による感情認識における生理心理的制約の効果

    野村 太輝,森田 純哉,平山 高嗣,榎堀 優,間瀬 健二

    第32回人工知能学会全国大会     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  67. 部位による足裏感度の差異に応じた振動アクチュエータアレイよる仮想線分提示手法の提案

    吉田直人,平野隼壮,榎堀優,米澤朋子

    第153回ヒューマンインタフェース学会研究会     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  68. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    第94回WIT研究会     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  69. Egocentric Video Multi-viewer for Analyzing Skilled Behaviors based on Gaze Object. 査読有り 国際誌

    Yuki Umezawa,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  70. A Comparison Result Between Garment-Type and Bed-Sheet-Type Pressure Sensor for Pressure Ulcer Prevention. 査読有り 国際誌

    Ryosuke Onose,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 9th International Conference of Mobile Computing, Applications, and Services (MobiCASE 2018)     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  71. User Group based Viewpoint Recommendation using User Attributes for Multiview Videos. 査読有り 国際誌

    Xueting Wang,Yu Enokibori,Takatsugu Hirayama,Kensho Hara,Kenji Mase

    The Workshop on Multimodal Understanding of Social, Affective and Subjective Attributes (MUSA2@MM 2017)     2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  72. Garment vs. Bed-Sheet Sensors: To Deal with Pressure Dispersion Cushion Use in Pressure Ulcer Prevention 査読有り 国際誌

    Ryosuke Onose,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2017)     2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  73. Harmless Line-oriented Sensing Point Reduction for Non-categorical Sitting Posture Score 査読有り 国際誌

    Chihiro Hayashi,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2017)     2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  74. Data Augmentationを用いた少数寝姿体圧データからの高精度姿勢識別DNN構築

    榎堀優,間瀬健二

    第55回UBI研究会     2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  75. 白杖先端への衝撃刺激提示による歩行支援システムの実現に向けた仮想的な壁と歩行誘導ブロックの再現および歩行誘導に関する一検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    第55回UBI研究会     2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  76. チャネル間関係を考慮したResNetLSTMによる行動識別

    榎堀優,間瀬健二

    第55回UBI研究会     2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  77. 体圧分散クッション利用褥瘡ケアのシーツ型・衣類型体表圧計測デバイスに対する影響比較

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2017 (DICOMO2017)     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  78. 心身マルチタスク状況下における認知タスク負荷評価の検討

    渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,森田純哉,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    第31回人工知能学会全国大会     2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  79. カジュアルセンシングによる健康長寿力指標に関する検討

    間瀬 健二,森田 純哉,平山 高嗣,榎堀 優,山田 和範,横矢 真悠

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)     2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  80. 車椅子利用支援システムの構築に向けた圧力布センサの利用検討

    林千尋,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2017     2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  81. 圧力布センサを利用した衣類型デバイスとシーツ型デバイスの比較検討

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2017     2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  82. 個性5因子モデルを含む視聴者属性と多視点映像の視点選択傾向の関連性分析

    汪雪婷,榎堀優,平山高嗣,原健翔,間瀬健二

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)     2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  83. 視覚的注意に着目した一人称視点映像の釘付け視聴方式の提案

    梅澤侑生,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2016     2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  84. 視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類

    汪雪婷,原健翔,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    HCGシンポジウム2016     2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  85. Personal Multi-view Viewpoint Recommendation based on Trajectory Distribution of the Viewing Target, 査読有り 国際誌

    Xueting Wang,Kensho Hara,Yu Enokibori,Takatsugu Hirayama,Kenji Mase

    ACM Multimedia 2016 (ACMMM 2016)     2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  86. Can the backside third eye beat back thieves? 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Taiga Hayashi,Kenji Mase

    The 3rd International Conference on Universal Village (UV2016)     2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  87. Examination of Safe-Walking Support System for "Texting While Walking" Using Time-of-Flight Range Image Sensors 査読有り 国際誌

    Sho Kodama,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016)     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  88. Are They Effective in Actual Workspace? - Case of Pressure Ulcer Prevention Features 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Kenji Mase

    Internal Workshop on Informatics 2016 (IWIN 2016)     2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  89. 多視点映像の視点選択パターンに基づく視聴者分類

    Xueting Wang,原健翔,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    MIRU 2016 第19回 画像の認識・理解シンポジウム     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  90. ハフ変換に基づくリアルタイム人物行動検出

    原健翔,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    MIRU 2016 第19回 画像の認識・理解シンポジウム     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  91. 同種複数センサ近接配置による衣類型センサの位置ずれ対策の検討

    並川真也,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2016 (DICOMO2016)     2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  92. 距離画像センサを用いた安全"歩きスマホ"システムの検討

    児玉翔,榎堀優,間瀬健二

    第50回UBI研究会     2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  93. 衣類型センサと布状センサの現状と今後の展望 ― 得手不得手、活躍できるのは何処か ―

    榎堀優

    あいち産業科学技術総合センター尾張繊維技術センター 平成27年度研究成果普及講習会     2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  94. 視聴対象の軌跡分布に基づくサッカー多視点映像の視点推薦

    汪雪テイ,原健翔,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)     2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  95. 距離画像センサを用いた安全 “歩きスマホ” システムの提案

    児玉翔,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2016     2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  96. 伸縮による抵抗変化を利用した組紐センサの基礎検討

    並川真也,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2016     2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  97. 布圧力センサを用いた睡眠時の姿勢分類

    林千尋,原健翔,榎堀優,間瀬健二

    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU)     2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  98. 圧力布センサの褥瘡ケア応用

    榎堀優,林千尋,間瀬健二

    第1回e-textile / e-garment 研究会     2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  99. ベットシーツ型布圧力センサによる体圧分布測定と褥瘡予防応用

    榎堀優,間瀬健二

    日本機械学会第7回マイクロ・ナノ工学シンポジウム     2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  100. Weave structure based e-textile sensors and their applications to medical/health care garments 招待有り 国際誌

    Yu Enokibori,Kenji Mase

    Fashion Future 2015     2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  101. A Study of Intermittent Adjustment to Resist Sensor Displacement of Smart Garment using Posture-stable Daily Action 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Taiga Hayashi,Kenji Mase

    The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2015)     2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  102. 布センサによる肘関節角度推定における日常生活姿勢を用いたズレ補正手法の検討

    榎堀優,林大雅,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2015) シンポジウム     2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  103. 音声通知型姿勢維持補助システムの日常利用を想定した長時間・繰り返し利用における性能評価

    榎堀優,森祐馬,間瀬健二

    第46回UBI研究会     2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  104. 褥瘡予防に関する布圧力センサシーツを用いたモニタリング臥床時の体圧形状の比較

    原沢優子,高橋佳子,榎堀優,柳澤理子,米田雅彦,小松万喜子,間瀬健二

    日本看護科学学会学術集会     2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  105. 褥瘡予防に関する布圧力センサシーツを用いた臥床時の体位変換と体圧の関連

    高橋佳子,原沢優子,榎堀優,柳澤理子,米田雅彦,小松万喜子,間瀬健二

    日本看護科学学会学術集会     2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  106. Human Joint Angle Estimation with an E-textile Sensor 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Kenji. Mase

    The 18th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2014)     2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  107. ライフログによる時間帯別移動先予測に適するエリア粒度の検討

    藪圭輔,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム     2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  108. ウェアラブル加速度センサを利用した姿勢改善補助システム

    森祐馬,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム     2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  109. 布センサを用いた早期診断・疾患予防の実現に向けて

    榎堀優,間瀬健二

    第43回UBI研究会     2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  110. Proposal for a generalized Network Growth Model of Social Network Service 査読有り 国際誌

    The Journal of Computational Intelligence and Intelligent Informatics

    Shohei Usui, Fujio Toriumi, Masato Matsuo, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenji Mase   18 巻 ( 4 ) 頁: 590-597   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Statistical Response Method and Learning Data Acquisition using Gamified Crowdsourcing for a Non-task-oriented Dialogue Agent. 査読有り 国際誌

    Michimasa Inaba,Naoyuki Iwata\,Array,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenichi Takahashi,Kenji Mase

    The 6th International Conference of Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2014)     2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  112. レイリー分布を用いたWi-Fi電波強度分布に基づく少数標本時位置推定

    藪圭輔,榎堀優,間瀬健二

    第41回UBI研究会     2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  113. 足圧布センサを用いた路面形状判別の検討

    大橋勇介,榎堀優,間瀬健二

    第40回UBI研究会     2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  114. ウェアラブル加速度センサを用いた姿勢評価の検討

    森祐馬,榎堀優,間瀬健二

    第40回UBI研究会     2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  115. An e-Textile-based Wearable Spirometer and Its Adaptability for Context Changes Depending on Sweat and Meal 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Akihisa Suzuki,Hirotaka Mizuno,Yuuki Shimakami,Tsutomu Kawabe,Kenji Mase

    IEEE 24th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  116. E-Textile Pressure Sensor Based on Conductive Fiber and Its Structure 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Akihisa Suzuki,Hirotaka Mizuno,Yuuki Shimakami,Kenji Mase

    The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2013)     2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  117. SpiroVest: An e-Textile-Based Wearable Spirometer with Posture Change Adaptability 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Yoshu Ito,Akihisa Suzuki,Hirotaka Mizuno,Yuuki Shimakami,Tsutomu Kawabe,Kenji Mase

    The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2013)     2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  118. 歩行時の足圧中心軌跡パターンの識別

    大橋勇介,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    2013年電子情報通信学会総合大会ISS学生ポスターセッション     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  119. 株式市場における相転移の検出のための異常状態検知(社会システムと情報技術研究)

    梅岡 利光,鳥海 不二夫,平山 高嗣,榎堀 優,間瀬 健二

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  120. 戦略学習がGARCH効果に与える影響の分析

    湯浅辰丸,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    情報処理学会データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  121. サッカー指導者の注視行動の分析 -動的対象との関連性-

    岩月厚,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    情報処理学会第75回全国大会     2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  122. なぜ震災後デマが拡散したのか : ネットワーク構造の影響分析 査読有り 国際誌

    臼井 翔平, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌   133 巻 ( 9 ) 頁: 19 - 1805   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.133.1796

    Scopus

  123. 戦略学習がGARCH効果に及ぼす影響のシミュレーションと分析 査読有り 国際誌

    湯浅 辰丸, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌   133 巻 ( 9 ) 頁: 11 - 1728   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.133.1717

    Scopus

  124. ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得

    岩田直之,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,稲葉通将,間瀬健二

    HCGシンポジウム2012     2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  125. 生成モデルがネットワーク構造に与える影響の分析

    臼井翔平,鳥海不二夫,松尾真人,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    2012年度ネットワーク生態学研究会シンポジウム(第9回)(NetEcoSinp2012)     2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  126. 同一行動内における潜在行為状態の段階的導出とその考察 査読有り

    伊藤義浩,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    HASC Challenge 2012 シンポジウム     2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  127. コーチング支援のための多視点カメラとマルチセンサ利用

    間瀬健二,平山高嗣,榎堀優,丸谷宜史

    ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2012)     2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  128. 板情報を用いた株式市場の状態変化の分析

    梅岡利光,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,石井健一郎,間瀬健二

    2012年度JAFEE大会(第37回)     2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  129. Respiratory Volume Estimation by a Stretchable Textile Sensor. 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Yoshu Ito,Koji Ikeda,Akihisa Suzuki,Yuuki Shimakami,Tsutomu Kawabe,Kenji Mase

    The 4th International Conference on Smart Materials, Structures and Systems (CIMTEC 2012)     2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  130. A Method to Evaluate Metal Filing Skill Level with Wearable Hybrid Sensor 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 3rd Augmented Human International Conference (AH'12)     2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  131. モーションキャプチャを用いた呼吸肺気量と流速の推定

    伊藤陽脩,榎堀優,川部勤,間瀬健二

    2012年電子情報通信学会総合大会     2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  132. ウェアラブル加速度・角速度センサを用いたヤスリがけ技能評価の検討

    榎堀優,間瀬健二

    SIG-KST:知識・技術・技能の伝承支援研究会(人工知能学会 第2種研究会) 第15回研究会     2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  133. 異なる識別器間の協調学習を用いた手動ラベル付け無し行動認識

    伊藤義浩,榎堀優,間瀬健二

    HASC2011ワークショップ     2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  134. 行動識別器間の協調学習における信頼度の低いデータによる識別精度への影響評価

    伊藤義浩,榎堀優,梶田将司,間瀬健二

    平成23年度電気関係学会東海支部連合大会     2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  135. 多視点映像視聴支援のためのマルチセンサを用いた視点選択手法の検討

    角谷昇一郎,北出卓也,榎堀優,丸谷宜史,梶田将司,間瀬健二

    2011年度人工知能学会全国大会(第25回)(JSAI2011)     2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  136. Smart Environment Suite: 異種ミドルウェア混載スマート環境を仮想環境を用いて構築する機構

    榎堀優,西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム     2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  137. 異種スマート環境間での抽象度の高いサービス指定とその解決手法の提案

    藪下直哉,榎堀優,新井イスマイル,西尾信彦

    第71回全国大会講演論文集(分冊3)     2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  138. サービス利用に必要なノードを自動的に追加する動的VPN管理機構

    榎堀優,新井イスマイル,西尾信彦

    第20回ユビキタスコンピューティングシステム研究発表会     2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  139. RESTに基づく異種スマート環境間のセキュアな連携基盤

    岩崎陽平,榎堀優,藤原茂雄,田中宏一,西尾信彦,河口信夫

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム     2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  140. サービスアクセスに連動したトンネルネットワークの自動構築

    榎堀優,中野悦史,藤原茂雄,田中宏一,岩崎陽平,河口信夫,西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム     2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  141. 既存の組織構造を表すDNSを利用した認証と権限の分散管理

    榎堀優,西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム     2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  142. IMクライアントを用いた異種スマート環境制御のためのサービス推薦機構

    田中宏一,藤原茂雄,岩崎陽平,榎堀優,中野悦史,西尾信彦,河口信夫

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム     2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  143. 物理構成を考慮した仮想スマート環境

    榎堀優,西尾信彦

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2007) シンポジウム     2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  144. A Secure Extension for Realizing Multi-Institutional Ubiquitous Service System 査読有り 国際誌

    Yu Enokibori,Nobuhiko Nishio

    UCS 2004     2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 最先端ナノライフシステム研究

    榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 8章 マルチモーダルインタラクションとそのe-コーチングへの応用)

    丸善プラネット  2022年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:221   担当ページ:88-93   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. スマートテキスタイルの開発と応用(堀照夫監修),「第9章 導電性織物による布センサの開発」

    間瀬健二,榎堀優,島上祐樹,田中利幸,水野寛隆,鈴木陽久( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. スマートテキスタイルの開発と応用(堀照夫監修),「第22章 布圧力センサを用いた衣類型褥瘡予防介護補助システム」

    榎堀優,小野瀬良佑,間瀬健二( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  4. 【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発 第25節「布センサの開発と呼吸・寝相状態の計測,モニタリング技術」

    榎堀優,水野寛隆,間瀬健二,佐藤一雄( 担当: 共著)

    株式会社技術情報協会  2014年5月  ( ISBN:4861045320

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. パーソナル・ヘルスケア〜ユビキタス、ウエアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線〜・第2節「センサ織物と日常的な呼吸機能計測を可能とする衣類型デバイスの開発」

    榎堀優,水野寛隆,間瀬健二,佐藤一雄( 担当: 共著)

    株式会社 エヌ・ティー・エス  2013年10月  ( ISBN:978-4-86469-080-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 4

  1. 織り構造による布センサと医療・看護における活用事例 招待有り

    榎堀優  

    2015年度 第2回 P&I研究会 シンポジウム 「印刷とセンサー~さらに身近になるセンサー技術」   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  2. 導電性繊維を用いた織物センサの医療・看護研究での活用事例 招待有り

    榎堀優  

    第32回ポリマー光部品(POC)研究会   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  3. 布センサを用いたウェアラブルデバイスによる身体動作計測

    榎堀優  

    第2回ロボット講演会   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  4. 布センサの医療・看護への応用事例 招待有り

    榎堀優  

    日経BP ウエアラブル・ジャパン 2015 Spring   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

講演・口頭発表等 134

  1. 履物裏に貼り付けたBLEビーコンによる歩数推定手法

    大鐘 勇輝

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム  2022年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. 足裏凹凸刺激デバイスを用いた点字ブロックメタファによる歩行誘導の性能評価

    塚本 晶久

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム  2022年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. ポスターデザイン評価における短時間閲覧時の指導者着目点再現の検討

    深澤 菜月

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2022)シンポジウム  2022年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 自己顔混合エージェントの笑顔と専門性がやる気に及ぼす影響の検討

    岩田伸治

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)  2022年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 動作再現支援システムを用いた他者感性・感覚の伝達

    山上潤

    第74回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI74)  2022年6月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 非密着型センサ実用化に向けた布圧力センサの表面形状推定の検討

    加藤寛貴,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)  2022年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 白杖先端刺激歩行誘導システムの視覚障碍者と晴眼者による評価結果比較

    藤井勇人,榎堀優,吉田直人,米澤朋子,間瀬 健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)  2022年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 寝姿圧力動画からの睡眠深度分類の検討

    岩瀬慶,榎堀 優.小野瀬良佑.吉田直人,間瀬健二

    第73回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI73)  2022年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 白杖先端刺激を用いた歩行誘導おけるマーカレス仮想壁提示の検討

    藤井勇人,榎堀 優,吉田直人,米澤朋子,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021  2021年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 日本人高齢者の表情データベース構築と表情解析システムによるベンチマーク

    村上大斗,吉田直人,米澤朋子,榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 心身マルチタスクトレーニングにおける笑顔表情刺激を用いた認知反応課題がトレーニングの気分と意欲に与える影響の予備的検討

    吉田直人,今井達矢,村上大斗,岩田伸治,米澤朋子, 榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2021  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Monitoring Wheelchair Users in Care Facilities with BLE Beacons Attached to Wheels 国際会議

    Yuki Ogane, Yu Enokibori, Katsuhiko Kaji

    The 13th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2021)  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. Toward Fine-Grained Sleeping Activity Recognition 3d Extension and an Estimation Try on Joint Position of SLP Dataset 国際会議

    Hiroki Kato, Yu Enokibori, Naoto Yoshida, Kenji Mase

    9th international workshop on human activity sensing corpus and applications (HASCA2021)  2021年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 衣類型圧力センサとVAEを用いた日常生活行動中の無自覚打撲検知の実現に向けて

    小野瀬 良佑,榎堀 優,間瀬健二

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. BLEビーコンを用いた車椅子使用者における活動量及び自走・介助の判定手法

    大鐘勇輝, 榎堀優, 梶克彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2021)シンポジウム  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 寝姿体圧画像からの3次元関節位置推定の検討

    加藤寛貴, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    第70回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI70)  2021年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. ユーザの笑顔に応じたエージェントの表情変化による笑顔増幅・気分向上手法の検討

    岩田伸治, 吉田直人, 米澤朋子, 榎堀優, 間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)  2021年6月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. 開缶時感覚・感性の動作模倣による伝達に関する一検討

    山上潤, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    インタラクション2021  2021年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. 表情刺激を用いた認知課題におけるポジティブな情動伝染と意欲向上効果

    今井達矢, 吉田直人, 米澤朋子, 榎堀優, 間瀬健二

    HAIシンポジウム2021  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. 動作模倣システムを用いた開缶動作再現による他者感性・感覚の伝達効果の検討

    山上潤, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    第69回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI69)  2021年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 拡張寝姿圧力画像の色差成分削減による関節位置推定精度改善効果の確認

    岩瀬慶, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    第67回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI67)  2020年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 衣類型圧力センサ上の衝撃検知モデル設計のための検証データ拡張手法の検討

    小野瀬良佑, 榎堀優, 間瀬健二

    第67回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI67)  2020年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. 8th international workshop on human activity sensing corpus and applications (HASCA) 国際会議

    Murao K.

    UbiComp/ISWC 2020 Adjunct - Proceedings of the 2020 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2020 ACM International Symposium on Wearable Computers  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  24. 認知トレーニング課題における気分・モチベーションへの情動伝染の効果

    今井達矢, 吉田直人, 榎堀g優, 間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. イラスト表情を用いた認知反応課題がユーザの気分と表情に与える影響の予備的検討

    吉田直人, 今井達矢, 榎堀優, 間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 衣類型圧力センサ上の衝撃検知モデル設計のための予備調査

    小野瀬良佑, 榎堀優, 間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. 性暴力撲滅に向けた早期介入とPTSD予防のための情報連携基盤構築に向けて

    榎堀優, 間瀬健二, 片岡笑美子, 長江美代子

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. 寝姿圧力画像の成分削除による関節位置推定精度改善

    岩瀬慶, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    令和二年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2020年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. 姿勢情報による特徴量の重み付けを用いた寝姿体圧画像からの関節位置推定の精度向上

    岩瀬慶, 榎堀優, 吉田直人, 間瀬健二

    第66回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 (UBI66)  2020年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. シューズ型歩行誘導デバイスのための足部への時間差振動提示による歩行誘導手法の検討

    吉田直人,榎堀優,間瀬健二,平野隼壮,米澤朋子

    ヒューマンインタフェース研究会(SIG-ACI-25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. シューズ型歩行誘導デバイスのための足部への時間差振動提示による歩行誘導手法の検討

    吉田直人, 榎堀優, 間瀬健二, 平野隼壮, 米澤朋子

    ヒューマンインタフェース研究会(SIG-ACI-25)  2020年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. BLEビーコンの受信電波強度を用いた睡眠姿勢認識の基礎検討

    水野涼雅, 大鐘勇輝, 梶克彦, 榎堀優

    情報処理学会 第82回全国大会  2020年3月6日  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. 車輪に取り付けたBLEビーコンによる車椅子移動認識の基礎検討

    大鐘勇輝, 水野涼雅, 梶克彦, 榎堀優

    情報処理学会 第82回全国大会  2020年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 人物領域推定と姿勢情報を用いた寝姿体圧画像からの関節位置推定の検討

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第64回ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI64) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 人物領域推定による外乱圧力値抑制を用いた寝姿体圧からの関節位置推定

    岩瀬慶,榎堀優,吉田直人,間瀬健二

    第3回医・理・工連携みらい会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 布圧力センサを用いた看護・介護支援に関する研究

    榎堀優

    第3回医・理・工連携みらい会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 7th international workshop on human Activity Sensing Corpus and Applications (HASCA) 国際会議

    Murao K.

    UbiComp/ISWC 2019- - Adjunct Proceedings of the 2019 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2019 ACM International Symposium on Wearable Computers  2019年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

    Scopus

  38. 高齢者における歩行支援ロボットを用いた心身マルチタスクトレーニングが精神的健康へ及ぼす効果の検討

    岡田直人,横矢真悠,山田和範,森田純哉,上出寛子,吉田直人,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 白杖先端刺激提示による円滑な曲線歩行誘導に適した仮想誘導路デザインの検討

    榎堀優,渡辺博文,吉田直人,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 足裏・甲への振動刺激知覚における振動源の数と位置関係の影響に関する予備的検討

    吉田直人,平野隼壮,米澤朋子,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 腹部動作計測型ウェアラブル呼吸センサを用いた身体・認知負荷の識別に関する検討

    榎堀優, 今井諒, 森田純哉, 山口勇人, 梶洋隆, 間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2019 (DICOMO2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 歩行支援ロボットを用いた高齢者の心身マルチタスクトレーニング効果の検討

    岡田直人,渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,森田純哉,上出寛子,吉川大弘,古橋武,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 日常物体画像に対する空間的注意に着目した難易度調節可能な視覚的認知課題の検討

    檜作孟志,榎堀優,間瀬健二

    ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 畳み込みニューラルネットワークによる感情を伴う脳活動の抽象化

    佐久間 一輝, 森田 純哉, 野村 太輝, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二

    HCGシンポジウム2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    情報学ワークショップ2018 (WiNF2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 体圧の可視化を用いた褥瘡予防ケアの効率化

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    情報学ワークショップ2018 (WiNF2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. Textile Sensor-based Visualization to Enhance Skills to Understand the Body-Pressure Distribution for Pressure Ulcer Prevention. 国際会議

    Ryosuke Onose,Yuko Harasawa,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 2018 ACM International Joint Conference and 2018 International Symposium on Pervasive and Ubiquitous Computing and Wearable Computers (UbiComp/ISWC 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  48. Predicting Signs of Drowsiness from Driver's Blinking and Driving Behavior 国際会議

    Jinseok Moon, Junya Morita, Yu Enokibori, Takatsugu Hirayama, Albert Ali Salah, Kenji Mase, Yoshiyuki Hatakeyama and Hirotaka Kaji

    DSP in vehicles 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 心身マルチタスクトレーニングが高齢者の認知能力に与える影響の検証

    渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,岡田直人,汪雪婷,森田純哉,上出寛子,榎堀優,間瀬健二

    日本認知科学会第35回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. スマート車椅子を用いた老人ホームにおける継時計測の評価

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2018 (DICOMO2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2018 (DICOMO2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討

    檜作孟志,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討

    岡田直人,渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,汪雪婷,上出寛子,森田純哉,榎堀優,間瀬健二

    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. CNN による感情認識における生理心理的制約の効果

    野村 太輝、森田 純哉、平山 高嗣、榎堀 優、間瀬 健二

    第32回人工知能学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 部位による足裏感度の差異に応じた振動アクチュエータアレイよる仮想線分提示手法の提案

    吉田直人, 平野隼壮, 榎堀優, 米澤朋子

    第153回ヒューマンインタフェース学会研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    第94回WIT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. Egocentric Video Multi-viewer for Analyzing Skilled Behaviors based on Gaze Object. 国際会議

    Yuki Umezawa,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. A Comparison Result Between Garment-Type and Bed-Sheet-Type Pressure Sensor for Pressure Ulcer Prevention. 国際会議

    Ryosuke Onose,Yu Enokibori,Kenji Mase

    The 9th International Conference of Mobile Computing, Applications, and Services (MobiCASE 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. User Group based Viewpoint Recommendation using User Attributes for Multiview Videos. 国際会議

    Xueting Wang,Yu Enokibori,Takatsugu Hirayama,Kensho Hara,Kenji Mase

    The Workshop on Multimodal Understanding of Social, Affective and Subjective Attributes (MUSA2@MM 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  60. Garment vs. Bed-Sheet Sensors: To Deal with Pressure Dispersion Cushion Use in Pressure Ulcer Prevention 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  61. Harmless Line-oriented Sensing Point Reduction for Non-categorical Sitting Posture Score 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  62. チャネル間関係を考慮したResNetLSTMによる行動識別

    榎堀優,間瀬健二

    第55回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 白杖先端への衝撃刺激提示による歩行支援システムの実現に向けた仮想的な壁と歩行誘導ブロックの再現および歩行誘導に関する一検討

    渡辺博文,榎堀優,米澤朋子,間瀬健二

    第55回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. Data Augmentationを用いた少数寝姿体圧データからの高精度姿勢識別DNN構築

    榎堀優,間瀬健二

    第55回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 体圧分散クッション利用褥瘡ケアのシーツ型・衣類型体表圧計測デバイスに対する影響比較

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2017 (DICOMO2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 心身マルチタスク状況下における認知タスク負荷評価の検討

    渥美裕貴,横矢真悠,山田和範,森田純哉,平山高嗣,榎堀優, 間瀬健二

    第31回人工知能学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. カジュアルセンシングによる健康長寿力指標に関する検討

    間瀬 健二, 森田 純哉, 平山 高嗣, 榎堀 優, 山田 和範, 横矢 真悠

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 圧力布センサを利用した衣類型デバイスとシーツ型デバイスの比較検討

    小野瀬良佑,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  69. 車椅子利用支援システムの構築に向けた圧力布センサの利用検討

    林千尋, 榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  70. 布センサで構成した体圧計測ウェアを用いた離床時褥瘡予防ケア支援 招待有り

    榎堀優

    「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(I期)」成果普及セミナー『未来を切り拓くウェアラブルデバイス』ウインクあいち 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  71. 個性5因子モデルを含む視聴者属性と多視点映像の視点選択傾向の関連性分析

    汪雪婷,榎堀優,平山高嗣,原健翔,間瀬健二

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 視聴モデルに基づく多視点映像の視聴支援のための視聴者分類

    汪雪婷,原健翔,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    HCGシンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 視覚的注意に着目した一人称視点映像の釘付け視聴方式の提案

    梅澤侑生,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    HCGシンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Personal Multi-view Viewpoint Recommendation based on Trajectory Distribution of the Viewing Target, 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

  75. Can the backside third eye beat back thieves? 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Examination of Safe-Walking Support System for "Texting While Walking" Using Time-of-Flight Range Image Sensors 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  77. Are They Effective in Actual Workspace? - Case of Pressure Ulcer Prevention Features 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ラトビア共和国  

  78. ハフ変換に基づくリアルタイム人物行動検出

    原健翔,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二

    MIRU 2016 第19回 画像の認識・理解シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 多視点映像の視点選択パターンに基づく視聴者分類

    Xueting Wang, 原健翔,榎堀優,平山高嗣,間瀬健二

    MIRU 2016 第19回 画像の認識・理解シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. 同種複数センサ近接配置による衣類型センサの位置ずれ対策の検討

    並川真也,榎堀優,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム 2016 (DICOMO2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 距離画像センサを用いた安全"歩きスマホ"システムの検討

    児玉翔,榎堀優,間瀬健二

    第50回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  82. 衣類型センサと布状センサの現状と今後の展望 ― 得手不得手、活躍できるのは何処か ―

    榎堀優

    あいち産業科学技術総合センター尾張繊維技術センター 平成27年度研究成果普及講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  83. 視聴対象の軌跡分布に基づくサッカー多視点映像の視点推薦

    汪雪テイ, 原健翔, 榎堀優, 間瀬健二

    マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. 伸縮による抵抗変化を利用した組紐センサの基礎検討

    並川真也,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  85. 距離画像センサを用いた安全 “歩きスマホ” システムの提案

    児玉翔,榎堀優,間瀬健二

    インタラクション2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  86. 布圧力センサを用いた睡眠時の姿勢分類

    林千尋,原健翔,榎堀優,間瀬健二

    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. 圧力布センサの褥瘡ケア応用

    榎堀優, 林千尋, 間瀬健二

    第1回e-textile / e-garment 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. 織り構造による布センサと医療・看護における活用事例

    榎堀優

    2015年度 第2回 P&I研究会 シンポジウム 「印刷とセンサー~さらに身近になるセンサー技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  89. ベットシーツ型布圧力センサによる体圧分布測定と褥瘡予防応用

    榎堀優,間瀬健二

    日本機械学会第7回マイクロ・ナノ工学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. Weave structure based e-textile sensors and their applications to medical/health care garments

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  91. A Study of Intermittent Adjustment to Resist Sensor Displacement of Smart Garment using Posture-stable Daily Action

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  92. 布センサによる肘関節角度推定における日常生活姿勢を用いたズレ補正手法の検討

    榎堀優,林大雅,間瀬健二

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2015) シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 導電性繊維を用いた織物センサの医療・看護研究での活用事例

    榎堀優

    第32回ポリマー光部品(POC)研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  94. 布センサを用いたウェアラブルデバイスによる身体動作計測

    榎堀優

    第2回ロボット講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  95. 音声通知型姿勢維持補助システムの日常利用を想定した長時間・繰り返し利用における性能評価

    榎堀優,森祐馬, 間瀬健二

    第46回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. 布センサの医療・看護への応用事例

    榎堀優

    日経BP ウエアラブル・ジャパン 2015 Spring 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  97. 褥瘡予防に関する布圧力センサシーツを用いた臥床時の体位変換と体圧の関連

    高橋佳子, 原沢優子, 榎堀優, 柳澤理子, 米田雅彦, 小松万喜子, 間瀬健二

    日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. 褥瘡予防に関する布圧力センサシーツを用いたモニタリング臥床時の体圧形状の比較

    原沢優子, 高橋佳子, 榎堀優, 柳澤理子, 米田雅彦, 小松万喜子, 間瀬健二

    日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  99. Human Joint Angle Estimation with an E-textile Sensor 国際会議

    Yu Enokibori and Kenji. Mase

    The 18th International Symposium on Wearable Computers (ISWC2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  100. 布センサを用いた早期診断・疾患予防の実現に向けて

    榎堀優, 間瀬健二.

    第43回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  101. ウェアラブル加速度センサを利用した姿勢改善補助システム

    森祐馬, 榎堀優, 間瀬健二.

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. ライフログによる時間帯別移動先予測に適するエリア粒度の検討

    藪圭輔, 榎堀優, 間瀬健二.

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. Statistical Response Method and Learning Data Acquisition using Gamified Crowdsourcing for a Non-task-oriented Dialogue Agent. 国際会議

    Michimasa Inaba,Naoyuki Iwata,Array,Takatsugu Hirayama,Yu Enokibori,Kenichi Takahashi,Kenji Mase

    The 6th International Conference of Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  104. レイリー分布を用いたWi-Fi電波強度分布に基づく少数標本時位置推定

    藪圭輔, 榎堀優, 間瀬健二

    第41回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. An e-Textile-based Wearable Spirometer and Its Adaptability for Context Changes Depending on Sweat and Meal 国際会議

    Yu Enokibori, Akihisa Suzuki, Hirotaka Mizuno, Yuuki Shimakami, Tsutomu Kawabe and Kenji Mase

    IEEE 24th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. ウェアラブル加速度センサを用いた姿勢評価の検討

    森祐馬, 榎堀優, 間瀬健二

    第40回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. 足圧布センサを用いた路面形状判別の検討

    大橋勇介, 榎堀優, 間瀬健二

    第40回UBI研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. SpiroVest: An e-Textile-Based Wearable Spirometer with Posture Change Adaptability 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  109. E-Textile Pressure Sensor Based on Conductive Fiber and Its Structure 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  110. サッカー指導者の注視行動の分析 -動的対象との関連性-

    岩月厚, 平山高嗣, 榎堀優, 間瀬健二

    情報処理学会第75回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. 戦略学習がGARCH効果に与える影響の分析

    湯浅辰丸, 鳥海不二夫, 平山高嗣, 榎堀優, 間瀬健二

    情報処理学会データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. 株式市場における相転移の検出のための異常状態検知

    梅岡利光, 鳥海不二夫, 平山高嗣, 榎堀優, 間瀬健二

    電子情報通信学会人工知能と知識システム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  113. 歩行時の足圧中心軌跡パターンの識別

    大橋勇介, 榎堀優, 平山高嗣, 間瀬健二

    2013年電子情報通信学会総合大会ISS学生ポスターセッション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. コーチング支援のための多視点カメラとマルチセンサ利用

    間瀬健二, 平山高嗣, 榎堀優, 丸谷宜史

    ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. 同一行動内における潜在行為状態の段階的導出とその考察

    伊藤義浩, 榎堀優, 平山高嗣, 間瀬健二

    HASC Challenge 2012 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. 生成モデルがネットワーク構造に与える影響の分析

    臼井翔平, 鳥海不二夫, 松尾真人, 平山高嗣, 榎堀優, 間瀬健二

    2012年度ネットワーク生態学研究会シンポジウム(第9回)(NetEcoSinp2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得

    岩田直之, 鳥海不二夫, 平山高嗣, 榎堀優, 稲葉通将, 間瀬健二

    HCGシンポジウム2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. 板情報を用いた株式市場の状態変化の分析

    梅岡利光, 鳥海不二夫, 平山高嗣, 榎堀優, 石井健一郎, 間瀬健二

    2012年度JAFEE大会(第37回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. Respiratory Volume Estimation by a Stretchable Textile Sensor. 国際会議

    Yu Enokibori, Yoshu Ito, Koji Ikeda, Akihisa Suzuki, Yuuki Shimakami, Tsutomu Kawabe and Kenji Mase.

    The 4th International Conference on Smart Materials, Structures and Systems (CIMTEC 2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  120. A Method to Evaluate Metal Filing Skill Level with Wearable Hybrid Sensor 国際会議

    Yu Enokibori and Kenji Mase

    The 3rd Augmented Human International Conference (AH'12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  121. ウェアラブル加速度・角速度センサを用いたヤスリがけ技能評価の検討

    榎堀優, 間瀬健二

    SIG-KST:知識・技術・技能の伝承支援研究会(人工知能学会 第2種研究会) 第15回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. モーションキャプチャを用いた呼吸肺気量と流速の推定

    伊藤陽脩, 榎堀優, 川部勤, 間瀬健二

    2012年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. 異なる識別器間の協調学習を用いた手動ラベル付け無し行動認識

    伊藤義浩, 榎堀優, 間瀬健二

    HASC2011ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. 行動識別器間の協調学習における信頼度の低いデータによる識別精度への影響評価

    伊藤義浩, 榎堀優, 梶田将司, 間瀬健二

    平成23年度電気関係学会東海支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. 多視点映像視聴支援のためのマルチセンサを用いた視点選択手法の検討

    角谷昇一郎, 北出卓也, 榎堀優, 丸谷宜史, 梶田将司, 間瀬健二

    2011年度人工知能学会全国大会(第25回)(JSAI2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. Smart Environment Suite: 異種ミドルウェア混載スマート環境を仮想環境を用いて構築する機構

    榎堀優, 西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. 異種スマート環境間での抽象度の高いサービス指定とその解決手法の提案

    藪下直哉, 榎堀優, 新井イスマイル, 西尾信彦

    第71回全国大会講演論文集(分冊3) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. サービス利用に必要なノードを自動的に追加する動的VPN管理機構

    榎堀優, 新井イスマイル, 西尾信彦

    第20回ユビキタスコンピューティングシステム研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. サービスアクセスに連動したトンネルネットワークの自動構築

    榎堀優, 中野悦史, 藤原茂雄, 田中宏一, 岩崎陽平, 河口信夫, 西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. 既存の組織構造を表すDNSを利用した認証と権限の分散管理

    榎堀優, 西尾信彦

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. IMクライアントを用いた異種スマート環境制御のためのサービス推薦機構

    田中宏一, 藤原茂雄, 岩崎陽平, 榎堀優, 中野悦史, 西尾信彦, 河口信夫

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. RESTに基づく異種スマート環境間のセキュアな連携基盤

    岩崎陽平, 榎堀優, 藤原茂雄, 田中宏一, 西尾信彦, 河口信夫

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. 物理構成を考慮した仮想スマート環境

    榎堀優, 西尾信彦

    マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2007) シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. A Secure Extension for Realizing Multi-Institutional Ubiquitous Service System 国際会議

    Yu Enokibori and Nobuhiko Nishio

    UCS 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 性暴力を撲滅する社会システム構築に向けた、早期介入とPTSDケア迅速化の人材育成および全国展開に向けた体制づくり

    2021年10月 - 2024年9月

    科学技術振興機  戦略的創造研究推進事業 

    長江美代子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. データ駆動手法による可搬型ドリル穴開け技術習得システム

    2020年7月 - 2023年3月

    内閣府  地方大学・地域産業創生交付金 

    間瀬健二

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

  3. 身体に加わる突発的衝撃・圧力の検知と衣類型圧力センサにおける日常動作由来ノイズ除去に関する研究

    2019年11月 - 2022年10月

    公益財団法人 栢森情報科学振興財団  研究助成事業 

    榎堀優

      詳細を見る

    資金種別:その他

  4. 性暴力撲滅に向けた早期介入とPTSD予防のための人材育成と社会システムづくり

    2019年11月 - 2021年10月

    科学技術振興機  戦略的創造研究推進事業 

    長江美代子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 常設フィードバックと思考機会増加による伝統工芸職人感性の促成・強化手法の開発

    2019年11月 - 2021年3月

    名古屋大学  未来社会創造プロジェクト 

    榎堀優

      詳細を見る

    資金種別:その他

  6. 仮想的ポータブル歩行誘導ブロックによる視覚障害者支援

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人立石科学技術振興財団  公益財団法人立石科学技術振興財団 研究助成(A) 

    榎堀優

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 布圧力センサを用いた車椅子用褥瘡予防支援システムの研究開発

    2017年4月 - 2019年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進事業 

    間瀬健二

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 布圧力センサを用いた車椅子用褥瘡予防支援システムの研究開発

    2016年4月 - 2017年3月

    総務省  戦略的情報通信研究開発推進事業 

    間瀬健二

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 7

  1. 客観共有可能特徴量と感性価値背景の関係分析による感性価値伝達フレームワークの構築

    研究課題/研究課題番号:22K19792  2022年6月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    榎堀 優, 間瀬 健二, 吉田 直人, 米澤 朋子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    伝統的工芸品をはじめとする製品・作品の真の価値である,受け手の感受性や受け取り方に依存する価値である「感性価値」について,如何に情報工学的アプローチで伝達可能とするかを追求する。予備研究から得られた知見を基に,取り扱い動作の模倣などで共通化された客観共有可能特徴量と,伝達される感性価値の関係を,異なる感性価値背景(文化や教育,宗教観,知識など)を持つ集団(日本国内の地域別または世代別の集団)間で比較して,感性価値伝達の仕組みを解明する。研究進捗によっては,感性価値背景の大きく異なる国際集団間の感性価値伝達の端緒をつかむことも視野に入れ,感性価値翻訳までの道筋を立てることも目指す。

  2. 非密着衣類型センサのための基盤技術構築と看護課題を対象とした有効性検証

    研究課題/研究課題番号:21H03481  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    榎堀 優, 間瀬 健二, 吉田 直人, 原沢 優子, 小野瀬 良佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本提案では、なかなか実用化に辿り着かない非密着衣類型センサの最たる問題となっている人体衣類間の位置ずれや皺の影響などを克服する方法および基盤システムを研究開発すると共に、人材の迅速育成などの看護・介護現場における課題を対象に、有効性を検証する。

  3. 仮想点字ブロック・仮想壁の感触再現と動的配置を用いた視覚障害者歩行支援

    研究課題/研究課題番号:18K19812  2018年6月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    榎堀 優, 米澤 朋子, 吉田 直人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究は,仮想的に歩行誘導ブロックや通路壁があるように利用者に体感させるウェアラブル触覚VRシステムによる歩行誘導の実現を目的としている。研究開発項目は以下の3点である。1: 歩行誘導ブロックや誘導路壁などの感触再現手法の探索,2: 日常で必要となる歩行誘導・支援方法の探索,3: 視覚障碍者と健常者間の人体感覚差異と,それを反映した適切な感触再現手法の探索
    R2年度はCOVID19の影響により取りやめとなった視覚障碍者らを対象とした有効性検証実験(元々はR1年度2-3月期に予定)を実施することを想定して活動していたが,COVID19の影響は長く続き,R2年度中の実験は実施できなかった。これにより実験はR3年度へと更なる延期となった。
    上記状況の中で,各要素は高度化を検討した。白杖先端刺激提示を用いた歩行誘導・支援方法については,旧来の2次元マーカを用いた仮想壁提示箇所判定から1人称視点画像とIMU出力値を用いた自己完結型提示箇所判別へと拡張を検討した。足裏感触を用いた歩行誘導においては,振動によるファントムセンセーションを用いた仮想点字ブロック提示から,空気圧を用いた凹凸提示可能インソールによる提示方法への変更を検討した。ただし,本検討らも,COVID19の影響により,進呈速度は低速であった。
    上記の持ち越し課題らはR3年度における解消を試みる。R1年度より持ち越されている実験の実施実現に向けて進める。また,R2年度拡張である仮想壁の自己完結型提示箇所判別や空気圧を用いた凹凸提示可能インソールによる仮想点字ブロック提示等を,当該実験へ組み込むことを検討しており,R1年度の想定実験よりも内容を高度化することを目指す。
    本研究は,現在,やや実施が遅れている状況にある。2019年度の当初計画においては,2019年度内にて視覚障碍者と健常者間の人体感覚差異を明らかにすることを想定した実験を実施予定であったが,デバイス成熟の遅れにより総合評価実験は順延されている。また,感触の差異の比較評価については,R1年度2-3月における実験を予定していたがCOVID19の影響により取りやめとなってしまった。R2年度はCOVID19の影響により取りやめとなった視覚障碍者らを対象とした有効性検証実験(元々はR1年度2-3月期に予定)を実施することを想定して活動していたが,COVID19の影響は長く続き,R2年度中の実験は実施できなかった。これにより実験はR3年度へと更なる延期となった。
    一方で,R3年度まで延期され来た実験は,R1年度の想定実験よりも内容を高度化できる可能性がある。具体的には,R2年度拡張である、白杖先端刺激提示デバイスにおける仮想壁の自己完結型提示箇所判別や、足裏刺激提示における空気圧を用いた凹凸提示可能インソールによる仮想点字ブロック提示等を,当該実験へ組み込むことを検討している。従って,最終的な到達点はかさ上げ出来る可能性がある。
    R3年度には、COVID19の影響などによりR1年度より延期されている視覚障碍者を対象とした有効性評価実験の実施実現に向けて進める。また,その実験へR2年度拡張である、白杖先端刺激提示デバイスにおける仮想壁の自己完結型提示箇所判別や、空気圧を用いた凹凸提示可能インソールによる仮想点字ブロック提示等を,当該実験へ組み込むことを検討しており,R1年度の想定実験よりも内容を高度化することを目指す。
    上記実現のため,白杖先端刺激提示デバイスにおける仮想壁の自己完結型提示箇所判別や,足裏刺激提示における空気圧を用いた凹凸提示可能インソールによる仮想点字ブロック提示等についても引き続き研究を進める。

  4. 在宅高齢者夫婦世帯における行動変容をもたらす継続可能な転倒予防プログラムの開発

    研究課題/研究課題番号:17K12451  2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    三浦 昌子, 阿部 恵子, 藤原 奈佳子, 間瀬 健二, 榎堀 優, 寺田 八重子, 飯島 佐知子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    介護予防は、一次予防、二次予防、三次予防を3段階で示している。一予防は、生活機能低下が無い状態、二次予防は要支援・要介護状態となるおそれのある高齢者、三次予防は、軽度の生活機能低下が認められる状態で要支援状態にある高齢者や要介護状態にある高齢者の状態を示している。この、介護予防の中で、高齢者のQOLを低下させる要因のひとつとして転倒が注目されており、高齢者の転倒予防に関する研究が数多く発表されている。転倒は、65歳以上の在宅高齢者における1年間での転倒発生率が、約 20%程度となっている(川上,2006)。転倒を経験すると、日々の生活範囲が狭くてなる危険性が大きい。また、高齢化が進むと要支援・要介護状態となる高齢者の急増が見込まれる。高齢者や家族が安心して暮らせるための支援にかかる社会的コストの面からも、重症化の予防や改善を図り、早期に対応することが大切であると述べている。危険因子に応じた医療、行動等への介入プログラムなどさまざまな取り組みが行われているが、三次予防の要支援、要介護においては、転倒の危険を予測し、個人の危険因子を検討した上で,内的因子および外的因子に対する介入を行う取り組みは十分されていない。そこで、本研究は、三次予防の要支援1・2に着目し、要支援者が生活維持の低下が改善・維持できれば生活の質(QOL)を維持する事が可能となる。そこで、現在、高齢者の世帯構成の中で夫婦のみ世帯が一番多い(平成29年版高齢者白書)ことを踏まえて、夫婦で助け合いながら、高齢者自身が、自宅で転倒アセスメントを行い、それに応じた転倒予防プログラムを継続
    してできる転倒予防のプログラムを開発し検証する。
    コロナ禍において、在宅においては、クラスターや緊急事態宣言などで、アンケート調査の回収率が悪く、アンケート先を増やしているが、1000人を対象としているが460人くらいの回収であり、さらに、咬合力においては、現場にいけない状況があり、全くできていない状況です
    アンケート調査だけでも、50%以上になるまで再度追加調査をし、まとめていく。
    歩行能については、できる範囲ですすめる。咬合力はできないできない可能性があるが、今後も継続していく。

  5. 布センサで構成した体圧計測ウェアを用いた離床時褥瘡予防ケア支援

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ライフログに基づくe-コーチングのための技能ログ分析

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 人物・環境センシングの稼働時間拡大に向けた街規模センシング可否マップの構築

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 8

  1. 呼吸統制のための呼吸タイミング提示装置, 山口勇人

    間瀬健二, 榎堀優, 梶洋隆, 高谷智哉

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2020-149389  出願日:2020年9月

  2. 圧力分布検知装置

    水野寛隆,鈴木陽久,江島充晃,間瀬健二,榎堀優

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2016-255587  出願日:2016年12月

    公開番号:2018-105827  公開日:2018年7月

    出願国:国内  

  3. 座位姿勢モニタリングシステム

    水野寛隆, 鈴木陽久, 江島充晃, 間瀬健二, 榎堀優, 林千尋, 亀野敏志

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 日進医療器株式会社, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2016-255899  出願日:2016年12月

    公開番号:2018-102861  公開日:2018年7月

  4. 伸縮による測定結果のばらつきが抑えられた線ひずみゲージの提供

    江島充晃, 星屋さくら, 鈴木陽久, 水野寛隆, 榎堀優, 間瀬健二, 田中利幸, 島上祐樹

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 国立大学法人名古屋大学, 愛知県

    出願番号:2016-029202  出願日:2016年2月

    公開番号:2017-146242  公開日:2017年8月

    出願国:国内  

  5. 体圧計測ウェア

    江島充晃, 鈴木陽久, 水野寛隆, 榎堀優, 間瀬健二, 田中利幸, 島上祐樹

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 国立大学法人名古屋大学, 愛知県

    出願番号:2015-197684  出願日:2015年10月

    公開番号:2017-071862  公開日:2017年4月

    出願国:国内  

  6. 呼吸測定方法および呼吸計測装置

    鈴木陽久,水野寛隆,間瀬健二,榎堀優

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2013-153335  出願日:2013年7月

    公開番号:2015-023890  公開日:2015年2月

    特許番号/登録番号:6140562  登録日:2017年5月  発行日:2017年5月

    出願国:国内  

  7. 呼吸計測方法および呼吸計測装置

    池田幸治,鈴木陽久,水野寛隆,間瀬健二,榎堀優,川部勤,池口達治,堀場隆広,島上祐樹

     詳細を見る

    出願人:株式会社槌屋, 国立大学法人名古屋大学, 愛知県

    出願番号:2012-130773  出願日:2012年6月

    公開番号:2012-130773  公開日:2013年12月

    特許番号/登録番号:5838447  登録日:2015年11月  発行日:2016年1月

    出願国:国内  

  8. 異種スマート環境制御方法

    西尾信彦,榎堀優,河口信夫,岩崎陽平,田中宏一,藤原茂雄

     詳細を見る

    出願人:株式会社内田洋行,学校法人立命館,国立大学法人名古屋大学

    出願番号:2008-172433  出願日:2008年7月

    公開番号:2010-015242  公開日:2010年1月

    特許番号/登録番号:5095529  登録日:2012年9月  発行日:2012年12月

    出願国:国内  

▼全件表示

 

社会貢献活動 15

  1. 情報処理学会MBL研究会

    役割:運営参加・支援

    2021年4月 - 2025年3月

  2. IPSJ UBI特集号編集委員会

    役割:編集, 運営参加・支援

    2020年9月 - 2023年3月

  3. 情報処理学会UBI研究会

    役割:運営参加・支援

    2019年4月 - 2023年3月

  4. HASCA運営委員

    役割:運営参加・支援

    2018年3月 - 2100年1月

  5. DICOMO2017実行委員会

    役割:運営参加・支援

    2017年1月 - 2017年10月

  6. Ubicomp2016 / ISWC2016

    役割:運営参加・支援

    2016年1月 - 2016年10月

  7. DICOMO2016実行委員会

    役割:運営参加・支援

    2016年1月 - 2016年10月

  8. 情報処理学会MBL研究会

    役割:運営参加・支援

    2015年4月 - 2019年3月

  9. DICOMO2015実行委員会

    役割:運営参加・支援

    2015年1月 - 2015年10月

  10. ISWC2015

    役割:運営参加・支援

    2014年9月 - 2015年9月

  11. Ubicomp2015

    役割:運営参加・支援

    2014年9月 - 2015年9月

  12. 情報処理学会論文誌編集委員会

    役割:編集, 運営参加・支援

    2014年4月 - 2016年3月

  13. 情報処理学会UBI研究会

    役割:運営参加・支援

    2014年4月 - 2016年3月

  14. DICOMO2014実行委員会

    役割:運営参加・支援

    2014年1月 - 2014年10月

  15. HASC運営委員

    役割:運営参加・支援

    2013年4月 - 2100年1月

▼全件表示

メディア報道 8

  1. Introduction of the smart wheel chair テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHK World great gear  2017年11月

  2. 布状センサで床擦れ予防 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2017年1月

  3. 布状の圧力センサー 新聞・雑誌

    化学工業日報  化学工業日報  2017年1月

  4. 着るだけで床擦れ監視 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞  2017年1月

  5. 布状センサで圧力計測 衣類と車椅子開発 新聞・雑誌

    中部経済新  中部経済新  2017年1月

  6. 記者発表: 人の寝姿を検知できるベッドシーツ

    2013年3月

  7. TV報道および新聞記事: 床ずれ防げるシーツ他

    2013年3月

     詳細を見る

    "記者発表2件「人の寝姿を検知できるベッドシーツ」「呼吸による胸の動きを計測できる衣服」に対するTV報道ならびに新聞記事など

    [TV報道]
    東海テレビスーパーニュース (3/13), 名古屋テレビ(4/8)

    [新聞記事]
    朝日新聞(地方版)「床ずれ防げるシーツ」 (3/20), 日刊工業新聞 (4/2), 日本経済新聞 (3/13), 東京新聞 (3/14), 河北新報 (3/15), 朝日新聞 (3/20),山陽新聞(3/13), 北日本新聞(3/13), BIGLOBE(3/13), Yahoo(3/13), 時事通信(3/14), 中日メディカル(3/14), 日本経済新聞 (3/14), 朝日新聞(3/20), 日刊工業新聞 (4/2)

    [web報道]
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000093-jijp-soci.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000094-jijp-soci.view-000
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0313/jjp_130313_5217511944.html
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0313/jjp_130313_4251879036.html
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFD1302C_T10C13A3CN8000/
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013031300933
    http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130313/Jiji_20130313X219.html
    http://www.asahi.com/area/aichi/articles/NGY201303190027.html"

  8. 記者発表: 呼吸による胸の動きを計測できる衣服

    2013年3月

▼全件表示

学術貢献活動 15

  1. 情報処理学会MBL研究会

    役割:企画立案・運営等

    2021年4月 - 2025年3月

  2. IPSJ UBI特集号編集委員会

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2020年9月 - 現在

  3. 情報処理学会UBI研究会

    役割:企画立案・運営等

    2019年4月 - 2023年3月

  4. HASCA運営委員

    役割:企画立案・運営等

    2018年3月 - 現在

  5. DICOMO2017実行委員会

    役割:企画立案・運営等

    2017年1月 - 2017年10月

  6. Ubicomp2016 / ISWC2016

    役割:企画立案・運営等

    2016年1月 - 2016年10月

  7. DICOMO2016実行委員会

    役割:企画立案・運営等

    2016年1月 - 2016年10月

  8. 情報処理学会MBL研究会

    役割:企画立案・運営等

    2015年4月 - 2019年3月

  9. DICOMO2015実行委員会

    役割:企画立案・運営等

    2015年1月 - 2015年10月

  10. ISWC2015

    役割:企画立案・運営等

    2014年9月 - 2015年9月

  11. Ubicomp2015

    役割:企画立案・運営等

    2014年9月 - 2015年9月

  12. 情報処理学会論文誌編集委員会

    役割:企画立案・運営等, 査読

    2014年4月 - 2016年3月

  13. 情報処理学会UBI研究会

    役割:企画立案・運営等

    2014年4月 - 2016年3月

  14. DICOMO2014実行委員会

    役割:企画立案・運営等

    2014年1月 - 2014年10月

  15. HASC運営委員

    役割:企画立案・運営等

    2013年4月 - 現在

▼全件表示