2022/09/21 更新

写真a

ウツギ アキラ
宇都木 昭
UTSUGI Akira
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 言語文化 教授
大学院担当
大学院人文学研究科
学部担当
文学部 人文学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
【教育】

◆文学部・人文学研究科と教養教育院の授業を担当しています。

◆文学部と大学院人文学研究科では、言語学分野の授業(主として音声学の授業)を担当しており、また、大学院生の研究指導も行っています。(大学院に進学して私の指導を受けたい方は、私の個人ホームページ内の「大学院受験希望者のためのQ&A」を参考にしてください。)

◆教養教育院では、初修外国語(いわゆる第二外国語)の朝鮮・韓国語の授業を担当するとともに、朝鮮・韓国語小部会の主任として、朝鮮・韓国語科目全体のコーディネートをしています。

【研究】

◆私の中心的な研究対象は「音声」です。もともとは言語学的な音声学から出発しましたが、言語学にとどまらない学際的な方向の領域(いわゆる「音声科学」)にも、言語学寄りの領域(音声学・音韻論インターフェース、実験音韻論など)にも関心を持ってきました。また、社会言語学的な方向で、音声の変化と変異や社会音声学にも関心を持っています。

◆具体的に研究対象としてきたのは、主に日本語と朝鮮・韓国語の諸方言です。また、音声のうちでもとりわけ、韻律(アクセント、イントネーションなど)の研究に主として取り組んできました。

◆一方で、最近は音声からは少し離れたところで、朝鮮・韓国語教育に直結しうるような研究にも関心をもっています。特に、学習者のハングル(文字)習得に関して、ディスレクシア研究の観点を取り入れたプロジェクトを立ち上げ、共同研究を始めました。

◆このほか、共同研究として様々なプロジェクトに(コミットメントの程度は様々ですが)参画してきました。上に述べた研究以外で、最近かかわっている主なプロジェクトは以下の通りです。

◇アニメの声質
◇言語獲得(とりわけ音声・音韻の獲得)、マザリーズ
◇保育士の音声
◇社会・文化心理学的観点からの国際比較(新型コロナウイルスに関する心理学的研究を含む)

【その他】

◆共働きで子供が二人います。ワークライフバランスを個人のレベルで、職場のレベルで、そして社会のレベルでどのように成り立たせていくかに、常に関心を持っています。

学位 3

  1. 博士(言語学) ( 2005年12月   筑波大学 ) 

  2. 修士(言語学) ( 2001年3月   筑波大学 ) 

  3. 学士(人文学) ( 1999年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 音声学

  2. 音韻論

  3. 韻律

  4. イントネーション

  5. 日本語

  6. 朝鮮語

  7. 韓国語

研究分野 2

  1. 人文・社会 / 言語学

  2. 人文・社会 / 外国語教育

現在の研究課題とSDGs 1

  1. L2学習者におけるハングル読み書きの習得過程とその個人差に関する研究

経歴 9

  1. 名古屋大学   人文学研究科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   国際言語文化研究科   准教授

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 筑波大学   人文社会系   助教

    2011年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 理化学研究所   脳神経科学研究センター言語発達研究チーム   客員研究員

    2011年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 筑波大学   人文社会科学研究科文芸・言語専攻   助教

    2011年8月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会   特別研究員

    2010年4月 - 2011年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:研究従事機関:独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター言語発達研究チーム

  7. 独立行政法人理化学研究所   脳科学総合研究センター言語発達研究チーム   特任研究員

    2009年2月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 日本学術振興会   海外特別研究員

    2007年1月 - 2009年1月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    備考:研究従事機関:エディンバラ大学

  9. 韓国国際交流財団(研究従事機関:高麗大学校民族文化研究院音声言語情報研究室)

    2006年4月 - 2006年12月

      詳細を見る

    国名:大韓民国

▼全件表示

学歴 2

  1. 筑波大学   人文社会科学研究科   文芸・言語専攻

    1999年4月 - 2005年12月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第一学群   人文学類

    1995年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 日本音声学会   評議員

    2013年4月 - 現在

  2. 日本言語学会   国際発信力強化小委員会委員

    2021年4月 - 現在

  3. 日本実験言語学会   編集委員

    2012年4月 - 現在

  4. 韓国日本語学会   一般理事

    2017年10月 - 現在

  5. 日本言語学会   会員

  6. 朝鮮学会   会員

  7. 日本音声学会   会員

  8. 朝鮮語研究会   会員

  9. 韓国音声学会   会員

  10. 日本音韻論学会   会員

  11. 日本実験言語学会   会員

  12. 社会言語科学会   会員

  13. 朝鮮語教育研究会   会員

  14. 筑波一般言語学研究会   会員

  15. 筑波一般言語学研究会   編集委員長

    2010年4月 - 2011年3月

  16. 筑波一般言語学研究会   編集委員長

    2019年4月 - 2020年3月

  17. 筑波一般言語学研究会   編集委員

    2017年4月 - 2019年3月

  18. 日本音声学会   編集委員

    2013年4月 - 2019年3月

▼全件表示

 

論文 64

  1. 한국어 학습자는 어떤 글자를 틀리기 쉬운가? —일본의 한국어 학습자를 대상으로 한 선다형 테스트 분석— 国際誌

    우츠기 아키라, 김민수, 진초 노부유키

    국제한국어교육학회 제32차 국제학술대회 자료집     頁: 396 - 404   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:朝鮮語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  2. A voice quality analysis of Japanese anime 査読有り

    Akira Utsugi, Han Wang, Ichiro Ota

    Proceedings of the 19th International Congress of the Phonetic Sciences     頁: 1853-1857   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Japanese anime cartoons are characterized by their unique voices, which poses an interesting research opportunity in the study of phonetics. To identify the acoustic characteristics of Japanese anime voices, we analyzed voice quality in Japanese anime. Six seiyu (vocal actor/actress) voices from two recent anime cartoons were included in our analysis. We also analyzed normal Japanese speech from the Corpus of Spontaneous Japanese (CSJ) as control data. Using openSMILE, software for voice quality analysis, we measured several acoustic parameters related to voice quality. The results demonstrate that anime has significantly different values than normal speech does in spectral slope-related parameters such as H1-A3, F1~F3 relative energy, alpha ratio, Hammarberg index, and spectral slope (0.5–1.5 kHz). The results suggest that an anime voice has stronger harmonics than normal speech does.

  3. 朝鮮語ソウル方言における進行中のトーン変化―トーン発生と語彙拡散の観点から― 査読有り

    宇都木 昭

    音声研究   21 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 115   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本音声学会  

    <p>This study reviews the two types of tonal change recently found in contemporary Seoul Korean. The first is the emergence of tones according to the onset at the initial syllable of the accentual phrase. This phenomenon synchronizes the overlapping process of Voice Onset Time (VOT) distribution between lax and aspirated obstruents. Several previous studies have indicated that this dialect is in the middle stage of tonogenesis. The second type of tonal change is the emergence of the H tone in the word <i>il</i>, meaning "one." The present study examines the possibility of interpreting the two phenomena as lexical diffusion.</p>

    DOI: 10.24467/onseikenkyu.21.2_106

    CiNii Research

  4. The multidimensional nature of hyperspeech: Evidence from Japanese vowel devoicing 査読有り

    Martin Andrew, Utsugi Akira, Mazuka Reiko

    Cognition   132 巻 ( 2 ) 頁: 216 - 228   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cognition.2014.04.003

    Web of Science

  5. Dialectal differences in hemispheric specialization for Japanese lexical pitch accent 査読有り

    Sato Yutaka, Utsugi Akira, Yamane Naoto, Koizumi Masatoshi, Mazuka Reiko

      127 巻 ( 3 ) 頁: 475 - 483   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bandl.2013.09.008

    Web of Science

  6. Merger-in-progress of tonal classes in Masan/Changwon Korean 招待有り 査読有り

    Akira Utsugi

    Language Research   45 巻 ( 1 ) 頁: 23-42   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Lockdown Lives: A Longitudinal Study of Inter-Relationships Among Feelings of Loneliness, Social Contacts, and Solidarity During the COVID-19 Lockdown in Early 2020 国際共著

    van Breen Jolien A., Kutlaca Maja, Koc Yasin, Jeronimus Bertus F., Reitsema Anne Margit, Jovanovic Veljko, Agostini Maximilian, Belanger Jocelyn J., Gutzkow Ben, Kreienkamp Jannis, Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjollca, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Douglas Karen M., Enea Violeta, Faller Daiane Gracieli, Fitzsimons Gavan, Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jiang Ding-Yu, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Kieu Tra Thi Thanh, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanski Arie W., Kurapov Anton, Lantos Nora Anna, Lemay Edward P. Jr., Lesmana Cokorda Bagus Jaya, Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton, McCabe Kira, Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nisa Claudia F., Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Osuna Jose Javier Olivas, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas, Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta, Schumpe Birga Mareen, Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Lissa Caspar J., van Veen Kees, VanDellen Michelle R., Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Lan, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    PERSONALITY AND SOCIAL PSYCHOLOGY BULLETIN   48 巻 ( 9 ) 頁: 1315 - 1330   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/01461672211036602

    Web of Science

  8. ベンガル語無声歯擦音の音声的特徴―音響音声学的アプローチ―

    栄川 三紀子, 陳 芳盛, 宇都木 昭

    音声研究   25 巻 ( 0 ) 頁: 119 - 130   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本音声学会  

    <p>本研究は,ベンガル語無声歯擦音の音声的特徴と異音条件を明らかにすることを目的としている。4名の母語話者のデータに対して,スペクトルモーメント分析を用いて,摩擦音のスペクトル部分のM1(加重平均)とM2(標準偏差)の値の測定を行い,さらに子音に後続する母音のF2の値を計測した。その結果,語頭の子音連続の頭子音において,異音[s]が現れることが明らかとなった。また,異音条件は個人差の影響が大きいことも明らかとなった。さらに,本研究結果を中国語の無声歯擦音の先行研究の記述と比較すると,ベンガル語の/ʃ/は音声学的に中国語の/ɕ/より/ʂ/に近い音であることが示唆された。</p>

    DOI: 10.24467/onseikenkyu.25.0_119

    CiNii Research

  9. 女性保育者のマザリーズ表出特徴に関する研究 招待有り

    神崎奈奈,宇都木昭,児玉珠美,大嶽さと子

    日本保育学会第75回大会発表論文集     2022年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  10. On the Relationship Between Valence and Arousal in Samples Across the Globe

    Yik Michelle, Mues Chiel, Sze Irene N. L., Kuppens Peter, Tuerlinckx Francis, De Roover Kim, Kwok Felity H. C., Schwartz Shalom H., Abu-Hilal Maher, Adebayo Damilola Fisayo, Aguilar Pilar, Al-Bahrani Muna, Anderson Marc H., Andrade Laura, Bratko Denis, Bushina Ekaterina, Choi Jeong Won, Cieciuch Jan, Dru Vincent, Evers Uwana, Fischer Ronald, Florez Ivonne Andrea, Gardarsdottir Ragna B., Gari Aikaterini, Graf Sylvie, Halama Peter, Halberstadt Jamin, Halim Magdalena S., Heilman Renata M., Hrebickova Martina, Kar Johannes Alfons, Knezevic Goran, Kohut Michal, Kolnes Martin, Lazarevic Ljiljana B., Lebedeva Nadezhda, Lee Julie, Lee Young-Ho, Liu Chunquan, Mannerstrom Rasmus, Marusic Iris, Nansubuga Florence, Ojedokun Oluyinka, Park Joonha, Platt Tracey, Proyer Rene T., Realo Anu, Rolland Jean-Pierre, Ruch Willibald, Ruiz Desiree, Sortheix Florencia M., Stahlmann Alexander Georg, Stojanov Ana, Strus Wlodzimierz, Tamir Maya, Torres Claudio, Trujillo Angela, Ha Truong Thi Khanh, Utsugi Akira, Vecchione Michele, Wang Lei, Russell James A.

    EMOTION     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1037/emo0001095

    Web of Science

  11. Using machine learning to identify important predictors of COVID-19 infection prevention behaviors during the early phase of the pandemic

    Van Lissa Caspar J., Stroebe Wolfgang, VanDellen Michelle R., Leander N. Pontus, Agostini Maximilian, Draws Tim, Grygoryshyn Andrii, Gutzgow Ben, Kreienkamp Jannis, Vetter Clara S., Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjolica, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Douglas Karen M., Enea Violeta, Faller Daiane Gracieli, Fitzsimons Gavan J., Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jeronimus Bertus F., Jiang Ding-Yu, Jovanovic Veljko, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Tra Thi Thanh Kieu, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanksi Arie W., Kurapov Anton, Kutlaca Maja, Lantos Nora Anna, Lemay Edward P., Lesmana Cokorda Bagus Jaya, Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton P., McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nisa Claudia F., Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Osuna Jose Javier Olivas, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas H., Reitsema Anne Margit, Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta M., Schumpe Birga M., Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Breen Jolien Anne, Van Veen Kees, Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Lan, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Belanger Jocelyn J.

    PATTERNS   3 巻 ( 4 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.patter.2022.100482

    Web of Science

  12. Predictors of adherence to public health behaviors for fighting COVID-19 derived from longitudinal data

    Schumpe Birga M., Van Lissa Caspar J., Belanger Jocelyn J., Ruggeri Kai, Mierau Jochen, Nisa Claudia F., Molinario Erica, Gelfand Michele J., Stroebe Wolfgang, Agostini Maximilian, Gutzkow Ben, Jeronimus Bertus F., Kreienkamp Jannis, Kutlaca Maja, Lemay Edward P. Jr., Reitsema Anne Margit, VanDellen Michelle R., Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjollca, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Douglas Karen M., Enea Violeta, Faller Daiane, Fitzsimons Gavan J., Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jiang Ding-Yu, Jovanovic Veljko, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Tra Thi Thanh Kieu, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanski Arie W., Kurapov Anton, Lantos Nora Anna, Lesmana Cokorda Bagus J., Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton P., McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Osuna Jose Javier Olivas, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas H., Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta, Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Breen Jolien A., Van Veen Kees, Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Lan, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-04703-9

    Web of Science

  13. 'We are all in the same boat': How societal discontent affects intention to help during the COVID-19 pandemic 国際共著

    Resta Elena, Mula Silvana, Baldner Conrad, Di Santo Daniela, Agostini Maximilian, Belanger Jocelyn J., Gutzkow Ben, Kreienkamp Jannis, Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjollca, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Douglas Karen M., Enea Violeta, Faller Daiane Gracieli, Fitzsimons Gavan J., Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jeronimus Bertus F., Jiang Ding-Yu, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Tra Thi Thanh Kieu, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanski Arie W., Kurapov Anton, Kutlaca Maja, Lantos Nora Anna, Lemay Edward P., Lesmana Cokorda Bagus J., Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton P., McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nisa Claudia F., Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Osuna Jose Javier Olivas, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas H., Reitsema Anne Margit, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta, Schumpe Birga M., Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Stroebe Wolfgang, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, Breen Jolien A., Lissa Caspar J., Veen Kees, Dellen Michelle R., Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Ian, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    JOURNAL OF COMMUNITY & APPLIED SOCIAL PSYCHOLOGY   32 巻 ( 2 ) 頁: 332 - 347   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/casp.2572

    Web of Science

  14. Intentions to be Vaccinated Against COVID-19: The Role of Prosociality and Conspiracy Beliefs across 20 Countries 国際共著

    Enea Violeta, Eisenbeck Nikolett, Carreno David F., Douglas Karen M., Sutton Robbie M., Agostini Maximilian, Belanger Jocelyn J., Gutzkow Ben, Kreienkamp Jannis, Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjollca, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Faller Daiane Gracieli, Fitzsimons Gavan, Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Grzymala-Moszczynska Joanna, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jeronimus Bertus F., Jiang Ding-Yu, Jovanovic Veljko, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Tra Thi Thanh Kieu, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanski Arie W., Kurapov Anton, Kutlaca Maja, Lantos Nora Anna, Lemay Edward P. Jr., Lesmana Cokorda Bagus Jaya, Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton, McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nisa Claudia F., Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Olivas Osuna Jose Javier, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas, Reitsema Anne Margit, Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta, Schumpe Birga M., Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Breen Jolien Anne, Van Lissa Caspar J., Van Veen Kees, vanDellen Michelle R., Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Lan, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    HEALTH COMMUNICATION     2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10410236.2021.2018179

    Web of Science

  15. Politicization of COVID-19 health-protective behaviors in the United States: Longitudinal and cross-national evidence 国際共著

    Stroebe Wolfgang, vanDellen Michelle R., Abakoumkin Georgios, Lemay Edward P. Jr., Schiavone William M., Agostini Maximilian, Belanger Jocelyn J., Gutzkow Ben, Kreienkamp Jannis, Reitsema Anne Margit, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjolica, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I., Buttrick Nicholas R., Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Douglas Karen M., Enea Violeta, Faller Daiane Gracieli, Fitzsimons Gavan, Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jeronimus Bertus F., Jiang Ding-Yu, Jovanovic Veljko, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Kieu Tra Thi Thanh, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanksi Arie W., Kurapov Anton, Kutlaca Maja, Lantos Nora Anna, Lemsmana Cokorda Bagus Jaya, Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton, McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nisa Claudia F., Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Olivas Osuna Jose Javier, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas, Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Sasin Edyta, Schumpe Birga M., Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Breen Jolien Anne, Van Lissa Caspar J., Van Veen Kees, Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Wai-Lan Yeung Victoria, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    PLOS ONE   16 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0256740

    Web of Science

  16. Lives versus Livelihoods? Perceived economic risk has a stronger association with support for COVID-19 preventive measures than perceived health risk 国際共著

    Nisa Claudia F., Belanger Jocelyn J., Faller Daiane G., Buttrick Nicholas R., Mierau Jochen O., Austin Maura M. K., Schumpe Birga M., Sasin Edyta M., Agostini Maximilian, Gutzkow Ben, Kreienkamp Jannis, Abakoumkin Georgios, Khaiyom Jamilah Hanum Abdul, Ahmedi Vjollca, Akkas Handan, Almenara Carlos A., Atta Mohsin, Bagci Sabahat Cigdem, Basel Sima, Kida Edona Berisha, Bernardo Allan B. I, Chobthamkit Phatthanakit, Choi Hoon-Seok, Cristea Mioara, Csaba Sara, Damnjanovic Kaja, Danyliuk Ivan, Dash Arobindu, Di Santo Daniela, Douglas Karen M., Enea Violeta, Fitzsimons Gavan, Gheorghiu Alexandra, Gomez Angel, Grzymala-Moszczynska Joanna, Hamaidia Ali, Han Qing, Helmy Mai, Hudiyana Joevarian, Jeronimus Bertus F., Jiang Ding-Yu, Jovanovic Veljko, Kamenov Zeljka, Kende Anna, Keng Shian-Ling, Tra Thi Thanh Kieu, Koc Yasin, Kovyazina Kamila, Kozytska Inna, Krause Joshua, Kruglanski Arie W., Kurapov Anton, Kutlaca Maja, Lantos Nora Anna, Lemay Edward P. Jr., Lesmana Cokorda Bagus Jaya, Louis Winnifred R., Lueders Adrian, Malik Najma Iqbal, Martinez Anton, McCabe Kira O., Mehulic Jasmina, Milla Mirra Noor, Mohammed Idris, Molinario Erica, Moyano Manuel, Muhammad Hayat, Mula Silvana, Muluk Hamdi, Myroniuk Solomiia, Najafi Reza, Nyul Boglarka, O'Keefe Paul A., Osuna Jose Javier Olivas, Osin Evgeny N., Park Joonha, Pica Gennaro, Pierro Antonio, Rees Jonas, Reitsema Anne Margit, Resta Elena, Rullo Marika, Ryan Michelle K., Samekin Adil, Santtila Pekka, Selim Heyla A., Stanton Michael Vicente, Sultana Samiah, Sutton Robbie M., Tseliou Eleftheria, Utsugi Akira, van Breen Jolien Anne, Van Lissa Caspar J., Van Veen Kees, VanDellen Michelle R., Vazquez Alexandra, Wollast Robin, Yeung Victoria Wai-Ian, Zand Somayeh, Zezelj Iris Lav, Zheng Bang, Zick Andreas, Zuniga Claudia, Leander N. Pontus

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-88314-4

    Web of Science

  17. 男性保育者のマザリーズ特徴表出関する研究(1)

    大嶽 さと子, 児玉 珠美, 神崎 奈奈, 宇都木 昭

    日本保育学会第73回大会発表論文集   74 巻   頁: 1281 - 1282   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  18. Articulatory asymmetry in consonantal sequences: A case from English, Fukui Japanese and Chaozhou Chinese

    Kenji Yoshida, Akira Utsugi, Jia Hui Wu, Tetsuo Nitta, Kiyoe Sakamoto, Yoko Ichimura

    Proceedings of the 10th International Conference on Speech Prosody 2020     頁: 21-25   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.21437/SpeechProsody.2020-5

  19. Articulatory asymmetry in consonantal sequences: a case from English, Fukui Japanese and Chaozhou Chinese 査読有り 国際共著

    宇都木 昭

    Proceedings of Speech Prosody 2020   1 巻   頁: 1 - 5   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  20. 在日コリアンによる朝鮮語の「名詞的表現」に関して―朝鮮学校コミュニティを中心に― 査読有り

    權恩熙,宇都木昭

    韓国語教育研究   ( 9 ) 頁: 201-214   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. On the Relation Between Social Dominance Orientation and Environmentalism: A 25-Nation Study

    Milfont Taciano L., Bain Paul G., Kashima Yoshihisa, Corral-Verdugo Victor, Pasquali Carlota, Johansson Lars-Olof, Guan Yanjun, Gouveia Valdiney V., Gardarsdottir Ragna B., Doron Guy, Bilewicz Michal, Utsugi Akira, Aragones Juan Ignacio, Steg Linda, Soland Martin, Park Joonha, Otto Siegmar, Demarque Christophe, Wagner Claire, Madsen Ole Jacob, Lebedeva Nadezhda, Gonzalez Roberto, Schultz P. Wesley, Saiz Jose L., Kurz Tim, Gifford Robert, Akotia Charity S., Saviolidis Nina M., Einarsdottir Gro

    SOCIAL PSYCHOLOGICAL AND PERSONALITY SCIENCE   9 巻 ( 7 ) 頁: 802 - 814   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1948550617722832

    Web of Science

  22. 日本語の鼻濁音の音声的変異に関する予備的研究 ―岐阜県郡上方言と茨城県北茨城方言とを対象として― 査読有り

    宇都木昭

    『実験音声学・言語学研究』   ( 9(城生佰太郎先生古希記念論集) ) 頁: 35-45   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. まえがき

    宇都木 昭

    音声研究   21 巻 ( 2 ) 頁: 50 - 52   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本音声学会  

    DOI: 10.24467/onseikenkyu.21.2_50

    CiNii Research

  24. Tonal variation in Kagoshima Japanese and factors of language change 査読有り

    Ichiro Ota, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi

    The future of dialects: Selected papers from Methods in Dialectology XV     頁: 389-398   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17169/langsci.b81.162

  25. Co-benefits of addressing climate change can motivate action around the world

    Bain Paul G., Milfont Taciano L., Kashima Yoshihisa, Bilewicz Michal, Doron Guy, Gardarsdottir Ragna B., Gouveia Valdiney V., Guan Yanjun, Johansson Lars-Olof, Pasquali Carlota, Corral-Verdugo Victor, Aragones Juan Ignacio, Utsugi Akira, Demarque Christophe, Otto Siegmar, Park Joonha, Soland Martin, Steg Linda, Gonzalez Roberto, Lebedeva Nadezhda, Madsen Ole Jacob, Wagner Claire, Akotia Charity S., Kurz Tim, Saiz Jose L., Schultz P. Wesley, Einarsdottir Gro, Saviolidis Nina M.

    NATURE CLIMATE CHANGE   6 巻 ( 2 ) 頁: 154 - +   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCLIMATE2814

    Web of Science

  26. 韓国語慶尚道方言における属格主語構造 査読有り

    金英周, 五十嵐陽介, 宇都木昭, 酒井弘

    日本言語学会第151回大会予稿集     頁: 110-115   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. Infant-directed speech as a window into the dynamic nature of phonology

    Mazuka Reiko, Igarashi Yosuke, Martin Andrew, Utsugi Akira

    LABORATORY PHONOLOGY   6 巻 ( 3-4 ) 頁: 281 - 303   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/lp-2015-0009

    Web of Science

  28. Regional variation of VOT in Ibaraki Japanese 査読有り

    Akira Utsugi, Kan Sasaki, Yosuke Igarashi

    Proceedings of the 27th Annual Meeting of the Phonetic Society of Japan     頁: 119-124   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  29. 日本語方言の音調レベルの変異について

    太田一郎・高野照司・二階堂整・宇都木昭・朝日祥之

    Japanese Language Variation and Change Conference 2012 予稿集     頁: 51-54   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  30. Subtle differences between the speech of young speakers of 'Accentless' and Standard Japanese dialects: An analysis of pitch peak alignment 査読有り

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences     頁: 2046-2049   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  31. アクセントの共通語化における産出と知覚の関係 査読有り

    宇都木昭・小泉政利・馬塚れい子

    第27回社会言語科学会研究大会発表論文集     頁: 78-81   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  32. Lexical pitch accent, word melody, and prosodic subordination in Masan/Changwon Korean

    Akira Utsugi

    Proceedings of the 18th Meeting of the Linguistic Circle for the Study of Eastern Eurasian Languages     頁: 57-66   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  33. A robust method to detect dialectal differences in the perception of lexical pitch accent 査読有り

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    Proceedings of the 20th International Congress on Acoustics     頁: 825-833   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  34. Upstep and constituent length in Daegu Korean: A preliminary report

    Akira Utsugi & Hyejin Jang

    Jaehoon Yeon & Jieun Kiaer (eds.) Selected papers from the 2nd European Conference on Korean Linguistics     頁: 178-187   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. The perception of non-native lexical pitch accent by speakers of 'accentless' Japanese dialects 査読有り

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    Proceedings of Speech Prosody 2010   10090 巻   頁: 1-4   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. 地域方言の音調変異にかんする社会言語学的研究の構想 査読有り

    太田一郎・高野照司・二階堂整・宇都木昭・朝日祥之

    第25回社会言語科学会研究大会発表論文集     頁: 240-243   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. 日本語と朝鮮語の破裂音 ― 音響音声学的研究の概観 ― 査読有り

    宇都木昭

    北海道言語文化研究   ( 7 ) 頁: 11-27   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  38. Merger-in-progress of tonal classes and phrase-level variation: Evidence from Masan/Changwon Korean

    Akira Utsugi

        頁: 75-94   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  39. Toward determining discreteness in downtrends of Japanese and Korean: an approach from a categorical perception experiment 査読有り

    Akira Utsugi, Yoonshil Jeon, & Heesung Kim

    Journal of the Phonetic Society of Japan   12 巻 ( 2 ) 頁: 30-42   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24467/onseikenkyu.12.2_30

  40. Ongoing merger of lexical tonal classes in Masan/Changwon Korean: Evidence from lexical and postlexical/intonational phenomena 査読有り

    Akira Utsugi

    Proceedings of Laboratory Phonology 11 Conference     頁: 143-144   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  41. Tonal targets and their alignment in Daegu Korean 査読有り

    Akira Utsugi, Hyejin Jang, & Minyoung Seol

    Proceedings of the 16th International Congress of Phonetic Sciences     頁: 1133-1136   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  42. 音響音声学からの接近 招待有り

    宇都木昭

    野間秀樹(編)『韓国語教育論講座 第1巻』     頁: 331-350   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  43. The accentual phrase in Seoul Korean: A reconsideration through acoustic analysis 査読有り

    Akira Utsugi

    Phonological studies   10 巻   頁: 113-118   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. The experiment of categorical perception for downtrends in Japanese and Korean 査読有り

    Akira Utsugi, Yoonshil Jeon, & Heesung Kim

    Proceedings of the 18th meeting of the Korean Association of Speech Sciences     頁: 67-76   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  45. A laboratory-phonological study of surface tone patterns in Daegu Korean: An interim report 査読有り

    Akira Utsugi, Hyejin Jang, & Minyoung Seol

    Proceedings of the 133rd meeting of the Linguistic Society of Japan     頁: 222-227   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  46. 朝鮮語ソウル方言のアクセント句におけるインテンシティーの特徴

    宇都木昭

    城生佰太郎博士還暦記念論文集編集委員会(編)『実験音声学と一般言語学 ― 城生佰太郎博士還暦記念論文集 ―』     頁: 107-116   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. The prosody of auxiliaries in Seoul Korean 査読有り

    Akira Utsugi & Hideki Noma

    Yuji Kawaguchi, Ivan F&#243;nagy, & Tsunekazu Moriguchi (eds.) Prosody and syntax: cross-linguistic perspectives     頁: 265-284   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Phonetic approach or phonological approach: syntax-prosody interface in Seoul Korean 査読有り

    Akira Utsugi

    Speech Sciences   11 巻 ( 4 ) 頁: 207-221   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 日本語・韓国語・中国語における無声歯茎硬口蓋摩擦音の音響音声学的研究 査読有り

    山崎修一・宇都木昭・潘心瑩

    一般言語学論叢   ( 7 ) 頁: 1-27   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 朝鮮語ソウル方言における統語的曖昧文とF0の下降現象

    宇都木昭

    川口裕司・森口恒一・斎藤純男(編)『言語情報学研究報告4 通言語音声研究 -音声概説・韻律分析-』     頁: 291-299   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 朝鮮語ソウル方言における引用形のピッチパターン 査読有り

    宇都木昭

    朝鮮語研究会(編)『朝鮮語研究2』     頁: 7-45   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 韓国人日本語学習者の日本語におけるフォーカス発話と中立発話の音声的・音韻的特徴 査読有り

    宇都木昭

    音声研究   8 巻 ( 1 ) 頁: 96-108   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24467/onseikenkyu.8.1_96

  53. The intonation and phrasing of declarative sentences in Seoul Korean: a preliminary study 査読有り

    Akira Utsugi

    Journal of General Linguistics   ( 6 ) 頁: 33-59   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 朝鮮語ソウル方言におけるフォーカス発話と中立発話のピッチパターン ―修飾語+被修飾語の構造の場合―

    宇都木昭

    朝鮮語研究会第200回記念国際学術大会発表論文集     頁: 86-101   2003年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. 韓国人日本語学習者の日本語におけるフォーカスの音声的実現

    宇都木昭

    韓国日本学会 第65回学術大会 Proceedings     頁: 168-173   2002年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  56. 朝鮮語ソウル方言のプロソディーの基本構造について 査読有り

    三松国宏・宇都木昭

    朝鮮学報   184 巻   頁: 35-70   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. The phonological and phonetic characteristics of intonational focus realization in Japanese 査読有り

    Kee-Ho Kim, Eunjong Kong, Hye-sook Lee, & Akira Utsugi

    Speech Sciences   9 巻 ( 2 ) 頁: 69-87   2002年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. The phonological and phonetic characteristics of intonational focus realization in Japanese

    Keeho Kim, Eunjong Kong, Hye-sook Lee, & Akira Utsugi

    Proceedings of the 1st International Conference on Speech Sciences     頁: 276   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  59. アルタイ諸語における「文の辞典」

    福盛貴弘・Deniz B&#246;kesoy・宇都木昭・高慧禎

    言語学論叢   ( 20 ) 頁: 47-60   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. 朝鮮語ソウル方言における音節構造のプロソディーへの影響 ―文中の場合― 査読有り

    宇都木昭

    日本言語学会第122回大会予稿集     頁: 251-256   2001年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. 日本語の母音の無声化について ―東京方言の2音節連続無声化の音響分析― 査読有り

    三松国宏・福盛貴弘・菅井康祐・宇都木昭・島田武

    一般言語学論叢   ( 2 ) 頁: 73-101   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 韓国語ソウル方言のプロソディーの分析

    三松国宏・宇都木昭

    言語学論叢   ( 18 ) 頁: 61-79   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  63. 朝鮮語済州道方言の母音の音響解析 -アレアを中心に-

    宇都木昭・福盛貴弘

    言語学論叢   ( 18 ) 頁: 80-99   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  64. 朝鮮語の母音の内在的特性 査読有り

    宇都木昭

    一般言語学論叢   ( 2 ) 頁: 60-72   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 朝鮮語ソウル方言の韻律構造とイントネーション

    宇都木 昭( 担当: 単著)

    勉誠出版  2013年2月  ( ISBN:9784585280095

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

講演・口頭発表等 67

  1. 한국어 학습자는 어떤 글자를 틀리기 쉬운가? —일본의 한국어 학습자를 대상으로 한 선다형 테스트 분석— 国際会議

    우츠기 아키라, 김민수, 진초 노부유키

    국제한국어교육학회 제32차 국제학술대회  2022年7月23日  국제한국어교육학회

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:朝鮮語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:서울시립대학교 (온라인)   国名:大韓民国  

  2. Perspectives of tonal typology on tonal changes in Kyungsang Korean 招待有り 国際会議

    Akira Utsugi

    The 8th International Conference on Phonology and Morphology  2022年6月11日  The Phonology-Morphology Circle of Korea

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:大韓民国  

    DOI: 10.13140/RG.2.2.27374.08005

    その他リンク: http://dx.doi.org/10.13140/RG.2.2.27374.08005

  3. 学習者のハングル習得過程とその個人差―多肢選択テストの分析―

    宇都木昭,金珉秀,神長伸幸

    朝鮮語教育学会第89回例会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 日本語を母語とする朝鮮・韓国語学習者におけるハングル習得の傾向―多肢選択テストの分析― 国際会議

    宇都木昭,金珉秀,神長伸幸

    第7回韓日国際学術大会(日韓学術交流会)  2021年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:大韓民国  

  5. The voice quality of anime as a sociocultural register 国際会議

    Ichiro Ota, Yoshitaka Ota, Akira Utsugi

    The 16th International Conference of the European Association for Japanese Studies  2021年8月28日  The European Association for Japanese Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ベルギー王国  

  6. 日本語におけるイントネーションと声質のバリエーション 招待有り 国際会議

    宇都木昭

    The 3rd International Conference on Japanese Studies, Language, and Education  2021年7月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:インドネシア共和国  

  7. Articulatory asymmetry in consonantal sequences: A case from English, Fukui Japanese and Chaozhou Chinese 国際会議

    Kenji Yoshida, Akira Utsugi, Jia Hui Wu, Tetsuo Nitta, Kiyoe Sakamoto, Yoko Ichimura

    The 10th International Conference on Speech Prosody  2020年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  8. A voice quality analysis of Japanese anime 国際会議

    Akira Utsugi, Han Wang, Ichiro Ota

    The 19th International Congress of the Phonetic Sciences  2019年8月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne   国名:オーストラリア連邦  

  9. 女性保育者のマザリーズ表出特徴に関する研究 招待有り

    神崎奈奈,宇都木昭,児玉珠美,大嶽さと子

    日本保育学会第75回大会  2022年5月14日  日本保育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:聖徳大学(オンライン)   国名:日本国  

  10. 女性声優による役柄の異なる音声のイントネーション―おそ下がりに注目して―

    菅原貴介,宇都木昭,太田一郎

    言語学フェス2022  2022年1月29日  言語学フェス2022実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 中国語母語話者と日本語母語話者の中国語無声歯擦音知覚における知覚的手が かりの違い

    布目孝子,宇都木昭

    日本音声学会第343回研究例会  2021年12月11日  日本音声学会・日本音響学会音声コミュニケーション研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 多文化社会に対する日本人の信念と経験:一次元的多文化イデオロギーを中心に

    パクジュナ,宇都木昭

    日本グループ・ダイナミックス学会第67回大会  2021年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:帝塚山大学   国名:日本国  

  13. 男性保育者のマザリーズ表出特徴に関する研究(2)

    神崎奈奈,児玉珠美,宇都木昭,大嶽さと子

    日本保育学会第74回大会  2021年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  14. 「ことばの型」としてのアニメの声 国際会議

    太⽥⼀郎,宇都⽊昭,太⽥純貴,菅野康太

    国際会議「アニメ研究を切り開く:声とアーカイブ」  2021年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

  15. 母語話者評価に基づくノダ形式の指導に関する提案 国際会議

    市村葉子,宇都木昭

    第11回日本語実用言語学国際会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立国語研究所   国名:日本国  

  16. 男性保育者のマザリーズ表出特徴に関する研究(1)

    大嶽さと子,児玉珠美,神崎奈奈,宇都木昭

    日本保育学会第73回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:奈良教育大学   国名:日本国  

  17. 朝鮮学校コミュニティにおける話し言葉での非縮約形の多用に関する考察

    權恩熙, 宇都木昭

    第70回朝鮮学会大会  2019年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天理大学, 天理   国名:日本国  

  18. Sociolinguistic situations of anime voice in Japanese pop culture 国際会議

    Ichiro Ota, Akira Utsugi, Yoshitaka Ota

    The 8th International "Language in the Media" Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro   国名:ブラジル連邦共和国  

  19. 在日コリアンによる朝鮮語の「名詞的表現」に関して―朝鮮学校コミュニティを中心に―

    權恩熙,宇都木昭

    第43回社会言語科学会大会  2019年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  20. 音響音声学からみたアニメの声 招待有り

    宇都木昭

    公開ワークショップ「アニメ・声・身体をめぐって」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  21. 日本語福井方言の鼻的破裂音:持続時間パターンの特徴

    吉田健二,新田哲夫,市村葉子,宇都木昭

    第32回日本音声学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄国際大学   国名:日本国  

  22. 学習者のハングル書き取り能力はどう変化するのか?―音節書き取りテストの予備的分析―

    宇都木昭,神長伸幸

    第78回朝鮮語教育学会例会  2018年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

    第二外国語としての朝鮮語のクラスには,ハングルを容易に習得する学習者とそうでない学習者とがいる。学習者のハングル習得にはなぜ個人差があるのだろうか?学習者が経験する困難さの種類には,個人差があるのだろうか?学習者のハングル習得はどのような過程をたどるのだろうか?これらの疑問の解明のための第一歩として,発表者らは名古屋大学の毎回の授業においてハングル書き取りテストを継続的に実施している。本発表は,その一部である一学期分の解答を予備的に分析した結果を報告するものである。テストは,あらかじめ録音した朝鮮語の音節を再生し,それをハングルで書きとらせるという形で行った。正答率の傾向をクラスター分析した結果,学期を通しての正答率の変化に関して、学習者を三つのグループに分類できることが明らかになった。このほか,誤りの傾向についても分析を試みる。

    DOI: 10.13140/RG.2.2.32116.48001

  23. 日本語の感情音声の声質にかかわる生理的特徴 ―録音音声の逆フィルタリングによる分析―

    王瀚,宇都木昭

    東京音声研究会5月研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学中野キャンパス   国名:日本国  

  24. 日本語感情音声の産出における声質の特徴 -GeMAPS を用いた分析-

    王瀚,宇都木昭

    日本音響学会2018年春季研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本工業大学   国名:日本国  

  25. 日韓両言語のイントネーション―共通点と相違点、およびそこから見える課題― 招待有り 国際会議

    宇都木昭

    韓国外国語大学校CORE事業団海外学者招聘講演会・韓日学術交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:韓国外国語大学校   国名:大韓民国  

  26. Prosodic phrasing and pitch range in Japanese and Korean 招待有り

    Akira Utsugi

    2017 Autumn Meeting, Acoustical Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Ehime University   国名:日本国  

  27. Kyungsang Korean tonal system from the perspective of sentence prosody 招待有り

    Akira Utsugi

    Japanese and Korean accent: diachrony, reconstruction, and typology  2016年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo University of Foreign Studies, Fuchu   国名:日本国  

    DOI: 10.13140/RG.2.2.16387.84009

  28. 한국어 억양 연구와 일본에서의 억양 교육: 현황과 과제 招待有り 国際会議

    제22차 해외 석학 초청 강연회 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高麗大学校   国名:大韓民国  

  29. 「んだよね」の手続き意味の考察 ―「ね」の音調と発話解釈との対応に基づいて―

    市村葉子, 宇都木昭

    日本語用論学会第18回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. 韓国語慶尚道方言における属格主語構造

    金英周, 五十嵐陽介, 宇都木昭, 酒井弘

    日本言語学会第151回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  31. 일본어 관점에서 본 한국어 성조/악센트 (日本語の観点からみた韓国語の声調/アクセント) 招待有り 国際会議

    宇都木昭

    해외석학 초청강연회 (海外碩学招待講演会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高麗大学校   国名:大韓民国  

  32. 日本語からみた韓国語のアクセント 招待有り

    宇都木昭

    日韓学術交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  33. Tonal variation in Kagoshima Japanese and factors of language change 国際会議

    Ichiro Ota, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi

    Methods in Dialectology XV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

  34. Infant-directed speech as a window into the dynamic nature of phonology 国際会議

    Reiko Mazuka, Andrew Martin, Yosuke Igarashi, Akira Utsugi

    The 14th Conference on Laboratory Phonology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  35. Genitive subjects in Korean and Japanese at prosody-syntax interface 国際会議

    Youngju Kim, Yosuke Igarashi, Akira Utsugi, & Hiromu Sakai

    The 23rd Japanese/Korean Linguistics Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  36. Regional variation of VOT in Ibaraki Japanese

    Akira Utsugi, Kan Sasaki, & Yosuke Igarashi

    The 27th annual meeting of the Phonetic Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Sociolinguistic Variation in the Pitch Movement of Japanese Dialects 国際会議

    Ichiro Ota, Shoji Takano, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi, & Yoshiyuki Asahi

    NWAV Asia-Pacific 2 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 無アクセント方言地域における共通語アクセントの産出と知覚

    宇都木昭

    東京音声研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  39. 日本語方言の音調レベルの変異について

    太田一郎・高野照司・二階堂整・宇都木昭・朝日祥之

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立国語研究所   国名:日本国  

  40. 韻律構造と離散性 ―朝鮮語ソウル方言を対象としたケーススタディー―

    宇都木昭

    広島大学言語学コロキアム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  41. Vowel devoicing in infant-directed Japanese: Optimized for learning or understanding? 国際会議

    Andy Martin, Akira Utsugi, & Reiko Mazuka

    The 86th Annual Meeting of the Linguistic Society of America 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  42. Subtle differences between the speech of young speakers of 'Accentless' and Standard Japanese dialects: An analysis of pitch peak alignment 国際会議

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    The 17th International Congress of Phonetic Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  43. Variation in prosodic phrase of Japanese dialects 国際会議

    Ichiro Ota, Shoji Takano, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi, & Yoshiyuki Asahi

    Methods in Dialectology 14 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  44. Lexical pitch accent, word melody, and prosodic subordination in Masan/Changwon Korean

    Akira Utsugi

    The 18th Meeting of the Linguistic Circle for the Study of Eastern Eurasian Languages 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Dephrasing as a sociolinguistic variable in Japanese regional dialects 国際会議

    Ichiro Ota, Shoji Takano, Hitoshi Nikaido, Akira Utsugi, & Yoshiyuki Asahi

    Sociolinguistics Symposium 18 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  46. A robust method to detect dialectal differences in the perception of lexical pitch accent 国際会議

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    The 20th International Congress on Acoustics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  47. The perception of non-native lexical pitch accent by speakers of 'accentless' Japanese dialects 国際会議

    Akira Utsugi, Masatoshi Koizumi, & Reiko Mazuka

    The 5th International Conference on Speech Prosody 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  48. 地域方言の音調変異にかんする社会言語学的研究の構想

    太田一郎・高野照司・二階堂整・宇都木昭・朝日祥之

    第25回社会言語科学会研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  49. Upstep, downstep, and phonological weight in Daegu Korean: A preliminary report 国際会議

    Akira Utsugi & Hyejin Jang

    The 2nd European Conference on Korean Linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  50. Gyeongsang Korean "accent" in sentence perspective

    Akira Utsugi

    Tokyo Circle of Phonologists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. Ongoing merger of lexical tonal classes in Masan/Changwon Korean: Evidence from lexical and postlexical/intonational phenomena 国際会議

    Akira Utsugi

    Laboratory Phonology 11 Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ニュージーランド  

  52. Tone and intonation in Seoul and Gyeongsang Korean 国際会議

    Akira Utsugi

    Centre of Korean Studies Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  53. Tonal targets and their alignment in Daegu Korean 国際会議

    Akira Utsugi, Hyejin Jang, & Minyoung Seol

    The 16th International Congress of Phonetic Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  54. The interplay between lexical and postlexical tonal phenomena and the prosodic structure in Masan/Changwon Korean 国際会議

    Akira Utsugi

    ICPhS 2007 Satellite Meeting: Workshop on "Intonational Phonology: Understudied or Fieldwork Languages" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  55. Intonation and prosodic structure in Japanese and Korean 国際会議

    Akira Utsugi

    The 5th Korea-Japan Workshop on Linguistics and Language Processing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  56. 한•일 양 언어 제방언의 운율 살펴보기: 악센트핵을 중심으로 国際会議

    음성언어정보연구실 제1회 음성학 세미나 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Korea University, Seoul   国名:大韓民国  

  57. A laboratory-phonological study of surface tone patterns in Daegu Korean: An interim report

    Akira Utsugi, Hyejin Jang, & Minyoung Seol

    The 133rd meeting of the Linguistic Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. The experiment of categorical perception for downtrends in Japanese and Korean 国際会議

    Akira Utsugi, Yoonshil Jeon, & Heesung Kim

    The 18th meeting of the Korean Association of Speech Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  59. 朝鮮語ソウル方言におけるアクセント句 ― 音響分析による再検討 ―

    宇都木昭

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  60. 朝鮮語ソウル方言における韻律構造とピッチパターン ― アクセント句のディフレージングと半独立型連結を中心に ―

    宇都木昭

    第214回朝鮮語研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  61. 統語構造はプロソディーの何と対応するのか-朝鮮語ソウル方言の統語的曖昧文を事例として-

    宇都木昭

    中国語東アジア諸語研究会第8回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学   国名:日本国  

  62. 朝鮮語ソウル方言におけるフォーカス発話と中立発話のピッチパターン ―修飾語+被修飾語の構造の場合―

    宇都木昭

    朝鮮語研究会第200回記念国際学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京外国語大学   国名:日本国  

  63. 韓国人日本語学習者の日本語におけるフォーカス発話と中立発話の音声的特徴 -インテンシティーを中心に-

    宇都木昭

    第44回日本語研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Konkuk University   国名:日本国  

  64. 韓国人日本語学習者の日本語におけるフォーカスの音声的実現 国際会議

    宇都木昭

    韓国日本学会第65回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyunghee University, Seoul   国名:大韓民国  

  65. The phonological and phonetic characteristics of intonational focus realization in Japanese 国際会議

    Keeho Kim, Eunjong Kong, Hye-sook Lee, & Akira Utsugi

    The 1st International Conference on Speech Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  66. 朝鮮語ソウル方言における音節構造のプロソディーへの影響 ―文中の場合―

    宇都木昭

    日本言語学会第122回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:一橋大学   国名:日本国  

  67. 朝鮮語ソウル方言のプロソディーの基本パターンについて

    三松国宏・宇都木昭

    筑波音韻論研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 梅田博之先生,ありがとうございました(故梅田博之先生追悼文)

    2019年12月

     詳細を見る

    発表場所:『音声研究』第23巻, pp.200-201  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 男性保育者の対乳幼児発話におけるマザリーズ特徴表出に関する研究

    2019年8月 - 2021年3月

    人文・社会科学系学術研究助成 

    児玉珠美

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 15

  1. アニメの声が喚起する「情動」を手がかりに声の文化的制度化を分野横断で捉える試み

    研究課題/研究課題番号:21K18116  2021年7月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    太田 一郎, 宇都木 昭, 太田 純貴, 菅野 康太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    「声」のことばの型が成立する(レジスター化する)様相を,声優たちが演じるアニメの声質の音響的な特性とその声が喚起する「萌え」「カワイイ」等の情動との関係を手がかりに,日本およびその他の異なる地域・文化等における調査により捉える。その結果を,社会言語学,音声学,現代思想,メディア論,さらには生物言語学の観点から分野横断的・融合的に考察し,ことばの文化的制度化が言語の普遍性と社会・文化の個別性の相互作用によって生じる様相を総合的に捉え,言語文化研究の新たな方向性を示すことを試みる。

  2. アジアと欧米:コミュニケーションの文化差から言語の獲得過程を探る

    研究課題/研究課題番号:20H05617  2020年7月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  特別推進研究

    馬塚 れい子, 窪薗 晴夫, 酒井 弘, 小磯 花絵, 田中 章浩, 宇都木 昭, 川原 繁人, 辻 晶, 石原 尚

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:612430000円 ( 直接経費:471100000円 、 間接経費:141330000円 )

    近年の研究から、欧米言語、主に英語を学ぶ乳幼児に比べて、日本語や他のアジア言語を学ぶ乳幼児の音韻発達と語彙発達が遅れることが分かってきた。本研究では「欧米乳児の語彙発達が語彙発達に親和性の高い母子コミュニケーションによって促進され、それが音韻の発達にも影響する」という仮説を立て実験的に検証していく。欧米とアジアの母子コミュニケーションには文化差が存在し、欧米型は共同注意を物に向けて物の名前を学ぶ機会が多く語彙発達を促進する可能性がある。欧米3言語とアジア4言語を学ぶ乳児の音韻発達、社会性の発達、母親の対乳児発話の特徴と、乳児が2歳になったときの語彙数を調査し、上述の仮説の妥当性を検証する。

  3. 男性保育者のマザリーズ的特徴表出に関する研究-女性保育者との比較

    研究課題/研究課題番号:20K02671  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    児玉 珠美, 大嶽 さと子, 神崎 奈奈, 宇都木 昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    母親が乳幼児に直接語りかけるIDS(Infant-directed-speech)に表出されるマザリーズと呼ばれる特徴は、 乳幼児にとって言語発達のみでなく、情緒や社会性の発達に効果があることが多くの研究で 実証されている。母親のみでなく、父親による子育てや男性保育者による保育の必要性を示していくためにも、男性保育者の対 乳幼児発話に関する研究を進めていく必要があると考えられる。本研究においては、保育現 場の男性及び女性保育者の対乳幼児発話(IDS)を音声分析を通して比較検討し、男性保育 者の対乳幼児発話におけるマザリーズ的特徴について明らかにすることを目的とする。
    母親が乳幼児に直接語りかけるIDS(Infant-dire cted-speech)に表出されるマザリーズとかける呼ばれる特徴は、乳幼児期乳幼児の発達にとって大きな影響を及ぼすことが多くの研究で実証されている。これまで母親のIDSに関しては国内外において多くの研究報告があるが、乳幼児に長時間関わる男性保育者のIDSに関する研究は非常に少ない。本研究においては保育現場の男性及び女に性保育者のIDSを 音声分析を通して比較検討し、男性保育者の対乳幼児発話におけるマザリーズ的特徴について明らかにすることを目的とする。
    先行研究において、母親の場合では、全てのF0指標において、IDSのほうが対大人発であるADS(Adult-directed-speech)よりも大きいという結果が得られている(Igarashiら2013)。Igarashiらの音声分析方法をより簡易にした方法で、母親を対象としたデータの各指標について、対応のあるt検定を実施した結果、平均値、最高値、レンジについてIDSのほうがADSよりも大きく、先行研究とほぼ同様の結果が得られた。
    今年度の研究において、男性保育者23名の音声データを用いて、上記の方法によって計測されたADSとIDSの比較を行った。結果は、男性保育者のIDSについて、先行研究で確認された母親のIDSの特徴と同様に、基本周波数(F0)の最高値、最低値、平均値、レンジされたの全てにおいて、ADSよりもIDSの値の方が大きいことが確認された。これは、男性の保育者のIDSにおいても、マザリーズ的表出の特徴として挙げられている、ADSよりも高めのピッチ、大きく付く抑揚が確認されたことを意味している。男性保育者の対乳幼児発めの発話におけるマザリーズ的特徴表出のがあることを確認できたことが、令和2年度の研究の大きな成果であるといえる。
    本研究においては、補助期間中、下記の点について明らかにしていくことが目的である。①男性保育者の対乳幼児発話におけるマザリーズ的特徴表出の有無(令和2年度)、②女性保育者の対乳児発話におけるマザリーズ的特徴表出の有無(令和3年度)、③男性及び女性保育者の対幼児発話におけるマザリーズ的特徴表出の差異(令和4年度)
    令和2年度においては、男性保育者の対乳幼児発話におけるマザリーズ的特徴表出の有無について明らかにすることはできたが、コロナ禍の影響のため、令和3年度の女性保育者の対乳児発話におけるマザリーズ的特徴表出の有無の検証に向けて、女性保育者のIDS音声録音を実施することができなかった。その後、令和3年度に入りずぐに実施する予定であったが、感染状況が悪化し、まだ予定の立たない状況である。
    令和2年度の研究の結果から、男性保育者のIDSが、先行研究(Igarashiら,2013)における母親のIDSと同様の特徴を持っていることが確認された。今後は女性保育者や保育者ではない男性のIDSの検討へと広げていきたい。令和3年度においては、コロナ禍の影響が収まってきた段階で、女性保育者のIDS音声の録音と分析を実施していく。また、男性保育者のマザリーズ的特徴のある発話に対する乳児の反応を、選好聴取法によって明らかにしていく必要があるという新たな研究計画についても検討を進めている。
    さらに、男性のIDSにおけるマザリーズ的表出が、乳幼児の言語、情緒、社会性などの発達に与える影響についても検討していく必要があると考えている。

  4. L2学習者におけるハングル読み書きの習得過程とその個人差に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19K00818  2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    宇都木 昭, キム ミンス, 神長 伸幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    韓国語(朝鮮語)は日本の多くの大学で第二外国語科目となっており,多くの学習者によって学ばれている。韓国語学習の特徴の一つは,「ハングル」という新たな文字を学ぶ点にある。韓国語教員の視点からみると,経験的にいってハングルの習得には個人差がある。しかし,どのような個人差があるのか,なぜ個人差が生じるのか,習得の困難さが他の能力と関係しているのか,といった点は明らかにされていない。本研究課題では,これらの疑問に挑む。
    当初の計画では、学習者を対象としたハングル書き取りテストを2020年度に実施する予定であった。すなわち、録音された韓国語音声(音節単位)を学習者が聞き,答案用紙に該当するハングルを書くというものである。しかし、調査を予定していた名古屋大学と東海大学において、新型コロナウイルスの感染拡大によって実施予定の大学がオンライン授業になったため、特殊な状況下での調査からは一般化しうるデータが得にくいだろうと判断し、2020年度中の調査を中止した。その後、感染拡大が翌年度以降にもつづくであろうこと、および、オンライン授業やオンラインの要素を取り入れたハイブリッド授業がコロナ禍以降にも続くであろうことから、小テストをオンラインで実施することに決め、そのための準備を始めた。
    <BR>
    オンラインでの小テストでは、書き取りではなく、刺激音声をきいて、あらかじめ用意された文字画像の選択肢から選ぶという方式に変更した。刺激音声の種類や用意する選択肢は、これまでの予備調査の結果にもとづいて検討した。選択肢とする文字画像のうちには、現実には存在しない架空の文字も用いることとし、画像として作成した。また、新たに録音を行い、それらを編集することで、刺激音声とした。以上のようにして小テストを作成するとともに、オンライン上で参加者を募り、謝金を支払う方法を検討した。以上のような準備を、2020年度から2021年度はじめにかけて行った。このようにして作成した小テストを用い、2021年度から調査を実施する予定である。
    本来は2020年度から授業中に小テストを実施することを予定していた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、調査を予定していた名古屋大学と東海大学は2020年4月から全面オンライン授業となった。そのような特殊の状況下では、当初の計画通りの(対面授業を前提とした)小テストが不可能であること、および、学習者の学習環境が例年と異なっていて得られた調査結果を一般化することが困難であることから、予定していた調査をいったん中止し、2020年度は別の種類の調査を行うための準備期間とすることにした。
    各大学の授業は当面、多かれ少なかれオンラインの要素が残ると想定される。そのため、オンラインの小テストを準備し、2021年度から調査を開始する。

  5. アニメの「声」の文化とその制度化を言語学,現代思想,メディア論の協同で捉える試み

    研究課題/研究課題番号:17K18485  2017年6月 - 2020年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    太田 一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    アニメ声優が演じる「声」の音響的独自性が人びとの「感覚」に内面化した社会文化的な制度として確立している様子を主に言語学とメディア論の観点から複合的にとらえることを試みた。(1) 女性声優のアニメの声と一般女性の声を比較した結果,アニメの声にはより多くの倍音成分が含まれるなどスペクトル包絡に関わる特性が見られる,(2) アニメと声をめぐる状況は 声優とキャラの間の「演技」,キャラとファンの間の「受容(消費)」,ファンと声優の間の「情的関与」が考察の対象となる, (3) アニメ・声・身体の関係の議論についての重層的な声の受容を論じる聴覚文化論や「音象徴」などの言語学的知見が有効なことなどを示した。
    本研究の学術的・社会的な意義は,[1] 音響分析や発話実験によってアニメの声質と一般人の声質の音響的な特性に異なりがあるという言語学的知見を得たこと,および[2] 独特の音声的特徴を「声の触覚性」という現代思想の概念を援用して感覚面から捉えるために,ポップカルチャー史,メディア史を背景に声優の系譜を洗い出し,声優研究には映像という視覚的要素が不可欠であることを指摘したことから,[3] 音韻論的体系を越えて新たに生まれてくる言語現象を,歴史的・文化的文脈へ位置づけながら文化として確立する様相に着目するという,言語と文化の関係を捉える研究に新たな転換の可能性を示したことにある。

  6. 言語音声産出における構音運動の相互調整に関する通言語的研究

    研究課題/研究課題番号:17K02692  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    吉田 健二, 林 良子, 坂本 清恵, 宇都木 昭, 新田 哲夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2020年度は、新規感染症によるさまざまな障害により、研究の進捗状況はあまりおおきくなかった。実施したことは以下の2点である。
    (1) 分担者、林良子(神戸大学)との協同で、神戸大音声実験施設において、Nasometer による音響データの取得を行った。対象言語はかねてからの研究対象の英語の鼻的破裂音と潮州語の鼻子音(鼻音弱化がおこるもの)である。口腔と鼻腔からの音声を独立にデジタル録音することにより、口蓋帆の下降・上昇にともなう鼻音成分の開始・停止の口腔音との時間的相互関係を観察する。結果は分析中である。
    (2) 能楽師の鼻的破裂音のMRIデータの分析を終了し、論文にまとめて投稿した。現代能楽師の「呑む」発音の実態が持続時間がながく、おおきな構音運動をともなく鼻腔の閉鎖・開放によるものであることを確認し、その発音実態が、漢語の舌内入声音の、中世の日本語話者による知覚的把握を反映している可能性を指摘した。(編集の事情により取り下げており、別の学術誌への投稿を準備中)
    2019年度までに予算のほとんどの執行を終え、2020年度はそれらの成果の発表を中心に計画していた。能楽師のデータの分析を終え、投稿に漕ぎ着けたが、編集の都合で取り下げることとなり、他の媒体の要領に合わせて改稿などが必要となっている。また、MRIデータの測定はひじょうに手間と時間がかかるものであり、この作業に遅れが生じているため、取得したデータの分析がまだかなり残っている。
    能楽師の鼻的破裂音のデータを主にした、中世日本語における借用語音声の構音・知覚にかんする論文の投稿を終了する。また、昨年度取得した英語および潮州語の音響データの分析を実施し、MRIによる構音データの分析結果と総合して、鼻子音の非鼻音化現象の産出にかんする知見を統合し、音声関連の学会における発表の機会を得る。また、時期をみて、韓国語母語話者について、潮州語・英語とおなじ、Nasometer による音響データを取得する。

  7. 乳児音声発達の起源に迫る:アジアの言語から見た発達メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:16H06319  2016年5月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    馬塚 れい子, 窪薗 晴夫, 酒井 弘, 川原 繁人, 宇都木 昭, 高田三枝子, 林 安紀子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究は、タイ語、韓国語、広東語、日本語という4言語を学ぶ乳児を対象として各言語の破裂音や単語レベルの韻律を獲得する過程を実験的に検証することを目標としていた。タイ語と韓国語は破裂音を3種類、広東語と日本語は破裂音を2種類持つ。主に欧米言語を対象とした実験から導かれた知覚狭窄仮説によれば、どの言語を学ぶ乳児も年少のうちから破裂音の対立を弁別できると予測される。しかし、本研究で対象とした4言語すべてにおいて、乳児が年少のうちから弁別できる対は無かった。タイ語の無声と無声有気音の対立は英語の有声・無声と同じ音響特性で弁別可能なため、タイ語の乳児にも弁別しやすいと予測していたが、これも年少児には弁別困難であった。これまでの結果は、乳幼児は大半の対立を弁別できるという知覚狭窄仮説を覆す可能性さえある重要な知見である。
    また、タイ語は5種類、広東語は6種類の声調を持つ。広東語を対象として、3対の声調の組み合わせの弁別を調べたところ、2対は年少のうちから弁別できるが、1対は弁別できないことが分かり、年少児には、声調の方が破裂音よりは弁別し易い可能性が浮き上がった。又、日本語と韓国語では破裂音に関わる音響特性が世代間で急激に変化しており、乳児は祖母世代や母親世代から音響特性が混在する刺激を聞いて育つ。韓国語の破裂音の弁別実験に参加した乳児の母親が破裂音をどのように発音しているかと、乳児が破裂音をどの程度聞き分けているかの相関を分析したところ、母親が破裂音の無声・有声の対立をはっきりと区別して発音しているほど、乳児が破裂音をよく弁別していることが分かり、破裂音の弁別には、それぞれの母親の話す音声が影響していることが分かった。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 乳児の音素獲得のメカニズムに迫る:アジアの4言語の対照研究

    研究課題/研究課題番号:16H01930  2016年4月 - 2017年3月

    馬塚 れい子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    国際共同研究を行うに当たり、国内研究設備の設定、分担研究者・実験担当者等との研究打ち合わせ、予備調査、基盤整備を行った。次の科研費課題採択につき当該課題は廃止し、引き継ぐ。
    <BR>
    科研費基盤研究(S)16H06319『乳児音声発達の起源に迫る:アジアの言語から見た発達メカニズムの解明』 代表:馬塚 れい子
    28年度が最終年度であるため、記入しない。
    28年度が最終年度であるため、記入しない。

  9. 日本語と朝鮮語の局所的F0低下現象に関する実験研究

    研究課題/研究課題番号:15K16736  2015年4月 - 2019年3月

    若手研究 (B)

    宇都木 昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    「今朝つくった料理を捨ててしまった。」のような文においては,「今朝」が「つくった」を修飾するという解釈と「今朝」が「捨ててしまった」を修飾するという二通りの解釈が可能である。この二通りは,特定の部分でピッチ(音声の高さ)を低下させることで区別される。これがこの研究で扱う局所的F0低下現象である。このような現象は様々な言語に観察されるが,その実現の仕方や質的な際については,十分に検討されていない。本研究では,日本語と朝鮮語(韓国語)を対象として,この現象を研究した。分析に当初の予想以上に難航しており,まだ明瞭な結果を報告するには至っていない。
    本研究は,二つの点で貢献の可能性を持つ。第一に,韻律の理論的研究に対して貢献しうる。様々な韻律モデルにおいて,局所的F0低下現象が韻律ユニット(音調句,中間句など)を規定するものとして位置づけられているためである。第二に,より社会に密接なところでは,音声教育(例えば,朝鮮語(韓国語)母語話者に対する日本語音声教育や日本語母語話者に対する朝鮮語音声教育)に貢献しうる。現象の言語間の差異が外国語の発音の不自然さにつながりうるためである。もちろん,音声教育に生かすには,言語間の差異や外国語音声の特徴の解明のみならず,どのように教えることで発音を矯正しうるかという観点からの研究も将来的に必要になる。

  10. メディアの影響を組み込んだ言語の習得と変化に関する理論モデル構想のための試み

    研究課題/研究課題番号:24652082  2012年4月 - 2015年3月

    太田 一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    現代社会における言語の変化はテレビ等のメディアの影響によるものと考えられることが多いが,このことを科学的手続きに基づいて検証した研究はほとんど見られない。本研究は,鹿児島方言若年層話者の発話に見られるアクセント型の交替はメディアの影響によるものという仮説を立て,発話の産出,話者要因(年齢,ジェンダー,生育地,対人ネットワーク,日常行動,言語接触の様相,友人とのつきあい,パーソナリティなど),テレビ等のメディア利用の行動などのメディア要因の関連を検討してその検証を行った。その結果から,メディアの影響を取り入れた言語習得,変化のモデルの提示を試みた。

  11. 無アクセント方言が共通語化する過程における音韻現象と音声的実現

    研究課題/研究課題番号:24520418  2012年4月 - 2015年3月

    基盤研究 (C)

    宇都木 昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    本研究では,茨城県の方言を主たる対象としつつ,千葉県の方言も視野に入れ,方言の諸側面の基礎的特徴と変異を調べた。特に重点的に分析したのは,有声閉鎖音(たとえば「が」「ば」の子音)の特徴と助詞である。有声閉鎖音の特徴をめぐっては,先行研究において,二通りの発音があり,一つのタイプは東北地方で,もう一つのタイプは他の地域で主流であることが知られている。本研究により,茨城県の大部分では東北地方と同様の発音が主流であり,県西地域の一部において両タイプが混在していることが明らかになった。文法項目の調査については,調査結果をもとに,助詞「げ」の起源について新たな提案を行った。

  12. 朝鮮語ソウル方言の韻律構造とイントネーション

    研究課題/研究課題番号:245072  2012年

    研究成果公開促進費

    宇都木昭

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  13. 言語の多様性と認知神経システムの可変性―東アジア言語の比較を通した解明―

    研究課題/研究課題番号:23242020  2011年4月 - 2015年3月

    基盤研究 (A)

    酒井 弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    中国・韓国を中心とする東アジアの研究者と連携して国内外で実験を実施し,言語の多様性と脳の関係を明らかにする研究成果を東アジアから世界に向けて発信することができた.最も注目を集めた成果としては,敬語と敬意を対象とした事象関連電位計測実験によって脳の言語処理に文化的相違の及ぼす影響を明らかにし,ドイツ(ベルリン),日本(東京,広島)で開催された国際学会における招待講演,シンポジウム講演として発表した.

  14. 北海道,福岡,鹿児島方言に見られる音調句の言語変化に関する社会言語学的研究

    研究課題/研究課題番号:21320076  2009年 - 2011年

    基盤研究(B)

    太田 一郎

      詳細を見る

    担当区分:その他  資金種別:競争的資金

    日本語の地域方言の音調変異と言語変化の様相を,札幌,福岡,鹿児島の3つの地域(および参照グループとして東京)で,複合アクセント句(MAP)内のピッチ変動のあり方と言語内要因および言語外要因との関連でとらえることにより検証を試みた。その結果,札幌と福岡では若年層の発話のピッチは変動の幅が小さいこと,鹿児島は世代差よりジェンダー差が顕著であること,発話のスタイル間に差はないことなどが明らかになった。

  15. アクセントとイントネーションの離散性と連続性に関する実験研究

    研究課題/研究課題番号:21820079  2009年 - 2010年

    研究活動スタート支援

    宇都木 昭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2665000円 ( 直接経費:2050000円 、 間接経費:615000円 )

    研究計画に記載したように,本研究の目的は,韻律における離散性と連続性を検証するアプローチを生み出し,それをアクセントやイントネーションの諸現象に適用することである。これは,研究の客観性を高めるという点で,韻律研究において大きな進展をもたらしうる。1年目の本年は,当初の予定通り,アクセントを対象とし,高音声変異連続再生課題(high phonetic variability sequence recall task)を試した。
    高音声変異連続再生課題は,被験者に2通りの無意味語を学習してもらったのち,これらの音声を連続して聞かせ,単語の順番を当てさせるという実験である。共通語話者(南関東出身者)のほかに,方言学において伝統的に無アクセントといわれてきた南東北の出身者も被験者とした。実験の結果は,高音声変異連続再生課題がアクセントの離散性の検討に有効であることを示すものであった。この手法はこれまでとられてきた範疇知覚実験のようなアプローチよりも頑健であると考えられ,その点において方法論上の進歩をもたらすものである。研究結果は2010年5月にシカゴで開催される国際会議Speech Prosody 2010において発表する予定である(採択済み)。
    その一方で,当研究課題が採択される以前から行っていた朝鮮語慶尚道方言の研究の結果が,学術誌Language Researchに掲載された。これは,慶尚南道馬山・昌原方言において二つの音調型が合流しつつあることを示したものである。朝鮮語のアクセントは当研究課題における検討対象の一つでもあるため,この論文で扱った内容は当研究課題の基礎をなすものでもある。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 48

  1. 朝鮮・韓国語1

    2021

  2. 博士論文研究a

    2021

  3. 個別言語総合演習Ⅲ

    2021

  4. 音声学研究a

    2021

  5. 音声学講義a

    2021

  6. 朝鮮・韓国語2

    2021

  7. マルチリンガル・スキルズII(朝鮮・韓国語)

    2021

  8. 音声学講義a

    2021

  9. 中級朝鮮・韓国語1

    2021

  10. 音声学特殊研究

    2021

  11. 音声学研究b

    2021

  12. 音声学講義b

    2021

  13. 音声学講義b

    2021

  14. 中級朝鮮・韓国語2

    2021

  15. 朝鮮・韓国語4

    2021

  16. 朝鮮・韓国語1

    2021

  17. マルチリンガル・スキルズII(朝鮮・韓国語)

    2021

  18. マルチリンガル・スキルズI(朝鮮・韓国語)

    2021

  19. 博士論文研究b

    2021

  20. 朝鮮・韓国語1

    2020

  21. 朝鮮・韓国語2

    2020

  22. 朝鮮・韓国語3

    2020

  23. 朝鮮・韓国語4

    2020

  24. 中級朝鮮・韓国語2

    2020

  25. 中級朝鮮・韓国語1

    2020

  26. 言語学特殊研究

    2020

  27. 言語学特殊研究

    2020

  28. 音声学講義b

    2020

  29. 音声学講義a

    2020

  30. 音声学特殊研究

    2020

  31. 音声学研究b

    2020

  32. マルチリンガル・スキルズII(朝鮮・韓国語)

    2020

  33. マルチリンガル・スキルズII(朝鮮・韓国語)

    2020

  34. 博士論文研究b

    2020

  35. 韓国・朝鮮語表現論演習b

    2017

  36. 中級朝鮮・韓国語2

    2017

  37. 韓国・朝鮮語表現論演習a

    2017

  38. 個別言語総合演習III

    2017

  39. 言語学特殊研究

    2017

  40. 音声学研究b

    2017

  41. 音声学研究a

    2017

  42. 音声学特殊研究

    2017

  43. 言語学特殊研究

    2017

  44. 朝鮮・韓国語1

    2013

  45. 朝鮮・韓国語2

    2013

  46. 朝鮮・韓国語3

    2013

  47. 朝鮮・韓国語3

    2013

  48. 朝鮮・韓国語4

    2013

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 9

  1. 韓国語I 未修得者

    2020年4月 - 現在 愛知学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  2. 韓国語II 未修得者

    2020年4月 - 現在 愛知学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  3. 韓国語

    2015年4月 - 2016年3月 愛知学院大学)

  4. 韓国語

    2014年4月 - 2015年3月 愛知学院大学)

  5. 異文化間教育論特別講義

    2014年4月 - 2015年3月 東北大学)

  6. 音声学概論a

    2013年4月 - 2014年3月 筑波大学)

  7. 韓国語

    2013年4月 - 2014年3月 愛知学院大学)

  8. 実験音声学

    2013年4月 - 2014年3月 筑波大学)

  9. 音声学概論b

    2013年4月 - 2014年3月 筑波大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 6

  1. 発音からみた日本語のバリエーション

    役割:講師

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科附属高大接続研究センター  学びの杜・学術コース  2022年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  2. 外国語の読み書きでつまずく学習者をめぐって ―ハングルの習得過程に関する研究から―

    役割:講師

    愛知学院大学語学研究所  第25回語学研究所講演会  2021年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

  3. Praat講習会

    役割:講師

    言語科学会  名古屋大学  2019年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    2019年3月18日

  4. 研究から教育へ,教育から研究へ

    役割:講師

    名古屋大学国際言語文化研究科  名古屋大学国際言語文化研究科 市民公開講座「教授者の専門性を活かした言語教育」  名古屋大学  2016年10月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  5. 韓国語・イントネーション講座~ソウル言葉のイントネーションを身につける~

    役割:講師

    在日本韓国YMCA  在日本韓国YMCA特別プログラム  2011年6月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  6. 文系研究者にとってのポスドクという進路

    役割:講師

    筑波大学大学院人文社会科学研究科・就職課  文系学生のためのキャリアデザイン特別講演会  2010年12月

     詳細を見る

    対象: 大学院生

    種別:講演会

▼全件表示