Updated on 2021/03/31

写真a

 
OGAWA Akiko
 
Organization
Graduate School of Informatics Department of Social Informatics 3 Associate professor
Title
Associate professor

Degree 3

  1. 博士(学際情報学) ( 2014.10   東京大学 ) 

  2. MA(Social Informatics) ( 2001.3   The University of Tokyo ) 

  3. 学士(文学) ( 1995.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 1

  1. Media Studies, Social Inclusion, Community Media, Broadcasting, Digital Storytelling,

Research Areas 3

  1. Others / Others  / Media Studies

  2. Humanities & Social Sciences / Library and information science, humanistic and social informatics  / Socio-Informatics

  3. Humanities & Social Sciences / Sociology  / Sociology

Current Research Project and SDGs 6

  1. Social Inclusion in Media

  2. Journalism and its Funding

  3. ホスピタルラジオの実践的研究

  4. Research on International Horticultural Exposition

  5. Media Literacy in Digital Age

  6. 番組審議会の再検討 —番組をめぐる質的評価のリ・デザインに向けて

▼display all

Research History 8

  1. Nagoya University   Graduate school of languages and cultures   Associate professor

    2013.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  2. Nanzan University

    2018.9 - 2020.9

      More details

    Country:Japan

  3. Aichi Shukutoku University   Faculty of Media theories and Production   Associate Professor

    2010.4 - 2012.3

      More details

    Country:Japan

  4. The University of Tokyo

    2007.4 - 2008.3

      More details

    Country:Japan

  5. Aichi Shukutoku University   Faculty of Studies on Contemporary Society   Associate professor

    2006.4 - 2010.3

      More details

    Country:Japan

  6. Aichi Shukutoku University   Faculty of Studies on Contemporary Society   Lecturer

    2002.4 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

  7. Chubu University

    2000.4 - 2000.8

      More details

    Country:Japan

  8. Chubu-Nippon Broadcasting Co.,Ltd.

    1995.4 - 1999.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 3

  1. The University of Tokyo

    2001.4 - 2002.3

      More details

    Country: Japan

  2. The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology

    1999.4 - 2001.3

      More details

    Country: Japan

  3. Nagoya University   Faculty of Literature   Sociology

    1991.4 - 1995.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 7

  1. 日本社会情報学会   評議員(2017-),編集委員(2018-)

    2017.6

  2. International Association for Media and Communication Research

  3. 日本マス・コミュニケーション学会   ジャーナリズム研究/教育部会委員

    2018.8

  4. 日本社会学会

  5. Japan Society for Corporate Communication Studies

  6. Media, Education Learning and Literacy Project

    2001.4 - 2006.3

  7. メル・プラッツ   メンバー(2008年度事務局メンバー)

    2007.4 - 2012.3

▼display all

Committee Memberships 5

  1. 名古屋テレビ放送株式会社 放送番組審議会   番組審議委員(副委員長 2018-)  

    2016.4 - 2020.3   

  2. 日本民間放送連盟メディアリテラシー活動事業 審査委員会   審査委員  

    2014.8 - 2016.7   

  3. ZIP-FM 番組審議委員会   委員長(2015)  

    2014.1 - 2015.12   

  4. 愛知県生涯学習審議会委員会   審議委員  

    2012.4 - 2014.3   

  5. 日本民間放送連盟賞中央審議会   ラジオ教養番組審査会審議委員  

    2010.8 - 2013.8   

 

Papers 27

  1. 外国にルーツを持つ子どもたちとのデジタル絵本制作ワークショップの分析

    李旭華・小川明子

    第11回日本社会情報学会中部支部研究発表論文集     page: 15-18   2020.12

     More details

    Language:Japanese  

  2. Collective Memories of Disaster through Community Radio: A Case Study of the Great East Japan Earthquake Reviewed

    Kanayama,Tomoko & Ogawa,Akiko

      Vol. 38 ( 1-2 ) page: 67-80   2020.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 「マイノリティを包摂するコミュニティ放送 包摂型番組の事例から」

    松浦さと子・小川明子

    龍谷大学政策学論集   Vol. 9 ( 1 ) page: 1-12   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  4. Narrative and Storytelling Education in an Era of Increasing Polarization: a Case Study of Collaborative Digital Storytelling in Higher Education

      Vol. 16   page: 45-54   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  5. 「地上波民間放送局における番組審議会の現状と課題 −審議委員の構成と運営実態に着目して」 Reviewed

    小川明子

    マス・コミュニケーション研究   ( 92 ) page: pp.67-85   2018.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 番組審議委員会における審議概要の内容分析ー在京民放テレビ6局の公開データ(2012-2016)を例に Reviewed

    小川 明子

    メディアと社会   ( 9 ) page: 1-18   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 負の記憶を記録することの可能性と困難 −二つのデジタル・ストーリーテリング ワークショップをめぐる覚書

    小川 明子

    メディアと社会   ( 9 ) page: 71-86   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  8. 送り手と受け手の対話空間を創る −名古屋ラジオカフェの試み

    小川 明子, 北出真紀恵

    メディアと社会   ( 9 ) page: 57-70   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  9. 対話的・協働的デジタル・ストーリーテリングの提案

    小川明子

    メディアと社会(名古屋大学大学院国際言語文化研究科)   ( 7 ) page: 95-102   2015.3

     More details

    Language:Japanese  

  10. Digital Storytelling with Different People: A Collaborative Method beyond The Digital Divide

    Yuko TSUCHIYA, Akiko OGAWA

      Vol. 37 ( 4 ) page: 1-11   2015.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 地域メディアとストーリーテリング −地域メディア研究のあらたな展開に向けて Reviewed

    小川明子

    メディアと社会(名古屋大学大学院国際言語文化研究科)   ( 7 ) page: 43-60   2015.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. Designing Digital Storytelling Workshops for Vulnerable People: A Collaborative Story-weaving Model from the "Pre-story Space" Reviewed

    Akiko OGAWA, Yuko TSUCHIYA

    Journal of Socio-Informatics   Vol. 7 ( 1 ) page: 25-36   2014.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 医療と患者をつなぎなおすデジタル・ストーリーテリング 英国『Patient Voices』プロジェクトの試み

    小川明子

    愛知淑徳大学論集メディアプロデュース学部篇   ( 3 ) page: 33-47   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  14. 「被災」を見つめなおすストーリーテリング実践                  —メディア・コンテいわき実践報告

    溝尻真也,小川明子,坂田勝彦,伊藤昌亮

    愛知淑徳大学アクティブラーニング   ( 3 ) page: 25-39   2012

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  15. 障がいをめぐる対話とデジタル・ストーリーテリング —メディア・コンテハッピーマップ実践報告

    小川明子,伊藤昌亮,溝尻真也,土屋祐子

    愛知淑徳大学論集メディアプロデュース学部篇   ( 2 ) page: 95-114   2012

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  16. 地域イメージにおけるステレオタイプの考察  —地域間交流学習「ローカルの不思議」の実践事例から Reviewed

    坂田邦子,小川明子,崔銀姫,土屋祐子,川上隆史

    社会情報学研究   Vol. 15 ( 1 ) page: 51-64   2011

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 研究ノート:あるケーブルテレビ局におけるフィールド調査の記録 —送り手から見た「地域密着」とは何か

    小川明子

    愛知淑徳大学論集メディアプロデュース学部篇   ( 1 ) page: 33-51   2011

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  18. 地域メディアと住民、そしてコミュニティ活動 —豊橋におけるストーリーテリング・ネットワークの分析から

    小川明子,ジョン・ジューヨン

    愛知淑徳大学論集メディアプロデュース学部篇   ( 1 ) page: 15-32   2011

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  19. 記憶を揺り起こすストーリーテリング実践                     —とよはしメディア・コンテ実践報告

    小川明子,阿部純,伊藤昌亮,溝尻真也

    愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーション   ( 3 ) page: 1-20   2010

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  20. 物語を紡ぎ出すデジタル・ストーリーテリング実践                      —メディア・コンテ・ワークショップの試み Reviewed

    小川明子,伊藤昌亮

    社会情報学研究   Vol. 14 ( 2 ) page: 115-128   2010

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 多民族多文化共生のためのストーリーテリング実践―コミュニティ・サービスラーニングⅢ実践報告

    小川明子

    愛知淑徳大学コミュニティ・コラボレーション   ( 2 ) page: 13-30   2009

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  22. ローカル新聞と日露戦争ー豊橋『新朝報』における読者参加を例に Reviewed

    小川明子

    マス・コミュニケーション研究   ( 75 ) page: 92-110   2009

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 送り手と受け手の対話空間を創る −名古屋ラジオカフェの試み

    小川 明子, 北出真紀恵

    メディアと社会   ( 9 ) page: 57-70   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  24. 支配網としてのメディア Invited

    小川明子

    翰林大学校日本学研究所編『翰林日本学』   ( 11 ) page: 207-280   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  25. デジタル・ストーリーテリングの可能性-BBC Capture Walesを例に Reviewed

    小川明子

    社会情報学研究   Vol. 10 ( 2 ) page: 25-35   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. 地域理解のためのメディアリテラシー実践 Reviewed

    北村順生,坂田邦子,小川明子,崔銀姫

    教育メディア学会研究   Vol. 11 ( 2 ) page: 73-79   2005

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 可能態としてのCATV そして パブリック・アクセス Reviewed

    小川明子

    社会情報学研究   Vol. 9 ( 1 ) page: 13-26   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 12

  1. デジタル・ストーリーテリング −声なき想いに物語を

    小川明子( Role: Sole author)

    リベルタ出版  2016.3  ( ISBN:978-4-903724-47-8

  2. ICT教育再考

    阿部勘一,水野義之,千葉庄寿,匂坂智子,小川明子( Role: Joint author)

    noa出版  2020.3  ( ISBN:978-4-908434-47-1

     More details

    Total pages:194   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  3. From the Pre-Story Space: A Proposal of a Story Weaving Method for Digital Storytelling

    ( Role: Joint author)

    Palgrave MacMillan  2018.1  ( ISBN:978-1-137-59151-7

  4. 日本のコミュニティ放送-理想と現実の間で「「放送と地域メディアをつなぐ仕組みを作る –番組審議会のリ・デザイン」

    松浦さと子他( Role: Joint author)

    晃洋書房  2017.6  ( ISBN:978-4-7710-2884-5

  5. コミュニティ・メディアの未来 「地域社会とストーリーテリング -虫の目からつくりかえる世界」

    松浦さと子,小山帥人( Role: Contributor)

    晃洋書房  2010 

     More details

    Language:Japanese

  6. メディアリテラシー・ワークショップ「ローカルの不思議」

    水越伸, 東京大学情報学環メルプロジェクト( Role: Contributor)

    東京大学出版会  2009 

     More details

    Language:Japanese

  7. ジェンダーの交差点「自分の物語を生きる」

    愛知淑徳大学ジェンダー研究会( Role: Joint editor)

    彩流社  2009 

     More details

    Language:Japanese

  8. 非営利放送とは何か「小さな物語の公開,そして共有」

    松浦さと子,川島隆編( Role: Joint author)

    ミネルヴァ書房  2008 

     More details

    Language:Japanese

  9. 私の愛した地球博

    加藤晴明,岡田朋之,小川明子( Role: Joint editor)

    リベルタ出版   2006 

     More details

    Language:Japanese

  10. 都市 暮らしのなかの民俗学1「メディアと地方」

    新谷尚紀,岩本通弥編( Role: Contributor)

    吉川弘文館  2006 

     More details

    Language:Japanese

  11. メディアリテラシーの道具箱「テレビを作って見せる」

    東京大学情報学環メルプロジェクト,日本民間放送連盟( Role: Contributor)

    東京大学出版会  2005 

     More details

    Language:Japanese

  12. メディア・プラクティス 「アスケ・ダム メディア・アート・コミュニケーション」

    吉見俊哉, 水越伸( Role: Contributor)

    せりか書房  2003 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

MISC 3

  1. 読者・視聴者を「サポーター」に(特集:メディアと信頼) Invited

    小川明子

    Journalism   ( 366 ) page: 56-63   2020.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  2. An Examination of a Small-scale Digital Radio Station in a Carehome

        page: p.33-36   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  3. 視聴者から市民へ ローカルテレビへの提案:地上波テレビ60局の調査から Invited

    小川明子

    新・調査情報   ( 38 ) page: 28-31   2002.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

Presentations 18

  1. Transformative politics and the fourth age: Experimenting with the pre-story space in collaborative digital storytelling International coauthorship International conference

    Sarah WAGNER, Akiko OGAWA

    International Sociological Association Forum  2021.2.23  International Sociological Association

     More details

    Event date: 2021.2.23 - 2021.2.28

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Porto Alegre(Online)   Country:Brazil  

  2. Towards agency in older adult-caregiver relationships: Lessons learnt from a care home digital radio project in Japan Invited International conference

    Akiko OGAWA

     More details

    Event date: 2020.7.17 - 2020.9.20

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  3. Video-calling in nursing homes during the COVID-19 state of emergency

    Akiko OGAWA, Sarar Wagner

     More details

    Event date: 2020.9.5 - 2020.9.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  4. Community Radio as an Apparatus to Remember Disasters: Case studies of the Great East Japan Earthquake International conference

    Kanayama, Tomoko Ogawa, Akiko

    IAMCR 2019 conference in Madrid, Spain 

     More details

    Event date: 2019.7.7 - 2019.7.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Universidad Complutense Madrid   Country:Spain  

  5. マイノリティを包摂するコミュニティ放送 -包摂型番組の事例から

    松浦さと子 小川明子

    第91回日本社会学会大会 

     More details

    Event date: 2018.9.15

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:甲南大学   Country:Japan  

  6. 海外にルーツを持つ子どもたちのデジタル絵本制作ワークショップの分析

    李 旭華, 小川 明子

    日本社会情報学会中部支部大会 

     More details

    Event date: 2020.12.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学(オンライン開催)   Country:Japan  

  7. The Role of Community Radio under Nuclear Emergency Conditions in Fukushima International conference

    Tomoko Kanayama, Akiko Ogawa

    International Association for Media and Communication Research 2018 

     More details

    Event date: 2018.6.20 - 2018.6.24

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Eugine, Oregon   Country:Japan  

  8. 「デジタル・ストーリーテリング -メディアで編み上げる協働的ナラティヴ実践」 Invited International conference

    小川明子

    言語文化教育学会大会シンポジウム「ナラティヴの可能性」 

     More details

    Event date: 2018.3.10

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:立命館大学   Country:Japan  

  9. Criticizing and Understanding Community Media: Reconsidering the Role of the Program Council System in Japan International conference

    Akiko OGAWA

    International Association for Media and Communication Research 

     More details

    Event date: 2017.7.16 - 2017.7.20

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Colombia  

  10. Creating digital stories with different people :An collaborative attempt beyond dis-communication and digital divide International conference

    Yuko Tsuchiya, Akiko OGAWA

    International Association for Media and Communication Research 

     More details

    Event date: 2014.6.16 - 2014.6.19

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  11. Does a Vulnerable Person Really Have a Story to Tell? -A Proposal of Dialogic Story-Weaving Model from the Pre-Story Space International conference

    Akiko OGAWA, Yuko Tsuchiya

    5th International Digital Storytelling Conference  

     More details

    Event date: 2013.5.8 - 2013.5.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Turkey  

  12. Toward a new model of Digital Storytelling -The attempt of Media Conté Workshop International conference

    Akiko OGAWA, Masaaki ITO

    International Communication Association 60th Annual Conference Singapore 

     More details

    Event date: 2010.6.22 - 2010.6.25

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Singapore  

  13. Rediscover the world via digital camera International conference

    Asian Media International and communication center, 15th conference 

     More details

    Event date: 2006.7.18

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Malaysia  

  14. Seeking alternative way of cross cultural communication International conference

    Kuniko SAKATA, Akiko OGAWA, Eunhee Choi, Yorio KITAMURA

    International association for inter-cultural communication studies 

     More details

    Event date: 2005.7.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  15. 地域(ローカル)という文化表象:オルタナティヴ・コミュニケーションの可能性

    茂木一司, 北村順生, 崔 銀姫, 坂田邦子,小川明子

    日本社会情報学会秋季大会 

     More details

    Event date: 2004.10.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:茨城大学   Country:Japan  

  16. 東海地方における「パブリックアクセス」の現状 Invited

    小川明子

    早稲田大学まちづくりシンポジウム 2003 

     More details

    Event date: 2003.7.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:早稲田大学   Country:Japan  

  17. ブロードバンドとメディア・リテラシー教育の可能性

    坂田邦子, 小川明子

    情報文化学会2002年大会 

     More details

    Event date: 2002.10.25

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  18. ローカルテレビ局の現在:アジアの映像とパブリックアクセスの視点から Invited

    小川明子

    第17回コミュニケーション・フォーラム 「IT革命時代のアジア-競合と共生」 

     More details

    Event date: 2001.11.29 - 2001.11.30

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:淡路夢舞台国際会議場   Country:Japan  

▼display all

Works 10

  1. 当事者が語る場としてのコミュニティFM

    2020.5

  2. 図書新聞書評:「アナウンサーという職業と職能、女性アナに期待される役割とは何か」『声とメディアの社会学』

    2019.11

  3. 書評『メディアの内と外を読み解く』

    2019.9

  4. メディア用語基本事典(第2版)用語説明「番組審査機関」

    2019.5

  5. 図書紹介:障害者と笑いー障害者表象をめぐるコミュニケーションを拓く

    2018.11

  6. 英国に息づくホスピタルラジオ

    2018.7

  7. 音声メディアの明日 ーNagoya ラジオカフェから見えたもの

    2018.5

  8. 音とことばの可能性に挑んだ意欲作(平成23年民間放送連盟賞中央審査解説)

    2011.10

  9. いまラジオに期待すること

    2006.9

  10. 地域における映像とコミュニケーション

    2006.6

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 8

  1. エキシビションとツーリズム

    2019.04 - 2022.03

    関西大学経済・政治研究所 共同研究  国際園芸博の研究

      More details

    Authorship:Other  Grant type:Other

  2. コミュニティ・ラジオを活用した障害者施設とのコミュニケーションをめぐる研究

    2018.11 - 2020.03

    2018年度ユニベール財団研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

  3. 社会的包摂とラジオをめぐる実践的研究

    2018.04 - 2019.03

    放送文化基金助成 

    小川明子

      More details

    Grant type:Competitive

  4. ホスピタル・ラジオの実践的研究 −高齢者/患者とコミュニティとの接続を目指して

    2018.03 - 2019.03

    大川情報通信財団研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

  5. 番組審議会の再検討 ー番組をめぐる質的評価のリ・デザインに向けて

    2016.04 - 2017.03

    放送文化基金助成 

      More details

    Grant type:Competitive

  6. 地域社会における断絶とローカル・メディアの意義―「共感」の再生をめざした実践的研究

    2009.04 - 2010.03

    メディア総研若手研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

  7. 共同研究「情報デザインによる市民芸術創出プラットフォームの創出」

    2007.07 - 2012.03

    国内共同研究 

      More details

    独立行政法人科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域 共同研究「情報デザインによる市民芸術創出プラットフォームの創出」2007−11年度 研究代表者 須永剛司 4研究分担グループのうち水越伸東京大学教授グループの研究参加者として

  8. 地域からの映像発信-市民参加型映像アーカイブの可能性と課題

    2004.04 - 2005.03

    堀情報科学振興財団 研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 9

  1. 「次世代型ジャーナリズムのファンドレイズをめぐる調査研究」

    2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. 地域における社会的包摂とメディアをめぐる実践的研究

    2015.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. コミュニティラジオがつくる震災の記録と記憶

    2017.04 - 2020.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    金山智子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 基幹放送化後のコミュニティ放送 世代交代にみる理念の継承と変革の可能性」

    2018.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    松浦さと子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  5. メディア表現によるワークショップ型ケアの理論と実践

    2012.04 - 2015.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小川明子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    私たちは数年にわたり,世界的に広がりを見せる「デジタル・ストーリーテリング」の実践と理論的研究を行なってきたが,その中で,マージナルな立場に置かれた人びとが,誰かに対してその思いや苦痛をものがたること,そしてそうした個々の物語がメディアを通じて社会に理解されることがケアの重要な側面として浮上してきた。本研究では,社会の周縁に置かれた人びとが,ワークショップで,他者との対話を通じて,自らの状況を理解,改善し,メディアで物語や作品として表現することで社会に参画してゆくプロセスを「ケア」と捉え,その理論と実践を,医療福祉を初め,さまざまなケアの現場で生かしてゆく可能性を探りたい。

  6. 地域を語り継ぐ自己メディア表現とコミュニケーションについての研究

    2015.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 日本型コミュニティ放送の成立条件と持続可能な運営の規定要因

    2012.04 - 2016.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    松浦さと子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  8. 地域間コミュニケーションを通じたコミュナルな地域文化の情報発信に関する実践的研究

    2011.04 - 2014.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    北村順生

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  9. 地域間文化交流によるオルタナティブ・コミュニケーションに関する実践的研究

    2005.04 - 2009.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    北村順生

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 18

  1. メディア社会論

    2019

  2. メディアと国際社会

    2018

  3. メディアリテラシー特論

    2018

  4. 英語上級

    2018

  5. 英語(コミュニケーション)

    2018

  6. Participatory Media

    2015

  7. 英語基礎

    2018

  8. 英語(サバイバル)

    2018

  9. メディアリテラシー特論

    2017

  10. メディア論基礎

    2016

  11. コミュニティ・メディア論

    2016

  12. 英語 コミュニケーション

    2015

  13. 英語 中級

    2015

  14. 英語 上級

    2015

  15. メディア論基礎

    2014

  16. コミュニティ・メディア論

    2014

  17. メディア研究概論

    2013

  18. メディア研究方法論

    2013

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 3

  1. マスメディア論B(放送)

    2018.8 - 2020.8

  2. メディアプロデュース基礎演習 メディアプロデュース演習Ⅲ、卒業研究、メディア・リテラシー論、情報文化論、放送制作論(映像制作)、アナウンス論

    2002.4 - 2014.3 Aichi Shukutoku University)

  3. 情報産業論

    2001.4 - 2002.3 Chubu University)

 

Social Contribution 11

  1. メディア・コンテ

    2008.8 - Now

     More details

    「声なき想いに物語を」をテーマに,マイノリティをはじめ,社会的に聞かれることのない声を,デジタル・ストーリーテリングの手法とワークショップを用いて映像化し,エンパワメントをめざすプロジェクト。

  2. 「自殺対策に関する広報業務委託」事業者選定評価委員

    Advisor

    名古屋市健康福祉局健康部  2021.3 - Now

  3. 豊橋市教育格差解消プラン策定委員(文科省受託「絵本アプリ等を活用した外国人親子支援プラン」策定事業

    Advisor, Organizing member

    豊橋市図書館  2018.8 - Now

     More details

    Audience: Infants, Schoolchildren, Guardians, Governmental agency

    Type:Seminar, workshop

  4. 放送セミナー「ネット世代から見えるラジオの魅力」

    Lecturer

    東海総合通信局  2018.8

  5. 安城市エンパワーメント講座(メディア編)

    Lecturer

    安城市市民協働課  2017.5 - Now

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  6. メル・プラッツ

    2007.7 - 2012.3

     More details

    東京大学大学院情報学環を中心に活動を展開した「メルプロジェクト(MELL Project)」の成果と理念を継承し、2007年7月からの5年間のプロジェクト。「メルプロジェクト」は、メディア表現やリテラシーについて、国内外でおこなわれ、根づきはじめている多くの「活動」をたがいに紹介しあい、ともに語り考える"コミュニティ・スペース"として機能することを目指した。

  7. メル・プロジェクト

    2001.4 - 2006.3

     More details

    メディアに媒介された「表現」と「学び」、そしてメディアリテラシーについての実践的な研究を目的とした、ゆるやかなネットワーク型の研究/実践プロジェクト

  8. 愛知県自治研究所平成17年度政策研究セミナー指導教官

    2005.4 - 2006.3

  9. 愛知県 新しいIT施策のありかた研究会 アドバイザー

    2005.4 - 2006.3

  10. 市民とメディア研究会 あくせす

    1999.10 - 2002.3

     More details

    放送への市民参加を促すパブリック・アクセスについての研究会における事務局担当。

  11. 愛知淑徳高校 大学説明会

    2019.6

     More details

    Audience: High school students

▼display all