2021/05/07 更新

写真a

トクラ タツヤ
德倉 達也
TOKURA Tatsuya
所属
医学部附属病院 精神科 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2013年11月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. リエゾン

  2. 精神医学

  3. コンサルテーション・リエゾン

  4. 慢性疼痛

  5. 口腔内灼熱症候群(舌痛症)

  6. 身体症状症

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 精神神経科学  / コンサルテーション・リエゾン精神医学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 口腔顔面領域の身体症状症

経歴 8

  1. 名古屋大学医学部附属病院   精神科   助教

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院   精神科   病院助教

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 刈谷豊田総合病院   精神神経科

    2012年4月 - 2013年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. ささがわ通り心・身クリニック   精神科

    2007年11月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 総合心療センターひなが   精神科

    2006年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院   精神科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 西尾市民病院   内科

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 西尾市民病院   初期研修医

    2000年5月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   精神医学分野

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 10

  1. 日本精神神経学会

    2006年1月 - 現在

  2. 日本総合病院精神医学会

    2004年9月 - 現在

  3. 日本うつ病学会   学会事務局・プログラム委員(2015-2016)

    2010年2月 - 現在

  4. 日本臨床精神神経薬理学会

    2012年7月 - 現在

  5. 東海精神神経学会

    2005年10月 - 現在

  6. 日本医師ジョガーズ連盟

    2016年8月 - 現在

  7. 日本陸上競技連盟

    2020年3月 - 現在

  8. 日本内科学会

    2002年5月 - 2020年12月

  9. 日本口腔外科学会

    2011年5月 - 2020年7月

  10. うつ病リワーク協会

    2008年3月 - 2018年2月

▼全件表示

 

論文 39

  1. Evaluation of patients suffered from burning mouth syndrome and persistent idiopathic facial pain using Japanese version PainDETECT questionnaire and depression scales.

    Sato Boku A, Kimura H, Tokura T, Umemura E, Miyauchi T, Ito M, Kishi S, Ogi N, Tonoike T, Ozaki N, Nakano Y, Okuda M

    Journal of dental sciences   16 巻 ( 1 ) 頁: 131 - 136   2021年1月

  2. Prospective Evaluation of Health-Related Quality of Life in Patients Undergoing Anterolateral Craniofacial Resection with Orbital Exenteration.

    Mukoyama N, Nishio N, Kimura H, Kishi S, Tokura T, Kimura H, Hiramatsu M, Maruo T, Tsuzuki H, Fujii M, Iwami K, Takanari K, Kamei Y, Ozaki N, Sone M, Fujimoto Y

    Journal of neurological surgery. Part B, Skull base   81 巻 ( 5 ) 頁: 585 - 593   2020年10月

  3. 知っておきたい口腔の異常感覚 招待有り

    徳倉達也

    JOHNS   36 巻 ( 8 ) 頁: 1003 - 1005   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 口腔領域の身体症状症-疼痛が主症状のもの-の心理社会的・生物学的因子に関する研究 招待有り

    徳倉達也

    Medical Science Digest   46 巻 ( 6 ) 頁: 346 - 347   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Serum Metabolic Profiles of the Tryptophan-Kynurenine Pathway in the high risk subjects of major depressive disorder.

    Sakurai M, Yamamoto Y, Kanayama N, Hasegawa M, Mouri A, Takemura M, Matsunami H, Miyauchi T, Tokura T, Kimura H, Ito M, Umemura E, Boku AS, Nagashima W, Tonoike T, Kurita K, Ozaki N, Nabeshima T, Saito K

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 1961   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-58806-w

    Web of Science

    PubMed

  6. 精神医学的視点から見たBMSの対処 ~抗うつ薬の使い方や医科との連携のコツ~ 招待有り

    徳倉達也

    歯科薬物療法   39 巻 ( 3 ) 頁: 143 - 147   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 不眠症 招待有り

    徳倉達也

    臨床外科 増刊 すぐに使える周術期マニュアル   74 巻 ( 11 ) 頁: 286 - 288   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 精神疾患 招待有り

    徳倉達也

    臨床外科 増刊 すぐに使える周術期マニュアル   74 巻 ( 11 ) 頁: 78 - 80   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 術後せん妄 招待有り

    徳倉達也

    臨床外科 増刊 すぐに使える周術期マニュアル   74 巻 ( 11 ) 頁: 283 - 285   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Effect of antidepressant treatment on plasma levels of neuroinflammation-associated molecules in patients with somatic symptom disorder with predominant pain around the orofacial region.

    Miyauchi T, Tokura T, Kimura H, Ito M, Umemura E, Sato Boku A, Nagashima W, Tonoike T, Yamamoto Y, Saito K, Kurita K, Ozaki N

    Human psychopharmacology   34 巻 ( 4 ) 頁: e2698   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.2698

    Web of Science

    PubMed

  11. Oral medicine psychiatric liaison clinic: study of 1202 patients attending over an 18-year period 査読有り

    Umemura E., Tokura T., Ito M., Kobayashi Y., Tachibana M., Miyauchi T., Tonoike T., Nagashima W., Kimura H., Arao M., Sato (Boku) A., Ozaki N., Kurita K.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   48 巻 ( 5 ) 頁: 644 - 650   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijom.2018.12.005

    Web of Science

  12. Exploration of coping styles in male patients with head and neck cancer: a prospective cohort study.

    Sato N, Kimura H, Adachi Y, Nishio N, Ando M, Tokura T, Nagashima W, Kishi S, Yamauchi A, Yoshida K, Hiramatsu M, Fujimoto Y, Ozaki N

    Nagoya journal of medical science   81 巻 ( 2 ) 頁: 249 - 258   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.2.249

    Web of Science

    PubMed

  13. うつ病の分類と診断 招待有り

    瀬名波徹, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    臨牀と研究   95 巻 ( 5 ) 頁: 515 - 520   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Exploration of coping styles in male patients with head and neck cancer: a prospective cohort study 査読有り 国際誌

    Sato N, Adachi Y, Kimura H, Ando M, Tokura T, Nagashima W, Yamauchi A, Aleksic B, Yoshida K, Hiramatsu M, Nishio N, Fujimoto Y, Ozaki N.

    Nagoya J Med Sci.   81 巻 ( 2 ) 頁: 249 - 258   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Trajectories and predictors of post-treatment depression in patients with head and neck cancer. 査読有り

    Adachi Y, Kimura H, Kimura H, Tokura T, Ozaki N.

    Neuropsychiatry   8 巻 ( 1 ) 頁: 739-744   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 頭頚部癌領域における精神医学的介入の実際 招待有り

    徳倉達也, 木村宏之, 尾崎紀夫.

    ENTONI   221 巻 ( 7 ) 頁: 44-50   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 精神疾患と身体疾患が合併する患者に対する向精神薬使用時の留意点 招待有り

    石島洋輔, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    医薬ジャーナル   54 巻 ( 4 ) 頁: 71-76   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. Duloxetine plasma levels and effectiveness for the treatment of nonorganic chronic pain in the orofacial region. 査読有り

    Kobayashi Y, Nagashima W, Tokura T, Yoshida K, Umemura E, Miyauchi T, Arao M, Ito M, Kimura H, Kurita K, Ozaki N.

    Clin Neuropharmacol   40 巻   頁: 163-168   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. うつ病と適応障害及び双極性障害との鑑別 招待有り

    鈴木亮平, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    カレントテラピー   35 巻   頁: 418-424   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. Conference Report 第13回日本うつ病学会総会 招待有り

    徳倉達也.

    Legato.   3 巻   頁: 60-61   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  21. 医師の処方意図をどう読み解いたらよいか 招待有り

    徳倉達也

    精神科看護   44 巻 ( 1 ) 頁: 9-13   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 口腔領域の慢性疼痛と抑うつ 招待有り

    徳倉達也

    Depression Journal   4 巻 ( 3 ) 頁: 20-21   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 高齢期のいわゆる心因性口腔症状 招待有り

    徳倉達也

    老年精神医学   27 巻 ( 10 ) 頁: 1065-1070   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Five patients with burning mouth syndrome in whom an antidepressant (SNRI) was not effective, but pregabalin markedly relieved pain. 査読有り

    Ito M, Tokura T, Yoshida K, Nagashima W, Kimura H, Umemura E, Tachibana M, Miyauchi T, Kobayashi Y, Arao M, Ozaki N, Kurita K.

    Clin Neuropharmacol.   38 巻 ( 4 ) 頁: 158-161   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Temperament and character profile of the patients with burning mouth syndrome. 査読有り

    Tokura T, Kimura H, Ito M, Nagashima W, Sato N, KimuraY, Arao M, Aleksic B, Yoshida K, Kurita K, Ozaki N.

    J Psychosom Res.   78 巻 ( 5 ) 頁: 495-498   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 口腔領域の非器質性慢性疼痛の治療戦略と薬物療法 招待有り

    徳倉達也, 木村宏之, 尾崎紀夫.

    臨床精神医学   18 巻 ( 4 ) 頁: 431-438   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 摂食障害疑いとして紹介受診された食道アカラシアの一例.

    千石大介, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    精神科.   24 巻 ( 2 ) 頁: 253-258   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 双極性障害の治療アドヒアランスと心理教育

    徳倉達也, 尾崎紀夫.

    臨床精神薬理   16 巻 ( 10 ) 頁: 1441-1448   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  29. Plasma levels of milnaciplan and its effectiveness for the treatment of chronic pain in the orofacial region 査読有り

    Kimura H, Yoshida K, Ito M, Tokura T, Nagashima W, Ozaki N.

    Hum Psychopharmacol Clin Exp   27 巻   頁: 322-328   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Reliability and validity of the Japanese Version of BEMIB Modified for Patients With Bipolar Disorder: a Self-rating Scale for Medication Adherence. 査読有り

    Tokura T, Kimura H, Yoshimi A, Ohashi M, Masuda M, Senzaki K, Yoshida K, Aleksic B, Noda Y, Yamada K, Ozaki N.

    Clin Neuropsychopharmacol Ther   3 巻 ( 1 ) 頁: 26-32   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Effectiveness of Duloxetine for the Treatment of Chronic Nonorganic Orofacial Pain 査読有り

    Nagashima W, Kimura H, Ito M, Tokura T, Arao M, Aleksic B, Yoshida K, kurita K, Ozaki N.

    Clin Neuropharmacol   35 巻 ( 6 ) 頁: 273-277   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. リワークプログラムにおける双極性障害の扱い

    徳倉達也, 尾崎紀夫.

    臨床精神医学   41 巻 ( 11 ) 頁: 1535-1542   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. 歯科治療恐怖患者の2症例 査読有り

    荒尾宗孝, 木村宏之, 徳倉達也, 長島渉, 伊藤幹子, 尾崎紀夫, 栗田賢一.

    日本歯科心身学会誌   24 巻 ( 2 ) 頁: 73-78   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Involvement of a dysfunctional dopamine-D1/N-methyl-d-aspartate-NR1 and Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II pathway in the imparement of latent learning in a model of schizophrenia induced by phencyclidine 査読有り

    Mouri A, Noda Y, Nakamura T, Tokura T, Yura T, Nitta A, Furukawa H, Nabeshima T.

    Mol Pharmacol   71 巻   頁: 1598-1609   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 妄想的解釈により糖尿病のコントロール不良に陥った統合失調症症例に対するリスペリドン単剤と認知療法の併用療法

    徳倉達也, 尾崎紀夫.

    精神科   8 巻   頁: 325-330   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. サイコカルディオロジー ~心血管系疾患とうつ病の関連について

    木村宏之, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    精神医学   47 巻 ( 8 ) 頁: 845-850   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. 家庭内葛藤からGanser症候群を呈したと考えられた思春期女性の一例 査読有り

    徳倉達也, 大饗広之, 西岡和郎, 鈴木國文.

    精神科治療学   20 巻 ( 8 ) 頁: 863-868   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 興味深いMR画像を呈した急性散在性脊髄脳炎の一例

    徳倉達也, 小田禄平, 岡本秀樹, 近藤照夫.

    西尾市民病院紀要   14 巻 ( 1 ) 頁: 33-36   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  39. Asian Variant of CD5+ Intravascular Large B-cell Lymphoma with Splenic Infarction. 査読有り

    Tokura T, Murase T, Toriyama T, Totani Y, Negita M, Akaza K, Ozawa H, Nakagawa A, Nakamura S.

    Internal Medicine   42 巻 ( 1 ) 頁: 105-109   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.42.105

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. コメディカル専門基礎科目シリーズ 『精神医学』 , 第6章 身体症状症、コンサルテーション・リエゾン精神医学.

    徳倉達也, 足立康則.( 担当: 分担執筆)

    理工図書  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 精神・心理機能評価ハンドブック

    徳倉達也, 尾崎紀夫.( 担当: 共著)

    中山書店  2015年6月  ( ISBN: 978-4521741925

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Bipolar Disorder 11

    徳倉達也, 木村宏之, 吉見陽, 大橋美月, 増田美江, 千崎康司, 吉田契造, ブランコ・アレクシッチ, 野田幸裕, 山田清文, 尾崎紀夫.( 担当: 共著)

    アルタ出版  2013年6月  ( ISBN:9784901694568

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. うつ病治療ハンドブック

    徳倉達也, 木村宏之, 尾崎紀夫.( 担当: 共著)

    金剛出版  2011年1月  ( ISBN:9784772411783

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 誰にも書けなかった復職支援のすべて

    徳倉達也, 尾崎紀夫.( 担当: 共著)

    日本リーダーズ出版  2010年9月  ( ISBN:9784890170074

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. うつ病リワークプログラムのはじめ方

    徳倉達也, 尾崎紀夫.( 担当: 共著)

    弘文堂  2009年7月  ( ISBN:9784335651403

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 精神神経薬理学大事典

    徳倉達也.( 担当: 共著)

    西村書店  2009年5月  ( ISBN:9784890133826

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. EBM精神疾患の治療2006-2007

    岩本邦弘, 徳倉達也, 稲田俊也.( 担当: 共著)

    中外医学社  2006年2月  ( ISBN:4498129083

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 1

  1. うつ病の分類と診断 招待有り

    瀬名波徹, 徳倉達也, 尾崎紀夫.  

    臨牀と研究. ( 5 ) 頁: 00-00   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 58

  1. COVID-19拡大の状況下で病的賭博の再発を起こした統合失調症の1例

    小林正人,徳倉達也, 田中聡, 尾崎紀夫.

    第179回東海精神神経学会  2021年1月17日  東海精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  2. 修正型電気けいれん療法により、パーキンソン病」の運動症状と抑うつ症状が改善した1例

    宮嶋真理, 山口世堯, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第179回東海精神神経学会  2021年1月17日  東海精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  3. 自殺を企図せず炭酸リチウムを大量服薬して中毒域に達した1例

    田中健一, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第179回東海精神神経学会  2021年1月17日  東海精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  4. 副腎皮質ステロイドと精神症状 招待有り

    徳倉達也

    第64回日本リウマチ学会総会・学術集会  2020年9月12日  日本リウマチ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月17日 - 2020年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催  

  5. 精神医学的視点から見たBMSの対処 ~抗うつ薬の使い方や医科との連携のコツ~ 招待有り

    徳倉達也

    第40回日本歯科薬物療法学会 学術大会  2020年6月27日  日本歯科薬物療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月27日 - 2020年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン開催  

  6. 口腔内慢性疼痛患者における血中ユビキチン化セロトニントランスポーターの発現変化

    中村真理子, 𠮷見陽, 毛利彰宏, 鍋島俊隆, 林千裕, 徳倉達也, 木村宏之, 岩本邦弘, 伊藤幹子,栗田賢一, 尾崎紀夫, 野田幸裕.

    日本薬学会第140年会  2020年3月27日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月27日

    開催地:国立京都国際会館  

  7. 抗がん剤治療中に急性リチウム中毒を発症し、血液透析によって意識障害が改善した双極性障害患者の一例

    今枝美穂, 木村宏之, 徳倉達也, 杉下美保子, 新保暁子, 宮崎雅之, 宮嶋真理, 原万里子, 上原圭介, 安藤雄一, 尾崎紀夫.

    第32回日本サイコオロジー学会総会  2019年10月11日  日本サイコオンコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月11日 - 2019年10月12日

    記述言語:日本語  

    開催地:タワーホール船堀  

  8. 神経障害性疼痛が惹起するうつ様行動におけるセロトニントランスポーターの関与

    今見由貴, 伊藤貴博, 吉開拓弥, 平松愉加, 𠮷見陽, 徳倉達也, 尾崎紀夫, 木村宏之, 野田幸裕.

    第65回日本薬学会東海支部総会・大会  2019年7月6日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月6日

    記述言語:日本語  

    開催地:名城大学八事キャンパス  

  9. 体外授精を用いて妊娠し、経過中に橋中心髄鞘崩壊症の画像所見を呈した回避・制限性食物摂取症の妊婦の症例

    竹田和弘, 徳倉達也, 内藤顕人, 尾崎紀夫.

    第115回日本精神神経学会学術総会  2019年6月21日  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月20日 - 2019年6月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟コンベンションセンター  

  10. 発達障害の特徴と職場における対応 精神科臨床医の立場から 招待有り

    徳倉達也

    第92回日本産業衛生学会  2019年5月24日  日本産業衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月22日 - 2019年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  11. がん入院患者におけるせん妄発症とインシデント(転倒、チューブ類自己抜去)の関連

    今枝美穂, 足立康則, 木村宏之, 徳倉達也, 小笠原一能, 杉下美保子, 加藤博史, 齊藤名歩, 原万里子, 宮嶋真理, 安藤雄一, 尾崎紀夫.

    第31回日本総合病院精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:TFTビル   国名:日本国  

  12. 眼球摘出を伴う前中頭蓋底手術における身体的・精神的変化

    向山宣昭, 藤本保志, 木村宏之, 徳倉達也, 西尾直樹, 平松真理子, 丸尾貴志, 都築秀典, 曾根三千彦.

    第34回東海頭蓋底外科研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学医学部附属病院   国名:日本国  

  13. 総合心療センターひながにおけるリワークプログラムの取り組み~10年間の歩み~

    浅井慶介, 徳倉達也, 藤田泉, 藤田康平.

    第176回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大学医学部附属病院   国名:日本国  

  14. 口腔領域の疼痛性障害患者における温冷覚閾値の測定

    徳倉達也, 宮内倫也, 木村宏之, 梅村恵理, 伊藤幹子, 佐藤曾士, 長島渉, 小林由佳, 荒尾宗孝,栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第30回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月17日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山国際会議場   国名:日本国  

  15. 口腔領域の疼痛性障害における抗うつ薬治療下での神経炎症関連物質の経時変化

    宮内倫也, 徳倉達也, 木村宏之, 長島渉, 立花昌子, 小林由佳, 伊藤陽菜, 梅村恵理, 伊藤幹子,栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第113回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  16. 頭頸部癌患者の術後生存率とソーシャルサポートの関連

    足立康則, 木村宏之, 徳倉達也, 平松真理子, 西尾直樹, 藤本保志, 尾崎紀夫.

    第113回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月22日 - 2017年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  17. 18年の歴史をもつ当リエゾン歯科医療グループの現状と課題 招待有り

    伊藤幹子, 徳倉達也, 梅村理恵, 朴曾士, 荒尾宗孝, 長島渉, 木村宏之, 栗田賢一.

    日本口腔外科学会中部支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ   国名:日本国  

  18. Our liaison clinic: comparison of oral psychosomatic disorders at an interval of 10 years. 国際会議

    Umemura E, Ito M, Tokura T, Nagashima W, Kimura H, Kobayashi Y, Miyauchi M, Arao M, Ozaki N, Kurita K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月31日 - 2017年4月3日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong Convention & Exhibition Centre   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  19. 皮膚筋炎に対する副腎皮質ステロイド治療中に自殺企図を呈した症例

    岡田一平, 小出みあ, 徳倉達也, 入谷修司, 尾崎紀夫.

    第175回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際センター   国名:日本国  

  20. 関連医科との連携における注意点 招待有り

    徳倉達也, 伊藤幹子.

    神経障害性疼痛関連歯科学会合同シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:慶應義塾大学 新教育研究棟   国名:日本国  

  21. 口腔心身症患者の臨床統計的調査‐18年間1136例の報告‐

    梅村恵理, 伊藤幹子, 木村宏之, 徳倉達也, 長島渉, 荒尾宗孝, 栗田賢一.

    第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月25日 - 2016年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  22. 口腔内慢性疼痛疾患における末梢血中ユビキチン化セロトニントランスポーターの発現変化

    毛利彰宏, 近藤麻生, 木村真理, 柳本佳南, 横山美里, 椿井朋, 後藤綾, 肥田祐丈, 木村宏之, 岩本邦弘, 吉見陽, 徳倉達也, 尾崎紀夫, 鍋島俊隆, 野田幸裕.

    第13回日本うつ病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月5日 - 2016年8月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ウインクあいち   国名:日本国  

  23. 頭頸部癌患者における術後の社会適応状態

    足立康則, 木村宏之, 伊藤萌水, 太田愛美, 伊藤陽菜, 玉越悠也, 辻里花, 徳倉達也, 下野真理子, 西尾直樹, 平松真理子, 藤本保志, 尾崎紀夫.

    第28回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月27日 - 2015年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:あわぎんホール   国名:日本国  

  24. The treatment pathway of chronic orofacial pain triggered by dental treatment - relieving effect and concurrent depressive symptoms of duloxetine treatment. 国際会議

    Umemura E, Ito M, Tokura T, Nagshima W, Kimura H, Kobayashi Y, Tachibana M, Miyauchi T, Arao M, Ozaki N, Kurita K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月27日 - 2015年10月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  25. 30年に及ぶ当講座の口腔内灼熱症候群の治療変遷―口腔乾燥症・舌痛症対策を含んで―

    伊藤幹子, 徳倉達也, 梅村恵理, 木村宏之, 荒尾宗孝, 栗田賢一.

    第60回日本口腔外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月16日 - 2015年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  26. 関連医科との連携における問題点

    徳倉達也, 伊藤幹子.

    神経障害性疼痛関連歯科学会合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:慶応大学医学部附属病院   国名:日本国  

  27. 口腔内慢性疼痛群における抑うつ状態のバイオマーカー探索

    宮内倫也, 徳倉達也, 木村宏之, 長島渉, 立花昌子, 小林由佳, 伊藤陽菜, 梅村恵理, 伊藤幹子, 栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第12回日本うつ病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月17日 - 2015年7月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京王プラザホテル   国名:日本国  

  28. 口腔内の慢性疼痛や違和感を訴える患者の診療のエッセンス ~精神科医の立場から~

    徳倉達也.

    第28回日本顎関節学会・第20回日本口腔顔面痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月4日 - 2015年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  29. 機能画像において後頭葉血流低下を示し、抑うつ症状を呈した4症例の臨床的検討

    黒川恒和, 藤城弘樹, 徳倉達也, 小林健一, 尾崎紀夫.

    第173回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  30. 同種造血幹細胞移植患者のせん妄および抑うつ症状に関する研究

    北山真敬, 足立康則, 木村宏之, 徳倉達也, 千石大介, 岸辰一, 砂田紗季, 伊藤陽菜, 村田誠, 西田徹也, 寺倉精太郎, 清井仁, 尾崎紀夫.

    第27回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月27日 - 2014年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場   国名:日本国  

  31. 口腔顔面領域における疼痛性障害に対するDuloxetineの疼痛軽減効果と血中濃度の関連について 国際会議

    小林由佳, 長島渉,徳倉達也, 木村宏之, 伊藤幹子, 荒尾宗孝, 宮内倫也, 梅村恵理, 立花昌子,栗田賢一,尾崎紀夫.

    第24回日本臨床精神神経薬理学会、第44回日本神経精神薬理学会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月20日 - 2014年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  32. 血小板におけるユビキチン化セロトニントランスポーターの発現とパーソナリティとの関連性

    横山美里, 毛利彰宏, 木村真理, 椿井朋, 肥田裕丈, 木村宏之, 徳倉達也, 吉見陽, 河野直子, 國本正子, 尾崎紀夫, 鍋島俊隆, 野田幸裕.

    第24回日本臨床精神神経薬理学会、第44回日本神経精神薬理学会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月20日 - 2014年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  33. 精神障害と診断されていたてんかんの2例

    置村杏奈, 徳倉達也, 木村宏之, 太田龍朗, 尾崎紀夫.

    第48回日本てんかん学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月2日 - 2014年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル   国名:日本国  

  34. Psychiatric profiles of patients with oral psychosomatic disorders -16-year study in Japan 国際会議

    Umemura E, Ito M, Nagashima W, Tokura T, Kimura H, Arao M, Kobayashi Y, Miyauchi T, Ozaki N, Kurita K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月8日 - 2014年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 末梢血におけるセロトニントランスポーターの代謝調節と情動性の関連解析

    毛利彰宏, 横山美里, 木村真理, 椿井 朋, 肥田裕丈, 木村宏之, 徳倉達也, 吉見陽, 河野直子, 國本正子, 尾崎紀夫, 鍋島俊隆, 野田幸裕.

    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学東大阪キャンパス   国名:日本国  

  36. 抑うつ症状を呈し診断に苦慮した中枢神経性ループスに対し、転院後の迅速な集中治療が奏功した一例

    成瀬公人, 伊藤あずさ, 鈴木伸幸, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第172回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  37. 解離性障害・不安障害として加療されていた側頭葉てんかんの一例

    置村杏奈, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第172回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  38. 摂食障害疑いとして紹介受診された食道アカラシアの一例

    千石大介, 成瀬公人, 徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第26回日本総合病院精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月29日 - 2013年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  39. 精神科リエゾンチームにおける薬剤師の役割 刈谷豊田総合病院の取り組み

    森 健司, 徳倉達也, 足立康則, 鈴木名保美, 中里美保, 辻正憲, 中村公樹, 滝本典夫, 足立守.

    第23回日本医療薬学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月21日 - 2013年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  40. 神経障害性疼痛の治療上の問題点 関連医科との連携における問題点

    伊藤幹子, 徳倉達也.

    神経障害性疼痛関連歯科学会合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  41. 精神科との連携により軽快した象皮症の1例

    西村景子, 西和歌子, 菅谷直樹, 廣川景子, 鈴木加余子, 徳倉達也, 松永佳世子.

    第262回日本皮膚科学会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 職場におけるメンタルヘルス不調とリワークプログラムについて

    徳倉達也

    平成24年度三重地域職業リハビリテーション推進フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:津   国名:日本国  

  43. Brief Evaluation of Medication Influences and Beliefs (BEMIB)を用いた双極性障害の服薬アドヒアランス評価

    徳倉達也, 木村宏之, 吉見陽, 大橋美月, 増田美江, 千崎康司, 吉田契造, ブランコ・アレクシッチ,

    第11回Bipolar Disorder研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  44. 口腔顔面領域における疼痛性障害に対するDuloxetineの効果

    長島渉, 木村宏之, 佐藤直弘, 伊藤幹子, 徳倉達也, 荒尾宗孝, 吉田契造, 栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第22回日本臨床精神神経薬理学会、第42回日本神経精神薬理学会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月18日 - 2012年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宇都宮   国名:日本国  

  45. 口腔内灼熱症候群(舌痛症)患者の人格傾向および養育体験

    徳倉達也, 木村宏之, 伊藤幹子, 木村有希, 荒尾宗孝, 栗田賢一.

    第56回日本口腔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月21日 - 2011年10月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  46. 統合失調症患者を対象とした持効性筋肉内投与製剤の治験における同意説明の工夫

    三輪歌織, 伊川善久, 徳倉達也.

    第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月24日 - 2011年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  47. 急性期治療病棟における患者・家族参加型多職種カンファレンスのあり方 ~患者・家族にとっての

    佐野友佳, 鳥越笑子, 服部春樹, 矢田朋子, 徳倉達也, 羽佐田祥浩, 立松麻記子, 藤田恵未.

    第39回日本精神科病院協会精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月14日 - 2011年7月15日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  48. 大学病院精神科における臨床研修:精神科専門薬剤師を目指す薬学生の臨床研修プログラムの

    大橋美月, 吉見陽, 小久保勲, 木村宏之, 徳倉達也, 山田清文, 尾崎紀夫, 野田幸裕.

    第20回日本医療薬学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月13日 - 2010年11月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  49. 口腔顔面領域における疼痛性障害に対するDuloxetineの効果

    長島渉, 木村宏之, 伊藤幹子, 徳倉達也, 荒尾宗孝, 吉田契造, 栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第23回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  50. 人口30万人都市におけるうつ病リワークプログラムの取り組み

    徳倉達也, 中島千恵, 高野琴美, 渡辺ゆう子, 太田理恵子, 大谷洋一, 浅井慶介, 藤田泉.

    第7回日本うつ病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  51. 口腔内灼熱症候群患者の人格傾向および養育環境についての検討

    徳倉達也, 木村宏之, 佐藤直弘, 中村由嘉子, 伊藤幹子, 木村有希, 荒尾宗孝, 吉田契造, 栗田賢一, 尾崎紀夫.

    第22回日本総合病院精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  52. 統合失調症患者の服薬アドヒアランス向上を目指した心理教育とSSTを組み合わせた試み

    辻美江, 野田幸裕, 徳倉達也, 鳥居洋太, 富田顕旨, 木村宏之, 吉田契造, 川村由季子, 吉見陽,

    第11回SST普及協会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  53. 妄想的解釈の影響で糖尿病のコントロール不良に陥った統合失調症症例に対する多面的アプローチ

    徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第102回日本精神神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  54. 妄想的解釈の影響で糖尿病のコントロール不良に陥った統合失調症症例に対する多面的アプローチ

    徳倉達也, 尾崎紀夫.

    第164回東海精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  55. 他科からの転科・転棟依頼において苦慮した状況とその対応策

    徳倉達也, 木村宏之, 尾崎紀夫.

    第17回日本総合病院精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  56. 興味深いMR画像を呈した急性散在性脳炎の一例

    徳倉達也, 小田禄平, 岡本秀樹, 近藤照夫.

    第189回日本内科学会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  57. 多発性脾梗塞にて発症したアジア亜型intravascular large B-cell lymphoma (IVL)の一例

    徳倉達也, 村瀬卓平, 鳥山隆之, 戸谷有二.

    第185回日本内科学会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  58. Phencyclidineを用いた精神分裂病様モデル動物の作製及び薬物評価

    徳倉達也, 野田幸裕, 間宮隆吉, 市原賢二, 古川宏, 鍋島俊隆.

    第27回日本神経精神薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 名城大学IPE Web講義教材(認知症)

    徳倉達也

    2016年3月

     詳細を見る

    作品分類:教材   発表場所:名城大学  

科研費 5

  1. 口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状)における治療反応性予測因子を同定する

    研究課題/研究課題番号:19K17108  2019年04月 - 2023年03月

    若手研究

    徳倉 達也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    身体症状症(疼痛が主症状のもの)は、疼痛が慢性に持続して社会機能が低下する疾患であり、社会・経済的損失は甚大であるが、長期経過や治療反応性予測に関する証左は不十分である。本研究では、口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状のもの)患者を対象に、疼痛、生物学的因子(血中神経炎症関連物質)、心理社会的因子(抑うつ、生活の質、社会的サポート、人格傾向、養育体験)を、治療前から治療後最長3年間まで継続的に測定することで、治療反応性予測因子の同定を目指す。
    本研究は、口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状のもの)患者を対象に、疼痛(強さ・性質)、生物学的因子(血中神経炎症関連物質)、心理社会的因子(抑うつ、QOL、社会的サポート、人格傾向、養育体験)を、治療前から治療後最長3年間にわたって複数時点で測定し、治療反応性予測因子を同定することを目的としている。本課題の研究期間は2019年度~2022年度の合計4年間であり、1年目にあたる今年度の進捗実績を以下に記載する。
    1.新規症例の集積:口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状のもの)患者8症例を新規登録し、血液検体及び各種評価尺度の収集を行った。0週に加えて、12週後、6ヶ月後、1年後、2年後、3年後時点のデータ収集も順次行っている(ただし血液検体は0週と12週後のみ)。
    2.血中神経炎症関連物質についての報告:すでに収集済みの検体と合わせて、口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状のもの)患者48名と健常者44名における血中神経炎症関連物質の測定を行い、英語論文を作成した(別記)。本疾患の病態に神経炎症の一部のカスケードが病態に関与し、複数の神経炎症関連物質が罹患や治療経過に関与している可能性が示唆された。
    3.トリプトファン-キヌレニン経路代謝産物についての報告:藤田医科大学と連携して、患者群のトリプトファン-キヌレニン経路代謝産物の測定を行い、英語論文を作成した(別記)。健常者に比してアントラニル酸が高値であった。
    4.疫学調査についての報告:リエゾン歯科医療外来初診患者1202名の疫学調査を行い、英語論文を作成した(別記)。受診患者の56%が口腔領域の身体症状症(疼痛が主症状のもの)であった。
    新規症例の登録は順調に進んでおり、次年度以降も同様のペースで新規症例の集積が可能な見込みである。また、血中神経炎症関連物質、疼痛、抑うつ、QOL、社会的サポート、人格傾向、養育体験などの各種評価項目について測定および予備的解析を順次進めることができており、その結果の一部は論文の形で発表を行うことができている。
    なお、スピッツ等の器具や測定のためのマルチプレックス測定キット・蛍光抗体法測定キットは十分に購入準備ができておらず、次年度に購入を進める予定である。
    新規患者50症例の集積を目標として、新規登録を継続する。新規登録が少ない場合には、愛知学院大学歯学部附属病院内で研究啓発を行い、登録を募る予定である。
    症例集積が進むことで、6か月後、1年後、2年後、3年後といった長期経過と各種評価尺度との関連についての検討が可能となる。次年度は、まず身体症状症(疼痛が主症状のもの)患者の人格傾向と治療経過との関連について、集積されたデータを用いて予備的解析を行い、論文化を目指す予定とする。疼痛、QOL、社会的サポートなどについても、解析を順次進めていく。

  2. SNRIの疼痛緩和メカニズム探索に関する基礎および臨床の連携研究

    2017年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. SNRIの疼痛緩和メカニズム探索に関する基礎および臨床の連携研究

    研究課題/研究課題番号:17K10325  2017年04月 - 2022年03月

    木村 宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、慢性疼痛に対するセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の治療効果の指標として、末梢血中のセロトニンやノルアドレナリン再取り込み部位(SERTとNAT)タンパク質の発現量あるいはセロトニンやノルアドレナリン濃度がなり得るかどうかを、疼痛性障害患者や慢性疼痛モデルマウスについて検討している。以下の3つのパートから構成される。1,疼痛性障害患者のセロトニンおよびノルアドレナリン関連分子の変化、2,慢性疼痛モデルマウスの疼痛行動および精神行動の評価、3,マウスの脳内と末梢血中のセロトニン関連分子の測定および関連解析 その結果として、脳内‐血液間の関連性検証からSNRI による疼痛緩和効果メカニズムの明確化を目指す。1については、疼痛性障害患者に対してSNRIの疼痛改善効果に影響を与える要因として、血中サイトカイン、末梢血のセロトニンやノルアドレナリン再取り込み部位(SERTとNAT)の発現やセロトニンやノルアドレナリンの濃度等について検討した。2については、慢性疼痛モデル動物である坐骨神経部分結紮(PSNL)マウスを作製し、疼痛行動を評価するためVon Frey試験における機械刺激に対する閾値およびプランター試験における温熱刺激に対する逃避行動潜時を測定した。精神行動を評価するため、自発運動量、ショ糖嗜好性試験におけるショ糖嗜好割合、強制水泳試験における無動時間を測定した。3については、マウス1個体から脳組織と末梢血とを同時に採取し、セロトニン関連分子のタンパク質の変化が中枢と末梢血で相関しているかどうか関連解析した。PSNL/偽手術マウスの腹部大動脈採血より末梢血を採取して血小板を分画し、同時に脳組織(前頭前皮質および海馬)を採取して、各検体におけるtSERTおよびユビキチン化SERTタンパク質の発現量をウエスタンブロティング法により測定した。
    愛知学院大学歯学部外来を初診し、疼痛性障害であるBurning mouth syndrome (BMS)と診断され本研究に同意の得られた患者に対して、ヂュロキセチンの疼痛改善効果に関するデータ集積にあたっている。1について、口腔内慢性疼痛患者におけるセロトニン関連分子の変化は、健常者との比較:健常者と比較して初診時患者では総SERTタンパク質(tSERT)の発現が増加しており、ユビキチン化SERTタンパク質/tSERTは減少していた。治療後患者のtSERTの発現に変化はなかったが、ユビキチン化SERTタンパク質/tSERTは減少していた。治療前後の比較:初診時と比較して治療後ではVASおよびHAM-Dのスコアが減少していた。初診時と比較して治療後のtSERTの発現は減少傾向であったが、ユビキチン化SERTタンパク質/tSERTに変化はなかった。初診時に抑うつ状態を有する患者ではいずれも差がなかった。次に、2.について、慢性疼痛モデルマウスにおける疼痛行動および精神行動の評価とデュロキセチンの効果は、PSNLマウスでは、偽手術マウスと比較して、機械刺激に対するアロディニアおよび温熱刺激に対する痛覚過敏の発現、自発運動量、ショ糖嗜好性、および意欲の低下を呈し、うつ様行動が認められた。これら疼痛行動およびうつ様行動は、PSNL処置後のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害(SNRI)であるデュロキセチンの連続投与によって緩解された。3について、マウスの脳内と末梢血中のセロトニン関連分子の測定および関連解析は、偽手術マウスと比較してPSNLマウスではtSERT発現量の有意な発現変化(前頭前皮質:増加、血小板:減少)が認められた。前頭前皮質および血小板のいずれにおいても、SERT代謝の指標であるユビキチン化SERTタンパク質の発現が減少していた。
    疼痛性障害患者におけるSNRI 治療前後の末梢血中分子変化については、対象患者数150名をめどに症例の集積を続ける。現在も、新規患者が続々と訪れているため、目標症例数は十分到達可能な目標である。研究対象者が少ない場合、研究分担者の栗田賢一教授、伊藤幹子非常勤講師の協力により、愛知学院大学歯学部第一口腔外科学講座の教室員約400名以上に、適宜、啓発する。それでも研究遂行に支障がある場合は、愛知学院大学歯学部第一口腔外科学講座の関連する複数の総合病院口腔外科から適宜協力を得る予定である。
    1の口腔内慢性疼痛患者について、現時点では、口腔内慢性疼痛の発症にはtSERTやユビキチン化SERTタンパク質の発現変化が関与すること、SNRIは疼痛やうつ症状の改善とユビキチン化SERTタンパク質/tSERTに影響を与えることが示唆されている。今後は、追加症例の解析に加え、疼痛・うつ症状とトランスポーター関連タンパク質発現変化との関連性、および血漿中セロトニンやノルアドレナリンとそれらの代謝物の末梢血中濃度との関連性の解析を進める方向である。2、3の慢性疼痛モデルマウスについては、慢性疼痛モデルマウスはうつ様行動を惹起し、その行動には脳組織および末梢血におけるユビキチン化による代謝を介したtSERT発現量の変化が関連する可能性が示されており、今後は、デュロキセチンの疼痛および精神行動緩解作用にtSERT発現およびユビキチン化を介した代謝機構が関連しているかどうか詳細に検討していく方向である。
    本研究の成果は、国内外の雑誌、学会などで発表を行っていく。さらに、ウェブサイトでの研究成果を公表し、プレスリリースにより国民に向けて研究成果を発信する予定である。

  4. 口腔領域の疼痛性障害を対象とした痛覚閾値の定量的評価および精神医学的評価

    研究課題/研究課題番号:26860923  2014年04月 - 2018年03月

    徳倉 達也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    口腔領域の疼痛性障害患者を対象として痛覚閾値(温冷覚閾値)の定量的評価及び精神医学的評価を行った。患者群では冷覚閾値は年齢とともに低下し、女性は男性に比べて冷覚閾値が有意に高いこと、口腔内灼熱症候群患者には特有の人格傾向として慎重になりやすく新しいことに着手しにくい傾向があること、本障害におけるデュロキセチンの疼痛軽減効果と薬物血中濃度との間には明らかな関連がないこと、複数の神経炎症関連物質において患者群と健常者群との差異や治療前後での変化を認めること、などを示すことができた。

  5. 口腔領域の疼痛性障害を対象とした痛覚閾値の定量的評価および精神医学的評価

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    徳倉達也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 緩和ケア研修会(気持ちのつらさ、せん妄)

    2017

  2. 緩和ケア研修会(気持ちのつらさ、せん妄)

    2016

  3. 緩和ケア研修会(気持ちのつらさ、せん妄)

    2015

  4. 緩和ケア研修会(気持ちのつらさ、せん妄)

    2014

  5. 緩和ケア研修会(気持ちのつらさ、せん妄)

    2013

 

社会貢献活動 1

  1. 日本医師ジョガーズ連盟 ランニングドクター

    2016年8月 - 現在