2021/10/19 更新

写真a

ナカムラ ショウタ
中村 彰太
NAKAMURA Shota
所属
医学部附属病院 呼吸器外科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 手術シミュレーション

  2. 肺移植

  3. 胸膜中皮腫

  4. 胸腺腫

  5. 縦隔腫瘍

  6. 肺癌

  7. 胸部腫瘍学

  8. 呼吸器外科

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 呼吸器外科学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 「マイクロCT画像による組織学的診断技術の確立」とその臨床的評価および応用の実現

  2. 仮想胸腔鏡のみによる呼吸器外科手術の実現

  3. 高度な画像認識技術を用いた手術ナビゲーションシステムの臨床応用

  4. 多元計算解剖モデルを利用した術前術中診断・治療支援システム

経歴 9

  1. 名古屋大学   呼吸器外科   講師

    2020年10月

  2. 名古屋大学医学部附属病院   呼吸器外科   病院講師

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院   呼吸器外科   病院助教

    2016年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. Vienna General Hospital   Thoracic Surgery   Clinical Fellow

    2016年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:オーストリア共和国

  5. 名古屋大学医学部附属病院   呼吸器外科   病院助教

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院   呼吸器外科   医員

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 国立がん研究センター中央病院   外科   外科レジデント

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 大垣市民病院   胸部外科   医員

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 大垣市民病院   初期研修医

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   機能構築医学

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 愛知医科大学   医学部

    1997年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本外科学会

  2. 日本胸部外科学会

  3. 日本呼吸器外科学会

  4. 日本肺癌学会

  5. 日本呼吸器内視鏡学会

  6. 日本胸腺研究会

  7. 日本内視鏡外科学会

  8. 日本ロボット外科学会

  9. 日本外科教育研究会

  10. 日本移植学会

  11. International Association for the Study of Lung Cancer

  12. International society for heart and lung transplantation

▼全件表示

受賞 1

  1. 愛橘学術賞

    2013年   愛知医科大学同窓会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 18

  1. Prognostic Impact of the Tumor Size Eliminating the Ground Glass Opacity Component: Modified Clinical T Descriptors of the TNM Classification of Lung Cancer 査読有り

    Shota Nakamura, Takayuki Fukui, Tetsuo Taniguchi, Noriyasu Usami, Koji Kawaguchi, Futoshi Ishiguro, Akihiro Hirakawa, and Kohei Yokoi

      8 巻 ( 12 ) 頁: 1551-1557   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Multilocular Thymic Cyst Associated with Thymoma: A Clinicopathologic Study of 20 Cases With an Emphasis on the Pathogenesis of Cyst Formation. 査読有り

    Nakamura S, Tateyama H, Taniguchi T, Ishikawa Y, Kawaguchi K, Fukui T, Mizuno T, Ishiguro F, Yokoi K

    Am J Surg Pathol;36:1857-64     頁: 10.1097/PAS.0b013e31826320c4   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/PAS.0b013e31826320c4

  3. Solitary fibrous tumour of the mediastinal pleura: the origin detected with three-dimensional computed tomography angiography. 査読有り

    Nakamura S, Taniguchi T and Yokoi K

    Eur J Cardio-Thorac Surg   43 巻   頁: e92   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Multimodality therapy for thymoma patients with pleural dissemination.

    Nakamura S, Kawaguchi K, Fukui T, Hakiri S, Ozeki N, Mori S, Goto M, Hashimoto K, Ito T, Yokoi K

    General thoracic and cardiovascular surgery     2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-018-01054-7

    PubMed

  5. Computer-aided Volumetry of Part-Solid Lung Cancers by Using CT: Solid Component Size Predicts Prognosis.

    Kamiya S, Iwano S, Umakoshi H, Ito R, Shimamoto H, Nakamura S, Naganawa S

    Radiology     頁: 172319   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2018172319

    PubMed

  6. A bilateral approach to extended thymectomy using the da Vinci Surgical System for patients with myasthenia gravis 査読有り 国際誌

    Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Nakamura Shota, Taniguchi Tetsuo, Yokoi Kohei

    SURGERY TODAY   48 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 199   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1567-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. A survival analysis using physique-adjusted tumor size of non-small cell lung cancer.

    Ozeki N, Fukui T, Kawaguchi K, Nakamura S, Hakiri S, Kato T, Hirakawa A, Yokoi K

    International journal of clinical oncology     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1219-6

    PubMed

  8. Predictors for hilar/intrapulmonary lymph node metastasis in discrete type of clinical N1 non-small cell lung cancer

    Fukui Takayuki, Kato Katsuhiko, Okasaka Toshiki, Kawaguchi Koji, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Yokoi Kohei

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   65 巻 ( 11 ) 頁: 640-645   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-017-0827-4

    Web of Science

    PubMed

  9. The diffusing capacity of the lung for carbon monoxide is associated with the histopathological aggressiveness of lung adenocarcinoma

    Ozeki Naoki, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Kato Taketo, Hirakawa Akihiro, Okasaka Toshiki, Yokoi Kohei

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   52 巻 ( 5 ) 頁: 969-974   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezx124

    Web of Science

    PubMed

  10. Collaborative operation with cardiovascular surgeons in general thoracic surgery

    Fukumoto Koichi, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Kato Taketo, Oshima Hideki, Usui Akihiko, Yokoi Kohei

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   65 巻 ( 10 ) 頁: 575-580   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-017-0800-2

    Web of Science

    PubMed

  11. The Role of F-18-fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography-Computed Tomography for Predicting Pathologic Response After Induction Therapy for Thymic Epithelial Tumors

    Fukumoto Koichi, Fukui Takayuki, Okasaka Toshiki, Kawaguchi Koji, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Sugiyama Tomoshi, Kato Katsuhiko, Yokoi Kohei

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 巻 ( 7 ) 頁: 1828-1833   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-017-3938-2

    Web of Science

    PubMed

  12. Metachronous Germ Cell Tumors of the Mediastinum

    Hakiri Shuhei, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Yokoi Kohei

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   103 巻 ( 6 ) 頁: E525-E527   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.11.067

    Web of Science

    PubMed

  13. Marginal pulmonary function is associated with poor short- and long-term outcomes in lung cancer surgery

    Ozeki Naoki, Kawaguchi Koji, Okasaka Toshiki, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Yokoi Kohei

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 1 ) 頁: 37-42   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.1.37

    Web of Science

    PubMed

  14. Pulmonary metastasis from urothelial carcinoma of the upper urinary tract 29 years after nephrectomy

    Kawaguchi Koji, Okasaka Toshiki, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Yokoi Kohei

    SURGICAL CASE REPORTS   3 巻 ( 1 ) 頁: 20   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0293-3

    Web of Science

    PubMed

  15. Predictors for Pathological N1 and N2 Disease in Clinical N1 Non-Small-Cell Lung Cancer

    Fukui Takayuki, Okasaka Toshiki, Kawaguchi Koji, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Yokoi Kohei

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: S589-S589   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. Thymectomy without Definitive Diagnosis Could Be Feasible in Patients with Suspicious of Thymic Epithelial Tumor

    Hakiri Shuhei, Kawaguchi Koji, Okasaka Toshiki, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Ozeki Naoki, Naomi Akira, Sugiyama Tomoshi, Yokoi Kohei

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: S998-S999   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Pulmonary Resection for Metastatic Pancreaticobiliary Cancer: Can It Be Justified as a Treatment of Choice?

    Okasaka Toshiki, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Fukumoto Koichi, Nakamura Shota, Hakiri Shuhei, Ozeki Naoki, Naomi Akira, Sugiyama Tomoshi, Yokoi Kohei

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: S1406-S1407   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  18. Does ground glass opacity dominant feature have a prognostic significance even in clinical T2aN0M0 lung adenocarcinoma?

    Lung Cancer   89 巻 ( 1 ) 頁: 38-42   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2015.04.011

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 多元計算解剖学の基礎と臨床への応用

    橋爪誠他( 担当: 共著 ,  範囲: 胸部外科への臨床応用:Micro-CTと肺)

    誠文堂新光社  2018年3月  ( ISBN:4416518242

MISC 20

  1. Targeted Phototherapy for Malignant Pleural Mesothelioma: Near-Infrared Photoimmunotherapy Targeting Podoplanin. 査読有り

    Nishinaga Y, Sato K, Yasui H, Taki S, Takahashi K, Shimizu M, Endo R, Koike C, Kuramoto N, Nakamura S, Fukui T, Yukawa H, Baba Y, K Kaneko M, Chen-Yoshikawa TF, Kobayashi H, Kato Y, Hasegawa Y  

    Cells9 巻 ( 4 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/cells9041019

    PubMed

  2. Near infrared photoimmunotherapy targeting DLL3 for small cell lung cancer. 査読有り

    Isobe Y, Sato K, Nishinaga Y, Takahashi K, Taki S, Yasui H, Shimizu M, Endo R, Koike C, Kuramoto N, Yukawa H, Nakamura S, Fukui T, Kawaguchi K, Chen-Yoshikawa TF, Baba Y, Hasegawa Y  

    EBioMedicine52 巻   頁: 102632   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2020.102632

    PubMed

  3. 12mの階段昇段時間 年齢と肺癌手術後運動機能低下 国際誌

    尾関 直樹, 福井 高幸, 中村 彰太, 羽切 周平, 森 俊輔, 後藤 真輝, 杉山 燈人, 坪内 秀樹, 永谷 元基, 井上 貴行, 水野 陽太, 川口 晃司  

    肺癌59 巻 ( 6 ) 頁: 712 - 712   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  4. 14年前に治療した鼻腔NUT(nuclear protein of the testis)carcinomaからの肺転移切除例 国際誌

    親松 裕典, 福井 高幸, 川口 晃司, 中村 彰太, 羽切 周平, 尾関 直樹, 加藤 毅人, 橋本 久実子, 後藤 真輝, 森 俊輔, 横井 香平, 谷田部 恭  

    肺癌58 巻 ( 2 ) 頁: 139 - 139   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  5. A bilateral approach to extended thymectomy using the da Vinci Surgical System for patients with myasthenia gravis 国際誌

    Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Nakamura Shota, Taniguchi Tetsuo, Yokoi Kohei  

    SURGERY TODAY48 巻 ( 2 ) 頁: 195-199   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1567-x

    PubMed

  6. Prognostic impact of tumour size in completely resected thymic epithelial tumours. 査読有り

    Fukui T, Fukumoto K, Okasaka T, Kawaguchi K, Nakamura S, Hakiri S, Ozeki N, Hirakawa A, Tateyama H, Yokoi K  

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery50 巻 ( 6 ) 頁: 1068-1074   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezw178

    PubMed

  7. The development of large-cell carcinoma in the wall of a giant bulla complicated by hemorrhage. 査読有り

    Nakamura S, Kawaguchi K, Fukui T, Fukumoto K, Okasaka T, Yokoi K  

    Surgical case reports2 巻 ( 1 ) 頁: 22   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s40792-016-0151-8

    PubMed

  8. Impact of Thin-Section Computed Tomography-Determined Combined Pulmonary Fibrosis and Emphysema on Outcomes Among Patients With Resected Lung Cancer. 査読有り

    Hashimoto N, Iwano S, Kawaguchi K, Fukui T, Fukumoto K, Nakamura S, Mori S, Sakamoto K, Wakai K, Yokoi K, Hasegawa Y  

    The Annals of thoracic surgery102 巻 ( 2 ) 頁: 440-7   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2016.03.014

    PubMed

  9. Conditional Survival After Surgical Intervention in Patients With Non-Small Cell Lung Cancer. 査読有り

    Fukui T, Okasaka T, Kawaguchi K, Fukumoto K, Nakamura S, Hakiri S, Ozeki N, Yokoi K  

    The Annals of thoracic surgery101 巻 ( 5 ) 頁: 1877-82   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2015.11.067

    PubMed

  10. Clinical evaluation of a new tumour-node-metastasis staging system for thymic malignancies proposed by the International Association for the Study of Lung Cancer Staging and Prognostic Factors Committee and the International Thymic Malignancy Interest Group. 査読有り

    Fukui T, Fukumoto K, Okasaka T, Kawaguchi K, Nakamura S, Hakiri S, Ozeki N, Hirakawa A, Tateyama H, Yokoi K  

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery49 巻 ( 2 ) 頁: 574-9   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezv389

    PubMed

  11. Comparisons of the clinicopathological features and survival outcomes between lung cancer patients with adenocarcinoma and squamous cell carcinoma. 査読有り

    Fukui T, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukumoto K, Nakamura S, Sakao Y, Yokoi K  

    General thoracic and cardiovascular surgery63 巻 ( 9 ) 頁: 507-13   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11748-015-0564-5

    PubMed

  12. The contact length between the tumor contour and the lung on computed tomography is a risk factor for pleural recurrence after complete resection of thymoma. 査読有り

    Kato T, Iwano S, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Fukumoto K, Nakamura S, Hirakawa A, Yokoi K  

    General thoracic and cardiovascular surgery63 巻 ( 6 ) 頁: 343-8   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11748-015-0525-z

    PubMed

  13. Preoperative plasma D-dimer level is an independent prognostic factor in patients with completely resected non-small cell lung cancer. 査読有り

    Fukumoto K, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Nakamura S, Yokoi K  

    Surgery today45 巻 ( 1 ) 頁: 63-7   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00595-014-0894-4

    PubMed

  14. Micronodular thymoma with lymphoid stroma: an immunohistochemical study of the distribution of Langerhans cells and mature dendritic cells in six patients. 査読有り

    Ishikawa Y, Tateyama H, Yoshida M, Takami K, Matsuguma H, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Nakamura S, Yokoi K  

    Histopathology66 巻 ( 2 ) 頁: 300-7   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/his.12428

    PubMed

  15. The ABO blood group is an independent prognostic factor in patients with resected non-small cell lung cancer. 査読有り

    Fukumoto K, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Nakamura S, Yokoi K  

    Journal of epidemiology25 巻 ( 2 ) 頁: 110-6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2188/jea.JE20140102

    PubMed

  16. Therapeutic surgery without a definitive diagnosis can be an option in selected patients with suspected lung cancer. 査読有り

    Ozeki N, Iwano S, Taniguchi T, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Fukumoto K, Nakamura S, Hirakawa A, Yokoi K  

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery19 巻 ( 5 ) 頁: 830-7   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/icvts/ivu233

    PubMed

  17. FDG PET/CT is useful for detecting infiltration to the port site in patients with malignant pleural mesothelioma. 査読有り

    Kawaguchi K, Taniguchi T, Usami N, Fukui T, Ishiguro F, Nakamura S, Yokoi K  

    General thoracic and cardiovascular surgery62 巻 ( 3 ) 頁: 157-62   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11748-013-0345-y

    PubMed

  18. Prognostic impact of tumor size eliminating the ground glass opacity component: modified clinical T descriptors of the tumor, node, metastasis classification of lung cancer. 査読有り

    Nakamura S, Fukui T, Taniguchi T, Usami N, Kawaguchi K, Ishiguro F, Hirakawa A, Yokoi K  

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer8 巻 ( 12 ) 頁: 1551-7   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/JTO.0000000000000020

    PubMed

  19. Pulmonary metastasectomy for osteogenic and soft tissue sarcoma: who really benefits from surgical treatment? 査読有り

    Mizuno T, Taniguchi T, Ishikawa Y, Kawaguchi K, Fukui T, Ishiguro F, Nakamura S, Yokoi K  

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery43 巻 ( 4 ) 頁: 795-9   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezs419

    PubMed

  20. Solitary fibrous tumour of the mediastinal pleura: the origin detected with three-dimensional computed tomography angiography. 査読有り

    Nakamura S, Taniguchi T, Yokoi K  

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery43 巻 ( 3 ) 頁: e92   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezs627

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 複数小型カメラを用い体腔内のバードビュー化と死角をなくす映像を描出する手術ポートの開発

    2020年7月 - 2022年6月

    令和2年度 橋渡し研究戦略的推進プログラム(AMED)研究費支援シーズA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. AIを活用した気管支腔内超音波断層法(EBUS)画像解析

    研究課題/研究課題番号:21K11960  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岡地 祥太郎, 森 健策, 中村 彰太, 森 健策, 中村 彰太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、人工知能(AI)を用いて気管支鏡超音波画像を解析し、診断結果、合併症発生などを予測するソフトウェアを開発し医師の判断を支援することである。本研究では動画の気管支鏡超音波画像や診断結果などの情報を収集し、データセットを作成する。データ前処理を行い、AIモデルの構築、精度の検証を行う。最終的に気管支鏡検査時にリアルタイムに診断や合併症発生の予測を表示し、医師の判断を支援するソフトウェアを開発する。多施設前向き臨床試験でその 精度を検証し成果を学会、論文等で広く発表する。

  2. 超高精細形態画像と機能画像の統合解析による早期肺癌の次世代予後予測モデルの確立

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. マイクロCT画像による組織学的診断技術の確立

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

  4. 高度な画像認識技術を用いた手術ナビゲーションシステムの開発と臨床応用

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 多元計算解剖モデルを利用した術前術中診断・治療支援システム 計画研究

    2014年7月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 2019年度春学期全学教育科目現代医療と生命科学

    2019

  2. PBLまとめセッション

    2019

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 2021年度 4年生 臓器別臨床講義 呼吸器

    2021年6月 名古屋大学)

  2. 2021年度春学期全学教育科目現代医療と生命科学「呼吸器外科学と工学のコラボレーション」

    2021年5月 名古屋大学)

  3. 2019年度春学期全学教育科目現代医療と生命科学

    2019年7月

  4. 2019年度春学期全学教育科目現代医療と生命科学

    名古屋大学)