2021/03/17 更新

写真a

アラキ ヨシオ
荒木 芳生
ARAKI Yoshio
所属
医学部附属病院 脳神経外科 講師
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 1

  1. もやもや病

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科助教

    2015年4月 - 2016年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部付属病院脳神経外科病院助教

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学医学部付属病院脳神経外科特定病院助教

    2011年11月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学系研究科   細胞情報医学専攻脳神経病態制御学講座

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本脳神経外科学会   専門医・指導医

  2. 神経内視鏡学会   技術認定医

 

論文 29

  1. Ipsilateral late stroke after revascularization surgery for patients with Moyamoya disease

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Izumi Takashi

    ACTA NEUROCHIRURGICA     2021年2月

  2. Postoperative stroke and neurological outcomes in the early phase after revascularization surgeries for moyamoya disease: an age-stratified comparative analysis

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Matsui Kota, Emoto Ryo, Wakabayashi Toshihiko, Matsui Shigeyuki, Natsume Atsushi

    NEUROSURGICAL REVIEW     2021年1月

  3. Effects of aspirin and heparin treatment on perioperative outcomes in patients with Moyamoya disease

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROCHIRURGICA     2021年1月

  4. A case of internal trapping to a thrombosed giant rapidly growing aneurysm at the posterior cerebral artery

    Otawa Masato, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Oshima Ryosuke, Kawaguchi Tomomi, Goto Shunsaku, Ikezawa Mizuka, Kropp Asuka Elisabeth, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 566   2020年8月

  5. Surgical Designs of Revascularization for Moyamoya Disease: 15 Years of Experience in a Single Center

    Araki Yoshio, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Tanahashi Kuniaki, Masaki Sumitomo, Sho Okamoto, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   139 巻   頁: E325 - E334   2020年7月

  6. In Reply to the Letter to the Editor Regarding "Brain Compression by Encephalo-Myo-Synangiosis is a Risk Factor for Transient Neurological Deficits After Surgical Revascularization in Pediatric Patients with Moyamoya Disease"

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio

    WORLD NEUROSURGERY   136 巻   頁: 443 - 443   2020年4月

  7. Brain Compression by Encephalo-Myo-Synangiosis is a Risk Factor for Transient Neurological Deficits After Surgical Revascularization in Pediatric Patients with Moyamoya Disease

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   133 巻   頁: E558 - E566   2020年1月

  8. Posterior Cerebral Artery Reconstruction by In-Situ Bypass with Superior Cerebellar Artery via Occipital Transtentorial Approach

    Tanahashi Kuniaki, Araki Yoshio, Uda Kenji, Muraoka Shinsuke, Motomura Kazuya, Lushun Chalise, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   126 巻   頁: 24 - 29   2019年6月

  9. Intraoperative evaluation of local cerebral hemodynamic change by indocyanine green videoangiography: prediction of incidence and duration of postoperative transient neurological events in patients with moyamoya disease

    Uda Kenji, Araki Yoshio, Muraoka Shinsuke, Ota Shinji, Wada Kentaro, Yokoyama Kinya, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   130 巻 ( 4 ) 頁: 1367 - 1375   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2017.10.JNS171523

    Web of Science

    PubMed

  10. Progressive stenosis and radiological findings of vasculitis over the entire internal carotid artery in moyamoya vasculopathy associated with graves' disease: a case report and review of the literature

    Ito Hiroto, Yokoi Syunsuke, Yokoyama Kinya, Asai Takumi, Uda Kenji, Araki Yoshio, Takasu Syuntaro, Kobayashi Rei, Okada Hisashi, Okuda Satoshi

    BMC NEUROLOGY   19 巻   2019年3月

  11. Subarachnoid hemorrhage induces neuronal nitric oxide synthase phosphorylation at Ser(1412) in the dentate gyrus of the rat brain

    Wada Kentaro, Osuka Koji, Watanabe Yasuo, Usuda Nobuteru, Fukasawa Motoaki, Araki Yoshio, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    NITRIC OXIDE-BIOLOGY AND CHEMISTRY   81 巻   頁: 67 - 74   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.niox.2017.10.007

    Web of Science

    PubMed

  12. Plastic hinge relocation in reinforced concrete beams using Cu-Al-Mn SMA bars

    Pareek S., Suzuki Y., Araki Y., Youssef M. A., Meshaly M.

    ENGINEERING STRUCTURES   175 巻   頁: 765-775   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.engstruct.2018.08.072

    Web of Science

  13. Comparative Prospective Study of Microvascular Anastomosis Training by Self-Learning or with Expert Instruction

    Sakamoto Yusuke, Okamoto Sho, Shimizu Kenzo, Araki Yoshio, Hirakawa Akihiro, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   118 巻   頁: E818 - E824   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.07.061

    Web of Science

    PubMed

  14. PREDICTION OF INTRACRANIAL ARTERIAL STENOSIS PROGRESSION IN PATIENTS WITH MOYAMOYA VASCULOPATHY: CONTRAST-ENHANCED HIGH-RESOLUTION MAGNETIC RESONANCE VESSELWALL IMAGING

    Muraoka S., Araki Y., Taoka T., Kawai H., Okamoto S., Uda K., Ota S., Naganawa S., Wakabayashi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE   13 巻   頁: 32-32   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. POSTOPERATIVE MANAGEMENT OF PEDIATRIC MOYAMOYA DISEASE

    Muraoka S., Araki Y., Kondo G., Kurimoto M., Uda K., Ota S., Okamoto S., Wakabayashi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE   13 巻   頁: 77-77   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. Prediction of Intracranial Arterial Stenosis Progression in Patients with Moyamoya Vasculopathy: Contrast-Enhanced High-Resolution Magnetic Resonance Vessel Wall Imaging

    Muraoka Shinsuke, Araki Yoshio, Taoka Toshiaki, Kawai Hisashi, Okamoto Sho, Uda Kenji, Ota Shinji, Naganawa Shinji, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   116 巻   頁: E1114 - E1121   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.05.181

    Web of Science

    PubMed

  17. Association between CYP2C19 genotype and the additional effect of cilostazol to clopidogrel resistance in neuroendovascular therapy.

    Tajima H, Izumi T, Miyachi S, Matsubara N, Ito M, Imai T, Nishihori M, Shintai K, Okamoto S, Araki Y, Kumakura Y, Furukawa-Hibi Y, Yamada K, Wakabayashi T

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 2 ) 頁: 207-215   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.207

    PubMed

  18. Postoperative Cerebral Infarction Risk Factors and Postoperative Management of Pediatric Patients with Moyamoya Disease

    Muraoka Shinsuke, Araki Yoshio, Kondo Goro, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Uda Kenji, Ota Shinji, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   113 巻   頁: E190 - E199   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.212

    Web of Science

    PubMed

  19. Case of Subarachnoid Hemorrhage from Ruptured Oncotic Fusiform Aneurysms from Choriocarcinoma Metastasis Treated with Aneurysmectomy and Vessel Reconstruction

    Ito Yuichi, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Kimura Masaaki, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   113 巻   頁: 98 - 102   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.02.049

    Web of Science

    PubMed

  20. Default Mode Network Changes in Moyamoya Disease Before and After Bypass Surgery: Preliminary Report

    Sakamoto Yusuke, Okamoto Sho, Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Watanabe Hirohisa, Sobue Gen, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   112 巻   頁: E652 - E661   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.117

    Web of Science

    PubMed

  21. Elevation of Proenkephalin 143-183 in Cerebrospinal Fluid in Moyamoya Disease. 査読有り

    Yokoyama K, Maruwaka M, Yoshikawa K, Araki Y, Okamoto S, Sumitomo M, Matsuda A, Sakamoto Y, Shimizu K, Izumi T, Wakabayashi T.

    World Neurosurg   109 巻   頁: 446-459   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Elevation of Proenkephalin 143-183 in Cerebrospinal Fluid in Moyamoya Disease

    Yokoyama Kinya, Maruwaka Mikio, Yoshikawa Kazuhiro, Araki Yoshio, Okamoto Sho, Sumitomo Masaki, Kawamura Akino, Sakamoto Yusuke, Shimizu Kenzo, Izumi Takashi, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   109 巻   頁: E446 - E459   2018年1月

  23. Rapid contralateral progression of focal cerebral arteriopathy distinguished from RNF213-related moyamoya disease and fibromuscular dysplasia. 査読有り

    Araki Y, Takagi Y, Mineharu Y, Kobayashi H, Miyamoto S, Wakabayashi T.

    Childs Nerv Syst   33 巻 ( 8 ) 頁: 1405-1409   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Rapid contralateral progression of focal cerebral arteriopathy distinguished from RNF213-related moyamoya disease and fibromuscular dysplasia

    Araki Yoshio, Takagi Yasushi, Mineharu Yohei, Kobayashi Hatasu, Miyamoto Susumu, Wakabayashi Toshihiko

    CHILDS NERVOUS SYSTEM   33 巻 ( 8 ) 頁: 1405 - 1409   2017年8月

  25. Hands-on Simulation versus Traditional Video-learning in Teaching Microsurgery Technique

    Sakamoto Yusuke, Okamoto Sho, Shimizu Kenzo, Araki Yoshio, Hirakawa Akihiro, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   57 巻 ( 5 ) 頁: 238 - 245   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0317

    Web of Science

    PubMed

  26. Coiling of a Ruptured Large Internal Carotid Artery Aneurysm via Extracranial-Intracranial Saphenous Vein Bypass Graft Just After Proximal Ligation of the Internal Carotid Artery

    Tajima Hayato, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   98 巻   頁: 879.e1-879.e4   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2016.11.066

    Web of Science

    PubMed

  27. 多種多様な杉田クリップの使い方について 査読有り

    岡本 奨, 清水 賢三, 村岡 真輔, 宇田 憲司, 太田 慎次, 和田 健太郎, 坂本 悠介, 荒木 芳生, 若林 俊彦

    脳卒中の外科   45 巻 ( 2 ) 頁: 83-88   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 小児もやもや病における周術期脳梗塞 査読有り

    村岡真輔, 荒木芳生, 宇田憲司, 近藤五郎, 栗本路弘, 夏目敦至, 若林俊彦

    小児の脳神経     頁: DOI   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 非もやもや病小児閉塞性脳血管障害3例の経験 招待有り 査読有り

    荒木芳生, 近藤五郎, 栗本路弘, 村岡真輔, 宇田憲司, 夏目敦至, 若林俊彦.

    小児の脳神経   41 巻 ( 1 ) 頁: 135   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

科研費 2

  1. パスウェイ異常の同定によるもやもや病発症メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:18K08967  2018年04月 - 2021年03月

    荒木 芳生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    令和1年度は成人もやもや病4症例、内頚動脈瘤4症例について、脳表血管壁および浅側頭動脈血管壁からのtotal RNA抽出、増幅complement DNAの作成、ハウスキーピング遺伝子をターゲットとしたPCRを行うことによる検体の質の評価、ラベル化cDNAの作成、Agilent Microarray へのハイブリダイゼンーション、スキャニング、統計学的解析による発現変動遺伝子の絞り込みおよびPCRによる定量を行うことができた。その結果、もやもや病の頭蓋内にて有意に高発現している1遺伝子と低発現している1遺伝子を特定した。gene set enrichment analysis では炎症にかかわる遺伝子群がもやもや病脳表血管壁では高発現であり、コラーゲン形成にかかわる遺伝子群が低発現であった。頭蓋外血管である浅側頭動脈検体における比較では明らかな発現変動遺伝子やgene set enrichment analysis において遺伝子群の変化は認めず、これらの変化はもやもや病患者の頭蓋内動脈に特異的であるものと考えている。これらの研究結果を纏めて論文化し、現在欧文誌へ投稿中である。令和2年度は小児もやもや病症例、対照として若年者のてんかん焦点切除術検体から得た脳表の血管壁についても網羅的遺伝子発現解析を行い、小児もやもや病、成人もやもや病、全年齢に特異的な発現遺伝子の検索を行う予定である。
    予定通り成人もやもや病及び非もやもや病の脳表血管壁から得た微小検体よりtotal RNAの抽出から網羅的遺伝子発現解析と、PCRによる定量により発現変動遺伝子の特定し、結果を論文にまとめ投稿するところまで進捗できている。
    令和2年度は小児もやもや病症例、対照として若年者のてんかん焦点切除術検体から得た脳表の血管壁についても網羅的遺伝子発現解析を行い、小児もやもや病、成人もやもや病、全年齢に特異的な発現遺伝子の検索を行う予定である。

  2. もやもや病におけるエピジェネティクス解析-発症メカニズム解明にむけて-

    研究課題/研究課題番号:15K19961  2015年04月 - 2018年03月

    荒木 芳生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では、もやもや病患者の頭蓋内・外の血管から抽出した RNAサンプルを用いて(1)マイクロアレイによる網羅的発現解析を実施、(2)RNF213やPENK143-183との関連を検証。さらに (3)エピジェネティクス解析による転写調節機構とパスウェイ解析をもとに、もやもや病発症に関与する特異的遺伝子を同定。最終的に(4)もやもや病の動物モデルを作成することを目的とした。血管の微小検体からのRNA抽出の方法論の確立を目指したが困難であった。一方、我々は脳脊髄液中に含まれるRNAを対象としてマイクロアレイを用いた発現解析を行ったが最終的には有意な結果が得られなかった。