2021/03/16 更新

写真a

シノダ トモヤス
篠田 友靖
SHINODA Tomoyasu
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2006年1月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 脳発生

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 発生生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 脳発生の定量的解析

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学   助教

    2013年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学   特任助教

    2012年4月 - 2013年3月

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学   研究員

    2011年9月 - 2012年3月

  4. 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所   神経制御学部   研究員

    2008年2月 - 2011年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   理学研究科   生命理学専攻

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本解剖学会

  2. 日本発生生物学会

  3. 日本神経科学会

  4. 日本細胞生物学会

受賞 1

  1. BP/NP/NC 2006 Nagoya outostanding paper award

    2006年9月  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 32

  1. Two-photon microscopic observation of cell-production dynamics in the developing mammalian neocortex in utero 査読有り

    Kawasoe Ryotaro, Shinoda Tomoyasu, Hattori Yuki, Nakagawa Mami, Pham Trung Quang, Tanaka Yoshihiro, Sagou Ken, Saito Kanako, Katsuki Satoru, Kotani Tomomi, Sano Akihito, Fujimori Toshihiko, Miyata Takaki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   62 巻 ( 2 ) 頁: 118 - 128   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Development Growth and Differentiation  

    DOI: 10.1111/dgd.12648

    Web of Science

    Scopus

  2. Dorsal-to-Ventral Cortical Expansion Is Physically Primed by Ventral Streaming of Early Embryonic Preplate Neurons

    Saito Kanako, Okamoto Mayumi, Watanabe Yuto, Noguchi Namiko, Nagasaka Arata, Nishina Yuta, Shinoda Tomoyasu, Sakakibara Akira, Miyata Takaki

    CELL REPORTS   29 巻 ( 6 ) 頁: 1555 - +   2019年11月

  3. Lzts1 controls both neuronal delamination and outer radial glial-like cell generation during mammalian cerebral development 査読有り

    Kawaue T., Shitamukai A., Nagasaka A., Tsunekawa Y., Shinoda T., Saito K., Terada R., Bilgic M., Miyata T., Matsuzaki F., Kawaguchi A.

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-019-10730-y

    Web of Science

    Scopus

  4. Elasticity-based boosting of neuroepithelial nucleokinesis via indirect energy transfer from mother to daughter

    Shinoda Tomoyasu, Nagasaka Arata, Inoue Yasuhiro, Higuchi Ryo, Minami Yoshiaki, Kato Kagayaki, Suzuki Makoto, Kondo Takefumi, Kawaue Takumi, Saito Kanako, Ueno Naoto, Fukazawa Yugo, Nagayama Masaharu, Miura Takashi, Adachi Taiji, Miyata Takaki

    PLOS BIOLOGY   16 巻 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/jourrnal.pbio.2004426

    Web of Science

  5. Elasticity-based boosting of neuroepithelial nucleokinesis via indirect energy transfer from mother to daughter.

    Shinoda T, Nagasaka A, Inoue Y, Higuchi R, Minami Y, Kato K, Suzuki M, Kondo T, Kawaue T, Saito K, Ueno N, Fukazawa Y, Nagayama M, Miura T, Adachi T, Miyata T

    PLoS biology   16 巻 ( 4 ) 頁: e2004426   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.2004426

    PubMed

  6. Katanin p80, NuMA and cytoplasmic dynein cooperate to control microtubule dynamics. 査読有り

    Jin M, Pomp O, Shinoda T, Toba S, Torisawa T, Furuta K, Oiwa K, Yasunaga T, Kitagawa D, Matsumura S, Miyata T, Tan TT, Reversade B, Hirotsune S.

    Scientific reports   7 巻   頁: 39902   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep39902.

  7. Katanin p80, NuMA and cytoplasmic dynein cooperate to control microtubule dynamics 査読有り

    Jin Mingyue, Pomp Oz, Shinoda Tomoyasu, Toba Shiori, Torisawa Takayuki, Furuta Ken'ya, Oiwa Kazuhiro, Yasunaga Takuo, Kitagawa Daiju, Matsumura Shigeru, Miyata Takaki, Tan Thong Teck, Reversade Bruno, Hirotsune Shinji

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   頁: 39902   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep39902

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Synergistic action of nectins and cadherins generates the mosaic cellular pattern of the olfactory epithelium. 査読有り

    Katsunuma S, Honda H, Shinoda T, Ishimoto Y, Miyata T, Kiyonari H, Abe T, Nibu K, Takai Y, Togashi H.

    J Cell Biol   212 巻   頁: 561-575   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 561-575

  9. Synergistic action of nectins and cadherins generates the mosaic cellular pattern of the olfactory epithelium 査読有り

    Katsunuma Sayaka, Honda Hisao, Shinoda Tomoyasu, Ishimoto Yukitaka, Miyata Takaki, Kiyonari Hiroshi, Abe Takaya, Nibu Ken-ichi, Takai Yoshimi, Togashi Hideru

    JOURNAL OF CELL BIOLOGY   212 巻 ( 5 ) 頁: 561 - 575   2016年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cell Biology  

    DOI: 10.1083/jcb.201509020

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Differences in the Mechanical Properties of the Developing Cerebral Cortical Proliferative Zone between Mice and Ferrets at both the Tissue and Single-Cell Levels 査読有り

    Nagasaka Arata, Shinoda Tomoyasu, Kawaue Takumi, Suzuki Makoto, Nagayama Kazuaki, Matsumoto Takeo, Ueno Naoto, Kawaguchi Ayano, Miyata Takaki

    FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY   4 巻 ( NOV ) 頁: 139   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Cell and Developmental Biology  

    DOI: 10.3389/fcell.2016.00139

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Disrupted-in-schizophrenia 1 regulates transport of ITPR1 mRNA for synaptic plasticity. 査読有り

    Tsuboi D, Kuroda K, Tanaka M, Namba T, Iizuka Y, Taya S, Shinoda T, Hikita T, Muraoka S, Iizuka M, Nimura A, Mizoguchi A, Shiina N, Sokabe M, Okano H, Mikoshiba K, Kaibuchi K.

    Nat Neurosci.   ( 18 ) 頁: 698-707   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn.3984.

  12. Disrupted-in-schizophrenia 1 regulates transport of ITPR1 mRNA for synaptic plasticity 査読有り

    Tsuboi Daisuke, Kuroda Keisuke, Tanaka Motoki, Namba Takashi, Iizuka Yukihiko, Taya Shinichiro, Shinoda Tomoyasu, Hikita Takao, Muraoka Shinsuke, Iizuka Michiro, Nimura Ai, Mizoguchi Akira, Shiina Nobuyuki, Sokabe Masahiro, Okano Hideyuki, Mikoshiba Katsuhiko, Kaibuchi Kozo

    NATURE NEUROSCIENCE   18 巻 ( 5 ) 頁: 698 - +   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Neuroscience  

    DOI: 10.1038/nn.3984

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Interkinetic nuclear migration generates and opposes ventricular-zone crowding: insight into tissue mechanics 査読有り

    Miyata Takaki, Okamoto Mayumi, Shinoda Tomoyasu, Kawaguchi Ayano

    FRONTIERS IN CELLULAR NEUROSCIENCE   8 巻 ( 8 ) 頁: 473   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Cellular Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fncel.2014.00473

    Web of Science

    Scopus

  14. Ferret-mouse differences in interkinetic nuclear migration and cellular densification in the neocortical ventricular zone 査読有り

    Okamoto Mayumi, Shinoda Tomoyasu, Kawaue Takumi, Nagasaka Arata, Miyata Takaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   86 巻   頁: 88 - 95   2014年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience Research  

    DOI: 10.1016/j.neures.2014.10.006

    Web of Science

    Scopus

  15. Neurogenin2-d4Venus and Gadd45g-d4Venus transgenic mice: visualizing mitotic and migratory behaviors of cells committed to the neuronal lineage in the developing mammalian brain. 査読有り

    Kawaue T, Sagou K, Kiyonari H, Ota K, Okamoto M, Shinoda T, Kawaguchi A, Miyata T.

    Dev Growth Differ.   ( 56 ) 頁: 293-304   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12131.

  16. Ferret-mouse differences in interkinetic nuclear migration and cellular densification in the neocortical ventricular zone. 査読有り

    Okamoto M, Shinoda T, Kawaue T, Nagasaka A, Miyata T.

    Neurosci Res.     頁: 88-95   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. TAG-1-assisted progenitor elongation streamlines nuclear migration to optimize subapical crowding. 査読有り

    Okamoto M, Namba T, Shinoda T, Kondo T, Watanabe T, Inoue Y, Takeuchi K, Enomoto Y, Ota K, Oda K, Wada Y, Sagou K, Saito K, Sakakibara A, Kawaguchi A, Nakajima K, Adachi T, Fujimori T, Ueda M, Hayashi S, Kaibuchi K, Miyata T.

    Nat Neurosci.   ( 16 ) 頁: 1556-1566   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn.3525.

  18. Application of in utero electroporation and live imaging in the analyses of neuronal migration during mouse brain development 査読有り

    Nishimura Yoshiaki V., Shinoda Tomoyasu, Inaguma Yutaka, Ito Hidenori, Nagata Koh-ichi

    MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY   45 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 6   2012年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medical Molecular Morphology  

    DOI: 10.1007/s00795-011-0557-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. ROLE OF THE SEPTIN IN NEURAL CELL MIGRATION DURING BRAIN DEVELOPMENT 査読有り

    Nagata K., Shinoda T., Nishimura Y. V, Ito H.

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   118 巻   頁: 169 - 169   2011年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Functional analysis of Dysbindin, a schizophrenia risk factor, in dendritic spine formation 査読有り

    Ito H., Morishita R., Nishimura Y., Shinoda T., Iwamoto I., Nagata K-I.

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   22 巻   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. SCHIZOPHRENIA SUSCEPTIBILITY GENE, DYSBINDIN-1, REGULATES THE DENDRITIC SPINE FORMATION: EVIDENCE SUPPORTING NEURODEVELOPMENTAL HYPOTHESIS 査読有り

    Ito H., Morishita R., Shinoda T., Iwamoto I., Sudo K., Nagata K.

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   115 巻   頁: 15 - 15   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Dysbindin-1, WAVE2 and Abi-1 form a complex that regulates dendritic spine formation 査読有り

    Ito Hidenori, Morishita Rika, Shinoda Tomoyasu, Sudo Kaori, Iwamoto Ikuko, Nagata Koh-ichi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68 巻   頁: E120 - E120   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.2101

    Web of Science

  23. Septin 14 is involved in cortical neuronal migration via interaction with Septin 4 査読有り

    Shinoda Tomoyasu, Ito Hidenori, Sudo Kaori, Iwamoto Ikuko, Morishita Rika, Nagata Koh-ichi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68 巻   頁: E251 - E251   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.1113

    Web of Science

  24. Proteomic analysis reveals novel binding partners of dysbindin, a schizophrenia-related protein 査読有り

    Hikita Takao, Taya Shinichiro, Fujino Yasutaka, Taneichi-Kuroda Setsuko, Ohta Kanae, Tsuboi Daisuke, Shinoda Tomoyasu, Kuroda Keisuke, Funahashi Yusuke, Uraguchi-Asaki Junko, Hashimoto Ryota, Kaibuchi Kozo

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   110 巻 ( 5 ) 頁: 1567 - 1574   2009年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurochemistry  

    DOI: 10.1111/j.1471-4159.2009.06257.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Sept14 is involved in the proper positioning of cortical pyramidal neuron 査読有り

    Shinoda Tomoyasu, Ito Hidenori, Sudo Kaori, Iwamoto Ikuko, Morishita Rika, Nagata Koh-Ichi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   65 巻   頁: S94 - S94   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2009.09.395

    Web of Science

  26. DISC1 regulates neurotrophin-induced axon elongation via interaction with Grb2 査読有り

    Shinoda Tomoyasu, Taya Shinichiro, Tsuboi Daisuke, Hikita Takao, Matsuzawa Reiko, Kuroda Setsuko, Iwamatsu Akihiro, Kaibuchi Kozo

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   27 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 14   2007年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroscience  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3825-06.2007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. DISC1 regulates the transport of the NUDEL/LIS1/14-3-3 epsilon complex through Kinesin-1 査読有り

    Taya Shinichiro, Shinoda Tomoyasu, Tsuboi Daisuke, Asaki Junko, Nagai Kumiko, Hikita Takao, Kuroda Setsuko, Kuroda Keisuke, Shimizu Mariko, Hirotsune Shinji, Iwamatsu Akihiro, Kaibuchi Kozo

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   27 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 26   2007年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroscience  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.3826-06.2006

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. DISC1 interacts with RNA-binding proteins in messenger ribonucleoprotein complex 査読有り

    Tsuboi D, Taya S, Shinoda T, Hikita T, Kuroda S, Kaibuchi K

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100 巻   頁: 242P - 242P   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. Plexin-A4 mediates axon-repulsive activities of both secreted and transmembrane semaphorins and plays roles in nerve fiber guidance 査読有り

    Suto F, Ito K, Uemura M, Shimizu M, Shinkawa Y, Sanbo M, Shinoda T, Tsuboi M, Takashima S, Yagi T, Fujisawa H

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   25 巻 ( 14 ) 頁: 3628 - 3637   2005年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroscience  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.4480-04.2005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Roles of disrupted-in-schizophrenia-1 (DISC1) in neuronal morphologies and functions 査読有り

    Taya S, Nagai K, Shinoda T, Kaibuchi K

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94 巻   頁: 19P - 19P   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. Inhibition of leukemia-associated RhoGEF (LARG) activity by collapsin response mediator protein-2 (CRMP-2) 査読有り

    Taya S, Shinoda T, Nagai K, Iwamatsu A, Matsuura Y, Kaibuchi K

    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   13 巻   頁: 53A - 53A   2002年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. Differential expression of plexin-A subfamily members in the mouse nervous system 査読有り

    Murakami Y, Suto F, Shimizu M, Shinoda T, Kameyama T, Fujisawa H

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   220 巻 ( 3 ) 頁: 246 - 258   2001年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 神経幹細胞による「他力」活用: 集団的核移動の効率と細胞産生の安全

    篠田 友靖, 川上 巧, 宮田 卓樹( 担当: 共著 ,  範囲: 生化学 第90巻第6号、1-5.)

    2018年12月 

  2. SNARE複合体形成におけるセプチンの役割

    伊藤 秀記, 篠田 友靖, 永田浩一( 担当: 共著 ,  範囲: 生体の科学 61, 242-246.)

    2010年6月 

  3. DISC1依存的な神経軸索伸長メカニズム

    篠田 友靖( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Medical Science Digest Vol.4, No.7, 5-6.)

    2008年6月 

  4. 統合失調症脆弱性因子DISC1によるNUDEL複合体、Grb2の軸索への輸送制御

    田谷 真一郎, 篠田 友靖, 貝淵 弘三( 担当: 共著 ,  範囲: 細胞工学26, 410-411.)

    2007年4月 

  5. DISC1 regulates neurotrophin-induced axon elongation via interaction with Grb2

    篠田 友靖( 担当: 共著)

    [s.n.]  2007年 

     詳細を見る

MISC 2

  1. Neurogenin2-d4Venus and Gadd45g-d4Venus transgenic mice: visualizing mitotic and migratory behaviors of cells committed to the neuronal lineage in the developing mammalian brain. 査読有り

    Kawaue T, Sagou K, Kiyonari H, Ota K, Okamoto M, Shinoda T, Kawaguchi A, Miyata T  

    Dev Growth Differ. ( 56 ) 頁: 293-304   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12131.

  2. TAG-1-assisted progenitor elongation streamlines nuclear migration to optimize subapical crowding. 査読有り

    Okamoto M, Namba T, Shinoda T, Kondo T, Watanabe T, Inoue Y, Takeuchi K, Enomoto Y, Ota K, Oda K, Wada Y, Sagou K, Saito K, Sakakibara A, Kawaguchi A, Nakajima K, Adachi T, Fujimori T, Ueda M, Hayashi S, Kaibuchi K, Miyata T  

    Nat Neurosci. ( 16 ) 頁: 1556-1566   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn.3525.

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 神経幹細胞集団の動態・形態から問う大脳皮質形成機構

    2015年12月 - 現在

    学内共同研究 

科研費 7

  1. 細胞膜動態に着目した神経系前駆細胞核運動の機構解明

    研究課題/研究課題番号:20K07223  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金 

    篠田 友靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究「細胞膜動態に着目した神経系前駆細胞核運動の機構解明」は、脳発生に不可欠である神経系前駆細胞の核運動に焦点を当てて、核にどのような外力が加わり、その結果として核が細胞内を「動く」のかを本質的に明らかにする。これを達成するために、①核に実際に加わっている力の検出、および②核運動にともなう細胞膜の「流れ」の理解という、これまでない着眼点からこの問いに挑む。本研究により得られる成果は、細胞という閉鎖空間内をいかにして核という巨大オルガネラが動きうるのかという課題に、システム的理解・新概念をもたらすものとなる。

  2. 力学的観点から問う大脳発生

    研究課題/研究課題番号:17K08489  2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金 

    篠田 友靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    脳の細胞を産み出す神経系前駆細胞が細胞体を動かすための、全く新しいメカニズムを発見しました。脳室面隣接域で母細胞が細胞分裂するとき、周囲の細胞を押しのけ、変形させます。そして、押しのけられた細胞たちが元の形に戻ろうとする力を娘細胞が受け取り、自身を脳の外側に動かします。この「押したら変形し、元に戻ろうとする」という性質を利用する、とても合理的な仕組みが存在することが明らかになりました。この性質を利用した力の受け渡しが、神経系前駆細胞の動く方向に規則性を作り出し、途切れることのない細胞の産生と秩序を持った細胞の積み上がりをつくり出します。このおかげで正しい形に脳がつくられることがわかりました。
    「再生医療」の核となるオルガノイドの形成過程では、細胞集団が自立的に秩序立った積み重なりを産み出すことが知られていました。この「自己組織化」の原理は、実はよく判っていなかったのです。本研究で明らかになった「力の受け渡しによる細胞産生・供給方向の秩序化」は、大脳発生のみに留まらず、多細胞の積み重なりに秩序を与えて組織を形成する過程の一般的な原理のひとつであると思われます。
    またヒトの脳は本研究でモデルとしたマウスよりも、はるかにたくさんの細胞が積み重なっています。もしかしたら、ヒトの脳ではより効率的で洗練された「力の受け渡し」メカニズムが存在しているのかもしれません。

  3. 脳室帯のシステム科学的研究

    研究課題/研究課題番号:16H02457  2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金 

    宮田 卓樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究「脳室帯のシステム科学的研究」は,脳細胞産生の場である「脳室帯」が異なる細胞群によって一種の「生態系」あるいは「社会」として構成されていることに注目し,大脳皮質細胞の「生産ライン」群がどのような近隣関係性をもって三次元的にパックされ,効率的細胞供給が果たされているか,マウスおよび他哺乳類を対象に明らかにすることで,大脳形成を支える原理,組織形成上の脆弱点,ヒトの先天性疾患の病因などを理解できるようになるとの期待のもと実施されている. 平成30年度は,これまでの成果を複数の論文として発表した.まず,新しく誕生した細胞が脳室面から速やかに立ち去り,次の細胞産生すなわち前駆細胞による分裂の邪魔にならないようにするために,弾性が利用されていることを見いだした.この弾性は,細胞の密集性により成立している.親細胞が分裂のため膨らむ際に周囲を押し,そこにいったん蓄えられた弾性エネルギーが,親細胞の分裂の直後に子細胞に戻ってきてその初動が助けられるという受動的な機構である(PLOS Biologyに報告).次に,そのような細胞密集による組織の弾性・圧縮性が一定の範囲内に限定されることに重要な意味がある(さもないと細胞づくりがうまく進まない)と見いだした(Developmentに報告).「限定」は,分化途上の細胞がお互いに絡み合ってバリア構造を作ることで果たされると分かった(煮物料理における落としぶたのような存在). さらに,脳原基での役割がまだよく分かっていないミクログリアに関して,脳室帯付近における振る舞いとそのしくみの一端を明らかにした(Genes CellsおよびeNeuroに報告).これらにより,脳室帯についての理解が大いに増しつつある.
    地道に行なって来たイメージング,定量解析,力学的な試験などが集約されて大きな突破をいくつかの異なる切り口・対象において果たすことができた.こうした成果によって,新しい立ち位置・視点で残された課題に挑むことができる態勢が整いつつあると考えられ,最終年度の研究の進捗が大いに期待できる.
    脳室帯から発される放射状ファイバーは脳構造の支柱であるとともに,ニューロン移動のガイドに貢献することが知られる.このように「ニューロンを助ける」と知られてきた脳室帯由来ファイバーに対して胎生早期に誕生するニューロンが接線方向移動をすることで物理的な影響を及ぼし,放射状ファイバーの走行,ひいては大脳皮質形成,生後の領野マップ形成を下支えする可能性が生じてきた(昨年度,国際学会で部分的に発表)ので,イメージング,力学的シミュレーション,流れを止める・弱くする実験など,詰めの解析を行い,論文発表を目指す.

  4. 神経上皮偽重層化構造の維持機構

    研究課題/研究課題番号:15K18953  2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    篠田 友靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    中枢神経組織の発生時に認められる神経上皮は、細長い神経系前駆細胞が束なりつつ細胞体が細胞周期に応じて動くという極めて動的な上皮組織である。本研究では何故このような動的構造が成立しうるのかを調べた。これまでにない高時間・空間分解能の全細胞動態観察によって大脳原基の脳室面に存在する応力を推定し、数理シミュレーションおよび実験的に検証した結果、ある細胞周期の前駆細胞の動きがその周囲の前駆細胞の変形・復元する力を巧みに利用していることが明らかとなった。この結果は、神経上皮という構造自体がその経時的維持に重要な役割をはたしていることを示している。

  5. セプチン複合体の分子作用機構解析

    研究課題/研究課題番号:23700463  2011年 - 2013年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    篠田 友靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では大脳皮質形成時の神経細胞遊走を解析モデルとして精神・神経疾患関連分子であるSeptinファミリー分子の作用機序解明を遂行した。1)生化学的手法による分子機能検証、2)分散培養および大脳皮質内での神経細胞の動態・形態観察というふたつの手法にて検証した結果、Septinファミリー分子の一部がヘテロダイマーを形成し、異なる機能を持つふたつのF-actin結合タンパク質、cofilin-1およびdrebrin-1の「足場」として機能することを見出した。

  6. 神経疾患関連分子セプチンの神経細胞における分子機能解析

    研究課題/研究課題番号:20800086  2008年 - 2010年

    科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ)

    篠田 友靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3302000円 ( 直接経費:2540000円 、 間接経費:762000円 )

    セプチンファミリー分子は真核細胞にて高度に保存されている分子群であり、いくつかのファミリー分子は神経組織に特異的な発現を示す。一方、神経細胞におけるセプチンファミリー分子の分子機能は、現在までにほとんど解明されていなかった。本研究の結果、同ファミリー分子のSept14およびSept4が大脳皮質形成時において興奮性神経細胞の移動過程に重要な役割を果たすことが明らかになった。

  7. セマフォリン、プレキシン相互作用による神経回路網形成の制御

    研究課題/研究課題番号:02J05615   2002年04月 - 2005年03月

    特別研究員奨励費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 発生学

    2020

  2. 肉眼解剖学

    2020

  3. 肉眼解剖学

    2019

  4. 肉眼解剖学

    2018

  5. 肉眼解剖学

    2017

  6. 肉眼解剖学

    2016

  7. 肉眼解剖学

    2015

  8. 肉眼解剖学

    2014

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 肉眼解剖学実習

    名古屋大学医学部)

  2. 生体と薬物(実習)

    名古屋大学医学部)