2021/03/29 更新

写真a

ミヤザキ クニマサ
宮崎 州正
MIYAZAKI Kunimasa
所属
大学院理学研究科 物質理学専攻 相関物性学 教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1995年3月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 3

  1. ガラス転移 ジャミング転移

  2. ガラス転移 ジャミング転移

  3. jamming transition

研究分野 1

  1. その他 / その他  / ソフトマターの非平衡物理学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. ガラス転移理論

  2. 非平衡統計物理学

経歴 1

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科 物質理学専攻 相関物性学   教授

    2013年4月 - 現在

所属学協会 6

  1. 日本物理学会

  2. American Physical Society

  3. 高分子学会

  4. 日本物理学会

  5. American Physical Society

  6. American Chemical Society

▼全件表示

 

論文 47

  1. Multiple glass transitions and higher-order replica symmetry breaking of binary mixtures

    Ikeda Harukuni, Miyazaki Kunimasa, Yoshino Hajime, Ikeda Atushi

    PHYSICAL REVIEW E   103 巻 ( 2 )   2021年2月

  2. Structural relaxation in quantum supercooled liquids: A mode-coupling approach

    Das Ankita, Rabani Eran, Miyazaki Kunimasa, Harbola Upendra

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   154 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

  3. Glass Stability Changes the Nature of Yielding under Oscillatory Shear

    Yeh Wei-Ting, Ozawa Misaki, Miyazaki Kunimasa, Kawasaki Takeshi, Berthier Ludovic

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   124 巻 ( 22 )   2020年6月

  4. In Situ Measurement of Local pH at Working Electrodes in Neutral pH Solutions by the Rotating Ring-Disk Electrode Technique

    Yokoyama Yuko, Miyazaki Kohei, Miyahara Yuto, Fukutsuka Tomokazu, Abe Takeshi

    CHEMELECTROCHEM   6 巻 ( 18 ) 頁: 4750 - 4756   2019年9月

  5. The Fredrickson-Andersen model with random pinning on Bethe lattices and its MCT transitions 査読有り

    EPL   116 巻 ( 5 ) 頁: 56004   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1209/0295-5075/116/56004

  6. Cluster Glass Transition of Ultrasoft-Potential Fluids at High Density 査読有り

    Ryoji Miyazaki, Takeshi Kawasaki, and Kunimasa Miyazaki

    Phys. Rev. Lett.   117, 巻   頁: 16570   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevLett.117.165701

  7. Misaki Ozawa, Kang Kim, Kunimasa Miyazaki 招待有り 査読有り

    Misaki Ozawa, Kang Kim, Kunimasa Miyazaki

    Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment     頁: 074006   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Mean-field dynamic criticality and geometric transition in the Gaussian core model 査読有り

    Daniele Coslovich, Atsushi Ikeda, Kunimasa Miyazaki,

    Phys. Rev. E   93 巻   頁: 042602   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevE.93.042602

  9. ガラス転移理論の最近の発展 招待有り 査読有り

    宮崎州正, 尾澤岬, 池田昌司

    「熱測定」   42 巻 ( 4 ) 頁: 135-141.   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  10. ガラス転移の統計物理学(第60回物性若手夏の学校:講義) 招待有り

    宮崎州正

    「物性研究・電子版」   Vol. 4. 巻 ( 11月 ) 頁: 044206   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  11. Facilitated spin model on Bethe lattice with random pinning 査読有り

    Harukuni Ikeda, Kunimasa Miyazaki

    EPL   112 巻   頁: 16001   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study the effects of random pinning on the Fredrickson-Andersen model on the Bethe lattice. We find that the nonergodic transition temperature rises as the fraction of the pinned spins increases and the transition line terminates at a critical point. The freezing behavior of the spins is analogous to that of a randomly pinned p-spin mean-field spin glass model which has been recently reported. The diverging behavior of correlation lengths in the vicinity of the terminal critical point is found to be identical to the prediction of the inhomogeneous mode-coupling theory at the A 3 singularity point for the glass transition.

    DOI: http://dx.doi.org/10.1209/0295-5075/112/16001

  12. Reply to Chakrabarty et al.: Particles move even in ideal glasses 査読有り

    Misaki Ozawa, Walter Kob, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   112 巻 ( 35 ) 頁: E4821–E4822   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1513323112

  13. Equilibrium phase diagram of a randomly pinned glass-former 査読有り

    Misaki Ozawa, Walter Kob, Atsushi Ikeda, Kunimasa Miyazaki,

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   112 巻   頁: 6914   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1500730112

  14. Critical dynamical heterogeneities close to continuous second-order glass transitions 査読有り

    Saroj Kumar Nandi, Giulio Biroli, Jean-Philippe Bouchaud, Kunimasa Miyazaki, David R. Reichman,

    Physical Review Letters   113 巻   頁: 245701   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1103/PhysRevLett.113.245701

  15. Brownian motion with multiplicative noises revisited 査読有り

      47 巻   頁: 012001   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1088/1751-8113/47/1/012001

  16. Slow dynamics of supercooled liquids confined in random pinning fields: Type A-B relaxations and reentrant transitions 査読有り

    Kang Kim, Kunimasa Miyazaki and Shinji Saito

    AIP Conference Proceedings   1518 巻   頁: 227-231 (2013).   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  17. Jamming and Glass Transitions viewed from the Mean Field Pictures

    Misaki Ozawa, Takeshi Kuroiwa, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki

    AIP Conf. Proc.   1518 巻   頁: 128-133   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. Dynamic Length Scales in Glass-Forming Liquids: A Inhomogeneous Molecular Dynamics Simulation Approach 招待有り 査読有り

    Kang Kim, Shinji Saito, Kunimasa Miyazaki, Giulio Biroli, and David R. Reichman

    Journal of Physical Chemistry B   117 巻   頁: 13259-13267   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Jamming Transition and Inherent Structures of Hard Spheres and Disks 査読有り

    Misaki Ozawa, Takeshi Kuroiwa, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki,

    Phys. Rev. Lett   109 巻   頁: 205701   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.109.205701

  20. Ultra-soft potential system as a mean-field model of the glass transition

    Atsushi Ikeda and Kunimasa Miyazaki

    J. Phys. Soc. Jpn.Supplement A   81 巻   頁: SA006   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJS.81SA.SA006

  21. Theory and simulations of quantum glass forming liquids 査読有り

    Thomas E. Markland, Joseph A. Morrone, Kunimasa Miyazaki, Bruce J. Berne, David R. Reichman, Eran Rabani

    J. Chem. Phys.   136 巻   頁: 074511 (10pp)   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Slow Dynamics of the High Density Gaussian Core Model 査読有り

    Atsushi Ikeda and Kunimasa Miyazaki

    J. Chem. Phys.   135 巻   頁: 054901   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Thermodynamics and Structural Properties of the High Density Gaussian Core Model

    Atsushi Ikeda and Kunimasa Miyazaki

    J. Chem. Phys.   135 巻   頁: 024901   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Glass Transition of the Monodisperse Gaussian Core Model

    Misaki Ozawa, Takeshi Kuroiwa, Atsushi Ikeda, and Kunimasa Miyazaki,

    Phys. Rev. Lett.   106 巻   頁: 015701   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Reply to Comment on Mode coupling Theory as a Mean- Field Description of the Glass Transitionby Rolf Schilling and Bernhard Schmid

    Atsushi Ikeda and Kunimasa Miyazaki

    Phys. Rev. Lett.   106 巻   頁: 049602   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Quantum fluctuations can promote or inhibit glass formation

    Thomas E. Markland, Joseph A. Morrone, Bruce J. Berne, Kunimasa Miyazaki, Eran Rabani, David R. Reichman

    Nature Physics   7 巻   頁: 134   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Slow dynamics, dynamic heterogeneities, and fragility of supercooled liquids confined in random media 査読有り

    K. Kim, K. Miyazaki, and S. Saito,

    J. Phys.: Condens. Matter   23 巻   頁: 234123   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Molecular dynamics studies of slow dynamics in random media: Type A-B and reentrant transitions

    K. Kim, K. Miyazaki, and S. Saito

    European Physical Journal Special Topics   189 巻   頁: 135-139   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Arrested fluid-fluid phase separation in depletion systems: Implications of the characteristic length on gel formation and rheology

    J. C. Conrad, H. M. Wyss, V. Trappe, S. Manley, K. Miyazaki, L. J. Kaufman, A. B. Schofield, D. R. Reichman, and D. A. Weitz

    J. Rheol.   54 巻   頁: 421-438   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Numerical and Theoretical Study of a Monodisperse Hard-Sphere Glass Former

    P. Charbonneau, A. Ikeda, J. A. van Meel, and K. Miyazaki

    Phys. Rev. E   81 巻   頁: 040501(R)   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Mode-Coupling Theory as a Mean-Field Description of the Glass Transition

    Atsushi Ikeda and Kunimasa Miyazaki

    Phys. Rev. Lett.   104 巻   頁: 255704   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Slow dynamics in random media: Crossover from glass to localization transition

    K. Kim, K. Miyazaki, and S. Saito

    Europhys. Lett.   88 巻   頁: 36002   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Soft colloids make strong glasses

    Johan Mattsson, Hans M. Wyss, Alberto Fernandez-Nieves, Kunimasa Miyazaki, Zhibing Hu, David R. Reichman, and David A. Weitz

    Nature   462 巻   頁: 83-86   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. On the role of hydrodynamic interactions in colloidal gelation

    R. Yamamoto, K. Kim, Y. Nakayama, K. Miyazaki, and D.R. Reichman

    J. Phys. Soc. Japan   77 巻   頁: 084804   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Nonlinear Susceptibility and Dynamical Length Scale of Glassy Systems

    K. Miyazaki, G. Biroli, J-P. Bouchaud, and D. R. Reichman

    COMPLEX SYSTEMS: 5th International Workshop on Complax Systems , Eds. M. Tokuyama, I. Oppenheim, and H. Nishiyama, (American Institute of Physics 2008)     頁: 173-176   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  36. Strain-Rate Frequency Superposition - A rheological probe of structural relaxation in soft materials

    H. M. Wyss, K. Miyazaki, J. Mattsson, Z. Hu, D. R. Reichman, and D. A. Weitz

    '', Phys. Rev. Lett.   98 巻   頁: 238303   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Spontaneous and induced dynamic correlations in glass formers. II. Model calculations and comparison to numerical simulations

    L. Berthier, G. Biroli, J.-P. Bouchaud, W. Kob, K. Miyazaki, and D. R. Reichman

    J. Chem. Phys.   126 巻   頁: 184504   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Spontaneous and induced dynamic fluctuations in glass formers. I. General results and dependence on ensemble and dynamics

    L. Berthier, G. Biroli, J.-P. Bouchaud, W. Kob, K. Miyazaki, and D. R. Reichman

    J. Chem. Phys.   126 巻   頁: 126, 184503   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Inhomogeneous mode-coupling theory and growing dynamic length in supercooled liquids

    G. Biroli, J-P. Bouchaud, K. Miyazaki, and D. R. Reichman

    Phys. Rev. Lett.   97 巻   頁: 195701 (2006).   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Cooperativity beyond caging: Generalized mode-coupling theory

    P. Mayer, K. Miyazaki, and D. R. Reichman

    Phys. Rev. Lett.   97 巻   頁: 095702 (2006).   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Nonlinear viscoelasticity of metastable complex fluids

    K. Miyazaki, H. M. Wyss, D. A. Weitz, and D. R. Reichman

    Europhys. Lett.   75 巻   頁: 915-921 (2006).   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Glasslike arrest in spinodal decomposition as a Route to colloidal gelation

    S. Manley, H. M. Wyss, K. Miyazaki, J. C. Conrad, V. Trappe, L. J. Kaufman, D. R. Reichman, and D. A. Weitz

    Phys. Rev. Lett   95 巻   頁: 238302   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Quantum mode-coupling theory for binary mixtures

    E. Rabani, K. Miyazaki and D. R. Reichman

    J. Chem. Phys.   122 巻   頁: 034502   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Mode-coupling theory and the fluctuation-dissipation theorem for nonlinear Langevin equations with multiplicative noise

    K. Miyazaki and D. R. Reichman

    J. Phys. A   38 巻   頁: L343   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Self-consistent mode-coupling theory for the viscosity of rod-like polyelectrolyte solutions

    K. Miyazaki, B. Bagchi, and A. Yethiraj

    J. Chem. Phys.   121 巻   頁: 8120   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Supercooled liquids under shear: A mode-coupling theory approach 査読有り

    K. Miyazaki, R. Yamamoto, and D. R. Reichman

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems, (American Institute of Physics 2004)     頁: 635   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  47. Supercooled liquids under shear: Theory and simulation

    K. Miyazaki, D. R. Reichman, and R. Yamamoto

    Phys. Rev. E   70 巻   頁: 011501 (2004).   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 100

  1. An Unprecedentedly Mean-Field-Like Glass Former 国際会議

    Daniele Coslovich, Atsushi Ikeda, Kunimasa Miyazaki,

    Workshop on Percolation and the Glass Transition: Kinetically-Constrained Models, Bootstrap Percolation, Mixed-Order Phase Transitions, and Large Deviations -  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イスラエル国  

  2. MCTとレプリカ液体論の融合に向けた試み

    池田晴國,宮崎州正

    日本物理学会2013年秋季大会, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Dynamical heterogeneityとShear transformation zoneの関係のシミュレーションによる考察

    尾澤岬,宮崎州正

    日本物理学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 過冷却液体の動的不均一性とアモルファス固体のせん断変形領域の関係

    尾澤岬,宮崎州正,

    関東ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. 二成分系の柔らかい粒子における多彩な動力学

    池田晴國,宮崎州正

    関東ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. ガラス転移研究の最近の進展 国際会議

    宮崎州正

    ニューガラスフォーラム第111回若手懇談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. K. Miyazaki, "Hidden amorphous orders near the jamming and glass transitions 国際会議

    K. Miyazaki

    " (CECAM workshop "From cooperativity in supercooled liquids to plasticity of amorphous solids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 拘束条件のもとでのブラウン運動とoverdump極限

    黒岩健,宮崎州正

    日本物理学会2014年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 柔らかいポテンシャルの?密度極限におけるガラス転移のMCT及びレプリカ法 によ る解析

    池田晴國,宮崎州正

    日本物理学会2013年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Generalized Hertzianポテンシャル液体のガラス転移

    菅江祥子,宮崎州正

    日本物理学会2013年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. ガラス転移研究の最近の発展と今後の課題

    宮崎 州正

    つくばソフトマター研究会2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. ガラス転移とジャミング転移の平均場描像

    宮崎 州正

    物性研共同利用・CCMS・元素戦略合同研究会「計算物性物理学の新展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Jamming and Glass Transitions viewed from the Mean Field Pictures

    The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. やわらかい粒子のガラス転移

    宮崎 州正

    計算機センター特別研究プロジェクト『結晶成長の数理』第七回研究会 -ソフトマターと結晶成長- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:学習院大学   国名:日本国  

  15. Unifying concept of the glass and jamming transitions

    K. Miyazaki

    " (Workshop on the Open Problems of the Glass Transition and Related Topics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 剛体球液体のInherent structureの構造とダイナミクスII

    尾澤岬,黒岩健,池田昌司,宮崎州

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Ultrasoftポテンシャル液体の特異な熱力学相と双対性

    岡崎祥太,池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 拘束条件のもとでの確率過程とpスピン球形模型への応用

    黒岩健,宮崎州正

    日本物理学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. ガラス転移の平均場描像

    宮崎 州正

    第61期金属ガラス部門・分子動力学部門合同委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. ガラス転移の平均場描像

    宮崎 州正

    第61期金属ガラス部門・分子動力学部門合同委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. ガラス転移とジャミング転移の統一的理解

    宮崎 州正

    基研研究会2012 非平衡系の物理 -その普遍的理解を目指して 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  22. Mean Field Picture of Glass (and Jamming) Transition

    K. Miyazaki

    WPI-AIMR Workshop, Structure and Dynamics of Glass -Bridging mathematics and material science- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Ultrasoftポテンシャル液体の熱力学と液体論

    岡崎祥太,池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2012年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. ガラス転移における多点相関関数と動的相関長:NEMD and IMCT? or NEMD vs IMCT?

    金鋼, 斉藤真司,宮崎州正,Giulio Biroli,David R. Reichman

    日本物理学会2014年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 2成分モード結合理論における実効的な時間スケールの分離の起源について

    黒岩健, Thomas Voigtmann,宮崎州正

    日本物理学会2013年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 剛体球系におけるInherent Structureの構造とダイナミクス

    尾澤岬,黒岩健,池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2012年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. The Glass Transitions from the Mean-Field Perspectives

    K. Miyazaki

    5th International Discussion Meeting on Grass Transition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月 - 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. p-spin spherical model revisited 国際会議

    Takeshi Kuroiwa and Kunimasa Miyazaki

    Unified Concept in Glass Physics V 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  29. Dynamical Transition, Inherent Structures, and Jamming Transition of Hard Spheres 国際会議

    K. Miyazaki

    French-Japanese meeting on Jamming, Glasses and Phase transitions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  30. 「ガラス転移とジャミング転移の統一的理解」

    宮崎州正

    第34回 溶液化学シンポジウム プレシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. ガラス転移平均場描像とジャミング転移

    尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正

    第10回 関東ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 低密度k-space overlapポテンシャル液体のガラス転移

    岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 剛体球系のジャミング転移と動的ガラス転移の関係

    尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. p-スピン球形模型のダイナミクスにおける拘束条件の厳密な取り扱いについて

    黒岩健, 宮崎州正

    日本物理学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. サイズ比の大きな2成分系における時間スケールの分離-schematic model による解析-

    黒岩健, 宮崎州正

    日本物理学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. ガラス転移の平均場描像とジャミング転移との関係

    尾澤 岬, 黒岩健, 池田昌司, 宮崎州正

    基研研究会2011 非平衡系の物理 -ミクロとマクロの架け橋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. Dynamics of p-spin spherical model revisited

    黒岩健, 宮崎州正

    基研研究会2011 非平衡系の物理 -ミクロとマクロの架け橋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 柔らかい長距離相互作用系におけるガラス的振る舞い

    岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正

    第一回ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. サイズ比の大きな2成分系における時間スケールの分離

    黒岩健, 宮崎州正

    第一回ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. ガウス型ポテンシャル液体のガラス転移

    宮崎州正

    第一回ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. The glass/jamming transition from the mean-field perspective 国際会議

    K. Miyazaki

    Packing and Amorphous Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  42. Glass transition of exotic liquids

    K. Miyazaki

    The 5th International Mini-Symposium on Liquids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. モード結合理論はガラス転移の平均場理論か?

    宮崎州正

    日大塑性研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. 高密度ガウスコア液体における平均場的挙動の解析

    池田昌司, 宮崎州正

    日本物理学会2013年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. サイズ比の大きい2成分系における時間スケールの分離とモード結合理論

    黒岩健, 宮崎州正

    日本物理学会2012年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. k-space overlapポテンシャル液体のダイナミクス

    岡崎祥太, 池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2011年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. ガラス転移の平均場理論についての考察

    宮崎州正,池田昌司

    (第5回領域研究会「非平衡ソフトマター物理学の創成-メソスコピック系の構 造とダイナミクス」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. サイズ比の大きい2成分系における異常な緩和-モード結合理論による解析-

    黒岩健,宮崎州正

    東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月 - 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. ガラス転移の平均場理論としてのモード結合理論

    宮崎州正,池田昌司

    東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月 - 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 高密度ガウスコア液体のガラス転移

    池田昌司,宮崎州正

    東京大学物性研究所短期研究会「ガラス物理の諸問題.実験と理論の接点」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月 - 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. ランダム媒体拘束系のガラス転移とフラジリティ

    金鋼,宮崎州正, 斎藤真司

    日本物理学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. サイズ比の大きい2成分系のガラス転移とモード結合理論

    黒岩健,宮崎州正

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 高密度ガウスコア液体のガラス転移

    池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 不純物中のガラス転移

    宮崎州正 金鋼, 斎藤真司

    第59回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. Is Mode-Coupling Theory a Mean Field Theory of the Glass Transition?

    K. Miyazaki

    Workshop on the Dynamics of the Glass/Jamming Transition in celebration of the 80th birthday of Prof. Kyozi Kawasaki 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  56. Simulation and MCT Analysis of Soft Colloids

    S. Okazaki, A. Ikeda, and K. Miyazaki

    International Symposium on Non-Equilibrium Soft Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. A Novel and Simple Monodisperse Glassformer

    A. Ikeda and K. Miyazaki

    International Symposium on Non-Equilibrium Soft Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. Slow dynamics in random media: From glass to localization transition 国際会議

    K. Miyazaki

    CECAM workshop "Complex dynamics of fluids in disordered and crowded environments 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月 - 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  59. Molecular dynamics studies of slow dynamics in random media: Type A-B dynamics and reentrant transition 国際会議

    K Kim, S. Saito, and K. Miyazaki

    CECAM workshop "Complex dynamics of fluids in disordered and crowded environments" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月 - 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  60. Is Mode-Coupling Theory a Mean Field Theory of the Glass Transition? 国際会議

    K. Miyazaki

    Particulate Matter: Dimension Matters 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月 - 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  61. Glass transition and dimensionality 国際会議

    A. Ikeda and K. Miyazaki

    Particulate Matter: Dimension Matters 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月 - 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  62. 高次元空間におけるガラス転移

    池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2011年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. コロイド系の遅いダイナミクスの相互作用依存性

    白岩智,池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会2010年春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. Slow dynamics in random media: Crossover from glass to localization transition 国際会議

    K Kim, S. Saito, and K. Miyazaki

    The 4th international workshop on "Dynamics in Confinement" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  65. Inhomogeneous mode coupling theory and Dynamical heterogeneities 国際会議

    K. Miyazaki

    SCHOOL ON GLASS FORMERS AND GLASSES 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  66. Glass transition and dimensionalit

    A. Ikeda,P. Charbonneau, J. van Meel, and K. Miyazaki

    SCHOOL ON GLASS FORMERS AND GLASSES 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:インド  

  67. ランダム媒体拘束系のガラス転移

    金鋼, 斉藤真司, 宮崎州正

    特定領域研究・第4回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. "ガラス転移と次元性"

    池田昌司,宮崎州正

    特定領域研究・第3回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. ジャミング転移点近傍におけるDebye-Waller因子

    宮崎州正,A. Lefebre, G. Biroli, D. R. Reichman

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. ガラス転移における次元性

    池田昌司,宮崎州正

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. ガラスの物理

    宮崎州正

    第3回ソフトマター物理若手勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  72. 分子の世界の渋滞学 ―ガラス転移の物理学

    宮崎州正

    物性若手夏の学校, サブゼミ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. Simulation and Theoretical Study of Glass Transition of 4d Hard Spheres 国際会議

    Atsushi Ikeda,P. Charbonneau, J. A. van Meel, Kunimasa Miyazaki

    Gordon Conference on CHEMISTRY & PHYSICS OF LIQUIDS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  74. Simulation and Theoretical Study of Glass Transition of 4d Hard Spheres

    Atsushi Ikeda,P. Charbonneau, J. A. van Meel, Kunimasa Miyazaki

    YKIS 2009 "Frontiers in Nonequilibrium Physics: Fundamental Theory, Glassy & Granular Materials, and Computational Physics" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. 四次元剛体球系のガラス転移

    池田昌司,P. Charbonneau, J. A. van Meel, 宮崎州正

    特定領域「ソフトマター物理」第4回領域研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. 四次元剛体球系のガラス転移

    池田昌司,P. Charbonneau, J. A. van Meel, 宮崎州正

    The 3rd Mini-Symposium on Liquids (MSL2009) "Physics and Chemistry of Soft Interfaces" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  77. Glass transition in random media

    宮崎州正

    つくばソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  78. Recent Progresses and Open Problems in Mode-Coupling Theory of Glass Transition

    宮崎州正

    Unifying Concepts in Glass Physics IV (UCGP2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. From glasses to Lorenz gases: A crossover of slow dynamics in random media

    K. Miyazaki

    JSPS Japan-France Bilateral Joint Seminar 2008 "Frontiers of Glassy Physics" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  80. 非平衡統計力学の新たな展開

    宮崎州正

    第44回熱測定討論会, 2008年10月17日, つくば, 依頼講演).  

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  81. ランダム媒質中のスローダイナミクス-ガラス転移から局在転移へ-

    金鋼,宮崎州正,斉藤真司

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Comments and questions on “Bifurcation Scenario of Jamming Transition” (Discussant for Prof. S. Sasa's talk) 国際会議

    K. Miyazaki

    "Dynamical heterogeneities in glasses, colloids and granular media" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月 - 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オランダ王国  

  83. 1次元拡散問題とモード結合理論

    宮崎州正

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. ガラス転移とモード結合理論

    宮崎州正

    京都大学 数理解析研究所 共同研究集会 「乱流研究の展望:ブレークスルーを求めて」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. Mode-Coupling Theory and Glass Transition: Recent progresses

    宮崎州正

    Symposium on the 50th Anniversary of the Alder transition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  86. Recent Progresses on Mode-Coupling Theory for Glass Transition

    宮崎州正

    Fukuoka International Workshop on Unifying Concepts of Glass Transition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. Nonlinear susceptibility and dynamical length scale of glassy systems

    K. Miyazaki

    The 5th International Workshop on Complex Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月 - 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  88. コロイドのゲル化に現れる動的不均一性の数理モデル

    宮崎州正

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. ガラス転移における動的相関長の微視的理論

    宮崎州正

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. 多孔質媒体中のガラス転移:ガラス転移とローレンツガスのクロスオーバー

    金鋼,宮崎州正,斉藤真司

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. Nonlinear rheology of soft glassy materials

    K. Miyazaki

    The YITP workshop on "New Frontiers in Colloidal Physics : A Bridge between Micro- and Macroscpic Concepts in Soft Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. "Nonlinear rheology of soft-glassy materials -mode-coupling approach-

    K. Miyazaki, Giulio Biroli, Jean-Philippe Bouchaud,and David R. Reichman

    StatPhys 23 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  93. ガラス転移における動的相関 -モード結合理論によるアプローチ-

    宮崎州正

    特定領域研究 第2回領域研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  94. モード結合理論を超えたガラス転移の分子運動論

    Peter Mayer,宮崎州正,David R. Reichman

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. 過冷却液体における動的相関の微視的理論

    宮崎州正

    東大物性研短期研究会「ガラス転移の統一概念」, 2006年11月20-22日, 千葉県柏市).  

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  96. Nonlinear rheology of glassy system: MCT approach

    K. Miyazaki

    高等研究所・川崎フェローシンポジウム, 2006年10月24-26日, 京都 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. モード結合理論と動的相関長

    宮崎州正, Giulio Biroli,Jean-Philippe Bouchaud,and David R. Reichman

    日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. やわらかいガラスの非線形レオロジー

    宮崎州正

    日本物理学会シンポジウム「レオロジー研究の新展開 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  99. Nonlinear viscoelasticity of glassy fluids

    Kunimasa Miyazaki

    Gordon Conference on CHEMISTRY & PHYSICS OF LIQUIDS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  100. Mode-Coupling Theory and Fluctuation-Dissipation Theorem  -The first step towards understanding the glassy dynamics under shear-

    Kunimasa Miyazaki and D. R. Reichman

    The 2004 Berkeley Mini Statistical Mechanics Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

Works(作品等) 10

  1. メイドインジャパン物理用語 物性編 「朝倉--大澤理論」

    2010年6月

  2. メイドインジャパン物理用語 物性編 「朝倉--大澤理論」

    2010年6月

  3. 宮崎州正, ``分子の世界の渋滞学 : ガラス転移の物理(第54回物性若手夏の学校(2009年度),講義ノート)" 「物性研究」 93, 956-972 (2010年6月号)

    2009年8月

  4. 宮崎州正, ``分子の世界の渋滞学 : ガラス転移の物理(第54回物性若手夏の学校(2009年度),講義ノート)" 「物性研究」 93, 956-972 (2010年6月号)

    2009年8月

  5. 宮崎州正, ``ガラス転移とモード結合理論 -最近の発展と課題-" 「物性研究」 88, 621 (2007年8月号)

    2007年

  6. 宮崎州正, ``ガラス転移理論の新展開 -動的不均一性とモード結合理論-" 「日本物理学会誌」 62, 431 (2007年6月号)

    2007年

  7. 宮崎州正, ``ガラスの非線形レオロジーの微視的理論 -モード結合理論によるアプローチ-" 「物性研究」 88, 360 (2007年6月号)

    2007年

  8. 宮崎州正, ``ガラスの非線形レオロジーの微視的理論 -モード結合理論によるアプローチ-" 「物性研究」 88, 360 (2007年6月号)

    2007年

  9. 宮崎州正, ``ガラス転移理論の新展開 -動的不均一性とモード結合理論-" 「日本物理学会誌」 62, 431 (2007年6月号)

    2007年

  10. 宮崎州正, ``ガラス転移とモード結合理論 -最近の発展と課題-" 「物性研究」 88, 621 (2007年8月号)

    2007年

▼全件表示

科研費 11

  1. 非平衡系のガラス・ジャミング転移

    研究課題/研究課題番号:20H00128  2020年4月 - 2024年3月

    宮崎 州正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:45110000円 ( 直接経費:34700000円 、 間接経費:10410000円 )

    液体が低温で結晶状に固まる現象は相転移としてよく理解されているが、液体が低温でアモルファス状に固まるガラス転移は、未だによく理解されていない。相転移であれば秩序の変化を伴うはずだが、アモルファス固体の中にそれがはっきりと見えないのである。このガラスに隠れているに違いない秩序を探すために、我々は、ガラスを変形させるなど、あえて非平衡状態に置くことを考える。系が熱平衡状態から大きくずれると、より低温・高圧力の領域の探索が容易になったり、ランダムな秩序を検出しやすくなるからである。我々の研究は、ガラス転移の本質的理解に資するだけでなく、ガラスの応用の裾野を広げる可能性を秘めている。

  2. スピンから捉えるガラス・ジャミング転移の物理:ソフトマターから情報統計力学まで

    研究課題/研究課題番号:19H01812  2019年4月 - 2022年3月

    吉野 元

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    気体から液体への転移など、多数のミクロな自由度の相互作用によって引き起こされる相転移現象の本質的理解に統計力学的な「スピン模型」がしばしば重要な役割を果たす。本来「スピン」は、電子スピンなどを指すが、ここではより広い意味でのベクトル自由度を指す。本研究では、この最も単純なミクロ自由度と言えるベクトル自由度が示すガラス転移、ジャミング転移を、フラストレート磁性体、方向自由度をもつ楕円体コロイドなどのソフトマター、さらに深層学習の情報理論的問題にまで広くまたがって理論・数値解析し、その普遍性を明らかにすることを目指す。
    [パイロクロア格子磁性体におけるスピングラス転移]
    通常のスピングラスと異なり、外的なランダムネスが無視できるにも関わらず非常にシャープなスピングラス転移がY2Mo2O7パイロクロア型酸化物において実験的に観測され、30年以上にわたってそのメカニズムに興味がもたれてきた。我々はその有効的な理論模型の構築した。この模型では、スピン自由度の他に、実験的に指摘されている格子のひずみに注目し、それを動的自由度として取り込んでいる。具体的には、実験結果からの示唆を元に、パイロクロア格子を構成する各正四面体の頂点にあるモリブデン(Mo)イオンが、正四面体の中心方向にinあるいはoutの変位をするものとした。また、これによってスピン間の相互作用が符号を含めて変化するものとした。この有効模型を微視的に基礎付けるために、酸素(O)イオンを介したスピン自由度(Moイオン上のスピン)間の超交換相互作用をバンド計算、ハバード模型に基づく摂動計算によって第一原理的に計算を行った。この有効模型の大規模数値シミュレーションを行い、スピンと格子の同時ガラス転移を強く示唆する結果を得た。
    <BR>
    [深層学習の統計力学]
    深層ニューラルネットワークによる機械学習のメカニズムを統計力学的に明らかにするために、ランダム系の統計力学の手法であるレプリカ法を用いて平均場理論を構築した。具体的に、深さL、幅Nのパーセプトロンネットワークを解析した。この系は連続値をとるNxNx L個の結合定数を持つ。ここでM個の入出力データの組みからなる訓練データに適合する一つ一つのネットワークを「解」と呼び、その空間の統計力学を考える。解析の結果、比M/Nの増大とともに、解空間が分裂する相転移(ガラス転移、結晶化に相当)が入出力層近傍から起こること、十分深いネットワークでは中心部分に解空間が分裂していない領域(液体に相当)が残ることがわかった。
    研究項目[A]「外的乱れのない純粋なフラストレート磁性体における自発的ガラス転移」については、上記の通り、パイロクロア型酸化物Y2Mo2O7を念頭においた理論模型の構築、大規模数値シミュレーションによる解析を行うことができた。この結果は、すでに論文としてPhys. Rev. Lett. 誌に出版された。(光元、堀田、吉野)
    <BR>
    研究項目[B] 「コロイドなど、ソフトマター系における回転自由度のもたらすガラス転移、ジャミング転移」については、は、2つの課題で進展があった。無限大次元での剛体楕円 体系のガラス・ジャミング転移に関するレプリカ理論を定式化することができた。(吉野) この理論によって、一段階のレプリカ対称性の破れ(1RSB)の範囲での理論解析を終えた。現在さらに1RSBを超えた解析を進めている。一方、ダイマー粒子系のガラス状態における振動モード解析について詳細な解析を行い、回転自由度に由来する特異なソフトモードをとらえることに成功した。この結果をまとめた論文はJ. Phys. Soc. Jpn 誌に掲載が決定している。(白石、水野、池田)
    <BR>
    研究項目[C] 「密結合ネットワーク上の多成分ベクトル変数を自由度とする情報統計力学」については、2つの課題において進展があった。多成分ベクトル型ビックデータの統計的推定については、レプリカ法に基づく理論解析を行った。(横井、長澤、吉野)また、Approximate Message Passing (AMP)の方法を用いた復号アルゴリズムの構築を進めている。(長澤、小渕、吉野)。さらに、上記のように深層ニューラルネットワークに関する研究を着想し、すでにレプリカ理論の構築と解析を終え、論文としてすでにSci. Post. Phys. Core 誌に出版した。(吉野)
    [A] 「外的乱れのない純粋なフラストレート磁性体における自発的ガラス転移」乱れのないパイロクロア酸化物Y2MO2O7の有効理論模型に基づき、スピンと軌道自由度の同時ガラス転移に伴う静的ガラス感受率の発散挙動をモンテカルロ・シミュレーションによって解析する。また有効理論模型の微視的基礎づけについて、特にヤ ーン・テラー効果の詳細を明らかにする。(光元、堀田、吉野)
    <BR>
    [B] 「コロイドなど、ソフトマター系における回転自由度のもたらすガラス転移、ジャミング転移」無限大次元での剛体楕円 体系のレプリカ理論の解析をさらに進める。特に、異方性の弱い場合からの展開を行い、連続的なレプリカ対 称性の破れを解析する。ジャミングにともなう臨界特性、振動特性が、異方性をパラメータとしてどのように変化するのかを明らか にする。(吉野) 回転・並進自由度の結合によるJG-beta緩和の機構の解析を進める。まず可解な複合自由度の有効スピン模型のFranz-Parisi (FP)ポテンシャル と動的平均場理論の解析を行い、FPポテンシャルの特性とJG-beta緩和機構との関連を明らかにし、分子動力学シミュレーション解析に対する 指針を考察する(吉野、池田、金、宮崎)並行して、剛体楕円体系、ダンベル系のFPポテンシャルの解析を進める(池田、吉野)。さらに相補的な 見方として、振動特性とJG-beta緩和の関連を解析する(池田)。
    <BR>
    [C] 「 密結合ネットワーク上の多成分ベクトル変数を自由度とする情報統計力学」多成分ベクトルからなるビックデータの 統計的推定をキャビティ法(AMP)に基づいて行うアルゴリズムを実装する。(長澤、小渕、吉野) 深層ニューラルネットワークによる学習の統計力学的解析のレプリカ理論(Yoshino, 2020)に基づく解析、特にループ補正を取り入れた理論の精密化を試みる。(吉野)

  3. 非平衡・非一様・非従来型液体のガラス転移の研究

    研究課題/研究課題番号:16H04034  2016年4月 - 2020年3月

    宮崎 州正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    (1)非平衡ガラス転移について:(a) 昨年度に引き続きアクティブマターの新規モデルの開発とその解析を行った。非マルコフ過程に従うランジュバン方程式では、散逸と揺らぎの二つの緩和時間がある、その両方が等しい場合が平衡系である。一方、揺らぎの緩和時間のみを有限にしたモデルが、最近研究されているアクティブマターである。我々は散逸の緩和時間も系統的に変化させたモデルを考案し、その解析を行った。その結果、その密度が抑えられ、超一様系が存在することが明らかになった。その指数は非整数でありこれまで発見された超一様性のモデルのいずれにも属さないのものである。(b)標準的なアクティブマターの模型であるAOUPモデルのガラス転移の解析を行った。従来にはない大きな「非平衡度」領域を幅広く探索し、その領域での動的不均一性を解析した。我々の解析結果は動的相関などに際立った相違が現れることを示唆している。(c)コロイド系とガラス系のジャミング転移近傍の非線形レオロジーと可逆不可逆転移について解析を行った。ジャミング転移点より低密度領域においてもその動的挙動は極めて多彩であり、粒子軌道は不可逆的になりうる。不可逆軌道の一部は、応力応答として巨視的に観測できることを明らかにした。また急冷したガラス系の応力応答の解析を行い、その非線形レオロジーが急冷速度と振動シアの振幅に大きく依存する事を明らかにした。
    (2)非一様ガラス転移について:ランダムピニング系のガラス相における残留エントロピーとダイナミクスの計算から、metabasin中のダイナミクスが残っており、ランドスケープの階層性に由来する残留エントロピーが有限であることを示した。
    (3)非従来系のガラス転移について:ultrasoft系の解析を行い、ガラス転移線上に起こる動的特異点付近でのStokes-Einstein則の破れを定量的に評価した。
    (1)非平衡ガラス転移について:(a) 新規アクティブマター模型の提案と、新しいタイプの超一様性の発見は予想していなかったことである。超一様性はいくつかの非平衡模型で発見されているが、我々の指数は、それらのいずれとも異なる。さらにこの系は動的に揺らいでいる系であり、これまでの静的なモデルとは本質的な相違がある。その意味で今後研究が発展的に進むことが期待である。しかし今年度の解析はまだ限定的でさらなる系統的な解析が必要である。(b)AOUPモデルのガラス転移の研究の結果は、アクティブガラスの本質的には平衡ガラスと大きく変わらないという先行研究の結論に反するものであり、意義が大きい。しかしその相違の定量的な評価、物理的な起源についての解析は今後の課題である。(c)ガラス系とジャミング系の非線形レオロジーと可逆不可逆転移の問題では、多くの知見と成果が得られた。しかしそれ以上に、多くの課題が浮上し、この問題の奥の深さと今後の発展の可能性が明らかになった。その課題を顕在させたことが最大の成果かもしれない。
    (2)非一様ガラス転移について:プロジェクトとしては終盤となり解析と論文出版を行った。課題は多く残されているものの高い評価を得られる結果となった。
    (3)非従来系のガラス転移について:従来の典型的な系では見られないガラス転移の挙動、とくに大きなStokes-Einstein則の破れが成果である。この系の特異ダイナミクスはほぼ解析し尽くしたが、背後にあるであろう液体のポリアモルフィズムについては、今後の課題として残された。
    H31年度は、研究の三つの柱のうち、(1) 非平衡系のガラス転移を数値的解析を中心に、研究を実施する。(a)アクティブマター系で、既に我々が明らかにした、超一様性を示すパラメータ領域のダイナミクスも解析を開始する。(b) アクティブマターのガラス転移においては、今年度は解析をさらに進める。特に、動的不均一性に注目し、システムサイズ依存性、質量依存性(ダイナミクス依存性)を詳細に解析し、ボンド相関長などを通した特徴的な長さの抽出を目指す。これにより非平衡系特有の揺らぎのガラス転移における本質を抽出する。(c) ガラス系、ジャミング系の可逆不可逆転移と非線形レオロジーの解析をさらに進める。これまでほとんど手続かずであったジャミング点の直近、臨界領域を開拓する。このジャミング転移点は、ジャミングをする前の母体となる液体の構造に敏感に依存する。つまり圧力を急上昇させる前のアニールを充分に行うとより高密度のジャミング状態が得られる。そのクロスオーバはMCT転移点に支配されている。我々は、液体をMCT転移点以下で系統的にアニールさせ、ジャミング転移点近傍の不可逆転移とレオロジーを詳細に解析する。これにより、ジャミング転移点以下でも、シアにより誘引されるシアジャミング現象や、線形応答領域(弾性領域)と流動領域(降伏領域)の中間相である非線形応答領域に探索を行う。これらの解析は、可逆不可逆転移、降伏転移、ジャミング転移、ガラス転移、そして新しいガラス転移相として脚光を浴びているガードナー転移を統一的に理解する試みである。

  4. ガラスにおける遅いゆらぎのダイナミクスと隠れた秩序

    研究課題/研究課題番号:25103005  2013年6月 - 2018年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    宮崎 州正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:30030000円 ( 直接経費:23100000円 、 間接経費:6930000円 )

    ガラス転移・ジャミング転移の本質を理解するために、力学応答(レオロジー)などの非平衡応答や、ランダムピニングなど非一様な摂動に対する応答を数値計算、新たな理論の構築などにより詳細に調べ、既存の平均場理論の枠組みを超えるいくつかの重要な知見を得た。特に非平衡応答については、ガードナー転移と呼ばれる平均場理論で予言されていた新しい種類の転移を、レオロジーに拡張し、さらにそれを3次元系の数値実験により発見した。また、ランダムピニング系においては、熱力学的なガラス転移の存在を3次元系で示すことに成功した。この他、ベーテ格子模型における動的不均一性の解析や、回転自由度を持つガラス転移の解析なども行った。

  5. 総括班

    研究課題/研究課題番号:25103001  2013年6月 - 2018年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    佐野 雅己

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    新学術領域「ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立」の総括班では、研究会などの各種企画を通じて、研究グループ間連携の推進に努めた。また、若手育成のために、勉強会やチュートリアルを開催すると共に、領域内若手研究者派遣プログラムを行なった。領域ホームページでの研究成果掲載、ニュースレター発行、及び、2回の国際シンポジウム(SFS2015、SFS2017)、一般向けの公開シンポジウムなどを通して、研究成果の国内外への発信を行なった。

  6. 時空階層性の物理学:単純液体からソフトマターまで

    2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  特別推進研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. ラスにおける遅いゆらぎのダイナミクスと隠れた秩序

    2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. ラスにおける遅いゆらぎのダイナミクスと隠れた秩序

    2013年4月 - 2018年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  特定領域研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 時空階層性の物理学:単純液体からソフトマターまで

    2013年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別推進研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 時空階層性の物理学:単純液体からソフトマターまで

    研究課題/研究課題番号:25000002  2013年 - 2018年

    田中 肇

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1. 水の物理に関して : (1)水の熱力学・動力学異常について研究を行い、両者が構造秩序変数そのものとそれを隣接分子まで空間的に粗視化したものによりそれぞれあらわされることを見出した。これは、両者の起源がともに局所的な構造形成に起因していることを強く示唆している。
    (2)また、水とシリカはともに正四面体構造をとるが、ガラス形成能に関しては、両者は極端に異なる性質を示す。その原因が、水における水素とシリカにおける酸素の空間配列の乱れの度合いの相違からきていることを明らかにした2. 液体・液体転移に関して : Triphenyl Phosphiteにおいて、液体・液体転移のダイナミクスを誘電緩和スペクトル測定により実時間追跡することに成功した。その結果は、我々の提唱する二秩序変数モデルの予測と一致した。3. ガラス転移現象に関して : (1)ガラス状態にある物質のエイジング、結晶化について研究を行い、固体ガラス状態において進行する遅い過程が、粒子の連続的な運動ではなく、雪崩的な運動により誘起されることを見出した。さらに、その背景に、粒子間の力のバランスにより自己組織的に形成される力鎖のネットワーク構造があることを見出した。(2)これまで局所的に安定な構造がないと考えられてきた、2成分粒子系において、独自の方法により、隠れた構造秩序構造をあぶりだすことに成功し、その構造の相関長が、温度低下とともに動的不均一性の相関長とコヒーレントに成長することを見出した。これは、過冷却液体の示す遅いダイナミクスの背景に構造秩序の発達があるという、我々の提唱するシナリオを強く支持する結果である。(3)ずり流動下で過冷却液体の粘性が減少するいわゆるシアシニング現象の背景に、液体の構造変化があることを明らかにした。特にずりにより引き延ばされる方向の構造エントロピーが、重要な構造指標であることを発見した。4. 結晶化に関して : 液体の三重点付近において結晶化が阻害される原因が、その付近で結晶的な回転対称性の破れの度合いが低下し、そのため界面エネルギコストが上がり結晶核形成に対するエネルギー障壁が上がるためであることを見出した。5. 非線形流動に関して : せん断流れ下にある液体の壁面でのスリップの新しい機構を発見した。また、高密度な粉体が液体中に分散した系において、その動的な挙動が流体に非圧縮性により大きな影響を受けている証拠を見出した。6. ソフトマターに関して : (1)多孔質中の相分離のモルフォロジーを決定する物理機構を明らかにした。(2)温度勾配中に置かれた2分子膜ラメラ相の動的挙動を研究し、空間的に連結した構造に対するソレ効果の特徴を初めて明らかにした。(田中G)。(3)コロイドの濃厚分散系に存在すると信じられてきた引力ガラス状態が、実はガラスではなく、空間的な不均一性を持つゲル状態であることを見出した。(4)共焦点レーザ顕微鏡による実験により、ゲル化における運動凍結がガラス化の場合と結晶化の場合があることを明らかにするとともに、それを制御している物理因子を明らかにした。以上のように液体・ソフトマターの時空階層性に関していくつかの基本的な問題を解明することに成功した。
    水とシリカは、それぞれ水素結合、イオン性・共有結合によって局所的にテトラヒドラル構造を形成し、同じ対称性を持った結晶構造を持つなど、似た静的性質・動的特性を持つことが古くから知られていた。一方、水とシリカは、そのガラス形成能という面では、全く異なった性質を示す。しかしこれらの類似性・相違点の起源は、長年の研究にもかかわらず未解明であった。我々は、水とシリカの間には、並進秩序に関して類似性があるものの、方位秩序に関しては大きな違いがあり、それらがそれぞれ、水とシリカの類似性と相違点の物理的起源であることが明らかになった。この成果は、水とシリカという最も身近な液体の基本的性質を明らかにしたのみならず、他のテトラヒドラル液体の理解や、これらの物質のガラス形成能の意図的な制御にも新しい道を拓いたという意味で、応用上のインパクトも大きいと期待される。また、ガラス転移点の近くでは高い温度での状態に比べ、10桁以上も粘性が増加し流れにくくなることが知られているが、その原因は長年不明だった。我々は、液体構造から各粒子の周りでパッキングをどこまで上げられるかの度合いを抽出し、それを空間的に粗視化し、粒子の動きやすさとの相関を見るという全く新しい方法により、ダイナミクスを遅くする液体中の構造をあぶりだすことに成功した。液体中の構造が液体の動的な性質を決めていることを明らかにした点が、この発見の最大のインパクトである。この成果は、ガラス転移点近傍の遅いダイナミクスの起源の解明に大きく貢献すると期待される。このように長年の論争の収束や、従来の常識の転換に貢献できる成果が挙がっており研究は極めて順調に進んでいると自負している。
    上述のように、本研究課題はこれまで極めて順調に遂行されている。以下、それぞれのテーマについて今後の推進施策を述べる。1. 水の物理に関して : 上記のように、水の静的・動的異常について統一的な物理描像を描くことができた。今後は、シリカやそれ以外の水型液体の異常性についてその起源を探るとともに、どのような物理因子が異常性の強度を支配しているのか、また、これらの液体において局所的に形成される安定構造と結晶構造の間にどのような関係があるのかについて明らかにし、水型液体の異常性についての統一的かつ普遍的な物理描像を得たいと考えている。2. 液体・液体転移に関して : これまで、2秩序変数モデルにより液体・液体転移のダイナミクスの理論的研究を行ってきたが、液体の流れの自由度は落としてきた。運動量保存則、構成方程式を考慮することで、流れの自由度を入れたモデリングを行う予定である。3. ガラス転移に関して : 我々は、ガラス転移近傍の遅いダイナミクスの背景に熱力学起源の構造形成があると考えている。一方、低温の固体ガラス状態では、力学的な自己組織化が起きている可能性がある。そこで、温度ゼロにおける力学的構造化とその特徴をあぶりだすことを試みる。4. 過冷却液体からの結晶化の微視的過程に関して : 二成分系の共融点近傍では、結晶化が阻害ざれガラス形成能が上がることが経験的に知られている。われわれは、その原因が2種類の結晶への秩序化の競合により、液体の構造が無秩序化することがその原因ではないかと考えている。これを数値シミュレーションにより検証する予定である。5. 非線形流動に関して : 液体に分散した粉体系の非線形流動の機構、とくに、振動により誘起される液状化の機構の解明に取り組む予定である。6. ソフトマターに関して : コロイドのゲル化における流体力学的相互作用の効果を、共焦点顕微鏡による実時間三次元観察と流体粒子ダイナミクス法によるシミュレーションとの比較により明らかにする予定である。各研究テーマにおいて、研究分担者、連携研究者の間でコミュニケーションは緊密にとられており、協力しながら液体・ソフトマターにおける時空階層性に迫るべく成果を上げていきたいと考えている。

  11. ガラス転移とジャミング転移の平均場描像の確立

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    宮崎州正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 非平衡物理学講究3

    2020

  2. 非平衡物理学講究1

    2020

  3. 物理学演習II

    2014

  4. 統計物理学・非線形現象論

    2014

  5. 数理物理学II

    2014

  6. 物理学演習II

    2013

  7. 統計物理学・非線形現象論

    2013

  8. 数理物理学II

    2013

▼全件表示