Updated on 2021/10/25

写真a

 
KURITA Hidenori
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Common Professor
Graduate School
Graduate School of Letters
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities
Title
Professor
Contact information
メールアドレス

Degree 2

  1. Doctor of Philosophy ( 2015.3   Nagoya University ) 

  2. 文学修士 ( 1988.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 2

  1. 博物館学

  2. 西洋美術史

Research Areas 3

  1. Humanities & Social Sciences / Cultural assets study

  2. Humanities & Social Sciences / History of arts

  3. Humanities & Social Sciences / Museology

Research History 5

  1. Associate Professor, Nagoya University of Arts

    2007.4 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  2. Assistant Professor, Nagoya University of Arts

    2003.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  3. Curator, Aichi Prefectural Museum of Art, Nagoya

    2001.4 - 2003.3

      More details

    Country:Japan

  4. Associate Curator, Aichi Prefectural Museum of Art

    1992.4 - 2001.3

      More details

    Country:Japan

  5. Associate Curator, Aichi Prefectural Museum of Art

    1989.4 - 1992.3

      More details

    Country:Japan

Education 2

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Letters

    - 1988.3

      More details

    Country: Japan

  2. Nagoya University   Faculty of Literature

    - 1986.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 4

  1. ICOM

  2. 日仏美術学会   常任委員

    2015.7

  3. 全日本博物館学会

  4. 美術史学会

Committee Memberships 7

  1. 静岡県立美術館専門委員   委員  

    2020.10   

      More details

    Committee type:Municipal

  2. 三重県立美術館専門委員   委員  

    2018.7   

      More details

    Committee type:Municipal

  3. 国立西洋美術館美術作品購入等選考委員会   購入等評価員   

    2018.3   

      More details

    Committee type:Other

  4. ICOM京都大会2019運営委員会   学術・研究チーム委員  

    2018.2 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  5. 稲沢市美術館美術品収集委員会   委員  

    2015.10   

      More details

    Committee type:Municipal

  6. 岡崎市美術品等収集委員会   委員  

    2013.4 - 2021.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  7. 地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業協力者会議(文化庁)   委員  

    2013.4 - 2018.3   

      More details

    Committee type:Government

▼display all

Awards 1

  1. 第4回鹿島美術財団賞

    1997   鹿島美術財団  

     More details

    Country:Japan

 

Papers 38

  1. アートアーカイブ―博物館学の立場から

    栗田秀法

    現代の図書館   Vol. 57 ( 3 ) page: 118-124   2019.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. さりげなさの創出―フェルメールの絵画世界

    栗田秀法

    學士會会報   ( 935 ) page: 38-43   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 「創作版画」としてのリトグラフ

    栗田秀法

    『リトグラフ 軽くもあり重くもある』     page: 4-9   2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 美術館の現状と課題:あいちの場合

    栗田秀法

    芸術批評誌リア   ( 40 ) page: 98-100   2017.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 博物館学とアート・アーカイブズ

    栗田秀法

    芸術批評誌[リア]   ( 39 ) page: 36-39   2017.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  6. プッサン作《ダフネに恋するアポロ》(1664年)についての最近の研究動向をめぐる若干の覚書き

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 38   page: 105-117   2017.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. ベラスケスとフランス、そしてプッサン―「高貴な技芸」をめぐって

    栗田秀法

    公開国際シンポジウム報告集 ベラスケスとバロック絵画:影響と同時代性、受容と遺産     page: 41-51   2016.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 戦後の国際版画展黎明期の二つの版画展と日本の版画家たち

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 37   page: 111-125   2016.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. バルテュスとプッサン

    栗田秀法

    HERITEX   ( 1 ) page: 100-106   2015.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 博物館とアートをつなぐ―名古屋大学におけるアート・リソース活用のいま

    栗田秀法

    シンポジウム アート・リソースの活用と大学付属美術館の設置―開学50周年にむけたリサーチ・ユニヴァーシティ機能の拡充(筑波大学)     page: 29-34   2014.3

     More details

    Language:Japanese  

  11. 時代とともに生きるラファエロ 没後500年の道のり Invited

    栗田秀法

    美術手帖   Vol. 65 ( 984 ) page: 86-95   2013.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  12. 西洋近世における自然と人間―プッサンの理想的風景画をめぐって― Invited

    栗田秀法

    JunCture 超域的日本文化研究   ( 4 ) page: 30-41   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.18999/juncture.4.30

  13. プッサン作《アルカディアの牧人たち》(ルーヴル美術館蔵) : 「知恵」と「恒心」のテーマをめぐって Reviewed

    栗田秀法

    美学美術史研究論集   ( 26 ) page: 77-88   2012

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 2010年度助成 プッサンの歴史風景画の意味構造に関する研究 (「美術に関する調査研究の助成」研究報告)

    栗田秀法

    鹿島美術研究(鹿島美術財団年報 (別冊))   Vol. 29   page: 488-500   2011

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. ニコラ・プッサン作《キリストと姦淫の女》(1653年)についての覚書き

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 32   page: 123-142   2011

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  16. ニコラ・プッサン作《幼いピュロス王の救出》(1634年)--詩学と倫理学の交錯をめぐって Reviewed

    栗田秀法

    美学美術史研究論集   ( 24 ) page: 149-161   2010

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 色彩の歓びの追及-三岸節子の初期の画業とフランス近代絵画との関連をめぐって-

    栗田秀法

    三岸節子展―色彩のエスプリ(一宮市三岸節子美術館)     page: 6-12   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. プッサン作《アルカディアの牧人たち》--パノフスキー以後の研究動向

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 31   page: 195-212   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  19. 学芸重視の地方美術館の理想と現実―愛知県美術館の10余年を振り返る

    栗田秀法

    ミュージアムの活用と未来 鑑賞行動の脱領域的研究 論文集2005-2007     page: 45-51   2009.3

     More details

    Language:Japanese  

  20. ニコラ・プッサン作《マナの収集》の最近の研究動向--時間表現、意味構造をめぐって

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 30   page: 97-115   2009

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  21. プッサンの物語画の意味構造--《コリオラヌス》をめぐって Reviewed

    栗田秀法

    美学美術史研究論集   ( 22 ) page: 15-31   2007

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  22. プッサン作《エルサレム落城》再論

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 28   page: 79-95   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. Nouvelles considerations sur la rhetorique visuelle dans la peinture de Nicolas Poussin: A propos de Coriolan aux Andelys

    Kurita, Hidenori

    Histoire-Fiction-Representation,21st Century COE Program International Conference Series(Graduate School of Letters, Nagoya University)   Vol. 8   page: 155-166   2007

     More details

    Language:French   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. 女性裸体表現と女性ヌードモデルの導入について―王立絵画彫刻アカデミーとその周辺―

    栗田秀法

    美術家アカデミーにおける女性ヌードモデルの導入および裸体素描の理念に関する研究(科研費報告書)     page: 5-27   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. オウィディウスの挿絵とプッサン--《エコーとナルキッソス》をめぐって

    栗田秀法

    名古屋芸術大学研究紀要   Vol. 27   page: 39-54   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. 聖書挿し絵本とプッサン--初期の作品をめぐって

    栗田秀法

    研究紀要(愛知県美術館)   Vol. 8   page: 41-54   2002

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. ロダンの『白樺』同人への贈物

    栗田秀法

    『ロダンと日本』(静岡県立美術館、愛知県美術館)     page: 157-159   2001

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. プッサンとラファエッロ--借用と創造の秘密--持ち運べる名画

    栗田秀法

    版画芸術     page: 108-111   1999.3

     More details

    Language:Japanese  

  29. 王立絵画彫刻アカデミー--その制度と歴史 (特集 美術アカデミー) Invited

    栗田秀法

    西洋美術研究   ( 2 ) page: 53-71   1999

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. セザンヌと日本美術をめぐって

    栗田秀法

    セザンヌ展(横浜美術館、愛知県美術館)     page: 161-164   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. A Visual Source for Poussin's 'Sts Peter and John Healing the Lame Man' Reviewed

    Kurita, Hidenori

    The Burlington Magazine   Vol. 140 ( 1148 ) page: 747-748   1998

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. ニコラ・プッサンの視覚的源泉に関する基礎的研究--1640年代を中心に

    栗田秀法

    鹿島美術財団年報(別冊)   ( 13 ) page: 391-403   1996

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. バロック美術の展開と素描

    栗田秀法

    大英博物館所蔵イタリア素描展(国立西洋美術館、愛知県美術館)     page: 150-158   1996

     More details

    Language:Japanese  

  34. プッサン作<マナの収集>について Reviewed

    栗田秀法

    美術史   ( 138 ) page: 220-232   1995.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 〈研究ノート〉プッサン作《キリストの洗礼》をめぐって

    栗田秀法

    研究紀要(愛知県美術館)   Vol. 2   page: 35-51   1995

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. La destruction du temple de Jarusalem par Nicolas Poussin: a propos de ses sources visuelles inedites et de la genese de sa composition Reviewed

    Kurita, Hidenori

    日仏美術学会会報   Vol. 14   page: 33-48   1995

     More details

    Language:French   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. 〈所蔵作品研究〉グスタフ・クリムト作《人生は戦いなり》—様式が含意するものをめぐって—

    栗田秀法

    研究紀要(愛知県美術館)   Vol. 1   page: 13-30   1994

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. 日本画 ―〈風景〉と〈美術〉の時代の伝統絵画

    松井秀法

    『近代の日本画 西洋との出会いと対話』(愛知県美術館)     page: 9-13   1993

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 16

  1. Narration et allégorie dans la peinture de Nicolas Poussin

    Kurita, Hidenori( Role: Sole author)

    Sangensha  2014.2  ( ISBN:978-4-88303-353-9

     More details

    Language:Japanese

  2. 現代博物館学入門

    栗田秀法/木下達文、長屋菜津子、鈴木章生、佐藤琴( Role: Edit ,  博物館概論、博物館資料論、博物館教育論)

    ミネルヴァ書房  2019.4 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  3. 西洋美術史における「古典」の創出(古典主義再考Ⅰ)

    木俣元一・松井裕美編( Role: Sole author ,  王立絵画彫刻アカデミーと古代彫刻-エートスとパトスをめぐって)

    中央公論美術出版  2021.1 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  4. 新古典主義美術の系譜

    木村三郎監修:望月典子、栗田秀法、新畑泰秀、安室可奈子、小林亜起子、中島智章( Role: Joint author ,  ジャン=オーギュスト=ドミニック・アングル《アンジェリカを救うルッジェーロ》-物語画家の蹉跌―)

    中央公論美術出版  2020.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  5. イメージ制作の場と環境:西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論

    近世美術研究会編( Role: Joint author ,  プッサン作“ダフネに恋するアポロ”(一六六四年)―自然学的寓意をめぐって)

    中央公論美術出版  2018.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  6. 絵画と表象Ⅰ―ガブリエル・デストレからユベール・ロベールへ(フランス近世美術叢書Ⅳ)

    大野芳材他( Role: Joint author ,  第2章 ル・ナン兄弟の農民画──《農民の家族》をめぐって  )

    ありな書房  2015.3 

     More details

    Language:Japanese

  7. 絵画と受容―クーザンからダヴィッドへ(フランス近世美術叢書Ⅱ)

    大野芳材他( Role: Sole author ,  第3章 ニコラ・プッサン〈四季〉連作──その意味構造をめぐって)

    ありな書房  2014.3 

     More details

    Language:Japanese

  8. 装飾と建築―フォンテーヌブローからルーヴシエンヌへ(フランス近世美術叢書Ⅰ)

    大野芳材他( Role: Joint author ,  第3章 ランベールの邸館──「ミューズの間」の装飾  )

    ありな書房  2013 

     More details

    Language:Japanese

  9. 大英博物館所蔵フランス素描展 

    栗田秀法、越川倫明、鯨井秀伸( Role: Joint author)

    国立西洋美術館、愛知県美術館  2002 

     More details

    Language:Japanese

  10. プッサンとラファエッロ 借用と創造の秘密

    栗田秀法他( Role: Joint author)

    愛知県美術館  1999 

     More details

    Language:Japanese

  11. 西洋美術館

    青柳正規他( Role: Joint author)

    小学館  1999 

     More details

    Language:Japanese

  12. 近代美術の100年 愛知県美術館のコレクション

    浅野徹、長谷川三郎監修( Role: Joint author ,  印象派の遺産、明治の日本画)

    愛知県美術館  1998 

     More details

    Language:Japanese

  13. 没後50年 ピエール・ボナール展

    栗田秀法他( Role: Joint author)

    愛知県美術館  1997 

     More details

    Language:Japanese

  14. 美術史における軌跡と波紋

    辻佐保子先生献呈論文集刊行会( Role: Joint author ,  ニコラ・プッサン作《サフィラの死》 : フィリップ・ハレの版画との関連をめぐって)

    中央公論美術出版  1996 

     More details

    Language:Japanese

  15. 名画への旅: 絵の中の時間. 17世紀2.

    高橋達史他( Role: Joint author ,  マナの収集—人類救済のドラマ ニコラ・プッサン)

    講談社  1994 

     More details

    Language:Japanese

  16. バロックの魅力 : 光と影が織りなす生命の輝き

    高橋達史他( Role: Contributor ,  第5章 ローマの影響とフランスの宮廷文化)

    同朋舎出版  1991 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 19

  1. 王立絵画彫刻アカデミーにおける自由と不自由 Invited

    栗田秀法

    共通論題「学問・芸術の制度と『自由』──18世紀におけるアカデミー、大学、官僚機構───」  日本18世紀学会

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  2. 美術館コレクション情報管理と共通検索可能なプラットフォームへの期待 Invited

    栗田秀法

    シンポジウム「美術館コレクション検索はどこへ向かうか――日本のプラットフォームの現状と将来像」  2021.6.19  アート・ドキュメンテーション学会

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  3. 王立絵画彫刻アカデミーとラファエッロ:ローマ大賞受賞作品を手掛かりに Invited

    栗田秀法

    ラファエッロ没後500年記念シンポジウム「ラファエッロとラファエッロ主義」   美術史学会

     More details

    Event date: 2021.4

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:ズーム   Country:Japan  

  4. 「間に合う学芸員資格取得者の養成は可能かー新たな学芸員養成課程への課題と展望」 Invited

    栗田秀法

    公開シンポジウム「今後の博物館制度を考える~博物館法改正を見据えて~」  2021.3.2  日本学術会議史学委員会博物館・美術館等の組織運営に関する分科会、全日本博物館学会、名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:Zoom   Country:Japan  

  5. クレーが開いた内なる世界の探求 Invited

    栗田秀法

    レクチャー&トーク・セッション「清宮質文&駒井哲郎——版をめぐる静寂(しじま)」 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学 大学会館アートスペース   Country:Japan  

  6. 王立絵画彫刻アカデミーの教育プログラム Invited

    栗田秀法

    判断力科研 第2回研究会 

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  7. 王立絵画彫刻アカデミーと古代彫刻

    栗田秀法

    シンポジウム「西洋美術史における〈古典〉と〈古典主義〉」 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  8. フランスにおける美術史の始まりと古代美術

    栗田秀法

    シンポジウム「近世・近代の古代美術受容と歴史観の形成」 

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  9. Man, Nature and God in Poussin's Late Mythological Paintings Invited International conference

    Kurita, Hidenori

    Religious space, ritual, memory 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  10. Poussin's Apollo in Love with Daphne in the Louvre Invited International conference

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Country:Japan  

  11. ベラスケスとプッサン ―「高貴な技芸」をめぐって- Invited International conference

    栗田秀法

    シンポジウム「ベラスケスとバロック絵画:影響と同時代性、受容と遺産」 

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:早稲田大学   Country:Japan  

  12. プッサン晩年の風景画における語りと寓意

    栗田秀法

    日仏美術学会第135回例会 テーマ「プッサン没後350周年――宗教画と風景画」 

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都大学   Country:Japan  

  13. Contemporary Japanese Printmaking during the period of International Biennial Exhibition of Prints in Tokyo 1957-1979 Invited International conference

    KURITA, Hidenori

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:English   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Country:Japan  

  14. バルテュスとプッサン Invited

    栗田秀法

    公開シンポジウム「バルテュスとその境界」 

     More details

    Event date: 2014.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Country:Japan  

  15. 博物館とアートをつなぐ―名古屋大学におけるアート・リソース活用のいま Invited International conference

    栗田秀法

    シンポジウム 「アート・リソースの活用と大学附属美術館の設置—開学50周年にむけたリサーチ・ユニヴァーシティ機能の拡充」 

     More details

    Event date: 2013.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

  16. ニコラ・プッサン作 《エコーとナルキッソス》 と挿絵本の伝統について Invited

    栗田秀法

    シンポジウム「オウィディウス・挿絵・アーカイブ・・・デジタル時代の図像学を考える」 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:日仏会館   Country:Japan  

  17. Nouvelles considerations sur la rhetorique visuelle dans la peinture de Nicolas Poussin: A propos de Coriolan aux Andelys Invited International conference

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:French   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  18. プッサンの物語画の意味構造―《コリオラヌス》をめぐって

    栗田秀法

    美術史学会全国大会 

     More details

    Event date: 2006.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  19. 学芸重視の地方美術館の理想と現実―愛知県美術館の10余年を振り返る― Invited International conference

    栗田秀法

    「美術史における環流:大学とミュージアムの未来」シンポジウム 

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

▼display all

Works 21

  1. 「博物館法」はどう変わるべきか? 博物館学の専門家が問う

    栗田秀法

    2021.9

  2. 「間に合う学芸員資格取得者の養成は可能か―新たな学芸員養成課程への課題と展望」

    栗田秀法

    2021.8

  3. 展覧会評:「半芸術」復権の軌跡と砦としての美術館 : 「もうひとつの日本美術史--近現代版画の名作2020」展『Juncture』

    栗田秀法

    2021.3

  4. 「生誕100年 駒井哲郎展 Part1若き日の作家とパトロン」に寄せて/後編

    栗田秀法

    2020.6

  5. 「生誕100年 駒井哲郎展 Part1若き日の作家とパトロン」に寄せて/前編

    栗田秀法

    2020.6

  6. 展覧会紹介──コートールド美術館展、魅惑の印象派『日仏美術学会会報』

    栗田秀法

    2020.5

  7. 「「あいちトリエンナーレのあり方検討委員会」の調査報告と提言を読み解く」『芸術批評誌 リア』

    2020.3

  8. 展覧会評:「狂暴と愛、有機物と無機物のふしぎな婚姻」が垣間見せる流動する世界の本源を見つめ続けて : 瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019」『JunCture』

    2020.3

  9. 『難波田龍起作品史 1928-1996 | アトリエに遺された作品による』

    栗田秀法

    2019.12

  10. 「コレクションに活を入れる一手を探し求める美術館」『芸術批評誌 リア』

    2019.10

  11. 「THE BODY―身体の宇宙―」

    栗田秀法

    2019.5

  12. 展覧会評:クレーが開いた内なる世界の軌跡:駒井哲郎 煌めく紙上の宇宙 『JunCture』

    2019.3

  13. 「ウィトカウアー『アレゴリーとシンボル』、デイリー監修『エンブレムの宇宙』」『ルネサンス・バロックのブックガイド』(ヒロ・ヒライ監修)工作舎

    2019.2

  14. 連載「芸術を育む場<中部美術縁起>」『中日新聞』夕刊(全11回)

    2018.10
    -
    2019.1

  15. 展覧会評:版画の景色 現代版画センターの軌跡『芸術批評誌 リア』

    2018.10

  16. 展覧会評:内なる異界への彷徨の軌跡 横尾忠則 HANGA JUNGLE『JunCture』

    2018.3

  17. 展覧会評:蘇った非対象の道―恩地孝四郎展『JunCture』

    2017.3

  18. 「旧美学美術史研究室(名古屋大学)設置の水谷勇夫作品について(中間報告)」『アートリソース研究 Ⅱ』

    2017.3

  19. 「実在と虚構のはざまで(展覧会評:櫃田珠実展)」『名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」アニュアル2015』

    栗田秀法

    2016.3

  20. 「より楽しめる博物館へ」『中日新聞』夕刊

    2015.1

  21. 書評 Henry Keazor, Poussins Parerga: Quellen, Entwicklung und Bedeutung der Kleinekompositionen in den Gemalden Nicolas Poussins (特集 パレルゴン:美術における付随的なもの) 『西洋美術研究』

    1999

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. プッサンの歴史風景画の意味構造に関する研究

    2010.4 - 2011.3

    鹿島美術財団 

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 4

  1. フランス・アカデミーの総合的研究

    2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. プッサン晩年の風景画における語りと寓意に関する総合的研究

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. プッサンにおける語りと寓意

    2013.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費・学術図書

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  4. 美術アカデミーにおける女性ヌードモデルの導入および裸体素描の理念に関する研究

    2004.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

 

Teaching Experience (Off-campus) 2

  1. 博物館資料保存論

    2020.10 - 2021.3 Tokai Gakuen University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  2. 博物館展示論

    2020.4 - 2020.9 Tokai Gakuen University)

 

Social Contribution 5

  1. 「文化活動と助成」(あいトリ問題を考える ​@名古屋大学)

    Role(s):Lecturer

    2019.10

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  2. バロックの名画を読み解く(山梨県立美術館)

    Role(s):Lecturer

    山梨県立美術館  2017.4

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  3. スーラと新印象派(メナード美術館)

    Role(s):Lecturer

    2016.11

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  4. バロック美術における神、人間、運命(三重県立美術館)

    Role(s):Lecturer

    2015.10

     More details

    Audience: General

  5. バロック美術のなかのジャック・カロ(国立西洋美術館)

    Role(s):Lecturer

    2014.5

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

Media Coverage 1

  1. シンポジウム「これからの博物館の在るべき姿 ~博物館法をはじめとする関連法等の改正に向けて~(仮称)」

    日本学術会議史学委員会博物館・美術館等の組織運営に関する分科会,公益財団法人日本博物館協会  2018.1