2023/09/15 更新

写真a

シミズ シノブ
清水 忍
SHIMIZU Shinobu
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2005年3月   名古屋市立大学 ) 

経歴 5

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   准教授

    2019年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   病院講師

    2018年7月 - 2019年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター   病院講師

    2013年1月 - 2018年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター   薬剤師

    2011年4月 - 2012年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構

    2005年8月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

 

論文 35

  1. Systemic administration of clinical-grade multilineage-differentiating stress-enduring cells ameliorates hypoxic–ischemic brain injury in neonatal rats. 査読有り

    1. Ueda K, Sato Y, Shimizu S, Suzuki T, Onoda A, Miura R, Go S, Mimatsu H, Kitase Y, Yamashita Y, Irie K, Tsuji M, Mishima K, Mizuno M, Takahashi Y, Dezawa M, Hayakawa M.

    SCIENTIFIC REPORTS   13 巻 ( 1 ) 頁: 14958   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-41026-3.

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-023-41026-3

  2. Mexiletine in spinal and bulbar muscular atrophy: a randomized controlled trial 査読有り 国際誌

    Yamada Shinichiro, Hashizume Atsushi, Hijikata Yasuhiro, Inagaki Tomonori, Ito Daisuke, Kishimoto Yoshiyuki, Kinoshita Fumie, Hirakawa Akihiro, Shimizu Shinobu, Nakamura Tomohiko, Katsuno Masahisa

    ANNALS OF CLINICAL AND TRANSLATIONAL NEUROLOGY   9 巻 ( 11 ) 頁: 1702 - 1714   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/acn3.51667

    Web of Science

    PubMed

  3. Influence of background characteristics in responders of regenerative therapy by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells for male stress urinary incontinence 査読有り 国際誌

    Yamanishi Tomonori, Ishizuka Osamu, Shimizu Shinobu, Kobayashi Yumiko, Kinoshita Fumie, Yamamoto Tokunori, Mizokami Atushi, Narimoto Kazutaka, Toriyama Kazuhiro, Kamei Yuzuru, Kuwatsuka Yachiyo, Mizuno Masaaki, Gotoh Momokazu

    LUTS-LOWER URINARY TRACT SYMPTOMS   14 巻 ( 4 ) 頁: 273 - 280   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/luts.12433

    Web of Science

    PubMed

  4. Protocol for a Phase 1, Open-Label, Multiple-Center, Dose-Escalation Study to Evaluate the Safety and Tolerability of ADR-001 in the Treatment of Immunoglobulin A Nephropathy 査読有り 国際誌

    Tanaka Akihito, Furuhashi Kazuhiro, Fujieda Kumiko, Maeda Kayaho, Saito Shoji, Mimura Tetsushi, Saka Yosuke, Naruse Tomohiko, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Kinoshita Fumie, Kuwatsuka Yachiyo, Shimizu Shinobu, Nakai Yasuhiro, Maruyama Shoichi

    FRONTIERS IN MEDICINE   9 巻   頁: 883168   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmed.2022.883168

    Web of Science

    PubMed

  5. Safety and tolerability of a multilineage-differentiating stress-enduring cell-based product in neonatal hypoxic-ischaemic encephalopathy with therapeutic hypothermia (SHIELD trial): a clinical trial protocol open-label, non-randomised, dose-escalation trial 査読有り

    Matsuyama Nao, Shimizu Shinobu, Ueda Kazuto, Suzuki Toshihiko, Suzuki Sakiko, Miura Ryosuke, Katayama Akemi, Ando Masahiko, Mizuno Masaaki, Hirakawa Akihiro, Hayakawa Masahiro, Sato Yoshiaki

    BMJ OPEN   12 巻 ( 4 ) 頁: e057073   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2021-057073

    Web of Science

    PubMed

  6. Survey Results and Recommendations from Japanese Stakeholders for Good Clinical Practice Renovation 査読有り

    Nakamura Kenichi, Ozawa Hitoshi, Shibata Taro, Ushirozawa Nobuko, Hata Tomomi, Okita Natsuko, Fuse Nozomu, Sato Norihiro, Ikeda Koji, Hanaoka Hideki, Maruyama Tatsuya, Wada Michihiko, Shimizu Shinobu, Kasai Hiroi, Yamamoto Yoichi, Sakurai Jun, Todaka Koji, Tashiro Shimon, Yamamoto Haruko

    THERAPEUTIC INNOVATION & REGULATORY SCIENCE   56 巻 ( 2 ) 頁: 220 - 229   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s43441-021-00350-4

    Web of Science

    PubMed

  7. Safety and efficacy of MIKE-1 in patients with advanced pancreatic cancer: a study protocol for an open-label phase I/II investigator-initiated clinical trial based on a drug repositioning approach that reprograms the tumour stroma 査読有り

    Mizutani Yasuyuki, Iida Tadashi, Ohno Eizaburo, Ishikawa Takuya, Kinoshita Fumie, Kuwatsuka Yachiyo, Imai Miwa, Shimizu Shinobu, Tsuruta Toshihisa, Enomoto Atsushi, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro

    BMC CANCER   22 巻 ( 1 ) 頁: 205   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-022-09272-2

    Web of Science

    PubMed

  8. Comparison of Successful and Unsuccessful Cases of New Drug Approvals Based on the International Council on Harmonization E5 Guidelines in Japan 査読有り

    Asada Ryuta, Shimizu Shinobu, Nakamura Harumasa, Ono Shunsuke, Yamaguchi Takuhiro

    CLINICAL PHARMACOLOGY IN DRUG DEVELOPMENT   10 巻 ( 5 ) 頁: 434 - 439   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpdd.942

    Web of Science

    PubMed

  9. The evaluation of the safety and efficacy of intravenously administered allogeneic multilineage-differentiating stress-enduring cells in a swine hepatectomy model. 査読有り

    Iseki M, Mizuma M, Wakao S, Kushida Y, Kudo K, Fukase M, Ishida M, Ono T, Shimura M, Ise I, Suzuki Y, Sueta T, Asada R, Shimizu S, Ueno Y, Dezawa M, Unno M

    Surgery today   51 巻 ( 4 ) 頁: 634 - 650   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02117-0

    PubMed

  10. Biological characterization of adipose-derived regenerative cells used for the treatment of stress urinary incontinence 査読有り

    Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Suetake Yukihiro, Matsui-Hirai Hisako, Hasegawa Shizuka, Takanari Keisuke, Toriyama Kazuhiro, Kamei Yuzuru, Yamamoto Tokunori, Mizuno Masaaki, Gotoh Momokazu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   28 巻 ( 1 ) 頁: 115 - 124   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.14408

    Web of Science

    PubMed

  11. Intravenously delivered multilineage-differentiating stress enduring cells dampen excessive glutamate metabolism and microglial activation in experimental perinatal hypoxic ischemic encephalopathy. 査読有り 国際共著

    Suzuki T, Sato Y, Kushida Y, Tsuji M, Wakao S, Ueda K, Imai K, Iitani Y, Shimizu S, Hida H, Temma T, Saito S, Iida H, Mizuno M, Takahashi Y, Dezawa M, Borlongan CV, Hayakawa M

    Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism     頁: 271678X20972656   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0271678X20972656

    PubMed

  12. Regenerative treatment for male stress urinary incontinence by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells: Outcome of the ADRESU study 査読有り

    Gotoh Momokazu, Shimizu Shinobu, Yamamoto Tokunori, Ishizuka Osamu, Yamanishi Tomonori, Mizokami Atsushi, Narimoto Kazutaka, Toriyama Kazuhiro, Kamei Yuzuru, Nakayama Shinobu, Kuwatsuka Yachiyo, Mizuno Masaaki, Hirakawa Akihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   27 巻 ( 10 ) 頁: 859 - 865   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.14311

    Web of Science

    PubMed

  13. Influence of human adipose stem cells on prostate cancer cell growth 査読有り

    Yamamoto Tokunori, Gotoh Momokazu, Koide Naoshi, Funahashi Yasuhito, Shimizu Shinobu, Takei Yoshifumi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 2 ) 頁: 217 - 224   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.217

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medlib/nagoya_j_med_sci/822/07_Yamamoto.pdf

  14. Efficacy and Safety of Rituximab in Refractory CIDP With or Without IgG4 Autoantibodies (RECIPE): Protocol for a Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Clinical Trial 査読有り

    Shimizu Shinobu, Iijima Masahiro, Fukami Yuki, Tamura Natsuko, Nakatochi Masahiro, Ando Masahiko, Nishi Ryoji, Koike Haruki, Kaida Kenichi, Koga Michiaki, Kanda Takashi, Ogata Hidenori, Kira Jun-Ichi, Mori Masahiro, Kuwabara Satoshi, Katsuno Masahisa

    JMIR RESEARCH PROTOCOLS   9 巻 ( 4 ) 頁: e17117   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2196/17117

    Web of Science

    PubMed

  15. Phase I study of vorinostat with gefitinib in BIM deletion polymorphism/epidermal growth factor receptor mutation double-pnositive lung cancer 査読有り 国際共著

    Takeuchi Shinji, Hase Tetsunari, Shimizu Shinobu, Ando Masahiko, Hata Akito, Murakami Haruyasu, Kawakami Takahiro, Nagase Katsuhiko, Yoshimura Kenichi, Fujiwara Tadami, Tanimoto Azusa, Nishiyama Akihiro, Arai Sachiko, Fukuda Koji, Katakami Nobuyuki, Takahashi Toshiaki, Hasegawa Yoshinori, Ko Tun Kiat, Ong S. Tiong, Yano Seiji

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 2 ) 頁: 561 - 570   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14260

    Web of Science

    PubMed

  16. A Novel Treatment with Stem Cells from Human Exfoliated Deciduous Teeth for Hypoxic-Ischemic Encephalopathy in Neonatal Rats 査読有り

    Kitase Yuma, Sato Yoshiaki, Ueda Kazuto, Suzuki Toshihiko, Mikrogeorgiou Alkisti, Sugiyama Yuichiro, Matsubara Kohki, Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Hirata Hitoshi, Yukawa Hiroshi, Baba Yoshinobu, Tsuji Masahiro, Takahashi Yoshiyuki, Yamamoto Akihito, Hayakawa Masahiro

    STEM CELLS AND DEVELOPMENT   29 巻 ( 2 ) 頁: 63 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/scd.2019.0221

    Web of Science

    PubMed

  17. Src inhibition attenuates polyglutamine-mediated neuromuscular degeneration in spinal and bulbar muscular atrophy 査読有り

    Iida Madoka, Sahashi Kentaro, Kondo Naohide, Nakatsuji Hideaki, Tohnai Genki, Tsutsumi Yutaka, Noda Seiya, Murakami Ayuka, Onodera Kazunari, Okada Yohei, Nakatochi Masahiro, Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Mizuno Masaaki, Adachi Hiroaki, Okano Hideyuki, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 4262   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-12282-7

    Web of Science

    PubMed

  18. A descriptive research: Exclusion from submitted clinical data package in the review process of new drug approval due to GCP violation in Japan 査読有り

    Asada Ryuta, Yoshimura Kenichi, Hattori Kayo, Nonaka Yujiro, Kasai Hiroi, Shimizu Shinobu

    CONTEMPORARY CLINICAL TRIALS COMMUNICATIONS   15 巻   頁: 100416   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conctc.2019.100416

    Web of Science

    PubMed

  19. Design of a Randomized Controlled Clinical Study of tissue-engineered osteogenic materials using bone marrow-derived mesenchymal cells for Maxillomandibular bone defects in Japan: the TEOM study protocol 査読有り

    Shimizu Shinobu, Tsuchiya Shuhei, Hirakawa Akihiro, Kato Katsuyoshi, Ando Masahiko, Mizuno Masaaki, Osugi Masashi, Okabe Kazuto, Katagiri Wataru, Hibi Hideharu

    BMC ORAL HEALTH   19 巻 ( 1 ) 頁: 69   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12903-019-0753-1

    Web of Science

    PubMed

  20. Treatment of male stress urinary incontinence using autologous adipose-derived regenerative cells: Long-term efficacy and safety 査読有り

    Gotoh Momokazu, Yamamoto Tokunori, Shimizu Shinobu, Matsukawa Yoshihisa, Kato Masashi, Majima Tsuyoshi, Takai Shun, Funahashi Yasuhito, Toriyama Kazuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   26 巻 ( 3 ) 頁: 400 - 405   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.13886

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1111/iju.13886

  21. 医師主導治験における標準業務手順書の適切な作成と効率的な運用に向けた検討. 査読有り

    林宏至,岩崎幸司,熊谷いづみ,横式沙紀,菊池佳代子,清水忍,寺町真由美,加賀山祐樹,松山琴音,笠井宏委,内山麻希子,山本学

    薬理と治療   47 巻   頁: s134 - s147   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 腹圧性尿失禁に対する治療 括約筋再生

    山本徳則,清水忍,後藤百万

    臨床泌尿器科   73 巻 ( 2 ) 頁: 130 - 135   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  23. Design of a single-arm clinical trial of regenerative therapy by periurethral injection of adipose-derived regenerative cells for male stress urinary incontinence in Japan: the ADRESU study protocol 査読有り

    Shimizu Shinobu, Yamamoto Tokunori, Nakayama Shinobu, Hirakawa Akihiro, Kuwatsuka Yachiyo, Funahashi Yasuhito, Matsukawa Yoshihisa, Takanari Keisuke, Toriyama Kazuhiro, Kamei Yuzuru, Narimoto Kazutaka, Yamanishi Tomonori, Ishizuka Osamu, Mizuno Masaaki, Gotoh Momokazu

    BMC UROLOGY   17 巻 ( 1 ) 頁: 89   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12894-017-0282-7

    Web of Science

    PubMed

  24. Human Muse Cells, Nontumorigenic Pluripotent-Like Stem Cells, Have Liver Regeneration Capacity Through Specific Homing and Cell Replacement in a Mouse Model of Liver Fibrosis 査読有り

    Iseki Masahiro, Kushida Yoshihiro, Wakao Shohei, Akimoto Takahiro, Mizuma Masamichi, Motoi Fuyuhiko, Asada Ryuta, Shimizu Shinobu, Unno Michiaki, Chazenbalk Gregorio, Dezawa Mari

    CELL TRANSPLANTATION   26 巻 ( 5 ) 頁: 821 - 840   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368916X693662

    Web of Science

    PubMed

  25. Phase I study of combined therapy with vorinostat and gefitinib to treat BIM deletion polymorphism-associated resistance in EGFR-mutant lung cancer (VICTROY-J): a study protocol. 査読有り

    Takeuchi S, Yoshimura K, Fujiwara T, Ando M, Shimizu S, Nagase K, Hasegawa Y, Takahashi T, Katakami N, Inoue A, Yano S

    The journal of medical investigation : JMI   64 巻 ( 3.4 ) 頁: 321 - 325   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2152/jmi.64.321

    PubMed

  26. 尿失禁に対する脂肪幹細胞が作り出す微小環境を活用した治療の開発

    山本徳則,舟橋康人,松川宜久,中山忍,清水忍,後藤百万

    泌尿器外科   29 巻 ( 4 ) 頁: 335-338   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 実用化に向けた非臨床開発の基本的考え方 招待有り

    清水忍

    神経治療   33 巻 ( 3 ) 頁: 453-458   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. What Factors Lead to prolonged Regulatory Review Times for New Drugs in Japan? 査読有り

    Yoneda S, Asada R, Shimizu S, Ono S, Yamaguchi T

    J Clin Trials   5 巻 ( 6 ) 頁: 247   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 抗悪性腫瘍薬の臨床データパッケージ分析からみる今後の課題 査読有り

    平川晃弘,木下文恵,森由美子,清水忍

    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   46 巻 ( 10 ) 頁: 714-720   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 名古屋大学における生命倫理審査委員会の事前審査に関する状況調査 査読有り

    清水忍,中山忍,飯島祥彦,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明,直江知樹

    臨床薬理   44 巻 ( 6 ) 頁: 443-450   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Analysis of new drugs whose clinical development and regulatory approval were hampered during their introduction in Japan. 査読有り

    Asada R, Shimizu S, Ono S, Ito T, Shimizu A, Yamaguchi T.

    J Clin Pharm Ther.   38 巻 ( 4 ) 頁: 309-313   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    What is known and Objective: Many drugs fail during development. However, detailed reasons for failure during drug development are almost never disclosed. We focused on the drugs whose clinical development and registration were initially hampered, but which were finally approved to identify reasons that delayed their marketing approval in Japan.
    Methods: We analysed 727 new drug applications (NDAs) approved in Japan between 2001 and 2011.
    Results and Discussion: Fifty-three NDAs had serious and identifiable problems during drug development. Of these, 43 NDAs had `problem related to clinical data'. We found that the problems for withdrawal of these NDAs could be ascribed largely to inappropriate clinical data package and study design for supporting the intended indications and usage and to unclear clinical results for defining dosage regimen or efficacy of the drugs.
    What is new and Conclusion: Our results indicate the importance of careful determination of the optimal dosage regimen and the choice of objective endpoints in clinical trials. Further, it is important to establish a clear strategy for generating the clinical data package, to include careful design of clinical trials on the basis of the nature of the target disease and target population. For drugs marketed in Japan, there is a need to include sufficient numbers of Japanese patients in the trials.

    DOI: 10.1111/jcpt.

  32. Functional alteration of inhibitory influences on spinal motor output in painful diabetic neuropathy in rats. 査読有り

    Tanabe M, Shimizu S, Takabayashi K, Honda M, Ono H.

    Neurosci Lett.   389 巻 ( 3 ) 頁: 152-156   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Diabetes is frequently accompanied by painful polyneuropathies that are mediated by enhanced neuronal excitability in the spinal cord, partly because of decrease in spinal intrinsic inhibitory influences. Changes in spinal excitatory-inhibitory balance may alter spinal segmental motor output. In the study presented here, the mono- and disynaptic (the fastest polysynaptic) reflexes (MSR and DSR, respectively) were recorded from L5 ventral roots in response to stimulation of the ipsilateral L5 dorsal root in spinalized streptozotocin (STZ)-induced diabetic rats with a reduced withdrawal threshold to mechanical stimuli. The diabetic rats generally exhibited larger spinal reflex amplitudes, the DSR being influenced in particular. We addressed whether recurrent and presynaptic inhibition of the spinal reflexes were altered in STZ-treated animals. The recurrent inhibition of the MSR and DSR elicited by preceding antidromic conditioning stimulation delivered to the recorded L5 ventral root was markedly suppressed in diabetic rats. By contrast, the presynaptic inhibition of the MSR and DSR elicited by preceding conditioning stimulation to the ipsilateral L4 dorsal root was not impaired. Thus, in diabetic painful neuropathy, reduced spinal intrinsic inhibition in the ventral horn contributes to an enhanced spinal segmental motor output.

  33. Role of descending noradrenergic system and spinal α2-adrenergic receptors in the effects of gabapentin on thermal and mechanical nociception after partial nerve injury in the mouse. 査読有り

    Tanabe M, Takasu K, Kasuya N, Shimizu S, Honda M, Ono H.

    Br J Pharmacol.   144 巻   頁: 703-714   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1. To gain further insight into the mechanisms underlying the antihyperalgesic and antiallodynic actions of gabapentin, a chronic pain model was prepared by partially ligating the sciatic nerve in mice. The mice then received systemic or local injections of gabapentin combined with either central noradrenaline (NA) depletion by 6-hydroxydopamine (6-OHDA) or α-adrenergic receptor blockade. 2. Intraperitoneally (i.p.) administered gabapentin produced antihyperalgesic and antiallodynic effects that were manifested by elevation of the withdrawal threshold to a thermal (plantar test) or mechanical (von Frey test) stimulus, respectively. 3. Similar effects were obtained in both the plantar and von Frey tests when gabapentin was injected intracerebroventricularly (i.c.v.) or intrathecally (i.t.), suggesting that it acts at both supraspinal and spinal loci. This novel supraspinal analgesic action of gabapentin was only obtained in ligated neuropathic mice, and gabapentin (i.p. and i.c.v.) did not affect acute thermal and mechanical nociception. 4. In mice in which central NA levels were depleted by 6-OHDA, the antihyperalgesic and antiallodynic effects of i.p. and i.c.v. gabapentin were strongly suppressed. 5. The antihyperalgesic and antiallodynic effects of systemic gabapentin were reduced by both systemic and i.t. administration of yohimbine, an α2-adrenergic receptor antagonist. By contrast, prazosin (i.p. or i.t.), an α1-adrenergic receptor antagonist, did not alter the effects of gabapentin. 6. It was concluded that the antihyperalgesic and antiallodynic effects of gabapentin are mediated substantially by the descending noradrenergic system, resulting in the activation of spinal α2-adrenergic receptors.

    DOI: 10.1038/sj.bjp.0706109

  34. GABAB receptors do not mediate the inhibitory actions of gabapentin on the spinal reflex in rats. 査読有り

    Shimizu S, Honda M, Tanabe M, Ono H.

    J Pharmacol Sci.   96 巻 ( 4 ) 頁: 444-449   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    responsible for those actions, however, are still not clearly understood. We have recently demonstrated that gabapentin reduces the spinal reflex in rats via mechanisms that do not involve gamma-aminobutyric acid (GABA)A receptors. In the study, we attempted to explore the involvement of GABAB receptors in gabapentin-induced inhibition of the spinal reflexes in spinalized rats. Stimulation of the dorsal root at L5 elicited the segmental mono-(MSR) and polysynaptic reflex (PSR) in the ipsilateral ventral root. The microinjection of gabapentin (1.5 and 5 nmol) into the ventral horn reduced both MSR and PSR, whereas the injection into the dorsal horn only inhibited the PSR, indicating that systemic gabapentin inhibits the MSR at the ventral horn and it inhibits the PSR at both the ventral and dorsal horns. The GABAB-receptor antagonist CGP35348 (0.5 nmol) injected into the ventral horn antagonized the inhibition of the spinal reflexes by the GABAB-receptor agonist baclofen (i.v.) but not by gabapentin (i.v.). Thus, GABAB receptors do not appear to contribute to the gabapentin-induced inhibition of the spinal reflex.

  35. Endogenous GABA does not mediate the inhibitory effects of gabapentin on spinal reflexes in rats. 査読有り

    Shimizu S, Honda M, Tanabe M, Oka J, Ono H.

    J Pharmacol Sci.   94 巻 ( 2 ) 頁: 137-143   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The novel antiepileptic drug gabapentin was designed as a structural analog of gamma-aminobutyric acid (GABA). However, its mechanism of action remains unclear. In the present study, we investigated the effect of gabapentin on spinal reflexes in anesthetized rats. The mono- and polysynaptic reflex potentials were recorded from the ipsilateral L5 ventral root after stimulation of the L5 dorsal root. The dorsal root reflex potential, an index of presynaptic inhibition, was recorded from the ipsilateral L4 dorsal root. In non-spinalized (intact) and spinalized rats, intravenously administered gabapentin reduced the mono- and polysynaptic reflex potentials in a dose-dependent manner. These inhibitory effects of gabapentin were not suppressed by the GABAA antagonist picrotoxin. Moreover, gabapentin also decreased spinal reflexes in spinalized rats depleted of spinal GABA with semicarbazide, an inhibitor of the GABA-synthesizing enzyme. The dorsal root reflex potentials were not affected by gabapentin. These results suggest that endogenous GABA does not mediate the inhibitory effects of gabapentin on spinal reflexes.

▼全件表示

講演・口頭発表等 82

  1. The Evaluation of Efficacy and Safety Additional Rituximab in Refractory CIDP Patients With IgG4 Autoantibodies by Patient-Proposed Healthcare Services. 国際会議

    Fukami Y, Iijima M, Shimizu S, Nishiwaki S, Koike H, Katsuno M

    2023 Peripheral Nerve Society (PNS) Annual Meeting  2023年6月  Peripheral Nerve Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:デンマーク王国  

  2. 患者申出療養によるIgG4自己抗体陽性CIDP患者へのリツキシマブの有効性と安全性評価

    深見祐樹、飯島正博、清水忍、西脇聡史、木下文恵、安藤昌彦、小池春樹、勝野雅央

    第64回日本神経学会学術大会  2023年5月31日  日本神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月 - 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張   国名:日本国  

  3. IgG4自己抗体陽性の慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)に対するリツキシマブの有効性と安全性を確認する医師主導治験

    清水忍,飯島正博,深見祐樹,松山奈央,田村奈津子,中杤昌弘,安藤昌彦,海田賢一,山﨑亮,神田隆,桑原聡,勝野雅央.

    革新的医療技術創出拠点 令和4年度成果報告会「革新拠点から広がる取組~基礎・臨床・実用化から患者・社会へ~」  2023年3月2日  日本医療研究開発機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 治験開始前に非臨床試験で確認しておくこと

    清水忍

    第5回つながり対話会  2023年2月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  5. 日本における希少疾病用医薬品指定の現状と承認医薬品及び指定取消医薬品に関する検討

    浅田隆太、清水忍、石塚量見、中村 治雅

    第43回臨床薬理学会学術集会  2022年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  6. RECIPE: A PHASE II RANDOMIZED CONTROLLED TRIAL OF RITUXIMAB FOR REFRACTORY CIDP WITH IGG4 AUTOANTIBODIES 国際会議

    Iijima Masahiro, Shimizu Shinobu, Fukami Yuki, Koike Haruki, Kaida Kenichi, Mori Masahiro, Kuwabara Satoshi, Koga Michiaki, Kanda Takashi, Ogata Hidenori, Yamasaki Ryo, Kira Jun-ichi, Katsuno Masahisa

    the 2022 Peripheral Nerve Society Annual Meeting  2022年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  7. 再生医療の臨床研究に向けたプロジェクトマネジメント

    清水忍,菊地佳代子,伊藤達也,池田浩治

    第21回日本再生医療学会総会  2022年3月17日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web   国名:日本国  

  8. IgG4自己抗体陽性の難治性慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)患者を対象としたリツキシマブの有効性と安全性評価に関する多施設共同臨床試験

    飯島正博,清水忍,深見祐樹,田村奈津子,中杤昌弘,安藤昌彦,小池春樹,海田賢一,古賀道明,神田隆,緒方英紀,山﨑亮,吉良潤一,森雅裕,桑原聡,勝野雅央.

    神経免疫班 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 審査報告書のGCP実地調査結果に基づく治験実施医療機関におけるGCP遵守状況に関する研究

    浅田隆太,清水忍.

    第42回日本臨床薬理学会学術総会  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  10. 臨床研究・医師主導治験PMの実務について

    清水忍

    ARO協議会第8回学術集会  2021年9月10日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web   国名:日本国  

  11. 試験開始前に、ここで困った!何とか乗り越えられた!事例紹介②

    清水忍

    2021年度 プロジェクトマネジメント専門家連絡会セミナー  2021年7月19日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web   国名:日本国  

  12. Development of a novel treatment for neonatal brain injuries by Multilineage-differentiating stress-enduring cells —Exploratory investigator-initiated clinical trial— 国際会議

    Sato Y, Shimizu S, Ueda K, Suzuki T, Miura R, Go S, Arai S, Kitase Y, Onoda A, Tsuji M, Hayakawa M.

    Hershey conference 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. A multilineage differentiating stress enduring (Muse) cell product ameliorates neonatal hypoxic ischemic brain injury: towards an exploratory investigator-initiated clinical trial. 国際会議

    Ueda K, Sato Y, Suzuki T, Onoda A, Miura R, Go S, Mimatsu H, Kitase Y, Yamashita Y, Irie K, Tsuji M, Mishima K, Shimizu S, Hayakawa M.

    Hershey conference 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. AROにおけるPM業務の意義

    清水忍

    アカデミア発最先端医療開発の支援~大学病院で働く魅力~  2021年3月18日  AMED橋渡し研究戦略的推進プログラム 拠点間ネットワーク事業 プロジェクトマネージャー育成事業

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  15. 多職種共同臨床研究計画ワークショップの開催から見えた画期的な教育効果とコンピテンシーに基づく業務パフォーマンス評価の方向性~令和2年度 中央IRB促進事業(2次公募)多職種班の検討報告~.

    真田昌爾,岩崎幸司,南学,大谷直由,清水忍,有田悦子,浅田隆太,桃井章裕,鈴木由加利,成田さわな,吉田寿子,河合稜太,松野康子,西崎祐史,松嶋由紀子,高田宗典,出居真由美,氏原淳,菊地佳代子,佐藤研介,新谷歩,山口拓,上村尚人.

    日本臨床試験学会 第12回学術集会総会  2021年2月12日  日本臨床試験学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. IgG4自己抗体陽性の慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)に対するリツキシマブの有効性と安全性を確認する医師主導治験の運用.

    清水忍,松山奈央,飯島正博,田村奈津子,片山朱美,中杤昌弘,安藤昌彦,海田賢一,山﨑亮,神田隆,桑原聡,勝野雅央.

    日本臨床試験学会 第12回学術集会総会  2021年2月12日  日本臨床試験学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. ネガティブな結果を含む臨床試験に基づく臨床試験計画時の留意点の一覧表の検討.

    浅田隆太,清水忍,中村治雅,小野俊介,山口拓洋.

    第41回日本臨床薬理学会学術総会  2020年12月5日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. SHIELD試験の立ち上げ:低体温療法を実施した新生児低酸素性虚血性脳症に対するCL2020の安全性及び忍容性を検討する用量漸増臨床試験.

    松山奈央,清水忍,片山朱美,平川晃弘,安藤昌彦,上田一仁,鈴木俊彦,佐藤義朗.

    第41回日本臨床薬理学会学術総会  2020年12月5日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 臨床研究の開始に向けた準備と臨床研究における規制.

    清水忍

    令和2年度 臨床研究・治験従事者養成研修  2020年10月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  20. 医師臨床研修制度見直しから見た医学生や研修医に対するTR教育.

    鶴田敏久,天野学,中井康博,藤田一司,五十部穣,植田康平,清水忍,鍬塚八千代,木下文恵,安藤昌彦,水野正明,安藤雄一.

    日本臨床試験学会 第11回学術集会総会  2020年2月14日  日本臨床試験学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 実用化研究におけるスコープ計画の取り組み.

    清水忍

    第4回DIAプロジェクトマネジメント・シンポジウム  2019年12月18日  DIA

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  22. 日本の既承認新医薬品の臨床データパッケージに含まれる比較試験(ピボタル試験)におけるネガティブな結果を含む試験に関する研究.

    浅田隆太,清水忍,中村治雅,小野俊介,山口拓洋.

    第40回日本臨床薬理学会学術総会  2019年12月5日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. アカデミア開発におけるTPPと開発戦略文書の意義と実例.

    清水忍

    第16回DIA日本年会  2019年11月12日  DIA

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  24. 治験開始前に非臨床試験で確認しておくこと.

    清水忍

    ARO協議会 第7回学術集会  2019年9月26日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  25. RECIPE試験の立ちあげ:IgG4自己抗体陽性の慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)に対するリツキシマブの医師主導治験.

    松山奈央,清水忍,飯島正博,西村千穂,田村奈津子,北原裕子,今井美和,中杤昌弘,安藤昌彦,海田賢一,吉良潤一,神田隆,桑原聡,勝野雅央.

    ARO協議会 第7回学術集会  2019年9月28日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  26. Muse細胞を用いた新生児慢性肺疾患に対する規治療法の開発.

    佐藤義朗,鈴木俊彦,清水忍,呉尚治,三浦良介,上田一仁,Mahboba Jabary,小野田淳人,山本英範,加藤太一,早川昌弘.

    第40回日本炎症・再生医学会  2019年7月  日本炎症・再生医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. RECIPE: a phase II randomized controlled trial of rituximab for refractory CIDP with IgG4 autoantibodies. 国際会議

    Iijima M, Shimizu S, Fukami Y, Nishi R, Koike H, Ogata H, Kira JI, Kaida K, Koga M, Kanda T, Mori M, Kuwabara S, Katsuno M.

    2019 PNS Annual Meeting  2019年6月  PNS

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  28. これから応用される研究は確実なステップを踏んでいるのか?

    佐藤義朗,清水忍

    第61回日本小児神経学会学術集会  2019年5月31日  日本小児神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  29. Development of a novel treatment for perinatal brain injuries by Multilineage-differentiating stress-enduring cells.

    Sato Y, Suzuki T, Kitase Y, Ueda K, Onoda A, Miura R, Go S, Shimizu S, Tsuji M, Hayakawa M.

    IPOKRaTES Japan 2019 conference  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. A multilineage-differentiating stress-enduring (Muse) cell-based formulation (CL2020) ameliorates neonatal hypoxic-ischemic brain injury.

    Ueda K, Sato Y, Suzuki T, Onoda A, Miura R, Go S, Mimatsu H, Kitase Y, Yamashita Y, Irie K, Tsuji M, Mishima K, Shimizu S, Hayakawa M.

    IPOKRaTES Japan 2019 conference  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. Development of a novel treatment for neonatal bronchopulmonary dysplasia by multilineage-differentiating stress-enduring cells. 国際会議

    Sato Y, Suzuki T, Shimizu S, Go S, Ueda K, Mimatsu H, Kitase Y, Kato T, Hayakawa M.

    Pediatric Academic Societies Meeting  2019年  Pediatric Academic Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月 - 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  32. 一般社団法人ARO協議会薬事専門家連絡会の活動「再生医療法下で実施する臨床研究の支援について」.

    笹井雅夫,大内麻悠子,浅山恵,清水忍,平松信祥,西村秀雄,山口頂,伊藤達也,遠藤佳代子,上田恵子,菊地佳代子,菅原岳史,山地学,名井陽.

    第18回日本再生医療学会総会  2019年3月  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. アカデミアから実用化を進めるために-ADRESU試験の事例も踏まえ-.

    清水忍

    第2回新生児基礎・トランスレーショナルリサーチ研究会  2019年2月24日  新生児基礎・トランスレーショナルリサーチ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. 医療機器の多施設共同医師主導治験の治験事務局業務における取組み.

    石黒陽子,清水忍,藤田由美,中山忍,浅井三千代,末竹幸広,山本徳則,後藤百万.

    日本臨床試験学会 第10回学術集会総会  2019年1月  日本臨床試験学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. 治験開始前に非臨床試験で確認しておくこと.

    清水忍

    ARO協議会 医師主導治験におけるスタディマネジメントセミナー  2018年11月17日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  36. 医師主導治験の実施に向けた取組み.

    清水忍

    第15回DIA日本年会  2018年11月12日  DIA

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  37. アカデミアにおけるTPPの使用.

    清水忍

    第15回DIA日本年会  2018年11月12日  DIA

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  38. 実用化へ向けた名古屋大学AROの活動.

    清水忍,水野正明

    第2回実践に基づく医療イノベーション研究会  2018年6月29日  実践に基づく医療イノベーション研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  39. Development of a novel treatment for perinatal brain injuries by Multilineage-differentiating stress-enduring cells. 国際会議

    Sato Y, Suzuki T, Kitase Y, Shimizu S, Tsuji M, Hayakawa M.

    11th Hershey Conference on Developmental Brain Injury 2018  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  40. Development of a novel treatment for neonatal bronchopulmonary dysplasia by multilineage-differentiating stress-enduring cells. 国際会議

    Sato Y, Suzuki T, Shimizu S, Go S, Ueda K, Mimatsu H, Kitase Y, Kato T, Hayakawa M.

    Pediatric Academic Societies Annual Meeting   2018年5月  Pediatric Academic Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. A novel treatment for perinatal hypoxic ischemic encephalopathy using Multilineage-differentiating stress enduring cells. Pediatric Academic Societies Meeting 国際会議

    Suzuki T, Sato Y, Shimizu S, Tsuji M, Hida H, Hayakawa M.

    Pediatric Academic Societies Annual Meeting   2018年5月  Pediatric Academic Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  42. 骨髄由来間葉系細胞による顎骨再生療法の評価と臨床展開.

    土屋周平,清水忍,片桐渉.

    第17回日本再生医療学会総会  2018年3月23日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  43. Multilineage-differentiating stress enduring cellsの低酸素性虚血性脳症モデルに対する治療効果の検討.

    鈴木俊彦,佐藤義朗,清水忍,串田良祐,若尾昌平,水野正明,飛田秀樹,辻雅弘,出澤真理,早川昌弘.

    第17回日本再生医療学会総会  2018年3月21日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Multilineage-differentiating stress enduring cellsを用いた新生児慢性肺疾患に対する新規治療法の開発.

    佐藤義朗,鈴木俊彦,清水忍,串田良祐,若尾昌平,呉尚治,北瀬悠磨,見松はるか,水野正明,出澤真理,早川昌弘.

    第17回日本再生医療学会総会  2018年3月21日  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. PETイメージングによる新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットに対するMuse細胞治療の検討.

    辻雅弘,小川優子,天満敬,圓見純一郎,鈴木俊彦,清水忍,北瀬悠磨,上田一仁,田中えみ,出澤真理,飯田秀博,佐藤義朗.

    第17回日本再生医療学会総会  2018年3月  日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 本邦における希少疾病用医薬品に関するアンケート調査.

    清水忍,浅田隆太,吉村健一,中村治雅,小野俊介,渋川勝一,森田正実.

    第38回日本臨床薬理学会学術総会  2017年12月8日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 本邦における新医薬品の承認審査期間の長期化の要因に関する検討.

    浅田隆太,清水忍,中村治雅,小野俊介,山田悠人,山口拓洋.

    第38回日本臨床薬理学会学術総会  2017年12月8日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. 腹圧性尿失禁における脂肪由来再生(幹)細胞分離装置の開発.

    清水忍,後藤百万.

    平成29年度中部地区医療・バイオ系シーズ発表会  2017年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Phase I study of combined therapy with vorinostat and gefitinib to treat BIM deletion polymorphism-associated resistance in EGFR-mutant lung cancer (VICTROY-J). 国際会議

    Hase T, Takeuchi S, Ando M, Hata A, Kenmotsu H, Fujiwara T, Shimizu S, Nagase K, Yoshimura K, Katakami N, Takahashi T, Hasegawa Y, Yano S.

    ESMO Asia  2017年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  50. 腹圧性尿失禁に対する脂肪組織由来再生幹細胞の臨床応用と臨床検体解析.

    鳥山和宏,高成啓介,山本徳則,後藤百万,清水忍,水野正明,亀井譲.

    第26回日本形成外科学会基礎学術集会  2017年10月20日  日本形成外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  51. 中部先端医療開発円環コンソーシアム(C-CAM)におけるアカデミアシーズの協同開発.

    8. 清水忍,植田康平,水野正明.

    ARO協議会第5回学術集会  2017年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  52. 名古屋大学医学部附属病院におけるトランスレーショナルリサーチ支援の取組み:腹圧性尿失禁を対象とした医師主導治験の特性解析に着目して.

    岡部由香,清水忍,阿部譲,末竹幸広,藏元典子,谷口香織,行方千華,長谷川静香,鳥山和宏,亀井譲,山本徳則,後藤百万,水野正明.

    ARO協議会第5回学術集会  2017年9月26日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 医師主導治験の30日調査におけるPMDAおよびIRBに対する手続きの問題点.

    伊師賢樹,伊藤達也,清水忍,杉田修,池田浩治.

    ARO協議会第5回学術集会  2017年9月26日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. 当院での新たな細胞培養加工施設の立ち上げにおける構造設備の適格性検討とその対応.

    末竹幸広,鈴木哲,谷田部京子,清水忍,加藤勝義,水野正明.

    ARO協議会第5回学術集会  2017年6月26日  ARO協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 信頼性確保のために必要な臨床研究準備段階におけるCRCの支援業務-効率的な臨床研究の実施を目指して-.

    若杉宜美,浅井三千代,安藤幸子,清水忍,加藤勝義,安藤昌彦.

    第2回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会  2017年5月27日  日本臨床薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 腹圧性尿失禁に対して傍尿道部に注入する脂肪由来再生(幹)細胞(ADRCs)の特性解析

    清水忍,岡部由香,末竹幸広,阿部譲,谷口香織,行方千華,加瀬仁美,浅井三千代,長谷川静香,中山忍,髙成啓介,鳥山和宏,亀井譲,舟橋康人,山本徳則,後藤百万,水野正明

    第16回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. 臨床試験の科学性

    清水忍

    第10回中部橋渡し研究支援シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋大学医学部附属病院   国名:日本国  

  58. 実用化研究の立ち上げに関するアカデミアでの状況

    清水忍

    第1回 プロジェクトマネジメント・シンポジウム~医薬品の実用化研究について全体最適を考慮したマネジメントの視点で考える~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  59. 腹圧性尿失禁に対する脂肪由来再生(幹)細胞を用いた再生医療の実用化のための薬事対応~医師主導治験の実施に至るまで~

    清水忍,中山忍,石黒陽子,藤田由美,浅井三千代,若杉宜美,鍬塚八千代,平川晃弘,舟橋康人,山本徳則,水野正明,後藤百万

    第37回日本臨床薬理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 本邦における希少疾病用医薬品の指定制度に関する現状

    浅田隆太,清水忍,吉村健一,中村治雅,小野俊介,渋川勝一,森田正実

    第37回日本臨床薬理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. 臨床試験の科学性について.

    清水忍

    平成28年度 臨床研究・治験従事者研修  2016年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  62. 医薬品を臨床開発する前に非臨床で検討して欲しいこと(非臨床の通知、ICH-M3ガイドライン、薬理、動態、毒性等それぞれの項目に関して)

    清水忍

    ARO協議会第4回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  63. Phase I study of anti-GD2 antibody ch14.18/CHO long term infusion in recurrent or refractory neuroblastoma patients in Japan 国際会議

    Narita A, Takahashi Y, Siebert N, Nishio N, Wang X, Xu Y, Okuno Y, Kojima D, Suzuki K, Murakami N, Taniguchi R, Ichikawa D, Hamada M, Kataoka S, Sekiya Y, Kawashima N, Nishikawa E, Kamei M, Muramatsu H, Hama A, Kamijo T, Nakazawa A, Hosoi H, Kinoshita Y, Shimizu S, Kato K, Mizuno M, Loibner H, Tajiri T, Nakagawara A, Ladenstein R, Lode HN, Kojima S.

    ANR 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  64. Phase I bridging study of ch14.18/CHO long-term infusion in recurrent or refractory neuroblastoma patients in Japan 国際会議

    Takahashi Y, Narita A, Siebert N, Nishio N, Wang X, Xu Y, Okuno Y, Kojima D, Suzuki K, Murakami N, Taniguchi R, Ichikawa D, Hamada M, Kataoka S, Sekiya Y, Kawashima N, Nishikawa E, Kamei M, Muramatsu H, Hama A, Kamijo T, Nakazawa A, Hosoi H, Kinoshita Y, Shimizu S, Kato K, Mizuno M, Loibner H, Tajiri T, Nakagawara A, Ladenstein R, Lode HN, Kojima S.

    2016 ASCO Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  65. 再生医療安全性確保法に基づく先進医療Bの臨床試験実施体制の構築について~骨髄由来間葉系細胞を用いた顎骨欠損に対する骨再生医療研究~

    清水忍,豊永亜希子,細野恵美,城田真里,鈴木哲,末竹幸広,平井寿子,西村千穂,田邊めぐみ,小倉佳奈,川影美千代,安藤幸子,鍬塚八千代,平川晃弘,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明,片桐渉,日比英晴

    日本臨床試験学会第7回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. システムを用いた試験薬温度管理プロセスの評価

    平光彩乃,中山忍,小倉佳奈,石黒陽子,西垣はづき,樋口妙子,東郷由佳,清水忍,加藤勝義,水野正明,長谷川好規,石黒直樹

    日本臨床試験学会第7回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. 治験審査委員会(IRB)の効率化と利便性の向上を目指した会議システムの構築

    石黒陽子,中山忍,小倉佳奈,平光彩乃,西垣はづき,樋口妙子,東郷由佳,清水忍,加藤勝義,水野正明,長谷川好規,石黒直樹

    日本臨床試験学会第7回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. AROモニターによる医師主導治験のモニタリングの実際と課題

    若杉宜美,川影美千代,天野祐里,浅井三千代,安藤幸子,清水忍,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明,石黒直樹

    日本臨床試験学会第7回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. 抗悪性腫瘍薬の臨床データパッケージ分析からみる今後の課題 国際会議

    平川晃弘,木下文恵,森由美子,清水忍

    日本臨床試験学会第7回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. ロードマップ

    清水忍

    ARO協議会第3回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:伊藤国際学術研究センター   国名:日本国  

  71. 中部先端医療開発円環コンソーシアムにおけるWeb登録・割付システムの紹介

    平川晃弘,木下文恵,鍬塚八千代,森由美子,中村真由美,杉下明隆,清水忍,水野正明

    ARO協議会第3回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:伊藤国際学術研究センター   国名:日本国  

  72. 医療機器の非臨床試験支援の質向上に向けた取り組み

    池田浩治,鈴木友人,清水忍,笠井宏委,姚香景,小居秀紀,内山麻希子,中村哲也,菊池佳代子,佐藤喬俊,古矢修一,杉田修

    ARO協議会第3階学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:伊藤国際学術研究センター   国名:日本国  

  73. アカデミアにおける医薬品・医療機器開発の課題

    清水忍

    日本薬学会第135年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸(神戸学院大学、神戸サンボーホール、兵庫医療大学、デザイン・クリエイティブセンター神戸)   国名:日本国  

    これまでアカデミア発の医薬品・医療機器等の開発が推進され、文部科学省の橋渡し研究支援推進プログラムに採択された全国の支援拠点を中心に医師主導治験が行われ、成果が出始めている。国は健康・医療戦略推進本部の下で、医療分野の研究開発を推進しており、アカデミアにおいてもシーズの創出・育成を推進し、世界に先駆けた革新的な医療技術(医薬品、医療機器、再生医療、遺伝子治療等)の実用化が望まれている。その一翼を担うのが医薬品・医療機器等の開発支援を行う革新的医療技術創出拠点である。
    医薬品・医療機器等の開発に際しては、医師の医学的知識・判断のみで遂行することは困難であり、様々な専門知識(プロジェクトマネジメント、データマネジメント、生物統計、薬事、知的財産等)を有する者の存在が不可欠である。各支援拠点では、医薬品・医療機器等の全般的な開発支援機能を有し、Academic Research Organization(ARO)として機能する必要があるが、医薬品・医療機器等の開発を推進するためには、薬学研究や薬学出身者の関与が重要となっている。
    今回、アカデミアで行う医薬品・医療機器等の開発の際に生じうるいくつかの課題を提示する。アカデミアで行う医薬品・医療機器等の開発に、薬学研究や薬学出身者がどのように貢献するのか、その可能性について、議論を行いたい。

  74. 中部先端医療開発円環コンソーシアムにおけるWeb登録・割付システムの紹介

    平川晃弘,木下文恵,清水忍,鍬塚八千代,室谷健太,森由美子,中村真由美,杉下明隆,水野正明

    日本臨床試験学会第6回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本教育会館一ツ橋ホール   国名:日本国  

  75. 質の高い臨床試験を実施するための試験薬管理体制

    小倉佳奈,中山忍,石黒陽子,平光彩乃,西垣はづき,樋口妙子,東郷由佳,清水忍,加藤勝義,水野正明,長谷川好規,石黒直樹

    日本臨床試験学会第6回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本教育会館一ツ橋ホール   国名:日本国  

  76. 名古屋大学における人材育成セミナーと臨床研究認定者制度に関する取組み

    平川晃弘,清水忍,鍬塚八千代,室谷健太,木下文恵,中杤昌弘,杉下明隆,飯島祥彦,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明

    日本臨床試験学会第6回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本教育会館一ツ橋ホール   国名:日本国  

  77. 名古屋大学における臨床研究認定者制度に関する取組み

    清水忍,平川晃弘,鍬塚八千代,室谷健太,木下文恵,中杤昌弘,杉下明隆,飯島祥彦,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明

    ARO協議会【第2回学術集会】 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学医学部 学友会館 フラテホール   国名:日本国  

  78. アカデミアにおける医師主導治験・臨床試験のプロジェクトマネジメント

    ARO協議会 プロジェクトマネジメント専門家連絡会(杉田修,林宏至,池田浩治,鈴木章史,鈴木友人,柄澤麻紀子,清水忍,藤原忠美,遠藤佳代子,笠井宏委,村山敏典,須崎友紀,斎藤勝久,松山琴音,千葉仁,内山麻希子,末吉愛,清水章)

    ARO協議会【第2回学術集会】 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. 中部先端医療開発円環コンソーシアム(C-CAM)支援プロジェクトにおける相互モニタリングの実施に関する報告

    清水忍,安藤幸子,川影美千代,南出ちさと,武重榮子,太田康之,西川政勝,水野正明

    日本臨床試験研究会第5回学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学伊藤国際学術研究センター   国名:日本国  

  80. 本邦における心医薬品の開発及び承認審査段階におけるハードルの検討

    浅田隆太,清水忍,小野俊介,伊藤達也,清水章,山口拓洋

    第34回日本臨床薬理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. 任意参加のPGx検討を伴う治験の同意説明文書の形態に関する一考察

    安藤幸子,浅井三千代,今井美和,天野祐里,藤田由美,若杉宜美,渡邉亜紀子,中山忍,清水忍,加藤勝義,長谷川好規,石黒直樹

    第34回日本臨床薬理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  82. 名古屋大学における生命倫理審査委員会の事前審査について

    清水忍,中山忍,飯島祥彦,加藤勝義,安藤昌彦,水野正明,直江知樹

    第33回日本臨床薬理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月 - 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 実践研修の実施と検証による研究マネジメント人材育成及びネットワーク構築に関する研究

    2023年8月 - 2025年3月

    研究開発推進ネットワーク事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:780000円 ( 直接経費:600000円 、 間接経費:180000円 )

  2. QbDの概念が導入された業務フローの活用による多職種連携の研究計画支援体制・方法の汎用化に向けた検討

    2023年8月 - 2024年3月

    研究開発推進ネットワーク事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:650000円 ( 直接経費:500000円 、 間接経費:150000円 )

  3. 膵癌における免疫チェックポイント阻害感受性増強のための間質コンディショニング法の開発

    2023年4月 - 2027年3月

    臨床研究・治験推進研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 悪性中皮腫に対する新規ドラッグデリバリーシステムを用いた個別化治療の開発

    2023年4月 - 2025年3月

    創薬基盤推進事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金