2021/05/26 更新

写真a

ザイツ ケイ
財津 桂
ZAITSU Kei
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 准教授
医学部
大学院医学系研究科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2009年3月   同志社大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 生体医工学

  2. 脳計測

  3. アンビエントイオン化質量分析

  4. バイオインフォマティクス

  5. メタボロミクス・メタボローム解析

  6. 質量分析

  7. 生体分子分析

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 生体医工学  / 生体医工学

  2. ライフサイエンス / 生体医工学  / 脳計測

  3. ライフサイエンス / 医化学  / バイオインフォマティクス

  4. ライフサイエンス / 医化学  / 質量分析

  5. ライフサイエンス / 医化学  / メタボローム解析

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 生体医工学

  2. 脳計測法の高度化と医学応用

  3. メタボローム解析法の技術開発と応用

  4. アンビエントイオン化質量分析の応用と技術開発

  5. 生体分子分析法の高度化と医学への応用

  6. 質量分析を用いた依存性薬物の病態解析や科学捜査への貢献

▼全件表示

経歴 6

  1. 産業技術総合研究所   客員研究員

    2019年4月 - 現在

  2. 同志社大学   生命医科学部   非常勤講師

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   高等研究院   准教授

    2014年12月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:若手新分野創成研究ユニット・フロンティア 代表研究者

  4. 大阪医科大学   非常勤講師

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   医学系研究科   准教授

    2013年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 大阪府警察本部 科学捜査研究所   研究員

    2003年4月 - 2012年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 同志社大学   工学研究科・博士(工学)

    - 2009年3月

      詳細を見る

    備考: 博士(工学)(指導教授:森康維 教授)

  2. 同志社大学   工学研究科

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 同志社大学   工学部   物質化学工学科

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. American Society for Mass Spectrometry (ASMS)

  2. American Chemical Society

  3. 日本医用マススペクトル学会   評議員

    2013年9月 - 現在

  4. 日本質量分析学会

  5. 日本法中毒学会   評議員

    2013年7月 - 現在

委員歴 2

  1. 日本薬学会 環境・衛生部会 薬毒物試験法編集委員会   委員  

    2016年 - 現在   

  2. 岐阜県 岐阜県知事指定薬物審査会   委員  

      詳細を見る

    団体区分:自治体

受賞 4

  1. 日本医用マススペクトル学会 奨励賞

    2018年9月   日本医用マススペクトル学会   質量分析によるメタボローム解析の法中毒学的応用ならびに新規質量分析法を用いたリアルタイム・メタボローム解析技術の開発

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本法中毒学会 吉村賞

    2014年7月   日本法中毒学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本法科学技術学会奨励賞

    2010年11月   日本法科学技術学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. Shimadzu Global Innovation Summit 2017, Poster Award

    2017年   Shimadzu Coporation   In vivo real-time monitoring system using probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS): fly to the next stage

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 54

  1. PiTMaP: A New Analytical Platform for High-Throughput Direct Metabolome Analysis by Probe Electrospray Ionization/Tandem Mass Spectrometry Using an R Software-Based Data Pipeline

    Zaitsu Kei, Eguchi Seiichiro, Ohara Tomomi, Kondo Kenta, Ishii Akira, Tsuchihashi Hitoshi, Kawamata Takakazu, Iguchi Akira

    ANALYTICAL CHEMISTRY   92 巻 ( 12 ) 頁: 8514 - 8522   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.0c01271

    Web of Science

  2. In vivo real-time monitoring system using probe electrospray ionization/tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) for metabolites in mouse brain. 査読有り

    Kei Zaitsu*, Yumi Hayashi, Tasuku Murata, Kazumi Yokota, Tomomi Ohara, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Tetsuya Ishikawa, Akira Ishii, Koretsugu Ogata, Hiroshi Tanihata

      90 巻 ( 7 ) 頁: 4695 - 4701   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.5b04046

  3. Intact endogenous metabolite analysis of mice liver by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its preliminary application to in vivo real-time analysis. 査読有り

    Kei Zaitsu*, Yumi Hayashi, Tasuku Murata, Tomomi Ohara, Kenta Nakagiri, Maiko Kusano, Hiroki Nakajima, Tamie Nakajima, Tetsuya Ishikawa, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii

    Analytical Chemistry   88 巻 ( 7 ) 頁: 3556 - 3561   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Intact metabolite profiling of mouse brain by probe electrospray ionization/triple quadrupole tandem mass spectrometry (PESI/MS/MS) and its potential use for local distribution analysis of the brain

    Hayashi Yumi, Zaitsu Kei, Murata Tasuku, Ohara Tomomi, Moreau Stephane, Kusano Maiko, Tanihata Hiroshi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Ishikawa Tetsuya

    ANALYTICA CHIMICA ACTA   983 巻   頁: 160 - 165   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aca.2017.06.047

    Web of Science

    PubMed

  5. Probe electrospray ionization/mass spectrometry and its applications to the life sciences

    Murata Tasuku, Zaitsu Kei

    AMBIENT IONIZATION MASS SPECTROMETRY IN LIFE SCIENCES: PRINCIPLES AND APPLICATIONS     頁: 171 - 205   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-817220-9.00006-0

    Web of Science

  6. AMBIENT IONIZATION MASS SPECTROMETRY IN LIFE SCIENCES Principles and Applications Preface

    Zaitsu Kei

    AMBIENT IONIZATION MASS SPECTROMETRY IN LIFE SCIENCES: PRINCIPLES AND APPLICATIONS     頁: XI - XI   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    Web of Science

  7. Introduction to ambient ionization mass spectrometry

    Zaitsu Kei

    AMBIENT IONIZATION MASS SPECTROMETRY IN LIFE SCIENCES: PRINCIPLES AND APPLICATIONS     頁: 1 - 32   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1016/B978-0-12-817220-9.00001-1

    Web of Science

  8. A highly sensitive quantification method for 12 plant toxins in human serum using liquid chromatography tandem mass spectrometry with a quick solid-phase extraction technique

    Taniguchi Masaru, Minatani Tomiaki, Miyazaki Hitoshi, Tsuchihashi Hitoshi, Zaitsu Kei

    JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS   192 巻   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1016/j.jpba.2020.113676

    Web of Science

  9. RECiQ: A Rapid and Easy Method for Determining Cyanide Intoxication by Cyanide and 2-Aminothiazoline-4-carboxylic Acid Quantification in the Human Blood Using Probe Electrospray Ionization Tandem Mass Spectrometry

    Hisatsune Kazuaki, Murata Tasuku, Ogata Koretsugu, Hida Minemasa, Ishii Akira, Tsuchihashi Hitoshi, Hayashi Yumi, Zaitsu Kei

    ACS OMEGA   5 巻 ( 36 ) 頁: 23351 - 23357   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1021/acsomega.0c03229

    Web of Science

  10. A preliminary study of rapid-fire high-throughput metabolite analysis using nano-flow injection/Q-TOFMS

    Taki Kentaro, Noda Saki, Hayashi Yumi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Zaitsu Kei

    ANALYTICAL AND BIOANALYTICAL CHEMISTRY   412 巻 ( 17 ) 頁: 4127 - 4134   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1007/s00216-020-02645-1

    Web of Science

  11. Development and application of a forensic toxicological library for identification of 56 natural toxic substances by liquid chromatography-quadrupole time-of-flight mass spectrometry

    Ogawa Tadashi, Zaitsu Kei, Kokaji Tetsuo, Suga Kayako, Kondo Fumio, Iwai Masae, Suzuki Takayoshi, Ishii Akira, Seno Hiroshi

    FORENSIC TOXICOLOGY   38 巻 ( 1 ) 頁: 232 - 242   2020年1月

  12. Optimal inter-batch normalization method for GC/MS/MS-based targeted metabolomics with special attention to centrifugal concentration

    Zaitsu Kei, Noda Saki, Ohara Tomomi, Murata Tasuku, Funatsu Shinji, Ogata Koretsugu, Ishii Akira, Iguchi Akira

    ANALYTICAL AND BIOANALYTICAL CHEMISTRY   411 巻 ( 26 ) 頁: 6983 - 6994   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1007/s00216-019-02073-w

    Web of Science

  13. Development of "Quick-DB forensic": A total workflow from QuEChERS-dSPE method to GC-MS/MS quantification of forensically relevant drugs and pesticides in whole blood

    Kusano Maiko, Sakamoto Yuki, Natori Yujin, Miyagawa Haruhiko, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira, Zaitsu Kei

    FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL   300 巻   頁: 125 - 135   2019年7月

  14. Metabolome analysis of the serotonin syndrome rat model: Abnormal muscular contraction is related to metabolic alterations and hyper-thermogenesis

    Zaitsu Kei, Noda Saki, Iguchi Akira, Hayashi Yumi, Ohara Tomomi, Kimura Yuya, Koketsu Yuta, Kosaki Tomoko, Kusano Maiko, Sato Takako, Ishikawa Tetsuya, Tsuchihashi Hitoshi, Suzuki Koichi, Ishii Akira

    LIFE SCIENCES   207 巻   頁: 550 - 561   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2018.06.031

    Web of Science

    PubMed

  15. Metabolism of alpha-PHP and alpha-PHPP in humans and the effects of alkyl chain lengths on the metabolism of alpha-pyrrolidinophenone-type designer drugs

    Matsuta Shuntaro, Shima Noriaki, Kakehashi Hidenao, Kamata Hiroe, Nakano Shihoko, Sasaki Keiko, Kamata Tooru, Nishioka Hiroshi, Miki Akihiro, Zaitsu Kei, Tsuchihashi Hitoshi, Katagi Munehiro

    FORENSIC TOXICOLOGY   36 巻 ( 2 ) 頁: 486 - 497   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11419-018-0428-7

    Web of Science

    PubMed

  16. SYNTHESIS OF 3-AROYLINDOLES AS INTERMEDIATES OF CANNABIMIMETICS AND ELUCIDATION OF THEIR PHYSICOCHEMICAL PROPERTIES

    Araki Koji, Makino Kosho, Tabata Hidetsugu, Nakayama Hiroshi, Zaitsu Kei, Oshitari Tetsuta, Natsugari Hideaki, Takahashi Hideyo

    HETEROCYCLES   96 巻 ( 5 ) 頁: 914-924   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-18-13888

    Web of Science

  17. In Vivo Real-Time Monitoring System Using Probe Electrospray Ionization/Tandem Mass Spectrometry for Metabolites in Mouse Brain

    Zaitsu Kei, Hayashi Yumi, Murata Tasuku, Yokota Kazumi, Ohara Tomomi, Kusano Maiko, Tsuchihashi Hitoshi, Ishikawa Tetsuya, Ishii Akira, Ogata Koretsugu, Tanihata Hiroshi

    ANALYTICAL CHEMISTRY   90 巻 ( 7 ) 頁: 4695 - 4701   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.7b05291

    Web of Science

    PubMed

  18. High-throughput determination of valproate in human samples by modified QuEChERS extraction and GC-MS/MS

    Mizuno Shun, Lee Xiao-Pen, Fujishiro Masaya, Matsuyama Takaaki, Yamada Miho, Sakamoto Yuki, Kusano Maiko, Zaitsu Kei, Hasegawa Chika, Hasegawa Iwao, Kumazawa Takeshi, Ishii Akira, Sato Keizo

    LEGAL MEDICINE   31 巻   頁: 66 - 73   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2018.01.002

    Web of Science

    PubMed

  19. Fatal intoxication by 5F-ADB and diphenidine: Detection, quantification, and investigation of their main metabolic pathways in humans by LC/MS/MS and LC/Q-TOFMS

    Kusano Maiko, Zaitsu Kei, Taki Kentaro, Hisatsune Kazuaki, Nakajima Jun'ichi, Moriyasu Takako, Asano Tomomi, Hayashi Yumi, Tsuchihashi Hitoshi, Ishii Akira

    DRUG TESTING AND ANALYSIS   10 巻 ( 2 ) 頁: 284 - 293   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dta.2215

    Web of Science

    PubMed

  20. Metabolism of Synthetic Cathinones

    Zaitsu Kei

    SYNTHETIC CATHINONES: NOVEL ADDICTIVE AND STIMULATORY PSYCHOACTIVE SUBSTANCES   12 巻   頁: 71-96   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-78707-7_5

    Web of Science

  21. Simultaneous quantification of batrachotoxin and epibatidine in plasma by ultra-performance liquid chromatography/tandem mass spectrometry

    Shiraishi Yosuke, Ogawa Tadashi, Suzuki Takayoshi, Iwai Masae, Kusano Maiko, Zaitsu Kei, Kondo Fumio, Ishii Akira, Seno Hiroshi

    LEGAL MEDICINE   25 巻   頁: 1 - 5   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2016.12.008

    Web of Science

    PubMed

  22. Application of metabolomics to toxicology of drugs of abuse: a mini review of metabolomics approach to acute and chronic toxicity studies 招待有り 査読有り

    Kei Zaitsu*, Yumi Hayashi, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishi

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics   31 巻   頁: 21-26   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Metabolome disruption of the rat cerebrum induced by the acute toxic effects of the synthetic cannabinoid MAM-2201 査読有り

    Kei Zaitsu*, Yumi Hayashi, Kei Suzuki, Hiroshi Nakayama, Nanpei Hattori, Rina Takahara, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii

    Life Sciences   137 巻   頁: 49-55   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. High resolution mass spectrometric determination of the synthetic cannabinoids MAM-2201, AM-2201, AM-2232 and their metabolites in postmortem plasma and urine by LC/Q-TOFMS. 査読有り

    Kei Zaitsu*, Hiroshi Nakayama, Mayumi Yamanaka, Kazuaki Hisatsune, Kentaro Taki, Tomomi Asano, Tooru Kamata, Munehiro Katagi, Yumi Hayashi, Maiko Kusano, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii

    International Journal of Legal Medicine   129 巻   頁: 1233-1245   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Metabolic profiling of urine and blood plasma in rat models of drug addiction on the basis of morphine-, methamphetamine- and cocaine-induced conditioned place preference 査読有り

    Kei Zaitsu*, Izuru Miyawaki, Kiyoko Bando, Hiroshi Horie, Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Takeshi Bamba, Takako Sato, Akira Ishii, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki and Eiichiro Fukusaki

    Analytical and Bioanalytical Chemistry   406 巻   頁: 1339-1354   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Recently abused synthetic cathinones, α-pyrrolidinophenone derivatives: a review of their pharmacology, acute toxicity, and metabolism 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hitoshi Tsuchihashi, Akira Ishii

    Forensic Toxicology     2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11419-013-0218-1

  27. Urinary excretion and metabolism of the newly encountered designer drug 3,4-dimethylmethcathinone in humans 査読有り

    Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Shuntaro Matsuta, Keiko Nakanishi, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Hiroshi Nishioka, Akihiro Miki, Michiaki Tatsuno, Takako Sato, Hitoshi. Tsuchihashi, Koichi Suzuki

    Forensic Toxicology   31 巻   頁: 101-112   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Mass spectrometric differentiation of the isomers of mono-methoxyethylamphetamines and mono-methoxydimethylamphetamines by GC–EI–MS–MS 査読有り

    Kei Zaitsu, Haruhiko Miyagawa, Yuki Sakamoto, Shuntaro Matsuta, Kento Tsuboi, Hiroshi Nishioka, Munehiro Katagi, Takako Sato, Michiaki Tatsuno, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki

      31 巻 ( 2 ) 頁: 292-300   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Development of a simple one-pot extraction method for various drugs and metabolites of forensic interest in blood by modifying the QuEChERS method. 査読有り

    Shuntaro Matsuta, Keiko Nakanishi, Akihiro Miki, Kei Zaitsu, Noriaki Shima, Tooru Kamata, Hiroshi Nishioka, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Kento Tsuboi, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki

    Forensic Science International   232 巻   頁: 40-45   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Cross-reactivities of various phenethylamine-type designer drugs to immunoassays for amphetamines, with special attention to the evaluation of the one-step urine drug test Instant-View™, and the Emit® assays for use in drug enforcement.

    Keiko Nakanishi, Akihiro Miki, Kei Zaitsu, Hiroe Kamata, Noriaki Shima, Tooru Kamata, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki

    Forensic Science International   217 巻   頁: 174-181   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Simultaneous enantiomeric determination of MDMA and its phase I and phase II metabolites in urine by liquid chromatography–tandem mass spectrometry with chiral derivatization 査読有り

    Keiko Nakanishi, Munehiro Katagi, Kei Zaitsu, Noriaki Shima, Hiroe Kamata, Akihiro Miki, Hajime Kato, Ken-Ichi Harada, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki

    Analytical and Bioanalytical Chemistry   404 巻   頁: 2427-2435   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 違法ドラッグとして流通している合成カンナビノイド類の分析 査読有り

    財津 桂, 片木宗弘, 中西啓子, 志摩典明, 鎌田寛恵, 鎌田 徹, 西岡 裕, 三木昭宏, 辰野道昭, 岩村樹憲, 佐藤貴子, 土橋 均, 鈴木廣一

    日本法科学技術学会誌   16 巻   頁: 73-90   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. LC/MSnを用いた薬物スクリーニングシステムの構築 —液体クロマトグラフィー/質量分析における保持指標の適用— 査読有り

    志摩典明, 中西啓子, 片木宗弘, 鎌田 徹, 財津 桂, 鎌田寛恵, 西岡 裕,

    日本法科学技術学会誌   16 巻   頁: 13-27   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. MALDI-TOF and MALDI-FTICR imaging mass spectrometry of methamphetamine incorporated into hair 査読有り

    Miki Akihiro, Munehiro Katagi, Tooru Kamata, Kei Zaitsu, Michiaki Tatsuno, Toyofumi Nakanishi, Hitoshi Tsuchihashi, Takayuki Takubo, Koichi Suzuki

    Journal of Mass Spectrometry   46 巻   頁: 411-416   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Influences of methamphetamine-induced acute intoxication on urinary and plasma metabolic profiles in the rat 査読有り

    Noriaki Shima, Izuru Miyawaki, Kiyoko Bando, Yasushi Horie, Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Kenji Bamba, Hitoshi Tsuchihashi, Eiichiro Fukusaki

    Toxicology   287 巻   頁: 29-37   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Recently abused β-keto derivatives of 3,4-methylenedioxyphenylalkylamines: a review of their metabolisms and toxicological analysis 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Michiaki Tatsuno, Takako Sato, Hitoshi Tsuchihashi, Koichi Suzuki

    Forensic Toxicology   29 巻   頁: 73-84   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  37. 新規乱用薬物N-ヒドロキシ-3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン(N-OH-MDMA)の分析 査読有り

    財津 桂, 片木宗弘, 中西啓子, 鎌田徹, 志摩典明, 鎌田寛恵, 石丸(飯尾)麗子, 岩室嘉晃, 地中 啓, 高山成明, 三木昭宏, 土橋 均

    日本法科学技術学会誌   15 巻   頁: 25-37   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 新規麻薬N-ヒドロキシ-3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンの代謝および尿中排泄 査読有り

    鎌田 徹, 片木宗弘, 中西啓子, 財津 桂, 志摩典明, 鎌田寛恵, 三木昭宏, 土橋 均

    日本法科学技術学会誌   15 巻   頁: 15-23   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Metabolism and toxicologic analysis of tryptamine-derived drugs of abuse 査読有り

    Munehiro Katagi, Tooru Kamata, Kei Zaitsu, Noriaki Shima, Hiroe Kamata, Keiko Nakanishi, Hiroshi Nishioka, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi

    Therapeutic Drug Monitoring   32 巻   頁: 328-331   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Simultaneous analysis of six novel hallucinogenic (tetrahydrobenzodifuranyl)aminoalkanes (FLYs) and (benzodifuranyl)aminoalkanes (DragonFLYs) by GC-MS, LC-MS, and LC-MS-MS 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Keiko Nakanishi, Noriaki Shima, Tooru Kamata, Hiroshi Nishioka, Akihiro Miki, Michiaki Tatsuno, Hitoshi Tsuchihashi.

    Forensic Toxicology   28 巻   頁: 9-18   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Determination of the metabolites of the new designer drugs bk-MBDB and bk-MDEA in human urine 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Tooru Kamata, Noriaki Shima, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi, Yasushige Mori

    Forensic Science International   188 巻   頁: 131-139   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Urinary excretion of the main metabolites of 3,4-methylenedioxymethamphetamine (MDMA), including the sulfate and glucuronide of 4-hydroxy-3-methoxymethamphetamine (HMMA), in humans and rats 査読有り

    Noriaki Shima, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Mayumi Nishikawa, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi, Tsutomu Sakuma, Nobuo Nemoto

    Xenobiotica   38 巻   頁: 314-324   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Conjugates of p-hydroxymethamphetamine and 4-hydroxy-3-methoxymethamphetamine in blood obtained from methamphetamine and 3,4-methylenedioxymethamphetamine users: analysis by LC-MS-MS 査読有り

    Noriaki Shima, Katagi Munehiro, Hiroe Kamata, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi, Tsutomu Sakuma, Nobuo Nemoto

    Forensic Toxicology   26 巻   頁: 58-65   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Development of a two-step injector for GC-MS with on-column derivatization, and its application to the determination of amphetamine-type stimulants (ATS) in biological specimens 査読有り

    Akihiro Miki, Munehiro Katagi, Kei Zaitsu, Hiroshi Nishioka, Hitoshi Tsuchihashi

    Journal of Chromatography B Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences   865 巻   頁: 25-32   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Long-term stability of various drugs and metabolites in urine, and preventive measures against their decomposition with special attention to filtration sterilization 査読有り

    Kei Zaitsu, Akihiro Miki, Munehiro Katagi, Hitoshi Tsuchihashi

    Forensic Science International   174 巻   頁: 189-196   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Discrimination and identification of the six aromatic positional isomers of trimethoxyamphetamine (TMA) by gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Tooru Kamata, Noriaki Shima, Akihiro Miki, Tatsunori Iwamura, Hitoshi Tsuchihashi

    Journal of Mass Spectrometry   43 巻   頁: 528-534   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Determination of a newly encountered designer drug “p-methoxyethylamphetamine” and its metabolites in human urine and blood 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Tooru Kamata, Hiroe Kamata, Noriaki Shima, Hitoshi Tsuchihashi, Takeshi Hayashi, Hisanaga Kuroki, Ryoji Matoba

    Forensic Science International   177 巻   頁: 77-84   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Discrimination and identification of regioisomeric β-keto analogues of 3,4-methylenedioxyamphetamines by gas chromatography-mass spectrometry 査読有り

    Kei Zaitsu, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi

    Forensic Toxicology   26 巻   頁: 45-51   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Urinary excretion profiles of 5-methoxy-N,N-diisopropyltryptamine and its relevant metabolites in humans 査読有り

    Tooru Kamata, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Akihiro Miki, Noriaki Shima, Kei Zaitsu, Mayumi Nishikawa, Hitoshi Tsuchihashi

    Journal of Health Science   57 巻   頁: 585-590   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Simultaneous analysis of new designer drug, methylone, and its metabolites in urine by gas chromatography-mass spectrometry and liquid chromatography-electrospray ionization mass spectrometry 査読有り

    Hiroe Kamata, Noriaki Shima, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Mayumi Nishikawa, Munehiro Katagi, Akihiro Miki, Hitoshi Tsuchihashi

    日本法科学技術学会誌   12 巻   頁: 97-106   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Metabolism of the psychotomimetic tryptamine derivative 5-methoxy-N,N-diisopropyltryptamine in humans: Identification and quantification of its urinary metabolites 査読有り

    Tooru Kamata, Munehiro Katagi, Hiroe Kamata, Akihiro Miki, Noriaki Shima, Kei Zaitsu, Mayumi Nishikawa, Einosuke Tanaka, Katsuya Honda, Hitoshi Tsuchihashi

    Drug Metabolism and Disposition   34 巻   頁: 281-287   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Development of an aseptic urine collection kit and its evaluation in preventing the bacterial decomposition of nitrazepam 査読有り

    Kei Zaitsu, Akihiro Miki, Munehiro Katagi, Noriaki Kunimune, Hitoshi Tsuchihashi

    Journal of Health Science   52 巻   頁: 724-729   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Metabolism of the recently encountered designer drug, methylone, in humans and rats 査読有り

    Hiroe Kamata, Noriaki Shima, Kei Zaitsu, Tooru Kamata, Akihiro Miki, Mayumi Nishikawa, Munehiro Katagi, Hitoshi Tsuchihashi

    Xenobiotica   36 巻   頁: 709-723   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Particle deposition in evaporating droplets of polystyrene latex suspension on hydrophilic and hydrophobic substrates 査読有り

    Yasushige Mori, Kei Zaitsu

    Journal of Chemical Engineering of Japan   37 巻   頁: 657-661   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Ambient Ionization Mass Spectrometry in Life Sciences: Principles and Applications 国際共著

    Kei Zaitsu et al.( 担当: 編集)

    2019年11月  ( ISBN:0128172207

     詳細を見る

    総ページ数:292   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Synthetic Cathinones Novel Addictive and Stimulatory Psychoactive Substances 国際共著

    Zawilska, Jolanta B. Zaitsu K et al.( 担当: 共著)

    Springer  2018年  ( ISBN:978-3-319-78707-7

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 医用質量分析ガイドブック

    丹羽 利充、野村 文夫( 担当: 共著)

    診断と治療社  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 低侵襲MS法によるin vivoリアルタイム計測を用いたアロスタシス評価法の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    島津科学技術振興財団 研究開発助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. セロトニン症候群モデルラットのメタボローム解析

    2014年4月 - 2015年3月

    上原記念生命科学財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 12

  1. リアルタイム質量分析による生体マウス脳の時空間メタボローム解析法の開発と実証評価

    研究課題/研究課題番号:21H03793  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

  2. 脳と免疫系相互作用の観点からの多階層的研究による精神疾患病態解明 研究課題

    研究課題/研究課題番号:21H04815  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    尾崎紀夫(代表研究者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:42120000円 ( 直接経費:32400000円 、 間接経費:9720000円 )

  3. 新生児脳におけるニューロン新生とその病態:先端分析技術による統合的理解

    研究課題/研究課題番号:20H05700  2020年8月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    澤本 和延(代表研究者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年、ヒト新生児期の脳でも新しいニューロンが神経幹細胞から継続的につくられていることが明らかになった。正常な脳発達において新生児期のニューロン新生が重要な役割を担っていると考えられるが、その詳細な分子機構や新生児脳障害による影響は未だ不明な点が多い。本研究では、最近我々が確立した複数の先端分析技術を駆使し、新生児期における脳細胞の移動・成熟の過程を明らかにする。これによって、新生児期の脳発達や恒常性維持におけるニューロン新生のメカニズムが解明されるとともに、早産などで生じる発達障害の病態解明や新たな治療法の開発にも貢献する。

  4. サンゴエクスポソーム研究への挑戦

    研究課題/研究課題番号:19K22938  2019年6月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    井口 亮(代表研究者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    世界的に衰退しているサンゴ礁生態系の基盤構成種・サンゴを対象に、応募者が選抜した ストレス耐性に差のあるサンゴ種内系統を特徴づける生物要因を特定する。具体的には、 後述の「リアルタイム・メタボローム計測」と「LC-Q-TOFMSによる網羅的解析」により、 サンゴ体内外の代謝産物を網羅的に把握可能なエクスポソーム解析を実施し、ストレス耐 性を特徴づける要因を、非線形時系列解析及びネットワーク解析で浮き彫りにする。
    本研究の目的は、世界的に衰退しているサンゴ礁生態系の基盤構成種・サンゴを対象に、サンゴ体内外の代謝産物を網羅的に把握し、ストレス耐性を特徴づける要因を浮き彫りにすることである。昨年度は、琉球列島に多く見られる造礁性サンゴの1種、コユビミドリイシを対象に、野外観察(高海水温時の白化の有無)と室内飼育実験(成長量と光合成効率の評価)で絞られた高温ストレス耐性を持つ系統と、ストレス耐性が比較的低い系統のサンプルを用いて、解析を行った。各系統から作成した枝片を用いて、代表的なメタボロームデータの取得をGC/MS/MSによって進めた。メタボロームデータの取得前に、枝片の前処理について詳細に検討し、最適な処理方法を確立した。その結果、200以上のメタボロームデータの取得に成功した。全メタボロームデータを用いてクラスター解析を行った結果、全体としては系統間で差異が見られる傾向が確認された。得られたメタボロームデータを基にVIP値等での絞り込みを進めた結果、タガトースやグルカル酸など、系統間で顕著に異なる29のメタボロームの絞り込みに成功した。親サンゴで得られたメタボロームデータがサンゴホスト由来か、共生微生物由来かを明らかにするために、初夏のサンゴ一斉産卵期に濾過海水でサンゴ幼生を飼育することで、褐虫藻のいないサンゴポリプと、人為的に褐虫藻を添加し共生させたサンゴポリプを取得し、メタボロームデータ取得のための前処理法を検討した。また、予備的に得られたリアルタイム・メタボローム計測の時系列データ処理を行うための解析手法の検討を進め、メタボロームデータの可視化と変動を捉えるための基本的な手法確立を行った。
    まだ未知な部分が多いサンゴのメタボロームデータの大量取得に成功し、さらにストレス耐性の異なる系統を特徴づけるメタボロームの候補も絞り込むことができた。今回メタボロームデータ取得に用いた枝片は、親サンゴ片をそのまま使用したため、サンゴホスト由来か、共生微生物由来かは不明である。サンゴの一斉産卵期にサンゴポリプを取得し、濾過海水を用いることで共生微生物のいないサンゴサンプルの確保も進めたが、十分なサンプル量を確保することができなかった。サンゴのリアルタイム・メタボローム計測に関しては、サンゴ枝片の処理法の検討が必要なため、まだ測定結果を十分得るには至っていない。また、新型コロナウィルス感染の広がりのため、年度後半に予定していたサンゴ飼育実験とメタボロームデータの取得実施を見送った。以上のことから、進捗状況は少し遅れている。
    新型コロナウィルス感染が収束次第、昨年度予定していたサンゴ飼育実験とメタボロームデータの取得を早めに実施する。昨年度親サンゴ片から得られたメタボロームデータの由来を明らかにするために、サンゴ産卵期に取得された配偶子からサンゴポリプを作成し、共生微生物のいないサンゴサンプルを十分量確保した上で、実験の追加を検討する。また、今後リアルタイム・メタボローム計測を実施するためのサンゴサンプル処理方法の検討を進める。

  5. 新規質量分析PESI/MS/MSによる簡便・迅速な作物のメタボローム解析法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K20372  2018年6月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(開拓)

    白武 勝裕(代表研究者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

    本研究は,生物の代謝物を,生きたまま,非破壊で,抽出や前処理などの操作一切無しに,1検体わずか数秒で解析できる新しい質量分析装置「探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析装置(PESI/MS/MS)」を,植物のメタボローム解析(代謝物の一斉解析)に初めて導入し,植物学研究,農作物研究,農業関連産業において有効な分析装置であることを示し,その実証例を提示することを目的としている.
    植物は動物に比べ代謝物の種類が多く濃度も様々である.このため,まず植物代謝物を植物組織中あるいは抽出試料として,定性・定量的に探針エレクトロスプレー/タンデム質量分析(PESI/MS/MS)で分析できるかの検証を行った.検証実験では,フェノール化合物,特にアントシアニンに着目し,光でアントシアニンの蓄積が誘導されるブドウ培養細胞を用いた.
    まず標品を用いて,MS/MSを行う際のcollision energyとプロダクトイオンの選定を行った.当初,最適なcollision energyとプロダクトイオンを1つ選定する予定であったが,1化合物に対して複数のcollision energyとプロダクトイオンを設定することで,標的化合物の検出の特異性を高めることができた.次に試料中の夾雑物の影響(マトリクス効果)を検証するために,アントシアニン非蓄積ブドウ培養細胞をブランク試料として,アントシアニンの検量線を作成したところ,高い直線性(R2>0.99)と良好なバリデーション結果を得た.
    そこで異なる濃度のアントシアニンを蓄積したブドウ培養細胞の抽出試料をPESI/MS/MSで分析したところ,アントシアニンの絶対定量が可能であること,さらにquercetin,catechin,piceidなどの複数種のフェノール化合物の相対定量が可能であることが明らかとなった.
    さらに植物組織中の代謝物をそのままPESI/MS/MSで分析できるかを検証するために,果実(ブドウ,ブルーベリー)の果皮とマメ(クロダイズ,キントキマメ,アズキ)の種皮に,直接,PESIの細針を刺して分析を行ったところ,含まれるアントシアニンの分子種とそれらの相対量を捉えることに成功し,PESI/MS/MSが植物組織中の代謝物を直接検出できることを明らかにした.
    平成30年度は,まず[Ⅰ,植物代謝物の標品化合物の分析]と[Ⅱ,植物試料のマトリクス効果の検証]により植物代謝物の定性・定量性の確認を行った後,[Ⅲ,植物の組織・器官の直接分析]と[Ⅳ,植物からの抽出物の分析]の実施を計画した.
    【研究実績の概要】に記載した通り,計画したこれらI~IVについてほぼ研究を完了し,PESI/MS/MSが植物組織中の代謝物を直接検出できることを明らかにした.IおよびIIの研究において,『1化合物に対して複数のcollision energyとプロダクトイオンを設定することで,標的化合物の検出の特異性を高めることができること』を見出した点は,クロマト分離を持たないPESI/MS/MSの定性性の問題点を解決する,有用な発見として特筆できる.
    平成30年度に計画した研究の中で,唯一LC-MSによるPESI/MS/MSの解析データの検証が残ってしまったが,その研究は現在実施中であり,平成31年度前期に完了する予定であり,課題全体の研究の進捗には大きく影響しない.
    【現在までの進捗状況】に記載したように,全体として大きな問題なく研究は順調に進捗しているが,平成30年度に計画した研究の中で『LC-MSによるPESI/MS/MSの解析データの検証』がまだ残っているため,その研究を平成31年度に継続して実施し,年度前期に完了する予定である.
    当初計画では,[1,植物の組織・器官の直接解析],[2,植物からの抽出物の解析],[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング],[4,植物の細胞・組織・器官の代謝物イメージング],[5,植物ホルモンの定量],[6,農作物の残留農薬の分析]の6つの分析法の確立とその実証例の提示を目標に掲げ,1年目に1と2,2年目に3と4,3年目に5と6を実施することを提案し,計画通り1年目に1と2を実施した.当初計画では,2年目は3と4を進める計画であったが,予備実験において[3,植物の代謝のリアルタイム・モニタリング]より[5,植物ホルモンの定量]で良好な結果が得られたため,計画を変更して2年目に4と5を,3年目に3と6を実施する.

  6. リアルタイム・メタボローム計測と時系列多変量解析による薬物急性中毒発現機序の解析

    研究課題/研究課題番号:18K10122  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    財津 桂(代表研究者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本年度は①探針エレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(PESI/MS/MS)によるリアルタイム計測の条件最適化を行い、②得られた多変量データに対する解析用data pipelineの開発を行った。
    <BR>
    ① 前年度と同様に解糖系、クエン酸回路、尿素回路およびペントースリン酸経路を構成する40成分を対象とし、PESIの上下駆動周期とMSの取り込み時間を最適化した。既報(Zaitsu et al. Anal. Chem. 2018およびZaitsu et al. Anal. Chem. 2016)に従い、ICR雄性マウスをイソフルラン麻酔下、肝臓を露出した後、特殊溶媒カップを生体用接着剤で固定した。分析時は特殊溶媒カップに、ヘパリン含有50%EtOH溶媒を添加した。オフラインの条件で駆動周期およびMSの取り込み時間を最適化した結果、全てのセグメントでピークを取りこぼすことなく、検出することが可能となった。最適化した条件を用いて、生きているマウスの肝臓についてリアルタイム分析を行った結果、40成分のメタボライトの変動を20分間、リアルタイムで観測することに成功した。
    <BR>
    ② 産業技術総合研究所・井口 亮 主任研究員と共同で、Rを用いたdata pipelineを開発した。本data pipelineでは、多変量解析(PCA、PLS-DA)によるscoreおよびloading plotsの作成、PLS-DAによるVIP値の算出、VIP値に基づくクラス分け(Zaitsu et al. Life Sci. 2018)を行い、FDR補正を考慮した有意差検定を全自動で実施することが可能である。上記のデータ解析はわずか1分程度で完了し、FigureやTableを自動生成することが可能となった。現在、さらに時系列データの解析を行うためベイズ統計モデリング解析系を構築している。
    本年度は解糖系、クエン酸回路、尿素回路およびペントースリン酸経路を構成する40成分を対象とし、PESIの上下駆動周期とMSの取り込み時間を最適化することで、実際に生きているマウスの肝臓についてリアルタイム分析を行った。その結果、40成分のメタボライトの変動を20分間リアルタイムで観測することに成功した。特に、①データの取りこぼしが生じない最適条件を見出したことに加え、SRM transitionの自動時間割り当てを行うソフトを開発したことが大きな成果である。
    一方で、得られた多変量データの解析に必須なdata pipelineの開発にも成功した。本data pipelineはRを基礎に開発したものであり、本data pipelineによって、わずか1分程度で多変量解析やFDR補正を考慮した多群間有意差検定、Figureなどの作成を自動で行うことが可能となった。現在、本解析法に関する論文を投稿中である。得られた上記の研究成果は国際学会(ASMS)や国内学会において発表を行うと同時に、論文発表も行った。
    また、研究代表者がオーガナイザーとなり、国内学会でシンポジウムを開催し、本研究成果をシンポジウムにおいても発表した。
    さらに、研究代表者がEditorとなり、国内・国外の研究者の執筆協力を得て、本分析手法に関する英文書籍をElsevierより出版したことに加え、本手法に関する特許(特許第6586716号)を取得することにも成功した。以上の研究成果から、当初の計画以上に進展していると考える。
    今回開発したdata pipelineを用いることで、多変量データの解析が極めて迅速かつ容易に行うことが可能となった。よって今後、リアルタイム計測で得られた多変量データの解析が極めて容易かつスムーズとなり、同時に結果の解釈も迅速になることが強く期待されることから、研究の推進速度がより一層高まると考えている。さらに現在、時系列データの解析のために、ベイズ統計モデリングを利用した解析系も開発中であり、今年度に開発したdata pipelineと組み合わせることで、より強力な解析手法を構築できるものと考える。
    さらに、本研究で開発した解析技術の汎用化を図るために、GUIを用いたソフトウェアの実装も予定している。これらのBioinformatics手法の開発を大きく前進させたことで、今後、乱用薬物などの毒性発現機序解析などに本手法をapplyしていく予定である。特に現在、アセトアミノフェンの活性代謝物であるNAPQIを用いた肝障害モデルマウスへの実験を計画しており、本手法のfeasibilityを実証していく予定である。
    また、今年度も前年度と同様に、本研究課題の分担研究者である名古屋大学・林講師および産業技術総合研究所・井口主任研究員との連携のおかげで、予想以上に研究が進展している。次年度も、引き続きリアルタイム計測手法と解析技術の高度化について、より一層、鋭意的にチャレンジしていく。

  7. 合成カンナビノイド依存モデルマウスの構築と依存形成因子の探索

    研究課題/研究課題番号:15K19272  2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    財津 桂

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

  8. 重水素標識標準品を用いた体液中自然毒の精密分析及び診断用マルチマーカーの探索

    研究課題/研究課題番号:18H03064  2018年4月 - 2021年3月

    石井 晃

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目標は、1) 自然毒の標準物質として、重水素交換反応を用いた同位体標識内部標準を用いたヒト体液中からの自然毒の精密・超高感度分析法を開発し、2) 最新質量分析法による自然毒中毒における代謝物探索により、未変化体が検出困難な場合に有用な特異的代謝物を発見し、3) 代謝物も得られない場合は、マルチオミクス手法を駆使し自然毒中毒における特異的なマーカーを検索する。4) 最終的には、これら代謝物及び代謝マーカーをマルチマーカーとして、自然毒中毒の迅速・特異的診断法の開発を目指すことである。
    本年度は、引き続いて安定同位体標識自然毒の標準品の作成を行っている。予備的な実験では、安定同位体の生体試料中での挙動が不安定であるため、現在条件検討を引き続き行っている。
    一方、多彩な自然毒を簡便に生成することを目指して、自動前処理装置ATLAS-LEXT及びhigh-end LC-MS/MSを用いた植物由来自然毒のスクリーニング法の開発も試みた。スイセン類、バイケイソウ類、トリカブト類、ジャガイモ、イヌサフラン等に含有する毒成分21化合物を標準血清に添加し、試料 0.5 mlを用いてATLAS-LEXTによる自動前処理を行った。この前処理を行うことにより、一検体当たり、30分未満で処理が完了し、5成分以外は添加濃度1 ng/mlで検出可能であった。抽出溶媒として、0.1 %ギ酸含有メタノール、0.1 %ギ酸含有アセトニトリル、0.1 %ギ酸含有2-プロパノールで比較したところ、0.1 %ギ酸含有メタノールにおいて、抽出効率が最も優れており、再現性も良好であった。現在、自然毒投与マウスの血清中自然毒を測定中である。
    自然毒の定量に適した重水素標識自然毒の合成は現在進行中であるものの、体液中自然毒の迅速な全自動抽出法及び定量法の構築はほぼ完成しており、現在投与実験を行っているところであり、計画全体としては、おおむね順調であると考えている。
    今後、生体試料内でも安定な重水素標識自然毒について、合成可能な化合物の洗い出しを再度行い、定量に適した標識自然毒の合成を継続する。現在行っている全自動前処理法を継続して、簡便で多試料が処理できる方法の確立を目指す。

  9. 自然毒投与ラット体内の代謝プロファイリング解析

    研究課題/研究課題番号:15K08889  2015年4月 - 2018年3月

    小川 匡之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    自然毒が生体に与える影響、毒性、作用機序を明らかにすることを目的として、ラット体内の代謝プロファイリング解析に取り組んだ。当初目的とした、メタボロミクス解析とiTRAQ タンパク質発現・相対定量解析の連結評価法確立には至っていないが、自然毒投与ラットに対して、GC-MS/MS、LC-QTOF-MSを用いた分析を行い、毒性作用機序が不明な自然毒の代謝プロファイリング解析を行うための基礎データの蓄積がなされた。

  10. メタボロミクスを用いた向精神薬多剤併用による突然死の病態解析と法医診断への応用

    研究課題/研究課題番号:15K08890  2015年4月 - 2018年3月

    佐藤 貴子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    向精神薬多剤併用による突然死の法医診断マーカーおよびメカニズムの解明を目的に、GC-MS/MSを用いたメタボロミクス解析法で、単剤投与および多剤併用動物モデルの血漿中の代謝物の変化を経時的に検討した。多剤併用モデルにおいて93種類の代謝物が検出され、特に投与12時間後において解糖系、TCA回路、脂質代謝といったエネルギー産生に関係した代謝物に特徴的な変動を認めた。

  11. 最新質量分析計による体液中危険ドラッグの検出・同定法の開発及び学際的検討

    研究課題/研究課題番号:15H02530  2015年4月 - 2018年3月

    石井 晃

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、最新の質量分析装置及び通常の質量分析計を結合し、合成カンナビノイドを含む危険ドラッグの超高感度・特異的分析法と、簡易で包括的なスクリーニング方法を開発することである。
    我々は高速液体クロマトグラフ-四重極飛行時間型質量分析計(LC-QTOFMS)を用い、ヒト血漿中合成カンナビノイド及びこれら代謝物の高感度・特異的分析法を開発した。このほか、5-fluoro-ADB(5-F-ADB)とdiphenidine中毒例について、初めて血液中からの5-F-ADBの検出に成功し、代謝経路の同定も行った。現在、5-F-ADBの臓器分布の差異とカルボキシエステラーゼとの関連性を検討中である。

  12. 乱用薬物として流通している合成カンナビノイドの化学構造と体内動態の相関解析

    研究課題/研究課題番号:25893089  2013年8月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 基礎医学セミナー

    2014

  2. 社会医学実習

    2014

  3. 大学院修士課程 社会医学

    2014

  4. 医工連携講義(大学院工学研究科)

    2020

  5. 大学院「基盤医科学実習」 ベーシックトレーニング

    2014

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 大学院講義

    2019年 東京理科大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. 生命医科学特論特別講義

    2014年 - 現在 同志社大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目