2021/11/25 更新

写真a

カンダ ヒデキ
神田 英輝
KANDA Hideki
所属
大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 先進プロセス工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2000年3月   京都大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 1997年3月   京都大学 ) 

  3. 学士(工学) ( 1995年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 11

  1. レーザーアブレーション

  2. エレクトロスピニング

  3. 非平衡プラズマ

  4. カロテノイド

  5. 植物油脂

  6. 超臨界流体

  7. 微細藻類

  8. 抽出

  9. 石炭火力発電

  10. 分子シミュレーション

  11. 吸着

研究分野 4

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 触媒プロセス、資源化学プロセス

  2. ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  3. エネルギー / プラズマ応用科学

  4. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 高圧グリーン流体による抽出・合成・反応

  2. レーザーアブレーションによるナノ粒子合成

  3. プラズマによるナノ材料創成

  4. ナノ制限空間内相転移に関する分子シミュレーション

  5. 微細藻類からの省エネルギー油脂抽出手法の開発

経歴 6

  1. 名古屋大学大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 科学技術振興機構 国際協力機構   地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS   研究代表(JST) / チーフアドバイザー(JICA)

    2015年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 助教

    2012年12月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 科学技術振興機構    「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」研究領域   さきがけ研究者

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 電力中央研究所 エネルギー技術研究所   主任研究員

    2001年7月 - 2012年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 電力中央研究所 エネルギー化学部   研究員

    2000年4月 - 2001年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   工学研究科   化学工学専攻

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   工学研究科   化学工学専攻

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   工学部   化学工学科

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. プラスチックリサイクル化学研究会   幹事2017FY-now (事務局 2017FY)

    2017年4月 - 現在

  2. 日本吸着学会   評議員(編集委員2009FY-2014FY)

    2009年4月 - 現在

  3. 化学工学会

  4. 日本エネルギー学会

  5. 日本化学会

  6. 分離技術会

  7. 応用物理学会

▼全件表示

委員歴 12

  1. 化学工学会 東海支部未来の化学工学を創る会   幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本吸着学会 第33回日本吸着学会研究発表会   実行委員  

    2018年11月 - 2019年11月   

  3. 分離技術会年会2019実行委員会   委員  

    2018年11月 - 2019年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. プラスチック リサイクル化学研究会   事務局  

    2017年4月 - 2018年6月   

  5. The 10th international conference on supercritical fluids   Local organizing committee  

    2017年4月 - 2017年12月   

  6. International Drying Symposium 2016   実行委員会 Organizing Committee Members  

    2015年7月 - 2016年8月   

  7. 岐阜県   研究課題外部評価委員  

    2014年2月 - 2014年3月   

  8. 日本吸着学会   シンポジウム実行委員長  

    2012年4月 - 2012年8月   

  9. 長浜バイオDME研究会   委員  

    2010年4月 - 2012年3月   

  10. 日本吸着学会   評議員  

    2009年4月 - 現在   

  11. 日本吸着学会   編集委員  

    2009年4月 - 2015年3月   

  12. NPO法人資源リサイクルセンター   「環境ビジネスKANSAIプロジェクト」推進組織「PCB対応技術WG」委員  

    2008年12月 - 2009年3月   

▼全件表示

受賞 23

  1. 第22回独創性を拓く先端技術大賞 フジサンケイビジネスアイ賞

    2008年7月   フジサンケイビジネスアイ  

    神田英輝、大下和徹、森田由美子

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    高円宮妃殿下に研究成果をご説明申し上げる

  2. 進歩賞(学術部門)

    2015年2月   日本エネルギー学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 奨励賞

    2009年11月   日本吸着学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 研究奨励賞

    2008年10月   日本粉体工業技術協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 優秀プロジェクト賞

    2008年8月   京都大学環境衛生工学研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 技術進歩賞

    2008年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第88春季年会ハイライト講演

    2008年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. 環境・技術プロジェクト賞

    2007年11月   土木学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 第87春季年会講演奨励賞

    2007年5月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. Virtual Jounrnal of Nanoscale Science and Technology

    2007年2月   米国物理学協会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  11. 創立五十周年記念技術賞

    2006年11月   粉体工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 奨励賞

    2004年2月   日本エネルギー学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  13. 優秀ポスター賞

    2018年8月   日本食品工学会  

  14. Poster Award

    2017年12月   The 10th International Conference on Supercritical Fluids Supergreen 2017   Production of b-carotene emulsion under supercritical CO2 improved by thermal Z-isomerization treatment

    Maiko Ono, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  15. Best Poster award

    2017年11月   The 11th International Conference on Separation Science and Technology   Classification of lipid extracted from microalgae Nannochloropsis oceania by liquefied dimethyl ether

    Naomasa Yamamoto, Kazuya Murakami, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  16. The Best Article in Separation and Transport Phenomena Topic

    2016年11月   The 3rd International Seminar on Fundamental And Application of Chemical Engineering 2016   Extraction of curucmin from turmeric using ultrasonic assisted carbon dioxide with ethanol

    Chhouk Kimthet, Wahyudino, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. Best poster presentation award

    2015年10月   e-AISA functional materials and biomass utilization 2015   Extraction of lipid from labyrinthulea Aurantiochytrium limacinum by using liquefied dimethyl ether

    Rintaro Hishino, Kazuya Murakami, Wahyudiono, Siti Machmudar, Yuji Okita, Eiji Ohashi, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  18. Excellent award

    2015年10月   e-AISA functional materials and biomass utilization 2015 e-AISA functional materials and biomass utilization 2015   Production of acetaminophen microparticles by using supercritical carbon dioxide

    Nadezhda Tsareva, Hazuki Nerome, Hideki Kanda, Motonobu Goto

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  19. Best poster presentation award

    2015年3月   (ISPlasma2015/IC-PLANTS2015) 7th International Symposium on Advanced Plasma Science and Its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 8th International Conference on Plasma-Nano Technology & Sciences  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  20. Best poster presentation award.

    2014年10月   The 10th International Conference on Separation Science and Technology  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  21. ポスター賞

    2003年9月   日本化学会 コロイドおよび界面化学討論会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  22. Virtual Jounrnal of Nanoscale Science and Technology

    2000年6月   米国物理学協会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  23. ポスター賞

    1999年10月   日本吸着学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 236

  1. Thermodynamic model of extraction equilibrium in cylindrical nanopores validated with molecular dynamics simulation 査読有り

    Hideki Kanda, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Science   248 巻   頁: 117115   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Molecular dynamics simulation and thermodynamic model of vapor–solid coexistence of the Lennard–Jones fluid in cylindrical nanopores 査読有り

    Hideki Kanda, Takeshi Hiramatsu, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Science   248 巻   頁: 117116   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Synthesis of titanium dioxide nanoparticle by means of discharge plasma over an aqueous solution under high-pressure gas environment 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Hiroki Kondo, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    Alexandria Engineering Journal   61 巻   頁: in press   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Extraction of diterpenes from spent coffee grounds and encapsulation in PVP particles using supercritical carbon dioxide 査読有り 国際共著

    Yelin Zhang, Wahyudiono, Ratana Rujiravanit, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Separation Science and Technology     頁: in press   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Phytochemical Compounds Extraction from Medicinal Plants by Subcritical Water and Its Encapsulation via Electrospraying 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Meika Wahyu Fitriana, Nadhia Fatbamayani, Wahyudiono, Hideki Kanda, Sugeng Winardi, Motonobu Goto

    Alexandria Engineering Journal   61 巻   頁: in press   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Low-Pressure Electrospinning Process for Fabricating Polyvinylpyrrolidone - Tea Tree Oil Nanofibers 査読有り

    Li Zhu, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Omega     頁: under review   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Extraction of procyanidin B2 from apple fruit skin using subcritical water 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Shinya Maeda, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ASEAN Engineering Journal     頁: in press   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Molecular dynamics simulation and thermodynamic model of triple point of Lennard-Jones fluid in cylindrical nanopores 査読有り

    Hideki Kanda, Takeshi Hiramatsu, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Science   244 巻   頁: 116829   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 畜産副生物から再生医療部材への高付加価値加工 招待有り

    Hideki Kanda

    食肉に関する助成研究調査成果報告書   39 巻   頁: 111 - 118   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  10. Improvement in filtration performance of ultraporous nanofiber membrane by plasma-induced surface modification 査読有り

    Yasuhito Mukai, Song Liu, Yoshihiro Takayama, Yui Hayashi, Kakeru Mano, Shigenori Takahashi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Omega   6 巻   頁: 28038 - 28048   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Improved Storage Stability of Lycopene Z-Isomers Utilizing Edible Media and Antioxidants to Promote Practical Applications 査読有り

    Kazuya Murakami, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Food Science & Technology   1 巻   頁: 1677 - 1686   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 低沸点弱極性溶媒による微細藻類からの油脂抽出 招待有り 査読有り

    神田 英輝, 後藤 元信

    生物工学会誌   99 巻 ( 9 ) 頁: 482 - 485   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Pulsed Discharge Plasma in Slug-flow Reactor System for Water Pollutant Removal and Nanoparticle Synthesis 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    Engineering Journal   25 巻 ( 9 ) 頁: 1 - 17   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Surfactant-free preparation of an ostrich carotid artery scaffold using liquefied dimethyl ether and DNase 査読有り

    Hideki Kanda, Daigo Ando, Kento Oya, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Arabian Journal of Chemistry   14 巻   頁: 103280   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Synthesis of cerium dioxide nanoparticles by gas/liquid pulsed discharge plasma in a slug flow reactor 査読有り

    Wanying ZHU, Yingying Lin, Li Zhu, Wahyudiono, Masaki Honda, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Omega   6 巻   頁: 20966 - 20974   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Preparation of Liposomes from Soy Lecithin Using Liquefied Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda, Tsubasa Katsube, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Foods   10 巻   頁: 1789   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Molecular Dynamics Simulation of Tolman Length and Interfacial Tension of Symmetric Binary Lennard-Jones Liquid 査読有り

    Hideki Kanda, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Symmetry   13 巻   頁: 1376   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Pulsed Discharge Plasma over an Aqueous Solution Surface Induces Lignin Decomposition 査読有り 国際共著

    Takumi Ibuki, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Masami Bito, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    Arabian Journal for Science and Engineering   46 巻   頁: in press   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Enhancement of neutral lipid extraction from soya bean by addition of dimethyl ether as entrainer into supercritical carbon dioxide 査読有り

    Hideki Kanda, Yuji Fukuta, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Foods   10 巻   頁: 1223   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Pulsed Discharge Plasma in High Pressure Environment for Water Pollutant Degradation and Nanoparticle Synthesis 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    Plasma   4 巻   頁: 309 - 331   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Surfactant-free decellularization of porcine aortic tissue by subcritical dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda, Daigo Ando, Rintaro Hoshino, Tetsuya Yamamoto, Wahyudiono, Shogo Suzuki, Satoshi Shinohara, Motonobu Goto

    ACS Omega   6 巻   頁: 13417 - 13425   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Hydrothermal Synthesis: Low-Temperature Subcritical Water for Ceria-Zirconia Mixed Oxides Preparation 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Wahyudiono, Sugeng winardi, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Indonesian Journal of Chemistry   21 巻 ( 1 ) 頁: 1-13   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Extraction and Micronization of β-glucan in One-step Process by Combining Subcritical Water and Supercritical Carbon Dioxide 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   672 巻   頁: 012078   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Bimetallic Nanoparticle Generation by Pulsed Laser Ablation of Au and TiO2 Plates in an Aqueous Medium 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Shota Kawai, Mardiansyah Mardis, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    Alexandria Engineering Journal   60 巻   頁: 2225–2234   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Phenolic Compound, Antioxidant and Antibacterial properties of Electrospun PVP Nanofiber loaded with Bassela rubra linn extract and Alginate from Sargassum sp. 招待有り 査読有り 国際共著

    Eka Lutfi Septiani, Okky Putri Prastuti, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   1143 巻   頁: 012015   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  26. カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製 招待有り

    Hideki Kanda

    東洋食品研究所研究報告書   33 巻   頁: 103 - 108   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. Ethanol-free extraction of resveratrol and its glycoside from Japanese knotweed rhizome by liquefied dimethyl ether without pretreatments 査読有り 国際共著

    Hideki Kanda, Kazuma Oishi, Siti Machmudah, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering   16 巻   頁: e2600   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. プラズマ合成した金属ナノ粒子を含有する複合高分子ファイバーの静電紡糸法による合成

    神田 英輝, 後藤 元信

    電子光学研究のあゆみ   32 巻   頁: in press   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Water Removal from Wood Biomass by Liquefied Dimethyl Ether for Enhancing Heating Value 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Dimas Tiar Wicaksono, Mary Happy, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Energy Reports   6 巻   頁: 824-831   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Ethanol-free antisolvent crystallization of glycine by liquefied dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda, Tsubasa Katsube, Rintaro Hoshino, Mitsuhiro Kishino, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Heliyon   6 巻   頁: e05258   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Direct extraction of lutein from wet macroalgae by liquefied dimethyl ether without any pretreatment 査読有り

    Hideki Kanda, Wahyudiono, Siti Machmudah, Motonobu Goto

    ACS Omega   5 巻 ( 37 ) 頁: 24005-24010   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. CO2量抑え抽出に成功 微細藻類からバイオ燃料 招待有り

    神田英輝

    名古屋大学環境報告書2020     頁: 23-24   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Effect of Solvent Selection and Nozzle Geometry on Curcuma mangga Micronization Process using Supercritical Antisolvent: Experiment and CFD Simulation   査読有り 国際共著

    Sarah Duta Lestari, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Tantular Nurtono, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Food and Bioproducts Processing   123 巻   頁: 367 - 377   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Step-Wise Pressure Controlling Approach for Supercritical Carbon Dioxide Extraction of Essential Oil from Thick Peel of Bitter Orange (Citrus Aurantium) 査読有り

    Hoshino Y, Tanaka M, Takamizu A, Suetsugu T, Hoshino M, Wahyudiono, Kanda H Goto M

    Austin Chemical Engineering   7 巻 ( 3 ) 頁: 1079   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Nonthermal atmospheric pressure plasma for methylene blue dye decolourisation using a slug flow reactor system 査読有り 国際共著

    Motoki Yamada, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Plasma Chemistry and Plasma Processing   40 巻   頁: 985-1000   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Preparation of liposomes encapsulating β–carotene using supercritical carbon dioxide with ultrasonication 査読有り 国際共著

    Yukako Tanaka, Chiho Uemori, Tatsuhiko Kon, Masaki Honda, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Journal of Supercritical Fluids   161 巻   頁: 104848   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Correlation of Extract Composition on Antioxidant Activity of Electrospun PolyvinylPyrrolidone/Bassela rubra linn Leaf Extract Composite 査読有り 国際共著

    Eka Lutfi Septiani, Azmi Alvian Gabriel, Okky Putri Prastuti, Defi Nur Indahsari, Ervina Diah Ariyanti, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Key Engineering Materials   851 巻   頁: 122-127   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Atmospheric-pressure Pulsed Discharge Plasma in a Slug Flow Reactor System for the Synthesis of Gold Nanoparticles 査読有り 国際共著

    Motoki Yamada, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Yaping Zhao, Motonobu Goto

    ACS Omega   5 巻   頁: 17679-17685   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 亜臨界プラズマによる機能性ナノコンポジットの合成

    神田 英輝, 後藤 元信

    電子光学研究のあゆみ   31 巻   頁: in press   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  40. Fabrication of chitosan particles through a coaxial nozzle under pressurized carbon dioxide 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Anthony Susilo, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering   15 巻   頁: e2466   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. One-step preparation of Z-isomer-rich β-carotene nanosuspensions utilizing a natural catalyst, allyl isothiocyanate, via supercritical CO2 査読有り

    Yelin Zhang, Masaki Honda, Tetsuya Fukaya, Wahyu Diono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Symmetry   12 巻   頁: 777   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Ultrasonic-Enhanced Fabrication of Metal Nanoparticles by Laser Ablation in Liquid 査読有り 国際共著

    Xin Hu, Noriharu Takada, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Industrial & Engineering Chemistry Research   59 巻 ( 16 ) 頁: 7512-7519   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Synthesis and Modification of Metal Nanoparticles by Plasma over an Aqueous Solution under Pressurized Argon 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Hiroki Kondo, Motoki Yamada, Noriharu Takada, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   778 巻   頁: 012018   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Enhanced production of β-carotene suspensions using supercritical CO2 via naturally occurring Z-isomerization-accelerating catalyst 査読有り 国際共著

    Yelin Zhang, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   778 巻   頁: 012008   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Formation of fine particles from curcumin/PVP by the supercritical antisolvent process with coaxial nozzle 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Omega   5 巻   頁: 6705-6714   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Dc−Plasma over Aqueous Solution for Synthesis of Titanium Dioxide Nanoparticles under Pressurized Argon 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Hiroki Kondo, Motoki Yamada, Noriharu Takada, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ACS Omega   5 巻 ( 10 ) 頁: 5443-5451   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Room-Temperature Extraction of Direct Coal Liquefaction Residue by Liquefied Dimethyl Ether 査読有り 国際共著

    Qingxin Zheng, Yelin Zhang, Wahyudiono, Thierry Fouquet, Xi Zeng, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Fuel   262 巻   頁: 116528   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Lipid Extraction from Microalgae Covered with Biomineralized Cell Walls using Liquefied Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda, Rintaro Hoshino, Kazuya Murakami, Wahyudiono, Qingxin Zheng, Motonobu Goto

    Fuel   262 巻   頁: 116590   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Electrospraying Micronization of Phytochemical Compounds Extract from Eucheuma cottonii 査読有り

    Dwi Setyorini, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Kusdianto Kusdianto, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Jurnal Teknik ITS   8 巻 ( 2 ) 頁: F68-F73   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Microparticles Formation of Ganoderma lucidum Extract by Electrospraying Method 査読有り

    Siti Machmudah, Dwi Setyorini, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ASEAN Journal of Chemical Engineering   19 巻 ( 2 ) 頁: 74-82   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Electrospraying technique under pressurized carbon dioxide for hollow particle production 査読有り

    Wahyudiono, Hiroyuki Ozawa, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Reactive and Functional Polymers   142 巻   頁: 44-52   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Pressurized hot water extraction of carrageenan and phenolic compounds from Eucheuma Cottonii and Gracilaria SP.: Effect of extraction conditions 査読有り

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Wahyudiono, Hideki Kanda, Sugeng Winardi, Motonobu Goto

    ARPN Journal of Engineering and Applied Sciences   14 巻 ( 18 ) 頁: 3113-3123   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Sorption Efficiency in Dye Removal and Thermal Stability of Sorghum Stem Aerogel 査読有り

    Eka Lutfi Septiani, Okky Putri Prastuti, Yuni Kurniati, Mar'atul Fauziyah, Widiyastuti, Heru Setyawan, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Materials Science Forum   966 巻   頁: 175-180   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Optimization of rubber seed oil extraction using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Panatpong Boonnoun, Artiwan Shotipruk, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Communications   206 巻 ( 6 ) 頁: 746-753   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 先生に一問一答

    神田英輝

    名大トピックス   313 巻   頁: 4-5   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. Improved Carotenoid Processing with Sustainable Solvents Utilizing Z-Isomerization-Induced Alteration in Physicochemical Properties: A Review and Future Directions 査読有り

    Masaki Honda, Hakuto Kageyama, Takashi Hibino, Yelin Zhang, Wahyudiono, Hideki Kanda, Rysei Yamaguchi, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Motonobu Goto

    Molecules   24 巻 ( 11 ) 頁: 2149(1-19)   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Hydrothermal and solvothermal synthesis of cerium-zirconium oxide for catalyst application 査読有り

    Siti Machmudah, Muhamad Risky Ceaser, Muhammad Fareid Alwajdy, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    International Journal of Technology   10 巻 ( 3 ) 頁: 582-592   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Particle Micronization of Curcuma mangga Rhizomes Ethanolic Extract/Biopolymer PVP using Supercritical Antisolvent Process 査読有り

    Sarah Duta Lestari, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluid   146 巻   頁: 226-239   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Synthesis of Silver Nanoparticles by Atmospheric Pressure Pulsed Discharge Plasma in Slug Flow System 査読有り

    Motoki Yamada, Shigenori Takahashi, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Japanese Journal of Applied Physics   58 巻 ( 1 ) 頁: 016001(1-8)   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Atmospheric-pressure pulsed discharge plasma in capillary slug flow system for dye decomposition 査読有り

    Wahyudiono, Kakeru Mano, Yui Hayashi, Motoki Yamada, Shigenori Takahashi, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering & Processing: Process Intensification   135 巻   頁: 133-140   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Micronization for Enhancement of Curcumin Dissolution via Electrospraying Technique 査読有り

    Kimthet Chhouk, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ChemEngineering   2 巻 ( 4 ) 頁: 60(1-11)   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 微細藻類の燃料化の課題と液化ジメチルエーテルによる油脂抽出 招待有り

    神田英輝,後藤元信

    環境管理   54 巻 ( 11 ) 頁: 43-48   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. Enhanced solubility and reduced crystallinity of carotenoids, β-carotene and astaxanthin, by Z-isomerization 査読有り

    Masaki Honda, Tomohiko Kodama, Hakuto Kageyama, Takashi Hibino, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    European Journal of Lipid Science and Technology   120 巻 ( 11 ) 頁: 1800191(1-8)   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Consideration of Au-carbon nanoparticles by laser ablation under supercritical CO2 査読有り

    Mardiansyah Mardis, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ARPN Journal of Engineering and Applied Sciences   13 巻 ( 20 ) 頁: 8343-8347   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Supercritical Fluids Extraction of Valuable Compounds from Algae: Future Perspectives and Challenges 査読有り

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   22 巻 ( 5 ) 頁: 13-30   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Lipids from Vitellaria paradoxa Gaertn Seeds by Supercritical CO2: Extraction and Optimization of Parameters by Response Surface Methodology 査読有り

    Naomasa Yamamoto, Kazuya Murakami, Chhouk Kimthet, Wahyudiono, Siaw Onwona-Agyeman, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   22 巻 ( 5 ) 頁: 31-44   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Production of β-carotene nanosuspensions using supercritical CO2 and improvement of its efficiency by Z-isomerization pre-treatment 査読有り

    Maiko Ono, Masaki Honda, Wahyudiono, Keiji Yasuda, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   138 巻   頁: 124-131   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Microwave-accelerated Z-isomerization of (all-E)-lycopene in tomato oleoresin and enhancement of the conversion by vegetable oils containing disulfide compounds 査読有り

    Masaki Honda, Haruka Sato, Munenori Takehara, Yoshinori Inoue, Chitoshi Kitamura, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    European Journal of Lipid Science and Technology   120 巻 ( 7 ) 頁: 1800060(1-9)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Effect of thermal treatment and light irradiation on the stability of lycopene with high Z-isomers content 査読有り

    Kazuya Murakami, Masaki Honda, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Food Chemistry   250 巻   頁: 253-258   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Nanoparticle formation of PVP/astaxanthin inclusion complex by solution-enhanced dispersion by supercritical fluids (SEDS): Effect of PVP and Z-isomarized astaxanthin contents 査読有り

    Kaori Kaga, Masaki Honda, Tomoki Adachi, Masatoshi Honjo, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   136 巻   頁: 44-51   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 超音波を用いた超臨界逆相蒸発法及びジメチルエーテルを溶媒としたリポソームの調製法の開発 招待有り

    神田英輝,後藤元信

    電子光学研究のあゆみ   29 巻   頁: 68-69   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  72. Crystallization of all Trans–β–carotene by Supercritical Carbon Dioxide Antisolvent via Co–axial Nozzle 査読有り

    Tomohiko Kodama, Masaki Honda, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   22 巻 ( 3 ) 頁: 25-38   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. プラズマ反応場におけるナノ粒子の合成 招待有り

    神田英輝,後藤元信

    電子光学研究のあゆみ   29 巻   頁: 137-138   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  74. Micronization of curcumin with biodegradable polymer by supercritical anti-solvent using micro swirl mixer 査読有り

    Kimthet Chhouk, Wahyudiono, Hideki Kanda, Shin-ichiro Kawasaki, Motonobu Goto

    Frontiers of Chemical Science and Engineering   12 巻 ( 1 ) 頁: 184-193   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Electrospinning of Poly(Vinyl Pyrrolidone) Fibers Containing Metal Oxides Nanoparticles by Electrospinning under Dense CO2 査読有り

    Hiroyuki Ozawa, Siti Machmudah,Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Research on Chemical Intermediates   44 巻 ( 4 ) 頁: 2215-2230   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Glycine Oligomerization by Pulsed Discharge Plasma over Aqueous Solution under Atmospheric Pressure 査読有り

    Yui Hayashi, Wahyudiono, Takada Noriharu, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ChemEngineering   2 巻 ( 2 ) 頁: 17(1-11)   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Efficacy of supercritical carbon dioxide integrated hydrothermal extraction of Khmer medicinal plants with potential pharmaceutical activity 査読有り

    Kimthet Chhouk, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Journal of Environmental Chemical Engineering   6 巻 ( 2 ) 頁: 2944-2956   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Subcritical water extraction enhancement by adding deep eutectic solvent for extracting xanthone from mangosteen pericarp 査読有り

    Siti Machmudah, Sarah Duta Lestari, Widiyastuti, Wahyudiono, Hideki Kanda, Sugeng Winardi, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   133 巻 ( 2 ) 頁: 615-624   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Effect of the Z-isomer content on nanoparticle production of lycopene using solution-enhanced dispersion by supercritical fluids (SEDS) 査読有り

    Tomohiko Kodama, Masaki Honda, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Chiho Uemori, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   133 巻 ( 1 ) 頁: 291-296   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Formation of Au–Carbon Nanoparticles by Laser Ablation under Pressurized CO2 査読有り

    Mardiansyah Mardis, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering   13 巻 ( 2 ) 頁: e2176(1-8)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Extraction of Phytochemical Compounds from Eucheuma cottonii and Gracilaria sp using Supercritical CO2 Followed by Subcritical Water 査読有り

    Dwi Setyorini,Ridlo Aanisah, Siti Machmudah, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    MATEC Web of Conferences   156 巻   頁: 03051(1-6)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Synthesis of Ceria Zirconia Oxides using Solvothermal Treatment 査読有り

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    MATEC Web of Conferences   156 巻   頁: 05014(1-5)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Enhanced lycopene extraction from gac (Momordica cochinchinensis Spreng.) by the Z-isomerisation induced by microwave irradiation pretreatment 査読有り

    Masaki Honda, Yo Watanabe, Kazuya Murakami, Nguyen Ngoc Hoang, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    European Journal of Lipid Science and Technology   120 巻 ( 2 ) 頁: 1700293(1)-1700293(8)   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Crystallization of Acetaminophen in Nano/Micro Scale Using Swirl Mixing Micro Device Under Pressurized Carbon Dioxide 査読有り

    Chiho Uemori, Tomohiko Kodama, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ARPN Journal of Engineering and Applied Sciences   13 巻 ( 4 ) 頁: 1340-1349   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Rapid and selective concentration of lycopene Z-isomers from tomato pulp by supercritical CO2 with co-solvents 査読有り

    Yo WATANABE, Masaki HONDA, Takuma HIGASHIURA, Tetsuya FUKAYA, Siti MACHMUDAH, WAHYUDIONO, Hideki KANDA, Motonobu GOTO

    Solvent Extraction Research and Development   25 巻 ( 1 ) 頁: 47-57   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Thermal isomerization pre-treatment to improve lycopene extraction from tomato pulp 査読有り

    Masaki Honda, Yo Watanabe, Kazuya Murakami, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    LWT - Food Science and Technology   86 巻   頁: 69-75   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Thermal isomerization of (all-E)-lycopene and separation of the Z-isomers by using a low boiling solvent: Dimethyl ether 査読有り

    Kazuya Murakami, Masaki Honda, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Separation Science and Technology   52 巻 ( 16 ) 頁: 2573–2582   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Production of Liposome from Sphingomyelin by Ultrasonic Device under Supercritical Carbon Dioxide 査読有り

    Chiho Uemori, Tsubasa Katsube, Siti Machmudah, Wahyu Diono, Hideki Kanda, Keiji Yasuda, Motonobu Goto

    Asian Journal of Applied Sciences   5 巻 ( 5 ) 頁: 1042-1048   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Comparison of Conventional and Ultrasound Assisted Supercritical Carbon Dioxide Extraction of Curcumin from Turmeric (Curcuma Longa L.) 査読有り

    Kimthet Chhouk, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   21 巻 ( 5 ) 頁: 53-65   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. The thermal Z-isomerization-induced change in solubility and physical properties of (all-E)-lycopene 査読有り

    Kazuya Murakami, Masaki Honda, Ryota Takemura, Tetsuya Fukaya, Mitsuhiro Kubota, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Biochemical and Biophysical Research Communications   491 巻 ( 2 ) 頁: 317-322   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. One-step synthesis of water-dispersible carbon nanocapsules by pulsed arc discharge over aqueous solution under pressurized argon 査読有り

    Yui Hayashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Research on Chemical Intermediates   43 巻 ( 7 ) 頁: 4201-4211   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Extraction of Phytochemicals from Grains of paradise using Supercritical Carbon Dioxide 査読有り

    Maiko Ono, Yukihiro Kawamoto, Chiho Uemori, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   21 巻 ( 4 ) 頁: 53-64   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Extraction of Phenolic Compounds and Antioxidant Activity from Garlic Husks using Carbon Dioxide Expanded Ethanol 査読有り

    Kimthet Chhouk, Chiho Uemori, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering & Processing: Process Intensification   117 巻   頁: 113-119   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Esterification of high free fatty acids in supercritical methanol using sulfated angel wing shells as catalyst 査読有り

    Nur Syazwani Osman, Mohd Lokman Ibrahim, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto, Yun Hin Taufiq-Yap

    The Journal of Supercritical Fluids   124 巻   頁: 1-9   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Reaction of Cl- ions in electrolyte solution induced electrical discharge plasma in the presence of argon fine bubbles 査読有り

    Yui Hayashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    AIP Conference Proceedings   1840 巻   頁: 020001(7p)   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  96. Extraction of curcumin from Curcuma longa L. using ultrasound assisted supercritical carbon dioxide 査読有り

    Chhouk Kimthet, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    AIP Conference Proceedings   1840 巻   頁: 100001 -9pp   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  97. Hydrothermal extraction of antioxidant compounds from mangosteen pericarp with low-transition-temperature mixture and sonication pretreatment 査読有り

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Tantular Nurtono, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    AIP Conference Proceedings   1840 巻   頁: 060009 -7pp   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  98. Sub- and Supercritical Fluids Extraction of Phytochemical Compounds from Eucheuma cottonii and Gracilaria sp. 査読有り

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Transactions   56 巻   頁: 1291-1296   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 液化ジメチルエーテルによる微細藻類からの油脂抽出 招待有り

    神田英輝、後藤元信

    分離技術   47 巻 ( 2 ) 頁: 43-48   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  100. The E/Z isomer ratio of lycopene in foods and effect of heating with edible oils and fats on isomerization of (all-E)-lycopene 査読有り

    Masaki Honda, Kazuya Murakami, Yo Watanabe, Takuma Higashiura, Tetsuya Fukaya, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    European Journal of Lipid Science and Technology   119 巻   頁: 1600389(1-9)   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Fluorine-Doped Tin Oxide Catalyst for Glycerol Conversion to Methanol in Sub-Critical Water 査読有り

    Wan Zurina Samad, Motonobu Goto, Hideki Kanda, Wahyudiono, Norazzizi Nordin, Liew King Hong, Mohd Ambar Yarmo, Muhammad Rahimi Yusop

    The Journal of Supercritical Fluids   120 巻 ( 2 ) 頁: 366-378   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Synthesis of hydrophilic carbon nanoparticles from amino acids by pulsed arc discharge over aqueous solution in argon under near-critical pressure 査読有り

    Yui Hayashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   120 巻 ( 2 ) 頁: 403-407   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Extraction of Lipids from Wet Arthrospira platensis By Liquefied Dimethyl Ether 査読有り

    Rintaro HOSHINO, Masaki OGAWA, Kazuya MURAKAMI, WAHYUDIONO, Hideki KANDA, Motonobu GOTO

    Solvent Extraction Research and Development   24 巻 ( 1 ) 頁: 47-60   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Hydrogen Peroxide formation by electric discharge with fine bubbles 査読有り

    Yui Hayashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Plasma Chemistry and Plasma Processing   37 巻 ( 1 ) 頁: 125-135   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Synthesis of Polyhedra Magnetite Particles by Hydrothermal Process under High Pressure Condition 査読有り

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Journal of Engineering and Technological Sciences   48 巻 ( 6 ) 頁: 754-772   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Effect of solvent on nanoparticle production of β-carotene by a supercritical anti-solvent process 査読有り

    Hazuki Nerome, Siti Machmudah, Wahyudiono, Ryuichi Fukuzato, Takuma Higashiura, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering & Technology   39 巻 ( 10 ) 頁: 1771-1777   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Functional Ingredients Extraction from Citrus Genkou by Supercritical Carbon Dioxide 査読有り

    Yukihiro Kawamoto, Yuriko Suidou, Takuya Suetsugu, Arata Takamizu, Masahiro Tanaka, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto, Munehiro Hoshino

    Asian Journal of Applied Sciences   4 巻 ( 4 ) 頁: 833-838   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Economical wet extraction of lipid from labyrinthulea Aurantiochytrium limacinum by using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Rintaro Hoshino, Kazuya Murakami, Wahyudiono, Siti Machmudah, Yuji Okita, Eiji Ohashi, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   20 巻 ( 4 ) 頁: 145-153   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Functional ingredients extraction from Garcinia mangostana pericarp by liquefied dimethyl ether 査読有り

    Hazuki Nerome, Rintaro Hoshino, Shota Ito, Ryohei Esaki, Yuki Eto, Shion Wakiyama, Tanjina Sharmin, Motonobu Goto, Hideki Kanda, Kenji Mishima

    Engineering Journal   20 巻 ( 4 ) 頁: 155-162   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. HYDROTHERMAL EXTRACTION OF PHYTOCHEMICAL COMPOUNDS FROM POLYGONUM CUSPIDATUM ROOTS IN A SEMI-BATCH REACTOR SYSTEM 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    ARPN Journal of Engineering and Applied Sciences   11 巻   頁: 8509-8518   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Generation of Multi-hollow Structured Poly(methyl methacrylate) Fibers by Electrospinning under Pressurized CO2 査読有り

    Wahyudiono, Koichi Okamoto, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Polymer Engineering & Science   56 巻 ( 7 ) 頁: 752-759   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Macroporous Zirconia Particles Prepared by Subcritical Water in Batch and Flow Processes 査読有り

    Siti Machmudah, Okky Putri Prastuti, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Research on Chemical Intermediates   42 巻 ( 6 ) 頁: 5367-5385   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Nickel Nanoparticles Generated by Pulsed Laser Ablation in Liquid CO2 査読有り

    Mardiansyah Mardis, Noriharu Takada, Siti Machmudah, Wahyudiono, Koichi Sasaki, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Research on Chemical Intermediates   42 巻 ( 5 ) 頁: 4581-4590   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. An Innovative Method for the Extraction of Phenolic Compounds from Polygonum Cuspidatum 査読有り

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Asian Journal of Applied Sciences   4 巻 ( 2 ) 頁: 339-347   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Extraction of β–glucan by Hydrothermal Liquidization of Barley Grain in a Semi-Batch Reactor 査読有り

    Shoko Kodama, Tetsuya Shoda, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Separation Science and Technology   51 巻 ( 2 ) 頁: 278-289   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Extraction of phytochemicals from saffron by supercritical carbon dioxide with water and methanol as entrainer 査読有り 国際共著

    Hazuki Nerome, Mika Ito, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    The Journal of Supercritical Fluids   107 巻   頁: 377-383   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Integrated Process for beta-glucan Concentrate from Ganoderma lucidum by Extraction and Micronization 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Shoko Kodama, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    American Chemical Science Journal   11 巻 ( 4 ) 頁: Article no.ACSJ.22842(8pp)   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Solid fuel production from cattle manure by dewatering using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Kazuyuki Oshita, Satoshi Toda, Masaki Takaoka, Hideki Kanda, Takashi Fujimori, Kazutsugu Matsukawa, Taku Fujiwara

    Fuel   159 巻   頁: 7-14   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Enhancing Pressurized Water Extraction of beta-glucan from Barley Grain by Adding CO2 under Hydrothermal Conditions 査読有り

    Shoko Kodama, Tetsuya Shoda, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering and Processing: Process Intensification   97 巻   頁: 45-54   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. 化学工学年鑑2015 超臨界流体・バイオマス・天然化合物(抽出・分離)

    神田 英輝

    化学工学   79 巻 ( 10 ) 頁: 778-779   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  121. Effect of fine bubbles on electric discharge in water 査読有り

    Yui Hayashi; Noriharu Takada, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Plasma Sources Science and Technology   24 巻   頁: 055023   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Extraction of valuable compounds from mangosteen pericarps by hydrothermal assisted sonication 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Sarah Duta Lestari, Qifni Yasa’ Ash Shiddiqi, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, and Motonobu Goto

    Peer reviewed AIP Conference Proceedings   1699 巻   頁: 060008-7pp   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Hydrophilic polymer composites synthesized by electrospinning under dense carbon dioxide 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Koichi Okamoto, Siti Machmudah, Hideki Kanda and Motonobu Goto

    Peer reviewed AIP Conference Proceedings   1699 巻   頁: 040010-7pp   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Hot Compressed Water Extraction of Lignin by Using a Flow-Through Reactor 査読有り 国際共著

    Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Engineering Journal   19 巻 ( 4 ) 頁: 22-44   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Subcritical water extraction of polysaccharides using semi-batsh extractor 査読有り

    Shoko Kodama, tetsuya Shoda, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Modern Applied Science   9 巻 ( 7 ) 頁: 220-224   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Preparation of Ceria-Zirconia Mixed Oxide by Hydrothermal Synthesis 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, M. Akmal Hadian, Lenno Samodro K., Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Modern Applied Science   9 巻 ( 7 ) 頁: 134-139   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Mechanism of Macroporous Zirconia Particles Formation Prepared by Hydrothermal Synthesis 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Okky Putri Prastuti, Widiyastuti, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Advanced Materials Research   1112 巻   頁: 538-541   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Magnetite Thin Film on Mild Steel Formed by Hydrothermal Electrolysis for Corrosion Prevention 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, Rizka Zulhijah, Wahyudiono, Heru Setyawan, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Chemical Engineering Journal   268 巻   頁: 76-85   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Molecular conversion of phytochemicals during supercritical fluid extraction process from plant materials 査読有り

    Chiho Uemori, Mika Ito, Hazuki Nerome, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress 2015: APCChE 2015, incorporating CHEMECA 2015     頁: 2469-2474   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Subcritical Water Extraction of Xanthone from Mangosteen (Garcinia Mangostana Linn) Pericarp 査読有り

    Siti Machmudah, Widiyastuti, Wahyudiono, Hideki Kanda, Sugeng Winardi, Motonobu Goto

    Journal of Advanced Chemical Engineering   5 巻 ( 1 ) 頁: 117   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Extraction of carotenoids and lipids from algae by supercritical CO2 and subcritical dimethyl ether

    Motonobu Goto, Hideki Kanda, Wahyudiono, Siti Machmudah

    The Journal of Supercritical Fluids   96 巻   頁: 245-251   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Energy-saving lipid extraction from wet Euglena gracilis by low boiling point solvent dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda, Peng Li, Motonobu Goto, Hisao Makino

    Energies   8 巻 ( 1 ) 頁: 610-620   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. 液化ジメチルエーテルを用いた褐炭からの省エネルギー水分抽出

    神田 英輝, 後藤 元信, 牧野 尚夫

    日本エネルギー学会誌   93 巻 ( 11 ) 頁: 1073-1082   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  134. Simultaneous extraction of valuable substances and water from citrus pomace using liquefied dimethyl ether 査読有り 国際共著

    Rintaro Hoshino, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Peer reviewed Proceedings of the 2nd International Seminar on Fundamental & Application of Chemical Engineering     頁: I03   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  135. Simultaneous extraction of water and essential oil from citrus leaves and peels using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Rintaro Hoshino, Wahyudiono, Siti Machmdah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Journal of Nutrition & Food Sciences   4 巻   頁: 1000301   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Extraction of lipids and astaxanthin from wet Haematococcus pluvialis by liquefied dimethyl ether 査読有り 国際共著

    Panatpong Boonnoun, Yuko Kurita, Yuichi Kamo, Wahyudiono, Siti Machmudah, Yuji Okita, Eiji Ohashi, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Journal of Nutrition & Food Sciences   4 巻   頁: 1000305   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Extraction of fucoxanthin from raw macroalgae excluding drying and cell wall disruption by liquefied dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda, Yuichi Kamo, Siti Machmudah, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Marine Drugs   12 巻   頁: 2383-2396   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Simultaneous extraction of water and valuable substances from citrus leaves and peel using liquefied dimethyl ether 査読有り 国際共著

    Rintaro Hoshino, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Proceedings of European meetings on Supercritical Fluids     頁: LSH33   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Micronization of fat-soluble functional pigment using supercritical carbon dioxide as anti-solvent 査読有り 国際共著

    Hazuki Nerome, Siti Machmudah, Wahyudiono, Ryuichi Fukuzato, Takuma Higashiura, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Proceedings of European meetings on Supercritical Fluids     頁: LSH34   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Extraction of rice bran oil by supercritical carbon dioxide and solubility consideration 査読有り 国際共著

    Karin Tomita, Siti Machmudah, Wahyudiono, Ryuichi Fukuzato, Hideki Kanda, Armando T. Quitain, Mitsuru Sasaki, Motonobu Goto

    Separation and Purification Technology   125 巻   頁: 319-325   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Formation of PVP Hollow Fibers by Electrospinning in One-Step Process at Sub and Supercritical CO2 査読有り

    Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Satoko Okubayashi, Motonobu Goto

    Chemical Engineering and Processing: Process Intensification   77 巻   頁: 1-6   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Synthesis of ZrO2 nanoparticles by hydrothermal treatment 査読有り 国際共著

    Siti Machmudah, W. Widiyastuti, Okky Putri Prastuti, Tantular Nurtono, Sugeng Winardi, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto

    Peer reviewed AIP Conference Proceedings   1586 巻   頁: 166-172   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Fabrication of micro-hollow fiber by electrospinning process in near-critical carbon dioxide 査読有り 国際共著

    Koichi Okamoto, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Satoko Okubayashi, Ryuichi Fukuzato, Motonobu Goto

    AIP Conference Proceedings   1586 巻   頁: 43-47   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Subcritical water extraction and direct formation of microparticulate polysaccharide powders from ganoderma lucidum 査読有り 国際共著

    Yui Matsunaga, Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Mitsuru Sasaki, Motonobu Goto

    International Journal of Technology   5 巻 ( 1 ) 頁: 40-50   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Simultaneous production of bio-solid fuel and bio-crude from vegetal biomass using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Peng Li, Hideki Kanda, Hisao Makino

      116 巻   頁: 370-376   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2013.08.020

  146. Decomposition of Methyl Orange using Pulsed Discharge Plasma at Atmospheric Pressure: Effect of Different Electrodes 査読有り 国際共著

    Yui Hayashi, Wahyudiono, Siti Machmudah, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Koichi Sasaki, Motonobu Goto

    Japanese Journal of Applied Physics   53 巻   頁: 010212   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Removal of Water Pollutants by Pulsed Discharge Plasma and Observation of Its Optical Emission Intensity at Atmospheric Pressure 査読有り

    Yui Hayashi, Wahyudiono, Siti Machmudah, Hideki Kanda, Noriharu Takada, Koichi Sasaki, Motonobu Goto

    Japanese Journal of Applied Physics   52 巻   頁: 11NE02   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Production of decaffeinated green tea leaves using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda, Peng Li, Hisao Makino

    Food and Bioproducts Processing   91 巻   頁: 376-380   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Fabrication of Gold and Silver Nanoparticles with Pulsed Laser Ablation under Pressurized CO2 査読有り

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Koichi Sasaki, Motonobu Goto

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Noriharu Takada, Hideki Kanda, Koichi Sasaki, Motonobu Goto Advances in Natural Sciences: Nanoscience and Nanotechnology   4 巻 ( 4 ) 頁: 045011   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2043-6262/4/4/045011

  150. 藻から効率よく燃料を抽出する新技術を開発

    神田英輝

    化学(化学同人)   68 巻 ( 10 ) 頁: 75   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  151. Direct water removing from frozen brown coal at -20C 査読有り

    Hideki Kanda, Peng Li, Hisao Makino

    Fuel   111 巻   頁: 880-882   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2013.04.008

  152. 未利用廃熱をDMEで分離エネルギーに変換する湿潤バイオマスからのオイルと水の抽出手法

    神田英輝

    化学工学   77 巻 ( 9 ) 頁: 620-623   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  153. Wet extraction of hydrocarbons from Botryococcus braunii by dimethyl ether as compared with dry extraction by hexane 査読有り

    Hideki Kanda*, Peng Li, Takeshi Yoshimura, Shigeru Okada

    Fuel   105 巻   頁: 535   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose the use of liquid dimethyl ether (DME) as a solvent for extracting hydrocarbons and lipids from Botryococcus braunii Race B paste. The extraction yields and main elements of the extracts obtained from the B. braunii by our technique is nearly the same as by hexane Soxhlet extraction on dried mass. A qualitative analysis by silica gel thin layer chromatography suggested that DME also effectively extracted the specific hydrocarbons, botryococcenes from the wet B. braunii cells. Gas chromatography/mass spectrometry of DME extractes indicated the presence of a large amount of C32 to C34 botryococcenes the main components of B. braunii Race B. In contrast, hexane extracted not only C32 to C34, but also small amounts of C30 and C31 botryococcenes ?the minor components. The result shows that extraction differences between DME and hexane are not important.

    DOI: 10.1016/j.fuel.2012.08.032

  154. 液化ジメチルエーテルを用いた家畜糞の乾燥に関する研究

    戸田覚之, 大下和徹, 高岡昌輝, 松川和嗣, 藤原拓, 神田英輝

    環境工学研究フォーラム   49 巻   頁: 107 - 109   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  155. エクセルギー再生によりエネルギー収支をプラスにする微細藻類オイルの新抽出法

    神田英輝

    日本エネルギー学会誌   91 巻 ( 11 ) 頁: 1172–1176   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  156. Lipids extracted from several species of natural blue-green microalgae by dimethyl ether: extraction yield and properties 査読有り

    Hideki Kanda*, Peng Li, Tsuyoshi Ikehara, and Mina Yasumoto-Hirose

    Fuel   95 巻   頁: 88   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, the authors proposed a simple method for the extraction of lipid from high-moisture microalgae by using dimethyl ether (DME) without drying, cell disruption, and heating of the extractant. Herein, the versatility of this method was evaluated using several species of natural blue?green microalgae. Direct extraction of lipids from various species of high-moisture microalgae was successfully achieved using this method, with an extraction yield of 9.9?40.1% of the dry weight of the microalgae. The lipids extraction yield and molecular weight distribution achieved using the DME extraction method is comparable to those achieved using the widely used Bligh-Dyer's (BD) method. The lipids were characterized by low oxygen/nitrogen and high carbon/hydrogen content with a high calorific value of 33.8 MJ/kg, reflecting the high quality of the extracted oil.

  157. Characteristics of Biosolids in Dimethyl Ether Dewatering Method 査読有り

    Kazuyuki Oshita*, Masaki Takaoka, Yusuke Nakajima, Shinsuke Morisawa, Hideki Kanda, Hisao Makino, and Nobuo Takeda

    Water Environment Research   84 巻 ( 2 ) 頁: 120   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, a method for removing water from biosolids that uses dimethyl ether (DME) as an extractant was considered. This study evaluates the applicability of the DME dewatering method to biosolid cakes by using a DME flow-type experimental apparatus. It was found that a high dewatering ratio is clearly achieved by increasing the liquefied DME/biosolid ratio and lowering the liquefied DME linear velocity. As the liquefied DME/biosolid ratio was increased, the carbon content in dewatered biosolid showed a slight decrease and the TOC concentration in separated liquid increased significantly. Finally, the input energy Es to remove 1 kg of water from the biosolid cake, using both the DME dewatering method and the conventional drying method was estimated. The calculation shows that Es for the DME dewatering process is approximately a third of Es for the conventional thermal drying process.

  158. Simple extraction method of green crude from natural blue-green microalgae by dimethyl ether: Extraction efficiency on several species compared to the Bligh-Dyer's method 査読有り

    Hideki Kanda* and Peng Li

    Peer reviewed Linkoping Electronic Conference Proceedings   1 巻 ( 57 ) 頁: 530   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.3384/ecp11057530

  159. DMEを用いた加熱不要の脱水技術の開発

    神田英輝

    分離技術   41 巻 ( 4 ) 頁: 216-220   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  160. バイオマスエネルギーをシンプルに実現する技術でエネルギーの未来を拓く

    神田 英輝

    日経サイエンス   41 巻 ( 8 ) 頁: 表紙裏見開き   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  161. Solidification in Weakly Attractive Cylindrical Nanopores under Tensile Condition 査読有り

    Hideki Kanda*

    Adsorption   17 巻 ( 4 ) 頁: 695   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The authors clarified freezing points of the Lennard-Jones (LJ) condensate for strongly attractive cylindrical nanopores by using molecular dynamics (MD), and by thermodynamically predicting the results without using any adjustable parameters. In contrast to the Clapeyron equation, the obtained freezing points exhibited a significant dependence on the equilibrium bulk phase pressure, forming a remarkably skewed curve on a p?T diagram. In this paper, for weakly attractive cylindrical nanopores, freezing point depression under tensile conditions, similar to the authors previous study. The MD results show that the authors previous thermodynamic model successfully predicted freezing point depression for a bigger pore. However, for a smaller pore, obtained freezing points (liquid-solid coexistence curve) remarkably close to the bulk vapor-solid coexistence curve, and could not be predicted by the thermodynamic model.

    DOI: 10.1007/s10450-011-9365-z

  162. Sewage Sludge Dewatering Process Using Liquefied Dimethyl Ether as Solid Fuel 査読有り

    Kazuyuki Oshita*, Masaki Takaoka, Yusuke Nakajima, Shinsuke Morisawa, Hideki Kanda, Hisao Makino and Nobuo Takeda

    Dry. Technol.   29 巻 ( 6 ) 頁: 624   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This article describes the dewatering of sewage sludge using liquefied dimethyl ether (DME), which clarified the effect of sludge type and its particle size. Changes in the heating value of the dewatered sludge were also examined. In addition, the change in dewaterability upon reuse of the liquefied DME was investigated experimentally. Regardless of the nature of the sludge, its dewatering behavior was similar. The amount of dewatered water could be increased by decreasing the diameter of the sludge cake. Complete drying of the sludge cake via DME dewatering resulted in retention of approximately 96% of the heating value (17.7 MJ/kg-sludge) of the original sludge cake dry base (18.4 MJ/kg db). The DME could be recovered after extraction, and reuse experiments showed that liquefied DME dewatering performance was unchanged after five reuses.

    DOI: 10.1080/07373937.2010.519129

  163. 超難処理PCB汚染ヘドロ注視の浄化メカニズムの解析

    神田英輝

    ホソカワミクロン粉体工業振興財団2010年度年報   18 巻   頁: 33-37   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  164. 藻類バイオマスの高効率抽出

    神田英輝

    藻類バイオマス2011     頁: 1-11   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  165. Simple Extraction Method of Green Crude from Natural Blue-green Microalgae by Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda* and Peng Li

    Fuel   90 巻 ( 3 ) 頁: 1264   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    By using dimethyl ether as extractant, the green crude was successfully extracted from high-moisture natural blue-green microalgae (91.0% of water content) with a high extraction capacity at 40.1% of dry weight of the microalgae. Compared with previous methods, this method combined drying, cell disruption, and solvent extraction in one step.

    DOI: 10.1016/j.fuel.2010.10.057

  166. Deodorization and Dewatering of Biosolid by Using Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda*, Mayumi Morita, Hisao Makino, Keizo Takegami, Akio Yoshikoshi, Kazuyuki Oshita, Masaki Takaoka and Nobuo Takeda

    Water Environment Research   83 巻 ( 1 ) 頁: 23   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We proposed a method for the deodorising and dewatering of biosolids. In the proposed method, liquefied dimethyl ether (DME) was used as an extractant for odorous components and water. We developed a bench-scale experiment to almost completely deodorize and dewater biosolids by using liquefied DME at room temperature. The deodorized and dewatered biosolids have sufficient caloric density and can be used as a carbon neutral fuel.

    DOI: 10.2175/106143010X12609736966847

  167. アオコからの緑の原油の高効率抽出技術

    神田英輝

    クリーンエネルギー   19 巻 ( 10 ) 頁: 59–63   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  168. Energy-Efficient Coal Dewatering using Liquefied Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda* and Hisao Makino

    Fuel   89 巻 ( 8 ) 頁: 2104   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we dewatered sub-bituminous coal mined in Warra, Indonesia, by using liquefied dimethyl ether (DME); no heating was required in this dewatering process. We achieved this dewatering both in a laboratory-scale experiment and using previously developed bench-scale equipment. We also examined the properties of the coal before and after dewatering and measured the amount of energy required by the equipment. We found that the maximum water extraction efficiency of liquefied DME was 98.3%. Further, the properties of the coal did not change after the dewatering treatment. The wastewater obtained by dewatering can be treated by existing wastewater treatment technologies. The energy consumed by the bench-scale equipment was 2069 kJ/kg-water; thus, this dewatering process using liquefied DME was confirmed to be effective and energy efficient.

    DOI: 10.1016/j.fuel.2010.02.019

  169. 微細藻類から『緑の原油』を取り出す ~簡単・省エネルギー・エコフレンドリーの三拍子~

    神田英輝

    電力中央研究所 環境・社会活動レポート2010     頁: 46–50   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  170. Dewatering of Electroplating Sludge Using Dimethyl Ether 査読有り

    Kazuyuki Oshita*, Kazuya Takeda, Masaki Takaoka, Hideki Kanda, Shinsuke Morisawa, Hisao Makino, and Nobuo Takeda

    Doboku Gakkai Ronbunshuu G   66 巻 ( 3 ) 頁: 96   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The suitability of using dimethyl ether (DME) in dewatering coal for the treatment of sewage sludge has been found empirically to be highly effective. We investigated the effectiveness of a method involving the use of DME for dewatering electroplating sludge and tried to clarify the mechanism and characteristics of the dewatering process. Two zinc-containing sludge samples were examined and the effect of the volume of liquefied DME on the dewatering process was assessed. During the initial dewatering phase, the dewatering ratio is dependent only on the saturation degree of water in liquefied DME. In the later phase, it depends proportionally on the water concentration in the sludge and has a pattern that reduces the dewatering rate as dewatering is proceeded. Moreover, the dewatering pattern can be expressed using one dewatering rate constant, k. The water contained in the sludge samples was analyzed using thermogravimetry/differential thermal analysis and the evaporation temperature range was determined. The water remaining in the samples after dewatering was found to be thermally stable and tightly bound. We further determined the amounts of total carbon and metal elements in the dewatered water and compared the concentrations to those specified in the Japan Water Pollution Quality Control Act. An important observation is that the dewatered water from the samples requires further processing before it can be discharged into the drainage system due to the presence of large amounts of Cu, Pb and Zn.

    DOI: 10.2208/jscejg.66.96

  171. アオコから緑の原油の抽出に成功

    神田英輝

    OHM   97 巻 ( 6 ) 頁: 2-3   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  172. ガソリンと同等の発熱量を持つバイオ燃料『緑の原油』

    神田英輝

    産業とエネルギー   24 巻 ( 4 ) 頁: 19-21   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  173. 分子シミュレーションを活用したナノ細孔内三態相平衡・液液相平衡の熱力学モデルの構築

    神田英輝

    日本吸着学会誌   24 巻 ( 1 ) 頁: 11-17   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  174. Extraction of PCBs and Water from River Sediment Using Liquefied Dimethyl Ether as an Extractant 査読有り

    Kazuyuki Ohsita*, Masaki Takaoka, Shin-ichiro Kitade, Nobuo Takeda, Hideki Kanda, Hisao Makino, Tadao Matsumoto and Shinsuke Morisawa

    Chemosphere   78 巻 ( 9 ) 頁: 1148   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated whether polychlorinated biphenyls (PCBs) and water could be simultaneously removed from river sediment by solvent extraction using liquefied dimethyl ether (DME) as the extractant. DME exists in a gaseous state at normal temperature and pressure and can dissolve organic substances and some amount of water; therefore, liquefied DME under moderate pressure (0.6?0.8 MPa) at room temperature can be effectively used to extract PCBs and water from contaminated sediment, and it can be recovered from the extract and reused easily. First, we evaluated the PCB and water extraction characteristics of DME from contaminated sediment. We found that 99% of PCBs and 97% of water were simultaneously extracted from the sediment using liquefied DME at an extraction time of 4320 s and a liquefied DME/sediment ratio of 60 mL g-1. The extraction rate of PCBs and water was expressed in terms of a pseudo-first-order reaction rate. Second, we estimated the amount of DME that was recovered after extraction. We found that 91?92% of DME could be recovered. In other words, approximately 5?10% of DME was lost during extraction and recovery. It is necessary to optimize this process in order to recover DME efficiently. The extraction efficiency of the recovered DME is similar to that of the pure DME. From the results, we conclude that solvent extraction using liquefied DME is suitable for extracting PCBs and water from contaminated sediment.

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2009.12.017

  175. Biosolid Dewatering Process Using Liquefied Dimethyl Ether as Solid Fuel 査読有り

    Kazuyuki Oshita*, Masaki Takaoka, Yusuke Nakajima, Shinsuke, Morisawa, Hideki Kanda, Hisao Makino, and Nobuo Takeda

    Proceedings of the Water Environment Federation, Residuals and Biosolids 2010   2010 巻 ( 4 ) 頁: 734   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  176. 液化ジメチルエーテルによる底質中PCBsの回分式抽出と溶媒再利用に関する研究

    渥美幸也, 大下和徹, 高岡昌輝, 水野忠雄, 森澤眞輔, 神田英輝, 牧野尚夫

    環境工学研究フォーラム   47 巻   頁: 237 - 239   2010年

  177. Dewatering of a Superabsorbent Polymer by using Liquefied Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda*, Kazuyuki Oshita, Kazuya Takeda, Masaki Takaoka, Hisao Makino, Shinsuke Morisawa and Nobuo Takeda

    Dry. Technol.   28 巻 ( 1 ) 頁: 30   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we evaluated the applicability of the dimethyl ether (DME) dewatering method originally developed for high-moisture coal to superabsorbent polymer (SAP) and disposable diapers. It was found that liquefied DME successfully extracts water from SAP and disposable diapers. However, the polypropylene outer film and polyurethane used in diapers tended to dissolve in the liquefied DME and were subsequently released with the water discharged. These compounds are highly viscous, making it difficult to remove them from the drain outlet of the prototype. Therefore, the mechanics of the drain outlet should be considered in future studies.

    DOI: 10.1080/07373930903423814

  178. 液化ジメチルエーテルを利用する環境対策技術

    神田 英輝, 牧野 尚夫

    粉体工学会誌   46 巻 ( 11 ) 頁: 825-827   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  179. Triple Point of a Lennard-Jones Fluid in Nanopores with Zero Excess Pore Wall Energy 査読有り

    Hideki Kanda* and Minoru Miyahara

    Adsorpt. Sci. Technol.   27 巻 ( 8 ) 頁: 735   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have examined the triple points of Lennard-Jones methane confined in slit-shaped nanopores, i.e. nanopores with zero excess potential energy, using a molecular dynamics technique developed by us in a previous study. The critical condensates in the pores were cooled in a stepwise manner and the triple points determined for different pore sizes. We observed that the triple point temperature was inversely related to the pore size, identical to the Gibbs-Thomson equation. Whilst the Gibbs-Thomson equation requires adjustable parameters, our triple point model could predict the pressure and temperature without the need for such parameters. As a consequence, our model demonstrates a higher degree of generalization than the Gibbs-Thomson equation.

    DOI: 10.1260/0263-6174.27.8.734

  180. Clean up Process for Oil-polluted Materials by Using Liquefied DME 査読有り

    Hideki Kanda* and Hisao Makino

    Journal of Environment and Engineering   4 巻 ( 2 ) 頁: 356   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The proposed technology is a new concept that aims at energy-efficient drying and cleanup for general purposes by the use of liquefied DME (dimethyl ether) gas. Large amounts of energy are required for the cleanup of the ground since the water contained in the soil hinders the extraction processes that use hydrophobic organic solvents. Therefore, we focus on the use of liquiefied DME, which is eco-friendly, as an extractant. The saturated pressure of DME is moderate?0.51 MPa at 20°C and 0.68 MPa at 30°C. Liquefied DME resolves high volume organic contaminants and water. Moreover, water can be easily separated from DME by flash distillation. This technology reduces the energy required for water-removal to half the latent heat of water. We almost completely removed water and other oily materials by using DME. DME was completely recycled and none of it remained in these materials. The world's first prototype of a DME deoiling/dewatering process is shown. The capacity of this system is 10 L. Because of the low normal boiling point (-25°C) of DME, it does not remain in the soil and it can thus be reused as an extractant. In this presentation, we show the general purpose deoiling and dewatering processes for several materials.

    DOI: 10.1299/jee.4.356

  181. 火力発電の高効率化と環境負荷低減策の進展

    神田英輝

    科学と工業   83 巻 ( 7 ) 頁: 321-325   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  182. 液化ジメチルエーテルの種々の汚泥に対する脱水特性と その再利用性

    大下和徹, 武田和也, 高岡昌輝, 森澤眞輔, 神田英輝, 牧野尚夫

    環境衛生工学研究   23 巻 ( 3 ) 頁: 100-103   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  183. 常温・省エネルギー脱水技術の開発状況-期待されるDME脱水法-

    神田 英輝, 牧野 尚夫

    下水道(環境新聞社)   32 巻 ( 7 ) 頁: 43-45   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  184. 液化ジメチルエーテルを使い油汚染土壌を浄化する技術

    神田 英輝, 牧野 尚夫

    高圧ガス(高圧ガス保安協会誌)   46 巻 ( 3 ) 頁: 29-32   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  185. DME利用型脱水プロセスの試作機による石炭脱水特性の解明

    神田 英輝、牧野 尚夫

    電力中央研究所報告   M08020 巻   頁: 1-9   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Sewage Sludge Dewatering Process Using Liquid Di-Methyl Ether as Solvent 査読有り

    Kazuyuki Oshita*, Masaki Takaoka, Hideki Kanda, Yusuke Nakajima, Nobuo Takeda, and Hisao Makino

    Journal of Japan Sewage Works Association-Research   46 巻 ( 556 ) 頁: 71   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Energy-saving dewatering technology for sewage sludge using liquefied dimethyl ether 査読有り

    Hideki Kanda*, Hisao Makino, Mayumi Morita, Keizou Takegami, Nobuo Takeda, and Kazuyuki Oshita

    J. Japan Soc. of Waste Management Experts   19 巻 ( 6 ) 頁: 409   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We applied DME (dimethyl ether)-based dewatering technology, which has been developed for highmoisture coal, to dewatered sewage sludge and successfully decreased the water content of sewage sludge from 78wt% to 30wt%. Moreover, we clarified that five minutes is enough to dewater sewage sludge as contact time. In addition, the dried sewage sludge was deodorized. Since the temperature of sewage water is approximately constant throughout the year, sewage water and air can be used as sources of heat for the evaporation and condensation of DME. Thus, DME-based dewatering technology can be thought of not only as a dewatering technology but also as a technology for recovery of heat from sewage water.

    DOI: 10.3985/jswme.19.409

  188. Application of extraction technology using liquid dimethyl ether to PCBs from river sediment 査読有り

    Masaki Takaoka, Kazuyuki Oshita, Shin-ichro Kitade, Nobuo Takeda, Hideki Kanda, Hisao Makino, Tadao Matsumoto and Shinsuke, Morisawa

    Organohalogen Compounds   80 巻   頁: 2264-2267   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Liquid-Liquid Phase Separation of Binary Lennard-Jones Fluid in Slit Nanopores 査読有り

    Hideki Kanda* and Hisao Makino

    Adsorption   14 巻 ( 4-5 ) 頁: 485   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The capillary phase separation of a binary mixture of two truncated and shifted Lennard-Jones (LJ) Ar liquids in slit-shaped oxygen nanopores is examined. The LJ parameters?ε(Ar(A)?Ar(A))=ε(Ar(B)?Ar(B))=0.8ε(Ar(A)?Ar(B)) and 0.5ε(Ar(A)?O)?=?ε(Ar(B)?O)?were used to distinguish the two Ar liquids. The cut off distance for Ar was 3.5σ. We employed a molecular dynamics (MD) technique in which a pore space was connected with a bulk solution to easily determine the equilibrium bulk concentration. Liquid phase isotherms were obtained for pores with widths ranging from 5.5σ to 9.5σ, and the relation between the pore width and the phase separation concentration was determined. Each simulation was run until the bulk concentration attained equilibrium (1?2 μs). The MD results show that the Patrick model overestimates the bulk concentration for a given pore size. We proposed a modified Patrick model in which the pore wall potential is considered. In our model, the Gibbs-Tolman-Koenig-Buff effect is not considered for the interfacial tension since two surfaces of tension exist on both sides of the equimolar dividing surface of the two-Ar liquid phase. The two surfaces of tension neutralized Gibbs-Tolman-Koenig-Buff effect each other. The present simple model successfully describes the relation to prove its reliability.

    DOI: 10.1007/s10450-008-9121-1

  190. Energy-Saving Drying Technology of Porous Media by Using Liquefied DME 査読有り

    Hideki Kanda*, Hisao Makino and Minoru Miyahara

    Adsorption   14 巻 ( 4-5 ) 頁: 467   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Process design and energy requirement for a practical plant are investigated for an energy-saving drying (dewatering) process invented by the authors in 2002 for high-moisture porous materials. The basic concept of the process involves the extraction of water from a high-moisture porous material by bringing it in physical contact with liquefied dimethyl ether (DME) at room temperature. Water content of DME asymptotically increases to the saturation value and the high-moisture porous material is dried almost perfectly. DME from the DME-water mixture is vaporized by decompression. DME and water are separated by flash distillation. DME vapor is compressed and cooled in a heat exchanger, and the latent heat of condensation is reused to vaporize the DME in the heat exchanger. Multistage compression and multistage flash distillation are employed. After compression, the temperature of DME is less than 50?°C. Because specific heat ratio of DME is only 1.11, the energy consumption of the compressor is reduced. Considering the adiabatic efficiency of the compressor and the net thermal efficiency, the total energy for dewatering is about 1100 kJ per 1-kg-water-content of the material being dewatered This process has significant potential and is compact than the existing dewatering processes.

    DOI: 10.1007/s10450-008-9120-2

  191. 液化ジメチルエーテル脱水法が下水汚泥の性状に与える影響

    中島祐輔, 大下和徹, 高岡昌輝, 森澤眞輔, 武田信生, 神田英輝, 牧野尚夫

    環境衛生工学研究   22 巻 ( 3 ) 頁: 64-67   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. 液化ジメチルエーテルを用いたPCB汚染底質処理の基礎検討

    大下和徹, 高岡昌輝, 北出真一郎, 武田信生, 神田英輝, 牧野尚夫, 松本忠生, 森澤眞輔

    環境衛生工学研究   22 巻 ( 3 ) 頁: 144-147   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  193. Super-energy-saving Dewatering Method for High-specific-surface-area Fuels by using Dimethyl Ether 査読有り

    Hideki Kanda*

    Adsorpt. Sci. Technol.   26 巻 ( 5 ) 頁: 345   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There is a growing need for the economical dewatering of high-specific-surface-area fuels containing large amounts of water, such as coal and sewage sludge. The principle underlying conventional dewatering methods is evaporation of the water content by heating the fuels to a high temperature, but this approach consumes a considerable amount of energy. The Central Research Institute of the Electric Power Industry (CRIEPI) has developed a method for the extraction of this water through the use of dimethyl ether (DME), which liquefies at ordinary temperatures under the influence of a slight pressure. In this method, the water content in the fuel is extracted into the liquefied DME for separation from the fuel. After dewatering, the DME is depressurised, and subsequently vaporised, thereby leaving the separated water. Dewatering with an input energy of only 1109 kJ/kg water under ordinary conditions has been demonstrated theoretically.

    DOI: 10.1260/026361708787548792

  194. 液化ジメチルエーテルを用いた脱水技術の開発

    神田英輝

    産業とエネルギー   22 巻 ( 2 ) 頁: 48-51   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  195. 抽出用液化DMEを再生利用する常温油除去プロセスの開発

    神田 英輝、牧野 尚夫

    電力中央研究所報告   M07009 巻   頁: 1-7   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. 液化DME脱水技術の氷点下での凍結固体燃料脱水への適応性評価

    神田 英輝、牧野 尚夫

    電力中央研究所報告   M07013 巻   頁: 1-6   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. ナノ細孔内における単純流体の相図と相平衡の熱力学:ミクロ不均一現象からマクロ制御因子への橋渡し

    宮原 稔, 神田 英輝

    表面   46 巻 ( 1 ) 頁: 1-18   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  198. Super energy-saving dewatering process for high-moisture coal using DME 査読有り

    Hideki Kanda and Hisao Makino

    Peer reviewed Proceedings of the 4th Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium     頁: TQ536   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. 液化ジメチルエーテル(DME)を用いた脱水技術を開発

    神田 英輝

    電中研ニュース   445 巻   頁: 1-4   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  200. 液化DME利用型・超高効率常温脱水プロセスの開発

    神田英輝

    日本機械学会誌   110 巻   頁: 878   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  201. 液化DME利用型・超高効率常温脱水プロセス

    神田英輝

    OHM   94 巻 ( 9 ) 頁: 10-11   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  202. Freezing of Lennard-Jones Fluids in Cylindrical Nanopores under tensile condition 査読有り

    Hideki Kanda and Minoru Miyahara

    Adsorption   13 巻 ( 3-4 ) 頁: 191-195   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have shown the Lennard-Jones (LJ) phase diagram for a slit-shaped nanopore by molecular simulations and thermodynamically predicted the results with no adjustable parameter. With this success, LJ phase diagrams are predictable. In this study, the freezing of an LJ CH4 capillary condensate under a tensile condition in a nonstructural carbon nanopore with a cylindrical geometry was examined using molecular dynamics (MD) simulation. We employ a unit cell in contact with a bulk vapor phase, which is useful for the determination of the bulk vapor pressure in equilibrium with the molecules in a pore. The MD simulation results show liquid-solid (amorphous) phase transitions with a variation in the bulk vapor pressure. The frozen particles are arranged in concentric circular regions along the wall similar to those reported by Maddox and Gubbins. The freezing points are determined from the variations in density, enthalpy, arrangement, and structural functions. The obtained liquid-solid coexistence points are found to exhibit a significant dependence of the freezing point on the equilibrium bulk vapor pressure, forming an extraordinarily skewed curve on the p-T diagram, in contrast to the bulk phase coexistence that is represented by an almost vertical line. The origin of the significant dependence is considered to be the Laplace effect on the capillary condensate similar to the case with a slit-shaped pore. A simple model, which the authors earlier presented for slit-shaped nanopores, successfully predicted the p-T relation of the freezing point for cylindrical nanopores as well.

    DOI: 10.1007/s10450-007-9066-9

  203. 液化DMEを水分抽出剤として利用する超高効率・常温脱水プロセスの開発

    神田英輝

    表面   45 巻 ( 8 ) 頁: 14-24   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  204. 液化DMEを利用する常温動作・超高効率多孔質固体脱水プロセスの開発

    神田英輝

    日本吸着学会誌   21 巻 ( 4 ) 頁: 10-15   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  205. 液化DMEを水分抽出剤として用いる高水分炭の脱水プロセスの概念設計と所要動力の試算

    神田 英輝、牧野 尚夫

    電力中央研究所報告   M06004 巻   頁: 1-11   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Sublimation Phenomena of Lennard-Jones Fluids in Slit Nanopores 査読有り

    The Journal of Chemical Physics   126 巻 ( 5 ) 頁: 054703   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Solid-Phase Formation in Nanospace -Phase Diagram of Confined Lennard-Jones Fluids 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki kanda

    Peer reviewed 3rd China/Japan Joint Chemical Engineering Symposium     頁: TQ021   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Sublimation Phenomena in Slit Nanopores - Lennard-Jones Phase Diagram - 査読有り

    Hideki Kanda*, Minoru Miyahara, and Ko Higashitani

    Adsorption   11 巻 ( Suppl. 1 ) 頁: S295   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Sublimation phenomena of Lennard-Jones fluids in slit-shaped nanopores were examined. Vapor-phase pressure at which a solid phase forms in a pore at a constant temperature is determined by the authors' molecular dynamics technique. The obtained phase-boundary pressure is remarkably lower than that of the bulk phase. A simple model of the sublimation is presented, which successfully predicts the molecular dynamics results with no adjustable parameter. Thus, a whole Lennard-Jones phase diagram in slit-shaped nanopores can now be predicted.

    DOI: 10.1007/s10450-005-5940-5

  209. Method of Preventing Coal Ash Hardening by Humidifying or Mixing with Additives 査読有り

    Yoshiyuro Kishi, Hideki Kanda*, Hiromi Shirai, Yoshimichi Daijyou

    Journal of Society of Powder Technology, Japan   42 巻 ( 7 ) 頁: 460   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study is to prevent the hardening of coal ash during transportation from power plants and storage. In order to prevent the coal ash from hardening, humidification and mixing with additives were applied. As a result, (1) humidification of coal ash at 40°C with air of 50-90%RH, the hardenability of coal ash greatly decreased because sulfur trioxide on the surface of the coal ash reacted with alkaline components such as calcium carbonate by humidification, (2) miximg coal ash with lime stone is the most effective method in reducing the hardenability because it reacts with the sulfur trioxide. The addition of 1-10% lime stone is necessary to prevent hardening.

    DOI: 10.4164/sptj.42.460

  210. Numerical Analysis of Coal Ash Bed Hardening by Water Condensation 査読有り

    Masashi Wada, Hideki Kanda*, Mitsuhiko Hata, Hisao Makino, Chikao Kanaoka

    Journal of Society of Powder Technology, Japan   42 巻 ( 5 ) 頁: 317   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  


    In this study, hardening phenomena of coal ash beds in high-humidity condition are examined. We employ a diffusion simulation in clarifying the distribution of condensed water in coal ash beds, in which water vapor is absorbed into sulfur trioxide adhered on the surface of coal ash particles. Aqueous sulfuric acids solution formed by the absorption is in equilibrium with the ambient water vapor. The diffusion rate of water vapor is proportional to the difference between the pressure and ambient water vapor pressure. The simulation successfully describes the results of previous experiment, at a constant temperature, with the variations in the equilibrium moisture and particle diameter of coal ash. Moreover, it is clarified that the relationship between water content and hardening phenomena is very similar for various coal ashes, with a correction of particle diameter of coal ash and the volume of condensate bridging between particles.

    DOI: 10.4164/sptj.42.317

  211. 液化DME脱水法による石炭脱水機構-分子動力学による脱水挙動の把握と脱水平衡式の構築-

    神田 英輝、白井 裕三、日恵井 佳子

    電力中央研究所報告   W04012 巻   頁: 1-8   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Study on Influential Factor in Hardening Phenomena of Coal Ash Bed 査読有り

    Kouichi Higashiyama, Hideki Kanda*, Hiromi Shirai, Hisao Makino, Ryouichi Kurose

    Journal of Society of Powder Technology, Japan   41 巻 ( 7 ) 頁: 508   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we examined influences of temperature, humidity and coal ash characteristics on hardening phenomena of coal ash beds. Coal ash beds were moistened and hardened at a high relative humidity and we found that hardening is prevented by removing sulfur trioxide on the surface of coal ash, e. g., by washing it in water or by contacting it with ammonia gas. Therefore, sulfur trioxide on the surface of coal ash plays an important role on the hardening of coal ash bed. In addition, moistened coal ash bed was hardened more by drying. The mechanism of hardening is such that alkaline materials in coal ash react with sulfuric acid formed by the adsorbed moisture and sulfur trioxide to produce sulfates by the neutralization reaction. Crystalline of sulfate, which is formed by drying, interconnects coal ash particles.

    DOI: 10.4164/sptj.41.508

  213. Triple point of Lennard-Jones Fluid in Slit Nanopore: Solidification of Critical Condensate 査読有り

    Hideki Kanda, Minoru Miyahara and Ko Higashitani

    The Journal of Chemical Physics   120 巻 ( 13 ) 頁: 6173-6179   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report the results of a molecular dynamics simulation that looked for the triple point of Lennard-Jones fluid in slit-shaped nanopores. The simulation method employed for this purpose is able to maintain vapor?liquid coexistence in a nanopore at a specific equilibrium bulk-phase pressure. The triple point is the freezing point of the critical condensate. The triple-point temperature could be higher or lower than the bulk triple point, depending on the pore size. This is thought to be due to two opposing factors: the elevating effect of the pore-wall potential energy, and the depressing effect of the capillary condensate's tensile condition. Because of the cancellation, the deviation of the triple-point temperature from the bulk triple-point temperature was not considered significant. The pressure of the triple point, however, was significantly different from that of the bulk triple point. A simple model to describe the triple point is developed and shown to agree well with the results of the simulation. The importance of the two factors in nanoscale pores, which cannot be described by the classic Gibbs?Thomson equation, is emphasized.

    DOI: 10.1063/1.1652431

  214. 石炭の簡易脱灰技術の基礎検討 -脱灰性能におよぼす粉砕方式の影響-

    日恵井 佳子、白井 裕三、神田 英輝

    電力中央研究所報告   W03023 巻   頁: 1-12   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Detection of Freezing Point Elevation in Slit Nanospace by Atomic Force Microscopy 査読有り

    Minoru Miyahara*, Masanobu Sakamoto, Hideki Kanda, and Ko Higashitani

    Peer reviewed Proceedings of The 3rd Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology     頁: 234   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1142/9789812704320_0039

  216. 簡易脱灰技術の基礎検討-石炭中灰分の分布状態と比重分離法による灰分除去特性の評価-

    香川 佳子、白井 裕三、神田 英輝

    電力中央研究所報告   W01019 巻   頁: 1-11   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 石炭の簡易脱灰技術の基礎検討-脱灰性能におよぼす石炭中灰分分布状態および粉砕粒径の影響-

    日恵井 佳子、白井 裕三、神田 英輝

    電力中央研究所報告   W03002 巻   頁: 1-9   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Freezing Point Elevation in Nanospace detected directly by Atomic Force Microscopy 査読有り

    Minoru Miyahara*, Masanobu Sakamoto, Hideki Kanda and Ko Higashitani

    Studies in Surface Science and Catalysis   144 巻   頁: 411   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0167-2991(02)80162-8

  219. 微粉炭火力用燃料の多様化 -環境性の向上と発電コストの低減-

    牧野尚夫、池田道隆、日恵井佳子、神田英輝、小野哲夫

    電中研レビュー   46 巻   頁: 87-100   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  220. 溶剤置換法による石炭脱水技術の検討-液化DMEによる脱水手法の基礎検討-

    神田 英輝、白井 裕三、香川 佳子

    電力中央研究所報告   W01013 巻   頁: 1-18   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. Triple Point in Slit Nanopore: Determination by Molecular Dynamics and its Modeling 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda and Ko Higashitani

    Peer reviewed Proceedings of Fundamentals of Adsorption 7     頁: 975   2002年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  222. 簡易脱灰技術の基礎検討-顕微鏡画像を用いた石炭中灰分分布状態の定量化手法の検討-

    香川 佳子、白井 裕三、神田 英輝

    電力中央研究所報告   W01016 巻   頁: 1-14   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. ナノ細孔内相転移モデルの構築と検証およびナノ細孔特性評価法への応用

    神田英輝

    日本吸着学会誌   15 巻 ( 1 ) 頁: 12-17   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  224. 石炭の簡易脱灰技術の基礎検討-石炭中灰分の分布状態と比重分離法による灰分除去特性の評価-

    香川 佳子、白井 裕三、神田 英輝

    電力中央研究所報告   W00019 巻   頁: 1-11   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  225. Molecular Simulation Study on Freezing in Nano-Pores 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda, Ko Higashitani and Keith E. Gubbins

    Studies in Surface Science and Catalysis   128 巻   頁: 31   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0167-2991(00)80006-3

  226. Solidification of LJ Fluid in Cylindrical Nano-Pores and Its Geometrical Hindrance Effect: A Monte Carlo Study 査読有り

    Hideki Kanda, Minoru Miyahara*, and Ko Higashitani

    Langmuir   16 巻 ( 22 ) 頁: 8529   2000年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Grand canonical Monte Carlo (GCMC) simulations have been conducted to investigate freezing phenomena of Lennard-Jones (LJ) methane confined in cylindrical nanopores of reduced pore diameter ranging from 4.5 to 9.5 with saturated vapor as equilibrium bulk condition. The arrangement of the LJ particles in frozen state is found to form a hexagonal array within each concentric circular layer. Nonmonotonic dependence of freezing point against pore diameter, which is observed in strongly attractive pore made of carbon, is interpreted as a result of competition between geometrical hindrance effect of a wall's shape and compression effect of a wall's attractive potential. Geometrical hindrance effect, which originates from excess energy of cylindrical frozen state relative to the fcc lattice state, is clarified to become stronger for smaller pore size. The latent heat is also smaller for smaller pore size. We model the shift of freezing point in cylindrical pore considering the geometrical hindrance effect, and its reliability is verified successfully through comparison with the GCMC results.

    DOI: 10.1021/la991659p

  227. 制限空間内相転移モデルの構築とナノ細孔特性評価法への応用

    神田 英輝

    粉体工学会誌   37 巻 ( 10 ) 頁: 761-762   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  228. Verification of Condensation Model for Cylindrical Nano-Pores : Analysis of Nitrogen Isotherm for FSM-16 査読有り

    Hideki Kanda, Minoru Miyahara*, Tomohisa Yoshioka and Morio Okazaki

    Langmuir   16 巻 ( 16 ) 頁: 6622   2000年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An improved condensation model for the estimation of pore-size distribution in the range of nanometers is examined. In the authors' previous paper, the model proved its reliability in computer experiments employing the molecular dynamics technique. The model is tested here in a real experimental system with a MCM-41-like ordered mesoporous silicate, FSM-16. The study includes how to find the adsorbate-solid interaction strength, which is taken into account as an additional contribution for condensation other than the Kelvin effect. The true pore size of the material is separately determined to be 3.2 ± 0.2 nm by high-resolution transmission electron microscopy observation, and by a colloidal particle adsorption method. The conventional model for condensation, the Kelvin model, underestimates the pore size of FSM-16 to be 2.5 nm from the nitrogen isotherm. The present model successfully predicts the pore size to be 3.4 nm, and proves its reliability in the real experimental system. The effect of the pore wall's potential on the capillary coexistence relation is further discussed comparing ordered mesoporous silicates and the usual silica materials.

    DOI: 10.1021/la991575g

  229. Condensation Model for Cylindrical Nano-Pores Applied to Realistic Porous Glass Generated by Molecular Simulation 査読有り

    Hideki Kanda, Minoru Miyahara* and Ko Higashitani

    Langmuir   16 巻 ( 14 ) 頁: 6064   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/la9915769

  230. Solid-Liquid Phase Transition of Lennard-Jones Fluid in Slit Pores under Tensile Condition 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda, Mutsumi Shibao, and Ko Higashitani

    The Journal of Chemical Physics   112 巻 ( 22 ) 頁: 9909-9916   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effect of equilibrium vapor-phase pressure onto freezing of a simple fluid in a nanopore is examined. We employ a molecular dynamics (MD) technique in a unit cell with imaginary gas phase, which has the benefit of easy determination of equilibrium vapor pressure. The method is shown to give consistent results with those by the grand canonical Monte Carlo (GCMC) method, and to have better feature of smaller degree of hysteresis between freezing and melting. The MD simulations showed liquid?solid phase transitions, at a constant temperature, with the variation in the equilibrium vapor-phase pressure below the saturated one. Thus-determined solid?liquid coexistence lines exhibited significant dependence of the freezing point against small changes in the bulk?phase vapor pressure, which implies the importance of tensile effect on freezing in nanopores. The capillary effect on the shift in freezing point was successfully described by a simple model based on continuum and isotropic assumption, even in a pore as small as 2 nm in width.

  231. Extraordinary Skewed Solid-Liquid Coexistence for Tensile Fluid in Nanopores and Its Origin: A Molecular Simulation Study 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda, Mutsumi Shibao and Ko Higashitani

    Peer reviewed Proceedings of The 2nd Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology     頁: 431   2000年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1142/9789812793331_0086

  232. Modeling Capillary Condensation in Cylindrical Nano-Pores: Molecular Dynamics Study 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda, Tomohisa Yoshioka and Morio Okazaki

    Langmuir   16 巻 ( 9 ) 頁: 4293   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We modeled condensation phenomena within cylindrical nanopores as a possible replacement for the Kelvin model that underestimates nanometer order pore sizes. The proposed model follows the simple concept of a continuum assumption similar to that for the Kelvin model. The difference was in the introduction of the contribution of the pore-wall potential and the curvature-dependent surface tension in our model. A molecular dynamics (MD) technique developed by the authors for isotherm determination was employed to test the concept and the model. Several isotherms for N2-like Lennard-Jones (LJ) particles in a silicate-like cylindrical pore with various diameters from 2 to 4 nm were obtained through MD simulations, and a relation between pore diameter and critical condensation pressure was determined. The present model successfully described the relation to demonstrate its reliability. The validity of the proposed model was examined also from the aspect of the shape of the meniscus and the pressure profile in the condensed phase, and gave fairly good agreement.

    DOI: 10.1021/la991227e

  233. Condensation Model for Cylindrical Nano-Pores Applied to Mesoporous Silicate FSM-16 査読有り

    Hideki Kanda, Minoru Miyahara*, Tomohisa Yoshioka and Morio Okazaki

    Peer reviewed Proceedings of Fundamentals of Adsorption 6     頁: 321   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  234. Molecular Dynamics Study on Condensation in Cylindrical Nano-pores -Modeling and Verification- 査読有り

    Minoru Miyahara*, Hideki Kanda, Tomohisa Yoshioka and Morio Okazaki

    Peer reviewed Proceedings of Fundamentals of Adsorption 6     頁: 249   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  235. シリンダ状ナノ細孔内凝縮モデルとナノ細孔径評価-MD法およびメソポーラスシリカを用いた検証-

    神田 英輝、宮原 稔、吉岡 朋久、岡崎 守男

    Adsorption News   12 巻 ( 1 ) 頁: 20-21   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  236. Single-Electrode Transient Behavior for Electric Double Layer Capacitor Composed of Nano-Porous Carbon Electrode. 査読有り

    Satoshi Iwasaki, Hideki Kanda, Minoru Miyahara* and Morio Okazaki

    Kagaku Kogaku Ronbunshuu   23 巻 ( 4 ) 頁: 519   1997年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Single-electrode transient behavior was measured mainly during the discharging process for a model cell of electric double layer capacitor with nano-porous carbon electrodes and reference electrode. Apparent conductivity in the cell, which we call " effective conductivity," is determined with approximation of current in transient behavior to a one-dimensional electrophoretic model. A comparison of effective conductivity with conductivity of bulk solution suggests an interesting mechanism of transfer of electrolyte ions. The difference in transient behavior between various electrolyte ions was not conspicuous in spite of distinctive differences in conductivity of each bulk solution. The large pore diameter of the carbon electrode results in rapid transient behavior and such an electrode should be suitable for rapid charge and discharge. The effect of origin of carbon electrode is found to be significant to bring considerable differences in discharge rate. However, the difference in transient behavior that was caused by materials for carbon electrode becomes smaller for lower concentrations of electrolyte solution. Effective conductivities for all experiments do not directly reflect conductivities of bulk solution of each electrolyte. This implies that electrolyte ions are transported based not only on the electrophoretic effect, but also on a mechanism similar to surface diffusion.

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.23.519

▼全件表示

書籍等出版物 22

  1. 高圧力の科学・技術事典

    神田英輝など( 担当: 共著)

    朝倉書店  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 藻類培養技術

    ( 担当: 分担執筆)

    情報機構  2021年10月  ( ISBN:978-4-86502-219-3

     詳細を見る

    総ページ数:324   著書種別:学術書

  3. Advances in Food Science

    Hideki Kanda, Yuji Fukuta, Wahyudiono, Motonobu Goto( 範囲: Enhancement of Lipid Extraction from Soya Bean by Addition of Dimethyl Ether as Entrainer into Supercritical Carbon Dioxide)

    Vide Leaf   2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. 藻類応用の技術と市場

    加藤美砂子, 今村壮輔, 宮下英明, 齋藤猛, 松本光史, 増田篤稔, 神田英輝他( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. バイオリファイナリーと分離技術

    神田英輝など( 担当: 共著)

    日本液体清澄化技術工業会   2020年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:166   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. Sustainable Seaweed Technologies

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto( 担当: 共著)

    Elsevier  2020年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:732   記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. Encyclopedia of Sustainability Science and Technology; Chapter "Supercritical Fluid Extraction and Fractionation"

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto( 担当: 分担執筆)

    Springer  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. Green Electrospinning 国際共著

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto( 担当: 分担執筆)

    De Gruyter  2018年11月  ( ISBN:978-3-11-058139-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. 化学工学の進歩シリーズ; 物質循環とマテリアル開発; 超臨界・亜臨界流体を用いた有機マテリアルの抽出分離

    神田英輝、後藤元信( 担当: 分担執筆)

    三恵社  2018年11月  ( ISBN:978-4-86487-968-2

     詳細を見る

    総ページ数:217   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  10. Water Extraction of Bioactive Compound; Chapter "Hydrolysis of Biopolymers in Near Critical and Subcritical Water"

    Siti Machmudah, Wahyudiono, Hideki Kanda, Motonobu Goto( 担当: 共著)

    Elsevier  2017年9月  ( ISBN:9780128093801

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  11. 藻類由来バイオ燃料と有用物質

    神田 英輝 ( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 躍進する超臨界流体技術-新しいプロセスの原理とその実用化-

    後藤 元信、神田 英輝、堀添 浩俊、佐古 猛、内田 博久、大嶋 正裕、奥林 里子、川崎 慎一朗、福里 隆一( 担当: 共著)

    コロナ社  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化 乾燥や細胞破壊が不要な微細藻類からの油脂抽出技術

    神田 英輝、後藤 元信( 担当: 共著)

    分離技術会  2014年10月  ( ISBN:978-4-9908079-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 藻類の培養とその事業化・高収益化に向けた最新技術

    神田 英輝( 担当: 共著)

    情報機構  2013年6月  ( ISBN:978-4-86502-025-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. バイオマス・プロセス・ハンドブック

    化学工学会・日本エネルギー学会( 担当: 共著)

    オーム社  2012年5月  ( ISBN:978-4-274-21218-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. DME Handbook Supplement

    Japan DME Forum( 担当: 共著)

    Japan DME Forum  2011年10月  ( ISBN:978-4-9903839-1-6

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. DMEハンドブック追補

    日本DMEフォーラム( 担当: 共著)

    日本DMEフォーラム  2011年4月  ( ISBN:978-4-274-21024-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 藻類バイオマス工業利用における技術プロセス

    神田英輝( 担当: 分担執筆)

    東京メガセミナー  2011年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:86   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  19. 藻類バイオマスにおける探索・培養・回収・抽出技術とビジネスチャンス

    神田英輝( 担当: 分担執筆)

    東京メガセミナー  2010年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:115   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  20. 未利用バイオマスの活用技術と事業性評価

    サイエンス&テクノロジー( 担当: 共著)

    サイエンス&テクノロジー  2010年9月  ( ISBN:978-4-86428-005-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 藻類の特性とバイオ燃料生産に関する技術動向

    神田英輝( 担当: 分担執筆)

    東京インフォメーションセンター  2009年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:106   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  22. CARBON MATERIALS : Theory and Practice

    Research Signpost( 担当: 共著)

    Research Signpost  2008年12月  ( ISBN:978-81-308-0247-3

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 55

  1. 低沸点弱極性溶媒DMEを用いる乾燥不要の油脂抽出技術 招待有り

    神田 英輝

    JST/OPERA機能性バイオ共創コンソーシアム・東京大学大学院新領域創成科学研究科 第10回「機能性バイオ」ミニシンポ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製 招待有り

    神田 英輝

    東洋食品研究所講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. 水処理システムと湿式抽出法による藻類の高効率燃料化の融合と実用化 招待有り

    神田 英輝

    農学国際教育研究センター第18回オープンフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. 南アフリカでバイオ燃料をつくるはなし 招待有り

    神田 英輝

    名古屋大学オープンレクチャー2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  5. 乾燥⼯程が不要な微細藻類からの油脂抽出⼿法について 招待有り

    神田 英輝

    JCOAL技術者セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 超臨界・亜臨界流体を用いた有機マテリアルの抽出分離 国際会議

    神田英輝、後藤元信

    化学工学の進歩シリーズ・講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  7. 液化ジメチルエーテルを用いるブタ大動脈からのスキャフォールド作成 招待有り 国際会議

    神田 英輝

    化学工学会 第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 液化ジメチルエーテル抽出法による微細藻類の燃料化におけるエネルギー収支の改善 招待有り

    神田 英輝

    化学工学会 第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. 亜臨界流体中の抽出分離とプラズマ反応 招待有り

    神田 英輝

    化学工学会東海支部・未来の化学工学を考える会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. 亜臨界流体のバイオ燃料の抽出やナノ複合粒子のプラズマ合成への利用 招待有り

    神田 英輝

    化学工学会超臨界流体部会第17回サマースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. 乾燥や細胞破壊が不要な微細藻類からの油脂抽出技術 招待有り

    神田英輝、後藤元信

    分離技術会年会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  12. 藻からバイオ燃料を取り出すはなし

    神田 英輝

    名古屋大学オープンレクチャー2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  13. カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製 招待有り

    神田 英輝

    東洋食品研究所講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Lipid Extraction from Wet Microalgae by Liquefied Dimethyl Ether 招待有り 国際会議

    Hideki Kanda, Wahyudiono, Motonobu Goto

    Supergreen2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 低沸点弱極性溶媒による微細藻類からの油脂抽出とスキャホールド作成への応用 招待有り

    神田 英輝

    JST CRESTさきがけ 藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出領域 藻類バイオエネルギー公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. Decomposition of organic compounds by discharge plasma at gas/liquid interface 招待有り 国際会議

    Motonobu Goto, Shigenori Takahashi, Kakeru Mano, Yui Hayashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda

    The 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. SYNTHESIS OF CARBON NANOPARTICLES BY DISCHARGE PLASMA AT AMBIENT TO PRESSURIZED GAS/LIQUID INTERFACE 招待有り 国際会議

    Motonobu Goto, Yui Hayashi, Kakeru Mano, Shigenori Takahashi, Noriharu Takada, Wahyudiono, Hideki Kanda

    the 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  18. Fabrication of hollow fiber by electrospinning in high pressure carbon dioxide 招待有り 国際会議

    Motonobu Goto, Hiroyuki Ozawa, Wahyudiono, Hideki Kanda

    The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. 液化ジメチルエーテルを用いる抽出・晶析手法 招待有り

    神田英輝

    日本材料学会第66期学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. Swirl Mixing Micro Device for Supercritical Anti-solvent Micronization 招待有り 国際会議

    Motonobu Goto, Chiho Uemori, Tomohiko Kodama, Wahyudiono, Hideki Kanda, Shin-ichiro Kawasaki

    16th European Meeting on Supercritical Fluids  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  21. 液化ジメチルエーテルによる微細藻類からの油脂抽出

    神田 英輝

    分離技術会東海地区見学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  22. 微細藻類からのバイオ燃料生産

    神田 英輝

    あいちサイエンスフェスティバル2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  23. Energy-saving extraction of lipids from wet microalgae by low-boiling solvent 国際会議

    Hideki KANDA

    11th International Marine Biotechnology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月 - 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  24. 液化DMEなどの高圧流体を用いた抽出・晶析手法

    神田英輝

    化学工学会マイクロ化学プロセス分科会2016年討論交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  25. 同軸二重ノズル噴射型超臨界CO2貧溶媒によるサブマイクロ・カルテノイド粒子の調製

    神田 英輝

    2015年度粉体工学会春期研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. 液化DMEにより低温廃熱を分離エネルギーに変換する湿潤微細藻類の油脂抽出法

    神田 英輝

    第45回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. 亜臨界DME抽出技術

    神田 英輝

    化学工学会第48回化学工学の進歩講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. 微細藻類燃料のエネルギー収支のプラス化技術

    神田 英輝

    科学技術振興機構サイエンスアゴラ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. 液化DMEによる乾燥・加熱処理・細胞破壊が不要な微細藻類からの油脂抽出法

    神田 英輝

    藻類バイオ燃料生産研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. 液化DMEによる乾燥・加熱・細胞破壊が不要な 微細藻類からの油脂抽出法

    神田 英輝

    グローバル・サステイナブル・テクノロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. 乾燥・加熱処理・細胞破壊が不要な微細藻類からの油脂抽出手法

    神田 英輝

    化学工学会次世代エネルギー社会検討委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. 草木質系バイオマスの常温脱水脱油技術による石炭・油代替燃料への転換

    神田 英輝

    環境省 循環型社会形成推進研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. Extraction of lipids and carotenoids from algae by sub- and supercritical CO2 and dimethyl ether 国際会議

    Motonobu Goto, Hideki Kanda

    Workshop on Supercritical Fluids (SFE’13) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ブラジル連邦共和国  

  34. 低エクセルギー率廃熱の回収によりエネルギー収支をプラスにする微細藻類オイ ルの抽出技術

    神田 英輝

    化学工学会関西支部セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. DMEによる藻類からのオイル抽出

    神田 英輝

    超臨界流体技術実用化のための基本評価技術 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. Dewatering and deoiling technology 国際会議

    Hideki Kanda, Peng Li, Misao Makino

    The 7th Asian DME Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. Green crude oil directly extracted from high-moisture microalgae without drying, cell disruption, and heating solvent 国際会議

    Hideki Kanda, Peng Li

    The 6th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. 加熱・粉砕・有害薬品は不要 微細藻類からの緑の原油の抽出方法

    神田 英輝

    科学技術振興機構 新材料システム研究会Ⅱ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. 液化DMEを用いた藻からの緑の原油の製造技術

    神田 英輝

    中部電力テクノフェア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. アオコから緑の原油の抽出に成功

    神田 英輝

    三井業際研究所 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. アオコから緑の原油の抽出に成功

    神田 英輝

    第5回新エネルギー国際展示会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. アオコからバイオ燃料を抽出する技術

    神田 英輝

    財団法人協和協会 新エネルギー委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. 分子シミュレーションを活用したナノ細孔内三態相平衡・液液相平衡の熱力学モデルの構築

    神田 英輝

    日本吸着学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. DME脱水・脱油法の開発状況

    神田 英輝、牧野 尚夫

    三菱ガス化学株式会社 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. DME利用型・脱水脱油技術の開発

    神田 英輝、牧野 尚夫

    新潟DME研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. DME利用型・脱水脱油技術の開発

    神田 英輝

    産業総合技術研究所 環境・エネルギーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. 液化DMEによる抽出を利用した脱水・脱油技術の開発状況

    神田 英輝、牧野 尚夫

    日本DMEフォーラム利用技術分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  48. DMEを再利用する高水分炭・下水汚泥・PCB汚染底質の常温省エネルギー脱水浄化技術の開発 国際会議

    神田 英輝

    全日本科学機器展 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. 液化DMEを用いた含水・含油固体の高度浄化技術

    神田 英輝、牧野 尚夫

    日本粉体工業技術協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  50. ナノ空間内の基礎物質の三態相図の熱力学:ミクロ不均一現象からマクロ制御因子への橋渡し 国際会議

    神田 英輝

    日本化学会 第61回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. DMEを再利用する高水分炭・下水汚泥・PCB汚染底質の常温省エネルギー脱水浄化技術の開発

    神田 英輝、大下 和徹、森田 真由美

    第22回独創性を拓く先端技術大賞レセプション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. 下水熱と液化ジメチルエーテルを利用する脱水汚泥ケーキの省エネ乾燥技術の開発

    神田 英輝、牧野 尚夫

    新潟DME研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  53. 液化DME利用型・超高効率常温脱水プロセスの開発

    神田 英輝

    日本化学会 第88春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. 底質中PCB抽出・浄化とDME利用技術

    神田 英輝、大下 和徹、高岡 昌輝

    環境ビジネスKANSAI プロジェクト 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. DMEを用いた底質からのPCBの除去

    神田 英輝、大下 和徹

    財団法人北九州産業学術推進機構 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 高円宮妃殿下に研究成果をご説明申し上げる

    2008年7月

  2. 研究成果の新聞での報道 120件超

    2000年4月
    -
    現在

共同研究・競争的資金等の研究課題 29

  1. 【代表】水処理システムと湿式抽出法による藻類の高効率燃料化の融合と実用化

    2015年5月 - 2021年3月

    地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 【代表】乾燥・細胞壁破壊・有毒抽剤が不要な藻類からの燃料抽出技術の創出

    2011年4月 - 2016年3月

    戦略的創造研究推進事業さきがけ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 【代表】常温・省エネルギーで液化DMEを抽剤として循環利用する藻からの油の抽出技術の開発

    2009年7月 - 2011年6月

    NEDO若手研究グラント 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 【代表】吸着化学の研究手法に基づく超臨界流体抽出の熱力学モデルの構築と分子動力学による検証

    2021年7月 - 2024年3月

    特別研究助成 (複数年) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  5. 【代表】DME抽出法による草木質バイオマスから石炭・石油代替燃料への省エネルギー転換

    2021年4月 - 2022年3月

    研究助成  (一般研究)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  6. 【代表】超臨界レーザーアブレーションによるナノ炭素被覆技術の開発

    2020年9月 - 2023年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1800000円 ( 直接経費:1800000円 )

  7. 【代表】畜産副生物から再生医療部材への高付加価値加工

    2020年8月 - 2021年9月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. リチウムイオン電池完全循環システム

    2018年11月 - 2020年3月

    未来社会創造事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. LMIR3を標的とするアレルギー・炎症性疾患治療薬の探索

    2018年5月 - 2019年3月

    委託研究開発 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 【代表】カロテノイドのcis異性化による物性変化を利用した超臨界流体急速膨張法によるカロテノイドナノ粒子の調製

    2018年4月 - 2019年3月

    研究助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 【代表】液化ジメチルエーテルによる生体材料作成に関する基礎研究

    2017年10月 - 2018年9月

    企業からの受託研究  

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 【再委託・代表】自動活性炭再生技術とフェントン水熱酸化法技術を複合化した省エネルギー先進排水・排 ガス処理技術の開発に関する調査

    2016年11月 - 2017年9月

    戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討企画提案 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 【代表】界面活性剤フリーなスキャフォールド作成手法の開発

    2016年7月 - 2017年3月

    研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 【代表】アフリカにおける持続可能な開発に向けた産業人材育成ネットワークの構築

    2016年7月 - 2017年3月

    地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS 企画提案 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. ASEANにおけるコンパクトモビリティモデルの研究拠点

    2016年4月 - 2019年3月

    研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 【代表】研究助成

    2015年4月 - 2017年3月

  17. 超臨界二酸化炭素を活用したスフィンゴミエリンリポソーム製造方法の確立

    2014年 - 現在

    企業からの受託研究 

  18. 【代表】DME液化ガスによる顔料製造プロセスの開発

    2014年 - 2018年3月

    企業からの受託研究 

  19. 【代表】液化DMEを用いた食品加工副産物の有効利用法に関する先行研究

    2014年 - 2016年3月

    企業からの受託研究 

  20. 【代表】液化DMEによる藻類燃料製造に関する研究

    2014年 - 2015年3月

    企業からの受託研究 

  21. 【代表】同軸二重ノズル噴射型超臨界CO2貧溶媒によるサブマイクロ・カルテノイド粒子の調製

    2013年4月 - 2014年3月

    研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. 食品原料からの有効成分の単離・精製に関する研究

    2013年 - 現在

    企業からの受託研究 

  23. 【代表】微生物からの油脂製造に関する研究

    2013年 - 2017年3月

    企業からの受託研究 

  24. 【代表】ジメチルエーテルによる石炭脱水技術の研究

    2013年 - 2015年3月

    企業からの受託研究 

  25. 【代表】植物からの常温油脂抽出に関する研究

    2013年 - 2014年3月

    企業からの受託研究 

  26. 【代表】液化物質(DME等)を用いたアミノ酸溶液の濃縮

    2013年 - 2014年3月

    企業からの受託研究 

  27. 【代表】超難処理PCB汚染ヘドロ粒子の浄化メカニズムの解明

    2009年4月 - 2010年3月

    研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  28. 【代表】DMEを再利用する高水分炭・下水汚泥・PCB汚染底質の常温省エネルギー脱水浄化技術の開発

    2008年7月 - 2009年3月

    研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. バイオマスを利用したクリーンフューエルによる高効率発電技術

    2002年12月 - 2004年3月

    エネルギー・環境国際共同研究提案公募事業 国際提案公募 発電 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 【代表】エントレーナーが抱える諸問題を解決する超臨界流体抽出法の開発 国際共著

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. 【代表】界面活性剤フリーなスキャフォールド作成手法の開発 国際共著

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

  3. 【代表】窒素回収とグリーン燃料原料としてのアオコと人間との共存技術への挑戦 国際共著

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  4. 【代表】亜臨界DMEを抽剤に利用する高水分炭の水分と可燃分の同時抽出法の検討

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 液化ジメチルエーテルによる、畜産廃棄物の脱水・乾燥プロセスの構築

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    大下和徹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 【代表】毛管相分離現象に起因するナノ細孔内超高速移動現象の解明と化学工学モデル化

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 液化ジメチルエーテルによる底質中PCBs・ダイオキシン類の除去プロセスの構築

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 超薄壁ナノ空間における流体相挙動の解明および格子構造転移との協同性検討

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    宮原稔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 48

  1. 動植物組織、動植物組織の細胞破壊方法及び動植物組織の細胞破壊装置

    篠原悟史、鈴木章吾、神田英輝

     詳細を見る

    出願人:リコー、名古屋大学

    出願番号:特願2018-047362  出願日:2018年3月

    出願国:国内  

  2. イオン交換樹脂の乾燥方法、乾燥装置および強塩基性陰イオン交換樹脂

    神田英輝、後藤元信、橋本浩一郎、寺師亮輔

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、オルガノ

    出願番号:2016-210791  出願日:2016年3月

    出願国:国内  

  3. 有機顔料の製造方法

    安井健悟、関根均、國吉浩平、神田英輝、後藤元信

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、DIC

    出願番号:2016-149045  出願日:2016年3月

    出願国:国内  

  4. 有機顔料の精製方法

    安井健悟、関根均、國吉浩平、神田英輝、後藤元信

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、DIC

    出願番号:2016-149046  出願日:2016年

    出願国:国内  

  5. 脂質の分画方法

    神田 英輝、後藤 元信、沖田 裕司、大橋 英治

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、日本水産

    出願番号:PCT/JP2015/059895  出願日:2015年3月

    出願国:国内  

  6. アミノ酸水溶液の濃縮方法とアミノ酸の分離方法

    神田 英輝、岸野 光広

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、味の素

    出願番号:特願2015-021811  出願日:2015年2月

    出願国:国内  

  7. 脂質の分画方法

    神田 英輝、後藤 元信、沖田 裕司、大橋 英治

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、日本水産

    出願番号:特願2014-071748  出願日:2014年3月

    出願国:国内  

  8. アシル化ステロール配糖体を含有する粉末状叉は固形状組成物及び製造方法

    本城 政稔、奥原 康英、足立 知基、後藤 元信、神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学、ファンケル

    出願番号:特願2014-069588  出願日:2014年3月

    出願国:国内  

  9. 廃熱回収システム

    神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    出願番号:2012-194450  出願日:2012年9月

    特許番号/登録番号:特許5429836号  登録日:2015年 

    出願国:国内  

  10. 底質の処理方法及び抽出装置

    神田 英輝、牧野 尚夫、大下 和徹、高岡 昌輝、水野 忠雄

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    出願番号:2010-178741  出願日:2010年8月

    特許番号/登録番号:特許5276631号  登録日:2013年 

    出願国:国内  

  11. 有機物の抽出方法、有機物の製造方法、有機物抽出装置組立体、湿潤材料の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、木村 敏之、吉越 昭雄

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    出願番号:2009-179513  出願日:2009年7月

    特許番号/登録番号:特許5328547号  登録日:2015年 

    出願国:国内  

  12. 油分抽出方法及び油性材料の製造方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、吉越 昭雄

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    出願番号:2009-094049  出願日:2009年4月

    特許番号/登録番号:特許5319371号  登録日:2014年 

    出願国:国内  

  13. 含水物質の脱水システムおよび脱水方法

    牧野 尚夫、神田 英輝、友成 輝夫、水谷 滋樹

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    出願番号:2007-212215  出願日:2007年8月

    特許番号/登録番号:特許5455628号  登録日:2013年 

    出願国:国内  

  14. 含水物質の脱水システムおよび脱水方法

    牧野 尚夫、神田 英輝、友成 輝夫、水谷 滋樹

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:インドネシア特許, 特願W00201000487  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  15. 含水物質の脱水システムおよび脱水方法

    牧野 尚夫、神田 英輝、友成 輝夫、水谷 滋樹

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:豪州分割特許2011213789B8号  登録日:2014年 

    出願国:外国  

  16. 含水物質の脱水システムおよび脱水方法

    牧野 尚夫、神田 英輝、友成 輝夫、水谷 滋樹

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:中国特許, 特願200880103514.2  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  17. 液化物を用いた氷含有物質の氷除去方法

    神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:ロシア特許2392029号  登録日:2011年8月 

    出願国:外国  

  18. 含水物質の脱水システムおよび脱水方法

    神田 英輝、友成 輝夫、水谷 滋樹、牧野 尚夫

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:豪州特許2011213789B2号  登録日:2012年3月 

    出願国:外国  

  19. 液化物を用いた氷含有物質の氷除去方法

    神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:特許4734406号  登録日:2012年 

    出願国:国内  

  20. 液化物を用いた氷含有物質の氷除去方法

    神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:中国, 特許ZL200780010243.1号  登録日:2011年 

    出願国:外国  

  21. 液化物を用いた氷含有物質の氷除去方法

    神田 英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:カナダ特許 CA2646660号  登録日:2011年8月 

    出願国:外国  

  22. 含水物質の処理システム

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:米国特許8246789号  登録日:2010年 

    出願国:外国  

  23. 含水物質の処理システム

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:インドネシア特許, ID P0028348号  登録日:2011年 

    出願国:外国  

  24. 含水物質の処理システム

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:中国, 特許ZL200880007291.X号  登録日:2010年 

    出願国:外国  

  25. 含水物質の処理システム

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:豪州特許2008225537号  登録日:2012年 

    出願国:外国  

  26. 含水物質の処理システム

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    出願番号:2007-060703  出願日:2007年3月

    特許番号/登録番号:特許5346800号  登録日:2010年 

    出願国:国内  

  27. 下水汚泥の脱臭方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願番号:2007-021090  出願日:2007年1月

    特許番号/登録番号:5323500  登録日:2011年 

    出願国:国内  

  28. 下水汚泥の脱臭方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:ZL200880003186.9  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  29. 含水物質の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    出願番号:2007-021089  出願日:2007年1月

    特許番号/登録番号:5607884  登録日:2014年 

    出願国:国内  

  30. 含水物質の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願番号:08710626.6  出願日:2007年1月

    特許番号/登録番号:EU08710626.6  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  31. 含水物質の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:2008210818  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  32. 含水物質の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:ZL200880003265.X  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  33. 含水物質の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:ID P0030067  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  34. 汚泥の処理方法

    神田 英輝、牧野 尚夫、森田 真由美、竹上 敬三、吉越 昭雄、高橋 正純

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、月島機械

    特許番号/登録番号:200980121190.X  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  35. Method for dehydrating water-containgsubstance useing liquefied matter

    Hideki Kanda, Youichi Urakawa

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所、大陽日酸

    公表番号:7803253 

    特許番号/登録番号:7803253  登録日:2010年 

    出願国:外国  

  36. 液化物を用いた含油物質の脱油方法

    神田英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:4542517  登録日:2010年 

    出願国:国内  

  37. 蓄熱方法および蓄熱装置

    神田英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:4671286  登録日:2011年 

    出願国:国内  

  38. 細孔内付着液体残留量推定方法

    神田英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:5035816  登録日:2012年 

    出願国:国内  

  39. 細孔径分布測定方法

    神田英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:4845004  登録日:2011年 

    出願国:国内  

  40. 水分含有固体の水分除去方法およびシステム

    神田英輝、阿部俊夫

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:4671700  登録日:2011年 

    出願国:国内  

  41. 液化物質を用いた固体含有水分除去方法およびシステム

    神田英輝

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:4601396  登録日:2010年 

    出願国:国内  

  42. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    出願番号:WO2003-101579  出願日:2002年6月

    公開番号:1524019 

    特許番号/登録番号:4291772  登録日:2009年 

    出願国:国内  

  43. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:EU1524019B1  登録日:2013年 

    出願国:外国  

  44. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:2003241902  登録日:2009年 

    出願国:外国  

  45. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:0018953  登録日:2009年 

    出願国:外国  

  46. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:03812777.6  登録日:2007年 

    出願国:外国  

  47. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:7537700  登録日:2009年 

    出願国:国内  

  48. 液化物質を用いた固体含有水分の除去方法

    神田 英輝、白井 裕三

     詳細を見る

    出願人:電力中央研究所

    特許番号/登録番号:2487641  登録日:2009年 

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 39

  1. 先端プロセス工学特別実験及び演習

    2020

  2. 先端プロセス工学セミナー

    2020

  3. マテリアル工学実験2

    2020

  4. マテリアル工学実験1

    2020

  5. マテリアル工学実験1

    2019

  6. 先端プロセス工学特別実験及び演習

    2018

  7. 先端プロセス工学セミナー

    2018

  8. 物理化学実験

    2018

  9. 化学工学実験

    2018

  10. マテリアル工学概論

    2018

  11. 先端マテリアル工学概論2

    2018

  12. 先端プロセス工学特別実験及び演習

    2017

  13. 物理化学実験

    2017

  14. 化学工学実験

    2017

  15. プロセス基礎セミナー

    2017

  16. マテリアル工学概論

    2017

  17. 先端プロセス工学セミナー

    2017

  18. プロセス基礎セミナー

    2016

  19. 化学工学実験

    2016

  20. 物理化学実験

    2016

  21. 物質プロセス工学特別実験及び演習

    2016

  22. 物質プロセス工学セミナー

    2016

  23. プロセス基礎セミナー

    2015

  24. 物理化学実験

    2015

  25. 化学工学実験

    2015

  26. 物質プロセス工学セミナー

    2015

  27. 物質プロセス工学特別実験及び演習

    2015

  28. 化学工学実験

    2014

  29. 物質プロセス工学セミナー

    2014

  30. 物質プロセス工学特別実験及び演習

    2014

  31. 物理化学実験

    2014

  32. プロセス基礎セミナー

    2014

  33. 物理化学実験

    2013

  34. 分析化学実験第1

    2013

  35. プロセス基礎セミナー

    2013

  36. 化学工学実験

    2013

  37. 物質プロセス工学セミナー

    2013

  38. 物質プロセス工学特別実験及び演習

    2013

  39. 物質プロセス工学特別実験及び演習

    2012

▼全件表示

 

社会貢献活動 5

  1. 名古屋市立桜台高校 講義

    役割:講師

    2020年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  2. 福島県立福島高校 講義

    役割:講師

    2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  3. TICADVIフォローアップ・国際シンポジウム “アフリカの持続可能な開発に向けた産業人材育成” を企画・開催

    役割:企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    名古屋大学、国際協力機構(JICA)  2017年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:講演会

  4. 安城南高校の総合学習授業

    役割:講師

    2016年5月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  5. 国際協力機構専門家として南アフリカ共和国で活動(延べ200日以上)

    2015年9月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 行政機関

    種別:その他

メディア報道 6

  1. 新聞での研究報道 110件以上(2020年まで) 新聞・雑誌

  2. 先端人 効率的に藻類から油脂抽出 神田英輝さん 新聞・雑誌

    朝日新聞社  朝日新聞  朝刊18面  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. 韓国JIBS放送 濟州海の希望 海の砂漠化になっている濟州の海洋環境の再生プロジェクトと海洋資源の活用(2013/11/30) テレビ・ラジオ番組

    2013年11月

  4. ニッポンの火力発電がスゴイ! 石炭・LNG発電の最新技術 テレビ・ラジオ番組

    TokyoMX TV  ガリレオチャンネル  2010年8月

  5. New oil looking greener テレビ・ラジオ番組

    NHK WORLD TV   NEWSLINE  2010年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  6. PCB汚染低質を浄化する技術を開発 テレビ・ラジオ番組

    NHK総合(関西)  ニュース(6:00、8:45)  2007年11月

▼全件表示