2021/06/15 更新

写真a

マツラナ アンドレス ダニエル
MATURANA Andres Daniel
MATURANA Andres Daniel
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
准教授

学位 1

  1. 博士 (理科) ( 2002年10月   ジュネーヴ大学 ) 

経歴 4

  1. 長岡技術科学大学、生物系 助教

    2009年5月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東京工業大学、グローバルエッジ研究院・特任助教

    2006年11月 - 2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪大学 産業科学研究所 研究員

    2005年4月 - 2006年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 大阪大学, 産業科学研究所・日本学術振興会特別研究員

    2003年4月 - 2005年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. ジュネーヴ大学   生物科学研究科

    - 2002年10月

      詳細を見る

    国名: スイス連邦

 

論文 69

  1. The structure of MgtE in the absence of magnesium provides new insights into channel gating. 査読有り 国際共著

    Jin F, Sun M, Fujii T, Yamada Y, Wang J, Maturana AD, Wada M, Su S, Ma J, Takeda H, Kusakizako T, Tomita A, Nakada-Nakura Y, Liu K, Uemura T, Nomura Y, Nomura N, Ito K, Nureki O, Namba K, Iwata S, Yu Y, Hattori M

    PLoS biology   19 巻 ( 4 ) 頁: e3001231   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS Biology  

    DOI: 10.1371/journal.pbio.3001231

    Scopus

    PubMed

  2. Id2 Represses Aldosterone-Stimulated Cardiac T-Type Calcium Channels Expression 査読有り 国際共著

    Ito J, Minemura T, Wälchli S, Niimi T, Fujihara Y, Kuroda S, Takimoto K, Maturana AD.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   22 巻 ( 7 ) 頁: 3561   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3390/ijms22073561

  3. Time-resolved serial femptosecond crystallography reveals early structural changes in channelrhodopsin. 査読有り 国際共著

    67 Oda K, Nomura T, Nakane T, Yamashita K, Inoue K, Ito S, Vierock J, Hirata K, Maturana AD, Katayama K, Ikuta T, Ishigami I, Izume T, Umeda R, Eguma R, Oishi S, Kasuya G, Kato T, Kusakizako T, Shihoya W, Shimada H, Takatsuji T, Takemoto M, Taniguchi R, Tomita A, Nakamura R, Fukuda M, Miyauchi H, Lee Y, Nango E, Tanaka R, Tanaka T, Sugahara M, Kimura T, Shimamura T, Fujiwara T, Yamanaka Y, Owada S, Joti Y, Tono K, Ishitani R, Hayashi S, Kandori H, Hegemann P, Iwata S, Kubo M, Nishizawa T, Nureki O.

    eLife   10 巻 ( e62389 ) 頁: 1 - 21   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.62389

  4. アルコール飲料製造における生物学的プロセス 招待有り

    アンドレス マツラナ

    アジア遊学   250 巻   頁: 192 - 205   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  5. RBM20 Regulates CaV1.2 Surface Expression by Promoting Exon 9*Inclusion of CACNA1C in Neonatal Rat Cardiomyocytes 査読有り

    Morinaga Akihito, Ito Jumpei, Niimi Tomoaki, Maturana Andres D.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   20 巻 ( 22 )   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms20225591

    Web of Science

    Scopus

  6. Therapeutic potential for miR-133a/b to prevent Zinc Finger Homeobox 3 loss of function-dependent Atrial Fibrillation 招待有り 査読有り

    Maturana AD

    Acta Physiologica   227 巻   頁: e13322   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/apha.13372

  7. Robo2 contains a cryptic binding site for neural EGFL-like (NELL) protein 1/2 査読有り

    Yamamoto Naoka, Kashiwagi Manabu, Ishihara Manami, Kojima Takaaki, Maturana Andres D., Kuroda Shun'ichi, Niimi Tomoaki

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 12 ) 頁: 4693-4703   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.005819

    Web of Science

    Scopus

  8. Structural Basis of H+-Dependent Conformational Change in a Bacterial MATE Transporter

    Kusakizako Tsukasa, Claxton Derek P., Tanaka Yoshiki, Maturana Andre S. D., Kuroda Teruo, Ishitani Ryuichiro, Mchaourab Hassane S., Nureki Osamu

    STRUCTURE   27 巻 ( 2 ) 頁: 293 - +   2019年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Structure  

    DOI: 10.1016/j.str.2018.10.004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. MicroRNA-204 Is Necessary for Aldosterone-Stimulated T-Type Calcium Channel Expression in Cardiomyocytes 査読有り 国際共著

    Koyama Riko, Mannic Tiphaine, Ito Jumpei, Amar Laurence, Zennaro Maria-Christina, Rossier Michel Florian, Maturana Andres Daniel

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   19 巻 ( 10 )   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms19102941

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Functional roles of Mg binding sites in ion-dependent gating of a Mg2+ channel Mg2+, revealed by solution NMR

    Maruyama Tatsuro, Imai Shunsuke, Kusakizako Tsukasa, Hattori Motoyuki, Ishitani Ryuichiro, Nureki Osamu, Ito Koichi, Maturana Andres D., Shimada Ichio, Osawa Masanori

    ELIFE   7 巻   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/elife.31596

    Web of Science

  11. チャネルの電気生理学解析 招待有り

    マツラナ アンドレス ダニエル

    医学のあゆみ   262 巻 ( 5 ) 頁: 506-514   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Evidence of involvement of neurone-glia/neurone-neurone communications via gap junctions in synchronised activity of KNDy neurones 査読有り

    Ikegami K., Minabe S., Ieda N., Goto T., Sugimoto A., Nakamura S., Inoue N., Oishi S., Maturana A. D., Sanbo M., Hirabayashi M., Maeda K-I, Tsukamura H., Uenoyama Y.

    JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY   29 巻 ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jne.12480

    Web of Science

  13. Crystal structures of the TRIC trimeric intracellular cation channel orthologues. 査読有り

    Kasuya G, Hiraizumi M, Maturana AD, Kumazaki K, Fujiwara Y, Liu K, Nakada-Nakura Y, Iwata S, Tsukada K, Komori T, Uemura S, Goto Y, Nakane T, Takemoto M, Kato HE, Yamashita K, Wada M, Ito K, Ishitani R, Hattori M, Nureki O.

    Cell Research   26 巻 ( 12 ) 頁: 1288-1301   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. RBM20 and RBM24 cooperatively promote the expression of short enh splice variants. 査読有り

    Ito J, Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Kuroda S, Maturana AD.

    FEBS Lett.   590 巻 ( 4 ) 頁: 2262-74   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/1873-3468

  15. Bio-nanocapsule-based scaffold improves the sensitivity and ligand-binding capacity of mammalian receptors on the sensor chip. 査読有り

    Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Maturana AD, Kuroda S.

    Biotechnol J.   11 巻 ( 6 ) 頁: 805-13   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/biot.201500443

  16. Scaffold protein enigma homolog 1 overcomes the repression of myogenesis activation by inhibitor of DNA binding 2. 査読有り

    Nakatani M, Ito J, Koyama R, Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Kuroda S, Maturana AD.

      474 巻 ( 2 ) 頁: 413-20   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2016.04.119

  17. Mapping the heparin-binding site of the osteoinductive protein NELL1 by site-directed mutagenesis. 査読有り

    Takahashi K, Imai A, Iijima M, Yoshimoto N, Maturana AD, Kuroda S, Niimi T.

    FEBS Lett.   589 巻 ( 24 ) 頁: 4026-32   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.febslet.2015.11.032

  18. CD14 as a mediator of the mineralocorticoid receptor-dependent anti-apolipoproteinA-1 IgG positive chronotropic effect on cardiomyocytes. 査読有り

    52 Mannic T., Satta N., Pagno S., Python M., Mouffok M., Virzi J., Montecucco F., Frias M., Dick J., Maturana A.D., Rossier M.F.,Vuilleumier N.

    Endocrinology   156 巻 ( 12 ) 頁: 4707-4719   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Scaffold protein enigma homolog activates CREB whereas a short splice variant prevents CREB activation in cardiomyocytes. 査読有り

    Ito J, Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Kuroda S, Maturana AD.

    Cellular Signalling   27 巻 ( 12 ) 頁: 2425-2433   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.cellsig.2015.09.007

  20. Intracellular trafficking of bio-nanocapsule-liposome complex: Identification of fusogenic activity in the pre-S1 region of hepatitis B virus surface antigen L protein. 査読有り

    Somiya M, Sasaki Y, Matsuzaki T, Liu Q, Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Maturana AD, Kuroda S.

    Journal of Controlled Release   212 巻   頁: 10-18   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.jconrel.2015.06.012

  21. One-step scalable preparation method for non-cationic liposomes with high siRNA content. 査読有り

    Somiya M, Yamaguchi K, Liu Q, Niimi T, Maturana AD, Iijima M, Yoshimoto N, Kuroda S.

    International Journal of Pharmaceutics   490 巻 ( 1-2 ) 頁: 316-323   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.ijpharm.2015.05.072

  22. Molecular Dynamics of Channelrhodopsin at the Early Stages of Channel Opening. 査読有り

    Takemoto M, Kato HE, Koyama M, Ito J, Kamiya M, Hayashi S, Maturana AD, Deisseroth K, Ishitani R, Nureki O.

    PloS One   10 巻 ( 6 ) 頁: e0131094   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0131094

  23. Virosomes of hepatitis B virus envelope L proteins containing doxorubicin: synergistic enhancement of human liver-specific antitumor growth activity by radiotherapy. 査読有り

    Liu Q, Jung J, Somiya M, Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Maturana AD, Shin SH, Jeong SY, Choi EK, Kuroda S.

    International Journal of Nanomedicine   10 巻   頁: 4159-4172   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.2147/IJN.S84295

  24. Atomistic design of microbial opsin-based blue-shifted optogenetics tools. 査読有り

    Kato HE, Kamiya M, Sugo S, Ito J, Taniguchi R, Orito A, Hirata K, Inutsuka A, Yamanaka A, Maturana AD, Ishitani R, Sudo Y, Hayashi S, Nureki O.

    Nature Communications   6 巻   頁: 7177   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Structural basis for dynamic mechanism of nitrate/nitrite antiport by NarK. 査読有り

    Fukuda M, Takeda H, Kato HE, Doki S, Ito K, Maturana AD, Ishitani R, Nureki O.

    Nature Communications   6 巻   頁: 7097   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/ncomms8097

  26. Structural basis for Na(+) transport mechanism by a light-driven Na(+) pump. 査読有り

    Kato HE, Inoue K, Abe-Yoshizumi R, Kato Y, Ono H, Konno M, Hososhima S, Ishizuka T, Hoque MR, Kunitomo H, Ito J, Yoshizawa S, Yamashita K, Takemoto M, Nishizawa T, Taniguchi R, Kogure K, Maturana AD, Iino Y, Yawo H, Ishitani R, Kandori H, Nureki O.

    Nature   521 巻 ( 7550 ) 頁: 48-53   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/nature14322

  27. Structural basis for ion selectivity revealed by high-resolution crystal structure of Mg(2+) channel MgtE. 査読有り

    Takeda H, Hattori M, Nishizawa T, Yamashita K, Shah ST, Caffrey M, Maturana AD, Ishitani R, Nureki O.

    Nature Communications   5 巻   頁: 5374   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Steroid hormones' genomic and non-genomic actions on cardiac voltage-gated calcium channels.

    Ito J, Maturana AD

    Nihon Yakurigaku Zasshi   144 巻 ( 5 ) 頁: 206-210   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. Exciton circular dichroism in channelrhodopsin. 査読有り

    Pescitelli G, Kato HE, Oishi S, Ito J, Maturana AD, Nureki O, Woody RW.

    J Phys Chem B.   118 巻 ( 41 ) 頁: 11873-11885   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Structural basis of Sec-independent membrane protein insertion by YidC. 査読有り

    Kumazaki K, Chiba S, Takemoto M, Furukawa A, Nishiyama K, Sugano Y, Mori T, Dohmae N, Hirata K, Nakada-Nakura Y, Maturana AD, Tanaka Y, Mori H, Sugita Y, Arisaka F, Ito K, Ishitani R, Tsukazaki T, Nureki O.

    Nature   509 巻 ( 7501 ) 頁: 516-520   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Oligomerization-induced conformational change in the C-terminal region of Nel-like molecule 1 (NELL1) protein is necessary for the efficient mediation of murine MC3T3-E1 cell adhesion and spreading. 査読有り

    Nakamura Y, Hasebe A, Takahashi K, Iijima M, Yoshimoto N, Maturana AD, Ting K, Kuroda S, Niimi T.

    J Biol Chem.   289 巻 ( 14 ) 頁: 9781-9794   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. High-throughput de novo screening of receptor agonists with an automated single-cell analysis and isolation system. 査読有り

    Yoshimoto N, Tatematsu K, Iijima M, Niimi T, Maturana AD, Fujii I, Kondo A, Tanizawa K, Kuroda S.

    Sci Rep.   4 巻   頁: 4242   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Structural basis for the counter-transport mechanism of a H+/Ca2+ exchanger. 査読有り

    Nishizawa T, Kita S, Maturana AD, Furuya N, Hirata K, Kasuya G, Ogasawara S, Dohmae N, Iwamoto T, Ishitani R, Nureki O.

    Science   341 巻 ( 6142 ) 頁: 168-172   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Nanocapsule-based probe for evaluating the orientation of antibodies immobilized on a solid phase. 査読有り

    Iijima M, Yoshimoto N, Niimi T, Maturana AD, Kuroda S.

    Analyst   138 巻 ( 12 ) 頁: 3470-3477   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Enigma homolog 1 promotes myogenic gene expression and differentiation of C2C12 cells. 査読有り

    Ito J, Takita M, Takimoto K, Maturana AD.

    Biochem Biophys Res Commun.   435 巻 ( 3 ) 頁: 483-487   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Structural basis for the drug extrusion mechanism by a MATE multidrug transporter. 査読有り

    Tanaka Y, Hipolito CJ, Maturana AD, Ito K, Kuroda T, Higuchi T, Katoh T, Kato HE, Hattori M, Kumazaki K, Tsukazaki T, Ishitani R, Suga H, Nureki O.

    Nature   496 巻 ( 7444 ) 頁: 247-251   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. DHEA Prevents Mineralo- and Glucocorticoid Receptor-Induced Chronotropic and Hypertrophic Actions in Isolated Rat Cardiomyocytes. 査読有り

    Mannic T, Mouffok M, Python M, Yoshida T, Maturana AD, Vuilleumier N, Rossier MF.

    Endocrinology   154 巻 ( 3 ) 頁: 1271-1281   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Cell surface-fluorescence immunosorbent assay for real-time detection of hybridomas with efficient antibody secretion at the single-cell level. 査読有り

    Kida A, Iijima M, Niimi T, Maturana AD, Yoshimoto N, Kuroda S.

    Anal Chem.   85 巻 ( 3 ) 頁: 1753-1759   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. An automated system for high-throughput single cell-based breeding. 査読有り

    Yoshimoto N, Kida A, Jie X, Kurokawa M, Iijima M, Niimi T, Maturana AD, Nikaido I, Ueda HR, Tatematsu K, Tanizawa K, Kondo A, Fujii I, Kuroda S.

    Scientific Reports   3 巻 ( 1191 ) 頁: 1-9   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Splicing transitions of the anchoring protein ENH during striated muscle development. 査読有り

    Ito J, Hashimoto T, Nakamura S, Aita Y, Yamazaki T, Schlegel W, Takimoto K, Maturana AD.

    Biochem Biophys Res Commun.   241 巻 ( 2 ) 頁: 232-238   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Antiapolipoprotein A-1 IgG chronotropic effects require nongenomic action of aldosterone on L-type calcium channels. 査読有り

    Rossier MF, Pagano S, Python M, Maturana AD, James RW, Mach F, Roux-Lombard P, Vuilleumier N.

    Endocrinology   153 巻 ( 3 ) 頁: 1269-1278   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Crystal structure of the channelrhodopsin light-gated cation channel. 査読有り

    Kato HE, Zhang F, Yizhar O, Ramakrishnan C, Nishizawa T, Hirata K, Ito J, Aita Y, Tsukazaki T, Hayashi S, Hegemann P, Maturana AD, Ishitani R, Deisseroth K, Nureki O.

    Nature   482 巻 ( 7385 ) 頁: 369-374   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Protein kinase D regulates the human cardiac L-type voltage-gated calcium channel through serine 1884. 査読有り

    Aita Y, Kurebayashi N, Hirose S, Maturana AD.

    FEBS Lett.   585 巻 ( 24 ) 頁: 3903-3906   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Structure and function of a membrane component SecDF that enhances protein export. 査読有り

    Tsukazaki T, Mori H, Echizen Y, Ishitani R, Fukai S, Tanaka T, Perederina A, Vassylyev DG, Kohno T, Maturana AD, Ito K, Nureki O.

    Nature   474 巻 ( 7350 ) 頁: 235-238   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. LIM domains regulate protein kinase C activity: a novel molecular function. 査読有り

    Maturana AD, Nakagawa N, Yoshimoto N, Tatematsu K, Hoshijima M, Tanizawa K, Kuroda S.

    Cell Signal.   23 巻 ( 5 ) 頁: 928-924   2011年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Functions of fasciculation and elongation protein zeta-1 (FEZ1) in the brain. 招待有り 査読有り

    Maturana AD, Fujita T, Kuroda S.

    ScientificWorldJournal.   10 巻   頁: 1646-1654   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  47. Splice variants of enigma homolog, differentially expressed during heart development, promote or prevent hypertrophy. 査読有り

    Yamazaki T, Wälchli S, Fujita T, Ryser S, Hoshijima M, Schlegel W, Kuroda S, Maturana AD.

    Cardiovasc Res.   86 巻 ( 3 ) 頁: 374-382   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Contribution of mineralocorticoid and glucocorticoid receptors to the chronotropic and hypertrophic actions of aldosterone in neonatal rat ventricular myocytes. 査読有り

    Rossier MF, Python M, Maturana AD.

    Endocrinology   151 巻 ( 6 ) 頁: 2777-2787   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Mg(2+)-dependent gating of bacterial MgtE channel underlies Mg(2+) homeostasis. 査読有り

    Hattori M, Iwase N, Furuya N, Tanaka Y, Tsukazaki T, Ishitani R, Maguire ME, Ito K, Maturana A, Nureki O.

    EMBO J.   28 巻 ( 22 ) 頁: 3608-3612   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Role of the T-type calcium channel CaV3.2 in the chronotropic action of corticosteroids in isolated rat ventricular myocytes. 査読有り

    Maturana A, Lenglet S, Python M, Kuroda S, Rossier MF.

    Endocrinology   150 巻 ( 8 ) 頁: 3726-3734   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Corticosteroids and redox potential modulate spontaneous contractions in isolated rat ventricular cardiomyocytes. 査読有り

    Rossier MF, Lenglet S, Vetterli L, Python M, Maturana A.

    Hypertension   52 巻 ( 4 ) 頁: 721-728   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Enigma homolog 1 scaffolds protein kinase D1 to regulate the activity of the cardiac L-type voltage-gated calcium channel. 査読有り

    Maturana AD, Wälchli S, Iwata M, Ryser S, Van Lint J, Hoshijima M, Schlegel W, Ikeda Y, Tanizawa K, Kuroda S.

    Cardiovasc Res.   78 巻 ( 3 ) 頁: 458-465   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. The Mitogen-activated protein kinase p38 links Shiga Toxin-dependent signaling and trafficking. 査読有り

    Wälchli S, Skånland SS, Gregers TF, Lauvrak SU, Torgersen ML, Ying M, Kuroda S, Maturana A, Sandvig K.

    Mol Biol Cell.   19 巻 ( 1 ) 頁: 95-104   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Axonal guidance protein FEZ1 associates with tubulin and kinesin motor protein to transport mitochondria in neurites of NGF-stimulated PC12 cells. 査読有り

    Fujita T, Maturana AD, Ikuta J, Hamada J, Walchli S, Suzuki T, Sawa H, Wooten MW, Okajima T, Tatematsu K, Tanizawa K, Kuroda S.

    Biochem Biophys Res Commun.   361 巻 ( 3 ) 頁: 605-610   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Fasciculation and elongation protein zeta-1 (FEZ1) participates in the polarization of hippocampal neuron by controlling the mitochondrial motility. 査読有り

      353 巻 ( 1 ) 頁: 127-132   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. PKCepsilon-PKD1 signaling complex at Z-discs plays a pivotal role in the cardiac hypertrophy induced by G-protein coupling receptor agonists. 査読有り

    Iwata M, Maturana A, Hoshijima M, Tatematsu K, Okajima T, Vandenheede JR, Van Lint J, Tanizawa K, Kuroda S.

    Biochem Biophys Res Commun.   327 巻 ( 4 ) 頁: 1105-1113   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Molecular function of axonal guidance-related proteins, UNC-76/FEZ1/FEZ2 招待有り

    Fujita T, Ikuta J, Maturana A, Okajima T, Tatematsu K, Tanizawa K, Kuroda S.

    Recent Res. Devel. Biopys. Biochem.   4 巻   頁: 313-320   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  58. Interactions between electron and proton currents in excised patches from human eosinophils. 査読有り

    Petheö GL, Maturana A, Spät A, Demaurex N.

    J Gen Physiol.   122 巻 ( 6 ) 頁: 713-726   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Differential gene expression in well-regulated and dysregulated pancreatic beta-cell (MIN6) sublines. 査読有り

    Lilla V, Webb G, Rickenbach K, Maturana A, Steiner DF, Halban PA, Irminger JC.

    Endocrinology   144 巻 ( 4 ) 頁: 1368-1379   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. NOX family NADPH oxidases: do they have built-in proton channels? 招待有り

    Maturana A, Krause KH, Demaurex N.

    J Gen Physiol.   120 巻 ( 6 ) 頁: 781-786   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  61. Spontaneous calcium oscillations control c-fos transcription via the serum response element in neuroendocrine cells. 査読有り

    Maturana A, Van Haasteren G, Piuz I, Castelbou C, Demaurex N, Schlegel W.

    J Biol Chem.   277 巻 ( 42 ) 頁: 39713-39721   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Molecular and functional characterization of a new X-linked chronic granulomatous disease variant (X91+) case with a double missense mutation in the cytosolic gp91phox C-terminal tail. 査読有り

    Stasia MJ, Lardy B, Maturana A, Rousseau P, Martel C, Bordigoni P, Demaurex N, Morel F.

    Biochim Biophys Acta.   1586 巻 ( 3 ) 頁: 316-330   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. A Ca(2+)-activated NADPH oxidase in testis, spleen, and lymph nodes. 査読有り

    Bánfi B, Molnár G, Maturana A, Steger K, Hegedûs B, Demaurex N, Krause KH.

    J Biol Chem.   276 巻 ( 40 ) 頁: 37594-37601   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Heme histidine ligands within gp91(phox) modulate proton conduction by the phagocyte NADPH oxidase. 査読有り

      276 巻 ( 32 ) 頁: 302777-30284   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. A mammalian H+ channel generated through alternative splicing of the NADPH oxidase homolog NOH-1. 査読有り

    Bánfi B, Maturana A, Jaconi S, Arnaudeau S, Laforge T, Sinha B, Ligeti E, Demaurex N, Krause KH.

      287 巻 ( 5450 ) 頁: 138-142   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Measurement of perimitochondrial Ca2+ concentration in bovine adrenal glomerulosa cells with aequorin targeted to the outer mitochondrial membrane. 査読有り

    Brandenburger Y, Arrighi JF, Rossier MF, Maturana A, Vallotton MB, Capponi AM.

    Biochem J.   341 巻 ( 3 ) 頁: 745-753   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Angiotensin II negatively modulates L-type calcium channels through a pertussis toxin-sensitive G protein in adrenal glomerulosa cells. 査読有り

    Maturana AD, Casal AJ, Demaurex N, Vallotton MB, Capponi AM, Rossier MF.

    J Biol Chem.   274 巻 ( 28 ) 頁: 19943-19948   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Angiotensin II type 1 receptor activation modulates L- and T-type calcium channel activity through distinct mechanisms in bovine adrenal glomerulosa cells. 査読有り

    Maturana AD, Burnay MM, Capponi AM, Vallotton MB, Rossier MF.

    J Recept Signal Transduct Res.   19 巻 ( 1-4 ) 頁: 509-520   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Duality of the voltage-dependent calcium influx in adrenal glomerulosa cells.

    Rossier MF, Burnay MM, Maturana A, Capponi AM

    Endocr Res.   24 巻 ( 3-4 ) 頁: 443-447   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. Enigma Homolog splice variants either promoting or antagonizing the development of cardiac diseases

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 細胞内シグナルの局在化:シグナル伝達タンパク質としてPDZ-LIMタンパク質を細胞内導入

    2006年4月 - 2008年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. 物理刺激で制御される膜蛋白質の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16H06294  2016年4月 - 2021年3月

    濡木 理

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    光感受性チャネル:チャネルロドプシンのイオン流入の分子機構を明らかにするため、SACLA自由電子レーザーを用いた時分割構造解析を行い、励起光照射した後 1, 50, 250, 1000, 4000マイクロ秒後における構造変化を明らかにした。その結果、発色団レチナールにおけるall-trans型から13-cis型への異性化に伴ってレチ ナールが横方向への転移に伴い、膜貫通へリックスが玉突き様に構造変化し、イオン透過経路における狭窄部位が広げられるように変化することがわかった。さらに構造変化が著しかったアミノ酸残基に変異を導入すると光電流が減弱した。論文をまとめてScienceにリバイズ中である。また最長波長で活性化されるChRであるChrimsonの結晶構造解析に成功し、構造に基づいてさらに20nm長波長シフトし、かつ木下ティクスの上がる改変体の創出に成功し、Nat. Commun.に論文を発表した。 音の増幅に働く,ヒト由来Prestinは。コンストラクションを工夫することで、世界で初めてCryo-EMにより立体構造を解明し、電位依存的に膜を振動させる機構を解明した.また電位依存的にCl-が移動し、prestinの動きを制御するメカニズムを提唱し、変異体解析を行っている。温度感受性チャネル:TRPV3に関して、ナノディスクを用いて脂質中の構造をCryo-EMを用いて3.2Aで決定した結果、脂質に依存して温度依存的にチャネルが開閉 する機構を明らかにした。変異体解析によりメカニズムを検証している。 機械刺激チャネル:細胞体積の調節に働く浸透圧感受陰イオンチャネル、LRRC8の構造を様々な状態でCryo-EMを用いて決定した結果、細胞内のイオン強度によっ てチャネルが開閉する機構を示唆することに成功し、Nat. Struct. Mol. Biol.に発表した。
    光感受:最も長波長に吸収ピークをもつChR である Chrimson の構造を2.8Aにて決定し、立体構造に基づいて理論的な設計を行うことで、さらに20nm長波長シフトし、世界最長の吸収波長を持つChrimson-SAを創出することに成功し、神経科学の発展大きく寄与した(Nat. Commun.に発表)。さらに、ChRのX線自由電子 レーザーを用いた分子動画解析を行い、光受容に伴ってチャネルが開く機構を解明することに成功し、論文がScienceにリバイズ中である。音感覚:さらに音感受性機械刺激チャネルTMC-2に関して、コンストラクションを工夫することで、Cryo-EMを用いた単粒子解析に適した試料調製に成功し、構造解析を進めている。また、音感を増幅する電位依存性モータータンパク質Prestinの構造解析に世界で初めて成功し、音感増幅の機構を解明した。温度感受:TRPV3に関して、ナノディスクを用いて脂質中の構造をCryo-EMを用い て3.2Aで決定した結果、脂質に依存して温度依存的にチャネルが開閉する機構を明らかにした。浸透圧感受:LRRC8は近年同定されたCl-イオンチャネルで、細胞 膨張を感知してCl-イオンを細胞外へと放出することで、細胞体積の維持に寄与する。これまでの解析からLRRC8は6量体を形成して機能することが知られている ものの、その詳細な立体構造が報告された例は無かった。本研究では、Cryo-EMを用いてLRRC8A(6)の立体構造を4.25A(膜貫通領域は3.8A)分解能で明らかにし、 イオン透過孔形成機構やチャネル活性化機構を明らかにすることに成功し、Nat. Struct. Mol. Biol.に発表した 。またLRRC8D(6)の構造決定に成功し、N末端の へリックスがふたのように働いて、イオン透過を調節している機構を発見した。
    ChRのXFELを用いた時分割構造解析に関しては、現在論文がScienceにリバイズ中であり、おおむね良好なコメントをもらっているので、これを受理に持っていく。浸透圧感受により細胞体積を変化させるLRRC8チャネルに関し ては、LRRC8D(6)の構造が解けており、N端へリックスによるゲーティング機構を変異体解析により解明し、論文がCommun. Biol.に受理された。また、音感チャネルTMC に関しては、liposome patchによりシングルチャネル電流が観測されており、様々な生物種のTMCチャネルをスクリーニングしてクライオ電顕単粒子解析を目指 す。プレスチンに関しても、Cryo-EMで驚くべき構造が解けたので、電気生理解析を用いた変異体解析を行い、一刻も早い論文化を目指している。さらに温度センサーで あるTRPV3に関しても、脂質依存的なチャネルの開閉機構を明らかにしており、論文がNat. Struct. Mol. Biol.に受理された。さらに、阻害剤や温度変化による構造変化をCryoEMを用いて解明し、温度依存的なチャネルの開閉機構の全容を解明する。さらに電位依存性Cl-チャネルVCCN1や電位依存性ATPチャネルCALHM1,2のCryo-EMを用い た構造解析に高分解能で成功しており、現在電気生理解析を用いた変異体解析を行っており、数カ月以内に論文を投稿する。

  2. 心肥大状態を誘導するENH1-PKC/PKD-Caチャネル複合体の調節機構の解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 膜輸送体による基質認識・輸送調節機構の構造基盤の解明

    2008年5月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    濡木 理

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

 

社会貢献活動 1

  1. なごみ桜酒 プロジェクト

    2016年4月 - 現在