2021/03/29 更新

写真a

エガシラ トモヒロ
江頭 智宏
EGASHIRA Tomohiro
所属
大学院教育発達科学研究科 教育科学専攻 生涯発達教育学 准教授
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(教育学) ( 2008年1月   九州大学 ) 

経歴 17

  1. 愛知県立大学   教職課程   非常勤講師

    2018年10月 - 2019年3月

  2. 愛知県立大学   教育福祉学部   非常勤講師

    2017年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 愛知教育大学   大学院教育学研究科   非常勤講師

    2016年8月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 中京大学   国際教養学部   非常勤講師

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 中部大学   現代教育学部   非常勤講師

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本福祉大学   子ども発達学部   非常勤講師

    2013年4月 - 2014年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科   准教授

    2012年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 鹿児島大学   教育学部   非常勤講師

    2012年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 志学館大学   人間関係学部   非常勤講師

    2011年4月 - 2012年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 鹿児島大学   教育学部   准教授

    2009年9月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 長崎総合科学大学   工学部教職課程   非常勤講師

    2009年9月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 長崎大学   教育学部   非常勤講師

    2008年10月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 長崎総合科学大学   工学部教職課程   准教授

    2008年10月 - 2009年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 長崎総合科学大学程   工学部教職課   講師

    2006年4月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 九州大学   大学院人間環境学研究院   助手

    2004年10月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 福岡大学   人文学部   非常勤講師

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  17. 新日鐵八幡記念看護専門学校   非常勤講師

    2003年9月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 九州大学   人間環境学府   発達・社会システム専攻

    2000年4月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 九州大学   人間環境学研究科   発達・社会システム専攻

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本教育学会   会員

  2. 教育史学会   会員

  3. 九州教育学会   会員

  4. 教育思想史学会   会員

  5. 日本比較教育学会   会員

 

論文 23

  1. 『ドイツ無宗派福祉事業連盟通信』にみるドイツ無宗派福祉事業連盟(DPWV)と学校田園寮の関係ー1950年代~1960年代前半に焦点を当ててー 招待有り 査読有り

    教育史研究室年報     2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. 第二次世界大戦後のハインリヒ・ザールハーゲにおけるナチス政権下の学校田園寮運動認識に関する考察

    江頭智宏

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要〔教育科学〕   65 巻 ( 2 ) 頁: 43-55   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 第二次世界大戦下ドイツ・ハンブルクの学童疎開への学校田園寮運動の関わりに関する考察ーハインリヒ・ザールハーゲの学童疎開認識に焦点を当ててー

    江頭智宏

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要〔教育科学〕   64 巻 ( 2 ) 頁: 67-81   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 第二次世界大戦期ドイツにおける学校田園寮運動の指導者たちの学童疎開認識に関する考察-機関誌『学校田園寮』に焦点を当てて-

    江頭智宏

    教育史研究室年報   23 巻   頁: 1-30   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. 西ベルリン・ノイケルン区所有の学校田園寮に関する研究ー東西分裂時代のヴァンゼー別荘で存続した「教育の場」ー 査読有り

    江頭智宏

    日本の教育史学   60 巻   頁: 71-83   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 第二次世界大戦下ドイツにおける学童疎開と学校田園寮運動の関係について

    江頭智宏

    教育史研究室年報   22 巻   頁: 57-77   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. 第一次世界大戦後における佐多愛彦のドイツとの学術交流ー『日独学芸』に焦点を当ててー

    江頭智宏

    教育史研究室年報   21 巻   頁: 41-62   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 佐多愛彦における西洋との文化交流ー三度目の洋行に焦点を当ててー

    吉川卓治,江頭智宏

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要〔教育科学〕   61 巻 ( 2 ) 頁: 77-89   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 第二次世界大戦期ドイツにおける学童疎開下の教育の正当化についての批判的検討

    江頭智宏

    教育史研究室年報   20 巻   頁: 47-66   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. ナチ時代における学校田園寮運動とヒトラー・ユーゲントの関係

    江頭智宏

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   60 巻 ( 1 ) 頁: 27-37   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. ナチス教員連盟における新教育認識に関する研究

    江頭智宏

    鹿児島大学教育学部研究紀要   63 巻   頁: 121-135   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. ヴァイマル期ドイツにおける学校田園寮での教育実践について-ルドルフ・ニコライに焦点を当てて-

    江頭智宏

    鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要   21 巻   頁: 99-107   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 生徒指導に関する政策動向に関する一考察

    江頭智宏

    長崎総合科学大学紀要   49 巻 ( 1 ) 頁: 105-118   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  14. 特別支援教育の制度と発達障害児への支援の政策動向に関する一考察

    江頭智宏

    長崎総合科学大学紀要   49 巻 ( 1 ) 頁: 93-104   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. ナチ時代におけるドイツ田園教育舎の位置付けをめぐる論議―H.リーツ『回想記』の再版に関するA.アンドレーゼンの主張を中心に―

    江頭智宏

    九州大学大学院教育学研究紀要   8 巻   頁: 85-100   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 戦間期バイエルンにおけるシュールラントハイムの転換過程

    江頭智宏

    国際教育文化研究   4 巻   頁: 59-70   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. ナチ時代における田園教育研究の現状と課題

    江頭智宏

    教育基礎学研究   1 巻   頁: 19-31   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. 1930年代ドイツにおけるシュールラントハイム

    江頭智宏

    日本の教育史学   46 巻   頁: 241-259   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. ヴァイマール時代におけるシュールラントハイムの活動状況について―その多義性・多様性を中心として―

    江頭智宏

    国際教育文化研究   3 巻   頁: 15-26   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 1930年代における学校共同体ヴィッカースドルフ

    江頭智宏

    飛梅論集   3 巻   頁: 129-143   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. ヴァイマール期ドイツにおける世俗的学校論

    江頭智宏

    九州教育学会研究紀要   28 巻   頁: 47-54   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 戦時期におけるナチズム教育学の受容に関する一考察

    江頭智宏

    国際教育文化研究   1 巻   頁: 27-37   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 「国民」意識の形成について―ドイツ高等学校・上構学校を中心として―

    江頭智宏

    九州教育学会研究紀要   27 巻   頁: 23-30   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 道徳教育の基礎と応用

    ( 担当: 分担執筆)

    あいり出版  2013年7月  ( ISBN:9784901903820

     詳細を見る

    総ページ数:252   担当ページ:52-80   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 西洋の教育の歴史を知る

    勝山吉章,江頭智宏,中村勝美,乙須翼( 担当: 共著)

    あいり出版  2011年4月  ( ISBN:9784901903479

     詳細を見る

    総ページ数:196   担当ページ:53-67, 70-102   記述言語:日本語

講演・口頭発表等 16

  1. 第二次世界大戦後における 「フランクフルトのヴェクシャイデ学校田園寮」への 難民の受け入れに関する考察(コロキウム2 ドイツ現代史と人間(第2回) 第3報告 )

    江頭智宏

    教育史学会第64回大会  2020年9月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月26日 - 2020年9月27日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  2. ハインリヒ・ザールハーゲにおける第二次世界大戦下ドイツの学童疎開認識に関する考察-学校田園寮運動との関係に焦点を当てて-

    江頭智宏

    九州教育学会第69回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月25日 - 2017年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 西ベルリン・ノイケルン区所有の学校田園寮に関する研究-東西分裂時代のヴァンゼ―別荘で存続した学校田園寮-

    江頭智宏

    教育史学会第60回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月1日 - 2016年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 「評価」の可視化と共有化を核にした地域の教育力の再生に関する研究

    金子満,江頭智宏

    九州教育学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月10日 - 2011年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学   国名:日本国  

  5. 学校田園寮運動とヒトラー・ユーゲントの関係に関する研究

    江頭智宏

    教育史学会第55回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月1日 - 2011年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  6. ナチ時代のシュールラントハイムとユースホステルの関係についての一考察

    江頭智宏

    西日本ドイツ現代史学会第21回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月30日 - 2011年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  7. 自治体における評価の現状と課題

    金子満,高谷哲也

    九州教育学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月11日 - 2011年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  8. ナチの青少年政策とシュールラントハイム運動

    江頭智宏

    九州史学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月13日 - 2008年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  9. 1930年代ドイツにおける新教育運動の変容に関する研究―シュールラントハイム運動を事例として―

    江頭智宏

    西日本ドイツ現代史学会第18回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月15日 - 2008年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳴門教育大学   国名:日本国  

  10. ナチ時代における田園教育舎の「在り方」をめぐる論議―ヘルマン・リーツ『回想記』の再版をめぐるアルフレッド・アンドレーゼンの主張を中心として―

    江頭智宏

    教育史学会第48回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月9日 - 2004年10月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:法政大学   国名:日本国  

  11. 『歴史評論』(2004年1月号)の紹介

    江頭智宏,葉照子,廣兼功一

    西日本ドイツ現代史学会第14回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月30日 - 2004年3月31日

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎県教育文化会館   国名:日本国  

  12. 新教育とナチス教員連盟をめぐる一考察

    江頭智宏

    日本教育学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月26日 - 2003年8月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  13. 1930年代ドイツにおけるSchullandheim―バイエルンを中心として―

    江頭智宏

    九州教育学会第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月23日 - 2002年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学   国名:日本国  

  14. 1930年代ドイツにおけるSchullandheim

    江頭智宏

    教育史学会第46回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月5日 - 2002年10月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中央大学   国名:日本国  

  15. ヴァイマール期ドイツにおける世俗的学校論

    江頭智宏

    九州教育学会第52回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月18日 - 2000年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学   国名:日本国  

  16. 「国民」意識の形成について―ドイツ高等学校・上構学校を中心として―

    江頭智宏

    九州教育学会第51回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月27日 - 1999年11月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学   国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 4

  1. 図書紹介「眞壁宏幹著『ヴァイマル文化の芸術と教育-バウハウス・シンボル生成・陶冶-』」『教育学研究』第87巻第4号

    2020年12月

  2. 図書紹介「小峰総一郎著『ナチスの教育-ライン地方のあるギムナジウムー』」『日本の教育史学』第63巻

    2020年10月

  3. 書評「渡邊隆信著『ドイツ自由学校共同体の研究-オーデンヴァルト校の日常生活史-』」『教育学研究』第83巻第4号

    2016年12月

  4. 図書紹介「広田照幸・橋本伸也・岩下誠編『福祉国家と教育-比較教育社会史の新たな展開に向けて-』」『日本の教育史学』第58巻

    2015年10月

科研費 4

  1. 20世紀ドイツにおける新教育と児童福祉の連携に関する実証的研究

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    江頭 智宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 20世紀ドイツにおける新教育と児童福祉の連携に関する実証的研究

    研究課題/研究課題番号:19K02501  2019年04月 - 2022年03月

    江頭 智宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    19世紀末より展開された新教育の中でも、一般的な公立学校において全国規模で展開されたものに目を向けると、そこには、保養や健康増進など児童福祉的な側面をも垣間見ることができる。そこで本研究では、新教育及び児童福祉の両面で日本にも影響を与えたドイツを対象とし、学校田園寮、戸外学校、森の学校などに焦点を当てながら、新教育と児童福祉との関係について、ドイツの文書館等での史料収集を通して歴史的に検討する。その際の研究の特色として、連邦民間福祉団体連合(BAGFW)に加盟する、全国的なネットワークを有する六つの民間福祉団体と新教育との関わりに目を向けることが挙げられる。
    初年度の2019年度は、本研究の取っ掛かりとして、ドイツ無宗派福祉事業連盟(Deutscher Paritaetischer Wohlfahrtsverband e. V.,以下「DPWV」)に関する史料を学校田園寮との関わりから収集すると共に、学校田園寮に関する史料をドイツ無宗派福祉事業連盟との関わりから新たに収集した。具体的な史料の収集場所は、フランクフルト市史研究所文書館、へッセン州立文書館ダルムシュタット館、フランクフルト大学文書館、ベルリン連邦文書館、ベルリン州立文書館の各文書館と、教育史研究図書館(ベルリン)、国立図書館フランクフルト館、ベルリン州立図書館の各図書館である。
    2019年度中に公刊した具体的な成果としては、『教育史研究室年報』に「『ドイツ無宗派福祉事業連盟通信』にみるドイツ無宗派福祉事業連盟(DPWV)と学校田園寮の関係-1950年代~1960年代前半に焦点を当てて-」を著したことが挙げられる。この研究は、1951年~1963年までのDPWV発行の『DPWV通信』(DPWV-Nachrichten)を、学校田園寮に焦点を当てて分析したものである。当研究を通して、『DPWV通信』は、DPWVを始めとする福祉事業に携わる関係者に学校田園寮のことを広報したり、学校田園寮活動の関係者が学校田園寮活動は教育活動のみならず福祉事業でもあるという認識を改めて確固たるものにしたりするうえで、大きな役割を果たしていたと論じた。
    新教育運動に根差した教育実践と民間福祉団体との関係を見るうえで最も基礎となるであろうDPWVと学校田園寮との関わりを史料収集と論文公刊を通して掘り下げたことが本年度の意義であり、教育と福祉の連携の実践史の一端を明らかにしたことは、今日における教育と福祉の連携の推進においても有益な指針となると考えられる。
    初年度であるため公刊した研究成果としては十分ではないが、ドイツ無宗派福祉事業連盟と学校田園寮との関係を明らかにすることができる多岐に亘る史料を、ドイツ国内の文書館と図書館で半月かけて収集することができたのは大きな成果であると考えている。
    ドイツ無宗派福祉事業連盟(DPWV)と学校田園寮との関係に関わって数種類の史料を2019年度中に収集したものの、両者の関係に関して2019年度中に公刊した論文では『DPWV通信』しか史料を使用することができなかった。そのためまずは、入手済のドイツ学校田園寮連盟の機関誌『学校田園寮』を用いて、そこに記されたDPWVに関する記述に依拠しながら、学校田園寮とDPWVとの関係を明らかにする。また、DPWVが定期的に公刊した『DPWV叢書』(Schriften des Deutschen Paritaetischen Wohlfahrtsverbandes e. V.)や、DPWVのヘッセン州支部の諸史料についても、学校田園寮との関係に関わって既に入手しているため、それらを用いることによっても学校田園寮とDPWVとの関係を明らかにしたい。加えて、フランクフルト近郊の「ヴェクシャイデ学校田園寮」の運営に携わると共に、DPWVにも中心的に関与した法学者ヴィルヘルム・ポリッヒカイト(Wilhelm Polligkeit)も本研究テーマにおいて重要な人物であると考えられるため、学校田園寮とDPWVの関係という観点から彼に関する考察を深めたい。
    そのうえで、連邦民間福祉団体連合(Bundesarbeitsgemeinschaft der Freien Wohlfahrtspflege)の傘下におかれたDPWV以外の民間福祉団体に関しても、それらの団体における児童福祉・青少年福祉事業に目を向けることを通して本研究をさらに進めていきたい。特に、ドイツ・カリタス連合はフライブルクに、ドイツ・ディアコニーはベルリンに、それぞれ全国レベルの固有の文書館及び図書館を有しているため、ドイツへの渡航が可能となればそこでの史料収集を予定している。

  3. ドイツにおける学校田園寮運動の変容に関する研究-学童疎開との関係に焦点を当てて-

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ドイツにおける学校田園寮運動の変容に関する研究-学童疎開との関係に焦点を当てて-

    研究課題/研究課題番号:15K17343  2015年04月 - 2018年03月

    江頭 智宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    第二次世界大戦下ドイツの学童疎開と、教育活動の深化を目的として自然豊かな地域に設けられた宿泊型教育施設である学校田園寮(Schullandheim)の普及拡大を目指した学校田園寮運動の関係に焦点を当てた研究である。ハンブルクの学童疎開を中核で担ったハインリヒ・ザールハーゲを始めとする学校田園寮運動の指導者たちが、学童疎開を学校田園寮運動と同一視できるものと位置付けることで学度疎開もまた「優れた教育活動」であると捉えて学校田園寮運動の如く学童疎開を進めたことを明らかにし、その起源も含めて本質的には全く異なる学校田園寮運動と学童疎開が、表面的な類似性のために結び付けられたことの問題を指摘した。

 

担当経験のある科目 (本学) 66

  1. 教育史研究Ⅰ

    2019

  2. 基礎セミナーB

    2019

  3. 教育社会史講義Ⅱ

    2019

  4. 教育史研究Ⅱ

    2019

  5. 基礎セミナーA

    2019

  6. 地域教育調査実習

    2019

  7. 教育社会史演習Ⅲ

    2019

  8. 教育社会史Ⅰ

    2019

  9. 教育社会史演習Ⅰ

    2018

  10. 教育史研究Ⅱ

    2018

  11. 教育社会史演習Ⅱ

    2018

  12. 教育社会史講義Ⅰ

    2018

  13. 教育社会史Ⅰ

    2018

  14. 教育史研究Ⅰ

    2018

  15. 概説西洋史

    2018

  16. 教育原理

    2017

  17. 基礎セミナーA

    2017

  18. 教育史研究Ⅰ

    2017

  19. 教育社会史Ⅰ

    2017

  20. 地域教育調査実習

    2017

  21. 教育社会史演習Ⅲ

    2017

  22. 教育社会史演習Ⅰ

    2016

  23. 教育社会史演習Ⅱ

    2016

  24. 教育社会史講義Ⅰ

    2016

  25. 概説西洋史

    2016

  26. 基礎セミナーA

    2016

  27. 基礎セミナーB

    2016

  28. 人間発達科学Ⅰ

    2016

  29. 教育史研究Ⅰ

    2016

  30. 教育史研究Ⅱ

    2016

  31. 教育社会史Ⅰ

    2016

  32. 教育方法学Ⅰ

    2020

  33. 教育史研究Ⅰ

    2019

  34. 教育社会史演習Ⅰ

    2018

  35. 教育史研究Ⅱ

    2015

  36. 教育社会史演習Ⅱ

    2015

  37. 人間発達科学Ⅰ

    2015

  38. 教育学

    2015

  39. 教育社会史講義Ⅱ

    2015

  40. 地域教育調査実習

    2015

  41. 教育社会史Ⅰ

    2015

  42. 教育史研究Ⅰ

    2015

  43. 教育社会史演習Ⅰ

    2015

  44. 教職実践演習

    2014

  45. 人間発達科学Ⅰ

    2014

  46. 教育社会史演習Ⅱ

    2014

  47. 教育史研究Ⅱ

    2014

  48. 基礎セミナーB

    2014

  49. 教育社会史講義Ⅰ

    2014

  50. 概説西洋史

    2014

  51. 教育社会史Ⅰ

    2014

  52. 教育史研究Ⅰ

    2014

  53. 基礎セミナーA

    2014

  54. 教育社会史演習Ⅰ

    2014

  55. 教育社会史演習Ⅰ

    2013

  56. 基礎セミナーA

    2013

  57. 地域教育調査実習

    2013

  58. 教職実践演習

    2013

  59. 人間発達科学Ⅰ

    2013

  60. 教育史研究Ⅱ

    2013

  61. 基礎セミナーB

    2013

  62. 教育社会史演習Ⅱ

    2013

  63. 教育社会史講義Ⅱ

    2013

  64. 教育史研究Ⅰ

    2013

  65. 教育史研究Ⅱ

    2012

  66. 教育社会史演習Ⅱ

    2012

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 13

  1. 教育史

    2018年10月 - 2019年3月 愛知県立大学)

     詳細を見る

    国名:日本国

  2. 教育史Ⅰ

    2017年4月 - 2017年9月 愛知県立大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  3. 外国教育史特論

    2016年8月 - 2016年9月 愛知教育大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  4. 教育原論

    2016年4月 - 現在 中京大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他  国名:日本国

  5. 教育と社会

    2015年4月 - 現在 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  6. 教育史

    2013年4月 - 2015年9月 日本福祉大学)

  7. 中等道徳教育論

    2013年4月 - 2014年3月 鹿児島大学)

  8. 中等道徳教育論

    2012年10月 - 2013年3月 鹿児島大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  9. 教育史

    2011年4月 - 2012年9月 志學館大学)

  10. 教育制度,道徳教育の研究,人間関係論,現代社会と教育

    2009年4月 - 2010年3月 長崎総合科学大学)

  11. 教育原理論

    2009年4月 - 2010年3月 長崎大学)

  12. 教育原理論

    2008年4月 - 2009年3月 長崎大学)

  13. 西洋教育史

    2006年4月 - 2007年3月 福岡大学)

▼全件表示