2022/08/09 更新

写真a

スガ ヒデタカ
須賀 英隆
SUGA Hidetaka
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2008年12月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 糖尿病

  2. 再生医療

  3. 視床下部

  4. 内分泌

  5. 下垂体

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 発生生物学

  2. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  3. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 下垂体・視床下部の再生医療

経歴 5

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構ナノライフシステム研究所 量子科学技術・量子生命科学研究部門   兼任准教授

    2020年5月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科   糖尿病・内分泌内科学   准教授

    2019年4月 - 現在

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科   糖尿病/内分泌内科学   講師

    2018年4月 - 2019年3月

  4. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   講師

    2017年4月 - 2018年3月

  5. 名古屋大学医学部附属病院   糖尿病・内分泌内科   助教

    2015年11月 - 2017年3月

学歴 3

  1. 名古屋大学大学院   医学系研究科博士課程

    2003年4月 - 2007年3月

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部   医学科

    1993年4月 - 1999年3月

所属学協会 13

  1. 日本内科学会

  2. 日本内分泌学会

  3. 日本糖尿病学会

  4. 日本甲状腺学会

  5. 間脳下垂体腫瘍学会

  6. 日本甲状腺学会

  7. 日本内科学会

  8. 日本内分泌学会

  9. 日本神経内分泌学会

  10. 日本糖尿病学会

  11. 日本再生医療学会

  12. 日本間脳下垂体腫瘍学会

  13. 化学とマイクロ・ナノシステム学会

▼全件表示

受賞 3

  1. 第33回日本神経内分泌学会川上賞

    2018年10月   日本神経内分泌学会  

    須賀 英隆

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 第89回内分泌学会研究奨励賞

    2016年4月   日本内分泌学会   多能性幹細胞を用いた視床下部・下垂体の分化誘導法開発研究

    須賀英隆

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 研究奨励賞

    2009年1月   バゾプレシン研究会   先天性腎性尿崩症に対する遺伝子治療法の開発

    須賀英隆, 長崎弘, 近藤貴昭, 椙村益久, 有馬寛, 大磯ユタカ

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 80

  1. Elevated TSH level, TgAb and prior use of ramucirumab or TKIs as risk factors for thyroid dysfunction in PD-L1 blockade. 査読有り 国際誌

    Kobayashi T, Iwama S, Yamagami A, Yasuda Y, Okuji T, Ito M, Zhou X, Ando M, Onoue T, Miyata T, Sugiyama M, Hagiwara D, Suga H, Banno R, Hase T, Morise M, Ito T, Kikumori T, Inoue M, Ando Y, Masuda N, Kawashima H, Hashimoto N, Arima H

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism     2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/clinem/dgac467

    PubMed

  2. EpCAM Is a Surface Marker for Enriching Anterior Pituitary Cells From Human Hypothalamic-Pituitary Organoids. 査読有り

    Frontiers in Endocrinology   13 巻   頁: 941166   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fendo.2022.941166.

  3. Disease Modeling of Pituitary Adenoma Using Human Pluripotent Stem Cells 査読有り

    Ryusaku Matsumoto, Hidetaka Suga, Hiroshi Arima, Takuya Yamamoto

    Cancers   14 巻   頁: 3660   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers14153660

  4. Protein Tyrosine Phosphatase 1B Deficiency Improves Glucose Homeostasis in Insulin-Dependent Diabetes Mellitus Treated with Leptin. 査読有り 国際誌

    Ito Y, Sun R, Yagimuma H, Taki K, Mizoguchi A, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Tsunekawa T, Takagi H, Hagiwara D, Iwama S, Suga H, Konishi H, Kiyama H, Arima H, Banno R

    Diabetes     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db21-0953

    PubMed

  5. Increased Risk of Thyroid Dysfunction by PD-1 and CTLA-4 Blockade in Patients Without Thyroid Autoantibodies at Baseline 査読有り

    Iwama Shintaro, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Ando Masahiko, Zhou Xin, Yamagami Ayana, Onoue Takeshi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Wakahara Keiko, Yokota Kenji, Kato Masashi, Nishio Naoki, Tanaka Chie, Miyata Kazushi, Ogura Atsushi, Ito Takanori, Sawada Tsunaki, Shimokata Tomoya, Niimi Kaoru, Ohka Fumiharu, Ishigami Masatoshi, Gotoh Momokazu, Hashimoto Naozumi, Saito Ryuta, Kiyoi Hitoshi, Kajiyama Hiroaki, Ando Yuichi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Akiyama Masashi, Kodera Yasuhiro, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   107 巻 ( 4 ) 頁: E1620 - E1630   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/clinem/dgab829

    Web of Science

    PubMed

  6. Functional Lactotrophs in Induced Adenohypophysis Differentiated From Human iPS Cells 査読有り

    Miyake Natsuki, Nagai Takashi, Suga Hidetaka, Osuka Satoko, Kasai Takatoshi, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Ozaki Hajime, Miwata Tsutomu, Asano Tomoyoshi, Kano Mayuko, Muraoka Ayako, Nakanishi Natsuki, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Yasuda Yoshinori, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Iwama Shintaro, Iwase Akira, Inoshita Naoko, Arima Hiroshi, Kajiyama Hiroaki

    ENDOCRINOLOGY   163 巻 ( 3 ) 頁: bqac004 - -   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/endocr/bqac004

    Web of Science

    PubMed

  7. Predicting non-insulin-dependent state in patients with slowly progressive insulin-dependent (type 1) diabetes mellitus or latent autoimmune diabetes in adults. Reply to Sugiyama K and Saisho Y [letter] 査読有り

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kinoshita Tamaki, Hayase Ayaka, Handa Tomoko, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    DIABETOLOGIA   65 巻 ( 1 ) 頁: 252 - 253   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00125-021-05610-4

    Web of Science

    PubMed

  8. Characterization of Hypothalamic MCH Neuron Development in a 3D Differentiation System of Mouse Embryonic Stem Cells 査読有り

    Kodani Yu, Kawata Miho, Suga Hidetaka, Kaneko Yoko S., Nakashima Akira, Kameyama Toshiki, Saito Kanako, Nagasaki Hiroshi

    ENEURO   9 巻 ( 2 ) 頁: ENEURO.0442 - 21.2022   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/ENEURO.0442-21.2022

    Web of Science

    PubMed

  9. Adult-onset autoimmune diabetes identified by glutamic acid decarboxylase autoantibodies: a retrospective cohort study 査読有り

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kinoshita Tamaki, Hayase Ayaka, Handa Tomoko, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    DIABETOLOGIA   64 巻 ( 10 ) 頁: 2183 - 2192   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00125-021-05516-1

    Web of Science

    PubMed

  10. GABA(B) receptor signaling in the caudate putamen is involved in binge-like consumption during a high fat diet in mice 査読有り 国際誌

    Sun Runan, Tsunekawa Taku, Hirose Tomonori, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 19296 - 19296   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-98590-9

    Web of Science

    PubMed

  11. Deficiency of WFS1 leads to the impairment of AVP secretion under dehydration in male mice 査読有り 国際誌

    Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Tanabe Katsuya, Tanizawa Yukio, Arima Hiroshi

    PITUITARY   24 巻 ( 4 ) 頁: 582 - 588   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-021-01135-6

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s11102-021-01135-6/fulltext.html

  12. Adult-onset autoimmune diabetes identified by glutamic acid decarboxylase autoantibodies: a retrospective cohort study. 査読有り

    Wada, E, Onoue, T, Kinoshita, T, Hayase, A, Handa, T, Ito, M, Furukawa, M, Okuji, T, Kobayashi, T, Iwama, S, Sugiyama, M, Takagi, H. Hagiwara, D, Suga, H, Banno, R, Goto, M, Arima, H

    DIABETOLOGIA   64 巻 ( 10 ) 頁: 2183 - 2192   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Glucocorticoid receptor signaling in ventral tegmental area neurons increases the rewarding value of a high-fat diet in mice 招待有り

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Nagai Taku, Yamada Kiyofumi, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 12873   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-92386-7

    Web of Science

    PubMed

  14. Glucocorticoid receptor signaling in ventral tegmental area neurons increases the rewarding value of a high-fat diet in mice. 査読有り

    Mizoguchi, A, Banno, R, Sun, R, Yaginuma, H, Taki, K, Kobayashi, T, Sugiyama, M, Tsunekawa, T, Onoue, T, Takagi, H, Hagiwara, D, Ito, Y, Iwama, S, Suga, H, Nagai, T, Yamada, K, Arima, H

    Scientific Reports   11 巻   頁: 12873 - -   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. A new primate model of hypophyseal dysfunction 査読有り 国際誌

    Kawabata Teppei, Suga Hidetaka, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Sakakibara Mayu, Ushida Kaori, Ozone Chikafumi, Enomoto Atsushi, Kawamoto Ikuo, Itagaki Iori, Tsuchiya Hideaki, Arima Hiroshi, Wakabayashi Toshihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 10729 - 10729   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-90209-3

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-90209-3

  16. CD4(+) T cells are essential for the development of destructive thyroiditis induced by anti-PD-1 antibody in thyroglobulin-immunized mice

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Ito Masaaki, Okada Norio, Enomoto Atsushi, Ito Sachiko, Yan Yue, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Masahide, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE   13 巻 ( 593 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scitranslmed.abb7495

    Web of Science

    PubMed

  17. High-fat Feeding Causes Inflammation and Insulin Resistance in the Ventral Tegmental Area in Mice 査読有り 国際誌

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE   461 巻   頁: 72 - 79   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2021.02.009

    Web of Science

    PubMed

  18. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons 査読有り 国際誌

    Hagiwara Daisuke, Tochiya Masayoshi, Azuma Yoshinori, Tsumura Tetsuro, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    PEPTIDES   139 巻   頁: 170517 - 170517   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170517

    Web of Science

    PubMed

  19. Anti-pituitary antibodies and susceptible human leukocyte antigen alleles as predictive biomarkers for pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors 査読有り 国際誌

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Yasuda Yoshinori, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Ito Sachiko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   9 巻 ( 5 ) 頁: e002493 - e002493   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2021-002493

    Web of Science

    PubMed

  20. Dietary sodium chloride attenuates increased beta-cell mass to cause glucose intolerance in mice under a high-fat diet 査読有り 国際誌

    Taki Keigo, Takagi Hiroshi, Hirose Tomonori, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Mizoguchi Akira, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Sakano Daisuke, Kume Shoen, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   16 巻 ( 3 ) 頁: e0248065   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0248065

    Web of Science

    PubMed

  21. Induction of Functional Hypothalamus and Pituitary Tissues From Pluripotent Stem Cells for Regenerative Medicine 査読有り 国際誌

    Kano Mayuko, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   5 巻 ( 3 ) 頁: bvaa188   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jendso/bvaa188

    Web of Science

    PubMed

  22. Hypothalamic-pituitary organoid generation through the recapitulation of organogenesis 査読有り

    Ozaki Hajime, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   63 巻 ( 2 ) 頁: 154 - 165   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12719

    Web of Science

    PubMed

  23. Peripheral combination treatment of leptin and an SGLT2 inhibitor improved glucose metabolism in insulin-dependent diabetes mellitus mice 査読有り

    Yaginuma Hiroshi, Banno Ryoichi, Sun Runan, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   147 巻 ( 4 ) 頁: 340 - 347   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2021.08.010

    Web of Science

    PubMed

  24. Endoplasmic reticulum chaperone BiP/GRP78 knockdown leads to autophagy and cell death of arginine vasopressin neurons in mice 査読有り 国際誌

    Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Grinevich Valery, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 19730 - 19730   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-76839-z

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-76839-z

  25. Degradation of Mutant Protein Aggregates within the Endoplasmic Reticulum of Vasopressin Neurons 国際誌

    Miyata Takashi, Hagiwara Daisuke, Hodai Yuichi, Miwata Tsutomu, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Matsumoto Mami, Kawakami Natsuko, Ohno Nobuhiko, Sakamoto Hirotaka, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   23 巻 ( 10 ) 頁: 101648 - 101648   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2020.101648

    Web of Science

    PubMed

  26. Generation of four induced pluripotent stem cell lines (FHUi003-A, FHUi003-B, FHUi004-A and FHUi004-B) from two affected individuals of a familial neurohypophyseal diabetes insipidus family 査読有り 国際誌

    Yoshida Satoru, Okura Hanayuki, Suga Hidetaka, Soen Mika, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Miyata Takashi, Takagi Hiroshi, Arima Hiroshi, Fujikawa Tatsuya, Otsuka Fumio, Matsuyama Akifumi

    STEM CELL RESEARCH   48 巻   頁: 101960 - 101960   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2020.101960

    Web of Science

    PubMed

  27. Generation of three induced pluripotent stem cell (iPSC) lines from a multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN1) patient and three iPSC lines from an unaffected relative of the patient 査読有り 国際誌

    Yoshida Satoru, Okura Hanayuki, Suga Hidetaka, Nishitomi Tomohiko, Sakurai Akihiro, Arima Hiroshi, Matsuyama Akifumi

    STEM CELL RESEARCH   46 巻   頁: 101846 - 101846   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2020.101846

    Web of Science

    PubMed

  28. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions 査読有り 国際誌

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   頁: 104733 - 104733   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104733

    Web of Science

    PubMed

  29. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study 査読有り 国際誌

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-020-0736-7

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41416-020-0736-7

  30. Congenital pituitary hypoplasia model demonstrates hypothalamic OTX2 regulation of pituitary progenitor cells 査読有り 国際誌

    Matsumoto Ryusaku, Suga Hidetaka, Aoi Takashi, Bando Hironori, Fukuoka Hidenori, Iguchi Genzo, Narumi Satoshi, Hasegawa Tomonobu, Muguruma Keiko, Ogawa Wataru, Takahashi Yutaka

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   130 巻 ( 2 ) 頁: 641 - 654   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI127378

    Web of Science

    PubMed

  31. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor anagliptin reduces fasting apolipoprotein B-48 levels in patients with type 2 diabetes: A randomized controlled 国際誌

    Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Wada Eri, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Seino Yusuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hamada Yoji, Ando Masahiko, Yamamori Etsuko, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   15 巻 ( 1 ) 頁: e0228004   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0228004

    Web of Science

    PubMed

  32. Hypothalamic Contribution to Pituitary Functions Is Recapitulated In Vitro Using 3D-Cultured Human iPS Cells 査読有り 国際誌

    Kasai Takatoshi, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Ozone Chikafumi, Matsumoto Ryusaku, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Ogawa Koichiro, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Inoshita Naoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Takahashi Jun, Arima Hiroshi

    CELL REPORTS   30 巻 ( 1 ) 頁: 18 - +   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2019.12.009

    Web of Science

    PubMed

  33. Flash glucose monitoring helps achieve better glycemic control than conventional self-monitoring of blood glucose in non-insulin-treated type 2 diabetes: a randomized controlled trial 査読有り 国際誌

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kobayashi Tomoko, Handa Tomoko, Hayase Ayaka, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Kuwatsuka Yachiyo, Ando Masahiko, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    BMJ OPEN DIABETES RESEARCH & CARE   8 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjdrc-2019-001115

    Web of Science

    PubMed

  34. Diagnosis of central diabetes insipidus using a vasopressin radioimmunoassay during hypertonic saline infusion 査読有り 国際誌

    Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Handa Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 274   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0224

    Web of Science

    PubMed

  35. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study 国際誌

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2020-000779

    Web of Science

    PubMed

  36. GABA(B) Receptor Signaling in the Mesolimbic System Suppresses Binge-like Consumption of a High-Fat Diet 国際誌

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   20 巻   頁: 337 - +   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2019.09.032

    Web of Science

    PubMed

  37. Improved methods for the differentiation of hypothalamic vasopressin neurons using mouse induced pluripotent stem cells 査読有り 国際誌

    Mitsumoto Kazuki, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Nagai Takashi, Kano Mayuko, Kasai Takatoshi, Ozone Chikafumi, Ogawa Koichiro, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    STEM CELL RESEARCH   40 巻   頁: 101572 - -   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2019.101572

    Web of Science

    PubMed

  38. Tanycyte-Like Cells Derived From Mouse Embryonic Stem Culture Show Hypothalamic Neural Stem/Progenitor Cell Functions 査読有り 国際誌

    Kano Mayuko, Suga Hidetaka, Ishihara Takeshi, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Kasai Takatoshi, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    ENDOCRINOLOGY   160 巻 ( 7 ) 頁: 1701 - 1718   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2019-00105

    Web of Science

    PubMed

  39. Dependence of substrate work function on the energy-level alignment at organic-organic heterojunction interface 査読有り 国際誌

    Foggiatto Alexandre L., Suga Hiroki, Takeichi Yasuo, Ono Kanta, Takahashi Yoshio, Kutsukake Kentaro, Ueba Takahiro, Kera Satoshi, Sakurai Takeaki

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   58 巻   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/1347-4065/aaffbf

    Web of Science

  40. Application of pluripotent stem cells for treatment of human neuroendocrine disorders 査読有り

    Suga Hidetaka

    CELL AND TISSUE RESEARCH   375 巻 ( 1 ) 頁: 267 - 278   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00441-018-2880-4

    Web of Science

    PubMed

  41. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 査読有り

    Tochiya Masayoshi, Hagiwara Daisuke, Azuma Yoshinori, Miyata Takashi, Morishita Yoshiaki, Suga Hidetaka, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   682 巻   頁: 50 - 55   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.06.013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. <Editors' Choice> Effects of exosomes derived from the induced pluripotent stem cells on skin wound healing. 査読有り

    Kobayashi H, Ebisawa K, Kambe M, Kasai T, Suga H, Nakamura K, Narita Y, Ogata A, Kamei Y

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 153   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.141

    Scopus

    PubMed

  43. Effects of exosomes derived from the induced pluripotent stem cells on skin wound healing

    Kobayashi Hitoshi, Ebisawa Katsumi, Kambe Miki, Kasai Takatoshi, Suga Hidetaka, Nakamura Kae, Narita Yuji, Ogata Aika, Kamei Yuzuru

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 153   2018年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.141

    Web of Science

  44. Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis 査読有り

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Kiyota Atsushi, Izumida Hisakazu, Nakashima Kohtaro, Iwata Naoko, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Arima Hiroshi, Sugimura Yoshihisa

    JOURNAL OF PATHOLOGY   244 巻 ( 4 ) 頁: 469 - 478   2018年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.5046

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  45. Functional Pituitary Tissue Generation from Human Embryonic Stem Cells. 査読有り 国際誌

    Kano M, Suga H, Kasai T, Ozone C, Arima H

    Current protocols in neuroscience   83 巻 ( 1 ) 頁: e48   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpns.48

    PubMed

  46. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study 査読有り 国際誌

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    Web of Science

    PubMed

  47. Vasopressin-secreting neurons derived from human embryonic stem cells through specific induction of dorsal hypothalamic progenitors 査読有り

    Ogawa Koichiro, Suga Hidetaka, Ozone Chikafumi, Sakakibara Mayu, Yamada Tomiko, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Kasai Takatoshi, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Yamamoto Naoki, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Sugimura Yoshihisa, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 3615   2018年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-22053-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. Sequestosome 1 (SQSTMI/p62) maintains protein folding capacity under endoplasmic reticulum stress in mouse hypothalamic organotypic culture 査読有り

    Tominaga Takashi, Goto Motomitsu, Onoue Takeshi, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Hagiwara Daisuke, Morishita Yoshiaki, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   656 巻   頁: 103 - 107   2017年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.06.014

    Web of Science

    PubMed

  49. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under high-fat diet conditions 査読有り

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Mizoguchi Akira, Tominaga Takashi, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   488 巻 ( 1 ) 頁: 116 - 121   2017年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.019

    Web of Science

    PubMed

  50. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis 査読有り

    Iwata Naoko, Iwama Shintaro, Sugimura Yoshihisa, Yasuda Yoshinori, Nakashima Kohtaro, Takeuchi Seiji, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Caturegli Patrizio, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Arima Hiroshi

    PITUITARY   20 巻 ( 3 ) 頁: 301 - 310   2017年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8

    Web of Science

    PubMed

  51. Deficiency of PTP1B Attenuates Hypothalamic Inflammation via Activation of the JAK2-STAT3 Pathway in Microglia 査読有り 国際誌

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Tominaga Takashi, Onoue Takeshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Sugimura Yoshihisa, Arima Hiroshi

    EBIOMEDICINE   16 巻   頁: 172 - 183   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.01.007

    Web of Science

    PubMed

  52. Functional Pituitary Tissue Formation 査読有り 国際誌

    Ozone Chikafumi, Suga Hidetaka

    ORGAN REGENERATION: 3D STEM CELL CULTURE & MANIPULATION   1597 巻   頁: 57 - 65   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6949-4_5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  53. Making pituitary hormone-producing cells in a dish.

    Hidetaka Suga

    Endocrine Journal   63 巻 ( 8 ) 頁: 669-680   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ16-0232

  54. Recapitulating Hypothalamus and Pituitary Development Using Embryonic Stem/Induced Pluripotent Stem Cells.

    Hidetaka Suga

    Research and Perspectives in Endocrine Interactions (Stem Cells in Neuroendocrinology)     頁: 35-50   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-41603-8

  55. Differentiation of pluripotent stem cells into hypothalamic and pituitary cells. 査読有り

    Hidetaka Suga

    Neuroendocrinology   101 巻   頁: 18-24   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 劇症1型糖尿病を合併した薬剤性過敏症症候群の1例

    落合啓史、岡嵜裕子、尾方秀忠、須賀英隆、恒川新、大磯ユタカ

    日本内科学会雑誌   103 巻 ( 5 ) 頁: 1183-1186   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Arginine vasopressin neuronal loss results from autophagy-associated cell death in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus.

    Hagiwara D, Arima H, Morishita Y, Wenjun L, Azuma Y, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Shiota A, Asai N, Takahashi M, Oiso Y.

    Cell Death Dis.   5 巻   頁: e1148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Mitogen-activated protein kinase phosphatase 1 negatively regulates MAPK signaling in mouse hypothalamus.

    Adachi K, Goto M, Onoue T, Tsunekawa T, Shibata M, Hagimoto S, Ito Y, Banno R, Suga H, Sugimura Y, Oiso Y, Arima H.

    Neurosci Lett.   569 巻   頁: 49-54   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Minocycline prevents osmotic demyelination associated with aquaresis.

    Takagi H, Sugimura Y, Suzuki H, Iwama S, Izumida H, Fujisawa H, Ogawa K, Nakashima K, Ochiai H, Takeuchi S, Kiyota A, Suga H, Goto M, Banno R, Arima H, Oiso Y.

    Kidney Int.   86 巻 ( 5 ) 頁: 954-964   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Activating transcription factor 6α is required for the vasopressin neuron system to maintain water balance under dehydration in male mice.

    Azuma Y, Hagiwara D, Lu W, Morishita Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oyadomari S, Mori K, Shiota A, Asai N, Takahashi M, Oiso Y, Arima H.

    Endocrinology   155 巻 ( 12 ) 頁: 4905-4914   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. GABA type B receptor signaling in proopiomelanocortin neurons protects against obesity, insulin resistance, and hypothalamic inflammation in male mice on a high-fat diet.

    Ito Y, Banno R, Shibata M, Adachi K, Hagimoto S, Hagiwara D, Ozawa Y, Goto M, Suga H, Sugimura Y, Bettler B, Oiso Y. Arima H.

    J Neurosci   33 巻 ( 43 ) 頁: 17166-171673   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Expression of neuropeptide Y and agouti-related protein mRNA stimulated by glucocorticoids is attenuated via NF-κB p65 under ER stress in mouse hypothalamic cultures.

    Hagimoto S, Arima H, Adachi K, Ito Y, Suga H, Sugimura Y, Goto M, Banno R, Oiso Y.

    Neurosci Lett.   553 巻   頁: 165-169   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. In vitro organogenesis in three dimensions: self-organising stem cells.

    Sasai Y, Eiraku M, Suga H.

    Development.   139 巻 ( 22 ) 頁: 4111-4121   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.079590.

  64. Self-formation of functional adenohypophysis in three-dimensional culture.

    Suga H, Kadoshima T, Minaguchi M, Ohgushi M, Soen M, Nakano T, Takata N, Wataya T, Muguruma K, Miyoshi H, Yonemura S, Oiso Y, Sasai Y.

    Nature.   480 巻 ( 7375 ) 頁: 57-62.   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature10637.

  65. Molecular pathway and cell state responsible for dissociation-induced apoptosis in human pluripotent stem cells.

    Ohgushi M, Matsumura M, Eiraku M, Murakami K, Aramaki T, Nishiyama A, Muguruma K, Nakano T, Suga H, Ueno M, Ishizaki T, Suemori H, Narumiya S, Niwa H, Sasai Y.

    Cell Stem Cell.   7 巻 ( 2 ) 頁: 225-239.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Urokinase-type plasminogen activator receptor is associated with the development of adipose tissue.

    Kanno Y, Matsuno H, Kawashita E, Okada K, Suga H, Ueshima S, Matsuo O.

    Thromb Haemost.   104 巻 ( 6 ) 頁: 1124-32.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Inflammatory cytokines regulate glycoprotein subunit beta5 of thyrostimulin through nuclear factor-kappaB.

    Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Ozaki N, Arima H, Iwasaki Y, Oiso Y

    Endocrinology.   150 巻 ( 5 ) 頁: 2237-2243.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Biochemical roles of the oligosaccharide chains in thyrostimulin, a heterodimeric hormone of glycoprotein hormone subunits alpha2 (GPA2) and beta5 (GPB5).

    Okajima Y, Nagasaki H, Suzuki C, Suga H, Ozaki N, Arima H, Hamada Y, Civelli O, Oiso Y.

    Regul Pept.   148 巻 ( 1-3 ) 頁: 62-67.   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Novel treatment for lithium induced nephrogenic diabetes insipidus rat model using the sendai-virus vector carrying aquaporin 2 gene.

    Suga H, Nagasaki H, Kondo TA, Okajima Y, Suzuki C, Ozaki N, Arima H, Yamamoto T, Ozaki N, Akai M, Sato A, Uozumi N, Inoue M, Hasegawa M, Oiso Y.

    Endocrinology.   149 巻 ( 11 ) 頁: 5803-5810   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. The LIM domain homeobox gene isl-1 is a positive regulator of glycoprotein alpha 2 (GPA2), a subunit of thyrostimulin.

    Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Arima H, Iwasaki Y, Oiso Y.

    Regul Pept.   142 巻 ( 1-2 ) 頁: 60-67.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Lack of alpha2-antiplasmin improves cutaneous wound healing via over-released vascular endothelial growth factor-induced angiogenesis in wound lesions.

    Kanno Y, Hirade K, Ishisaki A, Nakajima K, Suga H, Into T, Matsushita K, Okada K, Matsuo O, Matsuno H.

    J Thromb Haemost.   4 巻 ( 7 ) 頁: 1602-1610.   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Differential roles of MAP kinases in atorvastatin-induced VEGF release in cardiac myocytes.

    Nakajima K, Suga H, Matsuno H, Ishisaki A, Hirade K, Kozawa O.

    Life Sci.   79 巻 ( 12 ) 頁: 1214-1220.   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Akt regulates thrombin-induced HSP27 phosphorylation in aortic smooth muscle cells: function at a point downstream from p38 MAP kinase.

    Nakajima K, Hirade K, Ishisaki A, Matsuno H, Suga H, Kanno Y, Shu E, Kitajima Y, Katagiri Y, Kozawa O.

    Life Sci.   77 巻 ( 1 ) 頁: 96-107   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Midazolam suppresses thrombin-induced heat shock protein 27 phosphorylation through inhibition of p38 mitogen-activated protein kinase in cardiac myocytes.

    Tanabe K, Akamatsu S, Suga H, Takai S, Kato K, Dohi S, Kozawa O.

    J Cell Biochem.   96 巻 ( 1 ) 頁: 56-64.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. alphaB-crystallin is phosphorylated during myocardial infarction: involvement of platelet-derived growth factor-BB.

    Shu E, Matsuno H, Akamastu S, Kanno Y, Suga H, Nakajima K, Ishisaki A, Takai S, Kato K, Kitajima Y, Kozawa O.

    Arch Biochem Biophys.   438 巻 ( 2 ) 頁: 111-118.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Possible involvement of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt signal pathway in vasopressin-induced HSP27 phosphorylation in aortic smooth muscle A10 cells.

    Suga H, Nakajima K, Shu E, Kanno Y, Hirade K, Ishisaki A, Matsuno H, Tanabe K, Takai S, Akamatsu S, Kato K, Oiso Y, Kozawa O.

    Arch Biochem Biophys.   438 巻 ( 2 ) 頁: 137-145.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Vasopressin phosphorylates HSP27 in aortic smooth muscle cells.

    Akamatsu S, Nakajima K, Ishisaki A, Matsuno H, Tanabe K, Takei M, Takenaka M, Hirade K, Yoshimi N, Suga H, Oiso Y, Kato K, Kozawa O.

    J Cell Biochem.   92 巻 ( 6 ) 頁: 1203-1211.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Possible involvement of p44/p42 MAP kinase in retinoic acid-stimulated vascular endothelial growth factor release in aortic smooth muscle cells.

    Tanabe K, Hirade K, Ishisaki A, Shu E, Suga H, Kitajima Y, Katagiri Y, Dohi S, Kozawa O.

    Atherosclerosis.   175 巻 ( 2 ) 頁: 245-251.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Adrenal pseudocyst mimicking a pheochromocytoma found after a traffic accident.

    Suga H, Inagaki A, Ota K, Taguchi S, Kato T, Kakiya S, Itatsu T, Yokoi K, Tsuzuki T.

    Intern Med.   42 巻 ( 1 ) 頁: 66-71.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Diabetes mellitus after transplant: relationship to pretransplant glucose metabolism and tacrolimus or cyclosporine A-based therapy.

    Sato T, Inagaki A, Uchida K, Ueki T, Goto N, Matsuoka S, Katayama A, Haba T, Tominaga Y, Okajima Y, Ohta K, Suga H, Taguchi S, Kakiya S, Itatsu T, Kobayashi T, Nakao A.

    Transplantation.   76 巻 ( 9 ) 頁: 1320-1326.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 19

  1. 最先端ナノライフシステム研究(最先端ナノライフシステム研究編集委員会編)

    須賀英隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 視床下部-下垂体の再生医療)

    丸善プラネット  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 下垂体・視床下部オルガノイド

    加納麻弓子,須賀英隆( 担当: 共著)

    実験医学別冊 決定版オルガノイド実験スタンダード:開発者直伝!珠玉のプロトコール集(羊土社)  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 中枢性尿崩症

    須賀英隆,髙木博史,有馬寛( 担当: 共著)

    分泌Up To Date、内科(南江堂)  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Organ Regeneration 3D Stem Cell Culture & Manipulation

    須賀 英隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Functional Pituitary Tissue Formation)

    Springer  2017年7月 

  5. Organ Regeneration Based on Developmental Biology

    須賀 英隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Functional Pituitary Tissue Formation Recapitulating Hypothalamus and Pituitary Decelopment Using ES/iPS Cells)

    Springer  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 下垂体疾患診療マニュアル改訂第2版

    須賀 英隆( 担当: 単著 ,  範囲: ES/iPS細胞による下垂体分化とその応用)

    診断と治療社  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Medio・多能性幹細胞を用いた視床下部・下垂体研究

    大曽根親文、須賀英隆( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. クッシング症候群診療マニュアル改訂第2版・ES細胞から下垂体ACTH産生細胞への分化誘導

    大曽根親文,須賀英隆( 担当: 共著)

    診断と治療社  2015年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:324   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. Fluid Management Renaissance ・ヒト多能性幹細胞から機能的な頭部プラコードへの分化誘導

    須賀英隆( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 医学の歩み・iPS細胞研究最前線 疾患モデルから臓器再生まで(Vol.9)iPS細胞を用いた視床下部・下垂体の再生に向けて.

    須賀英隆( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 現代医学.特集/再生医療の現状と課題 多能性幹細胞から視床下部・下垂体への分化.

    須賀英隆.大磯ユタカ( 担当: 共著)

    愛知県医師会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 最新医学.トップランナーに聞く 内分泌における新しい領域開拓を目指して

    須賀英隆( 担当: 共著)

    最新医学社  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 内分泌・糖尿病・代謝内科・話題 マウスES細胞から機能的下垂体組織の自己形成

    須賀英隆, 大磯ユタカ( 担当: 共著)

    科学評論社  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. ホルモンと臨床 ・ 特集/下垂体疾患最前線 ES細胞からの機能的下垂体形成.

    須賀英隆( 担当: 共著)

    医学の世界社  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 遺伝子医学MOOK・ 最新疾患モデルと創薬応用研究、細胞医薬創製研究の最前線 ES細胞からの機能的な脳下垂体組織の形成:医学応用への展望

    須賀英隆( 担当: 共著)

    メディカル ドゥ  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 実験医学・臨床に向けた戦略と最前線~創薬・多細胞体構築に向けて ES細胞から機能的な下垂体の立体形成

    須賀英隆( 担当: 共著)

    羊土社  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. ACTH RELATED PEPTIDES.HPA系の基礎研究Update マウスES細胞立体培養におけるラトケ嚢形成とホルモン産生細胞への分化

    須賀英隆,大磯ユタカ,笹井芳樹( 担当: 共著)

    間脳・下垂体・副腎系研究会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. ホルモンと臨床・【内分泌 興味ある症例】 副腎 化学療法が無効で,内照射治療により腫瘍抑制が得られた悪性褐色細胞腫の1例

    田口晴子, 稲垣朱実, 岡島由樹, 深見亜矢子, 太田貴美子, 須賀英隆, 加藤朋子, 垣屋聡, 板津武晴, 佐藤公治, 氏平伸子, 都築豊徳, 横山邦彦.( 担当: 共著)

    医学の世界社  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 新薬と臨床・当院における1型糖尿病に対する超速効型インスリン(Insulin Lispro)の使用経験

    田口晴子, 稲垣朱実, 垣屋聡, 太田貴美子, 須賀英隆, 加藤朋子, 板津武晴, 三輪雅一, 高槻健介( 担当: 共著)

    医薬情報研究所  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 30

  1. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 西村勇姿, 須賀英隆, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    日本再生医療学会総会(Web)21st 巻   2022年

     詳細を見る

  2. SIADH(抗利尿ホルモン不適切分泌症候群)

    須賀英隆, 有馬寛  

    内分泌疾患・糖尿病・代謝疾患―診療のエッセンス 日本医師会雑誌150 巻 ( 特別号(2) ) 頁: S93 - S95   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  3. In vitro分化誘導法を用いた視床下部神経幹細胞の再生

    加納麻弓子, 須賀英隆, 有馬寛  

    日本下垂体研究会誌8 巻   頁: 17 - 18   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  4. 下垂体オルガノイドによるマイ・メディシン

    須賀英隆, 有馬寛  

    医学のあゆみ276 巻 ( 6 ) 頁: 654 - 661   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  5. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 三輪田勤, 須賀英隆, 有馬寛, 西村勇姿, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)101st 巻   2021年

     詳細を見る

  6. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 三輪田勤, 須賀英隆, 有馬寛, 西村勇姿, 馬場嘉信  

    JSMI Report14 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

  7. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 西村勇姿, 須賀英隆, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    Organ Biology (Web)28 巻 ( 3 )   2021年

     詳細を見る

  8. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 三輪田勤, 須賀英隆, 有馬寛, 西村勇姿, 馬場嘉信  

    日本再生医療学会総会(Web)20th 巻   2021年

     詳細を見る

  9. ナノ量子センサーを用いたiPS細胞由来再生脳オルガノイド機能解明

    徳永真登, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 湯川博, 西村勇姿, 須賀英隆, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集52nd (CD-ROM) 巻   2021年

     詳細を見る

  10. iPS細胞由来の下垂体オルガノイドを用いたホルモン補充療法

    多賀詩織, 須賀英隆, 木村徹, 有馬寛  

    Drug Delivery System35 巻 ( 4 ) 頁: 285 - 292   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  11. 中枢性尿崩症

    須賀英隆, 髙木博史, 有馬寛  

    内科(特集:内分泌Up To Date)124 巻 ( 6 ) 頁: 2441 - 2444   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  12. 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕  

    日本内分泌学会雑誌95 巻 ( 1 ) 頁: 352 - 352   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  13. 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕  

    日本内分泌学会雑誌95 巻 ( 1 ) 頁: 408 - 408   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  14. 視床下部と下垂体とのハイブリッド

    須賀英隆, 有馬寛  

    月刊細胞51 巻 ( 4 ) 頁: 20 - 24   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  15. マウスES細胞由来‐視床下部細胞の高純度培養法の確立

    小谷侑, 須賀英隆, 山本直樹, 金子葉子, 河田美穂, 中島昭, 長崎弘  

    日本生理学雑誌(Web)81 巻 ( 1 ) 頁: WEB ONLY - 21   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

    J-GLOBAL

  16. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus. 査読有り

    Tochiya M, Hagiwara D, Azuma Y, Miyata T, Morishita Y, Suga H, Onoue T, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Iwama S, Goto M, Banno R, Arima H  

    Neuroscience letters682 巻   頁: 50-55   2018年8月

  17. Application of pluripotent stem cells for treatment of human neuroendocrine disorders. 査読有り

    Suga H  

    Cell and tissue research   2018年8月

     詳細を見る

  18. Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis. 査読有り

    Yasuda Y, Iwama S, Kiyota A, Izumida H, Nakashima K, Iwata N, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Enomoto A, Takahashi M, Arima H, Sugimura Y  

    The Journal of pathology244 巻 ( 4 ) 頁: 469-478   2018年4月

     詳細を見る

  19. Functional Pituitary Tissue Generation from Human Embryonic Stem Cells. 査読有り 国際誌

    Kano M, Suga H, Kasai T, Ozone C, Arima H  

    Current protocols in neuroscience83 巻 ( 1 ) 頁: e48   2018年4月

     詳細を見る

  20. 転写因子OTX2は視床下部からのFGFシグナルを介して下垂体を分化させる 国際誌

    松本 隆作, 須賀 英隆, 井口 元三, 福岡 秀規, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 青井 貴之, 高橋 裕  

    日本内分泌学会雑誌94 巻 ( 1 ) 頁: 314 - 314   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  21. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study. 査読有り

    Kobayashi T, Iwama S, Yasuda Y, Okada N, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Yokota K, Hase T, Morise M, Hashimoto N, Ando M, Kiyoi H, Gotoh M, Ando Y, Akiyama M, Hasegawa Y, Arima H  

    Journal of the Endocrine Society2 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2018年3月

     詳細を見る

  22. Vasopressin-secreting neurons derived from human embryonic stem cells through specific induction of dorsal hypothalamic progenitors. 査読有り

    Ogawa K, Suga H, Ozone C, Sakakibara M, Yamada T, Kano M, Mitsumoto K, Kasai T, Kodani Y, Nagasaki H, Yamamoto N, Hagiwara D, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Arima H  

    Scientific reports8 巻 ( 1 ) 頁: 3615   2018年2月

     詳細を見る

  23. 下垂体の立体組織構築

    笠井貴敏, 須賀英隆  

    医学のあゆみ264 巻 ( 8 ) 頁: 653 - 658   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  24. マウス胚性幹細胞由来‐視床下部組織におけるMCHニューロンの特徴づけ

    小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子, 中島昭, 長崎弘  

    日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集45th 巻   頁: 50   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    J-GLOBAL

  25. マウス胚性幹細胞由来AVP神経の電気生理学的特性

    金子葉子, 大熊真人, 小谷侑, 須賀英隆, 中島昭, 宮地栄一, 長崎弘  

    日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集44th 巻 ( 4 ) 頁: 43 - 1227   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

  26. 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の発症機序の解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕  

    日本内分泌学会雑誌93 巻 ( 2 ) 頁: 537 - 537   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  27. Sequestosome 1 (SQSTM1/p62) maintains protein folding capacity under endoplasmic reticulum stress in mouse hypothalamic organotypic culture. 査読有り

    Tominaga T, Goto M, Onoue T, Mizoguchi A, Sugiyama M, Tsunekawa T, Hagiwara D, Morishita Y, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Arima H  

    Neuroscience letters656 巻   頁: 103-107   2017年8月

  28. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis. 査読有り

    Iwata N, Iwama S, Sugimura Y, Yasuda Y, Nakashima K, Takeuchi S, Hagiwara D, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Caturegli P, Koike T, Oshida Y, Arima H  

    Pituitary20 巻 ( 3 ) 頁: 301-310   2017年6月

     詳細を見る

  29. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under high-fat diet conditions. 査読有り

    Sugiyama M, Banno R, Mizoguchi A, Tominaga T, Tsunekawa T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Iwama S, Goto M, Suga H, Arima H  

    Biochemical and biophysical research communications488 巻 ( 1 ) 頁: 116-121   2017年6月

     詳細を見る

  30. 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 坂東 弘教, 福岡 秀規, 井口 元三, 鳴海 覚志, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕  

    日本内分泌学会雑誌93 巻 ( 1 ) 頁: 249 - 249   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 166

  1. ヒト多能性幹細胞からの下垂体幹/前駆細胞培養の樹立について

    野々山葵, 河田美穂, 小谷 侑, 亀山俊樹, 齋藤加奈子, 須賀英隆, 長崎 弘

    第36回日本下垂体研究会学術集会  2022年8月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学山中湖セミナーハウス  

  2. ヒト多能性幹細胞からの下垂体幹/前駆細胞培養の樹立について

    野々山葵, 河田美穂, 小谷 侑, 亀山俊樹, 齋藤加奈子, 須賀英隆, 長崎 弘

    第36回日本下垂体研究会学術集会  2022年8月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Making hypothalamatic-pituitary organoids in a dish. 招待有り

    Hidetaka Suga

    Yogesh C. Patel Memorial Lecture, McGill University Endocrinology Research and Education Day  2022年5月26日  c

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:McGill University   国名:カナダ  

  4. Making hypothalamatic-pituitary organoids in a dish. 招待有り

    Hidetaka Suga

    Yogesh C. Patel Memorial Lecture, McGill University Endocrinology Research and Education Day  2022年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 下垂体の再生 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第32回日本間脳下垂体腫瘍学会  2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  6. ヒト疾患特異的人工多能性幹細胞(iPS細胞)からのバソプレシン(AVP)神経の分化誘導による家族性中枢性尿崩症(FNDI)のin vitroヒト疾患モデル

    尾崎創, 須賀英隆, 三輪田勤, 井口元三, 高橋裕, 有馬寛

    第47回日本神経内分泌学会学術集会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 多能性幹細胞を用いた神経内分泌器官作出と機能解析 招待有り

    加納麻弓子, 水野直彬, 水谷英二, 須賀英隆, 有馬寛, 中内啓光

    第47回日本神経内分泌学会学術集会  2021年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Regeneration of Parethyroid Glands that Function in Response to Calcium. 招待有り

    Kano M, Mizuno N, Mizutani E, Suga H, Arima H

    the 9th Seoul International Congress of Endocrinology and Metabolism in conjunction with the 40th Annual Scientific Meeting of Korean Endocrine Society (SICEM 2021)  2021年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 試験管内で作る視床下部・下垂体 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第22回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会・総会  2021年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. iPS 細胞を用いた革新的下垂体疾患モデルの作成と病因・病態解析 招待有り

    高橋 裕, 松本隆作, 蟹江慶太郎, 伊藤 剛, 金子 新, 須賀英隆, 福岡秀規, 井口元三

    第35回日本下垂体研究会学術集会  2021年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  11. 視床下部-下垂体系の再生医療 招待有り

    須賀英隆, 有馬 寛

    第35回日本下垂体研究会学術集会  2021年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  12. ナイーブ化による家族性中枢性尿崩症(FNDI)ヒト疾患特異的iPS細胞からのパソプレシン(AVP)ニューロンの分化誘導

    尾崎創, 須賀英隆, 三輪田勤, 有馬寛

    第39回日本内分泌学会 内分泌代謝学サマーセミナー  2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. ヒトiPS細胞を用いた下垂体発生・疾患研究

    松本隆作, 須賀英隆, 高橋裕, 山本拓也

    第39回日本内分泌学会 内分泌代謝学サマーセミナー  2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  14. ヒトES細胞を用いてタニサイト様細胞への分化誘導を試みる

    三輪田勤, 須賀英隆, 尾崎創, 有馬寛

    第39回日本内分泌学会 内分泌代謝学サマーセミナー  2021年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  15. カルシウム応答性を有する機能的な副甲状腺再生

    加納麻弓子, 水野直彬, 水谷英二, 正木英樹, 須賀英隆, 中内啓光

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 試験管内で再現する視床下部‐下垂体オルガノイド 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  17. 視床下部・下垂体の再生医学 招待有り

    笠井貴敏, 須賀英隆, 有馬寛

    第110回日本病理学会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  18. 機械学習を用いた下垂体オルガノイド分化効率予測モデルの作成

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高橋 裕, 山本 拓也

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. 家族性中枢性尿崩症(FNDI)ヒトiPS細胞からのバソプレシン(AVP)ニューロンの分化誘導

    尾崎創, 三輪田勤, 光本一樹, 須賀英隆, 有馬寛

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  20. マウスES細胞を用いたキスペプチンニューロンを含む視床下部弓状核の分化誘導法の検討

    三宅菜月, 須賀英隆, 大須賀智子, 井上直子, 上野山賀久, 小谷友美, 梶山広明, 束村博子, 有馬寛

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. バソプレシンニューロンにおいて異常タンパク凝集体は小胞体から輸送隔離されることなく小胞体内部で分解される―家族性中枢性尿崩症モデルマウスを用いた検討―

    宮田崇, 萩原大輔, 津村哲郎, 蓬臺優一, 川口頌平, 栗本隼樹, 髙木博史, 須賀英隆, 川上奈津子, 坂本浩隆, 松本真実, 大野伸彦, 有馬寛

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 視床下部-下垂体系の機能的連携 招待有り

    須賀英隆, 松本隆作, 笠井貴敏, 有馬寛

    第20回日本再生医療学会総会  2021年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  23. 視床下部・下垂体の再生医療 招待有り

    須賀英隆, 尾崎創, 三輪田勤, 三宅菜月, 加納麻弓子, 多賀詩織, 桑原篤, 木村徹, 中野徳重, 小林久美子, 北本幸子, 有馬寛

    第20回日本再生医療学会総会  2021年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  24. Toward the regenerative medicine for hypothalamic and pituitary disorders using pluripotent stem cells. 招待有り

    Hidetaka Suga, Hiroshi Arima

    The 19th International Congress of Endocrinology (ICE Virtual 2021)  2021年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  25. Making a Pituitary Gland in a Dish. 招待有り

    Hidetaka Suga, Hiroshi Arima

    The 17th Asia-Oceania Congress of Endocrinology and the 8th Seoul International Congress of Endocrinology and Metabolism (AOCE-SICEM 2020)  2020年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  26. iPS細胞を利用した糖尿病・内分泌疾患研究 招待有り

    須賀英隆

    第8回名古屋大学糖尿病医療連携フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  27. Towards the Regenerative Medicine for Pituitary Using iPS Cells. 招待有り 国際会議

    Hidetaka Suga

    The 8th Pituitary Experts Meeting in Asia (PEMA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  28. Towards the Regenerative Medicine for Pituitary Using iPS Cells. 招待有り

    Hidetaka Suga

    The 8th Pituitary Experts Meeting in Asia (PEMA)  2019年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  29. ヒト多能性幹細胞を用いた視床下部・下垂体研究 招待有り 国際会議

    須賀英隆

    第4回NLS(ナノライフシステム)セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  30. iPS細胞を利用した視床下部‐下垂体の医療

    須賀英隆

    あいちサイエンスフェスティバルサイエンストーク 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  31. ES/iPS細胞を用いた視床下部・下垂体再生医療と病理への展開

    須賀英隆,松本隆作,有馬寛

    第23回日本臨床内分泌病理学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 疾患特異的iPS細胞を利用した視床下部・下垂体難病研究 招待有り

    須賀英隆

    中部幹細胞クラブシンポジウム2019「幹細胞人類学 幹細胞でヒトの発生・生理・疾患・進化を理解する」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. ヒト多能性幹細胞由来3次元培養視床下部/下垂体組織の形態学的検討 第1報

    井下尚子,須賀英隆

    第34回下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. マウスES細胞から分化誘導した視床下部神経幹細胞

    須賀英隆,加納麻弓子,有馬寛

    第34回下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. ヒトiPS細胞から下垂体PRL産生細胞への分化誘導

    永井孝,須賀英隆,大須賀智子,有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本隆作,青井貴之,小柳三千代,須賀英隆,福岡秀規,井口元三,小川渉,高橋

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 家族性中枢性尿崩症疾患特異的iPS細胞を用いた4-PBAによる治療の可能性

    光本一樹,須賀英隆,有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 視床下部・下垂体疾患に対する再生医療 招待有り 国際会議

    須賀英隆, 有馬寛

    第18回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. 間脳下垂体における再生医療 招待有り 国際会議

    須賀英隆

    第29回日本間脳下垂体腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. 下垂体の再生医療

    須賀英隆

    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 (難治性疾患政策研究事業)間脳下垂体機能障害に関する調査研究班 市民公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. マウスES細胞視床下部分化誘導系後期に残存するRax+細胞はTanycytesと類似する

    加納麻弓子, 須賀英隆, 有馬寛

    名古屋大学医学系研究科・創薬科学研究科・環境医学研究所三部局交流シンポジウム  2018年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. 小胞体ストレスのin vitro実験系の確立~家族性中枢性尿崩症の疾患特異的iPS細胞を用いた検討~

    光本一樹, 須賀英隆, 坂本浩隆, 有馬寛

    名古屋大学医学系研究科・創薬科学研究科・環境医学研究所三部局交流シンポジウム  2018年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. マウスES細胞視床下部分化誘導系後期に残存するRax<SUP>+</SUP>細胞はTanycytesと類似する

    加納麻弓子, 須賀英隆, 有馬寛

    第45回日本神経内分泌学会学術集会  2018年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. マウス ES 細胞視床下部分化誘導系における Tanycytes 様細胞

    加納麻弓子, 須賀英隆, 有馬寛

    第8回生理研・名大医合同シンポジウム  2018年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. Functional hypothalamus and pituitary induction in vitro from human pluripotent stem cells. 招待有り 国際会議

    須賀 英隆

    5th Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society World Congress (TERMIS 2018)  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. 試験管内で再現する下垂体発生 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第33回日本下垂体研究会学術集会  2018年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. マウスES細胞視床下部誘導系後期に残存するRax陽性細胞は腹側Tanycytesと類似する

    加納麻弓子, 須賀英隆, 有馬寛

    第36回内分泌代謝学サマーセミナー  2018年8月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. 下垂体の再生医療に向けて 招待有り

    須賀 英隆

    第6回下垂体スキルアップカンファレンス  2018年7月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. マウスES細胞由来視床下部神経の同種および異種移植

    長崎弘, 小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子

    第41回日本神経科学大会  2018年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. マウスES細胞由来-視床下部組織におけるMCHニューロンの組織学的および神経化学的特徴

    小谷侑, 須賀英隆, 金子葉子, 中島昭, 長崎弘

    第41回日本神経科学大会  2018年7月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. 多能性幹細胞の極性発現のための濃度勾配培養チャンバーの開発

    須賀英隆, 杉浦慎治, 長崎玲子, 田村磨聖, 佐藤琢, 長崎晃, 金森敏幸

    化学とマイクロ・ナノシステム学会第37回研究会  2018年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 転写因子OTX2は視床下部からのFGFシグナルを介して下垂体を分化させる

    松本 隆作, 須賀 英隆, 井口 元三, 福岡 秀規, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 青井 貴之, 高橋 裕

    第91回日本内分泌学会学術総会  2018年4月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. マウスES細胞視床下部誘導系におけるTanycytes様細胞の検討

    加納麻弓子, 須賀英隆, 山田登美子, 有馬寛

    第91回日本内分泌学会学術総会  2018年4月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. マウス胚性幹細胞由来バゾプレシン神経の解析

    金子葉子, 大熊真人, 小谷 侑, 須賀英隆, 中島 昭, 宮地栄一, 長崎 弘

    第95回日本生理学会大会  2018年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 視床下部・下垂体の再生医療および病態研究 招待有り

    須賀 英隆

    第1回若手下垂体医師の会  2018年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. マウスES細胞由来視床下部神経の同種移植

    長崎 弘, 小谷 侑, 須賀 英隆, 金子 葉子

    第28回バゾプレシン研究会学術集会  2018年1月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 家族性中枢性尿崩症の疾患特異的iPS細胞を用いた小胞体ストレスの再現

    光本一樹, 須賀英隆, 加納麻弓子, 大曾根親文, 宮田崇, 橡谷昌佳, 萩原大輔, 佐藤彗太, 坂本浩隆, 有馬寛, 大磯ユタカ

    第28回バゾプレシン研究会  2018年1月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. ES細胞・iPS細胞を用いた再生医療最前線 招待有り

    須賀 英隆

    「国民との科学技術対話」に基づくアウトリーチ活動  2017年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. 疾患特異的iPS細胞を用いたLHX4異常症の発症機序の解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 高木 優樹, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回臨床内分泌代謝Update  2017年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. in vitro下垂体分化法を生体により近づける試み

    須賀英隆

    第44回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 下垂体分化における視床下部隣接の意義

    須賀 英隆, 笠井 貴敏, 有馬 寛

    第32回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. 視床下部・下垂体の再生医療および病態研究

    須賀英隆

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. 4-PBA は家族性中枢性尿崩症の小胞体ストレスを軽減する-モデルマウスを用いた検討

    橡谷昌佳, 萩原大輔, 宮田 崇, 森下啓明, 光本一樹, 須賀英隆, 有馬 寛

    第27回バゾプレシン研究会  2017年1月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. Recapitulating hypothalamus and pituitary development using ES/iPS cells. 国際会議

    Hidetaka Suga

    Stem Cells in Neuroendocrinology. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  65. SNAP25と相互作用する128kDa蛋白の同定と、ES-AVP培養系を用いたバゾプレシン分泌における機能解析

    竹内誠治,椙村益久,岩田尚子,中島孝太郎,泉田久和,藤沢治樹,高木博史,岩間信太郎,須賀英隆,有馬寛,大磯ユタカ

    第88回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. マウス胚性幹細胞由来バゾプレシン細胞のライブイメージング

    須藤湧太,長崎弘,小谷侑,山本直樹,須賀英隆,金子葉子,中島昭,太田明

    第88回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. マウスES細胞由来-視床下部培養系におけるNERP1の作用

    長崎弘,須藤湧太,小谷侑,須賀英隆,山本直樹,金子葉子,中島昭,太田明

    第88回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. Calcium imaging of vasopressin neuron in the hypothalamic culture derived from mouse embryonic stem cell.

    Hiroshi Nagasaki, Yu Kodani, Naoki Yamamoto, Hidetaka Suga, Yoko Kaneko, Akira Nakashima, Akira Ota

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. Influence of endogenous Akt/β-catenin signaling in hypothalamic differentiation from mouse embryonic stem cells

    Yu Kodani, Hiroshi Nagasaki, Hidetaka Suga,Yoko S, Kaneko, Akira Nakashima, Akira Ota

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. Making an Anterior Pituitary from human ES/iPS cells in a Dish

    Hidetaka Suga

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. マウス胚性幹細胞由来バゾプレシン細胞のライブイメージング

    長崎弘,小谷侑,須賀英隆,山本直樹,金子葉子,中島昭,太田明

    第25回バゾプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 多能性幹細胞を用いた視床下部・下垂体研究

    須賀英隆,大磯ユタカ,水野正明

    第24回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. ヒトES細胞を用いた機能的な下垂体前葉細胞の分化方法確立

    須賀英隆,大曽根親文,水野正明,大磯ユタカ

    第4回生理学研究所・名古屋大学 合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. ヒトES細胞からバソプレシン産生細胞への分化誘導

    小川晃一郎,須賀英隆,水野正明,大磯ユタカ

    第4回生理学研究所・名古屋大学 合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Differentiation into hypothalamic and pituitary cells from pluripotent stem cells 国際会議

    Hidetaka Suga

    The International Congress of Neuroendocrinology 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  76. 多能性幹細胞を用いた、視床下部・下垂体の分化

    須賀英隆,落合啓史,大曽根親文,大磯ユタカ,水野正明

    第29回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. BMP4シグナルはマウスES細胞の口腔外胚葉への分化誘導の安定化に寄与する

    落合啓史, 大磯ユタカ, 有馬寛, 椙村益久, 須賀英隆, 小川晃一郎

    第29回日本下垂体研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. BMP4シグナルはマウスES細胞の口腔外胚葉への分化誘導の安定化に寄与する.

    落合啓史,大磯ユタカ, 有馬寛,椙村益久,須賀英隆, 小川晃一郎

    第87回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. 慢性低ナトリウム環境において、ミクログリアは過剰な活性化へとプライムされ、浸透圧性脱髄症候群の病態形成に関与する.

    高木博史, 椙村益久, 鈴木陽之, 泉田久和, 藤沢治樹, 中島孝太郎, 小川晃一郎, 竹内誠治, 落合啓史, 岩間信太郎, 須賀 英隆, 土井由紀子, 川ノ口潤, 竹内英之, 水野哲也,有馬寛,錫村明生,大磯ユタカ

    第87回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. ES細胞由来-視床下部培養系におけるMCHニューロンの特徴

    長崎弘,小谷侑,須賀 英隆, 金子葉子,中島昭,太田明

    第87回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. マウスES細胞から視床下部・下垂体への分化とその応用

    須賀英隆,大磯ユタカ,水野正明

    第13回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. Minocycline prevents osmotic demyelination associated with aquaresis

    Hiroshi Takagi, Yoshihisa Sugimura, Hisakazu Izumida, Haruki Fujisawa, Kohtaroh Nakashima, Koichiro Ogawa, Seiji Takeuchi, Hiroshi Ochiai, Atsushi Kiyota, Shintaro Iwama, Hidetaka Suga, Hiroshi Arima,Yutaka Oiso.

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. Differentiation into rostral hypothalamic precursor from human pluripotent stem cells in 3D culture.

    Koichiro Ogawa, Hidetaka Suga

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. BMP4 signal treatment differentiates the mouse embryonic stem cells into the oral ectoderm.

    Hiroshi Ochiai, Hidetaka Suga

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  85. 水利尿を介した血清ナトリウム濃度上昇に伴う浸透圧性脱髄症候群の病態解析

    髙木博史,椙村益久,鈴木陽之,泉田久和,藤沢治樹, 小川晃一郎,中島孝太郎,落合啓史,竹内誠治,岩間信太郎,須賀英隆,有馬寛,大磯ユタカ

    第24回バゾプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. マウスES細胞から視床下部・下垂体への分化と、ヒト細胞への応用.

    須賀英隆,大磯ユタカ,水野正明

    日本人類遺伝学会第58回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  87. マウスES細胞由来視床下部誘導系におけるバゾプレシン細胞の解析

    長崎弘,福岡一貴,小谷侑,須賀英隆,笹井芳樹,金子葉子,中島顕,大磯ユタカ,太田明

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. マウスESC由来視床下部細胞のラット脳移植

    長崎弘,小谷侑,金子葉子,中島昭,須賀英隆,太田明

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. Overly rapid correction of severe hyponatremia with vasopressin receptor antagonists poses a risk of inducing osmotic demyelination syndrome and hemorrhage. 国際会議

    Hiroshi Takagi, Yoshihisa Sugimura, Hisakazu Izumida, Haruki Fujisawa, Nakashima, Ogawa,Seiji Takeuchi, Hiroshi Ochiai, Atsushi Kiyota, Hidetaka Suga, Yutaka Oiso.

    Neuroscience 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  90. Chronic hyponatremia causes gait disturbance in rats. 国際会議

    H Fujisawa, Y Sugimura, H Mizoguchi, H Takagi, H Izumida, K Nakashima, K Ogawa, S Takeuchi, H Ochiai, A Kiyota, H Suga, H Takeuchi, Y Murata, Y Oiso.

    Neuroscience 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  91. 高用量のバゾプレシン受容体拮抗薬による血清Naの急激な上昇は浸透圧性脱髄症候群や頭 蓋内出血を惹起する危険性がある.

    高木博史,椙村益久,泉田久和,藤沢治樹,中島孝太郎,小川晃一郎,竹内誠治,落合啓史,清田篤志,須賀英隆,有馬寛,大磯ユタカ

    第40回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. ES細胞由来AVP細胞培養系におけるRab3a、Rabphilin3a、SNAP25のAVP分泌への関与

    清田篤志,椙村益久,竹内誠治,中島孝太郎,小川晃一郎,泉田久和,落合啓史,藤沢治樹,高木博史,須賀英隆,渡辺崇,長崎弘,有馬寛,大磯ユタカ

    第40回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 慢性低ナトリウム血症はラットにおいて歩行障害を惹起する

    藤沢治樹,椙村益久,溝口博之,高木博史,泉田久和,中島孝太郎,小川晃一郎,竹内誠治,落合啓史,清田篤志,須賀英隆,竹内英之,有馬寛,村田善晴,大磯ユタカ

    第40回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. マウスES細胞から視床下部・下垂体への分化と、ヒト細胞への応用.

    須賀英隆

    第40回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  95. マウスES細胞から視床下部-下垂体への分化誘導

    須賀英隆,大曽根親文,落合啓史,大磯ユタカ

    第31回内分泌サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  96. Involvement of Rab3a and Rabphilin3a in AVP secretion in ES cell-derived AVP neurons

    Atsushi Kiyota, Yoshihisa Sugimura, Seiji Takeuchi, Hisakazu Izumida, Hiroshi Ochiai, Haruki Fujisawa, Hiroshi Takagi, Kazuki Fukuoka, Hidetaka Suga, Takashi Watanabe, Hiroshi Nagasaki, Yutaka Oiso

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. ES細胞由来-視床下部培養系におけるMCHニューロンの発生.

    小谷 侑,長崎 弘,須賀 英隆,綿谷 崇史,金子 葉子,中島 昭,大磯 ユタカ,笹井 芳樹,太田 明

    第36回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. Overly rapid correction of hyponatremia with vasopressin antagonists poses a risk of inducing osmotic demyelination syndrome.

    Hiroshi Takagi, Yoshihisa Sugimura, Hisakazu Izumida, Haruki Fujisawa, Seiji Takeuchi, Hiroshi Ochiai, Atsushi Kiyota, Hidetaka Suga, Yutaka Oiso

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  99. 劇症1型糖尿病を合併した薬剤性過敏症症候群の1例

    落合啓史,岡嵜裕子,尾方秀忠,須賀英隆,恒川新、大磯ユタカ

    第220回日本内科学会 東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. ES細胞由来AVP産生細胞におけるRab関連タンパク質のAVP分泌への関与

    清田篤志,椙村益久,竹内誠治,泉田久和,落合啓史,藤沢治樹,高木博史,福岡一貴,須賀英隆,渡辺崇,長崎弘,有馬寛,大磯ユタカ

    第86回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. 慢性低Na環境のミクログリアは過剰に活性化され浸透圧性脱髄症候群の病態に関与する

    高木博史,椙村益久,鈴木陽之,泉田久和,藤沢治樹,竹内誠治,落合啓史,清田篤志,須賀英隆,土井由紀子,川ノ口潤,竹内英之,水野哲也,有馬寛,錫村明生,大磯ユタカ

    第86回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. ES細胞から分化誘導したAVP産生ニューロン培養系におけるRab3a関連蛋白のAVP分泌への関与の検討

    清田篤志, 椙村益久, 竹内誠治, 泉田久和, 落合啓史, 藤沢治樹, 高木博史, 福岡 一貴, 須賀英隆, 渡辺 崇, 長崎弘, 有馬寛, 大磯ユタカ

    第23回バゾプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. リンパ球性漏斗下垂体後葉炎の診断検査薬の開発

    椙村益久, 岩間信太郎, 清田篤志, 竹内誠治, 泉田久和, 落合啓史, 藤沢治樹, 高木博史, 福岡 一貴, 須賀英隆, 長崎弘, 有馬寛, 大磯ユタカ

    間脳下垂体機能障害に関する調査研究班 平成24年度班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  104. 初期下垂体発生のin vitro再現による内分泌細胞の作出

    第34回日本基礎老化学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. マウスES細胞から下垂体への自己組織化誘導

    須賀英隆

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  106. 下垂体ホルモン産生細胞を創る研究

    須賀英隆

    第1回KOBE内分泌・代謝スキルアップセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  107. 腎臓を創る-乗り越えるべき課題とその方策 ES細胞からの脳や内分泌組織の立体自己組織化

    須賀英隆

    日本腎臓学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  108. 再生医療と内分泌代謝疾患 ES細胞から下垂体への自己組織化誘導

    須賀英隆, 大磯ユタカ, 笹井芳樹

    第85回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  109. マウスES細胞試験管内培養によるラトケ嚢形成とホルモン産生細胞への分化

    須賀英隆, 大磯ユタカ, 笹井芳樹

    第85回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. マウスES細胞立体培養によるラトケ嚢形成とホルモン産生細胞への分化

    須賀英隆,大磯ユタカ,笹井芳樹

    間脳下垂体副腎研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  111. マウスES細胞の3次元培養による機能的下垂体形成

    須賀英隆

    間脳下垂体腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. 脂肪酸レセプター、GPR84の脂肪組織における発現についての検討.

    近藤貴昭, 長崎弘, 須賀英隆, 大磯ユタカ, 濱田洋司

    第53回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. Paclitaxelによる化学療法が有効であった甲状腺未分化癌の1例.

    深見亜也子, 稲垣朱実, 岡島由樹, 赤羽貴美子, 須賀英隆, 都築豊徳, 冨永芳博.

    第52回日本甲状腺学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. Novel treatment for nephrogenic diabetes insipidus rat model using the sendai-virus vector carrying aquaporin 2 gene. 国際会議

    Hidetaka Suga, Hiroshi Nagasaki, Taka-aki Kondo, Hiroshi Arima, Makoto Inoue, Mamoru Hasegawa, Yutaka Oiso.

    VIIIth World Congress on Neurohypophysial Hormones 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. Gene therapy for nephrogenic diabetes insipidus using pseudotyped simian immunodeficiency virus-based lentiviral vector carrying aquaporin 2 gene. 国際会議

    Taka-aki Kondo, Hiroshi Nagasaki, Hidetaka Suga, Makoto Inoue, Mamoru Hasegawa, Yutaka Oiso.

    VIIIth World Congress on Neurohypophysial Hormones 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  116. 第3世代サル免疫不全ウイルスシュードタイプベクターを用いた腎性尿崩症治療の開発.

    近藤貴昭, 長崎弘, 須賀英隆, 有馬寛, 井上誠, 長谷川護, 大磯ユタカ.

    第82回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. Novel treatment for nephrogenic diabetes insipidus rat model using the sendai-virus vector carrying aquaporin 2 gene. 国際会議

    Hidetaka Suga, Hiroshi Nagasaki, Taka-aki Kondo, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso.

    The Endocrine Society 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  118. 遺伝性腎性尿崩症に対する遺伝子治療法の開発

    須賀英隆, 長崎弘, 近藤貴昭, 有馬寛, 大磯ユタカ

    第81回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. 水代謝調節機構に関する新しい展開 腎性尿崩症に対する遺伝子治療法の開発.

    長崎弘, 須賀英隆, 近藤貴明, 大磯ユタカ

    第81回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  120. 糖蛋白ホルモン、サイロスティムリンはヒト下垂体ACTH産生細胞に局在する.

    岡島由樹, 長崎弘, 長坂徹郎, 鈴木千津子, 須賀英隆, 永谷哲也, 須崎法幸, 齋藤清, 尾崎紀之, 大磯ユタカ

    日本甲状腺学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. 新規下垂体ホルモン、サイロスティムリンの転写調節機構.

    長崎弘, 岡島由樹, 鈴木千津子, 須賀英隆, 岩崎泰正, 大磯ユタカ

    日本甲状腺学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. 糖蛋白ホルモン、サイロスティムリンのヒト下垂体腫瘍における発現の検討.

    須賀英隆, 長崎弘, 岡島由樹, 長坂徹郎, 鈴木千津子, 永谷哲也, 須崎法幸, 齋藤清, 尾崎紀之, 大磯ユタカ

    日本甲状腺学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. The regulatory systems for novel pituitary hormone, thyrostimulin. 国際会議

    Hiroshi Nagasaki, Chizuko Suzuki, Yoshiki Okajima, Hidetaka Suga, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso.

    Neuroscience 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  124. A Novel Glycoprotein Hormone thyrostimulin Is Localized in the Corticotroph Cells of Human Anterior Pituitary. 国際会議

    Yoshiki Okajima, Hiroshi Nagasaki, Hidetaka Suga, Tetsuro Nagasaka, Noriyuki Ozaki, Kiyoshi Saito, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso.

    Neuroscience 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  125. 糖蛋白ホルモン、サイロスティムリンはヒト下垂体ACTH産生細胞に局在する.

    岡島由樹, 長崎弘, 長坂徹郎, 鈴木千津子, 須賀英隆, 永谷哲也, 須崎法幸, 齋藤清, 尾崎紀之, 大磯ユタカ

    第80回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  126. The LIM Domain Homeobox Gene isl-1 is a positive regulator of Thyrostimulin subunit, GPA2 gene Transcription. 国際会議

    Chizuko Suzuki, Hiroshi Nagasaki, Yoshiki Okajima, Hidetaka Suga, Yasumasa Iwasaki, Yutaka Oiso.

    The 87th annual meeting, The Endocrine Society 2006. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  127. The role of the Oligosaccharide Chains of Thyrostimulin, a heterodimeric hormone of glycoprotein hormone subunits, GPA2 and GPB5. 国際会議

    Yoshiki Okajima, Hiroshi Nagasaki, Chizuko Suzuki, Hidetaka Suga, Yutaka Oiso.

    The Endocrine Society 2006. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  128. サイロスティムリンにおける糖鎖の生化学的役割についての検討.

    岡島由樹, 鈴木千津子, 須賀英隆, 長崎弘, 大磯ユタカ

    第79回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  129. LIM Domain Homeobox gene,isl-1によるサイロスティムリン サブユニット,GPA2の転写調節.

    鈴木千津子, 岡島由樹, 須賀英隆, 長崎弘, 大磯ユタカ

    第79回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. 重症薬疹後に非自己免疫性1型糖尿病とGraves病を発症した1例.

    遠藤茂樹, 須賀英隆, 松田淳一

    第14回臨床内分泌代謝Update. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  131. 化学療法が無効で,内照射治療により腫瘍抑制が得られた悪性褐色細胞腫の1例.

    田口晴子, 稲垣朱実, 岡島由樹, 深見亜也子, 太田貴美子, 須賀英隆, 加藤朋子, 垣屋聡, 板津武晴, 佐藤公治, 氏平伸子, 横山邦彦

    第76回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. Paclitaxelによる化学療法が有効であった甲状腺未分化癌の一例.

    須賀英隆, 稲垣朱実, 太田貴美子, 深見亜也子, 岡島由樹, 加藤朋子, 垣屋聡, 板津武晴, 氏平伸子.

    第76回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  133. 著明な高Ca血症を呈したPTH-rP産生膵腫瘍の一例.

    岡島由樹, 稲垣朱実, 深見亜也子, 須賀英隆, 垣屋聡, 板津武晴, 水野隆史, 長谷川洋, 氏平伸子

    第13回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  134. 劇症1型糖尿病の2例.

    垣屋聡, 稲垣朱実, 岡島由樹, 深見亜也子, 須賀英隆, 板津武晴

    第67回日本糖尿病学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. 副腎静脈血カテコラミン異常高値を認めた副腎pseudocystの一例.

    須賀英隆, 稲垣朱実, 太田貴美子, 田口晴子, 板津武晴, 横井圭介, 小林弘明, 都築豊徳

    第12回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  136. マウス胚性幹細胞由来AVP神経の電気生理学的特性

    金子 葉子, 大熊 真人, 小谷 侑, 須賀 英隆, 中島 昭, 宮地 栄一, 長崎 弘

    第44回日本神経内分泌学会学術集会  2017年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  137. マウスES細胞から分化誘導した視床下部神経幹細胞

    須賀英隆, 加納麻弓子, 有馬寛

    第34回下垂体研究会学術集会  2019年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  138. ヒト多能性幹細胞由来3次元培養視床下部/下垂体組織の形態学的検討 第1報

    井下尚子, 須賀英隆

    第34回下垂体研究会学術集会  2019年8月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  139. ヒト多能性幹細胞を用いた視床下部・下垂体研究 招待有り

    須賀 英隆

    第4回NLS(ナノライフシステム)セミナー  2019年11月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  140. ヒトiPS細胞を用いたin vitro ACTH産生細胞成熟機構の解明と腫瘍モデル作成の試み

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 福岡 秀規, 井口 元三, 小武 由紀子, 吉田 健一, 坂東 弘教, 隅田 健太郎, 西沢 衡, 小川 渉, 高橋 裕

    第27回日本間脳下垂体腫瘍学会  2017年2月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  141. ヒトiPS細胞から下垂体PRL産生細胞への分化誘導

    永井孝, 須賀英隆, 大須賀智子, 有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  142. ヒトES/iPS細胞から機能的な下垂体前葉の試験管内誘導

    大曽根 親文, 須賀 英隆, 辻 孝, 笹井 芳樹, 有馬 寛

    第90回日本内分泌学会総会  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  143. iPS細胞を利用した視床下部‐下垂体の医療 招待有り

    須賀 英隆

    あいちサイエンスフェスティバルサイエンストーク  2019年10月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  144. in vitro下垂体分化法を生体により近づける試み 招待有り

    須賀 英隆

    第44回日本神経内分泌学会学術集会  2017年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  145. In vitroで挑戦する視床下部・下垂体の発生と分化再現 招待有り

    須賀 英隆, 大曽根 親文, 小川 晃一郎, 笠井 貴敏, 有馬 寛

    第35回内分泌代謝学サマーセミナー  2017年7月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  146. ES/iPS細胞を用いた視床下部・下垂体再生医療と病理への展開 招待有り

    須賀英隆, 松本隆作, 有馬寛

    第23回日本臨床内分泌病理学会学術総会  2019年10月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  147. 下垂体の再生医療 招待有り

    須賀 英隆

    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 (難治性疾患政策研究事業)間脳下垂体機能障害に関する調査研究班 市民公開講座  2019年1月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  148. 間脳下垂体における再生医療 招待有り

    須賀 英隆

    第29回日本間脳下垂体腫瘍学会  2019年2月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  149. 試験管で作る下垂体 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第3回Young Rising Seminar  2017年5月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  150. 視床下部・下垂体疾患に対する再生医療 招待有り

    須賀 英隆, 有馬 寛

    第18回日本再生医療学会総会  2019年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  151. 視床下部・下垂体の再生医療に向けて 招待有り

    須賀 英隆

    静岡内分泌研究会  2017年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  152. 視床下部・下垂体の再生医療および病態研究

    須賀 英隆

    第2回内分泌アゴラ  2017年1月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  153. 視床下部・下垂体の再生医療および病態研究 招待有り

    須賀 英隆

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所セミナー  2017年7月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  154. 立体培養による視床下部・下垂体の誘導と成熟 招待有り

    須賀 英隆

    第27回日本間脳下垂体腫瘍学会  2017年2月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  155. 立体培養による視床下部・下垂体の誘導 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第90回日本内分泌学会総会  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  156. 疾患特異的iPS細胞を用いた家族性中枢性尿崩症の病態解明

    光本 一樹, 須賀 英隆, 山田 登美子, 加納 麻弓子, 橡谷 昌佳, 大曽根 親文, 笠井 貴敏, 萩原 大輔, 有馬 寛

    第90回日本内分泌学会総会  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  157. 疾患特異的iPS細胞を用いた家族性中枢性尿崩症の病態解明

    光本一樹, 須賀 英隆, 山田登美子, 加納麻弓子, 橡谷昌佳, 大曽根親文, 笠井貴敏, 萩原大輔, 有馬寛

    第二回医薬系3部局交流シンポジウム  2017年6月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  158. 疾患特異的iPS細胞を用いた先天性下垂体機能低下症の病態解明

    松本 隆作, 須賀 英隆, 青井 貴之, 坂東 弘教, 福岡 秀規, 井口 元三, 鳴海 覚志, 高木 優樹, 石井 智弘, 長谷川 奉延, 六車 恵子, 小川 渉, 高橋 裕

    第90回日本内分泌学会総会  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  159. 家族性中枢性尿崩症疾患特異的iPS細胞を用いた4-PBAによる治療の可能性

    光本一樹, 須賀英隆, 有馬寛

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  160. 下垂体発生における視床下部-口腔外胚葉間FGFの役割

    松本 隆作, 青井 貴之, 小柳 三千代, 須賀 英隆, 福岡 秀規, 井口 元三, 小川 渉, 高橋 裕

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年5月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  161. 下垂体分化における視床下部隣接の意義

    須賀 英隆, 笠井 貴敏, 有馬 寛

    第32回日本下垂体研究会学術集会  2017年8月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  162. 下垂体再生医療の現状と将来像 招待有り

    須賀 英隆

    第16回日本再生医療学会総会  2017年3月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  163. ES/iPS細胞から視床下部‐下垂体組織の作製 招待有り

    須賀英隆

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会/第98回日本生理学会大会合同大会  2021年3月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  164. ラトケ嚢胞に中枢性尿崩症を合併した1例

    尾崎創, 山田沙矢加, 宮田崇, 髙木博史, 須賀英隆, 有馬寛

    日本内科学会第244回東海地方会  2021年6月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  165. シャーレの上の視床下部-下垂体 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    第3回最先端循環代謝学の若手研究会  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  166. 視床下部・下垂体の再生医療研究 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛

    Kidney & Endocrine Researchers Web Seminar  2021年11月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. ヒト多能性幹細胞を用いた下垂体前葉機能低下症への再生医療技術開発

    2021年4月 - 2024年3月

    難治性疾患事業実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. ヒト脳神経発生を正確に再現し、測れなかったものを測る

    2021年1月 - 2026年3月

    創発的研究支援事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ヒト多能性幹細胞を用いた下垂体機能低下症に対する再生医療の技術開発

    2018年10月 - 2021年3月

    再生医療実現拠点ネットワークプログラム 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 疾患モデル高度化による視床下部・下垂体難病研究

    2017年8月 - 2020年3月

    再生医療実現拠点ネットワークプログラム 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. ヒトiPS 細胞を用いた視床下部-下垂体ホルモン産生細胞の分化誘導法と移植方法の開発

    2015年4月 - 2018年3月

    再生医療実現拠点ネットワークプログラム 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. ヒトiPS 細胞を用いた視床下部-下垂体ホルモン産生細胞の分化誘導法と移植方法の開発

    2013年4月 - 2015年3月

    再生医療実現拠点ネットワークプログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 新規ヒトACTH細胞の作出と下垂体難病治療への応用

    研究課題/研究課題番号:22K08657  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西山 充, 清野 透, 須賀 英隆, 佐藤 好隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳下垂体は全身の内分泌機構における司令塔であり、下垂体ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)は生体の恒常性維持に重要である。Cushing病やACTH分泌低下症は難病に指定されているが、これらの病態解明・治療開発を行うためには、有用な研究ツールの開発が必要である。
    本研究の目的は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いてACTH細胞株を樹立することである。下垂体には複数の内分泌細胞が混在しており、本細胞株の作成は困難が予想されるが、我々は全く新しい手法によりACTH細胞株を樹立する。 本研究にて作出される新規ヒトACTH細胞株を用いて、下垂体難病の発症機序・病態の解明、および新規薬物療法の開発を行う。

  2. 免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能障害の発症予測システムの確立

    研究課題/研究課題番号:22H03127  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    有馬 寛, 岩間 信太郎, 須賀 英隆, 赤塚 美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ICIはその優れた抗腫瘍効果から種々の悪性腫瘍に対する治療適応が拡大しているが、ICI治療においては自己免疫機序の関与が推察されるirAEsの発生が問題となっており、この中に下垂体機能障害を含めた内分泌障害がある。本研究では、ICIによる下垂体機能障害に特異的な自己抗体とその標的抗原を同定するとともに、抗体価を定量評価するELISAや標的抗原に特異的なリンパ球を定量化するELISPOTアッセイを確立し、ICIによる下垂体機能障害の発症予測を可能とするシステムの確立を目指す。

  3. バンド端-欠陥型近赤外蛍光量子ドット開発による生体深部温度イメージング計測の実現

    研究課題/研究課題番号:22H03938  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    湯川 博, 須賀 英隆, 亀山 達矢

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    温度は生体分子のダイナミクスと反応性を通じて細胞活動を変化させる可能性が指摘されており、細胞内環境の非常に重要なパラメーターとして知られている。しかし、生体深部に位置する細胞に対して、細胞状態と機能発現に密接に関係する細胞温度を低侵襲に高精度に計測可能な技術は、未だ極めて乏しいのが現状である。本研究では、最近、研究代表者が新たに発見した現象を活用して、生体内の細胞温度計測に応用可能な世界初のQDs温度イメージングセンサーを開発する。そして、生体外の細胞温度計測に加え、これまでほとんど実現されていない、オルガノイドや生体内組織・臓器の深部に存在する細胞の温度計測を実現する。

  4. 下垂体後葉機能に対する病理学的アプローチ

    研究課題/研究課題番号:22K06993  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    井下 尚子, 須賀 英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    後葉ホルモンは、抗利尿ホルモンであるバソプレシンと、子宮収縮/陣痛誘発を行うオキシトシンであるが、いずれも視床下部で産生され、後葉に運ばれ貯蔵、分泌される。病理解剖症例の経験では、後葉ホルモン貯蔵量を反映すると考えられる後葉内の視床下部神経末端の大きさは、超高齢者、長期臥床例でほぼ枯渇する。
    病理解剖検体に組織学的検討、バソプレシン、オキシトシン、浸透圧センサー等の免疫染色を加え形態学的に、後葉機能が関わる死因や疾患を考える。さらに培養系ではiPS細胞由来視床下部/下垂体組織において、浸透圧負荷等による変化を、電顕レベルの超微構造、免疫電顕を用いたタンパク発現解析を用いて検討する。

  5. ヒトES細胞・iPS細胞を用いた視床下部神経幹細胞の創出

    研究課題/研究課題番号:20K08859  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    須賀 英隆, 有馬 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    ヒト多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から視床下部神経幹細胞への分化誘導法を確立し、誘導した細胞が神経幹細胞として機能を果たすことを示す。
    視床下部神経組織は再生能力が低く、一旦傷つくと回復は難しい。我々はマウスES細胞から視床下部神経を分化させ、その中に増殖能と分化能とを併せ持った細胞、すなわち神経幹細胞が存在することを証明し、単離することに成功した。一方、ヒトでは生体から視床下部組織を採取することが難しく、神経幹細胞の研究は進んでいない。本研究ではヒトES細胞・iPS細胞を利用し、vitroでの分化技術と合わせ、ヒトの視床下部における神経幹細胞の存在に迫る。
    本研究では、ヒトES細胞・iPS細胞から視床下部神経幹細胞への分化誘導法を確立し、誘導した細胞が神経幹細胞として機能を果たすことを証明するのが最終目的である。
    当研究チームでは、マウスES細胞を用いた視床下部神経幹細胞同定と抽出の先行研究を世界初で報告しており、また、ヒトES細胞・iPS細胞を用いた視床下部神経への分化法を確立し基盤技術として維持している。いずれも当研究チームの独自技術であり、これらを組み合わせることでヒト視床下部神経幹細胞の分化・同定の検討を進めた。具体的には以下の3項目を並行して3年間進めている。
    項目A. ヒトES細胞のRax::Venusノックイン株を用いて視床下部神経幹細胞を単離、同定:マウス胎児の脳発生過程で視床下部幹細胞が出現することが報告されており、その特徴的なマーカーのひとつにRaxがある。ヒトのES細胞・iPS細胞から視床下部神経への分化誘導方法を応用し、ヒトES細胞から視床下部神経幹細胞の誘導を行った。ヒトES細胞を用いた視床下部神経への分化法を基礎に、神経成熟過程の分化プロトコールを見直し、Rax持続陽性細胞を10%程度まで増やした。Venusを目印にRax長期発現残存細胞をcell sorterで分離採取し、視床下部幹細胞としての性質を持つかどうか検討を進めた。
    項目B. 表面抗原を検索し、ノックイン細胞でなくとも視床下部神経幹細胞を単離可能にする:Rax持続陽性細胞の表面抗原を網羅的に解析することで、特異的な表面抗原を検索する。ヒトES細胞から視床下部分化には長期間を要するため、マウスES細胞で検索方法の検討を先んじて実施した。
    項目C. 動物移植により、生着と視床下部神経への分化を証明する:短期間で繰り返し実験の行いやすいマウスES細胞を利用して、移植の基本技術を予め確立しておく作業を遂行中である。
    項目Aについては以下である。2020年度はヒトES細胞を用いた視床下部神経への分化法を基礎に、分化プロトコールを見直し、Rax持続陽性細胞を増やす工夫をした。ヒトES細胞のRax::Venusノックイン株を用いて、神経成熟が得られるday100の時期であってもRax持続陽性細胞を10%程度まで増やすことに成功した。ポイントはBMP4シグナルの強さ調節にあった。次に、神経成熟が得られる時期(day100)でもなおRax発現を続ける細胞を、Venusを目印にcell sorterで分離採取した。採取したRax持続陽性細胞に、神経幹細胞としてのマーカーすなわちSox2、Nestin、Vimentinが発現していることを免疫染色で確認した。また、sortした細胞を接着培養することにより視床下部神経(特にNPY神経やPOMC神経へ多く分化した)やグリア細胞へ分化することを確認した。更に、分取したヒトES細胞由来Rax持続陽性細胞を用いてneurosphereを形成する培養条件を見出した。幹細胞としての多分化能を維持するにはFGF2やEGFシグナルが必須であった。このようにして形成させたneurophereは継代可能であった。以上、in vitroで視床下部神経幹細胞の性質を備えているデータをほぼ取得することができたと言える。加えて、neurosphereの凍結保存法にも挑戦し、端緒を得た。
    項目Bは以下の進捗である。ヒトES細胞から視床下部分化には約100日と長期間を要するため、実験上、小回りが効かない。マウスES細胞Rax::eGFP株では約30日間で済ますことが出来るため、2020年度はマウスES細胞で検索方法検討を先に実施した。Rax持続陽性細胞の表面抗原を網羅的に解析し、特異的な表面抗原を検索、マウスES細胞で候補Xを見出した。
    項目Cは、移植の基本技術を予め検討開始した。
    項目Aについては、引き続き視床下部神経幹細胞としての性質検討を行い、データを揃える。ヒトES細胞由来Rax発現残存細胞を単離、神経への分化能について検討を続け、視床下部神経の中でもどの種類が分化しやすいか、その条件などの性質を追究する。Neurosphereについてもその方法を一層洗練させる。
    項目Bについては、前年度にマウスES細胞で確立した表面抗原検索の方法論をヒトES細胞へ適応し、ヒトES細胞由来Rax持続陽性細胞の表面抗原を検索する。
    項目Cの動物移植では、視床下部障害モデルマウスを用いて移植方法を確立し、移植細胞の生着や神経の分化、更には機能回復を検討する。

  6. ヒトiPS細胞由来3次元培養下垂体組織の超微形態学的検討

    研究課題/研究課題番号:19K07427  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    井下 尚子, 須賀 英隆, 西岡 宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:120000円

    下垂体は生体の内分泌機能をコントロールする臓器です。機能不全には不足ホルモンの補充が必要ですが、身体の状態に合わせて瞬時にホルモン量を調節することは、薬として投与するだけでは困難を極めます。体の変化を感知して機能する内分泌細胞の再生医療実現に向けて、ヒトiPS細胞から下垂体三次元培養を行っています。
    本研究では、電子顕微鏡を用いた超微形態学的検討や免疫電顕によるタンパク発現解析を加えて、再生医療を形態学の立場から支えることを目標としています。外科的に切除された下垂体腫瘍や周囲非腫瘍性下垂体組織の病理学的特徴を研究の参考にするとともに、研究成果を下垂体腫瘍のホルモン機能制御につなげます。
    iPS細胞由来組織塊を医療に応用するためには、安全性の確保、細胞成熟の評価を行う必要がある。iPS細胞の分化過程で見られる形態学的変化を培養日数で段階的に観察し、成熟の評価基準を作成し行うことが、病理医としてかかわれる役割と考えた。
    そこで、3次元オルガノイド培養によるiPS細胞由来下垂体組織において、まずホルマリン固定パラフィン包埋ブロックからHE標本、ACTH, GH, PRL, TSH, FSH, LH等の前葉細胞が産生するホルモン、後葉分化、上衣分化などのマーカーに対する免疫染色を追加し。各細胞の存在、分布パターンを確認した。
    次に病理組織形態学的に電子顕微鏡を用いた超微構造の検索を行った。3次元培養では、嚢胞様構造を呈しており、培養液側すなわち外側には繊毛形成があり微小管9+2構造まで認められた。細胞間接着装置の発達があり、上衣分化が確認された。一方内側では、内腔というべき部分には、滲出物や変性物、壊死物の貯留がある一方、膠原繊維を産生する線維芽細胞様細胞を認めた。この上衣様細胞化に上皮細胞の重層化が軽度認められ、この中に内分泌顆粒を持つ細胞が認められた。
    ヒト下垂体内分泌細胞は、古くから電子顕微鏡検査により、各前葉内分泌細胞の、それぞれの超微構造の特徴が知られていている。しかしiPS由来下垂体培養細胞集塊に見られる内分泌細胞は、生化学的にホルモン分泌がそれぞれ確認されているものの、手術などで得られた細胞に見られるような、既知の超微構造が不明瞭であることが多いことがわかってきた。
    今まで知られている超微構造が、体内でのフィードバック機構を経て獲得した形質である可能性を考え、追加検討中である。
    iPS細胞から3次元培養下垂体組織に分化する過程を経時的に示すために、免疫電顕を行ってきたが、今までにACTHに対する金コロイド粒子によるラベルは認識可能であったが、PRLなどについては、現行の通常の病理学的電顕検査業務で用いているオスミウムを用いた電顕標本作製方法で、うまく反応しなかった。このため免疫電顕に適した方法での標本固定、樹脂包埋ブロックの作製により、新たに検体採取からやり直すこととした。このため、2020年度までに終わらせている予定であった免疫電顕評価が、2021年度に持ち越されてしまった。
    免疫電顕用ので包埋ブロックを、新たな培養細胞から作成した。現在各ホルモンに対する免疫電顕を再検討している。
    ヒト下垂体組織に比し、培養細胞では、体の反応、フィードバックがかかっていない可能性が今までの検討でも推測されてきているため、その際について十分に検討を続ける予定である。

  7. 多能性幹細胞から視床下部と下垂体の機能的ユニットを作る

    研究課題/研究課題番号:17K09878  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    須賀 英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. マウス疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝性中枢性尿崩症in vitro実験系の確立

    研究課題/研究課題番号:26461379  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C) 

    須賀 英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 8

  1. 下垂体ホルモン産生細胞を含む細胞凝集体及びその製造方法

    多賀詩織, 桑原篤, 須賀英隆, 中野徳重

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-162253  出願日:2021年9月

  2. 下垂体組織を含む細胞集団の製造方法及びその細胞集団

    中野徳重, 多賀詩織, 桑原篤, 須賀英隆

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-162255  出願日:2021年9月

  3. 表面細胞マーカーを用いた下垂体細胞および視床下部細胞の分離法

    小谷侑, 河田美穂, 長崎弘, 須賀英隆

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-158406  出願日:2021年9月

  4. 細胞培養容器および細胞培養方法

    須賀英隆, 有馬寛, 榊原真弓, 杉浦慎治, 田村 磨聖, 佐藤 琢, 長崎 玲子, 長崎 晃, 金森 敏幸

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-006810  出願日:2018年1月

  5. ヒト多能性幹細胞から視床下部ニューロンへの分化誘導法

    須賀英隆,小川晃一郎,笠井貴敏,有馬寛

     詳細を見る

    出願人:須賀英隆, 小川晃一郎, 笠井貴敏, 有馬寛

    出願番号:特願2016-010940  出願日:2016年1月

    出願国:国内  

  6. 腺性下垂体又はその前駆組織の製造方法

    笹井芳樹, 大曽根親文, 須賀英隆

     詳細を見る

    出願人:笹井芳樹, 大曽根親文, 須賀英隆

    出願番号:特願2014-152384  出願日:2014年7月

    出願国:国内  

  7. 幹細胞の培養方法.

    笹井芳樹, 須賀英隆.

     詳細を見る

    出願番号:2011-239803.  出願日:2011年

    出願国:国内  

  8. 腎性尿崩症治療用組換えベクター及びその用途.

    長崎弘, 須賀英隆, 大磯ユタカ, 井上誠, 長谷川護.

     詳細を見る

    出願番号:2007-232310  出願日:2007年

    出願国:国内  

▼全件表示