2024/03/18 更新

写真a

ウラカワ ヒロシ
浦川 浩
URAKAWA Hiroshi
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター 病院講師
職名
病院講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2011年3月   名古屋大学 ) 

経歴 10

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター   病院講師

    2022年4月 - 現在

  2. 医薬品医療機器総合機構   新薬審査第5部   審査専門員

    2020年4月 - 2022年3月

  3. 名古屋大学医学部附属病院   化学療法部   病院講師

    2017年7月 - 2020年3月

  4. 名古屋大学医学部附属病院   整形外科   病院講師

    2016年4月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科   小児集中治療学寄附講座   寄附講座講師

    2015年6月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院医学系研究科   化学療法学   特任助教

    2012年7月 - 2015年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学医学部附属病院   整形外科   医員

    2010年4月 - 2012年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋記念病院   整形外科   医師

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 医療法人豊田会刈谷総合病院   医師

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 医療法人豊田会刈谷総合病院   研修医

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 産業医科大学   医学部

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 中部日本整形外科・災害外科学会

  2. 日本整形外科学会

  3. 日本臨床腫瘍学会

 

論文 43

  1. A randomized phase III trial of denosumab before curettage for giant cell tumor of bone. JCOG1610 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Nagano, A; Machida, R; Tanaka, K; Kataoka, T; Sekino, Y; Nishida, Y; Takahashi, M; Kunisada, T; Kawano, M; Yoshida, Y; Takagi, T; Sato, K; Hiruma, T; Hatano, H; Tsukushi, S; Sakamoto, A; Akisue, T; Hiraoka, K; Ozaki, T

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   52 巻 ( 9 ) 頁: 1021 - 1028   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyac071

    Web of Science

    PubMed

  2. Phase II trial of pazopanib in patients with metastatic or unresectable chemoresistant sarcomas: A Japanese Musculoskeletal Oncology Group study 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Kawai, A; Goto, T; Hiraga, H; Ozaki, T; Tsuchiya, H; Nakayama, R; Naka, N; Matsumoto, Y; Kobayashi, E; Okuma, T; Kunisada, T; Ando, M; Ueda, T; Nishida, Y

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 9 ) 頁: 3303 - 3312   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14542

    Web of Science

    PubMed

  3. Clinical value of serum bone resorption markers for predicting clinical outcomes after use of bone modifying agents in metastatic bone tumors: A prospective cohort study 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Ando, Y; Hase, T; Kikumori, T; Arai, E; Maeda, O; Mitsuma, A; Sugishita, M; Shimokata, T; Ikuta, K; Ishiguro, N; Nishida, Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 12 ) 頁: 3504 - 3515   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.32836

    Web of Science

    PubMed

  4. A randomized phase III trial of denosumab before curettage for giant cell tumor of bone: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1610 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Mizusawa, J; Tanaka, K; Eba, J; Hiraga, H; Kawai, A; Nishida, Y; Hosaka, M; Iwamoto, Y; Fukuda, H; Ozaki, T

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   49 巻 ( 4 ) 頁: 379 - 382   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz004

    Web of Science

    PubMed

  5. Clinical outcome of primary giant cell tumor of bone after curettage with or without perioperative denosumab in Japan: from a questionnaire for JCOG 1610 study 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Yonemoto, T; Matsumoto, S; Takagi, T; Asanuma, K; Watanuki, M; Takemoto, A; Naka, N; Matsumoto, Y; Kawai, A; Kunisada, T; Kubo, T; Emori, M; Hiraga, H; Hatano, H; Tsukushi, S; Nishida, Y; Akisue, T; Morii, T; Takahashi, M; Nagano, A; Yoshikawa, H; Sato, K; Kawano, M; Hiraoka, K; Tanaka, K; Iwamoto, Y; Ozaki, T

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 160   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-018-1459-6

    Web of Science

    PubMed

  6. Potential drug interactions between pazopanib and proton pump inhibitors/potassium-competitive acid blockers in patients with soft tissue sarcoma 査読有り 国際共著 国際誌

    Liang, Y; Maeda, O; Shimokata, T; Yokota, K; Koike, H; Sakai, T; Ikuta, K; Urakawa, H; Nishida, Y; Akiyama, M; Ando, Y

    INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL   13 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 67   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13691-023-00638-2

    Web of Science

    PubMed

  7. Clinical results of active surveillance for extra-abdominal desmoid-type fibromatosis 査読有り 国際誌

    Sakai, T; Nishida, Y; Ito, K; Ikuta, K; Urakawa, H; Koike, H; Imagama, S

    CANCER MEDICINE   12 巻 ( 5 ) 頁: 5245 - 5254   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.5329

    Web of Science

    PubMed

  8. Hyaluronan in articular cartilage: Analysis of hip osteoarthritis and osteonecrosis of femoral head 査読有り 国際共著 国際誌

    Zhang, JR; Nishida, Y; Koike, H; Ito, K; Zhuo, LS; Nishida, K; Kimata, K; Ikuta, K; Sakai, T; Urakawa, H; Seki, T; Imagama, S

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC RESEARCH   41 巻 ( 2 ) 頁: 307 - 315   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/jor.25364

    Web of Science

    PubMed

  9. Surgical Treatment and Complications of Deep-Seated Nodular Plexiform Neurofibromas Associated with Neurofibromatosis Type 1 査読有り 国際誌

    Ikuta, K; Nishida, Y; Sakai, T; Koike, H; Ito, K; Urakawa, H; Imagama, S

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   11 巻 ( 19 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm11195695

    Web of Science

    PubMed

  10. Current management of giant-cell tumor of bone in the denosumab era 招待有り 査読有り 国際誌

    Nagano, A; Urakawa, H; Tanaka, K; Ozaki, T

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   52 巻 ( 5 ) 頁: 411 - 416   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyac018

    Web of Science

    PubMed

  11. Diffusion-Weighted Magnetic Resonance Imaging Improves the Accuracy of Differentiation of Benign from Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumors 査読有り 国際誌

    Koike, H; Nishida, Y; Ito, S; Shimoyama, Y; Ikuta, K; Urakawa, H; Sakai, T; Shimizu, K; Ito, K; Imagama, S

    WORLD NEUROSURGERY   157 巻   頁: E207 - E214   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2021.09.130

    Web of Science

    PubMed

  12. Less-invasive fascia-preserving surgery for abdominal wall desmoid 査読有り 国際誌

    Nishida, Y; Hamada, S; Sakai, T; Ito, K; Ikuta, K; Urakawa, H; Koike, H; Imagama, S

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 19379   2021年9月

     詳細を見る

  13. Tumor location and type affect local recurrence and joint damage in tenosynovial giant cell tumor: a multi-center study 査読有り 国際誌

    Ota, T; Nishida, Y; Ikuta, K; Tsukushi, S; Yamada, K; Kozawa, E; Urakawa, H; Imagama, S

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 17384   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-96795-6

    Web of Science

    PubMed

  14. Overexpression of KIAA1199, a novel strong hyaluronidase, is a poor prognostic factor in patients with osteosarcoma 査読有り 国際誌

    Ito, K; Nishida, Y; Ikuta, K; Urakawa, H; Koike, H; Sakai, T; Zhang, JR; Shimoyama, Y; Imagama, S

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH   16 巻 ( 1 ) 頁: 439   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-021-02590-4

    Web of Science

    PubMed

  15. A Novel Technique to Lengthen the Reverse Latissimus Dorsi Muscle Flap Arc 査読有り 国際誌

    Takanari, K; Nakamura, Y; Uchibori, T; Nakamura, R; Ebisawa, K; Kambe, M; Urakawa, H; Nishida, Y; Kamei, Y

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY-GLOBAL OPEN   9 巻 ( 7 ) 頁: e3525   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000003525

    Web of Science

    PubMed

  16. Limitations and benefits of FDG-PET/CT in NF1 patients with nerve sheath tumors: A cross-sectional/longitudinal study 査読有り 国際誌

    Nishida, Y; Ikuta, K; Ito, S; Urakawa, H; Sakai, T; Koike, H; Ito, K; Imagama, S

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 3 ) 頁: 1114 - 1122   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14802

    Web of Science

    PubMed

  17. PhaseIIclinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors 査読有り 国際誌

    Nishida, Y; Urakawa, H; Nakayama, R; Kobayashi, E; Ozaki, T; Ae, K; Matsumoto, Y; Tsuchiya, H; Goto, T; Hiraga, H; Naka, N; Takahashi, S; Ando, Y; Ando, M; Kuwatsuka, Y; Hamada, S; Ueda, T; Kawai, A

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   148 巻 ( 1 ) 頁: 140 - 149   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.33201

    Web of Science

    PubMed

  18. Chemotherapy for biliary tract cancer: real-world experience in a single institute 査読有り 国際誌

    Maeda, O; Ebata, T; Shimokata, T; Matsuoka, A; Inada-Inoue, M; Morita, S; Takano, Y; Urakawa, H; Miyai, Y; Sugishita, M; Mitsuma, A; Ando, M; Mizuno, T; Nagino, M; Ando, Y

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 725 - 733   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.4.725

    Web of Science

    PubMed

  19. Desmoid with biweekly methotrexate and vinblastine shows similar effects to weekly administration: A phase II clinical trial 査読有り 国際誌

    Nishida, Y; Hamada, S; Urakawa, H; Ikuta, K; Sakai, T; Koike, H; Ito, K; Emoto, R; Ando, Y; Matsui, S

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4187 - 4194   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14626

    Web of Science

    PubMed

  20. Solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma treated with temozolomide plus bevacizumab: a report of four cases and literature review 査読有り 国際誌

    Maeda, O; Ohka, F; Maesawa, S; Matsuoka, A; Shimokata, T; Mitsuma, A; Urakawa, H; Nakamura, S; Shimoyamas, Y; Nakaguro, SM; Wakabayashi, T; Ando, Y

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 631 - 644   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.4.631

    Web of Science

    PubMed

  21. Functional evaluation following deltoid muscle resection in patients with soft tissue sarcoma 査読有り 国際誌

    Hamada, S; Nishida, Y; Takanari, K; Ota, T; Urakawa, H; Ikuta, K; Sakai, T; Tsukushi, S; Kamei, Y; Ishiguro, N

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 7 ) 頁: 772 - 778   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa039

    Web of Science

    PubMed

  22. Phase II clinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors. 国際誌

    Nishida, Y; Urakawa, H; Nakayama, R; Ozaki, T; Ae, K; Matsumoto, Y; Ando, Y; Kuwatsuka, Y; Ueda, T; Kawai, A

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 15 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

  23. MRI characteristics predict the efficacy of meloxicam treatment in patients with desmoid-type fibromatosis 査読有り 国際誌

    Shimizu, K; Hamada, S; Sakai, T; Ito, S; Urakawa, H; Arai, E; Ikuta, K; Koike, H; Ishiguro, N; Nishida, Y

    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING AND RADIATION ONCOLOGY   63 巻 ( 6 ) 頁: 751 - 757   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1754-9485.12940

    Web of Science

    PubMed

  24. Recent Topics on Primary Bone and Soft Tissue Tumors and Metastatic Bone Tumors 国際誌

    Urakawa, H

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   頁: 62 - 62   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdz368

    Web of Science

  25. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with refractory desmoid tumors: A second report of relationship between efficacy and various factors. 査読有り 国際誌

    Nishida, Y; Sakai, T; Shimizu, K; Urakawa, H; Arai, E; Ikuta, K; Ando, Y; Ishiguro, N

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 15 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. A randomized phase III study of denosumab before curettage for giant cell tumor of bone: Japan Clinical Oncology Group study JCOG1610

    Urakawa, H; Mizusawa, J; Tanaka, K; Eba, J; Hiraga, H; Hosaka, M; Kawai, A; Nakatani, F; Kobayashi, E; Nishida, Y; Okamoto, T; Matsunobu, T; Iwamoto, Y; Fukuda, H; Ozaki, T

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

  27. Outpatient chemotherapy for patients with unresectable or metastatic bone sarcomas 国際誌

    Urakawa, H; Nishida, Y; Mitsuma, A; Maeda, O; Sugishita, M; Shimokata, T; Mizutani, T; Arai, E; Ikuta, K; Hamada, S; Ota, T; Ishiguro, N; Ando, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

  28. Predictors of complications in heat-treated autograft reconstruction after intercalary resection for malignant musculoskeletal tumors of the extremity 査読有り 国際誌

    Ikuta, K; Nishida, Y; Sugiura, H; Tsukushi, S; Yamada, K; Urakawa, H; Arai, E; Hamada, S; Ishiguro, N

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   117 巻 ( 7 ) 頁: 1469 - 1478   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.25028

    Web of Science

    PubMed

  29. Osteogenic differentiation in dedifferentiated liposarcoma: a study of 36 cases in comparison to the cases without ossification 査読有り 国際誌

    Yamashita, K; Kohashi, K; Yamada, Y; Ishii, T; Nishida, Y; Urakawa, H; Ito, I; Takahashi, M; Inoue, T; Ito, M; Ohara, Y; Oda, Y; Toyokuni, S

    HISTOPATHOLOGY   72 巻 ( 5 ) 頁: 729 - 738   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/his.13421

    Web of Science

    PubMed

  30. Single metastasis of myxoid liposarcoma from the thigh to thyroid gland: a case report 査読有り 国際誌

    Urakawa, H; Nakanishi, K; Arai, E; Ikuta, K; Hamada, S; Ota, T; Ishiguro, N; Nishida, Y

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 71   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-018-1370-1

    Web of Science

    PubMed

  31. Real-world experience with FOLFIRINOX and gemcitabine plus nab-paclitaxel in the treatment of pancreatic cancer in Japan 国際誌

    Maeda, O; Yokoyama, Y; Yamaguchi, J; Ota, A; Matsuoka, A; Morita, S; Inoue, M; Mizutani, T; Shimokata, T; Urakawa, H; Mitsuma, A; Nagino, M; Ando, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 69 - 69   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

  32. Primary extraskeletal osteosarcoma: a clinicopathological study of 18 cases focusing on MDM2 amplification status.

    Yamashita K, Kohashi K, Yamada Y, Nishida Y, Urakawa H, Oda Y, Toyokuni S

    Human pathology   63 巻   頁: 63-69   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2017.02.007

    PubMed

  33. Antitumor effects of 4-methylumbelliferone, a hyaluronan synthesis inhibitor, on malignant peripheral nerve sheath tumor 査読有り 国際共著 国際誌

    Ikuta, K; Ota, T; Zhuo, LS; Urakawa, H; Kozawa, E; Hamada, S; Kimata, K; Ishiguro, N; Nishida, Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   140 巻 ( 2 ) 頁: 469 - 479   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.30460

    Web of Science

    PubMed

  34. Neoadjuvant and adjuvant chemotherapy with doxorubicin and ifosfamide for bone sarcomas in adult and older patients.

    Urakawa H, Tsukushi S, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    Oncol Lett.   8 巻 ( 6 ) 頁: 2485-2488   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Clinical factors affecting pathological fracture and healing of unicameral bone cysts.

    Urakawa H, Tsukushi S, Hosono K, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    BMC Musculoskelet Disord.   15 巻   頁: 159   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 抗がん剤外来治療コンセプトシート2013】 外来での有害事象管理 RANKL抗体医薬による低カルシウム血症

    浦川浩, 安藤雄一

    医学のあゆみ   246 巻 ( 9 ) 頁: 812-817   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  37. Metastasis of osteosarcoma to stomach made clinically evident by hematemesis: a case report.

    Urakawa H, Tsukushi S, Tsurudome I, Hirata A, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Miyahara R, Ishiguro N, Nishida Y.

    World J Surg Oncol.   11 巻   頁: 48   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Therapeutic potential of hyaluronan oligosaccharides for bone metastasis of breast cancer.

    Urakawa H, Nishida Y, Knudson W, Knudson CB, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Wasa

    J Orthop Res.   30 巻 ( 4 ) 頁: 662-72   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. nhibition of hyaluronan synthesis in breast cancer cells by 4-Methylumbelliferone suppresses tumorigenicity in vitro and metastatic lesions of bone in vivo.

      130 巻 ( 2 ) 頁: 454-66   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Glanzmann thrombasthenia detected because of knee hemarthrosis: a case report.

    Urakawa H, Nishida Y, Tsukushi S, Katsumi A, Ishiguro N.

    J Pediatr Orthop B.   19 巻 ( 6 ) 頁: 521-3   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Vocabulary IDO

    浦川浩, 西田佳弘

    整形外科   60 巻 ( 13 ) 頁: 1382   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  42. Cyclooxygenase-2 overexpression predicts poor survival in patients with high-grade extremity osteosarcoma: a pilot study.

    Urakawa H, Nishida Y, Naruse T, Nakashima H, Ishiguro N.

    Clin Orthop Rel Res.   467 巻 ( 11 ) 頁: 2932-8   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Prognostic value of indoleamine 2, 3-dioxygenase expression in high grade osteosarcoma.

    Urakawa H, Nishida Y, Nakashima H, Shimoyama Y, Nakamura S, Ishiguro N.

    Clin Exp Metastasis.   26 巻 ( 8 ) 頁: 1005-12   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 34

  1. Postoperative brain metastases in soft tissue sarcomas 国際会議

    Urakawa H, Tsukushi S, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N, Nishida Y

    19th Annual meeting Connective Tissue Oncology society  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  2. 単発性骨転移臨床成績の検討

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 満間綾子, 杉下美保子, 下方智也, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 安藤雄一, 石黒直樹

    第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  3. 上腕骨発生孤立性骨嚢腫の治療成績に影響する因子の検討

    浦川浩, 筑紫聡, 細野幸三, 杉浦英志, 山田健志, 山田芳久, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 石黒直樹, 西田佳弘

    第87回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  4. 骨転移患者におけるゾレドロン酸投与後腎障害の検討

    浦川浩, 筑紫聡, 満間綾子, 杉下美保子, 下方智也, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 安藤雄一, 石黒直樹, 西田佳弘

    第87回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  5. Prognostic impact of trunk location in patients with non-small round cell soft tissue sarcoma 国際会議

    Urakawa H, Tsukushi S, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    The 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  6. Clinical factors affecting healing of unicameral bone cysts in humerus 国際会議

    Urakawa H, Tsukushi S, Hosono K, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    The 10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  7. Perioperative chemotherapy with doxorubicin and ifosfamide for bone sarcomas in adult and older patients 国際会議

    Urakawa H, Tsukushi S, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    18th Annual meeting Connective Tissue Oncology Society , 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  8. 中高年発症骨原発肉腫に対するイホスファミド/ドキソルビシン補助化学療法の検討

    浦川浩, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 石黒直樹, 西田佳弘

    第121回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  9. 骨転移症例における骨関連事象に関連する因子の検討

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 満間綾子, 杉下美保子, 下方智也, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹, 安藤雄一

    第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  10. 左下腿近位骨腫瘍の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹, 下山芳江, 高原大志, 鈴木優香, 佐藤啓, 立松明子, 宮田友子, 加藤省一, 島田聡子, 大橋明子, 中村栄男

    第75回東海骨軟部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  11. ヒアルロン酸を標的とした乳癌骨転移治療 ヒアルロン酸合成阻害剤による治療効果

    浦川浩, 西田佳弘, 和佐潤志, 新井英介, 小澤英史, 石黒直樹

    第119回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井   国名:日本国  

  12. Factors Correlated With The Pathological Fracture And Clinical Outcome In Patients With Unicameral Bone Cyst. 国際会議

    Urakawa H, Hosono K, Sugiura H, Nakashima H, Yamada Y, Tsukushi S, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    The 9th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:マレーシア  

  13. 右大腿骨骨腫瘍の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹, 宮田友子, 高原大志, 鈴木優香, 佐藤啓, 立松明子, 加藤省一, 島田聡子, 大橋明子, 下山芳江, 中村栄男

    第74回東海骨軟部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  14. 吐血により顕在化した骨肉腫胃転移の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  15. 軟部肉腫における発症から診断までの期間と予後との検討

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  16. 孤立性骨嚢腫における病的骨折発症および治療成績に影響する因子の検討

    浦川浩, 西田佳弘, 細野幸三, 杉浦英志, 中島浩敦, 山田芳久, 筑紫聡, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第85回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  17. Therapeutic Potential of Hyaluronan Oligosaccharides for Bone Metastasis of Breast Cancer 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    2012 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  18. ヒアルロン酸を標的とした乳癌骨転移治療 低分子ヒアルロン酸オリゴ糖による治療効果

    浦川浩, 西田佳弘, 和佐潤志, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第26回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:前橋   国名:日本国  

  19. Factors influencing soft tissue complications after resection of soft tissue sarcomas arising in lower leg 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Nakashima H, Tsukushi S, Arai E, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N.

    International Society of Limb Salvage 16th General Meeting,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  20. 脊索腫を除く骨・軟部肉腫に対する重粒子線治療成績の検討

    浦川浩, 西田佳弘, 杉浦英志, 中島浩敦, 山田芳久, 筑紫聡, 和佐潤志, 今井礼子, 鎌田正, 石黒直樹

    第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  21. ヘルニア手術を行われた鼡径部発生軟部肉腫の検討

    浦川浩, 西田佳弘, 中島浩敦, 山田芳久, 筑紫聡, 石黒直樹

    第116回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知   国名:日本国  

  22. Hyaluronan Oligosaccharides Inhibit Tumorigenicity of Breast Cancer Cells in Vitro and Metastatic Lesions of Bone in Vivo. 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Wasa J, Arai E, Suzuki Y, Hosono K, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    2011 Annual Meeting of Orthopedic Research Society,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  23. 右上腕骨骨腫瘍の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 和佐潤志, 石黒直樹, 下山芳江, 村上善子, 立松明子, 宮田友子, 加藤省一, 中村栄男

    第70回東海骨軟部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  24. 乳癌および乳癌骨転移に対するヒアルロン酸合成阻害剤の抗腫瘍効果

    浦川浩, 西田佳弘, 和佐潤志, 新井英介, 鈴木喜貴, 細野幸三, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第25回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  25. 右肘関節腫瘍の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 和佐潤志, 石黒直樹, 村上善子, 立松明子, 宮田友子, 加藤省一, 下山芳江, 中村栄男

    第69回東海骨軟部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  26. 下腿軟部肉腫に対する患肢温存術後合併症に影響する因子の検討

    浦川浩,西田佳弘,中島浩敦,筑紫聡,紫藤洋二, 和佐潤志,新井英介,小澤英史,鳥山和宏,亀井譲, 石黒直樹

    第43回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  27. Inhibition of hyaluronan synthesis in breast cancer cells suppresses tumorigenicity in vitro and metastatic lesion of bone in vivo. 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Wasa J, Arai E, Zhuo L, Kimata K, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    8th International Conference on Hyaluronan,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 左鼠径部軟部腫瘍の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 和佐潤志, 石黒直樹, 村上善子, 下山芳江,中村栄男

    第68回東海骨軟部腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  29. 骨肉腫におけるindoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)の発現解析

    浦川浩, 西田佳弘, 成瀬隆裕, 鈴木喜貴, 内堀充敏, 中島浩敦, 新井英介, 下山芳江, 中村栄男, 石黒直樹

    第114回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  30. Suppression of hyaluronan synthesis in breast cancer cells demonstrates anti-tumor effects both in vitro and in vivo. 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Wasa J, Arai E, Suzuki Y, Hosono K, Kozawa E, Ishiguro N.

    The 56th Annual Meeting of Orthopedic Research Society,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  31. 膝関節血腫により発見された血小板無力症の1例

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 和佐潤志, 小澤英史, 新井英介, 石黒直樹, 勝見章

    第217回整形外科集談会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  32. 骨肉腫肺転移巣におけるCOX-2発現と予後との検討

    浦川浩, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 和佐潤志, 新井英介, 石黒直樹

    第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  33. Prognostic Value of Indoleamine 2, 3-Dioxygenase Expression in High Grade Osteosarcoma. 国際会議

    Urakawa H, Nishida Y, Uchibori M, Nakashima H, Ishiguro N.

    The 55th Annual Meeting of Orthopedic Research Society,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  34. 骨肉腫におけるCOX-2発現について

    浦川浩, 西田佳弘, 中島浩敦, 成瀬隆裕, 鈴木喜貴, 筑紫聡, 内堀充敏, 山田芳久, 紫藤洋二, 新井英介, 中村栄男, 石黒直樹

    第41回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 8

  1. 肉腫様腎癌に有効な併用療法の骨軟部肉腫への応用に向けた基盤研究

    研究課題/研究課題番号:23K08696  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    浦川 浩, 生田 国大, 酒井 智久, 小池 宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    骨軟部肉腫に対する新規薬剤開発は、その希少性から困難を伴う。肉腫様変化を伴う腎細胞癌(以下、「肉腫様腎癌」)は腎癌の4-5%に生じるとされ、これまで実施された腎癌の第3相試験において、PD-1抗体とCTLA-4抗体の併用療法、又はPD-1/PD-L1抗体と血管新生阻害剤の併用療法の肉腫様腎癌への有効性が部分集団解析で評価されている。これらの薬剤は腎癌の臨床試験及び実臨床において、骨軟部肉腫への実臨床への応用へのハードルは低い。本研究は、肉腫様腎癌に有効なこれらの併用療法の骨軟部腫瘍への臨床応用を目指し、当該併用療法の骨軟部腫瘍に対する有効性について、前臨床の評価を実施する。

  2. 進行期骨軟部肉腫に対する細胞外マトリックス制御による新規腫瘍免疫療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10963  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 西田 佳弘, 濱田 俊介, 大田 剛広, 酒井 智久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    骨軟部肉腫におけるヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークと腫瘍免疫との関係を明らかにし、これらをターゲットとした新規免疫治療の確立を目的として免疫チェックポイント分子とヒアルロン酸ネットワークの関係を評価した。骨軟部肉腫細胞においては豊富な細胞外マトリックスを認め免疫チェックポイント分子の発現との関係において一定の関係がみられ、骨軟部肉腫腫瘍組織においては豊富なヒアルロン酸発現を認め、一部の組織型において免疫細胞浸潤と免疫チェックポイント分子発現を認めた。
    腫瘍内では腫瘍免疫により抗がん剤など既存治療への抵抗性が獲得されており、骨軟部肉腫においてヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークが腫瘍免疫にかかわっている可能性が示唆された。細胞外マトリックスの産生・蓄積の制御、あるいはマトリックス-細胞膜上受容体の相互作用を制御することにより、骨軟部腫瘍において抗腫瘍免疫応答を引き起こすことが可能となり、新規腫瘍免疫療法の開発が期待される。

  3. がんの骨・肺転移におけるCathepsin Kの役割の解明

    研究課題/研究課題番号:15K10438  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小澤 英史, 西田 佳弘, 浦川 浩, 生田 国大, 濱田 俊介, 筑紫 聡, 吉田 雅博, 林 卓馬

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    Cathepsin Kは骨転移の際に破骨細胞や腫瘍細胞、腫瘍周囲にある貪食細胞や線維芽細胞から産生され、骨基質破壊に関与すると考えられている。我々はマウス骨転移モデルを作製するために、乳癌細胞と肺癌細胞をマウスの脛骨に注射して、溶骨性病変が形成されるのを確認した。2週と4週間目にレントゲン撮影を行い、骨破壊が2週間で進行し、両群に優位な差はみられなかった。
    ひとの肺原発腫瘍と転移性肺腫瘍の骨浸潤例は50例で、骨軟部腫瘍の骨浸潤例は19例であった。これらの予後は5年全生存率57.7%であった。悪性腫瘍の骨浸潤を組織学的に評価した結果、術前MRIでは感度100%であり、特異度96%であった。

  4. がん薬物療法におけるサルコペニアの臨床的意義

    研究課題/研究課題番号:26460626  2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    安藤 雄一, 満間 綾子, 浦川 浩, 下方 智也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    サルコペニアを有するがん患者ではがん薬物療法による副作用が強く,また治療の耐容性が低いという仮説を検証するため,がん薬物療法を受ける患者を被験者としてサルコペニアの評価を行った.mTOR阻害薬の単剤治療を受けた患者において筋肉量の推移をレトロスペクティブに解析し,治療によって筋肉量が有意に減少したことを報告した.続いて、mTOR阻害薬を含むキナーゼ阻害薬を単剤投与される患者28例に対して,サルコペニアを前向きに評価する観察研究を行った.28例のうち17例が6ヶ月の時点まで,7例が3ヶ月の時点まで治療を継続できた.現在最終解析を行っている.

  5. 転移性骨腫瘍に対するイメージ下凍結療法の開発と確立

    研究課題/研究課題番号:26462260  2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    筑紫 聡, 西田 佳弘, 浦川 浩, 小澤 英史, 新井 英介, 生田 国大, 吉田 雅博, 林 卓馬, 長谷川 弘晃, 鈴木 周一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究には局所治療の範囲を決定すべく、悪性軟部腫瘍の局所制御に主眼をおいて研究を行った。非円形細胞肉腫387例の解析の結果、5年生存率は85.7%、5年無局所再発生存率89.8%であった。単変量解析にて組織学的悪性度(p=0.015)・組織学的切断端陽性(p<0.001)・腫瘍の深さ(p=0.003)・腫瘍径(p=0.005)が有意な予後不良因子となった。多変量解析では組織学的悪性度(p<0.001)と組織学的断端陽性(p=0.03)のみが有意な予後不良因子として残った。これらの因子を念頭において局所治療の範囲を決定すべきである。

  6. ヒアルロン酸ネットワークと破骨細胞制御による骨転移治療の確立

    研究課題/研究課題番号:26462261  2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    浦川 浩, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 小澤 英史, 新井 英介, 生田 国大, 安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    骨転移は悪性腫瘍において患者のQOLを低下させる。ヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックスの制御に焦点を当て、既存の骨転移治療薬への相互作用を評価した。4-methylumbelliferone (MU)の乳がんと肺がんのセルラインに対するヒアルロン酸発現と腫瘍原性への影響を評価した。MUとゾレドロン酸の増殖能、運動能、浸潤能への影響を評価し、相乗効果についても評価した。これらの薬剤を組み合わせることによりin vivoの骨転移病変を相加的に抑制し、MUのヒアルロン酸蓄積や破骨細胞の抑制がみられた。骨修飾薬に加え、ヒアルロン酸合成を抑制することは骨転移治療のターゲットとなりうる。

  7. ヒアルロン酸ネットワークと破骨細胞制御による骨転移治療の確立

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 細胞外マトリックス制御による骨軟部肉腫の分子標的治療薬増感法の開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示