2021/04/08 更新

写真a

ナガイ ケイスケ
永井 啓祐
NAGAI Keisuke
所属
生物機能開発利用研究センター 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2012年4月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. 環境・農学 / 遺伝育種科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 作物の耐水性メカニズムの解明と応用

  2. 作物の収量増加を目指した研究

経歴 3

  1. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   助教

    2019年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター 開発・展開部門   助教

    2017年4月 - 2019年3月

  3. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター 基盤・育成部門   特任助教

    2012年6月 - 2017年3月

受賞 2

  1. The 13th International society of plant anaerobiosis conference, Best poster award

    2019年6月   International society of plant anaerobiosis   Antagonistic regulatory mechanism by accelerating and decelerating factors in internode elongation of rice for flooding adaptation.

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  2. 第126回講演会日本育種学会優秀発表賞

    2014年9月   日本育種学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 24

  1. Antagonistic regulation of the gibberellic acid response during stem growth in rice

    Nagai Keisuke, Mori Yoshinao, Ishikawa Shin, Furuta Tomoyuki, Gamuyao Rico, Niimi Yoko, Hobo Tokunori, Fukuda Moyuri, Kojima Mikiko, Takebayashi Yumiko, Fukushima Atsushi, Himuro Yasuyo, Kobayashi Masatomo, Ackley Wataru, Hisano Hiroshi, Sato Kazuhiro, Yoshida Aya, Wu Jianzhong, Sakakibara Hitoshi, Sato Yutaka, Tsuji Hiroyuki, Akagi Takashi, Ashikari Motoyuki

    NATURE   584 巻 ( 7819 ) 頁: 109 - +   2020年8月

  2. Metabolite and Phytohormone Profiling Illustrates Metabolic Reprogramming as an Escape Strategy of Deepwater Rice during Partially Submerged Stress

    Fukushima Atsushi, Kuroha Takeshi, Nagai Keisuke, Hattori Yoko, Kobayashi Makoto, Nishizawa Tomoko, Kojima Mikiko, Utsumi Yoshinori, Oikawa Akira, Seki Motoaki, Sakakibara Hitoshi, Saito Kazuki, Ashikari Motoyuki, Kusano Miyako

    METABOLITES   10 巻 ( 2 )   2020年2月

  3. Evaluation of backcrossed pyramiding lines of the yield-related gene and the bacterial leaf blight resistant genes 査読有り

    Shuto Yamada, Yusuke Kurokawa, Keisuke Nagai, Rosalyn B Angeles-Shim, Hideshi Yasui, Naruto Furuya, Atsushi Yoshimura, Kazuyuki Doi, Motoyuki Ashikari, Hidehiko Sunohara

      18 巻   頁: 18 - 28   2020年

  4. Diel O-2 Dynamics in Partially and Completely Submerged Deepwater Rice: Leaf Gas Films Enhance Internodal O-2 Status, Influence Gene Expression and Accelerate Stem Elongation for 'Snorkelling' during Submergence

    Mori Yoshinao, Kurokawa Yusuke, Koike Masaya, Malik Al Imran, Colmer Timothy David, Ashikari Motoyuki, Pedersen Ole, Nagai Keisuke

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   60 巻 ( 5 ) 頁: 973-985   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcz009

    Web of Science

  5. Ethylene-gibberellin signaling underlies adaptation of rice to periodic flooding

    Kuroh Takeshi, Nagai Keisuke, Gamuyao Rico, Wang Diane R., Furuta Tomoyuki, Nakamori Masanari, Kitaoka Takuya, Adachi Keita, Minami Anzu, Mori Yoshinao, Mashiguchi Kiyoshi, Seto Yoshiya, Yamaguchi Shinjiro, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Wu Jianzhong, Ebana Kaworu, Mitsuda Nobutaka, Ohme-Takagi Masaru, Yanagisawa Shuichi, Yamasaki Masanori, Yokoyama Ryusuke, Nishitani Kazuhiko, Mochizuki Toshihiro, Tamiya Gen, McCouch Susan R., Ashikari Motoyuki

    SCIENCE   361 巻 ( 6398 ) 頁: 181-185   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aat1577

    Web of Science

  6. Rice leaf hydrophobicity and gas films are conferred by a wax synthesis gene (LGF1) and contribute to flood tolerance

    Kurokawa Yusuke, Nagai Keisuke, Phung Danh Huan, Shimazaki Kousuke, Qu Huangqi, Mori Yoshinao, Toda Yosuke, Kuroha Takeshi, Hayashi Nagao, Aiga Saori, Itoh Jun-ichi, Yoshimura Atsushi, Sasaki-Sekimoto Yuko, Ohta Hiroyuki, Shimojima Mie, Malik Al Imran, Pedersen Ole, Colmer Timothy David, Ashikari Motoyuki

    NEW PHYTOLOGIST   218 巻 ( 4 ) 頁: 1558-1569   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.15070

    Web of Science

  7. Time-Course Transcriptomics Analysis Reveals Key Responses of Submerged Deepwater Rice to Flooding

    Minami Anzu, Yano Kenji, Gamuyao Rico, Nagai Keisuke, Kuroha Takeshi, Ayano Madoka, Nakamori Masanari, Koike Masaya, Kondo Yuma, Niimi Yoko, Kuwata Keiko, Suzuki Takamasa, Higashiyama Tetsuya, Takebayashi Yumiko, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Toyoda Atsushi, Fujiyama Asao, Kurata Nori, Ashikari Motoyuki, Reuscher Stefan

    PLANT PHYSIOLOGY   176 巻 ( 4 ) 頁: 3081-3102   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.17.00858

    Web of Science

  8. Breeding applications and molecular basis of semi-dwarfism in rice 査読有り

    Keisuke Nagai, Ko Hirano, Rosalyn B. Angeles-Shim, Motoyuki Ashikari

    Rice Genomics, Genetics and Breeding     頁: 155 - 176   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Singapore  

    The green revolution in rice was defined by an unprecedented increase in rice production that saved the world from an impending famine in the 1960s. Driving this revolution was the semi-dwarf 1 (sd1) gene conferring the semidwarf phenotype to the rice plant. The shorter stature conferred by sd1 gives the plants resistance to lodging even under heavy doses of nitrogen fertilizer. IR8 carrying sd1, also known as the miracle rice, was the first high-yielding rice variety that came out as a result of intensive research and breeding efforts that capitalize on the use of the semi-dwarf trait to significantly improve rice yield. Although the rice green revolution gene has been used for breeding for decades, the sd1 gene was not identified for a long time. Advancement of rice genomics facilitated the discovery that SD1 encodes the GA biosynthesis gene, GA20ox2. Genome sequencing revealed that several of the varieties used as donor lines in breeding for the semidwarf phenotype in rice possess different alleles of sd1. Apart from breeding applications, dwarf mutants have also been instrumental in uncovering the molecular mechanisms underlying gibberellin biosynthesis and signaling.

    DOI: 10.1007/978-981-10-7461-5_9

    Scopus

  9. eQTLs Regulating Transcript Variations Associated with Rapid Internode Elongation in Deepwater Rice

    Kuroha Takeshi, Nagai Keisuke, Kurokawa Yusuke, Nagamura Yoshiaki, Kusano Miyako, Yasui Hideshi, Ashikari Motoyuki, Fukushima Atsushi

    FRONTIERS IN PLANT SCIENCE   8 巻   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2017.01753

    Web of Science

  10. Hormone Distribution and Transcriptome Profiles in Bamboo Shoots Provide Insights on Bamboo Stem Emergence and Growth

    Gamuyao Rico, Nagai Keisuke, Ayano Madoka, Mori Yoshinao, Minami Anzu, Kojima Mikiko, Suzuki Takamasa, Sakakibara Hitoshi, Higashiyama Tetsuya, Ashikari Motoyuki, Reuscher Stefan

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   58 巻 ( 4 ) 頁: 702-716   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcx023

    Web of Science

  11. A new outlook on sporadic flowering of bamboo

    Gamuyao Rico, Nagai Keisuke, Ashikari Motoyuki, Reuscher Stefan

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR   12 巻 ( 7 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1343780

    Web of Science

  12. Construction of a versatile SNP array for pyramiding useful genes of rice 査読有り 国際共著

    Yusuke Kurokawa, Tomonori Noda, Yoshiyuki Yamagata, Rosalyn Angeles-Shim, Hidehiko Sunohara, Kanako Uehara, Tomoyuki Furuta, Keisuke Nagai, Kshirod Kumar Jena, Hideshi Yasui, Atsushi Yoshimura, Motoyuki Ashikari, Kazuyuki Doi

      242 巻   頁: 131 - 139   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.plantsci.2015.09.008

  13. Development of chromosome segment substitution lines harboring Oryza nivara genomic segments in Koshihikari and evaluation of yield-related traits 査読有り 国際共著

      66 巻 ( 5 ) 頁: 845 - 850   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1270/jsbbs.16131

  14. Loss of function at RAE2, a previously unidentified EPFL, is required for awnlessness in cultivated Asian rice 査読有り

    Kanako Bessho-Uehara, Diane R. Wang, Tomoyuki Furuta, Anzu Minami, Keisuke Nagai, Rico Gamuyao, Kenji Asano, Rosalyn B. Angeles-Shim, Yoshihiro Shimizu, Madoka Ayano, Norio Komeda, Kazuyuki Doi, Kotaro Miura, Yosuke Toda, Toshinori Kinoshita, Satohiro Okuda, Tetsuya Higashiyama, Mika Nomoto, Yasuomi Tada, Hidefumi Shinohara, Yoshikatsu Matsubayashi, Anthony Greenberg, Jianzhong Wu, Hideshi Yasui, Atsushi Yoshimura, Hitoshi Mori, Susan R. McCouch, and Motoyuki Ashikari

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   113 巻 ( 32 ) 頁: 8969 - 8974   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1073/pnas.1604849113

  15. Convergent loss of awn in two cultivated rice species Oryza sativa and Oryza glaberrima is caused by mutations in different loci

    Tomoyuki Furuta, Norio Komeda, Kenji Asano, Kanako Uehara, Rico Gamuyao, Rosalyn B. Shim-Angeles, Keisuke Nagai, Kazuyuki Doi, Diane R. Wang, Hideshi Yasui, Atsushi Yoshimura, Jianzhong Wu, Susan R. McCouch and Motoyuki Ashikari

    Genes Genomes Genetics     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1534/g3.115.020834

  16. Rare allele of a previously unidentified histone H4 acetyltransferase enhances grain weight, yield, acetyltransferase enhances grain weight, yield, and plant biomass in rice

    Xian Jun Songa, Takehi Kuroha, Madoka Ayano, Tomoyuki Furuta, Keisuke Nagai, Norio Komeda, Shuhei Segami, Kotaro Miura, Daisuke Ogawa, Takumi Kamura, Takamasa Suzuki, Tetsuya Higashiyamad, Masanori Yamasaki, Hitoshi Mori, Yoshiaki Inukai, Jianzhong Wu, Hidemi Kitano, Hitoshi Sakakibara, Steven E. Jacobsen, and Motoyuki Ashikaria

    PNAS     2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1421127112

  17. QTL analysis of internode elongation in response to gibberellin in deepwater rice.

    Nagai K, Kondo Y, Kitaoka T, Noda T, Kuroha T, Angeles-Shim RB, Yasui H, Yoshimura A, Ashikari M.

    AoB Plants     2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aobpla/plu028

  18. Gibberellin biosynthesis and signal transduction is essential for internode elongation in deepwater rice.

    Ayano M, Kani T, Kojima M, Sakakibara H, Kitaoka T, Kuroha T, Angeles-Shim RB, Kitano H, Nagai K, Ashikari M.

    Plant Cell Environment     2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12377

  19. Two novel QTLs regulate internode elongation in deepwater rice during the early vegetative stage.

    Nagai K, Kuroha T, Ayano M, Kurokawa Y, Angeles-Shim RB, Shim JH, Yasui H, Yoshimura A, Ashikari M.

    Breeding Science     2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1270/jsbbs.62.178

  20. イネの洪水における異なる2つの生存戦略

    永井 啓祐, 服部 洋子, 芦苅 基行

    化学と生物   49 巻 ( 4 ) 頁: 222-224   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  21. Rice growth adapting to deepwater.

    Hattori Y, Nagai K, Ashikari M.

    Curr Opin Plant Biol.     2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.pbi.2010.09.008

  22. Stunt or elongate? Two opposite strategies by which rice adapts to floods

    Nagai K, Hattori Y, Ashikari M.

    J Plant Res     2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10265-010-0332-7.

  23. The ethylene response factors SNORKEL1 and SNORKEL2 allow rice to adapt to deep water

    Hattori Y, Nagai K, Furukawa S, Song XJ, Kawano R, Sakakibara H, Wu J, Matsumoto T, Yoshimura A, Kitano H, Matsuoka M, Mori H, Ashikari M.

    Nature     2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature08258

  24. Mapping of three QTLs that regulate internode elongation in deepwater rice

    Yoko Hattori, Keisuke Nagai, Hitoshi Mori, Hidemi Kitano, Makoto Matsuoka, Motoyuki Ashikari

    Breeding Science     2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.58.39

▼全件表示

MISC 3

  1. 特集記事 2017年第61回シンポジウム(シンポジウム・ワークショップ)報告:育種学と農学のこれからを考える34-形態をキーワードに育種を再考する- 招待有り 査読有り

    別所–上原奏子, 吉津祐貴, 斉藤希, 坂本莉沙, 矢部志央理, 山地直樹, 永井啓祐  

    育種学研究20 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 75   2018年

  2. 浮イネ生存戦略におけるジベレリン応答性因子の探索 査読有り

    永井啓祐, 黒羽剛, 芦苅基行  

    化学と生物54 巻   頁: 198 - 204   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1271/kagakutoseibutsu.54.198

  3. ゲノム情報を利用したイネの育種

    永井啓祐, 黒川裕介, 土井一行, 芦苅基行  

    国際農林業協力38 巻   頁: 2 - 11   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

講演・口頭発表等 24

  1. イネ節間におけるジベレリンに応答した拮抗的伸長制御機構

    永井啓祐

    日本育種学会第139回講演会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. The regulation of phase transition in rice internode

    2021年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月14日 - 2021年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. イネ節間伸長の開始制御機構の解明

    永井啓祐

    日本育種学会第138回講演会  2020年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月10日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. ACE1とDEC1によるイネ節間伸長のantagonistic制御2

    永井啓祐

    日本植物学会第84回大会  2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月19日 - 2020年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. イネ節間伸長における拮抗的制御機構

    永井啓祐

    第61回日本植物生理学会年会  2020年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  6. Internode elongation for adaptation to flooding environment 国際会議

    Keisuke Nagai

    Seminar of research review, JICA RGBM  2019年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  7. Antagonistic regulatory mechanism by accelerating and decelerating factors in internode elongation of rice for flooding adaptation. 国際会議

    Keisuke Nagai

    The 13th International Society of Plant Anaerobiosis Conference  2019年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月2日 - 2019年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. Antagonistic regulatory mechanism by accelerating and decelerating factors in internode elongation of rice for flooding adaptation. 国際会議

    Keisuke Nagai

    The 13th International Society of Plant Anaerobiosis Conference  2019年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月2日 - 2019年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. イネ節の効率的な気体透過性による耐水性機構の解明 招待有り

    永井啓祐

    第34回資源植物科学シンポジウム、第10回植物ストレス科学研究シンポジウム  2018年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月5日 - 2018年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. イネがイネであるために〜茎の形態から〜

    永井啓祐

    第3回農学中手の会  2017年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月1日 - 2017年12月3日

    記述言語:日本語  

  11. イネが水田で生きるためには〜コンペイ糖状細胞の発見とガス交換の仕組み〜

    永井啓祐

    2017年遺伝学研究所研究会「イネ分子遺伝学の方向性」  2017年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月24日 - 2017年11月25日

    記述言語:日本語  

  12. Oxygen transport through rice node tissue 国際会議

    Keisuke Nagai

    IGER symposium on Long0distance signaling in plant  2017年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月21日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  13. 植物が水辺で生きる 招待有り

    永井啓祐

    日本育種学会第132回講演会  2017年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  14. Anatomic analysis of aerenchyma in grasses 国際会議

    Keisuke Nagai

    12th international society for plant anaerobiosis  2016年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月5日 - 2016年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. イネ科植物における節間通気組織の形態学的解析

    永井啓祐

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ  2016年7月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月4日 - 2016年7月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  16. Elucidating the molecular mechanism of cell propagation and cell elongation at the intercalary meristem in rice

    Keisuke Nagai

    2015年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  17. A novel gibberellin response gene triggers internode elongation in deepwater rice

    Keisuke Nagai

    2015年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月15日 - 2015年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  18. 新規ヒストンH4アセチルトランスフェラーゼによる転写制御を介したイネ有用農業形質の制御機構の解明

    永井啓祐

    日本育種学会 第126回講演会  2014年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. イネにおけるジベレリン応答性に関するQTL解析

    永井啓祐

    日本育種学会第125回講演会  2014年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. Gibberellin responsive gene regulates the lowest elongated internode in deepwater rice 国際会議

    Keisuke Nagai

    11th conference of the international society for plant anaerobiosis  2013年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  21. SNORKEL genes regulating deepwater response are directly targeted by EIL1 in deepwater rice 国際会議

    2013年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. 浮イネ遺伝子Snorkel以外の新規浮イネ性制御遺伝子の遺伝学的解析

    永井啓祐

    第51回日本植物生理学会年会  2010年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. 不良環境下における浮イネの環境適応性の遺伝学的解析

    永井啓祐

    日本育種学会第116回講演会  2009年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. 浮イネ遺伝子Snorkel1およびSnorkel2の単離とその機能解析

    永井啓祐

    第50回日本植物生理学会年会  2009年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 2

  1. イネ節間における水ストレス耐性の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19K15815  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    永井 啓祐

  2. 浮イネ節間伸長による洪水耐性の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16K18565  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    永井 啓祐

      詳細を見る

    洪水時に一般的な水田イネは水没することで酸素不足となり生育することができないのに対して、浮イネと呼ばれるイネは洪水による水位の上昇に伴った急激な節間伸長を誘導することで葉先を水面に出し、酸素欠乏による生育不良を回避している。また、近年の地球環境の変動に伴い世界各地で洪水が発生しており農業的損失が深刻化している。そこで、本課題では浮イネの保持する洪水耐性機構の分子機構の解明を行うことで洪水耐性イネの育種に応用することを目指す。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 生物学実験

    2020

  2. 農学セミナー2

    2020