2021/04/27 更新

写真a

シブヤ マサトシ
澁谷 正俊
Masatoshi Shibuya
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬有機化学 准教授
大学院工学研究科
大学院創薬科学研究科
工学部 化学生命工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2009年1月   東北大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 有機合成化学

経歴 3

  1. 講師

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 助教

    2009年3月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 助手

    2002年10月 - 2009年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東北大学   薬学研究科

    2002年4月 - 2002年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   薬学部

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本プロセス化学会

  2. 有機合成化学協会

  3. 日本薬学会

  4. 日本化学会

  5. アメリカ化学会

 

論文 69

  1. Boron-Catalyzed Double Hydrofunctionalization Reactions of Unactivated Alkynes

    Shibuya Masatoshi, Okamoto Masaki, Fujita Shoji, Abe Masanori, Yamamoto Yoshihiko

    ACS CATALYSIS   8 巻 ( 5 ) 頁: 4189-4193   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.8b00955

    Web of Science

  2. Bronsted Acid/Silane Catalytic System for Intramolecular Hydroalkoxylation and Hydroamination of Unactivated Alkynes 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Shoji Fujita, Masanori Abe, Yoshihiko Yamamoto

    ACS Catalysis   7 巻 ( 4 ) 頁: 2848-2852   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Chemoselective Catalytic Oxidation of 1,2-Diols to α-Hydroxy Acids Controllewd by TEMPO-ClO2 Charge-Transfer Complex 査読有り

    Keisuke Furukawa, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto

    Organic Letters   17 巻 ( 9 ) 頁: 2282-2285   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b01003

  4. Intramolacular Hydroalkoxylation of Unactivated Alkenes Using Silane-Iodine Catalytic System 査読有り

    Shoji Fujita, Masanori Abe, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto

    Organic Letters   17 巻 ( 15 ) 頁: 3822-3825   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b01797

  5. Highly efficient, organocatalytic aerobic alcohol oxidation 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Yuji Osada, Yusuke Sasano, Masaki Tomizawa, Yoshiharu Iwabuchi

    Journal of the American Chemical Society   133 巻 ( 17 ) 頁: 6497-6500   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. One-pot, two-step synthesis of unnatural alpha-amino acids involving the exhaustive aerobic oxidation of 1,2-diols

    Inada Haruki, Furukawa Keisuke, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 100 ) 頁: 15105 - 15108   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc07889d

    Web of Science

    PubMed

  7. 1,2-Carbopentafluorophenylation of Alkynes: The Metallomimetic Pull-Push Reactivity of Tris(pentafluorophenyl)borane.

    Shibuya M, Matsuda M, Yamamoto Y

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)     2021年4月

     詳細を見る

  8. Synthesis of Unprotected 2-Aryiglycines by Transamination of Arylglyoxylic Acids with 2-(2-Chlorophenyl)glycine 査読有り

    Inada Haruki, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   85 巻 ( 17 ) 頁: 11047 - 11059   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.0c01302

    Web of Science

    PubMed

  9. Nitroxyl radical-catalyzed chemoselective alcohol oxidation for the synthesis of polyfunctional molecules 招待有り 査読有り

    Shibuya Masatoshi

    TETRAHEDRON LETTERS   61 巻 ( 8 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2019.151515

    Web of Science

  10. Diastereoselective Methylation at the Congested beta-Position of a Butenolide Ring: Studies toward the Synthesis of seco-Prezizaane-Type Sesquiterpenes

    Kawamura Tomoyoshi, Moriya Hirokazu, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   84 巻 ( 19 ) 頁: 12508 - 12519   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.9b02017

    Web of Science

    PubMed

  11. Boron-Catalyzed Hydroamination/Hydroallylation and Hydroamination/Hydrocyanation of Unactivated Alkynes

    Shibuya Masatoshi, Kawano Shohei, Fujita Shoji, Yamamoto Yoshihiko

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   8 巻 ( 7 ) 頁: 1075 - 1079   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajoc.201900165

    Web of Science

  12. SYNTHESIS OF gamma-DIFLUOROMETHYLATED TETRONATE DERIVATIVES FROM SQUARATES USING DIFLUOROMETHYLPHOSPHONATE

    Yamamoto Yoshihiko, Ishida Yuki, Kurohara Takashi, Shibuya Masatoshi, Yasui Takeshi

    HETEROCYCLES   99 巻 ( 1 ) 頁: 363 - 378   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-18-S(F)29

    Web of Science

  13. Direct Synthesis of Free alpha-Amino Acids by Telescoping Three-Step Process from 1,2-Diols

    Inada Haruki, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    ORGANIC LETTERS   21 巻 ( 3 ) 頁: 709-713   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b03910

    Web of Science

    PubMed

  14. Tschimganine and its derivatives extend the chronological life span of yeast via activation of the Sty1 pathway

    Hibi Takahide, Ohtsuka Hokuto, Shimasaki Takafumi, Inui Shougo, Shibuya Masatoshi, Tatsukawa Hideki, Kanie Kei, Yamamoto Yoshihiko, Aiba Hirofumi

    GENES TO CELLS   23 巻 ( 8 ) 頁: 620-637   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12604

    Web of Science

    PubMed

  15. A small-molecule inhibitor of SOD1-Derlin-1 interaction ameliorates pathology in an ALS mouse model

    Tsuburaya Naomi, Homma Kengo, Higuchi Tsunehiko, Balia Andrii, Yamakoshi Hiroyuki, Shibata Norio, Nakamura Seiichi, Nakagawa Hidehiko, Ikeda Shin-ichi, Umezawa Naoki, Kato Nobuki, Yokoshima Satoshi, Shibuya Masatoshi, Shimonishi Manabu, Kojima Hirotatsu, Okabe Takayoshi, Nagano Tetsuo, Naguro Isao, Imamura Keiko, Inoue Haruhisa, Fujisawa Takao, Ichijo Hidenori

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 2668   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-05127-2

    Web of Science

    PubMed

  16. Synthesis of pyrroles via ruthenium-catalyzed nitrogen-transfer [2

    Matsui Kazuma, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    COMMUNICATIONS CHEMISTRY   1 巻   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42004-018-0022-2

    Web of Science

  17. Synthesis of Alkoxycarbonyldifluoromethyl-Substituted Semisquarates and Their Transformations

    Kurohara Takashi, Jiyue Jiang, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    SYNTHESIS-STUTTGART   50 巻 ( 8 ) 頁: 1687-1698   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1591887

    Web of Science

  18. The vinylogous Catellani reaction: a combined computational and experimental study

    Yamamoto Y., Murayama T., Jiang J., Yasui T., Shibuya M.

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 5 ) 頁: 1191-1199   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7sc04265e

    Web of Science

  19. Intramolecular Hydroalkoxylation/Reduction and Hydroamination/Reduction of Unactivated Alkynes Using a Silane-Iodine Catalytic System

    Fujita Shoji, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    SYNTHESIS-STUTTGART   49 巻 ( 18 ) 頁: 4199-4204   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1588436

    Web of Science

  20. Combined Experimental and Computational Study on Ruthenium(II)Catalyzed Reactions of Diynes with Aldehydes and N,N-Dimethylformamide

    Yamamoto Yoshihiko, Okude Yuta, Mori Shota, Shibuya Masatoshi

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 巻 ( 15 ) 頁: 7964-7973   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01229

    Web of Science

    PubMed

  21. Selective Aerobic Oxidation of Primary Alcohols to Aldehydes

    Shibuya Masatoshi, Furukawa Keisuke, Yamamoto Yoshihiko

    SYNLETT   28 巻 ( 13 ) 頁: 1554-1557   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1588155

    Web of Science

  22. Synthesis of 3-Aryl-2-(trifluoromethyl)indoles via Copper-Catalyzed Hydroarylation and Subsequent Cadogan Cyclization

    Yamamoto Yoshishiko, Ohkubo Erina, Shibuya Masatoshi

    ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS   359 巻 ( 10 ) 頁: 1747-1751   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201700122

    Web of Science

  23. Assembly of a Benzo-Fused Bridged Ketone Scaffold from 1,5,10-Enediynes through One-Pot Ruthenium-Catalyzed Cyclization/Iodine-Mediated Oxidative Ring Expansion

    Yamamoto Yoshihiko, Nishimura Kei-ichiro, Mori Shota, Shibuya Masatoshi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 20 ) 頁: 5494-5497   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201700493

    Web of Science

    PubMed

  24. Intramolecular Hydroalkoxylation/Reduction and Hydroamination/Reduction of Unactivated Alkynes Using a Silane-Iodine Catalytic System 招待有り 査読有り

    Shoji Fujita, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto

    Synthesis   49 巻   頁: 4199-4204   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Bronsted Acid/Silane Catalytic System for Intramolecular Hydroalkoxylation and Hydroamination of Unactivated Alkynes (vol 7, pg 2848, 2017)

    Shibuya Masatoshi, Fujita Shoji, Abe Masanori, Yamamoto Yoshihiko

    ACS CATALYSIS   7 巻 ( 5 ) 頁: 3356-3356   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.7b01100

    Web of Science

  26. Electrophilic Derivatization of Trifluoromethyl-Substituted Semisquarate Using Unsaturated Organosilanes and Subsequent Ring Transformations

    Kurohara Takashi, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS   359 巻 ( 8 ) 頁: 1413-1419   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201601297

    Web of Science

  27. Assembly of a Benzo-Fused Bridged Ketone Scaffold from 1,5,10-Endiynes through One-Pot Ruthenium-Catalyzed Cyclization/Iodine-Mediated Oxidative Ring Expansion

    Yoshihiko Yamamoto, Kei-ichiro Nishimura, Shota Mori, Masatoshi Shibuya

    Angewandte Chemie International Edition   56 巻 ( 20 ) 頁: 5494-5497   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Selective Aerobic Oxidation of Primary Alcohols to Aldehydes 招待有り 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Keisuke Furukawa, Yoshihiko Yamamoto

    Synlett   28 巻 ( 13 ) 頁: 1154-1157   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Electrophilic Derivatization of Trifluoromethyl-Substituted Semisquarate Using Unsaturated Organosilanes and Subsequent Ring Transformations 査読有り

    Takashi Kurohara, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto

    Advanced Synthesis & Catalysis   359 巻 ( 8 ) 頁: 1413-1419   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. The Anticancer Effects of Novel α-Bisabolol Derivatives Against Pancreatic Cancer

    Yoshihiko Murata, Toshio Kokuryo, Yukihiro Yokoyama, Junpei Yamaguchi, Tomohiro Niwa, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto and Masato Nagino

    Anticancer Research   37 巻 ( 2 ) 頁: 589-598   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Ruthenium-Catalyzed Cycloisomerization of 1,6-Diynes with Styryl Terminals Leading to Indenylidene Cycloalkanes

    Yamamoto Yoshihiko, Nishimura Kei-ichiro, Shibuya Masatoshi

    ACS CATALYSIS   7 巻 ( 2 ) 頁: 1101-1107   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.6b03322

    Web of Science

  32. The Anticancer Effects of Novel alpha-Bisabolol Derivatives Against Pancreatic Cancer

    Murata Yoshihiko, Kokuryo Toshio, Yokoyama Yukihiro, Yamaguchi Junpei, Miwa Tomohiro, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko, Nagino Masato

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 2 ) 頁: 589-598   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11352

    Web of Science

    PubMed

  33. Ruthenium-catalyzed Hydrocarbamoylative Cyclization of 1,6-Diynes with Formamides

    Mori Shota, Shibuya Masatoshi, Yamamoto Yoshihiko

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 2 ) 頁: 207-210   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.160961

    Web of Science

  34. Ruthenium-Catalyzed Cycloisomerization of 1,6-Diynes with Styryl Terminals Leading to Indenylidene Cycloalkanes 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Kei-ichiro Nishimura, Masatoshi Shibuya

    ACS Catalysis   7 巻 ( 2 ) 頁: 1101-1107   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Ruthenium-Catalyzed Hydrocarbamoylative Cyclization of 1,6-Diynes with Formamides 査読有り

    Shota Mori, Masatoshi Shibuya, and Yoshihiko Yamamoto

    Chemistry Letters   46 巻   頁: 207-210   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 有機ニトロキシラジカルの酸化還元特性を利用した効率的酸化システムの開発ー第一級アルコールからカルボン酸への酸化反応ー 招待有り 査読有り

    澁谷正俊

    有機合成化学協会誌   74 巻 ( 10 ) 頁: 965-974   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Chemoselective Conversion from α-Hydroxy Acids to α-Keto Acids Enabled by Nitroxyl-Radical-Catalyzed Aerobic Oxidation 査読有り

    Keisuke Furukawa, Haruki Inada, Masatoshi Shibuya*, and Yoshihiko Yamamoto

    Organic Letters   18 巻 ( 17 ) 頁: 4230-4233   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01964

  38. Reagents for diverse iodosilane-mediated transformations 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Masanori Abe, Shoji Fujita, and Yoshihiko Yamamoto

    Organic & Biomolecular Chemistry   14 巻   頁: 5322-5328   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Synthesis of 4-Aryl-2-Quinolones via Cooper-Catalyzed Hydroarylation of (o-Aminophenyl)propiolates with Arylboronates 査読有り

    Tsukasa Murayama, Masatoshi Shibuya, and Yoshihiko Yamamoto

    Advanced Synthesis & Catalysis   358 巻   頁: 166-171   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Lactone-fused Cyclohexadiene as Versatile Platform for Diversified Synthesis of 5,6,5-Tricyclic Scaffolds 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Tomonori Sudo, Tomoyoshi Kawamura, Yoshihiko Yamamoto

    Organic & Biomolecular Chemistry   13 巻   頁: 5862-5866   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5OB00729A

  41. A Combined Experimental and Computational Study on the Cycloisomerization of 2-Ethynylbiaryls Catalyzed by Dicationic Arene Ruthenium Complexes 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Kazuma Matsui, Masatoshi Shibuya

    Chemistry - A European Journal   21 巻 ( 19 ) 頁: 7245-7255   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201500248

  42. A Combined Transition-Metal-Catalyzed and Photopromoted Process: Synthesis of 2,3-Fused 4-Phenylnaphthalen-1-yl Carboxylates from 1,7-Diaryl-1,6-diynes 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Shota Mori, Masatoshi Shibuya

    Chemistry - A European Journal   21 巻   頁: 9093-9100   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201500978

  43. Synthesis of 3,4-Fused 2-Qunolones from an (ortho-Aminophenyl)proliolate via Sequential Cycloaddition/Lactam Formation 査読有り

    Tsukasa Murayama, Masatoshi Shibuya, Yoshihiko Yamamoto

    Advanced Synthesis & Catalysis   357 巻 ( 4 ) 頁: 690-694   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201401069

  44. Development of an Azanoradamantane-Type Nitroxyl Radical Catalyst for Class-Selective Oxidation of Alcohols 査読有り

    Ryusuke Doi, Masatoshi Shibuya, Tsukasa Murayama, Yoshihiko Yamamoto, and Yoshiharu Iwabuchi

    The Journal of Organic Chemistry   80 巻 ( 1 ) 頁: 401-413   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo502426p

  45. Mechanistic Insight into Aerobic Alcohol Oxidation Using NOx-Nitroxide Catalysis Based on Catalyst Structure-Activity Relationships

    Masatoshi Shibuya, Shota Nagasawa, Yuji Osada, Yoshiharu Iwabuchi

    The Journal of Organic Chemistry   79 巻 ( 21 ) 頁: 10256-10268   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Enantioselective Intramolecular Aza-Spiroannulation onto Benzofurans Using Chiral Rhodium Catalysis 査読有り

    Takuro Shibuta, Shigeki Sato, Masatoshi Shibuya, Naoki Kanoh, Tohru Taniguchi, Kenji Monde, Yoshiharu Iwabuchi

    Heterocycles   89 巻   頁: 631-639   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Ruthenium-Catalyzed Transfer-Hydrogenative Cyclization of 1,6-Diynes with Hantzsch 1,4-Dihydropyridine as a H2 Surrogate 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Shota Mori, Masatoshi Shibuya

    Chemistry - A European Journal   19 巻 ( 36 ) 頁: 12034-12041   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. 有機ニトロキシルラジカルの反応性制御に基づく効率的アルコール空気酸化反応の開発 査読有り

    澁谷正俊、岩渕好治

    有機合成化学協会誌   71 巻   頁: 515-525   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. オキソアンモニウム塩の設計に基づく有用酸化反応システムの開発研究 査読有り

    澁谷正俊

    薬学雑誌   132 巻   頁: 1131-1143   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Organocatalytic One-pot Oxidative Cleavage of Terminal Diols to Dehomologated Carboxylic Acids 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Ryusuke Doi, Takuro Shibuta, Shun-ichiro Uesugi, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   14 巻 ( 19 ) 頁: 5010-5013   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Nitroxyl Radical/PhI(OAc)2: One-Pot Oxidative Cleavage of Vicinal Diols to (Di)Carboxylic Acids 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Takuro Shibuta, Hayato Fukuda, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   14 巻 ( 19 ) 頁: 5010-5013   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Catalytic Oxidation of Silyl Enol Ethers to 1,2-Diketones Employing Nitroxyl Radicals 査読有り

    Masaki Hayashi, Masatoshi Shibuya, Yoshiharu Iwabuchi

    Synlett   23 巻 ( 7 ) 頁: 1025-1031   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Oxidation of Alcohols to Carbonyl Compounds with Diisopropyl Azodicarboxylate Catalyzed by Nitroxyl Radicals 査読有り

      77 巻   頁: 3005-3009   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Oxidation of nitroxyl radicals: electrochemical and computational studies 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Fabio Pichierri, Masaki Tomizawa, Shota Nagasawa, Iwao Suzuki, Yoshiharu Iwabuchi

    Tetrahedron Letters   53 巻 ( 16 ) 頁: 2070-2073   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Oxidative Conversion of Silyl Enol Ethers to alpha, beta-unsaturated Ketones Employing Oxoammnium Salts 査読有り

    Masaki Hayashi, Masatoshi Shibuya, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   14 巻 ( 1 ) 頁: 154-157   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 9-Azanoradamantane N-Oxyl (Nor-AZADO): A Highly Active Organocatalyst for Alcohol Oxidation 査読有り

    Masaki Hayashi, Yusuke Sasano, Shota Nagasawa, Masatoshi Shibuya, Yoshiharu Iwabuchi

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin   59 巻 ( 12 ) 頁: 1570-1573   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Practical Preparation Methods for Highly Active Azaadamantane-Nitroxyl-Radical Type Oxidation Catalysts 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Yusuke Sasano, Masaki Tomizawa, Toshimasa Hamada, Masami Kozawa, Noriaki Nagahama, Yoshiharu Iwabuchi

    Synthesis   ( 21 ) 頁: 3418-3425   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Irciniastatin A induces JNK activation that is involved in caspase-8-dependent apotosis via the mitochondrial pathway 査読有り

    Takumi Chinen, Yoko Nagumo, Tsubasa Watanabe, Takamichi Imaizumi, Masatoshi Shibuya, Takao Kataoka, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi, Takeo Usui

    Toxicology Letters   199 巻   頁: 341-346   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. An Enantio- and Diastereocontrolled Synthesis of (-)-Salinosporamide A 査読有り

    Yusuke Sato, Hayato Fukuda, Masaki Tomizawa, Tomohito Masaki, Masatoshi Shibuya, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

    Heterocycles   81 巻 ( 10 ) 頁: 2239-2246   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Syntheses and Biological Evaluation of Irciniastatin A and C1-C2 Alkyne Analogue 査読有り

    Tsubasa Watanabe, Takamichi Imaizumi, Takumi Chinen, Yoko Nagumo, Masatoshi Shibuya, Takeo Usui, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   12 巻 ( 5 ) 頁: 1040-1043   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Total Synthesis and Determination of the Absolute Configuration of (-)-Idesolide 査読有り

    Hiroyuki Yamakoshi, Masatoshi Shibuya, Masaki Tomizawa, Yuji Osada, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   12 巻 ( 5 ) 頁: 980-983   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Highly Enantioseletive Intramolecular Aza-spiroannulation onto Indoles Using Chiral Rhodium Catalysis: Asymmetric Entry to the Spiro-beta-lactam Core of Chartellines 査読有り

    Shigeki Sato, Masatoshi Shibuya, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

      ( 41 ) 頁: 6264-6266   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. An Expedient Route to a Potent Gastrin/CCK-B Receptor Antagonist (+)-AG-041R 査読有り

    Shigeki Sato, Masatoshi Shibuya, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

    The Journal of Organic Chemistry   74 巻 ( 19 ) 頁: 7522-7524   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Syntheses of naturally occurring cytotoxic[7.7]paracyclophanes, (-)-cylindrocyclophane A and its enantiomer, and implication for biologycal activity

    Hiroyuki Yamakoshi, Fumiya Ikarashi, Masataka Minami, Masatoshi Shibuya, Tsutomu Sugahara, Naoki Kanoh, Hisatsugu Ohori, Hiroyuki Shibata, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic & Biomolecular Chemistry   7 巻 ( 18 ) 頁: 3772-3781   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. An Expeditious Entry to 9-Azabicyclo[3.3.1]nonane N-Oxyl (ABNO): Highly Active Organocatalyst for Oxidation of Alcohols 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Masaki Tomizawa, Yusuke Sasano, Yoshiharu Iwabuchi

    The Journal of the Organic Chemistry   74 巻 ( 12 ) 頁: 4619-4622   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Highly Enantioselective Organocatalytic Oxidative Kinetic Resolution of Secondary Alcohols Using Chirally Modified AZADOs 査読有り

    Organic Letters   11 巻 ( 8 ) 頁: 1829-1831   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Synthetic Studies on Daphnicyclidine A: Enantiocontrolled Construction of the BCD RIng System 査読有り

    Shuhei Ikeda, Masatoshi Shibuya, Naoki Kanoh, Yoshiharu Iwabuchi

    Organic Letters   11 巻 ( 8 ) 頁: 1833-1836   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Oxoammonium salt/NaClO2; An Expedient, Catalytic System for One-pot Oxidation of Primary Alcohols to Carboxylic Aicds with Broad Substrate Applicability 査読有り

    Masatoshi Shibuya, Takahisa Sato, Masaki Tomizawa, Yoshiharu Iwabuchi

    Chemical Communications   ( 13 ) 頁: 1739-1741   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Flexible Access to Monoterpenoid Indole Alkaloids Using a Cyclopentanoid Chiral Building Block 査読有り

    Masato Hayashi, Keniichi Motosawa, Atsushi Satoh, Masatoshi Shibuya, Kunio Ogasawara, Yoshiharu Iwabuchi

    Heterocycles   77 巻 ( 2 ) 頁: 855-863   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 1

  1. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボランによるフェニルアセチレンの求電子活性化を利用した三成分カップリング反応とその反応機構解析

    松田実季、澁谷正俊、山本芳彦

    日本薬学会 第141年会  2021年3月27日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

科研費 7

  1. 新規有機ニトロキシラジカル型酸化触媒の開発と神経栄養因子様活性天然物の合成

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究・公募研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    有機ニトロキシルラジカル触媒を用いる1,2-ジオールの酸化制御法の開発とセコプレジザン型セスキテルペノイドの全合成を目的として研究を行っている

  2. 触媒設計に基づく新しい選択性を発揮するアルコール酸化反応の開発

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    私たちがこれまでに開発した高活性アザアダマンタン型有機ニトロキシルラジカル型酸化触媒に,適度な立体要求性あるいは,分子認識部位を付与することによってこれまでにない選択性でポリオールの特定のアルコールのみを選択的に酸化する手法を開発する.

  3. ホウ素化合物の新規触媒特性の創出に基づく多置換複素環式化合物合成法の開発

    研究課題/研究課題番号:19K06973  2019年4月 - 2022年3月

    渋谷 正俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    窒素原子や酸素原子を含む環状構造は、生物活性化合物に広く含まれており、創薬探索研究においては、そのような構造を迅速に構築できる方法論の開発が望まれている。本研究では、毒性や希少性が問題とならない典型元素であるホウ素を中心元素とする触媒を用いる方法を開発する。特に、フッ素原子が複数置換したベンゼン環を持つホウ素化合物は、特異な性質を持つ潜在的機能性の高い触媒であることがこれまでの研究から示唆されており、本研究では、さらなる触媒特性を明らかにすることによって多置換複素環化合物の新しい合成法を開発する。
    本年度は、以前に開発したB(C6F5)3水和物を用いるアルキンの分子内ヒドロアルコキシ化/ヒドロ官能基化反応に関する知見を基に、アルキンに対する分子内ヒドロアミノ化/ヒドロ官能基化反応を検討した。その結果、B(C6F5)3水和物とアリルシランから反応系中でB(C6F5)3無水物を調製することで、スルホンアミドを基質とする分子内ヒドロアミノ化/ヒドロアリル化反応と分子内ヒドロアミノ化/ヒドロシアノ化反応が進行することを見出した。前者の反応では、プロトン源として嵩高い2,6-ジ-tert-ブチルフェノールを用いることが、目的の反応が効率的に進行するために重要であった。また、後者の反応では、シアン化物イオンのB(C6F5)3への配位を抑制することを目的とした反応条件の最適化が効率の改善に有効であった。加えて、アルキンに対する分子内ヒドロアルコキシ化/ヒドロフリル化反応も進行することを見出した。さらに、フェニルアセチレンを反応基質として、B(C6F5)3による求電子活性化を利用した分子間ヒドロ官能基化反応も検討した。その結果、計画した反応とは異なる興味深い三成分のカップリング反応が進行することを見出した。本反応の生成物は、3成分が興味深い結合形式でカップリングしており、現在DFT計算と実験的検証によって反応機構の解析を行っている。今後、反応機構を解明し、基質一般性の調査と有用物質への誘導を行っていく予定である。また、電子供与性置換基を持つフェニルアセチレンを基質として、分子間ヒドロアミノ化を経る反応が進行することも見出した。この反応についても、現在反応条件の最適化を行っている。
    当初の計画では想定していなかった興味深い三成分カップリング反応を見出したため、計画時より発展的な展開ができている。
    本年度見出した三成分カップリング反応について、DFT計算と実験的検証によって反応機構を明らかにするとともに、基質一般性を明らかにする。また、生成物の変換法を検討し、合成化学的な有用性も実証する。
    典型元素であるホウ素を中心元素とする触媒の特性を生かした形で、アルキンの分子間ヒドロアルコキシ化およびヒドロアミノ化反応を利用した多成分カップリング反応を開発し、本触媒系の有用性を拡張していく予定である。

  4. アルケンおよびアルキンの求電子的活性化を利用した分子構築法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K08162  2016年4月 - 2019年3月

    渋谷 正俊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    多様な分子構造をより迅速に構築できる化学合成手法が開発できれば、より多様な構造を持つ化合物が創薬研究の場において利用可能となるため、創薬研究の発展へとつながる。本研究では、カルボニル基を利用した分子構築法に比べ有機合成手法の開発が限定的となっている、アルケンやアルキンに着目し、それらを求電子的に活性化する新たな手法を開発することで、新しい複素環構築法を確立した。本研究で開発した手法では、多様な多置換複素環化合物が迅速に合成できる。
    創薬探索研究に課される時間的・経済的制限の中で、化学合成によって供給できる化合物の分子構造は、未だ限定的である。これまで利用できなかった、より多様な分子構造を持つ分子が供給できるようになれば、創薬研究の発展が期待できる。本研究では、特に創薬科学において重要となる化合物を、ブレンステッド酸触媒や典型元素を中心元素とする触媒によって迅速に合成できる手法の開発に成功した。

  5. 高活性有機酸化触媒アザアダマンタン型ニトロキシラジカルの不斉反応への展開

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 新規グルタミン酸配座固定化分子の合成に基づく受容体機能探索子の創製

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 新規ニトロキシラジカル型アルコール酸化触媒の展開と環境調和プロセスへの展開

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 2

  1. トリフルオロメチル置換セミスクアレートの製造方法,トリフルオロメチル置換セミスクアレートを起点とするトリフルオロメチル化合物の製造方法及びトリフルオロメチル基含有化合物

    山本芳彦,黒原崇,澁谷正俊

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2015-116151  出願日:2015年6月

    出願国:国内  

  2. α-ヒドロキシカルボン酸の製造方法

    澁谷正俊,山本芳彦,古川桂佑

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2014-128626  出願日:2014年6月

    出願国:国内  

    1,2-ジオールからα-ヒドロキシカルボン酸への酸化手法

 

担当経験のある科目 (本学) 15

  1. 有機化学5

    2020

  2. 先端有機化学

    2020

  3. 化学生命工学実験3

    2020

  4. 化学生命工学実験2

    2020

  5. 物質世界の認識

    2020

     詳細を見る

    分子レベルで見るにおい、味、色
    分子の左右ー薬の作用・副作用ー
    身近にある毒物
    なぜ薬で病気は治るのか

  6. 先端有機化学

    2018

  7. 有機融合実践演習

    2018

  8. 有機融合実践実習

    2018

  9. 創薬制御科学

    2018

  10. 有機化学IV

    2018

  11. 有機演習

    2013

  12. 物質世界の認識

    2013

  13. 基盤創薬学概論

    2013

  14. 有機融合実践実習

    2013

  15. 有機融合実践演習

    2013

▼全件表示