2021/03/19 更新

写真a

ヤマナカ アキヒロ
山中 章弘
YAMANAKA Akihiro
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 教授
大学院医学系研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2000年3月   筑波大学 ) 

経歴 4

  1. 名古屋大学 環境医学研究所・教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 自然科学研究機構 生理学研究所・准教授

    2008年2月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 筑波大学 基礎医学系・講師

    2002年12月 - 2008年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 筑波大学 先端学際領域研究センター・助手

    2000年4月 - 2002年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 筑波大学   医学系研究科

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本薬学会

    2011年5月 - 現在

  2. 日本生理学会

    2010年5月 - 現在

委員歴 1

  1. 生理学会 教育委員会   委員  

    2010年5月 - 現在   

 

論文 138

  1. Involvement of MCH-oxytocin neural relay within the hypothalamus in murine nursing behavior

    Kato Yoko, Katsumata Harumi, Inutsuka Ayumu, Yamanaka Akihiro, Onaka Tatsushi, Minami Shiro, Orikasa Chitose

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 )   2021年2月

  2. Accumbal D2R-medium spiny neurons regulate aversive behaviors through PKA-Rap1 pathway

    Lin You-Hsin, Yamahashi Yukie, Kuroda Keisuke, Faruk Omar, Zhang Xinjian, Yamada Kiyofumi, Yamanaka Akihiro, Nagai Taku, Kaibuchi Kozo

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   143 巻   2021年2月

  3. Hypothalamic perifornical Urocortin-3 neurons modulate defensive responses to a potential threat stimulus

    Horii-Hayashi Noriko, Nomoto Kensaku, Endo Nozomi, Yamanaka Akihiro, Kikusui Takefumi, Nishi Mayumi

    ISCIENCE   24 巻 ( 1 )   2021年1月

  4. Direct evidence that the brain reward system is involved in the control of scratching behaviors induced by acute and chronic itch

    Setsu Takao, Hamada Yusuke, Oikawa Daisuke, Mori Tomohisa, Ishiuji Yozo, Sato Daisuke, Narita Michiko, Miyazaki Shogo, Furuta Eri, Suda Yukari, Sakai Hiroyasu, Ochiya Takahiro, Tezuka Hiroyuki, Iseki Masako, Inada Eiichi, Yamanaka Akihiro, Kuzumaki Naoko, Narita Minoru

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   534 巻   頁: 624 - 631   2021年1月

  5. Fiberless Optogenetics

    Chowdhury Srikanta, Yamanaka Akihiro

    OPTOGENETICS: LIGHT-SENSING PROTEINS AND THEIR APPLICATIONS IN NEUROSCIENCE AND BEYOND, 2ND EDITION   1293 巻   頁: 407 - 416   2021年

  6. Serotonergic projections to the orbitofrontal and medial prefrontal cortices differentially modulate waiting for future rewards

    Miyazaki Katsuhiko, Miyazaki Kayoko W., Sivori Gaston, Yamanaka Akihiro, Tanaka Kenji F., Doya Kenji

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 48 )   2020年11月

  7. The mammalian circadian pacemaker regulates wakefulness via CRF neurons in the paraventricular nucleus of the hypothalamus

    Ono Daisuke, Mukai Yasutaka, Hung Chi Jung, Chowdhury Srikanta, Sugiyama Takashi, Yamanaka Akihiro

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 45 )   2020年11月

  8. The role of melanin concentrating hormone-producing neurons in the regulation of sleep and memory

    Yamanaka A.

    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH   29 巻   頁: 61 - 61   2020年9月

     詳細を見る

  9. Identification of substances which regulate activity of corticotropin-releasing factor-producing neurons in the paraventricular nucleus of the hypothalamus

    Mukai Yasutaka, Nagayama Ayako, Itoi Keiichi, Yamanaka Akihiro

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年8月

  10. Green-Sensitive, Long-Lived, Step-Functional Anion Channelrhodopsin-2 Variant as a High-Potential Neural Silencing Tool

    Kojima Keiichi, Miyoshi Natsuki, Shibukawa Atsushi, Chowdhury Srikanta, Tsujimura Masaki, Noji Tomoyasu, Ishikita Hiroshi, Yamanaka Akihiro, Sudo Yuki

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   11 巻 ( 15 ) 頁: 6214 - 6218   2020年8月

  11. Opposing Ventral Striatal Medium Spiny Neuron Activities Shaped by Striatal Parvalbumin-Expressing Interneurons during Goal-Directed Behaviors

    Yoshida Keitaro, Tsutsui-Kimura Iku, Kono Anna, Yamanaka Akihiro, Kobayashi Kenta, Watanabe Masahiko, Mimura Masaru, Tanaka Kenji F.

    CELL REPORTS   31 巻 ( 13 )   2020年6月

  12. VGLUT2-expressing neurons in the vestibular nuclear complex mediate gravitational stress-induced hypothermia in mice

    Abe Chikara, Yamaoka Yusuke, Maejima Yui, Mikami Tomoe, Yokota Shigefumi, Yamanaka Akihiro, Morita Hironobu

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   3 巻 ( 1 )   2020年5月

  13. Different roles of distinct serotonergic pathways in anxiety-like behavior, antidepressant-like, and anti-impulsive effects

    Ohmura Yu, Tsutsui-Kimura Iku, Sasamori Hitomi, Nebuka Mao, Nishitani Naoya, Tanaka Kenji F., Yamanaka Akihiro, Yoshioka Mitsuhiro

    NEUROPHARMACOLOGY   167 巻   2020年5月

  14. Orexin signaling in GABAergic lateral habenula neurons modulates aggressive behavior in male mice

    Flanigan Meghan E., Aleyasin Hossein, Li Long, Burnett C. Joseph, Chan Kenny L., LeClair Katherine B., Lucas Elizabeth K., Matikainen-Ankney Bridget, Cuttoli Romain Durand-de, Takahashi Aki, Menard Caroline, Pfau Madeline L., Golden Sam A., Bouchard Sylvain, Calipari Erin S., Nestler Eric J., DiLeone Ralph J., Yamanaka Akihiro, Huntley George W., Clem Roger L., Russo Scott J.

    NATURE NEUROSCIENCE   23 巻 ( 5 ) 頁: 638 - U84   2020年5月

  15. Dual orexin and MCH neuron-ablated mice display severe sleep attacks and cataplexy

    Hung Chi Jung, Ono Daisuke, Kilduff Thomas S., Yamanaka Akihiro

    ELIFE   9 巻   2020年4月

     詳細を見る

  16. Involvement of A13 dopaminergic neurons located in the zona incerta in nociceptive processing: a fiber photometry study

    Moriya Shunpei, Yamashita Akira, Masukawa Daiki, Setoyama Honami, Hwang Yunsu, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki

    MOLECULAR BRAIN   13 巻 ( 1 )   2020年4月

  17. Acute restraint stress augments the rewarding memory of cocaine through activation of alpha(1) adrenoceptors in the medial prefrontal cortex of mice

    Wada Shintaro, Yanagida Junko, Sasase Hitoki, Zhang Tong, Li Xueting, Kamii Hironori, Domoto Masaki, Deyama Satoshi, Hinoi Eiichi, Yamanaka Akihiro, Nishitani Naoya, Nagayasu Kazuki, Kaneko Shuji, Minami Masabumi, Kaneda Katsuyuki

    NEUROPHARMACOLOGY   166 巻   2020年4月

  18. The Role of Dorsal Raphe Serotonin Neurons in the Balance between Reward and Aversion

    Nagai Yuma, Takayama Kaito, Nishitani Naoya, Andoh Chihiro, Koda Masashi, Shirakawa Hisashi, Nakagawa Takayuki, Nagayasu Kazuki, Yamanaka Akihiro, Kaneko Shuji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 6 )   2020年3月

  19. Light-induced silencing of neural activity in Rosa26 knock-in and BAC transgenic mice conditionally expressing the microbial halorhodopsin eNpHR3

    Imayoshi Itaru, Tabuchi Sawako, Matsumoto Mami, Kitano Satsuki, Miyachi Hitoshi, Kageyama Ryoichiro, Yamanaka Akihiro

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年2月

  20. Involvement of supralemniscal nucleus (B9) 5-HT neuronal system in nociceptive processing: a fiber photometry study

    Moriya Shunpei, Yamashita Akira, Masukawa Daiki, Kambe Yuki, Sakaguchi Junichi, Setoyama Honami, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki

    MOLECULAR BRAIN   13 巻 ( 1 )   2020年1月

  21. Glutamatergic neurons in the medial prefrontal cortex mediate the formation and retrieval of cocaine-associated memories in mice

    Zhang Tong, Yanagida Junko, Kamii Hironori, Wada Shintaro, Domoto Masaki, Sasase Hitoki, Deyama Satoshi, Takarada Takeshi, Hinoi Eiichi, Sakimura Kenji, Yamanaka Akihiro, Maejima Takashi, Mieda Michihiro, Sakurai Takeshi, Nishitani Naoya, Nagayasu Kazuki, Kaneko Shuji, Minami Masabumi, Kaneda Katsuyuki

    ADDICTION BIOLOGY   25 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

  22. Acute nociceptive stimuli rapidly induce the activity of serotonin and noradrenalin neurons in the brain stem of awake mice

    Moriya Shunpei, Yamashita Akira, Nishi Ryusei, Ikoma Yoko, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki

    IBRO REPORTS   7 巻   頁: 1 - 9   2019年12月

  23. SEVERE CATAPLEXY IN A MOUSE MODEL OF CHILDHOOD NARCOLEPSY

    Coffey A., Bragg S., Yamanaka A., Scammell T.

    SLEEP MEDICINE   64 巻   頁: S77 - S77   2019年12月

     詳細を見る

  24. Transgenic Archaerhodopsin-3 Expression in Hypocretin/Orexin Neurons Engenders Cellular Dysfunction and Features of Type 2 Narcolepsy

    Williams Rhiannan H., Tsunematsu Tomomi, Thomas Alexia M., Bogyo Kelsie, Yamanaka Akihiro, Kilduff Thomas S.

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   39 巻 ( 47 ) 頁: 9435 - 9452   2019年11月

  25. Thin-fibre receptors expressing acid-sensing ion channel 3 contribute to muscular mechanical hypersensitivity after exercise

    Matsubara Takanori, Hayashi Koei, Wakatsuki Koji, Abe Masahiro, Ozaki Noriyuki, Yamanaka Akihiro, Mizumura Kazue, Taguchi Toru

    EUROPEAN JOURNAL OF PAIN   23 巻 ( 10 ) 頁: 1801 - 1813   2019年11月

     詳細を見る

  26. Mechanical allodynia induced by optogenetic sensory nerve excitation activates dopamine signaling and metabolism in medial nucleus accumbens

    Sugiyama Eiji, Kondo Takashige, Kuzumaki Naoko, Honda Kurara, Yamanaka Akihiro, Narita Minoru, Suematsu Makoto, Sugiura Yuki

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   129 巻   2019年10月

  27. REM sleep-active MCH neurons are involved in forgetting hippocampus-dependent memories

    Izawa Shuntaro, Chowdhury Srikanta, Miyazaki Toh, Mukai Yasutaka, Ono Daisuke, Inoue Ryo, Ohmura Yu, Mizoguchi Hiroyuki, Kimura Kazuhiro, Yoshioka Mitsuhiro, Terao Akira, Kilduff Thomas S., Yamanaka Akihiro

    SCIENCE   365 巻 ( 6459 ) 頁: 1308 - +   2019年9月

  28. CRISPR/Cas9-mediated in vivo gene editing reveals that neuronal 5-HT1A receptors in the dorsal raphe nucleus contribute to body temperature regulation in mice

    Nishitani Naoya, Ohmura Yu, Nagayasu Kazuki, Shibui Norihiro, Kaneko Shuji, Ohashi Akiko, Yoshida Takayuki, Yamanaka Akihiro, Yoshioka Mitsuhiro

    BRAIN RESEARCH   1719 巻   頁: 243 - 252   2019年9月

  29. GABA in the suprachiasmatic nucleus refines circadian output rhythms in mice

    Ono Daisuke, Honma Ken-ichi, Yanagawa Yuchio, Yamanaka Akihiro, Honma Sato

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   2 巻   2019年6月

  30. Dissociating orexin-dependent and - independent functions of orexin neurons using novel Orexin-Flp knock-in mice

    Chowdhury Srikanta, Hung Chi Jung, Izawa Shuntaro, Inutsuka Ayumu, Kawamura Meiko, Kawashima Takashi, Bito Haruhiko, Imayoshi Itaru, Abe Manabu, Sakimura Kenji, Yamanaka Akihiro

    ELIFE   8 巻   2019年6月

     詳細を見る

  31. GABA neurons in the ventral tegmental area regulate non-rapid eye movement sleep in mice

    Chowdhury Srikanta, Matsubara Takanori, Miyazaki Toh, Ono Daisuke, Fukatsul Noriaki, Abe Manabu, Sakimura Kenji, Sudo Yuki, Yamanaka Akihiro

    ELIFE   8 巻   2019年6月

     詳細を見る

  32. Preproenkephalin-expressing ventral pallidal neurons control inhibitory avoidance learning

    Macpherson Tom, Mizoguchi Hiroyuki, Yamanaka Akihiro, Hikida Takatoshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   126 巻   頁: 11 - 18   2019年6月

  33. Quantitation of the neural silencing activity of anion channelrhodopsins in Caenorhabditis elegans and their applicability for long-term illumination

    Yamanashi Taro, Maki Misayo, Kojima Keiichi, Shibukawa Atsushi, Tsukamoto Takashi, Chowdhury Srikanta, Yamanaka Akihiro, Takagi Shin, Sudo Yuki

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 7863   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-44308-x

    Web of Science

    PubMed

  34. Upconversion amplification through dielectric superlensing modulation

    Liang Liangliang, Teh Daniel B. L., Ngoc-Duy Dinh, Chen Weidiang, Chen Qiushui, Wu Yiming, Chowdhury Srikanta, Yamanaka Akihiro, Sum Tze Chien, Chen Chia-Hung, Thakor Nitish V, All Angelo H., Liu Xiaogang

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 1391   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-09345-0

    Web of Science

    PubMed

  35. Opposing Roles of Dopamine Receptor D1-and D2-Expressing Neurons in the Anteromedial Olfactory Tubercle in Acquisition of Place Preference in Mice

    Murata Koshi, Kinoshita Tomoki, Fukazawa Yugo, Kobayashi Kenta, Yamanaka Akihiro, Hikida Takatoshi, Manabe Hiroyuki, Yamaguchi Masahiro

    FRONTIERS IN BEHAVIORAL NEUROSCIENCE   13 巻   2019年3月

  36. Large Timescale Interrogation of Neuronal Function by Fiberless Optogenetics Using Lanthanide Micro-particles

    Miyazaki Toh, Chowdhury Srikanta, Yamashita Takayuki, Matsubara Takanori, Yawo Hiromu, Yuasa Hideya, Yamanaka Akihiro

    CELL REPORTS   26 巻 ( 4 ) 頁: 1033 - +   2019年1月

  37. Functional emergence of a column-like architecture in layer 5 of mouse somatosensory cortex in vivo

    Koizumi Kyo, Inoue Masatoshi, Chowdhury Srikanta, Bito Haruhiko, Yamanaka Akihiro, Ishizuka Toru, Yawo Hiromu

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   69 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 77   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-018-0618-4

    Web of Science

    PubMed

  38. Neuronal SIRT1 regulates macronutrient-based diet selection through FGF21 and oxytocin signalling in mice

    Matsui Sho, Sasaki Tsutomu, Kohno Daisuke, Yaku Keisuke, Inutsuka Ayumu, Yokota-Hashimoto Hiromi, Kikuchi Osamu, Suga Takayoshi, Kobayashi Masaki, Yamanaka Akihiro, Harada Akihiro, Nakagawa Takashi, Onaka Tatsushi, Kitamura Tadahiro

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 4604   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-07033-z

    Web of Science

    PubMed

  39. Partial ablation of the orexin field induces a sub-narcoleptic phenotype in a conditional mouse model of orexin neurodegeneration

    Black Sarah Wurts, Sun Jessica D., Santiago Pamela, Laihsu Alex, Kimura Nikki, Yamanaka Akihiro, Bersot Ross, Humphries Paul S.

    SLEEP   41 巻 ( 9 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/sleep/zsy116

    Web of Science

    PubMed

  40. Acute Aversive Stimuli Rapidly Increase the Activity of Ventral Tegmental Area Dopamine Neurons in Awake Mice

    Moriya Shunpei, Yamashita Akira, Kawashima Shigetaka, Nishi Ryusei, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki

    NEUROSCIENCE   386 巻   頁: 16 - 23   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2018.06.027

    Web of Science

    PubMed

  41. Calcium Transient Dynamics of Neural Ensembles in the Primary Motor Cortex of Naturally Behaving Monkeys

    Kondo Takahiro, Saito Risa, Otaka Masaki, Yoshino-Saito Kimika, Yamanaka Akihiro, Yamamori Tetsuo, Watakabe Akiya, Mizukami Hiroaki, Schnitzer Mark J., Tanaka Kenji F., Ushiba Junichi, Okano Hideyuki

    CELL REPORTS   24 巻 ( 8 ) 頁: 2191 - +   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2018.07.057

    Web of Science

    PubMed

  42. Inactivation of Serotonergic Neurons in the Rostral Medullary Raphe Attenuates Stress-Induced Tachypnea and Tachycardia in Mice

    Ikoma Yoko, Kusumoto-Yoshida Ikue, Yamanaka Akihiro, Ootsuka Youichirou, Kuwaki Tomoyuki

    FRONTIERS IN PHYSIOLOGY   9 巻   頁: 832   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fphys.2018.00832

    Web of Science

    PubMed

  43. Sex differences in olfactory-induced neural activation of the amygdala 査読有り

    Kikusui Takefumi, Kajita Mayu, Otsuka Natsumi, Hattori Tatsuya, Kumazawa Kanako, Watarai Akiyuki, Nagasawa Miho, Inutsuka Ayumu, Yamanaka Akihiro, Matsuo Naoki, Covington Herbert E. III, Mogi Kazutaka

    BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH   346 巻   頁: 96 - 104   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbr.2017.11.034

    Web of Science

    PubMed

  44. Role of GABA in the regulation of the central circadian clock of the suprachiasmatic nucleus

    Ono Daisuke, Honma Ken-ichi, Yanagawa Yuchio, Yamanaka Akihiro, Honma Sato

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   68 巻 ( 4 ) 頁: 333 - 343   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-018-0604-x

    Web of Science

    PubMed

  45. Opiates increase the number of hypocretin-producing cells in human and mouse brain and reverse cataplexy in a mouse model of narcolepsy

    Thannickal Thomas C., John Joshi, Shan Ling, Swaab Dick F., Wu Ming-Fung, Ramanathan Lalini, McGregor Ronald, Chew Keng-Tee, Cornford Marcia, Yamanaka Akihiro, Inutsuka Ayumu, Fronczek Rolf, Lammers Gert Jan, Worley Paul F., Siegel Jerome M.

    SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE   10 巻 ( 447 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scitranslmed.aao4953

    Web of Science

    PubMed

  46. Reward probability and timing uncertainty alter the effect of dorsal raphe serotonin neurons on patience

    Miyazaki Katsuhiko, Miyazaki Kayoko W., Yamanaka Akihiro, Tokuda Tomoki, Tanaka Kenji F., Doya Kenji

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻 ( 1 ) 頁: 2048   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-04496-y

    Web of Science

    PubMed

  47. Influence of High-Thermal-Conductivity Plastic With Negative Thermal Expansion Coefficient on Cooling Performance in Conduction-Cooled HTS Coils

    Takao Tomoaki, Suga Shota, Takano Taro, Kuboki Kazuya, Yamanaka Atsuhiko

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   28 巻 ( 3 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2017.2777837

    Web of Science

  48. Effect of ghrelin on the motor deficit caused by the ablation of nigrostriatal dopaminergic cells or the inhibition of striatal dopamine receptors

    Suda Yukari, Kuzumaki Naoko, Narita Michiko, Hamada Yusuke, Shibasaki Masahiro, Tanaka Kenichi, Tamura Hideki, Kawamura Takashi, Kondo Takashige, Yamanaka Akihiro, Narita Minoru

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   496 巻 ( 4 ) 頁: 1102 - 1108   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.01.145

    Web of Science

    PubMed

  49. Extracellular N-acetylaspartylglutamate released in the nucleus accumbens modulates the pain sensation: Analysis using a microdialysis/mass spectrometry integrated system

    Watanabe Moe, Sugiura Yuki, Sugiyama Eiji, Narita Michiko, Navratilova Edita, Kondo Takashige, Uchiyama Naohiko, Yamanaka Akihiro, Kuzumaki Naoko, Porreca Frank, Narita Minoru

    MOLECULAR PAIN   14 巻   頁: 1744806918754934   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1744806918754934

    Web of Science

    PubMed

  50. Involvement of orexin neurons in fasting- and central adenosine-induced hypothermia

    Futatsuki Takahiro, Yamashita Akira, Ikbar Khairunnisa Novita, Yamanaka Akihiro, Arita Kazunori, Kakihana Yasuyuki, Kuwaki Tomoyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 2717   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-21252-w

    Web of Science

    PubMed

  51. Anatomical Evidence for a Direct Projection from Purkinje Cells in the Mouse Cerebellar Vermis to Medial Parabrachial Nucleus

    Hashimoto Mitsuhiro, Yamanaka Akihiro, Kato Shigeki, Tanifuji Manabu, Kobayashi Kazuto, Yaginuma Hiroyuki

    FRONTIERS IN NEURAL CIRCUITS   12 巻   頁: 6   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fncir.2018.00006

    Web of Science

    PubMed

  52. Activation of ventral tegmental area dopaminergic neurons reverses pathological allodynia resulting from nerve injury or bone cancer

    Watanabe Moe, Narita Michiko, Hamada Yusuke, Yamashita Akira, Tamura Hideki, Ikegami Daigo, Kondo Takashige, Shinzato Tatsuto, Shimizu Takatsune, Fukuchi Yumi, Muto Akihiro, Okano Hideyuki, Yamanaka Akihiro, Tawfik Vivianne L., Kuzumaki Naoko, Navratilova Edita, Porreca Frank, Narita Minoru

    MOLECULAR PAIN   14 巻   頁: 1744806918756406   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1744806918756406

    Web of Science

    PubMed

  53. Oxytocin-Oxytocin Receptor Systems Facilitate Social Defeat Posture in Male Mice 査読有り

    Nasanbuyan Naranbat, Yoshida Masahide, Takayanagi Yuki, Inutsuka Ayumu, Nishimori Katsuhiko, Yamanaka Akihiro, Onaka Tatsushi

    ENDOCRINOLOGY   159 巻 ( 2 ) 頁: 763 - 775   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2017-00606

    Web of Science

    PubMed

  54. Parallel Arousal Pathways in the Lateral Hypothalamus

    Heiss Jaime E., Yamanaka Akihiro, Kilduff Thomas S.

    ENEURO   5 巻 ( 4 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/ENEURO.0228-18.2018

    Web of Science

    PubMed

  55. Lateral hypothalamic circuits for sleep-wake control

    Yamashita Takayuki, Yamanaka Akihiro

    CURRENT OPINION IN NEUROBIOLOGY   44 巻   頁: 94-100   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conb.2017.02.020

    Web of Science

  56. Pharmacogenetic manipulation of neuronal activity reveals a role of brain spinal trigeminal nucleus in reflex tearing.

    Izuta Yusuke, Shibuya Michiko, Onishi Erina, Toshihiro Imada, Nakamura Shigeru, Katagiri Ayano, Yamanaka Akihiro, Tsubota Kazuo

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   58 巻 ( 8 ) 頁: .   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  57. Lateral hypothalamic circuits for sleep-wake control.

    Yamashita T, Yamanaka A

    Current opinion in neurobiology   44 巻   頁: 94-100   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conb.2017.03.020

    PubMed

  58. Hypothalamic regulation of the sleep/wake cycle

    Ono Daisuke, Yamanaka Akihiro

    NEUROSCIENCE RESEARCH   118 巻   頁: 74 - 81   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.03.013

    Web of Science

    PubMed

  59. Challenges in the development of therapeutics for narcolepsy

    Black Sarah Wurts, Yamanaka Akihiro, Kilduff Thomas S.

    PROGRESS IN NEUROBIOLOGY   152 巻   頁: 89 - 113   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pneurobio.2015.12.002

    Web of Science

    PubMed

  60. Optogenetic identification of hypothalamic orexin neuron projections to paraventricular spinally projecting neurons 査読有り

    Dergacheva Olga, Yamanaka Akihiro, Schwartz Alan R., Polotsky Vsevolod Y., Mendelowitz David

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   312 巻 ( 4 ) 頁: H808 - H817   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00572.2016

    Web of Science

    PubMed

  61. TEMPORALLY CONTROLLED CELL-SPECIFIC ABLATION OF MELANIN-CONCENTRATING HORMONE (MCH) NEURONS ATTENUATE NON-REM SLEEP IN MICE

    Terao A., Ueno T., Okamatsu-Ogura Y., Kimura K., Tsunematsu T., Yamanaka A.

    SLEEP   40 巻   頁: A39 - A39   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. LATERAL HYPOTHALAMIC HYPOCRETIN AND NON-HYPOCRETIN NEURONS ACTIVATE PARALLEL AROUSAL PATHWAYS

    Heiss J. E., Yamanaka A., Kilduff T. S.

    SLEEP   40 巻   頁: A37 - A38   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  63. Activation of mu-opioid receptors in the hypothalamic paraventricular nucleus induces anti-tumor immune response

    Hamada Yusuke, Morita Kana., Ito Wataru, Fujimori Yuri, Kanao Naomi, Yoshida Sara, Narita Michiko, Tamura Hideki, Suzuki Masami, Aoki Kazunori, Yamanaka Akihiro, Kuzumaki Naoko, Narita Minoru

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S97-S97   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  64. Stressful condition via PVN-CRH neuron activation induces tumor progression

    Yoshida Sara, Hamada Yusuke, Shiboi Mio, Ito Wataru, Fujimori Yuri, Naomi Kanao, Ito Toshimasa, Narita Michiko, Tamura Hideki, Tezuka Hiroyuki, Yamanaka Akihiro, Kuzumaki Naoko, Narita Minoru

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S250-S250   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  65. Artificial nociceptive neuron activation aggravates tumor growth via an increase in VEGF

    Yoneyama Yuki, Kondo Takashige, Hamada Yusuke, Suda Yukari, Koike Tomoya, Narita Hiroki, Nieda Ayana, Narita Mitiko, Kuzumaki Naoko, Tamura Hideki, Yamamizu Kohei, Yamanaka Akihiro, Narita Minoru

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S250-S250   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  66. Activity measurement and manipulation of the hypothalamic neurons

    Yamanaka Akihiro

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133 巻 ( 3 ) 頁: S70-S70   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. Muscular mechanical hyperalgesia after lengthening contractions in rats depends on stretch velocity and range of motion 査読有り

    Hayashi K., Katanosaka K., Abe M., Yamanaka A., Nosaka K., Mizumura K., Taguchi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF PAIN   21 巻 ( 1 ) 頁: 125-139   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejp.909

    Web of Science

  68. A top-down cortical circuit for accurate sensory perception. 査読有り

    Manita S, Suzuki T, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, *Murayama M

    Neuron   86 巻 ( 5 ) 頁: 1304-1316   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2015.05.006.

    PubMed

  69. Atomistic design of microbial opsin-based blue-shifted optogenetics tools 査読有り

    Kato HE, Kamiya M, Sugo S, Ito J, Taniguchi R, Orito A, Hirata K, Inutsuka A,Yamanaka A, Maturana AD, Ishitani R, Sudo Y, Hayashi S, Nureki O

    Nature Communications   6 巻   頁: 7177   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms8177.

    PubMed

  70. Peripheral and spinal mechanisms of nociception in a rat reserpine-induced pain model 査読有り

    Taguchi T, Katanosaka K, Yasui M, Hayashi K, Yamashita M, Wakatsuki K, Kiyama H, Yamanaka A, Mizumura K

    Pain   156 巻 ( 3 ) 頁: 415-427   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1097/01.j.pain.0000460334.49525.5e.

  71. 睡眠障害「ナルコレプシー」の新規モデルマウスの作成 招待有り

    田淵紗和子、山中章弘

    月刊臨床神経科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 110-112   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  72. オレキシン受容体拮抗薬の作用メカニズム 招待有り

    常松友美、山中章弘

    睡眠医療   8 巻   頁: 500-506   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  73. Concurrent and robust regulation of feeding behaviors and metabolism by orexin neurons 査読有り

    Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A

    Neuropharmacology   85 巻   頁: 451-460   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.neuropharm.2014.06.015

  74. 光遺伝学(オプトジェネティクス)の応用 げっ歯類の場合 招待有り

    山中章弘

    ファルマシア   10 巻   頁: 968-972   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  75. Optogenetic activation of dorsal raphe serotonin neurons enhances patience for future rewards 査読有り

    Miyazaki KW, Miyazaki K, Tanaka KF, Yamanaka A, Takahashi A, Tabuchi S, Doya K

    Curr Biol   24 巻 ( 17 ) 頁: 2033-2040   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.cub.2014.07.041.

  76. GABAB agonism promotes sleep and reduces cataplexy in murine narcolepsy 査読有り

    Black SW, Morairty SR, Chen TM, Leung AK, Wisor JP, *Yamanaka A, *Kilduff TS

    J Neurosci   34 巻 ( 19 ) 頁: 6485-6494   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1523/JNEUROSCI.0080-14.2014

  77. Conditional ablation of orexin/hypocretin neurons: A new mouse model for the study of narcolepsy and orexin system function

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Black SW, Tominaga M, Maruyama M, Takagi K, Minokoshi Y, Sakurai T, *Kilduff TS, *Yamanaka A

    J Neurosci   34 巻 ( 19 ) 頁: 6495-6509   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1523/JNEUROSCI.0073-14.2014

  78. Optogenetic manipulation of activity and temporally-controlled cell-specific ablation reveal a role for MCH neurons in sleep/wake regulation 査読有り

    Tsunematsu T,Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A,Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, *Yamanaka A

    J Neurosci   34 巻 ( 20 ) 頁: 6896-6909   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1523/JNEUROSCI.5344-13.2014

  79. Modulation of water efflux through functional interaction between TRPV4 and TMEM16A/anoctamin 1 査読有り

    Takayama Y, Shibasaki K, Suzuki Y, Yamanaka A, Tominaga M

    FASEB J   28 巻 ( 5 ) 頁: 2238-48   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1096/fj.13-243436

  80. 基礎の基礎 招待有り

    山中章弘

    細胞工学【特集】オプトジェネティクスを用いた神経機能操作の現在地-光で行動をコントロールする   33 巻 ( 3 ) 頁: 238-242   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  81. 睡眠覚醒の制御 招待有り

    山中章弘

    細胞工学【特集】オプトジェネティクスを用いた神経機能操作の現在地-光で行動をコントロールする   33 巻 ( 3 ) 頁: 264-269   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  82. Optogenetic countering of glial acidosis suppress glial glutamate release and ischemic brain damage 査読有り

    Beppu K, Sasaki T, Tanaka KF, Yamanaka A, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K

    Neuron   81 巻 ( 2 ) 頁: 314-320   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Optogenetic activation of serotonergic neurons enhances anxiety-like behavior in mice 査読有り

    *Ohmura Y, Tanaka KF, Tsunematsu T, *Yamanaka A,Yoshioka M,

    Int J Neuropsychopharmacology     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Optogenetic manipulation of activity and temporally-controlled cell-specific ablation reveal a role for MCH neurons in sleep/wake regulation 査読有り

    Tsunematsu T,Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A,Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, *Yamanaka A

    J Neurosci     頁: in press   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Long-lasting silencing of orexin/hypocretin neurons using archaerhodopsin induces slow-wave sleep in mice 招待有り 査読有り

    Tsunematsu T,Tabuchi S, Tanaka KF, Boyden Edward S, Tominaga M, Yamanaka A

    Behavioural Brain Research   255 巻   頁: 64-74   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbr.2013.05.021

  86. Greatly increased numbers of histamine cells in human narcolepsy with cataplexy 査読有り

    John J, Thannickal TC, McGregor R, Ramanathan L, Ohtsu H, Nishino S, Sakai N, Yamanaka A, Stone C, Cornford M, Siegel JM

    Ann Neurol   74 巻 ( 6 ) 頁: 786-793   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/ana.23968.

  87. Influence of inhibitory serotonergic inputs to orexin/hypocretin neurons on the diurnal rhythm of sleep and wakefulness 査読有り

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Kilduff Thomas S, Sugio S, Xu M, Tanaka KF, Takahashi S, Tominaga M, Yamanaka A

    Sleep   36 巻 ( 9 ) 頁: 1391-404   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5665/sleep.2972

  88. Chronic alterations in monoaminergic cells in the locus coeruleus in orexin neuron-ablated narcoleptic mice 査読有り

    Tsujino N, Tsunematsu T,Uchigashima M, Konno K,Yamanaka A, Kobayashi K, Watanabe M, Koyama Y, Sakurai T

    PLoS ONE   8 巻 ( 7 ) 頁: e70012   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0070012

  89. Nociception originating from the crural fascia in rats 査読有り

    Taguchi T, Yasui M, Kubo A, Abe M, Kiyama H, Yamanaka A, Mizumura K

    Pain   154 巻 ( 7 ) 頁: 1103-14   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.pain.2013.03.017.

  90. 睡眠覚醒ニューロンの老化 招待有り 査読有り

    山中章弘

    アンチ・エイジング医学   9 巻 ( 2 ) 頁: 41-46   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  91. オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒操作 招待有り

    山中章弘

    生体の科学 [特集]神経回路の計測と操作   64 巻 ( 1 ) 頁: 65-71   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  92. 光による睡眠覚醒の制御と疾患研究 招待有り

    山中章弘

    レーザー研究 「生命機能の創発を理解する光操作とイメージングの最前線」特集号    41 巻 ( 2 ) 頁: 92-97   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  93. The regulation of sleep and wakefulness by the hypotalamic neuropeptide orexin/hypocretin 招待有り 査読有り

    INUTSUKA Ayumu, YAMANAKA Akihiro

    Nagoya Journal of Medical Science   75 巻   頁: 29-36   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  94. The physiological role of orexin/hypocretin neurons in the regulation of sleep/wakefulness and neuroendocrine functions 招待有り 査読有り

    INUTSUKA Ayumu, YAMANAKA Akihiro

    Frontiers in Endocrinology     2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389

  95. オレキシン神経による睡眠覚醒調節 招待有り

    山中章弘

      31 巻 ( 2 ) 頁: 160-163   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  96. Light-induced silencing of neural activity in Rosa26 knock-in mice conditionally expressing the microbial halorhodopsin eNpHR2.0. 査読有り

    IMAYOSHI Itaru, TABUCHI Sawako, HIRANO Kyoko, SAKAMOTO Masayuki, KITANO Satsuki, MIYACHI Hitoshi, YAMANAKA Akihiro, KAGEYAMA Ryoichiro

    Neuroscience Research   75 巻 ( 1 ) 頁: 53-58   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. The manipulation of neural and cellular activities by ectopic expression of melanopsin 査読有り

    KOIZUMI Amane,TANAKA Kenji F, YAMANAKA Akihiro

    Neuroscience Research   75 巻 ( 1 ) 頁: 3-5   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Ectopic expression of melanopsin in orexin/hypocretin neurons enables control of wakefulness of mice in vivo by blue light 査読有り

    TSUNEMATSU Tomomi, TANAKA Kenji F, YAMANAKA Akihiro, KOIZUMI Amane

    Neuroscience Research   75 巻 ( 1 ) 頁: 23-28   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. オプトジェネティクス(光遺伝学)を用いたインビボにおける特定神経細胞活動制御法 招待有り

    山中章弘

    日本薬理学会誌   140 巻   頁: 280-284   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  100. Expanding the repertoire of optogenetically targeted cells with an enhanced gene expression system 査読有り

    Tanaka K F, Matsui K, Sasaki T, Sano Hiromi, Sugio S, Fan K, Hen R, Nakai J, Yanagawa Y, Hasuwa H, Okabe M, Deisseroth K, Ikenaka K, Yamanaka A

    Cell Reports   2 巻 ( 2 ) 頁: 397-406   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. The role of orexin/hypocretin in the central nervous system and peripheral tissues

    Tsunematsu T, Yamanaka A

    Vitam Horm   89 巻   頁: 19-33   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Light-induced silencing of neural activity in Rosa26 knock-in mice contitionally expressing the microbial halorhodopsin eNpHR2.0. 査読有り

    Imayoshi I, Tabuchi S, Hirano K, Sakamoto M, Kitano S, Miyachi H, Yamanaka A, Kageyama R

    Neurosci Res   in press 巻   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2012.03.008

  103. Ectopic expression of melanopsin in orexin/hypocretin neurons enables control of wakefulness of mice in vivo by blue light. 査読有り

    Tsunematsu T, Tanaka KF, Yamanaka A, Koizumi A

    Neurosci Res   in press 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2012.07.005

  104. The manipulation of neural and cellular activities by ectopic expression of melanopsin. 査読有り

    Koizumi A, Tanaka KF, Yamanaka A

    Neurosci Res   in press 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2012.07.010

  105. Acute optogenetic silencing of orexin/hypocretin neurons induces slow wave sleep in mice 査読有り

    Tsunematsu T, Kilduff TS, Boyden ES, Takahashi S, Tominaga M, *Yamanaka A

    J Neurosci   31 巻 ( 29 ) 頁: 10529-10539   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Neuropeptide B induces slow wave sleep in mice 査読有り

    Hirashima N, Tsunematsu T, Ichiki K, Tanaka H, Kilduff TS, *Yamanaka A

    Sleep   34 巻   頁: 31-37   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Involvement of TRPV2 activation in intestinal movement through nitric oxide production in mice 査読有り

    Mihara H, Boudaka A, Shibasaki K, Yamanaka A, Sugiyama T, Tominaga M

    J Neurosci   30 巻 ( 49 ) 頁: 16536-16544   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Orexin Directly Excites Orexin Neurons through Orexin 2 Receptor. 査読有り

    *Yamanaka A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Fukazawa Y, Tominaga M

    J Neurosci   30 巻 ( 38 ) 頁: 12642-12652   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. New Approaches for the Study of Orexin Function 査読有り

    Yamanaka A, Tsunematsu T

    J Neuroendocrinol   22 巻 ( 7 ) 頁: 818-824   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Activation of polycystic kidney disease-2-like 1 (PKD2L1)-PKD1L3 complex by acid in mouse taste cells 査読有り

    Kawaguchi H, Yamanaka A, Uchida K, Shibasaki K, Sokabe T, Maruyama Y, Yanagawa Y, Murakami S, Tominaga M

    J Biol Chem   285 巻 ( 23 ) 頁: 17277-17281   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Hypocretin/orexin and nociceptin/orphanin FQ coordinately regulate analgesia in a mouse model of stress-induced analgesia. 査読有り

     Xie X, Wisor J, Hara J, Crowder T, LeWinter R, Khroyan T, Yamanaka A, Diano S, Horvath T, Sakurai T, Toll L, Kilduff TS

    J Clinical Inv   118 巻 ( 7 ) 頁: 2471-2481   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Vasopressin increases locomotion through a V1a receptor in the orexin/hypocretin neurons- implication for water homeostasis 査読有り

    Tsunematsu T, Fu L, *Yamanaka A, Ichiki K, Tanoue A, Sakurai T, van den Pol AN

    J Neurosci   28 巻 ( 1 ) 頁: 228-238   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. GABA(B) receptor-mediated modulation of hypocretin/orexin neurones in mouse hypothalamus 査読有り

    Xie X, Crowder TL, Yamanaka A, Morairty SR, Lewinter RD, Sakurai T, Kilduff TS

    J Physiol   574 巻 ( 2 ) 頁: 399-414   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Orexin neurons are directly and indirectly regulated by catecholamines in a complex manner. 査読有り

    *Yamanaka A, Muraki Y, Ichiki K, Tsujino N, Kilduff TS, Goto K, Sakurai T

    J Neurophysiol   96 巻 ( 1 ) 頁: 284-298   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Stretch-induced triphosphorylation of myosin light chain and myogenic tone in canine basilar artery. 査読有り

    Obara K, Uchino M, Koide M, Yamanaka A, Nakayama K

    Eur J Pharmacol   534 巻 ( 1-3 ) 頁: 141-151   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. A neuropeptide ligand of the G protein-coupled receptor GPR103 regulates feeding, behavioral arousal and blood pressure in mice. 査読有り

    Takayasu S, Sakurai T, Iwasaki S, Teranishi H, Yamanaka A, Williams SC, Iguchi H, Kawasawa YI, Ikeda Y, Sakakibara I, Ohno K, Ioka RX, Murakami S, Dohmae N, Xie J, Suda T, Motoike T, Ohuchi T, Yanagisawa M, Sakai J

    Proc Natl Acad Sci U S A   103 巻 ( 19 ) 頁: 7438-7443   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Des-acyl ghrelin induces food intake by a mechanism independent of the growth hormone secretagogue receptor. 査読有り

    Toshinai K, Yamaguchi H, Sun Y, Smith RG, Yamanaka A, Sakurai T, Date Y, Mondal MS, Shimbara T, Kawagoe T, Murakami N, Miyazato M, Kangawa K, Nakazato M

    Endocrinology   147 巻 ( 5 ) 頁: 2306-2314   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Cholecystokinin activates orexin/hypocretin neurons through the cholecystokinin A receptor. 査読有り

    Tsujino N, *Yamanaka A, Ichiki K, Muraki Y, Kilduff TS, Yagami K, Takahashi S, Goto K, Sakurai T

    J Neurosci   25 巻 ( 32 ) 頁: 7459-7469   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Input of orexin/hypocretin neurons revealed by a genetically encoded tracer in mice. 査読有り

    Sakurai T, Nagata R, Yamanaka A, Kawamura H, Tsujino N, Muraki Y, Kageyama H, Kunita S, Takahashi S, Goto K, Koyama Y, Shioda S, Yanagisawa M

    Neuron   46 巻 ( 2 ) 頁: 297-308   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Interaction between the corticotropin-releasing factor system and hypocretins (orexins): a novel circuit mediating stress response. 査読有り

    Winsky-Sommerer R, Yamanaka A, Diano S, Borok E, Roberts AJ, Sakurai T, Kilduff TS, Horvath TL, de Lecea L

    J Neurosci   24 巻 ( 50 ) 頁: 11439-11448   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Serotonergic regulation of the orexin/hypocretin neurons through the 5-HT1A receptor. 査読有り

    Muraki Y, *Yamanaka A, Tsujino N, Kilduff TS, Goto K, Sakurai T

    J Neurosci   24 巻 ( 32 ) 頁: 7159-7166   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Orexins (hypocretins) directly interact with neuropeptide Y, POMC and glucose-responsive neurons to regulate Ca 2+ signaling in a reciprocal manner to leptin: orexigenic neuronal pathways in the mediobasal hypothalamus. 査読有り

    Muroya S, Funahashi H, Yamanaka A, Kohno D, Uramura K, Nambu T, Shibahara M, Kuramochi M, Takigawa M, Yanagisawa M, Sakurai T, Shioda S, Yada T

    Eur J Neurosci   19 巻 ( 6 ) 頁: 1524-1534   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Orexin receptor type-1 couples exclusively to pertussis toxin-insensitive G-proteins, while orexin receptor type-2 couples to both pertussis toxin-sensitive and -insensitive G-proteins. 査読有り

    Zhu Y, Miwa Y, Yamanaka A, Yada T, Shibahara M, Abe Y, Sakurai T, Goto K

    J Pharmacol Sci   92 巻 ( 3 ) 頁: 259-266   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Hypothalamic orexin neurons regulate arousal according to energy balance in mice. 査読有り

    Yamanaka A, Beuckmann CT, Willie JT, Hara J, Tsujino N, Mieda M, Tominaga M, Yagami K, Sugiyama F, Goto K, Yanagisawa M, Sakurai T

    Neuron   38 巻 ( 5 ) 頁: 701-713   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Characterization of a family of endogenous neuropeptide ligands for the G protein-coupled receptors. 査読有り

    Tanaka H, Yoshida T, Miyamoto N, Motoike T, Kurosu H, Shibata K, Yamanaka A, Williams SC,Richardson JA, Tsujino N, Garry MG, Lerner MR, King DS, O'Dowd BF, Sakurai T, Yanagisawa M

    Proc Natl Acad Sci U S A   100 巻 ( 10 ) 頁: 6251-6256   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Regulation of orexin neurons by the monoaminergic and cholinergic systems 査読有り

    Yamanaka A, Muraki Y, Tsujino N, Goto K, Sakurai T

    Biochem Biophys Res Commun   303 巻 ( 1 ) 頁: 120-129   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Orexin-mediated feeding behavior involves both leptin-sensitive and -insensitive pathways. 査読有り

    Zhu Y, Yamanaka A, Kunii K, Tsujino N, Goto K, Sakurai T

    Physiol Behav   77 巻 ( 2-3 ) 頁: 251-257   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Effects of orexin on cultured porcine adrenal medullary and cortex cells 査読有り

    Nanmoku T, Isobe K, Sakurai T, Yamanaka A, Takekoshi K, Kawakami Y, Goto K, Nakai T

    Regul Pept   104 巻 ( 1-3 ) 頁: 125-130   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Orexins activate histaminergic neurons via the orexin 2 receptor. 査読有り

    Yamanaka A, Tsujino N, Funahashi H, Honda K, Guan JL, Wang QP, Tominaga M, Goto K, Shioda S, Sakurai T

    Biochem Biophys Res Commun   290 巻 ( 4 ) 頁: 1237-1245   2002年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Involvement of different activator Ca(2+) in the rate-dependent stretch-induced contractions of canine basilar artery. 査読有り

    Obara K, Saito M, Yamanaka A, Uchino M, Nakayama K

    Jpn J Physiol   51 巻 ( 3 ) 頁: 327-335   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Mice lacking the M3 muscarinic acetylcholine receptor are hypophagic and lean. 査読有り

    Yamada M, Miyakawa T, Duttaroy A, Yamanaka A, Moriguchi T, Makita R, Ogawa M, Chou CJ, Xia B, Crawley JN, Felder CC, Deng CX, Wess J

    Nature   410 巻 ( 6825 ) 頁: 207-12   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Orexins suppress catecholamine synthesis and secretion in cultured PC12 cells. 査読有り

    Nanmoku T, Isobe K, Sakurai T, Yamanaka A, Takekoshi K, Kawakami Y, Ishii K, Goto K, Nakai T

    Biochem Biophys Res Commun   274 巻 ( 2 ) 頁: 310-315   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Subtype-specific trafficking of endothelin receptors. 査読有り

    Abe Y, Nakayama K, Yamanaka A, Sakurai T, Goto K

    J Biol Chem   275 巻 ( 12 ) 頁: 8664-8671   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Orexin-induced food intake involves neuropeptide Y pathway 査読有り

    Yamanaka A, Kunii K, Nambu T, Tsujino N, Sakai A, Matsuzaki I, Miwa Y, Goto K, Sakurai T

    Brain Res   859 巻 ( 2 ) 頁: 404-409   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Chronic intracerebroventricular administration of orexin-A to rats increases foodintake in daytime, but has no effect on body weight. 査読有り

    Yamanaka A, Sakurai T, Katsumoto T, Yanagisawa M, Goto K

    Brain Res   859 巻 ( 1-2 ) 頁: 248-252   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Orexins/hypocretins regulate drinking behaviour. 査読有り

    Kunii K, Yamanaka A (co-lead author) Nambu T, Matsuzaki I, Goto K, Sakurai T

    Brain Res   842 巻 ( 1 ) 頁: 256-261   1999年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Characterization of endothelium-dependent relaxation independent of NO and prostaglandins in guinea pig coronary artery. 査読有り

    Yamanaka A, Ishikawa T, Goto K

    J Pharmacol Exp Ther   285 巻 ( 2 ) 頁: 480-489   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Local neurogenic regulation of rat hindlimb circulation: CO2-induced release of calcitonin gene-related peptide from sensory nerves. 査読有り

    Yamada M, Ishikawa T, Yamanaka A, Fujimori A, Goto K

    Br J Pharmacol   122 巻 ( 4 ) 頁: 710-714   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 分子脳科学 分子から脳機能と心に迫る 15. 食欲、肥満

    犬束歩、山中章弘( 担当: 共著)

    化学同人  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. プログレッシブ生命科学: 時間単位のリズム

    犬束歩、山中章弘( 担当: 共著)

    南山堂  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. オプトジェネティクス-光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線-  【総論】応用研究最前線 第3編オプトジェネティクスの応用研究 

    山中章弘( 担当: 共著)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. オプトジェネティクス-光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線-  第4節 オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒の制御 第3編オプトジェネティクスの応用研究 第1章 神経科学研究への応用

    常松友美、山中章弘( 担当: 共著)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 脳を知る・創る・守る・育む  睡眠覚醒の脳科学

    山中章弘( 担当: 共著)

    株式会社クバプロ  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 脳を知る・創る・守る・育む  パネルディスカッション「脳科学研究これからの二十年」

    小早川令子、池谷裕二、笠井清登、山中章弘( 担当: 共著)

    株式会社クバプロ  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 191

  1. Manipulation of specific neurons using optogenetics or pharmacogenetics

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. オレキシンとは? 睡眠覚醒調節における役割について 国際会議

    山中章弘

    尾北医師会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名鉄犬山ホテル   国名:日本国  

  3. Study of neuroendocrine system in hypothalamus using optogenetics and pharmacogenetics 国際会議

    Yamanaka A

    Seoul International Congress of Endocrinology and Metabolism 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月 - 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. オレキシンとは? 睡眠覚醒調節における役割について

    山中章弘

    岡崎内科医会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎市医師会公衆衛生センター   国名:日本国  

  5. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた内分泌研究

    山中章弘、犬束 歩、常松友美、山下 哲

    第88回日本内分泌学会学術総会 シンポジウム11(Basic):視床下部研究の最近の進歩 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ホテルニューオータニ   国名:日本国  

  6. オレキシンとは? 睡眠覚醒調節における役割について

    山中章弘

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京王プラザホテル   国名:日本国  

  7. リズムと本能行動調節のメカニズム

    山中章弘

    第92回日本生理学会大会 シンポジウム: 流れる時と繰り返す時間の解剖生理学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸国際会議場   国名:日本国  

  8. 特定神経活動操作による神経回路機能の解明

    山中章弘、犬束 歩、山下 哲

    第88回日本薬理学会年会 シンポジウム「特定細胞ネットワーク活性制御システムの脳機能/脳疾患解析への応用:脳細胞のシングルセルアナリシスへの挑戦」  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  9. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    第88回日本薬理学会年会 ランチョンセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  10. 光遺伝学を用いた行動発現制御

    山中章弘

    大阪大学蛋白質研究所セミナー「光運動反応・光センサー蛋白質・光遺伝学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  11. オレキシンとは?睡眠覚醒調節における役割について

    山中章弘

    第25回日本老年医学会地方会ランチョンセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学コラボステーションI   国名:日本国  

  12. How does the brain regulate sleep/wakefulness?

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. オレキシンとは?睡眠覚醒調節における役割について

    山中章弘

    不眠症治療学術講演会~これからの不眠症治療を考える~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京第一ホテル錦   国名:日本国  

  14. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    愛知県精神科学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋マリオットアソシアホテル   国名:日本国  

  15. オレキシンの基礎的なメカニズム及び臨床治験におけるSuvorexantの有効性・安全性

    山中章弘

    八代市群学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:セレクトロイヤル八代   国名:日本国  

  16. 光で行動を操作する~光遺伝学を用いた神経回路研究~

    山中章弘

    愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所共同研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:春日井   国名:日本国  

  17. 光遺伝学を組み合わせた多角的解析による本能行動調節機構の解明

    山中章弘

    第 6 回 日本安全性薬理研究会 学術年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学弥生講堂   国名:日本国  

  18. Development of new tools for multiple selected gene expression control for specific neural pathway labeling in vivo using trans synaptic Cre recombinase 国際会議

    Yamanaka A

    SRI International Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    新宿エリア睡眠障害関連学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京王プラザホテル   国名:日本国  

  20. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた行動発現メカニズムの解明

    山中章弘

    第2回包括的神経グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋 オースプラザ   国名:日本国  

  21. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた神経活動操作による行動発現機序解明

    山中章弘

    第58回「脳の医学・生物学研究会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学医学部   国名:日本国  

  22. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた特定神経活動操作による行動発現機構の解明

    山中章弘

    奈良県立医科大学 医学特別講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:橿原   国名:日本国  

  23. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた特定神経活動操作による行動発現機構の解明

    山中章弘

    視覚科学統合研究センター・戦略的研究基盤形成事業「網膜回路と視覚応答制御のシステムダイナミクス解明プロジェクト」講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立命館大学 草津   国名:日本国  

  24. オプトジェネティクスを用いた覚醒・ノンレム睡眠・レム睡眠の制御

    山中章弘

    第35回日本レーザー医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京王プラザホテル   国名:日本国  

  25. オレキシンとは?睡眠覚醒調節における役割について

    山中章弘

    愛媛県オレキシン学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  26. オレキシンの基礎的なメカニズム及び臨床治験におけるSuvorexantの有効性・安全性

    山中章弘

    田原市医師会生涯教育研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:田原   国名:日本国  

  27. 光遺伝学を用いた精神神経薬理研究

    山中章弘

    第44回日本神経精神薬理学会 教育セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  28. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    島根県不眠症学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松江   国名:日本国  

  29. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    スボレキサント学術講演会~不眠症治療の新たな展望~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山全日空ホテル   国名:日本国  

  30. 睡眠覚醒の最新の脳科学

    山中章弘

    幸田町 ものづくり企業情報懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知工科大学   国名:日本国  

  31. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

    神奈川県睡眠障害学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東急ベイ横浜   国名:日本国  

  32. 眠るとは?起きるための脳の仕組み

    山中章弘

    日本交通株式会社講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  33. オレキシンの基礎的なメカニズム

    山中章弘

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京ベイ幕張   国名:日本国  

  34. Regulatory mechanism of sleep/wakefulness revealed by using optogenetics 国際会議

    Yamanaka A

    16th International Conference on Retinal Proteins 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. Neural regulatory mechanism of state transitions: wakefulness, non-REM and REM sleep

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. 覚醒ーノンレム睡眠ーレム睡眠調節における視床下部メラニン凝集ホルモン産生神経の役割

    山中 章弘 、犬束 歩、常松 友美

    第37回日本神経科学大会 シンポジウム 光遺伝学や化学遺伝学を用いた神経回路機能操作と行動制御 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:パシフィコ横山   国名:日本国  

  37. 機能的コネクトームによる本能行動制御に関わる神経機構の解明

    山中章弘

    第37回日本神経科学大会Lunch Time Mini Symposia 日米科学技術協力事業「脳研究」分野 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:パシフィコ横山   国名:日本国  

  38. 覚醒・ノンレム睡眠・レム睡眠を切り替える脳の仕組み~光遺伝学・薬理遺伝学を用いた解析~

    山中章弘

    北海道大学薬学研究院 大学院セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  39. Orexin/hypocretin and its physiological roles 国際会議

    Yamanaka A

    5th International Symposium on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (PPTR) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. Behavior control using optogenetics and pharmacogenetics

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. 光や化学物質を用いた標的神経の活動操作による個体行動制御

    山中章弘

    電気学会 「ナノメディシンに向けた光・量子ビーム応用技術調査専門委員会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  42. Activity control or fate control of melanin concentrating hormone (MCH)-containing neurons 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T

    Korean Association for Laboratory Animal Science 2014 International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. Behavior control by activity manipulatino of hypothalamic neurons using optogenetics 国際会議

    Yamanaka A

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. Manipulation of neural activity and behavior control

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. ニコチン依存形成における視床下部オレキシン神経細胞の役割

    山中章弘、田中謙二

    喫煙科学財団第29回平成25年度助成研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  46. 睡眠覚醒調節におけるオレキシン神経の役割

    山中章弘

    日本睡眠学会第39回定期学術集会 シンポジウム:オレキシンの基礎から臨床 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  47. Behavior Control by Activity Manipulation of Hypothalamic Neurons Using Optogenetics 国際会議

    Yamanaka A

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  48. 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた特定神経活動操作による行動発現機構解析

    山中章弘

    島根大学大学院セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:島根大学   国名:日本国  

  49. 覚醒・ノンレム・レム睡眠を切り替える脳内の仕組み

    山中章弘

    第5回 宮崎メディカルアカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎大学   国名:日本国  

  50. New tools for in vivo control of multiple selected gene expressions in specific neural pathways using trans-synaptic Cre recombinase

    RIKEN BSI Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. New tools for in vivo control of multiple selected gene expressions in specific neural pathways using trans-synaptic Cre recombinase

    RIKEN BSI Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. 化合物を用いて神経活動を操作し、行動発現機序解明をおこなう研究の新展開

    山中章弘、犬束 歩、常松友美、田淵紗和子

    日本化学会第94春季年会(2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  53. 神経活動操作を用いた睡眠覚醒調節に関わる神経回路の動作原理

    山中章弘

    第87回日本薬理学会年会 シンポジウム2:最先端技術による神経回路網の多次元解析と脳内微小環境構造の可視化;脳疾患の原因解明を目指して 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  54. 光遺伝学を用いた睡眠覚醒制御に関わる視床下部神経活動の操作

    常松友美、山中章弘

    第87回日本薬理学会年会 シンポジウム21: 光遺伝学による薬理学研究の新しい展開 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. 視床下部神経による覚醒・ノンレム睡眠・レム睡眠調節メカニズム

    常松友美、山中章弘

    第91回日本生理学会大会 シンポジウム11: 生理機能と時間:流れる時と繰り返す時間 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  56. 光遺伝学・薬理遺伝学を用いた神経活動操作と行動制御

    山中章弘

    第91回日本生理学会大会 教育講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  57. 投射経路別遺伝子発現誘導による回路機能操作

    山中章弘、犬束歩、清水景太

    第1回甲府脳研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:甲府   国名:日本国  

  58. 光遺伝学,薬理遺伝学を用いた視床下部神経回路の機能操作と行動制御

    山中章弘

    CNS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  59. 光遺伝学を用いた視床下部神経活動の操作による睡眠覚醒の制御 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  60. 脳を育む睡眠と覚醒の最新の脳科学

    山中章弘

    第224回 刈谷内科医会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:刈谷   国名:日本国  

  61. The physiological role of orexin/hypocretin neurons on sleep/wakefulness regulation 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T, Tabuchi S, Inutsuka A

    2014 Meeting of the Australasian Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  62. オプトジェネティクスを用いた神経活動操作による本能行動制御メカニズムの解明

    山中章弘

    第16回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  63. 脳を育む睡眠と覚醒の最新の脳科学

    山中章弘

    第25回21世紀循環器セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  64. ノンレム睡眠とレム睡眠の調節メカニズム

    山中章弘

    第20回日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東大阪   国名:日本国  

  65. Optogenetical approach to reveal the regulatory mechanism of behaviors 国際会議

    Yamanaka A

    Korean University Invited Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  66. New model mice for narcolepsy 国際会議

    Yamanaka A, Tabuchi S, Tsunematsu T

    International Conference of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  67. 睡眠-覚醒を調節する神経回路

    山中章弘

    創薬薬理フォーラム第21回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  68. 本能行動調節に関わる神経回路機能操作による本能行動発現機構の解析

    山中章弘

    国立精神・神経医療研究センター システム神経科学セミナーシリーズ(第14回) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:小平   国名:日本国  

  69. 特定神経活動の光操作による行動発現機構の解明

    山中章弘

    第13回生理学若手サマースクール 光計測と操作による先端脳研究 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  70. Optogenetical approach to reveal the regulatory mechanism of instinctive behaviors by the hypothalamic neurons 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T

    IUPS 2013 Research Symposia: Shedding light in the neurophysiological black box 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  71. オレキシンの基礎研究の手法と成果

    山中章弘

    日本睡眠学会 第17回睡眠科学研究講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  72. 睡眠覚醒調節における視床下部オレキシン神経の役割~加齢に伴う睡眠覚醒調節障害との関係~

    山中章弘、田淵紗和子、常松友美

    第13回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム:生活の基盤となる体内時計機構~分子から生体まで~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  73. オレキシン神経の時期特異的除去を用いた新規ナルコレプシーモデルマウス

    山中章弘、田口紗和子、常松友美

    日本睡眠学会第38回定期学術集会 シンポジウム: 睡眠覚醒基礎研究における動物モデルの必要性 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  74. New model mice for narcolepsy revealed the mechanism of symptoms 国際会議

    Yamanaka A

    11th World Congress of Biological Psychiatry: Symposium: Rodent models targeting specific neural circuits for the study of psychiatric disorders 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  75. オプトジェネティクスを用いた本能行動調節機構の解明

    山中章弘、常松友美

    Neuro 2013 シンポジウム 光による神経細胞機能制御 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  76. 光遺伝学はじめの一歩

    山中章弘

    Neuro 2013 教育講演 Optogeneticsの原理と実際 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  77. オレキシン神経活動操作と運命制御による睡眠覚醒調節機構の解明

    山中章弘

    名古屋大学 医学部 精神科セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  78. Optogenetical approach to reveal the regulatory mechanism of instinctive behaviors by the hypothalamic neurons 国際会議

    Yamanaka A

    Optogenetics-2013 Meeting on "Neuronal Function to Mapping & Disease Therapeutics" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  79. オレキシン神経活動操作と運命制御による睡眠覚醒調節機構の解明

    山中章弘、常松友美、田淵紗和子

    第155回日本獣医学会学術集会 生理学・生化学分科会 シンポジウム「睡眠研究の新展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学駒場キャンパス   国名:日本国  

  80. オプトジェネティクスを用いた神経活動操作と本能行動制御

    山中章弘

    第90回日本生理学会大会 シンポジウム インビボサイエンスに迫る最新研究 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  81. オレキシン神経の時期特異的運命制御を用いた新規ナルコレプシーモデルマウスの解析

    田淵紗和子、常松友美、富永真琴、山中章弘,

    第90回日本生理学会大会 シンポジウム 睡眠・覚醒の包括的な理解を目指した若手研究者による新しいアプローチ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  82. TRPV4とアノクタミン1の機能的関連

    高山靖規、周 一鳴、鈴木善郎、柴崎貢志、山中章弘、富永真琴

    第90回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀(東京)   国名:日本国  

  83. 筋膜の抹消痛み受容器とその脊髄投射:侵害受容器官としての筋膜の新たな生理的役割

    久保亜抄子、田口 徹、安井正佐也、阿部真博、木山博資、山中章弘、水村和枝

    第90回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀(東京)   国名:日本国  

  84. 光遺伝学的手法による急性的な睡眠誘導時における大脳皮質の神経活動

    宮本大祐、常松友美、山中章弘、松木則夫、村山正宜

    第90回日本生理学会大会 シンポジウム 睡眠・覚醒の包括的な理解を目指した若手研究者による新しいアプローチ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:タワーホール船堀(東京)   国名:日本国  

  85. 精神科領域に重要な投射神経の発火をコントロールするマウスの開発

    田中謙二、山中章弘

    第90回日本生理学会大会 日本神経科学学会連携シンポジウム Optogenetics を用いたin vivo 生理学の新たな夜明け 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:タワーホール船堀(東京)   国名:日本国  

  86. ラット伸張性収縮によって生じる機械痛覚過敏は関節可動域依存的である

    林 功栄、田口 徹、阿部真博、水村和枝、山中章弘

    第90回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀(東京)   国名:日本国  

  87. 視床下部神経細胞の機能操作と運命制御による分子病態解析

    山中章弘、常松友美、田淵紗和子

    第86回日本薬理学会年会 シンポジウム「脳神経疾患の分子病態解析のための最新アイデアと新技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡国際会議場   国名:日本国  

  88. 光遺伝学によるセロトニン神経活動の操作と不安関連行動

    大村 優、田中謙二、山中章弘、吉岡充弘

    第86回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. オプトジェネティクスを用いた神経活動操作と行制御による本能発現機構の解析

    山中章弘

    大阪学蛋白質研究所セミナー 中枢神経研究を拓く新しい潮流 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. 特定神経の機能操作および運命制御を用いた神経回路機能と本能行動発現機構の解析

    山中章弘

    アスビオファーマ株式会社 社内講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  91. 睡眠覚醒の脳科学~睡眠と覚醒を調節する脳の仕組み~

    山中章弘

    名古屋大学予防早期医療創成センター 第3回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  92. あなたの知らない睡眠の世界(睡眠科学研究の最前線)

    山中章弘

    静薬学友会東海支部 第36回薬剤師セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  93. Perturbation using optogenetics affects autonomic regulation of sleep/wakefulness cycle 国際会議

    The 13th RIES-Hokudai International Symposium "Ritsu" Joined with The 1st International Symposium of Nano-Macro Materials, Devices, and System Research Alliance Project 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  94. 下腿筋膜は侵害受容を担う感覚組織である

    久保亜抄子,田口徹,安井正佐也,阿部真博,木山博資,山中章弘,水村和枝

    平成24年度生理学研究所研究会「痛み研究の新たな展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  95. Optogenetics and fate control of orexin neurons reveals regulatory mechanism of sleep/wakefulness 国際会議

    YAMANAKA Akihiro

    Flinders University Invited Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  96. Optogenetical approach to reveal the regulatory mechanism of instinctive behaviors by the hypothalamic neurons 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T

    Sydney 2012 Joint AuPS/PSNZ/ASB Meeting Symposia: Brain dysfunction and translational neurophysiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:オーストラリア連邦  

  97. 本能機能を司る視床下部神経回路操作と行動制御

    山中章弘

    JSTさきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」 第7回領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月 - 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  98. Optogenetic manipulation of orexin neuronal activity affects sleep/wakefulness state in mice 国際会議

    TSUNEMATSU Tomomi, BOYDEN Edward S, YAMANAKA Akihiro

    The 7th Asian Sleep Research Society Congress Symposium "Neuroendocrines on Sleep" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月 - 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:台湾  

  99. 本能行動を司る視床下部神経回路機能操作と行動制御

    山中章弘

    JSTさきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」領域研究成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  100. オプトジェネティクスを用いた神経活動操作と行動制御

    山中章弘、常松友美

    「細胞を創る」研究会 5.0 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  101. 睡眠覚醒調節に関わる神経回 路の動作原理

    山中章弘

    MSD株式会社 社外講師勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  102. 侵害受容組織としての筋膜の新しい生理的役割

    田口 徹、安井正佐也、久保亜抄子、阿部真博、水村和枝、木山博資、山中章弘

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  103. 時期特異的オレキシン神経運命制御によるナルコプレシー発症メカニズムの解明

    田淵紗和子、常松友美、富永真琴、山中章弘

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  104. オプトジェネティクスを用いた長時間神経活動抑制と睡眠覚醒制御

    常松友美、Edward Boyden、富永真琴、山中章弘

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  105. 改変型チャネルロドプシン2を用いた特定神経高頻度刺激法の開発

    犬束 歩、常松 友美、田中 謙二、岡部 勝、Karl Deisseroth、山中 章弘

    第59回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  106. 時期特異的オレキシン神経除去による神経回路の書き換えと睡眠覚醒調節

    山中章弘・田淵紗和子・常松友美

    新学術領域「メゾ神経回路」2012年度第2回班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熱海市   国名:日本国  

  107. 本能行動を司る視床下部神経回路の機能操作による動作原理解明

    山中章弘

    群馬大学生体調節研究所 名古屋大学環境医学研究所 第9回合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  108. オプトジェネティクスによる睡眠覚醒制御

    常松友美、山中章弘

    第7回NIBBバイオイメージングフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  109. Timing controlled ablation of orexin/hypocretin neurons reveals the mechanism of narcolepsy 国際会議

    YAMANAKA Akihiro

    SRI International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:アメリカ合衆国  

  110. Timing controlled ablation of orexin/hypocretin neurons reveals the mechanism of narcolepsy 国際会議

    Yamanaka A

    Neuroscience 2012: Symposium "Dissection of CNS Circuitry Regulating Sleep and Arousal: Conditional Transgenics and Genetically Engineered Receptor-Channel Systems" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:アメリカ合衆国  

  111. New model mice for narcolepsy using timing controlled gene expression system in transgenic mice which induces specific ablation of orexin/hypocretin neurons 国際会議

    INUTSUKA Ayumu, TABUCHI Sawako, TSUNEMATSU Tomomi, BLACK SW, KILDUFF S, TOMINAGA Makoto, YAMANAKA Akihiro

    Neuroscience 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. 光遺伝学を用いた視床下部神経による本能制御機構の解明

    山中章弘

    神経化学大会公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月 - 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  113. オプトジェネティクスを用いた長時間神経活動抑制と睡眠覚醒制御

    常松友美、山中章弘

    第4回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  114. 下行性疼痛抑制系の選択的賦活による疼痛制御へ向けて-線維筋痛症をモデルとして-

    田口徹、片野坂公明、安井正佐也、林功栄、水村和枝、木山博資、山中章弘

    第4回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  115. 新規KENGE-Tet ChR2(ET/TC)マウスを用いた特定神経高頻度刺激法の開発

    犬束 歩、常松 友美、田中 謙二、岡部 勝、Karl Deisseroth、山中 章弘

    第4回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  116. KENGE-tetによる光操作可能なマウスレパートリー

    吉田慶多朗、 高田則夫、 松井広、 山中章弘、 田中謙二

    第4回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  117. セロトニン神経活動光操作の心臓機能への効果

    生駒葉子、山中章弘、桑木共之、大塚曜一郎

    第4回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  118. 光遺伝学を用いた視床下部神経による本能制御機構の解明

    山中章弘

    日本遺伝学会第84回大会 ワークショップ マウス遺伝学が支える生命科学 part 2 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  119. "オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒調節に関わる神経回路の動作原理解明

    山中章弘

    第50回日本生物物理学会年会 シンポジウム レチナール蛋白質と光遺伝学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  120. オプトジェネティクスを⽤いたマウス本能⾏動制御

    山中章弘、常松友美

    第35回日本神経科学会大会 シンポジウム 「光操作で探る神経回路の作動原理」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  121. 脳を育む:『睡眠覚醒の脳科学』

    山中章弘

    第20回 脳の世紀シンポジウム 若手研究者によるパネルディスカッション「脳科学研究これからの20年」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  122. オプトジェネティクスと生物リズム

    山中章弘

    生物リズム若手研究者の集い2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波   国名:日本国  

  123. 様々な神経細胞の活動制御と行動発現

    山中章弘

    2012年包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ 新学術領域研究「大脳新皮質構築」「メゾ神経回路」合同ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  124. オプトジェネティクスを用いた長時間神経活動抑制と睡眠覚醒制御

    山中章弘

    2012年包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  125. 神経突起の分岐形態を制御する新規因子BrancKの機能解析

    犬束 歩、長岡唯宏、上村 駿、阿部 学、﨑村建司、横山峯介、五十嵐道弘、山中章弘、岸 将史

    2012年包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  126. Brain Temperature Enhances Hippocampal Neuronal Excitability Through Trpv4 Activation In Vivo 国際会議

    SHIBASAKI Koji, MIWA Hideki, YAMANAKA Akihiro, YANAGAWA Yuchio, TOMINAGA Makoto, YAMADA Katsuya, ISHIZAKI Yasuki

    8th FENS Forum of European Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  127. Long time silencing of orexin/hypocretin neuronal activity using optogenetics in archaerhodopsin-3-expressing transgenic mice 国際会議

    TSUNEMATSU Tomomi, TOMINAGA Makoto, BOYDEN Edward S, KILDUFF Thomas S, YAMANAKA Akihiro

    8th FENS Forum of European Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. オレキシン神経活動操作と運命制御による睡眠覚醒調節機構の解明

    山中章弘

    第2回睡眠研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  129. オプトジェネティクスを用いた長時間神経活動操作と睡眠覚醒制御

    常松友美、山中章弘

    日本睡眠学会代37回定期学術集会 若手シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  130. セロトニン神経からオレキシン神経への抑制性入力の睡眠覚醒調節における役割

    田淵紗和子、常松友美、杉尾翔太、田中謙二、富永真琴、山中章弘

    日本睡眠学会代38回定期学術集会 シンポジウム27「睡眠中の脳活動と神経回路網」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  131. オレキシン神経の運命制御を用いた睡眠覚醒調節機構の解明

    山中章弘、常松友美、田淵紗和子

    日本睡眠学会代38回定期学術集会 シンポジウム9「オレキシン研究の最近の話題」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  132. 本能機能を司る視床下部神経回路操作と行動制御

    山中章弘

    第6回 JSTさきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄県中頭軍読谷村   国名:日本国  

  133. オプトジェネティックス

    山中章弘

    新学術領域「大脳新皮質構築」技術支援講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  134. 視床下部神経機能の光操作による本能行動制御

    山中章弘、常松友美 

    第34回日本分子生物学会年会ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  135. Optogenetics reveals regulatory mechanism of sleep/wakefulness 国際会議

    Yamanaka A

    8th Japanese-German Frontiers of Science Symposium (JGFoS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  136. Sleep/wakefulness control using optogenetics in mice 国際会議

    Yamanaka A

    23rd Annual meeting of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  137. Physiological significance of serotonergic inhibitory inputs to orexin neurons 国際会議

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Sugio S, Tanaka K, Tominaga M, Yamanaka A

    The 6th World Congress of the World Sleep Federation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  138. Orexin/hypocretin neurons specific control of gene expression reveals its physiological role in vivo 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T, Tabuchi S

    The 6th World Congress of the World Sleep Federation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  139. Reversible gene expression control of serotonin receptor 1A in orexin neurons reveals physiological significance of serotonergic inhibitory inputs to orexin neurons

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒調節に関わる神経系の役割の解明

    常松友美、山中章弘

    2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  141. Sleep/wakefulness control using optogenetics in mice 国際会議

    Yamanaka A

    RIKEN Center for Developmental Biology seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  142. オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒制御

    山中章弘

    第63回日本細胞生物学会大会サテライトシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  143. オレキシン神経特異的なセロトニン1A受容体の可逆的発現制御による睡眠覚醒調節に関わる神経回路機能の解明

    田淵紗和子、常松友美、杉尾翔太、田中謙二、富永真琴、山中章弘

    平成23年度生理学研究所研究会 グリア細胞機能から迫る脳機能解明 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  144. もし、マウスの睡眠覚醒が「オプトジェネティックス」でコントロールできたら

    山中章弘

    第26回学術集会 神経組織の成長・再生・移植研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  145. オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒制御

    山中章弘、常松友美

    第63回日本細胞生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道   国名:日本国  

  146. 覚醒維持におけるオレキシンニューロン活動の生理的役割

    常松友美、富永真琴、山中章弘

    第88回日本生理学会大会第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:学会誌上   国名:日本国  

  147. Reversible gene expression control of serotonin receptor 1a in orexin neurons enables to regulate sleep/wakefulness pattern

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. An artificial control of sleep/wakefulness state using optogenetics in mice 国際会議

    Yamanaka A

    2nd International Symposium on Photonic Bioimaging 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  149. Optogenetic silencing of orexin neurons induces slow wave sleep in mice 国際会議

    Tsunematsu T, Kilduff TS, Boyden ES, Tominaga M, Yamanaka A

    2nd International Symposium on Photonic Bioimaging 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  150. An artificial control of sleep/wakefulness using optogenetics 国際会議

    Yamanaka A

    Fudan University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  151. How do we keep arousal? The physiological role of positive feedback regulation between the orexin neurons via OX2R 国際会議

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Fukazawa Y, Tominaga M, Yamanaka A

    NIPS SOKENDAI International symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  152. Physiological importance of orexin/hypocretin neural activity in the regulation of sleep/wakefulness] 国際会議

    Yamanaka A

    SRI International symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  153. Orexin neurons are directly and indirectly activated by orexin through the orexin 2 receptor 国際会議

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Fukazawa Y, Tominaga M, Yamanaka A

    Neuroscience 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  154. 睡眠覚醒調節におけるオレキシン神経とセロトニン神経の役割について

    山中章弘、常松友美、田淵紗和子、富永真琴

    第57回中部日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県   国名:日本国  

  155. 光受容タンパク質を用いた睡眠覚醒調節の制御

    常松友美、山中章弘

    第二回光操作研究会 神経活動の光操作(行動制御への応用) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  156. Orexin 2 receptor positively regulates the activity of orexin neurons

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. 新規神経ペプチドQRFPは交感神経を活性化して体温を上昇させる

    高山靖規、常松友美、田中謙二、杉尾翔太、山中章弘、富永真琴

    平成22年度温熱生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  158. オレキシン神経による睡眠覚醒調節

    山中章弘、常松友美

    日本睡眠学会第35回定期学術集会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  159. New approaches to studying orexin function 国際会議

    Yamanaka A and Tsunematsu T

    International Congress of Neuroendocrinology 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  160. Orexin/hypocretin activates orexin neurons via the OX2R 国際会議

    Tabuchi S, Tsunematsu T, Tominaga M, Yamanaka A

    7th FENS forum of European Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  161. Optical inhibition of orexin neuronal activity using transgenic mice in which orexin neurons express a light-activated protein, halorhodopsin 国際会議

    Tsunematsu T, Tabuchi S, Tominaga M, Yamanaka A

    7th FENS Forum of European Neuroscience 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  162. オレキシン神経による睡眠覚醒調節について~チャネルロドプシンなどの光活性化タンパク質を用いた特定神経活動操作法~

    山中章弘

    第40回慶應ニューロサイエンス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  163. オレキシン神経間相互作用の解析

    田淵紗和子、常松友美、富永真琴、山中章弘

    第5回環境生理学プレコングレス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡   国名:日本国  

  164. 新たな技術で探るセルセンサー研究の最前線「視床下部神経活動の光操作による睡眠覚醒調節機構の解明」

    山中章弘

    第85回日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:盛岡   国名:日本国  

  165. Orexin activates orexin neurons via the OX2R

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. 視床下部神経活動の光操作による本能行動発現制御

    山中章弘

    第2回定量生物学の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  167. 視床下部神経細胞による睡眠覚醒調節

    山中章弘 

    第5回 名古屋大学環境医学研究所・生理学研究所 合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  168. 視床下部神経活動操作による本能行動制御

    山中章弘

    文部科学省・脳科学研究戦略推進プログラム・課題C分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  169. オレキシン神経に発現する遺伝子の網羅的解析

    山中章弘、常松友美、富永真琴

    第32回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  170. Optical control of orexin neurons using transgenic mice in which orexin neurons express a light-activated protein, halorhodopsin 国際会議

    Tsunematsu T, Tominaga M, Yamanaka A

    Neuroscience 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  171. Optical control of orexin/hypocretin neuronal activity 国際会議

    Yamanaka A, Tsunematsu T, Tominaga M

    The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  172. 絶水に伴う体液恒常性危機に対処する神経機構の解明

    常松友美、山中章弘

    ソルトサイエンス研究財団第21回平成20年度研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  173. Electrophysiological recording and optical manipulation of orexin neural activity 国際会議

    Yamanaka A

    International Congress of Physiological Sciences 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  174. Orexin and energy homeostasis 国際会議

    Yamanaka A

    The 11th Meeting of Hirosaki International Forum of Medical Science Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  175. Optical control of orexin neurons using transgenic mice in which orexin neurons express a light-activated protein, halorhodopsin 国際会議

    Tsunematsu T, Tominaga M, Yamanaka A

    The 11th Meeting of Hirosaki International Forum of Medical Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  176. 視床下部神経ペプチドによる行動発現制御

    山中章弘

    フォーラム富山「創薬」第27回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  177. バソプレシンによるオレキシンニューロンの活性化は自発行動量調節に重要な役割を担っている

    常松友美、山中章弘、市来加奈子、田上昭人、桜井武、富永真琴

    『第31回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  178. バソプレシンによるオレキシン神経の活性化は、自発行動量調節に重要な役割を担っている

    常松友美、山中章弘、市来加奈子、田上昭人、桜井武

    第81回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  179. 楽しく研究を続けるために

    山中章弘

    特定領域研究 セルセンサーの分子連関とモーダルシフト 第2回若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県   国名:日本国  

  180. 食モチベーション形成メカニズムの解明

    常松友美、山中章弘

    すかいらーくフードサイエンス研究所研究成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  181. Orexin/Hypocretin neurons are activated by vasopressin through a V1a receptor 国際会議

    Tsunematsu T, Ichiki K, Yamanaka A, Sakurai T, Goto K

    Neuroscience 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. バソプレシンによるオレキシン神経活性化メカニズムの電気生理学的解析

    常松友美、市来加奈子、山中章弘、桜井武、後藤勝年

    第114回日本薬理学会関東部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  183. 様々な遺伝子改変マウスを用いた睡眠覚醒制御に関わる視床下部神経のin vitroおよびin vivo神経回路機能解析

    山中章弘

    第83回日本生理学会 YFIワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:前橋   国名:日本国  

  184. 摂食行動と睡眠覚醒を繋ぐオレキシン神経

    山中章弘

    生命の基本を司る本能的脳機構シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:埼玉   国名:日本国  

  185. バソプレシンによるオレキシン神経活性化メカニズムの電気生理学的解析

    常松友美、市来加奈子、山中章弘、桜井武、後藤勝年

    シンポジウム 生命の基本を司る本能的脳機構 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  186. 神経ペプチドによる摂食行動と睡眠覚醒の調節

    山中章弘

    株式会社 東レ医薬研究所講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鎌倉   国名:日本国  

  187. Roles of orexin-producing neurons in the mechanism that stabilizes sleep/wakefulness states] 国際会議

    Yamanaka A

    World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Societies, 4th meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インド  

  188. The regulation of orexin/hypocretin neurons 国際会議

    Yamanaka A

    Department of Neurosurgery, Sch. Med. Yale Univ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  189. Aminergic regulation of orexin neurons 国際会議

    Yamanaka A

    Associated Professional Sleep Societies, 19th Annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  190. The regulation of orexin neurons 国際会議

    Yamanaka A

    Neurobiology, SRI International 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  191. Regulation of Hypocretin/Orexin Neurons by the Monoaminergic and Cholinergic Systems 国際会議

    Yamanaka A

    Neurobiology, SRI International 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 30

  1. ファイバーレス光遺伝学による高次脳機能を支える本能機能の解明

    2016年10月 - 2021年3月

    平成28年度 戦略的創造研究推進事業(CREST)「生命科学分野における光操作技術の開発とそれを用いた生命機能メカニズムの解明」 

    山中章弘

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. カルシウムイメージングを用いた睡眠覚醒調節物質のスクリーニング

    2016年10月 - 2017年9月

    MSD 2016年研究助成  

    山中章弘

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 学会参加

    2014年4月 - 2015年3月

    金原一郎記念医学医療医療振興財団 第28回研究交流助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. ノンレム睡眠-レム睡眠の調節メカニズムの解明

    2013年12月 - 2014年11月

    MSD 2013年研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 投射経路特異的な神経活動操作による情報統合機構解明

    2013年12月 - 2014年11月

    アステラス病態代謝研究会 平成25年度研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 骨を基軸とする代謝ネットワークの解明

    2013年10月 - 2019年3月

    生体恒常性維持・変容・破綻機構のネットワーク的理解に基づく最適医療実現のための技術創出 CREST 

    竹田秀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 光で神経活動を制御する無線式小型光照射装置(テレオプト)の開発と研究応用

    2013年4月 - 2015年3月

    東海産業技術振興財団 第25回研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. ニコチン依存形成における視床下部オレキシン神経細胞の役割

    2013年4月 - 2015年3月

    喫煙科学研究財団 平成25年度研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 視床下部オレキシン神経の時期特異的運命制御による睡眠覚醒調節機構の解明

    2012年10月 - 2015年3月

    2012年度武田科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. レム睡眠調節機構におけるメラニン凝集ホルモン(MCH)神経の生理的役割の解明

    2012年10月 - 2014年10月

    豊秋奨学会 平成24年度研究費助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. オプトジェネティクス技術開発とそれを応用した個体行動発現機構の解明

    2011年4月 - 2012年3月

    若手分野間連携プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. オプトジェネティックスを用いた個体行動制御技術の開発とその研究応用

    2010年4月 - 2011年3月

    若手分野間連携プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 睡眠覚醒サイクル発現におけるオレキシン神経細胞活動の役割の解明

    2010年4月

    特定研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 本能機能を司る視床下部神経回路操作と行動制御

    2009年10月 - 2013年3月

    科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業 さきがけ 脳神経回路の形成・動作と制御 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. オレキシン神経活動の制御を用いた睡眠覚醒調節神経回路網の動作原

    2009年4月 - 2201年3月

    研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. レーザーバイオロジー -生命活動を理解する新しい光技術-

    2009年4月 - 2010年3月

    新分野創成型連携プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. GABA作動性神経活動の光操作による睡眠覚醒調節機構の動作原理解明

    2009年4月 - 2010年3月

    日本人若手研究者研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. 絶水に伴う体液恒常性危機に対処する神経機構の解明

    2008年4月 - 2009年3月

    研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  19. 睡眠覚醒サイクル発現支配による睡眠覚醒調節機構の動作原理解明

    2008年4月 - 2009年3月

    神経科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 新規睡眠覚醒調節物質の探索

    2006年4月 - 2007年3月

    研究奨励賞 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  21. 食モチベーション形成メカニズムの解明

    2006年4月 - 2007年3月

    学術研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. 新手法を用いた睡眠覚醒に関わる神経回路網の機能的同定

    2005年4月 - 2006年3月

    基礎医学医療研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  23. 睡眠覚醒サイクル発現におけるオレキシン神経細胞活動の役割の解明

    2005年4月 - 2006年3月

    奨励研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. 睡眠覚醒サイクル発現におけるオレキシン神経細胞活動の役割の解明

    2005年4月 - 2006年3月

    医学系研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  25. 睡眠覚醒を司るオレキシン神経の解析

    2005年4月 - 2006年3月

    研究助成・基礎医学 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  26. スライス標本を用いたOrexin神経への入力系の解析

    2002年4月 - 2003年3月

    奨励研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  27. オレキシン神経細胞に発現する遺伝子の解析

    2002年4月 - 2003年3月

    奨励研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  28. オレキシン神経細胞の電気生理学的解析

    2001年4月 - 2002年3月

    神経科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. オレキシン神経細胞特異的にGFPを発現するトランスジェニックマウスを用いたオレキシン神経細胞の電気生理学的解析

    2001年4月 - 2002年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  30. オレキシン神経による睡眠/覚醒制御におけるシグナル応答機構の解明

    2001年4月 - 2002年3月

    自然科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 29

  1. 内側中隔ー海馬ー視床下部の多領域連関による脳情報動態制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:20H05061  2020年4月 - 2022年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5720000円 ( 直接経費:4400000円 、 間接経費:1320000円 )

    内側中隔のアセチルコリン作動性神経と海馬 との関係に着目して研究を展開する。内側中隔のアセチルコリン作動性神経は、海馬に密に投射 しており、海馬におけるシータ波生成に関わっているとされている。内側中隔のアセチルコリン 作動性神経を特異的に脱落させると、MCH 神経脱落と同様の記憶の向上が認められたことから、視 床下部-内側中隔-海馬間において、何らかの機能連関が存在し、睡眠覚醒状態に応じた脳情報動 態の制御が行われている可能性が示唆された。本研究では、同領域間の神経回路の動作原理、また睡眠覚醒状態に応じた脳情報動態の変化について明らかにする。

  2. 青斑核ノルアドレナリン神経活動制御因子の同定と生理機能解明

    研究課題/研究課題番号:19H05016  2019年4月 - 2021年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7540000円 ( 直接経費:5800000円 、 間接経費:1740000円 )

    青斑核ノルアドレナリン神経(LC-NA神経)は、様々な生理機能に関わっているが、特に動機などの意志力生成において極めて重要な役割を担っている。本研究では、独自に同定したLC-NA神経活動を制御する4因子の作用メカニズム、意志力形成における役割について明らかにし、その応用による意志力の制御を試みる。
    脳幹部に存在する青斑核は、ノルアドレナリン神経(LC-NA神経)の起始核であり、脳の広範囲に軸索を投射してノルアドレナリンだけでなく、ドーパミンも遊離している。LC-NA神経の活動は、睡眠覚醒と高い相関があるが、ストレス、疼痛反応など幅広い生理機能にも関わっており、特に動機などの意志力生成において極めて重要な役割を担っている。LC-NA神経の活動を調節する物質を明らかにするために、LC-NA神経特異的にカルシウムインジケータであるイエローカメレオン(YCnano50)を発現するマウス(DbH-tTA; TetO YCnano50)を作出し、急性脳スライス標本を用いてLC-NA神経のカルシウムイメージングを行い、約60種類の生理活性物質を投与することで、LC-NA神経細胞内カルシウム濃度に影響を与える新規生理活性物質のスクリーニングを行った。その結果、LC-NA神経の活動を制御する4つの新規生理活性物質を同定することに成功した(プロスタグランジンE2(PGE2)、ガストリン遊離ペプチド(GRP)、ニューロメジンU(NMU)、膵ポリペプチド(PP))。そのうち、PGE2は、低濃度で非常に強力かつ長時間持続的にLC-NA神経細胞内のカルシウム濃度を低下させるため、この反応に関わる受容体サブタイプの同定と生理的役割の解明を行った。受容体サブタイプの同定には選択的拮抗薬と、EP受容体floxマウスを用いた。選択的拮抗薬の結果、EP3受容体が関与する可能性が示唆されたことから、ノルアドレナリントランスポーター(NAT)の下流でCreを発現するNAT-CreマウスとEP3floxマウスを交配させて、LC-NA神経特異的にEP3受容体を脱落したマウスを作成している。
    青斑核のノルアドレナリン神経(LC-NA)の活動を強力に抑制するプロスタグランジンE2が作用する受容体を薬理学的手法を用いて同定することができ、さらにLC-NA神経特異的にEP3受容体を欠損させるマウスの作成に着手することができているため。
    ノルアドレナリントランスポーター(NAT)の下流でCreを発現するNAT-CreマウスとEP3floxマウスを交配させて、LC-NA神経特異的にEP3受容体を脱落したマウスを作成し、様々な行動実験を行うことで、PGE2がEP3受容体を介してLC-NA神経の活動を長期的に抑制する生理的役割について明らかにする。

  3. 睡眠中の記憶形成と消去に関わる神経機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18KK0223  2018年10月 - 2024年3月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    睡眠中に記憶が固定・消去されていると考えられているが、どのように調節されているのか神経科学的に解明されていない。本研究では、我々が独自に睡眠覚醒調節と記憶制御の両方に重要であることを同定した視床下部のメラニン凝集ホルモン(MCH)神経を中心に解析を行う。Kilduff博士(SRI International, Director)との密接な共同研究によって、最新の光技術を駆使した神経活動の光操作と光記録をMCH神経に適用し、記憶を評価する行動実験と組み合わせることによって、睡眠時の記憶制御メカニズムについて神経回路レベル、細胞レベルにて詳細に明らかにすることを目的としている。MCH神経特異的にカルシウムインジケーターを発現せて、ファイバーフォトメトリーを用いてMCH神経活動を記録したところ、覚醒時とレム睡眠時に活動が認められた。さらに、Kilduff博士との共同研究において、超小型顕微鏡を用いて意識下に自由行動するマウスのMCH神経活動を1細胞レベルで記録した。その結果、MCH神経には、覚醒時に活動するタイプと、レム睡眠時に活動するタイプが存在することが明らかになった。そのどちらのタイプのMCH神経が記憶に関わっているのかについて明らかにするために、光遺伝学を用いた脳状態依存的なMCH神経活動抑制と記憶の評価を行った。その結果、覚醒時に抑制しても記憶に変化はなかったが、レム睡眠時に抑制したところ記憶成績が向上した。これらのことからレム睡眠時に活動するMCH神経が記憶抑制に関わっていることが明らかになった。これらの結果をまとめてScience誌に報告した(Izawa et al., Science 2019)。
    MCH神経の1細胞レベルでの活動記録と脳状態依存的な光遺伝学を用いた抑制を組み合わせて、レム睡眠時に活動するMCH神経が記憶抑制に関わっていることを明らかにすることに至った。これらの結果をまとめてScience誌に報告した(Izawa et al., Science 2019)。
    MCH神経が遊離するどの伝達物質が記憶に関わっているのかについて、分子レベルでメカニズムを明らかにする。インビトロとインビボ実験を組み合わせて分子レベルでの検討を行う。

  4. 睡眠時の記憶制御の分子・神経メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:18H02523  2018年4月 - 2021年3月

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    視床下部のメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH)神経が、睡眠覚醒状態のどのタイミングで活性化されているのかについて、カルシウムインジケータであるGCaMP6とファイバーフォトメトリーを用いた記録を行った。その結果、MCH神経活動は、覚醒時に僅かに観察され、レム睡眠時に強い活動が見られるものの、ノンレム睡眠時にはほとんど活動が見られなかった。次に、超小型顕微鏡を用いた1細胞レベルでのMCH神経活動のイメージングによって、MCH神経には、覚醒時に活動するタイプ、レム睡眠時に活動するタイプ、覚醒時とレム睡眠時の両方で活動するタイプの3種類存在することが明らかになった。MCH神経活動を光遺伝学や化学遺伝学を用いて操作して、記憶を評価できる行動実験と組み合わせて、MCH神経活動と記憶の関係について検討を行った。その結果、MCH神経を活性化させると記憶が悪くなり、抑制すると記憶が良くなった。次に、3つのタイプのMCH神経のどのタイプが記憶の制御に関わっているのかを明らかにするために、脳波筋電図から睡眠覚醒状態をリアルタイムで判定しながら、MCH神経の活動を睡眠覚醒状態依存的に抑制した。その結果レム睡眠時だけでMCH神経活動を抑制した場合に記憶が良くなった。これらのことから、レム睡眠時に活動するMCH神経が記憶を悪くしていることが明らかになった(Izawa et al., Science 365(6459), pp.1308-1313, 2019)。
    光遺伝学、化学遺伝学などの神経活動操作を駆使してMCH神経活動がレム睡眠時に記憶の制御に関わっていることを明らかにし、これらの結果をまとめて、Science誌に報告することができた。
    今後はメラニン凝集ホルモン産生神経がレム睡眠時に記憶を制御する分子メカニズムについて、遺伝子改変マウスや、ウイルスベクターを用いて明らかにしていく。

  5. 視床下部-中隔核-海馬の多領域連関による睡眠覚醒状態依存的脳情報動態変化

    研究課題/研究課題番号:18H05124  2018年4月 - 2020年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5720000円 ( 直接経費:4400000円 、 間接経費:1320000円 )

    視床下部のメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)特異的に、蛍光タンパク質を発現する遺伝子改変マウス(MCH-tTA; TetO Yellowcameleon(YC))を用いて組織化学的解析を行い、MCH神経が海馬に密に軸索を投射していることを明らかにした。そこで、MCH神経が海馬においてどのような作用を有するのかについて、電気生理学と光遺伝学を組み合わせた解析を行った。MCH神経特異的にチャネルロドプシン2(ChR2)を発現する遺伝子改変マウスを作成し、このマウスの脳から脳スライス標本を作製してスライスパッチクランプによって海馬錐体細胞から活動を記録した。顕微鏡の対物レンズを介して青色光を照射して、MCH神経軸索末端を活性化させたところ、海馬錐体細胞の活動が抑制された。ファイバーフォトメトリーによる活動記録と、超小型顕微鏡を用いたMCH神経の1細胞イメージングから、MCH神経の活動がレム睡眠時に高くなることを見いだした。そこで、レム睡眠時だけMCH神経の活動を抑制したところ記憶が良くなった。これらのことはレム睡眠時のMCH神経の活動が記憶を悪くしていることを示唆していた。これらの結果をまとめてScience誌に報告した(Izawa et al., Science 365(6459), pp.1308-1313, 2019)。一方、内側中隔のアセチルコリン作動性神経も海馬に密に投射しており、MCH神経も内側中隔に密に投射している。これらの領域が機能連関して睡眠覚醒と記憶の制御に関わっている可能性が考えられた。今後はこれらの機能連関に着目してメカニズムの解明を目指す。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  6. 視床下部MCH神経脱落による機能シフトは記憶力を向上させる

    研究課題/研究課題番号:17H05563  2017年4月 - 2019年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7020000円 ( 直接経費:5400000円 、 間接経費:1620000円 )

    遺伝子操作によって記憶力が悪くなる動物はたくさん存在するが、記憶力が良くなる例は数少ない。メラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)は、視床下部だけに少数の細胞体が存在し、睡眠中に活性化される。MCH神経の生理的役割解明のために、MCH神経を時期特異的に脱落させたマウスを作成したところ、記憶が有意に良くなることを見いだした。このことは、レム睡眠中のMCH神経活動が、記憶抑制・消去に関わっていることを示している。本研究では、MCH神経脱落により、神経回路の機能シフトが生じ、記憶が向上するメカニズムに迫り、睡眠と記憶消去との関係も明らかにすることを目的としている。MCH神経の活動を光遺伝学、化学遺伝学にて操作可能なマウスを作出し、神経活動操作を行った。その結果、MCH神経活動を活性化させると、海馬依存的な記憶が阻害・消去されること、逆に抑制すると記憶が向上することを見いだした。これらの結果から、MCH神経活動が海馬において記憶制御に関わっていることを示している。さらに、MCH神経活動をカルシウムインジケータであるGCaMP6を用いてインビボ記録するファイバーフォトメトリーを適用し、脳波筋電図記録による睡眠解析と同時に行ったところ、MCH神経活動がレム睡眠中、覚醒中に高くなることを見いだした。そこで、MCH神経活動をレム睡眠中、覚醒時それぞれにおいて光遺伝学で抑制を行った。その結果、レム睡眠中のMCH神経活動を抑制すると海馬依存的な記憶に影響があることを見いだした。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  7. 視床下部神経による積極的記憶消去のメカニズム解明

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 視床下部神経による積極的記憶消去のメカニズム解明

    研究課題/研究課題番号:16H01271  2016年4月 - 2018年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    山中 章弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:8320000円 ( 直接経費:6400000円 、 間接経費:1920000円 )

    視床下部のメラニン凝集ホルモン(MCH)産生神経細胞の生理的役割については十分分かっていない。生理的役割を明らかにするために、MCH神経特異的にチャネルロドプシン2(ChR2)を発現する遺伝子改変動物を作成し、光遺伝学をMCH神経に適用して活性化すると、ノンレム睡眠がレ睡眠に変換されることが明らかになった。さらに、MCH神経特異的にカルシウムインジケータタンパク質であるGCaMP6を発現させ、ファイバーフォトメトリーを用いて睡眠覚醒状態変化時のMCH神経活動を記録したところ、MCH神経がレム睡眠中に活性化されることを見いだした。MCH神経軸索末端が海馬に密に投射していることから、海馬が担う記憶をMCH神経がレム睡眠中に制御している可能性について行動実験を用いて検討した。MCH神経を光遺伝学、もしくは薬理遺伝学を用いて活性化したところ、記憶が抑制されることが明らかとなった。これらのことは、MCH神経活動が、記憶の抑制に関わっていることを示している。そのメカニズムを明らかにするために、脳スライス標本を用いて、海馬神経細胞から活動記録しながら、MCH神経軸索末端を光遺伝学にて活性化させたところ、神経活動の抑制が観察された。このことは、レム睡眠中のMCH神経活動が海馬神経活動を抑制し、それによって記憶が抑制される可能性を示唆している。そこで、海馬のMCH神経軸索末端だけを光刺激したマウスを用いて記憶テストを行ったところ、記憶の低下を認めた。これらの一連の結果からMCH神経がレム睡眠中に活性化され、記憶の低下に関わっている事を示した。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  9. メラニン凝集ホルモン産生神経の活動操作と運命制御を用いたレム睡眠調節機構の解明

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 多重選択を用いた投射経路別遺伝子発現による次世代光遺伝学ツールの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 骨を基軸とする代謝ネットワークの解明

    2013年10月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  戦略的創造研究推進事業

    竹田秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 覚醒を作り出すメゾ回路機能の操作による機能解析

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究 計画研究 「メゾスコピック神経回路から探る脳の情報処理基盤」

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. メラノプシンを用いた長時間の神経活動制御法の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    小泉周

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. オプトジェネティクスを用いた覚醒と依存形成に関わる神経機構の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 本能機能を司る視床下部神経回路操作と行動制御

    2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  戦略的創造研究推進事業(科学技術振興機構)さきがけ研究「脳神経回路の形成・動作と制御」

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. オレキシン産生神経とその制御システムの生理的役割

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. インビボ神経特異的刺激法の開発

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. 睡眠覚醒制御に関わる神経機構の統合的解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. オレキシン神経活動制御による睡眠覚醒研究の新展開

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 摂食行動や睡眠覚醒調節に関連する神経回路網の機能的同定

    2006年7月 - 2008年1月

    科学研究費補助金  海外特別研究員(独立行政法人日本学術振興会

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. 様々なトランスジェニックマウスを用いた睡眠覚醒制御機構の解析

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  22. 睡眠覚醒サイクル発現におけるオレキシン神経の役割について

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  23. トランスジェニック動物を用いたインビボ神経細胞同定法の開発

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  24. 扁桃体機能、情動の制御に関わる新規神経ペプチドの検索とその生理作用の解明

    2006年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  25. 睡眠覚醒と摂食行動の制御に関わるオレキシン神経の電気生理学的解析

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  26. トランスジェニック動物を用いたインビボ神経細胞同定法の開発

    2002年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  27. オレキシンによる摂食および睡眠・覚醒の制御機構の解明

    2002年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  28. オレキシン産生神経の活動を制御する機構の解明

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  29. オレキシン神経細胞の電気生理学的解析

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示