2024/04/04 更新

写真a

ハヤシ マサヒト
林 正人
HAYASHI Masahito
所属
大学院多元数理科学研究科 多元数理科学専攻 数理解析 教授
大学院担当
大学院多元数理科学研究科
学部担当
理学部
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1999年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 量子情報

  2. 量子情報

研究分野 1

  1. 情報通信 / 情報学基礎論

経歴 2

  1. 国立シンガポール大学 量子技術研究センター 客員研究教授

    2012年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:シンガポール共和国

  2. 東北大学 大学院情報科学研究科 情報基礎科学専攻   准教授

      詳細を見る

学歴 1

  1. 京都大学   理学研究科   数学・数理解析専攻

    - 1999年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会 7

  1. Institute of Mathematical Statistics   fellow

    2021年5月 - 現在

  2. IEEE   Fellow

    2006年 - 現在

  3. Asia Pacic Artificial Intelligence Association   fellow

    2022年6月 - 現在

  4. 日本数学会

  5. 電子情報通信学会

  6. 日本物理学会

  7. 量子情報技術時限付専門委員会

      詳細を見る

▼全件表示

委員歴 1

  1. ICQNM 2012, The Sixth International Conference on Quantum, Nano and Micro Technologies Program Committee member  

    2012年   

      詳細を見る

受賞 7

  1. 2011 IEEE Information Theory Society Paper Award

    2011年8月   IEEE Information Theory Society  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 第24回日本IBM科学賞コンピューター・サイエンス分野

    2010年11月   日本アイ・ビー・エム株式会社  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Fellow of Institute of Mathematical Statistics

    2022年4月   Institute of Mathematical Statistics   Fellow of Institute of Mathematical Statistics

    Masahito Hayashi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

    For deep and influential contributions to quantum statistics and quantum information theory.

  4. IEEE Fellow

    2017年1月   IEEE   contributions to Shannon theory, information-theoretic security, and quantum information theory

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  5. 日本学術振興会賞

    2016年1月   日本学術振興会    有限符号長の情報理論及び量子情報理論の研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本学士院学術奨励賞

    2016年1月   日本学士院   有限符号長の情報理論及び量子情報理論の研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. Fellow of Asia Pacic Artificial Intelligence Association

    2022年6月   Asia Pacic Artificial Intelligence Association   Fellow of Asia Pacic Artificial Intelligence Association

    Masahito Hayashi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:中華人民共和国

▼全件表示

 

論文 363

  1. Quantum state estimation with nuisance parameters (vol 53, 453001, 2020) 招待有り 査読有り 国際共著

    Suzuki, J; Yang, YX; Hayashi, M

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   57 巻 ( 12 )   2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1751-8121/ad2f10

    Web of Science

  2. Two-Server Oblivious Transfer for Quantum Messages 査読有り 国際共著

    Hayashi, M; Song, SH

    ADVANCED QUANTUM TECHNOLOGIES     2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/qute.202300184

    Web of Science

  3. Universal Adaptive Construction of Verifiable Secret Sharing and Its Application to Verifiable Secure Distributed Data Storage 査読有り 国際共著

    Hayashi, M; Koshiba, T

    IEEE-ACM TRANSACTIONS ON NETWORKING   32 巻 ( 1 ) 頁: 253 - 267   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TNET.2023.3283577

    Web of Science

  4. Robust and efficient verification of graph states in blind measurement-based quantum computation 査読有り 国際共著

    Li, ZH; Zhu, HJ; Hayashi, M

    NPJ QUANTUM INFORMATION   9 巻 ( 1 )   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41534-023-00783-9

    Web of Science

  5. Tight Cramer-Rao type bounds for multiparameter quantum metrology through conic programming 査読有り 国際共著

    Hayashi, M; Ouyang, YK

    QUANTUM   7 巻   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. Commitment Capacity of Classical-Quantum Channels 査読有り

    Hayashi, M; Warsi, NA

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   69 巻 ( 8 ) 頁: 5083 - 5099   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2023.3268321

    Web of Science

  7. Bregman Divergence Based Em Algorithm and its Application to Classical and Quantum Rate Distortion Theory 査読有り

    Hayashi, M

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   69 巻 ( 6 ) 頁: 3460 - 3492   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2023.3239955

    Web of Science

  8. Tight Exponential Analysis for Smoothing the Max-Relative Entropy and for Quantum Privacy Amplification 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Li, Y. Yao, and M. Hayashi

    IEEE Transactions on Information Theory   69 巻 ( 3 ) 頁: 1680 - 1694   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

  9. Analytical algorithm for capacities of classical and classical-quantum channels,” 査読有り 国際誌

    M. Hayashi

    IEEE Transactions on Information Theory   69 巻 ( 3 ) 頁: 885 - 898   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

  10. Efficient algorithms for quantum information bottleneck 査読有り 国際共著

    Hayashi, M; Yang, YX

    QUANTUM   7 巻   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22331/q-2023-03-02-936

    Web of Science

  11. Pseudo standard entanglement structure cannot be distinguished from standard entanglement structure 査読有り 国際共著 国際誌

    H. Arai and M. Hayashi

    New Journal of Physics   25 巻   頁: 023009   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

  12. Efficient algorithms for quantum information bottleneck 査読有り 国際共著

    Masahito Hayashi and Yuxiang Yang

    Quantum   7 巻   頁: 936 - 936   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.22331/q-2023-03-02-936

    DOI: https://doi.org/10.22331/q-2023-03-02-936

    その他リンク: https://doi.org/10.22331/q-2023-03-02-936

  13. Pseudo standard entanglement structure cannot be distinguished from standard entanglement structure 査読有り

    Arai, H; Hayashi, M

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   25 巻 ( 2 )   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/acb565

    Web of Science

  14. Dense Coding with Locality Restriction on Decoders: Quantum Encoders vs. Super-Quantum Encoders 査読有り 国際共著 国際誌

    M. Hayashi and K. Wang

    PRX QUANTUM   3 巻   頁: 030346 - 030346   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:APS  

  15. Graph-theoretic approach for selftesting in Bell scenarios 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Bharti, M. Ray, Z.-P. Xu, M. Hayashi, L.-C. Kwek, and A. Cabello

    PRX QUANTUM   3 巻   頁: 030344 - 030344   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:APS  

  16. Quantum Verifiable Protocol for Secure Modulo Zero-Sum Randomness 査読有り 国際共著 国際誌

    M. Hayashi and T. Koshiba

    Quantum Information Processing   21 巻   頁: 291 - 291   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  17. Exponents in Smoothing the Max-Relative Entropy and of Randomness Extraction Against Quantum Side Information 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Li, Y. Yao, and M. Hayashi

    Proc. 2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)     頁: 1887 - 1892   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

  18. Analytical Calculation Formulas for Capacities of Classical and Classical-Quantum Channels 査読有り 国際誌

    Hayashi M.

    Proc. 2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)     頁: 109 - 114   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

  19. Commitment Capacity of Classical-Quantum Channels 査読有り 国際共著 国際誌

    M. Hayashi and N, Warsi,

    Proc. 2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)     頁: 998 - 1003   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

  20. Quantum Causal Unravelling 査読有り 国際共著 国際誌

    G. Bai, Y.-D. Wu, Y. Zhu, M. Hayashi, and G. Chiribella

    npj Quantum Information   8 巻   頁: 69 - 69   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature  

  21. Quantum secure direct communication with private dense coding using a general preshared quantum state 査読有り 国際共著 国際誌

    J. Wu, G.-L. Long, and M. Hayashi,

    Physical Review Applied   17 巻   頁: 064011 - 064011   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:APS  

  22. Global Heisenberg scaling in noisy and practical phase estimation 査読有り 国際共著 国際誌

    M. Hayashi, Z.-W. Liu, and H. Yuan

    Quantum Science and Technology   7 巻 ( 2 ) 頁: 025030 - 025030   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

  23. Optimum ratio between two bases in the Bennett-Brassard-1984 protocol with second-order analysis 査読有り 国際共著 国際誌

    Hayashi M.

    Physical Review A   105 巻   頁: 042603 - 042603   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:APS  

  24. Quantum-inspired secure wireless communication protocol under spatial and local Gaussian noise assumptions 査読有り 国際共著

    Hayashi M

      10 巻   頁: 29040 - 29068   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Universal classical-quantum superposition coding and universal classical-quantum multiple access channel coding 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Cai N.

      68 巻 ( 3 ) 頁: 1822 - 1850   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Computation-Aided Classical-Quantum Multiple Access to Boost Network Communication Speeds 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Vázquez-Castro Á.

    Physical Review Applied   16 巻 ( 4 )   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Applied  

    A multiple access channel (MAC) consists of multiple senders simultaneously transmitting their messages to a single receiver. For the classical-quantum case (CQ MAC), achievable rates are known assuming that all the messages are decoded, a common assumption in quantum network design. However, such a conventional design approach ignores the global network structure, i.e., the network topology. When a CQ MAC is given as a part of quantum network communication, this work shows that computation properties can be used to boost communication speeds with code design dependent on the network topology. We quantify achievable quantum communication rates of codes with the computation property for a two-sender CQ MAC. When the two-sender CQ MAC is a boson coherent channel with binary discrete modulation, we show that it achieves the maximum possible communication rate (the single-user capacity), which cannot be achieved with conventional design. Further, such a rate can be achieved by different detection methods: quantum (with and without quantum memory), on-off photon counting, and homodyne (each at different photon power). Finally, we describe two practical applications, one of which cryptographic.

    DOI: 10.1103/PhysRevApplied.16.054021

    Scopus

  27. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   67 巻 ( 8 ) 頁: 5491 - 5508   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    Quantum private information retrieval (QPIR) is a protocol in which a user retrieves one of multiple files from n non-communicating servers by downloading quantum systems without revealing which file is retrieved. As variants of QPIR with stronger security requirements, symmetric QPIR is a protocol in which no other files than the target file are leaked to the user, and t-private QPIR is a protocol in which the identity of the target file is kept secret even if at most t servers may collude to reveal the identity. The QPIR capacity is the maximum ratio of the file size to the size of downloaded quantum systems, and we prove that the symmetric t-private QPIR capacity is min{1, 2(n-t)/n} for any 1 t n. We construct a capacity-Achieving QPIR protocol by the stabilizer formalism and prove the optimality of our protocol. The proposed capacity is greater than the classical counterpart.

    DOI: 10.1109/TIT.2021.3077269

    Scopus

  28. Quantum Private Information Retrieval for Quantum Messages 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2021-July 巻   頁: 1052 - 1057   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings  

    Quantum private information retrieval (QPIR) for quantum messages is the protocol in which a user retrieves one of the multiple quantum states from one or multiple servers without revealing which state is retrieved. We consider QPIR in two different settings: the blind setting, in which the servers contain one copy of the message states, and the visible setting, in which the servers contain the description of the message states. One trivial solution in both settings is downloading all states from the servers and the main goal of this paper is to find more efficient QPIR protocols. First, we prove that the trivial solution is optimal for one-server QPIR in the blind setting. In one-round protocols, the same optimality holds even in the visible setting. On the other hand, when the user and the server share entanglement, we prove that there exists an efficient one-server QPIR protocol in the blind setting. Furthermore, in the visible setting, we prove that it is possible to construct symmetric QPIR protocols in which the user obtains no information of the non-targeted messages. We construct two-server symmetric QPIR protocols for pure states. Note that symmetric classical PIR is impossible without shared randomness unknown to the user.

    DOI: 10.1109/ISIT45174.2021.9517794

    Scopus

  29. Physical Layer Computation as NOMA for Integrated Wireless Systems 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Vazquez-Castro A.

    IEEE Transactions on Communications   69 巻 ( 7 ) 頁: 4520 - 4535   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Communications  

    We consider two users A and B wanting to exchange their messages M_{A} and M_{B} via a relay in a wireless communication network. To this aim, we have two methods: direct forward (DF) and computation and forward (CAF). In the first method, after an orthogonal multiple access (OMA) or non-orthogonal multiple access (NOMA) phase, the receiver decodes the two messages. In the second method, after a NOMA phase, the receiver decodes only the (modulo) sum. In the latter case the capacity region (computation region) is not known. This paper compares the two methods. To such aim, we propose a unified coding framework and identify a lower bound of achievable computation rates. We consider three constellations for the symmetric two-user Gaussian channel with Eisenstein constellation showing highest performance. We also show that a minimum signal-to-noise ratio is required for our CAF method to outperform DF, and we obtain the numerical values of such minimum ratios for the three constellations. Finally, we show achievability of our bounds, which is proved to require affine codes for computation, which has not been proved before. Overall, our results are useful for communication system designers towards practical implementation of multiple access methods in integrated wireless systems.

    DOI: 10.1109/TCOMM.2021.3067907

    Scopus

  30. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness Extraction 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Fang K., Wang K.

    IEEE Transactions on Information Theory   67 巻 ( 6 ) 頁: 3926 - 3944   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    We give the first systematic study on the second order asymptotics of the operational task of coherence distillation with and without assistance. In the unassisted setting, we introduce a variant of randomness extraction framework where free incoherent operations are allowed before the incoherent measurement and the randomness extractors. We then show that the maximum number of random bits extractable from a given quantum state is precisely equal to the maximum number of coherent bits distillable from the same state. This relation enables us to derive tight second order expansions of both tasks in the independent and identically distributed setting. Remarkably, the incoherent operation classes that can empower coherence distillation for generic states all admit the same second order expansions, indicating their operational equivalence for coherence distillation in both asymptotic and large block length regimes. We then generalize the above line of research to the assisted setting, arising naturally in bipartite quantum systems where Bob distills coherence from the state at hand, aided by the benevolent Alice possessing the other system. More precisely, we introduce a new assisted incoherent randomness extraction task and establish an exact relation between this task and the assisted coherence distillation. It strengthens the one-shot relation in the unassisted setting and confirms that this cryptographic framework offers a new perspective to the study of quantum coherence distillation. Likewise, this relation yields second order characterizations to the assisted tasks. As by-products, we show the strong converse property of the tasks above from their second order expansions.

    DOI: 10.1109/TIT.2021.3064009

    Scopus

  31. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 査読有り 国際共著

    Wang K., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   67 巻 ( 6 ) 頁: 3905 - 3925   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    We study classical communication over a noisy quantum channel when bipartite states are preshared between the sender and the receiver, and one of the following encoding strategies are available: i) local operations; ii) local operations and one-way classical communication; iii) local operations and global permutations. Our main result is a capacity formula for strategy iii). This formula's two endpoints are the capacity formula in strategy i) and the entanglement-assisted classical capacity. Interestingly, these capacities satisfy the strong converse property, and thus the formula serves as a sharp dividing line between achievable and unachievable rates of communication. We prove that the difference between the capacities by strategy i) and strategy iii) is upper bounded by the discord of formation of the preshared state. What's more, we show that strategy ii) has no advantage over strategy i) in the weak converse regime. As examples, we derive these capacities analytically by the above strategies for some fundamental quantum channels. In some cases, the capacity of strategy iii) is strictly larger than those of strategies i) and ii) whenever entanglement assistance is available. Our results witness the power of random permutation in entanglement-assisted classical communication.

    DOI: 10.1109/TIT.2021.3060452

    Scopus

  32. Representation matching for remote quantum computing 査読有り 国際共著

    Yang Y, Hayashi M

      2 巻   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Asymptotically Secure Network Code for Active Attacks 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Cai N.

    IEEE Transactions on Communications   69 巻 ( 5 ) 頁: 3245 - 3259   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Communications  

    When there exists a malicious attacker in the network, we need to be careful of eavesdropping and contamination. This problem is crucial for network communication when the network is realized by a partially trusted relay of quantum key distribution. We discuss the asymptotic rate in a linear network with the secrecy and robustness conditions when the above type of attacker exists. Also, under the same setting, we discuss the asymptotic rate in a linear network when we impose the secrecy condition alone.

    DOI: 10.1109/TCOMM.2021.3057112

    Scopus

  34. Secure Computation-and-Forward with Linear Codes 査読有り 国際共著

    Hayashi M,, Wadayama T., Vazquez-Catro A.

      2 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Secure non-linear network code over one-hop relay network 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Cai N.

      2 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Capacity of Quantum Symmetric Private Information Retrieval with Collusion of All But One of Servers 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

      2 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Secure Computation-and-Forward with Linear Codes 査読有り 国際共著

    Hayashi M,, Wadayama T., Vazquez-Catro A.

      2 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Multiple Servers 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   67 巻 ( 1 ) 頁: 452 - 463   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    We study the capacity of quantum private information retrieval (QPIR) with multiple servers. In the QPIR problem with multiple servers, a user retrieves a classical file by downloading quantum systems from multiple servers each of which contains the copy of a classical file set while the identity of the downloaded file is not leaked to each server. The QPIR capacity is defined as the maximum rate of the file size over the whole dimension of the downloaded quantum systems. When the servers are assumed to share prior entanglement, we prove that the QPIR capacity with multiple servers is 1 regardless of the number of servers and files. We construct a rate-one protocol only with two servers. This capacity-achieving protocol outperforms its classical counterpart in the sense of the capacity, server secrecy, and upload cost. The strong converse bound is derived concisely without using any secrecy condition. We also prove that the capacity of multi-round QPIR is 1.

    DOI: 10.1109/TIT.2020.3022515

    Scopus

  39. Dense Coding with Locality Restriction on Decoders: Quantum Encoders versus Superquantum Encoders 査読有り

    Hayashi, M; Wang, K

    PRX QUANTUM   3 巻 ( 3 )   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PRXQuantum.3.030346

    Web of Science

  40. Graph-Theoretic Approach for Self-Testing in Bell Scenarios 査読有り

    Bharti, K; Ray, M; Xu, ZP; Hayashi, M; Kwek, LC; Cabello, A

    PRX QUANTUM   3 巻 ( 3 )   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PRXQuantum.3.030344

    Web of Science

  41. Quantum verifiable protocol for secure modulo zero-sum randomness 査読有り

    Hayashi, M; Koshiba, T

    QUANTUM INFORMATION PROCESSING   21 巻 ( 8 )   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11128-022-03639-x

    Web of Science

  42. Quantum causal unravelling 査読有り

    Bai, G; Wu, YD; Zhu, Y; Hayashi, M; Chiribella, G

    NPJ QUANTUM INFORMATION   8 巻 ( 1 )   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41534-022-00578-4

    Web of Science

  43. Quantum Secure Direct Communication with Private Dense Coding Using a 査読有り

    Wu, JW; Long, GL; Hayashi, M

    PHYSICAL REVIEW APPLIED   17 巻 ( 6 )   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevApplied.17.064011

    Web of Science

  44. Secure List Decoding and its Application to Bit-String Commitment 査読有り 国際共著

    Hayashi, M

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   68 巻 ( 6 ) 頁: 3620 - 3642   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    We propose a new concept of secure list decoding, which is related to bit-string commitment. While the conventional list decoding requires that the list contains the transmitted message, secure list decoding requires the following additional security conditions to work as a modification of bit-string commitment. The first additional security condition is the receiver’s uncertainty for the transmitted message, which is stronger than the impossibility of the correct decoding, even though the transmitted message is contained in the list. The other additional security condition is the impossibility for the sender to estimate another element of the decoded list except for the transmitted message. The first condition is evaluated by the equivocation rate. The asymptotic property is evaluated by three parameters, the rates of the message and list sizes, and the equivocation rate. We derive the capacity region of this problem. We show that the combination of hash function and secure list decoding yields the conventional bit-string commitment. Our results hold even when the input and output systems are general probability spaces including continuous systems. When the input system is a general probability space, we formulate the abilities of the honest sender and the dishonest sender in a different way.

    DOI: 10.1109/TIT.2022.3150498

    Web of Science

    Scopus

  45. Global Heisenberg scaling in noisy and practical phase estimation 査読有り

    Hayashi, M; Liu, ZW; Yuan, HD

    QUANTUM SCIENCE AND TECHNOLOGY   7 巻 ( 2 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2058-9565/ac5d7e

    Web of Science

  46. Equivalence of Non-Perfect Secret Sharing and Symmetric Private Information Retrieval With General Access Structure 査読有り 国際共著 国際誌

    Song, S; Hayashi, M

    IEEE JOURNAL ON SELECTED AREAS IN COMMUNICATIONS   40 巻 ( 3 ) 頁: 999 - 1012   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Journal on Selected Areas in Communications  

    We study the equivalence between non-perfect secret sharing (NSS) and symmetric private information retrieval (SPIR) with arbitrary response and collusion patterns. NSS and SPIR are defined with an access structure, which corresponds to the authorized/forbidden sets for NSS and the response/collusion patterns for SPIR. We prove the equivalence between NSS and SPIR in the following two senses. 1) Given any SPIR protocol with an access structure, an NSS protocol is constructed with the same access structure and the same rate. 2) Given any linear NSS protocol with an access structure, a linear SPIR protocol is constructed with the same access structure and the same rate. We prove the first relation even if the SPIR protocol has imperfect correctness and secrecy. From the first relation, we derive an upper bound of the SPIR capacity for arbitrary response and collusion patterns. For the special case of \mathsf {n} -server SPIR with \mathsf {r} responsive and \mathsf {t} colluding servers, this upper bound proves that the SPIR capacity is (\mathsf {r}-\mathsf {t})/\mathsf {n}. From the second relation, we prove that a SPIR protocol exists for any response and collusion patterns.

    DOI: 10.1109/JSAC.2022.3142375

    Web of Science

    Scopus

  47. On the Capacity of Quantum Private Information Retrieval From MDS-Coded and Colluding Servers 査読有り 国際共著

    Allaix, M; Song, S; Holzbaur, L; Pllaha, T; Hayashi, M; Hollanti, C

    IEEE JOURNAL ON SELECTED AREAS IN COMMUNICATIONS   40 巻 ( 3 ) 頁: 885 - 898   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Journal on Selected Areas in Communications  

    In quantum private information retrieval (QPIR), a user retrieves a classical file from multiple servers by downloading quantum systems without revealing the identity of the file. The QPIR capacity is the maximal achievable ratio of the retrieved file size to the total download size. In this paper, the capacity of QPIR from MDS-coded and colluding servers is studied for the first time. Two general classes of QPIR, called stabilizer QPIR and dimension-squared QPIR induced from classical strongly linear PIR are defined, and the related QPIR capacities are derived. For the non-colluding case, the general QPIR capacity is derived when the number of files goes to infinity. A general statement on the converse bound for QPIR with coded and colluding servers is derived showing that the capacities of stabilizer QPIR and dimension-squared QPIR induced from any class of PIR are upper bounded by twice the classical capacity of the respective PIR class. The proposed capacity-achieving scheme combines the star-product scheme by Freij-Hollanti et al. and the stabilizer QPIR scheme by Song et al. by employing (weakly) self-dual Reed-Solomon codes.

    DOI: 10.1109/JSAC.2022.3142363

    Web of Science

    Scopus

  48. Universal Classical-Quantum Superposition Coding and Universal Classical-Quantum Multiple Access Channel Coding 査読有り

    Hayashi, M; Cai, N

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   68 巻 ( 3 ) 頁: 1822 - 1850   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2021.3131575

    Web of Science

  49. Usefulness of adaptive strategies in asymptotic quantum channel discrimination 査読有り 国際共著

    Salek, F; Hayashi, M; Winter, A

    PHYSICAL REVIEW A   105 巻 ( 2 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review A  

    Adaptiveness is a key principle in information processing including statistics and machine learning. We investigate the usefulness adaptive methods in the framework of asymptotic binary hypothesis testing, when each hypothesis represents asymptotically many independent instances of a quantum channel, and the tests are based on using the unknown channel and observing outputs. Unlike the familiar setting of quantum states as hypotheses, there is a fundamental distinction between adaptive and nonadaptive strategies with respect to the channel uses, and we introduce a number of further variants of the discrimination tasks by imposing different restrictions on the test strategies. The following results are obtained: (1) We prove that for classical-quantum channels, adaptive and nonadaptive strategies lead to the same error exponents both in the symmetric (Chernoff) and asymmetric (Hoeffding, Stein) settings. (2) The first separation between adaptive and nonadaptive symmetric hypothesis testing exponents for quantum channels, which we derive from a general lower bound on the error probability for nonadaptive strategies; the concrete example we analyze is a pair of entanglement-breaking channels. (3) We prove, in some sense generalizing the previous statement, that for general channels adaptive strategies restricted to classical feed-forward and product state channel inputs are not superior in the asymptotic limit to nonadaptive product state strategies. (4) As an application of our findings, we address the discrimination power of an arbitrary quantum channel and show that adaptive strategies with classical feedback and no quantum memory at the input do not increase the discrimination power of the channel beyond nonadaptive tensor product input strategies.

    DOI: 10.1103/PhysRevA.105.022419

    Web of Science

    Scopus

  50. Information geometry approach to parameter estimation in hidden Markov model 査読有り 国際共著

    Hayashi, M

    BERNOULLI   28 巻 ( 1 ) 頁: 307 - 342   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bernoulli  

    We consider the estimation of the transition matrix of a hidden Markovian process by using information geometry with respect to transition matrices. In this paper, only the histogram of k-memory data is used for the estimation. To establish our method, we focus on a partial observation model with the Markovian process and we propose an efficient estimator whose asymptotic estimation error is given as the inverse of projective Fisher information of transition matrices. This estimator is applied to the estimation of the transition matrix of the hidden Markovian process. In this application, we carefully discuss the equivalence problem for hidden Markovian process on the tangent space.

    DOI: 10.3150/21-BEJ1344

    Web of Science

    Scopus

  51. Secure Physical Layer Network Coding versus Secure Network Coding 査読有り 国際共著

    Hayashi, M

    ENTROPY   24 巻 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Entropy  

    When a network has relay nodes, there is a risk that a part of the information is leaked to an untrusted relay. Secure network coding (secure NC) is known as a method to resolve this problem, which enables the secrecy of the message when the message is transmitted over a noiseless network and a part of the edges or a part of the intermediate (untrusted) nodes are eavesdropped. If the channels on the network are noisy, the error correction is applied to noisy channels before the application of secure NC on an upper layer. In contrast, secure physical layer network coding (secure PLNC) is a method to securely transmit a message by a combination of coding operation on nodes when the network is composed of set of noisy channels. Since secure NC is a protocol on an upper layer, secure PLNC can be considered as a cross-layer protocol. In this paper, we compare secure PLNC with a simple combination of secure NC and error correction over several typical network models studied in secure NC.

    DOI: 10.3390/e24010047

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  52. Quantum-Inspired Secure Wireless Communication Protocol Under Spatial and Local Gaussian Noise Assumptions 査読有り

    Hayashi, M

    IEEE ACCESS   10 巻   頁: 29040 - 29068   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2022.3159331

    Web of Science

  53. Refined Density Evolution Analysis of LDPC Codes for Successive Interference Cancellation 査読有り 国際共著

    Takabe S., Wadayama T., Hayashi M.

        2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  54. Erratum: Concise and tight security analysis of the Bennett-Brassard 1984 protocol with finite key lengths (New Journal of Physics (2012) 14 (093014) DOI: 10.1088/1367-2630/14/9/093014) 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Tsurumaru T.

    New Journal of Physics   23 巻 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:New Journal of Physics  

    The paper (Hayashi M and Tsurumaru T 2012 New J. Phys. 14 093014) contains an error at the definition of g t (x) in section 5.3 while g t (x) is used for the second order asymptotic expansion for the sacrifice bit. This corrigendum corrects this error and shows its derivation.

    DOI: 10.1088/1367-2630/ac3c61

    Scopus

  55. Asymptotic Separation Between Adaptive and Non-adaptive Strategies in Quantum Channel Discrimination 査読有り 国際共著

    Salek M., Hayashi M., Winter A.

        2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  56. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Fang K., Wang K.

        2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  57. Universal classical-quantum multiple access channel coding 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Cai N.

        2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  58. Equivalence of Non-Perfect Secret Sharing and Symmetric Private Information Retrieval with General Access Structure 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2021-July 巻   頁: 982 - 987   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings  

    We study the equivalence between non-perfect secret sharing (NSS) and symmetric private information retrieval (SPIR) with colluding and unresponsive servers. We prove the equivalence between NSS and SPIR in the following two senses. 1) Given any SPIR protocol, we can construct an NSS protocol. 2) Given any linear NSS protocol, we can construct a SPIR protocol. We prove the first relation even if the SPIR protocol has imperfect correctness and secrecy. From the first relation, we derive an upper bound of the SPIR capacity for general access structure. For the special case of n-server SPIR with r responsive and t colluding servers, this upper bound proves that the SPIR capacity is (r-t)/n. From the second relation, we prove that a SPIR protocol exists for any access structure.

    DOI: 10.1109/ISIT45174.2021.9517803

    Scopus

  59. Secure Modulo Sum via Multiple Access Channel 査読有り 国際共著

    Hayashi M.

        2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  60. Asymptotic Separation Between Adaptive and Non-adaptive Strategies in Quantum Channel Discrimination 査読有り 国際共著

    Salek M., Hayashi M., Winter A.

        2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  61. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Fang K., Wang K.

        2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  62. Universal classical-quantum multiple access channel coding 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Cai N.

        2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  63. Single-Shot Secure Quantum Network Coding for General Multiple Unicast Network with Free One-Way Public Communication 査読有り 国際共著

    Kato G., Owari M., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   67 巻 ( 7 ) 頁: 4564 - 4586   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    DOI: 10.1109/TIT.2021.3078812

    Scopus

  64. Quantum state estimation with nuisance parameters 査読有り 国際共著

    Suzuki J., Yang Y., Hayashi M.

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   53 巻 ( 45 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical  

    In parameter estimation, nuisance parameters refer to parameters that are not of interest but nevertheless affect the precision of estimating other parameters of interest. For instance, the strength of noises in a probe can be regarded as a nuisance parameter. Despite its long history in classical statistics, the nuisance parameter problem in quantum estimation remains largely unexplored. The goal of this article is to provide a systematic review of quantum estimation in the presence of nuisance parameters, and to supply those who work in quantum tomography and quantum metrology with tools to tackle relevant problems. After an introduction to the nuisance parameter and quantum estimation theory, we explicitly formulate the problem of quantum state estimation with nuisance parameters. We extend quantum Cramér–Rao bounds to the nuisance parameter case and provide a parameter orthogonalization tool to separate the nuisance parameters from the parameters of interest. In particular, we put more focus on the case of one-parameter estimation in the presence of nuisance parameters, as it is most frequently encountered in practice.

    DOI: 10.1088/1751-8121/ab8b78

    Scopus

  65. Perfect Discrimination in Approximate Quantum Theory of General Probabilistic Theories. 査読有り 国際共著

    Yoshida Y, Arai H, Hayashi M

    Physical review letters   125 巻 ( 15 ) 頁: 150402   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Letters  

    As a modern approach for the foundation of quantum theory, existing studies of general probabilistic theories gave various models of states and measurements that are quite different from quantum theory. In this Letter, to seek a more realistic situation, we investigate models approximately close to quantum theory. We define larger measurement classes that are smoothly connected with the class of POVMs via a parameter, and investigate the performance of perfect discrimination. As a result, we give a sufficient condition of perfect discrimination, which shows a significant improvement beyond the class of POVMs.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.125.150402

    Scopus

    PubMed

  66. Communication cost of quantum processes 査読有り 国際共著

    IEEE Journal on Selected Areas in Information Theory   1 巻   頁: 387 - 400   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Reduction Theorem for Secrecy over Linear Network Code for Active Attacks. 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Owari M, Kato G, Cai N

    Entropy (Basel, Switzerland)   22 巻 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Entropy  

    We discuss the effect of sequential error injection on information leakage under a network code. We formulate a network code for the single transmission setting and the multiple transmission setting. Under this formulation, we show that the eavesdropper cannot increase the power of eavesdropping by sequential error injection when the operations in the network are linear operations. We demonstrated the usefulness of this reduction theorem by applying a concrete example of network.

    DOI: 10.3390/e22091053

    Scopus

    PubMed

  68. Secure Communication over Fully Quantum Gel'fand-Pinsker Wiretap Channel 査読有り 国際共著

    Anshu A., Hayashi M., Warsi N.A.

    IEEE Transactions on Information Theory   66 巻 ( 9 ) 頁: 5548 - 5566   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    In this work we study the problem of secure communication over a fully quantum Gel'fand-Pinsker channel. The best known achievability rate for this channel model in the classical case was proven by Goldfeld, Cuff and Permuter, and here we generalize their result. One key feature of the results obtained in this work is that all the bounds are based on error exponents. We obtain our achievability result via the technique of simultaneous pinching. This in turn allows us to show the existence of a simultaneous decoder. Further, to obtain our encoding technique and to prove the security feature of our coding scheme we prove a bivariate classical-quantum channel resolvability lemma and a conditional classical-quantum channel resolvability lemma. As a byproduct of the achievability result obtained in this work, we also obtain an achievable rate for a fully quantum Gel'fand-Pinsker channel in the absence of Eve. The form of this achievable rate matches with its classical counterpart. The Gel'fand-Pinsker channel model had earlier only been studied for the classical-quantum case and in the case where Alice (the sender) and Bob (the receiver) have shared entanglement between them.

    DOI: 10.1109/TIT.2020.3005015

    Scopus

  69. Quantum state transmission over partially corrupted quantum information network 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Song S.

    Physical Review Research   2 巻 ( 3 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Research  

    Quantum communication over network is particularly appealing in a similar way to classical network communication, but a partially corrupted quantum network has not been sufficiently studied. We discuss quantum state transmission over a partially corrupted quantum network, in which the sender transmits m0 qudits, i.e., d-level systems, to the receiver via network, but m1 channels are corrupted. As our result, we show that the optimal transmission rate is at least (m0-2m1+1)logd under the following two settings. In the first case, the unitaries on intermediate nodes are arbitrary and the corruptions on the m1 channels are individual. In the second case, the unitaries on intermediate nodes are restricted to Clifford operations and the corruptions on the m1 channels are adaptive, i.e., they are caused by an attack with a quantum memory. Further, our code in the second case realizes the noiseless communication even with the single-shot setting and is constructed dependently only on the network topology and the places of the m1 corrupted channels.

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.2.033079

    Scopus

  70. Asymptotic Behavior of Spatial Coupling LDPC Coding for Compute-and-Forward Two-Way Relaying 査読有り 国際共著

    Takabe S., Wadayama T., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Communications   68 巻 ( 7 ) 頁: 4063 - 4072   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Communications  

    Compute-and-forward (CAF) relaying is an effective way to increase bandwidth efficiency of wireless two-way relay channels. Design of error-correcting codes and their decoding algorithms suitable for CAF relaying schemes remains an important issue to be studied. In this paper, we will analyze an asymptotic behavior of LDPC codes over two-way relay channels based on density evolution (DE). Because of the asymmetric characteristics of the channel, we use the population dynamics DE combined with DE formulas for asymmetric channels to obtain the belief propagation (BP) thresholds. Additionally, we also evaluate the asymptotic performance of spatially coupled LDPC codes for two-way relay channels. The results indicate that the spatially coupled codes yield improvements in the BP threshold compared with corresponding uncoupled codes for two-way relay channels.

    DOI: 10.1109/TCOMM.2020.2987891

    Scopus

  71. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2020-June 巻   頁: 1077 - 1082   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings  

    Quantum private information retrieval (QPIR) is a protocol that a user retrieves one of f files from non-communicating n servers by downloading quantum systems without revealing the identity of the target file. As variants of the QPIR with stronger security requirements, the symmetric QPIR is that the files except for the target file are not leaked to the user, and the t-private QPIR is that the identity of the target file is kept secret even if at most t servers may collude to reveal the identity. The QPIR capacity is the maximum ratio of the one file size to the size of downloaded quantum systems, and we prove that the symmetric t-private QPIR capacity is min {1, 2(n - t)/n} for any 1 ≤ t < n. We construct a capacity-achieving QPIR protocol by the stabilizer formalism and prove the optimality of our protocol. The proposed capacity is greater than the classical counterpart.

    DOI: 10.1109/ISIT44484.2020.9174005

    Scopus

  72. Classical Mechanism is Optimal in Classical-Quantum Differentially Private Mechanisms 査読有り 国際共著

    Yoshida Y., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2020-June 巻   頁: 1973 - 1977   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings  

    Differential privacy (DP) is an influential privacy measure and has been studied to protect private data. DP has been often studied in classical probability theory, but few researchers studied quantum versions of DP. In this paper, we consider classical-quantum DP mechanisms which (i) convert binary private data to quantum states and (ii) satisfy a quantum version of the DP constraint. The class of classical-quantum DP mechanisms contains classical DP mechanisms. As a main result, we show that some classical DP mechanism optimizes any information quantity satisfying the information processing inequality. Therefore, the performance of classical DP mechanisms attains that of classical-quantum DP mechanisms.

    DOI: 10.1109/ISIT44484.2020.9174484

    Scopus

  73. Erratum: Secure Network Code for Adaptive and Active Attacks with No-Randomness in Intermediate Nodes (IEEE Transactions on Information Theory ( 2020) 66:3 (1428–1448) DOI: 10.1109/TIT.2019.2957078) 査読有り 国際共著

    Cai N., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   66 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    In the proof of Theorem 5, we stated that Eq. (47) follows from Eq. (59) of Lemma 4. However, the derivation of Eq. (59) is incorrect, and the inequality used in the derivation of Eq. (47) is not Eq. (59). Eq. (47) follows from another inequality. This correction fixes the error of our derivation of Eq. (47).

    DOI: 10.1109/TIT.2020.2979957

    Scopus

  74. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 査読有り 国際共著

    Wang K., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2020-June 巻   頁: 1840 - 1845   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings  

    We give a capacity formula for the classical communication over a noisy quantum channel, when local operations and global permutations allowed in the encoding and bipartite states preshared between the sender and the receiver. The two endpoints of this formula are the Holevo capacity (without entanglement assistance) and the entanglement assisted capacity (with unlimited entanglement assistance). What's more, we show that the capacity satisfies the strong converse property and thus the formula serves as a sharp dividing line between achievable and unachievable rates of communication. We prove that the difference between the assisted capacity and the Holevo capacity is upper bounded by the discord of formation of the preshared state. As examples, we derive analytically the classical capacity of various quantum channels of interests. Our result witnesses the power of random permutation in classical communication, whenever entanglement assistance is available.

    DOI: 10.1109/ISIT44484.2020.9174125

    Scopus

  75. LOCC estimator for pure state model in quantum parameter estimation with nuisance parameters (New Developments in Statistical Model) 査読有り 国際共著

    RIMS Kokyuroku   2157 巻   頁: 104 - 116   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  76. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 査読有り 国際共著

        2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  77. Asymptotic properties for Markovian dynamics in quantum theory and general probabilistic theories 査読有り 国際共著

    Yoshida Y., Hayashi M.

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   53 巻 ( 21 )   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical  

    We address asymptotic decoupling in the context of Markovian quantum dynamics. Asymptotic decoupling is an asymptotic property on a bipartite quantum system, and asserts that any correlation between two quantum systems is broken after a sufficiently long time passes. In this paper, we show that asymptotic decoupling is equivalent to local mixing which asserts the convergence to a unique stationary state on at least one quantum system. If dynamics is asymptotically decoupling, any correlation between two quantum systems is broken exponentially. Also, we give a criterion of mixing that is a system of linear equations. All results in this paper are proved in the framework of general probabilistic theories, but we also summarize them in quantum theory.

    DOI: 10.1088/1751-8121/ab8599

    Scopus

  78. Two-Way Physical Layer Security Protocol for Gaussian Channels 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Vazquez-Castro Á.

    IEEE Transactions on Communications   68 巻 ( 5 ) 頁: 3068 - 3078   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Communications  

    In this paper we propose a two-way protocol of physical layer security using the method of privacy amplification against eavesdroppers. First we justify our proposed protocol by analyzing the physical layer security provided by the classic wiretap channel model (i.e. one-way protocol). In the Gaussian channels, the classic one-way protocol requires Eve's channel to be degraded w.r.t. Bob's channel. However, this channel degradation condition depends on Eve's location and whether Eve's receiving antenna is more powerful than Bob's. To overcome this limitation, we introduce a two-way protocol inspired in IEEE TIT (1993) that eliminates the channel degradation condition. In the proposed two-way protocol, on a first phase, via Gaussian channel, Bob sends randomness to Alice, which is partially leaked to Eve. Then, on a second phase, Alice transmits information to Bob over a public noiseless channel. We derive the secrecy capacity of the two-way protocol when the channel to Eve is also Gaussian. We show that the capacity of the two-way protocol is always positive. We present numerical values of the capacities illustrating the gains obtained by our proposed protocol. We apply our result to simple yet realistic models of satellite communication channels.

    DOI: 10.1109/TCOMM.2020.2973618

    Scopus

  79. Finite-Length Analyses for Source and Channel Coding on Markov Chains. 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Watanabe S

    Entropy (Basel, Switzerland)   22 巻 ( 4 )   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Entropy  

    We derive finite-length bounds for two problems with Markov chains: source coding with side-information where the source and side-information are a joint Markov chain and channel coding for channels with Markovian conditional additive noise. For this purpose, we point out two important aspects of finite-length analysis that must be argued when finite-length bounds are proposed. The first is the asymptotic tightness, and the other is the efficient computability of the bound. Then, we derive finite-length upper and lower bounds for the coding length in both settings such that their computational complexity is low. We argue the first of the above-mentioned aspects by deriving the large deviation bounds, the moderate deviation bounds, and second-order bounds for these two topics and show that these finite-length bounds achieve the asymptotic optimality in these senses. Several kinds of information measures for transition matrices are introduced for the purpose of this discussion.

    DOI: 10.3390/e22040460

    Scopus

    PubMed

  80. Application of the Resource Theory of Channels to Communication Scenarios. 査読有り 国際共著

    Takagi R, Wang K, Hayashi M

    Physical review letters   124 巻 ( 12 ) 頁: 120502   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Letters  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.124.120502

    Scopus

    PubMed

  81. Secure network code for adaptive and active attacks with no-randomness in intermediate nodes 査読有り 国際共著

    Cai N., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   66 巻 ( 3 ) 頁: 1428 - 1448   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    DOI: 10.1109/TIT.2019.2957078

    Scopus

  82. Secure Quantum Network Code without Classical Communication 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   66 巻 ( 2 ) 頁: 1178 - 1192   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    DOI: 10.1109/TIT.2019.2933422

    Scopus

  83. Physical Layer Security Protocol for Poisson Channels for Passive Man-in-the-Middle Attack 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Vazquez-Castro, A.

    IEEE Transactions on Information Forensics and Security   15 巻   頁: 2295 - 2305   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Forensics and Security  

    DOI: 10.1109/TIFS.2019.2963771

    Scopus

  84. Quantifying Time-Varying Sources in Magnetoencephalography -- A Discrete Approach 査読有り 国際共著

      14 巻   頁: 1379 - 1408   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Efficient Verification of Pure Quantum States in the Adversarial Scenario. 査読有り 国際共著

    Zhu H, Hayashi M

    Physical review letters   123 巻 ( 26 ) 頁: 260504   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Letters  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.123.260504

    Scopus

    PubMed

  86. General framework for verifying pure quantum states in the adversarial scenario 査読有り 国際共著

    Zhu H, Hayashi M

    Physical Review A   100 巻 ( 6 )   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review A  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.100.062335

    Scopus

  87. Efficient verification of hypergraph states 査読有り 国際共著

    Zhu H, Hayashi M

    Physical Review Applied   12 巻 ( 5 )   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Applied  

    DOI: 10.1103/PhysRevApplied.12.054047

    Scopus

  88. Perfect discrimination of non-orthogonal separable pure states on bipartite system in general probabilistic theory 査読有り 国際共著

    Arai H.,Yoshida Y., Hayashi M.

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   52 巻 ( 46 )   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical  

    DOI: 10.1088/1751-8121/ab4b64

    Scopus

  89. Quantum computational universality of hypergraph states with Pauli-X and Z basis measurements. 査読有り 国際共著

    Takeuchi Y, Morimae T, Hayashi M

    Scientific reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 13585   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-49968-3

    Scopus

    PubMed

  90. Second Order Analysis for Joint Source-Channel Coding With General Channel and Markovian Source 査読有り 国際共著

    Yaguchi Ryo, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   65 巻 ( 9 ) 頁: 5750-5770   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2019.2917200

    Web of Science

  91. Optimal verification and fidelity estimation of maximally entangled states 査読有り 国際共著

    Zhu Huangjun, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   99 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.99.052346

    Web of Science

    Scopus

  92. Attaining the Ultimate Precision Limit in Quantum State Estimation 査読有り 国際共著

    Yang Y.,Chiribella G., Hayashi M.

    Communications in Mathematical Physics   368 巻 ( 1 ) 頁: 223-293   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-019-03433-4

    Scopus

  93. Physical layer security for rf satellite channels in the finite-length regime 査読有り 国際共著

    Vazquez-Castro A., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Forensics and Security   14 巻 ( 4 ) 頁: 981-993   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIFS.2018.2868538

    Scopus

  94. Correction to 'Quantum stopwatch: how to store time in a quantum memory'. 査読有り 国際共著

    Yang Y, Chiribella G, Hayashi M

    Proceedings. Mathematical, physical, and engineering sciences   475 巻 ( 2223 ) 頁: 20190052   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rspa.2019.0052

    PubMed

  95. Secure computation-and-forward communication with linear codes 査読有り 国際共著

    Hayashi M. Wadayama T. Vazuez-Castro A.

    2018 IEEE Information Theory Workshop, ITW 2018     2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ITW.2018.8613524

    Scopus

  96. Secure quantum network code without classical communication 査読有り 国際共著

    Song S. Hayashi M

    2018 IEEE Information Theory Workshop, ITW 2018     2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ITW.2018.8613516

    Scopus

  97. Secure physical layer network coding versus secure network coding 招待有り 査読有り 国際共著

    Hayashi M.

    2018 IEEE Information Theory Workshop, ITW 2018     2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ITW.2018.8613305

    Scopus

  98. Resolving unattainable Cramer-Rao bounds for quantum sensors 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Vinjanampathy S., Kwek L.-C.

    Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics   52 巻 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6455/aaf348

    Scopus

  99. Universal Channel Coding for General Output Alphabet 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   65 巻 ( 1 ) 頁: 302-321   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2018.2877456

    Web of Science

    Scopus

  100. Asymptotically Decoupling and Mixing Properties in Quantum System 査読有り 国際共著

    Yoshida Y., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2018-June 巻   頁: 261-265   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2018.8437491

    Scopus

  101. Compression for Qubit Clocks 査読有り 国際共著

    Yang Y., Chiribella G., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2018-June 巻   頁: 2476-2480   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2018.8437783

    Scopus

  102. Secure Communication over Fully Quantum Gel' Fand-Pinsker Wiretap Channel 査読有り 国際共著

    Anshu A., Hayashi M., Warsi N.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2018-June 巻   頁: 2679-2683   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2018.8437744

    Scopus

  103. Universal Construction of Cheater-Identifiable Secret Sharing Against Rushing Cheaters Based on Message Authentication 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Koshiba T.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2018-June 巻   頁: 2614-2618   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2018.8437751

    Scopus

  104. Asymptotic and non-asymptotic analysis for a hidden Markovian process with a quantum hidden system 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Yoshida Y.

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   51 巻 ( 33 )   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1751-8121/aacde9

    Scopus

  105. Quantum network code for multiple-unicast network with quantum invertible linear operations 査読有り 国際共著

    Song S., Hayashi M.

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   111 巻   頁: 10:1-10:20   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.4230/LIPIcs.TQC.2018.10

    Scopus

  106. Compression for Quantum Population Coding 査読有り 国際共著

    Yang Y., Bai G., Chiribella G., Hayashi M.

    IEEE Transactions on Information Theory   64 巻 ( 7 ) 頁: 4766-4783   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2788407

    Scopus

  107. Second-Order Asymptotics of Conversions of Distributions and Entangled States Based on Rayleigh-Normal Probability Distributions (vol 63, pg 1829, 2017) 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   64 巻 ( 7 ) 頁: 5455 - 5455   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2786669

    Web of Science

  108. Self-guaranteed measurement-based quantum computation 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Hajdusek Michal

    PHYSICAL REVIEW A   97 巻 ( 5 )   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.97.052308

    Web of Science

    Scopus

  109. Analysis of Remaining Uncertainties and Exponents Under Various Conditional Renyi Entropies 査読有り 国際共著

    Tan Vincent Y. F., Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   64 巻 ( 5 ) 頁: 3734-3755   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2018.2792495

    Web of Science

    Scopus

  110. Quantum stopwatch: how to store time in a quantum memory. 国際共著

    Yang Y, Chiribella G, Hayashi M

    Proceedings. Mathematical, physical, and engineering sciences   474 巻 ( 2213 ) 頁: 20170773   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Royal Society  

    <jats:p>Quantum mechanics imposes a fundamental trade-off between the accuracy of time measurements and the size of the systems used as clocks. When the measurements of different time intervals are combined, the errors due to the finite clock size accumulate, resulting in an overall inaccuracy that grows with the complexity of the set-up. Here, we introduce a method that, in principle, eludes the accumulation of errors by coherently transferring information from a quantum clock to a quantum memory of the smallest possible size. Our method could be used to measure the total duration of a sequence of events with enhanced accuracy, and to reduce the amount of quantum communication needed to stabilize clocks in a quantum network.</jats:p>

    DOI: 10.1098/rspa.2017.0773

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  111. Axiomatic and operational connections between the l1 -norm of coherence and negativity 査読有り 国際共著

    Zhu H.

    Physical Review A   97 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.97.022342

    Scopus

  112. Minimum Rates of Approximate Sufficient Statistics 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   64 巻 ( 2 ) 頁: 875-888   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2775612

    Web of Science

    Scopus

  113. Operational Interpretation of Renyi Information Measures via Composite Hypothesis Testing Against Product and Markov Distributions 査読有り 国際共著

    Tomamichel Marco, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   64 巻 ( 2 ) 頁: 1064-1082   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2776900

    Web of Science

    Scopus

  114. Universally Fisher-Symmetric Informationally Complete Measurements. 査読有り 国際共著

    Zhu H, Hayashi M

    Physical review letters   120 巻 ( 3 ) 頁: 030404   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.120.030404

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  115. Secure uniform random-number extraction via incoherent strategies 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Zhu Huangjun

    PHYSICAL REVIEW A   97 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.97.012302

    Web of Science

    Scopus

  116. Single-shot secure quantum network coding on butterfly network with free public communication 査読有り 国際共著

    Owari M., Kato G., Hayashi M.

    Quantum Science and Technology   3 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2058-9565/aa8ac4

    Scopus

  117. Optimal performance of generalized heat engines with finite-size baths of arbitrary multiple conserved quantities beyond independent-and-identical-distribution scaling. 査読有り 国際共著

    Ito K, Hayashi M

    Physical review. E   97 巻 ( 1-1 ) 頁: 012129   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.97.012129

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  118. Asymptotic Analysis on Spatial Coupling Coding for Two-Way Relay Channels 査読有り 国際共著

    Takabe Satoshi, Ishimatsu Yuta, Wadayama Tadashi, Hayashi Masahito

    2018 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1021-1025   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  119. Verification of hypergraph states 査読有り 国際共著

    Morimae Tomoyuki, Takeuchi Yuki, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   96 巻 ( 6 )   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.96.062321

    Web of Science

    Scopus

  120. Coherence and entanglement measures based on Rnyi relative entropies 国際共著

    Zhu Huangjun, Hayashi Masahito, Chen Lin

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   50 巻 ( 47 )   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1751-8121/aa8ffc

    Web of Science

    Scopus

  121. Verifiable fault tolerance in measurement-based quantum computation 査読有り 国際共著

    Fujii Keisuke, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   96 巻 ( 3 )   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.96.030301

    Web of Science

    Scopus

  122. Minimum rates of approximate sufficient statistics 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Tan V.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 3035-3039   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2017.8007087

    Scopus

  123. Compression for quantum population coding 査読有り 国際共著

    Yang Y., Bai G., Chiribella G., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 1973-1977   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2017.8006874

    Scopus

  124. Second order analysis for joint source-channel coding with Markovian source 査読有り 国際共著

    Yaguchi R., Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 918-922   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2017.8006662

    Scopus

  125. Secure wireless communication under spatial and local Gaussian noise assumptions 査読有り 国際共著

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 1698-1702   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2017.8006819

    Scopus

  126. Secrecy and robustness for active attack in secure network coding 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Owari M., Kato G., Cai N.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 1172-1176   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2017.8006713

    Scopus

  127. Finite-size effect on optimal efficiency of heat engines 査読有り 国際共著

    Hayashi M., Tajima H.

    PHYSICAL REVIEW E   96 巻 ( 1 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.96.012128

    Web of Science

  128. Tight Asymptotic Bounds on Local Hypothesis Testing Between a Pure Bipartite State and the White Noise State 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Owari Masaki

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   63 巻 ( 6 ) 頁: 4008-4036   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2687932

    Web of Science

    Scopus

  129. Universal Secure Multiplex Network Coding With Dependent and Non-Uniform Messages 査読有り 国際共著

    Matsumoto Ryutaroh, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   63 巻 ( 6 ) 頁: 3773-3782   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2694012

    Web of Science

    Scopus

  130. Discrimination Power of a Quantum Detector. 査読有り 国際共著

    Hirche C, Hayashi M, Bagan E, Calsamiglia J

    Physical review letters   118 巻 ( 16 ) 頁: 160502   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.118.160502

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  131. FINITE-LENGTH ANALYSIS ON TAIL PROBABILITY FOR MARKOV CHAIN AND APPLICATION TO SIMPLE HYPOTHESIS TESTING 査読有り 国際共著

    Watanabe Shun, Hayashi Masahito

    ANNALS OF APPLIED PROBABILITY   27 巻 ( 2 ) 頁: 811-845   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1214/16-AAP1216

    Web of Science

  132. Random Number Conversion and LOCC Conversion via Restricted Storage 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   63 巻 ( 4 ) 頁: 2504-2532   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2017.2657514

    Web of Science

  133. Measurement-based formulation of quantum heat engines 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tajima Hiroyasu

    PHYSICAL REVIEW A   95 巻 ( 3 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.95.032132

    Web of Science

  134. Second-Order Asymptotics of Conversions of Distributions and Entangled States Based on Rayleigh-Normal Probability Distributions 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   63 巻 ( 3 ) 頁: 1829-1857   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2645223

    Web of Science

  135. Equivocations, Exponents, and Second-Order Coding Rates Under Various Renyi Information Measures 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   63 巻 ( 2 ) 頁: 975-1005   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2636154

    Web of Science

  136. Mathematical Formulation of Quantum Systems 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 1-24   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_1

    Web of Science

  137. Limits and Linear Algebra 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 607-625   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  138. Finite-block-length analysis in classical and quantum information theory. 国際共著

    Hayashi M

    Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   93 巻 ( 3 ) 頁: 99 - 124   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本学士院  

    <p>Coding technology is used in several information processing tasks. In particular, when noise during transmission disturbs communications, coding technology is employed to protect the information. However, there are two types of coding technology: coding in classical information theory and coding in quantum information theory. Although the physical media used to transmit information ultimately obey quantum mechanics, we need to choose the type of coding depending on the kind of information device, classical or quantum, that is being used. In both branches of information theory, there are many elegant theoretical results under the ideal assumption that an infinitely large system is available. In a realistic situation, we need to account for finite size effects. The present paper reviews finite size effects in classical and quantum information theory with respect to various topics, including applied aspects.</p>

    DOI: 10.2183/pjab.93.007

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  139. Information-theoretic Physical Layer Security for Satellite Channels 査読有り 国際共著

    Vazquez-Castro Angeles, Hayashi Masahito

    2017 IEEE AEROSPACE CONFERENCE     頁: .   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  140. Asymptotic Analysis for Hidden Markovian Process with Quantum Hidden System 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    2017 IEEE INFORMATION THEORY WORKSHOP (ITW)     頁: 469-473   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  141. Analysis of Quantum Communication Protocols 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 491-568   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_9

    Web of Science

  142. Quantum Measurements and State Reduction 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 323-356   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_7

    Web of Science

  143. Quantum Information Theory Mathematical Foundation Second Edition Prologue 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: XXXV-XLIII   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  144. Quantum Information Theory Mathematical Foundation Second Edition Preface to the Japanese Edition 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: XIII-XIV   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  145. Quantum Information Theory Mathematical Foundation Second Edition Preface 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: VII-IX   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  146. Quantum Information Geometry and Quantum Estimation 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 253-322   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_6

    Web of Science

  147. Quantum Hypothesis Testing and Discrimination of Quantum States 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 95-153   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_3

    Web of Science

  148. Postface to Japanese version 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 627-629   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  149. State Evolution and Trace-Preserving Completely Positive Maps 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 197-251   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_5

    Web of Science

  150. Source Coding in Quantum Systems 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 569-605   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_10

    Web of Science

  151. Information Quantities and Parameter Estimation in Classical Systems 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 25-94   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_2

    Web of Science

  152. Entanglement and Locality Restrictions 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 357-490   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_8

    Web of Science

  153. Classical-Quantum Channel Coding (Message Transmission) 国際共著

    Hayashi Masahito

    QUANTUM INFORMATION THEORY: MATHEMATICAL FOUNDATION, 2ND EDITION     頁: 155-195   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-662-49725-8_4

    Web of Science

  154. Single-Shot Secure Quantum Network Coding for General Multiple Unicast Network with Free Public Communication 査読有り 国際共著

    Kato Go, Owari Masaki, Hayashi Masahito

    INFORMATION THEORETIC SECURITY, ICITS 2017   10681 巻   頁: 166-187   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-72089-0_10

    Web of Science

    Scopus

  155. Correlation detection and an operational interpretation of the Rényi mutual information 国際共著

    Masahito Hayashi, Marco Tomamichel

    Journal of Mathematical Physics   57 巻 ( 10 ) 頁: 102201   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    DOI: 10.1063/1.4964755

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  156. Fourier Analytic Approach to Quantum Estimation of Group Action 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   347 巻 ( 1 ) 頁: 3-82   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-016-2738-0

    Web of Science

    Scopus

  157. Optimal Compression for Identically Prepared Qubit States. 査読有り 国際共著

    Yang Y, Chiribella G, Hayashi M

    Physical review letters   117 巻 ( 9 ) 頁: 090502   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.117.090502

    PubMed

  158. INFORMATION GEOMETRY APPROACH TO PARAMETER ESTIMATION IN MARKOV CHAINS 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Watanabe Shun

    ANNALS OF STATISTICS   44 巻 ( 4 ) 頁: 1495-1535   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1214/15-AOS1420

    Web of Science

    Scopus

  159. Secret Key Agreement: General Capacity and Second-Order Asymptotics 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tyagi Himanshu, Watanabe Shun

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   62 巻 ( 7 ) 頁: 3796-3810   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2567440

    Web of Science

    Scopus

  160. Security Analysis of epsilon-Almost Dual Universal(2) Hash Functions: Smoothing of Min Entropy Versus Smoothing of Renyi Entropy of Order 2 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   62 巻 ( 6 ) 頁: 3451-3476   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2535174

    Web of Science

    Scopus

  161. Secure Multiplex Coding With Dependent and Non-Uniform Multiple Messages 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Matsumoto Ryutaroh

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   62 巻 ( 5 ) 頁: 2355-2409   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2530088

    Web of Science

    Scopus

  162. Optimal decoy intensity for decoy quantum key distribution 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   49 巻 ( 16 )   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1751-8113/49/16/165301

    Web of Science

    Scopus

  163. More Efficient Privacy Amplification With Less Random Seeds via Dual Universal Hash Function 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tsurumaru Toyohiro

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   62 巻 ( 4 ) 頁: 2213-2232   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2526018

    Web of Science

    Scopus

  164. Uniform Random Number Generation From Markov Chains: Non-Asymptotic and Asymptotic Analyses 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Watanabe Shun

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   62 巻 ( 4 ) 頁: 1795-1822   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2016.2530084

    Web of Science

    Scopus

  165. Universal Steering Criteria. 査読有り 国際共著

    Zhu H, Hayashi M, Chen L

    Physical review letters   116 巻 ( 7 ) 頁: 070403   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.116.070403

    PubMed

  166. 情報理論における量子情報理論の役割 国際共著

    林 正人

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   10 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 13   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    近年の情報理論の発展の背景には,量子情報理論の成果がある.本稿ではそのような情報理論に対する量子情報理論の影響に注目し,これまで情報理論の発展に対して量子情報理論が果たしてきた役割について解説する.これにより,近年の量子情報理論の成果がその分野内に閉じたものでないことを説明する.

    DOI: 10.1587/essfr.10.1_4

    CiNii Research

  167. Operational Interpretation of Renyi Conditional Mutual Information via Composite Hypothesis Testing Against Markov Distributions 査読有り 国際共著

    Tomamichel Marco, Hayashi Masahito

    2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY     頁: 585-589   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  168. Remaining Uncertainties and Exponents under Renyi Information Measures 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY     頁: 1536-1540   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  169. Asymmetric Evaluations of Erasure and Undetected Error Probabilities 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   61 巻 ( 12 ) 頁: 6560-6577   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2015.2495258

    Web of Science

    Scopus

  170. Local Hypothesis Testing Between a Pure Bipartite State and the White Noise State 査読有り 国際共著

    Owari Masaki, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   61 巻 ( 12 ) 頁: 6995-7011   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2015.2492958

    Web of Science

    Scopus

  171. Verifiable Measurement-Only Blind Quantum Computing with Stabilizer Testing. 査読有り 国際共著

    Hayashi M, Morimae T

    Physical review letters   115 巻 ( 22 ) 頁: 220502   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.220502

    PubMed

  172. Asymptotic compatibility between local-operations-and-classical-communication conversion and recovery 査読有り 国際共著

    Ito Kosuke, Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   92 巻 ( 5 )   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.92.052308

    Web of Science

    Scopus

  173. QUANTUM MERLIN-ARTHUR WITH CLIFFORD ARTHUR 査読有り 国際共著

    Morimae Tomoyuki, Hayashi Masahito, Nishimura Harumichi, Fujii Keisuke

    QUANTUM INFORMATION & COMPUTATION   15 巻 ( 15-16 ) 頁: 1420-1430   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  174. Error-Control Coding for Physical-Layer Secrecy 査読有り 国際共著

    Bloch Matthieu, Hayashi Masahito, Thangaraj Andrew

    PROCEEDINGS OF THE IEEE   103 巻 ( 10 ) 頁: 1725-1746   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/JPROC.2015.2463678

    Web of Science

    Scopus

  175. Quantum Wiretap Channel With Non-Uniform Random Number and Its Exponent and Equivocation Rate of Leaked Information 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   61 巻 ( 10 ) 頁: 5595-5622   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2015.2464215

    Web of Science

    Scopus

  176. Precise Evaluation of Leaked Information with Secure Randomness Extraction in the Presence of Quantum Attacker 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   333 巻 ( 1 ) 頁: 335-350   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-014-2174-y

    Web of Science

    Scopus

  177. 21aAJ-7 熱力学的操作の観測プロセスとしての再定式化 査読有り 国際共著

    Tajima H., Hayashi M.

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 2811   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_2811

    CiNii Research

  178. 17aCX-8 強い大偏差理論に基づく量子熱機関の最適効率の導出 査読有り 国際共著

    Tajima H., Hayashi M.

    日本物理学会講演概要集   70.2 巻 ( 0 ) 頁: 2648   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_2648

    CiNii Research

  179. Correlation Detection and an Operational Interpretation of the Renyi Mutual Information 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tomamichel Marco

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1447-1451   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  180. More Efficient Privacy Amplification with Less Random Seeds 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tsurumaru Toyohiro

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1786-1790   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  181. Erasure and Undetected Error Probabilities in the Moderate Deviations Regime 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1821-1825   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  182. Equivocations and Exponents under Various Renyi Information Measures 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tan Vincent Y. F.

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 281-285   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  183. Tight asymptotic bounds on local hypothesis testing between a pure bipartite state and the white noise state 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Owari Masaki

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 691-695   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  184. Large Deviation Analysis for Quantum Security via Smoothing of Renyi Entropy of Order 2 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   60 巻 ( 10 ) 頁: 6702-6732   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2014.2337884

    Web of Science

    Scopus

  185. Asymptotic local hypothesis testing between a pure bipartite state and the completely mixed state 査読有り 国際共著

    Owari Masaki, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   90 巻 ( 3 )   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.90.032327

    Web of Science

  186. AT-2-1 秘密一様乱数生成,情報源圧縮における有限長理論(AT-2.有限長解析(情報理論から暗号,通信,量子への展開),チュートリアルセッション,ソサイエティ企画) 招待有り 国際共著

    林 正人

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014 巻   頁: "SS-21"-"SS-24"   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  187. Relating different quantum generalizations of the conditional Renyi entropy 査読有り 国際共著

    Tomamichel Marco, Berta Mario, Hayashi Masahito

    JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   55 巻 ( 8 )   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4892761

    Web of Science

    Scopus

  188. Security analysis of the decoy method with the Bennett-Brassard 1984 protocol for finite key lengths 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Nakayama Ryota

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   16 巻   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/16/6/063009

    Web of Science

  189. Random Number Conversion via Restricted Storage 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 2047-2051   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  190. Asymptotic Reversibility of LOCC Conversions 査読有り 国際共著

    Ito Kosuke, Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 531-535   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  191. Information Geometry Approach to Parameter Estimation in Markov Chains 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Watanabe Shun

    2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1091-1095   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  192. Secret Key Agreement: General Capacity and Second-Order Asymptotics 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tyagi Himanshu, Watanabe Shun

    2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1136-1140   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  193. A duality relation connecting different quantum generalizations of the conditional Renyi entropy 査読有り 国際共著

    Tomamichel Marco, Berta Mario, Hayashi Masahito

    2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 731-735   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  194. Non-Asymptotic and Asymptotic Analyses on Markov Chains in Several Problems 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Watanabe Shun

    2014 INFORMATION THEORY AND APPLICATIONS WORKSHOP (ITA)     頁: 328-337   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  195. Moderate deviations for joint source-channel coding of systems with Markovian memory 査読有り 国際共著

    Tan V.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 1687-1691   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6875121

    Scopus

  196. Finite-length Analysis on Tail probability and Simple Hypothesis Testing for Markov Chain 査読有り 国際共著

    Watanabe Shun, Hayashi Masahito

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA)     頁: 196-200   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  197. Finite-length analysis for secret random number generation and coding theorems 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA)     頁: 322-326   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  198. Strong converse and second-order asymptotics of channel resolvability 査読有り 国際共著

    Watanabe S.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings     頁: 1882-1886   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6875160

    Scopus

  199. Universal channel coding with continuous output system 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA)     頁: 21-25   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  200. Strong Converse for a Degraded Wiretap Channel via Active Hypothesis Testing 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tyagi Himanshu, Watanabe Shun

    2014 52ND ANNUAL ALLERTON CONFERENCE ON COMMUNICATION, CONTROL, AND COMPUTING (ALLERTON)     頁: 148-151   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  201. Tight Exponential Analysis of Universally Composable Privacy Amplification and Its Applications 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   59 巻 ( 11 ) 頁: 7728-7746   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2013.2278971

    Web of Science

  202. A Hierarchy of Information Quantities for Finite Block Length Analysis of Quantum Tasks 査読有り 国際共著

    Tomamichel Marco, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   59 巻 ( 11 ) 頁: 7693-7710   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2013.2276628

    Web of Science

    Scopus

  203. Entanglement concentration is irreversible. 査読有り 国際共著

    Kumagai W, Hayashi M

    Physical review letters   111 巻 ( 13 ) 頁: 130407   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.111.130407

    PubMed

  204. ベクトルの近似直交化を用いた高階線型常微分方程式の整数型解法 (次世代計算科学の基盤技術とその展開 : RIMS研究集会報告集) 査読有り 国際共著

    坂口 文則, 林 正人

    数理解析研究所講究録   ( 1848 ) 頁: 132 - 146   2013年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

  205. ベクトルの近似直交化を用いた高階線型常微分方程式の整数型解法 (次世代計算科学の基盤技術とその展開) 査読有り 国際共著

    坂口 文則, 林 正人

    数理解析研究所講究録   1848 巻   頁: 132 - 146   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Research

  206. Dual Universality of Hash Functions and Its Applications to Quantum Cryptography 査読有り 国際共著

    Tsurumaru Toyohiro, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   59 巻 ( 7 ) 頁: 4700-4717   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2013.2250576

    Web of Science

    Scopus

  207. Quantum Hypothesis Testing for Gaussian States: Quantum Analogues of chi(2), t-, and F-Tests 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   318 巻 ( 2 ) 頁: 535-574   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-013-1678-1

    Web of Science

  208. Second Order Asymptotics for Random Number Generation 査読有り 国際共著

    Kumagai Wataru, Hayashi Masahito

    2013 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY PROCEEDINGS (ISIT)     頁: 1506-+   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  209. Non-Asymptotic Bounds on Fixed Length Source Coding for Markov Chains 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Watanabe Shun

    2013 51ST ANNUAL ALLERTON CONFERENCE ON COMMUNICATION, CONTROL, AND COMPUTING (ALLERTON)     頁: 875-882   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  210. NONDISTILLABLE ENTANGLEMENT GUARANTEES DISTILLABLE ENTANGLEMENT 国際共著

    LIN CHEN, MASAHITO HAYASHI

    International Journal of Modern Physics B   26 巻 ( 27n28 ) 頁: 1243008   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Pub Co Pte Lt  

    <jats:p> The monogamy of entanglement is one of the basic quantum mechanical features, which says that when two partners Alice and Bob are more entangled then either of them has to be less entangled with the third party. Here we qualitatively present the converse monogamy of entanglement: given a tripartite pure system and when Alice and Bob are entangled and nondistillable, then either of them is distillable with the third party. Our result leads to the classification of tripartite pure states based on bipartite reduced density operators, which is a novel and effective way to this long-standing problem compared to the means by stochastic local operations and classical communications. Furthermore we systematically indicate the structure of the classified states and generate them. We also extend our results to multipartite states. </jats:p>

    DOI: 10.1142/s0217979212430084

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  211. Concise and tight security analysis of the Bennett-Brassard 1984 protocol with finite key lengths 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Tsurumaru Toyohiro

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   14 巻   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/14/9/093014

    Web of Science

    Scopus

  212. Precise evaluation of leaked information with universal(2) privacy amplification in the presence of quantum attacker 国際共著

    Hayashi Masahito

    2012 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY PROCEEDINGS (ISIT)     頁: 890-894   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  213. Quantum wiretap channel with non-uniform random number and its exponent of leaked information 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    2012 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY PROCEEDINGS (ISIT)     頁: 895-899   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  214. 情報スペクトルによる二次オーダーの情報理論 国際共著

    林 正人

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   6 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 25   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    情報理論における二次の漸近論を,情報スペクトルの手法を通じて解説する.情報スペクトルの手法の持つ普遍性により,固定長情報源圧縮,一様乱数生成,通信路符号化の三つのテーマの二次の漸近論を統一的視点で扱う.更に,量子暗号や情報源符号化伝承,情報理論的セキュリティへの応用についても触れる.

    DOI: 10.1587/essfr.6.12

    CiNii Research

  215. Secure Multiplex Coding with Dependent and Non-Uniform Multiple Messages 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Matsumoto Ryutaroh

    2012 50TH ANNUAL ALLERTON CONFERENCE ON COMMUNICATION, CONTROL, AND COMPUTING (ALLERTON)     頁: 954-959   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  216. Large deviation theory for non-regular location shift family 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    ANNALS OF THE INSTITUTE OF STATISTICAL MATHEMATICS   63 巻 ( 4 ) 頁: 689-716   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10463-009-0254-0

    Web of Science

  217. Weaker entanglement between two parties guarantees stronger entanglement with a third party 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito, Chen Lin

    PHYSICAL REVIEW A   84 巻 ( 1 ) 頁: 012325   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.84.012325

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  218. Exponential Decreasing Rate of Leaked Information in Universal Random Privacy Amplification 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   57 巻 ( 6 ) 頁: 3989-4001   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2011.2110950

    Web of Science

  219. Comparison Between the Cramer-Rao and the Mini-max Approaches in Quantum Channel Estimation 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   304 巻 ( 3 ) 頁: 689-709   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-011-1239-4

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  220. Discrimination of the change point in a quantum setting 査読有り 国際共著

    Akimoto Daiki, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   83 巻 ( 5 ) 頁: 052328   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.83.052328

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  221. 光子個数制約の下での位相推定 査読有り 国際共著

    林 正人

    Progress in informatics   ( 8 ) 頁: 81 - 87   2011年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国立情報学研究所  

    位相推定問題についての多くの研究ではNoon 状態を入力状態として用いる方法が提案されている.理由はNoon 状態を入力状態とした場合,ある点でFisher 情報量が最大となるからである.しかし,Fisher 情報量が必ずしも達成可能な推定誤差を与えるとは限らない.本稿では,Mini-max 基準に加え,局所漸近Mini-max 基準を考え,これらの場合に,Fisher 情報量が達成可能な推定誤差を与えないことを示す.さらに,Noon 状態に代わり,漸近的に最適な入力状態を光子数に関する制約条件の下で与える.

  222. Multicopy and stochastic transformation of multipartite pure states 査読有り 国際共著

    Chen Lin, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   83 巻 ( 2 ) 頁: 022331   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.83.022331

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  223. Dual universality of hash functions and its applications to quantum cryptography (ワイドバンドシステム・情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会) 査読有り 国際共著

    鶴丸 豊広, 林 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム : IEICE technical report   110 巻 ( 444 ) 頁: 295 - 302   2011年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    In this paper, we introduce the concept of dual universality of hash functions and present its applications to various quantum and classical communication models including cryptography. We begin by establishing the one-to-one correspondence between a linear function family F and a code family C, and thereby defining ε-almost dual universal_2 hash functions, as a generalization of the conventional universal_2 hash functions. Then we give a security proof for the Bennett-Brassard 1984 protocol, where the Shor-Preskill-type argument is used, but nevertheless ε-almost dual universal_2 functions can be used for privacy amplification.

  224. Dual universality of hash functions and its applications to quantum cryptography (情報理論・情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会) 査読有り 国際共著

    鶴丸 豊広, 林 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論   110 巻 ( 442 ) 頁: 295 - 302   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    In this paper, we introduce the concept of dual universality of hash functions and present its applications to various quantum and classical communication models including cryptography. We begin by establishing the one-to-one correspondence between a linear function family F and a code family C, and thereby defining ε-almost dual universal_2 hash functions, as a generalization of the conventional universal_2 hash functions. Then we give a security proof for the Bennett-Brassard 1984 protocol, where the Shor-Preskill-type argument is used, but nevertheless ε-almost dual universal_2 functions can be used for privacy amplification.

  225. Universally Attainable Error and Information Exponents, and Equivocation Rate for the Broadcast Channels with Confidential Messages 査読有り 国際共著

    Forty-Ninth Annual Allerton Conference     頁: .   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  226. GENERAL THEORY FOR INTEGER-TYPE ALGORITHM FOR HIGHER ORDER DIFFERENTIAL EQUATIONS 査読有り 国際共著

    Sakaguchi Fuminori, Hayashi Masahito

    NUMERICAL FUNCTIONAL ANALYSIS AND OPTIMIZATION   32 巻 ( 5 ) 頁: 541-582   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01630563.2011.557917

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  227. Phase estimation with photon number constraint 査読有り 国際共著

    Masahito HAYASHI

    Progress of Informatics   ( 8 ) 頁: 81-87   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2201/NiiPi.2011.8.9

    Scopus

    researchmap

  228. Secure Multiplex Network Coding 査読有り 国際共著

    Matsumoto, Ryutaroh, Hayashi, Masahito,

    2011 International Symposium on Network Coding (NetCod)     2011年

     詳細を見る

  229. Secure Multiplex Coding with a Common Message 査読有り 国際共著

    Matsumoto Ryutaroh, Hayashi Masahito

    2011 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY PROCEEDINGS (ISIT)     頁: .   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  230. PRACTICAL IMPLEMENTATION AND ERROR BOUND OF INTEGER-TYPE ALGORITHM FOR HIGHER-ORDER DIFFERENTIAL EQUATIONS 査読有り 国際共著

    Sakaguchi Fuminori, Hayashi Masahito

    NUMERICAL FUNCTIONAL ANALYSIS AND OPTIMIZATION   32 巻 ( 12 ) 頁: 1316-1364   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01630563.2011.595602

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  231. Weaker entanglement between two parties guarantees stronger entanglement with a third party 査読有り 国際共著

    林 正人

    Physical Review A   Vol, 84 巻   頁: 12325   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  232. Weaker entanglement between two parties guarantees stronger entanglement with a third party 査読有り 国際共著

    林 正人

    Physical Beview A   84 巻   頁: 12325   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  233. Comparison between the Cramer-Rao and the mini-max approaches in quantum channel estimation 査読有り 国際共著

    林 正人

    Communications in Mathematical Physics   304 巻   頁: 689 - 709   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  234. Practical Implementation and Error Bound of Integer-Type Algorithm for Higher-Order Differential Equations 査読有り 国際共著

    林 正人

    Numerical Functional Analysis and Optimization   32 巻   頁: 1316 - 1364   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  235. Phase estimation with photon number constraint," Progress of Informatics 査読有り 国際共著

    林 正人

    Progress of Informatics   8 巻   頁: 81 - 87   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  236. Multi-copy and stochastic transformation of multipartite pure states 査読有り 国際共著

    林 正人

    Physical Review A   Vol.83 巻   頁: 22331   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  237. General theory for integer-type algorithm for higher order differential equations 査読有り 国際共著

    林 正人

    Numerical Functional Analysis and Optimization   32 巻   頁: 541 - 582   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  238. Exponential decreasing rate of leaked information in universal random privacy amplification 査読有り 国際共著

    林 正人

    IEEE Transactions on Information Theory   57 巻   頁: 3989 - 4001   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  239. Discrimination of the change point in a quantum setting 査読有り 国際共著

    林 正人

    Physical Review A   83 巻   頁: 52328   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  240. Additivity and non-additivity of multipartite entanglement measures 査読有り 国際共著

    Zhu Huangjun, Chen Lin, Hayashi Masahito

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   12 巻   頁: 083002-   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/12/8/083002

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  241. Capacity With Energy Constraint in Coherent State Channel 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   57 巻 ( 8 ) 頁: 4071-4079   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2010.2050805

    Web of Science

  242. Unitary-process discrimination with error margin 査読有り 国際共著

    Hashimoto T., Hayashi A., Hayashi M., Horibe M.

    PHYSICAL REVIEW A   81 巻 ( 6 ) 頁: 062327   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.81.062327

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  243. Limiting behavior of relative R,nyi entropy in a non-regular location shift family 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    ANNALS OF THE INSTITUTE OF STATISTICAL MATHEMATICS   62 巻 ( 3 ) 頁: 547-569   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10463-008-0182-4

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  244. Universal Approximation of Multi-copy States and Universal Quantum Lossless Data Compression 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   293 巻 ( 1 ) 頁: 171-183   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-009-0909-y

    Web of Science

  245. Two Non-Regular Extensions of Large Deviation Bound 査読有り 国際共著

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN STATISTICS-THEORY AND METHODS   39 巻 ( 8-9 ) 頁: 1404-1423   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03610920802460761

    Web of Science

  246. Construction of wiretap codes from ordinary channel codes 査読有り 国際共著

    M. Hayashi and R. Matsumoto

    Proceedings of the International Symposium on Information Theory 2010 (ISIT2010)     頁: 2538-2542   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2010.5513794

    researchmap

  247. Universal approximation of multi-copy states and universal quantum lossless data compression 査読有り 国際共著

    林 正人

    Communications in Mathematical Physics 293, No.1     頁: 171 - 183   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  248. Two non-regular extensions of large deviation bound 査読有り 国際共著

    林 正人

    Communications in Statistics 39(829)     頁: 1404 - 1423   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  249. The geometric measure of entanglement for a symmetric pure state with non-negative amplitudes 査読有り

    Hayashi Masahito, Markham Damian, Murao Mio, Owari Masaki, Virmani Shashank

    JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   50 巻 ( 12 ) 頁: 122104   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.3271041

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  250. Information Spectrum Approach to Second-Order Coding Rate in Channel Coding 査読有り

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   55 巻 ( 11 ) 頁: 4947-4966   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2009.2030478

    Web of Science

  251. Quantum hypothesis testing with group symmetry 査読有り

    Hiai Fumio, Mosonyi Milan, Hayashi Masahito

    JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   50 巻 ( 10 ) 頁: 103304   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.3234186

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  252. Universal Coding for Classical-Quantum Channel 査読有り

    Hayashi Masahito

    COMMUNICATIONS IN MATHEMATICAL PHYSICS   289 巻 ( 3 ) 頁: 1087-1098   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00220-009-0825-1

    Web of Science

  253. Discrimination of Two Channels by Adaptive Methods and Its Application to Quantum System 査読有り

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   55 巻 ( 8 ) 頁: 3807-3820   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2009.2023726

    Web of Science

  254. ユニバーサルランダム秘匿性増強における指数的評価 査読有り

    林 正人

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論   109 巻 ( 143 ) 頁: 115 - 120   2009年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    We derive a new upper bound for Eve's information in secret key generation from a common random number without communication. This bound improves on Bennett's bound based on the Renyi entropy of order 2 because the bound obtained here uses the Renyi entropy of order 1+s for s∈[0,1]. This bound is applied to a wire-tap channel. Then, we derive an exponential upper bound for Eve's information. Our exponent is compared with Hayashi's exponent. For the additive case, the bound obtained here is better. The result is applied to secret key agreement by public discussion.

  255. Group theoretical study of LOCC-detection of maximally entangled states using hypothesis testing 査読有り

    Hayashi Masahito

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   11 巻   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/11/4/043028

    Web of Science

  256. Fourier analytic approach to phase estimation in quantum systems 査読有り

    Imai Hiroshi, Hayashi Masahito

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   11 巻 ( 4 ) 頁: 043034-   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/11/4/043034

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  257. Optimal ratio between phase basis and bit basis in quantum key distributions 査読有り

    Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   79 巻 ( 2 )   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.79.020303

    Web of Science

  258. Upper bounds of eavesdropper's performances in finite-length code with the decoy method (vol 76, art no 012329, 2007) 査読有り

    Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   79 巻 ( 1 )   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.79.019901

    Web of Science

  259. 量子情報理論とその難しさ

    林 正人

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   3 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 56   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    近年の電子情報通信に関するデバイス技術の進化にしたがって,物理層の奥深くまで踏み込んだ情報処理が可能になりつつある.このような事情から,究極の情報処理理論として量子情報理論が定式化され,様々なバックグラウンドを持った研究者の努力により急激に進展した.しかしながら,量子情報理論では,これまでブラックボックスとして扱っていた部分に踏み込んで情報処理理論を展開するので,基本的概念の理解のレベルでさえ様々な参入障壁がある.本稿では,これらの障壁を取り除くため,初学者が誤解しやすい点や概念に重点を絞って解説する.例えば,波動関数と密度行列の違い,物理量とPOVM,状態複製と状態準備の違いなどについて丁寧に触れる.同時に,量子情報理論の最近の研究動向を解説する.具体的には状態識別,量子通信路符号化,量子鍵配送などの最新に成果にも触れる.

    DOI: 10.1587/essfr.3.1_44

    CiNii Research

  260. 29pTB-1 「情報」を通して見る量子力学(29pTB 領域11,領域1合同シンポジウム:「情報」を通して見る量子力学,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)) 査読有り

    林 正人

    日本物理学会講演概要集   64.1.2 巻 ( 0 ) 頁: 306   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.2.0_306_3

    CiNii Research

  261. Universal coding for classical-quantum channel 査読有り

    林 正人

    Communications in Mathematical Physics 283 No.3     頁: 1087 - 1098   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  262. Capacity with energy constraint in coherent state channel 査読有り

    林 正人

    IEEE Transactions on Information Theory     2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  263. 量子情報理論とその難しさ 査読有り

    林 正人

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ誌 3, No.1     頁: 44 - 56   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  264. 東北大学サイエンスカフェ実施報告-偏光板による量子暗号の模擬実験- 査読有り

    林 正人

    数学通信 14巻2号     頁: 38 - 46   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  265. Optimal ratio between phase basis and bit basis in quantum key distribution 査読有り

    林 正人

    Physical Review A 79     頁: 20303   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  266. Large deviation theory for non-regular location shift family 査読有り

    林 正人

    Annals of the Institute of Statistical Mathematics     2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  267. Information Spectrum Approach to Second-Order Coding Rate in Channel Coding 査読有り

    林 正人

    IEEE Transactions on Information Theory 55, Issue 11     頁: 4947 - 4966   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  268. Group theoretical study of LOCC-detection of maximally entangled state using hypothesis testing 査読有り

    林 正人

    New Journal of Physics 11 No.4     頁: 43028   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  269. Discrimination of two channels by adaptive methods and its application to quantum system 査読有り

    林 正人

    IEEE Transactions on Information Theory 55, Issue 8     頁: 3807 - 3820   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  270. Asymptotic performance of optimal state estimation in qubit system 査読有り

    Hayashi Masahito, Matsumoto Keiji

    JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   49 巻 ( 10 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.2988130

    Web of Science

  271. Second-order asymptotics in fixed-length source coding and intrinsic randomness 査読有り

    Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   54 巻 ( 10 ) 頁: 4619-4637   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2008.928985

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  272. AK-1-3 量子情報スペクトルの考え方とその応用(AK-1.情報スペクトル理論とその周辺,ソサイエティ特別企画,ソサイエティ企画) 査読有り

    林 正人

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2008 巻   頁: "SS - 4"-"SS-6"   2008年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

  273. Information extraction versus irreversibility in quantum measurement processes 査読有り

    Buscemi Francesco, Hayashi Masahito, Horodecki Michal

    INTERNATIONAL JOURNAL OF QUANTUM INFORMATION   6 巻   頁: 613-619   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  274. Global information balance in quantum measurements. 査読有り

    Buscemi F, Hayashi M, Horodecki M

    Physical review letters   100 巻 ( 21 ) 頁: 210504   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.100.210504

    PubMed

  275. Statistical analysis of testing of an entangled state based on the Poisson distribution framework 査読有り

    Hayashi Masahito, Tomita Akihisa, Matsumoto Keiji

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   10 巻   頁: 043029-   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/10/4/043029

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  276. Quantum measurements for hidden subgroup problems with optimal sample complexity 査読有り

    Hayashi M.

    Quantum Information and Computation   8 巻 ( 3-4 ) 頁: 345-358   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  277. Two-way classical communication remarkably improves local distinguishability 査読有り

    Owari Masaki, Hayashi Masahito

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   10 巻   頁: 013006-   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/10/1/013006

    Web of Science

    researchmap

  278. Entanglement of multiparty stabilizer, symmetric, and antisymmetric states 査読有り

    M. Hayashi, D. Markham, M. Murao, M. Owari, S. Virmani

    Physical Review A   77 巻 ( 1,Pt.A ) 頁: 012104   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.77.012104

    Scopus

    researchmap

  279. Statistical analysis of testing of an entangled state based on the Poisson distribution framework 査読有り

    林 正人

    New Journal of physics 10(オンラインジャーナル)     2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  280. Quantum measurements for hidden subgroup problems with optimal sample complexity 査読有り

    林 正人

    Quantum Information and Computation 8     頁: 345 - 358   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  281. Asymptotic performance of optimal state estimation in qubit system 査読有り

    林 正人

    Journal of Mathematical Physics 49     頁: 102101   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  282. Second-order asymptotics in channel capacity 査読有り

    林 正人

    信学技法 IT2008-5     頁: 23 - 28   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  283. Second-Order Asymptotics in Fixed-Length Source Coding and Intrinsic Randomness 査読有り

    林 正人

    IEEE Transaction on Information Theory 54     頁: 4619 - 4637   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  284. Error exponent in asymmetric quantum hypothesis testing and its application to classical-quantum channel coding 査読有り

    Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   76 巻 ( 6 ) 頁: 062301   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.76.062301

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  285. General theory for decoy-state quantum key distribution with an arbitrary number of intensities 査読有り

    Hayashi Masahito

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   9 巻   頁: 284-   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/9/8/284

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  286. Universal distortion-free entanglement concentration 査読有り

    Matsumoto Keiji, Hayashi Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   75 巻 ( 6 ) 頁: 062338   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.75.062338

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  287. An information-spectrum approach to classical and quantum hypothesis testing for simple hypotheses 査読有り

    Nagaoka Hiroshi, Hayashi Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   53 巻 ( 2 ) 頁: 534-549   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2006.889463

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  288. Upper bounds of eavesdropper's performances in finite-length code with the decoy method 査読有り

    M Hayashi

    Physical Review A   76 巻 ( 1,Pt.A ) 頁: 012329   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.76.012329

    researchmap

  289. 19pXG-2 デコイ法を用いた量子鍵配送の改良とその安全性解析(量子エレクトロニクス(量子情報),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 査読有り

    林 正人, 富田 章久, 廣嶋 透也, 長谷川 淳

    日本物理学会講演概要集   62.1.2 巻 ( 0 ) 頁: 144   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.2.0_144_2

    CiNii Research

  290. A general entropic approach to the information-disturbance tradeoff problem in quantum measurements 査読有り

    F. Buscemi, M. Hayashi, and M. Horodecki

    Asian Conference on Quantum Information Science Shiran Kaikan     頁: 40-41   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  291. General theory for decoy-state QKD with arbitrary number of intensities 査読有り

    M. Hayashi

    Asian Conference on Quantum Information Science Shiran Kaikan     頁: 75-76   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  292. Prior entanglement between senders enables perfect quantum network coding 査読有り

    M. Hayashi

    Asian Conference on Quantum Information Science Shiran Kaikan     頁: 38-39   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  293. Security analysis and experiment of decoy state quantum key distribution incorporating finite statistics 査読有り

    J. Hasegawa, M. Hayashi, Tohya Hiroshima , and Akihisa Tomita

    Asian Conference on Quantum Information Science Shiran Kaikan     頁: 77-78   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  294. Quantum network coding 査読有り

    Hayashi Masahito, Wama Kazuo, Nishimura Harumichi, Raymond Rudy, Yamashita Shigeru

    STACS 2007, PROCEEDINGS   4393 巻   頁: 610-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  295. Quantum information with Gaussian states 査読有り

    X.-B. Wang, T. Hiroshima, A. Tomita, and M. Hayashi

    Physics Reports   448 巻 ( 1-4 ) 頁: 1-111   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physrep.2007.04.005

    Scopus

    researchmap

  296. Prior entanglement between senders enables perfect quantum network coding with modification 査読有り

    M Hayashi

    Phys. Rev. A   76 巻 ( 4,Pt.A ) 頁: 040301   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.76.040301

    Scopus

    researchmap

  297. 21pWA-2 情報符号化における量子・古典対応(シンポジウム 量子系におけるコトの物理学,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理) 査読有り

    林 正人

    日本物理学会講演概要集   62.1.2 巻 ( 0 ) 頁: 316   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.2.0_316_2

    CiNii Research

  298. Error exponent in asymmetric quantum hypothesis testing and its application to classical-quantum channel coding 査読有り

    林 正人

    Physical Review A 76     頁: 62301   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  299. Parallel treatment of estimation of SU(2) and phase estimation 査読有り

    Hayashi Masahito

    PHYSICS LETTERS A   354 巻 ( 3 ) 頁: 183-189   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physleta.2006.01.043

    Web of Science

    researchmap

  300. (4, 1)-量子ランダムアクセス符号の非存在について

    林 正人, 岩間 一雄, 西村 治道, レイモンド ルディ, 山下 茂

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   106 巻 ( 63 ) 頁: 33-38   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    1999年にAmbainis, Nayak, Ta-shma, Vaziraniによって導入された(n,1,p)-量子ランダムアクセス符号とは,次のような通信システムである.nビットの情報を持つ送信者はその情報を1キュビットに符号化してそれを受信者に送る.受信者は正作用素値測度によって定義される量子的復号プロセスによりp以上の確率で正しく元のnビットの任意の1ビットを復号することができる.Ambainisらは(2,1,0.85)-量子ランダムアクセス符号の存在を示し,同時に古典的にはそのような符号は不可能であることを示した.ChaungはAmbainisらの符号を(3,1,0.79)-量子ランダムアクセス符号に拡張したが,それ以来p>1/2をみたす(4,1,p)-量子ランダムアクセス符号の存在は未解決であった.この論文ではこの未解決問題に対する否定的回答を与える.

  301. 量子ネットワーク上での効率的な情報の伝送(計算理論とアルゴリズムの新展開) 査読有り

    林 正人, 岩間 一雄, 西村 治道, レイモンド ルディー, 山下 茂

    数理解析研究所講究録   1489 巻 ( 1489 ) 頁: 128 - 134   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Research

  302. General formulas for fixed-length quantum entanglement concentration 査読有り

    Hayashi M

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   52 巻 ( 5 ) 頁: 1904 - 1921   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2006.872976

    Web of Science

    researchmap

  303. (4,1)-Quantum Random Access Coding Does Not Exist 査読有り

    M. Hayashi, K. Iwama, H. Nishimura, R. Raymond, and S. Yamashita

    ISIT 2006, the 2006 IEEE International Symposium on Information Theory     頁: 446-450   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ISIT.2006.261708

    researchmap

  304. (4,1)-Quantum random access coding does not exist-one qubit is not enough to recover one of four bits 査読有り

    M. Hayashi, K. Iwama, H. Nishimura, R. Raymond, and S. Yamashita

    New J. Phys.   8 巻 ( 129 ) 頁: 1-11   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/8/8/129

    researchmap

  305. A study of LOCC-detection of a maximally entangled state using hypothesis testing 査読有り

    M. Hayashi, K. Matsumoto, and Y. Tsuda

    Journal of Physics A: Mathematical and General   39 巻   頁: 14427-14446   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0305-4470/39/46/013

    researchmap

  306. Local copying and local discrimination as a study for non-locality of a set 査読有り

    M. Owari, and M. Hayashi

    Physical Review A   74 巻 ( 3,Pt.A ) 頁: 032108   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.74.032108

    researchmap

  307. Hypothesis testing for an entangled state produced by spontaneous parametric down conversion 査読有り

    M. Hayashi, B.-S. Shi, A. Tomita, K. Matsumoto, Y. Tsuda, and Y.-K. Jiang

    Physical Review A   74 巻 ( 6,Pt.A ) 頁: 062321   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.74.062321

    researchmap

  308. General non-asymptotic and asymptotic formulas in channel resolvability and identification capacity and its application to wire-tap channel 査読有り

    M Hayashi

    IEEE Transactions on Information Theory   52 巻 ( 4 ) 頁: 1562-1575   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2006.871040

    researchmap

  309. Characterization of several kinds of quantum analogues of relative entropy 査読有り

    M Hayashi

    Quantum Information and Computation   6 巻 ( 7 ) 頁: 583-596   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  310. Bounds on Multipartite Entangled Orthogonal State Discrimination Using Local Operations and Classical Communication 査読有り

    M. Hayashi, D. Markham, M. Murao, M. Owari, and S. Virmani

    Phys. Rev. Lett   96 巻   頁: 040501-   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.96.040501

    researchmap

  311. Optimal Visible Compression Rate For Mixed States Is Determined By Entanglement Purification 査読有り

    M Hayashi

    Physical Review A   73 巻 ( 6,Pt.A ) 頁: 060301   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.73.060301

    researchmap

  312. Practical Evaluation of Security for Quantum Key Distribution 査読有り

    M Hayashi

    Physical Review A   74 巻 ( 2,Pt.A ) 頁: 022307   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.74.022307

    researchmap

  313. Practical Evaluation of Security for Quantum Key Distribution 査読有り

    M. Hayashi

    Asian conference on Quantum Information Science 2006 (AQIS 06)     頁: 9-10   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  314. 量子2準位系での固有値推定での量子効果 査読有り

    林 正人

    情報処理学会論文誌   46 巻 ( 10 ) 頁: 2447 - 2464   2005年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    量子2準位系での状態の密度行列の固有値を推定する問題を,まったくエンタングルメントを用いない測定による推定と,2つの系間の相関を用いた測定による推定とを比較する.その結果,純粋状態に近い場合については,Hendrychら(2003)が行った量子相関を用いた実験による推定が,ある種のまったく相関を用いない場合での最適な実験による推定よりもより高い精度を与えることを示した.Hendrychらの実験では推定精度について十分に検討していなかったが,改めて,推定精度に注意して同種の実験を行えば,量子相関による推定精度の向上を,実験的に実証できることと思われる.Concerning the estimation problem of the eigen-value of the density in the quantum twolevel system, I compare the accuracy of a estimator based on a quantum measurement with quantum correlation in measuring apparatus with that of the optimal estimator based on a measurement without quantum correlation. It is proven that the estimator realized by Hendrych, et al. (2003) is better than the optimal case without quantum correlation when the true state is closed to a pure state. Although Hendrych, et al. did not discuss the accuracy of their estimation sufficiently, it is expected to be able to be realized to perform an estimation whose accuracy is better than the optimal case without quantum correlation.

  315. 純粋状態推定についての二次の漸近論について(<小特集>量子情報工学論文) 査読有り

    林 正人

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   88 巻 ( 8 ) 頁: 903 - 916   2005年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    スピンコヒーレント状態族, ボゾンコヒーレント状態族, su(1, 1)コヒーレント状態族の三つの純粋状態族に注目し, 二次の漸近理論を展開する. その結果, 二次の推定効率とスカラ曲率との間に一定の関係があることが分かった.

  316. Hypotheses testing for maximally entangled state (Statistical Inference of Records and Related Statistics) 査読有り

    林 正人

    数理解析研究所講究録   ( 1439 ) 頁: 225 - 240   2005年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

  317. Local Discrimination and multipartite entanglement measures 査読有り

    D. Markham, S. Virmani, M. Owari, M. Murao, M. Hayashi

    ERATO conference on Quantum Information Science 2005 (EQIS 05)     頁: 91-92   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  318. Qubit channels which require four inputs to achieve capacity: Implications for additivity conjectures 査読有り

    M. Hayashi, H. Imai, K. Matsumoto, M. B. Ruskai and T. Shimono

    Quantum information and computation   5 巻 ( 1 ) 頁: 13-31   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  319. The relationship between local copying and local discrimination 査読有り

    M. Owari and M. Hayashi

    ERATO conference on Quantum Information Science 2005 (EQIS 05)     頁: 31-32   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  320. Intrinsic randomness based on KL-divergence criterion

    HAYASHI Masahito

      27 巻 ( 1 ) 頁: 69-72   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  321. 情報源固定長符号化と一様乱数生成における2次の漸近論

    林 正人

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications   27 巻 ( 1 ) 頁: 65-68   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  322. Estimation of SU(2) action by using entanglement 査読有り

    M. Hayashi

    ERATO conference on Quantum Information Science 2004 (EQIS'04)     頁: 68-69   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  323. Hypothesis testing for entanglement 査読有り

    Y. Tsuda, M. Hayashi and K. Matsumoto

    ERATO conference on Quantum Information Science 2004 (EQIS'04)     頁: 70-71   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  324. General non-asymptotic and asymptotic formulas in channel resolvability and identification capacity 査読有り

    M. Hayashi

    International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA 2004)     頁: 1562-1567   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  325. Finding a maximally correlated state -- Simultaneous Schmidt decomposition of bipartite pure states 査読有り

    T. Hiroshima and M. Hayashi

    Physical Review A   70 巻 ( 3 ) 頁: 030302   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.70.030302

    researchmap

  326. Finding a maximally correlated state -- Simultaneous Schmidt decomposition of bipartite pure states 査読有り

    T. Hiroshima and M. Hayashi

    ERATO conference on Quantum Information Science 2004 (EQIS'04)     頁: 43-44   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  327. Exponents of channel resolvability and wire-tapped channel 査読有り

    M. Hayashi

    International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA 2004)     頁: 1080-1085   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  328. Estimation of SU(2) action by using entanglement 査読有り

    M. Hayashi

    ERATO conference on Quantum Information Science 2004 (EQIS'04)     頁: 68-69   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  329. On error exponents in quantum hypothesis testing 査読有り

    T. Ogawa and M. Hayashi

    IEEE Transactions on Information Theory   50 巻 ( 6 ) 頁: 1368-1372   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2004.828155

    researchmap

  330. Universal distortion-free entanglement concentration 査読有り

    K. Matsumoto and M. Hayashi

    Proceedings of the International Symposium on Information Theory 2004 (ISIT2004)     頁: 323-   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  331. Qubit channels which require four inputs to achieve capacity: Implications for additivity conjectures 査読有り

    M. Hayashi, H. Imai, K. Matsumoto, M. B. Ruskai and T. Shimono

    ERATO conference on Quantum Information Science 2004 (EQIS'04)     頁: 45-46   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  332. 15aTF-1 Finding a Maximally Correlated State 査読有り

    廣嶋 透也, 林 正人

    日本物理学会講演概要集   59.2.2 巻 ( 0 ) 頁: 130   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.59.2.2.0_130_2

    CiNii Research

  333. 量子系の統計的推測と量子相関 : 推定における量子効果の検証に向けて 査読有り

    林 正人

    物性研究   80 巻 ( 5 ) 頁: 662 - 699   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:物性研究刊行会  

    量子力学では量子状態の量子相関が非局所性を表すものとして扱われているが,量子系の統計的推測においては量子状態の量子相関だけでなく,量子測定における量子相関も重要な役割を果たすことを解説する.さらに,現在の技術で十分に可能な測定で量子相関を用いることによる効果が明確なものを量子ガウス状態や量子2準位系を例にとって提案する.

    CiNii Research

  334. General formulas for capacity of classical-quantum channels 査読有り

    Hayashi M, Nagaoka H

    IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY   49 巻 ( 7 ) 頁: 1753-1768   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2003.813556

    Web of Science

    researchmap

  335. Error exponents for entanglement concentration 査読有り

    M. Hayashi, M. Koashi, K. Matsumoto, F. Morikoshi, and A. Winter

    Journal of Physics A: Mathematical and General   36 巻 ( 2 ) 頁: 527-553   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0305-4470/36/2/316

    researchmap

  336. General asymptotic formulas for fixed-length quantum entanglement concentration 査読有り

    M. Hayashi

    Proceedings of the International Symposium on Information Theory 2003 (ISIT2003)     頁: 431-   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  337. On error exponents in quantum hypothesis testing 査読有り

    T. Ogawa and M. Hayashi

    Proceedings of the International Symposium on Information Theory 2003 (ISIT2003)     頁: 479-   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  338. Optimal sequence of quantum measurements in the sense of Stein's lemma in quantum hypothesis testing 査読有り

    Hayashi M

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL   35 巻 ( 50 ) 頁: 10759-10773   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  339. Simple construction of quantum universal variable-length source coding 査読有り

    Hayashi M, Matsumoto K

    QUANTUM INFORMATION & COMPUTATION   2 巻   頁: 519-529   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  340. Two quantum analogues of Fisher information from a large deviation viewpoint of quantum estimation 査読有り

    Hayashi M

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL   35 巻 ( 36 ) 頁: 7689-7727   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  341. Exponents of quantum fixed-length pure-state source coding 査読有り

    Hayashi M

    PHYSICAL REVIEW A   66 巻 ( 3 ) 頁: 032321   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.66.032321

    Web of Science

    researchmap

  342. 量子系の統計的推測 : 理論と応用 招待有り 査読有り

    林 正人

    電子情報通信学会誌   85 巻 ( 8 ) 頁: 600-605   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    量子系での統計的推測の適用し得る可能性について述べ,その定式化,及び,最も簡単なモデルである量子ガウス状態の推定を例にとって,推定精度の限界についても考察する.更に,実際の量子系での実験にこの理論を適用した場合の問題についても考察する.この枠組みでなされた宇佐見らの二光子偏光状態を用いた実験を紹介する.

  343. A general formula for the classical capacity of a general quantum channel 査読有り

    M. Hayashi and H. Nagaoka

    Proceedings of the International Symposium on Information Theory 2002 (ISIT2002)     頁: 71-   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  344. Error exponents for entanglement concentration 査読有り

    F. Morikoshi, M. Hayashi, M. Koashi, K. Matsumoto, and A. Winter

    ERATO Workshop on Quantum Information Science 2002 (EQIS2002)     頁: 46-47   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  345. Coherent states and anihilation-creation operators associated with the irreducible unitary representations of su(1,1) 査読有り

    F. Sakaguchi and M. Hayashi

    Journal of Mathematical Physics   43 巻 ( 5 ) 頁: 2241-2248   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.1470707

    researchmap

  346. Quantum universal variable-length source coding 査読有り

    M. Hayashi and K. Matsumoto

    ERATO Workshop on Quantum Information Science 2002 (EQIS2002)     頁: 31-32   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  347. Simple construction of quantum universal variable-length coding 査読有り

    M. Hayashi and K. Matsumoto

    Quantum Information and Computation   2 巻   頁: 519-529   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  348. Quantum universal variable-length source coding 査読有り

    M. Hayashi and K. Matsumoto

    Physical Review A   66 巻 ( 2 ) 頁: 022311   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.66.022311

    researchmap

  349. 9pXE-11 エンタングルメント凝縮における誤り指数(量子エレクトロニクス(量子情報),領域1) 査読有り

    森越 文明, 林 正人, 小芦 雅斗, 松本 啓史

    日本物理学会講演概要集   57.2.2 巻 ( 0 ) 頁: 143   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.57.2.2.0_143_3

    CiNii Research

  350. 一般情報源の仮説検定及び情報源固定長符号化での正しい確率の指数

    林 正人, 長岡 浩司

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications   24 巻 ( 2 ) 頁: 493-496   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  351. 一般量子情報源における量子仮説検定

    林 正人

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications   24 巻 ( 2 ) 頁: 591-594   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  352. Asymptotics of quantum relative entropy from a representation theoretical viewpoint 査読有り

    Hayashi M

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL   34 巻 ( 16 ) 頁: 3413-3419   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  353. su(1,1)-コヒーレント状態としてのコーシー・ウェーブレット : それに関連した生成消滅関係とInteracting Fock Spaceの関係(第8回「非平衡系の統計物理」シンポジウム,研究会報告) 査読有り

    坂口 文則, 林 正人

    物性研究   75 巻 ( 5 ) 頁: 964 - 972   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:物性研究刊行会  

    アフィン群のコビーレント状態に関係があるある種の生成消滅関係は、アフィン群の既約ユニタリ表現の2つの生成子にさらにもう一つ生成子を追加することにより、代数su(1,1)の既約ユニタリ表現の生成消滅関係として解釈できる。この関係により、信号処理の分野で用いられるコーシー・ウェーブレットは、代数su(1,1)のコヒーレント状態であると解釈できる。

    CiNii Research

  354. Optimal sequence of POVMs in the sense of Stein's lemma in quantum hypothesis testing 査読有り

    M. Hayashi

    ERATO workshop on Quantum Information Science 2001 (EQIS2001)     頁: 20-   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  355. Recent Developments in Quantum Statistical Inference 査読有り

    Masahito Hayashi, Keiji Matsumoto

    Bulletin of the Japan Society for Industrial and Applied Mathematics,Iwanami-Shoten   11 巻 ( 3 ) 頁: 27-48   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  356. Subnormal operators regarded as generalized observables and compound-system-type normal extension related to su(1,1) 査読有り

    Hayashi M, Sakaguchi F

    JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND GENERAL   33 巻 ( 43 ) 頁: 7793-7820   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  357. 適応的実験計画での2種類のBahadur型限界 査読有り

    林 正人, 松本 啓史

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   83 巻 ( 6 ) 頁: 629 - 638   2000年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    統計的推定理論において, 推定量の誤り確率の減少率の下限をBahadurの限界という.本論文では, 適応的実験計画へのBahadurの限界の拡張を論じた.そして, 推定量に課す条件によって2種類の異なった拡張が存在し, 両者とも各々の意味で達成可能であることを, 自然な正則性条件のもとで厳密に証明した.更に2種類の限界が一致するための必要十分条件を導出し, 具体例において検討した.

  358. Subnormal operators regarded as generalized observables and compound-system-type normal extension related to su(1,1) (New Development of Infinite-Dimensional Analysis and Quantum Probability) 査読有り

    林 正人, 坂口 文則

    数理解析研究所講究録   ( 1139 ) 頁: 74 - 98   2000年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

  359. Subnormal operators regarded as generalized observables and compound-system-type normal extension related to $\mathfrak{su}(1,1)$ (New Development of Infinite-Dimensional Analysis and Quantum Probability) 査読有り

    Hayashi Masahito, Sakaguchi Fuminori

      1139 巻   頁: 74 - 98   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  360. A relationship between continuous wavelet transformation and the algebra su(1,1) 査読有り

    F. Sakaguchi and M. Hayashi

    Proceedings of the IASTED International Conference on Signal Processing and Communications (SPC 2002)     頁: 390-394   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  361. Asymptotic estimation theory for a finite dimensional pure state model 査読有り

    M. Hayashi

    Journal of Physics A: Mathematical and General   31 巻 ( 20 ) 頁: 4633-4655   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0305-4470/31/20/006

    researchmap

  362. 量子相対エントロピーの漸近的達成(量子確率論とエントロピー解析) 査読有り

    林 正人

    数理解析研究所講究録   1013 巻 ( 1013 ) 頁: 60 - 64   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Research

  363. A linear programming approach to attainable Cramer-Rao type bounds 査読有り

    Hayashi M

    QUANTUM COMMUNICATION, COMPUTING, AND MEASUREMENT     頁: 99-108   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. Group representation for quantum theory

    ( 担当: 単著)

    Springer  2017年  ( ISBN:9783319449043

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  2. A group theoretic approach to quantum information

    ( 担当: 単著)

    Springer  2017年  ( ISBN:9783319452395

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  3. Quantum information theory : mathematical foundation

    林 正人(量子情報理論)( 担当: 単著)

    Springer  2017年  ( ISBN:9783662570326

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  4. Introduction to quantum information science

    ( 担当: 共著)

    Springer  2015年  ( ISBN:9783662435014

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  5. 量子論のための表現論

    林 正人(量子情報理論)( 担当: 単著)

    共立出版  2014年  ( ISBN:9784320110786

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  6. 量子情報への表現論的アプローチ

    林 正人(量子情報理論)( 担当: 単著)

    共立出版  2014年  ( ISBN:9784320110793

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  7. 量子情報科学入門 = Introduction to quantum information science

    石坂 智, 小川 朋宏, 河内 亮周, 木村 元(量子力学), 林 正人(量子情報理論)( 担当: 単著)

    共立出版  2012年  ( ISBN:9784320122994

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  8. 数理工学事典

    ( 担当: 単著)

    朝倉書店  2011年  ( ISBN:9784254280036

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  9. 量子確率論とエントロピー解析

    京都大学数理解析研究所( 担当: 単著)

    京都大学数理解析研究所  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 257

  1. Special functions in quantum statistical estimation 招待有り 国際会議

    Masahito Hayashi

    International Symposium on Orthogonal Polynomials, Special Functions and Applications (OPSFA)  2022年6月13日  University of Montreal

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Montreal   国名:カナダ  

  2. Estimation of quantum state and quantum channel 招待有り 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    Bernoulli

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. Pseudo standard entanglement structure cannot be distinguished from standard entanglement structure 国際共著 国際会議

    H. Arai and M. Hayashi

    26th Quantum Information Processing  2023年2月7日  Ghent

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ghent   国名:ベルギー王国  

  4. 量子情報理論におけるt-design とその応用 招待有り

    林正人

    IMI 共同利用研究「機械学習 への組合せ論的アプローチ」  2022年9月20日  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  5. Algorithm for rate distortion theory based on em algorithm 国際会議

    Masahito Hayashi

    International Conference on Information Geometry for Data Science  2022年9月22日  Hamburg University of Technology,

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hamburg   国名:ドイツ連邦共和国  

  6. Exponents in Smoothing the Max-Relative Entropy and of Randomness Extraction Against Quantum Side Information 国際共著 国際会議

    K. Li, Y. Yao, and M. Hayashi

    2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)  2022年6月29日  Aalto University,

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Espoo   国名:フィンランド共和国  

  7. Commitment Capacity of Classical-Quantum Channels 国際共著 国際会議

    M. Hayashi and N, Warsi,

    2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)  2022年6月29日  Aalto University,

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Espoo   国名:フィンランド共和国  

  8. Analytical Calculation Formulas for Capacities of Classical and Classical-Quantum Channels, 国際会議

    M. Hayashi

    2022 IEEE Int. Symp. Information Theory (ISIT)  2022年6月29日  Aalto University,

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Espoo   国名:フィンランド共和国  

  9. Optimum ratio between two bases in the Bennett-Brassard 1984 protocol with second-order analysis 招待有り 国際会議

    M. Hayashi

    6th Forum for Complexity and Security,  2022年5月20日  Beijing University of Posts and Telecommunications

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Beijing   国名:中華人民共和国  

  10. Dense Coding with Locality Restriction for Decoder: Quantum Encoders vs. Super-Quantum Encoders 国際共著 国際会議

    Hayashi M., Wang K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. k When are Adaptive Strategies in Asymptotic Quantum Channel Discrimination Useful? 国際共著 国際会議

    Salek M., Hayashi M., Winter A.

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. Quantum Private Information Retrieval for Quantum Messages 国際共著 国際会議

    Song S., Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  13. Global Heisenberg scaling in noisy and practical phase estimation 国際共著 国際会議

    Hayashi M,Liu Z-W, Yuan H.

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  14. Estimation of quantum state and quantum channel 招待有り 国際会議

    Masahito Hayashi

    International Conference on Quantum Information and Foundations  2022年2月17日  Indian Statistical Institute

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kolkata,   国名:インド  

  15. Secure list decoding and its application to bit-string commitment 招待有り 国際共著

    Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  16. Refined Density Evolution Analysis of LDPC Codes for Successive Interference Cancellation 国際共著 国際会議

    Takabe S., Wadayama T., Hayashi M.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. Non-standard entanglement structure of Local unitary self-dual models as a saturated situation of repeatability in General Probabilistic Theories 国際共著

    荒井駿 林正人

    量子情報技術研究会45  電子情報通信学会 量子情報技術特別研究専門委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  18. Secure list decoding and its application to bit-string commitment 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. Secure Modulo Sum via Multiple Access Channel 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. Universal classical-quantum superposition coding and universal classical-quantum multiple access channel coding 国際共著 国際会議

    Hayashi M, Cai N.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  21. Global Heisenberg scaling in noisy and practical phase estimation 国際共著 国際会議

    Hayashi M,Liu Z-W, Yuan H.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  22. Asymmetry of tensor product of asymmetric and invariant vectors arising from Schur-Weyl duality based on hypergeometric orthogonal polynomial 国際共著 国際会議

    Hayashi M.,Hora A.,Yanagida S.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. Quantum-inspired secure wireless communication protocol under spatial and local Gaussian noise assumptions 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  24. Environment-Assisted Classical Communication via Quantum Resources: Quantum Encoders vs. Super-Quantum Encoders 国際共著 国際会議

    Hayashi M., Wang K.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  25. Quantum Private Information Retrieval for Quantum Messages 国際共著 国際会議

    Song S., Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. Quantum Casual Unravelling 国際共著 国際会議

    G. Bai, Y.-D. Wu, Y. Zhu, M. Hayashi, and G. Chiribella

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Quantum Private Information Retrieval for Quantum Messages 国際共著 国際会議

    Song S., Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. Universal classical-quantum multiple access channel coding 国際共著 国際会議

    Hayashi M, Cai N.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. Secure Modulo Sum via Multiple Access Channel 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Equivalence of Non-Perfect Secret Sharing and Symmetric Private Information Retrieval with General Access Structure 国際共著 国際会議

    Song S., Hayashi M.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. Quantum Private Information Retrieval for Quantum Messages 国際共著 国際会議

    Song S., Hayashi M.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. Asymptotic Separation Between Adaptive and Non-adaptive Strategies in Quantum Channel 国際共著 国際会議

    Salek M., Hayashi M., Winter A.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness 国際共著 国際会議

    Hayashi M, Fang K., Wang K.

    IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. Estimation of group action with energy constraint and its application to uncertainty relations on S1 and S3 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. Perfect Discrimination in Approximate Quantum Theory of General Probabilistic Theories 国際共著 国際会議

    Y. Yoshida, H. Arai, M. Hayashi,

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  36. Efficient Algorithms for Quantum Causal Discovery 国際共著 国際会議

    Ge Bai, Ya-Dong Wu, Yan Zhu, Masahito Hayashi, Giulio Chiribella,

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  37. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 国際共著 国際会議

    S. Song, M. Hayashi

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  38. Universal classical-quantum multiple access channel coding and classical-quantum compound multiple access channel coding 国際共著 国際会議

    Masahito Hayashi} Ning Cai,

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  39. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 国際共著 国際会議

    K. Wang, M. Hayashi

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  40. Finite Block Length Analysis on Incoherent Randomness Extraction and Quantum Coherence Distillation 国際共著 国際会議

    Masahito Hayashi, Kun Fang,

    QIP2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Technical University of Munich, Munich, Germany  

  41. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 国際共著

    S. Song, M. Hayashi

    量子情報技術研究会 (QIT43) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  42. Perfect Discrimination in Approximate Quantum Theory of General Probabilistic Theories 国際共著

    Y. Yoshida, H. Arai, M. Hayashi,

    量子情報技術研究会 (QIT43) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. Efficient Algorithms for Causal Order Discovery in Quantum Networks 国際共著 国際会議

    G. Bai, Y.-D. Wu, Y. Zhu, M. Hayashi, G. Chiribella,

    20th Asian Quantum Information Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sydney, Australia  

  44. Perfect Discrimination in Approximate Quantum Theory of General Probabilistic Theories 国際共著 国際会議

    Y. Yoshida, H. Arai, M. Hayashi,

    20th Asian Quantum Information Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sydney, Australia  

  45. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness Extraction 国際共著 国際会議

    M. Hayashi, K. Wang, and K. Fang,

    20th Asian Quantum Information Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sydney, Australia  

  46. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 国際共著 国際会議

    K. Wang, M. Hayashi

    20th Asian Quantum Information Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sydney, Australia  

  47. When are Adaptive Strategies in Asymptotic Quantum Channel Discrimination Useful? 国際共著 国際会議

    F. Salek, M. Hayashi, and A. Winter

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Stanford University, USA  

  48. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 国際共著 国際会議

    K. Wang, M. Hayashi

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Stanford University, USA  

  49. Representation matching for delegated quantum computing 国際共著 国際会議

    Y. Yang and M. Hayashi

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Stanford University, USA  

  50. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 国際共著 国際会議

    S. Song, M. Hayashi

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Stanford University, USA  

  51. Perfect Discrimination in Approximate Quantum Theory of General Probabilistic Theories 国際共著 国際会議

    Y. Yoshida, H. Arai, M. Hayashi,

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Stanford University, USA  

  52. Application of the Resource Theory of Channels to Communication Scenarios 国際共著 国際会議

    R. Takagi, K. Wang, and M. Hayashi

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Stanford University, USA  

  53. Finite Block Length Analysis on Quantum Coherence Distillation and Incoherent Randomness Extraction 国際共著 国際会議

    M. Hayashi, K. Wang, and K. Fang,

    Beyond IID in Information Theory 8 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Stanford University, USA  

  54. Information-Theoretic Anonymous Cryptographic Protocols 招待有り 国際共著 国際会議

    M. Hayashi

    ISITA2020 - The International Symposium on Information Theory and Its Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Kapolei, Hawai’i, USA  

  55. Finite Block Length Analysis on Incoherent Randomness Extraction and Quantum Coherence Distillation 招待有り 国際共著 国際会議

    Masahito Hayashi, Kun Fang,

    Qcrypt 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Amsterdam, The Netherlands  

  56. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 招待有り 国際共著 国際会議

    S. Song, M. Hayashi

    Qcrypt 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Amsterdam, The Netherlands  

  57. Quantum Information Processing over Quantum Network 招待有り 国際共著 国際会議

    M. Hayashi

    SPCOM 2020 - International Conference on Signal Processing and Communications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Indian Institute of Science, Bangalore, India  

  58. Overview about previous finite size results 招待有り 国際共著 国際会議

    M. Hayashi

    QKD Security Proof Workshop 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Waterloo & University of Toronto,  

  59. Classical Mechanism is Optimal in Classical-Quantum Differentially Private Mechanisms 国際共著 国際会議

    Y. Yoshida, M. Hayashi

    IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles, California, USA  

  60. Permutation Enhances Classical Communication Assisted by Entangled States 国際共著 国際会議

    K. Wang, M. Hayashi

    IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles, California, USA  

  61. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 国際共著 国際会議

    S. Song, M. Hayashi

    IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles, California, USA  

  62. Capacity of Quantum Private Information Retrieval with Colluding Servers 国際共著 国際会議

    S. Song, M. Hayashi

    IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles, California, USA  

  63. Operational interpretation of Rényi conditional mutual information via composite hypothesis testing against Markov distributions 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2016.7541366

    Scopus

  64. Remaining uncertainties and exponents under Rényi information measures 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2016.7541556

    Scopus

  65. Correlation detection and an operational interpretation of the Rényi mutual information 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2015.7282695

    Scopus

  66. Tight asymptotic bounds on local hypothesis testing between a pure bipartite state and the white noise state 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2015.7282543

    Scopus

  67. More efficient privacy amplification with less random seeds 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2015.7282763

    Scopus

  68. Erasure and undetected error probabilities in the moderate deviations regime 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2015.7282770

    Scopus

  69. Equivocations and exponents under various Rényi information measures 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2015.7282461

    Scopus

  70. Finite-length analysis for secret random number generation and coding theorems 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    Proceedings of 2014 International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  71. Universal channel coding with continuous output system 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    Proceedings of 2014 International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  72. Finite-length analysis on tail probability and simple hypothesis testing for Markov chain 国際共著 国際会議

    Watanabe S.

    Proceedings of 2014 International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  73. Strong converse for a degraded wiretap channel via active hypothesis testing 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    2014 52nd Annual Allerton Conference on Communication, Control, and Computing, Allerton 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ALLERTON.2014.7028449

    Scopus

  74. 乱数変換に対する二次漸近解析 (情報理論) 国際共著

    熊谷 亘, 林 正人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    本発表では確率分布Pから生成されるの独立同一乱数を、Qから生成される独立同一乱数へ変換する際の最適生成レートに関して論じる。確率分布QまたはPが一様分布である場合は、この問題はそれぞれintrinsic randomnessおよびresolvabilityと呼ばれており、一次だけでなく二次の漸近解析もなされてきた。一方、PおよびQの双方が非一様分布である場合、その二次漸近論は扱われてこなかった。本発表ではPおよびQが有限集合上の一様とは限らない確率分布とし、それらの間の最適変換レートを行う。We treat a random number generation from an i.i.d. probability distribution of P to that of Q. When Q or P is a uniform distribution, the problems have been well-known as the uniform random number generation and the resolvability problem respectively, and analyzed not only in the context of the first order asymptotic theory but also that in the second asymptotic theory. On the other hand, when both P and Q are not a uniform distribution, the second order asymptotics has not been treated. In this paper, we focus on the second order asymptotics of a random number generation for arbitrary probability distributions P and Q on a finite set. In particular, we derive the optimal second order generation rate under an arbitrary permissible confidence coefficient.

  75. A duality relation connecting different quantum generalizations of the conditional Rényi entropy 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6874929

    Scopus

  76. Secret key agreement: General capacity and second-order asymptotics 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6875010

    Scopus

  77. Non-asymptotic and asymptotic analyses on Markov chains in several problems 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    2014 Information Theory and Applications Workshop, ITA 2014 - Conference Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ITA.2014.6804255

    Scopus

  78. Information geometry approach to parameter estimation in Markov chains 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6875001

    Scopus

  79. Asymptotic reversibility of LOCC conversions 国際共著 国際会議

    Ito K.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2014.6874889

    Scopus

  80. Non-asymptotic analysis of privacy amplification via Rényi entropy and inf-spectral entropy 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2013.6620720

    Scopus

  81. Quantum security analysis via smoothing of Renyi entropy of order 2 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1007/978-3-642-35656-8_11

    Scopus

  82. Non-asymptotic bounds on fixed length source coding for Markov chains 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    2013 51st Annual Allerton Conference on Communication, Control, and Computing, Allerton 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/Allerton.2013.6736617

    Scopus

  83. Secure multiplex coding with dependent and non-uniform multiple messages 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    2012 50th Annual Allerton Conference on Communication, Control, and Computing, Allerton 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/Allerton.2012.6483321

    Scopus

  84. Precise evaluation of leaked information with universal <inf>2</inf> privacy amplification in the presence of quantum attacker 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2012.6284690

    Scopus

  85. Quantum wiretap channel with non-uniform random number and its exponent of leaked information 国際共著 国際会議

    Hayashi M.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ISIT.2012.6284691

    Scopus

  86. Dual universality of hash functions and its applications to quantum cryptography 国際共著 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会・情報理論研究会(IT)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  87. Dual universality of hash functions and its applications to classical and quantum cryptography 国際共著 国際会議

    林 正人

    QCRYPT 2011: First Annual Conference on Quantum Cryptography  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  88. Classification of pure tripartite states by reduced bipartite densities 国際共著 国際会議

    林 正人

    第24回量子情報技術研究会 (QIT24)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  89. Secure Multiplex Coding with a Common Message 国際共著 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会・情報理論研究会(IT)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  90. Multi-copy and stochastic transformation of multipartite pure states 国際共著 国際会議

    林 正人

    第24回量子情報技術研究会 (QIT24)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  91. ユニバーサルハッシュ関数の双対性とその量子暗号への応用 国際共著 国際会議

    林 正人

    第24回量子情報技術研究会 (QIT24)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  92. 量子ガウス状態族に関する仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    量子情報科学 ウィンタースクール 2011  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  93. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    第4回東北大学大学院理学研究科6専攻合同シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  94. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    第25回量子情報技術研究会 (QIT25)  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  95. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    量子情報処理プロジェクト夏期研修会2011 〜関西・関東学生チャプター合同研究会〜  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  96. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    日本数学会東北支部会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  97. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    第12回Student Chapter  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  98. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際共著 国際会議

    林 正人

    2011年度 統計関連学会連合大会  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  99. Dual universality of hash functions and its applications to classical and quantum cryptography 国際共著 国際会議

    HAYASHI MASAHITO

    QCRYPT 2011: First Annual Conference on Quantum Cryptography  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  100. Asymptotic theory for quanutm channel estimation 国際会議

    林 正人

    第22回量子情報技術研究会 (QIT22)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  101. シュレーディンガー方程式の固有値問題の整数型高確度解法 国際会議

    林 正人

    日本数学会2010年度年会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  102. 「量子情報理論の取り巻く状況」 国際会議

    林 正人

    応用物理学会・量子エレクトロニクス研究会 「量子情報の最前線と今後10年の展開」  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  103. Strong security and separated code constructions for the broadcast channels with confidential messages 国際会議

    林 正人

    第33回情報理論とその応用シンポジウム  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  104. Quantum Statistical State Estimation and Quantum Cramer-Rao Bound 国際会議

    林 正人

    IISA-ISPS 2010 International Conference on Statistics, Probability, Operations Research, Computer Science and Allied Areas  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  105. Construction of wiretap codes from ordinary channel codes 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会,情報理論研究会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  106. Quantum channel estimation and asymptotic bound 招待有り 国際会議

    Hayashi Masahito

    INTERNATIONAL WORKSHOP ON STATISTICAL-MECHANICAL INFORMATICS 2010 (IW-SMI 2010) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/233/1/012016

  107. Pure state identification with multi-copy states 国際会議

    林 正人

    First Graduate Student Congress on Quantum Information and Computation, Centre for Quantum Technologies  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  108. Phase estimation with photon number constraint 国際会議

    林 正人

    2nd International Conference on Quantum Information and Technology  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  109. Best rank one approximation in quantum information 国際会議

    林 正人

    高次元配列(テンソル)データ解析の数理と応用に関する研究会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  110. 古典情報を用いないユニバーサルな純粋状態識別プロトコル 国際会議

    林 正人

    第23回量子情報技術研究会 (QIT23)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  111. 滑らかな波束を用いたシュレーディンガー方程式の整数型高確度解法 国際会議

    林 正人

    日本数学会2010年度年会  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  112. 量子情報におけるユニバーサルプロトコル理論の構築と量子暗号への応用 国際会議

    林 正人

    特定領域「情報統計力学(DEX-SMI)」の総括と今後の展開  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  113. 量子ガウス状態族に対する仮説検定 国際会議

    林 正人

    第23回量子情報技術研究会 (QIT23)  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  114. Construction of wiretap codes from ordinary channel codes 国際会議

    Hayashi Masahito, Matsumoto Ryutaroh

    2010 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  115. Channel coding with finite average photon number 国際会議

    林 正人

    第20回量子情報技術研究会 (QIT20)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  116. Quantum universal coding protocols and universal approximation of multi-copy states 招待有り 国際会議

    Hayashi Masahito

    INTERNATIONAL WORKSHOP ON STATISTICAL-MECHANICAL INFORMATICS 2008 (IW-SMI 2008) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/143/1/012017

  117. Quantum Universal Coding Protocols and Universal approximation of multi-copy states 国際会議

    林 正人

    International Conferrence on Quantum Information and Technology  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  118. Quantum universal coding protocols and universal approximation of multi-copy states 国際会議

    林 正人

    The 6th Joint meeting of Chinese Physicist Worldwide (OCPA6)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  119. Quantum Statistical State Estimation and Quantum Cramer-Rao Bound 国際会議

    林 正人

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON Frontiers of Interface between Statistics and Sciences  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  120. Quantum Key Distribution and Related Topics 国際会議

    林 正人

    Joint Workshop on Theoretical Computer Science 東北大学・清華大学合同研究討論会「理論計算機科学」  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  121. Quantum Key Distribution 国際会議

    林 正人

    Expository Quantum Lecture Series (EQuaLS)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  122. Identification of rotation axis in Bloch Sphere 国際会議

    林 正人

    DEX-SMI Workshop on Quantum Statistical Inference  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  123. Group theoretical study of LOCC-detection of maximally entangled state using hypothesis testing 国際会議

    林 正人

    DEX-SMI Workshop on Quantum Statistical Inference  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  124. Exponential evaluations in universal random privacy amplification 国際会議

    林 正人

    情報理論研究会(IT)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  125. 量子暗号・量子情報処理~新しい通信と情報処理~ 国際会議

    林 正人

    量子情報と確率的情報処理 Quantum Information and Probabilistic Information Processing 2009 (QIPIP2009)  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  126. 線型常微分方程式の整数型アルゴリズムの実現とその誤差上限 国際会議

    林 正人

    日本数学会2009年度年会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  127. 局在型波束を用いた高階線型常微分方程式の整数型解法 国際会議

    林 正人

    日本数学会2009年度年会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  128. 量子系でのベイズ符号と冗長度 国際会議

    林 正人

    DEX-SMI 2009 研究成果発表会  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  129. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    林 正人

    Recent Advances in Statistical Inference - in Honor of Professor Masafumi Akahira  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  130. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第19回量子情報技術研究会(QIT19)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  131. Fourier Analytic Method in Phase Estimation Problem 国際会議

    林 正人

    Sendai-Workshop 2008  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  132. Universal protocols in quantum information 国際会議

    林 正人

    GSIS Workshop on Quantum Information Theory  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  133. Universal information protocols in quantum information theory 国際会議

    林 正人

    Information and Communication , Alfred Renyi Institute of Mathematics, Hungary  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  134. Universal coding for classical-quantum channel 国際会議

    林 正人

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  135. Universal approximation of multi-copy states and universal quantum lossless data compression 国際会議

    林 正人

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  136. Quantum universal coding protocols and universal approximation of multi-copy states 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第19回量子情報技術研究会(QIT19)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  137. Discrimination of two channels by adaptive methods and its application to quantum system 国際会議

    林 正人

    Sendai-Workshop 2008  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  138. Discrimination of two channels by adaptive methods 国際会議

    林 正人

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  139. Chernoff and Hoeffding bounds in one-way LOCC 国際会議

    林 正人

    GSIS & DEX-SMI Workshop on Quantum statistical inference and entanglement  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  140. Quantum capacity and degraded channel 国際会議

    林 正人

    Multicritical Behaviour of Spin Glasses and Quantum Error Correcting Codes (MBQEC)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  141. Optimal ratio between phase basis and bit basis in QKD 国際会議

    林 正人

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  142. Information Spectrum Approach to Second-Order Coding Rate in Channel Coding 国際会議

    林 正人

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  143. 古典・量子系におけるランダム符号化 国際会議

    林 正人

    DEX-SMI 2008 チュートリアル, 「情報統計力学と量子情報」  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  144. 量子情報スペクトルの考え方とその応用 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会 ソサエティ大会, ソサイエティ特別企画セッション, AK-1. 情報スペクトル理論とその周辺,  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  145. 通信路容量についての2次の漸近論 国際会議

    林 正人

    情報理論研究会(IT)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  146. 古典・量子系における情報スペクトルを用いた情報理論への統一的アプローチ 国際会議

    林 正人

    研究集会:「代数幾何学とその新しい展開」  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  147. 弱コヒーレント光によるセキュリティ精度保証付き量子鍵配送

    林 正人, 富田 章久, 長谷川 淳, 廣嶋 透也

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    不完全な量子状態による量子鍵配送にデコイ法の適用を考え,有限長の符号の場合での安全性公式を導出した.この解析は,実装された量子鍵配送装置の安全性を保証するために大変有効である.特に,ダークカウントや真空状態の効果も考慮に入れた.

  148. A general entropic approach to the information-disturbance tradeoff problem in quantum measurements 国際会議

    林 正人

    Third Asia Pacific Conference on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  149. Error exponent in asymmetric quantum hypothesis testing and its application to classical-quantum channel coding 国際会議

    林 正人

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  150. Upper bounds of eavesdropper’s performances in finite-length code with decoy method 国際会議

    林 正人

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  151. State Discrimination of Entangled State by Local Operations 国際会議

    林 正人

    Noise Information & Complexity @ Quantum Scale  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  152. Entanglement and group symmetries: stabilizer, symmetric and antisymmetric states 国際会議

    林 正人

    公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスシンポジウム」  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  153. 21pWA-2 情報符号化における量子・古典対応(シンポジウム 量子系におけるコトの物理学,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理) 招待有り 国際会議

    林 正人

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.2.0_316_2

  154. Information gain and approximate reversibility of quantum measurements:an entropic approach 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  155. General theory for decoy-state quantum key distribution with arbitrary number of intensities 国際会議

    林 正人

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  156. デコイ法を用いた量子鍵配送の安全性理論解析 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  157. 有限長符号での無条件安全性を保証したデコイ法による量子鍵配送の数値解析 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  158. 局所操作による状態識別-双方向古典通信と一方向古典通信の違い- 国際会議

    林 正人

    DEX-SMI 2007 研究成果発表会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  159. Theoretical analysis and implementation on QKD with the decoy-state method 国際会議

    林 正人

    Third Asia Pacific Conference on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  160. Theoretical analysis and implementation on QKD with the decoy-state method 国際会議

    林 正人

    KIAS-KAIST 2007 Workshop on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  161. 実用的な設定での量子鍵配送の安全性評価 国際会議

    林 正人

    日本物理学会北陸支部講演会  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  162. 双方向古典通信による、エンタングル状態の局所的識別性の著しい改善について 国際会議

    林 正人

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  163. (4,1)-Quantum Random Access Coding Does Not Exist - One qubit is not enough to recover one of four bits - 国際会議

    HAYASHI MASAHITO

    Asian conference on Quantum Information Science 2006 (AQIS 06) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  164. (4,1)-Quantum Random Access Coding Does Not Exist - One qubit is not enough to recover one of four bits - 国際会議

    Asian conference on Quantum Information Science 2006 (AQIS 06) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  165. (4,1)-quantum random access coding does not exist 国際会議

    Hayashi Masahito, Iwama Kazuo, Nishimura Harumichi, Raymond Rudy, Yamashita Shigeru

    2006 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY, VOLS 1-6, PROCEEDINGS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  166. AP-1-1 量子情報理論における加法性問題(AP-1.情報理論と情報通信における未解決問題 : 簡単そうなのになぜ解けない?,基礎・境界) 招待有り

    林 正人

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  167. Hypotheses testing for maximally entangled state (Statistical Inference of Records and Related Statistics)

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  168. Characterization of several kinds of quantum analogues of relative entropy 国際会議

    HAYASHI MASAHITO

    2nd International Symposium on Information Geometry and its Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  169. LOCCによるエンタングルメントのUMP不変検定 国際会議

    林 正人

    日本数学会秋季総合分科会統計数学分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  170. Can quantum non-locality improve quantum estimation? 招待有り 国際会議

    HAYASHI MASAHITO

    Non-locality of Quantum Mechanics and Statistical Inference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  171. SU(2)作用のエンタングルメントを用いた推定

    電子情報通信学会第9回量子情報技術研究会(QIT9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  172. TD-1-2 量子系での統計的推測 招待有り

    林 正人

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  173. A general formula for the classical capacity of a general quantum channel 国際会議

    Hayashi M, Nagaoka H

    ISIT: 2002 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY, PROCEEDINGS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  174. Subnormal operators regarded as generalized observables and compound-system-type normal extension related to su(1,1) 国際会議

    Quantum Communication Measurement & Computing 2000 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  175. On the eigenvector problem and the uncertainty relation with respect to the squeezing parameters of squeezed states 国際会議

    6th International Conference on Squeezed States and Uncertainty Relations 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  176. "量子仮説検定における漸近的に最適な測定と表現論"

    第8回「非平衡系の統計物理シンポジウム」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  177. Affinity を用いた漸近理論

    京都大学数理解析研究所研究集会``Statistical Region Estimation and Its Application'' 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  178. The asymptotic attainable Crame'r-Rao type bound for spin system 3-parameter model 国際会議

    5th International Conference on Squeezed States and Uncertainty Relations 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ハンガリー共和国  

  179. The asymptotic attainable Cramér-Rao type bound for spin 1/2 system 3-parameter model 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  180. Quantum capacity and degraded channel 国際会議

    Multicritical Behaviour of Spin Glasses and Quantum Error Correcting Codes (MBQEC)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  181. Universally Attainable Error and Information Exponents, and Equivocation Rate for the Broadcast Channels with Confidential Messages 国際会議

    Forty-Ninth Annual Allerton Conference  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  182. Experimental Decoy State Quantum Key Distribution with Unconditional Security Incorprorating Finite Statistics 国際会議

    ナノ光・電子デバイスと量子エレクトロニクス  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  183. Experimental Decoy State Quantum Key Distribution with Unconditional Security Incorprorating Finite Statistics 国際会議

    ナノ光・電子デバイスと量子エレクトロニクス  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  184. Exponential evaluations in universal random privacy amplification 国際会議

    情報理論研究会(IT)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  185. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  186. Fourier Analytic Approach to Phase Estimation 国際会議

    The Twelfth Workshop on Quantum Information Processing  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  187. Fourier Analytic Method in Phase Estimation Problem 国際会議

    Sendai-Workshop 2008  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  188. Error exponent in asymmetric quantum hypothesis testing and its application to classical-quantum channel coding 国際会議

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  189. Discrimination of two channels by adaptive methods 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  190. Discrimination of two channels by adaptive methods and its application to quantum system 国際会議

    Sendai-Workshop 2008  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  191. Quantum Universal Coding Protocols and Universal approximation of multi-copy states 国際会議

    International Conferrence on Quantum Information and Technology  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  192. Quantum universal coding protocols and universal approximation of multi-copy states 国際会議

    The 6th Joint meeting of Chinese Physicist Worldwide (OCPA6)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  193. State Discrimination of Entangled State by Local Operations 国際会議

    Noise Information & Complexity @ Quantum Scale  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  194. Theoretical analysis and implementation on QKD with the decoy-state method 国際会議

    KIAS-KAIST 2007 Workshop on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  195. Theoretical analysis and implementation on QKD with the decoy-state method 国際会議

    Third Asia Pacific Conference on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  196. Universal approximation of multi-copy states and universal quantum lossless data compression 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  197. Universal coding for classical-quantum channel 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  198. Universal information protocols in quantum information theory 国際会議

    Information and Communication , Alfred Renyi Institute of Mathematics, Hungary  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  199. Universal protocols in quantum information 国際会議

    GSIS Workshop on Quantum Information Theory  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  200. Upper bounds of eavesdropper’s performances in finite-length code with decoy method 国際会議

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  201. Quantum universal coding protocols and universal approximation of multi-copy states 国際会議

    電子情報通信学会第19回量子情報技術研究会(QIT19)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  202. 局所操作による状態識別-双方向古典通信と一方向古典通信の違い- 国際会議

    DEX-SMI 2007 研究成果発表会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  203. 局在型波束を用いた高階線型常微分方程式の整数型解法 国際会議

    日本数学会2009年度年会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  204. 実用的な設定での量子鍵配送の安全性評価 国際会議

    日本物理学会北陸支部講演会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  205. 古典情報を用いないユニバーサルな純粋状態識別プロトコル 国際会議

    第23回量子情報技術研究会 (QIT23)  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  206. 古典・量子系における情報スペクトルを用いた情報理論への統一的アプローチ 国際会議

    研究集会:「代数幾何学とその新しい展開」  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  207. 古典・量子系におけるランダム符号化 国際会議

    DEX-SMI 2008 チュートリアル, 「情報統計力学と量子情報」  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  208. 双方向古典通信による、エンタングル状態の局所的識別性の著しい改善について 国際会議

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  209. ユニバーサルハッシュ関数の双対性とその量子暗号への応用 国際会議

    第24回量子情報技術研究会 (QIT24)  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  210. デコイ法を用いた量子鍵配送の改良とその安全性解析 国際会議

    日本物理学会2007年春季大会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  211. デコイ法を用いた量子鍵配送の改良とその安全性解析 国際会議

    日本物理学会2007年春季大会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  212. デコイ法を用いた量子鍵配送の安全性理論解析 国際会議

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  213. デコイ法による現実的な設定の下で安全な量子鍵配送実験 国際会議

    The 2007 Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  214. デコイ法による現実的な設定の下で安全な量子鍵配送実験 国際会議

    The 2007 Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2007)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  215. シュレーディンガー方程式の固有値問題の整数型高確度解法 国際会議

    日本数学会2010年度年会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  216. 「量子情報理論の取り巻く状況」 国際会議

    応用物理学会・量子エレクトロニクス研究会 「量子情報の最前線と今後10年の展開」  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  217. Quantum Statistical State Estimation and Quantum Cramer-Rao Bound 国際会議

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON Frontiers of Interface between Statistics and Sciences  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  218. Quantum Key Distribution and Related Topics 国際会議

    Joint Workshop on Theoretical Computer Science 東北大学・清華大学合同研究討論会「理論計算機科学」  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  219. Quantum Key Distribution 国際会議

    Expository Quantum Lecture Series (EQuaLS)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  220. Optimal ratio between phase basis and bit basis in QKD 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  221. Information Spectrum Approach to Second-Order Coding Rate in Channel Coding 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  222. Information gain and approximate reversibility of quantum measurements:an entropic approach 国際会議

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  223. Identification of rotation axis in Bloch Sphere 国際会議

    DEX-SMI Workshop on Quantum Statistical Inference  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  224. Group theoretical study of LOCC-detection of maximally entangled state using hypothesis testing 国際会議

    DEX-SMI Workshop on Quantum Statistical Inference  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  225. General theory for decoy-state quantum key distribution with arbitrary number of intensities 国際会議

    日本数学会2007年度秋季総合分科会・東北大学  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  226. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    DEX-SMI Workshop on Quantum Statistical Inference  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  227. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    第31回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2008)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  228. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    Recent Advances in Statistical Inference - in Honor of Professor Masafumi Akahira  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  229. Fourier analytic approach to phase estimation 国際会議

    電子情報通信学会第19回量子情報技術研究会(QIT19)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  230. Entanglement and group symmetries: stabilizer, symmetric and antisymmetric states 国際会議

    公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスシンポジウム」  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  231. Chernoff and Hoeffding bounds in one-way LOCC 国際会議

    GSIS & DEX-SMI Workshop on Quantum statistical inference and entanglement  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  232. Channel coding with finite average photon number 国際会議

    第20回量子情報技術研究会 (QIT20)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  233. A general entropic approach to the information-disturbance tradeoff problem in quantum measurements 国際会議

    Third Asia Pacific Conference on Quantum Information Science  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  234. 弱コヒーレント光によるセキュリティ精度保証つき量子鍵配送 国際会議

    情報理論研究会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  235. 量子系でのベイズ符号と冗長度 国際会議

    DEX-SMI 2009 研究成果発表会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  236. 量子暗号・量子情報処理~新しい通信と情報処理~ 国際会議

    第44回談話会情報科学談話会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  237. 量子暗号・量子情報処理~新しい通信と情報処理~ 国際会議

    第44回談話会情報科学談話会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  238. 量子暗号・量子情報処理~新しい通信と情報処理~ 国際会議

    量子情報と確率的情報処理 Quantum Information and Probabilistic Information Processing 2009 (QIPIP2009)  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  239. 量子情報スペクトルの考え方とその応用 国際会議

    電子情報通信学会 ソサエティ大会, ソサイエティ特別企画セッション, AK-1. 情報スペクトル理論とその周辺,  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  240. 量子情報におけるユニバーサルプロトコル理論の構築と量子暗号への応用 国際会議

    特定領域「情報統計力学(DEX-SMI)」の総括と今後の展開  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  241. 量子ガウス状態族に関する仮説検定 国際会議

    量子情報科学 ウィンタースクール 2011  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  242. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    日本数学会東北支部会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  243. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    量子情報処理プロジェクト夏期研修会2011 〜関西・関東学生チャプター合同研究会〜  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  244. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    第12回Student Chapter  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  245. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    第4回東北大学大学院理学研究科6専攻合同シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  246. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    第25回量子情報技術研究会 (QIT25)  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  247. 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 国際会議

    2011年度 統計関連学会連合大会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  248. 量子ガウス状態族に対する仮説検定 国際会議

    第23回量子情報技術研究会 (QIT23)  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  249. 通信路容量についての2次の漸近論 国際会議

    情報理論研究会(IT)  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  250. 線型常微分方程式の整数型アルゴリズムの実現とその誤差上限 国際会議

    日本数学会2009年度年会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  251. 滑らかな波束を用いたシュレーディンガー方程式の整数型高確度解法 国際会議

    日本数学会2010年度年会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  252. 有限長符号での無条件安全性を保証したデコイ法による量子鍵配送の数値解析 国際会議

    電子情報通信学会第16回量子情報技術研究会(QIT16)  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  253. 情報符号化における量子・古典対応 国際会議

    シンポジウム「量子系におけるコトの物理学」  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  254. 情報符号化における量子・古典対応 国際会議

    シンポジウム「量子系におけるコトの物理学」  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  255. 情報スペクトルによる二次オーダーの情報理論 国際会議

    電子情報通信学会 情報理論研究会(IT)  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  256. 情報スペクトルによる二次オーダーの情報理論 国際会議

    電子情報通信学会 情報理論研究会(IT)  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  257. 弱コヒーレント光によるセキュリティ精度保証つき量子鍵配送 国際会議

    情報理論研究会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語